FC2ブログ


こんばんはです~(*´ω`)ノシ

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!
本日もとーっても励みとなっております\(^o^)/

今日は開幕戦です!←野球の話しですw
という事でヤクルトの開幕戦には行けなかったので、今日はロッテの開幕戦にお付き合いしてきております私…。
って事で、多分帰りが遅いと思うのでこの記事は予約投稿にしてあります!

今日はちょっと肌寒かったので…、でもさすがに真冬のアウター着たら暑そうだし中に着れる某ブランドの某薄めダウンベストをリュックに忍ばせてきました。
あれだけで海風を防げるのかは謎ですけれども(=_=)

そして、すっかり忘れてて慌てて薄桜鬼のイベントの申し込みをしてきました~‼
危ない危ない‥‥‥。
申し込み期間前は「○日からなのね!忘れないようにしよう。」とか思ってたのに、日々に追われて忘れ去る所でしたΣ(゚д゚lll)
無事に当たると良いけど結果発表まではちょっとドキドキしちゃいますね…。

薄桜鬼のイベント行ってみたい!とブロ友様とよく話してたので、当たればようやく念願叶います~‼ヾ(*´∀`*)ノ
当たりますように当たりますように当たりますように当たりますように!!!!(笑)

さてさて、今日も昨日に引き続きparadiseの感想です。
今回はマツダの感想なんですけど、この人なかなか…ラスボス並みの個性をお持ちの方だったので、色々な意味で寿命が縮まりました(笑)

※こちらはBL作品となりますので、大丈夫よという方だけ先にお進みくださいまし┏○ペコ

◇マツダ/テトラポット登
icon3.png

マツダは普段はサラリーマンをしているらしいのですが、性格的には明るくて責任感が強くて、率先して皆をまとめる役とか、皆がやりたがらない役目とかもを買って出る人という感じでしょうか。
表向きは………(笑)

見た目もちょっと老けて見られるらしいんですが、序盤にアヅマが40歳くらいに見えたとか言うんですけど、本当は27歳ですw
雰囲気的にも落ち着いている雰囲気ですし、頼りになる感じなので年齢が上に見える所にも納得できます。
そして忘れてはいけないのが、めちゃめちゃ豪快な性格というか…男!って感じのする人ですね。

最初に無人島での問題が起きた時から、マツダは皆をまとめたり管理をしたりとリーダーとなってまとめていくんですよ。
その時とかはとにかく快活で爽やかな感じ。
なんだけども、アヅマに対しては謎に気に入っている感じがちょいちょいと垣間見えるんですね…。
そんでもって個別に入ってからマツダがアヅマに迫る…というか、まぁそうゆう雰囲気になってしまいまして、致しはしないんですけど、サワサワしたりするシーンがあるんです。
もうその時とか、マツダがテトラさんの声で本当に良かった!ありがとう神様\( 'ω')/って思うんです。
真面目そうなんだけど、カナリ肉食系なマツダが素晴らしいのです。

で、一度手を出してしまうと恐らくアヅマの事が可愛くて仕方がなくなったのか、アヅマの危なっかしい所が見ていれらえない母ちゃんの様に…(笑)
木登りすれば心配しすぎて普段からは想像出来ない程アワアワするし、崖の下を覗きに行けば叫びながら「いいから!戻ってこい!」しか言わないし…。
普段の落ち着いた喋り方と、大人シーンの時の喋り方、焦っている時の喋り方のギャップがありすぎて、凄く面白い人物だな~と思いました。

アヅマもマツダの人柄に徐々に絆されていくというか…。アヅマくんちょっとおバカさんなので素直で可愛いんだけど、誘導されたらツボとかお守りとか買っちゃいそうな人なんですよね。
マツダがアヅマに対して性的な意味でもちょっとガツガツするんですけど、とにかくアヅマはお尻を拒否します‼(笑)
だけど、マツダ…この辺から素の性格が出始めていると思うんですけど、「普通の事だ」とか誘導してって「ケツも知らないなんて時代錯誤も甚だしい」とか言い始めて、アヅマを丸め込もうとしてくるんです。
こんなに必死に丸め込む人初めて見たよ!と思いながら笑いつつも凝視してしまう…。
そして丸め込まれていると分かりながらも、じゃぁ…と許そうとしてしまうアヅマが…可愛い…‼

とまぁそんな感じで、アヅマは可愛いしマツダの行動が面白かったりしつつ、大人なシーンではどちらも素晴らしすぎてスキップなんて絶対使いません!ってな感じに…。
ちなみに、テントの中でちょこーっと手前まで致すシーンがあるんですが、そこまでに起こる大人シーンは2回。(どっちもガッツリ最後までではないです)
で、ここまではマツダも色々壊れていないので、台詞を喋る度にログに行って何回も聞いてしまいます…声を‼

だが、ミツギの時もそうだったんだけど…、どんどん雲行きが怪しくなっていくんですよ。
前回の√とは違う展開で怪しくなっていくんですが、閉鎖された空間で皆が困る出来事が起きて追い込まれ始めている中で、追い打ちをかけるように次々と色々起こると…。
誰かひとりを犯人と仕立て上げて結託したりとか、自分が疑われたくないからおかしな行動に出て新たに犯人を作り上げて逃れたりとか…。
まぁそうゆ事が起こり始めるんですよ。

そうすると、マツダが…マツダが……どんどん崩壊していきます(笑)

病んでいるとかそうゆう言葉では片付けられないんですけど、何と言えば伝わるのかな…。
守ってきた自分という存在をめっためたに壊されて、誰にも信じて貰えなくなった事で崩壊していったって感じですかね。
最終的には「何だ、子供っぽい(笑)」とか思うし、アヅマがそれを見越して彼を受け止めるので良いんですけどもね。
そこに行くまでの過程はなかなか壮絶だったし、おぉ…どんどん壊れていくねマツダさん…って感じの展開ですね。

もう、仲間がどうとかそんな事言ってる場合じゃないです(笑)
マツダ的にはアヅマさえいればそれで良いって感じなんだろうけど、そのアヅマに対しても虚勢を張るというかそんな感じなのでね…。

で、さっき言った大人シーンの3回目以降は崩壊してからのシーンになるので、ちょっと…いやカナリ暴力的な部分もあります。
マツダの人格的な部分が変わり始めると、喋り方とかも一変するので「序盤の時のエロさはど~した~‼」って思いながら進めてたんですけど、本当ガラッと変わるんです…。
エロい…という感想を持った最初とは異なり、エロいけど何か…こわっっ‼て感じになるので(笑)
暴力はちょっと頂けないけど、これはこの人の心の弱さなのかな~と思うと、(自分がされている訳では無いので)可哀想に見えてしまうというか…。
絶対自分がやられたら嫌だけど、二次元だから嫌いじゃないと思ってしまうのが恐ろしいです(=_=)

すっごく自分に素直な人なんだと思うんですけど、だからこそ弱った気持ちとかそうゆうのをうまく処理できない人なのかな~?

中盤以降はとにかく殺伐としているんですが、この人スッキリすると丸出しのまま寝るような男なんですね…(笑)
アヅマに対して途中までやった時とかも「どうだった?」とか感想を求めるし、「またやろうな!」って爽やかに言ってシカトされると「またしようぜ!」と更に爽やかに言ってシカトされ、最後には「またやらせろ!」とか言ってみたり、「しばらくオカズにするからよろしく」とか堂々と言うんですよ。
なので、中盤に差し掛かるまではとにかく面白くて、エロさもあって楽しい気持ちの方が大きいんですけど、後半になるとガラッと雰囲気が変わりました。

今回はミツギの時に出て来た廃村がどうとか…という部分は出てこず、皆との噛みあわなくなっていくマツダだったり、彼を怖いと思いつつもアヅマだけが傍にいようとなるまでの心情だったり、そうゆう所がメインになっていたかな。
ミツギに比べると2人の心の動きだったり、マツダがどうしてこうゆう行動を取っていくのかみたいな部分が多いので、無人島で生活している人間の変化という部分が大半だったかなと思います。

EDも全て回収してきたんですが、今回のBADは前回出て来たあの人じゃなくて良かった~\( 'ω')/と思ったんですが、マツダ以外の人が絡むBADはなかなか…でした。
ただ、アヅマが壊れていってしまうBADになるので、ちょっと悲しいですね( ;∀;)

他にも色々と趣向を凝らしたEDがあるんですけど、マツダがアヅマの事好きだったんだな…と思えるものもあったりしましたしね。
ただ、言ってもBADなので…しかもこのブランドさんのBADなかなか精神的に来るというか、キャッキャ出来るというよりは「あぁ…」と思う感じなのでね(笑)
最後の最後までマツダをある意味で守ろうとしたアヅマの行動の末のEDとか、結構ションボリするやつもありました。

ハピエンに関してはミツギほど清々しい終わりでは無いので、この後結局どうなったのか是非知りたい所です。
特典CDをマツダにしているので、その辺が描かれていつるのかな~?と楽しみにしているんですけど、最終的にどうなったのか?は想像にお任せします的な部分があるので、ちょっと気になりすぎる感じではありますね。

でもまぁ、ここに来るまで壮絶だったし、マツダって本当にアヅマが好きなの?って思う部分もあたっりしたけど、アレがこの人の受け入れて欲しい部分だったんだと思えばまぁ…(笑)
何だかんだこの人嫌いじゃないかもと思える不思議。

あと超絶どうでも良い事なんですけど、今回の√はテトラさん×刺草さんのコンビなわけですよ。
で、こうゆうゲームの台詞って「……ぁ……」とかみたいに、「………」が多く使われると思うのですが…。
こうゆう時って吐息だったり諸々台詞として入っているんだけど、この二人だと字幕の「……」に色々なものが含まれていてマジで凄い。

普通に“じゃぁここはこんな感じでお願いします~”とか言われたとしても、……しか書かれていない所にあれだけの命?を吹き込まれるのは神じゃないかと思いました(笑)
とりあずどこの台詞も聞き逃せない感じというか、マジ耳をすませば的な…。
お陰様で何度もログから再生したし、スキップ中もスキップしないで進める部分も多々あってみっちり楽しませて貰いました。

凄く楽しかったです(n*´ω`*n)←

という事で、これ以上感想を書くとそうゆうシーンでの萌えを叫び続けてしまい、ただの変態的な部分を晒すだけになるのでやめておきます(笑)
最後はタカラの√になりますが、これは明日じっくりプレイしたいと思います♪

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました( ^ω^ )ノシ




未だにテトラさんのお声が…( 一一)
帰ったら特典CD即取り込もうと
心に決めたりな子に応援(∪・ω・∪)ポチ
っとお願いします\( 'ω')/
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~\( 'ω')/

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを下さいましてありがとうございました‼┏○ペコ
本日も、とっても励み&活力とさせて頂いておりますです‼

昨日こそ早く寝るんだー‼と意気込んだもののmた寝付けず…。
結局ゲームをしつつ寝る前に一度リビングでボーっとしてから、やっとこさ夢の中に入り込みましたぁ~。
今の花粉症の薬が合ってないのか、飲んでもくしゃみ出るし鼻水ずるずるだし…( ;∀;)
前のやつに戻した方が良いのかな?と思い中です。

話がコロコロ変わりますが、待ち構えていたGALTIAは再配達を申請する時間が間に合わず明日の到着になりますた~。
まぁ今プレイしているのを終わらせてからやるつもりなので良いんだけど、何故かちょこっと残念に思う気持ちが残るのは何だろう(笑)

さて、今日は早速本題に入りますが、Paradiseの初回感想と最初に攻略したミツギ感想を喋りたいと思います!

※こちらはBLゲーとなりますので、嫌だよという方は回れ右を!大丈夫よという方はお付き合い下さいませ!

Paradiseheader.png

主人公がなかなかイケメンなので、ちょっと楽しみにしていたんですけども…。
面白い。
ボリューム的に少ない…というのを目にしていたので、サクッと終わるのかな~?と思いきや、そんな事もなかったです!(笑)

主人公のアヅマはしがないアルバイターなのですが、わりと男性の一人暮らしでフリーターと言ったらこんな感じっぽい!というイメージに合う人って感じです(笑)
鶏肉だけぶち込んだカレー作ってみたり、野菜は嫌いだから食べなかったり…。
特に何か楽しみがある訳でもなく怠惰に…ってわけじゃないけど、何か怠そう~に毎日を過ごしている感じですかね。

そんなアヅマが安売りの鶏肉を買い占めた時に、商店街でやっている福引のチケット?を貰うんですよ1枚だけ(笑)
本当は数枚もらえるはずだったんですけど、店に残っているのがその1枚だったのでそれを貰い、面倒くさいながらも福引をしに行きます。
すると……一等が…(笑)

この福引の一等を引き当てた商品がなんとリゾート旅行‼
旅先で可愛い女の子と素敵な出会いがあるかも…グフフ…と思って、そのリゾート旅行に参加する事になります。

だがしかし、いざ行ってみると…男ばかり!そして更に無人島に6日間の旅…(笑)
思い描いていたリゾートとの雲泥の差に落ち込むんですが、殆どが1人参加の人達なので1人の人物を除けば他の人ともうまくいきそうだし、せっかく来たから楽しもうとゆう方向に思い至ります。

いざ、無人島に着くとそれぞれ小さなコテージを与えられるんですが、1人1棟与えられることに。
更に海はあるし森もあるし、なんだかんだと楽しめそうな方向に。

最初こそガッカリしてましたが、なんだかんだ無人島ライフを満喫しているのですが…だんだん雲行きが怪しくなる出来事が起こります。
その出来事をきっかけにこの無人島での旅行は、別のものへと変化していきます[壁|_-)チラッ 

どこまで言って良いのか凄く迷うんですけど、公式でもだいぶ色々隠しているので隠したまま頑張って話します(笑)
一応、初回のミツギをプレイしただけじゃ何も謎が解けない!
という事でミステリー要素が入っている内容になっていまして、無人島のリゾート旅行でキャッキャウフフかと思いきや、全然そんなんじゃないです。

閉鎖的な空間で猟奇的な事件が起こり、その時の居場所である無人島も謎に包まれているんですよ。
次々に起こる出来事のお陰で、どの人も怪しく見えてくる…って感じですね。
BADの分岐がそもそも誰かを疑って疑心暗鬼になるか、疑いたくないかでだいぶ大きく変わったなと思います。

初回プレイでも10時間くらいかけてしまった気がします…(笑)
キャスト様のお陰でもたもたプレイになってしまったんですけど、主人公が刺草ネトルさんとか絶対にあかんやつやー‼と思いますマジで。
ちなみに主人公受けです。これはあかんやつです本当に。←
普通に喋ってるだけでもアヅマとマツダ(テトラポット登さん)は飛ばせないのに、大人なシーンだと余計に飛ばせないわぃ!ヽ(`ω´*)ノ彡って感じで、進みが超絶亀になりますた…。
でもその分どこの√でもすっごく楽しめそうだなと思った事に間違いはありません!

物語の展開的にも、なんというか…こう…ジワリジワリと追い込まれていく感じで、激しく目まぐるしい展開!って雰囲気でもないのに、後半に行くほどに追い込まれていく感じが凄いするんですよ。
事件?というかまぁそうゆうのがいくつか起こるんですけど、常に何かしら問題が発生して合間に大きいのがドンと入れられる感じ?
なので、どんどん追い詰められていっている感じで、続きが気になる~‼ってなるタイプのシナリオでした。

そこに加えてその事件の事だけでなく、島にある廃村なんかにもちょっと謎がありそうなんですよね…。
その辺もチラチラと話の中に出ては来るんですけど、廃村の事を追うのがメインではないので、与えられる情報から自分で色々考えてしまう…という感じ。
まさか…こうなのか?とか色々と想像が膨らむプレイスタイルになってしまいます。

それと、アヅマ自身にも何かありそうだな~って感じの描き方をしているんですけど、生きる気力が無いと言うか生きる事が面倒そうというか(笑)
そういった所がちょいちょい見られるんですが、これの理由を知るとそうゆう事か~と納得出来ました。
ただ、これはミヅキ√でもだいぶ進んでからじゃないと分からないので、なんでアヅマはこうゆう風に思うんだろう?とすっごく不思議に思いながら進める形になります。

彼らを追い詰めるメインの出来事があり、そこにちょこちょこ大きな事件が舞い込む形になっているですが、それが全体的にジワジワと追い込まれている形になっているという…。全体像はそんな感じの内容になっています。

ちなみに、今の所ウゲッ!と思ったのは、思いがけず出て来たご丁寧にスチルを用意してくれた所以外はまだありません\( 'ω')/
アレは本当に吃驚したし二周目はしっかりスキップで飛ばして視界にも入れませんでしたけど…(笑)
BADも視覚的に悍ましいものは今の所は無かったです!
ただ、数が結構あるわりにはそれぞれ興味深い展開になっていて、回収するの結構面白かったです。

恋愛的な要素についてなのですけど、今の所アヅマもミヅキもマツダ(序盤だけだけど)も元は女が好きなので、最初からときめきがあったりとかそうゆう展開ではない。
閉鎖的な空間に居る事でそうゆう雰囲気になって…って感じなんですけど、事件が起こって限られた人数しかいない中でそいつだけは信頼するという形になっていくので、なかなか面白かったです。
というか、この状況でそうゆう関係になって唯一信頼できる人がいるってだけでもカナリ救いなんですよ‼
私はっ初回プレイにミツギが居なかったら生きていけませんでした( ;∀;)←

なので愛だの恋だのキュンキュンとは違うんだけど、本能で求めてる感じ?がしましたし、これはこれでものすごく良かったと個人的には思ってます。
とにかくそうゆうシーンの時の破壊力が抜群だと思います!色々と!凄かった!笑

初回分岐セーブを作るのを忘れてしまったので、周回がちょっと面倒だったんですけども、EDは4つか5つくらいあります。
スキップも出来るしなかなかのスピードなので、周回は楽ちんでした!
ただまぁ…こうゆう作品なので、BADは気持ちの良くないものもあるので好き嫌いは分かれるのかな~と思います。

今はマツダの途中まで進めているんですけど、声的なものはマツダが一番危険だという判断を下しましたぁぁぁぁぁ‼
低めの男っぽい感じというか…まぁそんな人物なんですけど、色々と大変な事になるかと思いました(*´ω`)
この先がすごく、ものすっごーーーーく楽しみになりました。

あんまり長い事喋ると余計な事も言いそうなので、さっそくミツギ感想にいきます。


ミツギ/一条光
mitsugiicon2.png 

ミツギは出会い頭から嫌な奴です‼
初っ端出て来た時は、恐らくアヅマも思ったであろう気持ち「なんじゃこの金髪野郎は~‼」と思いました本当に。

アヅマもアヅマなんですけど、ミツギもいちいち感じ悪いんですよ。
しかもアヅマ限定で凄い感じが悪い(笑)
なので、途中まではうわっって感じで進めていたんですけど、中盤以降からは「ミツギ…(〃´∪`〃)」ってなってました。

常にスーツを着ている謎の奴なんですけど、常に冷静で周りを良く見ているしめちゃめちゃ頼りになる人なんです。
ただ、彼の諸事情でアヅマの第一印象があまり良くなかった事が原因で、打ち解けるまでに結構な時間がかかりました…。
でも多分思うんだけど、ミツギは最初からアヅマの事ちょっと良いなと思ってたってゆうか…、惹かれるものがあったんじゃないかな?と思いますけどね…。

物語的な部分はあんまり触れない方が良いと思うので、ほぼ私の思った事を書き殴る形になると思うんですけど、色々と事件が起きていく中でミツギの中でアヅマが大切な存在となっていくのがたまらんかったのです!
最初こそ犬猿の仲って感じで顔を合わせれば嫌味ばっかり言い合ってるんですけど、途中からその関係性がガラッと変わるんですよ。
そこからアヅマの事を気遣っている素振りを見せたり、平たく言えば致した事でハマっている感じ?がするというかですね…。
そうゆうのがすっごく面白い!と思わせてくれた部分かなと思います。

アヅマの過去などに触れ色々と知っていく中で、彼の事を守りたいと思うようにあっていくんだと思うんですけど、その変化が良いな~って思っちゃうんですよね。

アヅマの方も何だかんだ可愛いやつなのですけど、この子がミツギの事を好きとかの以前に求めている感じが不思議と良かったなと思います。
唐突な感じではないしうまく言えないんですけど、恋とかそうゆうのではなく本能的に求めている感じがお互いから伝わるので、恋愛とはまたちょっと違う感覚から始まっている気がしますね。

お互いが求めるままに行為を重ねていくのと、島で次々に起こる事件を通過していく中でアヅマとミツギは信頼というかそうゆうのを深めて行くという感じなんですよ。
で、この次々に起こる事件というが誰も彼もが怪しく見えてくるので、疑心暗鬼になるとBADに直行するって形(笑)
そこにさっきも少しいったのですけど、アヅマの寝言というかうなされてる時の様子がおかしい事とか、彼について気になる部分が出てきてからお互いの事を小出しに深く知っていく形になるので、気持ちの変化というか動きも物語の展開に合わせてジワジワくるのが私は結構好きでした。

ただ疑心暗鬼になってハラハラするならまだしも、アヅマ自身が狂ってしまうというか…そういった方向性にいくEDもありますしね…。
サブキャラが出張って来るBADなんかもあるんですけど、これは…私的にはオイシイサブキャラではないので、嬉しくもなんともなかった~( ;∀;)エーン
でもこれは、ある意味真相に1mmだけ近づいた感じにさせられるEDだったかなと思います…(笑)

ED自体はザ・バッドエンドという感じのものもあるんですけど、殆どは分岐した所から異なるシナリオになっていますし、結構作り込まれていると思います。
サクッと終わるのかな?と思ったら最後までガッツリ長めのやつとかもあったし、少しずつアヅマが狂っていく様子が描かれていたり、悲恋的に思える内容のがあったりと色々な種類が用意されてますね。

個人的にうわっ…と思ったのは、おいしくないサブキャラのやつなんですが、とある人がすっごい変態的になるんですよ‼
その時の喋り方とか言葉の使い方がもう…若干キモイ(笑)
雰囲気とか喋り方とかで「こいつ…まさかゲイなのか?」と思うんですけど、自分で女が好きだっぽい事いっているので多分違うんだろう…。
でもキモイです…アヅマに対しての変態言葉の数々私は忘れないわよー‼笑

まぁ何といっても一番は当たり前だけどハピエンです(笑)
心の底から『あぁ…助かった…』と思えるEDなので、是非その後が知りたい‼と思います。
せめて!せめて後日談欲しかったなぁ~…と思うんですが、残念ながらそうゆうのは無かったみたいです(´・ω・`)

大人なシーンについてなんですけど、えー…こんな事言うのも何かアレなんですが、久々にあんなに(;゚∀゚)=3ハァハァする感じで楽しませて貰いました(笑)
とりあえず主人公の受けが刺草ネトルさんなのでエロいです。喘いでみたり吐息だったり諸々ありますけど、このリアルさは一体何なんだ…?とふと思う程ですw
ミツギの方は性格的にもわりと淡々としている喋り方が多いんですけど、いざそうゆう時になると…なかなかよろしいかと思います(笑)

この2人ってミツギが作中に言うんですけど、クソ程体の相性が良いらしいんですね。(笑)
それがミツギとアヅマからひしひしと伝わってきます。
こんな相手がいたのか!!!!と思ってるんだろうな~この人達…ってつい思ってしまう感じなので、ミツギがヤバそう?というか切羽詰まっている感じ?というか、そうゆう時の喋り方がこれまたリアル(笑)

リアルとリアルの演技なので(何言ってんだって感じですけどw)、何かのぞき見している感でいたたまれなくなりました。
いや、もう本当是非聞かせてあげたいくらいなんですけど、シナリオ中に3回か4回程そうゆうシーンがあるんですが、見ているこっちがドキドキしますよ…(=_=)
御馳走様でしたって感じになります(笑)

ミツギもツンデレという程デレがある訳では無いんですけど、気付きにくい優しさとかが見えてくると素敵な人にしか見えないので、後半は色々とすっごく楽しかったです(*ノωノ)
それと何が面白かったって、アヅマは序ミツギの事が嫌いなのでですね…。何かミツギとの間に起こるたびに「汚部屋野郎」とか「鬼軍曹」とか色々心の中で呼ぶのが面白かったです(笑)
それと、ミヅキって見た目的には凄く神経質奏な感じなのに、汚部屋とかもそうですけどお風呂とかザパァッザパァッって音が豪快なんですね。
それに対しても「そんなに音立てて入る必要あるのかね。禊か。」と突っ込んだりしてるんですよ(笑)
アヅマのちょっとお馬鹿な感じの喋り方も、シリアスっぽい内容なはずなのにそう思わせない感じが楽しかったなと思います。

もっと色々喋りたかったはずなんですけど、こんな感じで勘弁してください(笑)

今私はマツダに夢中なので、すぐ続きをやってきまーす(∩´∀`)∩←(笑)
謎に思っている部分は最後にはちゃんと分かるようになているんだろうか…。

ではでは、最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ




明日はゾゾマリンに行って来ます(/・ω・)/
寒そうだからあったかくして
開幕戦を楽しんできます~♪
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~\( 'ω')/

まずは、昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを下さいましてありがとうございました~♪
毎日とーっても励みとさせて頂いておりますです(''ω'')ノ

何かもう春!って感じですね~。
ポカポカと暖かくてくしゃみも出て桜も咲いてて…そろそろアウタークリーニング出しても良いかな?と目論んでおりますです。

どんどん暖かくなってきたけどコレ気付いたら夏になってるんだよな~と思うと…何だか…何だか…(笑)
気が早いと思われるかもですけど、本当いつも気が付いたら「あづい~溶ける~」という台詞になっているので(;´Д`)
過ごしやすい陽気の時期がもうちょっと増えたら嬉しいのになぁと思ってしまいます。

昨日は予告通りにparadise始めたんですけど、予想してたけどまさかガッツリスチルをブッ混んでくるとは思わなかった!というスチルがババーン!と来て、思いの外ビクビクし始めた私です(笑)
例えるなら大メビの時に出てきたオバケ…分かりますかね?女性の…。
あれみたいに生きているという意味でなくとも、生のあるものではなく所謂死者的な物なんですけど、それはもうびっくりするくらいドカーンと出てきました。

話の流れ的に「来る?来ちゃうかな…?来るよね‼」とか思ってたら、デデーン‼って感じで、ちゃんとご親切にスチルで…(笑)
うわぁ~…うわぁ~…って思いながらも、これを描く人はどんな感じで描くんだろか…と思いながらチラチラしつつも見ちゃいました(*_*)

まだ話が動き始めた~!って所なので、全然進んでいないと思うんですけど…。これがどうなっていくのか?あれは何なのか…などなど、ちょっと謎な部分もあって面白いです!

という事でちょこっとお話ししちゃいましたが、今日の本題はparadiseの感想ではなく…。
実はメタノンナさんから発売されたaim∴aiをひそりこっそりプレイしていたので、そちらの感想をば。

※これはBL作品となりますので、大丈夫よ~という方だけお進みくださいませ!

tw_head111.jpg 

橋姫の絵師さんがイラストを描いているんだったかな…?そんな流れでこの作品を知ったのですけど、買うかどうかは全然考えていなかったのです…(笑)
ちょっと気になるなぁ~…まぁそのうち…と思っていたんですが、つい…つい…ポチっとDLしてしまったL(゚□゚)」オーマイガ!

物語の舞台は人工知能(AI)やロボットなどが普通に居るというか、人と一緒に働いたりしている現代です。
医療なども発達し行政などもAIやロボットと共存しているので、人工臓器だったりオペをする機械だったりと様々な所で存在しているんですよ。
様々な分野で導入する事で人では難しかった手術が出来るようになったり、治せなかったものが治せるようになったり、人間よりも長い時間労働出来るので接客などにも使われるようになっていて、居る事が普通になりつつある感じです。
その反面で、労働価値が下がった事で人間としてはある日仕事が無くなった…なんて事もあるので、より専門性の高い職業が求められる時代になっています。

この辺は物語内でもサブキャラの言ってくる事や、主人公の働く所で起こる出来事でも垣間見えるようになっています。
それに加えて買い物に行った先などでヒューマノイドを見かけたりするんですが、まだまだ世の中には受け入れられていないという面も多く描かれています。

主人公はごく普通の会社員…?(笑)
私たちからするとかなり特殊な職業なんですけど、特殊高度管理医療機器管理助手という職業についているんですが、手術などに使う機器の整備や管理と言えば良いのかしら?をしている仕事の助手…って感じですかね。
作品内で言えば今風というか現代に合っている仕事って感じです。

そんな主人公が毎日変わらない日々を過ごしているんですが、知り合いからヒューマノイドを貰ってくれないか?と言われたことがきっかけになり、変わらない日々が変化していく…という流れになっています。

このヒューマノイドを貰い受けて共に生活していく事で、人間とロボットが共存する事で出てくる問題というか…そうゆう部分だったり、ヒューマノイドは心を持つのか?という点だったり、彼らヒューマノイドに対しての考え方なのど主人公自身がヒューマノイドと生活し深く知る事で考え方が変わったり…という所が描かれていました。

そもそも主人公は一人暮らしで固形物のご飯をあまり食べない…という何とも私たちからすると不健康そうな食生活を送っているんですよ(笑)
この中では栄養剤なるものがあるので、それを飲めば栄養はOKみたいな感じっぽい。
でも周りの人には「ちゃんと飯を食え」とか言われているので、食事は普通に大事な事みたいなのでちょこっと安心しました。
まぁそんな生活なので、同居人がいれば変わるんじゃないか…って事でヒューマノイドを勧められたという経緯もあります。

攻略キャラは貰い受けたヒューマノイドのミドリと、幼馴染である久矢の2人です。
確か私1日か2日くらいで終わっているので、プレイ時間は全然長くないと思います(笑)
1人終わると次のキャラはスキップする所もありますが、メインで描かれている所が同じだけど視点が少し違う…って感じで結構面白かった。
それぞれにちゃんと真実という部分もありますし、ミドリは何の為に作られたヒューマノイドなのか?という部分だったり、久也は久也で彼自身についての所が関わってきたリします。

序盤から中盤までは、主人公ツグムが突如貰い受ける事になったヒューマノイドであるミドリとのちょっと慌ただしい日常…という部分と、ツグムの仕事場でのアレコレ…って感じです。
ヒューマノイドと生活し始めた事で、色々といつも通りにはいかないので…(笑)
その中でミドリとうまく付き合って行こうとするという形なんですけど、ミドリは対人交流用ヒューマノイドなので家事等については人間のように、教えて貰ったり実際にやるという回数を重ねる事で覚えていく感じみたいです。

ミドリ自身、最新型のヒューマノイドではないのでその辺はちょっこす愛嬌が感じられる部分でもあるかなと思います。

合間にちょこちょことツグムの変化が描かれていたり、ミドリだったらミドリがツグムに心?を開いて行く様子とかが描かれていて、久也ならツグムがヒューマノイドを受け取って共に生活を始めた事で変化が…って所が描かれている感じですね。

久矢√とミドリ√で共通しているのは、ヒューマノイドという存在がどの程度受け入れられているかという部分だったり、彼らを人と同じように見るのか機械(物)と見るのか…みたいな、そういった部分が後半になる程強くなって行く感じでした。

これってAIを題材にしている映画とかでもあると思うんですけど、人では無い…でも人と同じように感情を持ったり考えたりもする。
現にミドリはツグムと生活していく事で、ツグムや他の人からの優しさを受けたり失敗したりしながら、恥ずかしかったりションボリしたりと感情を表すようになっていきます。
それを受け入れられる人もいれば、機械だから…と良く思わない人もいるんですよね。

どちらの√も後半になると目が離せない展開になって行くんですけど、ツグムの考え方ややりたい事が見えてきたりして、2人と共に居る事でツグムも成長するという形になっていました。
どっちの√もちょっと感動というか、何か切なくなるというか…そんな部分もあるので、全体的な色として地味目な印象なんですけど、最後までプレイしてみると結構面白かったなと思います。

ただ、攻略がなんかクッソ難しい…。というかもう初っ端から攻略サイト様を検索しまくったんだけど、ハピエンはお世話になって分岐?的なのを探す旅に出たんですが、これがなかなか…(笑)
パッチも配信されているんですけど、字幕と違う台詞言っている部分とかもチラッとあったりしますが、まぁ読めばよいので問題なし(笑)
後は今だと追加シナリオ?後日談的なものも配信されていました~。

って事で個別感想いきたいと思います。

◇ミドリ/氷上こうすけ
tw_ico_02midori.jpg 

ミドリはとある人物から譲り受けてツグムの元に来る事になるんですが、20年前に個人製造で作られたヒューマノイドです。
ツグムの前の持ち主は一度も使わず放置していたのですが、ツグムの生活が危なげなので共に住んでみてはどうかという提案を受ける所から始まります。

ミドリはある目的があって作られたのですが、それを果たす事無く眠り続けていた存在。
持ち主も起動する気はないので、貰って貰えるなら是非貰って欲しいと言い強く勧めてきます(笑)
若干押されながらも廃棄してしまうのなら…という形で引き受ける事になるのですが、このミドリがなんだか可愛いのですよ。

最初こそヒューマノイドなのにお皿割っちゃったり洗濯に失敗したりするし、ミドリが居る事でツグムが仕事中にソワソワしたりと色々とあるんです…(笑)
人の感覚で分かっている部分も彼らには分からない感情的な所だったり、こうゆう場合はどうするか?みたいな所もなかなか通じない所とかもあるので、てんやわんやって感じでした。
色々と情報として取得する事が出来るので、「お帰りなさい。ご飯にしますか?お風呂にしますか?俺にしますか?」みたいな事を言ったりするんです(笑)

自分には分からない事を調べてそれを取得していくんですけど、言葉遣いが時々おかしかったり年上の独身彼氏をゲットする方法とかいう本?を読んで情報を仕入れたりするので、ミドリの発言にちょいちょい笑わされました(笑)
生活していく中でミドリが家事を覚えてこなすようになって行くと、ツグムの為にアレをしようコレをしようとしている姿が献身的な妻のようで可愛く見えてきます(ΦωΦ)
ツグムの方も最初こそミドリを引き受けて良かったんだろうか…と考えたりもしていたんですけど、だんだんと「ミドリが待っているから」と家に帰るのが楽しみになったり、ご飯を食べるようになったりと変化していくんですよ。

で、そんな生活を送っていると、ミドリに新しい出会いがあったりします。
この辺は第三者から見たヒューマノイドという存在はどう見えているのか…って部分に繋がってくるんですが、これがまたミドリを成長させるというか彼の中でデータとして蓄積される出来事なんだと思うんですよね。
好意的な人も居ればそうでない人もいるので…。
ちょこっとだけ寂しい気持ちにもなるんですが、そんな中でも素敵な出会いがあるという事でもあるので、ちょっとホッコリする出来事として描かれています。

そこに加えてツグムの会社でも新たなAIの導入などで、色々な展開を迎えていく事になります。
こっちの√で1人、久也の√で1人それぞれにめっちゃ嫌いな奴がいるんですけど(笑)
ミドリ√の嫌いな奴はツグムの会社にいるやつ!!
この人こそ、ツグムの考え方が変化していく中で、ある意味刺激となったりプレイしている自分にとっても、こうゆう人もいるんだという手本となる人って感じなんですが…。
それにしても何だかいちいちムカつく野郎なんですよね(=_=)
出てくるたびに『またお前かぁぁぁぁ‼』とPCに向かって言いたくなるようなキャラでした(笑)

ツグムの周りでは会社的にも普通にいますし、AIとかロボットとかがわりと近しい存在にはなっているんですけど、それでも彼らが増える事によって不満をもつ人間も出てくるんですよ。
それに加え「あれヒューマノイドなのよ…」みたいな感じで、良い印象を持たない人もいるんですよね。
ツグムももしかしたらそっち側の人間だったかも知れない…と思うのですが、ミドリの存在によって彼らの事を理解出来るというか、違った見方が出来るようになっていきます。

そして、そこに必要不可欠となっているのが…。ヒューマノイドとの恋でしょうか。
ツグムはミドリの事を可愛いとは思う物の、恋愛対象として始めは見ていないんです。
ただ、ミドリはツグムと過ごしていく事で彼に対して愛情のようなものを持ち始めていきます…。

謎にスキンシップが多くなったり、先ほども言ったんですが独身年上彼氏の云々の情報から得た事を実践してきたりと、初恋に奮闘する乙女みたいな事をしてて可愛いのです。
とまぁミドリからのアタックで、ツグムも意識するようになっていくんですけど…。

そもそもミドリが作られた経緯というのがあって、そこに加えてミドリにはその経緯からある規定というか…何と言えばいいのかなぁと迷うんですけども…。
ミドリの構造に関わる事とか色々とあるんですよ!
で、とある日何とも吃驚な事件に巻き込まれてしまうんですが、この内容は一応口を噤みますが…この出来事自体もこの物語に描かれている事に関わっている事件となっています。

そしてそれに巻き込まれたミドリを救おうとする中で、ツグムに色々な壁が出てくる…という感じですね。
これがまたそう簡単にはいかなそうな事ばかりなんですけど、この出来事を通してミドリの存在がツグムの中でどれ程大きな存在かが分かるようになっています。

ほんとうにちょっとした日常的な「これ買って行ったら喜ぶかな」とかやっている時点で、もうそれ好きじゃん!と思うんですけど、気付くまでなかなかうまくはいかないんですよね~。

でまぁここの√でのクライマックスでは、ツグムがミドリの為に奔走するんですが、彼のミドリを想う気持ちが周りの人を変えていくって感じです。
最後の方はもうどうなっちゃうのかと、ドキドキしちゃったんですけど凄く心温まる形で終わって「おぉぉぉ~良かったよ~‼(;O;)」と思えると思います(笑)

ツグム自身もこの中で変わっていっているので、仕事の事や自身の事も含め大きく変化していってるし、ミドリはミドリで分かりやすい変化をするのでそういった部分も面白かったなと思います。

ちなみに、一応そういったシーンもあるんですけど、ミドリ×ツグムの場合はすっごくマイルド(笑)
そもそも合体していなかったのでピュアな2人らしい感じと言えば良いのだろうか…。
一番プレイしててあぁ…と思ったのは、ミドリのツグムに対してのアピールだったり最初の頃から後半にかけての喋り方の違いだったりが良かったですね。
ミドリに感情が生まれ始めているのかな…?という変わり方がなかなか( *´艸`)

BAD的な部分の終わり方なんですけどこれまた…何だか悲しい…。
ただ結構あっさり目な気もしますね。

◇上山久矢/不破絶火
tw_ico_03hisaya.jpg 

久矢はツグムの幼馴染なのですが、ヒューマノイドであるミドリと同居しているというのを唯一知る人物です。
周りの人ではミドリをくれた人以外は知らないので、久矢だけそれを知っている。

もともと仕事も違うので会社帰りに会う程度…だったのですけど、ミドリが来た事でその頻度が増えます\( 'ω')/笑
結構久矢って分かりやすい奴なんですけど、反面ミドリの事でツグムに対して言う言葉がただの嫉妬とは思えない内容なんですよね…。

途中までは「嫉妬かぁ~ニヤ」って思ってるんですけど、だんだん何かそれだけじゃないのかも…と思えてくるというか…。
まぁこの人多分一番“真相”というものを隠している√だと思いますので、色々言うのはやめておこうと思います(笑)

基本的にはツグムに比べると明るくて前向きな印象なんですけど、なかなか重たいものを背負っていると言いますか…。色々とあるのですよ。
なので、ツグムへの想いと自分の背負っているものなどから結構面倒臭い奴な感じになっているんですけど、ミドリとの恋愛がピュアだったのに対してこっちはちょっと拗れてる感じですかね(笑)
でも恋してるって感じは結構強かったように思います。

物語的にもミドリの√同様にヒューマノイドがどうゆう存在か…という部分が関係してくるんですが、久矢の事とかミドリというヒューマノイドに対しての事とか諸々がギュっと詰め込まれている内容ですね。
ツグムの会社でのアレコレにはAIが導入されることでの不満が募る部分が描かれていたり、久矢の方では彼が関わるちょっとしたゴタゴタが起こるんですが、それが後々大きな出来事に発展してしまったり…。

気持ちの動きもそうなんですけど、何と言っても久矢の会社にいるクソヤローがムカつきました!(笑)
もう何か、こんなん見てると人間って怖いわぁ…って思ってしまいました。
いや、本当にめちゃめちゃ嫌な奴だったんですよ!今回出てきているキャラの中で一番嫌な奴です(笑)

久矢ってツグムにはすっごく好意的だから優しいんですけど、他人にはちょっと冷たいんですよね。
そこがまた個人的には良かったけども、会社の女性社員に対しては結構クソヤロー的な態度を取っちゃうし(ツグムに一途なだけですw)、最初の方こそ穏便に事を済ませようとするんですが、後半になってくるとだんだん感情表現が分かりやすくなってくるんですよ。
そうゆう所で、ミドリとはまた違った変化みたいのがあると思います。

それと共に、ツグムの方にも変化が出てくるんですけど…。
ミドリの存在に加えて久矢とのアレコレ、会社での変化などでツグム自身がAIに対しての考え方が大きく変わっているのが久矢√かなと思います。
ミドリの√でも考え方が変わっているんですけど、もっと大きな意味でというかですね…。
AIという存在に対してというか、ここの√の方がより深く考えるようになっていった気がします。

そして久矢という存在が友情からかけがえのない存在に変わり、ミドリがツグムに対して与える影響だったりが描かれているという感じですかね。
恋愛面は序盤にも言いましたが、恋!って感じがします(笑)

というのも、久矢のツグムを想う気持ちは拗れかけているので、中盤以降はツグムへのアタックが凄い分かり易くなってくるので面白いです。
鈍感すぎるツグムに意図的にある事を気付かせてからそこも動いていくんですけど、ツグムに対しての久矢というのが何か可愛い面とかもあって個人的には良かった(*´ω`)
ツグムを振り回す存在でもあるんですけど、ミドリが出てきた事で久矢の中にある感情が生まれて、そこから動き出すから余計に恋愛っぽい感じがしたのかな?とも思います。

でもって、ここでも大きな出来事が起きるんですけども…。
これもまた…どうやって解決するのかドキドキする内容になっています。

ハッピーエンドに向かう部分がこのハラハラする感じに繋がっているんですけど、ミドリの存在というのもここでは結構大きいので!
ツグムと久矢だけのシナリオという感じでもないんですよね。
2人が壁を越えるにはミドリの存在は必要不可欠だと思いますしね。

BAD的なEDについては、何とか手探りでゲットしたんですけども…。
切ないけれども久矢のちょっと闇っぽい所は見れたり、ツグムは自分のした事を受け止め切れていなかったりと…。
ちょこっと苦しい終わり方だったかな~と思います。

どうでもいぃかも知れませんが、一応ミドリに比べると致すシーンがちゃんとしている感じ。
ただすっごいずーっと気になってたのが、終わりを迎える時の飛沫の描写?(笑)
何かあれが凄く不自然というか…普段から自然もくそもないんですけど、何かスライムみたいに見えてしまって凝視してしまいましたw
どうでもいぃことですすみません…(笑)

久矢とのカップリングだと完全に久矢が攻めでツグムが受けというのが分かりやすいですし、なかなかな方かな。
ただ何というか久矢が総じて不憫というか、ちょっと可哀想に思えてしまうのでハッピーエンドでの久矢が印象に強く残りました!
わりと甘めな人だとも思うので、そういった意味でも久矢の方が良かった気がします。

後日談に関しては久矢の方が、彼の過去を垣間見る事が出来たりその後の2人の様子が見られるんですけど、欲を言えばここにミドリの事も出して欲しかったな~と思います。

凄く言葉にしずらいんですが、派手な印象の内容では無いんだけど本当にちいさ~くジワリジワリ…と楽しめる作品だったかな!
いつかAIが世の中に出回ったらこんな事もあるんだろうか…と思ってしまう部分もあって、なかなか楽しませて貰いました。

という事で、密かにプレイしていたaim∴aiの感想はここまでです!
お次はparadiseの続きを喋れると思うんですが、まだ初回のED迎えていないので気張ってプレイしまーす(笑)

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪┏○ペコ



昨日は早く寝るつもりが
山を越したら寝付けなくなってしまいました…。
ちょびっと寝不足なりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(*´ω`)ノシ

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもくださいましてありがとうございました!ヽ(^o^)丿
本日もとっても励みとさせて頂いております♪

昨日はディスクレスでゲームが出来なかったので、PS4を起動して家事をしながらアニメ博多豚骨ラーメンズを見ていた私です(笑)
1話~6話くらいまでぶっ通しで見ていたんですけど、途中で眠気がやってきて寝てしまいました(´Д⊂ヽ
続きはまた今度…って事で途中なんですけど、何気に面白かったです。

タイトル的に馬鹿っぽいやつかと思ってたら全然そんなんじゃなくて吃驚しましたが…(;゚Д゚)
続きがきになる感じで終わっているので、なるべく放置しないで見ないと忘れそう(笑)

という事でやっとこさParadiseに手を付ける事が出来るんですが、まだ始めておりません!
帰って来てから両親が2人共機種編したので、Lineを新しい方で出来るようにしたりと作業していたんですけどね。
母の方は出来たのに父の方が「電話番号が無効ななんちゃらです」って出てきてしまって出来なかったんですよ!
登録している電話番号間違っていないのに何で???って感じで、何故出来ないのかは分からないんですけど、Google先生に聞いたら翌日にやってみたら出来たというのを見たので明日もう一度チャレンジしてみようと思います…。

と、話が逸れてしまいましたがParadiseはミツギというキャラから始めてみようかなと思っておりますです‼
誰だかが制限かかっているらしいので、その人は最後にしてチャラ男風のミツギ→ちょっと楽しみにしているマツダ→タカラって感じで進めていきます。

それと、実は1つプレイし終わっているゲームがあるんですけど、明日また落ち着いて感想書こうと思いますので、今日はParadise始めますよ~だけにしておきます(笑)

花粉症の薬を違うのに変えたんですけど、これがすっごい眠たくなるんですよね…。
飲んでちょっとたつと物凄い眠気に襲われるので今日はゲームやりつつ早めに寝ようと思います(=_=)

ではでは、本当に軽く雑談しにきただけになってしまいましたが、この辺で…(笑)
最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~(/・ω・)/



会社の換気扇?が何かおかしいです…
スイッチ入れてもピコピコするだけで
何も動かない…どうしよう…
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです(∩´∀`)∩

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~♪┏○ペコ
本日もとっても励みとさせて頂ておりますヽ(^o^)丿

この季節って何着て良いのか分からない…(笑)
昼間暑くなるけど帰る頃って寒いじゃないですか…。薄手の羽織って案外持っていない事に気付きましたL(゚□゚)」
一番どんな服装が丁度良いのか分からなくなる季節だな…。

そういえば紅花FD発売日一応決まったんですかね?
ステラとかアニメイトの限定版だけチェックしたんですけど、7月27日ってなってましたよね~。
1店舗ずつチェックするの面倒なので全店舗の特典が出てから予約するつもりなんですけど、迷わず今回はスレンで行きます\( 'ω')/←完全に初回プレイと変わってる奴
今の所メイトかな~?って思ってるんですけど、まだ様子見中です。

雑談ついでに…。
何故か百物語の後からブログ更新したよ~というお知らせがTwitterで反映されなくなったんですよ。
設定を見てみても出来てた頃と同じ設定になっているし、一度Twitterとの連携を無効にしてから有効にしたりしてみたけど…ならない…‼
何でだ~!!!と思いながら色々見てみたりしたのですけど、結果何がダメなのか分からないまんまです(´・ω・`)

こうゆうの詳しいわけでもないんですけど、調べたりしたものの…何でいきなりそんな事になってしまったのか…。
未だに解決していませんが分からないので当分は手動でお知らせしたいと思います。覚えてたら(笑)

さて、ダンデビFDのプレイも終わりました(/・ω・)/
って事で今日はまとめの感想を喋りたいと思います!

◇まとめ感想
ddmyc.png

凄く楽しめました!
皆との楽しく愉快な一幕であるAllstarに、それぞれのキャラのアフターストーリー、そして各EDごとの後日談とかなりボリューミーな内容に加えて、最後に各キャラとクリスマスを過ごすシナリオ+もう1つの日常の一幕という感じで最後の最後まで楽しかった。

何よりも、あのEDのその後…どうなるのか?というのが個人的には面白かった所かなと思います!
ハッピーEDの後日談って普通だけど、BAD枠になるような終わり方の後日談って作ること自体が珍しい感じがしますしね。
今回はその後を描いてくれた事で、悲しいままの終わり方とはならずに、その中にも幸せだったのかな?と思えたり、そこでこそ感じられるキャラ達の想いみたいなものが見られたように思います。

あまりの楽しさにサクサクとプレイしてしまったんですけれども…(笑)
本当に楽しかったのですよ‼
初回感想でも言ったのですけど、本編の時に色々と経てからの今回なのでシリアスさが薄らいでいる所もあって、楽しい面が多かったんですよね。
それぞれのキャラの本来の部分?(約一名は何も隠さなくて良くなって入るので…)が出ていて、より面白さに拍車がかかっていたように思います(笑)

最後にプレイしたExtraでは、攻略キャラ全員×2話ずつのシナリオが用意されているんですけど、クリスマスを過ごす2人の話しと、恋人になった2人のとある日の一幕…って感じになっています。

中でもレム様の撮影会…(笑)
ノリノリでポーズを決めているレム様のスチルがあるんですけど、この人って完璧な王子様系に見せかけて実はお調子者っぽかったりとか、ピュアな所とかがあって可愛すぎるんですよね…。
写真を撮っている時はかっこいいのに、ノリノリになっていく様が笑えて来ちゃいました(笑)

後はリンドの囁きですかね……。
凄かったです!ずーーーーーーーっと隠してきた気持ちなので爆発すると凄いな~と(笑)
色々とリジェ兄いるし皆それぞれ凄いけど、リンドも結構上位に食い込むんじゃないかな。(何のw)
とにかく普段の他√とのギャップにかなり萌えれる人かなと思いました( *´艸`)

最後に貯めたポイントで各キャラのスペシャルボイスが解放出来るんですけど、リンドにつけられたキャッチコピーが面白いので是非(笑)
それぞれ皆つけられているんですけど、なかなか的を得ていて面白かったです!
他にも彼女に別れると言われたらどうする?とか様々な質問に彼らが答えているので、最後のおまけまで楽しめる内容となっていました!

あ、それと見たいなー見たいなーと思ってたローエンのポメ姿もちゃんと最後に見る事が出来ました~\( 'ω')/
私ローエンみたいな犬なら飼いたいです。←

という事で、本当に楽しかった!
大満足のFDとなりましたし、最後の最後まで楽しくプレイ出来たなと思います。
本編の時とはまた違うキャラの魅力というのも見れたように思います♪

と、サクッとまとめ感想になってしまったんですけど、次は…実は…。
paradiseを持ってきております!
次はGALTIAが届くんですけど思いの外早くダンデビ終わっちゃったので、これからparadiseやってしまおうかと…(''ω'')ノ

という事で、今日はクリーニングを取りに相方の家に行かないといけないので、マイノートとparadiseを持ってきてみました('ω')ノ
わりとサクッとプレイ出来ちゃうような事を目にしたので、早速やってみようと思って始めてみたらば…。

な、なんと!!
ディスクレスじゃできない仕様だった…(笑)
昨日のうちにインストしておいてノートだけ持ってきたんですけど、ディスク置いてくるんじゃなかった~‼と激しく後悔…( ;∀;)
明日からじゃないと出来ないので今日は大人しくしていようと思いますが、攻略キャラも少ないし楽しみは明日にとっておこうと思います(´・ω・`)

丁度終わってGALTIA届くころ…とかに終わると良いな~♪

ではでは、本日はこの辺で!
最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~┏○ペコ




今日は昨日薬飲んで寝たので
絶好調でした\( 'ω')/
でもダンデビのせいで眠気を我慢したら
寝付けなくなりました…(´・ω・`)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(/・ω・)/

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうでしたー‼┏○ペコ
本日もとっても励みとさせて頂いております♪

今日は花粉が凄かったですねー\( 'ω')/←
家に引きこもっていたんですけど、窓を開けていたせいかずーっとくしゃみを…。
この前ゴミ捨てたばかりなのに、私の部屋のごみ箱が今日一日で大変なモリモリ具合になってしまったのは言うまでもありません…。

そしてダンデビなんですけど、昨日からMy Carol→各EDの後日談とプレイして残すところ、おまけシナリオのみとなっております!
あまりの楽しさにサクサクと進めてしまっているんですけど、これは早々に終わってしまいそうな予感です…。
というか確実にもう終わりますね(=_=)
物語のシナリオ数は多いんですけど、ついつい次…次…とやってしまうんですよね(;゚Д゚)

という事で、本日はMy Carolで描かれているアフターストーリーの感想と、一緒に各EDの感想も喋っちゃおうと思います。
別々に…と思ったんですけど、また各キャラつらつらと書くのは分かりにくいかしら…?と思ったので、キャラで纏めちゃおうと思います~。

私のプレイした順になっていますが、その辺は気にしないでくださいませ(笑)

◇鉤貫レム/斉藤壮馬
twittericon_01.png

-My Carol-
レムと本編で恋人になって、日常生活も穏やかなものとなっている…という部分から始まりとなっております。
本編での様々な出来事を経ているのですが、リンドは2人の交際を…というかアクマとの交際を認めていないらしいので、2人で学校帰りにデートしようとすると颯爽と現れるので安定のお邪魔虫でした(笑)

ここでは交際しているという事もあり、リツカとリンドの仲は良好!なのですけど、リンドが邪魔する事の他に学園や街を巻き込む騒動が起きてしまうという形になっています。
この辺に関しては本編でもありそうだった出来事…という感じになっていました。
個人的にはこのシナリオを通して、リンドとレムの距離が近づいたかなぁ~?と思う感じで、2人の騒がしいやり取りなんかも面白かったなと思います。

とにかくリンドがリツカを取られた事もあるからなのか、「アクマだから信用ならないからリツカを渡せない…!」という台詞を言うんですけど、本音はその後に言った「何より気に食わない!」と物凄く力強く言っていたので、本心はそっち方なんだな…と思いました(笑)
隠れた本音の部分が皆さん完全に漏れているので…、そうゆう所もつい吹き出してしまいますし、色々と隠さなくて良くなると言いたい放題だな…と思いますが、これがまた面白いんですよね。

何だかんだとレムもリンドは将来の義兄だからと言って仲良くなるろうとしていたりするんですけども、基本的には二人は言い合い→地味に戦闘に発展って感じで常に騒がしいんですが…。
リツカとリンドと共に過ごす時間が増えた事で、レム様の口から「タイムセール」という単語が出てきたり、共にスーパーに行きセール商品をゲットしている描写が新鮮すぎて萌えました(笑)
出来ればセール商品争奪戦の図も見たかったです(ΦωΦ)

もう終始優しいし陰ながら面白い人物なので、この人から目が離せないまま終わりました!
ちょいちょいダミヘで台詞を喋るというのも健在なので、ちょっと甘めなシーンではニヤニヤ必須だと思いますしね(/・ω・)/

EDは2つ用意されているんですけど、どちらも無事に終結しその後レムがどう思ったのか…という違いだけで、幸せなEDとなっています。
とりあえず、レム様がリツカと結婚する気満々なのは、このシナリオを通してよ~く分かりました(笑)

◇After Story◇

アクマED1…レム様の執務続きでリツカ不足になっている所から始まるんですけど、色々と全てが出ている感じで可愛かった(笑)
幸せ!幸せ‼しーあーわーせー!!!
シキの各後日談の後にプレイしたので、ここの幸せな感じがハッピーな気持ちに拍車をかけてきました。
リツカを幸せにしたいと思っていたり会いたいと思っているレムがすっごく可愛かった\( 'ω')/
何が面白いってやっぱり自分の世界に浸っている時のレムでしょうか…(笑)

アクマED2…今回の各EDの後日談の感想で同じような言い方になってしまうんですけど、ここの後日談はEDでは切ない終わり方になってしまったけど、後日談になってやっと良い方向に進んだって感じですかね。
でもこれもこれで幸せの形…と思える感じなので手放しで喜べる形かと言われると、また少しそれとは違うんですけどね。
でも、アズナやレムと会えて良かったな~と思えたりするんですけど、ちょっと切ない気持ちも残すので終わり方も幸せだけどそれだけじゃない感じ…がしますね。

ヒトED1…こっちもアクマ1と同様に幸せな後日談\( 'ω')/
放課後デートをする!と意気込むレムが可愛かったんですけど、デート中にもちょいちょい嫉妬してみたりリツカを喜ばせるために計画したりと…、何だか微笑ましい感じ(*´ω`)
終始幸せそうなレムがこちらをニコニコさせてくれるんですけど、父の日のプレゼントのラインナップで喜ぶ姿は最高に素敵ですた(笑)

ヒトED2…えぇぇぇぇぇー何かーすごくー幸せでしたー(*´ω`)笑
レムは全部を通して苦しい後日談が無かったので、結構どれも心穏やかにプレイ出来るものばかりだった気がします!
ここは何というかEDを回収した時には少し切ない気持ちもあったと思うんですけど、それが幸せな結末を迎えるんだ…!というのが分かる物語になっていたな~と思います。
終わり方がすっごく良かったんですよ~ヽ(^o^)丿本気で後日談作ってくれてありがとうございました!って感じです。

◇南那城メィジ/木村昂
twittericon_04.png

-My Carol-
アレ?メィジってこんなに可愛くてカッコよかったけ?
↑これが私の今回の第一印象です(笑)

メィジとのストーリーでは、リツカの家に入り浸り朝ごはんも夜ご飯も一緒に食卓を囲み、母とも仲良くなりリンドには怒られている…という、賑やかな日常で何だかほんわか♪
メィジがリツカを大好きなのはすっごいよく分かるんですけど、そこよりもリンドに認められたいと思っているメィジが何だか可愛かったんですよね。

本編の方では彼の生い立ちについても描かれていたので、今回はその辺もちょこっと絡んできている作りになっています。
なのでリツカ×メィジというだけでなく、そこにリンドが大きく関わってきたりリツカの母も良い感じに入って来て、家族の話しっぽい感じがするというか…。
とにかく2人の甘いだけじゃない内容にすっごくホンワカするんですよ‼

ちょいちょい甘いシーンも勿論あるんだけど、メィジの粗暴な感じに見えるけど実は優しい所とかが随所に見られて凄く良かったです。
何よりも髪を下したメィジがイケメンだった………( 一一)
多分前回もこの立ち絵とかあったんだと思うんですけど、あまり記憶にないのですよね(笑)
ちなみに髪をおろしているスチルも数枚あったので、大満足でした!

ここでもちょっとした騒動が起こるんですけど、これはメィジがまた少し変われた感じかな~と思いますね。
本編での出来事を経てアクマであるメィジに変化があった後ではあるんですけど、更にまたヒトであるリツカや家族のリンド、母関わる事でまた新たな変化が…って感じになっています。
ここの√中に、リンドとメィジの関係性が良い物になった気がしました(*´ω`)
何だろう…何か、あぁこの人達本当の意味で家族になっても、こうなんだろうなと思えるというか見ているだけで安心してしまう内容だったんですよね。

終始温かい気持ちになれる内容というか雰囲気だったので、甘くてニヤニヤというよりは自然と顔が笑顔になってしまう感じだったかなと思います。

◇After Story◇

アクマED1…相変わらずのメィジって感じですが、そもそもここのシナリオの題名が「とっちめてやるぜ!」なので、まさにそのまんまって感じです(笑)
あのEDを迎えた後にメィジの立場が変わっているんですけど、そこに関わると言いますか…まぁそんな出来事が起こり解決するって感じ。
リツカとも仲良くやっているし、ある意味平和な後日談という感じでしたね。

アクマED2…ここはね~何というかねぇ~…。本当にメィジの生き様って感じの内容ですね。
自分の置かれている状況とリツカの状況に絶望して、もう諦めそうになるんですけど…。
それでも最後最後まで貫き通すと決めて、立ち上がる…‼みたいな。
でもでも…めっちゃ切ないんですよ終わり方がーーーーーーー( ;∀;)ウェ-…
メィジのモノローグ的な所で、え?え?まさか…って思うんですけど、次の画面に移った時に「やっぱり…」って思って凄く切ない終わり方…だけど、これはこれで良かったのかもと思える感じなんですよね。
文章量が完全にBAD的な方が多くなっているんですけど、これはしょうがないと思います(笑)

ヒトED1…こっちはメィジがすっごく可愛いというか、リンドとリツカ母を大事に思っている感じが伝わって来てすっごく良かったです(*´ω`)
アクマED2をやった後だから余計にこの幸せな感じが身に沁みました(笑)
リツカとも幸せそうでニコニコしてしまうんですけど、何が良いってリツカの家に最後に戸惑いながらもメィジが「ただいま」って入っていく所が良かったー\( 'ω')/
ついつい笑顔になってしまう後日談だったかなと思います♪

ヒトED2…ここでは後日談ではなく、ヒトED2へ続くそこに向かう合間の物語になっています。リツカと両想いになって舞い上がるメィジが可愛かった…(笑)
リツカにご執心すぎて可愛いと悶えたり、ウリエに恋人はこうするものだ…と教え込まれるんですけど遊ばれているだけだったりとちょっと賑やかな内容。
ただこのEDを思い出すと色々とアレなんですけど、ここでメィジがリツカを好きになった事でどうゆう決意をするのか…という終わり方が、あのEDをより感慨深いものにしているかなと思います。


◇楚神ウリエ/近藤隆
twittericon_03.png

-My Carol-
ウリエはたださえ甘い奴なのに、恋人になった事で更に愛情表現がストーレートすぎるので、常に甘すぎる雰囲気でしたね(笑)
ただ、そのストレートすぎる愛情表現の裏には、何があったのか…というのがここでは描かれているので、後半はちょっと落ち着いた付き合いになっていったかな~と思います。

ここまでで攻略してきたキャラとはちょっと違って、リンドの出番が少なかった!と思ったんですけど、基本はウリエ×リツカという形になっていたので2人のお互いを思う気持ちの成長というか…、そういった所がメインになっていたかな。

そもそもが、夢魔であるウリエが初めて好きになった相手…という形なので、余計に気持ちの部分というかそうゆう所が描かれいたのかなと思います。

しかし、何か一番悪魔っぽい甘やかされ方をしている気がするんですけど、ただ本当に好かれているだけ!って感じなので、どのキャラもそうだけどアクマっぽくない(笑)
若干ウリエの場合は、ウリエ自身の気持ちが暴走して夢魔である力を使ってしまう…というくだりがあるんですけど、ただただ好きすぎる故なのでそんなに黒い感じでもないですしね!

でも、ここの√中にリツカとウリエの2人の距離が、今までよりもグッと近くなるので一番安心感のある展開だった気がします。

それと、リンドの出番があまり多くない分アズナが関係してきたるするのと、ウリエの場合は一番幸せな結末まで描かれているので、終わった後に『あぁ~幸せ!』って感じで終われますね(笑)

◇After Story◇

アクマED1…リツカが何だか凄く可愛かったです!それとウリエも何だかんだとものすっごーく幸せそうなので、どこにいてもこの人達が幸せそうで良かったなと思える後日談ですね。
夢魔であるウリエが不安になる程のリツカの可愛さととある事に対しての意気込み…。きっとリツカは素晴らしいアレになるだろう(笑)

アクマED2…これは、これはなかなか悲しくなる後日談ですよねー‼○○ED2と「2」がつく方はどちらかというとBAD的な要素のあるものというか、悲恋だったりという内容のEDなので後日談でどうなるのか…というのが予想がつかないから面白かったです。
EDを見ていない人もいると思うので深くは言いませんが、ウリエが見失ってしまったものを再度ここで思い出しリツカの傍で生きる…って感じでしょうか。
未来を感じられる後日談になっているんですけど、本編でのEDの形や雰囲気を崩さないものなので、ちょっとだけ切ない気持ちにもさせられる後日談だったなと思います。

ヒトED1…一番EDの後日談の中で恋愛っぽい感じがしました(笑)
恋愛っぽい感じというか明るくて賑やかな日常の一幕って感じですかね。アズナが起こす行動がなかなか面白いんですけど、これによってリツカとウリエの仲が深まる…?と思うので、安心してウリエの甘さを堪能出来る展開です。
だけど、良かれと思って行動したアズナのしたことは完全に裏目に出ていて笑えましたが(笑)

ヒトED2…どこまでも私を抉るんですね2の後日談は!(笑)
ここのEDはある意味捉え方によっては幸せ…と思えなくもない終わり方だったと思うんですけど、この後日談も描くとは素晴らしいなと思います。
そして、この後日談で終結する…という形になっているんですが、一番最後に見たのですけど凄くしんみりした…。
最後までちゃんと見ても「ある意味幸せの形」と思うのには変わりは無いんですけど、切ないEDではあると思います。でも嫌いじゃない。

◇棗坂シキ/平川大輔
twittericon_05.png

-My Carol-
シキはシキだけどシキじゃなかった!(笑)
とあるEDの後のお話し…って事になるので、シキに大きな変化があるんですよ。
なので一番人物的に変化のあったキャラでもあるので、雰囲気とか喋り方とか諸々が異なっているので、私の好きな気持ち悪いシキじゃなかった…Σ(T□T)笑

これはこれで、凄く面白かったし楽しめたのですけど、あの気持ち悪いシキが好きな私としては何というか凄く大人しく可愛い感じだったので…( 一一)
でも嫌とかそうゆうんじゃないんですよ!?ただ物足りなかっただけです(笑)

と言っても自分の欲望に忠実な所は相変わらずなので、リツカが振り回されたりリンドがシキにプンプンしていたりと、そういった所はお馴染みだな~って感じなんですけどね…。

それと、ここではシキの大きな変化があった事で、アズナとシキの関係がちょっとギクシャクしている…というかですね。
本編でシキのしてきた事に対して、アズナや第三者からしたら許せない部分というのがあるんですよね。
シキ自身もそこは理解しているので、ギクシャクしている事も納得しているんですけど、この後日談の中でそこが解消されるという展開になっていました。

リツカとシキの事もそうなんですけそ、シキに起こった変化でどう変わったのかというのが分かったり、それぞれが良い方向に向かっていくって感じだったので面白かった!
多分キャラクター的なものもあると思うんですけど、ちょっとカッコよく成長したシキが見られる感じがしますね(*´ω`)

それとこれはおまけ的かんそうですが、リンドの母ちゃんっぷりがシキに対しては強く感じました(笑)
エプロンつけて「シキーーーーーー‼」って怒っている場面等がめちゃめちゃしっくり来ていたんですよね~♪
母ちゃんリンドも嫌いじゃないのと、これのお陰でワチャワチャ楽しい感じがすっごく良かったなぁと思います\( 'ω')/

◇After Story◇

アクマED1…うぉぉぉぉん( ;∀;)悲しい、何かめちゃめちゃ悲しい!!!
シキがシキらしいと思える感じでもあるんですけど、リツカが自分で選び取った未来が何とも言えない気持ちになります…。
しかも、その後日談での日々が苦しんでいるようで、背負い過ぎている感じで…苦しい(笑)
最終的にここで迎える終わり方は、これで良かったのかも…と思えるには思えるんですけど、その選択もまた少し寂しさを残してくる感じでしてねぇ…。うまく言えないけど悲しかった(゜-゜)

アクマED2…ウホ―――(笑)シキが悍ましかった\( 'ω')/
何ともアクマらしいアクマとのEDを迎えた後日談って感じですね!シキの背後から「だめだよぉ…」と言ってくる台詞があるんですけど、こわっ‼って思いつつも顔が笑ってしまった…。
わりと大人しめなシキが続いていたので、とっても彼らしい感じがしました。
リツカがシキとその後…どうなっていくのか?シキは求めているものを手にできるのか…という形なんですけど、後半に差し掛かるとアクマらしさが全面に出ていて面白かったですヽ(^o^)丿

ヒトED1…久々にリンドと母さんも交えた賑やかなを見た気がする…(=∀=)
リンドがリツカを心配して「物陰から見張っておくんだった…」とか言っちゃう危険な兄貴の台詞も久々に聞いたよ( ;∀;)
アクマに比べると180度違う雰囲気になっているので、より幸せ感満載だった気がします♪
シキがアクマEDとは全然違うので終始穏やかですし、リンドのここより永久に去るべし‼の絶叫版が聞けますし、ホンワカして私の心が満たされました(笑)

ヒトED2…終わり方がちょっと幸せな感じで私好きでしたー‼この後日談が始まった所や、その経過はどうしても悲しい気持ちになるんですけど、最後にやっと良かったなと思える感じ( ;∀;)
どうなってどう終わるのかはちょっと言えませんが、シキのEDは個人的にどれも好きだったので、全ての後日談が描かれているというのが大満足です。
アクマEDとかヒト2とか後日談ってなかなか描かれなさそうな終わり方のものもあったので、ここでやっと良い方向に向かえた感じがして凄く良かったです(TwT。)

◇ローエン/鈴木達央
twittericon_06.png

-My Carol-
リンドに唯一認められている男と言っても過言ではないローエン(笑)
他のキャラはリツカとの仲を邪魔されていたり、認めないぞと言われている事が多いんですけど、唯一一番家族っぽくなっているというか、認められているというか受け入れられている人物でございます。

本編でも魔界の王であるマキシスとの事が描かれているんですけど、今回もマキシスに関する事で物語が動いていく形になっていました!
ちょっと切ない…というか、リツカもリツカの家族も含めて一歩先に歩き出すって感じの内容になっていたので、ここの物語もホンワカする感じだったかな~と思います。

一応恋人なんですけど、ローエンの場合は変わらず執事的な感じと言いますか、そうゆう場面が序盤は多かったんですよ。
なので恋人っぽい感じが薄いかな~?と思ったんですけど、何だかんだプレイしていると可愛い恋人さん達って感じがして微笑ましかったです(*´ω`)

ここでのとある出来事と乗り越える時というのが、これまた何というかちょっと寂しい気持ちも感じさせてくるんですよ~!
勿論それだけじゃないですし幸せな結末ではあるんですけども、色々と言えないのでうまい事伝えられないんですけど、本編の終わり方で纏まっていたけど後日談をプレイする事でより良い形になったような気がします。

ちなみにポメ姿出てこないかな~って待ち構えてたら一瞬だけ…出てきました(笑)
あれ可愛かったのでもっと見たかった気がします…。

◇After Story◇

アクマED1…ローエンと共にとある所で生活しているんですけど、リツカがどうしても少し寂しそうにしているので、ローエンが彼女を元気づけようとしてくれるという幸せな後日談。
ここで出てくるスチルが私、結構好きなんですけどアクマ系EDを迎えた時のリツカの服装が好きなんですよね(*´ω`)
“アクマ”とついているけど1は幸せな後日談なので、ここでもそれは変わらないんですが…。
今までとは全然違う事になっているのですけど、ここではもう少し未来の事を感じさせてくれる後日談になっていました。
この後、あの人も出てきて楽しく過ごすことがあるんだろうか…?とちょっと気になった内容になっていましたよ~(*‘ω‘ *)

アクマED2…そうかそうだった、ここではアレなEDだったんだ!とプレイして思い出したのですが、ちょっと見方によっては物悲しいなぁと思わされる後日談だったなと思います。
ローエンがリツカを必要とし、リツカもローエンを必要としているんですけど恋愛とはまた違う形なんですよ。
更にリツカ自身にもある意味で大きな変化があるので、ローエンしか……という所がちょっと悲しさを含む内容になっているかなと思います。
愛情というよりももっと違う感情でお互い依存しているというか、執着している感じがする2人でしたね。

ヒトED1…甘かった(*´ω`)暴走するローエンと鬼のローエンと甘々ローエンがここの1つで楽しめるって感じですかね(笑)
リツカに甲斐甲斐しくお世話をしているローエンなんですけど、学園にいっている間リツカを構えなくてつまらないんだろうな…(笑)
リツカとアズナのお昼ごはんの時間や2人が楽しみにしている行事に、サッとさも当たり前の様に現れるローエンがなかなか面白かったです!
最後には恋人らしくかっこ良い所と、甘~い所が詰め込まれているので幸せ満載という感じです。

ヒトED2…何というかとても物悲しい後日談って感じですね。この内容を見る事でローエンがどれほどリツカを必要として、想っていたか…というのがよく分かるシナリオじゃないかなと思います。
それに加えてローエンの幸せを守ろうとするレムというのも良かったんだけど、ただたんに“良かった”だけでは言い表せない感じ。
これはあのEDを迎えて見て欲しいなと思います!が悲しいです(笑)

◇立華リンド/羽多野渉
twittericon_02.png

-My Carol-
最後にリンドをプレイしたんですけど、散々母ちゃんなリンドを見て来たので、ここでやっと‼やっと甘いリンドに出会えました~‼(≧∇≦)

多分今まで色々我慢していてそれを抑えなくて良くなったために、気持ち的に爆発してしまったのか物凄いイチャつきっぷりでした…(笑)
ダミヘの効果を一番ギャップで攻めている気がします…。
他√では騒いでいる感じが多いんですけど、自分の所に来ると物凄く甘いというね(笑)

そしてここでは、何と…本編でもちょこっと出て来た問題(?)がまたあらたな形で出てくる…というか何というか。
ホニャホニャがホニャホニャから来てしまい、大きな事件になるって感じでしょうか(笑)
言いたいけど言えない…言ったら色々とバレてしまう!って事でホニャホニャとしていますが、結構大きな事件になっているんですよ!
本編を経てのこの出来事は大いにあり得る内容なので、その辺も面白かったなと思います。

それに、今までは1人でリツカを守ろうとしてきリンドだったのですけど、今回は協力して貰おうとしたり、1人で決着をつけようとしたりとちょっとカッコいぃ度が上がっていた気が…(*´ω`)←完全に贔屓目です
本編の方がリンドの必死さにキャーキャーしていた気もするんですけど、こっちはこっちでかっこ良かったので満足しています(ΦωΦ)

リンド特有のホニャホニャスチルなんかもあるんですけど、他の作品で出てくると「また○○かぁ」とか思うくせに、ここではウハウハするという現金な女は私です。
何でだろう…不思議…(笑)

◇After Story◇

アクマED1…この後日談は始まりこそ「おぉ…なんと闇な感じなんだ…(笑)」と思うんですけど、この後日談の内容を経る事でお互いの想いを確認し合って幸せに向かうので、結果的にはハッピー…なのかな?と思います。
序盤では何だかちょっとリンドにこわっ!て思う気持ちがあったりするんですけど、最後の方にはリンドらしさというのも見えてきて良かったですしね!
でもこれって通常の所ではあまり見る事の出来ない姿でもあると思うので、喋り方のトーンとかも他とは違くてちょっと素敵でしたね(*ノωノ)

アクマED2…リツカが前に進むための必要な部分…というのは分かるんだけど、やっぱりどうしても悲しい気持ちになってしまうのは何故なんでしょうか( ;∀;)
ここの終わり方はちょっとリツカにとっては酷なEDだったので、後日談は描かれていた方が先に進む感じがするんですよね。
するんだけど…‼やっぱりただ良かったとは思えないんですよ~(´・ω・`)
ちょっとだけ幸せとも思うけど寂しい気持ちにもなってしまう後日談でした…。

ヒトED1…ここの後日談は「俺を兄さんと呼ぶな」って感じでしょうか(笑)
リツカとリンドは本編の大変だった出来事を経て恋人となり、平穏な日々を過ごしているという形なんですけど、恋人としてすこ~しだけ前進(?)するという内容になっています。
ちょこっとだけ賑やかな日常って感じなんですけど、終始兄さんと呼ばれる事を気にしているリンドが微笑ましかったなと思います(笑)

ヒトED2…うぅぅぅぅ…。普段は後日談を描かれないような結末に後日談があって良かったと思う反面、余計に切ない気持ちにもなるので面白いけど面白くない!(笑)
ここの後日談はまさにそんな感じですね。何度も同じような表現になるんだけど、悲しいけどある意味で幸せだと思える後日談…。
始まりはリンドが現実を見ていないので、あぁ…と思いながら進めていく事になるんですけど、途中からは目を覚ましてここでやっと終わらせることが出来る!という展開でしょうか。
でもやっぱりちょっと寂しい気持ちになってしまうし、これを全後日談の最後にやったので余計ですね(;´・ω・)


という事で、ちょっと色々とまとめて書いたので長くなってしまったのですけど、ここまでカナリ大満足で楽しんでおります。
とっても幸せな日々のMy Carolに加えて、全てのEDの後日談となると幸せな事も切ない事もあるし、悲しい気持ちにもあるんですけども…。
後日談を作る事である意味で良い方向性になっていたり、ちょっと光が見えるような形になっていたりしますし、ちょいBAD風な結末のその後というのは見る機会があまりないので、すっごく個人的には好きだったなと思います。

After Storyの方はそれぞれ1話ずつなのでそんなに長い物語ではないんですけど、それでもちゃんと納得できる描き方となっていると思います。
これは本編と続けてプレイすると、より感情が物語に入り込めたんじゃないかな~と思います(笑)
まぁ再プレイはしませんけども…(=_=)←面倒くさがり

残りは各キャラとのとある日の出来事…が描かれている、Extraだけを残す形となっていますが最後まで楽しんでプレイしたいと思います(*´ω`)♪

という事で、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~‼┏○ペコ





今月ももう終わりだ…。
本当に一ヵ月がすぐに終わりますね(´・ω・`)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはですー‼

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~‼┏○ペコ
本日も、とっても励みとさせて頂いております♪(/・ω・)/

こんな時間になってしまった~Σ(゚д゚lll)
今日の私の仲の予定では、My Carolを全キャラ分終えて感想を書いてしまおう♪とか思っていたんですけど、夕方リビングに降りてから父の晩酌に付き合っていたら…。
My Carolが途中で中断した状態で、夜も更けてしまっておりました(笑)

なのでとりあえずキャラは纏めたいなと思っているので、今日は初回&Allstarの感想をサクッといきたいと思います。

まずは、いつもの如く雑談から失礼しますが、昨日は予告通りズンチャカイベントに行ってきたのですけど、月一のお客様中のせいなのか…、もう本当気分も乗らないし身体も重しい…って感じのまま行って来ました(笑)
行ったら行ったで楽しかったんですけど、昨日はあんまりピョンピョン出来ず結構大人しめに楽しんできました(ΦωΦ)

人がとにかく多くて、序盤は周りにも余裕があってスペースが広かったのに、メインが始まる頃にはちょいギュウな感じですたΣ(T□T)
身動き取れない程ではないので良かったんですけど、それでもやっぱりカナリの人数いたと思います。
途中から暑くてTシャツ着てくればよかった…と思ったくらいには、いっぱいいました(笑)

さてさて、昨日帰って来てからダンデビ始めましたよ~(/・ω・)/
特典はレム&リンド編の早期予約特典のみだったんですけど、この2人なのでちょっと聞くのが楽しみでございますです♪

ではでは、まずはAllstarの感想を喋らせて貰います♪

ddmyc.png

今回は各キャラとのafter storyが描かれているMy Carolに加えて、攻略キャラ達皆との賑やかな日常を描くAll starや、各キャラの各ED後の後日談、そして各キャラそれぞれのとある日常が描かれているExtraが収録されています。
それぞれ1章~6章くらいまであるのですが、これは物語によって多少誤差がありましたがだいたい6章くらいまでと言った感じです。

そして各キャラの各EDの後日談というのが私的には、すっごく楽しみなものになるんですけども…。
本編では、それぞれのキャラにアクマ1・アクマ2・ヒト1・ヒト2と4つの結末があったんですけども、その結末全ての後日談が1つずつ解放されて行きました~♪
まだこっちは手を付けていないんですけど、これが凄く楽しみなのです(/・ω・)/
あのエンディングを迎えた後、どうなっているのか…と若干ドキドキするものもあるので、今からワクワクしております。

それぞれ1話進めると次の2話めが解放されるという形になっていたり、私は初回にAllstarをプレイしのですけど、進めていく中でExtraのシナリオが順に解放されていくという仕組みになっていました。
結構お話しの数も多いですし、皆とワチャワチャしているAllstarなんかは、どのキャラも良い意味で個性が炸裂していて面白いのでプレイしていて楽しい感じですね。

Allstarは本編の合間にあった出来事として描かているのですが、主人公はアクマである生徒会メンバーやヴァンパイアに禁断のグリモワールに通ずつ人物だと思われていて、皆がどうにか主人公に近づこうとしている所です!
兄であるリンドや友人のアズナがエクソシストだと言う事はリツカは分かっているし、2人はアクマやヴァンパイア達からリツカを守ろうとしている時ですね。
ちなみに禁断のグリモワールなるものが何なのか、どこにあるのか…という点においてはまだ明かされていない部分になっています。

それと生徒会のアクマ諸君はリツカの事を、どうにか(グリモワール云々よりも)自分の物にしたいと思っているので、その辺の皆の絡みも面白いなと思います(笑)

と、平和だけど平和じゃないそんな時に、生徒会への投書で生徒会の皆さんで劇をやって欲しい的な事が提案されるのですが、これを利用してリツカに近づこう…という事になります。
禁断のグリモワールについて聞きだす…という名目なんですけど、実際はただ皆がリツカとお近づきになりたいだけって感じです(笑)

このリツカを劇に誘い込むまでのくだりとかも、めちゃめちゃ面白かったんですけど、本編より更にレム様の心の声が駄々洩れで最高でした(笑)
結構皆さまのキャラ的にも、本編の時よりもこう…良い意味で色々曝け出してる感じになっているんですよね。

リツカも交えて劇をするとなってからレム様が意識の彼方へ旅に出たり、最初は乗り気じゃなかったのに最終的には一番ノリノリだったり…。
何故かレム様の可愛さがより色濃く出ていたように思いました(笑)
そこに加えてシキやメィジやウリエがやんややんやと騒いだり、横取りしようとしたりしているのでとにかく終始賑やかです。

ちなみにリンドはアクマ達に大事なリツカを渡せないので、自分が劇でリツカに変わってヒロインをやるとか言い出す始末なので、皆さん今回のシナリオでは若干シリアスさがなくなっている分面白さが出ている感じになっています(笑)
リンドのドレス姿を想像してかなりのショックを受けている人もいましたけど…。

ここでは誰とどうなるとかではなく、生徒会の皆と一緒に劇の練習をしたりそこにリンドやアズナが加わっていたりと、本編では見る事の出来なかった全員での楽しいやり取りが見られるので、プレイしていて凄く楽しめる内容になっていました!
ローエンも出ているんですけど、彼だけはもっと…何というか色々操っている感じなのですけども(笑)
相変わらずな感じですかね(*´ω`)

√中には選択肢もあるんですが、ED分岐とかではなくて3つの選択肢の中でそれぞれポイントが獲得できる仕組みになっています。
1・5・10と振り分けられているんですけど、これはスペシャル画面でキャラ達のボイスと交換出来るやつだそうなので、物語には関わってこないやつでした!
ただ、一番最後の6章目だけはスチル回収の為、全部の選択肢を選びましたが他は特に全部選んだりとかしてないです(笑)

少しここの内容にもヴァンパイア達が邪魔してきて、ちょっこす事件的なものも起きるんですけど、基本的には楽しい雰囲気で進めて行く形になるので、1人Vitaに向かって笑ったりニヤニヤしたりととにかく楽しくプレイした感じです!
ここではわりとレム様メインっぽい雰囲気があるんですけど、それぞれのキャラとの絡みというのも出てきましたよ♪
ただ兄貴は口うるさい心配性の兄貴という所から抜け出せない感じですけど(笑)

ちょっとシリアスな感じになる部分もあるにはあるんですが、やっぱり楽しくプレイ出来る雰囲気というのが強いので、とにかく楽しかった!面白かった!というのが正直な感想ですかね。

本編ではなかなか見る事の出来なかった敵対している、リンドやアズナもその輪に入っているというのがより楽しさを増した部分かなと思います!

感想はまだ書かないんですけど、My Carolもとっても楽しんでおります(/・ω・)/
これから残りキャラもプレイしようと思っていますが、早く後日談も見たいので明日も引きこもってプレイしようと思います♪

ではでは、サクッとしてしまいましたが今日はこの辺で(*´ω`)ノシ
最後までお付き合い下さいまして、ありがとうでしたー‼┏○ペコ





今日は引きこもっていたので
ドすっぴんだったんですけど…
花粉のせいなのか、顔が痒くて痒くて( ;∀;)
何チャラバリアは普段もした方が良いと心にしみました。
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(/・ω・)/
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは(≧▽≦)ノシ

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうでしたー‼┏○ペコ
毎日とっても励みとさせて頂いておりますです\( 'ω')/

昨日はちょこっと用事を済ませた後、友人と飲みに行ってきたんですけどね…。
秋葉原で待ち合わせしたのですけど、駅の周りにすんごい人が多くて何かあるの?何でこんなに混んでいるの…と思ってたら、皆さんスマホ片手に一か所に集中しているんです。
で、友人が「アレだよ…!ポケモン‼」というので、納得しました‼
皆ポケモンを捕まえにあそこに集まっていたみたいんですよ~。
とにかくワンサカ人がいたので、何かの集まりかと思ったんですけど全然違かったみたいです(笑)

今日は夜からズンチャカイベントなので、あらかじめブログを書いているんですけども、何とか百物語終わりました~(*´ω`)♪
これで心置きなくダンデビをスタートする事が出来る!
帰って来て疲れ果ててなかったら早速始めようと思いますが、本格的には明日から始める形になるかなと思います。
今週末は今の所予定入れていないので、引き籠ってゲームをする予定ですし(ΦωΦ)

という事で、今日は百物語のまとめ感想と残りのキャラの感想を喋りたいと思います~♪

◇百物語-怪談ロマンス-まとめ感想

各キャラの√によって恋人で始まるか√中に恋人になるかは異なるんですけど、それぞれスッキリする形で終わっているなと思いました。
本編の方では憂の事に関して、解決しているような…でもちゃんとした意味で解決していない所もあったので、今回相手のキャラとずっと一緒に居る為にはどうするのか…という部分まで描かれているので、そうゆう部分も含めて面白かったなと思います。

相手によって恋人スタートかそうでないかというの部分以外にも、それぞれのキャラによって今回メインとなる出来事が異なるのと、解決している部分というか解決の仕方というか…。
そうゆう所もそれぞれ違うので、どの√も最後まで楽しむ事が出来ました!

ボリューム的にはほぼ個別という感じになっていますし、少なくはないかなと思いますがダラダラと長かったわけでもないので丁度良い感じですかね。
もともと本編を経ての百物語なので、恋人になっていなくても距離が近い所からのスタートだから展開的にはスムーズだったかなと思いますしね。

後はメイン攻略の他にも、前回はサブ的立ち位置だった飛浦と兵太、おまけ的なかんじだけど多恵ちゃんの攻略もあったので、人数的には結構多いかもしれません…。
メイン攻略と兵太・飛浦はEDが3つあるんですけど、多恵は1つだけという感じになっています。

BAD枠だと思うんですけど、終わり方がそれぞれ違うので悲恋っぽかったりちょっと仄暗い感じだったりと結構面白いEDもあったので、そこも楽しめた部分かなと思います。
個人的には今回の百物語の方が何だか楽しかったな~と思います!
と言っても、前回の本編である百鬼夜行をやっていないと、意味が分からない所とか繋がらない部分が殆どなので、こっちだけ勧める事は出来ないんですけどね…(-_-;)

各キャラの感想でもお話ししたんですけど、基本は攻略相手とのアレコレがメインなんですけど、その中に主人公 憂と慎二の関係性だったり、攻略キャラ以外の周りの人達の事だったりというのが所々で描かれているので、ちょっと切なめな感じがするのもまた面白かったですね!
ただかわいそうになってしまったりする部分もあるんだけど(笑)
それでもそこが描かれている事で面白さが増したというのはあると思います。

ちょっとサクッとしたまとめになってしまいましたが、以下より残りキャラの感想を喋りたいと思います\( 'ω')/


◇飛浦若葉/前野智昭

百鬼夜行では飛浦EDって感じで登場していたんですけど、今回はガッツリ攻略出来ました‼
もともと彼は逢魔時に出てきている飛浦と親戚の天狗さんなんですけど、あの時の飛浦とは違い優しそうな感じの人なんです。

が、やはり飛浦の血はしっかり入っているんだな‼というのが、改めて分かったかなと思います(笑)

飛浦は憂に優しい良い人と思われているのが嫌だというのが、百鬼夜行の時にもちょこちょこと出ていたんですけど、今回その殻を破りに来たって感じです!
憂に意識して貰う為に、ちょっと嫌な奴風になってみたりしているんですけど、これこそ多分彼の本当の姿なのでもあるのかな~と思いますね。

何というか、飛浦と関わっていく事でお互いの飾らない素の部分というのを見ていくんですけど、わりと飛浦の印象ガラッと変わりますた!。(良い意味で)
優しいは優しいんですけど、やっぱり飛浦という苗字の人は何かこう…一筋縄ではいかない人が多いのかしら?と思わされる感じがしたんですけど、それもまた良かったです\( 'ω')/

ここでは基本的には憂と飛浦が付き合うまでと、付き合ってからの恋愛部分がメインとなるので、憂の家の事がどうとかそうゆうのはあまり描かれていませんでした。
なので、殆どが2人に関しての事という感じですね。
昇格キャラの中でも兵太はもともと近しい友人だったというのもあり、わりと序盤に相手への気持ちに気付いたりするんですけど、飛浦の場合はここでグッと距離を縮めていくので恋をしていく過程というのが強かったかな~と思います。

最初は飛浦の事を恋愛として見ている感じでは無いんですが、飛浦は憂の事が好きだったのでどうにかこうにか振り向かせようとしている感じがなかなか良かったです(*´ω`)
と言っても、何というか淡い恋心的なやり方ではないので、そこもまた飛浦らしい感じですかね。
そんなこんなしながらも恋人になってからは、甘々な感じになるんですけども…。
どうでもいぃけどまえぬの「あんた」呼びが結構好きでした(笑)

基本丁寧な喋り方なんですけど、所々男らしい?と言えば良いのかな…。そうゆう喋り方をするので、ちょいちょいニヤっとしちゃいました(笑)
すげーマイナーな部分だなぁと自分でも思うんですけど、ふとした所で言葉遣いが変わるのとかって何か良いな~と思っちゃいました(〃´∪`〃)ゞ

EDはBAD枠にあたるやつ以外は満足の終わり方です(*´ω`)
幸せな終わり方でほんわか終われるんですけど、最後にとったのがちょっとしんみりと寂しくなってしまうやつだったので…。
最初に取ればよかった…とさえ思ってしまった(笑)
何か大きな事が起こる訳では無いんですけど、何か大人しく寂しくなる終わり方だった…。

ハッピーエンド的な2つを先に取ってしまっていたので、終わった時にどっちか最後にとっておけばよかったなぁと思ってしまいました(笑)


◇姥爪多恵/松来未祐

多恵ちゃんEDは完全におまけって感じですね!
飛浦からの分岐でプレイしたんですけど、合間合間に多恵のシナリオが2話程入っている感じでした。

多恵ちゃんは猫又の妖怪なんですけど、ネズミと魚が好物なんですよ…。
なので…椿の手下?のようなネズミさんを捕まえて棒に縛り付けて丸焼きにしようとしているシーンとかあるんですけどね(笑)
棒に縛られた状態で泣いているネズミさんが、凄く可哀想だけど可愛かった…。

さすが猫だ…と思える所も結構多くて、憂の周りは凄く賑やかだな~…と感じられる部分でしたね。

憂が唯一慎二意外に自分をさらけ出せるのが、兵太と多恵ちゃんなので彼女との友情を感じられる√って感じですかね。
基本多恵ちゃんの猫らしさを感じる√って感じがしますけど…(笑)


あ、凄い短くなっちゃいました(;゚Д゚)ハハハ…
ザックリとした感想となってしまいましたが、百物語の感想はこれまでとなります!
繋ぎで崩そうと思い始めたんですけど、結局最後まで存分に楽しむ事が出来ました(´ω`)♪

次からはダンデビの感想を喋れると良いな~と思います‼
ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ





昨日そんなに飲んだ気持ちは無かったんですが
友人がまさしく千鳥足になっていて、爆笑しながら帰りました(笑)
リュック背負おうとして逆の紐に腕を通そうとしていたりと
かなり楽しい帰り道に…( 一一)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~\( 'ω')/

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを下さいましてありがとうございますです‼
本日も、とーって励みとさせて頂いております(*´ω`)

さて、今日は天気が良かったけど何故か花粉が何ともなかったワタクシ!
薬も飲んでいないんですけど、今日は全然くしゃみしなかったんですよ~♪
そんなこんなで仕事もだいぶ捗りました(/・ω・)/

ゲームの方なんですけど、何とか今一番最後の飛浦くんを攻略中なんですけど、ダンデビ前に終わらせるという目標は潰えました…(笑)
実はこの飛浦くんの攻略後に、憂の友人である多恵ちゃんの攻略もあるのでそれが終わってから次のゲームに行く事にします~(*´ω`)
なんで必死に終わらそうとしているんだって感じですけど、単なる自分の中での目標ってだけです(笑)

本当はダンデビ届いたよーもここで一緒に晒したかったんですけど、仕事後に急遽そのまま出かけないといけなくなってしまったので…晒すのはまた改めて…。
という事で、早速感想にいきますが、今日は椿くんと兵太の感想を喋りまーす。

◇椿宗次郎/入野自由

やっぱり椿は椿でした\( 'ω')/

既に恋人なっている状態からの始まりなんですけど、しょぱなからちょっと意味不明でした(笑)
というのも、憂が椿に誘拐されて監禁…というか軟禁されている所から始まるのですよ!
起きたらいきなり新居だと言われる所に連れて来られていて、どうしてなのか聞いても事情を教えてくれない…という感じ。

更に外に出して貰えず事情も教えて貰えず…、椿の事が好きだけど椿の考えて居る事が分からない…と悶々としている部分が多かったです。
雰囲気的には椿がどうしても、憂を傍に置いておきたくて離す気は全く無いという部分や、誰が相手でも憂を渡さないと強く思っている部分などが濃く描かれているんですけど…。
実際の所は憂の事を思ってという所も少しはあるんですけど、椿自身を何がなんでも選んでもらうための手段だったって所でしょうか(笑)

最初は憂も受け入れられなかったり、椿に何か事情があるんだろうと思っているんですけど、彼女の龍神の姫としての想いという所が常に邪魔している感じなんですよね。
憂がそれを一番に考えるのなら、椿の事は選ばないという選択肢も出てくるので、それを椿は分かっていたからこその行動だったのだと思います。

割と椿の√と兵太の√では、憂にとってかなり大きな展開となっていると思うので、そうゆう所もなかなか面白かったです!
本編ではこういった展開は無かったなと思いますしちょっと新鮮な感じがしたのと、憂にとってはこっちの方が幸せなんじゃないかなと思えました。

椿自身は本編の時から引き続き、物騒だけど愛を感じるというかですね(笑)
何かやっぱり好きでした( *´艸`)
良い雰囲気になると、椿の仕事仲間(?)であるネズミさんたちがチュウチュウ出てくるんですけど、所構わず憂に手を出そうとする椿を憂が非難すると、ネズミさんたちが『ねずみは繁殖能力が高いですからね!』と言っているのがちょっと笑えました(笑)

わりと甘めなシーンというか、行為というかそうゆうのが多いキャラだったかなと思うんですけど、反面牢に入れられたり本当に愛されているのかしら?と思うような行為すらも、憂の事が好きすぎるからそうなるんだな…と思えてしまう不思議なキャラクターだなと思います。
妖だから…とか死神だから…というのも1つだと思うんですけど、ちょっと重いと感じてしまうくらいの好意なのに、嫌悪感を抱かないというのは何か不思議ですね。
むしろそうゆう所が好ましかったりしますし(笑)

それと、各キャラの√で関わってくると不憫に見える慎二や恭介(笑)

今回は慎二が憂を探しに来る…って感じで登場するんですけど、この慎二が登場した時に驚きの出来事を知る事になります(笑)
今まで監禁されてても一度も慎二が探しに来なかったのが、すっごーく不思議だったんですよ。
いつも「姫さま、姫さま」って感じなのに、なんで来ないんだろう…?と思っていたら、その来れなかった理由を最後の方で知る事になります。
椿の憂を手に入れる為の徹底ぶりが凄くすぎて、ちょっと笑ってしまいました…(笑)
慎二からしたら堪ったもんじゃないんですけどね…。言えないけど…。

で、ここでは慎二も寒澤先生も憂の事を凄く想っているけど、椿と幸せになって欲しい…とも少なからず思っているので、可哀想組になっていてちょっとションボリ(笑)
慎二と恭介って本当に自分たちの√じゃないと、心底かわいそう!と思ってしまうので…。
椿の事も好きだけど、やっぱりちょっと悲しかったです…(''ω'')

EDに関してなんですけど、今回はBEST的なのが一番好きでしたし、幸せ‼って感じが良かったなと思いました。
憂自身の事に関してはBESTともう一つのハッピー的な方が、良い方向に解決されているし解放された感じがして良かったなと思います。

BAD枠に関しては、椿らしいと言いますか…。ある意味で椿の望むようになったEDだったのかなと思います。
この終わり方も嫌いでは無いですけど、やっぱりBESTが良かったかな~♪



◇明日馬兵太/寺島拓篤

兵太は憂とクラスメイトなんですけど、今回の百物語から攻略キャラに昇格しています。
もともと、兵太は油すましという妖怪で憂は火を操る龍神の血と神の血が入っている半神半妖なので、触れ合うと火が出てしまいます(笑)

本編の時にも憂の事が好きなんだけど、本気で好きになったら触れられなくて苦しいから好きにならない…みたいな事を言ったりしていたんですよ。
なので、良い友人でいようとしている…って感じですかね。

それが、今回憂も兵太も好きだという事を自覚してしまう…。という内容になってるんですけど、触れられないんですよ‼
どんなに好きで触りたくても、触れただけでボッと火が出てしまうので触れないのー‼
その事があるせいで、終始何とも言えない気持ちになるんですよね……。
好きかも知れないと自覚するまでの間も、どこかで「好きになったら辛いからいけない」と思っている感じがひしひしと伝わってくるし、でも好きになってるんだろうな~と思える所とかあるし…。

更に、好きになってからなんて、触りたいけど触れないというのがお互いを切ない気持ちにさせつつ、お付き合いを始めるので見ているだけで苦しい(笑)
たまに兵太が見せる表情が、ちょっと悲しかったんですよねー。
自分は恋人なのに触れなくて、他の人達は憂に触れられるわけですからね…。
そうゆう時に苦しそうにしている兵太を見ていると、こっちまで何か苦しくなってくるという不思議な現象が起きました(笑)

兵太ってすっごーく良い子なんですよ!
今までサブキャラ的な立ち位置というのもあったんですけど、憂の事が大好きで彼女を応援していたりして、とにかく良い子!って感じなので、余計に苦しいとかそうゆう風になっていると伝染したのかもしれませんね…。

でも、この触れられない…というのを解消出来る手立てが1つだけあるんですよ…。
それこそが憂にとってもカナリ大きな出来事になるんですけど、兵太と幸せな日々を過ごすにはどうすればよいのか憂は分かっているんですよね。
でもなかなか踏み出せずにいるんですけど、後半ちょっとした出来事がきっかけで兵太を選んだ憂に私はちょこっとだけ感動しました(笑)

だって、やっと火が出る事とか気にしなくて良いんですよ‼(笑)
今までは触れなくて触ると火が出て、やっと触れ合えたと思っても水の中限定とかそんなんだったんですから( ;∀;)
どこでも好きな時に手を繋いだり出来るようになった二人を見ていたら、あぁ…良かったな…としみじみ思ってしまうのはしょうがないと思います‼

EDはハッピーに終わる方は二つとも文句なしの幸せEDです\( 'ω')/
もう本当大満足…。
散々触れられない事に苦しんでいた2人が幸せになれて、本当に良かったよー‼と思えました。

で、BAD枠の方なんですけど、これはこれで愛かなと思います。
悲恋という終わり方に近いかなと思うんですけど、好きだけど触れ合えない2人が選んだもう一つの結末…って感じですかね。
ちょっとしんみりと終わる感じなんですけど、ここのスチルが何とも言えない雰囲気となっていますよ~。

そしてここでも忘れていけないのが、不憫コンビです\( 'ω')/
こっちの√では恭介が主に…なんですけど、恭介に関しては彼の√でも言ったんですけど、とある秘密があります。
それが憂に関係している事なんですけど、どこの√でもそれは共通している事なんですけど、恭介の√じゃないので触れられることもないんですよ。
今回もそこには触れていないんですけど、兵太と一緒にいる為に選ぼうとしている道に関して、恭介はさも自分が得をするから…という言い方で憂の背中を押すんです…( ;∀;)

恭介…憂の事すっごーーーーーーーーーく好きなのに、憂が幸せになるならっって事で、自分を犠牲にしてでもそれを選ぶのですよーーー(つд⊂)エーン
なんだこの子~‼
兵太も良い子だし兵太の√だし、兵太の事が好きな憂だからしょうがないんだけど、恭介が~!と思ってしまうのはしょうがないと思います(笑)
もう、何か恭介とのやり取りのシーンで、私は恭介…恭介…と思ってしまいました(笑)

何だか本編の時よりも、楽しんでいる自分がいるんですけど…(笑)
今の飛浦くんもなかなか楽しくてですね‼
意外と満足度が高くなっています私の…(*´ω`)
引き続き最後まで楽しみたいと思います\( 'ω')/

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪┏○ペコ




今日は久々に残業するほど
忙しかった…Σ(T□T)
たまに頑張ると疲れがドンと来るBBAに
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(*´ω`)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~(*´ω`)ノシ

まずは、昨日のビズログの感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!
本日も、とっても励みとさせて頂いております(/・ω・)/

今日はちょっこす出掛ける予定だったのですけど、天候も悪いしという事で中止に…。
なので一日中家に引きこもってゲームを進めていました~。
読んでいない買いだめしている漫画も読まないとなぁ…と思ったんですけど、とりあえず今プレイ中の百物語を進めないと、本当にダンデビ届いちゃって中断する事になってしまうのでね…(;´Д`)

しかも何だか昨日から急激に寒くなった感じで、暖房かけてブランケットに包まってゲームしておりました!
でも、また明日になると気温上がるんですよね?なかなか落ち着かない天候ですねぇ_( _´ω`)_ペショ
そろそろ桜が~とか言っているので、咲いてしまえばぐんぐん暖かくなっていくのだろうか。
流石に冬のアウターをもう着なくても良いようなくらいになって欲しいですね。

さて、今日の本題は引き続き百物語 怪談ロマンスの感想でございます\( 'ω')/
今日頑張りの成果がでまして、残り4人となりましたー‼
しかも椿だけを残してメイン攻略はほぼ終わりです。今回より攻略に昇格している3人+椿をやれば百物語が終わるどー‼(笑)

終わらないかも知れないと思っていたけど、案外終わるかもしれない…。
これで心置きなくダンデビ届いたらプレイ出来そうです(*´ω`)
では、今日は3人分どどーんと感想いこうとおもいます!

◇宮前慎二/三木眞一郎

慎二√では前回の恭介とは異なり、恋人としてお付き合いしている所からのスタートです!
慎二は死人なのですが、主人公憂の付き人&恋人という関係です。
付き人といっても憂と慎二が勝手にやっている事で、憂の家直属の…とかそうゆうのではないのです。

なので、今回はその辺にスポットを当てている感じですね!
死人って妖の世の中でも稀な存在で、イメージ的には良い物ではないんですよ。
これは本編の方でも描かれているんですけど、そんな存在である慎二と竜神の姫である憂が恋をし恋人となっているので、形だけでなく本当の憂の世話が出来る立場になれるかもしれない…という所がシナリオのメインになっていました。

そういえば…憂の父ちゃんも何気に色々とある人だったんだよな…と思いだしたんですけど、その辺は今回は出てきてないけど、慎二をこのタイミングでやってしまったのは早まったかもと思いました(笑)
百鬼夜行の時は最後にしたんだけど、何故か前半に手を付けてしまった…?
特に「絶対最後にやらないとダメなやつ」って感じでもないんですけど、最後の方が綺麗に纏まったかもしれない…気持ち的に…と思いました(''ω'')ノウフフフ…

憂が慎二に抱いている感情というか、この辺はネタバレになるので詳しくは言えないんですけど、慎二が死人になった部分と憂のある感情の部分にちょっと…色々とありましてですね。
そこの部分に関しても描かれているので、ちょびーっとだけ切なさもありつつの慎二の事を大切に思っている事を改めて感じられるという内容になっているので、結構面白かったなと思います。
だから…何故二番目にやってしまったのかな~?と、ふと思ってしまったのです(笑)

今回は既に恋人同士なので、当て馬とかそうゆうのはいないんですけど、慎二は憂に世話を焼くのが生き甲斐というか…自分の存在意義を感じているので、憂に対しての愛情も他のキャラ達とは違った意味で深く強いものだと思うんですよね。
いつも毒舌な慎二がたま~に褒めたり、嫉妬している風な(可愛さは無いけど)部分はなかなか新鮮で楽しかったなと!
でも、まぁ何というか凄いバカップルなんだな…という場面も多いので、兵太がその餌食になっていて可哀想でした(笑)

シーン中にも2人の会話のやり取りを聞きつつ、「あれ、さっきまで兵太いたよね…?凄いバカップル会話してるけど、兵太帰ったんだっけ…?まだるのかな…。」と、どうでもいぃ事が気になってしましました(-_-;)
ちなみに、散々会話をした後に兵太が出てきて、「やっぱりいたんだー?黙って聞いてたんだー?」と思わず突っ込んでしまいましたよ(笑)

EDは前回の√と同じく3つありましたが、2つに関してはハピエンやノーマルと言った感じですかね。
一番スッキリ終わって、2人の未来が感じられるのがBESTって形で、もう一つの方は変わらない時が流れているノーマル。
残りの1つはある意味BAD枠…なのかな…。
憂が 本当にこの道を選んで良かったのか? と思いながら終結するので、後悔のような気持ちが主人公に残るEDでした~。

でもシナリオの展開的にどれもあり得そうな流れなので、BAD枠に関してはモヤモヤした気持ちが残りつつも、こうゆう未来も大いにあり得るな…と納得してしまう終わり方だった…。

私、三木さんの演じているキャラの中でも慎二って結構好きなんですけど、凄い静かぁ~に喋るんですよ。
若干音量下げていると聞こえないほどに(笑)
でも、その喋り方と慎二のキャラがマッチしていて結構好きです( *´艸`)


◇寒澤流/岸尾だいすけ

寒澤先生との√では、既にお付き合いをしている状況!
なのですけど、割とどのキャラよりも家的には認められやすい立場の人なので、慎二の時に比べると安心感があった√でした。

と言っても、寒澤先生自身が氷女の家系なのに唯一の男性という立場で、主人公同様に家の事でちょっと色々とある人なので、認めてもらうまでに色々と出来事が起こる…という感じですかね。
ただ、主人公側の母は寒澤先生推しだと思うので(笑)結構スムーズだった方じゃないかな~と思います。

基本的には先生×生徒の恋愛なので、コソコソしつつもあま~い感じになるんですけど、割と寒澤先生が妖らしいと言いますか…。
嫉妬という感情によってちょっと暴走する気があるので、大人しそうにみえて結構危ない人なんではないかと、改めて思わされました(笑)

それと、寒澤先生と次に感想を書こうとしている響乃の所で出てくるのが、慎二と憂にある特別な絆の部分ですね。
これらを恋人である寒澤先生達が目の当たりにする所が、何とも言えない部分だったかなと思います。
憂と慎二は慎二以外の√ではただの主従関係に当たるんだけど、その関係性になった経緯に、それだけじゃない何かがあるんですよ。
それが、慎二の命と憂の命を繋ぐものというか何というか…、特別な絆みたいなものがあるので、そこには入り込めない…って感じで思ってしまうんですよね。

そんでもって、慎二は慎二で多分憂の事が好きなんだろうなぁ~…。
恋人と一緒に居て幸せになって欲しいと思う反面、その相手が自分じゃないので複雑に感じてる描写が、何だか少し切ない気持ちになってしまいました(´・ω・`)

寒澤先生とのEDでは、BADに当たる部分がちょっと特殊な感じですかね。
ここでは寒澤先生の姉が関わってくるんですけど、あの姉は憂の事をそうゆう目で見ているんだと思います(笑)
ちょいちょい憂にちょっかいかけてくると言いますか、寒澤先生と取り合いみたいな部分が出てくるんですけども…。
そんな彼女の関わってくるEDとなっているので、あの後寒澤先生はどうなったのか凄く気になった…。

ハピエン枠に当たる2つのEDについては、どちらも幸せな結末って感じですね。
家柄的なつり合いとかもあって、行くとこまで行くEDって感じですし一番普通に幸せを掴んだEDじゃないかなと思います。


◇響乃武蔵/森川智之

響乃の場合はこの√中にお付き合いするという流れの方だったんですけど、ヤバさは変わっていませんでした(/・ω・)/
というか、付き合ってほしいと告白した時に断られそうになったら、押し倒して鎌を首に当ててきて『じゃぁ殺すしかないですね<ショボーン』みたいな事を言ってました(笑)

本編を経て距離が縮まり、憂も響乃の事を意識しているって所からになっているんですけど、憂は龍神の姫で響乃は死神なので…。
付き合う訳にはいかない…と言って断るんですが、そんなので諦める男ではないので(笑)
鎌で脅し、それでもダメだったらまた告白に挑戦するやつです!笑

割とドタバタしていた展開で面白かったなと思うんですけど、中盤くらいでお付き合いする事になるんですが…。
何か知らないけど椿が結構邪魔してきたり、寒澤先生の時にも言った慎二と憂の事で様子がおかしくなったりと、響乃が憂と付き合う事で変化していくという部分が目立っていた気がします。
今までだったらこうしていたのに、憂と付き合うようになってから考え方が変わってしまった…とか、どうして今までみたいにしようと思わないのか分からない…とか。
本編の時とはちょっとだけ違う感じの響乃が、若干可愛く見えた気がします(´ω`)

でも、やっぱり慎二が何か可哀想だったー( ;∀;)
響乃は死神なので好きな人の命を終わらせるなんて、最高じゃないですか\( 'ω')/とか言う人なんですよ。
なので、憂の事が好きだから殺したいと思う…という椿と同じ思考を持っている人なんですよね。
でも…、色々な諸事情により憂を殺すのは慎二じゃないとダメなんです。ここにはちゃんと意味があるんですけど今は言えませんが、そこの2人にある特別な絆みたいなものに皆は嫉妬するんですけども!
慎二も慎二で憂に対して「一生貴方の付き人です」とか言っているのを見ると、慎二ぃぃぃ~( ;∀;)と思ってしまう自分がいました(笑)
一生付き人でもいぃから憂の傍にいたいのかなぁ…とか色々思うと、何か勝手に切なくなってしまったんですよね(-_-;)

響乃との恋愛部分に関しては、響乃の鎌脅しからその後も色々と出てくるので、基本的には響乃に振り回される恋愛なので面白かったです!
とにかく憂への好き好きアピールが凄いので、頭を使わずに糖分補給出来る感じですかね(笑)

EDに関してはBAD枠っぽいやつは、完全に響乃が病んだ感じというか…。まぁそんな雰囲気の感じられるやつで結構面白かったです(ΦωΦ)
やっぱ死神怖いわ…!と思う反面、憂への執着が凄い感じですね。

ハピエン枠の2つに関してはどちらも幸せな終わりではなったけど、何かやっぱり慎二の事があるので勝手に切なさを含む終わり方に感じてしまった部分がありますね(笑)

他キャラでもこうなのかな~?とちょっとドキドキなんですけど、お次は椿を取ってあるので楽しんで来ようと思います\( 'ω')/
という事で、何とか頑張ればダンデビ前に終えられそうかな…?と思いますので、これよりまたプレイしてこようと思います♪

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ





密林さんからダンデビ配送したメールが
来ましたので、今日はシキです\( 'ω')/
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言