毎日好き勝手書いているにもかかわらず、拍手や応援クリックして下さり有難うございますm(_ _)m


相馬主計のグッドEDを終えまして、とてつもない感動と…そして何とも言えない想いを味わっております。
どうしても今すぐ叫びたくこの場に来てしまいました。

もう最近ではあのEDの曲が流れるたびに何とも言えない気持ちになるんですが、今回はエンドレスであのED曲を聴きながらこのブログを書かせていただこうと思います。
(発売した暁には絶対買うぞ!!)

個人的には新キャラの中で一番気になっていたのが坂本龍馬、二番目が相馬主計、三番目が伊庭八郎でした。
きっとプレイしたらこれは変わると思うんですが、相馬くんは本当に素晴らしい子でした(´;ω;`)

まずはネタバレなしで…。

相馬

何だろう誰を攻略しても切なくなってしまうこの流れ!!
もう一周目を終えている方なら分かると思うんですが、この前編が丁度終わるのが次の戦に向けて…って感じのところで終わるので本当早く後編出せー!!って感じになるんですけど、何かこう心に『何か』を残したまま終わらせてくるのが憎いんですよね。

それはどの隊士とのEDにも言えることなのですが、相馬くんの場合はもはやアニメを見ているかのような気分で山崎君同様にEDの曲を聞きながら浸ってしまいました。

相馬主計という人は本当に素直で、でも不器用で、そしてどこまでもどこまでもまっすぐな方でした。
本当に新選組に身を置くべき人というか、それが必然だったかのような強い志を持っている人です。

この人のルートは新選組に属しているけど、隊士たちとは違う視点でストーリーを進めていくことができるのですっごく楽しめました。
相馬くんは今回からの登場キャラですし、随想録には登場していないのでそのシナリオが無い分どうなるんだろう…とちょっと心配だったのですがそんなのいらぬ心配でした。

ネタバレしないように伝えるのがとても難しいですが、随想録ではないけどちゃんと納得のできる話が組み込まれている!!と言ったらいいのかな…。
いきなり突拍子もないシナリオが描かれているわけじゃなく、ちゃんと『薄桜鬼』という物語に沿ったシナリオが組み込まれているということですので、いままでよりも深く新選組について分かると思います。

新選組の隊士たちのルートだけだったらこれは分からない視点と分からない話なので私的には新たな事を知れて終始納得しながら夢中になってプレイしていました。

そして相馬くんとは小姓の先輩と後輩という立ち位置ですから、ここから恋愛に変化するって結構時間がかかるんじゃないのか??とも思ったのですが、確かに時間はかかると思う。
だって薄桜鬼だし、いきなり好きになってて『いつ好きになったの?』的な流れにされたらたまったもんじゃありません(笑)
でもね、この前編での恋愛模様って愛だの恋だのって感じじゃないですし、彼との心の距離は本当すっごくいい感じに、時間とか距離とか保ちながら進むのでとても良いよ!!←誰(笑)

まじで相馬くん良いな~♪って思っている方々には早く相馬くんのグッドEDを見てもらいたいね。
EDの終わり方が本当に良かった。(終わりの方の梶さんの声が良かった)

千鶴と相馬くんの関係が、色々な意味で(恋愛がどうのではなく)ただの先輩と後輩ってだけじゃなくて本当に素晴らしい関係だなって思うし、今まで攻略してきたキャラって一度新選組綺譚で攻略している人たちなので、どうしてもどこか物足りなさを感じてしまう部分があったんですけど、ここにきて『すっごく良かった!!もう一回見たい!!』って思える内容だったんです。

そしてスチルが綺麗なことで普段の立ち絵では分からなかった相馬くんの魅力に気づく事ができます(*´д`*)

更にここでの悲恋とバッドは今までにはなかった新しい流れの終わり方だったので悲しいながらも楽しむことが出来ると思います。
今までの隊士のルートには無かった流れだった!!

それと彼のルートでの沖田総司との絡みがなかなか面白いし、今までに見られなかったちょっと新しい先輩らしい沖田総司の姿を見られると思います(・∀・)
そして相馬くんが憧れるほどの総司って本当にすごい剣を扱う人なんだな~って思いました。

もうあんまり言うとネタバレしちゃいそうなのでアレですが、とにかく相馬ルートは他の隊士とは違う流れな部分があるので今までの薄桜鬼に深みを出してくれたように思います。

あ!あとここでは私の密かに気になる三木三郎(近藤隆さん)が多めに登場するのも注目ポイントです( *`ω´)(笑)

最後に相馬くん攻略の際にはデフォ呼びをすると『雪村先輩』と呼ばれます。
わたしも雪村先輩って呼ばれたいと切に願ってしまうほど。是非一度呼んでもらってください!!(笑)

そしてお次は斎藤さん。

斎藤

この人は本当にブレない。
本当にこのザ・武士と言いたくなるような佇まいとか、行動とか言葉とかすべてが好き。

いろいろなゲームをプレイしてきて鳥海さんの声を聞いてきていますけど、私斎藤さんの時の声がいっちばん好きなんですよね。
何て言ったらいいのか普段からあまり感情を込めない声音なんですけど、ちょっと微笑んでる時の話し方とかがキャラの表情とマッチしてて温かみを感じるというか…
とにかく好き。

斎藤さんのあの鋭い目とかも大好きなんですけど、もうこの人は血まみれだろうがなんだろうがカッコ良いんですよね!!
あんなに新撰組のためなら命も惜しくない…みたいな感じで、感情持ってませんみたいに思わせるのに照れたりとか( °ω°):∵グハッ!!刀のことになるとお喋りになるとか…

なんですか?その可愛さは!!

って感じですよ。

この人のルートは一度プレイしているので何となく覚えているんですが、それでも軸となるシナリオに随想録のシーンが加わることで少しずつ彼に近づいている感じがするのは楽しかった(笑)
しかも今回の前編が終わるところでの悲恋EDとノーマルというのが、結構私の心をえぐります。

だって悲恋とか…本来は重いのとか大好物なんだけど、薄桜鬼の場合戦いのところとか羅刹の事とか絡んでくると常に切なさが付きまとうじゃないですか…
しかもその切なさがなんか他とは違くて本当にズーン…ショボーン…ってなるんですよね(;´д`)

だからここの悲恋はなるべく棒読みしたい(笑)
でも楽しみたいというわがままなりな子ですm(_ _)m

最後にどうでもいいんですけど、今回のチー様以外のルートでのチー様がなかなか荒れていらっしゃる事に驚きを隠せません(笑)
前こんなに乱暴な感じだったっけ??(笑)

津田さん結構声張り上げてる場面多くてびっくりだよ(笑)
でも斎藤さんとチー様が最後の方のシーンで戦う時に、めっちゃ低い静かな声で『それでは始めるぞ。覚悟はいいな』っていうんだけど、この時が本当にかっこいいんですよ。
音結構大きくしないと聞こえないほどのひっくーい声で言うんだけどね。最高でした(;゚∀゚)=3

最後に相馬くんに関するネタバレを喋って終わりにします!!
だって今から山南さんを攻略しないといけないからッ!!←(笑)

ではでは以下は相馬主計についてのネタバレ的なお話ですので未プレイの方などはページをお閉じくださいませ┏○ペコ






私は相馬主計が好きです。

あんなに真っ直ぐで可愛い、そしてカッコ良い子を好きにならないなんて…無理!!

彼が登場したときは一体何者!?と思いましたが、伊吹龍之介の名前が出てきた時にそこか!!と思いました。
案の定龍之介や芹沢鴨の話が出てきてそうゆうことなのか…とすっごく納得!!

直接的な関わりがないもののそこに繋がるんだなぁと。

随想録の代わりに黎明録キタ━(゚∀゚)━!って感じでしたね。
というのも私龍之介と芹沢鴨のことはSSLで知ったんですね。で、黎明録がVita移植された時に買うかすっごく迷ったんですが、結局買わず…なのでその内容というのが全く分からないんですよ。

でもここでちょっと新撰組になる前の話とかも話してくれた事で、ただの薄桜鬼とか随想録だけじゃない面白さがあって個人的には物語に深みが出て面白かったなって思いました。

そしてここでの宿敵は三木三郎かと思い、薩摩藩と現れた三郎に対して私は戦いの時なんてVitaを握り締め相馬くんを応援していましたが…三郎様、相馬くんに変若水を飲めと命じやがりました(´;ω;`)
この子は飲む子だよ…でもやっぱりその流れなのかと…相馬くんまで羅刹になってしまうのかとやっぱり悲しくなってしまいましたね。

しかしですよ…

宿敵だと思われた三郎様は前置きで、チー様がやっぱり襲ってきたーΣ(|||▽||| )

もうこのシーンは何度となく見てきたけど、助けてくれる人たち(ここでは山崎と井上さん)が戦っている最中に逃げていくのはやっぱりすっごく切ないんですよね。
しかもチー様がまじで鬼。その名のとおり鬼すぎて悲しくなりますわ(笑)

でも彼らがせっかく守ってくれた千鶴と相馬の命ですから後編では幸せになる!!(私が)

とにかく分かってはいたけど、でもこのルートも切なくそして武士としてというのが強く描かれたルートだった。
相馬くんは良い男になるよ(ノω;)

あんまり長々と言うと止まらなくなりますので、そろそろ山南さんに会いに行こうと思います。

とても感慨深いルートをありがとう(笑)
そして最後までお付き合い頂いた方々、ありがとうございました┏○ペコ


今から山南さんに会いにいくりな子に
応援ポチを頂けたら嬉しいですヽ(´▽`)/
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新の独り言