FC2ブログ


こんばんはです~(*´ω`)ノシ

まずは、昨日のビズログの感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!
本日も、とっても励みとさせて頂いております(/・ω・)/

今日はちょっこす出掛ける予定だったのですけど、天候も悪いしという事で中止に…。
なので一日中家に引きこもってゲームを進めていました~。
読んでいない買いだめしている漫画も読まないとなぁ…と思ったんですけど、とりあえず今プレイ中の百物語を進めないと、本当にダンデビ届いちゃって中断する事になってしまうのでね…(;´Д`)

しかも何だか昨日から急激に寒くなった感じで、暖房かけてブランケットに包まってゲームしておりました!
でも、また明日になると気温上がるんですよね?なかなか落ち着かない天候ですねぇ_( _´ω`)_ペショ
そろそろ桜が~とか言っているので、咲いてしまえばぐんぐん暖かくなっていくのだろうか。
流石に冬のアウターをもう着なくても良いようなくらいになって欲しいですね。

さて、今日の本題は引き続き百物語 怪談ロマンスの感想でございます\( 'ω')/
今日頑張りの成果がでまして、残り4人となりましたー‼
しかも椿だけを残してメイン攻略はほぼ終わりです。今回より攻略に昇格している3人+椿をやれば百物語が終わるどー‼(笑)

終わらないかも知れないと思っていたけど、案外終わるかもしれない…。
これで心置きなくダンデビ届いたらプレイ出来そうです(*´ω`)
では、今日は3人分どどーんと感想いこうとおもいます!

◇宮前慎二/三木眞一郎

慎二√では前回の恭介とは異なり、恋人としてお付き合いしている所からのスタートです!
慎二は死人なのですが、主人公憂の付き人&恋人という関係です。
付き人といっても憂と慎二が勝手にやっている事で、憂の家直属の…とかそうゆうのではないのです。

なので、今回はその辺にスポットを当てている感じですね!
死人って妖の世の中でも稀な存在で、イメージ的には良い物ではないんですよ。
これは本編の方でも描かれているんですけど、そんな存在である慎二と竜神の姫である憂が恋をし恋人となっているので、形だけでなく本当の憂の世話が出来る立場になれるかもしれない…という所がシナリオのメインになっていました。

そういえば…憂の父ちゃんも何気に色々とある人だったんだよな…と思いだしたんですけど、その辺は今回は出てきてないけど、慎二をこのタイミングでやってしまったのは早まったかもと思いました(笑)
百鬼夜行の時は最後にしたんだけど、何故か前半に手を付けてしまった…?
特に「絶対最後にやらないとダメなやつ」って感じでもないんですけど、最後の方が綺麗に纏まったかもしれない…気持ち的に…と思いました(''ω'')ノウフフフ…

憂が慎二に抱いている感情というか、この辺はネタバレになるので詳しくは言えないんですけど、慎二が死人になった部分と憂のある感情の部分にちょっと…色々とありましてですね。
そこの部分に関しても描かれているので、ちょびーっとだけ切なさもありつつの慎二の事を大切に思っている事を改めて感じられるという内容になっているので、結構面白かったなと思います。
だから…何故二番目にやってしまったのかな~?と、ふと思ってしまったのです(笑)

今回は既に恋人同士なので、当て馬とかそうゆうのはいないんですけど、慎二は憂に世話を焼くのが生き甲斐というか…自分の存在意義を感じているので、憂に対しての愛情も他のキャラ達とは違った意味で深く強いものだと思うんですよね。
いつも毒舌な慎二がたま~に褒めたり、嫉妬している風な(可愛さは無いけど)部分はなかなか新鮮で楽しかったなと!
でも、まぁ何というか凄いバカップルなんだな…という場面も多いので、兵太がその餌食になっていて可哀想でした(笑)

シーン中にも2人の会話のやり取りを聞きつつ、「あれ、さっきまで兵太いたよね…?凄いバカップル会話してるけど、兵太帰ったんだっけ…?まだるのかな…。」と、どうでもいぃ事が気になってしましました(-_-;)
ちなみに、散々会話をした後に兵太が出てきて、「やっぱりいたんだー?黙って聞いてたんだー?」と思わず突っ込んでしまいましたよ(笑)

EDは前回の√と同じく3つありましたが、2つに関してはハピエンやノーマルと言った感じですかね。
一番スッキリ終わって、2人の未来が感じられるのがBESTって形で、もう一つの方は変わらない時が流れているノーマル。
残りの1つはある意味BAD枠…なのかな…。
憂が 本当にこの道を選んで良かったのか? と思いながら終結するので、後悔のような気持ちが主人公に残るEDでした~。

でもシナリオの展開的にどれもあり得そうな流れなので、BAD枠に関してはモヤモヤした気持ちが残りつつも、こうゆう未来も大いにあり得るな…と納得してしまう終わり方だった…。

私、三木さんの演じているキャラの中でも慎二って結構好きなんですけど、凄い静かぁ~に喋るんですよ。
若干音量下げていると聞こえないほどに(笑)
でも、その喋り方と慎二のキャラがマッチしていて結構好きです( *´艸`)


◇寒澤流/岸尾だいすけ

寒澤先生との√では、既にお付き合いをしている状況!
なのですけど、割とどのキャラよりも家的には認められやすい立場の人なので、慎二の時に比べると安心感があった√でした。

と言っても、寒澤先生自身が氷女の家系なのに唯一の男性という立場で、主人公同様に家の事でちょっと色々とある人なので、認めてもらうまでに色々と出来事が起こる…という感じですかね。
ただ、主人公側の母は寒澤先生推しだと思うので(笑)結構スムーズだった方じゃないかな~と思います。

基本的には先生×生徒の恋愛なので、コソコソしつつもあま~い感じになるんですけど、割と寒澤先生が妖らしいと言いますか…。
嫉妬という感情によってちょっと暴走する気があるので、大人しそうにみえて結構危ない人なんではないかと、改めて思わされました(笑)

それと、寒澤先生と次に感想を書こうとしている響乃の所で出てくるのが、慎二と憂にある特別な絆の部分ですね。
これらを恋人である寒澤先生達が目の当たりにする所が、何とも言えない部分だったかなと思います。
憂と慎二は慎二以外の√ではただの主従関係に当たるんだけど、その関係性になった経緯に、それだけじゃない何かがあるんですよ。
それが、慎二の命と憂の命を繋ぐものというか何というか…、特別な絆みたいなものがあるので、そこには入り込めない…って感じで思ってしまうんですよね。

そんでもって、慎二は慎二で多分憂の事が好きなんだろうなぁ~…。
恋人と一緒に居て幸せになって欲しいと思う反面、その相手が自分じゃないので複雑に感じてる描写が、何だか少し切ない気持ちになってしまいました(´・ω・`)

寒澤先生とのEDでは、BADに当たる部分がちょっと特殊な感じですかね。
ここでは寒澤先生の姉が関わってくるんですけど、あの姉は憂の事をそうゆう目で見ているんだと思います(笑)
ちょいちょい憂にちょっかいかけてくると言いますか、寒澤先生と取り合いみたいな部分が出てくるんですけども…。
そんな彼女の関わってくるEDとなっているので、あの後寒澤先生はどうなったのか凄く気になった…。

ハピエン枠に当たる2つのEDについては、どちらも幸せな結末って感じですね。
家柄的なつり合いとかもあって、行くとこまで行くEDって感じですし一番普通に幸せを掴んだEDじゃないかなと思います。


◇響乃武蔵/森川智之

響乃の場合はこの√中にお付き合いするという流れの方だったんですけど、ヤバさは変わっていませんでした(/・ω・)/
というか、付き合ってほしいと告白した時に断られそうになったら、押し倒して鎌を首に当ててきて『じゃぁ殺すしかないですね<ショボーン』みたいな事を言ってました(笑)

本編を経て距離が縮まり、憂も響乃の事を意識しているって所からになっているんですけど、憂は龍神の姫で響乃は死神なので…。
付き合う訳にはいかない…と言って断るんですが、そんなので諦める男ではないので(笑)
鎌で脅し、それでもダメだったらまた告白に挑戦するやつです!笑

割とドタバタしていた展開で面白かったなと思うんですけど、中盤くらいでお付き合いする事になるんですが…。
何か知らないけど椿が結構邪魔してきたり、寒澤先生の時にも言った慎二と憂の事で様子がおかしくなったりと、響乃が憂と付き合う事で変化していくという部分が目立っていた気がします。
今までだったらこうしていたのに、憂と付き合うようになってから考え方が変わってしまった…とか、どうして今までみたいにしようと思わないのか分からない…とか。
本編の時とはちょっとだけ違う感じの響乃が、若干可愛く見えた気がします(´ω`)

でも、やっぱり慎二が何か可哀想だったー( ;∀;)
響乃は死神なので好きな人の命を終わらせるなんて、最高じゃないですか\( 'ω')/とか言う人なんですよ。
なので、憂の事が好きだから殺したいと思う…という椿と同じ思考を持っている人なんですよね。
でも…、色々な諸事情により憂を殺すのは慎二じゃないとダメなんです。ここにはちゃんと意味があるんですけど今は言えませんが、そこの2人にある特別な絆みたいなものに皆は嫉妬するんですけども!
慎二も慎二で憂に対して「一生貴方の付き人です」とか言っているのを見ると、慎二ぃぃぃ~( ;∀;)と思ってしまう自分がいました(笑)
一生付き人でもいぃから憂の傍にいたいのかなぁ…とか色々思うと、何か勝手に切なくなってしまったんですよね(-_-;)

響乃との恋愛部分に関しては、響乃の鎌脅しからその後も色々と出てくるので、基本的には響乃に振り回される恋愛なので面白かったです!
とにかく憂への好き好きアピールが凄いので、頭を使わずに糖分補給出来る感じですかね(笑)

EDに関してはBAD枠っぽいやつは、完全に響乃が病んだ感じというか…。まぁそんな雰囲気の感じられるやつで結構面白かったです(ΦωΦ)
やっぱ死神怖いわ…!と思う反面、憂への執着が凄い感じですね。

ハピエン枠の2つに関してはどちらも幸せな終わりではなったけど、何かやっぱり慎二の事があるので勝手に切なさを含む終わり方に感じてしまった部分がありますね(笑)

他キャラでもこうなのかな~?とちょっとドキドキなんですけど、お次は椿を取ってあるので楽しんで来ようと思います\( 'ω')/
という事で、何とか頑張ればダンデビ前に終えられそうかな…?と思いますので、これよりまたプレイしてこようと思います♪

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ





密林さんからダンデビ配送したメールが
来ましたので、今日はシキです\( 'ω')/
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新の独り言