こんばんは(''ω'')ノ
今日はゆっくり出勤だったのですけど、雨は夜から…って思っていたのに電車降りる時にはめちゃめちゃ降ってるし風凄いしで足元ビチャッて感じに…Σ(T□T)
出勤早々散々な様子になってしまいました(笑)

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございましたヾ(*´∀`*)ノ
本日も、とっても励みとさせて頂いております!┏○ペコ

昨日は午後ずーっと片付けとかをしていたせいか、疲れて早めに寝てしまいますた~。
そして今日起きるギリギリまで寝るという…(笑)
なので今日までに予定では華アワセ、結構な人数終わっているはずだったんですけど唐紅EDとノーマルEDしか取っていないという事態にヽ(^o^)丿

しかも、雨も止んでいるし今のうちに帰ろう!と早めに帰宅したのですが、何故か帰って来てから忙しくて…記事をアップするのがこんなに遅くなってしまいました~( ;∀;)

今ちょうど蛟√の始まり辺りをプレイしているんですけど、今回は一周回りきると引き継いでプレイを選択した後○○の分岐からという感じで、各キャラ選べるシステムになってましたヾ(*´∀`*)ノ
何とお優しいシステム……。

初回はランキングを60位まででED迎えられたので、次でもっと上げないといかんのですが…、それでも分岐からスタートできるのはカナリ助かるシステムです\( 'ω')/
という事で、今日は唐紅とノーマルEDの感想を先に喋っちゃおうと思います。

◇唐紅/日野聡
wp_l03_qrenai.png

ここにきて、やっと…‼
今までの蛟編や姫空木編などで謎だった部分が見えてきたー!って感じがして、今までモヤモヤとして輪郭も分からなかったものが、やっと色々と形が見えてきたという感じになっていました。

唐紅√では主に彼についてが描かれてるのですけど、何か見た目と普段の態度からは想像出来ないような、ちょっと悲しい運命というか…何というか…。
展開も今まで以上にドラマティックな展開というか(笑)ED迎えるまでに本当山あり谷ありって感じでしたし、色々な事が凝縮されている流れだったなぁと思います。

そこにみことの事…と言えばよいのかなぁ。
今までの○編となっていた意味だったり、サブの立場として登場しているけどみことをいつも見守っている立場の人達が、どんな人なのかとかとかとか…(笑)
あんまり言うとバレそうなので口を噤まないと…なのですけど、ここでのホニャホニャは初めての形で出てくるので、今までとは異なる形になった事で新たに見えてくる物があると思います。

それと、いつもはランキング上げの方が長い時間やってた気がしたんですけど、唐紅編は物語の方がボリューミーだったような気がしました。
ほぼ一日でやったからそう思ったのかもしれませんが、それでもギュッと詰まった√だったな。

始まりからして、蛟編→姫空木編とやっていると、何となく“こうゆう事なんじゃないか”というのを思いながら始める形となるんですけど、序盤にも言ったのですが他とは違っているのでそこからして、ある意味1つの真相が見える気がします。
そして気になっている所が少しずつ少しずつ明かされながら進んでいく…って感じですね。
そこに唐紅の事と、みことが誰を愛するか…という部分が関係してくるんですが……。

私華アワセをプレイしていて、初めて幸せだけど何だか悲しいというか辛いという感情を強く抱きました(笑)
唐紅の事すっごく好きだし、何ならキャラの中で一番好きなんですけど…。
この作品で言う所のツキに見放されている(表現が合っているか分かりませんが)人物がいるわけですよ、2人程。
その人達のうちの一人はいつもみことの事を想っているのですが、もう何かすごーく苦しくなってきてしまうんですよね…。
この人は、幸せにはなれないのかと思ってしまう( ;∀;)

唐紅の事を選ぶというのも、今まで以上に凄く大変な事だった気がするんですけど、それと共に失うものも大きかった気がするので、ちょっと切なさのある終わり方でもあった気がします。
とにかく恋愛面でのアレコレが一歩進んで二歩下がる…が2、3回起きるので、どうしたらみことは幸せになれるんですかーーーー‼と叫びたくなりました(笑)

恋愛とは無縁だった事で、心が綺麗すぎるみことが少しずつ変化していくというのはいつも通りなんですけど、相手が唐紅だからなのかどこのみこととも違う強いみことになっていったなと思います。

それと、ここでの色々な出来事に関係してきている言い伝え的な話しなんかが出てくるんですけど、もう一歩突っ込んだところに行ってほしい!と思うと、うまい事濁されたりしてめっちゃ気になった(笑)
こう…確実にな言葉として提示してくるという部分が少なかったりするので、こうかな?あぁかな?とか気になりながら進めていると、『そこの部分、どうなのー‼』と思ったりするじゃないですか。
その思っていた所がちゃんとした形として見えていないので、余計に気になって考えちゃうんですよね~。

本当はもっと色々と喋りたいんですけど、何しろ、今までとは違うの!
でも、何が違うのかというのが言えないから、うまく伝えられる自信が無いです(笑)
私はその、今までと違うのに同じになるという所が、すっごーく良かったなと思います。
例えば蛟はやっぱり姫と親友なんだな…とか。他にも色々とあったのだけれども、シリーズの中で一番盛り上がりのあった作品なんじゃないかと思います。

恋愛面の方は何度も言いますが、全然、全くスムーズにいきません(笑)
マジで山あり谷ありって感じですし、何度もみことの気持ちが試されているって感じの作りになっています。
それを経て、唐紅との想いがどれほどのものか見定められているって感じました。

何度も壁にぶつかりながらもやっと迎えたEDでは、あぁぁぁぁぁぁ良かったぁぁぁぁぁ~と心の底から思いましたしね(笑)
まぁ、そう思うと山あり谷ありだったからこその気持ちなのかなぁとも思うんですけど、それでもやっぱりちょっと色々起こりすぎて良い意味で疲れました(笑)

この流れでノーマルEDの事もお話しさせて貰います。

こっちはみことが唐紅の事を想い…迎えたEDとなるんですけれども…、うまいことこっちの道に誘導された感満載な気がしました。
というか、私はこのEDの相手となった奴への謎が深まりました。
この人何なんだろう…??
私にはよく分からなくなってしまった(笑)

言ってしまえば悲恋という括りになると思うんですけど、何が面白いって華アワセって“切ない”とか“悲しい”とかのシンプルな終わり方じゃないんですよね。
うまく伝えられなくてすみません…と思うんですけど、その中にちょっと謎を残したりとかシナリオ内でもそうなのですけど、こちらの想像力を刺激するというかですね。
そうゆうものを混ぜてくるので、終わった後にしばし考えてしまいました。

アイツ…めっちゃ気になる…(=_=)みたいな感じで(笑)

それぞれの各キャラのタイトル全てに彼らの家の問題が付きまとってくるんですけど、それぞれが家に縛られている部分がある…という感じなのですよ。
唐紅の場合も同じなのですけど、そこにちょっと悲しいというか愛憎劇的なものが絡んでいるんですよね。
それに加えて家の事も一緒に…という形になっていたので、余計に恋愛の方面もうまくいかないしノーマルの方ではややこしい感じになっていくし…(笑)
でも、この展開こそが面白いと思わせる部分なのかなと思います。

唐紅EDもノーマルEDもなかなかうまくいかないんだけど、そのうまくいかない出来事が興味をそそる展開なのですよー!
で、みことが何を選択するかで終わり方が変わる…って感じだと思うんですけど、ノーマルはノーマルでみことの心がちょこっと闇に巣食われているいる感じと言いますか、唐紅を強く想うからこその…って感じなのが、なかなか楽しかったなと思います。

上手にまとめられていないんですけど、みことと唐紅だけじゃなく、ここに出てくるキャラ達の心情みたいなものも感じられて面白い展開となっていました。
あの人やあの人を思うととても悲しい気持ちにもなりますが、何か…何かなぁ~‼(笑)

これ以上お喋りしても纏まらない気しかしないので、この辺でやめておきますが、これから蛟の続きをプレイしてこようと思います。
面白かったけどちょっと寂しくなる気持ちも残すお話しでした。

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪┏○ペコ




今日はせっかく早く切が得てきたのに
帰って来てからアレコレと頼まれて
結局これを書き上げるのが遅くなりました( ;∀;)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新の独り言