こんにちは~ヽ(*´∀`)ノ

昨日の独り言を覗きに来てくださって拍手や応援(∪・ω・∪)ポチをくださいましてありがとうございました~ヽ(*´∀`)ノ
今日はそれを励みに古橋くんの感想を喋りに来ました!!

最後の√を残して遂に終わりに差し掛かろうとしております。
えっと…古橋くんはある意味真相というか核心に迫るというか、このタイトルのネタバレというか…そうゆうのが詰まった√だったのでネタバレしない感想はめっちゃ遠まわしな表現になると思います。

まだちょっとモヤっとしている気持ちが残っているので、最後の周回をしてから本格的に叫ぼうと思いますので今回のは序章だと思って頂ければです(笑)
未プレイの方は特に何が言いたいのか、何を言っているのかとなると思いますが先にそれを伝えておこうと思います┏○ペコ

kobashi

まず古橋くん√はスイートクラウンの役者達やスイクラという世界の事とかぜーんぶが綺麗に分かる√でした。気になることをひとつだけ残してね…。
まぁこれは次があるからいいんだけど、古橋くんを最初に攻略しちゃった人がいたらこれはかなり残酷ですよ(笑)

とまぁそんなことは置いておいて…。

とりあえず古橋√は恋愛がどうのというよりも、スイートクラウン城にいる人達の事とか、その城の事などなどスイクラに関わる物の真相が分かる√だったので、シナリオがとにかく目が離せなかった!!
そこに柘榴の欲を高める話しが絡んでいるんだけど、今までプレイしてきた攻略キャラとは何もかもが違っている√だったので、キャッキャウフフというよりも“どうやってこの状況を終わらせるか”という所に軸があったシナリオだったと思います。

ちなみに深愛ED・歪愛ED・深愛BAD・歪愛BAD全て見た状態で今のブログを書きに来ているんですけど…もはや愛や恋だけの話ではないので歪愛とか「愛しすぎてドロドロだ~」とかではない!!
なんだろうもっと種類の違うものなんですよね古橋√って。

二人だけの話しではないし、例えば日之世とか密原とか久瀬なんかは、柘榴の欲を高めるためだけに行動して二人の距離が近づいて恋とか愛とかに変わっていったけど、古橋の場合は柘榴の欲の為だけの行動ではないというか…。
スイクラのお茶会の始まりとかも関わっているから二人の距離が近づいて恋をすればOK!っていう訳でもなかったですし、二人で解決に向けて進む中で、柘榴が古橋に惹かれていくって感じかな…。

古橋√は古橋に対してとかサブキャラ達に対しての真実が暴かれているんだけど、ただ一つの謎を残して(笑)
この√中にめちゃくちゃ気になる言葉を言ってきた人がいるんですよ。ただこれはスイクラの力によって言わされている言葉だと言う事になっているんですけど、めちゃくちゃ気になった…。

そして終わり方もめっちゃ気になる言葉を残して終わりますし…(笑)
作り方が上手ですよねスイクラ様。

そして恋愛面ですがそういった描写は皆無ではないし、ちゃんと描かれています。
私は日之世LOVEだけど古橋との恋愛も嫌いじゃない…ヽ(*´∀`)ノ
もとから冷たい態度ではあったけどこの人は所々優しい感じがすっごく出ているので、以外に世話焼きだったりしますし最初から大人な優しさだな~って感じで距離もわりと近づきやすいキャラだったと思います。

でもここでは古橋が秘密にしている事も関わっているんだと思うんだけど、柘榴の事を好きだとか大切にしたいと思っても、その反面である事を求めてしまうのが古橋にとっての柘榴への想いを邪魔してるんですかね。

そうゆうのだけではないと思うけど二人の距離の近づき方がめちゃくちゃちょびちょびだし、「恋愛」というものになるまでには相当な時間がかかりますね。
だけどこの人たちならそれが自然なんだと思うから特にそこに対しての不満はないですし、むしろ最後に純愛?みたいな感じで終わってほっこりしました(笑)

ただ、前回の日之世に比べると恋愛が表に出てくる√じゃなかったなと思うので、もっとこう何ていうのかな…儚い淡い想いのような感じに描かれていたように思います。

そして何だろうなぁ~別に特別甘~い出来事があったわけじゃないんだけど、この人の見た目なのかキャラなのか声なのか…時々すんごく甘く感じる時があるんですよね。
ちょっと重めっぽい絡み展開なのに甘さを感じてしまう不思議なキャラでした。
これめっちゃ不思議なんだけどスイクラという雰囲気というのもあるのかなぁ。

とにかく暗甘いというか…うまく表現できないけど(笑)

そしてここでもお互い抱えているものがあるんだけど、古橋の場合今までのキャラ達とは訳が違うのでもっと抱えているものが壮大というか何というか…。
しかも抱えているものも多いしなぁ…。

日之世の√でちょっと古橋について「ン!?」って思う発言があったからなんとなく予想は出来ていたけど、ここまで確信に迫る内容だとは思っていなかったんですよね(笑)
なので結構驚きつつも、いつものごとくVitaを握り締めて夢中でプレイしました。

とにかく恋愛云々の前にシナリオがめちゃくちゃ面白かった。

言いたいけど言えない事ばかりなのでうまく感想を伝えられないけど…(´д⊂)
前回にもちょこっと話したんですけど、スイクラって設定も舞台も決して明るい内容ではないんだけどちょいちょい織り込まれているギャグっぽいのが面白いんですよ。

古橋√では主にクランとラズの登場が多くて、クランがもう本当に可愛すぎた。
今までも可愛かったけどそこまでだったんですよね(^^;;
でもクランとラズもこの世界にいる意味とかもちゃんとあって、必要な登場人物(?)だしすごく優しい子たちなんだなぁって思いましたね。

ここに出てきている人は、一人一人が必要な存在だし無駄なキャラが1人もいなかった!

ちなみに古橋√はどのEDも良かったけど、やっぱりメインの深愛EDが良かったかな。歪愛も嫌いではないけど、ここまで随分2人とも自分の過去とかスイクラ城の中で頑張ってきたので最後に幸せになってほしいと思った。

この2人の恋愛はシナリオ中に描かれていないわけではないけど、他キャラに比べたら恋愛がシナリオの中で順調に進んでいく感じとは違くて、最後のEDでやっと微笑ましいシーンになった感じなので…
これでもすんごく遠回りな感じですし、お互い相当奥手なんだなって感じです(笑)
今までがダークな流ればっかりだったので、最後に来てなんかキュンとするような流れになって最後に来てようやく幸せを感じられたなって思いました。

それに対してのBADがBADらしかったのも一つですね。
柘榴の歪み方が物悲しい感じで良かったなぁとも思うし、今まで恋愛らしい恋愛をしてこなかった彼女が選ぶ古橋の守り方というのも切ない感じがした。
何かモヤーっとしながらもそれを選んでしまうんだね…と微妙な気持ちになりつつそれでも満足してしまう不思議な気持ちになったBADでした。

色々考えすぎて書きながらモヤモヤするのでそろそろネタバレいきたいと思います(笑)
未プレイの方やネタバレが嫌よという方は先には進まないようにお気をつけください(´ω`人)
ちなみにネタバレ感想といっても、今回はガッツリではないです!!というのもまだモヤっとしているフワッとしている感じなので最後に全てを吐き出したほうが良さそうなので…

それでもお付き合い頂ける方はどうぞです(∩´。•ω•)⊃ト

















|д・)




















































|д・)クランと○ズだよ~























































|д・)イキマス


































まさかまさかの連続だった古橋√でした。

そもそもスイクラ様はかつての古橋の双子の弟だったんですね…。

そして2人は王家?に生まれてしまったばかりに大人の政に巻き込まれて、そこから生まれる歪んだ感情をお互いに持っていて…でもこれは誰もが抱くような感情だけど、ここに関与しているケイファとかも色々抱えていたんだなと思わされたシナリオだったなぁ。

しかも古橋もだけどそれよりもロッサがかわいそうだなって思ってしまった。
兄のことが好きだったけど反面妬ましくて、実はすごく努力していて…でもそれをしたことで引っ込みがつかなくなって兄と離されて距離ができて…

で古橋くんは悪魔の言葉は聞いたけどそれを軽々と超えてしまう技量を持っていて更にロッサは妬ましく思う。
この大好きと嫉妬の紙一重感もどかしいー!!

そしてここではもはや柘榴と古橋の恋がどうのという次元じゃなく、スイクラになってしまったロッサと古橋の兄弟の今まで抱えてきたわだかまりの方がメインになっていたし、そもそも古橋そんな永い間生きて生きたんかい!!と若干衝撃でした(笑)
だからなのか…その落ち着きと大人な感じは、と納得でしたね。

もうね、ロッサも古橋も大人の派閥のおかげで心が病んでいったとは言えお互いに不器用だったのかな。
それでも最後にやっとお互いに思っていた事を少しでも話せたんだとしてもやっぱりちょっと寂しさの残る展開だったなぁ~。それがまた良かったんだと思いますけど。

この兄弟にとっては深愛EDはどちらにも良い終わり方っだったので一番綺麗にまとまっていたと思うし、今まで柘榴も古橋もお互いへの恋愛感情を言葉にしたり態度にしたりというのがほとんどなく、傍から見たら「思わせぶり」と思えるような事だらけだったのが、最後の最後にまるで昔ながらの少女漫画のような奥手展開で謎にキュンとしちゃいましたよ(笑)

でもロッサは何で柘榴だったんだろう…?
結局好きだったのかあの「愛している」というのはどうゆう意味なのか…と一人考えてしまいましたw

最終的には柘榴と一つになったから彼にとっては良かったんだとは思うけど、彼も柘榴まで兄さんに取られてしまうのは嫌だと今までとは違う焦りとか怒りの感情を顕にした時には初めて あぁこの人って人間だったんだって思えた気がします。
いつもこの人が悪魔として主導権を握っていたしこっちがヒントを貰う側でしたしね。

古橋に「ただ会いあたかっただけかもしれない」と聞いたときは何かすごく寂しい気持ちになりました。こうなって初めてお互いにやっとやっと伝えられた言葉に全てが詰まっている感じというか…。
私まだモヤモヤしてるから上手に言えないけど(;´д`)

だって弟のことめっちゃほのめかすだけほのめかして終わってるんですよ!!
ロッサ一体嫌われるようなことって何したんやー( `皿´)キーッ!!

まぁ真井くんこれからプレイするからいいんだけどさ…。

ちなみにこのスイクラの城になる前の古橋くんとロッサの家はなかなかのドロつきでしたね。そんな環境で過ごしてきて歪まない方が逆にすごいと思ってしまうほど。
ケイファの言動や行動に対しても何か納得だったけどこの人のこの軽薄そうなイメージはここから来ていたのか!!と妙に納得してしまいました。

あ、あと私がここで大好きだと確信したのはクランとラズですよ!!
かつて古橋に飼われていたうさぎで古橋の手によって殺されたけど、可愛がって貰ったし大好きだから恨んでないって(つд⊂)
どんだけいい奴なんやー゚(゚´Д`゚)゚

まじで感動だぜ…。

でも深愛EDではケイファも文句を言いながら楽しそうにしていたり、ネージュやガーちゃんも白樫の森に常駐するお城に住んでいて クランとラズも元気だったし あぁ何か良かったなって思った(笑)
久瀬くんは菓子人形だから記憶ないし白に住んでるって事だったけど。

ちなみに古橋と柘榴があまりにもくっつかないからって気にする皆が微笑ましかったですね(笑)
日之世でさえも介入してきていたのが面白かった。

今頑張って集中して感想を書こうと思っているのですが、気になって気になってモヤモヤしすぎて集中できていないので…(;´д`)
ということで見た目からして気になる存在である真井さんを攻略してから叫んだほうが良さそうな気がしますのでこの辺にしておきます(´∀`*)ノシ

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~!!
εεεε*。:・''((⊂(っ´・∀・)っ イッテキマース!!



スッキリしたはずなのにモヤモヤしながら
それでも面白いスイクラにどハマリしているりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新の独り言