こんばんは~\( 'ω')/

まずは昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうでした~♪
本日もとても励みとさせて頂いております┏○ペコ

さて!今日も引きこもって白華FD三昧をしておりましたよ~♪
と言っても、何だかんだ合間にちょこちょこ仕事したりとかしてたので、そんなに進んでいないんですけど┐(´∀`)┌

しかも明日は友人とデイゲームに行ってくるので、早起きせねば…‼
遅くまで夜更かししないように早めに夢の世界に行かないとと焦っております(笑)

という事で今日は白華FDの感想でっす!
本編とは打って変わってすんごく楽しく、常に笑いながらプレイさせて貰っておりますヽ(^o^)丿
何というか、この先の感想でも何回も言うんですけど、皆のキャラ崩壊が良い感じに…w
ギャグ感が満載となっていて、そこに甘さもかなりプラスされているのですっごく楽しいです♪

って事で、早速感想にいきます\( 'ω')/

sikinouta_large.jpg

今回の白華の檻 四季の詩は、物語が春夏秋冬に分かれております。
春の詩…本編からのアフターストーリー
夏の詩…if ストーリー 季封村で夏祭りを行う事になり、敵味方入り乱れての大騒ぎ!
秋の詩…沢山のシチュエーションを好きな相手と過ごす事が出来る
冬の詩…本編から分岐するあり得たかもしれない物語

って感じとなっていて、私のこのFDでの一番の狙いは勿論‼冬の詩でございます(*ノωノ)
何と言っても智則&アテルイとの物語がここでは描かれているんですからねー‼\( 'ω')/フゥ~

なので、一番最後は冬の詩でしめたいと思いますヽ(^o^)丿
最初は本編からのアフターストーリーの春の詩から行って来ましたので、そちらの感想をば!

◇春の詩◇
つい昨日までプレイしていた白華の檻の本編、HAPPY EDのアフターストーリーとして描かれている春の詩なんですが、本編では終始悲しくも苦しい展開で進んでいた分死ぬほど幸せで楽しくて幸せで楽しかったです(笑)

もう何も考えずに進められる感じですね!
詞紀の性格も小さな頃の詞紀に戻ったという感じで、とても可愛らしい普通の女性になっているし、各キャラの魅力も割増しで発揮されているように思います。

本編で泣かなかった癖にFDで泣きながらプレイした人は、何を隠そうこのワタクシですよ‼(`・∀・´)エッヘン!!←

勿論メインは本編ですし、あの中でも皆が変わっていって生きようと必死に戦ったり、沢山の出来事を乗り越えて最後には幸せを掴むんですが…。
まとめ感想でも言いましたけど、単純に幸せな結末ではないのでね。
このFDでは、どうしてもあの時に心に残ってしまった想いが、前を向く糧になったりしながらも本当に意味での幸せに向かっていくという物語になっていました。

各キャラどのアフターも幸せに満ち溢れていて、ある意味ではバカップルさを発揮しているんですけど、その反面でちょっと影を落とす何か…。
この何かを解消する事でまた2人の関係が深まります。

そして、今回はBADは無いんですが、BAD解説の為にNormal EDに辿り着くと吉影様のバッエンド解説が見られますよ~(/・ω・)/
これまた吉影様のキャラ崩壊が進んでいて、とても面白い仕上がりとなっていました(笑)
初回のバッエンド解説の解説では、吉影様と神産巣日神のコーナーの取り合いや、このコーナーの担当を掛けた戦いなども繰り広げられておりますた(笑)

では各個別の感想をザザッといきますが、本編のEDを迎えた後なので…。
ネタバレを防ぐために色々伏せなければなりません(笑)
恐らく「何の事?」とか「この人何言っちゃってるの」って思う時もあるかもですが、その辺は悪しからず。

ちなみに順番は本編のキャラランキングの下から順番に攻略していきました~♪

◇秋房◇
aki1920.jpg 

何も変わらない秋房…。
詞紀と夫婦になった後も「姫様!」と呼び、何をしても恥ずかしがっている秋房は一生このまま変わらないで欲しいと思いました(笑)

しかし夫婦になったのだから…と言う詞紀の気持ちに答えたいが為に、秋房が古嗣の様な軽口野郎になったり、それを『何か重い病気にかかってしまったんだわ!』と騒ぐ詞紀。
胡土前や空疎達と騒がしくも楽しい季封での日常からの始まりでした~。

FDから明るくなってちょっと忙しない姫様になった詞紀なんですが、秋房に似ている所があったり凄く可愛くなりましたね。
見ているだけで何か知らんが あぁ…良かったね… と思える不思議(笑)

ここで詞紀と秋房の心にどうしても影を差してしまうのは…あの事です。(本編プレイして下さいw)
彼女たちにとっては大きな戦いを経ても尚、心はあの時の冬に置き去りになってしまっています。
これを乗り越えてこそ、詞紀と秋房の中での戦いは真の意味で終わりを迎えるって感じなんですかね。

で、これに繋がる関係で昔の夢を見るシーンがあるんですけど、秋房が詞紀を雪の中連れて逃げようとして、それを智則に止められるやつ!
この時に秋房に対して想いを吐き出す智則に、マジで泣かされました~(TwT。)
勿論、詞紀が剣の封印をする度に詞紀も秋房も、苦しかったし凄くつらかったと思うんだけど…。
智則はもっと辛かったんじゃないかと思ってしまう智則贔屓の私…。
一番傍で彼女が苦しんでいるのに、それをさせなければならない立場というのが何とも言えないなぁと思いつつ、一人暗闇で涙しながらプレイしてしまいました。
彼の不憫さ本当に好きです( ;∀;)

( ゚д゚)ハッ!このままで秋房のアフターなのに智則の事で終わってしまう…。
お話しを戻そうと思いますが、あんまり細かく言っても楽しみがなくなりますのでね。

秋房と詞紀がすれ違いながらも2人で乗り越えて更に絆を深めて行く…というが、ここではメインの要素ですね。
そして2人のやり取りなどを納めてくれるのが、智則…といういつもの風景も凄く温かい物を感じました!

そして、秋房に思わずキュンッ(n*´ω`*n)としてしまうスチルなんかも出て来まして、キャーキャー‼(*ノωノ)ってなったんですが、ちゃんとオチもあるので(笑)
秋房はいつまでも秋房だなと思いつつも、この中で少し成長を見せてくれるしかっこよくなっていく秋房を楽しめると思います( *´艸`)



◇古嗣◇
huru1920.jpg

古嗣と詞紀はただのバカップル…いやバカ夫婦になっております。
愛しすぎて死んでしまうと思う程、愛し愛されもはや2人は不治の病並みに愛し合っておりますです。

何というか詞紀のお茶目さが結構全面に出ているかなと思うんですけど、ある時偶然古嗣がどこかの姫に宛てた文らしきものを見つけてしまうんですよ。
で、その時の選択肢で[見る][見ない]って出てくるんですけど、[見ない]を選択すると詞紀の邪心と良心の戦いが繰り広げられてですね(笑)
これがまた何だか可愛くて面白かったです。

1人で「ダメよ!古嗣様を疑うなんて妻としてあるまじき事だわ!」とか「でも…」と2人の詞紀が言い合っている様は本編の彼女からは想像できないお茶目さでした(笑)

とまぁそんなこんなで古嗣と詞紀にちょっとした事件が起こるんですけど、それは夫婦の絆を深め大切に思う気持ちが改めて分かるとてもよいストーリーとなっているんですが!
個人的には詞紀の事を大切に思っている秋房と智則が私は好きでした(笑)

もし、古嗣が詞紀を泣かせるような事があったら、本気で秋房は古嗣を斬殺・智則は古嗣を毒殺する気だというのが微笑ましかった。
ここでのお気に入りシーンは秋房の『そいつは人間の皮を被ったケダモノだー‼』と、詞紀の『古嗣様を殺して私も死ぬわ』です。
皆さん自身のキャラが良い感じに壊れていて良かったなと思います(゚∀゚)

ちょっと面白可笑しく話ていますが、ちゃんと切なさも忘れていないのが白華です。
古嗣の父である吉影の過去の恋の物語もここで語られているので、しんみりしちゃう場面もありつつ、とても幸せな古嗣との後日談でした~‼

𠮷影様のバッド解説では、息子である古嗣に対して凄く適当なフリをする吉影が面白かったです♪

◇幻灯火◇
gentou1920.jpg

とてもとても重症な詞紀馬鹿へとなってしまった幻灯火様が見られるのは、このFDの特権かなと思います。
攻略対象キャラの中で、一番!古嗣夫婦よりも!病気というかもはや呪い級に!詞紀の事を愛しすぎて子供になっちゃった感じの幻灯火様が楽しめる√となっておりました。

もう寝て起きたら甘い。ちょっと仕事しても甘い。何をしてても甘い甘い甘いあまーーーーーーい‼
って感じなんですけど、詞紀が寝ていて目を覚ますと毎回幻灯火のドアップで朝を迎えるほど、人の寝顔を近くで凝視しております。
そんな幻灯火様の楽しみは、詞紀の寝顔を見る事と、起きている時の顔を見る事だそうです。(要するに一生見ていたい)

古嗣の感想でも言いましたけど、皆さん本編よりも良い感じに壊れているんですよ。
その中でも幻灯火様はもはや崩れ去って新たなカミにでもなったのかな?って位いなんですけど、詞紀を愛するが故に壊れただけでなく、全体的に子供っぽくなってて可愛かったですね!

ご飯中に誰かが『ふぁっふぉふぁふぃふぁっふぇふぁふふぁふ。』みたいな台詞を言うんですけどね。
声聞いた時に「え?(´・ω・`)」と思って台詞の名前見たら左上に【幻灯火】って書いてあって、即リピートしました(笑)
ちなみに3回リピートして一人で笑いました。
まさかあの偉大なるカミで妖にもなりそうだった幻灯火様が、このような事をなさるとは思わないじゃないですか!

も~とにかくクソカワでクソカワで( ;∀;)
詞紀が幻灯火の大好物のチマキを作って差し入れた時には、喜びの言葉を口にしながら嬉しさのあまりモフ耳→モフ尻尾1→モフ尻尾全部を出していってしますんですよ~(*ノωノ)
この時のスチルがマジで嬉しそうでめちゃくちゃ可愛いんです‼(*´Д`)ハァハァ
幻灯火株がここギューンと急上昇しました。

彼の可愛さとちょいアホさに和んでいたら、いきなりの詞紀と母の出来事が…。
詞紀は幻灯火のお陰で罪の檻から出る事が出来、幸せになるんだと思っている反面で、やはりこのまま幸せになってもいいのか?と言う気持ちが残っております。
その詞紀の気持ちを解消する出来事が起きるんですけど、もう私大号泣でした(T_T)

本当にここまできてやっと、本当の意味で救われて幸せになれたんだな~という流れがめっちゃ狡い~と思う( ;∀;)
すっっっごく幸せで、すっごく素敵なAfterだったと思います‼

最後にここでのバッド解説は吉影&ナチュラルローテンション幻灯火殿ですので、お楽しみに(笑)

◇胡土前◇
kodo1920.jpg

胡土前とは他キャラのアフターに比べると、ちょっと違った展開かなと思います。
胡土前いがいのキャラでは、アフターストーリー中に残る問題みたいな部分が解決されたりしているんですが、ここでは全く違う出来事に見舞われる…って感じですかね。

でも…胡土前との何故か混浴になっちゃったお風呂シーンがあったり、やっぱり男らしい強引なキャッキャシーンがあったりしました~(*ノωノ)
攻略キャラの中で一番落ち着いている人なので、恋愛の方も落ち着いている感じですね~!

詞紀の事を凄く大切にしてくれて、彼の男らしさという部分がそこにも表れているので、硬派という言葉が凄く似合う方だなと思います。

さて、ここでは神産巣日神や風波が出てくるんですけど、神産巣日神が詞紀の事を凄く気に入っている様子や、2人きりの旅を邪魔されて考え込む胡土前…。
アダルトな会話に全く理解が無く空気を読まずに質問をして、神産巣日神にゲンコツをされる風波などなど…
とても騒がしくも楽しい旅の途中の一幕…って感じで、面白かったです(笑)

内容的にも悶え的にもちょっとFDの胡土前は終始落ち着いた感じだったかな~と思いますね。
何か一番印象が薄い(笑)

バッド解説はアダルトな吉影とアダルトな胡土前で、何とも大人の男の色気的な香り漂う解説となっていましたよ~♪

◇空疎◇
kuuso1920.jpg

空疎様は偉大でした…‼
自信満々で偉そうな所は変わらないんですけど、FDでは(〃▽〃)ポッってなってた!
それがカワユスカワユスカワユスー‼((ノェ`*)っ))タシタシ って感じで、もう本当ニヤニヤしちゃって大変でした(笑)

本編を経て、空疎と詞紀は残された問題を解消しようと旅に出ます。
その旅の中でも夫婦としての絆を深めつつ、更に幸せへと向かって進んでいくというシナリオ。
本編のEDを迎えた時点でも幸せではあるんですけど、あの時はまだ全てを解決という形では無く一先ず大きな問題は解決…って感じだったので…。

今回のFDではその残った問題を解決して、本当の幸せに向けて…という形なので、もう何も心配せずに堪能し楽しむ事が出来ましたね。

各√同様に詞紀の性格も変わっていて凄く可愛らしいし、ここはある意味では完全ではないけど円満な√だと思いますし…。
なので季封での穏やかな暮らしと空疎様の謎の妖艶さが光ったアフターストーリーだったなと(笑)

水の滴る色気満載の空疎様や赤くなる空疎様…、更にはちょっと悪戯しつつもエrゴホッゲホッ。
失礼いたしました…オトメイト作品には似つかわしくない言葉を使おうとしてしまいました…。
更なる妖艶さのある空疎様(笑)などなど、もう素晴らしい空疎コレクションを見る事が出来た満足アフターでございましたですー(∩´∀`)∩

ここでは結構大きな問題を解決せねばならないので、2人でそれに立ち向かうというメイン要素がありますからね!
と言っても、本編のようにどうなってしまうのか…ハラハラ…みたいな事は無いので、安心して進める事が出来ますね。

旅の途中でも空疎様は何ともお優しいですし、このお方も幻灯化には負けてしまうけど古嗣と張るくらいの詞紀詞紀病だと思いますし。
詞紀の方も若干幻灯火化していたりと…、あの辛い本編を終えて幸せになれて良かったねと心から思いますね。

そして何よりも、空疎に対して嫉妬を隠しもしない秋房・幻灯火・古嗣が面白いです(笑)
皆それぞれ笑顔で祝福している風にしながらも「諦めていない」とか「許さない」とか空疎に向かって言うんですけど、幻灯火の「私の心は彼女への祝福と、空疎への嫉妬と妬みで満たされている」に笑いました(笑)
空疎がからかわれているのも、詞紀が愛されているのも幸せを感じる瞬間だな~と一人ホッコリしちゃったんですよね( *´艸`)

BAD解説では吉影にいじられる空疎様なんかも見られますし、本編ではチラッとしか見えなかったちょっとだけお馬鹿な空疎様が大いに出ているかな~と思いますね(*´ω`)面白かった~


( ^ω^)・・・

あれ?何か思い描いていたよりも、凄く春の詩の感想長くなってしまったみたい…。
もっとサクサク~っといっちゃって、続きの夏くらいまで書こうと思ってたんですけど(;'∀')
わりと喋りすぎちゃったみたいなので、一旦ここで締めようと思います(笑)

本編が悲しみにビッタビタに浸っていた分、FDではすっごーく楽しくも悶えております( *´艸`)
続きも楽しんで来ようと思います\( 'ω')/

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪┏○ペコ



オズマフィアのイベントに
おきつん出るんですか…
出るんですよね…生おきつん…
応援(∪・ω・∪)ポチお願いします[壁]_☆)キラーン
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

  1. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 09:07 )

  2. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 11:33 )

  3. りな子 | -

    まりも様

    まりも様こんにちは!
    お返事が遅くなりました~ごめんなさい( ;∀;)

    昨日は本当に暑かった!
    私半袖でおでかけしてましたよ~(笑)

    白華FDめちゃくちゃ面白いです!
    もう何ですかあのギャグ!ww
    キャラ崩壊が凄すぎてすっごく楽しんでおります(*ノωノ)

    皆の詞紀並が凄くて、笑えますよねww
    2人でただのバカップルみたいになってるのもウケました(笑)

    胡土前はね~afterは私的には普通だった気がします!
    お風呂シーンはあったけど、他キャラの方が壊れてて面白かったです(笑)

    秋房はあのどもりとかが可愛く見えてきました(*´ω`)
    残念ながら智則贔屓なので、秋房は二の次になっておりますがw

    幻灯火がチマキの事になると距離が近くなり必死になるのが可愛いですよね!
    確かにいなりじゃなくてチマキ…w

    デイゲームは野球ですー(*´ω`)
    野球って書くの忘れてましたね(;'∀')

    ( 15:47 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新の独り言