こんばんは♪(/・ω・)/ ♪

今日の夜中は眠いのにどうしても喋りたくて無理やり書きに来た独り言へとお付き合い下さった方々、そして拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、コメントも下さいましてありがとうございました~!!
いつもいつもお付き合い頂きまして本当にありあとうございます(*´ω`*)

昨日は寝不足のお陰で耐え切れず隠し√を終える前に、というか全然進める前に爆睡してしまいました(;´∀`)
それでも寝たのが2時半とかだったので今日もしっかり眠たいです(´-ω-`)

何だかクリスマスが過ぎると一気に年末モードが出てきますねぇ~。
今年も私はお休みのほとんどを引きこもってゲームしたいところですが…どうなることやら。

そろそろ仕事納めだわ~という方もちらほら出てきているようですしね!
ってゆうか今日土曜日だったんですね…
曜日感覚があまりないので土曜日だったことに驚きました(゚д゚)!
りな子は28日の月曜日が仕事納めですので後2日頑張って耐えれば連休や~(ノ´∀`)ノウフフフフ

積みゲーも順調に増え続けてしまっているのでこの連休でゲーム時間がいっぱい取れるといいなぁと思っております♪
あ、でも30日は女子達と忘年会ですし大晦日も家には居られなそうなので年明けるまではちょこっとバタつきそうだなぁ…。

さてさて…

今日は休憩中の時間を使いつつ、華ヤカをちょこちょこ進めまして無事に全て終了することができました~!!
ちょうど今さっきフルコン…というかバッドEDを見ていない人のほうが多いんだけども…(笑)

でもでもめちゃくちゃ面白かった~!!

hanayaka_title.JPG

今回最初は23日発売のゲームたちが届くまでのお楽しみでプレイ開始したのですが、あまりの面白さに華ヤカを終わらせてから…という流れに急遽変更しました。
このタイトルは本当に面白かったです!!

私いつもなら絶対にAのハッピーEDを見たらBADも全部見てから次のBのキャラに行くんですけどね、今回はあまりの面白さに早く次へ行きたくてBADは放置しちゃいましたよ…(笑)
今からBADを見る気にもなれなくて…できれば悲しい結末は見ないでおきたいくらいです(´∩ω∩`)ww

最後の隠し√は隠しというくらいなのでガッツリ感想は控えようかと思いますので、隠し√の感想は一番下でネタバレ感想として喋らせてもらおうと思います( *`ω´)

今回の最後のシナリオは今までの√での出来事を裏側の舞台から見た物語といった感じでした。
今までの√で起きた出来事の総集編的な感じの部分もありつつ、この人がどうしてそこまで自分のしようとしていることに拘るのか、何者なのか…などなど今までの全てと、この人のことが分かる√でしたね。

ここをプレイする事で、あの時の出来事はこうだったのか…とか真実として分かる事が沢山あるんですけど、そうゆうシナリオの中に恋愛が絡んでくるといった感じ。
でもここでの恋愛は一番切なくて、一番先がどうなるか分からない流れで、一番深い愛を感じた√だったのでもう本当に早く幸せをクレー!!って感じでしたよ…(笑)

とにかく雅√をプレイしていたことでこの人の正体にはなんとなく気付くと思うんですけど、それでも自分の想像していなかった物語が隠されていたりなかなか今までの兄弟たちのような感じでは進まない恋愛でのもどかしさが私を惑わせましたw
こんなにも思うようにいかないなんて…!!
まだ中盤位いの時には早く続きをやりたくて休憩に行きたくて行きたくて仕方がなかったです(笑)

隠し√の事はここまでにしますね!
色々喋ってしまいそうですから(笑)

そもそも華ヤカ自体がこんなに作りこまれているシナリオだとは思っていなかったのですんげぇぇぇぇ面白かったです!!
帰ったら幻燈ノスタルジィも届いているかなぁ~♪
プレイするのはまだ先になるでしょうけどこちらも楽しみであります( *`ω´)

まず久々に作業系のゲームをプレイしたけどたまにやると面白かったですね!
最初は大変だなぁと思ったりもしたけどいざやってみると意外とやり込みたくなるというかなんというか(笑)

周回すると既読部分はスキップできるししっかり巻き戻し機能もあるし!!
すんごい快適でした(ノ∀`)
ただ早送りがRボタンだけなのかな…?色々押してみたけど見つけられなくてずっとRボタンでやってたんですけど、押したままにしてないといけないのがちょっと面倒くさかったですかね。

そして下天の時にもスチルの仕掛けにかなり楽しませてもらったんですけど、ここではEDの演出と寒い時に息が白くなったりするのが何かただの立ち絵じゃない感じがして良かったなぁ~と思いました。

EDは音楽と終わり方の雰囲気がぴったりなんですよ~!!
ちょとあの曲が流れながら挟む最後のシナリオは感慨深い気持ちにさせられるんですよね。
√によっては最後の最後まで見逃せない所とかもあったし、全√終わりの時まで余すことなく楽しめたなぁと思います。

ちなみに華ヤカをプレイしたことで薔薇ヴェリをプレイしてみようかなという気持ちになりました(笑)
多分ここで華ヤカをプレイしていなかったらやってみようかなぁ~と、ここまで思っていなかったと思いますね。

興津さんパワーだけではあのベルばらビジュアルはりな子的には乗り越えられなかったと思います。
でもこの作品を作った人たちが作ったなら…という期待がかなり大きくなった感じです。

新キャラも公開されていたしなかなかかっこよかったしな!
興津さんキャラが一番気になるけど(笑)

話が逸れてしまいましたが…
このタイトルは一つ一つの√では全容は見えないけど、各√全てが繋がっていてちゃんと意味のあるもとなっていたり、各キャラが恋をすること自体にも意味があったりと隅から隅まで計算されていると感じられるシナリオがより面白かったという気持ちに繋がっていると思います。

そしてキャラ!
華ヤカの中に捨てキャラがおりません。
どのキャラもすんごく良かったし、サブキャラも謎に包まれていたり気になる存在だったり、更には恋愛だけでなく様々な友情や人と人の関係などが盛り込まれていたのでこれも飽きのこない要因だったと思います。

使用人として近くに居る人達や恋愛対象の他にも、彼らの母親とか友人とか様々な人が出演していて個別√に入っていても皆と関わりがあったり時には力を合わせたりと、関わりや見所が多いですしね。

そして主人公のはるですが最初こそドジというか何と言うか(笑)
この子大丈夫かしらと思ったんですけど、あの普通っぽさとそうでない性格とかとにかくあの子のあのキャラ設定は、この華ヤカという物語をより良くしていたと思います。

彼女が来てからの兄弟達の変化も何だか良いんですよね~。
これは恋愛とか抜きにしてですけど、兄弟同士の関係性とかそうゆうのも変わっていくので、ある√では協力したりとか誰かの為に…とかね!
そおうゆう変化もよかったなと思おいますね(*´ω`*)

各キャラとの恋愛ですが、私はこの華ヤカというタイトルの恋愛はそれぞれのキャラに合わせたスピード感と恋愛の流れがすんごく好きなんですよね。
人によって好きだと思うタイミングとか悩んで答えが出る時間とかは様々なんですけど、それがその時の二人は合っていますし時にはモヤモヤが長く続いたりもしたけどどのキャラとの恋愛もすごく楽しめました!!

ちなみに個人的にはドマイナスから始まる√が特に楽しめました(`ω´)グフ
私はゴミ!クズ!下郎よ!!←

そしてシナリオですね。
ただの兄弟達による当主争いだけではない、何かがそこに隠されているというかなんというか…。
この当主争いさえもずーっとずっと前に…モゴモゴ…。
未プレイの方がいたらあれなのであまり言えませんが、とりあえず色々一人で考えを巡らせながらプレイできる内容となっているので、飽きないですし次々プレイしたくなるような内容の面白さ。

普通の家庭で育った至って普通の主人公がある出会いでそのお屋敷の使用人となり、怒られ失敗しながらも成長していく中で自分の目指す使用人という仕事の形を見つけてくというのも描かれていますし、お屋敷にいる主や兄弟達と関わることで周りが変わっていったりとかね。

この『普通』というのが良かったんですよ!!
だからこその始まりのゴミ扱いなんだけど、そこからの全ての変化がイィ!!(・∀・)

私は正→茂→博→進→勇→雅→隠しという順でプレイしましたが、正の時から順に起きる出来事がその次の√で分かったり、また余計に謎が深まったり…と次の攻略対象をプレイするごとに楽しくなっていきましたね。

そして本編の他にもスチル部分で見るED後?EDの次?のシナリオに加えて後日談もあるので、EDの時に『こ・ここで終わりなのか~!!』と思ってもお楽しみがあったり後日談を見ることで綺麗に終わっていたり。
ボリュームは満点だと思いますし後日談まで見ると終わった…という達成感と共に満足感も得られましたね。

最後まで本当に楽しむことができました!

進くらいまでは依頼もちょこちょこあるので結構時間がかかりましたが、勇からは依頼はなかったのでそこからは少し早くプレイできました。
といってもサクッとはいかないですけどね(笑)

なのでじっくり時間をかけてこの世界に浸る事ができました。
ちなみに今回はプレイ時間はちょっと分からないんですけど、結構かかっていると思います(笑)

ってゆうか、最近移植版をプレイする事も多いのでちょこっと思うんだけど、前の作品って本当に面白いものが多いなぁと思うんですよね。
なんていうのかなすんごい作り込まれているというか…

かと言って私も乙女ゲー歴が長いわけでもないので偉そうなことも言えませんが、どうにも最近のイメージって酷評の物が続いて新作に不安を抱いたり、面白そうと思ってもボリュームが少なすぎてまとまっていなかったりモヤモヤしたまま終わったり…内容が薄くて設定の意味がなかったり…などなど惜しい!!と思うものとかも結構多い気がしたりしなかったり。

その中でも面白いものもちゃんとあるし、何だかんだ楽しめたりするものもあるんですけどね。でも移植版で面白いものをプレイするとどうしても思ってしまうんですよね。

私はシナリオは考えたりできないけど是非ともこうやって隅々まで面白いものを作り上げて欲しい~!!と思ってしまいますね。
だって同じ6,000円払うのにこんなに差があるなんて…と(笑)

ちょっと愚痴みたいになってしまいましたが華ヤカはすんごく楽しめました!!

最後に恒例のやつですが…
華ヤカでの好きなキャラのランキングです♪
前置きとして行ってきますが今回は全員大好きです!(笑)

1 勇・謎の人
2 正
3 雅・進
4 茂・博

です(笑)
ダントツで勇なんですけどその次にこれまた同じくらいあの人が好き!!
他のキャラも楽しめたし好きなんですよ!!どのキャラも私的には良かったですし苦手というのもいなかったですし。
ただ…1位である二人が大好きすぎただけです(笑)

勇のあの性格はリアル世界でいたら絞め殺したくなりますが、勇だとというか勇だから許せてしまうんですよね~。
本当にかっこいいし可愛いし最高ですた(。-∀-)

謎のお方についてはここでは何も言うまい(笑)

なのでお次は正ですが…
これ結構選んだ基準がアレなんですけどね…正のギャップももちろんなんだけど、この人の風呂上りの姿が大好きなんですよねー(。-∀-)
なので風呂上がりの姿に+αで性格でのギャップってところでしょうか(笑)

ちなみにあんなにモヤモヤしたのに進が3位に並んでいるのは…
あのヤミー(闇)な進が忘れられなかったからです!!(笑)

そして雅はあの可愛さは罪かと…。
たえちゃん男の子版があんなに可愛いとは思わなかったんでね。

と、優しい感じの茂や博よりもはじめに虐めてくれた方々が上に来ているという…
あらやだ(笑)
でも博のちょっと豹変しちゃうところも好きだし、茂の色っぽいところも好き(笑)

とりあえずエンドロールの時の勇がかっこよすぎてヤバイです。
そして最後にもう一度各スチルを堪能しようと思っておりますです( *´艸`)

いや~今日までお屋敷で使用人として頑張ってきたけど楽しかったです~(ノ´∀`)ノ
お疲れ様私!!

そしてお次はお待ちかねの月影の鎖のプレイを開始しようと思います!!
心が折れないように頑張ってくださいというお言葉を頂いたので、そんなに凄いのかなぁ…と若干不安もありますが(笑)
でもきっと楽しめると思いますので頑張りますo(○`・д・´○)ノ

ちなみに攻略順は猪口 渉⇒榛名 望⇒大井川 護⇒望月 理也⇒神楽坂 響で行こうかと思っております(`・ω・´)
早く理也に会いたいけどまだまだ先になりそうだな(笑)

ではではこの先はネタバレ感想となりますので未プレイの方はここでお閉じくださいませ!!




(。-∀-)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



































|д・)イキマスヨ~












































































√では同じ屋敷にいるわけでもないので途中まであまり思ったように、というか今までの兄弟のように進展がないのに、殺そうとするシーンが多々あるので早く幸せになりたい…と切実に思いました(笑)
のこととか分かるまでには結構進まないと分からなかったりするので余計にそう思ったんだと思いますが…。

でもこの√は本当に今まで起きていたサナエの家の事とか首相殺しの事とか全てがどうやって行われて、誰がやった事でどうゆう思惑があったかとか舞台裏から見れたような√だったので面白かったですね。

そしてその裏側から見れるネタバレだけではなく、が何故そこまでして殺そうとするのかというのももちろん描かれていたけど…
途中までそれが全然出てこなかったからモヤモヤハラハラ…
どうなってしまうのか…と気になって気になって仕方が無かったですよ(;´Д`)

でもやっと話してくれた時には、こちらとしても兄弟だったことや今まで殺すためだけに修行してきた事などなど色々な事実を突きつけられて夢中でした(笑)
そもそも玄一郎はもとから当主争いをさせるために子供を作っている感じだし、この人が一番真っ黒けっけであの執事も悪代官に見えてきましたもんね!!

この二人が一番恐ろしいぜ…と何度思ったことか(笑)

そしてこの√でのはるは本当に無鉄砲!(笑)
そしてもともと行動力のある子ではあったけど、√に入るとその行動力に拍車が掛かっていてより楽しめました。

恋愛面では言うことなしです。

は思ったとおり素敵でしたし、他の兄弟同様守自身に少しずつ起こる変化とかはるに対しての想いとかがもうたまらなく楽しかったのです(;゚∀゚)=3ハァハァ
私は基本的に強くて冷酷なキャラが大好きなので、守はそれにピッタリ当てはまっております(笑)

なので敵として出てきた時点で『(*ノェノ)キャーこの人かっこいいー!!』ってなっていました。
そしてプレイしている中で隠し√があることを知り、この人だったら良いな~って思っていたらそうだったというワケですから好きにならないはずがないんですよぅ!!

それでもなかなか進展しない守の気持ちとか、二人の中とかには少々ヽ(`Д´)ノ←こうなりましたが、中盤を過ぎたあたりから自分の求めている流れになってきたのでそこからは満足しながら夢中になっていました。

でもここの守√が何だか一番はるに対して深い愛を感じたんですよね。
それは守がはるを斬ったからなんだけど、何が何でも人を殺して欲しくない、自分が斬られてでも守を止めたいはると…今まで玄一郎達に対して母の自分の恨みをはらすためだけを目標に生きてきた守のどうしても成し遂げたい気持ち…。
それがぶつかってはるを脅したつもりが本当に斬ってしまって、でもそのお陰で守は変わっていくことができたという…

何とも突拍子もない内容に感じますけど、このシーンも一度別れるシーンもこの二人にとってはすごく良かったことだったと思うからどれも切なくなりつつ、でも二人がお互いを深く想っている感じが伝わってきたんだよなぁ。

しかもね…守の声がガラっと変わるの分かります…?
書生キャラからあの忍びのようなキャラでの違い!!
もうね~あれが既にりな子的にはヤバいんですよ~!!(*ノェノ)

しかもこの中の方お初だったのでソッコー検索したんですけど、イナズマイレブンというアニメ?とか刀剣乱舞や夢100とかに出ているらしいですね!
その他は無かったのでちょこっと残念な気もします…。

ちなみに私の好きなバージョンは昼の顔じゃないバージョンの方が大好きです( *´艸`)
あの喋り方ばかりになった時には幸せすぎてずーっと真剣に聞いていましたし、顔を半分隠している姿がまじでかっこよかった…(ノ∀`)

まぁ何だかんだとあったけど守が玄一郎と結局の所は父と子として改めて向き合っている感じの終わり方だったので、本当に良かったなぁと思います。
一緒に酒飲むとか最高じゃないか~!!

もう本当に最後まで楽しかった…。
そして華ヤカでは勇と守に出会えて良かったです。
もっと喋りたいところですがただでさえ長くなってしまっているので、あまり喋り過ぎないようにこの辺にしておきたいと思います♪

ここまでお付き合い頂いた方々…本当に本当にありがとうございました┏○ペコ
これから守の後日談などを見てから月影に行きたいと思います!!

ではでは(´∀`*)ノシ


大好きだからもう一丁!!(笑)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



【拍手コメント】

シロ様

昨日の続きです(笑)
昨日はシロ様のコメントを読んでヴァルプルガの兄を即検索してから寝ました(笑)
十三支の時…確かに…あのキャラはなかなか衝撃的だったので気になりますね…
というかそもそもあぁいった大人しそう優しそうなお方というのは何かがありそうな気がしちゃいます(笑)

どんな立ち位置でどんなキャラなのか…早くヴァルプルガもやりたくなってきたー!!

そして謎の青年の柿原さんに会いたい(`ω´)
まずは月影からプレイするので柿原さんはもうちょっと先かな…

私も誰から攻略するか考えておこうっと♪
是非とも楽しんでくださいね~(*´ω`*)

コメントありがとうございました┏○ペコ
またお立ち寄りくださいませヽ(*´∀`)ノ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新の独り言