こんばんは!ヽ(^o^)丿

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもくださいましてありがとうございました!┏○ペコ
本日も、とっても励みとさせて頂いておりますです♪

今日は引きこもっておりました‼(*´ω`)
昨日も殆ど引きこもり状態だったけども、今日は本当に引き籠りで外に出ておりませぬ(笑)
お陰様でゲームがサクサクと進みまして、今最後の隠しキャラの攻略に勤しんでおりますです\( 'ω')/

毎回思うけど連休ってすぐ終わりますね( ;∀;)
この前始まったばかりと思っていたけど、もう明日からは普通に仕事が始まるじゃないですか!
行きたくない…とまでは思わないけどもっと連休欲しい(笑)
次の休日にはズンチャカイベントに行くので、またちょいと忙しい休日になってしまうんですけど、とりあえずは天涯が何とか終わりそうで良かったです♪

さて、今日は昨日と今日で終わらせている惣介&裕介の感想を喋ろうと思いますが、今の所この2人の√が個人的にはかなり楽しめたかなと思います\( 'ω')/
どちらも普通…とはちょっと違うズレた感覚の人なのですけど、何か恋愛してんな~!って感じがして凄い面白かったです(*´ω`)

◇弥島惣介/立花慎之介
tengai_02_icon.jpg

惣介は出会いからして凄いインパクトのあるキャラクターでした!(笑)
弥島家長女であるりん子のせいで女性が苦手な体?になってしまい、3歩以内に近づくと吐き気を催すようなお方です。
りつに対しても「俺の3歩以内に入るなぁ~」と言っていますし、いつも立花さんの苦しそうな…今にも吐きそうな喋り方が特徴的だったな…(笑)

勿論そんな人物なので恋愛なんてした事もないですから、どんな感じで進展していくのかなぁと思っていたのですけども…。
恋愛をした事が無い俗世に興味が無さ過ぎた人だからこそ、色々とすれ違ったりうまくいきにくい部分もあるんですけど、自分の気持ちを認めてしまうとすっごく素直というか、気持ちに正直に行動に移したりするのでなかなか面白い部分が多かったなと思います!

まぁ…そんな事を言いつつも、恋愛の「れ」の字も知らないような人なので、色々と大変な所も多いんですけれども(;´・ω・)
一番はお互いが言葉にしない事ですれ違ってしまうという所でしょうか。
りつも恋もした事も無いような恋愛初心者ですし、惣介の方も同様なんですけれども…、惣介の方は今までそう言った事に興味すらなかった人なのでね!
無知だからこそ突っ走ってしまう所があったり、考えが至らなかったりするので何だかいつも賑やかな感じではありました(笑)

そうゆう時には弥島兄弟の叔母である綾乃さんや、惣介を支える会?だったか何だかのご婦人達が味方になってくれるので、心強い味方達がいて心から安心出来た部分は大きい思います(笑)

それと、惣介は何というか…“普通”というものが通用しない人なので、だからこそりつの事を好きだと気付くまでが早く、それも何というか理論的?に算出する感じというか…(笑)
裕介にも言える事なんですけど、自分の気持ちの事なのに別視点から自分の気持ちを分析して、りつの事を好きだという結論に至る所が…面白かったです…(笑)
その辺2人ともちょっと変わった方という感じなのですけど、だからこそ恋愛の時にあるような気持ちをなかなか認めなかったり気付けないモダモダ感みたいなのは無いし、ポロっと『俺はりつが好きなようだ』っみたいな事をいきなり言い出したりするので、愉快な部分が多かったように思いますね。

惣介の場合は好きだと気付くのが結構早かったんですけど、そこからどんどん進展していくという形ではなく、惣介のその気持ちがフワフワしている所から育んで、好きというのがどうゆう事かとか相手とどうしていきたいのかとか…。
そうゆう所まで色々な経験をして気持ちを確固たるものにしていくというか、勉強?というとちょっと違うかもしれませんが、育てていきつつ恋から愛に変わっていくって感じですかね。

最初の方はりつも惹かれているという感じでは無いんですけど、惣介と過ごしていく中で彼の事を好きになっていくので2人のやり取りは、ホッコリする場面が多かったなと思います(*´ω`)
何か、いちいち惣介が可愛いし面白いんですよね…。
今までは特に何ともなく、好きと言ったり恋してるみたいだと言ったりする癖に、ある時いきなり照れだしたりとかし始めてみたりするし。
ちょいちょい笑わせて貰ったシーンも多々あったのですけど、さすが立花さんだなと思える所が随所に溢れていました(笑)

天体の事しか考えていない惣介が、どんどんりつ中心になっていく過程がものすごく楽しかったです\( 'ω')/

で、まぁ彼らの置かれた立場的にも、スムーズに結婚…という形には至りませんので…。
この2人がどんな未来を掴むのかはここでは言えないのですけれども(笑)
お互いの気持ちが育っていくと同時に色々な問題も勃発してきますし、私的には天体の事に詳しくても何も役に立たない…となってしまった時の惣介が凄い見ていて辛かったですー( ;∀;)
そんな事言わないで下さい…。ってりつが言うんですけど、本当『そんな事言わないでー(;O;)』って気持ちになってしまいますね~。

りつ自身も割烹店のアレコレもありますけど自分の実家の事もあるので、惣介と一緒に居たいけどウニャウニャ…ってなった時には、ハッピーなEDもあると分かっていても「これはBADの方か!?」と不安になってしまう進み方になるので、ハラハラさせられちゃいました…。

でも何が一番良かったって、惣介がりつに出ていかないでくれっだったか…そんな事を言うシーンがあるんですけど、この時にどれだけりつの事が好きなのかが分かってですね‼
私あのシーンのスチルが凄く好きなのですけど、もう何か「出ていかないでくれりつー(T_T)」ってなりました(笑)
彼にとって何もかもが初めての相手で、最初の頃は初めて吐き気を催さなかった相手だったから好きだと思ったのかな????
とか思っていたんですけど、それから恋に恋しているだけなのか…とか色々な事を経て、接吻する為に必死になってみたりいちいち報告してみたりと、子供みたいになったかと思えば…。
惣介の中でりつの存在がものすっごい大きいものになっていって、そうなった時には誰よりも行動的で頼りになる感じになるので、もう惣介に夢中になりました(笑)

りつの成長とかそういった所も勿論描かれているんですけど、惣介がりつという存在によって激変するって所の方が強く感じられるかな~と思います。

EDもGOOD・BAD共に面白いと思いますが、BADの方はやっぱり切ないな~とは思うんですけど…。
そのBADでの惣介も最初の頃とは変わっている惣介になっているので、りつと知り合い恋をした事が無駄じゃない感じがして悪くないと思いました!←上から
でも、やっぱりGOOD EDでのアレが個人的には良かったので、幸せが良いに越した事は無いんですけどね!


◇弥島裕介/間島淳司
tengai_01_icon.jpg

色々悩んだのですけど、やっぱりこの仏頂面が凄い気になったので兄弟達の中では一番最後に!と思い裕介を隠しの前に選びました\( 'ω')/
勇様には負けますが惣介&裕介は個人的にものすごく好きです(笑)

この表情から想像できる通り堅物…って感じでは無いにしても、仕事人間でちょっと惣介に通ずる所のある人かなと思います(笑)
凄いモテるらしいですし遊びの女と本気の女を分けよう!と思うくらいには、女性に困った事が無い人だとは思うんですけど…。
何というか、俊介みたいに駆け引きをしたりとかそうゆう感じでも無いので、ある意味惣介の次くらいに本気の恋愛をした事がなさそうな人って感じの印象ですね。

そもそも、この人、共通√からそうなんですけど…、りつの事を何故か気に入っている感じが漂っているんですよね。
他の兄弟達に一目ぼれでは…とか言われているんですけど、実際一目惚れではなさそうなものの、かなり序盤の頃から裕介はりつの事を気にかけている感じになっています。

ただ、裕介もどうしてりつの事が気になるのか、どこかに行くならりつと…と思ってしまうのかが分からない様子なので、若干不思議な感じがしてはいました(笑)
それが恐らく知らない間にりつの事を好きになっているはずですし、自分でも「これはどう考えてもあいつの事を好いているという事ではないか!」みたいになっているんですけど、曖昧なまま話が進んでいくかと思いきや…。
なんと、確かめる方法が接吻が出来たら好きという事だ!みたいになってですね(笑)
あんな見た目で遊びの女がどうとか言っていた癖に、昔次郎さんと『本気の女にしか接吻しない』と決めた決め事を未だに守っていたという…。
そして私が思っていたよりも遥かにファーストキスを凄く大事にしていた事が分かり、裕介が可愛い生き物に見えてしまいました(笑)

で、まぁ接吻出来るかどうか確かめようとしてみたり、その後に事故でしちゃったらものすごく落ち込んでみたり…。
本当の意味でりつの事を好きと思うまでは、わりと時間がかかったようにも思いますが、惣介とは違う形で2人の恋愛が始まりへと進んでいったりするので、こっちはこっちで楽しめたなと思います♪

と言っても…。
惣介に負けず劣らず裕介の方も、変わった殿方ですので…(笑)
自分の気持ちを自覚するよりも前に、結構態度で示している所が多い気もしますがね。
でも何だろうな~何か、何か、りつが裕介に振り回されている感じがものすっごく強い感じはあるのですけど、その辺のすれ違いとか諸々を一つ一つ乗り越えていく中で、どんどん裕介が素敵な人に見えてきてしまう感じがしました(*´ω`)

私的には裕介とのアレコレの恋愛部分の過程よりも、2人がどうにか一緒に居ようと色々と考えたりしている所の方が印象に残ってしまっているんですけど…。
どこの√でも好き!となっても絶対にスムーズにはいかない展開になっているんですよ。
で、それはりつの家の事だったり弥島の事だったり、相手の仕事の事だったりと色々な事が重なってそうなっているんですけどね。
勿論裕介の√でもそういった障害が出てくるんですけど、最後にりつが下した決断というのが自分の幸せではなく妹の幸せを選んで…って感じなのだけど、りつの気持ちも裕介の気持ちも考えるとすごーく切ないのです‼
でも、この決断をする前までも本当に色々な事が起こっているので、余計にその分が私の中に残ってしまったのかな~と思うんですけども…。

あれだけ結婚しないと言っていた裕介が、りつと共に居るという事を前提に色々な事を考えるようになったり、その為の解決策を探したりしているのがもう最高に幸せでした(笑)
で、最後に向かえるEDがどうなるのか…って所で、完全に私はどこかで選択肢を間違えた…と思ったのだけど、ちゃんと幸せなエンディングだったので何度目か分からない安心をして終わりました(笑)

わりと弥島家の兄弟の中では行動的な人だな~と思ったんですけど、惣介と裕介はそうゆう意味でも楽しかった所が多かった気がします。
勿論すれ違ったりなかなかうまくいかない所もあるんですけど、こう…どこかでグイッと引っ張ってくれたりする部分もあったし、頼りないというか女心を分かってない!とりつが怒る所もあるけど、りつ自身が落ち着いている雰囲気もあったので、そうゆうのも含めて良かったなと思います。

ちなみに、裕介√では次郎さんが一肌も二肌も脱いでいますので、彼の行動により裕介が自分の気持ちに気付いていく…という部分もあって、その辺も面白かったかな(*´ω`)
ちょいちょい裕介を焚きつけようとしていたり、2人の為に色々と頑張っているので彼もめっちゃ良い人過ぎました(笑)
裕介との友人関係みたいな部分もちょこちょこ描かれていますしね。

裕介√では何というか風呂覗き事件?とか接吻事件とか…事件が多発して何かと愉快だったなと思いますが、周りの兄弟達も協力…ではないんですけどそうゆう感じでしてくれることもあったりするので、そういった部分も良かったな~と思いますね。
今回はきくちゃんがすっごーく頼りになった感じでしたし!

何というか、もう私の頭の中は今の所今回の感想の2人に占められているんですけど…(笑)
これから隠しキャラを攻略してこようと思います♪\( 'ω')/


ではでは、最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ




今日は動かない癖にモリモリ食べてしまった…w
明日から消費しなければΣ(T□T)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

  1. やっと自分も攻略終わったので
    感想読みにきました。
    次男、三男 良かったですね。
    次男は一番最初にくっちゃったんですけど、三男は最後に残しておきました。www

    次男はどんどん、乙女ゲーらしいイベントが勃発するのが良かったです。
    三男は、反応が全て想像を超えてくるので、会話の一つ一つも楽しかったです。w

    ( 10:24 )

  2. りな子 | -

    せーちゃん様

    せーちゃん様こんばんは!
    天涯お疲れさまでした~♪

    次男&三男面白いですよね!
    何と、次男を初回とはおいしい攻略順ですねw
    三男くんは面白い所も多かったので、最後の攻略は当たりかもしれませんね(/・ω・)/

    どちらも見た目とのギャップも凄く良かったし、恋愛展開もなかなか面白いですよね~♪
    楽しめたようでよかったです(∩´∀`)∩

    ( 18:51 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新の独り言