こんばんはです~♪ヾ(*´∀`*)ノ

まずは昨日の遥か6ロンドの感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもありがとうございました~‼
本日もとてもとても励みとさせて頂いております┏○ペコ

実は…。
昨日のうちに遥か終わらせるぞ~‼と息巻いて進めてたんですけどね、感想書いてどんどこ進めてたんだけど、これが終わらない終わらない(笑)
萬から藤堂、通常ED、大団円って感じだったんですけど、ぜーんぶ最初からやってきたから進んでる気がしないんですよね‼(笑)

でも結局周回は3~4時間程度で終わっていたと思うし、通常EDとか大団円は個別のイベントをガツガツこなす感じではなくて、一度起こしているイベントをスキップで進めながらいくので割と早かったかな~?
まぁそんなこんなで遥か6幻燈ロンドを終わらせてきましたよ~ヾ(*´∀`*)ノ
ちなみに札とか集めてないし、フルコンではないです!
全てのED回収のみって感じなので、そこまで時間はかかっていないと思いますが…攻略キャラ結構多いのと、途中ゲーム出来る気力が無かったので時間がかかっちゃいました~(;'∀')

って事で今日はコンプ感想と残りのキャラ二人について喋ってしまおうと思いまーす♪

header2.png 

今回の遥か6幻燈ロンドですが、この幻燈ロンドというタイトルにも意味がございますよ~♪
作品中にメインで起こる出来事に関係しているキーワードになりますので、プレイした際には「これの事かっ!」と思いますね(笑)

シナリオは初回感想の時に軽くお話ししているので割愛させて頂きますが、今回の面白さはどこの√でも変化するEDの迎え方かなと思います!
前回の遙かなる時空の中で6の時には、EDに向かうまでの個別部分が各々異なっていたんですけど、お話自体は一本筋なので最後の最後2人がどこでどうするか…って所だけが違うって感じでした。
クライマックスの所からED迎えようか…という過程は、どのキャラ√でも同じだったんですよね。

でも、今回はEDを迎える過程、帝都に新たに起こっている問題を解決する解決方法とか、最後にどこでどうするかという所も、それぞれに違う終わり方なので面白かったなと思います。

シナリオ自体は勿論どこも同じ流れだし、周回の際にはある程度の所までは早送り出来るって感じなんですけど。
最後にクライマックスを迎えるまでの展開というのが、それぞれ異なっているので凄く楽しめました‼
帝都の問題と共に彼らに関する出来事も関わってくるので、各攻略キャラらしい展開となっていたし、良さも出ていたと思います。

システムも私的には優しい設定だったので、起こしたいイベントがスムーズに起こって本当に助かりました(笑)
若干恐怖症のあった私としては、安心して進められたかな(*´ω`)(私だけの事だろうけどw)

それと今回から登場している萬や藤堂さん、なかなかのキャラでしてですね‼
個人的には藤堂さんがだいぶ好きです私(*ノωノ)
皆さん結構胡散臭いって仰ってるんですけど、た…確かに胡散臭いと思います(笑)
でも声が近藤さんで、更にちょっと金持ちのボンボン臭がするし偉そうだし…更には彼について色々知ると、私が好きにならないはずがない(*´ω`)
あの癖のある感じとか言葉遣いが良い!

既存キャラ達も前回よりも梓に対する感情表現がストレートだったりするので、その辺も楽しめるポイントじゃないかなと思います♪

で、昨日私は夜中一人驚愕したんですけどね…。
全部のED回収ししてから、あっ!藤堂さんのDLCやろう~って思ってPSストア見に行ったらね…。
何と有料だったんですよっL(゚□゚)」オーマイガ!
私はてっきり遥かのソフトあればOKよ~という、親切設定かなぁと思ったら甘かったです(笑)
ちゃんと商売でした…(笑)
って事で、3つのシナリオで1500円以下だったけど…眺めながら悩んだ結果、辞めて月影FDをセットしました( ;∀;)←

藤堂√も一応あったから嬉しかったんですけど、追加のシナリオも気になったんだよなー…。
あ、ちなみに藤堂√は皆とはちょっと違う感じの√になっているので、彼との恋愛が成就するというのではなく、これから始まっちゃうかも⁉みたいな所で終わります…。
なので余計にこのDLCを楽しみにしておったのにーーーーー(TwT。)
有料だと知らなかったワタクシにとっては、ちょっと残念な感じになってしまいました…。

とまぁそんな事件もありながら、個人的には結構楽しめた作品だったかな!
前回みたいに足踏みする事も無かったから、すんなりシナリオには入れたし途中同じことの繰り返しで若干眠たくなった時もあったけど、楽しめました(*´ω`)

恋愛面も今回は6を経てからのロンドなので、キャラによっては結構序盤で気持ちに気付いて分かりやす~い反応をしてくるから面白いし(笑)
キャラ自身もわりとパワーアップしている感じで、その辺も楽しめたなと思います。

これランキングつけた方が良いんですよね…?

1 ダリウス
1.5 藤堂
2 萬・村雨
3 有馬・秋兵
4 コハク・ルード
5 九段・虎

って感じかな(*´ω`)
結構変化があったな~と思うんですけど、精鋭分隊がめっちゃ頑張ってた(笑)
キャラ的な物もそうなんですけど、秋兵とか√シナリオがカナリ好きでした!
萌え…という部分だけで見ると上位のキャラと有馬くん辺りがメインかな~って思うんですけど、コハクも捨てがたかったんですよね…。
でも今回の精鋭分隊にはちょっと敵いませんでした( ;∀;)

ダリウスは不動ですね(笑)
もう遥か6のキャラの中で一番好きです…|д・)
鬼の首領としてどっしり構えている感じが強く見えるので、落ち着いていて余裕な印象だけど実は…みたいな所が堪りません(*ノωノ)
 
同じようなシナリオ構成じゃないのにダリウスのすぐ下に食い込ませた藤堂さんは、色々と凄く好みだったんですよね~…。
まぁここで言ってしまうとアレなので、黙っておきますけど色々と好きな要素な盛り込まれた人でした!
さすが近藤さんヾ(*´∀`*)ノ

萬はプレイすれば分かって貰えると思うんですけど、人形が恋をするという設定としてはよくある展開となっているんですけど…。
萬の変化に合わせて下野さんのお声が少しずつ変化していく所とか、彼の行動力とか諸々に心を動かされました!

村雨さんは個別の感想でも散々言ったんですけど、今回大人の魅力が満載だったんですよ‼
ちょっと狡いな~とか思いながらも梓と一緒に翻弄されてしまう感じ?(笑)
凄く楽しかったし、ご褒美も多かったので…(*´ω`)グフッ

そして前回は下位になってしまっていた精鋭分隊二人は、今回カナリ盛り返してきました!
有馬くんは本当に素敵さんだったし、グイグイまでは行かないけど積極的になっている感じとか彼の魅力が詰まっていたなと思います(*ノωノ)
秋兵はとにかくすーーーーっごく幸せだった……。
今全員終わってみても、一番幸せだったんじゃないかと思うんですよね。
なので印象に強く残っているかな。

コハクはとにかく可愛いから男の人に昇格したシナリオだったなと思います!
もうこれを感じざるを得ない台詞の時にはキャー(*ノωノ)ってなりますよ…。
ルードくんは個人的には萌えとかよりも、梓との関係性が凄く良かったな~というのが印象に強く残ったんですよね。
でも前よりも素直になっている彼はとても可愛かったです(*´ω`)

最後は九段&虎!
九段さん今回はキャラ的に色々とパワーアップしていて、何か面白かったんですよ(笑)
残念ながら私の好みの感じではなかったけど、それでも可愛さとか面白さとか色々な物が詰め込まれていたんじゃないかと思います。
そしてお次の虎‼
今回の虎は前回よりも控えめ…って訳ではないけど、何だか野性的な感じがまろやかになっていた気がします。
私的萌え所が前回の方が多かったかな~って思いました!

って事でロンドの方のキャラランキングは、こんな感じとなっております。
さてさて、では最後に萬の感想と藤堂くんの感想を喋って終わりたいと思います!
まずは萬から行きたいと思います~♪

icon_man.png 

萬は自自働人形(オートマタ)という事なので、人の感覚とは違ったり喋り方も基本的には感情がない感じです。
一応公式でも謎な感じで紹介されているので口を噤みますが、特殊な場所から来ていて帝都で梓たちと出会い、梓をマスターと呼び従属します。
梓達と共に怨霊討伐をしたり共に行動して行くんですけど、その中で萬との距離を縮めていき…って感じの流れなんですけどね…。

この子どこの√でも最後の最後までちょっと謎めいているのでね…カナリおいしい立ち位置のキャラだなと思いますよ!
わりとシナリオに深く絡んでくる人なので、何か色々喋れないんですけど…(笑)
そもそも他キャラ√でもなかなか良い役をしております。
全てのキャラの√中で若干重要なポジションにいるので、萬の√ではどなるんだろう?とワクワク出来ると思うんですよね。

で、いざ萬の√に入ると…。
今までちょっと心を持ったオートマタだと思っていた萬が、笑顔を見せてきたり自分の梓に対する気持ちに戸惑ったりと…とっても人間臭い感じになっていくのでそこもまた良かった(*´ω`)
どうして梓に対してこんな気持ちになるのか、この気持ちは何なのか…って所から、自分が持ってはいけない感情なんだ~とかなって、恋に苦しむ姿が良かったんですよー(*ノωノ)

しかもこの人マスター(梓)に従っているキャラなので、基本的には梓に対して一歩引いている感じなんです。
でも一緒に過ごしていく中で恋が芽生えていくと、その距離が少しずつ近づいていって萬の梓に対しての行動が…ちょっと積極的になる場面とかもあるし!
更に言うと梓の萬に対する感じる感情とか行動とかも、何か恋する女の子って感じなのがこれまた面白かったかなと思います。

シナリオの展開も物語に深く関わっている萬だからこその展開って感じで、とりあえず切なさが強い感じの流れになっているんですけどね‼
ここでの藤堂くんが他の√とは全然違う顔を見せてくるので、私的にはめちゃくちゃ面白い展開となっていたんですよー(≧∇≦)
藤堂くんと萬の関係性が光っていた√だったと思う!

今までの√では絶対に見る事の出来なかった藤堂くんの本当の姿…みたいなものが見えたと思うし、2人がお互いを特別に思っている(変な意味じゃないよw)のが凄く伝わってきましたね~。
憎まれ口をたたきながらも萬の事を気にかけて、それだけの為に行動する藤堂くんはステキだったし(:_;)
萬と梓が幸せになれた姿を見たら、心が穏やかになりましたもん~( ;∀;)

そこに至るまでにはモヤモヤしたりしながらも、梓と萬がすれ違ったり…はたまた藤堂くんが萬の邪魔(?)とかしながら進むんですけどね。
その藤堂くんの行動にも萬を思っての事だったりとか、萬が梓と一緒に居る事で人と同じような感情や感覚を備えていって、梓に特別な感情を持っていく事で藤堂くんに対する態度とか考え方とかも変わっていくのとかも凄く良かったなって思う!
人と感覚がずれている人が、どんどん感情を持っていく流れってちょっとした笑顔でキャー(*ノωノ)ってなったり、思わぬ行動で(´∀`*)ポッってなったりするけど、まさにその代表って感じでしたね(笑)

しかもランキングの時にも言いましたけど、その変化と共に下野さんの喋り方にも変化が出ていてね~そこがまた良いんですよね~( *´艸`)
最初は無感情な感じの喋り方なのが、どんどん変わっていくのが萬の変化を現していました。
で、最後の最後には萬の行動にドキッとさせられるので…(*ノωノ)
EDの迎え方もなかなか面白いと思いますしね!

お次は最後の藤堂くんなんですけど、この方の場合攻略!って感じとは違う感じでした。
なので公式でも攻略対象とはされていないんですけど、個人的に好きなので感想書いちゃいますよー‼(笑)

icon_to.png 

見て!この顔に近藤さんの声がつくんですよっ!
最初は特に何とも思ってなかったんですけど、登場して喋った瞬間に『わわ(´ω`人)好きかも♪』となりました(笑)
いや~…多分一筋縄ではいかないキャラが好きな人は、その魅力が分かって貰えるんじゃないかなと思いますよ…。

藤堂コンツェルンという帝都では超有名な金持ちファミリーの息子なので、基本的にはザ・金持ちって感じ(笑)
喋り方とかも上から…ってゆうか、ちょっと偉そうな雰囲気があるし、彼のEDを迎えようと関わっていくと梓がしきりに「チャラい…」って心の中で思っているのが笑ってしまいました(笑)
思えば梓って現代から帝都に来ているんだけど、馴染みまくっているからそれを忘れちゃうんですよね。
今風な言葉遣いをすると「あ、現代っ子だった…」と思い出すんですが、藤堂さんとのイベントで彼に女の子の行列が出来ていたり、梓に対するナンパな感じの対応の度に「チャラい人」と思ているのが妙に面白かったです。

この人わりと他√では強気だしハッキリ言ってしまうと、嫌な奴臭が強いんですよね。
でもその感じにも理由があるんですけど、ちゃんとそれを理解し合って終わるパターンのEDとサクッと藤堂くんが関わらなくなるEDと別れているんですよ…。
藤堂ファンとしてはサクッと終わる方は「えーーーーー!」って感じでした(笑)
でもちゃんと理解するEDの方を見た時には、「あぁ…やっとまともに終われた…」と思ったんですけど、萬の√をやるとより藤堂くんに興味が湧きましたね( *´艸`)

で、肝心の藤堂EDでは…。
藤堂くんには成し遂げたい事があるんですけど、それをするには梓という存在は邪魔というか…あまり深く関わりたくない相手な訳ですよ。
でも藤堂EDを迎える為には彼との距離を縮めていく事になるので、梓がいつもの調子で藤堂くんに近づいていくと…。
今まで見る事の出来なかった彼の本当に抱いている感情みたいなものがちょいちょい見えだしてきます。

このボリュームで藤堂くんと恋に至るにはさすがに短いので、成就するという終わり方じゃないのには納得です。
だって今の段階でも「チョロイな藤堂…」って思ったもん(笑)
でもまぁそこが彼の色なんだと思いますけどね!
全然過去を断ち切れていない弱い部分とか、完全に見誤って進んでいる感じとか…ダリウス同様にダメ男な訳ではないけど、そうゆうのを匂わせるキャラで凄く好きでした。

自分の成し遂げようとしている事への考え方が梓と関わった事で変化していくんですけど、萬同様に自分の気持ちに振り回されているのが私的に面白かったポイントでした!
最初は掴みどころ無いチャラ男なんですけど、自分の気持ちに翻弄されつつも抑えている辺りから藤堂熱が高まりましたね(*ノωノ)
他√でのちょっぴりゲスい感じも好きだけど、萬と藤堂EDでの実は優しくて寂しい人な所も好きです。

しかもそこに近藤さんの声がついてるんですよ|д・)  
堪らんキャラ設定だと思うんだけどなぁ…。
サブで攻略対象にして欲しい‼ってキャラは散々いたけど、藤堂EDを作るくらいならガッツリ攻略させてー‼と思いました( ;∀;)

あれ、サブキャラなのに感想が長くなっている(笑)

EDの迎え方も大団円風になっていて、皆との絆を改めて理解できる部分もあるし、藤堂が梓の事を特別に思っている感じとかもキャーキャー出来ましたよ私は( *´艸`)
あー藤堂のシナリオやりたかったな~…。
じゃ買えよって感じですよね(笑)
でもソフト借りてるからどうしても買うって気持ちにはならないんですよね。
なので、このDLC買った人いたら感想聞かせて下さーい(*‘∀‘)←
待ってます(笑)

って事で、遥かなる時空の中で6 幻燈ロンドはこれにて終わりとなります‼
今日まで感想にお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ

次は既に開始している月影の鎖 狂爛モラトリアムです♪
こちらも新たなキャラが加わっているとの事なんですけど、とりあえず兄である大井川ルゥトからやっているので(*ノωノ)
また次回からお付き合い頂けたらと思います!

ではでは、最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪|д・)ノシ


久々にゲーム三昧していて
喜びに浸っているりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致しますヾ(*´∀`*)ノ

にほんブログ村
関連記事


コメント

  1. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 08:23 )

  2. りな子 | -

    まりも様

    まりも様こんにちは~♪

    DLC有料でしたよ~( ;∀;)
    マジでびっくりしました…隣にお値段書いてあったもん(TwT。)
    藤堂くんだけでもやろうかな~って思ったけど、ソフト持ってないし買う気にはなれず…
    もういぃやと諦めました…。

    萬√では思いがけず、萬も藤堂君も活躍していて大満足。
    むしろ藤堂君がやっと何かちゃんとどうゆう人か分かって良かったー!と(笑)
    私は藤堂マニアになれます。

    ダリウスを脅かせる人はいなかったみたいです~(*ノωノ)
    唯一居るとすれば藤堂くんですね!
    いや~なんだろう、近藤さん+あのキャラ設定という組み合わせが、私にグッサリと刺さりました!
    ダリウスと藤堂くんのだけでも追加シナリオやりたかった( ;∀;)
    大人の世界怖いー!w

    月影とりあえず樹と、アフターとAnotherが終わっています。
    今日ホテルに帰ってから雅やりまーす( *´艸`)ムフフ

    ( 12:48 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新の独り言