FC2ブログ


こんばんは!( `ー´)ノ

まずは、昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!┏○ペコ
本日も、とーっても励みとさせて頂いております♪

今日は朝から業務系の諸々で…短気になってしまいましたー\( 'ω')/
今日はというか昨日からの出来事なのですけど、こちらが発注している業者さんが何度も間違った校正で上げてくるので…。
連絡事項とか諸々細かく分かりやすく指定しているのに、それを見てないのかー‼ヽ(`Д´)ノプンプン
って感じで、会社に着いて早々キーっとなっておりました(笑)
いやぁ~仏の心って難しいですね…(*´Д`)

風邪でダウンしてから数日、怠重~は全くなくなったのですが咳に悩まされ続けているんですけども…。
ゲームの方もやっとこさ最後のゼノまで辿り着きました~‼
風邪薬を飲んでいるせいか、ゲームしようと思っても眠くなるんですよね…(;´∀`)
なのでガツガツ進める事が出来ていないんですが、3日程かけてやっとディアゴが終わりました。

今月の末に天涯が来る以外は何もないので、ゆっくりで良いのだけれども(笑)

という事で、今日はGALTIAディアゴの感想を喋ろうと思います!


◇ディアゴ/間宮康弘
down_img_s5.jpg 

ディアゴまで来ると、シンの事や王という存在についてが結構な濃さで描かれているので、だいぶ核心に近づいてきている内容となっていました!
肝心な所は伏せられたまま…にはなるんですけど、ここまでに気になっていた部分に触れ始めていますし、ここで明かされる部分というのも多いかなと思います。

ちなみに、ゼノ√はディアゴのハピエン→BAD枠EDを取ったら解放されました。
最後にノーマルみたいなやつを取ったんですけど、解放条件は恐らくそのBAD枠のEDを取るとトロフィーで「真実の道へ」って出てくるんですが、解放されるとそのトロフィーが出てくるんだと思います。

ディアゴはシンとセンリにとって兄の様な?保護者の様な…そんな存在なんですけど、本人も見た目や普段の感じからは想像しにくいが、結構名の知れたギルドマスターなのですよ。
なので、いつも何かと忙しそうなのですけど、シンの事を可愛がってくれていたり、センリと張り合っている所があったりとお茶目で大らかで、いつも優しく見守ってくれている存在という印象が強い人ですね。

他√でもディアゴはシンの事をすごーく可愛がっている感じではあるものの、恋愛的な意味で好きというのには結び付きやすそうでそうでもない…って印象だったんですよ。
ここの√に来ると好きな事がすごーく自然な事にも思えるけど、それも違う…訳じゃないけど…みたいな微妙な気持ちがあったんですね。
親心みたいな所から恋愛に発展か?と思ったりしたんだけど、それとも違うし…。
で、実際普通に物語が進んでいくと、別に違和感はないんですよ。ないんだけど、このモヤモヤの正体はちゃんとディアゴ√の中盤以降で提示され、解決していきました!

あまり深い事を言ってしまうとネタバレになりかねないので言いませんが、ここの√でのモヤモヤする部分はシンについての事が分かってくると、解消されると思います。
ディアゴに対してはシンが急速に惹かれている感が強いので、すっごく可愛い所が多いしシンの可愛さにニヤニヤしてしまう事が多いんですが…。
今まで近い所にいたのに、何故今いきなり…?と思わなくもないんですよね。
共に過ごす時間が増えたからと言えばそれもそうなんですけど、でもどこかでそれだけでは納得できない所があると言いますか…。

展開的には凄く自然な発展の仕方だったと思うんですけど、心のどこかに「何で」と思う気持ちがあったという感じです。
最終的には そうゆう事も関係しているのか! とスッキリ出来ましたが、そうゆうちょっとした部分も含めて面白い内容になっているかと思います。
とにかくシンが可愛いので…(n*´ω`*n)

物語的にもゼノの登場がだいぶ多くなってきますし、王という存在がどうやって、何故生み出されるのか…という所が描かれているので、個人的にはセンリ・ラウルス・ジークハルトを終えた後にやって正解だったなと思いました。
ディアゴに来るまでに親友や王たちを攻略する事で、全体の相関図みたいなものやシンの境遇みたいなものなどが頭に入り、ディアゴでそれら全体の形を見渡しながら新たに知識を入れる…って感じの構成だったので、色々と理解しやすかったなと思います。

話しの流れ的にはセンリが一番別口な所で、ラウルスとジーク、ディアゴはどこかで繋がっている部分が大きいのですよ。
と言っても、センリの方も全く別の次元の話しでは無く、同じ軸なのですけども…。
個々に考える思惑だったり、各国が先々どうしようとしているのかとか、そうゆう部分もディアゴ側から見ると、また違う視点だったりするので同じ時の出来事を別の国側から見るってだけで、かなり新鮮さがありましたね。
だからこそ周回するのも毎回違った感じなのですけど、ディアゴの方はこれまでとはまたガラッと変わったなと思いました。

ディアゴ自身、肝心な事を言わずにうまいことかわしていく人なので、シン自身が答えを見つけていくのを見ていく…って形になるんです。
様々な出来事に巻き込まれていく中で、シンが疑問に思う事が増えていってその答えを導き出していく…って感じですね。

センリの√で起こったセンリがクロイツという国に行く事も、ここでちゃんと起こるんですけど、ここで一緒に行かないと決めるのもシン(私w)だったりするので、ある意味どこの√でもそうだったけどディアゴ√は特にシンの成長や変化というものを感じるシナリオだったなと思います。

自分の真実という部分と、ディアゴの真実という部分を追及していくと、本当に知りたいのかどうなのか試される場面が多いので、最後に辿り着くまでが長く感じました!
ボリューム的にもそんなに変わらないはずなんですけど、内容が凝縮されているせいか何なのか…長く感じましたね。

ラウルスやジークとは違うのは、相手がシンを欲するあまりに手籠めにするとかそうゆうのがないので…(笑)
わりと健全な展開だったし、順序立てて事が進んでいくので大きな起伏は無いけれども、ジワジワと真実に近づいていく…って感じだったかな。

物語の詳しい部分だったりにはあまり触れられないので、ふわふわした感じになってしまうんですけど…(;´∀`)

今まで以上に突っ込んだ内容になっていくし、シリアスな場面もちょこちょこあったんだけど、ディアゴのキャラ的なものもあり、ちょっとコミカルなというか楽しい雰囲気の事の方が多かった!
ダメな大人っぷりが発揮されている人なので、余計にそうだったのかもしれませんが(笑)

そんな感じでやり取りをしていたと思うと、ディアゴの過去に触れてみたりディアマンテ(シンの住んでいた国)が危機に陥ったりと、後半に行けば行くほどハラハラする出来事が目白押しって感じになっています。
1つの事柄だけでなく、色々な部分においての核心に近づき、とある事件に巻き込まれ…シンとディアゴが翻弄されているので、最後まで楽しめたなと思いますね\( 'ω')/

ここでもサブキャラ達が色々と活躍しているので、周りの人達との絆というかそうゆう部分も楽しめたポイントだと思います。

とりあえずディアゴという悪い大人に翻弄されるシンがクソカワだったので、それだけでも満足なんですけども…\(^o^)/

EDについてなんですけど、ハピエンはまぁ…何というか…。
ここのシンとディアゴだけの事を思うならば、これで良かったんだろうと思いますし無事に…って思える終わり方でした!
ただ、この後にやるゼノの事を思うと何とも言えない気持ちになりそうな(笑)
凄い曖昧な言い方なんですけど、多分言っている意味が分かってもらえる気がします…。
これも一つのエンディング…って感じでしょうか。

ゼノ√が解放されたEDは、やっぱりBAD枠だろうなって思える終わり方なので、ちょっと切ない感じになっていますね。
どれもそうなんですけど、ただ殺されたから終わりとか、囚われたから終わり…ではなくて、その囚われた後どうなっているのかとかもあるので、最後まで楽しいんですよね。

ここでの3つ目に回収したEDなんかも、「この人、やっと出て来た(笑)」と思う人物が関係してくるんですけど、何とも悲壮感にまみれたEDだったなと…(笑)
こういった作品のお得意の…って感じではあるんですけど、このEDを取ることでより面白いと思ってしまう感じ(*_*)
面白かったです。

さて、遂に最後の攻略キャラゼノに行ってこようと思います!
果たして今までに明かされていない何が描かれているのか、ドキドキワクワク……。
最後まで楽しんで来ようと思います♪

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ



アッポリ発売に向けて
色々と情報が出てくるとウハウハしてしまう…‼
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(*´ω`)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新の独り言