こんばんはです~(*´∀`*)

いやはや、今日はお出かけの予定だったんですけど、中止になりましたので昨日同様ヒッキーしておりました( ´艸`)
どうしようもないりな子です┏○))ペコ

まずは昨日の月華初回感想へとお付き合い頂きまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~♪
本日も、とても励みとさせて頂いております(*`∀´*)

対アリをプレイしている方から面白い!とお聞きしているんですけど、どうやら私が好きそうなキャラ√があるんだとか( ´艸`)
もうそれを聞いてプレイするのがより楽しみにいなっております♪

さて本題の月華繚乱ですが…。

昨日は芹くんにガックシしてしまったので、今日は鹿野兄弟の兄である葵くんに特攻しました~♪
そして葵をプレイしたら義理の弟の敦盛にいきたくなり、そのまま兄弟続けてプレイしまして…。

なんと今、私は次に侘助兄貴に行きたくて行きたくてしょうがないです(;゚∀゚)=3ハァハァ

芹くんで物足りなさを感じた私でしたが、まず葵では病みというよりもちょい歪みというか…言うならばディアラバのアヤト的な!
子供っぽさのある意地悪さにちょっとイラっとしつつ楽しみまして、お次の敦盛で遂に…!!遂に出会ったんですよ~(*ノェノ)キャー

音魚である敦盛はなかなかの歪みをお持ちでして、そしてそこの√で主人公の兄貴が本性を出しやがりまして!!
更に敦盛√では、葵までもが歪んでおりましてですね!
ものすっごく面白かったです-ヽ(*´∀`)ノウッホー

という事で、今日は鹿野兄弟の感想を喋りまーす(o'∀'o)ゝ
ちなみにツッコミどころ等々思う所は随所に盛り込まれておりましたが、もうそうゆうのは見えない(´∩ω∩`)のでその辺は一切触れません!

ちょっと長くなるかもですが、それでも大丈夫よ!という方はお付き合い頂けたらと思います┏○))ペコ

tw_01aoi.jpg 

まずは鹿野兄弟の義理の兄の方である葵くん。

この人は…というかこの兄弟はとにかくエロ表現が多いです!
芹くんもそうだったけど、この2人は他の人たちよりも群を抜いてエロ表現が多く、どうにかしてなずなを物にしようとしますし、どうしようもない程お馬鹿です。

葵はすんごく俺様なんですけど、俺様だからこそ自分に強気に出てくる主人公に対しての対抗心というか…そうゆうのが強いので、最初の3章とかはものすごい意地悪!
この意地悪っぷりに対して主人公がまた…煽るようにというか、葵が喜び更に意地悪させる様に反応するので『それじゃ思うツボや~ヽ(`Д´)ノ』となりながらプレイしちゃいました。

いや、うん。ゲームだしね!別に私が直接されているわけではないんだが、何かイライラ~っとしてしまう時があるんですよね(笑)

でもそんな強気な主人公に興味を抱き、そこから気持ちが変化していくという流れでございます。

で、この人ちょいちょい何かあるな~と思う事を匂わせてくるんですけど、この“何か”がなかなか重ぉぉぉぉぉい物を背負っておりまして…。
それがあるからあの様に自分勝手に、好きなように、自由気ままに振舞っていたんだなってなるんですけど、むしろそれだけで済んでるのが逆に凄いよと思います(笑)

で、ここで初めて!!
どうしてなずなのキャラ設定があんなにまっさらで真っ直ぐで、純粋すぎるキャラなのかが分かった気がします。
芹くんもそうだったけど、ここのデート倶楽部の人達はそれぞれ家庭とかプライベートに事情があり闇を抱えていて、ある意味苦労している方たちなんですよね。

なので自分の周りにいる人間の中には、あんなに真っ直ぐで純粋な人はいないんですね~。
だからこそ皆惹かれるし手に入れたいと思うし、そして葵と敦盛はそれがより強い気がしました。

葵は最初こそサボテンの様な奴ですが、少しずつ心を許してくるとまぁ可愛いやつです。
それにこの子のEDは芹同様にどのEDも普通に幸せだったんです。
ただ、その幸せさは何かを失って得る幸せって感じなので、ちょびっとだけ背徳感の感じるEDのものもあったかなぁと思います。

でもやっぱりちょっと性格に難があると感じたのは最初だけで、途中からはとにかく不憫というか何というか。
この子の生というものがすごく何か、複雑だな~と思ってモヤ~っとしましたね。

だからなのかな?すごく素直な良い子でしたね!最後の方は(笑)

なので萌え萌えはなく、更に好きになったら普通に優しくなってしまたのでいつも通りの乙女ゲー同様に楽しんで終わりました(*`∀´*)
スチルは結構ニヤニヤ~っとできるものもあったし、犬みたいに可愛い奴なので好きです!

だけど歪みでニヤついたり重い愛等は感じず…。
二人がお互いを求めるあまりに、二人だけの世界に閉じこもる重さみたいなのはあったし、そうゆう時のスチルは良かったです。

でもですよ…。
次の敦盛√での葵には最っ高にテンション上げてもらいました!!ヾ(*ΦωΦ)ノ  

tw_02atu.jpg 

葵の義理の弟である敦盛は、眼鏡男子なのですがおバカです(=_=)
見た目に騙されてはいけません!
知的に見えるけど全く知的じゃないし、女を支配して思い通りにして喜ぶお方です。

でもこの作品で一番ドSなのは櫻井さん演じる大和…もはやあのお方は鬼畜ですね!
『それでは鬼畜さが足りない』とか言ってますし(笑)

まぁそこに次ぐとまでは言わないけど、とにかく葵とはまた違ったSさでグイグイきます。

敦盛と葵は義理の兄弟で、つるむようになったのはこの学園に来てかららしいんですけど、お互いの置かれている状況がそうさせています。

お互いがお互いを気にかけている場面なんかも出てくる程なので、家の事も含め二人共相手の状況を知っていて支えあっているとは違うけど近いものがある感じ。

で、お互いを気にかけながら来た二人だからこその…病みEDがあるんですけど…(´・∀・`)ニヤ
それが禁断ハードEDなんですけど、これはマジで面白かった!
なずなの兄の壊れ具合に加えて、そこに葵が加担してきてもう ヮ(゚д゚)ォ! って感じです。

実際はものすっごーく言いたいこともありまして、ちょっとした事件が起きてなずなが消えるんですけど、なずなが言っていた約束を信じないで勝手に悲しみに暮れるんですよ敦盛は。
そしてなずなが必死に戻ってきた時も聞く耳持たなかったくせに、コロッと変わりやがってあっさり仲直りするんです…。

(´・д・`)エー ←まさにこれでした(笑)
だけどこのエ~っと思った私の気持ちをぬぐい去ってくれたのが兄である侘助と、葵なんですよね~♪

ちょうど(´・д・`)エーっと思っていた時に登場する葵がもう、何か悍ましい?というか何というか(笑)
自分勝手すぎて突っ込みたい気持ちも満載なんですけど、彼の√をプレイしているからこそ受け入れてしまう私と敦盛(笑)
そして迎えるEDではある意味で幸せとも言える感じでしたけど、仄暗いというか何というか…とにかくこのEDが今の所一番お気に入りです( ´艸`)

この禁断ハードに至っては嫌いな人は嫌いなんだろうな…と思います。
でも今まで物足りないと思っていた私にとっては、もう素晴らしく最高のEDでした~(ノ∀≦*)ノ

ちなみに純愛ハードもノーマルも面白かったけど、私の頭の中に残っているのは禁断ハードのみです!
禁断ノーマルはなずなが病んだ…というか、盲目になったって感じのEDでした。

もうここでのトーmじゃなかった侘助は、やっと本性を出しやがったか~!!って感じだったんですけど、果たしてこれが自分の√でも出してくるかは別問題ですよね。
とりあえずは、やはり兄という立ち位置の人ほど病んでいる人はいないのかな?と改めて思いました。

と、言うことで…我慢できないのでこのまま侘助いっちゃいま~す!(≧∇≦*)

最後に藤先生と女性を…プレイすることにします(笑)
ではでは、本日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございました~!


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新の独り言