こんばんはー(*´Д`)

まずは昨日のちょこっと感想にお付き合い下さいまして、ありがとうございましたー‼
拍手や応援ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございます(*‘∀‘)♪
本日も更新の励みとさせて頂いておりますm(__)m

まずは昨日は野球観戦に行ってきましたが、ロッテ×西部の試合だったんですよ!
で、応援したのはロッテ側だったんですけど、ある意味酒盛りとなりつつもロッテのピッチャーのTシャツに身を包みしっかり応援してきました(笑)
途中で風船を飛ばすから…と手渡されたんですけど、全然膨らまなくて一生懸命膨らまそうと必死になる私と友達…。
その様子をもう一人の子に大爆笑しながら何回も写メされ、後から写真を見てみたら必死の形相に爆笑でした(笑)

風船なんて膨らます機会無いからコツ掴むまで大変でしたよ~(*´ω`)ヘヘ
でもすっごく楽しめましたー‼負けちゃったけど…( ;∀;)
ガッツリファンじゃん!と突っ込みたくなるような姿で応援していたんですが、さすがにここで晒す勇気はないのでこっそりLineのアイコン&カバー写真にしておきました(笑)
また来年も行きたいな~と思います♪

そして待ちに待ったPS4が届いておりましたー(/・ω・)/
早速設置したんですけど、Vitaに夢中で何もしていないんですけど(笑)
とりえず届いたよーの写真だけ(*´ω`)

IMG_3536.JPG

ではでは、雑談はここまでにしまして…。
忙しかったお休みも終わりを迎えてしまいましたので、今日からまたゲーム進めていこうと思いますよっ!
ちなみに、大変長らくお待たせいたしました…。
悠久のティアブレイドの初回感想&アタルヴァ・シュドの感想を喋りに来ました‼

今作はロボものという事で、どんな感じのストーリーなのかなー?と思っていたんですけど、以外にも物語の作り込みもされていたし、キャラ同士の関係性とか3000年の時が何を指しているのかなどなど…。
全てが繋がる時にはVitaを食い入るように見つめてしまいました!
では、長くならぬように頑張りますが、感想をば。

ティアブレイド0.PNG 

サクッとストーリーを説明させて貰いますね(*‘∀‘)

まずはこの物語の主人公であるイブは、古代人が残したと言われている地下シェルターで管理AIであるロボットのクレイドルと二人で暮らしています。
自然の沢山ある広大な場所で一人きり、長い間暮らしてきた彼女がこの作品の主人公です。

対して地上では昔に起こった最終戦争の大気汚染により、青い空や太陽というものはなく、空に暗く厚い雲がかかっているような場所です。
そこのスラムと呼ばれる場所で暮らしているシュドは、アタルヴァと出会いイブの住む地下シェルターであるネオスフィアを目指すことになります。

この出会いにも色々とあるんですけど、シュドは大気汚染原が原因で病に伏せている弟を助けるため、アタルヴァは亡くなってしまった自分の兄の言葉に従いイブを探しています。

そしてアタルヴァについていく事を決め、2人でネオスフィアを目指します。
ネオスフィアを示す場所まで到達したのですが、そこには何もなくただただ広がる荒野と亀裂の入った崖のみ…。
ここで何やかんやと意見衝突していた時に、軍から襲撃を受けてしまう2人…そこから何と地中に真っ逆さま…と思ったらネオスフィアに着きました(笑)
ここから彼らの人類補完計か…じゃなかった、壮大な物語が始まっていきます!

本当はティアブレが出てくる所まで喋りたかったんですけど、ものすっごーく長くなると思うので止めておきました(笑)

まずは初回プレイ時間なんですけど、10時間程とかですかね。
私が思っていたよりもボリュームがあったのと、とぎれとぎれでプレイしたというのもあると思うんですけど結構かかっています。でも面白くてじーっと見てしまうんですよ。

既にプレイされている方からお聞きしていた通り、本当に最初から最後までアニメを見ているような感じで進んでいきます。
全7章構成なんですけど20話以上まである作りとなっていて、章の中でも何話かで区切られています。
なので一つずつはそこまで長くない話数なんですが、数が結構多いのでボリュームがあるように感じます。

初回は一体どこからが個別分岐なのかが全く分からなかったです(*´ω`)
なんかスムーズに進んでいくというか…とにかく、“ここからが分岐なんだな…”と思える所が無かった(笑)
今2周終えているんですけど、大筋の部分では同じ物語となっています。
ただ、攻略キャラが異なる事で、相手側に関わる部分だけが違うと言った感じですかね。

なんですけど…。
個別に入ったからと言って全く個人の√って感じでもないというか…。
特にシュドとアタルヴァは同じようなストーリー構成になっているからなのかな?

中盤まではわりと何も知らないイブとちょっと常識の通用しない部分のあるアタルヴァに対して、シュドが母ちゃんみたいで楽しい場面が数々あります。
最初はシュドとアタルヴァとクレイドルと共に過ごしているんですが、途中からヤジュルが登場してくるって感じですね。

んでもって常にロウが黒のティアブレイドに乗って出てきます…(;゚Д゚)
公式にも載っているから言ってしまうと、ロウはいわば敵側として出てきます。
長い間イブを探していた彼は、それはもう凄いんですよ!
つぐつぐの演技がマジで凄まじいんですけど、私彼が叫ぶシーンはもう何か切なくなってしまうんですよね~。

彼がどうしてそこまでしてイブを手に入れようとしてくるのか…とか、あのようになってしまうのも今までの時があったからだと思うと納得できたりとか…。
とにかく他の人を攻略していると、早くロウを幸せにしてあげなければ‼と思ってしまいます(笑)

とりあえず、もともとロボ系アニメ好きな人なら、かなり楽しめるんじゃないかな?と思います。
勝手にそう思っておるだけですが…(笑)
何故ならエヴァとかルルーシュとか好きな私が、ものすっごく楽しめているから!
でも、好きじゃなくても楽しめますよ?
物語自体かなり作り込まれているし、イブにもアタルヴァにもシュドにも、ヤジュルにもロウにも…その他のキャラにも色々と…色々とあるんですよ‼

もう全体的に切なくなってしまう展開が予想できる設定だらけなんですけど、テーマもすごく壮大なんですよね。
人類というものが出てくるので…この壮大なテーマが地雷だったらきついかも(笑)
ちょっと小難しいというか、ある人が無そうとしている事とかに関してが出てくる後半はファンタジー要素が大幅にアップしまくるので、だからこそ私はカナリ楽しめたのかなと思います。

ロボ戦についてですが、このシーンも結構メインで出てくる部分となっています。
ティアブレイド同士で戦いつつ進んでいくので、戦闘シーンも好き嫌いが分かれそうかも?
わりと回数も多いし、ロウとのやり取りもメインは戦闘って感じだし…。
最後の最後まで戦っていきますからね~。
私はレイピアとか双剣が飛んできた時にはキャーってなりましたけどね(笑)
まぁこの辺でキャーっとなれるのは、プレイしたら分かって貰えると思うので口を噤みます(*´ω`)

恋愛面なんですけど…これがメインかと言われたら何とも言いがたい(笑)
私個人的にはすごく楽しめているので不満はないんですけど、恋愛中心の作品ではないというか…恋愛はしているけど…何といえば良いのか分かりません(笑)
とにかく恋愛だけをしている場合じゃないというかですね!

でも何も知らないイブが色々な事を知っていく中で、純粋に誰かと一緒にいたいとか思う部分の変化とかは何だか温かくなる気がします。
攻略対象の恋愛感情への変化と言う部分では、今攻略の終わっている二人の内の一人は異例の感じなのでアレですけど…
もう一人に至っては純粋に好きになっていったんだと思うので、普通に恋愛している感じではありました。
ただこの部分の描写が細かいかと言われたら、そうでもないかもですね。

私は今アタルヴァ→シュドと攻略してきたんですけど、シュド√で思わず泣いちゃったんですからね‼( ;∀;)
何かすっごく感動的なシーンちょいちょい盛り込まれていたんですけど、最後のクレイドルの…クレイドルのあのシーンでボロボロと泣いてしまいましたよ…。
なので自分が想像していた悠久のティアブレイドという物語とはかけ離れていた、切なくも温かい物語だったと言っておきます。

スチルがものすっごく綺麗なので、出てくるたびに見入ってしまいます(*´ω`)
1人差分入れなくても14枚~って感じで、わりと枚数はあるのかなー?と思います。
EDなんですけど、シュドとアタルヴァの場合はハッピーEDとTRAGIC EDという二つが用意されていて、TRAGICの方は切ない終わり方となっています。
他キャラはBADが用意されているキャラもいるようなので、この辺どんな感じに作られているのか楽しみです(*´ω`)ワクワク

あ、ちなみに私やっぱりクレイドル最後に残そうかな…でもヤジュルかな…となっております。
次はロウを攻略することが決定したんですけど、実はシュド攻略中にロウの√に行ってしまったんですよ(笑)
しかも結構進んでから気づいたというね!
アタルヴァ攻略後にロウ√解放されるの忘れてたーΣ(゚д゚lll)ややこしい…。
なのでもうほとんど進めちゃったから次はロウにして、最後2人を迷おうと思います。

ではでは、個別の感想に行きたいと思います。

tierblade_2_1_1920.jpg 

まずはアタルヴァです。
アタルヴァは見た目キリッとしていて、カッコイイ~(≧∇≦)って感じしますけど、なんとも間抜け…というか抜けているというかドジッ子というか(笑)
ちょっと意外な一面なんかを持ち合わせていますし、シュドのように普通の人が持ち合わせているだろう常識というかそういった部分が欠如している方でした。

彼自身に昔から自分の物ではない記憶というのがあるんですけど、夢の中でいつも見る物なんですよ。
その記憶の持ち主の想いというのがアタルヴァの中に根付いていて、記憶の持ち主である“彼”が求めているものを彼も知りたいと思いイブに会おうとネオスフィアに来たのが始まりでした。

ハッキリ言ってしまうと、個人的にはアタルヴァとの恋愛の進み方とか結構いつの間に…?って思いました。
でもこれって彼の秘めている部分にも関わってくるので、そう思ってしまってもしょうがない流れなのかな~と納得も出来ます。
いうなら既成事実が先に来てからの恋愛みたいな感じに近いかな(笑)
だけど、その部分では自分の気持ちが信じられなくなってしまったアタルヴァが、苦しみながらも自分の中に芽生える気持ちを認める…という流れとしては良かったと思います。

ストーリー展開も全く想像していなかった流れだったので、かなり楽しめた初回キャラだなと思います!
いつも同様に…なんですけど、細かい情報は入れていなかったので色々なストーリー展開がとにかく夢中にさせてくれました。

そもそもアタルヴァ自身に関わる事だけではなく、イブの事やティアブレイド、ティアブレイドの持つ武器などなど…。
この物語に出てくる全ての人やモノに“何か”があるので、全てについての真実が物語が進むごとに分かってくると、どんどん面白くなってくると思います。

アタルヴァの物語は彼の事が少しずつ分かってくると、どんどんアタルヴァが自分に自信を無くしていくんですよね~…
自信を無くしていくというか、自分が何者なのか自問自答していくというか。
とにかく彼の弱くなってしまった心をイブが支えて救うという感じで、最終的にイブが選んで決断というのがなんとも切ない…。
でもだからこそ報われたというのもあるんですけど、ここのクライマックス部分では本当に何とも言えない気持ちになりました~。
あ、でもここでは泣いてないですよ(笑)

初回は犠牲になる…とはよく言ったもんで、アタルヴァどうこうというよりも、ストーリーの方に夢中になってしまったので…萌えとかそうゆうのは無かったんですよね( ;∀;)

しいて言うならばヤジュルの例の姿に萌えまくったくらいでしょうか…(*´ω`)

tierblade_1_1_1920.jpg 

いやーシュド!
石川さんのお声に癒されつつも、母ちゃんみたいなシュドが面白かったです(笑)
でもそんなシュドの√は、意外や意外…。

イブと深く関わるシナリオとなっていたので、公式で遇えての攻略順の最後の方に推奨されていた意味が分かりました…。
確かにこの人が最後の方にきても面白いのかなと思います。

大筋はアタルヴァと同じような展開で進んでいくんですけど、シュドって地上の人じゃないですか。
地上の人って工場で作られているんですよ。
でも私はそれを知らなかったので、あるシーンでシュドが頭を打たれるんですけど『打ち所が外れてれば死ぬわけない』とか言うのが『え⁉』だったんですね(笑)
でもよくよく考えてみたら、人間は工場で作られるというのが前提なんだ!と後から理解したどうしようもない私です(笑)

シュドはアタルヴァに比べたら、色々と懸念材料のない人だと思っていたんですよ。
私の今までの感じで来ると、メインの2人ってそこまで入り込まずに来ていたので…。
でも、シュドは全然違いました( ;∀;)

萌えとかそうゆうのではないんですけど、すっごく切なくなるシーンがちょこちょこあってですね!

ロウと戦う中でイブの知る真実というのは共通の部分なんですけど、逆にシュドについての真実が分かる時とか『あー!そうゆう事だったんだー!ゾワワー』みたいな(笑)
いや、実は回想している時に『こいつってまさか…』と思った人がいたんだけど、やっぱりそうだったのか~と思うんですよ!!
そこからどんどん引き込まれてしまって、最後の所までとにかく一気にプレイしてしまいました。

ここの√ではシュドの事を知る事で3000年前の真実についても触れているので、アタルヴァ√で出てきたシーンがここで意味が分かっていたりとかします。
しかも初回に出てこなかったシーンとかも、二周目になったら出てきたりしているので、周回する度に理解できるような仕組みになっているのかな?って感じです。

何度も言いますけど、なんでか分かりませんけど私シュド√では数回グッと来ています(笑)
恋愛面ではやっぱり性急なきもしたんですけど、でもイブがシュドを守りたいと思う気持ちや、シュドがイブと一緒に居たいと思う気持ちを否定する気にはなれず…。
ただただ応援してあげたくなっちゃうんですけど、この二人が一緒にいるためにそれぞれが選択するシーンとか、うぅぅぅ…って思いながらプレイしちゃうんですよね。

しかも何が一番泣けたってやっぱり最後にクレイドルの…アレです(T_T)ダバー
せっかくのクライマックスをネタバレするわけにはいかないので言いませんけど、とにかくクレイドルの『この言葉忘れなくて良かった』の一言に号泣でした~(つд⊂)エーン

作品全体を通して敵側だろうと味方側だろうと、それぞれの想いとかがかなり交差しているので…各√が面白くなっているんだろうなと思います。
相手はロボだったりするけど、それぞれに思い入れがあったりするのでね~。

あー続き早くやりたくてすごく簡単な感想になってしまって申し訳ないんですけど、この辺にしておきます。
明日も早朝から移動なんですけど…明後日からはゲーム合宿と名付けた魔の二週間出張の始まりなので、じっくりサクサクプレイしつつ、感想も力を入れて書いていこうともいます!

ではでは、ここまでお付き合い下さいましてありがとうございましたー(≧∇≦)


私の黒く汚れた心がティアブレで
浄化されていくような気がします…(笑)
↓ポチッ↓と応援お願い致しますm(__)m
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

  1. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 08:08 )

  2. riko | YUiesew6

    りな子さんこんにちは\(^o^)/

    連日お邪魔しまス(*´ω`*)ゞ
    わ~もうシュドまで終えられたのですね!わたしまだシュド中です・・・

    でもほんと、最初、これは人類補完計か・・・ゴホゴホ、ってわたしも思いましたw
    アタルヴァもシュドも初搭乗で「動けーーー!」って言ったとき、
    暴走するんじゃなかとww←
    ソッチ系のアニメ好きだとそれだけでテンション上がりますね。

    確かに恋愛ゲームかと言われると微妙なラインかもですね。
    壮大なお話に淡い恋愛描写が付いて来る、って感じですもんね。
    でもなんとなく、ロウやヤジュルの方がキャラ的にも乙女ゲームっぽく
    なりそうな予感がしています。
    シュドやアタルヴァはアニメヒーローっぽい感じだったので・・・

    わたしも連休中にモリモリ進めてりな子さんと語れるといいな~♪

    ではではお互い楽しみましょう~♪
    初周はヤジュル登場とギル兄さんに心奪われたrikoでした!w

    ( 10:53 [Edit] )

  3. ike | -

    こんにちは。すごく、熱の入った感想だなーと思ったら、簡単な感想って最後に書いてあって、驚きました(笑)。ロウ以降の感想は、もっと熱の入ったものになりそうですね。楽しみです。

    アタルヴァは、最初ひ弱でびっくりしました。私はシュドからやったので、これ、アタルヴァの時、ちゃんと操縦できるのかなー?と思いました。でも、うまくできているもので、アタルヴァの時もちゃんと守れるようになりましたね。アタルヴァとイブの常識ない会話、シュドの常識的な突っ込みが楽しかったです。

    最初がシュドでも、すごく引き込まれました。最初は、なんだろうなんだろう?でしたけど、回想の辺りから、もうぐぐーっと。そこで、ああって息もできない位のめりこみました。シュドを最後にっていうのは私は気づかなかったんですが、確かに、これ最後に閉めでも、きれいにまとまりますね。

    恋愛的には微妙かもですね。イブが無垢だからといのもあり、えー、いつの間にそんなに好きになったんだろうって思いましたね。回想の中の彼女もいきなりすごい決断した時とそのあとも、そんなにラブな感じじゃないのにいつの間に?とか思ったり。ただ、こっちはちゃんと説明ありましたのでああ、って納得しました。

    個人的には、ヤジュルの展開が一番、斜め上でした。あ、悪い意味じゃないです。自分の想像しなかった展開になったので、ヤジュルのルートが一番面白く感じました。最終的にりな子さんが、誰のティアブレイドに乗りたくなるのか、楽しみにしてますねー。

    ではでは。

    ( 11:49 )

  4. りな子 | -

    まりも様

    まりも様こんにちはー♪
    本当行くまではカナリ憂鬱でしたが、行ったらめちゃくちゃ楽しかったです(笑)
    来年もまた行こうとなるくらいには(*´ω`)

    なんと…下天もう終わりそうだなんて凄い(笑)
    やる気だしたらガーっといっちゃいましたね!ww
    さすがティアブレがやりたい…と思う気持ち!
    その気持ちで随分エンジンかかっちゃったみたい(*´ω`)

    あれ?なんか私的には書いている時まとまらな過ぎて、今回の感想全然分かりにくいし簡単な感じになっちゃったかなーって思ったんですけど(笑)
    そんなこと無かったみたいで良かったです!
    何か色々と伝えたい事があるにはあるんですけど、真相とか伏せたいし…でも話したいし…とせめぎあっちゃう感じなんですよね(笑)
    なので早い所プレイして貰った方が良いかと…(;゚Д゚)ww

    恐らくシュドが最初の方が攻略はしやすいかなと思います。
    シナリオ的にはどちらも素敵だけど、トラジックEDもちゃんと見て下さいねー!(笑)
    ヤジュルも兄もとにかく素敵なので、早く見て欲しい~(/・ω・)/

    今回の出張は私の罪を消化するゲーム合宿です(笑)
    そう思うと若干楽しめそうかな…と思いまして_("_´ω`)_
    まだまだ先は長いけど頑張りまーす!
    いつもコメントありがとうございます(≧∇≦)

    ( 12:48 )

  5. りな子 | -

    rikoさん

    rikoさんこんにちは~(∩´∀`)∩
    昨日何とか私に鞭を打ちまして、シュドまで終えました~♪

    やっぱり人類補完計…に思いますね!?
    しかもシュド√の最後の方に出てくるあのお方のティアブレが…ルルーシュのガウェインなんですよ!
    といっても…rikoさんがルルーシュのガウェイン知ってれば盛り上がる所ではあるんですが…知ってるかな…??
    とにかく私ガウェイン好きなので一人大興奮でした(笑)

    アタルヴァ&シュドの初登場で暴走しちゃったら…私は迷わずこの作品をお勧めタイトルの所にデカデカと出しますよ(笑)

    恋愛メインか…と言われると迷ってしまいますが、作品の雰囲気やシナリオに合った恋愛要素だとは思うんですよね~(*´ω`)
    ただちょっと兄様とヤジュルが素敵すぎただけで(笑)

    rikoさん連休なんですねー!
    ガッツリ進めちゃって下さい~(∩´∀`)∩
    私も早く帰って進めよう~っと♪

    コメントありがとうございました(≧∇≦)

    ( 12:48 )

  6. りな子 | -

    ikeさん

    ikeさんこんにちはー♪

    アラヤダ(笑)
    ここでも言われちゃいました(*´ω`)ヘヘ…
    書いている最中はかなりまとまらなくて、短くなっちゃったなーって思ったんですけど…。
    そんな事なかったみたいです(笑)

    本当アタルヴァ×イブに対しての、お母ちゃんなシュドがすごく面白かった(笑)
    あの三人かなりトリオだったなと思います。
    かと思えば、それぞれにとても切ない展開が用意されていて本当に素敵でした。

    シナリオ構成もどちらも本当に先が気になる内容となっていて、夢中になりますよね~。
    シュドが最後というの、個人的にはなかなか面白いんじゃないかと思います。
    やっぱりなんとなくメインって感じの展開かなーって!
    シュドが自分の身に降りかかる出来事でティアブレに……されたりとか、過去の事を思い出したりとかすると…ザ・ティアブレイド的な(笑)

    私が誰のティアブレイドに乗りたくなるのか…。
    私も楽しみ!ww
    見た目で言えばロウではない方の黒のティアブレイドが好きなんですけど…(笑)
    兄様のティアブレもいいなー(*´ω`)
    進めるのが楽しみです♪

    ではでは、コメントありがとうございました♪

    ( 12:49 )

  7. りな子 | -

    シロ様

    シロ様こんにちはー♪
    ティアブレ始めているんですねー(*´ω`)
    アタルヴァ…果たしてその疑惑はどうなのだろうか…ドキドキって感じですね!
    彼本当に見た目とのギャップがあるキャラですよね♪

    シロ様がプレイしたそのRPGやアニメに似ている感じなんですね~!
    そうゆうのも参考にしながら作っているんですかね??
    ロボ使うファンタジー系って、どことなく似ているものを感じたりとかする部分ありますしね♪

    最後までシロ様が楽しめますように(*´ω`)
    続きの感想楽しみにしております。

    コメントありがとうございました!

    ( 11:57 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新の独り言