皆様ー!!こんにちは~\(^o^)/

今、遂に…百花百狼を終えてまいりました!!
五右衛門感想とフルコン感想をまとめて書くか…別で書くか…とても迷ったのですが、今回は別で感想をあげたいと思います。

ですのでまずは五右衛門様の感想を喋りに来ちゃいました(`・∀・´)

五右衛門との√はこれまでで一番幸せを感じるシナリオだったように思います。
もちろん今までのように追われる立場であることや、その中で逃げながらも知らされる現実とか槐の今置かれている状況なんかに切なくなる事もあるんだけど、個人的にはただただ温かく幸せだったなと思います。

最初の3人があまりにも激動の展開だったので余計にそう思うのかも知れませんが…。
まぁこの辺りや個人的な攻略順についてなどはフルコン感想で喋らせて頂くとしましてですね。

ここでは半蔵の時とはまた打って変わって、天下の大泥棒であり遊び人である石川五右衛門が槐の忍びらしくない一面など心の優しい一面などなど様々な一面を見て心を動かされ、槐はともに過ごしていくうちに五右衛門に心を許していくというのがメインに感じたので、一番どこの√よりも「乙女ゲーム」っぽかったというか、なんかこうキュンが詰まっていたかなと思います。

だがしかし…激しい萌えというものではなく、あくまでもほっこりと温かい気持ちになる感じだったんですよね。
きっと私の心は前半で荒んでしまったんです!!(笑)
何か激しい展開がないと萌えない感じになってしまっていて、五右衛門はりな子にとっては優しい心の広い人という印象になってしまったんですよー゚(゚´Д`゚)゚

なので全然五右衛門は悪くない!!悪くないんです!!
槐がすごく幸せそうだったし可愛かったらから良いんです!!(´∀`)

という事で…五右衛門様の感想へと行きたいと思います♪

icon_05.png

まずビズログに載っていたので軽く喋らせて貰いますが、この石川五右衛門ですが天下の大泥棒として名を馳せているんですけどね、五右衛門討伐の命が下り槐たちも捉えようとするんですよ。
なので出会いとしては「何か切なくなりそうな展開!!」となるんですが、意外にも安定感のある旅路といいますか…(笑)

その五右衛門討伐後に状況が一気に変わり、槐はある罪で捕らえられてしまいます。
その牢の中で再び出会った五右衛門が槐を助け逃げ出してくれ、ここから二人の逃亡が始まります。

そもそも五右衛門は風の吹くまま自由に暮らしてきていた方で、なんかこう遊び人風なんだけどちょっと掴めない感じなんですよね。
でも槐をチャラいながらも気に入っていて、興味があると言いそれだけで助けて逃げることを選んでくれます。

そこから槐と五右衛門は逃げ続けていくんですが、今回のこの逃亡の道すがらの戦いでは今までよりもシリアスさがないなと思って見ていたんですけどね…

一つは相手が五右衛門だからですかね(笑)
いつもニコニコと笑顔で冗談を言ったりふざけたりしながら場を和ませてくれる感じですし、槐とのやり取りもついつい笑ってしまうシーンなんかもあるので終始和やかな時や、優しい時間が流れることが多いです。

逃げるなら夫婦のふりをしようと五右衛門が言ってきまして、宿場町で夫婦のふりをして五右衛門が手をつないでくるんだけど「仲の良いご兄妹ですね(´∀`)」と言われてしまうんですよ(笑)
すると五右衛門が兄妹に間違われたままでは悔しいから一緒に寝ようとふざけ出すんですよね、その時の槐が「断固拒否します!」というのが可愛いんです(笑)

ここでの槐は年相応の女の子と感じる場面もあって可愛らしく感じました(*´∀`*)

そしてもう一つは五右衛門様は相手の方を殺さないんですよね。
せいぜい急所を突いて気絶させる程度なんです…だから今まで殺るか殺られるかだったシーンが多かったので緊迫感に欠けるというかハラハラせずにプレイできた感がしました。

しかしその殺さないという部分にも何かありそうな感じでモヤモヤしながら進みます。

少しずつ進んでいくと途中でまたもや!!ヒーロー月下丸が登場します!!
もはやこの子の槐への想いがどこの√でもひしひしと伝わってきて、出てくるたびに「月下丸キタ――(゚∀゚)――!!」となります(笑)
今回は同じタイミングだったかな…黒雪も現れるので、ここから一緒に行動するんだけどとりあえず月下丸と黒雪の槐へ向ける態度と、五右衛門に向ける態度の違いにほっこりしながらちょっと和気あいあいとしていて和みます(*´∀`人 ♪

しかしここでも追忍は現れますので、そちらを退けながらの逃亡です。

ですがね…やはり殺さないし、何ていうのかな…追忍である相手もアレですし…こうなんというかやっぱり物足りないんですよ。
昨日も半蔵様の感想で言ったんですがりな子的「百花百狼」の流れとしては優しすぎる展開で進んで行きました。

後半になる手前あたりでかつての槐の仲間であった甲賀の忍び達も出てきますが、そこまで緊迫した感じでもなく滞りなくシナリオが進んでいくんですけど…

遂に…その時が…(笑)

ここからは色々と伏せますが、もう少しでこの旅も終わりという時に突如急展開を迎えますが、ここに来てやっと槐が今まで五右衛門に生きて欲しいと言われてきた言葉をしっかり受け止めて向き合う感じになるので、「生きたい」と改めて思うことができた感じなんですよね。

それまでも少しずつ色々と考え答えを出してきていたんだろうけど、少しフワフワしている感じなのはありました。
でもイライラするほどの守られっぷりではないんですが、今回は覚悟を決めるとかそうゆ重い展開自体が少なかったので大きく槐が成長するとかそうゆうのもなかったように感じました。

最初にも言ったんですけど、乙女ゲームっぽいキュンが多くあったというのもそのせいなんですが、五右衛門と槐の距離が少しずつ近づいていると感じる事が多い√だったんですよね。
あからさまではないものの、恋愛っぽさが出ていたというか何というか。

だからこそEDの迎え方もクライマックスの乗り越え方も、今までとは全く全然違うものでそうゆうのを全部含めてどこよりも一番幸せな物語って感じでしたね。
黒幕的な部分も今までとは何か違かったですし…。

でもこれはこれで面白かったです(*´∀`*)

ただりな子の求めている感じとはずれたかなというだけのこと(笑)

ちなみに五右衛門さんはとーっても素敵ですよ(ノ´∀`)ノ
恋愛の感じも少しずつ槐に惹かれていく遊人の五右衛門様が、いつの間にか本気になっていたり…
更には槐を皆に取られて拗ねていたらば、そこに来てくれた槐の一言に翻弄されていたりとニヤニヤできる所は多々ありますし!!

五右衛門√で楽しみにしていた忍び装束姿も思ったとおりかっこよかったですしね!!(*´д`*)

ちなみに今回もグッドEDもBADもどちらも可もなく不可もなく…といった感じです。
もう終わってしまったのかと思うとちょっと淋しい気もしますがね~(´・_・`)

それでは次はフルコン感想を書きに行こうと思いますのでこれにて!!


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新の独り言