FC2ブログ


こんばんはです~ヽ(^o^)丿

まずは、昨日の独り言にお付き合い頂きまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~♪┏○ペコ
本日もとーっても励みとさせて頂いておりますです!(゚∀゚)

ピオフィオーレの晩鐘我が家にも届きましたよ~\( 'ω')/<発売オメデトウゴザイマスー‼
悩みに悩んだ結果通常版にしたけども9月1本になるんだったら限定版買えばよかったかな~と思ったりしてみたり(笑)

とりあえず、今日は早くピオフィオーレをやりたいが為に早めに帰宅したので、予定通りダンテからプレイし始めておりますです!
どのキャラもなかなか魅力的で楽しんでいるんですけども、二コラ…何かこの人アレな感じですね…(笑)
どれな感じなのかは言えないけども、ダンテの√なのに二コラがアレでちょっと気になる行動とか言動が多いなぁ(;・∀・)
これは二コラを攻略するのも楽しくなりそうだ(●^o^●)

今の所まだ楊はそんなに出てきていないんですけど、思ったよりも老鼠という組織は手を焼きそうな感じなので、その辺も面白いかな~と思います。

始まりなんかもちょっと映画やドラマみたいな始まり方で、おぉ…なんか力入れてるぅ~!って思っちゃいました(笑)
今日中に初回が終われるか怪しい所だけど、明日はちゃんと起きる!と自分に言い聞かせて、夜更かし上等だぜぃって事で、いけるとこまで行きまーす‼←

と、話は変わりますが、ラキド1+badeggの特典を最近悩んでいるんですけど、今日その時にラキド1のBESTプライス版が12月に発売されるのを知って、これも買おうと思ているワタクシです(笑)
PC版はプレイしたいけど出来ない…!と思ってVita版買っているので、これは買わねばいかんのではないかと思いまして(;´・ω・)
イヴァンかジュリオの特典が良いな~なんて思ったけど、今の所メイトとステラしか出てないし、他では出てこないのかな…(;O;)
出てこないようならステラでまとめて予約しちゃおうかな~と思っています。
まだ悩んでいるけど‼

毎年の事ながら12月は複数本買う事になりそうな…、というか自分で決めているんだけど(笑)

って事でこれを喋りたいだけで来てしまった…!
先が気になるので早速続きしてきます(*´ω`)ノシ

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ



今日は一日PCと睨めっこだったので
凄く目がシパシパして眠い!(=_=)
でも夜更かしするって決めたんだ!(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願い致します┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちは~!┏○ペコ

まずは、前回の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいまして、ありがとうございました~‼
毎日、こちらを覗きに来て頂き本当に嬉しく思います┏○ペコ<アリガトー!

昨日は帰ってからブログ書こう~と思っていたんですけど、義父から「そろそろ飲みに行かねぇか~?」的な電話が来て、そこから相方も誘ってみてくれ~となって、更に私の友達(一緒に数回飲んだ事がある)もどうだ~とか広がって、方々に連絡を取っていたらば…。
また義父から連絡がきて、何だろう?と思って電話に出たら「硬い昆布食べたら歯が痛くなったから、ちょっと待ってくれぃ」って言われ(笑)
短時間の間に凄い疲れてしまった私でした…(゚Д゚;)

今日の朝も電車乗ってたら電話が来たので、降りたらかけ直すね!ってメール入れてかけ直したら「歯医者に電話しようとしたら間違えた(笑)」と(゚д゚)
そんなこんなで昨日は相方とか友人に電話したり、義父から電話来たりと忙しくしておりました!
これだけ聞くとすぐ終わりそうに思うかも知れませんが、予定が大丈夫か聞くのに電話したら相方も友人もそれに乗じて、アレコレ話し始めてですね(笑)
それを聞いてたら眠くなっちゃったんですよーう( ;∀;)
普段から頻繁に会っているんだけど、それでも日々の生活の中で色々あるもんだな(笑)

さて、既に始まりからアレですけども、今日はすんごい雑談です(笑)
それでも良いわよ~♪という方はお付き合いお願い致します!ヽ(^o^)丿

先日発売された殺ストも終了して、今はピオフィオーレ待ちなんですけども、体調的なものもあってVitaは全く殺スト以降触っていないです(゚Д゚;)
ロミジュリ、そろそろ続編の方も進めないとなんですけど、なかなか身が入らないのでピオフィオーレ終了後に手を付けようかな~と思っています。

ここ最近、積み消化もちょっとペースが落ちてきているので、この辺で自分に鞭を討たねば今年中に0本は無理な気がする‼
というか作業系が数本あるので今年中は結構厳しそうな気がしてなりませんが…(´・ω・`)

って事で、ピオフィオーレ発売まではあと1日だっ…!と思って今日の休憩時間に公式を見に行ったんですけど、楊くんのキャラクターPVなるものを見てきました~(●^o^●)ウフフ…
信くんの声付きで楊くん率いる老鼠の拠点だったりの背景や、彼らがどういった存在なのかが他キャラの台詞でチラッと見えたり!
更に彼のスチルの一部が流れたりとかしてたんですけど、危険なかほりしかしない感じがキャラPVを見たことにより、更に気になって気になって仕方がないんですぅ…(*´Д`)
ちなみに、このキャラクターPVは楊くんのしか見て無くて、3回見ました(笑)アハハ

もう私の気持ちは完全にピオフィオーレに向き始めておりますです!
Twitterのヘッダー部分も楊くん仕様にしてきましたし、いつでも来いやぁ~な気持ちで待ち構えております。

公式ブログの方でもお勧めの攻略順が掲載されていたんですけども…、私は個人的な趣味の問題により楊くんを後の方に回そうとしていたので、楊の名前が…序盤に…序盤にというか2人目の所にあってぶったまげました(*_*)笑
ブログの中でも「二コラ・楊・オルロックは極論、順不同」って書いてあったけど…、結果好きなキャラでこの3人の順番が変えても大丈夫だよ~って事なのかな…と思いながら、ご飯を食べつつ凄い真剣に一人で色々と考えを巡らせておりました。(真剣な顔で考えているのは、ピオフィオーレの晩鐘というゲームの攻略順です…w)

って事で、私は最初からダンテを一番手にしよう!と決めていたので、ダンテを初回に始める方の順番からいこうかな~と思っております(●^o^●)
楊を2人目にやるのが若干残念な気も捨てきれないので、ちょっと進めてみて大丈夫そうだったら二コラを楊より先にやりたいので…、私的には以下のような感じで…。
ダンテ→二コラ→楊→オルロック→ギルバート の順番でやろうかな~と思ってまーす!
楊とオルロックはプレイしながら様子見て、変えるかも知れないけど今の所この順番でいく予定です。

ピオフィオーレはある程度制限があるみたいだし、進めながら「( ゚д゚)ハッ!これはいかんやつ…!?」とか考えなくても良さそうなので、その辺は安心してプレイ出来そうな感じですね(笑)

2番目も3番目もあんまり変わらないじゃん!って突っ込みしたいかも知れませんけど、2番目と3番目じゃ全然違いますからね‼(笑)
中間もしくは後ろの方で個人的なお楽しみがあるというだけで、気持ちにだいぶ違いが出てきますし!
あぁ~楽しみだなぁヽ(^o^)丿ワクワク

それと、9月の購入予定なんですけど、昨日の夕方にステラさんからの悲しいお知らせのメールが来た事により変更になってしまった…L(゚□゚)」オーマイガ!
神凪に引き続き、それはそれはものすっごぉぉぉぉぉぉ~く楽しみにしていたparadise-結-まで10月に延期になってしまったよー!(;_:)しくしくしくしく……
メールを読みながらションボリしてしまったのですけども、まぁしょうがない事なので大人しく待ち構えようと思います。
昨日の帰りの電車の中でそのメールを見たんですけど、見た瞬間に( ゚Д゚)←こんな顔になってしまった。

という事で、9月は参千世界遊戯のみとなってしまった(@_@)
代わりに10月が3本?になったって事ですよね。
9月は積み消化がものすごい捗りそうだな~わっはっはっは~(゚∀゚:)
寂しい気持ちは勿論ありますが、9月はまだまだ残っている積みゲーを崩していこうと思います!

そういえばハトアリのPSPも近々プレイしようかな~と思っているんですけど、挫折しても良いように(笑)というか、最初からそれを考えるなって感じなんですけど…(-_-;)
まぁ挫折しても良いように、新装版の方も買っておこうかな~とかチラッと思っていたんだけど、凄い値段になっているよとお聞きして見てみたら凄かった…‼
目玉が飛び出るほどのお値段になっているではありませんか(笑)ナンジャコリャー…
ロミジュリとかクリエンとかも私が購入した時よりも、かなーり高騰していたのでびっくりです。

だって私が購入したの、クリエンは例の箱に入っているタイプなので限定版?だったと思うんですけど、販売価格が数万円になっていました…。
詳しくは覚えていないけど買った時、諭吉一人分にもなっていないお値段だと思いますし。
定価より安かったか高かったか覚えていないけど、私がサクッと購入するくらいなので、目が飛び出るほどの値段では無かった…!
さすがに一般ピーポーすぎる私には、1つのゲームソフトに云万円は出せませんもの(笑)

ロゼのVita版ソフトが軒並み恐ろしい値段になっているので、新装版でPSPとVitaで内容に違いがないなら、PSPでも良いかな~とか思ったんですけどPSPもめっちゃ高くなってる(笑)
これは…ちょっとひっそりと存在している中古屋さんにでも見に行ってみようかなと思います(;'∀')
それにしても、凄い事になってました…あぁビックリした(笑)

と、色々な事を喋ってたら、そろそろ休憩時間も終わるのでこの辺にしておきます\( 'ω')/
本日も、最後までお読みくださいましてありがとうございました~♪┏○ペコ




ここまで書いたのに、一瞬PCが固まって
めちゃめちゃ焦りました…(;´∀`)
全部消えてたら泣いてたよー‼
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちは!┏○ペコ

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいましてありがとうございました~‼┏○ペコ
本日も、とっても励みとさせて頂いておりますです♪\( 'ω')/

昨日はお外もすんごぉぉぉく暑そうだったので、本気で一歩も外に出ませんでした…(笑)
今日も凄く暑くて会社の部屋も熱していたので、着いてから当分は汗が!Σ(T□T)

洗濯とか諸々は土曜日にまとめて済ませておいたので、昨日は本当に何もしていない(=_=)
今日からは仕事もちょっとバタつきそうだったしゲーム出来る時間がなさそうなので、今のうちに集中して殺スト進めないと!と思ってずーっとプレイしておりました~!

ってな感じで、お陰様でトロコンをして参りました~(∩´∀`)∩

2018-08-26-183735.jpg

いや~これ実際2日?とかでトロコン出来たんじゃないかな。
集中してやったら余裕でそれくらいで終わらせられると思います!というか、一日で終わらせられてしまうんじゃないでしょうか…(笑)
何というかあんまり評価が良くないとか、そういった事を耳に挟んでいたのだけども…、私は別に問題なかった(笑)というか普通に楽しめました~(゚∀゚)

まぁ、ぶっちゃけて言ってしまうと、殺し屋という要素についてだったりとか、ボリュームの部分だったりとか、徐々に気持ちの変化は見られるものの、イチゴと相手の恋愛が始まるきっかけってゆうのかな…。
その辺で『相手のどこを見て気持ちが動いたのか』という部分では疑問というか、どこだろう?と思ったりしたこともあったにはあったし、昨日の初回感想でも言ったんですが、ちょっと全体的に薄い感じがしたのは認めます!笑

でも、攻略キャラが次→次って進んでいく中で、気になっていた所が明かされていくんですけど、後半の方は面白かった‼
多分、色々考えながらプレイする人とか、そうゆうのが好きな人には物足りないのかな~と思います。
これからプレイする人などは、私の感想はじっくり読まずに“無”の状態で進めた方が楽しめると思います(笑)

今日は、まとめ感想+キャラ別感想を書こうかなと思っているんですけど、最初の方に個人的なお勧め攻略順を書いてみます!
この辺は個人の好みとかもあると思うので、あくまでも私はこの順番でプレイして良かったので、どの順番だと良さそうですよーという意味で記しておきます。

◇まとめ感想
korosuto_tw_icon_07.png

私は、途中で急遽プレイ順を変更したのですけども…(笑)それで良かったな~と思いました!
それぞれのBADも所謂BAD EDとして作られているものよりは、最後まで物語として描かれているな~と思うんですけど、昨日もお話ししたけど“これは…‼”と思うようなものは無かったんです。
でも、とあるBADを回収した時に、普段回収しない人もこれは取った方が良いな~と思いました。
って事で、私は ツキミ→イズナ→長谷川→アモン→クラマ→隠し でプレイしたんですけど、どれもハピエン→BADの順で回収しながら進めています。

だけど、個人的なお勧めとしては ツキミ→イズナ→アモン→長谷川→クラマ→隠し の順が良いんじゃないかな~と。
もっと言うなら長谷川→クラマハピエン→クラマBAD→隠しの方がより内容が分かり易いと思いますし、明かされていく真実的にも繋がりやすいんじゃないかな。

隠しの解放条件は分からなかったんですけど、クラマのハピエンをとったら√解放されたので、隠し以外のキャラのハッピーEDを見る事なのか…クラマのハピエンを見る事なのか…。
でも、これ、クラマを序盤に攻略しちゃったらちょっと気持ちが萎えていたかもしれませんね(;'∀')
クラマ√ではイチゴについてや、他の人についてもちょこーっとネタバレする内容があるので、軽く制限かけても良かったんじゃないかな~と思います。
プレイ途中で気付いて後にまわして良かったなと思いました(/・ω・)/

フルコンした今でも、全体的に薄い感じがしたのは変わらなかったんですけど、後半部分の真相に迫る所だったりとかそういった部分はなかなか面白かったなと思います。
前半部分では考えもしなかった内容が明かされたし、ずーっと不思議だったイチゴについても後半のキャラの部分で明かされて行く形になっていましたし!
実際クラマと隠しをプレイしない事には、全て含めてのハッピーエンドではないというか…。
本当の意味でのめでたしめでたし感は、隠しで初めて味わえた気がします(笑)

それと、このゲームの構成って言えばよいのかな?
真相√をプレイして、そこで初めて行う事があるんですけど、これを最後に持ってくるってある意味面白い仕掛けだったな~と思います。
物語の内容的に納得のいく作り方だと思うんですけど、その画面が出てきた時に「ここで出るんだ!」と驚きつつも、いつもと違う感じで新鮮な気持ちになったな~(*´ω`)

多分何も考えないで進めたら楽しめる所もあると思うんですけど、シナリオが淡々としているというか…、すごくあっさりな感じがするんだと思うんですよね。
もうちょっと深みが出れば更に面白かったんじゃないかな~と思うんですけど、じゃぁどうやって?と言われると…私物語を考える才は皆無なので(笑)

殺し屋という要素に関しては、相手との恋愛をしていくその上で、仕事だとしても人を殺しているという事実があるので…。
それが悪を成敗しているにしろ何にしろ裁かれるべき所業だから、その辺りが気持ちの面に関係してくる…って感じかな。
キャッチコピー的なものにもなっている「真実を知っても愛してくれますか?」というのは、某キャラで出てくる台詞でもあるんですけど、個人的に思ったのは裏社会の人物×表の世界で生きていたイチゴの関係性だったとしても、やっぱり殺伐としている感じがあんまり無かった事とか、殺し屋という要素があまり出ていなかったかな~と。パンチが弱いというか…そんな印象でしたね。
なので真実を知っても…というのは、内容に比べると大仰な感じもしちゃうんですけど、これが相手が言っている言葉でもあるけど、イチゴが相手に対しても言える言葉なんだな~と思うと、また違った意味で面白さが感じられる気がしました。

ただ、個人的にはキャラクターが思ったよりも個性的だった事と、最後に明かされたイチゴに関しての部分が意外な事実だったので…(笑)
なんか、凄く衝撃的だった…!
本当に何も考えずにプレイしていたというのもあるんですけど、クラマ√で少しイチゴの事が分かってくるんだけど、その時でさえも驚いたのにその後には更に…だったので、最後の2人を攻略している時は楽しかったですヽ(^o^)丿

思わぬ人物との繋がりだったり、実は……みたいなものがいくつか最後に明かされていくので、その辺りで私の中のボルテージがムクムク動いたかなと思います!

イチゴに関しては声が出ないという設定があるので、会話は基本的にスマホで打ち込んで相手に見せる形式です。
で、ウェイトレス業をしているのもあって、イチゴの台詞?的な部分が『・・・・(コクリ)』とか『・・・・(ペコリ)』とかが多いんですよね(笑)
私は全く気にならなかったけど、頻繁に出てくるので恐らくこれで参る人もいるんじゃないかな…(笑)
設定上喋れないからそういった行動で示す事が多いですし、イチゴはとある事の関係であまり思考を働かせないようにしている部分があるので、恋愛的な所でもどうやって相手に惹かれたのか?というのが分かりにくい部分があるように思います。

あとは、その思考を働かせないようにしている…という所で、もどかしい気持ちにもさせられるかな!
マイナス思考とはまた違うんですけど、自分の心を守るために希望を見出さないようにしているので、見ているこっちが辛くなります(笑)
でも不思議なんですけど、実際絶対にありえないけどもしイチゴと同じ事を自分がされたとしたらば…、あんなに強くはいられないだろうなと思うと、この子は凄いな~と思いますね…。
考えたくないけど、同じことをされたら…と考えてみて下さい(笑)無理!(笑)

と、色々思う所はあったけど、個人的には楽しかった\(^o^)/
あまり長く書くとキャラ別いけないので、そろそろ次に行こうと思いますが…。
今回の好きなキャラ順は

1 クラマ
2 イズナ・隠し
3 長谷川・ツキミ

って感じです!
クラマ先生は思った通り素敵でした(*ノωノ)
多分だけど、隠しが一番力の入っているキャラって感じがして、他キャラの恋愛はわりと気持ちを伝えて満足的な印象だったんですよね。
なので、それ以降の甘さというのはあんまり無かったかな~と思うんですけど、それぞれ気持ちの変化で見える可愛さというのがあって、その辺りはどのキャラも良かったです。

各キャラについてはここでは喋りませんが、私はやっぱりクラマ先生が良かったかな~♪
イズナも隠しキャラも序盤からどんどん変わっていくのが、ギャップがあって凄く良かったです。

というか、隠し隠しって言ってますけど、皆さん分かってますよね(笑)
一応キャラを選ぶときに隠されていたし(丸わかりだったけどw)、今回の感想でもそこには触れず隠し以外のキャラの感想を書こうと思いますが…。
その人は真相√って感じなので、一応伏せようと思います。

◇ツキミ/田丸篤志
korosuto_tw_icon_01.png 

見た目に反して凄く癖の強いキャラでした!(笑)

ツキミこそが喫茶月影のマスターで、とある人からイチゴを警護して欲しいという依頼を受けている人物なんですが…。
基本的には優しいですし面倒見も良い人です。
右も左も分からないイチゴに物腰の柔らかいツキミは、安心できる存在になるというのは凄く納得のいく流れ。

だけど、この人、凄い趣味が……(笑)
趣味がというか好みがずれているというか、イチゴが月影で働きますってなった時にツキミがウェイトレス服を用意しているんですけど、それを皆にボロクソ言われるんです。
で、結局イチゴが自分で違うのを注文して、公式のキャラ紹介で着ている服になるんですけども。
是非とも、その趣味の悪…じゃなかった、ツキミが最初に用意していた服を見てみたかった…(笑)
恐らく、ザ・メイド!みたいな恰好をしてたんだろうな~と思うけど…。

まぁそんなこんなで、“普通”と思う行動から少しずれた行動をするような人なので、なかなか面白い所がある人でした!

イチゴに対しての好意も凄く分かりやすい人だったし、イチゴ自身もツキミに優しくされる事で不安を感じたりしながらも、彼の存在が大きくなっていくので距離の縮まり方は自然だったように思います。
そして、イチゴとの距離が縮まっていく中でのツキミの態度が、何故か分からないんですけど自然とニヤッとなってしまう感じが…(笑)
分かりやすすぎるくらい分かりやすいなぁと思うんですけど、イチゴの発した言葉や態度に対して殺し屋らしからぬ素直な気持ちが表情に出てしまうので、ちょっと可愛かったです。

イチゴはツキミに対して最初こそ距離を開けているんですけど、徐々に安心できる存在と感じるようになってから、恋愛的な好意になっていくんですけども…。
イチゴには過去に色々とあったので恋とかした事ないんですよね。
なので、ツキミに対して抱いている気持ちが恋愛の意味での“好き”だと気付くまで、結構時間がかかりますし、その間も好きだとは認識しているけど愛とか恋の意味でだとは気付いていないので…。

対してツキミはイチゴに対して順調に好意を寄せていきますし、それをフライングして忠告?してきたるするのでちょっと面白い展開だなと思いました(笑)
しかも、そのずれた行動をイズナに咎められているのが、また面白かったです( ^ω^ )

色々な出来事を重ねていく中で、お互いの距離が縮まっていくんですけど、ふとした時にツキミは殺し屋だ…というのを認識させられる形になっているんですよ。
それに対して悩んだりとか考え込んだりというのはあまり無かったんですけど、どちらかというとツキミの方が…というか全√を通して相手の方が、イチゴの事を想うからこそ裏の世界にはいさせたくないとか、いない方が良いと思っている節がありますね。
イチゴは色々な事柄を知らないし、言ってしまえばまっさらだからこそ、相手の事を好きになると自然と受け入れていくというか、思い悩む事もあまりなく相手の事だけを考えている感じがしました。

なので、思ったほど大きな障害というものもなく、わりとサクサク~っと進んでいく感じがしました。

ハッピーエンドの方は乙女ゲー的な幸せな結末って感じで、イチゴもツキミも幸せそうだったのでホッコリするようなEDだったかな!
まぁでも、このEDを迎えると“殺し屋”というものがものすごく軽い職業のように感じてしまったのは否めませんが(笑)

◇イズナ/石川界人
korosuto_tw_icon_02.png 

イズナは全くのノーマークだったので、私は株価上昇のキャラでした\( 'ω')/

ツキミに比べると冷たい印象を受けるキャラなんですけど、実は情が湧きやすい人柄だったり、だからこそ殺し屋らしからぬ気持ちを持ってしまう部分で思う所があったり…。
わりと“普通”に近い場所にいる人だと思うんですけど、やっぱりギャップって大事だな!と思わされたキャラの一人です(笑)
隠しキャラもギャップがあって良かったけど、イズナもなかなかその辺楽しめました。

最初のうちは、ツキミが飴ならイズナは鞭って感じなんですけど、接していくうちにだんだんイズナが優しくなっていくのがニヤニヤポイントだったかな( *´艸`)

お互いに好き同士だろうな…と思った時には、何となく気付くだろう…と思うような形でお互い伝えているんですけど、それが進展に繋がる訳では無いので(笑)
途中で「あれ?これもうお互い好きなんだよね?」と自分の中で疑問に思いながら進めていく形になったんですけども…。
「守りたい」とか「傍に居て欲しい」とか、そういった事から気持ちが分かるのに、なかなかまどろっこしい気持ちにさせられました!
そこも結果楽しかった部分ではあったんですけどね…。

何と言ってもイズナが…可愛い時もあるけど、基本カッコイイ。
ツキミとはまた違った感じで頼りになる人物だったし、常にイチゴを守ろうと行動するのである意味ヒーロー的な感じなんだと思う。
かといって甘やかすだけではないので、ふとした時にカッコイイなぁと思わせてくるキャラだったな~と思います。

ツキミみたいにずれている所とかは無かったんですけど、最初にも言ったんですけどイズナは自分の気持ちをかき乱されたくないから、深く関わりたくないと思っている人なので、その辺りの心の動き?みたいなものが楽しかった部分かも!
騒がしいアモンと言い合いをしたりしながらも、わりと皆をまとめるというか…そういった立ち位置にいる人なので、面倒見が良い人物ではあると思うんです。
だけど、過去に自分に起きた出来事と殺し屋という職業をしている事で、他人と深く関わらないようにしているので、相手の懐に入っていく中で変わっていくイズナというのがなかなか…(笑)

しかもこうゆうキャラの界人くん、半蔵とか優とかも良かったけどイズナはまたちょっと新鮮な感じがしました(*´Д`)
ってゆうか何かカッコよかったです(笑)

EDは…凄く印象に残っているのが切ない気持ちになるBADですね。
わりとBADは悲恋というかそういった趣向の作り方が多かったんですけど、悲しいというよりはイチゴ的には心に穴が開いた感じで終わるんですよ。
だから地味な気がするけど印象に残る感じがしました。

ハピエンは普通に…幸せだった(∩´∀`)∩
というかそこに行くまでのクライマックスに起こる出来事が、ちょこっと驚き面白展開だったので…。
ハピエンに辿り着いた時は「あ、良かった……」とホッとした方が大きかったかも(笑)

◇クラマ/野島健児
korosuto_tw_icon_03.png 

闇医者であるクラマ先生は、すごーく個性的な…人でした…(笑)
というか、最初だけ癖強そう…と思わされたけど、接していくと可愛い人だったなと思いますヽ(^o^)丿

ちなみに、この方の作るミニチュアは…作業がものすっごーく細かそうなやつだった!
作っているのを横で見ているイチゴも何か可愛かったけど、見ているだけでも楽しいとイチゴが言うと嬉しそうにしているクラマが可愛かったです…(笑)

何というか、この二人は他人に耐性の無いイチゴと他人と極力関わりたくないクラマだからこその、距離の縮み方というかお互いが自然に安心出来る存在になっているのがほんわかしました。

始まりはイチゴの声が出なくなったのを治す…という所からなんですけど、イチゴの喜びそうな事をしようとあの手この手で頑張るのが、何故か微笑ましかったです(笑)
ケーキまみれの部屋は大変そうだったけど、この人もツキミ同様に“普通”の分からない人なので、ツキミに相談して踊らされているのが面白かった。
そしてそれをマツリさんに注意されているのもちょっと笑えました(笑)

後は、お店のお客さんを相手にする時には相手の職業柄もあって気を張っていないといけないんですが、クラマの所にいればクラマしかいないので居心地が良くなっていくんですよ。
で、そこからイチゴの希望を見出さない性格でちょっとマイナスの方向にいくんですけど、それからクラマがイチゴに対しての気持ちをあらわにしていくので、その辺りから距離が縮まっていく感じでしたね!
クラマとイチゴだけでは大きく動かなかったであろう所も、マツリがいる事で前に進んだ部分とかもあると思いますし。

どこの√でもマツリはイチゴに対して優しいので、とにかく気にかけてくれるお姉さんみたいな感じなんですよね~(*´ω`)
最初は派手な姉ちゃんだな…と思ってけど、最終的にはマツリが結構好きになると思います(笑)
それに、クラマにイチゴへの気持ちとか、どうするのかと決断させているのはマツリの存在が結構大きいと思うので、この人はある意味サブでは無くてはならない存在だと思う!

物語の終わり方と恋愛の締めくくり方が若干あっさりめだったのが残念な気もするんですけど、クラマ√ではイチゴについての事が全てでは無いけど、少し匂わせてくる内容になっていますし、そういった部分でも面白い√だったかなと思います。

そんでもって、BADですね。
BADと言えばBADなんですけど、これは次の真相に繋がるEDでもあるんじゃないかな~と思うので、悲しいEDという形とはちょっと違うかな。
ここでのこのEDを取ると、一気に気になる部分も増えてきますしね!

真相が分かるというのとはちょっと違うんですけど、チラ見せされるという感じなのでなかなか楽しかったクラマ√でした(∩´∀`)∩
個人的にはやっぱりクラマ先生が恋愛していく模様が凄く楽しかったです(笑)

◇アモン/八代拓
korosuto_tw_icon_05.png 

実は結構面白かったアモン√だったんですけども…。
元気いっぱいでイチゴに対してもすごーくチャラい感じで接してきます(笑)
可愛いとかデートしようとか、とにかく凄く好意的だしそれをガンガン出してくるタイプの人。
でも、実は殺し屋としての腕は凄いらしい…が、借金まみれのお方です(笑)

とにかくイチゴに対して最初から好意的だし、イチゴに何かしてあげたい笑顔にしたいという気持ちが凄く強い子って感じですね。
私的には、雰囲気的にもわりと序盤で攻略しそうなキャラなんですけど、とある理由から後に残していました(;´∀`)
でもまぁこの人を最初の1人目とか2人目にやらなくて良かったと思います(笑)
きっと、プレイし始めるとその理由が分かると思うんですけど、是非中間あたりとかに攻略した方が良いかな~と。

最初こそ、イチゴを可哀想と思っている事で色々と構ってくるんだろうな~と思うんですけど、それがだんだんともうちょっとストレートな好意に感じてくるようになります。

凄く騒がしいタイプの子なので、いつもイズナに弄られて騒いでいる印象なんですけど、アモンはイズナとは正反対の性格なんですよね。
アモンは仕事をこなす時に相手の事を知っていようがなんだろうが、仕事となれば冷酷になれる一面があるのですよ。
でもイズナはそうではないからこそ、他人と深く関わらないようにしている所があるんですけど、なので余計にイズナとアモンはお互い相手を羨ましいとか、そうゆう風に思っているからこそ、言い合いとかもしてしまう…みたいな!
イチゴの事に関してもこの二人は考え方が違うので、その辺りがちょこちょこ2人のやり取りに出てきていましたね。

まぁでも、アモンは結構素直な子なので、彼の気持ち的な部分とかそういった所ではモヤモヤさせられない感じだったかなと思います。
イチゴに対しての好意もすごーく分かりやすいですし、ふとした時の言葉でイチゴに惹かれてみたり、泣きそうになってみたりと…。
色々な意味で素直な子だったな~と思いますし。
イチゴが部屋ではぼうっとしている…と言ったら、塗り絵を持ってきてみたりするんですけど、途中から甲斐甲斐しいアモンが何だか可愛く見えてきました(笑)

ただ、人物的には素直だけど、色々と事情がある人なので(笑)
この辺凄く面白くなりそうな設定だったと思うんですけど、今、感想書いててふと思ったんですけど、あまり心を鬼に出来なかったのかなと思いました!
全体的に、言ってしまえば殺し屋という設定だけど、心に優しい作りだったから軽く感じたのかなと思います。
アモンにしても一番色々と起こっても良さそうな展開だったのに、やっぱり心に優しかったなと思いますし…。
別に凄く辛くて悲しい物語を希望している訳では無いけど、殺し屋とか裏社会というものだからこそ、レンド的なそんな雰囲気があっても面白かったんじゃないかと思ったりもしてみたり(笑)

でもまぁ、これはこれでハートがひび割れる事は無かったし(笑)、アモンはちょっと可哀想な感じもしたけど、結構楽しめたので良しとします(笑)

◇長谷川/前野智昭
korosuto_tw_icon_06.png 

長谷川さんは、白川さんという方の社長秘書兼ボディーガードをしている方です!
この人堅そうだな~って思ったけど、堅いです(笑)
そして、堅いけど何でもこなせる凄い人でした(/・ω・)/

ボディーガードという立ち位置なので、イチゴとあまり接点がなさそうな感じなんですけど、社長である白川さんがすごーく怪しげな人なんですよ(笑)
怪しげというか、何だっけ…社長だけどマフィアのボス?だかなんだかなので、わりと冷酷な一面を持ち合わせている人らしく、イチゴに興味がある…といって近づいてくるんですよね。
すごーく優しい雰囲気だし、物腰も柔らかい感じなんですけど、それがかえってこの人の凄さを現している感じがします…(笑)
なので、社長の思惑のお陰で長谷川と話す事が多かったりするんですよ。

だが、何と言えば良いのかな…。
長谷川との距離の縮め方は自然だと思いますし、イチゴが長谷川に頼りたくなるのも長谷川のある言葉があったからだと思うんですけども!
この人後半に吃驚な爆弾を投下してくるキャラなので、序盤はわりと心穏やかなにプレイしていたけど、それまで完全に[無]だった私は、後半すっごく面白くなっちゃいました(笑)
そして長谷川とは…何!?と思いながら、後半はプレイしていく形になっていったかなw

イチゴと打ち解ける為にというか、お互いの事を知っていくという所で長谷川がどうしてボディーガードになったのか?とか、過去の出来事とかを知る事があるんですけども…。
この人の√でもまた、この物語の真相に関わる所が出てくるので、過去の事を話し始めた所から気になってモヤモヤし始めました。
そこから明らかに惹かれている感じっぽいのに、まさか後半部分でそんな事になるとは…という…(笑)
この時は気付かなかったけど、そうゆう事だったのか!と思わされる事がいくつかあるので、後半部分が凄く楽しかったんだと思います。

それと、どの人も共通して言える事だけど、イチゴを喜ばせようと色々講じてくるので、長谷川で言えばサンドイッチを作ってきたりするのが…何か…何か…(笑)
しかもそのサンドイッチがめちゃめちゃ美味しいらしいので、すごく気になってしまいました(;'∀')
とにかく、普段の長谷川からは想像出来ないような事をしてくる人だったので、この人もまたなかなか面白いキャラだったなと思います。

そして最後の方では今までの流れよりも、次々と色んな事が起きた最後だったな~と思いますので、最後の最後まで案外楽しんでいました(*´ω`)
吃驚爆弾投下からの、驚きの切ないシーンを通過して、その切なさを残しつつ過ごしていたら、最後にちゃんと幸せな結末に…!
って感じの流れで、結構後半詰まっていたんじゃないかな(笑)

ハッキリとした真相に繋がるものとは違う形ではあったけど、ここにも色々と散らばってはいるので。
それを全てきちんと回収するかどうかは別として(笑)、思いの外色んな事が起こった内容だったなと思います。

◇隠しキャラ

ここではあまり多くは語らないようにしますが、真相√というだけあってイチゴに関わる事だったり、イチゴ自身の事、更に組織がどういったものか…などなど。
色々な事がやっとここで分かるという内容になっていました!

相手キャラとの恋愛部分も勿論描かれているので、他キャラ同様に相手の事を知りながら距離が近づき、好きになっていく…って感じになっています。
この辺は結構マイナスな印象というか、ちょっと取っつき難い相手だな~と思う所からの始まりなので、ギャップ的な意味でも結果凄く可愛かったです(^o^)

相手の過去の出来事とかの関係で、辛く当たって来たりするし「何だコイツゥ~」と思ったりもしたんですけど、ちょっとずつその辺の事が分かってくると、相手も素直になって来たりするので…。
なんだかんだ可愛いな……と思っている自分がいました(笑)
ツンデレさんな感じなんだと思うんですけど、イチゴに対してだけ見せる優しい雰囲気とかがすごーく良かったんですよね。
まぁ…全く癖の無い人ではないのですけども(;'∀')

だからこそ、距離が近づいたと思ったら離れたり、それを越えてより近づいたり…という感じで好意をよせていくので、可愛い恋愛だったな~と思います。
実はイチゴの事を一番見ていたりとか、誰よりも先にイチゴの変化に気付いたりするので、そうゆうのがなんか意外でした(笑)
しかも気が強そうなというか、そんな感じの態度なんですけどイチゴに対してはチョロくて、すぐ照れたりとかしているんですよね~(笑)だから余計に可愛いと思ったんだと思う!

内容的な部分はあまり言えない事が多いんですけど、ここで事実を明かされた時には、何かちょっとだけ切なくなってしまった…。
あぁ、そうゆう事だったのか…と思う所と、更に驚きの関係性が出て来たりするので!

それと、ここでのハッピーエンドというものは、ある意味でやっと本当にハッピーになった感が感じられる終わり方じゃないかな~と思います。
むしろ、今までのハピエンはそこが足りないので、終わった気がしないというか(笑)
それに、2つのEDとも幸せな結末となっているので、その辺りから見ても隠しキャラは特別な立ち位置なんだな~と思います。
まぁ隠しなんだから当たり前か(笑)

という事で、隠しに関しては色々喋りたい事もあったんですけど、敢えて深く触れるのはやめておきました~(笑)
メインの攻略キャラだけでなく、サブもわりと関りが深い人とかもいるので、その辺りも面白かったんだけど…。
ラキアさんをもっと前に出して欲しかったですよ私は!(笑)
台詞が少ない( ;∀;)
もうちょっとイチゴとのかかわりも多くして貰いたかったです!

と、これにて殺ストは終わりになるんですけど、ピオフィオーレまでまた微妙な間があいてしまったので…。
ロミジュリの続きでもやろうかな…(笑)と思います!
最近は放置していたグラブルをまたやり始めているから、スマホに噛り付いているんですけど~…。

ピオフィオーレが来たらすぐに始めたいと思っているので、ちまちまとやっていこうと思います~。

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ



今日は絶不調の日です…。
もの凄く眠いしお腹痛いし
頭が働かないのに、仕事が多いよぉぉ( ;∀;)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちはです~┏○ペコ
昨日は寝る前に喋りに来ようと思っていたんですけど、はたらく細胞を見ていたら夜中になってしまい、力尽きてしまいました(;´Д`)笑

まずは、前回の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、コメントも下さいましてありがとうございました~♪
本日も大変励みとさせて頂いております!

昨日はずーっと引き籠ってゲームを進めていたんですけど、そろそろ毎月恒例の体調が思わしくない日々がやってくる頃合いなので、集中力が途切れまくってました(;'∀')
って事でさっそく感想にいっちゃおうと思いますが、今日はとりあえずの初回感想な感じでいきたいと思います。
次にキャラ別をまとめて喋ろうかな~と思っておりますです\( 'ω')/

◇初回感想
korosuto_header07.jpg 

初回感想とか言っているんですけど、今クラマ先生攻略中なので、クラマ先生が終わったら最後のキャラプレイして終わりです!
実は…、ツキミ→イズナ→長谷川までやった時に、アモンを先にやるかクラマを先にやるか凄い迷ったんです…。
で、どうしようかな~って悩んでいたんだけど、長谷川まで攻略してきた時の感じで、アモンは後の方が良いかな~?と思ったのと、クラマが気になっていたしここでちょっと楽しみたい\( 'ω')/と思ってクラマ先生を始めたんですよ。
で、途中で「( ゚д゚)ハッ!これは後に回した方が良いんじゃないか…」と思って、即セーブしてアモンに急遽変更しました(笑)

まだクラマ√で核心的な所までいっていないので、もしかしたら先でも後でも良いのかもしれないけど…。
イチゴに関わる事を発言してきたので、ここで色々バラされてもちょっと…と思って急いでプラン変更しました(;'∀')

という事で、初回ですし一応物語をザックリと。

物語の始まりは、主人公であるイチゴがジュラルミンケースで目を覚ますところから始まります。
彼女は何故自分が運び出されたのか、そういった事が一切分かっていないご様子。

運ばれた先は“喫茶月影”という所なんですけど、そこのマスターであるツキミがイチゴを護衛するという依頼を受けている事を話してきます。
状況を説明されるもののよく分かっていないイチゴなんですけど、とある事情によりあまり深く考える事をしない子なので、それを受け入れ月影でウェイトレスをしながら生活していく事に。

喫茶月影のマスターや従業員は殺し屋、そしてそこに来るお客さんも裏稼業の人達ばかりが集まります。
今まで殺し屋などの裏社会の人と関わらない生活をしてきたイチゴですが、月影で働く事により皆の事を知り関わっていく事でイチゴ自身も変わっていく…って感じですかね。

イチゴは普通の“主人公”とされるキャラとは明らかに異なる部分が多々あります。
過去にあった何かしらの出来事がきっかけで言葉を発する事が出来ませんし、感情表現なども乏しい…というか殆どないというか。
この辺りは物語を始めた序盤でどうしてなのかが、イチゴの気持ち等の描写ですぐに分かると思います。
そんな状態なので、人と関わるという事にあまり積極的な方ではないんですけど、月影でウエイトレスとして働いていく中で、イチゴの気持ちの面での変化が徐々に表れ始めて表面的にも変化していくという感じになっていました。

ちょこっと感想を喋った時にも言ったんですけど、初回プレイ時間は6時間もかかっていないと思います。
全体的にあっさりめな印象というか、[プレイしている]時間としては長すぎずサクッとプレイ出来るので周回はしやすいかも。
だけど、最後まで終わった時にどう思うか…というのもあるので後から変わるかも知れませんが、現時点での率直な感想は、色々とあと一歩前に出れば深みが出るのに‼と思う気持ちも正直あります(笑)

攻略相手が殺し屋という職業だったり、それに関わる仕事の人達で裏稼業と呼ばれるお仕事をしている人物なのですよ。
なので、それぞれに色々と事情があったり、人を殺すという事を生業にしているので葛藤とかもあるわけです。
あるはずなのだけど、その辺もうちょっと色々とあったら違ったのかなと思ったのが1つ(;O;)
相手も大人なのでそうゆうのをあまり表に出さないのか、もしくはイチゴの境遇の方が大変だしあの状態のイチゴ相手に、乙女ゲーでよくある主人公が支えて壁を…的な流れがちょっと違うのか、その辺は分からないのだけども、裏社会の人という印象が薄いというか浅いというか…、うまく言葉に出来ないんですけど殺し屋じゃなくても良かったのではと思ってしまった部分があるような無いような(笑)

さらに、イチゴも喫茶月影に来るまでには沢山辛い経験もしてきているので…、少しずつ変化が見えて来たイチゴに対して、相手のキャラ達は裏の世界には関わって欲しくないと思う気持ちを抱いたりするのです。
その辺の気持ちが生まれる事だったり、イチゴを救いたいという思いが強くなる事で物語的にも大きな展開を迎えていくんですが、どんな言葉で伝えれば良いのか分からないんですけど…(笑)
全体的にちょっと薄く感じたかなぁ~と…。

クライマックスの所が結構サクッと進んでいく感じがしたり、気持ちの面での葛藤では《殺し屋》という職業が生きてはいると思うんですけど、あまりそこを重視する感じでも無いので想像していたよりは殺伐としていなかった気がします。

ただ、恋愛的な部分はわりと変わった人もいるので面白かったですね(笑)
それぞれ職業が違うという所もあるんですけど、月影で働く人とお客として来ている人とでは、同じ裏社会の人間同士でも立場や立ち位置が違ったりするので、物語が進んでいく事で見えてくるものも違うんですね。
なので、とある展開になった時にその人がどうするのか?というが、なかなか面白い部分になっている√もあるので、その辺は楽しかったなと思います!

ツキミさんとか普通に見えるけど、ちょっとおかしな発言とかもしてくるので、不思議な進展の仕方をしたと思いますし(笑)

相手キャラとの進展の仕方という所に重点を置いている感じがするので、進み方は徐々に気持ちが変化していく感じだったので、駆け足している感じは無かったですね。
人によって相手を想う気持ちの描写?と言えばよいのかな…。イチゴが相手を好きになって、その気持ちを伝える時にとる行動とか発言とかが結構突飛だったりするんですけど、相手が特殊な職業という事もあるので、その辺はある意味深い気持ちが表現されていた気がしたかな~と思う。

それぞれの物語の展開も大筋は同じ流れになっているんですけど、後半の転がり方が違う感じになっているんですよね!
どれもそのクライマックスの展開があっさり~な感じがするんですけど、個人的には長谷川は面白かった\( 'ω')/
多分、殺ストやってて初めて『え⁉(@_@)』とか『マジで!』という驚きのある展開が仕込まれていた気がします(笑)

後はノーマークだったツキミやイズナも個人的には楽しめましたし、キャラという面では個性的な人達ばかりなので面白いと思います。
わりとイチゴの性格上と皆さんの職業上、シリアス…まではいかないんですけど明るい感じとはちょっと違うかな~と思うんですけど、月影に色々な人達が集まるのでちょっとしたキャラ同士のやり取りが面白かったりしますし、イチゴの性格的な部分が見た目と反している所もあって何だか可愛いかったりしますし!
なので、薄いとか好きな事言ってしまったのだけど、何だかんだ楽しんでいる私です(゚∀゚)

イチゴの事を好きになった時の相手キャラの態度とかが、何か可愛いんですよね~(笑)

システム的な面では選択肢がそこまで多く無いのと、好感度が分かり易くなっているので進めるのは超絶簡単だと思います。
EDもハピエンとBADの2つだし回収しやすいですしね。
BADの構成はそれぞれ異なる形にはなっているんですけど、似ている終わり方をしているもの同士もあるかな~と。
衝撃的なBADというのは無かったので、終わった後にションボリと寂しい気持ちになるような…、そんな終わり方が多いです。

そして、個人的にすっごく嬉しいのは選択肢スキップがある事(/・ω・)/
全EDを取りたい人からしたらこれは嬉しいのでは…というか、私が周回して早送りしているの待っているのがあまり好きでは無いので、どのゲームにもつけて欲しいと思っているだけなんですけど…(笑)
殺ストは早送りも高速だし選択肢スキップもあるので、そこはめちゃめちゃ喜んだ所です♪

スチルは各キャラ10~14枚って所かな?
私がイメージするカズキヨネさんのイラストとは違う感じがしてたんですけど、何度見てもやっぱり和服じゃないからなのか、私の知っているイラストの雰囲気と違う!って感じがしました(笑)
でも殺し屋と言っているだけあって、そういったシーンのスチルは何だかカッコいい感じになっていますよ~(*´ω`)

イチゴちゃんの服装もウエイトレスの時やお出かけ時、部屋にいる時や別のお仕事の時で変わるのも見ていて楽しかったです(笑)
主人公の服装とか髪型って案外変わらない事が多いので、ゆのはなみたいにコロコロ変わるのも楽しかったし!
今回のイチゴもわりと変わっている方ですし、出かける時に服が無い騒動とかもあるので(笑)その辺も物語の面白部分に関わっていたりして楽しめた部分でした~♪

と、初回感想はこんな所でしょうか。
クラマ先生以外は結構ノーマークな部分があったんですけど、どのキャラも可愛かったり素敵だったりする部分があって楽しいです(●^o^●)
これからクラマ先生の続きからプレイしてこようと思います~♪

最後にちょこっと雑談なんですけど、丁度このブログを書いていたらオトパをご一緒する方から『オトパのチケット来たよ~』とメールが来たんですよ~(*ノωノ)
楽しみだな~楽しみだな~とは思っていたものの、メールが来てもうすぐオトパなんだ!いう事に気付きました…(笑)
いつの間にか、もう8月も終わりの時期になっていたんですね~(;'∀')

今年は2日目の昼・夜しか行かないんですけど、凄く楽しみだ~ヽ(^o^)丿
昨年よりも私の記憶力には更に支障が出ていそうだけど、また頑張ってレポしたいと思いまーす♪

ではでは、今日は夜に来れたら…来ます!(笑)
眠くてダメそうだったら大人しく就寝しようと思います(´・ω・`)
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ



今日は自分の平熱よりも高い気温‼
暑くて外に出る気には全然なれません( ;∀;)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願い致します┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~(∩´∀`)∩
凄い寝不足で今にも寝そうなりな子です(=_=)

まずは、前回の記事に拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを下さいまして、ありがとうございました~♪
本日もとーっても励みとさせて頂いておりますです!┏○ペコ

昨日は飲みに行ってから帰宅したのですけど、0時には寝たのに…またもや5時に起きてしまって、寝れなくなってしまった( ;∀;)
何か最近飲んで帰ってくると「眠い~!」と思って寝るのに、すぐに起きてその後寝付けなくなるんですよね。
一体なんでそんな事になっているんでしょうか(;´Д`)
前までは目覚ましがなるまで爆睡…、起きてからもボーっとしている感じだったのに。

なので、超絶寝不足だった本日は、眠い眠い…となりながら仕事を済ませて帰宅して、殺ストをプレイしておりますよ~!
でも、さすがに睡魔がやばいので早く寝てしまいそうだ(笑)

実は既に初回攻略は終わっていて2周目に入っているんですけど、あまりの眠気で集中力が全くなく、プレイしながら目が閉じそうなので感想は明日まとめて喋る事にしました!
でも、ちょこっとだけやっぱり喋りたいと思って来てしまった(;・∀・)

初回はすごーく迷ったんですけど、ここはいつもの如くメインヒーロー風のツキミさんから攻略しました!
今は2人目のイズナをプレイ中。
物語の中でまだまだ謎な部分も多いので、周回していく中でなのか…もしくは特定のキャラ√でその辺りが明らかになってくるのかな~って感じですかね?
それにプラスして主人公のイチゴちゃんに関しても、まだまだ分からない部分も多くあるので、先が気になる~!な感じです。

1つの√のプレイ時間はそんなに長くないですし、選択肢も少ないので結構サクサクと進められる内容かな~と思います。
選択肢を選んだ際の好感度も分かり易いのでハピエンとBADの分岐もすごーく簡単ですし、特段難しい攻略法とかでもなかった!

まだ初回とかはちょっとあっさりめな感じで、何となく薄い印象もも否めませんが個人的には楽しんでプレイ出来ていますよ~(*´ω`)
気になる部分についてはまだ謎な所もあるんですけど、初回のツキミとの恋愛は対殺し屋って所で、特殊な感じのする特別な感情?な雰囲気もありましたし、二周目のイズナは打ち解けていく度に見られるようになる笑顔や、意外な素顔がなかなか素敵です(〃´∪`〃)ゞ
ツキミはちょっと変わった奴でしたが、イズナは普通っぽいのにそこが枷になっている感じで、こっちもなかなか楽しい。

今の所2つの√とも徐々に距離を近づける感じでなかなか面白いです(●^o^●)
そして何といってもイチゴちゃんが雰囲気とは異なる部分なんかもあって、なかなか興味深い子なのですよね~。可愛いですし!
イズナとイチゴちゃんのチェス教室?で、イチゴちゃんの戦略に驚くやり取りがなかなか面白いなと思いました(笑)
結構男らしい性格をしている所があるようですよイチゴちゃんは!

個人的には発売前と変わらずクラマが気になっているんですけど、どのキャラもなかなか個性的で面白そうな予感がします。
雰囲気的にはイチゴの境遇とか、殺し屋達やそれに関わる裏社会の人達が相手なので、シリアスっぽい雰囲気もあるんですけど、ふとした時にお茶目なやり取りなんかもあるので、楽しい雰囲気も時もあります♪

これが最後に終わった後にどう思っているのか…が一番気になる所ですが、明日はお休みなのでガッツリ引き籠ってプレイしちゃおうと思います!
その前に初回感想をしたために来ようと思います(笑)

て事で、本当すっごいちょこっと感想になっちゃったけど、もう寝ます(;・∀・)
ここまでお付き合い下さいましてありがとうございまいた~‼



明日明後日で終わらせて
ピオフィオーレに備えるわよ\( 'ω')/
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(笑)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは!大人しく殺スト待機しているりな子です┏○ペコ

まずは、前回の記事に拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました‼ヾ(*´∀`*)ノ
本日も、とーっても励みとさせて頂いておりますです♪

いやーものすっごく暑い日が戻ってきちゃったな~…ハハハ…って感じですね(゚Д゚;)
歩いて駅まで行くと汗が…‼ってなっているのがちょっと久々だったのだけど、もう耐えられない(笑)
あの涼しさを体験しちゃったもんだから、この暑さが『もう嫌だ―‼』となっていますよワタクシは…(;´・ω・)

さてさて、本日は9月の購入予定と、すんごぉぉぉおく雑談になりますので、お付き合いしてあげるよ~という方はどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

まずは、ちょこっと早いかな?と思ったのだけれども、9月の購入予定でも晒しておこうかなと思って来てみました\( 'ω')/
って事で早速……。

[Vita]
・参千世界遊戯~Re Multi Universe Myself~/密林通常版

[PC]
・paradise~結~/ステラセット

お、何か少ない(笑)
9月は凄い事になっていると勝手に思ってたんですけど、全然そんな事無かったですね(-_-;)
むしろ7月・8月の方が月に3本となっていたので、多かった方なのかも知れない…。

参千世界遊戯はちょこーっとだけ、一瞬だけどうしようかな~って思ったんですけど、PCはどう頑張ってもOSの関係上プレイする事が出来ないので、思い切って予約しちゃいました!
主人公のトモエがないすぼでーのものすっごいムチムチちゃんだけど、ハンターとして刀を使ったりする強い子っぽいので凄く楽しみにしておりますヽ(^o^)丿
目立って気になるキャラはいないんですけど、並行宇宙とかなんとかと設定が面白そうなので、そっちの方が気になってしまっております(笑)

そして!もう一つはparadiseのFD第一弾ですーヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
発表されてから発売日まで凄く早かったのだけど、これは“もしかしたらFD発売があるかも”を想定して、練っていた製作者さん達に感謝感謝です┏○ペコ
すんごい楽しみ…。
今回の~結~は各キャラのアフターストーリー中心なので、ゲロ甘なんだろうなって感じなのだけど、勿論ものすごくそれが楽しみでもあります。
第二弾の方は、本編の更に真相に迫る内容になっているっぽいので、そっちもすっごい楽しみなんですけどね!
こっちは奮発してステラ様で店舗特典を狙い、限定版にしてしまいましたよよよ~(*ノωノ)
もちのろんでマツダ特典狙いでっす!

それと、今月は神凪の龍神も発売予定だったみたいだけど、これは延期になっちゃいましたね~(;´・ω・)
実は、これ、私のスマホに21日の夜メールが来てたんですけども…。
勘違いをした私は、メールが来た瞬間本当に本当に一瞬だけ“再延期って事かな?”と思ったのだけど、次の瞬間には「前回の延期のお知らせが今来たのか~」と…(笑)
なので、たまたまメールしてたお友達さんに「また延期になりましたね。」と言われて、( ゚д゚)ハッ!やはり延期の延期のお知らせだったのか…!と、この時に気付きました(笑)

私は二作目が発売になってから前作の方もやろうかな~と思っていたので、まぁ延期になっても問題はなかったのだけど…。
プレイ済みで待っている人達からしたら、ちょこっと残念なお知らせになってしまったのかな?
10月の発売になったようですが、個人的には今の所10月はバリバリのみなので問題ないです!

ここからちょこっと雑談になりますが、ずーっとずーっと悩んでいた蛇香のライラをどこの店舗で予約するか…なのですが、この度めでたく決まりました\( 'ω')/←どうでもいぃ情報

メイトかな~ステラかな~フロンティアワークスかな~と悩みに悩みぬき、結局連動特典でおきつんのキャラも出演するドラマCDが手に入るフロンティアワークスで限定版を連動する事にしました(●^o^●)
限定版で3作連動購入する…って結構奮発したな(笑)と思いましたが、3作それぞれキャラ的にも楽しめそうだし、全キャラが出演する特典が連動特典でつくので、これにしよっ!と早速ポチって来ちゃいました~(;´∀`)
という事で、12月から3か月間は購入物が既に決定しております(笑)

そして、殺スト来るまでにロミジュリの続編を~とか言ってたのだけども、全っ然身が入らなくて進まないので序盤で…、もう本当皆さんが[序盤]と聞いて想像するよりはるかに序盤で止まっております(=_=)笑
待機しつつも殺スト来る前に一人くらい終わらそうかな~とか思っていたんですけど、ダメだ…(笑)
全然進まないし、本当に集中できないのですΣ(T□T)
ここ最近結構突っ走ってきたので、珍しく集中力が切れてしまったみたいですね…。

マキューシオにも会いたいし…とか思っていたんだけど、マキューシオ到達なんて夢のまた夢なんじゃないか⁉ってくらい進まないのです(笑)

なのでここ数日は、この前ちょこっと言ったけど読まずに溜めてあった漫画を読んだり、珍しく毎週みているはたらく細胞を見たりして過ごしております。
今日もお昼ごはんの時に先週のがん細胞の回を見ていたのだけど、普通の細胞だった石田さんががん細胞に変化してたんだが、変身した姿が喰種のカネキくんみたいになってて笑ってしまった(笑)
あまりの楽しさに、各回数回ずつ見ている私です(;´∀`)

ってな感じで、珍しくここ数日乙女ゲームをプレイしてないです。
ゲームはしているけども乙女ゲーじゃないって感じですね!

今日は相方の家に行かねばなんですけど、あの方ウィルス性腸炎?というものになっていたので、ここぞとばかりに除菌しまくって来ようと思います~\( 'ω')/
って事で、今日は購入予定と雑談…になってしまいましたが、これにて失礼します!

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ




はたらく細胞見ながら、テーマソングを
一緒に歌っている私(笑)
まえぬの「細菌ウィルス出てこいやぁ!」が
お気に入りです(ΦωΦ)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~(*´ω`)ノシ

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチも頂きまして、ありがとうございました!ヽ(^o^)丿
本日もとーっても励みとさせて頂いておりますです♪┏○ペコ

今日から遂に…お休みが終わり通常業務が始まりました~(=_=)←(笑)
今回は祖母の初盆の事情で、いつもよりも長めにお休みを頂いていたので、片付けないといけない仕事が溜まってる溜まってる!
でも、早いうちに片付けおこうと思い、今日朝からみーっちり鬼神の如く仕事をして片付けてきました~(*´ω`)ウフフ…
明日からは焦らずに余裕を持てそうです(笑)

ちょこっと雑談なんですけど、心なしか…腕が凄く焼けた気がするのです…。
お風呂上りにふと気になって、というか何か黒い気がして足と比べてみたら全然色が違っていた!
めちゃめちゃ暑い時期に去年と比べてあまり野球は行っていないと思うし、何でこんなに焼けたのだろうかと不思議に思っております(;゚Д゚)
でも明らかに色がおかしい!
そして指輪をつけっぱなしにしている指があるのだけど、色がここも全然違う( ;∀;)
何だろう…暑い日のちょこちょこ焼けがこんな事になってしまったのだろうか?
昔は赤くなるだけで焼けなかったのに、おばばになると変わってくるんですかね(=_=)

さてさて、今日はビズログの感想を~と思っていたんだけど、吃驚するくらい書く事が無くて(笑)
殆どがアプリを取り上げている所ばっかりだったので、感想にもならないのではないか…と思っております(´・ω・`)
それでも、自分的に嬉しい情報もあったのでお喋りしたいと思います~♪

華アワセ-いろは編-
-発売日未定-

いよいよ情報が少しでも出てくる程になって来たのか!と思いテンションが上がってしまいましたよ~ヾ(*´∀`*)ノ
今回はみことともう一人のキャラクターが出ているんですけど、これについて思った事を率直に言っても良いのだろうか…(笑)

みことは、常世の世界の呉市に住んでいる普通の女の子。華園に続く専門エリート女子校“開闢高校”に通っているんだそうです。
恋には奥手で夢の中に出てくる“月読と命”のような恋愛に憧れているんだとか。
そして、みことの制服姿が出ているんですけど、その隣に…じょ…女子が(笑)
顔というか東部がいろはそのまんまだけど、体が女子風?なみことと同じ制服のロングスカートVer.を履いている方が掲載されておりました!

これがどんな形で繋がっていくのか謎…ですが、この不思議な謎の少女!?の正体は次号分かるらしいです(笑)

物語の序章にあたる部分も掲載されていたんですけど、今まで同様少し切なさを感じさせるような始まり方をしそうな予感。
過去3作品をプレイしている人がこの序章部分を読むと、思う所があるんじゃないかな~と…。
今回のいろは編が最後のタイトルになるんだろうと思うので、これがどんな物語を紡ぎどんな結末になるのか凄く凄く楽しみです。
-2018年10月11日-

今回は、ヒバリの親友である鹿野柚が花婿候補の口説き文句を採点しているのが、最初に掲載されていたんですけども…。
一人一人になかなか辛口なコメントをしていて、見入ってしまいました(笑)
それぞれのキャラらしい口説き文句になっているんですけど、汐音が一番恐ろしいキャラクターなのかも…と、柚ちゃんの一言を見てて思いました(゚∀゚)

キャラの特集はポジティブわんこの那由太くんでした♪
彼はポジティブわんこと言うだけあって、裏表のない真っ直ぐなキャラっぽいので可愛い感じですよね~!
彼はとにかくヒバリに対して盲目的らしいんだけど、それにも何か理由がありそうな感じみたいです。

でも…借金まみれなんですよね?(笑)
借金取りに拉致られているような所とかも出ていますし…この子大丈夫なんだろうか(;゚Д゚)
どの子もキャラ濃そうだけど、最終的には大丈夫なのかな?と思ってしまうのがちょっと面白い(笑)
-2018年11月15日発売予定-

ロロアリFDの発売日が11月15日に決定したみたいですね~♪
前作のアフターストーリーの一幕が掲載されていたんですけど、レインの耳をサワサワ?モフモフしている愛日梨に対して、顔を真っ赤にしているレインがちょっと可愛かったです(笑)

愛日梨かルナと結ばれた相手との白ED・黒ED後の物語が綴られるみたいなので、アフターといえどもなかなかのボリュームになりそうですよね‼
とか言いつつ…私は見送る予定なんですけども(;'∀')

アフターの他に収録してある前作のアナザーストーリーで出てくる、新しいサブキャラとの一幕も掲載されているので、前回とはまた違った物語が楽しめるというのも魅力ですね♪
-第一夜:2018年12月21日発売予定-
-第二夜:2019年1月25日発売予定-
-第三夜:2019年2月22日発売予定-

こちらでは主人公のとあるスチルが出ていたんですけど、女スパイという事もあって頭も切れそうだし、見た目も綺麗だし大人っぽい感じが(/ω\)

しかも主人公シリーンに胸元にはタトゥーが施されているんですけど、そこには特別な鉱石の粉がヘナタトゥーとして施されているんだそう。
それにより女性ホルモンの一種であるエストロゲンが増幅され、男性に近づき空気に触れると男性は誘惑されてしまうんだとか!
危険なミッションをこなすためのある種のアイテム的な感じなんですかね?

カルマいちの踊り子という立ち位置ですし、妖艶な雰囲気にぴったりなビジュアルもすっごく楽しみな1つですヾ(*´∀`*)ノ

次号では第一夜を特集するみたいなので、来月号がこちらも楽しみです(≧▽≦)


後は片思いコントラストの第三巻の先生相手が、ちょっと切ない恋の始まりっぽい雰囲気で、読みながら心が苦しくなりました…‼(笑)
見送ってしまったけど、やっぱり片恋は第一弾とは違う感じで凄く切なさを感じる恋愛になりそうな予感なんですよね~!面白そうだなぁ~(n*´ω`*n)

その他で個人的に読んでいたのはダイジャムくらいだろうか…(=_=)
やっぱりアプリのページ数は凄い‼
乙女たちは皆、いくつかのアプリをやっているんですよね?スゴイナァ…
既にダイジャムを毎日はログインしていない私はゴミ虫ですね(-_-;)

と、そんな感じで読むところも、取り上げて喋る所も少なかったんですけど、どれもこれも来月号が楽しみなる内容だったかな~と思います(笑)
一番は華アワセですけど、来月号では謎の少女?の事も分かるようですし、楽しみにしておきたいと思います!

最後にお喋りをさせて頂きますが、ロミジュリ再開しますとか言っていたのにまだ始めていない私…(ΦωΦ)
そんな事してたらいつの間にか殺スト来ちゃうよ!って感じなのですけれども、蝶毒まで突っ走ってきたのでちょこっと休憩です(笑)
寝る前に溜めていた漫画を読みながら寝ているここ最近です(;・∀・)
マキューシオにも会いたいので、今日からちまちま始めてみようかな~と思っています!まだ漫画全部読んでないけど(●^o^●)

ではでは、本日も、ここまでお付き合い下さいましてありがとうございました~♪┏○ペコ


久々のお仕事で、頭を使ったせいか
帰り道にお腹をグゥグゥ鳴かせながら
帰宅したりな子に応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~(∩´∀`)∩
明日から通常業務に戻るのか…と思うと、どうしても気の重い私です(´・ω・`)

まずは、前回の記事に拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました‼
本日もとーっても励みとさせて頂いておりますです‼┏○ペコ

昨日は夕方に親戚が訪ねて来まして、夜は皆でご飯に行ってしまったのでブログを書きに来れなかった…L(゚□゚)」
って事で、今日は終わってしまった蝶毒 幻想夜話の感想を喋りに来ましたよ!シクシク
とりあえずバナーとか諸々、幻想夜話版が無かったので前回と同じものを使わせて頂きます。

◇蝶の毒華の鎖リパッケージ 幻想夜話感想
choudoku_top000.png

個別の感想も各キャラで書こうかな~って思ったんですけど、そもそもこの幻想夜話は本編のハッピーED後のお話しと、BADの続編になっておりますので…。
どう考えてもネタバレしますからやめておくことにしました(笑)

という事で、それぞれの部分もまとめてここでお喋りしようかな~と思います。

まず、最初に選べるのは各キャラのハピエン後&BADの続編のコンテンツが、好きな方から遊べるようになっていました!
それぞれ、本編で迎えたハピエンの直後から、どうやって過ごしているのかという部分だったり、あの時の一番最後に出て来たシーンに辿り着くまでの話しだったりするので、思ったよりもしっかりしていた内容だった…。
ただ、後日談として甘いだけの内容ではなくて、この後日談だからこそのちょっとした心の動きなんかも汲み取れて面白かったです\( 'ω')/

ちなみに、各キャラ別に後日談・BAD続編・もう一つと並んでいるんですけど、このもう1つについては、最初は選べないので後々お話しします。

どのキャラクターとも幸せなエンディングを迎えているんですけど、相手の立場によっては結ばれるまでが簡単な道のりではない人もいますので…。
認めてもらえるまでに百合子やその相手がちょこっと辛い思いをしてみたり、それとは全く違う形で家族の様子を知らされたりなどなど。
普通に考えるような後日談とはちょっと違う感じがするかな~と思います。

その後の幸せな2人を…というだけの話しでもないので、本編での一番最後に見られるまでの間のお話しだったり、その間に起こった新たな問題?に立ち向かったり、後日談だけど結構ハラハラさせらえる所なんかもありましたし!
最後まで心行くまで蝶毒の世界を楽しめたかな(●^o^●)

そして、個人的に一番楽しみにしていたのが、各BADのその後のお話し…。
秀雄・藤田・斯波・瑞人に関しては、彼らの√で回収出来るBADの続編になっているんですけど、真島に関しては私が大好きなチャイナ姿EDのお話しでした(〃´∪`〃)ゞ
悲しすぎる妹妹EDじゃなくて良かったなと思いつつ、自分の好きなBADの続きが見られて至福の時間でした(笑)

どれもBAD EDの後のお話しなので、幸せになれるとかそんな優しい物語にはなっていないんですけども…。
だけど、この物語の流れだからこその感情が生まれていたりしますし、最後の最後までどこまで堕ちようとも百合子だけを愛し抜いている姿が、何とも言えない気持ちにさせれるかなーと思いました。

それぞれ、ここで完結している形になっているんですけど、BADらしく更に《BAD ED‼》って感じで締められていると思いますし(笑)
皆さま一様にあまりにも百合子の事を深く愛しすぎるが故に、切ない気持ちにまでさせられるから不思議です。
私としては凄く楽しみにしていただけあって、もう本当にすっごく面白い内容だった‼
2人がどんな関係性となってBADを迎えたか…によって、その後の部分の関係性も異なっているんですけど、まぁ…皆さま普通の関係性ではないので、勿論ここでもだいぶ爛れていると思いますが(;´Д`)
そんな2人がここで、最終的にどんな道を選ぶのかってのが気になる所ではありますが、それを是非その目で見てみてください(*´ω`)

そして、その他にもおまけも充実していました!
まず、一つ目は《特別》というコンテンツがあるんですけど、ここでは…なんと…‼
姿が何故かイケメンになっている三郎が出てくるというお話しでございます(笑)
百合子はここでは某EDと繋がっている女○○になっているんですけど、鏡子さんを通してのとある依頼で三郎が百合子の前に姿を現します。

内容的には完全にギャグです(笑)
三郎の見た目もそうなんだけど、中の人も「この人を三郎に使うなんて‼(笑)」と思ってしまう人が声をあてているので…(;・∀・)
最初の選択肢が2つ出てきて、その後各キャラ誰を選ぶかの選択肢が出てきて、面白い状況で攻略対象までもちょっと面白く…ってな感じでの内容ですかね。

それぞれ2つのシチュエーションで各キャラが見られるんですけど、皆さん隠すものがなにもないので言いたい放題やりたい放題なので楽しかったです(n*´ω`*n)
ちなみに百合子も本編での百合子とはちょっと違うというかですね…(笑)
文章に出てくる言葉って百合子の心の中の声なんですよね?三郎に対して『クソッ…。そんな長いまつげを伏せるんじゃない…マッチ棒乗せたろか…』とか言うんですよ!
どのキャラもちょっといつもとは違う感じだったり、色々はっちゃけているので一人笑いをこらえながら進めてしまいました(ΦωΦ)

三郎は見た目はイケメンになっても、中身はあんまり変わってないんだな~って思える所もあって、これは乙女ゲームでは見せてはいけないじゃないか…というアヘ顔的表情を本編でもしてたけど、それのイケメンVer.が見られます(笑)
でも、この表情を見た瞬間に「三郎だ!」と思えてしまう…。

あ、あとですね、各キャラの必殺技?みたいなものが見られるシーンがあるんですけど、斯波さんの黄金宝石札束フラッシュが私はお気に入りです(*´ω`)
まぁそんな感じで、特別シナリオではイケメンに変貌した三郎を中心とした、ドタバタとした面白シナリオになっていました~♪

この《特別》を見た後にもう一度各キャラの後日談コンテンツの所に行くと、最初は選べなかった部分が選べるようになっていました~。
このもう一つの物に関しては、ハッピーエンドの後日談の攻略キャラ側から描かれている内容になっています。
それぞれ、百合子視点だった時には分からなかった、攻略相手と誰かの会話がそこのコンテンツで分かるようになっていたり、あの時に起こっていた出来事の時に相手が何を思っていたのかが分かったりするので、より深くそのシナリオを楽しめる形になっていました!

どのキャラもそれぞれの裏側が見えるようになっているのだけど、幸せなはずなのに何だか切ない気持ちにもさせられる所があってより楽しめました。
中には普通だと認めてはいけない関係性の人もいますので、その人の時には好き合っている2人なのに、何だか悲しくなってくる所とかもあるんですよね~。
何てゆうかやっぱり幸せなのは勿論すっごく良いんですけど、感情的にそれだけじゃないというのが好ましいのかな~と思います。

そして今回もやって参りました!
《終章》のコンテンツでは『萌えろ!大正浪漫執事喫茶にゃ!』です。
本編のおまけに執事喫茶のおまけストーリーが収録してあったんですけど、今回は男性キャラ全員で姫様を癒そうと、猫耳執事喫茶?を……(笑)

皆さんが語尾や会話の中に「にゃ」を入れこんで喋っていたり、耳も尻尾もついているし!
喉を撫でられてゴロゴロしてみたり、猫のマタタビ王(闇のほにゃほにゃ猫Ver.)がいたりと、こっちも変わらずワチャワチャしておりました\( 'ω')/

今回も前回に引き続き、全部の後日談を見たという前提で、ここの会話が進んでいくので面白いです(笑)
誰かが誰かのBADでの所業をなじったり、これまたBADでのその人の様子をネタに出してみたりと、
とにかく終始愉快ですし鏡子様もイケメン三郎も出てくるので楽しかった(笑)
BADの後日談とか内容が仄暗く切なさを感じさせたり、ちょっと重い感じだったりしていたのに、ネタにされるとこんなに笑えてしまうのが、余計に楽しい気持ちにさせられた気がします!

そして更にミニゲームのシナリオもあったのですけど、各キャラとのちょっとしたやり取りの後、クイズ大会みたいなものに出場するって流れに!
そして攻略キャラとクイズの練習をして本番に挑む…って流れになっているんですけど、この練習の時には攻略キャラや本編の物語、ゲームの時代に沿ったクイズが出されるんですけど…。
内容がなかなか面白いものもありましてですね‼(笑)

・姫様の体で私が執着しているのは所はどこでしょう?
という藤田の問題があって、答えを当てると「しかし、何でしょうこの問題は。」という藤田に対して姫様が「それだけお前の○好きが有名とうことね」との返し…(笑)
更に藤田が「い、一体どこからそんな情報が漏れたのでしょうか、恥ずかしい…!」って言うんですけど、この時の恥ずかしいの言い方が…(笑)
何か藤田がちょっとキモイ!と思ってしまう感じでして(。-∀-)

こうゆう問題と答えに対して、相手キャラとのちょっとしたやり取りがあって、これがなかなか面白いないようになっているんですよ~。
百合子が物語上では知りえない事を知っていたりするので、相手の慌てている様子とか藤田の様なやり取りがあるので楽しかった~。

クイズの内容も本編をやっていたら分かるものもあるんですけど、一般教養?的な…?感じのもあるので、その辺はさすがにカンニングをさせて貰いました(;'∀')

全問正解して先に進むと、最後に相手とのちょっとしたシナリオもありましたし♪
おまけ要素も凄く楽しめましたヾ(*´∀`*)ノ

と、そんなこんなで全てのコンテンツを見終わってしまった…。
何か蝶毒始めたら凄く早く終わってしまった(笑)
ずっとずっと楽しみにしていただけあって、始めてみるとあまりの楽しさにどんどこプレイしてしまいました…(;´Д`)
本当にここまで待ってやっとプレイ出来て凄く良かったです\( 'ω')/
アロマリエさんリパッケージ制作してくれてありがとうです(●^o^●)

って事で、幻想夜話の感想はこれにて終わりますが、殺ストのカウントダウンも始まっていますし、ここで新しいのを始められないので…。
とりあえずは、中断になってしまっているロミジュリの同時収録されているFD?続編?の方をちまちま進めていこうかな~と思います!

連休も終わったので急いで片付けないといけない仕事もありますし、数日忙しくなりそうだ(=_=)
ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ




終わった後も何度もシーン回想しすぎて
蝶毒のデータが擦り切れそうです(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはですー‼ヽ(^o^)丿

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~♪
本日も、大変励み&活力とさせて頂いておりますです┏○ペコ

今日は何だか涼しくて過ごしやすかったですね‼
お盆時期の怒涛の日々が落ち着いた~って感じがして、久々に何も気にせずに沢山寝てしまった感じがします…(笑)
と言ってもお昼寝した訳ではないですよ~。朝かなり遅く起きてしまったというだけです(゚Д゚;)

さてさて、今日も早速本題に行こうと思いますが、蝶毒の本編が終了しましたのでキャラ別の感想を喋りに参りました!
無事に全てのキャラ√を終えて全EDを回収しフルコンプしてきました!
最後まで楽しくプレイ出来た…。
途中我慢できずに鏡子√をプレイしたのだけど、ノーマルじゃない鏡子EDは一番最後に回収する事が出来ました。
あれを最後に取ると、何かちょっと暗い気持ちのまま終えた感じがしてしまいますね(笑)

全て終えてから、おまけシナリオの「そして誰もいなくなった」と本当の最終章「燃えろ!大正浪漫執事喫茶」をプレイしてきましたよ!
執事喫茶の方はプレイした事あったんですけど、そして誰もいなくなったの方は初めてだった。
どちらも本編が重苦しい分、おまけシナリオでは誰も自分の√で起こった事を隠さずに曝け出しているので、すっご~く面白かったですヾ(*´∀`*)ノ
ふとした時に相手に対してこぼす悪口?みたいなのが、面白いんですよね…。
わかめ野郎とか変態とか……(笑)

って事で、早速それぞれのキャラの感想を喋っていこうと思います!

◇斯波純一/茶介
shiba000.jpg

相変わらず素敵な斯波さんでした…。
この人って最初から最後まで百合子への愛を貫き通す人!って感じなんですけど、一番狂気に染まらない人なのでは…と思います。

シナリオ中にはそれっぽい雰囲気の時もあるんですけど、それにはちゃんと理由があったりしますし、まぁしょうがないのかな?と思ってしまう所もあるので…。
人として一番真っ当な人な気がしますね(笑)
周りに色々特殊な人が居すぎたせいかもと思いますけど、一番純愛って感じがするかな!
男らしいけど百合子の事となると、その男らしさが途端に弱弱しい所が見えてきたりするのもまた魅力なんだよな~(*´ω`)

斯波さんの√では、百合子が斯波さんに惹かれていく様が描かれているのですけど、その気持ちを認めたくないと思っているので…。
嫉妬という形で、自分の中にある自分も知らない感情を知っていくのが…、何とも言えない気持ちになりました。
だって相手が…アレなんですもん!
このモヤモヤする部分は斯波の口からちゃんと理由を聞かせて貰えるのだけど、斯波も言葉足らずだし百合子も自分の気持ちを理解できていないので、なかなかすんなりいかないのが…(笑)

最初は強引だけど、その強引さも彼の必死さの表れだと思うと、百合子頑張れ!と応援したくなってしまうんですよね(笑)
まぁ当の本人はアレコレと色々アピールされ過ぎて大変なのだろうけども(;´・ω・)

物語の進みも百合子に起こる出来事というのは順に起こっていくんですけど、その中で斯波に求婚されて、彼との距離を縮めていく形になります。
最初こそ拒絶しているんですけど、本当に少しず~つ斯波の知らなかった一面というのを知って行く事で、百合子も彼に惹かれていくって感じですね。
華族とか貴族とかそういった男性しか知らない百合子からしたら、かなり新鮮な相手になると思いますし。

そうして斯波との仲を深めていくと同時に、その間にもお見合いだったり野宮家で色々な出来事が起きたりしていきます。
この起こる出来事というのは一貫しているのだけど、この辺は後半になるにつれて形になってくるので、メインは斯波と百合子の部分かな。
とにかく斯波さんとの大恋愛?を楽しめる感じかなと思います!

EDに関しては、BADも他とはちょっと違う感じになっているものもあるので、これは斯波さんというキャラに相応しい終わり方になっているかな。
彼の百合子を一途に想う気持ちが溢れているBADだと思います。
他のやつは…まぁちょっと壊れた感じのもあるけども(笑)
でも日の当たる場所がぴったりなので、やっぱりこの人には幸せになって貰いたいのでハピエンが一番素敵です(*´ω`)

ハピエンに辿り着く前のシーンで、斯波さんが「こいつめ」って言う所があるんですけど、斯波さんのこいつめで涙がポロリしちゃいました~( ;∀;)

◇瑞人/平井達矢
mizuhito000.jpg

私、瑞人の√はしっかり覚えていなかったんですけど、この方の内容ってこんな感じだったんでしたっけね!(笑)
進めながら「え!」とか「あれ…?」と思いながら進めていく形になったんですけど、途中途中でそうだったそうだった…と思いだす事もしばしば…。
それでも恐らくこの人についての真相部分は、すっかり忘れていたのでわりと内容的には改めて楽しんで気がします!

もう本当にどうしようもない兄貴!って感じの人なんですけど、とある時から自暴自棄になった生活を送っている放蕩兄。
他√でもそのダメっぷりが描かれているんですけど、この兄にもとある秘密が…。
まぁその辺が自堕落な生活を送っている所に関係しているんですけど、この人が頼りになる!と思えたのはハッピーエンド以外なかったような気がします(笑)
わりとずっと瑞人を取り巻く独特な雰囲気に、百合子が引きずられそうになってしまうんじゃないか…と、ちょっとハラハラドキドキさせられた気がします(;'∀')

終始この人は妖艶なのだけれども、百合子と雰囲気も似ているというのもあるんだろうけど、何かいちいち妖しい雰囲気を醸し出していますね。
この人が花街に通っているからというのもあるんだろうけど、百合子の為と思いしていた事とかもこの人の存在をそうゆう雰囲気に見せている部分でもあるのだろうか…。
好きになったらいけない相手というのがあるからかもしれないけど、常に背徳感が付きまといますし!
なので瑞人相手の√は常に悪い事をしているのをのぞき見している気分でした(笑)

でも…、その…、ちゃんと色々とドラマがありますので、それは是非プレイして見て頂けたらなと思います。
あれ?どうしよう…アレも言えないしなコレも言えないしなと思ってたら、全然書くことがなくなってしまいました!(笑)

百合子と瑞人は兄妹なので、だからこそ色々な事が描かれていると思います。
他√で起こる出来事もそうなんですけど、瑞人√ではまた一歩踏み込んだ感じになるかな~と思いますしね。
そしてこの√の中で瑞人が変わっていくというのも面白い部分の1つかな。
いつまでもダメ兄ではないので‼
ハピエンの時の瑞人が一番素敵だと思いますし、何よりも百合子を想う気持ちならば…某キャラには血潮のアレコレで負けそうだけど、そんじょそこらの人達には負けないと思います(=_=)

ちなみに、BAD EDはどれもこれも瑞人√らしいエンディングになっているなと!
だって、どれもこれも背徳感満載!2人にとっては幸せな結末だけど……ってな感じのもありますし!
悲恋ちっくなものもあったりするんですけど、それとは逆にさすが兄貴!と思うものもありますしね(笑)

◇真島芳樹/大石恵三
majima000.jpg 

真島は百合子の家の園丁として雇われています。
百合子は真島の傍が何故か一番安らぐ…と、彼女の初恋の相手でもあるんですけども…。
その真島と百合子がどうやって結ばれるのか…?[壁]ロ゚)ハッ

ここの√は何回シーンを見ても、やっぱり私はハピエンも好きだけど妹妹EDが好きです(/ω\)

でも何というか思ったよりも真島のシナリオはあっさりしているというか、真島という人物に色々とあるので、その分√シナリオの描き方が他とは異なっているんですよね。
だからというのもあるのかもしれませんが、今までの内容とも違っている分色々と短くまとまっている感じがしますね。

ただ、個人的には真島√の真島も好きなのだけど、他の√での真島の方が“真島‼”って感じがするというか何というか(笑)
うまく言えないけど、ここの√ではある意味で元々の素の真島って感じがして、他の√や各ED等で出てくる真島はここに来るまでに培われたある意味で素の真島って感じ?
何が言いたいのかよく分からなくなってきましたが、とにかく好きです(●^o^●)←

先程も言ったのですけど、物語の進行の仕方が他キャラの√シナリオとは違った形の進み方をします。
物語の始まり方からちょこーっと違いますし、内容も今まで起こっていた出来事が起こらなかったりしますので、これはある意味もう一つの物語…みたいな感じがするかもしれません。

恋愛面での進展がメインになるんですけど、百合子と真島では身分の差があるので、勿論すんなり進展するわけではない…。
でも、すんなり進展しないのだけど、私は真島√の百合子は凄く好きなんですよね~。
真島に恋していて、簡単には諦めないと頑張っている百合子が凄く可愛い…(*‘∀‘)
結構行動的な子ではあると思うんですけど、真島の√だとそれを強く感じる気がします。

しかし、幸せな結末ではあるのだけど、既に他のEDを見てしまっているとこの人の狡さが際立つと言いますか(笑)
途中でのやり取りで「ず…狡い…‼」と思ってしまう所が多々あって、(そこも素敵だけど)EDにいくまでにちょっとハラハラっとさせられるな~と思いました。
うまくいくと分かっていても、ヤキモキさせられるというか!

EDに関しては、妹妹EDはある意味BADというか悲恋というか、そんな感じの内容になるので後日談を見たいような見たくないような(笑)
正式な(?)ここの√のBADは…、真島が可哀想になってしまう感じでしょうか。
この辺にも彼が百合子に対してどんな感情を抱いているのか?というのが、感じられるEDになっているんですけど…、BADなのでハッピーな気分にはなれません(笑)

でも、やっぱりどこの√をプレイしても、ハピエンだけじゃなくBADの内容も面白いな~と毎回思ってしまう感じですね。

◇藤田均/チアノーゼ三太夫
fujita000.jpg

個人的に、ちょっと恐怖だった藤田√(笑)
某EDの印象があまりにも強かったので、VitaではなくPC版で見るとこの人どんな感じなんだろう…とビクビクしながら進みました!

藤田は野宮家の家令でもあるのですが、実の母より母親のようなお方です!笑
何かと言うと「姫様姫様…!」と言っていますし、百合子に手を焼いている様子が微笑ましい。
だけど、こんなに見た目が潔癖そうで落ち着いている感じなのに、ものすっごーーーーく弱虫?と言えばよいのだろうか(笑)
百合子が確か藤田の事をまるですっぽんのようだと言ったり、「お前は女々しい」と言ったり…、とにかく百合子の藤田に対する発言が面白すぎました。

最初こそ頼りになる家令ですし、藤田がいなくなってしまったらどうすれば良いのか…と思ってしまう程、彼の存在は大きいものなんです。
ただ、百合子が藤田を好きになっていく辺りから、どんどん藤田の弱虫さが出てくるようになるって感じですかね(笑)

逆に、藤田がそんな風になるから百合子が凄く勇ましく見えてくるようになりました!
2人がくっつきそうな時に、百合子が「お前、言ってる事もその顔つきも、女性のそのままね」とか言う時があるんですけど、読みながら吹き出してしまった…(笑)
見た目と中身のギャップがありすぎる人物ですよ…‼
百合子の事を女性として見始めている辺りから、もう何か男らしさとかそうゆうのは無いし、とにかく見た目に反して気弱そうな女子っぷりが…(笑)

まぁ、そんな藤田だからこそのBADがあるんですけど、物語の内容云々よりも藤田のキャラに魅入られてしまって、そっちばっかり気になっちゃった…(;´・ω・)
ちなみに、PC版藤田はなかなか…ねちっこいというか、彼の性格が色々な所に現れているなと思いましたね!

やっぱりすごーく印象に残っているのは犬EDじゃないかな!(笑)

◇尾崎秀雄/須賀紀哉
hideo000.jpg

秀雄さんは百合子の幼馴染です!
でも、幼馴染キャラと思ってこんな感じかな~って思っていると、その想像通りには進まない感じではありますね。

秀雄の家も百合子の家も家同士の付き合いがありますし、歳もまぁ近い2人なのですんなり婚約→結婚っていきそうなもんなんですけど、そうもいきません。
そのお陰で、ちょっとだけ切ない恋愛展開になっているんですけど、私秀雄の√をプレイしている時に、先に回収出来るBADを殆ど取りに行ったので…(;´Д`)
幸せになるまでに凄く時間がかかった気がしてしまいました(笑)

百合子も秀雄もお互い好き同士になっているはずなのに、全然素直になれないからすれ違ってばっかりだし…。
更にはお互いにそれぞれお見合いとか婚約とかの話が出る始末ですし(T□T)
この人達が2人で幸せになるにはどうすれば良いの~‼と思わされながら進む形になるかと思います。

他のキャラ達に比べると健全で淡い初恋な感じがありますし、わりと進展の仕方もトントントーンって感じではあると思うんですけどね…。
でもやっぱり、何かと障害があってうまくはいかないので、最後まで結構気を抜けなかったな。

今各感想を書くのにスチルを見返したり、シーンを見返しているんですけども…。
秀雄って眼鏡かけてると生真面目な感じですけど、眼鏡取るとイケメンなんだよな~。
この真面目な性格だからこその、ちょっと面白い部分なんかもあるので秀雄は秀雄で憎めないキャラだなと思います(笑)
百合子の言い合いしている時なんて、二人とも子供みたいですしね!

EDに関しては物悲しい悲恋EDもあるので、これを最後に取った私は悲しい気持ちのまま次に行く羽目になりました( ;∀;)
だって…だって…‼
展開的にもこうゆうのがあるって分かっていたんですけど、実際目の当たりにするとやっぱり切ない。
この時代的にもこういったEDはありそうな内容なのですけど、一番最後に取るもんじゃないですね(笑)

ハピエンに関しては、もう本当‼良かった~( ;∀;)の一言に尽きます。
恋愛の展開がうまくいくと分かってはいても、違う方面で心配事があったので2人で幸せそうに過ごしていると、もうそれだけで満足でした\( 'ω')/
鳥マニアの秀雄がちょっと少年のようで可愛かったです(笑)

ちなみに毎回書いているのでここでも書くと、BADは…「お…おぉ…秀雄さん…」って感じですかね。
《生真面目な秀雄》からは想像出来ない人に変貌しているかなと(笑)
でもこれもある意味、秀雄が百合子を愛しすぎてしまったからこそのEDなのかな~。
これの後日談がちょっと楽しみではありますヽ(^o^)丿

って事で、それぞれ短いながらも頑張って書いてみました!
推しは、浮気はしないよ!真島くんです(*ノωノ)
多分何回プレイしても、ここは絶対に変わらないと思います\( 'ω')/
私も真島くんと○海に逃亡したいです!←

再プレイをした事で、若干苦手だった瑞人や藤田の新しい魅力に気付けた気もしますし、斯波さんもやっぱり素敵!と思えましたし…(笑)
本編のプレイもだいぶ楽しんでしまいました!

これから、遂に楽しみにしていたFDをプレイしようと思いますが、今日は何だか疲れてしまったのでもう寝ます(笑)
明日みーっちりじーっくり楽しもうと思います(n*´ω`*n)

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~‼┏○ペコ




何でこんなにステキなんだろう?
真島を見ているだけで、何故か顔が
ニヤニヤ…(゚∀゚)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~!┏○ペコ

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチも下さいましてありがとうございました\( 'ω')/
本日もとっても励みとさせて頂いておりますです♪

今日は会社に行って来ました……。
本来は休みを取っていたので行かなくても良かったのだけど、急遽やらねばならない事というか「コレコレやって下さい」というメールが来たので、それを済ませに行って来ました。
が、いざ行ってみると「今日来なくても良かったじゃん!」な結末となり、会社で蝶毒をやって帰ってきました(笑)

いった意味が全く無かったわけではないのだけど、行かなくても良かったんじゃないか…という微妙な気持ちになりました( ;∀;)

さてさて、ただいま絶賛蝶毒プレイ中です!
Vitaで過去にプレイしているんですけど、その時はブログを開設する前だったので感想を書いていない…。
という事で、改めて感想を書いてみようと思います。

◇初回感想
choudoku_top000.png

こんなにも最初から最後まで!仄暗さや背徳感を感じさせてくる雰囲気が続いて、でもその雰囲気だけじゃないなんて…本当に凄いと素晴らしいと思います(笑)
天野ちぎりさんのこのイラストも、すんごーくハマっているんですよね‼
恋愛しているはずなのに…、どの人が相手でも背徳感というか、ちょっと危険に思えてしまうのは何故なんだろう…。
そして甘い囁き的なシーンのはずなのに、「何か危ない気がするっ…!」と思わせてくる感じもまた、凄く楽しいなと思ってしまいます。

先程も言いましたが本編は一度プレイしているのですが、PC版は未プレイというのとVita版をプレイしたのも何年も前なので、改めて楽しむ事が出来ております\( 'ω')/
それぞれの√、全てのEDを回収しながら進んでいるんですけど、この人ってこんな内容だったっけ?とか、こんなEDだったんだっけ…!とか、案外しっかり覚えていない事も多くて新鮮な気持ちもあり、進めていく毎に驚いたりしながらプレイしています(笑)

私的には、もう薄桜鬼並みに代表的な作品なのだけども、知らないわ!という方も居るかも知れないので、サクッとストーリーのお話しを。

主人公は野宮という華族の令嬢である百合子さんです。
物語序盤から野宮家が傾いていて、百合子が気をもんでいる描写が描かれているんですけども…。
裕福だったころから一転して、転げ落ちるように転落していってしまう様が描かれている内容になっていると思います(笑)

百合子は自分の為に開かれた夜会、豪華な誕生日会に出たくない…と思っている所から物語が始まります。
贅沢をしていられない現状なのに父が娘の為にと開催してくれた夜会なのですが、それは百合子の結婚相手を見つけるという目的があって開かれたものなのです。
百合子自身はまだ結婚は…と思っているんですけど、その時代には既に結婚してもおかしくない年齢なので、両親も娘に苦労をかけまいと彼女を思うからこそ見栄を張った夜会を開いていました。

だがしかし、その夜会でとある事件が起きます。
この事件をきっかけに百合子の人生がどんどん狂わされて行く事に……[壁|_-)

そしてその出来事の傍らで、自分の傍にいる相手と初めての恋をしていくのですが、それもまた百合子によって狂わされていく感じに描かれているような…いないような…。

と、すんごーくザックリなのですけど、こんな感じです(笑)
なんかもっと色々あるんですけど、詳しい部分はあまり言い過ぎると口が滑りそうなので黙っておこうと思います。

初回プレイは普通に進めて6~7時間って所だったかなと思います。
わりと内容的にはそこまで長いボリュームではないと思うんですけど、個別に入るまでの選択肢は結構あると思いますが、個別に分岐してからは結構物語に集中するタイプかも。
共通部分に選択肢が多いかな~と思うので、短い中にも凝縮されている感じかなと思います。

お誕生日を祝う夜会では攻略対象であるキャラ達と出会ったりもするんですけど、斯波さん以外のキャラは幼馴染だったり執事だったり、もともと百合子の周りにいる人達が多いのでそこで初めて出会うというよりは、百合子の傍に居た人の方が殆どですね。

ちなみに、その攻略相手達なんですけども…。
どの人も全員ノーマルな人がいない…と言うか、普通じゃない人が多いです(笑)
ハッピーエンドでは普通に幸せになっているんですけど、そこにいくまでの過程を思うとBADとかで見れるの彼らの方が、実は本質的な部分が思いっきし出ていて、そっちが本当なんじゃないか…とさえ思えてしまうと言いますか…(笑)
彼らの本当の意味での素顔というか、全てを曝け出している所とかを思うとハピエンよりもBADの方が本物なのでは‼って感じがしてしまいました(;'∀')
一見普通っぽい人達もいるんですけど、ちょっと一歩間違えたらヤバいよねこの人!って感じさせてくるものがありますし、それがBADに繋がっているかな~と。
そしてそれが彼らの1つの魅力の部分でもあるかなと思います。

あ、でもハピエンの方も皆さんも素敵なんですよ‼(笑)
偽物っぽい…とかそんなのもないですし、あれも彼らの本当の姿だと思います。

FDの方ではBADの後日談もあるというオイシイ構成になっているようなので、私的にはそこがすっごく楽しみな部分でもあるので、本編の方でも一つも漏らさず見ようと目をかっぽじって凝視しております(笑)

個人的にはこの作品はハッピーエンドのみならず、BADもそれぞれにキャラの味を出しているEDになっていると思うので、是非見て欲しいなと思いますね。
私は、百合子がチャイナドレスを着ている某√で回収出来るBADがお気に入りなのですけども‼(*ノωノ)
その他にも百合子の転落人生っぷりを限界まで突き落としたEDなんかもありますし、相手キャラとの恋愛の末に掴んだ驚きの結末なんかもあるので、是非ともそれぞれ見て欲しいと思います(●^o^●)
BADまで作り込まれているモノを見てしまうと、やっぱりそれぞれ最後まで描かれている方が倍楽しんでいる気がしちゃいますね~!

それぞれの√で一貫して起こる出来事というのもあるんですけど、そもそもの恋愛面がどこにいってもスムーズには進まないです。
一番とんとん拍子に行くのは秀雄さんじゃないかな?あ、でも斯波さんもわりとサクッと進む内容なのかも知れません。
その他の人は百合子との関係上何かしらあったり、相手側に何かあったりと、何も障害が無い!という人が居ないので(;'∀')
だからこそ結婚するまでに山あり谷ありの場合や、好き同士なのに………ってな感じで障害がある場合なんかもあります。

秀雄相手だとわりと淡い初恋~な感じもするんですけど、意外にも激しめな気持ちを感じさせる所なんかもあるので、ただの淡い初恋ってだけじゃないのも面白いのかも。

だけど、どこの√でも好きになったら止められないという感情が割と強めに描かれているので、そういった所が最初に言った背徳感だったり、ちょっと暗さを感じさせてくる所なのかな~と思いますね。

相手側は百合子の事を好きすぎて堕ちていく感じに見える部分もあるんですけど、それと同時に百合子の方が相手に恋をしてズブズブハマっていく様も描かれているので、そうゆう所がちょっとだけドロッとした愛情に見える部分なのかな~?
なんか爽やかで甘酸っぱい初恋!って感じはまぁ…全体的にあんまりないですね(笑)
全体的な雰囲気として片栗粉でとろみの付いたスープみたいな…感じの(笑)ドロリと渦巻いている感じの雰囲気がありますし。
(ちなみにスープって言ってますけど、美味しそうなスープではなく怪しいやつです(笑))

恋愛のみならず、どんどん負のオーラを纏っていく百合子の人生なのですが、それでも折れずに立ち続けていると、攻略対象である相手との距離が縮まっていく感じですかね。
まず、傾きかけている家を建て直すには百合子の結婚というのが手っ取り早いので、相手のキャラによってはそれが入口になる場合もありますし!
その他の人物の√でも、百合子の家の事情というのはわりと関係してきたりしますし、相手との距離が縮まっている最中に百合子側には、ものすごい出来事が次々に起こりますしね…。
この辺もドロ~リ感に関係してくると思うんですけど、次々に百合子の身に降りかかる出来事が、結構容赦ない出来事ですね…。

まぁ…この辺には…色々と…事情がおありになるんですけども…(笑)
そういった次々に起こる出来事に加えて、百合子の気持ちにも変化が現れてくるという作りになっているので、わりと重厚な内容になっているんじゃないかなと思います。

それぞれの√で気になってくる部分というのが出てくるんですけど、真相の人物や鏡子√に行かない限りはちょこっと謎の残ったままの解決となります。
各√によって真相が明かされた後にどうなるのか…という部分が、少~しずつ違ってはくるんですけど概ね同じ展開になっています。
この部分、私は既に知ってしまっているから感動が少ないんですけど、最初にプレイした時にはわりと衝撃だったように思います。

まだ乙女ゲーを初めてプレイしてから、数本目とかに蝶毒をプレイしていると思うので…。
驚きの連続だったんですよ確か!
え?え?この人えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ‼(@_@)みたいな感じだったと思うんです(笑)
この↑えぇぇぇ‼はあの人自身に対してと、あの人とこの人が……とかとか、まぁ色々な所に当てはまるんですけど、知ってしまっているからこそ!この感動が伝えられないのが悲しいです。
初回プレイだったらもっと熱のこもった感想を書けただろうにと思うので…(;'∀')

でも、この辺は誰を攻略しても見えてくる所ではあるので、そこの本当の根底の部分にあるものは何なのか…?というのが分からない限り、気になって気になって仕方がない!という内容かなと思います。

私と好みの似ている方は絶対に楽しいと思う‼(笑)
とにかく終始仄暗い雰囲気の中で物語が進んでいくので、どの√にもそれぞれの面白さというものが感じられるんじゃないかな。

各キャラEDがハピエン・BAD2~4個(ノーマルも含む)くらいだと思うんですけど、分岐する選択肢から結構進んでからBADに突入するので、物語の流れというか作り込み具合が結構力入っているな~と感じますね。
どのEDにもスチルが用意されていますし、BAD EDに関してはEDに行きついて終わりという形ではなく、その結末の中でどうしているかって所も描かれているのも個人的に好きな部分でもあります。

ただ転落していく中でそれに立ち向かうとか、好きになったけど壁を乗り越えなきゃならない、乗り越えて幸せ\( 'ω')/って単純な展開でも無いですし!
√によって異なるけど好きという気持ちを自覚するまでに色々あったり、好き同士だからと単純に結ばれる訳にはいかなかったり、好きだからこそ焦って先を急いだりなどなど…それぞれの形の進展の仕方があるので、どこの√も面白いなと思います。

という事で、全体感想はここまでにしますが、次回は各キャラの感想をまとめて喋りたいなと思います♪ヽ(^o^)丿
今はまだ斯波さんのBADを全部回収したので、これからハピエンを取りに行くぞ~!って所で中断中ですよ!
残すところ真島くんのみとなっているので…フフフフフ…。
これはじーっくりゆーっくり楽しみたいと思いますヾ(*´∀`*)ノ

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ




久々に仕事場に行って、ちょこっと仕事したので
帰って来てからものすごーく疲れました(笑)
この調子で仕事し始めてから大丈夫なのか
不安しかありません…(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言