FC2ブログ


こんばんは~(*´ω`)

まずは、前回の記事に拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~!
本日も大変励みとさせて頂いておりますです♪

週末は予定通り数年ぶりにディズニーシーに行って来ました\( 'ω')/
15時から入れるスターライトパスポートで行ったのだけど、さすがにお天気の良い休日という事でものすっごい混んでいました(笑)
平日に行けば良かったんですけど、平日休みを合わせるのが難しそうだったので土曜日に行ってしまった…。

私、あんなにすんごい長い待ち時間を待ったのは、記憶のある限りでは初めてです(;´・ω・)
だって…だって…170分待ったんですよ‼(笑)
16時くらいに並び始めてアトラクションから出て来たの19時過ぎとかでしたよ…!
出て来た後も、もう一つくらい乗ろうかぁ~なんて話していたんですけど、他も110分待ちとかだったので、諦めて園内をグルりと一周したりお散歩をしてポップコーンを食べビールを飲み満足して帰ってきました(笑)

何だかんだで21時過ぎとかだったかな?それくらいに帰路についたのですけど、最後の最後まで人人人―!って感じでたよ~(笑)

そんなこんなで、週末は遊び惚けていたので焔はやっと初回の信繁さんが終わった所で、只今鎌之介くん攻略中です…。
予定では月曜日に帰宅してから初回感想&信繁感想を…と思っていたのですけど、昨日は週始めなのに帰宅が遅かったΣ(゚д゚lll)
しかも、疲れ果てて寝ていたらば、夜中の2時頃かな?サイレンの音で目が覚めて、恐らくご近所だったのか外がザワザワし始めたのですよ。
無線でやり取りしている音とか走り回る音とか、時折ガターン!ガターン!とか聞こえてですね…。
何だか怖くて寝れなくなり完全なる寝不足&感想が今日になってしまいました(=_=)

今日一日昨日の騒ぎは何だったのか気になっていたんですけど、未だ分からず…(;´∀`)
一体なんだったんだろう。

と言う事で、雑談はここまでにしまして早速初回感想からいこうと思います。

◇初回感想
wallpaper_release_thum.jpg

率直な初回の感想を言うと、思っていたよりもあっさりめな印象かなと思いました!
雰囲気的には薄桜鬼の後釜を狙っているのかな?と勝手に思っていたので、もっとこう重厚感のある感じなのかな~と考えていました。(私個人が勝手に思っていた事です 笑)
なので、意外にも物語展開もサクサク~っと進む感じでしたし、想像していたよりも悲壮感が無かったなと思いましたね。
でも、決してつまらなかったとかそうゆう訳では無いです。

まだ初回しかEDまでは迎えていませんが、真田十勇士という名前がつくまで信繁と共に歩む忍が十人揃うまでだったりとか、仲間達の絆やそれぞれが戦に臨む意味や、物語のタイトルでもある“真紅の焔”がどうゆう意味合いなのか…とかとか。
色々な部分で興味を惹かれてきますし、なかなか面白かったです!

私が想像していたよりも、信繁√はカナリ心に優しい物語だった…と思いました(笑)
雰囲気的にと、個人的な妄想で悲しく辛い出来事が続きながらも最後まで十勇士が戦う…って感じかな~と思っていて、新選組的なアレを想像していたんですよね。
でもそこまで…な感じでした。

って事で、プレイしている方も多いのですけど…いつものごとく物語をサクッとお話しします。

主人公は父が真田忍の一人で、自分も忍として鍛えられた十六歳の女の子です。
十六歳…!←知らなかった(笑)
ある時自分を忍として鍛えてくれた白雲斎から、真田信繁の元に使わされて彼らの元に向かう…という所から始まります。

始めに言っておくと、主人公の六実は忍として鍛えられてはいますが実践経験があまりないらしく、この物語の中で忍としても成長していく…って感じになっています。
十六歳っぽくない子ですし(年齢を見て吃驚したw)、年齢のわりにしっかりしている子だな~って思った‥。

で、六実が信繁の元に行くものの、信繁達は近く開戦されるであろう豊臣VS徳川の戦で豊臣側の誘いを受けて大坂に向かう事になってしまうんです。
ここに色々な細かい情報があるんですけど、信繁の父である昌幸が石田三成に見方をし徳川と戦ったけど亡くなっていたりだとか、六実の方にもそこに関わるものがあったりだとか、今回の戦では多くの大名が誘いを断っているのに………とかとか。
そこで誘いが来てそれを受けるとはどうゆう事かって所も、ちょっとこの後どうなるの…!?と思う部分でもありますよね。

始めのうちは、忍としても信繁の周り居る皆よりも腕の劣る六実が、何故ここに使わされたのか分からないので、里に帰そうとするんです。
でも、師匠から信繁様のお役に立てと命じられてきた六実は、簡単に里に帰る訳にも行かないのです…。
細かい所は飛ばしますが、結果!他の皆だけでは明らかにマズイご飯しか食べていなく、六実が手伝うといって作ったらそこに置いてもらえることになりました(笑)

共に生活していく中で皆との距離も縮まっていくのですが、いざ大坂への招集がかかると六実は一緒に連れて行けないと言われます。
決して六実が邪魔で言ったのではないのですけど、忍としても皆よりも劣りはするもののそうゆう所が原因では無く、ここにはある意味で信繁が六実を思う気持ちが込めているんです~。
だがしかし、どうしても共に生きたい六実も食い下がり、真田忍相手から一度でも背後を取れたら一緒に行く許可を得るのですが…失敗に終わってしまいます。
皆が旅立つその日に送り出した後、信繁の部屋に行くと彼が大事にしていた笛を忘れているのに気付き後を追いかけます。

すると明らかに周りの様子がおかしい事に気付きます。
皆に追いつくと、そこには裏柳生と呼ばれる徳川側の暗殺組織が…。
六実も加勢し共に戦い退けるのですが、戦以外にも何かがありそうな予感!
ここから六実も皆と共に大坂に行く事になるのですが、この先どんな事が待ち受けるのでしょうか…[壁]ロ゚)ハッ

ってな感じで、全体的にやっぱり所々薄桜鬼的要素が満載だったなという印象。
主人公が信繁に許しを得て共に生活するようになって、絆を深めていく部分が短めになっているものの、その辺から“あ…何か似てる”という感じがしてきました。
序盤はそんなに詰め込まれている内容でもないので、信繁達が旅立つまでも結構早いと思います。
その後の所から本格的に物語が展開していくって感じですかね。

プレイ時間なのですけど、合間にちょろっと進めたりしていたので詳しくは分からないのですが…8時間かかっていないのではないかな…?と思います。
全10章までありまして、個別が4章あたりからだったと思うんですけど、選択肢の他に忍システムなるものがありました!
忍システムは戦いの時だけに限らず、誰にも見つからないように部屋に戻ろうとしている時にも発動したりします。

次の行動をどうするのか?という2択の選択が出てきて、どちらかを選ぶ…って感じですね。
EDなどには影響はないものの、主人公の忍としての力量を判定されているので、物語が終わった後に上忍かどうかの判定が出てきました!
ちなみに自力で進めたら中忍だった(笑)次は頑張って上忍を目指そうと思います\( 'ω')/

そしてEDに関係してくるのが選択肢での好感度の他に、相手の[輪]というものをどうするのか?という選択が出てきます。
これは薄桜鬼で言う所の血を吸わせるかどうかのアレみたいな事なんだろう…。
輪というのは人の生命に関係しているもので、チャクラとかそんな感じのものだと思う…多分…。
輪は皆が持っているモノになるんですけど、生きている人間は輪が右回転?だったかな?しているんだそう。
まぁその回転が普通の速度よりも早くなってしまったりする事があるんですよ(笑)

あ、今凄いこの人の説明大雑把だな~って思いましたね?(笑)
これは一応物語に色々と関わってくる所なので、そんなに詳しく説明したら面白くないと思ったので敢えて大雑把に言ったのです!
って事で、この輪をどうするのか…というのも選択肢に出てきて、輪度というものの度合もEDに関係してきているみたいですよ。

序盤にも言いましたが、思ったよりもあっさりしている感じがした…というか、プレイしている側からすると丁度良い長さなんだと思う。
思うんですけど、あの尺では少しボリューム的にサクッと感が感じられてしまう気がしました。
物語が展開していくのが競歩みたいな(笑)
駆け足気味だな~って程ガツガツ行き過ぎな感じではないけど、ちょっと早いかな程度な感じと言いますか…(;'∀')
戦いをしている部分が結構多いので、その他の所がちょっとあっさりしている気もしなくはなかったかなぁ~と思います。

恋愛面の方なのですけど、初回プレイをした感じだと中盤までのメインは今回行われる大きな戦の部分と、その裏で暗躍する裏柳生の存在…って所なので、六実は確実に相手の事を信頼→恋愛感情と変化していっているものの、初回信繁攻略では進展するのは結構後になってからでした。
恋愛部分に動きが出るのはクライマックス手前って感じ!
信繁も六実の事を想っているっぽい感じなのになかなか進展しないし、牽制というか…そんな感じに思われる発言などもあって、その辺りでは報われない初恋感があって苦しい展開もあったりしました。
全体的に微糖って感じなんですけど、雰囲気的なものにはそれで合っていると思います。

でもまぁちゃんとハッピーエンドもありますし、物語の雰囲気的にも悲壮感漂う最後に行けば行くほど辛い出来事が…かと思いきや、そんな事も無かったので心に優しい設計だった気がします(笑)

そして皆さんが気になって入る裏柳生!←自分が喋りたいだけ
この裏柳生という組織は、数々の徳川の邪魔になる者達を暗殺しているのではないか…と噂されている集団。
その集団の中に“鬼火”という白蓮率いる組織があるんですけど、この鬼火の人達や白蓮にも…それぞれにとある秘密があるって感じですね。

真田十勇士達の個別それぞれに、鬼火のキャラ達が敵として立ちはだかる形となるんですけど、信繁では白蓮。
今プレイ中の鎌之介では多分鎮西八郎が立ちはだかっています。
鬼火のキャラ達には色々と事情がおありのようで、この方達の事情もちょこっと物語に関係してきたりしますし、何よりも敵である白蓮の強さが桁違いな感じ…。
どう考えても勝ち目がないんですけど、それをどうやって乗り越えるのか?みたいな所もポイントなのかな。

描写としては白蓮はとにかく強い。強い上にとある力を持っているので、どんなに頑張っても勝てる策が見つからない…って感じなのですよ。
他にも、白蓮率いる鬼火の面々も特別な力みたいなものを持っているので、普通の人達からしたらだいぶ強いとされる真田十勇士もかなりてこずる相手なのです。
なので、悔しい思いをするシーンも多々あるんですよね。
そこに加えて徳川と豊臣の戦という部分もあるので、戦いとしては結構色々と振り被ってくるので忙しい感じとなります(笑)

白蓮や相手の鬼火がどんな人たちなのか…って所も、結構面白いと思いますので内容的には結構色々詰め込まれていると思います。

そしてEDに関してなんですけど、今の所ハピエン、BADが4つ?5つ?、悲恋EDという形で全て回収済みです。
BADに至っては残念ながら作り込みのBAD EDではなく、まぁよくあるやつです(笑)
悲恋なのですけど、これは文字通りの悲しい終わり方!でも、ハピエンの様に戦が終わってその後……みたいな感じになっているし、終章まで描かれているので悲しいけども最後まできっちり描かれているEDで面白いかなと思います。

サブキャラに関して何ですけど、真田忍の仲間達もステキな方達ばかりなんですよ~(*´ω`)
特に甚八さん!この方は本当に素敵です私的に(笑)
中の人が決まった時点でちょっと素敵…とか単純に思ってたのだけど、実際のキャラクターも素敵だった…(*ノωノ)
この人をもっと出してください‼←

その他にも青海さんとか小介くんとか、皆さんとっても優しい方だったりするんですけど、忍同士の絆…みたいな部分も面白いと思います!
主人公の六実×サブのやり取りも良いのだけど、仲間内のやり取りなんかも楽しいのでその辺も個人的には良かったなと思います。

今回は初回感想のみにしまして、明日改めて個別の感想を書こうと思いますが、今の所楽しんでプレイしております~\( 'ω')/
ただこの暑さにやられて長時間ゲームをしてられない!(笑)
すぐに眠くなってしまう事で亀ペースになっていますが、最後までちまちまプレイしていこうと思います…。

最後にちょこっとお喋りしますが、バリバリの店舗特典どうしよう…‼
第一候補はメイトかな~と思っているんですけど、ステラは今回なんだか気合の入った特典のやつがあるんですね…(笑)
今回はどのキャラも楽しみなので、ワチャワチャしてそうな特典CDの方にしようかなと思ったのでメイトかなぁ~?どうしようかな~と思っております。
ちょっとだけワングーのサボテン食べちゃったやつも気になる……(笑)
ってな感じで、もう少し迷おうかなと思います!

ではでは、本日はこの辺で!
明日はいつもより早めに会社に行かないとなので、もう寝ようと思います\( 'ω')/
最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~‼┏○ペコ




ネイルが夏っぽく派手な色合いに
なったのだけど…
会社で派手なペンキみたいだな!(笑)
と言われました…w
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします( ;∀;)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

  1. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 08:22 )

  2. りな子 | -

    まりも様

    まりも様こんにちは( ^ω^ )ノシ

    ディズニー混んでました(゚Д゚;)
    天気が良いとやっぱり凄い人ですね…。
    楽しかったけど疲れました(笑)

    焔皆さん週末にガツガツ進めていますよね~w
    そうそう、何と言うか全て勝手な想像なんですけど、もっと重みと厚みがある感じかと思ったら、案外さっぱりめだったな~という印象でした。

    信繁さん心に優しいですよね!
    薄桜鬼では土方さん√ももれなく辛かったり、どんどん悲しい方向性にいっていたので、心した進めたら…。
    あれ、普通に幸せ!と思って拍子抜けしましたw
    良い事なんだろうけど、意外にも心に優しかったですね。
    六実ちゃんしっかり者な感じで、信繁さんが彼女に言われるとつい言う事を聞いてしまうの可愛かったですねw
    なかなかよい夫婦になりそうな(笑)

    では十蔵くんは後半に入れ込もうと思います。

    そうそう!白蓮素敵なんだけど、彼よりも素敵さでは甚八さんですね!
    マジで素敵、かっこいいw
    他の十勇士の方々も良い人ばかりなので、良い!
    ちなみに私、あの坊主嫌いじゃないですよ(笑)

    コメントありがとうございました(∩´∀`)∩

    ( 12:41 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新の独り言