こんにちは~りな子でございます(`・∀・´)

昨日の夜中にやっとレオンの愛情EDをクリアました~!!
本当は終わってすぐに書こうと思ってある程度までは書いたのですが・・・乙女ゲーでの夜更かし&出張で慣れないホテルでの寝泊りのWパンチで、めちゃくちゃ眠くてまとまらなかったので改める事にしました(;´д`)

とりあえずはすっごく興奮しているので、何が言いたいのか分からない内容になってしまってたらすみませんm(_ _)m

早速ですが感想を書かせて頂きます♪

レオン

まず初めはなるべくネタバレなしで書こうと思います。
昨日のブログにも書きましたが、“ここら辺からシリアスになるのかな?”なんて言っていましたが、まさにそのとおりでした。

ちょうど二部?あたりの共通を通過した頃から雲行きが怪しくなり、遂にストーリーの確信に迫る出来事が起こり始めました。
そこからは目が離せない展開が続き、ストーリーの中に引き込まれて行ったという感じ。
もうこのあたりから夢中になってプレイしていましたよ~!そんでもって、気づいたらまたもたや物語にデカイ波が!!第二波到来か・・・!?と思ったのですが、この第二波が(もはや第二波どころじゃないかもしれませんが)かなりドデカイ出来事でして、私はそのシーンを見るやいなや、雷に打たれたようになりました(笑)

いや、これはさすがに予想していなかったです。
本当に『え!?』っと放心状態になりました(笑)

この出来事が起こったときに初めて、このストーリーは『切ない物語』というのが軸になっているというのがすっごく納得できました。

途中までは国の問題、世界の問題や騎士とレーヌについて、といった所が主軸になっていますが、これが最終的にはまた違った想いがそこに重なってきます。うまく言えないんですけど壮大な愛をテーマにした感じというか、とにかくスケールの大きい話しになっていました(笑)

ストーリーの流れは最後の最後の方に来るまで、所々に張り巡らされた伏線がちょっとずつ繋がって線になっていくという感じで、終わりに近づいてやっと全ての全貌が見えてくる作りになっています。
そのストーリーの進み方が、最後まで楽しませてくれる作りになっているので、物語を読んでいるような、映画を見ているような感じでプレイしていました。

恋愛の方ですが、レオンはあの通りの分かりやすい人ですので常にストレート!
なので照れながらもちょい甘な展開が楽しめます。途中色々とあるので、その時はハラハラもしますが、二人で二人の運命に向き合う時には、ヴィオレットもレオンも成長して・・・ゴニョゴニョです。
余計なことを言いそうなので濁しましたが実際にこのあたりはプレイして味わっていただきたい~(*´∀`*)

そしてレオンとのスチルは見れば見るほどレオンがかっこよく見えてきます。最初はおバカキャラが定着していくんですけど、ヴィオレットの力になってくれる時などはやっぱりカッコ良いんですよね~!!
とにかく私は最後に近づけば近づくほどレオンにキュンキュンさせて頂きましたm(_ _)m

この辺は是非ともプレイして欲しいですね。
バレないようにと思うと・・・何も言えません。申し訳ございません(笑)

プレイし終わってからは、私はとっても満たされた気分ですw
途中まではやっぱり自分的にも疑問が多かったり、これからの展開って・・・どうなったら面白くなるんだろうろか色々思っていたのですが、さすがオトメイト様だな~と。

あれだけ特集していただけあるわ~と、個人的には思っています。
今の時点ではレオンの愛情EDだけなので何とも言えないですが、他のEDも他騎士とのストーリーもどの終わり方もなんだか胸が締め付けられるんだろうなというのだけは分かる気がします。

ちなみレオンはシリアスになっていた後も、若干の笑い要素がありレオンらしい終わり方でした。 

EDリストを見る限りだとかなりのBAD EDが組み込まれている感じなんですけど・・・これは大変です。
もちろん選択肢を変えるだけで迎えられるBADもありますが、結構手こずりそうな部分もあります。ラヴィールの締めくくりにコマンド入力があるんですけど、必ずしも成功が良いってわけでもなくて、ストーリーの展開に応じて失敗したほうが良かったりするので、結構難しい印象もありました。

今までプレイしてきたオトメイトさんのシステムに比べると、私には難易度が高い!(笑)
そこがまた楽しめます♪ラヴィール中にも会話が繰り広げられて無くても良いシステムではないので、ここは結構頑張りどころと思いプレイしています(笑)

 

【ここからネタバレしちゃいます!】\_(・ω・`)ココ重要!
未プレイの方は是非とも読まずに!!

えっと、プレイしながら書きたいことはたくさんあったんですけど、とにかく色々な事が目まぐるしく起こったので今ゼェハァしている感が否めません。
レオンは常にヴィオレットに対して忠実というか、愛を捧げていたんですけどそれよりも私はあの様にツンツンしていたギスランや真意を見せなかったルイがヴィオレットの為に・・・という想いを顕にしていたのが鳥肌もんでした!

オルフェもヴィオレットの望む未来が良い的なことを言った時はどうしたらいいのかと・・・(←感情移入しすぎですみません)
何よりもユベールがダークになってからというもの、騎士たちの結束がより強くなってヴィオレットとの関係性もより強い絆のレーヌと騎士というものになっていき、騎士の皆が常にヴィオレットに気付かせるようにとか、彼女のためにという想いが第一になるのが何とも言えない!!

しかも途中ルイと皆でヴィオレットの為にひと芝居打ったときはまんまと騙されルイに『分かるけどひどい!!』という感情を持ったほどです(笑)
レオンを連れ戻すためのお芝居にもルイはなんだか大変そうな人だな・・・とw
仲間で良かったと少し安心したほどです。

ちょっと話が逸れますが、騎士たちは余すことなくどの人も素晴らしいのですが、レオンの中に眠っていたという古の破壊神ゼロ・・・あの人がんなかなか渋くて痺れた~!!←(笑)
あの声と、破壊神というだけあってあの風貌。あれはなかなか良かったですね~。 

そしてそして、私の一番の大事件はギスラン様・・・!!!!

あの時は本当に放心状態でしたね・・・。
褄紅まで一緒にギスランと・・・とは、まさかまさかな展開で驚くしかなかったです。というかこの物語は驚かせる出来事が多いように思いました(笑)

ユベールがあぁなった所まではまだ良いとしても(良くないんですけど)、世界を取るのか愛を取るのかとか、仲間(世界)を犠牲にしても自分たちの愛と未来をを取るというのが、壮大なテーマ過ぎて言葉を失いました。 
自分が想像していたストーリーよりも一回りも、ふた回りも規格外なストーリーだったので終わったあとは『・・・・・。』ってかんじでした。

でも同時に他の騎士の攻略が今までよりも遥かに楽しみになったのも事実です。

とにかく誰か一人との忠誠のお話ではなく、全員の騎士との絆がある上で初めての恋を取るのか、恋を捨てて世界の未来を取るのか、どちらを選ぶことでもゼロとミレーヌの愛は壊されてしまう・・・という選択肢がなんとも辛い決断だなと。
どれを選んでもどこかに辛い気持ちや後悔というものがあるなんて(ノω;)

でもレオンの愛情EDでの最後に茜と瑠璃は生まれ変わって登場したときはウルウルしちゃいました~!!
相変わらず茜と瑠璃はレオンのことを敵視しているのが最高に面白かったですし、ふたりが前を向いて進んでいく様子に良かったね~(´;ω;`)となって終わった後もかなり余韻に浸っていました。

だって最後のルイとオルフェがあまりにも素敵すぎて、全員に恋せずにはいられない内容でしたよ~(´;ω;`)

今までのタイトルでも全キャラ良い!ってゆうのはいくつかありましたが、他キャラの攻略をした上で全てのキャラが素敵すぎて、どの人も楽しみなタイトルはあっただろうか・・・と思いました。
最近で言えばクロゼロとかコドリアとかの良作を続けてプレイしてきましたけど、レンドもなかなかだと思います。

各キャラルートでだんだんと好感度が上がっていって好き好きー!!ってなる事はありましたけど、今回はレオンのルートだけど、他の騎士たちも大好きになりました。
最後の結末は私自身が選ぶわけじゃないのに、レオンとの未来を選ぶ応援したい気持ちと、心を鬼にして皆を滅ぼさなければいけない切なさがせめぎ合っていました。 

一周目はなかなか時間がかかっていますが、ここからは早送り出来るみたいなのでちょっと早く攻略できる予感!ですがしっかり堪能して進めていくことになると思います(笑)
レオンのEDを回収してから麗しのギスラン様に・・・ヽ(*´∀`)ノ
愛しのギスラン様に会えるのかと思うと、今から(・∀・)ニヤニヤしちゃうのが止められません!!

本当にレンドは買って大正解でした~!!
当分の間は堪能できそうです(´∀`*)ウフフ 

そろそろ仕事に戻らないとなので、この辺で切り上げようと思います(`・∀・´)
今日は帰ったらレオンのBAD回収に勤しみます~♪ 



にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新の独り言