FC2ブログ


こんばんは~(*´ω`)ノ
昨日はシャレマニを進めたいがために、ブログをおさぼりしてしまったりな子です~ウフフ。

まずは、前回の記事に遊びに来て頂きまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~!
毎日、とっても励みとさせて頂いておりますです\( 'ω')/

皆の者~!知っていると思いますが、ピオフィオーレの人気投票の結果が出てましたぞよ~(笑)
私はぶれずに楊一択で投票してきましたが、彼の台詞が笑えましたw
私の拠点はヴェレーノ所属は老鼠だけど…(笑)←中二
頭のオカシな女は乙女界には沢山いるって事ですよね~(^o^)オホホホホ

さてさて、週末に整理したゲーム達、それらを全部入れられる段ボールを貰ってきてもらい、昨日詰め込んだのだけどすんごい量になってしまったのです(笑)
結構大きい奴にギュって…入りました…(*_*)
多分値段がつかないものもあると思うんですけど、これはまとめて引き取って貰おうと思います。
重すぎて持って行けないのでまだ持って行ってないんですけど、どうやって持って行こうかと考え中です…。
いや、集荷に来て貰った方が良さそうだな(;'∀')
VitaもPCゲーも結構手放そうとしているんですけど、どれ程になるのか……。

手に取って悩んでしまう奴は一応取ってあるので、大事に保管しておこうと思います~(*´ω`)

では、今日はシャレマニの初回感想を喋ろうと思うんですけど、これは感想書くの難しそうな感じなんですよね~。
いや、いつも難しいんですけどね!( ̄∇ ̄;)ハハハ
ではでは、今日は全体の初回感想を喋ろうと思います~♪

◇初回感想
vljm38103_banner.png

えーっと、攻略対象が今回は9人もおりますので、最初は誰が誰だか…全然分からなかった(笑)
今はさすがに4周目?5周目?とかなので、分かるようになりましたけども(;'∀')
まずはサクッとストーリーからいきますね~。

主人公のヒヨリはごく普通の高校二年生です。
妹や弟がいるのでちょっとお姉さん気質な部分のある子なんですけど、基本的には癖のない子って感じの印象でした。
わりと素直な感じの子なので、ちょっとした台詞とかで何だか「可愛いな(笑)」と思ってしまう所も多い子だったかな~と思います。

そしてヒヨリ達の暮らすこの世界は近未来が舞台になっているので、まぁ~いちいちハイテクです!
ヒヨリの家では旧型だったけど犬型ロボみたいなのがいたっぽいし、情報管理局ってのがあってそこで全ての情報を管理しているという形ですし、セキュリティーも万全!みたいな感じ。
バングル1つで出欠確認とか体調管理とか、ロックかけたりとかなんでもかんでも出来るんだよー!
アッ〇ルウォッチの超絶進化版みたいな感じですかね(笑)

そして、とある日…大事な家族の一員として過ごしていた犬型ロボのキョウが、ついに動かなくなってしまうのですよ。
その事でヒヨリも含め妹や弟が悲しんでいるんですけど、でも、旧型なので直す事が出来ないのです…。

そんな出来事があったのでちょこっと引きずりつつも、幼馴染のトモセ(鈴村さん)といつもの様に登校している時に、"異世界配信"の事が話題に出ます。
《都市伝説として噂されている異世界配信に出れば、何でも願いを叶えてくれる。それに出ればキョウも直して貰えるのかな…》と。
この異世界配信というのは噂になっているだけで、見た人が実際に居たとかそんな物でもないんですけどもね。
そうゆうものがあるという事と、そこに出演すると何でも願いが叶うという噂が囁かれているんです。
その噂を学校で聞いた事のあったヒヨリは、キョウとまた過ごしたくてそんな事を考えたって感じですね。

この日もいつも通り学校で過ごし、トモセとの帰り道に…彼と話していると彼の後ろには謎の人物が!(笑)
次に目を覚ますと、見たこともない場所に9人の同じ状態の人がおります(゚д゚)
ここで謎の人物が『ようこそ異世界へ!アルカディアにいらっしゃい!』と、公式とかでも書いてある言葉を言い始めます(笑)

要するに、主人公を含む10人の人物はコイツに拉致されて、異世界に連れて来られた…って事ですね!
そんでもって、その異世界で配信している"ドラマ"を演じなければならないという感じです。
というか、そのドラマを演じれば何でも願いを叶える事が…出来る…。
今までいた世界に帰る為に、皆で協力し日ごとに配信されるドラマを演じていく事になるのですけども…。
なんと、実は………。
この9人(主人公を除いてます)の中には全員を異世界に連れてきた人物、「裏切者」が紛れ込んでいるという事実が突き付けられます。

現実世界に帰る為にドラマを演じるものの、誰を信用し誰を疑えば良いのか…。
そして裏切者は誰なのか?ドラマを演じているのは何故なのか…!?

みたいな?感じ?(笑)
結構簡潔にまとめてみたんですけど、喋り出すと色々補足したくなってしまうので、短くサラッと説明させて貰いました!
余計な事も言っちゃいそうなので、細心の注意を払った…(;´∀`)
とりあえず、これだけ人がいるので色々気になると思うんですけど、プレイする前はあんまり知らない方が疑心暗鬼になれて面白さが増すのではないかなと思います。

私はキョウヤからプレイし始めて、今の所はキョウヤ→トモセ→ミズキ→ケイトって感じで進んできています。
ネタバレしない方が絶対に良い!って事なのと、攻略順がネタバレに繋がるから…と貸してくれたお友達が言っていたので、一応白字にしました。
で、これも話題になるらしいので一応言っておくと、今の所個人的に気になっているのは太宰・双巳・凝部ですかね。
あと色んな意味で廃寺タクミ…(笑)
これは…、『えっ⁉おまっ!』ってなったのでその辺りの意味で凄く気になります。
アバウトにしか言えないけど未プレイの人も居ると思うので、こんな感じで勘弁してください(笑)

プレイ時間なんですけど、初回は7時間くらいとかかな~?
そこまでボリュームが凄い!って程でもないんですけど、程よい感じかな。
2周目以降は共通部分で飛ばせる所も出てくるんだけど、5章か6章くらいにくると3つのグループによって…って感じなので、例えばA・B・Cってあったら、トモセでAを通ったけど次の人がBだったらスキップは出来ない…ってな感じの雰囲気です。
同じグループ内同士だと早送りの所も出てくるけど、別の所に初めて通ると未読なので飛ばせず進める形みたいな。

で、ほぼ7章目が個別でその後にEDという流れになっているんですけど、制限のあるキャラは8章まであるらしいです。
これを目安に制限付きかそうじゃないかを見極めると良いらしいとアドバイスを貰い進めています。
とりあえず凄いドキドキする(笑)
だって8章があるの!?ないの!?ってだけでめっちゃドキドキしませんか?笑
私今回はぶっつけ本番的な感じで、攻略順とか貸してくれた方のアドバイス以外目にしてないし、やりながら『つ…ついに7章だ…ドキドキ』みたいな感じなんですよ。

2周目までは候補のキャラを教えて貰ってたので、初回始めてみてどっちを先にするか決めて、その後は思うままにやってみよう!と思ったわけです。
で、進めつつ気になるキャラというのが出てくるので、コイツとコイツと…とかやりながら、それらを残して進めてみております(笑)
今の所いつぞやのまほごしゅみたいに、制限付きに当たって爆死はしてませぬ\(^o^)/

基本は皆と打ち解ける所から、ドラマを演じていく過程での人間関係という所が大部分な感じがします。
だって、誰が裏切者か分からない仕様になっているんだもの!
それぞれ良い感じに怪しませて来ますし、挙動とか発する言葉に凄い注視しちゃうんですよね。
そんで、どの人も疑心暗鬼になるし余計な一言言う奴もいるし、全然協調性の無い奴もいるしで、とにかく大変ですね。
あれこれと問題が起こりながらも、毎日配信させるドラマを演じていく…。

このドラマなんですけど、どんなドラマがあるのかはキャラ達が過去の配信データとかも、一応見れたりしております。
(と言う事は…この異世界配信は……[壁|_-)チラッ) 
日々のドラマは、今集められている10人でドラマごとに配役を勝手に決められて、その都度演じていくって感じになっています。
内容はサスペンス・恋愛・学園・ホームドラマ・ミステリーなどなど、様々なジャンルです。
別に劇団員でもないのに何でドラマを演じるの…?って感じなんだけど、これにもちゃんと意味が見えてくるので…(笑)
この辺は進めていく中で「あっ…」と思ってくると思います。

真相はまだまだ分からないけど、こうゆう事なのかも…ってのが見えてくる部分もありますし、私想像しながらプレイするのが好きみたいでして…(笑)
色々と人物に関しても考えを巡らせながら進めているんですけど、とある風景画で気になる所があって、その一部のお陰でものすごいSFな展開を想像してしまいました!これも勝手な妄想です。
でも、そうやって色々想像しちゃう感じの内容だし、色々想像させてくる人物達だよという事なのです!

そして恋愛面の方では、それぞれのキャラ達と距離を縮めつつ、意識していくって感じの流れになっているんだけども…。
全体的にはわりと駆け足感のあるキャラもいるんだけど、物語の展開の方が気になると思いますし、全てが怪しく見えたりとかそっちの「誰を信頼するのか…誰が裏切者なのか…」みたいな部分や、異世界についての事の方がどうしてもメインになってきちゃうのですよね…。
いざ恋愛が進展し始めると「はや!」って思う部分もあるから、その辺はサクサク~って感じがするんですけど、それに対して文句を言いたいかと言われるとそうではない感じですね。
うまく言えないけど、物語展開とかそっちばっかり気になってるから、あんまり気にならない感じと言えば良いのだろうか。

まぁでも、恋愛部分が大きく進展するのは一番最後の個別の章で、その前にはちょこちょこ変化が見られる程度なので、後ろに行くとガ―って動き出す感じがしてしまうんですよね。
私的にはトモセとかはちょいちょいそうゆうイベントがあるので感じなかったけども、初回のキョウヤとかはサクサクな感じに思えたかな?なので、キャラによってその辺は異なりそうかな~と思います。

で、それぞれのキャラにも秘密が…あるのですよ……。

連れて来られた異世界の事、ドラマや動画配信の事、紛れる裏切り者の他に攻略キャラまでもが怪しく見え、絶対コイツ何か秘密がある‼という、どこにも逃げられずに考えさせられる構成になっているので常に『怪しい…( 一一)』って思わされますな。
恋愛的進展をする時にも、この相手の秘密について触れつつ、距離をグッと縮めてる形になるんですけど、これがね~なんてゆうかね~!
ちょっと泣きそうになっちゃったやつとかもあります(笑)
キャラごとにその辺は設定されているので全然違う展開にはなるんですけども、彼らの人となりに関係してくるようなものとかもあるので…。
ここが絡みだすと、ヒヨリが一瞬でも相手を疑ったり、それを越えて信頼していく感じがなかなか面白い部分かな~と思いますね。

それに、恋愛だけに限らず、人間の持つ感情みたいなものが凝縮されている感じになっています。
10人もいれば纏まらせる方が無理な話しなので、それぞれに個性も強いし怪しさ満点ですしね!
そこに"ドラマを演じる"という点と、"皆に何かしらの秘密がある"という点がある事で、感情的な部分というか人間臭い感じ?が凄く出ているかなと思います。
多分、これってここに凄く必要な様子なんだろうな~って感じなんですよね。

それに加えて、ヒヨリが少しずつ成長…というか変化していくので、その辺りも私は楽しかったかなと思います。
当たり前だった日常がいきなりなくなってしまうわけですし、今まで普通にしてきた人を信じたり友達と仲良くするとか、それらの事が出来ないかも知れないと思わされるというか何というか(笑)
こうゆうふわっとした感じの感想が一番伝えるの難しいんですけど…。
いつも普通に出来てた事が、出来なくなる訳じゃないけどちょっと揺れ動きそうになる感じ?と言えば良いのかな。
そうゆのもなかなか楽しかったですね。

それとEDはそれぞれ1つ…で良いのかな?
とりあえず1人の√で迎えるEDは今の所1つでした。
どうなるかは当たり前ですが言えないけど(笑)、でもまぁ幸せな結末しかないとだけ言っておきます!

あ、ちなみにプレイ前にオトカフェのランチョンで話題になった監視者と呼ばれているロボ…。
頭の上のアンテナ?がピコピコ動いて可愛かったです(笑)
あれが10体描かれているランチョンが今になってみると欲しいかと言われると、う…う~んなんだけど、でも何だか可愛いのは可愛かった(^o^)
ヒヨリが落ち込んでいる時に近くに来たりしている描写もあるし、これが一人一体支給されますとかなったら、確実に欲しいです(笑)

う~ん…もっと色々喋りたいのは山々なんですけど、色々情報入れない方が面白いと思うので言いたくない(笑)
私が今うまくまとめられる感想はこんな感じかなぁと思います。
キャラ別に関しては言えない事だらけになると思うので、簡潔にサクッとまとめたいと思いますので、次回から数人ずつまとめて喋ろうと思います!

という事で、初回感想はこのような感じになりました~♪
ちゃんと確認したら今は5人目に突入していました\( 'ω')/
気になるキャラを残して進めてきているんだけど、次からが問題ですよ……。
誰からやろうか…ものすごい悩ましいです(笑)

このままエンジン全開で進めれば、二日後とかには終われるかな~って思っているんですけど、ここ数日夜更かししすぎて眠いので…(=_=)
このスピードがいきなり落ち込むかもしれません(笑)

とりあえずは後半に気になるキャラ目白押しなので、頑張って進めたいと思いまーす♪

ではでは、最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~(*´ω`)ノシ



昨日は2時過ぎまで頑張っちゃったので
もの凄く眠い…(笑)
今日もやめられなくて夜更かししそうです…
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(/・ω・)/
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはでーす♪┏○ペコ

まずは、前回の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました‼\( 'ω')/
本日もと~っても励みとさせて頂いております♪┏○ペコ

昨日はズンチャカイベント行ってきたんですけど、いつものズンチャカとは全然違う感じで…、求めている感じじゃなかった…(´・ω・`)
メインで出ているアーティストさんが…というのもあると思うんですけど、どちらかというといつも行くズンチャカより洋楽のライブみたいな?
来ている人もいつも行く感じとは異なり、年齢層の幅がめちゃめちゃ広くて中学生っぽいお子様とかも多かったし、私達よりも年上の人もいたし…って感じだったので、個人的には何かちょっと違う…って感じでした。
大変失礼極まりないんですけど、メインの時にだんだん疲れてきて眠くなってきてしまった(=_=)

お疲れだったので昨日は早めに寝ようかな~って思ったんですけど、ちょこっとだけシャレマニ始めてみました~‼\( 'ω')/
と言っても全然序章な部分で止まっているので、全く進んでもい無いし全然話しも動きがあんまりない所なんですけどね(笑)

とりあえず本格的に始まってしまう前にparadise結の感想を上げようと思ってやってきましたよ~。
まとめ感想&キャラ別等を一度に喋らせて貰おうと思います!

ではでは、まずは全体のまとめ感想から…。

◇まとめ感想
paradaisemusubiheader.png

イヤッホウ~(●^o^●)最後の最後までめちゃめちゃ楽しかったです!

本編ではなかなか謎めている部分なんかもあったし、最終的に真相も明かされたりとかしているので、一応終わった!って感じにはなっているんですけど、今回の各アフターストーリーでもその辺に少し触れている内容になっています。

ただ、これ、結の次に真相部分の解明?に迫るソフトを作ると決定しているせいか、もしかしたらそこに繋がるようになっているのかな…?って思うような部分もありました。
各アフターでチラッと触れる真相部分なんかが、ここではモヤっとはしないけど綺麗さっぱり解決しているかと言われるとそうではないと言いますか…。
なので、それぞれがこのまま繋がって描かれるのか、それともまた全然別な感じになるのか…、その辺は分からないけど次に繋げられそうだな~と思う所もありますかね。
とりあえずは、その後の2人が幸せに向けて進んでいっている感じで面白かったです(●^o^●)

それぞれ、あの本編でも色々露呈していたんですけど、あれがあったからこそ、今回では少し突っ込んだ相手とか主人公であるアヅマの悩みというか…、そういった部分が出てきて、それを解決しつつ2人の仲が深まる的な!
そんな後日談になっております(^o^)
この後日談も思ったよりもボリュームがあったなと思うんですけど、プレイ時間はだいた3時間くらいかな~?
この後日談中にも問題が起こったり、それを乗り越えたりとか物語の起伏という部分もありますし、単なる甘い後日談…ってだけではない内容になっていますね。

ちなみに、各キャラ致すシーンなんですけど、1つの後日談に3回程…って感じかな~。
どれもまぁその人達らしい描写になっているんですけど、とある1人に関しては「やっぱりそうなるよね…」みたいな部分もありつつ…(笑)
なかなか楽しめましたが、マツダに関しては実は私本編の方がギャー!(*ノωノ)ってなったかもしれないなと思います。

そしてメインキャラは後日談の他に、本編のあの時相手側は何を考えていたのか?という事が分かる、相手視点シナリオが5項目用意されています。
それぞれどのシーンでの相手側視点かというのは異なっているので、色々なのが用意されていて個人的には面白かった!
とあるBADの時に彼が何を思っていたのか…とか、あのシーンのあの時こんな事思ってたんだ…とか!
意外と自分の気持ちと葛藤していた事とか知ると、さらに面白さが増す気がしますね。
もう一度本編をやりたくなってしまって、シーン回想だけ見に行ってしまった(;・∀・)

それと、サブキャラであるホンゴウさんとシマダさんのシナリオは、“こうなっていたかもしれない”という展開として描かれているので、各ルートのハッピーエンドとかそうゆう感じでは無い描き方ですね。
あったかもしれない展開ではあるけど、おまけ的な感じで考えておいた方が良いかも。
どちらも本編にはなかった展開なので新鮮な気持ちで楽しめましたが、メインキャラみたいにガッツリ描かれている訳ではないです。

で、全部終わると《楽園天国》というおまけシナリオが解放される形になっていました~♪
これは完全なるおまけ、おまけのシナリオなんですけど…(笑)
あの旅行の日、何もなければこうなていたかも…みたいな内容なので、各キャラが本編とは全然違う感じだったりして面白かったです(*´ω`)
まぁ…、このおまけみたいな人達だったら、あんな本編のような面白い内容には絶対にならなかったんだろうと思うんですけどね。

って事で、各キャラの感想にいきます~!
ちなみに順番は私のプレイ順で感想を喋っていきます。

◇タカラ/湯町駆
icon04paradisemusubitakarapng.png

-After Story-
ここのアフターストーリーでは、タカラだからこその葛藤…というか、そうゆうのが主に描かれていた内容になっていました!
アヅマに対しての感情が、愛や恋なのか…はたまたアレなのかが自分の中でもまだ分からない…という所が、なんかちょこっとニヤニヤしちゃう感じでしたね。

本編の物語から続き、その後どうしたのか…?って所が一番色濃く出ている内容でもあったかな。
ちなみに、ここでも他2人の√でもそうだけど、とりあえずは良い方向に向かったけど、ちゃんと解決はしていない…という終わり方になっているので、タカラ√はその辺りも含めこの後どうなるのかが一番気になる終わり方だったかな~。

それと、事前の特集で囁かれていたヤバい兄と父に関してなのですけど、兄はちょいヤバくらいですかね(笑)
わりとサクッと出てきてその後出て来なくなってしまうので、一番出番が多くなるであろう作品は今回ではなく、次に出るやつかな~と思います。
父の方もさすがタカラとこの兄の親という感じで、大ボス感満載だったなと思います。
個人的には思ったよりもダンディだったなと思うんですけど、多分色々とヤバい奴なんだろうな…というのは分かります。
この方も今回はそこまで出番が無かったけど、お次の作品では出番が多くなるんじゃないかな…。

アフターを通して主に感じるのは、タカラがアヅマ・マツダ・ミツギと生活していく中で、本当にちょびーっとずつ変化していっているのかな?という部分。
これは結構な大きな動きになるんですけど、一番はアヅマの存在ですね~。
一応恋人…?なのかな…?という関係性ではあるんですけど、普通の人達とは異なる感情をタカラがアヅマに対して持っているので(笑)
そのとある感情とアヅマに対して持つ好意とがまぜこぜになっているから、普通の恋人同士が抱くであろうものとか、気持ちの上で通っていく過程みたいなものが、ちょっと異色な感じになっているのですよ。
なので、ここの後日談の中ではタカラがアヅマに対して抱く感情の変化が見れる形になっていましたし、やっと大きく一歩前進した感じがしたかな!

どこの√でも共通しているのは、タカラにとってはアヅマが一番でそれ以外はどうでもいぃという事なんですが、ここではミツギやマツダに対しても今までには無かった感情みたいなものが芽生え始めているので!
そうゆうのも含めて、タカラ的に小さいけど大きな変化が見られる展開になっているんじゃないかなと思います。
しかも、ここの後日談ではタカラ・アヅマ・マツダ・ミツギの4人で暮らしているんですけど、家計はマツダが握ってて財布のひもが超かてぇらしかったり、大人2人組に面倒を見てもらう子供2人…な感じが、ちょっと面白かったりします(笑)
日常のやり取りなんかが、どうしようもない子供&大人って感じの図式が出来上がっているんですよね。

あ、あと、タカラって見た目草食系だけど、アヅマに対してはというか色んな意味でめちゃめちゃ肉食系なので…(笑)
外でいきなりアヅマに甘い雰囲気を醸し出しつつ、大人の遊びをしたいとか言い出しすし…。
それに対してアヅマが『まさか‥‥セッ!』て言ったら、満面の可愛らしい笑みで『うん!』とか言う奴なんですよ…(=_=)
スチルとかで2人並ぶと爽やかな感じしかしないのに、いざそうゆうシーンになると誰よりも肉食系な感じが出ているかなと思います…。
とある大人シーンでのタカラの表情が、それはもう素晴らしかったです(*´ω`)

一見アヅマがタカラに振り回されている感じに見えるんですけど、実際はアヅマの無鉄砲さにタカラが振り回されている所なんかも多くて、アヅマの事になると必死になってしまうタカラなんかがすごーくすごーく個人的には好きだったりします。
私はマツダオンリーラヴですけど(笑)、タカラのまたちょっと違った一面なんかも見れたので、アフターはなかなか面白かったです♪

-逆視点シナリオ-
逆視点の方は、とにかくタカラがアヅマに対して持つ、異常なまでの感情がよくよく分かる逆視点だったなと思います(笑)
本編の感想でも色々言ってたんですけど、何というか…、この人の場合逆視点シナリオを今見ても『そうだろうな……(笑)』と思う部分が大半というかですね。
もともと自分の衝動をあまり隠してない人だと思うので、わりと“そんな事思っていたのか”というニヤニヤは無かったですね。
ただ、私が思っていたよりもだいぶアヅマにご執心だったんだな…というのは分かりました。

普通に好きすぎる人が相手に抱く感情よりも、だいぶ特殊な執拗さを持っていると思いますので…。
その辺がこの逆視点でよく分かようになっているかな。
タカラ√のあの時、アヅマ側で私は見ていたから辛かったシーンだったけど、タカラ視点を見ているとこの人がアヅマに対して抱く“可愛い”は、すごく異常だな‥‥とかそんな感じです(笑)
私結構好きなキャラはヤバい奴多いけど、タカラだけはついていけなかったキャラなんですよね!
それがどうしてなのかは言えないんだけど、私が考えるよりも遥かにすんごいお方だったんだな(笑)

だからまぁ、逆視点でもニヤニヤするというよりは、アヅマに対してのある意味での執着の強さが伺える内容だったなと思います。

◇ミツギ/一条光
icon02paradisemusubimitsupng.png 

-After Story-
ミツギが髪の毛束ねてるよー!(*ノωノ)
しかもこの髪型、アヅマにやって貰ってからやるようになったとか…可愛すぎかっ。

ミツギ×アヅマのCPは、私的には一番安全安心安定なお2人かなと思います。
2人の相性的なものもあるんですけど、ミツギにしてもアヅマにしても…というか主にアヅマの精神的な部分とかも含めて、一番安定しているかなと。

今回はあの本編のその後、ドラマCDの後くらいの物語なのかなー?と思うんですけど、ミツギは仕事で忙しくしながら、アヅマはバイトをしつつミツギの家に通うという…。
なんとも幸せそうな日々を過ごしているお2人さんです。
ちょっと面白いのが、ミツギって私生活は本気でだらしない部分があるので、汚部屋くんなんですけどね(笑)
ちゃんとミツギの背景画が汚部屋風になっているのが、ちょっと笑ってしまった…。
あっちこっちに服が散乱してたりするし、立ち絵の背景が汚部屋ってなんか笑ってしまうんだけど、ミツギらしい気もしてしまうのですよね…(;´・ω・)
そんなミツギの部屋を綺麗にしたり、洗濯ものをしたりと…アヅマは通い妻のような事をしているんですけども(笑)

ここのアフターでは、とある問題が解決していないので、その辺の事も出てきます。
ミツギとアヅマも“あの時orあの後どうなったんだろう…”って思っているし、本編でミツギが島に行ったのは仕事の為だったんですけど、そこにミツギの会社もやり取りに関わっているからって事で、色々と真相を掴むために調べていく形になっています。
この辺での部分に、今まで立ち絵の出てこなかったシイナや社長が出てくる形になっています!
そんでもってサブキャラの登場により、今までアヅマが知りたかったけど聞けなかったミツギの過去について触れる部分が‼
この過去を知るという出来事を通じて、ミツギとアヅマの距離が更に近づく感じでした(*´ω`)

何かぁ~ミツギがぁ~口はものすっごい悪いんですけどぉ~、やっぱり付き合っているかせいか…可愛かったりかっこ良かったりして、素敵度が増し増しになっていました\( 'ω')/
アヅマのしょうもなさは変わらずなんだけども、それに文句を言いつつも可愛いと思って知っているであろう所とか、クソガキと言いながらも面倒を見ている所とか…。
更に言うとアヅマの事好きすぎかっ!って所か、全てが可愛かったです、はい。
何か、一番普通に愛し合っているカップルって感じがするし、めちゃめちゃ幸せな感じが溢れていたかなと思う。

だって、体の相性がよすぎていつもがっついてしまうから、恋人っぽく普通にやろうとするとか…何それ!(笑)
どんだけアヅマの事大好きなんですかーって感じだったし、メイン3人の中で一番《アフターストーリー》って感じがした内容だったかなと思いますね。

-逆視点シナリオ-
これは…求めていた逆視点がキタ━(゚∀゚)━!って感じだった(笑)
ミツギってアヅマとの出会いから、凄く嫌いという感じを出している人だったんですよね。
でも、それに関しては実は……みたいな部分があるのは見え隠れしてたんですけど、どれほど最初からアヅマの事を意識していたか…?という部分だったり、ミツギらしくない行動などをしていた部分なんかを、今回の逆視点シナリオで見れて凄く楽しかったです~\(^o^)/

一番見たかった所はアヅマを沼?池?に突き落としたシーンなんですけど、あの時ミツギが何を言っているか聞こえない部分だったり、わりと突拍子もない行動に出る人だったので、その辺の真相が分かるかもと思って楽しみにしていたのだ…。
案の定、それらが分かる内容になっていたんですよー(^o^)ウフフフフ
出会いからミツギがアヅマに惹かれている部分だったりとか、どうしても気になってしまう部分だったりとか!(*ノωノ)
それはそれはもう、たんまりと本編のあの時…!の色々な所でのミツギの心情が分かる内容となっていましたので、大満足の逆視点だったかなーと思います。

◇マツダ/テトラポット登
icon03paradisemusubimatsupng.png 

-After Story-
最高だった…‼最高過ぎて泣いてしまった…‼(;O;)
マツダってだいぶどうしようもない奴な感じがするんですけど、アヅマに対しての気持ちがなかなかに深いキャラだな~というのが改めて感じられました…。

タカラやミツギでもお話ししたんですけど、本編以降のどうなったか?と気にしている所は、ミツギ√と同じような展開をしていきます。
そこから解決とはいかないんですけど一応応急処置的な展開になるし、その辺もミツギと同じ進展の仕方となっています。

ただ、個人的にはマツダのアフターではアヅマの事とマツダの事、この部分での繋がりがより深くなったと思うし、やっとある意味普通の恋愛として…という所に辿り着けた感じがしたかな。
アヅマに関しては、彼の過去に関する所からマツダと一緒にいる自分に理由をわざわざ見出して、自分に対してマツダと一緒にいても良いんだと言い聞かせている感じの所があるんですよね。
で、マツダの方もアヅマの事を凄く凄く好きだし今が幸せだと思っているんだけど、キドさんの死が原因で手放しに今の生活を喜んだり普通に過ごせていない部分がある…って感じで、序盤は幸せそうに見えるけど2人にとってまだまだ解放されていない部分がある感じでした。

でも、これがある人の登場により、今まで苦しい思いをしていたマツダが、やっと…やっと解放される事になるんだけど、もう~その時のシーンで私はマジで泣きましたよー(T_T)
マツダがどれほどその事を重荷に感じていたか…とかが、よくよく分かるシーンになっていると思うんですけど、マツダだけの事を考えたら本当に良かった…って思える部分なんです。
ただ、マツダが解放された事により、今度はアヅマの方が不安定になってしまうんだけど、これもね~何とも言えない気持ちになるんですよね。

この辺にアヅマの過去が関係してくる形になるんですけど…。
マツダとアヅマは2人の過去が関係しているんだけど、ちょっと普通じゃない部分がお互いにあるのですけども…。
それはそれで、この2人にとってはある意味でその人自身を受け入れるという意味でも、その普通じゃない部分も含めてのって所があると思うのです。
本編の感想でもチラッと言っているので言ってしまうと、マツダは暴力的なものを好む傾向がありますので…、あの時は崩壊していたけど通常時でも若干ヤバい奴ですからね!
なので、それによって繋がっているように見える部分があったんですけど、今回アヅマの方が不安定になってしまった時に、マツダがアヅマの事をどれほど大切に思っているかが分かるかな~と思います。

でも、反対にアヅマの事に関しては相手には言わないので…、マツダの傍に居ても良いんだと思っていたのは、苦しんでいたマツダを自分が支えよう、自分だけはマツダの味方でいようという気持ちがあったからなんですよね。
なので、いざマツダがキドさんの事で解放されてしまうと、自分はマツダにとって必要ない存在なんじゃないか?と思ってしまうんですよ。
この辺がちょっと切なくなってしまったんだけど、アヅマはそうゆう風に考えてしまう子なので…( ;∀;)
でもマツダがそこはちゃんと正してくれるし、やっとアヅマも本音を曝け出せた~って感じがしたかな~と思いました。

あ、ちなみに、マツダとの大人シーンに関しては、最高過ぎてもう最高でした\( 'ω')/←
とりあえず声がマツダにぴったり過ぎるので、個人的には大興奮なんですけども…。
それ以外にもアヅマの事を可愛いと思っているのが、今回は溢れすぎるくらいに溢れ出ているので、いちいちエロいんだよーー‼(;O;)アホー
でも本編の時の方がヤバ度が高かったので好きなんだけど…でも素敵でしたヽ(^o^)丿

それと、ここにはサブキャラでアヅマの事が大好きな後輩くん、オギノが登場しています!
このオギノの登場により、マツダが可愛く見えてくるシーンが多数存在致します‼
アヅマを巡ってバチバチしているマツダVSオギノなんですけど、姉の影響で5歳から営業マンみてぇなもんだったマツダが、自分より年下の現代っ子の珍獣オギノに対して隠しもしない態度が…最高に面白かったです(笑)
お前が作った俺のオムライスは渡さねぇとか、寿司を皆で食べようってなったら「オギノだけ助六な」と言い出し、いつまでもバチバチしている2人に対してアヅマが『ゴリラ(マツダ)と助六(オギノ)』って悪態ついたり…、とにかく賑やかなシーンが面白かったです(●^o^●)

ここではオギノがアヅマの事をどう思っているかも分かるようになっているので、そうゆう面でも面白かったな~と思いますね!
この2人あれだけバチってたのに、自分の知らないアヅマの話になると仲が良くなるんですよ…。
最終的には普通に仲良しになっていたしね(笑)

マツダのアフターは切ない部分、面白い部分、それぞれが良い塩梅で描かれていたかな。

-逆視点シナリオ-
いやはや、何て言うか…、マツダって真面目過ぎてだからこそ損してるな~って部分が多い気がしましたね。
まぁ、そんな性格で悪役でも良いやって思いながら、自分が一番傷ついてて辛かったからこそ、アヅマという存在がどんどん大きくなって行ったんだと思うんですけどね。
とにかく常にアヅマの事を可愛い、可愛すぎて心配というのが見えててニヤニヤしてしまう反面、アヅマに嫌われたくない癖に嫌われても良いやと思いながら、色んな事をしているのが…。
アヅマの事を試している子供っぽい部分が見え隠れしててね~、楽しいなぁと思える逆視点シナリオだったかな( *´艸`)フフ…

逆視点殆どを通して、とにかくアヅマアヅマアヅマ!って感じなんですけど、他の人からどう思われても良いけど、アヅマに対してだけは子供っぽい部分が出てくるので、そうゆうのがクソ野郎なのに可愛いな~って思ってしまうんですよね。
いや、本当、タカラの次くらいにだいぶヤバい思考持っていると思うんだけど(笑)
でも、それにもマツダ的理由みたいなものがあるので、ただ単にヤバい奴という一言では片づけられない所があるんですよね~(。-∀-)

最初からずーっとアヅマに対しては可愛いという気持ちを持ちつつも、アヅマが起こす行動1つ1つに実はショックを受けていたり、でもそれをショックとは捉えないで自虐的に捉えていたりとかするんだけど…。
でも純粋なアヅマだからこそ最終的に自分の所に来てくれた時なんか、だいぶマツダは崩壊しているんだけど、アヅマの事しかないので(笑)
途中からアヅマの事以外は虫けらみたいに思っているのとか、最高に楽しかったですぅ~。

常に自分のしている行動と葛藤しているマツダが、これまためちゃくちゃ人間臭くて良いんですけどね!
ミツギもタカラも葛藤という部分では、それぞれにあると思うんですけど…。
マツダの場合はその辺のふり幅が大きい分、一番色々と苦痛に苛まれている感じがします!
そこが私は結構好きなんだ~(*´ω`)
この逆視点シナリオでは、その辺りが結構ガッツリ描かれているので、その分面白く感じました!完全なる個人的な感想として(^o^)

てな感じで、愛が溢れすぎてマツダだけ長くなっちゃった気もしなくはないけど、結は最後の最後まで楽しかったでーす(●^o^●)
ちなみにマツダだけ3周やった事は、ここだけの秘密です。

これから結のステラ特典と、ピオフィの特典を聞いたり読んだりしてから、改めてシャレマニに行こうと思いまーす。
実は、キャラは全く分からないけど一人だけ声が「うはっ!」ってなる人が居て、そいつが気になっているよ…。
キャラ云々じゃないからどうなるか分からないけど、中の人的にはあの子が気になるかなー。
と、まだまだ分からないけどこれはまた改めてお話しします\( 'ω')/

そして、最後にちょこっと雑談なんですけど、今日はそのうち決行されるであろうお引越しに備えて、売るものなどをまとめていたんですけど…。
ポスターとかタペストリーが入る段ボールが無くて、困っております(笑)
ゲームもCDも結構な数になったんですけど、まとめて一つには絶対に入らない上に大物たちが入らない( ;∀;)
送るのはもう少し先になりそうだけど、どこかで段ボール貰ってこないとなぁな感じに(笑)

少し前だったらバンバンゲーム売ってたんですけど、なんか「これ…売…らなくても良いかな?もうちょっと所持しておこう…」ってなったのが結構あって困った困った(笑)
何故かサクッと手放せないものがどんどん増えて行っている気がします(´・ω・`)

ではでは、今日はこの辺で~(∩´∀`)∩
最後までお付き合い下さいましてありがとうございました~♪┏○ペコ



やっと衣替えをしましたー♪
不要物も捨てつつやってみたのだけど
ゴミ袋(特大)×3個分、断捨離してやってぜぃ~。
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いしますヽ(^o^)丿
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(´ω`)ノシ

まずは、昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました‼┏○ペコ
毎日とーってもとっても励みとさせて頂いております~\(^o^)/

スイプリ読んだのだけど…特にここで喋る事あまり無かった…L(゚□゚)」
これまでのビズログとかで特集されていた、オトメイトの新作とかその辺の事が掲載されていたのと、triangle projectの片恋いや蛇香のライラの事が大々的に掲載されてたって感じですかね。
なので、過去にもその辺は喋って来ているから感想はいぃかなぁ~って思っています!
ただ、私、アムネの移植版買おうかな~と思い始めているのですが…(笑)

移植発表された時は特に思っていなかったんですけど、これも私プレイしたのはVita移植されたやつを、乙女ゲー始めたばかりの時に遊んでいるんですよね。
勿論トーマに衝撃を受けて「ぬぉぉ~(゚Д゚;)」って思ったんですけど、まぁ5年前ですし…。
移植版が発売してから5年も経っているのかって所にかなり吃驚しているんですけど、まぁすんごーく前なのでこれを機にもう一度プレイするのもありかなぁって思ったりしてます。
さすがに真相とか色々知っているので、あの時の吃驚仰天な感じとか諸々はかなり薄れるとは思うけど、でも何かふとプレイしたいな…と思った(笑)

なので、レンドは確実に買うけど(特典あるかも分からないのに既に役割分担も決めている!w)、アムネも買おうかな~って思い始めています。
ちなみに、第一作目の移植って書いてあったので、Vita版アムネシアのみの収録なんですね~。

あ、あとオランピアソワレの大々的に出ていたキャラ意外の、4人のキャラがチラッと、本当にチラッと出ていた~!
それぞれの色と共に出ていたんですけど、青色が璃空(リクウ)、紫が縁(ヨスガ)、緑が天草四郎時貞(アマクサシロウトキサダ)、もうひとりは…灰色?なのかな?ヒムカとそれぞれ元気系っぽかったり、可愛いっぽい感じだったり謎めいていたり、堅物そうだったり…。
こっそり公開だったので、なんとなくしか分からないんですけど、これも出てくるの楽しみですね。

と、スイプリに関してはこれくらいなんですけど、今プレイ中のparadise結は既にタカラのafterとタカラ視点シナリオは全て終わっていて、ミツギのafterも終わっているのだ~♪
何気に着々と進んでいるんですよ~(*´ω`)ムフ…
唐獅子牡丹も神凪も来ちゃって、明らかにゲームが渋滞中なので…(笑)
ちょっと急ぎ気味で進め始めている私なのですけども(;'∀')
感想は今どうやって書こうか考え中なので、キャラで分けようかどうしようかと悩み中です。
数日以内にアップしようと思っておりますので、まずはそれぞれ噛みしめながら楽しませて頂こうと思います(n*´ω`*n)エヘヘヘヘ~

と、ここ最近雑談続きなんですけど、今日は渋滞中の届いた物を晒そうと思って来てみたのです!(笑)
それだけで来るなよって感じなんですけど、見せびらかす所ここしかないので(;'∀')
まずは届いたゲームがコレです~。

IMG_8322.jpg IMG_8324.jpg

ウヒョ―!ヽ(^o^)丿
神凪と唐獅子牡丹は今日一緒に受け取ったんですけど、プレイするのはもう少し後になりそうかな…とちょこっと残念。
お隣は昨日やっとゲット出来たピオフィオーレのステラセットだよ~~~~~(*ノωノ)
小冊子とCDを堪能するのが今から楽しみすぎてハァハァしちゃっているんですけど、まずは…まずはParadise終えてからじっくり楽しもうと思います!(●^o^●)
早く見たい、早く聞きたい…とチラッと開いたりとかしちゃったんですけど、ダメよ!ダメ!と自分に言い聞かせて順番にじっくり楽しむために我慢しました(笑)

そして‥‥いきなり買ってしまったムビチケ達が届きました~(∩´∀`)∩
幼女戦記の方は、デグレチャフ様から召集される形の内容になっているのだ!笑
映画見に行くのは私なのに、なかなか上からな感じの文面になっているらしんだけど、まだ開封していないのです…(笑)

IMG_8319.jpg IMG_8321.jpg

ちなみにルルーシュの方はミニストーリーの小冊子なんですけど、まだ読んでないよ…!
読んで良いのかな…?どうなのかな?と思ってまだ開いてません。
映画は来年だしきっと読んでも問題ないと…思いたい…ので、そのうち読んでしまおうと思います。

ムビチケなるものがどんな代物かも知らずに、教えて貰ったから購入してしまったんですけど、座席予約してサクッと見に行けるやつなんですねー!
これはなかなか便利なものなんだなぁ…。
映画の方は公開したら、速攻で見に行こうと思いますよ~♪(^o^)

今日はそれぞれの開封式をしつつ一人でニタニタしてたんですけども、クリエンはそういえば私豪華版だったんだー!と思って、買ったものたちをしまうついでに小冊子に掲載されている漫画と、SSを読んでおきました~。
漫画の方はジャスティンVer.とマーシャルVer.のお話しとなっていて、SSはエドワルドとブライアンのものが掲載されていました!
なかなか面白かった…!でも、エドワルドとは一生主従として傍に居る形なので、その辺の言葉が出てくると何とも言えない気持ちになりますね(;´∀`)
特典CDもついてて、これはランビュール・マーシャル・ブライアンなのでちょっと面白そうだし、後から聞きます\( 'ω')/
ちなみにタイトルは「マーシャルの災難 ブライアン&ランビュールの看病ごっこ!?」という…何とも面白そうな予感しかしません(笑)

特典たちもなかなか渋滞中となっておりますが、順番に聞こう……。

あ、それと、ちょっとプレイ計画を急遽変更してParadise終わったらシャレマニを始めます!
とある乙女さんとおデートする約束を取り付けたのだけど、「シャレマニの感想聞きたいな(キラキラ絵文字)」とか来たので、そんなのシャレマニやらなきゃらじゃん…‼となりました(笑)
予定がずれ込みますが、ロゼの間に入れ込めるゲームもまだまだありますし、早々に始めたいと思いますよ~\(^o^)/

…と、今日は何だかあっちへこっちへと話題がコロコロ変わってしまったんですけど、とりあえずはParadiseの続きをプレイしてこようと思います。
ピオフィオーレの冊子が私を見つめているけど、我慢…我慢……我慢…(=_=)

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ



明日は久々のズンチャカです!
ダイエットも兼ねてすんごい
動いて来ようと思います(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いしますヽ(^o^)丿
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは(≧▽≦)ノシ

まずは、昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!┏○ペコ
毎日お付き合い頂き、とっても嬉しく思います(n*´ω`*n)
そして毎日のワタクシの励みとさせて頂いておりますですー!
ちょっと最近お友達とお話ししていた時に、改めて思ったのですけど…。
私ここのブログでお喋りし始めて3年経つんだ~と改めて思ったら、なんだかいきなり感慨深くなってしまったのです(笑)

Twitterとかももっと駆使出来れば良いのですけど、全然駆使出来ないし…結局ここでのお喋りがメインになってしまうのですけど(;´∀`)
寄り道して下さる方々に改めて感謝だな~と思ったりしちゃったりしちゃってます\(^o^)/

さて…、今日はピオフィオーレのステラ限定版の再販だったのだー。
発売が決定した時にお友達から「また販売しますよー!」って教えて貰ったんですけど、丁度25日は会議の日だったのでマジか…25日かよぅ(;O;)ってなっていたのです。
12時だったので何とかコソコソ買えるかな~?って思ってたんですけど、二度寝したせいで会社着いたのギリギリだったのと、今日は珍しくお偉いさんが来ていたので…久しぶりに会ったせいか何かと絡まれて全然ネット見れなかった…。
しかも目の前で、スマホの画面見れないにしてもネットで買い物なんて出来ねぇよぅ…( ;∀;)と思っていたので、苦肉の策で「ちょっとトイレ行って来まーす!」って言って抜け出しました(笑)

だけど、お友達から買えたよーってメールが来た時、丁度トイレでコソコソネット繋いでたら全然繋がらなくて半ば諦めていたのですよ…。
グルグルしたまま全然ステラの公式に繋がらなくて買えないかも~( ;∀;)って。
そんなこんなしてたら、「まだ買えそうだよ~」って教えてくれたので、頑張って待ってたら買えたよ――――――‼‼
あまりの嬉しさにスタンプ押しまくって喜びを表現してしまった(笑)

その後にももう一方のお友達さんから「買えましたー♪りな子さんは買えましたか?」って来て、皆で一生懸命になっているのが不思議と面白くなってしまった(笑)
買えなかったら貸してくれるという温かい言葉も下さったんですけど、無事に買えたのでこちらにも大興奮で返信しました。勿論トイレの中でです(*´з`)

いやぁ~本当に!買えて良かった…\(^o^)/凄く嬉しいで~す(●^o^●)
ゲーム本体は未開封でお売りしようと思いますが、いやはや、本当にゲット出来て良かったよ~( ;∀;)
一度はあきらめたけど結局買えると嬉しいという。
そして予想外の諭吉の旅立ちなので、これまた頑張って仕事しようと思います(笑)←いつも言ってる

と言う事で、今日も日昨日に引き続き雑談なんですけども、それでも良いよという方はお付き合いお願い致します┏○ペコ

まず一つ目は…、最近切り絵作家さんの作品を見るのにハマっている私。
これ、某販売サイトだと東京喰種のとか作って販売している人とかいるんですけど、本気で欲しいと思いました(笑)
公式で凄いやつ作ってくれたらいくらでも出すのに!と思いつつ(笑)←良いお客さん
さすがに阿片王欲しいけど部屋に飾れないので…いや、アクスタ飾ってるから飾れるな…とか一人想像を膨らませながら、休憩中に色々見ながらご飯を食べるのが最近のブームです(笑)

色々ググってると薄桜鬼のやつとかあって、すっごいカッコよかった!
中には色?がついてるやつとかもあって、見ているといつの間にやら時間が経っているという(笑)
奥が深いな…と思いながらも、原画の販売みたいに販売してくれないかなぁ~とか勝手に思っている私です。

それと、それと、いつぞやの目玉メニューが思いだされますが、11月の最初の土曜日にはコラボカフェを2軒はしごしてきまーす(^O^)うふふふふふふふふふ
友達と一緒にやっているセブンナイツというアプリの、原宿ギルド?ってゆうコラボカフェに行く予定だったんだけど、もう一つ見つけてしまったのだ…。
池袋でやってる東京喰種:reのコラボカフェを発見してしまったのですよ。
で、これもまた私が好きで漫画は読むわアニメは見るわ…としてたら、彼女もハマったのでコラボカフェを発見して2人で興奮(笑)
「はしごする?しちゃう?(笑)」ってなったので即座に予約して、その日にはしごする事にしちゃいました~(n*´ω`*n)どゅふ

どっちのコラボカフェもメニューがなかなか重たそうなんですけど、喰種の方は特にドリンクが・・・・重そうなんだよなぁ~・・・・・。
「これ、2杯けるかな?」ってメールが来たんだけど、普通に2杯頼む前提で喋ってるのが笑えるなと思ってしまった(笑)
ちなみに、メニューを見ただけでも2杯はキツそうな感じです。
飲み物にしてはゴージャスすぎる飲み物なので…頑張れるかな~(;´・ω・)と不安しかないんですけど、私の苦手な生クリームが乗っかっていたりしますしね…。
あと習様(キャラクターです)のパフェとか食べたい!と思ったけど、これもいつぞやのフリーザのパフェを彷彿とさせる色合いとボリュームなんですよね(笑)

どっちにしろ私、好み的に多分コラボカフェとか向いてない人なんですけど(笑)、それでも行きたいので頑張って2杯頼飲んで何かしら食べるぞ~\( 'ω')/
ドリンクセットなるものがあって、ドリンクと喰種マスクのアクリルストラップが付くやつがあるので、2人でそれを頼んでくる予定です(笑)
楽しみだ~凄く楽しみだ~。
全く興味ないと思いますけど、忘れなかったら写真撮って来てここでお喋りさせて貰います!

それと、お友達にビズログの公式に面白いインタビューがあったというのをお聞きして、早速見に行ってきたのです!
普段は公式ブログとかそうゆうのでしか見る事のない、乙女ゲーを作る人側の話し(オトメイトの)を見ると、私もっと貢献しないと‼と勝手に思ってしまいました(笑)
早々にswitch買うべきなのかも!←すぐ踊らされるやつ

コンシューマーゲームを作り出すまでの大変さを見ていると、アプリの方が作りやすいのも分かる気もしなくはない…。
1つの作品を作るのに、当たり前だけど沢山の人が関り動いていて、ある意味メインの人達は魂込めてる感じなんだよなぁと改めて感じました。
こうゆう形でインタビューを見ていると、改めて色々と感じる部分があったなぁ~と思ったのです。

やっぱりいざプレイしてみて、面白い・面白くないとか、自分の好みに合う合わないってあるんですよね。(勿論私もありますよ!w)
だからこそ、不評だったら不評だったなりの声を聞き入れて今の位置を確立したんだろうな~とか思うと、やっぱり私には物語を考えて作るとかそうゆうは絶対、絶対ずえぇぇぇぇったいに出来ない事なので、何か凄いな~って素直に感動しました(笑)
これから購入するゲーム達を大事に迎えてあげたいなと思いますし、隅々まで楽しまなければと改めて思ったのです。

アプリでも勿論面白いとなればやるんだと思うんですけど、でもやっぱり私はコンシューマーゲームをプレイしたいので、これからも頑張って投資します!(笑)
私の投資なんて高が知れてるけど(笑)

しかもここでオトメイトの新作について触れているんですけど、薄桜鬼の2作はやっぱり1作には入り切らなかったんだな(笑)
それぞれのキャラにボリュームあるお話しを…となると、1つには入り切らなかったって言ってましたね~!
2作同時発売ではないのが残念だけど、なるべく近い期間で発売するみたいですし、一人一人にボリュームのあるシナリオとなっているなら大人しく待ちます(笑)

私はなるべく買ってゲームして感想喋って…とかそんな事しか出来ないけど、switchに移行してまた頑張って欲しいなぁ…。
やっぱりコンシューマーがなくなったらすっごく嫌だし、悲しいと思いますので( ;∀;)

と言う事で、今日はスイプリとか神凪とか届いている予定なんですけど、夜はちょこっと予定があって帰宅するの遅くなるので…。
早めに雑談をしたためてアップさせて貰いましたが、明日はスイプリの感想でも喋ろうかな(´ω`)
paradiseはあれから全然進んでないので、感想はまだまだ先になると思いますがちゃんと楽しみます♪

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~\( 'ω')/




お友達がレヴァフェを再プレイしていて
聞いてたら自分も玲音に会いたくなった…。
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(*´ω`)ノシ

まずは、昨日のクリエンまとめ感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました‼ヾ(*´∀`*)ノ
毎日、とーっても励みとさせて頂いております♪┏○ペコ

今日は遂に、冬物からニットを引っ張り出して着てしまいました~(笑)
朝と夜は結構冷える気温になってきちゃいましたね…(;´∀`)
昼間はまだ暖かい日とかもありますけど、やっぱり会社に行く時と帰りは結構「さむっ」となる日が増えてきた気がします…。
今週末こそちゃんと衣替えしないとなぁ…。←冬物ケースは出してるけど入れ替えてない

さてさて、昨日からparadise結をやっと始めておりますよ~\( 'ω')/
マツダはお楽しみの一番最後に取っておきたい所なので、自分的には3番目のタカラから始めておりますです。

で、昨日の夜21時頃から始めたんだけど、22時半までやってやっと大きく物語が動き出した感じ…なので、全然終わってもいないし思っていたよりもボリュームがありそうだなと思いました。

言っても今回はafterメインのFDだし、そんなに長い感じでもないのかなぁ~?って思ってプレイし始めたんですけど、何気に丁寧に作られていてちょこっと驚いております。
内容自体は各キャラのアフターストーリーと、彼ら側の逆視点シナリオが複数と、ホンゴウさん&シマダさんの新シナリオというラインナップなんですけども…。
逆視点シナリオとか1キャラ分の項目が複数あって、また初回感想で詳しく話しますけど4つ以上はあったと思うんですよね…。
なので、私の想像したFDとしてのボリュームよりも、かなりずっしりな内容なのかな~と思います。

今プレイ中のアフターストーリーに関しても、前回からどんな流れで今に繋がっているかという簡単な振り返りをしつつ、今の現状どうゆう状況かという所から思ったよりも丁寧な描写になっていましたし、これならサクッと終わるはずないよな…(笑)と思った。
クルビで特集されてたヤバそうな兄と父が全然出てこないので、アレ~??って思ってたんですけどプレイして1時間半でやっと出て来たー!って所で中断しています(笑)
ちなみに、兄はもう登場シーンからヤバい奴感満載なんですけど、父はダンディで素敵だったのですよ(笑)
渋い感じでちょっとかっこいい…となってしまった(;'∀')

ちなみに、本編でもお題になっていたちょいグロは、ここでも継続中だった…!
とあるシーンで血みどろ的な…これはどう表現すれば良いのか分からないんですけど、所謂甘いシーンのはずなんだけど血みどろみたいな(笑)
そんなシーンもありつつなので、paradiseってそういえばこうゆう内容だったよねというのが詰まっているんじゃないだろうか(*_*)

他キャラに関してはミツギとかは割と普通だから、いたって普通に楽しめそうな感じだけど、マツダはあいつが色々あると思うのでどうなのかな~ムフフと思っています(笑)

昨日はあまりの眠さに早めに寝てしまったんですけど、今日は相方の日なので続きは出来ないので…( ;∀;)
また明後日から再開して初回感想あげられると良いな~と思います!

と、本当にちょこっと!めっちゃちょこっと感想って感じなんですけど、今日は仕事中にもだいぶ振り回されて死ぬほど疲れたのでこの辺にしておきます(笑)
もう私鬼と呼ばれても良いから怒り狂ってやろうかと思いました…(笑)

最後に雑談続きになってしまうんですけど、来年2月公開の幼女戦記とルルーシュのムビチケカードなるものを買ってしまった…(笑)

幼女戦記の方は、このアニメが凄く好きで友人(夏目一緒に見いった人)に「面白いから見て!」と言ったら彼女もハマり、一時期2人で幼女戦記の主人公のデグレチャフ様がかなりブームだったのですが…。
劇場版やるから行こう!って言ってたんだけど、彼女からこんなのがあるよ!ってメールが。
それがムビチケカードなるものだったんですけど、聞いて即買いに行った私です(笑)

ルルーシュの方は一人映画する予定なのですけど、特典にミニストーリーの小冊子が付くんですよ!
気になるじゃないか…そんなのつけられたら…。
って事で、幼女戦記を購入の時に同時にポチっとなしちゃいました~。
そろそろ届くんじゃないかな~と思うんだけど、これが今新たな楽しみとなっております(^◇^)

ではでは、短い内容になってしまいましたが、ここまでお付き合い下さいましてありがとうございました~(^O^)ノシ




実は引っ越したら東京喰種のウタさんの
フィギュアをどうにかこうにか
手に入れようと思っております(n*´ω`*n)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~♪ヽ(^o^)丿

まずは、昨日のビズログの感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントを下さいましてありがとうございました‼
本日も大変励みとさせて頂いておりま~す\(^o^)/

うぉーーーーーーーーー‼クリムゾンエンパイア終わったぞ~~~~~‼(笑)
無事にトロコンして参りました~°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

2018-10-23-201030.jpg 

何だかんだと予想以上にコンプまでにだいぶ時間がかかってしまった…。
けど…けど……‼

何回も言うけど生まれて初めてクリエンをプレイした時には、本当に進めるのが辛くて苦しくて中断しちゃったんだけど、改めてやったら結構楽しかったしちゃんと全キャラ制覇する事が出来たよー!(^o^)
いやぁ~長かった…長かったけど面白かったです!

Vitaの調子も良いしぃ~♪と思って調子に乗ってたら、昨日ミハエルの途中まで進めてちょっと置いておいて、再開しようとしたら…また例の《SDカードがうんにゃらかんにゃら~》になって、ひぃぃぃ!(゚Д゚;)ってなったんですけど、強制スキップまでそこまで飛ばして何とか無事に全部のシーンとEDを回収してきました~!\( 'ω')/

って事で、今日はまとめ感想とエドワルドとミハエル、全部ドーンと一気に感想を喋らせて貰おうと思います。
早速まとめ感想からいきます~♪

◇まとめ感想
kurien001_banner.png

何だかんだと全て終わったみたら結構面白かったな…と、率直にそんな感想を抱きました。

前半にプレイしたマーシャル・ブライアン・ランビュールに関してはわりと敵対していたりとか、その他の立ち位置でもメイドと貴族の関係性なので、普通に出会って付き合って…というのとは異なる形になりますし、身分の差での障害というのはあるにはあるんです。
あるのだけども、結構2人の距離が近づいていく事で恋愛に発展している様子になり、どちらかというとシエラにはエドワルドという一生仕えると決めた主人が居るので、相手キャラの方がシエラの事を好きになっている方が強い描写ではあるんですよね。
でも、そこからシエラの方も相手の事を好きになっていく…という、"恋愛"という所が(当たり前だけど)描かれている…、ちょぴっとだけ普通じゃないけどここの中で言うなら割と普通めな√展開かなと思います。

そして、エドワルド・ジャスティンの敵対している王子同士の√をプレイする事で、この物語はこの二人がお互いを守ろうとして辿り着く先が、プレイヤーが回収する各EDに繋がっているんじゃないかな~という風に思えるんですよね。
今までのキャラや王子2人のEDには、BEST EDやGOOD EDの他に後2つEDがあるんですけど、その後の2つのEDというものは、どちらも一般的には幸せなエンディングとは言えないものなんですよ。
でも、あのエンディングを各√で何回も迎えていると、あれはあれである意味望んで迎えた結末なんだと思うし、見方によってはいつものロゼっぽくBAD的なEDは無いんだな~と思わされるというかですね…。
うまく言えないんですけど…、前にも言ったんだけど考え出すと色々と思考がぶわわ~っと広がる物語だったなと思います。

そして、途中で気付いた自動スキップのお陰で全部のEDも取れました~(^o^)
そういえばrikoさんにその話をしたら「説明書読まないないの?(笑)」って言われたんですけど、私今まで数々の乙女ゲームを購入してきてますけど、説明書なんて一度たりとも読んだ事ないよ!
いうならPS4の本体とか買った時も、まずやってみる…どうしても分からなかったら説明書見る…って感じですし(笑)
基本くっついてくる説明書を開く時は、一番最初ではなく困ってから見る人です(;´∀`)エヘ
だから数年間も気づかないという事態になっていたんですけど、まぁあのスキップのお陰でED回収頑張る事が出来ました。

と言っても最後ミハエルのEDを取った後、取りこぼしているシーン回収がものすっご~く面倒ではあったんですけど、なんとか取り終える事が出来ましたよ~(=_=)
さすがに最後の方にもなればスキップする部分が多くはなってくるんですけど、あの待っている時間が結構長かったりしますしね(笑)
サブイベントもかなり多いので、EDよりもそっちの回収の方が大変だった気がします。

しかしながら、各攻略キャラもなかなか面白い人達ばかりなんだけど、私はプレイが進めば進むほどリリィというシエラに盲目的に憧れを抱く部下が可愛く見えてきました(笑)
お姉さま~と言いながら慕ってくるんですけど、どんな男と付き合っても最初は「何でアイツなんですか!」みたいな感じなんですよね…。
最終的にはぶーぶー言いながらも認めているんだと思うんですけど、いちいち反応が可愛いというか面白いというか(笑)
ミハエルの√に入ると分かるんですけど、マイセンを追かけているミハエルみたいな感じが、だんだんと可愛く見えてきてしまいました(*´ω`)

他のサブキャラにも色々と背景というものがあるので、その辺も√を通して垣間見える形となって入ますし、マーシャル側の侍従達はあんまり出番なくて可哀想だったけど、その他のキャラは結構コンスタントに出て来ていたので(笑)
シエラとの出会いだたったりとか、相手とシエラがどんな関係なのか…というのがその数々のシーンを通して見えてくるのも面白かったなと思います。

後は!ここでの目玉と言ったら、シエラとカーティスの関係性があるからこそのシーンや、とあるEDではないかな~と思います。
私の場合は魔法使いとご主人様からプレイしてアラビアンズロストをプレイ後に、今のクリムゾンエンパイアをプレイしたんですけど、この順にして良かった~と思いました!
まぁ…何も分かってない所からいきなりクリエンをプレイしようとした方が、かなりの冒険だったような気もしますけど(笑)
全く分からない状態でプレイした時には、カーティスとか何も知らない状態でバンバン出てきて2人の会話とか聞いてても「?????」だったし、更にマイセンとかオランヌという、これまたあたかもいるのが普通かのように…。
俺らの事は皆知ってるよね!的な感じで出てきて会話を繰り広げるので、もう(・・?って感じがずーっと続きました…。

でも、彼らの正体?というか、そうゆうのが分かっていてプレイしてみると、不思議と普通に受け入れられていたので、あの時中断しておいて良かったなと思いますね。
マイセンなんてまほごしゅの時もちょっと謎だったんですけど、ここにきて、この人って誰よりも…悪魔よりも結構ヤバい精神の持ち主なんじゃないか‥‥と思いますし。
今まで何とも思ってなかったけど、彼らもある意味魅力的なキャラなんじゃないか…という新しい何かが目覚めそうになりました(笑)

あ、ちなみにミハエル√なんですけど、後で個別感想でも書くので深くは触れませんが、ある意味でちゃんとミハエルとシエラらしい恋愛?になっていました。
あの人を攻略ってどうするの…って思っていたんですけど、心配する必要なかったなって感じですね(笑)
しかも何気にミハエル嫌いじゃない事に驚きでした(゚д゚)

と、何かうまくまとまっている気がしないけど、私の記憶が消える前に残りのキャラ別にいきたいと思います!
が、その前に‥。
クリエンの好きなキャラランキングをやりまーす。

1 ランビュール
2 ミハエル
3 マーシャル
4 エドワルド・ジャスティン

久々にガッチリ決めてみたけど、ずるしたわけじゃないんですよ!(笑) 

まずランビュールは一番このメンツの中でニヤニヤしたし、面白かったー(●^o^●)と思ったので、ここは変わらずだったなと思います。
何が良かったかって…、一歩間違えたらヤバそうな奴だらけなんですけど、多分この人師匠がアレなので暗そうに見えて実は…な所がやっぱりツボったなと思います。

お次はミハエルでーす\(^o^)/
わぁ~まさかミハエルが2番目になるとは~(棒読み)
自分でも驚きなんですけど…、なんてゆうか所謂だいぶトリッキーなキャラだと思うんですよね。
恋愛としての感情なのかは分かりにくいんですけど、だいぶ執着している感じが見え隠れしていて結構好きでした(笑)
言葉では全く伝わりにくいけど、何度も罵られるのを聞いていたら愛の言葉に聞こえる不思議…。
そして彼の言葉とはちぐはぐな行動が、これまた可愛らしく見えてしまった。
もしかして私、遂に眼科に行った方が良いのかな?(*_*)

マーシャルは初回でプレイした割には印象に残ったキャラでした(〃´∪`〃)ゞ
結構正統派なキャラかな~とは思うんですけど、なんてゆうか…すっごく可愛い奴だったんですよねぇ~。
今回の攻略キャラ達の中では一番普通に近い恋愛展開だったと思うけど、何か可愛かった!凄く可愛かった!めっちゃ可愛かった!という事で、この位置に致しました(笑)

そして4番目のお二方は、その人もそれぞれニヤニヤポイントがあったので、順番を付けられなかった…。
わりと二人とも背徳感のある恋愛展開って感じだったんですけど、物語的にはこの二人ありきの物語なのでかなり重要ポストだと思う。
この人達のお陰で凄く私の思考は忙しくなったし!
ジャスティンはわりと恋愛してる感はあったけど、エドワルドはまた違った"らしさ"のある内容だったなと思いますね。
どちらも面白い展開なんですよね~とか書いていると、この位置にこの二人を持ってきた事に悩み始めそうなので、もうやめておきます(笑)

ではでは、エドワルドとミハエルのキャラ別感想にいきます!

◇エドワルド・ウィンフリー/鈴村健一
edo00.png

来ました!シエラの仕える主であり、王位継承第一位の王子さまです。
見た目的にも皆に見せている部分的にも、ザ・王子さまって感じのお方なんですけど、唯一シエラにだけ見せる一面というのが…なかなか…なお方です(笑)

シエラとの普段のやり取りを見ていても、主従関係がきっちりって感じなので、愛とか恋とかそうゆう雰囲気には一見すると見えないんですが…。
ある意味、ミハエルとは違う形で強いもので結ばれているんじゃないかなと思います。
あっちとこっちではかなりの違いがあるんだけども、何というか強い何かで結ばれているけど、種類が違う感じ?がしますが、どちらも他との関係性にはない結びつきって感じかな。

ルートシナリオ的には、結構他では見れないエドワルドの一面のオンパレードって感じなんですけど、シエラにかなり気を許している部分があるので、そのせいか王子っぽくない所が多く見れて面白いなと思いましたね!
それにまとめ感想でも言ったんですけど、考えさせられる所が多いのが王子2人の√だったんですが、一番は、EDに〇〇EDってネーミングがついているんですけど、とあるEDってどこの√でも終わり方が一緒なんだけど、ジャスティン√とエドワルド√をプレイする事で、そこのEDの重み…というかそうゆうのが感じられる所があったなと。

このEDはここに来るまでに何度も迎えているんだけど、ここに来て早送りしないで2人のやり取りを改めて見てしまった…。
この辺はあまり言えないんですけど、ちょっとだけ暗い感情を見せてくる部分でもあるので、周回をしていくほどに面白いなと思う部分でもあった気がします。
それに、このEDを見る事でシエラのエドワルドに対しての忠誠心?というものが、更にどんなものなのかが改めて感じられるなと思いました。

愛とも言える程の忠誠心ですよ……。

エドワルドの√は個人的にはBESTの方がある意味、苦しい感じがするというか…(笑)
結果的には主従関係からどんどん逸脱した感情を持ち始めるって感じだし、手に入るけど手に入らないというか、そんな感じだからこそ面白い部分もあるのかな~と思うんです。
でも、普通で言う所の幸せな結末とはちょっと違うかなと思うけど、そこがこの√の良さなのかなとも思う。
エドワルドもシエラに対して特別な感情を抱いているんですけど、最初の方ではシエラに向ける信頼というかそうゆうのが強くて、恋愛的な行動に出てるのかな~?って思ったんですよ。
でも、何度も繰り返してシエラに迫る…というか、まぁキスしたりしているのを見ていたら、この人の感情って結構屈折というか捻くれているというか(笑)
主従という意味も含め分かりやすいけど、多分こうジャスティンみたいにストレートに出してくるタイプではないので、ある意味で結構面倒なタイプではあるのかなと思いました。

でも、すごーく言葉にするのが難しいんですよね~(;´・ω・)
シエラの事が凄く好きだし色々な意味で愛しているんだと思う…けど、彼が心の底から純粋にそうゆう対象として思うからこそ、一生傍に置いて置けるあの位置にシエラを置く事に固執したのかな~と…。
これはシエラにも言える事だと思うんですけどね。
シエラはエドワルドが何よりも一番なので、彼が死ぬと言ったら一緒に死ぬくらいの覚悟なんですよね。と言う事は、国の為に愛も無く結婚する相手よりも、他の部下よりも何よりもシエラだけは信頼してなんでも任せているので、ある意味で究極の愛に思えるんです。

第三者の台詞でもあるんですけど、エドワルドはきっと他の誰の助言も聞かないけど、シエラの言葉なら聞き入れると…。
王子であり時期王になる人だからこそ、周りの助言なんていちいち聞かないしブレない部分がしっかりとあるんだと思うんだけど、それでもシエラの言葉は聞き入れるくらいには彼女に対しての信頼は一番だし深いって事になるし。
他√でもこれは描かれているんですけど、いざエドワルドの√に来たら、その部分が凄く強く感じられて、今までの間の恋だのよりもだいぶ深いものを感じたな~と思いました。

そうゆうのを√シナリオを進む中で、色々な見せ方としてこちらに見せてくるので、どのエンディングを迎えても、「あぁ…なる程…。」と思うのですよ。
これがBESTやGOODでなくても、納得のできる終わり方になっていると思います。

エドワルドがシエラに向けるものも、シエラがエドワルドに向けるものこの2人だからこそだと思うので、他とは違った形になっていて楽しかった。
ただ、なんてゆうか…やっぱり色々考えてしまう所が多くて、それで余計に面白かったと思っている部分もあるかな。

◇ミハエル・ファウスト/緑川光
miha00.png 

私、クリエンの序盤のミハエルとシエラのやり取りを見る限り、この人はまともに会話のキャッチボール的なのも出来ないのに、攻略なんてとんでもないっ‼と思ってました。いや、マジで(笑)
とにかく「マイセン凄い!かっこいい!すごいからすごい!何か分かんないけどすごい!大好き!」みたいな感じなんですよ…。
なので、この人が…シエラと何かなるのか?と不思議に思ってたんですよね。
でも、ふたを開けてみたら、何かめっちゃ可愛いし悪魔らしい形での表し方で、結構面白い√だったなと思います。

えーっと…これはどこまで言って良いのか…。
とにかくマイセン大好きな悪魔なんですけど、シエラとはとある繋がりがあってわりと長い付き合いになっているんです。
で、この物語を通してシエラのいる王城にマイセンとオランヌ、ミハエルが長期滞在する事になるんですけど、ミハエルが長い事近くに居る事でシエラの体調があまり良く無い…って事が結構描かれているんです。
でも、このシエラが不調になる原因も、シエラとミハエルにとある繋がりがある事で、シエラが昔の自分を思いだすというかそうゆう部分もあるのかな?
ミハエル以外の前では強くいられるけど、ミハエルにはそれが通じない…みたいな。
なので、他では見られないシエラというのが見られるという点では、かなり新鮮な気持ちで見られた√だったかなと思います。

それに加えて、ミハエルは「悪魔」という種族だからこその、負のものを引き寄せやすかったりとかそうゆうのもあるんだと思うんです。
ちなみに、ミハエルが悪魔だという事については、ちゃんと知っているという人はわりと一部の人だけだと思う…。
ただ、オランヌだったり魔法使いである人物や、第六感的なものが働く人は口をそろえて『関わらない方が良いもの』として認識しています。
特別嫌な思いをしたとかそうゆう出来事としてではなく、感覚的にやっぱり負の世界の生き物?みたいな感じなので、色々と感じる部分があるんだそうな(笑)

なので、まぁ…随所に“悪魔だから”と思わされる部分があるかな。
好意を現しているであろう所でも、普通の人達が相手に抱く感情とは違うものだと思いますし、言葉にしてくるものも彼らしい表現方法だと思いますしね。
とにかく普通だったら嬉しくない、絶対に喜ばない言葉を常にミハエルに言われるんですけど、最初こそ「さすが………」って思うんです。
人間は弱いとか脆弱とか脆いとか、汚いとか諸々…本当に色々言われる(笑)
だけど、その直接的な言葉こそ、好意の表れなのかなぁ~?とかそうゆう風に思てくるから不思議なもんだ(笑)
別に私がドMで罵られたいとかそうゆう願望や趣味がある訳ではないですからねっ‼笑

それと、ミハエルってエドワルド感想でも言ったけど、彼とはまた違った形ですっごーーーーくシエラに執着しているというか…。
もはや手に入れる事は決まっているし断れないので、執着という言葉では片付けられないんですけど(笑)
何というか契約ではない独特な形ではあるんですけど、ある意味でエドワルドとは別の形で一生を縛るみたいな…そんな感じかな~。
シエラは完全にミハエルの事が恋愛的な意味で好きなんだけど、ミハエルの方はシエラのものとはちょっとズレてる感じなんですよね。
でも、そこにはちゃんと好意が存在しているんです。

結構な確率でミハエルの膝の上に乗っているシエラに遭遇するマイセンなんですけど、度々気まずそうにしていたんですが、シエラ×ミハエルがする様々な行為?が、どうしても恋愛的な意味とはまた違う感じに見えるんですよね…。
普通に見たら恋人同士というか、好意を抱き合っている人達がする行為なんだけど、甘い感じでは無いというかうまく言えない(笑)

でも、そんな行動に出るミハエルを見ていると、不思議とニヤニヤしちゃうんだよな~(*´ω`)
個人的には、シエラとオランヌが近づくとシエラに抱き付きつつ、オランヌの事を殺したいと連呼してみたり、マイセンがシエラに触れるとシエラを突き飛ばして、まるでシエラが悪いかのようにマイセンが汚れるからシエラに触ったらダメとか言う所…があるんですけど……、この悪魔…可愛くないですか?(笑)

多分、ミハエルが言っている言葉をまんま鵜呑みにすると、「えっ!(@_@)」って思うんですけど、だんだんその言葉がミハエルが発する言葉の反対の意味に聞こえてくるんですよね。
しかも悪魔だから、正の言葉や行動とかは彼にとって好意的なものではなくて、私達が思うのとは反対の言葉とかが彼にとっては好意的な意味なのかな~とか、色々思うと何か勝手に楽しくなっちゃいました(笑)

全然うまい事言えないんですけど、王子2人とミハエルまでやると、ちょっと深いな…と思える所とかも出てきて、面白かったな~と思いました!
特にミハエルは他キャラとは違う立ち位置なので、シエラも新鮮だし楽しかったです(●^o^●)

と…こんな感じで、最後まで楽しんでプレイする事が出来ました~♪
数年放置して熟成させた甲斐がありまして、楽しかったです。
大陸シリーズやってるけどクリエンまだだよ~って人には、是非やって見て欲しいなぁと思います。
ちょっと回りくどい部分もあると思うし、合間合間で過去に飛んだりするんですけど、生と死についてとか触れてたり…なんか、そんな大そうな事じゃなさそうなのに、ちょこちょこそうゆう要素も入れてきてて、地味に面白かったです(笑)
ミハエルとシエラのやり取りが苦手だったけど、√に入ると結構興味深い話とかしてますしね。

さて、ここでクリエンが終わったので、そろそろBダッシュしないと神凪が来ちゃうよ~(;'∀')って事で、Paradise結もインストしておきました~(∩´∀`)∩
ちょこっとの間、FF12はお休みしまして( ;∀;)、まずはParadiseをプレイしようと思います!
その後神凪もやらないと言いけないし、ロゼ崩しもしないといけなくて忙しい忙しい!←

明日早速感想喋れるかは分からないんですけど、仕事も明日からちょびっと忙しくなるので、マイペースに進めていこうと思います♪
ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~!┏○ペコ



急に寒くなった…!
今日は会社でも椅子の上に
体育座りをして暖を取りながら仕事を(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いしますヽ(^o^)丿
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~\( 'ω')/

まずは、前回のオトカフェのレポにお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~♪
普段聞く機会のあまりないブログに関しての事とか、これまたタイミングが良かったんですけど他にも感想の感想?を頂く機会が重なって、これからも楽しく書いて行きたいな!と熱が更に燃え上がりました(笑)
と言う事で、本日もいつもながらとっても励みとさせて頂いております‼┏○ペコ

さてさて、今日はビズログの感想なんですけど、書く事あんまりないので(笑)まずは、昨日のワンオクのliveのお話しさせて貰っても良いですか~?| |д・) ソォーッ… 
興味ない人もいると思うので、その場合はすっ飛ばしちゃって下さい!

とりあえず、めちゃめちゃ、すっごくすんごぉぉぉぉぉぉぉく楽しかったし、本当に素敵だった…‼
そもそもワンオク(ONE OK ROCK)ってロックなので基本こう…激しめな音楽が多いので、過去のライブを見ててもなかなか…なのですよ(笑)
行った事ないけど多分アリーナスタンドとかはもみくちゃになると思うし、過去に行ったロックな感じのライブでのアリーナスタンドではもみくちゃだった。
でも、今回はフルオーケストラのライブツアーだったので、結構大人しめなアレンジがされているのかな~って思って行きました。
ちなみに会場はさいたまスーパーアリーナです!

16時開演だったんですけど少しだけ遅れて開演しまして、席は肉眼で皆が動いているのがしっかり見える感じ(笑)
私が当たったのはアリーナスタンドではなく、周りの客席がある所だったんですけど、米粒って小ささでも無く表情はさすがに見えないけど普通に動いているとかそうゆうのが分かる感じですね。

で、ステージ上はステージの前方にメンバーに4人が居て、ドラムのさらに後ろが高台みたいになってて、そこにオーケストラの皆さんが…って感じでした。
何と、そのオーケストラの人達は総勢35人だったんですけど、音が凄い迫力なんですよ!
曲の始まりとかにオーケストラだけで始まったりしてもめちゃくちゃカッコイイし、ギターとかベース・ドラムが普通に激しいままの楽曲とかもやったんですけど、その奥からちゃんとオーケストラの音も聞こえて本当にかっこいいし迫力あるし、もう最高でした(^o^)

何故か分からないけど、出て来た瞬間に私は泣き、一緒に行った友人は途中で泣いてた(笑)

基本的にはオーケストラが入れられるようにアレンジされているので、ちょっとゆったりした曲調にしてみたりとかもあったんですけど…。
原曲のまま激しいやつとかもオーケストラを入れて演奏してたりしたので、想像していた"オーケストラとのライブ"とは全然違ってて面白かったです。
メンバーも普段とは全く違う装いで、皆スーツ姿だったしいつもと違った彼らって感じでした。

あまりにも面白かったゲームをプレイした後と同様に、凄かった・面白かった・最高だったの単語しか出てこないんですけど、本当に行けて良かった‼と思いました。
来年もまたライブの抽選があったら応募しようと思いまーす(^O^)

ではでは、これよりビズログ12月号の感想にいきたいと思います。
もう12月号か…次は1月号かと思うと、なんか…なんか…(笑)

今回は本当にすっごく読む所が少なくて、感想速攻終わると思いますが頑張ってお喋りしちゃいますよ~!
新しいアプリとかは結構掲載されていたんですけど、CSの方の特集は全然ちょこっと…って感じで読み込むページより、サッとめくる方が多かったです(笑)
では、いつもながら気になる所だけピックアップしていきます!
ー2019年発売予定ー

今回はサブキャラ達が公開されていました~(*´ω`)
これはつい先日のオトカフェの時にも森久保さんのキャラの話題で盛り上がったんですけども…(笑)
なかなかサブキャラ達も濃い~方々が多いので、面白そうな感じですよ~。
それぞれ原作のキャラクターをモチーフにしているキャラと、オリジナルのキャラがいるみたいなんですけど、その辺もコメント付きで紹介されていました。
一応書いておきます!

・黒沢潤子(前田玲奈)/主人公の同級生で学園で初めてで来た友人。[ジャンヌがモチーフ]
・白鳥由香里(日笠陽子)/劇団ソレイユの顧問[ポリニャック伯夫人がモチーフ]
・ピエール皇(森久保祥太郎)/劇団ルミエールの顧問で、役者として有名作品に多数主演していた過去を持つ[オリジナルキャラ]
・清水イツキ(浪川大輔)/学友兼お目付け役として学園に通うマリと優のボディーガード(マリは学園の芸術家に通うお嬢様で、優はマリの婚約者)[ジェローデルがモチーフ]
・姫宮りか(和氣あず末)/劇団ソレイユに所属する高校一年生。[オリジナルキャラ デザインの時に少しだけ意識したキャラが2名いる]
・山田のばら(井上喜久子)/ベルばらファンで主人公を名付けた母親[オリジナルキャラ 立ち位置を意識しているキャラがいる]

ってな感じで、文字だけで書いてもあまりピンと来ないと思うので、公式で掲載されたら見てみてください!
森久保さんのピエール皇は、立ち絵…なのかな?イラストが凄いインパクトが強くて面白いです(笑)
どんな感じで声をあててくるのか、ちょっと楽しみになる感じがしますね。
-2019年発売予定-

なんと!喧嘩番長乙女の名物?である 喧嘩バトルに新要素が…(笑)
前作で必死になってバトルをしたのが懐かしいのだけど、今回も私を必死にさせようというのか!

今作では複数人でのバトルが追加されて、主人公が攻撃を受けてHPが0になると負けてしまうというシステムらしいです。
敵から攻撃を受けたり敵を攻撃したりして必殺技ゲージが蓄積され、ゲージが満タンになると必殺技を繰り出せるシステムもあるんだとか…。
この時の画面はなんか乙女ゲームでは無い(笑)
ちょっと可愛らしい格ゲーの複数人版って感じで、乙女ゲームではかつてこんな画面を見た事があっただろうか…って思う感じです(笑)

今までのメンチを切ってタンカを切ってタイマンバトルへ…というおなじみのバトルも、流れは今までと同じだけど、システムが一新されるんだそうですよ~!

その他では吉良先輩と未良子先輩、2人にクローズアップした記事が掲載されていました。
お2人の紹介記事にはデデーンとイラストも載っててカッコよかったです\(^o^)/
これも結構前にプレイしているけど、こうやって見るとまた皆のちょっとお馬鹿っぽくて笑えるやり取りが見たくなってきますね(笑)
ー第一巻/発売中-
ー第二巻/2018年10月26日発売ー
ー第三巻/2018年11月30日発売予定ー

今回は第二巻の特集がされていたので、ちょこっとそれについて喋りたくてピックアップしてみました!

この第二巻では主人公の後輩の鈴太朗と先輩の保との恋が描かれる内容となっているんですけど、鈴太朗の近藤さんのコメントでちょっとニヤニヤしてしまいました(笑)
鈴太朗について色々とお話しされているんですけど、その中で「僕は"笑顔だけど裏がる"という役を頂く事が多いんですけど」って書いてあって、フフフ・・・・(。-∀-)とニヤついてしまった。
うんうんそうゆう役多いよね多いよね…ウンウン。←全然ここで想像したらダメなキャラを想像している人

まだ未プレイなのでどんな感じの内容なのか全く分からないんだけど、第一弾のトリアイとは全然違った雰囲気な感じかな~と思っています。
鈴太朗との恋愛は初恋!って感じで恋愛が進展していくっぽいんだけど、保との恋は主人公が鈴太朗に失恋して、保が親身になってくれて…そこから保が何度も告白してきて恋が芽生えるって感じっぽかった!
これが…凄く面白そうな展開なのですよ…。
保が鈴太郎に宣戦布告とかしちゃうし、トリアイの時との三角関係とは全く違った雰囲気が楽しめそうな感じですよね(●^o^●)

いや~第一巻プレイするのが、俄然楽しみになってきました(*ノωノ)
-第一夜/2018年12月21日発売予定-
-第二夜/2019年1月25日発売予定-
-第三夜/2019年2月22日発売予定-

蛇香のライラが…‼遂に第二夜の特集のなってしもうたぁぁぁぁ‼(*´Д`)
ユウヤさん描きおろしの限定版イラストパケがデデーンと描かれていたんですけど、皇驪(興津さん)と希驪(サトタクさん)のキャラが…楽しみすぎて興奮してしまった(笑)
皇驪の方は愛読書の中の登場人物と結婚する事を願っているやつなので、主人公がその登場人物の白娘子のようになり近づいていく…って感じみたいですね。
しかも、とりあえず皇驪はかなり屈折しているっぽいので、これは…どうなる事やら…(笑)

対して希驪の方は軽薄で挑発的な態度なんだそうで、皇驪とはまったく逆のタイプって感じですね!
とあるシーンの一部が掲載されていたんですけど、何か知らんが肉体美的なものを見せつけている感じで…(笑)
最初は褐色キャラの筋肉が気になってたはずなんですけど、こちらもなかなか素晴らしい腹筋です(笑)←
先月号と同様に、ちっちゃくお2人の肌色立ち絵もありますので、確実に希驪は鍛えているであろう感じの体つきだった…。

最後怪しげな三角関係…いや、もはやこれは三角関係ではなく………って感じですけど(笑)
そんなワンシーンがクローズアップされていまして、危険な香りしか感じませんでしたよ‼
大丈夫なのか…こんなに頑張って(笑)

ちなみに、サブキャラで皇驪の婚約者なるキャラクターも登場するらしいので、どうなっていくのかちょっとドキドキな感じですね~(*ノωノ)

華アワセ いろは編
-発売日未定-

何と!いろは編では新しいキャラクターが数名登場するみたいです(●^o^●)
しかも、一(ニノマエ)というキャラでミコトにはニノと呼ばせるらしいんですけど、立ち絵がかっこいぃ……\(^o^)/
これ、キャラの横に「浅はかで自分勝手なバカ」って書いてあったんですけど、私これが台詞じゃなくてキャラ紹介かと思って『ず…随分な扱いだな…(笑)』って思ったら、だいたいこうゆうのってそのキャラが喋っているていで台詞書いてますよね(笑)
あやうく勘違いする所でした(;´∀`)ハハハ…

ニノは突然開闢高校に現れる謎の少年という設定みたいです。
淡々としゃべり淡々と人を殺すとか書いてあたので、ちょっと…危険そうな感じがしますけど、この人がトリッキーなキャラだったらまた騒がなきゃいけなくなるよ~(笑)
もう一人新たな登場人物がいるんですけど、開闢高校に転入してきた編入性の「ひなた」という謎の美少女キャラ。
初対面のみことに『君に出会える日をずっと待ってた』という告げるんだそうで、この子の存在もまたとっても謎に包まれている感じですね。

そして、今までのシリーズで主人公みことの幼馴染として登場していた、アイちゃんとシヨウ君はいろは編では狛犬姿で登場するんだとか…。
狛犬のタマとポチとして登場するんだそうで、開闢高校の理事長である金時花が門前に捨てられていた二匹を拾い、育てているけど金時花には全く懐いていないんだそうです(笑)

少しずつ華アワセの情報も出てきているんですけど、新キャラ登場で更に謎が深まった気がするのは気のせいだろうか…。
ひなたの台詞とか、どこか何かで関係がありそうな…何かモヤモヤするんだけど、当たり前だけど何も閃かないです(笑)
とりあえず早くプレイしたぁ~い…(笑)

っと、私的に気になるのはこんな感じかな~?
コルダのオクターヴの事ととか掲載されていたんですけど、全くの未プレイの為何も触れなかったですが…(;´∀`)スミマセン…

今月号は発表とかも結構落ち着いた頃だし、アプリの情報の方がかなり多かったかな~?と思いますね!
switchで新しく出るであろう作品とかは、特に動きとか無かったですし…。
でも年内の乙女ゲー発売なんて数えるほどだろうし、もう少し号数先じゃないと色々な作品に動きが無さそうだから…、当分は静か~な日々が続きそうな予感が(笑)

今日も今日とて凄く眠たいけど、そろそろ本気でクリエン進めないと終わらないよ~( ;∀;)
発売したのが届き続けて渋滞が起きそうです…(笑)
何だかんだと仕事もちょこっと忙しくて、私生活でも本当にちょびっとだけやる事が重なって…、なかな進まないもどかしい感じ(=_=)
でもちゃんと終わらせます!

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!(^o^)




最近ハマっている岩手産の
ヨーグルトを愛飲愛食中です…。
でも何気に高くで私の財布を圧迫してます(笑)←
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~(●^o^●)

まずは、昨日の感想&独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ
毎日大変、更新の励みと私の元気の源とさせて頂いておりますです!ヽ(^o^)丿アリガトウー‼

今日は予定通りオトメイトカフェ シーズナルセレクションだったかな?(笑)に行って来ましたよ~(≧∇≦)ヒャッホウ!
もう今日1日を通して…というか、今日はいつも以上に笑いの神…ある意味で引きの強い1日だったので、皆さんにもそれを聞いて頂こうと思いますよ~‼(笑)

という事で、今回もいつも遊んで頂いているrikoさんと行って来ました~(/・ω・)/

まず、前から何度も言っていたんですけど、今までのオトカフェでは予め《○月○日の○時に行く!》ってなったら、チケットを取って発券してから行っていたのですよ。
なので、事前にチケットを取る事でいざお店にいったら入れない(;・∀・)なんて事は無く、"何時の回の予約"って形になるのである意味安心だった…。
でも、今回からのオトカフェは今までの制度とか違う形になっていて、朝並んで整理券を貰ってからうにゃうにゃ…という事が公式に書かれていました。
これがどんな感じのシステムなのかイマイチ分からないのもあったので、事前に休日だし10時に待ち合わせして行っておきましょうとなりました。

実は私、rikoさんに会う前から、きっとこの日はいつもと違う日になるという事が決まっていたのかもしれないと思うんですけど…。
昨日早めに就寝したんですが、早朝5時頃…気持ちよくグースカ寝てたら、けたたましい消防車や救急車、パトカーとサイレンの音で起きたんですよ!(;゚Д゚)
夢の中でサイレンが鳴ってたんだけど明らかに近所で止まった…。こんな事少し前にもあったと思うんですけど、あの時と全く同じ状況です(笑)
寝ぼけながら"火事かな…怖いな…"と思ってたら母が起きてきて歩く音がしたので、『お母さぁ~ん、怖いよぉ~』って言ったら『見てくる!』とか言うので、何か余計に不安になったので私も見に行きました。

結局は火事とかでもなく、何だったのかすら分からなかったんですけど、うちの前の通りが緊急車両たちで騒がしくなり、警察の人達もあちいこっちへ駆けまわっててザワザワ。
その後布団に入ったものの全然寝付けないので、リビングでちょこっとだけ二度寝をしました(;'∀')
そんな感じで目覚ましより少し早めに目が覚め、無事に寝坊せずに済んだんですけど(笑)
朝方の騒ぎのせいで無駄に眠かった…(=_=)

でも凄く楽しみにしていたので、早めに用意をして朝からまた押し付けるゲームとかお返しするゲームとかを準備していざ秋葉原へ‼
10時少し前に着いたのですけど、待ち合わせ場所には既にrikoさんが居たので、合流してパセラリゾーツに向かいました。
しかし、土曜日の秋葉原、何度かオトカフェとかに来ているけど、いつも以上に人が多くて凄かった!(;゚Д゚)
そこかしこのパチンコ屋さんにめちゃめちゃ行列が出来てて、2人で"何であんなに並んでるのかね~?"と不思議に思いながら向かいました(笑)

さて、無事に到着したのがちょうど10時頃だったんですけど、多分オトカフェ仲間っぽいお嬢さんたちは、この時点では割と少なめ…。
他のコラボカフェ目当ての人かな?って人は、既に1階部分にかなり集結していました(笑)
何カフェ目当てなのか全然分からなかったけど、とにかく1階部分には朝10時なのに人が多かったです。

どんな感じなのかな~?と色々お話ししながら待ってたんですけど、整理券配布は10:30からだったので、朝一だけど元気にお喋りに花を咲かせてしまったヽ(^o^)丿
ピオフィオーレもプレイして貰えたことだし、ちょいちょいとその話をしながら30分間良い子に待っておりました。
で、10時半にもなると乙女たちが意外と増えていた!
朝一にはちょろっとしかいなかったのに、意外にも外の方で待っている人達もいたみたいで、整理券配布の時には結構な数になっていました~!

まず、10:30半から整列が始まるんですけど、この時に順番に並んで小さなカードに番号が書かれたものを貰いました。
この時点で貰った番号は《5》だったんですけど、この整列が終わると順番に抽選をするんだとか。
で、この抽選の結果の順番で、何時の回に入りたいかが選べる…というシステムです。
ワイワイとお喋りしながら待ってたんですけど、『じゃぁ、5番だけど一番最後になる可能性もあるって事だね(笑)』と笑いながら私が言いつつ、怖いね~(笑)と言い合っていました。

さぁ!10:45になると整列した順番に抽選です!
この抽選がまたハイテクなんですけど、iPadみたいなタブレットの前に連行されて、画面中央にある○の部分をタッチするとレシートが発行されて、そこからランダムな数字が出てくるというシステムになっていました。
で、1番の人から順番にタッチしちゃれレシート出して、タッチしちゃレシート出して…ってしてたんですけど、rikoさんが先にレシート出した人のを見てコソッと『( ゚д゚)ハッ!あの人(私達よりもだいぶ前の人)35って書いてあったよ‥‥‼』とか言うので、『えっ!マジ!?怖い‼一番最後かも知んないね‼(笑)』って言ってたんです。
いざ、自分の番になりパネルの○ボタンを押してレシートがガガガガ…って出てきたら…。

《36》

って書いてありました(笑)
全然笑えないけど2人で『ギャッ‼』となりながらも笑ってしまった…(笑)
そもそも36組居るの?36って一番最後なんじゃね?とか言いながら、皆さまが引き終わるのを待ちまして、全員が終わってから順に並んで何時の回に入るのかを決めていく形になります。
そして、番号が順に呼ばれるのでどんどん並んでいったんですけど、なんと私達最後から2番目だったよー!(笑)
笑いながらふざけて言ってたことが現実になったんですよ~(*_*)
これじゃぁ何時の回に入れるか分からないねぇ…と言いつつも、順番に決めて行くと…1回目の回が満席になりました~というアナウンス。
これだけ並んでいるので、1回目の11:30には入れないと思っていたけど、何時なら入れるのかなぁとソワソワ…してないな(笑)
カラオケにヘドバン用のポールが付いてるという紹介を見ながらお喋りしたり、外に飾ってある作品のキャラ達を見ながらキャッキャしたりしてました(ΦωΦ)

そんなこんなでお喋りしているとついに私たちの番に…。
これが意外と早かったんですけど、一番早くて13:30の回で席が隣同士の並びですって言われたんですけど、それでもOKだったので13:30の回にしました!
もしかしたら夕方かな…ドキドキ…とか思っていたので、案外早くてよかった~ε-(´∀`*)ホッ
全てが終了したのが11時頃だったので、コーヒーでも飲みながら時間までお喋りしましょう~って事になり、私とrikoさんが初デートをした時に行ったカフェに行こう!ってなって、そこに向かいました~♪

かれこれ2年前…くらいになるんですかね?
初めましては数人の乙女達とのオフ会で、その次に2人で会いましょうってなったんですけど、その時に行った所だよね~って話してたんですけど……。
もうあれから2年も経ったのか…と恐ろしくなりました(笑)
アレコレお喋りしながらカフェに着き、ここからはまだ午前中なのにお喋りが止まらず、割と気付いたら良い時間だったんですけど…(;'∀')
いつも通りプレイしたゲームの事とか、私生活でのちょっとした相談事とか色々とお話しさせて貰いました~!
後はお互いブログを書いているのでそのお話しとかしてたんですけど、ここでのメインは私の収納についての相談がメインだったような気が(笑)
後はあまりにもお腹が好きすぎて、途中でメニューをスマホで物色し始めた私…。
何食べようかな~これかな~とか言いながら、2人でこの時点で決めようとしていました(笑)
そんな話をしつつも気付いたら2時間経とうとしていたので、早めにあちらに戻って色々済ませて準備しておこうと思い、13時前にはこのカフェを出ました!

あ、お腹空いてマジでやばかったんですけど、オトカフェで食べる為に凄い我慢しました(笑)
我慢しすぎていざオトカフェに行ったら大変な事になったんですけどね…。

そんでもって、今日の私達の狙いはピオフィオーレかカラマリのコースターとかランチョン出たら良いな~って思ってたんです。
事前にどんなのがあるのか見てたんですけど、緋色もシャレマニも私達未プレイなのですけど、それでもやっぱり最近盛り上がったあの2作品が良いな…と。
で、ここからの会話、シャレマニのロボット?好きな人いたらごめんなさいなんですけど、先に謝罪しておきますm(__)m m(__)m m(__)m m(__)m

りな子「シャレマニのね、ロボットばっかりのランチョンがあったんだけど…あれが出たらどうしよう…(笑)」

rikoさん「ロボット?あ、あのクレイドルみたいなやつ?」

りな子「そうそう!黒いやつでそれがズラって並んでて、多分キャラにちなんだ色?みたいなのがついてるやつ‼(笑)」

rikoさん「クレイドルなら良いけど、シャレマニはやってないからなぁ(笑)」

とか話してたんです。
要するに、まだ未プレイであのロボットが何かも分からないし、ロボットズラって書いてあるの当たってもな…(笑)という事なのですよ。
せっかくならちゃんと絵師さんが描いているであろうあの美しいイラストのやつが欲しいじゃないですか!
でもまぁ、各作品2枚ずつあるみたいだし、欲しいのが当たるなんて美味しい事はなかったとしても、ロボット以外が良いな~と思いながらお話ししていました。
でも今日は、「最後だったりして」とか言ってたら本当に最後の方だったりしているので、ちょっと怖いね~って喋りながら向かいます(笑)

さて、いよいよ!オトカフェに出陣ですよ~。

13:30の回の人も結構いたので、満席近くまで埋まっていたんじゃないかな?と思うんですけど、朝並んでいたときは窓際の席の所にモニターがあって、ピオフィオーレとシャレマニのPVが流れていたし、そこなのかな~って思ってたんですけど、案内されたのは奥の席でした!
私達は長テーブルのカウンター席に、並んで座れる隅っこの席だったんですけど、他にもソファー×椅子の席とか、円卓席とか色々ある感じですね。

で、今まではiPadで注文して最後にお会計というスタイルだったけど、今回はカウンターに並んでメニューを頼んで会計してから、料理が届くスタイルになっていました。
前のオトカフェとは全く違うシステムになっていますね!
開始前に店員さんのアナウンスがあって、それを聞いてから開始となります。
皆さんレジ前に並んで順番に注文をしてたんですけど、私達はちょっと待ってから注文しに行きました。

店内は何となく写真を撮るのが憚られる感じだったので、全然撮れなかったんですけど…( ;∀;)
rikoさんは一部分だけ撮ってたので、あちらで掲載されるのを見てみてください(笑)
全体的にわりとシンプル目な感じで、広めの席の所に今回のメニュー部分にも掲載されている、各作品のパッケージイラスト?が壁に貼られている感じですね。
あまり大きめの物でもないし、前回のオトカフェとかオトガみたいに、こう…ババーン‼って感じでは無く、ちょっと控えめな感じかなという印象でした。
普段通りのお店にイラストがちょこちょこ飾られているのと、窓側にも各キャラの立ち絵の並んだやつがズラリと貼られている…という感じかな~。
外が見える席の所にも、窓部分に各作品のイラストが飾られていたけど、それでも結構シンプルな感じ…という印象が残ってますね。

そしてそろそろ並びましょうか~と言いながら、店内のモニターに流れているPVを見つつ、リーやオリヴァーやロベルトが結構好きだった~とか、ピオフィオーレのお話しをしながら注文して席に座り料理を待ちます。
この時注文&会計をするとコースターが貰えるので、席でワクワクしながら見るという(笑)

で、これ並ぶ前だったか後だったか忘れちゃったんですけど、席に用意されているランチョンを『何だったか見てみようよー!』って私が言ったんですよ。
そしてドキドキしながらペロリ…と捲ると、「あ~これかぁ~…」ってなって、rikoさんが捲った瞬間に「ブッ(笑)(*;゚;ж;゚;*)ブッ」ってなったんですが…。

IMG_8299.jpg

出たーーーーーーー!神引き‼(笑)
この同じ回にいた方々には、私がこの瞬間凄い騒がしかった事をお詫びしたいと思いますが、rikoさんが神すぎてつい笑ってしまったんですよ( ;∀;)
オトガでは推しを必ず引くという神引きをしているrikoさんが、ここではある意味で神引きをしていましたよ…。
いや、もう本当、大爆笑をしてしまって何故か楽しそうな人達…って感じだったと思うんですけど、まさかのタイミングで出てくるので…耐えられませんでした\(^o^)/

ちなみに私も緋色は未プレイなので、欲しい人居たら変えてあげるよ~って感じで見えるように立てかけておきました!
コースターは…ぐふぐふ…。楊は出なかったので残念だけどこれが出たよー♪

IMG_8300.jpg IMG_8304.jpg

まず、コースターはピオフィ(ダンテ×リリィ)、カラマリ(白石×岡崎)、シャレマニ(分からないw)ってな感じでーす!
残念ながらシャレマニはプレイし終わるまで誰か分からないですが、ピオフィオーレとカラマリが来てくれたよ~(●^o^●)

一緒に撮影しちゃったので頼んだメニューも、知りたくないと思うけど書いてしまいます(笑)
・ドリンク/ピオフィオーレの晩鐘
・メイン/キョウヤの煮込みハンバーグ(シャレマニ)
・デザート/リリィのトルタ・アル・リモーネ(ピオフィオーレ)
ってな感じでーす!
予定ではメニュー表を見ている時は、カラマリの景之のお弁当にしようと思ってたんですけど、いざ本物を見たら「あ、あんなのお腹膨れないよ…‼」ってなってしまったので(笑)
急遽変更してシャレマニのメニューに致しました(;゚Д゚)

お腹空かせて待っていたので、満腹感を得たいと思ってしまい景之くんのお弁当ではお腹が満たされないであろう感じがしてしまったのだ…。
しかも、あまりの空腹に落ち着けず、早く食べたくて写真を撮るのをワタワタしてたらrikoさんに「落ち着いて…!」と言われました(笑)
早く食べたくて、でも写真撮らないとと思ってコースター並べようとしたら、滑って立てかけられなくて、「早く食べたいよ~(;_:)」とかなってました…(笑)

無事に写真も撮って実食~!

ハンバーグはとっても美味しかったで~す(*´ω`)
小さいフォカッチャみたいなのがついていたんですけど、ハンバーグ自体も丁度良いボリュームで食べやすかったです。
飲み物は思ったよりも甘くないかな?って感じたんだけど、デザートと一緒に飲んでたらやっぱり甘くて、途中から「コーヒーが飲みたい…」と言いながら食べてました(笑)
リリィのトルタ・アル・リモーネはレモン風味ではあるんですけど、タルトというよりもちょっと焼き菓子ちっくな感じかな~?
結構重量感があってご飯ではお腹いっぱいにならなくても、これでだいぶお腹がいっぱいになってしまう感じですかね(笑)
ガッツリケーキって普段あんまり食べないので、凄い満腹感が得られました~…。

そういえばモグモグ食べてたら、一人の乙女さんが「何か探しているランチョンがありますか?」って聞いてきたんですけど、多分緋色のランチョンが欲しかったんだと思うんです。
で、私はピオフィオーレなんて早々ないよなと思ったし、緋色未プレイだから交換するのは全然OKだったので、「何が出たんですか?」と聞いたらクロゼロだったので、交換して頂きました~(*´ω`)♪

IMG_8301.jpg 

うふふふふ( *´艸`)
円がいる~!と思ってルンルンだったんですけど、交換してくれた方(人´∀`)アリガトー♪

と、色々と私達的に面白事件が勃発したのだけど、ここではお互いの好きになりそうなキャラというのが統一されてて面白いよねというのを改めて話していました。
ピオフィオーレを貸した時に、きっとrikoさんは二コラかな~って思いつつ…でも一くんとか好きだしギルもいるしなと思ってたら案の定だった~と話したり、楊が出て来た時に私が好きになるのが分かったって話したり…。
お互い偏っているけどブレないので分かり易いなぁと。
そして、私のブログの好きなキャラばかり集めているバナーを見る度に、庭師の人と目が合ってあの連中を見る度にニヤニヤする~って言われたのですけど…。
ひっそりこっそり楊を入れていた事に気付き、ニヤニヤされていた事に大笑いでした(笑)

本当は一番上に入れようと思ったんですけど、何となくコッソリ入れ込もうと思って紛れ込ませたんですよね。
そこにひっそり入れた事もバレてた事に更に笑ってしまった(笑)
だいたい敵対している人好きだよね~とか、トリッキーな人じゃないとダメだもんねとか…そうそう、そうなんだようん。
rikoさんは何というか男気!とか硬派系っぽいのと、面倒くさい系と極端だよねとか…。
人の好きなキャラを分析するのも面白いけど、同じように自分もされてるとちょっと笑っちゃいますね(笑)

オトカフェには15時前とかまでいたのかな~と思うんですけど、食べ終わった後もお喋りしつつ居座っていた私達。
その後どうしてもコーヒーが飲みたかったので、またカフェへと移動してお喋りしてきました。

今日はちょっと珍しくブログを書く時のお話しとかもしたのですけど、感想書くのって楽しいけどやっぱり凄く精神力とか気力を使うんですよね。
1つの感想書くのに短くても3時間とかはかかってしまいますし、平均するとそれ以上かけて書いているのが多分常だと思う(笑)
色々メモをしていても結局ゲームをプレイするのが楽しいから、後からメモを見ると謎な物もあったりしますしね。
その昔大メビの感想の為にφ(`д´)メモメモ...してたんですけど、後から見たら「千家 風呂」だったかな?そんなのがあったんだよね~(笑)とか話してました。

しかも、さぁ書こう!ってならないと意外と進まなかったり、こう…作詞する人がたまに歌詞が降りてくるとか言うけど、私の場合そんな感じで乗っている時はガンガン書けちゃうけど、そうじゃないと本当進まなかったりしますしね。
そんな感じで、ブログ書く時こうだーとかあぁだーとかお話ししてきたりしました。
ブログ書いている方々と会った時には、お話し出来る状況であればそれについてお話ししたりする事もあるんですけど、やっぱり自分意外の人のそうゆう話しってなかなか聞ける機会ないので、楽しいし参考になりますね!
私は結構思うままに書いて後から消したり足したり、入れ替えたりとかするんですけど、そうゆうの話せるのも楽しかったです。

あ、あと、私のクリエンの進捗とか話してきました~。
色々と話せば話すほどロゼが倒産して諸々発売されないままになってしまったのが残念だったね~という所に行きつくんですけどね…(笑)
まほごしゅとかアラロス、クリエンの気になっていたキャラ同士繋がり的な部分も、実際にプレイ済みの人と話してみると「そうなんだー!」って思える部分とかもって、更に面白さに深みが出た気がします。
これから続きをプレイするのも、また違う視点で見れる部分がある感じ!

思い出そうとすると細かく思い出せないんですけど…とにかく楽しかったし沢山笑った気がする(笑)
一番印象に残っているのは彼女のランチョンと、庭師と目が合うという所かな…。
自分ではバナーには一押しで大好きなキャラを並べているだけ…という感覚なんだけど、他の人から見た時にどう思われているのかが改めて知れたので(笑)
とりあえず、あの並んでいるキャラを見る度に「あぁ、どれも…うん…」みたいに思われているんだと言うのがよく分かりましたので~(^o^)

結構定期的にお喋り会をしているんだけど、話題が尽きないな…と改めて思います。
今回は私が引っ越しを控えているので、その辺の相談とかにものって貰ったんですけど、オタクな話題からその他の話までたっくさ~んお喋りして貰いました\( 'ω')/
今度はお泊り会も計画中だい。

いつもながら本当にすごく楽しい1日でした~(●^o^●)
念願のオトカフェも満喫出来ましたし、色々聞きたい事とか相談事とかゲームの事とか沢山お喋り出来ましたし!
朝から夕方までお付き合い頂きありがとうございました~┏○ペコ
そして私の喋りたくてしょうがなかったレポに、ここまで付き合ってくれた方々もありがとうございます!ヽ(^o^)丿

そして今日はこれを借りて来ちゃったよー!

IMG_8305.jpg 

片恋いコントラストでっすー♪
あれ、また借りてきて積み的な物が増えたようなそうでもないような…(笑)
こちらもロゼの合間に楽しませて貰おうと思います( *´艸`)

2作目のキャラが好きだと思うんだよね~って言われて、その場でチェックしたら…なかなか面白そうな設定のキャラがいたYO!
とりあえずは第一弾をそのうち始めさせて頂こうと思います\(^o^)/

いやはや、今日もオタ会&ここでのお喋り大満喫でした~♪
明日はライブなのでここにお喋りに来るかはちょっと分からないんですけど、ビズログもまだDLしていないし…もし喋りに来れたら感想喋ろうと思いますヽ(^o^)丿

ではでは~、いつもながら最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~┏○ペコ



今日は調子に乗って沢山食べなかった!
あまりの空腹に落ち着きは無かったけど…。
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします\( 'ω')/
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~\( 'ω')/

まずは、前回の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~♪┏○ペコ
本日もとーっても励みとさせて頂いております~(*´ω`)♪

昨日と今日は何だか色々と、仕事的な意味でも私生活的な意味でも地味にバタバタした日となりました~(´・ω・`)
本当は昨日は帰ってからFFやろう!って思って帰宅したんですけど、父が風邪をひいてしまった為色々と家の事をやってたらそんな時間も取れず…。
仕事の事でメールしてたりとか云々、なんだか疲れ果ててしまいました(笑)

だいぶ進みの悪いクリエンも、実は今最後から二番目のエドワルドプレイ中です‼
近いうちにやっとこさparadiseに手を付けられそうかな~って思っているんですけど、実は土曜日はオトカフェに、日曜日にはONE OK ROCK(森昌子の息子のバンドね!)のライブに行くのでゲームが滞ると思います~(n*´ω`*n)ぐふぐふ…

土曜日のオトカフェは無事に入れるのかすら分からないんですけど、ピオフィオーレのメニュー…行きたい…って思ってたので行ける事が嬉しい~(*´ω`)
朝から張り切って‼頑張って!並んじゃおうと思いますが、ちゃんと早起きできるかな…(笑)
今までみたいなチケット制じゃないから、どんな感じなのかが全く分からないんだけど、とりあえず並んで整理券さえ貰えれば大丈夫なんだろうか…。ソワソワ

別に私が何を頼もうと興味はないと思いますけど、とりあえず飲み物は魔の青い飲み物だけど、絶対ピオフィオーレにします!
オルロックのうんちゃら~ってやつも食べたい気持ちはあるのだけど、私サーモンだめなのでやめておこうと思います( ;∀;)グスン…
でもリリィの作った、リリィの作ったレモンタルトは食べるよっ!
後は何にしようかな~と仕事中にこっそりオトカフェのメニューを眺めていた事は秘密です(笑)

そんでもってこれも全く興味ないと思いますけど、日曜日は森昌子の息子のバンドを見に行くよー(笑)
ONE OK ROCK私凄く好きなのです。
いっつもズンチャカイベント行ったり、海外の人のliveとかイベントに行く事が多いのですけど、日本人のアーティストで一番好きなのです…。
ずっとライブに行ってみたかったんですけど、なかなか行けず…今回オーケストラツアーなんだけどチケットが取れたので行って来まーす\( 'ω')/
どうでもいぃついでにちょこっとお話ししたいんですけどね…。

最近のこういったライブとかのチケットって…、凄くハイテクな形になっているんですね‼
オトパとか行く時ってチケットを郵送で送られてきたりするし、野球観戦では基本球場でQRリーダーにかざしてレシートみたいなのを出したり、コンビニで発券したりするんですけども…、これは恐らく皆が思い描くチケットの入手方法だと思う。

でも‼
今回は先に抽選に応募してたんですけど、当選したらチケット配信期間中にアプリで受け取るんですよ‼(゚д゚)
こ…こんなハイテクな事した事ないし、紙で手元に無いってめちゃめっちゃ不安なんですけど(笑)

しかも2人で行く場合、応募する時に同行者の名前と電話番号とか全部入力しなくちゃいけないんですよ。
転売できないシステムになっているんですけど、りな子さんとA子さんしか行けないという仕様になっていました。
アプリで私が二枚受け取ったら、アプリを通じて同行者にチケットを渡す仕組みになっていて、初めての事すぎて不安しかくてワタワタしちゃったよ…。
ちなみに、チケットを受け取るのも登録してある電話番号から電話して、音声ガイダンスに従って番号入力とかしてやっとゲットできる形だったんですよ~。
これはなかなか面倒な作業だったけど、これからどんどんこうゆうチケットも電子化していくのかな。
なるべく難しくない方法でチケットを入手できる形にして欲しいものです(;´Д`)

と、雑談がものすごーく長くなってしまったのだけど、今日はジャスティンの感想だけでも先にあげておこうと思います!
まとめて掲載できなくて申し訳ないのですけども…、お先にジャスティンだけ失礼します(笑)

◇ジャスティン・ロベラッティ/平川大輔
jus00.png

ジャスティンはシエラの仕える主とは敵対している関係の第一王子です。
初回に攻略したマーシャルはこの第一王子ジャスティンの侍従なのですけど、マーシャルにしてもジャスティンにしても、敵対する相手を攻略なのでなかなか面白い内容だったなと思います!

エドワルドとは腹違いの兄で母の身分が劣るという事もあり、王位継承権もエドワルドよりも低く、物語序盤からエドワルドVSジャスティンという図式が出来上がっている感じなのです。
主同士が若干バチバチしている所もあるので、メイド長であるシエラや侍従長であるマーシャルを筆頭にお互いの部下たちも良い関係ではないって感じですかね。
そんな中で、ジャスティンとシエラが近づいていくカギとなっていくのが、ジャスティンのバレバレの変装での街へのお忍び大作戦です(笑)

一応王子である身なのに何度となく注意をしても、毎回バレバレの変装で自分の侍従たちに「ついてくるな」と言って街へと行こうとするジャスティン…。
そんな彼を見つけてしまい放っておけずに付いて行くシエラ(笑)
それを繰り返していく中で、ジャスティンとシエラの距離が近づき、ジャスティンがどうゆう人かが見えてくるという感じですかね。

もともとジャスティンはエドワルドとは腹違いの兄弟という設定で、ジャスティンは母を失った時の記憶が良い物ではない事からエドワルドとは良い関係とは言えないんですけど…。
エドワルドはジャスティンの事を嫌っている訳では無い描写があるし、ジャスティンもエドワルドの暗殺を何度も試みているものの、シエラに阻止されているって感じで微妙な関係性が伺えます。
実際にシエラとジャスティンの距離が近づいてくると、2人の事が噂になったりするんだけど、勿論これがエドワルドの耳にも入ります。
でもエドワルド的にはこれに反対するというよりは、ジャスティンの事をシエラに頼むという形だったり、シエラが傍に居るなら安心だみたいな事を言うんですよね。

私的、ロゼ作品あるあるなんですけども…。
実際この二人(ジャスティンとエドワルド)がお互いをどう思っているのか…とか、シエラとジャスティンの間の事とか諸々、キャラ達の言い回しとかシーン描写には何となく遠回しに描かれているというか、「こうゆう事なのかな?」というのは感じ取れるけど、直接的な言葉とか表現では表されていない所があると思うんです。
EDに関してもハピエン・GOOD以外のEDが2つあるんですけど、この終わり方もサラッと見て流せばこうゆう終わり方なんだ。と思えるんだけど、色々考え出すと深読みしちゃう所があって、終わった後に深みが出てくる所がある気がするんですよね~。
無駄に考え過ぎなのかも知れないんですけど、この終わり方はこうだから実はこうなのかな…いや…みたいな感じ(笑)

今まではそこまで考える事も無かったんですけど、ジャスティンともなるとシエラとは敵対している王子になるので、所謂禁断…まではいかないけど身分の差と敵対している相手という所で、祝福される恋愛では無い訳ですよ。
そうなるとbestを迎えるのもGOODを迎えるのも幸せではあるけど、恋愛とは別の所にエドワルドの存在があるから、若干そこに対しての永遠の嫉妬というかそうゆものがありますし‥。
更に、BAD枠になるであろうEDでは、シエラを手に入れる為にジャスティンがしたある事に対して、ものすごい執着を感じたりその分思いが深いのかな~と思ったりするので、他√にはない楽しさがあったように思います。

ちなみに、見た目通りジャスティンは偉そうで不愛想なやつなんですけど、シエラに対しては凄く可愛い人だったんですよ(笑)
凄く真っ直ぐな人なので、自分がシエラを好きだと気付いた時点で、腕を組み恐らくいつもの様な偉そうなドーンと構えた感じで、「どうやら俺はお前に惚れてるらしい。好きだ」って言ってきたりしちゃうんですよ!
これが結構早い段位階なので、そこからは王子の気まぐれですぐに飽きるだろう…って思っていると、気まぐれじゃなくズブズブとハマり込んでいく…って感じなんですけどね~。

そこからシエラに対しての扱いが変わって来たり、シエラも何だかんだ言いながらもジャスティンに惹かれていったりするので、思っていたよりもすっごく楽しめた展開でした(≧▽≦)
マーシャルとかジャスティン側の侍従にも色々言われたりするので、未来の奥方様が云々と言われている所なんて、シエラよりもジャスティンやその部下たちが先を見越しているのがちょっと面白かったです(笑)

今までの√と同様に、恋愛でのアレコレの展開がメインにはなっているんですけど、所々でジャスティンとエドワルドの事とか、ジャスティンの過去とかが入り込んで来るので、そういった部分も面白かったかな。
小さい頃のジャスティンとエドワルドのやり取りとか出てくると、この二人がどうして今の様に目に見えて敵対しているのかという理由が分かってきますし!
更に、その"どうしてその行動をとっているのか"が分かると、ハピエン・GOOD以外のEDを迎えた時にエドワルドが取る行動の意味とかも納得出来たりして、更に興味深いな~と一人で思っていました(笑)

あの周りくどいやり取りにも、考えてみると色々と意味が隠されているのかなと思うと、ちょっと楽しくなってくるので不思議ですね。

それと、平川さんの低めなお声がちょっと素敵なんですよね~\(^o^)/
あまり笑顔を見せない堅物なキャラクターなのもあるのと、声を荒げたりしない物静かで低い声が基本なんですけども…。
シエラに対してだとたまに怒ってみたり、動揺したりと声にも変化が出てくるのでその辺も楽しかったな~と思います。
普段のジャスティンとシエラの前でのジャスティンのギャップが結構好きだった(笑)

ジャスティン√はこんな感になりました~!
キャラ的には好きかと言われたら可もなく不可もなくな印象だったんですけど、プレイしてみるとなかなか楽しかったなと思います。
あれだけプレイするのがキツかったのがウソのようです(笑)

残りはあと2人なんですけど、ミハエル…意味わからない事ばかり言うからED取れるのか分からないけど頑張ります\( 'ω')/←

ではでは、明日はオトカフェのレポをお話ししたいと思いますので、楽しみじゃないと思いますけどお楽しみに~\(^o^)/

本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ




日常を忘れて旅行とか行きたーい!(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(*´ω`)ノシ

まずは、前回の積みゲー晒&プレイ計画記事にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました♪
本日もとーっても励みとさせて頂いております\( 'ω')/

さてさて、昨日はいつも通りに帰宅してから、週末に衣変えをする為にしまってある冬物のBOXを出したり、仕舞う前の夏物を仕分けしたりとしておりました…。
早めに終わってゲームを…と思っていたんですけど、帰って来てからやり始めたので結構時間がかかってしまい結局ゲームどころじゃなかった(笑)
でもでも、地道にクリエンが進んでいるので、今日は終わっている分だけキャラ別を喋らせて貰おうと思います♪

って事で早速順番にいきまーすヽ(^o^)丿

◇ブライアン・カペラ/鈴木達央
bry00.png

ブライアンはシエラ(主人公)の部下リリーの兄でもある貴族様です。
リリーは貴族でありながらシエラに盲目的に憧れているんですけど、、シエラと一緒に働くべく護衛兼メイドの面接やテストをパスして、この職に就いたちょっと変わった子でもあります。
が、貴族出身にも関わらず、シエラに次ぐ強さを誇る子でもありますし、更に結構残酷?残忍?冷酷?な一面も持っている子です。
普段はシエラの事を「お姉さま~」と慕い、とっても可愛らしい見た目の女の子なんですけど、血を浴びながら何かをしているシーンとかもありますしね(笑)

そんなリリーの事が可愛くて可愛くて仕方がないブライアンが、今回の攻略相手となるんですけれども…。
彼は彼で、貴族たちの間では相当な遊び人で泣かせた女は数知れず…と噂されている人物なのですが、実際は本人曰く至ってノーマルなんだそうな(笑)

ブライアンはリリーに会いたいが為に詰所などによく顔を出し、更にはリリーの仕事中にまで押しかけて来たりする困ったお兄さまなんですけど、そうやっているうちにシエラとも仲が良くなって行くって感じですかね。
最初こそ、"可愛い妹の上司"という認識で、シエラの存在自体結構無視というか、あまり気にしていない感じの対応なんですよね。
だけどそれが、「リリーがシエラを慕っているのは、恋愛的な意味なんじゃないか」という疑問が生まれ始めたくらいから、シエラとブライアンが色々と話す機会が増えてきて、シエラに対する認識が"リリーの上司"から"シエラ"に変化していく形になっています。

もともとリリーがかなりシエラに盲目的な憧れを抱いているんですけど、ブライアンもシエラのファンだと言ってくるんですよ。
どこがファンなのか…と最初は凄く疑っていたんですけど、そんなの経てブライアンの方が先にシエラに好意を寄せていく形になっています。
そこから、シエラにどうやって自分の事を好きだと認めさせるか…みたいな攻防に見えたんですけど、これがまたまどろっこしい所もあるけど、なかなか面白いかった(笑)

ブライアンは貴族ですし、次期侯爵でもあるので将来的には国の重鎮になるような立場の人なんです。
なのに、第二王子付きのメイドにお熱とあっては、周りからも色々と言われるわけですよ!
実際にシエラと仲が良いという噂が広まった時に、周りの貴族から色々と言われる場面なんかもあったりするんですけども…。
その時はまぁ、いつもへらへらしているブライアンが、別人の様になっていたのでそれはちょっと素敵だったなと思った所でもあります(n*´ω`*n)

恋愛面的には多分どのキャラも、相手が先にシエラに好意を寄せてきて、2人の間には貴族×メイドとか敵対侍従×メイドというような何かしらの障害があるので…。
シエラの方がなかなかサクッと相手を好きな事を認めなかったり、2人の間柄的に恋人にはなれないだろうと踏み込まないようにしている所もある感じになっているかな~と思います。
だからこそ、マーシャルの時にはガンガン攻めて来たり、今回のブライアンの時も先に既成事実的なのが出来て愛人っぽい感じの関係から変化していく…という形なので、初々しい恋愛関係ではないけどそこから変化していくのが面白いかなと。

しかもブライアンの場合は、妹とライバル関係になるのか!?という面白展開がありつつ、結果的にはリリーが「お兄さまと結婚すればお姉さまが本当のお義姉さまになるわ」と言う事で協力してきますし、なかなか危険な手を使って来ようとしたりして、ぶっ飛んだ兄妹に振り回されるシエラというのも新鮮だったなと思います(笑)

ブライアン自身もシエラとそうゆう仲になる為に取引を持ち掛けてうまく利用してきたり、何が何でもシエラを手に入れようとしている所なんかは、彼の"欲しいと思ったものは手段を択ばず手に入れる"精神が反映されている感じがして、普段のブライアンから感じた雰囲気とは違った面かなと思うしキャラ的にも魅力のある所かな~。
ただの優男風な人物では無い感じが随所に出ているので、面白いキャラクターだったなと思います。

基本的には優しくて外面が良く女性にモテるタイプの人なんですけど、実は冷たいというか冷酷な面も持っていたり、先ほど言ったような手段を択ばずという面もあり、シエラとの愛人関係に喜んでみたりと、とにかく色んな面を持った人だなという印象でした。
シエラの前ではとにかく可愛い感じの所が多いんだけど、それだけじゃないのでルートをプレイしていく中でどんどんブライアンというキャラにちょっとした深み?みたいなものが出てくる感じですかね。

◇ランビュール・ダヌンツィオ/谷山紀章
rn00.png

個人的には今の所、最高に面白い√でした(∩´∀`)∩
ランビュールは前国王を救った功績で士爵となった人なんですけど、元平民という経歴の持ち主。
基本的には部屋に籠って怪しい実験をしているんですが、いつもよく分からない薬の開発の為鍋をぐつぐつ煮て、城中に異臭をまき散らしている人です(笑)

ちょっと謎の多い人物って感じなんですけど、最後の方でお互いの師匠の話しになったんですけど、そこで「ん…まさか…」と気になる事実を匂わせてきたので、面白さがちょこっと倍増した感じになりました\( 'ω')/

ランビュールとシエラは、シエラがメイドになりたての頃からの知り合いという関係なんですけど、黙って薬を作っていたり研究ばかりしているランビュールの部屋で、誰にも邪魔されずに過ごすのがシエラにとって唯一気を抜ける時間になっているんですよ。
で、シエラが弱っていたり疲れていたりすると、無意識にランビュールの部屋に行く…って感じなんですけど、最近では昔ほどそうゆうのが無くなっていたんですよね。
それが、ランビュール√に入る事でシエラがまたランビュールの元に通い始めるって感じですかね。

そんでもってランビュールの部屋に行く事が増えたり、異臭騒ぎで注意しに行ったりしていると、ランビュールから告白されるという、今までとはこれまた違った流れとなっていました。

もともとランビュールはシエラが自分の元に来ていた時から、シエラに好意を寄せていたんですけど、第二王子付きのメイドとなって忙しくなってからは話す時間も減ってしまい、部屋にも来なくなってしまったので、次にもし来たらシエラに対して伝えようと思っていた事があったわけです。
で、今回また話す機会が増えたので、それらを伝えてきたって感じになっています。
そこから、シエラの方も自分にとってランビュールがどんな存在かを改めて認識していくって形かなと思います。

とにかくランビュールは自分の事を地味、自分に好かれるなんて気持ち悪いですよね?って感じで、根暗な印象の人物なんですけど…。
普通好きだったら好かれたいと思うじゃないですか。なのに、ランビュールは好きだと言っておきながら、気持ち悪いですよね…すみません…みたいな感じなんですよ(笑)
ちょっと暗すぎる感じもするんだけど、なんだかんだで独占欲が強かったりして、暗さ以外の面でも癖のある人なので個人的には結構好きでしたヾ(*´∀`*)ノ

護衛職が本職なので、戦う事が多いシエラがしょっちゅう傷を作って帰ってくると、ランビュールはクドクドと説教をしているシーンが多いんですよ。
ランビュールとしては女性だから傷を残さない為にと、毒が塗ってある可能性があって危険だから治療をしに来てほしいとか、好きな人だから自分を大切にして欲しいというのがあるんですが…。
シエラの方は元々生きる事に精力的じゃないというかですね…、奴隷だった所から暗殺ギルドにいて今に至るので、自分を大事にするという概念があまり無いというか、いつ死んでも良いと思っているというか…。
そうゆう所があるので、終始ランビュールとは「傷を作るな、作っても治療しに来い」、「そうゆう仕事だからしょうがない」という攻防をしている感じです(笑)

このやり取りはわりと序盤から最後まであるんですけど、恋仲になる前となった時、最後の方で同じようなやり取りなのに、関係性が変わった事で含まれる意味も変化している感じなのがなかなか面白いなと思います。
途中からは、「自分以外の誰かにつけられた傷が残るのが気にくわない」という理由から、だったら自分が傷つけてやるという所業になったりしますし(笑)
地味で大人しそうなランビュールだけど、実は…的な所が見えてくるのが私的には楽しめた所かなと思います。

こうゆう糸目キャラって結構多い気がするんですけど、物腰柔らかに見えて実は狡い感じ?そんな所がランビュールにもあるので、所々コイツめ…と思いながらもニヤニヤしてしまう部分の多いキャラだったのです(=_=)
更に普段は高めの優しそうな喋り方なのに、シエラに対して怒ると低く静か~に喋る時とかは、ちょっとドキッとする雰囲気になりますしね!
ランビュール結構好きでした(n*´ω`*n)

しかも、ここにはなかなか興味深いEDがあるので、そういった面からも面白かったと思える√展開だったかなと思います!(^o^)

今回は2人分のキャラ別感想をまとめて喋りましたが、今の所私はランビュール推しです…うふふふふふ…。
一緒に怪しげな研究をしたくはないのだけど、あの地味目なキャラと見せかけて実は…みたいなのがなかなか面白かった~(*´ω`)

ちなみに、あのスキップの方法を知った事で、今の所ちゃんと全ED回収しながら進められていますよ~♪
シーン回収だってドーンと来い!全部くまなく回収しちゃうもんね~(^o^)フッフ~!
いつもならすぐに諦める私なので、「シーン回収…ポイッ」なんですけど今回は、終えている3人ともシーン100%という奇跡が起きていますし(笑)
この調子でガンガン進めようと思います(●^o^●)

だいぶ予定が狂って、paradise結のインストさえもしていないんですけど、クリエンをとにかく進めなければ先に行けないという気持ちで、クリエンを優先して進めていこうと思いまーす♪
今日はFFもやりたいので、夜はクリエンをお休みしてFFの方もプレイしていこうと思います(^◇^)

ではでは、本日はこの辺で!
最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ



早く寝ているのにあまりにも眠くて
仕事中に何度も目が閉じそうになりました(=_=)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします…。
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言