こんばんはー!ヾ(*´∀`*)ノ

まずは昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!
毎日更新の励みとさせて頂いております!('ω')ノ

今日から三日間はちょっと忙しいぞ~( ;∀;)
という事で、ここからゲームがあんまり進まなそうな予感しか致しませんが、何とか積みゲー消化頑張りたい所です~。

さて、白華の檻なんですが無事に初回√を終えまして、次の胡土前に行こうかな~って所で止まっております。
今日は初回感想と秋房の感想を続けて喋ろうと思います。
長くなりそうな予感しかしないので、早速本題に入っちゃおうと思います!

shirahananoori.PNG 

まず、何度かここでお話しさせて貰っているんですけど、私は緋色全シリーズ未プレイなんです。
初期のゲームがアニメ化されているものを見た事があるだけなので、玉依姫という存在等については知っている程度です。
でも、他シリーズをプレイしていなくても楽しめるという事だったので、お借りしたのが今回の緋色4白華の檻です。

ではまず、ストーリーをザザッと簡単に…。

主人公は玉依姫であり、季封村の長を務める詞紀です。
剣術なんかも嗜んでいるし、過去に自分が犯した罪に囚われながらも、長として玉依姫として勤めを果たしているしっかりしている子。
戦っても割と強いし、頭も切れるしサバサバしてるし、個人的にはとっても好ましい子でした~。

そんな詞紀と共に季封を守っているのが、智則と秋房。
三人は幼馴染なんですが、それぞれが代々家に伝わる役目を担っており、詞紀は玉依姫として、秋房と智則はそれを支える者として共に過ごしています。

ちなみに…。
ここの三人それぞれに色々とがんじがらめというか、苦しんでいるというのがこれまたちょっと悲しくも苦しい感じです。
秋房√で苦しみを感じるのは、この三人の持つそれぞれの気持ちの部分が大きかったかなと思います。

と、話が逸れましたが…。

ある時、詞紀は季封の傍の森て不思議な出会いをします。
人に追われ怪我を負ったとあるカミと森の中で出会い、彼女はそのカミを助け出します。
死を望んでいた彼に「生きて欲しい」と言い、季封に連れて戻ります。

この連れて帰ったカミが幻灯火なんですけど、彼と共に季封に戻ってから詞紀の周りが目まぐるしく変化していく事になります。

細かく話すと長くなるのでサクッとまとめると、物語には玉依姫とそれに関わる人物、カミと呼ばれる存在などが登場します。
人も陰陽師などもいるので、妖などが普通に認知されている世界観となっています。

オニという存在が出現し村などを襲っているんですが、これに対抗出来る力が玉依姫と彼女の封印する剣だという考えに至る者が出てきます。
玉依姫は昔から剣を封印するために存在していて、この封印は玉依姫にしか出来ないんですが、この剣と玉依姫を欲する輩が出て来て、そいつによって起こされるいざこざに巻き込まれます。

で、数々の人の思惑に巻き込まれながらも、玉依姫として季封の長として選択をしていく…って感じですかね。
詞紀の過去に犯した罪という部分も、自分で自分を許す事が出来ないというよひも、しないで常にそこに囚われているんです。
ここについては進めていく中で、その罪が何なのかというのが分かってきます。

この事があるからだと思うんですけど、終始悲壮感に溢れています(笑)
言葉が悪いかもなんですけど、詞季の気持ちの面で悲しい方へ悲しい方へ向いている感じがします。
雰囲気的には結構この“切なさ”という部分を押し出している感じがしました。

初回結構時間がかかってしまったんですが、多分10時間未満だとは思うけど細かい時間が分かりません。
章区切りとかもないのですが、共通4か3割、個別6か7割位いの割合でしょうか…。←アバウトですみません(笑)

共通部分では全キャラとの出会いを果たしながら、オニ討伐に向けて…までが描かれていました。
オニ討伐以降が個別になっている感じなので、その辺からシナリオが変わっていくのかな~と思います。

で、このオニ討伐部分なんですけど、個人的には全体の雰囲気から想像するよりもSFチックで驚きました(笑)
何というか、どちらかと言うと戦い方とか諸々の感じが薄桜鬼に近い雰囲気なので、そうゆうのを想像してたんですが…。
もっとファンタジーによらせた感じだったので、若干違和感があったかな。

でも、このオニ討伐を巡って新たな謎が生まれたり、新たな真実を知ったり…。
更にはそこに玉依姫がこれまで定められてきた運命という部分も絡んできますので、ここでどう覆すかというか何というか。
そうゆうのが絡んでくるとグッとシナリオに、厚みとか面白さが増してきますね。
クライマックスに行く手前はちょっと中だるみしてしまったんですけど、最後に近づいてくると一気に引き込まれた感じです。

恋愛面はカナリの微糖だと思います。
秋房が特になのかは分かりませんが、初回の感想としてはそう感じたかな。
恋の相手として意識はしていくんですけど、淡い恋心…(*´ω`)とかドキドキ…(*ノωノ)って感じでは無く…。
展開的に結構怒涛なのと、起きる出来事がなかなか惨い出来事とかもあるので、全体的な雰囲気はシリアスさが占めているんです。

なので、恋をしていく過程とかそこに出現するドキドキ感というよりも、宿命に囚われながらも相手への気持ちを大きくしていく…
って感じなので、恋愛色はそこまで強くないと思います。

ただ、主人公とその相手だけでなく、そこにもう1人絡んで来たりするので、絆とか気持ちの部分では深さを感じました。
そしてどのキャラクターにも等しく、過去の出来事であったり諸々の事で、罪を背負っていたり自分を赦してはいけないと思っている部分がある…というか、ありそうなのでその辺がシリアスに感じさせている部分かなと思います。

それと、BADを取るとバッエンド解説なるものが出てくるんですが、これが面白いんですよ!
何故、私がバッドエンド解説をバッエンド解説と言ったのかは、是非この解説を見て頂きたいと思いますが(笑)

BAD回収に行くと、悲しい気持ちで終わる事がなく!
逆に和むし楽しいし、全部回収したくなる作りになっているな〜と思いました。

システム面では特に不満もなく、saveもroadもサクサクだし、早送りも早いので問題無し!
主人公のデフォ呼びもありますしね♪

と、どんどん長くなってしまいそうなので…
そろそろ秋房の感想にいきたいと思いまーす!

akihusa_m.jpg 

秋房のお声はまえぬなんですが、私の中でザ・まえぬのキャラって感じのキャラクターでした。

詞紀の事を「姫様、姫様」と、とても慕っていて、とても真っ直ぐで素直な子です。
更に言えば素直すぎてちょっとお馬鹿と言うか何というか…(笑)って感じですね。
どう表現すれば良いのか…、穢れを知らないと言いますか、詞紀は己の背負った罪があるからこそ大人びてる部分があって、智則も一番近くで詞紀を見て来たからこそ割り切ってる部分があるんだけど…。
秋房は割り切ることも出来なければ、自分が守る、自分が救うという気持ちだけで突き進む感じですね。

序盤は詞紀達と共に季封を守るため、姫様を守るために行動していくんですが、ここでは割と愛だの恋だのと言う感じでは無いです。
秋房は完全に詞紀に恋古心を抱いている感じではあるけど、そこをガンガン出してくる感じでもないですしね。

オニの出現で京へといく事になったり、季封村が襲われ戦う事になってより強く詞紀を守らなければと思う中で、秋房の気持ちもどんどん大きくなっていくって感じでした。

で、序盤に言った秋房の素直だったりする部分は良い所でもあり、悪い所でもあるって感じで…√中にとても大変な事態が起きてしまいます。

ここの出来事とか普通に考えたら結構な出来事だし、まさかまさか…こんな事が起きるとは!と思ってしまう程、秋房が後悔し続けるであろう出来事なんですよ。
でもその部分は若干サクッと先に進む気もしました。
何かもっとドロッドロになっても良さそうな事だと思うんですけど、でも普通に考えたらそんな展開に持っていくはずがないよね…とも思うし(笑)
凄くモヤモヤ(*´ω`)ww

ですが…。
秋房の決断で起こしてしまったこの大きな出来事が原因で、ある選択を迫られるんですけどね!
もぅ、この選択がとにかく酷い!辛い!選びたくない!w

ここのシーン、詳しくは言えませんが「姫様の為、季封の為になるならば」と皆が言う所があるんですけど、もぅ私がすっごく苦しかった…。
どうしてもここから先に進むには、選ばなければならないのかー(つд⊂)と、進めたくないけど気になるから進めたいという、微妙な心境にさせられました(笑)

そして智則が詞紀の事を一番に考え、彼女を想うあまりに選ぶ選択もなんとも言えませんでした。
秋房には大変申し訳ないんだけど、私は「別名智則ED」と言っていた智則に激しく同意します(笑)

智則が幼い頃から詞紀を一番傍で見て、支えて来た中で変化していった気持ちとか、秋房も同様に詞紀を想う中で抱えて来た辛さとか…。
詞紀自身も自分の犯した罪と考えている事や、それ故に気持ちを押し殺していたり。

でも個人的には秋房のその想いも十分辛かったとは思うけど、何か…何か…智則の方がものすっごーく強く思っている感じがしてしまった(笑)
多分これってある意味ヤンデレ好きだからそう思ってしまうのかな?って思ったんですけど、どうなんでしょうか。
智則には十分そちらの素質がある気がいたします。

話しが脱線しましたが、三人共がそれぞれに苦しんでいて、それをここで………。
おっと、口が滑る所でした( ´_ゝ`)ww
とにかく三人の関係性とかそこに絡む恋心という部分が個人的にはとても面白かったです。

秋房に関しては、この√で詞紀への気持ちを大きくしていくんですが、姫と従者みたいな立場なので、詞紀を守る為に成長していくって感じですね。
私的には後半の◯◯◯の秋房が好きですが、EDを迎える頃には少し大人びて見えるので、今後が楽しみな人枠かな。

それと、どの√もそうだと思うんですけど、結構多くの人が関わる内容となっているので、シナリオの動きが激しいのも見どころかな〜と思います。
秋房√での中だるみは、起きた出来事に対しての動きが若干鈍る時があったので、眠気を誘いましたが…。
うまく言えないけど、出来事自体は結構辛いというか、ぐぬぬ…ってなる感じの物ばかりなのでね。

おのれ道満めーーーーo(`ω´ )oとかなったり、貞繁の野郎キー‼(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵
ってなったりするけど、貞繁はバッエンド解説で良いキャラをしてて、面白かったです。

終盤にグググ~っと面白くなるという点では、うまい事心を掴まれたかな~と思います‼

ではでは、何だかうまい事伝えられているか不安ですが、今日はこの辺で‼
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございましたー♪┏○ペコ


早く甘いFDを楽しみたくて
しょうがないりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチっと!
お願いします(*´ω`)ノシ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

  1. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 10:46 )

  2. りな子 | -

    まりも様

    まりも様こんにちは!

    バッドエンド解説凄く面白いです(*´ω`)
    アレなら普段BAD取りに行かない人も、ついつい取りに行きたくなる気がします!

    秋房の所は本当に智則√でしたよ(笑)
    凄く良い味出しておりました!
    秋房結構地味だから、智則のあの姫への気持ちの方が目立ってしまいました~ww
    FD楽しみだなー(*´ω`)

    そうそう、実は幻灯火がめちゃくちゃ泣けるって見たから最後にしたんですよww
    やっぱりせっかくなら切なさ重さを…(笑)
    まりも様もそこ推してましたしww

    この際甘さはここでは求めずに、各シナリオを楽しもうと思います♪

    まりも様は今日はお休みなんですね!
    KLAP楽しんでくださいヽ(^o^)丿

    ( 14:24 )

  3. きぬ | -

    こんばんは〜♪
    久しぶりにブログ巡りしたら、りな子さんが白華プレイしてる〜!

    秋房は、わたしも辛かったよー。
    あの選択がね。。。
    正直、本編は秋房、苦手ってなっちゃいましたもん。
    でも、どのルートも面白いので、楽しんでくださいまhせ♪
    智則は、ご明察〜!!りな子さんとわたしの共通のアレ、どストライクですよ〜。
    FDで救済ルートあるので、是非プレイして〜!
    本編は暗くて辛い出来事が多いけどw、FDは甘々で癒されるし♪

    また感想楽しみにしてますー!
    ではではまた♪

    ( 21:18 )

  4. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 22:50 )

  5. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 23:00 )

  6. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 22:35 )

  7. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 22:44 )

  8. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 22:48 )

  9. りな子 | -

    きぬさん

    きぬさんー!

    お返事遅くなってしまってごめんなさい( ;∀;)
    まずはお久しぶり~♪

    そうそう、今回の積み消化は白華にしてみたのですw

    秋房√ってどこまでも酷だったよね…
    でもだからこそ最後の方はすごく面白かったんだけどw

    その√も面白いのなら、ここからも期待ですね(*´▽`*)
    智則はやっぱりアレだよね!秋房よりもそっちに意識が行っちゃったよ((ノェ`*)っ))
    FDも楽しみにしておきます‼

    コメントありがとー♪

    ( 13:51 )

  10. りな子 | -

    シロ様

    シロ様こんにちは!
    お返事遅くなってすみません…

    章ごとにメインとなるキャラが違うんですね!
    となると全員分の出来事が起きるんでしょうか?
    誘拐とか不穏な出来事が多いのも、ハラハラしつつ楽しめそうですね!
    ネタバレになったらアレなので、細かくは教えてもらった内容について書きませんがww

    それと夢のセーブってww
    シロ様は夢でもゲーム調なのが笑ってしまいました(笑)
    セーブが出来るって凄くないですか?w
    私は絶対できない技ですよ。
    ギロチンとかも嫌だし、感覚まであるし読んでいるだけでも勘弁してくれーって感じですw
    その夢の中のシロ様は何役だったんですかね?
    シンデレラ的な感じでしょうか。
    冷静に分析できるているのも妙にリアルなのも何なんだろう…

    ( 13:56 )

  11. りな子 | -

    シロ様

    シロ様こちらでもこんにちは~♪

    やはり各キャラメインのお話がどんどん展開されるんですね~( ゚Д゚)
    わりと章ごとのシナリオはそんなに長くないんですかね?
    シロ様のお話を聞く限りですと、結構サクサクと展開していく印象があります。

    フムフム…犯人予測どうなのでしょうか!
    楽しみですね!←これも安易にコメントのお返事出来ないのが残念w
    ってかまた夢!w
    夢でゲームの犯人を予測するとは、なかなかですね(笑)
    結果誰が犯人だったのか、聞くのが今から楽しみです♪

    ( 14:02 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新の独り言