こんばんはです~ヾ(*´∀`*)ノ

まずは昨日の2回に分けて喋りに来たオフ会レポにお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~‼
本日もとても励みとさせて頂いております(n*´ω`*n)

さて、今日はずっと引き籠っておりましたよ[壁|_-)
そしてりな子冷やし中華始めました(笑)
夏と言えば冷やし中華!お好みはゴマダレ!って事で、今年入って初の冷やし中華を食べたよ~という、どうでもいいご報告です(笑)

夏場は素麺とか冷やし中華とか、つるっとさっぱり食べれらるメニューが増える私なのですが…。
中でもゴマダレの冷やし中華が好きで、暑い時期になると幾度となく食べるんです(*´ω`)
今日は涼しかったけどどうしても食べたくて、食べちゃいました~(/・ω・)/

夢中になって食べながらも、対アリFDを進めてきましたよ~♪
という事で、今日は対アリFDのオオカミ編&猟師編の感想へと行きたいと思います。

まずは個別に行く前に…。
オオカミ編と猟師編はエピローグのアリス編√を、オオカミと猟師の視点から見た形で進んでいくという内容になっています。
百合花やアリスに起こる数々の出来事を、彼ら2人がどうやって思いつつ関わっていくのかって感じなんですけど、オオカミくんは友人として、猟師は家族として向き合っていくという形ですね。

ちなみに、エピローグで起こったメインの出来事で、オオカミや猟師が関わった部分だけを抜粋してうまい事凝縮されているのでプレイ時間的にはそんなに長くなかったです。
オオカミ編はとぎれとぎれになってしまったけど、猟師編は自力攻略でも4時間位いでしょうか…。
それぞれEDもオオカミ編×3、猟師編×2という感じで、自力攻略で自信のない猟師編はシーン回収とかスチルを見ても全部埋まっていたので合っていると思います…多分…。

内容も所々忘れてしまっている部分はあるものの、プレイしていくうちに「そうだった!こんな感じだった…‼」と思い出しながらプレイしていました。
本編ではサブキャラという立ち位置の2人だったけど、今回は彼ら視点で彼らの行動を選択肢で選んでいく事によって進んでいく物語なので、また新鮮な気持ちで楽しめました。

それぞれに注目したい彼らの百合花やアリスに対しての“感情”という部分でも、オオカミと猟師では全然違いますし百合花との向き合い方等も違うので面白かったです~。

細かくここで言ってもアレなので、早速個別感想に入ろうと思いますが…。
対アリを未プレイの方もいるだろうという事で、いつも以上に布に包んでお話ししようと思います(笑)
そもそも本編のepilogueというのは、序盤からEDを迎えるまで全てが「対アリシリーズのネタバレと真相の部分の物語」って感じなので、言ってしまえばネタバレと物語やキャラ世界観全ての理由を明確にする真相(深層)物語だと思うんですよね。
なので、色々とふわふわすると思いますが、なるべくそうならずネタバレもしないように気を付けたいと思います。

◇オオカミ(花江夏樹)
tabht500_08.jpg 

さて、オオカミ√は友人である“あっちゃん”を助けたい、救いたいと思うオオカミと百合花を好きだと思う気持ちから、彼女を守りたいと思うオオカミの切なくも温かいオオカミ物語となっていました。
そもそも、幼少期にあっちゃん(アリステア)とある場所で出会っているオオカミは、その時にあったある出来事がきっかけで疎遠になってしまっております。

しかし友達だった彼の事が気になっていたオオカミは、高校進学と同時に祖母の暮らしていた地に訪れあっちゃんを探すために引っ越してきます。

この行動力からも分かるように、オオカミとあっちゃんは特別な絆みたいなものが生まれていたんですね~。
でもまぁ色々とあってその時の事を覚えていないあっちゃんと再会をするんですが、百合花がオオカミの学校に転校してきてから、そこを通じてあっちゃんと再会する…という感じです。

本編でもそうだったんですけど、オオカミはすんごく軽いイメージだし常に元気いっぱい。
百合花の事が大好きでいつもふざけながら、「好き」を隠さない印象です。
そんな彼の物語となるわけですから、百合花へ抱く本当の気持ちの部分やあっちゃんに対しての友人としての部分、その間に挟まれる揺れ動くオオカミの想い…‼と、ちょっと大げさに書いた気もしなくはないけど、そうゆう部分が個人的には面白かったなと思います。

本編でだいぶ衝撃的な真実を知らされる事になるんですけど、その真相に関わる√を通りながらオオカミの友人として二人を助けたい守りたいと思っていく様子とか、百合花の事が好きだけど肝心な百合花はあっちゃんの事しか考えていなかったり…。
あっちゃんの為ならどんな犠牲でも払おうとする百合花の、本当の彼女の姿を実はオオカミがちゃんと見ていたり…。

更には自分の事をたとえ覚えていなくても、あっちゃんとまた友人関係を築いていきアリスの友人として絆が深まって行ったり…。
自分の恋がうまくいく保証も無ければ、それどころではなくなる事件も次々と起こるけど、オオカミ側の気持ちが描かれているので、たとえ報われない恋でもアリスと百合花とオオカミの3人の特別な絆が描かれていて個人的には満足です。

EDは恋愛シュミレーションゲームとしては、サブの辿り着くEndingって感じですけど、攻略対象昇格ではなく、あくまでもサブとしての視点で進むという部分から見ると、本編の形を崩さないEDで良かったかなと思いますね。
オオカミだけの進展で考えばHAPPYではないけど、アリスとの絆や百合花を含めた3人トリオの絆で考えれば、オオカミの存在があったからこそのepilogueのハッピーエンドかなと思います。

ちなみにオオカミくんは眼鏡をインテリアイテムとして使用していますが、眼鏡の無いオオカミくんは爽やかイケメン風ですよ!
なかなか可愛くもかっこいい感じで、オオカミ株が上がるのではないかと思いますヽ(^o^)丿

◇猟師(橋詰知久)
tabht500_09.jpg

こちらはオオカミとはまた違うんですけど、百合花の兄である猟師視点なので…。
家族としての百合花や両親との関係の変化とか、アリスに対しての百合花の助けとなって行く猟師って感じですね。

そもそも百合花や猟師達の家族は、「家族」と聞いて思い描くような形ではなく、少し“普通”とは違う関係性というか形の家族です。
家族だけどそれぞれに距離がある感じというか、それ故に百合花のあの性格が形成されたというのも納得出来る部分もありますね。

なので、百合花が本編の描かれる街に海外から戻って来た時や、幼少時代の兄とのやり取りは兄妹にしてはよそよそしい部分もあります。
両親とも普通の家族みたいに打ち解けている感じも無いし、百合花自身も子供っぽくない部分などが描かれています。

そこからアリスの登場で、百合花と自分を比べてコンプレックスを感じていた猟師が、少しずつ変化していったり、百合花の本質的な部分を見抜いて自分が助けになって行く中で2人の関係性がより「家族」として変化していく部分などが本編では深く描かれていなかった所だったので、色々な部分が肉付けされた感じでしたね。

百合花も幼少期に親の愛情をめちゃめちゃ受けて育ったわけではないので、ここに来て兄に甘える事や頼る事を覚えたって感じなので、ブラコンというのがふさわしい程に変わっていきます(笑)
猟師の方もアリスとの事を通じて、百合花を妹(家族)として愛していく(という言葉を使うのもムズムズしますがw)という感じで、今まで離れていた分甘やかし可愛がっていくって感じですかね。
猟師の方の気持ちの変化というのもそうなんですけど、有栖家を含めた変化というのもありますので、これもepilogueに肉付けされる部分で面白いと思います。

ちなみに、ちゃんと兄とのスチルがあるんですけど、猟師さん…凄く素敵でしたよ(*´ω`)
添い寝スチルとか~百合花を甘やかす(家族的な意味で)スチルとか~色々あるんですけど、あんなお兄ちゃん私も欲しかったな‼と思いました。
それとシスコンだけど、モテてしまう猟師さんの魅力が詰まっているんじゃないかなと(笑)

アリスとの出来事で百合花が色々と行動を起こすんですけど、それを見守りつつ…時には助けたりしながらも、猟師が百合花の為に奮闘していくのはなかなか面白かったです。
だって今までは鬱陶しい…とか、百合花と必要以上に関わろうとしなかったし放置してたんですよ!
それが彼女を守ったり助けたりしていく変化、たとえ恋愛的な意味はなくとも個人的には凄く楽しかったです。

あれ程までにも医者になる事とか、凄くプレッシャーに感じていた猟師がある人物の影響で療士を目指し、ちゃんとピーーーと向き合っていくのもね!

この物語を全体をまるっとまとめて見ると、猟師もオオカミもそれぞれお伽噺に必要なキャラに変換されているんですけど、今回のFDまでプレイして色々と改めて再確認したり納得した部分が出て来て、買って良かったー!と思いました。

他にプレイした方がどうゆう感想を抱くのかは分かりませんが、改めて深いな…と思いました~。

って事で、あんまり喋ってもネタバレしそうだし、お2人の感想はこの辺にしておきます(ΦωΦ)
最後は学園アリスというコンテンツが残っているので、早速プレイしてこようと思います♪

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました(゚∀゚)ノシ



超絶どうでもいい話しですけど…
コドリアの新作に↓彼出てくるかな(/ω\)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新の独り言