こんばんは~ヾ(*´∀`*)ノ

まずは、昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~(∩´∀`)∩
毎日更新の励みとさせて頂いております┏○ペコ

夏ですね!もう夏の陽気ですよ!
今日の朝の電車とか混みすぎて後ろの人と背中合わせだったんですけど、ものすっごく暑苦しかったです(笑)
私身長が153㎝位い…とかだと思うんですけど(最後に測って覚えているのが155㎝なので、155㎝と言うと皆口をそろえて『そんなに無いよ(笑)』というので勝手に153㎝と言っておりますw)、ヒールを普段はあまり履かないのでスニーカーとかフラットシューズが多いんですね。
なので、電車の乗車率が高すぎると皆より下の方に居るのでいつも息苦しいんですよ。

で、実家から行く時は割と終点から近い駅なので、私が乗り込むときはまだマシなんですけど…。
相方の家から乗る電車は同じような時間でも、乗っている人が多いのです。
サラリーマンのお方が多く乗車しているので、背中同士をぴったりくっつけて乗っていると暑い…自分の体温は高くなくても人の体温で暑くなってくるんですL(゚□゚)」

しかも降りる駅までわりとギュッとなっているので、降りた瞬間の開放感が凄いです。
少し前までは冷房ついているとちょっと寒い…って感じだったのに、もうついてないと湿気と熱気でヤバい感じになって来ましたね~。
もう7月ですしね…早いなぁ。

さて、ちょっと余談をしてしまいましたが、今日はロロアリの残りのキャラの感想を一気に行きますよ!(笑)
昨日やっと全キャラ終えたんですけど、なんと…サブストーリーの量が半端じゃなくまだ終わっていません!

攻略キャラごとに彼ら視点の経過部分だったりとか、ちょっとしたおまけ要素的なシナリオ等が8個とか…かな…。
今丁度中断したところで止まっているので、詳しい話数は確認できず分からないんですけど結構ありました。
1つ1つはそこまで長くないけど、思ったよりもボリューミーで数も多いので昨日は2人分しかできませんでした~。

って事で、まとめ感想は全員分のサブストーリーが終わってからにして、残りの攻略キャラの感想だけ先に喋ろうと思います♪
4人もいるのでサクッといきます(笑)

◇ネロ(下野紘)
bw_alice_tw7.png 

な、何か思ったよりも重かったです(笑)
こうゆう元気系のキャラには重めシナリオを持ってくるというお約束な感じになっていたんですけど、何というかこの人だけ桁違いだった気がします(笑)

ちょいちょいファンタジー要素の中にブラックさを入れ込んでいるロロアリなんですけど、コイツが一番そのブラックさを込めているかな~と思います。

私個人的にはどうしても愛日梨が子供っぽく見えてしまい(見た目は可愛くて好きですけど…)、中身までファンタジー娘にしか見えなかったのでちょっとそこが問題アリなんですけども…。
ネロのあの重い背景でもすんなりと(?)受け入れて、彼の事をどうにか知ろうとしたり距離を縮めようと奮闘している彼女は凄いな!と思いました。(素直な意見です)

基本的にはネロは愛日梨に対してとても好意的だし、ミネットの時にちょっと似た感じの距離の近づき方かなと思います。
多分恋愛の展開をジャンルで分けるならば、同じジャンルに属すると思いますし…。
愛日梨がネロの事を頼り、彼といる時間を楽しいと感じる所から好きになって、ネロの方も色々と彼の中に思う所はあるけど愛日梨に惹かれていってしまう…みたいな。

でも、実は……みたいな感じで、まぁ色々と出てくるんですけど!(笑)
そこは言えませんので口を噤みますが、全体的に進んでいく中でどんどん重く暗い方向へと進むので、ちょっと意外ながらも面白かったなと思います。
ただ、やっぱりどこか愛日梨の恋愛脳っぷりが私を邪魔しまして…( ;∀;)
いや、乙女ゲームなんだから良いじゃん!と言われたらそれまでなんですけど、何というか城の世界に帰れない代わりに依存している感じに見えてしまうんですよね。

白の世界からいきなり黒の世界に連れてこられて右も左も分からないのに女王になっているので、何かを心のよりどころにしたいのは分かります。
分かるし、誰か傍に居たらその人に恋をしてしまうのも自然なのかなぁ…とも思うんですけど、ガッと好きになってズブッとその人に入れ込んでいる感じが、何というか何というか…って感じで、あんまり物語に入り込めなかったです(笑)

ルナ√から見ると愛日梨は可愛く見えるんですけど、本人がヒロインとなるとまた話は別かな。

なので、ネロの√も初見のキャラのイメージとはだいぶ違くて良かったと思うんですけど、あんまり記憶に残ってないんです( ;∀;)うぅぅぅ…
これは私の記憶力の問題かもなんですけどね!

ガラッと雰囲気の変わるネロや、愛日梨を好きってなった後のネロは可愛かったし、意外とスチルになると大人っぽくて素敵だった…とかしか覚えてないという…(笑)
あ、でもBADはちょっと切なくて悲しいのもあったので、そこは好きでした!

白・黒どちらのGOODも2人が幸せそうで良かったな…って感じで、個人的にはネロはBAD推しですかね。

終わり(笑)


◆カノン(花江夏樹)
bw_alice_tw8.png 

むっちゃ可愛かったです。
カノン最高でした!ヾ(o´∀`o)ノ
ツンデレの花江くん万歳でしたー\( 'ω')/

こちらは黒の世界なので、ルナとカノンのカップルになるんですけど…。
どうしても黒の世界に戻りたいルナに対して、カノンが彼女を助けようと変化していく様が凄く良かったです。
(でも序盤でのルナの、口を日書けば「女王に戻る」「黒の世界に戻る」の一点張りは、目が滑りました(笑))

もともと気の強いルナと、ルナに対して良い印象を抱いていないカノンなので、顔を合わせれば喧嘩ばかりしているんです。
それが少しずつ変化していくんですけど、ルナも素直な部分を見せるようになったりカノンの方もルナに対して世話を焼くようになったり…と、この2人の関係性が変化していく過程がニヤニヤします。
しかも彼もルナもツンデレさんなので、もう~クソカワです。

恋愛的な意味で距離を縮めていってドキドキ、キャッキャな感じなのに…
そこにはカノン自身に隠されたある真実と、ルナが…ゴニョゴニョ…。←(笑)
って感じで、お互い好きだけどカノンの願いをかなえてあげたいルナと、自分の望む事を叶えられるのにルナの事を想ってしまったカノンのもどかしい感じ!
なかなか良かったです。

そしてルナ自身も黒の世界に帰りたいけど、どうしても帰れないというのをはっきりと認識するまでが毎回同じことの繰り返しなんですけど…。(私の目が滑った部分です)
女王として育ったから女王に戻りたいという気持ちが凄く強いんですよね。
だけど脅威になるから帰れないルナ。
何度も落ち込みながらも普通の様に振る舞うルナを、カノンが一番近くで見ていてそれを助けたいと思う部分も個人的には良かったなーって思いました。

個人的にはカノンがお茶会で黒くなっているBADが好きです(/・ω・)/
でも何BADのスチルか忘れてしまいました(笑)

結構シナリオ的にもBADにも転びやすい展開となっているので、各BAD面白い終わり方をしたんじゃないかな~と思います。
勿論一番良いのはGOODなんですけど(笑)

◇レイン(梅原裕一郎)
bw_alice_tw3.png 

カノンに引き続き、無自覚野郎で可愛かったレインです。
常に冷めた対応で、愛日梨をいきなり連れて来た当事者なのに彼女が落ち込んだり泣いたりすると、その場から消える男…(笑)

しかし、無表情なレインのその裏では、愛日梨に対してどうしていぃか分からないというだけだったのです…。
実は愛日梨が黒の世界で過ごしやすいように…とか、彼女に元気が無いからお茶かいを…とか色々配慮をしているレイン。
この不器用さんが恋愛すると…意外と可愛かったです。というか、ボソボソ喋る梅しゃんが素敵でした( *´艸`)

初めはとにかく口うるさい奴だな…って感じなんですけど、愛日梨の事を気にするようになってくると、(勝手に嫉妬して)不機嫌になってみたりとか、好きな事に気付かないで彼女を守る事に必死になったりとかしているので、恋愛の過程はわりと王道かなと思います。
シナリオも癖のない感じだたので、結構心穏やかに進められると思います。

私としてはですね、レインが倒れて愛日梨が彼を助けるスチルがあるんですけど、そのスチルに描かれているのがレインの横顔なんですね。
これが、黒執事のセバスに見えて若干テンションが上がりました(笑)
どのキャラもそうなんですけど、立ち絵だとちょっと子供っぽいけどスチルになるといぃ男になるんですよね~。

ここではレインの双子の兄であるスノウとのやり取りもあるので、彼の一言で自分の気持ちに気付く…という感じで、とりあえずレインが結構可愛い奴だったなと思います。

愛日梨にとっても自分を連れて来て側近として自然といつも傍に居るレインが相手なので、恋愛にk発展するのも自然だったように思います。
好きだと気付く部分も離れて初めて気づく…というありがちな感じではあったけど、私的には恋愛脳っぷりが抑えられていて楽しめた√でした。

何よりも女王として、一人の女の子として、愛日梨の事を必死に守ろうとする意外にもヒーローなレインが予想外で楽しかったように思います。
他キャラの√をプレイすると、一番容赦ないお方だな~って感じなのと、見た目で期待するとダメかな…と思って、特に何も思わずにプレイしていたので…。
それも楽しめた要因の一つかな!

EDは黒GOODが大団円っぽくて好きですけど、スノウと共通しているEDもあったり側近ならではのBADもあるのでそちらもなかなかでした。

◆スノウ(増田俊樹)
bw_alice_tw4.png

ここでは今まですっかり忘れていたある真実が分かったり、スノウが抱えているレインへの劣等感などなど…結構てんこ盛りな√でした。

レインと同様に側近であるスノウと主の恋愛なので、ルナが嫉妬してモヤモヤしたりとかその逆もあったり…と結構面白かったです。
あるシーンでスノウが嫉妬してしまい、無意識に何かをしでかすんですけど(内容は忘れました( ;∀;))、恋戦記の琵琶の音色が乱れてしまった公瑾を思い出しました(笑)

いつも冷静なスノウだけど、少しずつその冷静さが失われていくのは面白かったですね。
レイン同様に側近としてルナに仕え、自分の気持ちも側近としての気持ちだと思い込んでいるんですけど、そうでは無い…というのに気づくまでに少し時間がかかりますが、この辺もルナ含めスムーズにいかないのがなかなか面白い所だったかなと思います。

シナリオは、色々と謎が明かされたりレインがスノウにとって良くない立場になってしまったり、スノウとルナのすれ違いで大変な事になったり…と、結構色々詰め込まれているので場面がコロコロ変わって最後まで楽しめました。
EDもレインのEDと繋がっているような所があったり、レインとスノウの関係性も描かれていたりするので、スノウにとっても幸せなEDだったように思います。

今回はルナとスノウの事だけじゃないというのも、私としては楽しめました。
シナリオ含めて言うならばスノウが一番、真剣にプレイしていたかなと思います(笑)
何というか予想外な事が発覚したり(何も考えずにプレイしていたので)、最後の最後までどうなるのかな~と思いながら進められたので楽しめました。

キャラとしては個人的にはそこまで…だったんですけど、まっすーが毎回台詞の前に「ふふ…。」と笑うので、また笑った…(笑)と思いながら聞いてました(笑)

でもどこのキャラ√でもそうなんですけど、少しずつ変わっていくルナが私は好きだったので、素直になれないけど実はスノウの手でコロコロされている感じが好きだった(笑)
スノウとルナの組み合わせ、個人的には好きです( *´艸`)



と、4人分ザーッと短めに書きましたが、ほぼ個別といってもそこまで長くないので、どんどこ話が進んでサクッと終わる感じです。
2日で4人終わらせているので、そんなに時間かからないかな~と思います!

おまけ要素がなかなか充実しているので、むしろサブストーリーとか見る方が大変なんじゃないかと思います(笑)

という事で、今日はここまで\( 'ω')/
最後までお付き合い下さいましてありがとうございました~‼┏○ペコ



暑くて寝苦しいので
ひんやりマットを思わず買ってしまいました( *´艸`)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

  1. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 08:38 )

  2. りな子 | -

    まりも様

    まりも様こんにちは(*´ω`)

    毎日本当に暑いですね~…。
    ムシムシするし、もう扇風機とかないと死にますね(笑)
    夏、暑くなりそうですね~( ;∀;)

    サブストーリー凄かったです…!
    いつまでたっても終わらないんじゃないか…と思ってしまいました。
    でも確かに多いな…と思ったんですけど、見てみると各キャラが可愛く見えて良かったですよ~♪

    ネロくんは何だか意外でした!あんなに重いとはww
    アサギさんも何だか可愛そうな人ですよね。
    ヒロインはね~!愛日梨も可愛いんですけど、彼女メインになると
    う~んと思ってしまう部分が出ちゃいましたね( ;∀;)
    まぁ逆にルナも気になる部分はあったけど、結局どちらの子も
    あの行動になるのも納得出来る部分はあったんですけどね~。

    カノン良かったですね(*´ω`)
    ツンデレさん最高でした(/・ω・)/
    最近ツンデレにほいほいされる確率が高いな私…。

    ( 10:39 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新の独り言