こんばんは(≧▽≦)ノシ

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうでしたー‼┏○ペコ
毎日とっても励みとさせて頂いておりますです\( 'ω')/

昨日はちょこっと用事を済ませた後、友人と飲みに行ってきたんですけどね…。
秋葉原で待ち合わせしたのですけど、駅の周りにすんごい人が多くて何かあるの?何でこんなに混んでいるの…と思ってたら、皆さんスマホ片手に一か所に集中しているんです。
で、友人が「アレだよ…!ポケモン‼」というので、納得しました‼
皆ポケモンを捕まえにあそこに集まっていたみたいんですよ~。
とにかくワンサカ人がいたので、何かの集まりかと思ったんですけど全然違かったみたいです(笑)

今日は夜からズンチャカイベントなので、あらかじめブログを書いているんですけども、何とか百物語終わりました~(*´ω`)♪
これで心置きなくダンデビをスタートする事が出来る!
帰って来て疲れ果ててなかったら早速始めようと思いますが、本格的には明日から始める形になるかなと思います。
今週末は今の所予定入れていないので、引き籠ってゲームをする予定ですし(ΦωΦ)

という事で、今日は百物語のまとめ感想と残りのキャラの感想を喋りたいと思います~♪

◇百物語-怪談ロマンス-まとめ感想

各キャラの√によって恋人で始まるか√中に恋人になるかは異なるんですけど、それぞれスッキリする形で終わっているなと思いました。
本編の方では憂の事に関して、解決しているような…でもちゃんとした意味で解決していない所もあったので、今回相手のキャラとずっと一緒に居る為にはどうするのか…という部分まで描かれているので、そうゆう部分も含めて面白かったなと思います。

相手によって恋人スタートかそうでないかというの部分以外にも、それぞれのキャラによって今回メインとなる出来事が異なるのと、解決している部分というか解決の仕方というか…。
そうゆう所もそれぞれ違うので、どの√も最後まで楽しむ事が出来ました!

ボリューム的にはほぼ個別という感じになっていますし、少なくはないかなと思いますがダラダラと長かったわけでもないので丁度良い感じですかね。
もともと本編を経ての百物語なので、恋人になっていなくても距離が近い所からのスタートだから展開的にはスムーズだったかなと思いますしね。

後はメイン攻略の他にも、前回はサブ的立ち位置だった飛浦と兵太、おまけ的なかんじだけど多恵ちゃんの攻略もあったので、人数的には結構多いかもしれません…。
メイン攻略と兵太・飛浦はEDが3つあるんですけど、多恵は1つだけという感じになっています。

BAD枠だと思うんですけど、終わり方がそれぞれ違うので悲恋っぽかったりちょっと仄暗い感じだったりと結構面白いEDもあったので、そこも楽しめた部分かなと思います。
個人的には今回の百物語の方が何だか楽しかったな~と思います!
と言っても、前回の本編である百鬼夜行をやっていないと、意味が分からない所とか繋がらない部分が殆どなので、こっちだけ勧める事は出来ないんですけどね…(-_-;)

各キャラの感想でもお話ししたんですけど、基本は攻略相手とのアレコレがメインなんですけど、その中に主人公 憂と慎二の関係性だったり、攻略キャラ以外の周りの人達の事だったりというのが所々で描かれているので、ちょっと切なめな感じがするのもまた面白かったですね!
ただかわいそうになってしまったりする部分もあるんだけど(笑)
それでもそこが描かれている事で面白さが増したというのはあると思います。

ちょっとサクッとしたまとめになってしまいましたが、以下より残りキャラの感想を喋りたいと思います\( 'ω')/


◇飛浦若葉/前野智昭

百鬼夜行では飛浦EDって感じで登場していたんですけど、今回はガッツリ攻略出来ました‼
もともと彼は逢魔時に出てきている飛浦と親戚の天狗さんなんですけど、あの時の飛浦とは違い優しそうな感じの人なんです。

が、やはり飛浦の血はしっかり入っているんだな‼というのが、改めて分かったかなと思います(笑)

飛浦は憂に優しい良い人と思われているのが嫌だというのが、百鬼夜行の時にもちょこちょこと出ていたんですけど、今回その殻を破りに来たって感じです!
憂に意識して貰う為に、ちょっと嫌な奴風になってみたりしているんですけど、これこそ多分彼の本当の姿なのでもあるのかな~と思いますね。

何というか、飛浦と関わっていく事でお互いの飾らない素の部分というのを見ていくんですけど、わりと飛浦の印象ガラッと変わりますた!。(良い意味で)
優しいは優しいんですけど、やっぱり飛浦という苗字の人は何かこう…一筋縄ではいかない人が多いのかしら?と思わされる感じがしたんですけど、それもまた良かったです\( 'ω')/

ここでは基本的には憂と飛浦が付き合うまでと、付き合ってからの恋愛部分がメインとなるので、憂の家の事がどうとかそうゆうのはあまり描かれていませんでした。
なので、殆どが2人に関しての事という感じですね。
昇格キャラの中でも兵太はもともと近しい友人だったというのもあり、わりと序盤に相手への気持ちに気付いたりするんですけど、飛浦の場合はここでグッと距離を縮めていくので恋をしていく過程というのが強かったかな~と思います。

最初は飛浦の事を恋愛として見ている感じでは無いんですが、飛浦は憂の事が好きだったのでどうにかこうにか振り向かせようとしている感じがなかなか良かったです(*´ω`)
と言っても、何というか淡い恋心的なやり方ではないので、そこもまた飛浦らしい感じですかね。
そんなこんなしながらも恋人になってからは、甘々な感じになるんですけども…。
どうでもいぃけどまえぬの「あんた」呼びが結構好きでした(笑)

基本丁寧な喋り方なんですけど、所々男らしい?と言えば良いのかな…。そうゆう喋り方をするので、ちょいちょいニヤっとしちゃいました(笑)
すげーマイナーな部分だなぁと自分でも思うんですけど、ふとした所で言葉遣いが変わるのとかって何か良いな~と思っちゃいました(〃´∪`〃)ゞ

EDはBAD枠にあたるやつ以外は満足の終わり方です(*´ω`)
幸せな終わり方でほんわか終われるんですけど、最後にとったのがちょっとしんみりと寂しくなってしまうやつだったので…。
最初に取ればよかった…とさえ思ってしまった(笑)
何か大きな事が起こる訳では無いんですけど、何か大人しく寂しくなる終わり方だった…。

ハッピーエンド的な2つを先に取ってしまっていたので、終わった時にどっちか最後にとっておけばよかったなぁと思ってしまいました(笑)


◇姥爪多恵/松来未祐

多恵ちゃんEDは完全におまけって感じですね!
飛浦からの分岐でプレイしたんですけど、合間合間に多恵のシナリオが2話程入っている感じでした。

多恵ちゃんは猫又の妖怪なんですけど、ネズミと魚が好物なんですよ…。
なので…椿の手下?のようなネズミさんを捕まえて棒に縛り付けて丸焼きにしようとしているシーンとかあるんですけどね(笑)
棒に縛られた状態で泣いているネズミさんが、凄く可哀想だけど可愛かった…。

さすが猫だ…と思える所も結構多くて、憂の周りは凄く賑やかだな~…と感じられる部分でしたね。

憂が唯一慎二意外に自分をさらけ出せるのが、兵太と多恵ちゃんなので彼女との友情を感じられる√って感じですかね。
基本多恵ちゃんの猫らしさを感じる√って感じがしますけど…(笑)


あ、凄い短くなっちゃいました(;゚Д゚)ハハハ…
ザックリとした感想となってしまいましたが、百物語の感想はこれまでとなります!
繋ぎで崩そうと思い始めたんですけど、結局最後まで存分に楽しむ事が出来ました(´ω`)♪

次からはダンデビの感想を喋れると良いな~と思います‼
ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ





昨日そんなに飲んだ気持ちは無かったんですが
友人がまさしく千鳥足になっていて、爆笑しながら帰りました(笑)
リュック背負おうとして逆の紐に腕を通そうとしていたりと
かなり楽しい帰り道に…( 一一)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

  1. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 09:31 )

  2. りな子 | -

    まりも様

    まりも様こんにちは(*´ω`)ノシ
    昨日は一滴も飲まずに遊んできましたー!(笑)

    今回の飛浦くんはまえぬで、逢魔時の飛浦くんは吉野さんなんですよ~!
    親戚関係らしいんですけど、そういった繋がりも結構面白いなと思いましたw
    最初は似てないと思ってたんですけど、やはり同じ種族なので似ている部分があるというのが…。

    ダンデビは昨日から始めております!
    今日も引き続きプレイしたいと思います~♪

    天気も良いですしお散歩良いですね~♪
    ゆっくり過ごしてください(*´ω`)

    ( 13:47 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新の独り言