皆様こんばんわ(笑)

BAWの初回プレイ感想に覗きに来てくださって、そして拍手・応援、コメントを下さいましてありがとうございました♪
それを活力に…また来ちゃいましたので(笑)お付き合いくださいませm(_ _)m

というか…大変です!
BAW意外とサクサク進められてしまうシステムなので、予定よりも早く終わってしまいそうな予感…。

今ヒガの現世EDとNEVAEH EDが終わりましたが、ほとんど早送りで進められるので3時間とかで終わっちゃったと思います。
ヒガの場合はワルイコサイドの共通部分がアルマと同じなので個別に入るまではほぼ早送りで進められて、6章目から個別になりますね。

まずはアルマのNEVAEH EDがやっと…やっと迎えられましたので先に感想をば。(ヒガプレイ前に迎えられましたw)
いや、ここまで必死になってEDを探したのは久々な気がします(;´∀`)
でもNEVAEHはちょっと寂しいというか切ない終なんですけど、よくある乙女ゲーの切ないとはまた違う気がするな。

例えばですけど、主人公が死ぬとか攻略相手が死ぬとか諸々BADの終わり方ってあるけど、死後の世界だから死ぬなんて事もないですしね(笑)
なんだけど今回のアルマのNEVAEH EDはある意味死んで終了というEDよりも、何か辛いかも…と思います。

アルマが流す涙の理由を知った最後にはこの人がもうちょっと頑張って気持ちと向き合っていれば…ともどかしい気持ちにもなりますね。いや、あえてNEVAEH EDにしているのにヽ(`Д´)ノ<貴様~!!ってなった(笑)
話の流れ的にはほぼ同じで最後の方がちょっと変わるだけなのでほとんど同じ流れですが、NEVAEH EDでは自分の中のある感情を取り払うことができず病んでいる方向にいってしまう…といった感じかな。

私はこの終わり方嫌いじゃないです(`・∀・´)このちょっと重め展開!!
そしてアルマのこのNEVAEH EDのヒガくんがさ、何か良かったんですよね。ただの筋肉馬鹿じゃなかったんだなってゆうか(←失礼)意外と周りのこと見ていたんだな…と思うシーンがりまして。

一言二言交わしただけなんだけどなんか次に攻略するのが楽しみになりました♪

そして一人のキャラにEDは二つなので実にシンプル!!w
一周目はちょうど良かったけど、2周目以降は恐らくこのボリュームの少なさが物足りなくなるような気がする…(笑)
昨日も喋りましたけど進み方も実にシンプルですしね~。
ただ、NEVAEH EDを迎えるためのスチルタッチでの稲妻が…なかなか出てこなくて何回もやり直した時には( `皿´)キーッ!!ってなりましたけどね(;´∀`)
やっと出てきた稲妻~!!←ここで一応SAVE

次でも稲妻が出ず長いこと奮闘…
∧_∧( ºДº)キーッ!!!

やっと出てきた稲妻でやっとこさ終了です(笑)

疲れた…。
何度休憩にヒガを挟もうかと思ったことか!!でも耐えて耐えて、すっきりしてからヒガくんに…という思いから頑張って終わらせました~。

そして、前回書き忘れてましたけど…(;´д`)
各々の持ち物についてですが、一つ一つに何かしら意味があるんですけどアルマの赤い糸は何だかちょっと深かったなぁと。
きっと皆の持ち物も深いんだけど、赤い糸って聞くと運命の赤い糸を想像しますけど…。ね!←(笑)

それだけじゃないってゆうか、なんてゆうかすごく大切なものであり、これからも大切な物になるというか。
とにかく赤い糸はただの糸じゃなかった!!(笑)

さて、ここからはヒガくんの感想に参りたいと思いますが、ちょっと残念なというか思ったことを一つ。
このボリュームで同じワルイコサイドならば、せめてサブキャラのシナリオ部分を他のサブキャラの話しにしても良かったのでは…??と思います。
というかヒガ√ではアルマとはちょっと違った流れになっていたので、そうなるもんだと思って進めていたんですけど…最終的に行き着くところ(サブキャラのシナリオ部分)は同じ結末だったのが残念でした。

ちょこちょこしたところも同じなので共通部分はほとんど早送りなのでちゃっちゃか進んでしまいます。
個別に入ってからはもちろん別なんですけど、シナリオの流れは同じでヒガと一緒にいるという行動する相手が違うだけって感じですね。

なんだかんだ最後は楽しめたけど、ちょっと物足りない感じが否めなかったかなと思います。
アルマの時には感じなかったんですけど、文化祭のシーンではちょっと(´ε`;)ウーン…と思うところがありました…。ネタバレというか内容を言う事になるのでおとなしくそこは黙っておきますが…(´・ω・`)

その黙っておいたこと以外にももうちょっと何か欲しかったな…と思ったヒガ√でした。
そして…何かバグ?なのかな…?スチルタッチする時にフリーズというか、2回タッチしたあとどこタッチしても反応しなくなってしまって動かなくなったー((((;゚Д゚))))

BAW終了して始め直したら大丈夫でしたけど、焦りました(笑)
その後は何事もなく進められましたし、ヒガのNEVAEH EDはそっこー迎えられてイライラする事もなく無事に終わりました(`・∀・´)

ではヒガの感想にいきたいと思います♪

BAW_higa_01

ヒガは絵に書いたような不良風のキャラですね。

いつも怒ったような口調に怒ったような顔でリンカは無駄にビクビクしているし…大丈夫かな(苦笑)って感じでしたが、アルマに比べるとシナリオは物足りなく感じましたが乙女ゲーらしさはこの人の方があったと思います(笑)

前回同様にキャー!!萌えー!!という萌え転がりはないけどアルマの時の控えめさに比べるとヒガの場合は、よくいるスポーツ馬鹿とか筋肉馬鹿的な要素があるので、いちいち照れたり赤くなったりして可愛いです。
というかアルマがわりとさっぱりだったので可愛く感じて、いちいち( ̄∀ ̄)ニヤニヤしながら進めてしまいました(笑)

この人は優しくて正義感が強い(?)という一面があるんだけど…それがアルマをあまりにも崇拝しすぎている故のものだったりするので、最初はアルマに言われたから傍にいるって感じで恋とか愛とか程遠いですね。
アルマの金魚のフンにしか見えないけど…この人のこと好きになれるかな…と若干不安になりつつ…。

何だかんだと少しずつ距離を縮めて、ヒガがNEVAEH学園に来た記憶や生前の記憶を知っていく中で恋らしき方向に。

わりとアクシデント的なスチルとかもあるし、諏訪部さんの声で聞かれたくないようなことをボソボソ言うシーンなんかはニヤニヤ出来たけど、な・なんか物足りないんだ!!
何なんだろう…ヒガ√はスススー(((っ・ω・)っっと進みすぎているというか、早送りしているからかな?
いや、でもそうでなくて…私がこの度も身を乗り出す出来事が起こるまでは、個人的には何か流れていくような感じで見てしまったんですよね。(所々ニヤニヤするんですけどね…)

で、その身を乗り出すシーンは突如来ますし、わりと終わりのほうで来るので…というか終わりの方で起こったその出来事が『え!?』ってなってちょっと私がフリーズしちゃいました。
↑こうゆう反応ができたらこっちのもんです。

ここからは何だかんだ楽しめたんですよ。
ちょっと切ない気持ちもありながら一緒に頑張ろうぜーって感じで進めましたし、ただ…ただね…最後の主人公の○○はさっぱりしすぎていたと思うんだ!!(ネタバレ要素なので詳しくはネタバレで…)

もうちょっと感動させてくれる何かが欲しかったなぁと。
あぁヒガくんごめんなさい(つд⊂)嫌いじゃないんだよ…だけどどうしても物足りなかった。

NEVAEH EDでも結局知りたかった肝心のお兄さんの叫んでいた言葉は分からずじまいだったし…これめっちゃ知りたかったけど私が見落としただけだろうか…(゚д゚lll)
後で気が向いからもう一回見てみよう(笑)

とりあえず次はサトル攻略予定なので一旦ワルイコサイドとはお別れなのでリフレッシュしてこようと思います(笑)
せっかく石田さんのシキシマが楽しみなんだけど、ワルイコサイドだからちょと気になるなぁ…と思うんだけど、でも√はワルイコサイドだけど本人はカワッタコだからまた別なのかな…?
別なことを祈ります(*´Д`人)

そして先生方なんですけどね…
うーんと、えっと、3人もいる意味あるのかな…?と2人を攻略した時点では思ってしまうのが素直な感想です(笑)

あんなにキャラが濃い人がせっかく3人もいるんだから、せめて攻略できないにしても何か欲しいような。
ほとんど絡むこともないですし、うさぎ先生はちょこちょこ説明(?)みたいな感じで出てきてるけど…バケツ先生とかガスマスク先生とかそこまで…って感じです(笑)

なんか勿体無い気もしますが、これから何かあるのかな?(*´∀`*)ノ。+゜*。←期待
夢を見ることは勝手ですもんね!!そうします(笑)

では、アルマのNEVAEH EDとヒガくんのネタバレにいきたいと思いますので、未プレイの方やネタバレは嫌よという方はお読みになりませんように!!
































|д・)
































|д・)イキマース






































まずアルマですが…
これ、アルマのかつての好きだったあの人ってリンカの前世という事でいいのかな?
ちょいちょいそう思わされる発言があったので私はそのように解釈しておりますが…。

もう最初はアルマってば攻略対象なのに生きていた時に想っていた人の記憶が強すぎて、しかもその人との約束に縛られすぎて、この後どんな形であれ主人公の事を好きになるというのがどうしても違和感…だったんですよね。
強く想いすぎてというか…。

でも、心を開いていく過程とか絶望しそうになりながらもその気持ちをリンカの想いに支えられて変わっていく中で、“あれ?リンカってもしや…”と思ってからは不思議と自然に受け入れられました。

そしてアルマがどうして死を迎えたのか。
これが最も悲しかった事実だったなぁ…。
彼女が亡くなってしまって最期まで一緒にいるという約束を守れなかったことで自分を縛り、時間が経つ中で薄れていく彼女の記憶に対して自分を赦せなくて、その記憶を無くさないためについには自殺をしていたとは…。

そんな悲しい気持ちや絶望を背負ったアルマを救えたのが何もないリンカ。

リンカは本当に最初のうちは“からっぽ”と言っている意味が理解できるほど淡々とした子だなぁ~って感じだったけどアルマやワルイコ達と過ごす中で少しずつ変わっていって、女の子らしくなったというか人らしくなったというか。
変な言い方だけどここに来て良かったね!!と思いました。

そもそも始まりが死んでから開始なので、リンカがしょっぱなに事故に遭うというのが衝撃でしたけどね!!

でもそこからNEVAEH学園に行って色々な人に出会って、皆のように自分には何もない、私なんて…って思っていた彼女が成長していく様子は良かったと思います。
最初はちょっとウジウジしていてイラっとしましたが、途中からは頼もしくさえなっていましたしね。

そしてアルマと学園で想い合うようになってからですよ!!

普通の流れならここで思いを伝え合って(´∀`*)ウフフな感じだと思うんですけど、NEVAEH学園から生還してまた出会えた時に伝え合おうと来るとは。
この世界では愛を伝えることができないからそうなるのも納得の流れなんですけど、なんかこれが良かったんですよね!!

アルマとリンカは生まれた時も違うし、どうやって現世で出会うのだろうか…。と思いましたが、まさかそう来るとは思わなかったぜー!!
リンカ最初に事故に遭って死んでるんですよ、で病院に運ばれると…アルマがそのオペをする医師になっているんですねぇ。

うんうん。乙女展開の運命的再開です(笑)

でもリンカはまだ高校生なので卒業したら気持ちを伝える…という事になったらしい。(ここは3年後…の時に活字で出てくるのですが『え!!また待たされたの!?アルマ引っ張るねぇ~!!』と思ったことは内緒です。)
そしてやっとお互いの気持ちを伝える時…

ここでは(*ノェノ)キャー!!萌えだわー!!と叫ぶような出来事はないんだけど、今この時まで一言も言ってくれなかった言葉がやっと、やっと聞けたというだけで私は( *´艸`)ハァ~となりましたね。
もう引っ張りすぎてこの瞬間が最大に萌えたんだと思う(笑)

二人の幸せそうなスチルを見ていてこっちも幸せになりました。

そして…あの赤髪のアルマに櫻井さんという配役がどうしてもモゾモゾしていた私ですが、現世EDののアルマを見て『あぁ。そうか…この人なら櫻井さんでぴったりだよね』と思いました。

打って変わってヒガは実際のヒガが生きていたらとっても年齢が離れていたんだろう…という事で、現世EDで会えたのは生まれ変わったヒガでした。
そしてヒガが生前とても慕っていた兄の子供として生まれていたという…。

何だろう…感動するべきなんだろうけどちょっと感じる無理矢理感!!
いや、とってもいい話なんですよ?いい話なんだけど展開がすごすぎて若干私蚊帳の外になっちゃいました(笑)

でも何が衝撃だったって…あの最後の皆でキャッチボールしたタイミングでヒガが消えちゃうことです。
全く想像していなかった流れだったので驚きましたし、なんで今!?とも思いました。でも、サンズもそうだったけど、途中で異例の卒業をするというのは、新たな命として生まれ変わるって事なんだな~と一つ謎が解けたので良しとします。

そうそうサンズと言えば、私アルマの√でのサンズの流れ好きだたんですけど…
ヒガ√ではナラカとの距離も近づきつつ、更に文化祭のファッションショーをせっかく一緒にやったしいつもナラカが絡んできてたから、もっとサンズみたいにナラカの出来事で禁忌のリンゴが出現すると思っていたのに…

またサンズか~い!!って(笑)
しかもちょっと無理やりな感じでサンズの方向にシナリオがいっちゃったし、そのまま消えちゃったしで残念でした。
アルマ√の時はこのサンズの流れは普通に受け入れられたけど、ヒガ√ではサンズよりもナラカと一緒にいたから流れ的にちょっと違ったというか、せめてここの√ではナラカのシナリオで行って欲しかったなぁと思います。

嫌なことは先に言ってしまおう!!ということで、主人公の送辞ですよ!!

ヒガが異例の卒業をしてしまったことで辛い思いをしているし、それでも今まで皆で頑張ってきたという想いとかヒガの分までという想いから主人公が卒業式の時に卒業生に向かって送辞を読んだんだが…
いとも簡単に仮面の人たちが泣いてしまって『これからか!?』って時に終わってしまったんです((((;゚Д゚))))

ワ、ワタシカンドウデキナカッタ( ºωº )

いや…文句ばっかり言ってないであなたが考えなさいよと言われてしまったらごめんなさいと謝るんだけども…あんなに感情がなかった仮面たちが、そして悲しみを背負っていたヨウがわりと早い段階で立ち上がってしまって、他の人たちの仮面が外れる音がしたときは『もうはずれた!!』と若干この世界に戻ってきてしまった…とういうか入り込めなかった(笑)

でも諏訪部さんの声とヒガというキャラでちょい萌は頂きました!!

聞こえないように早口で言う独り言的なボソボソとか、リンカがちょっと触ろうとしたら照れてうろたえたりとか何か可愛かったんだなぁ。
そうゆう部分ではアルマよりもちょい萌えが多かったと思いますヽ(*´∀`)ノ

恋愛という面ではまぁわりと楽しめたかな?と思いますね。
それでも何かやっぱりもともとシナリオもボリューミーではないし、選択肢もなくEDも二つだけならもうちょっとひねりが欲しかったなというのが正直なところです。

(´ε`;)ウーン…

ヒガネタバレ感想がちょっと不満が多くなってしまったのは申し訳ないとは思いますが…。
これが私の正直な感想です(´;ω;`)

気を取り直してサトルをちょこっと進めてから寝ようと思いますヽ(*´∀`)ノ


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新の独り言