こんばんは~\(^▽^)/

まずは昨日は二回も喋りに来まして、そして昨日は私の感動秘話(?)にお付き合い下さいましてありがとうございましたです!!
沢山の拍手を頂きまして、そしてコメントも応援(∪・ω・∪)ポチも頂きとてもとても嬉しく思います(*´∀`*)
本日も励みとさせて頂きまして、喋りに来てしまいました~(ノ´∀`)ノ

まずですね…
大正×対称アリスの発売日が…もう決まってしまったんですね(笑)
6月2日になったんだそうです!!

Twitterであがっていた時には驚きました…(笑)
率直に『え!?早くね!?』と思いましてですね、この前移植決まったばっかりだけどそんなに早く発売して大丈夫なのかと心配になるほどですよ。

もともと水面下で動いていたから平気だぜ!!って事なのかなぁ…??
とりあえず6月の購入が既に一つ決まってしまいましたね~(ノ∀`)

さて…!!本日の本題は…三国恋戦記感想でございます(`・∀・´)
昨日の続きをしまして、公瑾√と子龍√が終わりましたので感想を喋ろうと思います。

まずは公瑾殿から!!

kouk.jpg

公瑾√では玄徳とは違いましてですね…玄徳√の時は仲謀の所に行った後、玄徳の元に戻りその後も玄徳たちと行動を共にしていたんですが、仲謀の所から玄徳の所に戻ってその後また仲謀の所で力を貸すことになって…いたと思います(笑)(^_^;)

共通部分はあるにはあるんですけど、わりと早い段階で既に公瑾と共に軍議をするのでほぼ仲謀の所にいる感じだったんですよね。
なので戦の流れとかも玄徳側と仲謀側で玄徳√とは異なる軍議をして進めていくんですよ。
大元の筋は同じなんですけどちょこちょこ違うところなんかもあって、全く別な感じでこちらは楽しめました。

ただ、公瑾って仲謀の右腕的な感じの立ち位置なのでストーリー自体はわりとサクッとしていたように思います。
玄徳などの中心人物とはまた違いますので、その辺りの違いかなぁという感じ。

でね、今回で思ったんですけどね!!

玄徳のときも公瑾の時も同じことがあってから花や相手の気持ちが変わっていったんですけど…。

その時までは特にお互い意識することもなく、恋愛の「れ」の字もない感じなんですけど中盤頃まで行くと本のせいで変なところに飛ばされるんですよ。攻略対象と一緒に。
で、そこで力を合わせてその場での出来事を回避していくんですけど、そうするとまたいきなり戻ってきてそこから…!!
そこから二人がおかしくなります!!←良い意味ですよ(笑)

今回も同じようになったので「こいつが鍵だったのか!!」と一人謎に興奮いたしました(笑)

シナリオの内容としては玄徳と変わらず戦でどうやって戦い乗り越えるかとか、戦を通して花は成長していくんですけどね…
今回の公瑾√は玄徳とは違い思うように行かなくて「これは序盤に悲しい系きちゃう…?」と不安になりながらも進めていきました。

どうだったのかなどは言いませんが、玄徳とはまた違ったれ恋愛観で楽しかったです。

そして玄徳√で起こった出来事をちょびっと裏側から見られるような所もあるので、そういう所もまた面白かった部分ではありますね。

しかも常に笑顔の公瑾は何を考えているか分かりません。
最初こそ好きだのどうのという感情はなく、ちょびーっと感じの悪い冷たそうな人って印象なんですけどね…
ある時からこの人が…何か…可愛くなってきます( ̄∀ ̄)ニヤニヤ

そもそも公瑾ってばスチルではめっさ男前です!!
顔がお綺麗でしてね~本当にイケメンなんですよ~(´∀`*)ウフフ
でも中身は変わらずだったんですけど、ちょいちょい色々な面を見せてくれるようになってきて…遂に!!今までの冷たい感じが崩れる出来事が!!
と言っても自分は至って冷静なつもりですが、その動揺や嫉妬ぶりが公瑾の手にする琵琶の音色からビシビシ伝わって来るんですよ(笑)

花がある人のことを普通に聞かれたから良い人ですよ~とか優しいしカッコ良いしと言うんですよね。
でもそれは話の流れで言っているだけであって、更には花にとっては普通にただ伝えているだけなんですけどね…。
公瑾の琵琶がおかしな音を奏で始め、更には弦が切れます(笑)
そこで公瑾は「今日は調子が悪いようです(^-^)」というんだけど、その時のトロフィーが今日は調子が悪いようですって名前で笑っちゃいました(笑)

でも残念ながら公瑾素敵だったけど萌え転がることはなかったんですよ(´;ω;`)

このお方も色々なものを抱えていて、それがあるから時々冷たく感じたりとか厳しくしてきたりとかするんですけど最後までその心は溶かすことができなくて、なかなか心うちを見せてくれません。
でも最後の最後でゴニョゴニョ(笑)

これはとっても大事な所だと思いますので言いません( ・…・)クチチャック

そしてね…
この意地悪で何考えてるか分からない公瑾という人がね気持ちを伝える時の言い方とか、言っている内容とかが何かどうしてもニヤニヤしてしまいます(笑)
さすが策士と言いたところですが、りな子的には策士ぶりが物足りなかったんですよね。

でもポイントは抑えているのでニヤニヤタイムは後半に結構あると思います♪

ではお次は我らが石田彰様演じる子龍殿です(ノ´∀`)ノ

siry.jpg

今回の石田さんの演じている子龍は、すんごい堅い…!!
出会いから「かたっ!!」と突っ込みたくなるような子でして…常に玄徳の為に、玄徳に命じられたからと玄徳玄徳とばかり言っている頭の固いやつでございます(笑)

自分が玄徳に使え忠義を尽くすと決めてからその事以外には何も目を向けていなかったような人なので、先陣を切って戦いに行くし戦う時ですら自分の命がどうなろうとも玄徳の力になれれば良いと、それだけを考えているような感じなのであまり感情とかが無いような人なんですよね。

√的には玄徳と同様なんですけど、途中からちょっと違う形で進んでいきます。

それに子龍があまりにも玄徳に尽くす感じが強すぎるので、途中までは花との距離も縮まるという事もなく…。
子龍は玄徳に花を守るように言われたから守っているというのが強いんですよね。
彼の志は素晴らしいと思いますけど、やはりあまりにもその戦う時の感情のなさや自分の命に対しての執着のなさが花にとっては辛くなってきます。

なんだけど!!
少しずつ、少しず~つ子龍が花を守ろうとする気持ちに変化が出てくるんですよ!!
これが些細なところから感じられるようになってくるんですけどね、恐らくこの人今までそういった感情を抱いたことがないからよく分からないんでしょうね。

だからこその天然ぶりというか…花が飲み屋でバイト(ちょっと現代風に言ってしまいましたw)した時も客と花の間にズバッと入り込んだりとか、その客がその後も花に会いたがっているのをうまぁ〜くかわしてて内緒にしていたりとか…。
こういったちょいニヤを所々に放り込んでくる感じでした(笑)

その他にもこういった事が多々あるんですが、すんごいもどかしいんですよね。

子龍も花も自分の気持ちにすら気付かなくて、んもう~!!って思うんですけど、思うんですけど!!
最後の最後の所で自分の気持ちに確信を持つ時が来まして、その時のEDの入り方が今までで一番素敵で何だかウルウルっとしてしまったんですよ…。

子龍って堅いし頑固だし気持ちに気づかなすぎて面倒な所もあったけど(笑)
今まで迷っていた気持ちがあったのに、どうして誰よりも花を守りたいと思ったのかという気持ちに答えが出た時の言葉が何かジーンと来ます…。
全部言っちゃうと楽しめないのでその中でも一文だけ抜粋すると『あなたが望むなら、私はあなたのために戦い、あなたのために、生きる』って言うんですよね。

この時エンドロールが流れながら喋る子龍が…このまま…(´;ω;`)

あ、この先は是非プレイしてくださいね(ノ∀`)←回し者かっ(笑)

とにかくこのEDの瞬間に子龍がものすっごいかっこよく見えました。
そして今までもどかしかった気持ちが全部無くなって、何かこうジーン……(・_・、)としたんです(笑)

子龍と花の恋はすんごく初々しい感じで、でもその恋のお陰で子龍の心が変わっていくというのが描かれているのと、子龍の玄徳に尽くす気持ちと同じように花に対しても尽くそうとするので、全身全霊で大切にしてくれる感みたいなものがめっちゃ伝わってきます。

ちょっと真面目な石田さんというのも新鮮で良かったなぁと思いました(*´∀`*)

お次はあまり気の乗らない文若です(笑)
子龍よりも真面目固い頑固そうな印象の…何かちょっと怖そうな人なんですよ~((((;゚Д゚))))

でもその先に進むために頑張ってきます(`・∀・´)笑


急遽明日帰れるので必死に三国恋戦記やってます(笑)
これ以上浮気プレイしないように百花我慢できるかな…(´;ω;`)
応援(∪・ω・∪)ポチお願いいたします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

  1. 灯(テイ) | kKGNVQpg

    お邪魔致しますよ|ω・)

    大正×対称アリス6月になったね!
    私も慌ててヲタ帳確認したら、6月はまだこれ1つだったからホッとしたよ(笑)
    これからまだ出てくるんだろうけどね( ´∀`)アハッ

    公瑾の琵琶の弦が切れちゃう所笑った(*´艸`*)可愛いわね♪
    何となく十三支でいう所の周瑜ぽいなと思って調べたら、本当にそうだったのねw
    後半のニヤニヤタイムが気になる~(*´д`*)
    そして我らが彰の子龍は、ウルウルしそうな√だなと思って読んでたよ~。
    しかしラストが気になる!
    かかれてないその先が気になるー!!笑
    次の文若?も楽しみにしてるよ~♪

    そして百花は我慢…できないと予想してるので(笑)
    そちらもレポ楽しみにしてます♪
    ではではお邪魔しました(*´∀`)ノ

    ( 09:02 [Edit] )

  2. りな子 | -

    灯さん

    灯さんこんにちは~(≧∇≦*)

    大×対アリス6月だ~よ~(笑)
    意外と早かったよね…(^_^;)
    一体6月発売は何本になるのかなぁ…恐ろしや~w

    公瑾可愛かったよ(*´∀`*)
    何かよくいる遠まわしな感じなんだけど、言葉でどうこうじゃなくて琵琶とかそうゆうのが感情を表してるのが可愛かった(笑)

    そうそう話しの流れとか、出来事とか十三支と結構かぶるからわりとシンクロするところもあって面白いよー!!

    結構このタイトル後半に差し掛かるまでそういう恋愛っぽいのがないから後半にかけてニヤニヤしちゃうね!!
    書かれてないその先は…灯さんが確認しないとだね(*´д`*)ハァハァ
    貸し出すからやってみて♪
    文若…結構面白かったんだよ~(*ノェノ)

    ではではコメントありがとう~ヽ(*´∀`)ノ

    ( 10:33 )

  3. りな子 | -

    シロ様

    シロ様こんにちは~♪

    いえいえ!!
    こちらこそ、改ましてこれからも宜しくお願い致しますm(_ _)m

    本当子龍のEDの入り方が凄い凝ってて、すっごく感慨深くそして見入ってしまいました!!
    なぬ!!女装石田さんの声…それは絶対聞かないとですね!!(笑)

    石田さんは劉備のときのように子供役でも違和感ないですしね!
    女性の声でも別に普通だったなぁ…。

    また進めつつそちらの方も見てみようと思います♪
    コメントありがとうございました~(ノ´∀`)ノ

    ( 11:41 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新の独り言