FC2ブログ


こんばんは!┏○ペコ

まずは、昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもくださいましてありがとうございました~♪
本日もとても励みとさせて頂いております('ω')ノ

今日はコドリア白銀のOPムービーを見ながらお昼ごはんを食べてました~(*´ω`)
その後蝶々事件のOPをまた見たりしてたら、つば九郎の動画をYouTubeがお勧めしてきたので、乙女ゲー→つば九郎と動画をみながらお昼休憩を満喫しましたよ!

さて、今日はやっと我が家に帰宅しましたよ~。
4日ぶり?とかに帰ってきたんですけど、こんなものが届いておりましたよ~♪

170929.jpg 

やっふー\( 'ω')/
これから色々とコマコマしたものが届くんですよね…(笑)
来月とかゲームも結構あるし恐ろしいです(*´ω`)

こちらはこれからPCに取り込んでゆっくり楽しみたいと思います♪

来月は沢山ゲームを買ってしまったので…それまでに着々と積みを減らそうという事で、今日も引き続きヤマノテの感想に行きたいと思いますよっ!

ーTOKYOヤマノテBOYS SUPER MINTー
w1920_h1080_sm.jpg

SUPER MINTでは、前回にプレイしたHONEY MILKで起きていた事件に繋がっているまた別の事件がメインとなっている内容でした。
告白大会が行われている事と、それと同時に起きてしまうとある変化…って感じですね。

シナリオの展開とか流れは同じなんですけど、メインで出てくるキャラが違うし起こる事件も異なるので、飽きずにプレイ出来ました!

変化というのとHONEY MILKでの出来事は直接的な繋がりは一見なさそうに見えるけど、繋がっている部分がある…という感じで、同じようにDARK CHERRYも何か出てくるのかな~?って感じです。

ちなみに、ここまで進めると、HONEY MILKで少し気になっていた事に関して、まさか……‼と思う出来事が起こります!
これはまだ勝手な予測って感じなのですけど、最後のディスクで色々と明らかになるのかな~?
ちょっと楽しみです。

内容的には前回同様にサクサクサク~っと進んでしまうし、もう解決しちゃった!と思う部分もありますけど、今回もなかなか濃いキャラ達なので面白かったです(笑)
特に面白かったのは堅物遊佐さんの拓海なんですけど、その他にもルーシーの本名がめちゃめちゃ気になります。
是非フルネームで教えて欲しかったです…。

磯野って皆呼んでいるけど、まさか名前はカツオじゃないよね?w←
でも磯野って呼ぶと殺される恐れがあるので、呼ばないようにしないとダメですね。

ではでは、サクッとした感じになると思いますが各キャラの感想を…。
今回は真EDの部分も各キャラ感想に交えて喋っていきたいと思います♪

◆桐嶋伊織/鈴木達央
w1920_h1080_ch04.jpg

伊織は渋谷で人気のイケメンモデルって事で、男性からも女性からも好かれているカリスマ的存在のお方でした!
制服なのに襟元にフッサフッサしてるのつけてるし、髪型とか喋り方とか『チャラ男』そのものって感じなんですけど、中身はただの一途くんでした(*´ω`)
SUPER MINTでのメインヒーロー的な子になるのかな~?と思うので、HONEY MILKの悠斗みたいな感じですね。

シナリオ的にも伊織√がメインって感じの内容なので、真EDで暴かれた事実を目の当たりにすると、若干案とも言えない気持ちにさせられました…。
そうだよね~やっぱりその人が黒幕だよね~…みたいな!
だけど、黒幕という言葉を使っても良いのか…?と思ってしまうんですけど、何というか純粋すぎて歪んでいると言えばいいのかしら。
そういった所が今回は関わってきているので、私の心にモヤァ~っとしたものが広がりました(笑)

私が想像していた「ヤマノテBOYS」というゲーム内容とはだいぶ違った内容なので、今回の伊織√のシナリオもちょっと意外な感じなんですよ。
なので、なかなか面白い要素だな~と思うんですけど、何しろ展開がサクサク。
なのでめちゃめちゃ気持ちが盛り上がる事も無く…って感じではあるんですけど、ストラバみたいなゲームだと思って手を出すと吃驚するなと思います。

恋愛面は伊織が一途なので、何も心配する事も無く…。
お互い自然に惹かれ合っていくって感じなんですけど、結構伊織がグイグイくるのでキャッキャ出来る場面が多いキャラじゃないかな?と思います。
少女漫画とかに出てきそうな絵にかいたようなイケメンキャラ(馬鹿というオプション付き)って感じなので、憎めない奴でした。



◆九条拓海/遊佐浩二
w1920_h1080_ch06.jpg

金持ち王子キャラの悠斗とはまた違った金持ち秀才タイプの拓海。
凄く堅物…考え方が堅いというか古いというか、そんな感じの人なんですけど…。
下ネタ的な用語を意味を知らずに普通の会話に織り込ませてくる人です(笑)

『僕は疲れ知らずの絶倫だからな。』とか『夜這いの為に』とか…何というかギャグな感じのキャラだったな~と思います(笑)
頭良い癖にアホな所が凄く可愛かった!
基本的には拓海といると至れり尽くせりって感じで、何でもやってくれるしエスコートが上手すぎる感じなんですけど、ずれている部分があった事で好感度が上がりました~。

しかも七三風の髪型で眼鏡の癖にピアスをしているという…!な、何か凄く気になるビジュアルの人でした(笑)

ここでの物語は真EDも含めて、伊織の時にモヤァ~っとした所がはっきりと描かれている訳では無いけど二番目にモヤっとさせられた内容だったなと思います。
告白大会という茶番的な行事を進めている中で、自分たちの身の回りで起きる暴動…。
それが自分たちに直接被害が降りかかった事で、どうにかしたいと思うようになってって感じで、ルーシーとは違った視点で面白かったかな。

拓海が謎に強い所とかも素敵だわ~と思ったんですけど、EDを迎えるのはやっぱりあっさり感は否めなかったが拓海の家族がとても良い人達なのでホッコリしました。

お父さんは素敵なパパ!って感じなんですけど、母と妹が凄くナイスキャラです(笑)
お金持ちで戦国時代から続く家?だったかな?のわりには、凄く今時の妹&母って感じでして、お父さんが居ない時だけものすごく今時の女子高生みたいな喋り方をしているのが可愛かったw
自分の事を名前で呼んで『え~和美にもメアド教えてぇ~!』みたいな感じになってて、予想していなかったので吹いた。
それを普通に『母さん、変な喋り方しないでください!』とやり取りしているの見ると、拓海があんな感じになるのも頷けました(笑)

ここでの真EDには拓海だけでなく、拓海の家族もちょこっと関わってくるのでその辺も今までと違って新鮮でした!

恋愛面は拓海が堅物なので、何かというと結婚結婚と言っていてその度にさいだ~さんが吃驚しているのが笑えました(笑)
拓海の中では付き合う=生涯の伴侶という考えなので、発言が重い!なのに重く感じさせないあのキャラによって普通の事に思えてきますw

でも拓海はある意味ではスーパーヒーローにもなれる人って感じなので、伊織もカッコ良かったけど拓海の方がスーパーダーリンになれる要素を持っているような気がします…。


◆ルーシー/梶裕貴
w1920_h1080_ch05.jpg

ルーシーだお(゚∀゚)
最初はこのビジュアルのお陰で、この人から素敵さとかそうゆうのを得られるのか…不安しかなかったんですけど、独特のキャラではあったけど普通に男の子でした(笑)

ルーシーの√が一番核心から遠い場所での解決だったかなと思います。
解決の仕方もルーシーらしい解決の仕方なんですけど、そんなんで解決したら今の世の中もっと平和だわー!と思ってしまう私(=_=)
そんな事を思いつつも、幸せになったルーシーとさいだ~さんを見たらどうでもよくなりました!

内容的にもSUPER MINTの中で一番アッサリだったと思うし、サラッとした内容だったなとは思います。
ただ、何というか…ルーシーだけど梶君だからなのか謎の色気がありました(笑)
なので、恋愛面では結構面白かったかな~と思います。

ルーシーって生活感無い見た目ですけど、実際の√中では生活感溢れすぎててですね。
凄くギャップのある子だったなと…(笑)
そういった面を見ていると「あぁ、この子人なんだ」とおかしな所で納得してしまいました。
なんつーか、私の中でのルーシーは生活している普通の人ではないイメージだったので(;'∀')

カップラーメンばっかり食べてたりとか、生活していく為にバイトしているとか。
彼の口から出てこなそうな言葉が紡がれるたびに、何か可愛く思えてきましてルーシーも嫌いじゃないです(笑)

割と男の子っぽい面の多かった子だな~と思うんですけど、さいだ~さんの事をすぐに気に入って欲しい…と思ったりとか、グイグイとまではいかないけど、わりと積極的な面があったので意外なキャラだったな~と思うのかな。
そういったギャップという意味でも楽しかったルーシー√だったな。

各キャラ攻略後に頑張ってフェアリーテイルも全開放したのですけど、これがまたちょこっと面白かったです~(*´ω`)
キャラ達の視点での部分は勿論なんですけど、これ…ここだけでは終わらないのかい?と思わせるような感じの所もあってですね。

ルーシーでは触りが分かるようになっていて、拓海でもう少し踏み込んだ所まで分かるんですよ。
で、伊織で全ての事が分かる内容となっているんですけど、フェアリーテイルではその…何というか黒幕の人の事も描かれているんですよね。
で、その人がどうしてそんなことをしたのか~とか、諸々が分かるんですけど…凄く次がありそうな終わり方でした!(゚Д゚;)

こういった作りをしているのが意外だなーって思った感じなんですけど、あのままで終わらないんだ…!
もう〇〇を苦しめるのはやめてー( ;∀;)と思ってしまいました(笑)

もの凄く気になるので早くDARK CHERRYに行きたいと思います!

最後に超絶どうでもいぃ雑談なんですけど、私乙女系のアプリは全然続かないのですけど…。
唯一やっているアプリがあって、そのゲームに新しいキャラが追加されたのです(*´ω`)
それが何と‼祥太郎の声なんですよ~\( 'ω')/
戦う系なので言ってる言葉は全然萌えとかじゃないけど、声が聞きたいがために無駄にチームに組み込んでおります(笑)

ちなみに、このゲーム相方もやっていて、よくその話しをするんですけど、『新キャラが祥太郎でね~!』って言ったらスンゴイ勢いで流され、他の事を聞かれました…(=_=)

って事で、アクション的なアプリは何故か好きでやっているワタクシ、今日LINEだったかのアプリでBLEACHのやつが配信になってたのでやってみました('ω')ノ←事前登録してたやつ

ちなみに私は朽木白哉(アニメだと声が置鮎さんだったかな…?)というキャラが好きなのですけど…レア感凄いのかガチャからは出ませんでした( 一一)
二番目に欲しかった喜助さん(アニメは三木さんですよ~)は難なく手に入れられたので、まぁ満足!
しかしね、これガチャ10連まわすの一苦労しそうだな~と思う感じでした(笑)
どうせ飽きてしまうだろうからマイペースにやろうと思いまーす(*´ω`)

やっぱり好きなアニメとかのキャラだとテンションが上がりますよね!(笑)

って事で、今日はこの辺で!
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪(/・ω・)/


最近やはり食べすぎで太った気が…
夜食べるのやめるやつ中断したからや―( ;∀;)
また再チャレンジしようかな‥。
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは!('ω')ノ

まずは昨日のヤマノテBOYSの感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチもありがとうございました‼┏○ペコ
本日もとーっても励みとさせて頂いております‼(゚∀゚)ノシ

えー…本日は、ヤマノテのSUPER MINTの感想…の予定だったのですけど、Vitaを忘れてきてしまいまして…( ;∀;)
終わらせてから感想書いて予約投稿にしておこう!と思ってたのに、ゲームが出来ません…。

じゃぁ、帰ってやってから感想書けば良いのでは?と思いますよね!
何と…今相方の家に居るのですけど、あの家のインターネットが使えないのですよ(T□T)
相方のノートPCでブログ書こうと思っていたんですけど、ネットに繋がらなくてブーブー文句を言っていたのですが、どう頑張っても使えないので帰宅してからの感想は諦めます(:_;)

あとちょっとでSUPER MINT終わるのにな…(=_=)

という事で今日は雑談でございますよ。
りな子さんのどうでもいぃお話し聞いてあげても良いわよ!という方はどうぞお付き合い宜しくお願いします┏○ペコ

昨日はお誕生日会という名の…あちらの祖母様に会う会に行って来ました!
名目としては私と、あちらのママンのお誕生日のお祝いって事だったんですけど、この機会に会っておきましょうって事で食事会を。
適度に食べて早めに帰る予定だったのですけど、相方の父上はこういった時にしかお酒を飲ませて貰えないので…(笑)

相方と父上とその後2時間だけカラオケに行ってから、夜中の1時頃に帰宅しました。
仕事が午後出だった事に救われ…マジで朝起きれなかったです_(:□ 」∠)_
今日は特にする事も無かったので、ゆっくり行って早く帰ろうと心に決めた朝でした~。

で、まぁそんなこんなで本調子じゃなかったのか、Vitaを持ってくるのを完全に忘れておりました(笑)
昨日は行くまでにゲームしてたので、2人のキャラは終わらせてあるんですけど残りの1人がまだ途中なので帰ったら再開しようと思います!

で、めちゃめちゃどうでもいい話しなんですけどね、今日出勤の時に何気なくネットを見てたらとあるニュースが私の目に飛び込んできて…。
そのニュースを見た瞬間、周りの人が居る事も忘れ(゚Д゚;)←こんな顔をしてしまいました。

ロシアのご夫婦の…リアルCSI(海外ドラマですw)的な感じの!内容なんですけど、魂の抜けた人の器の前で自撮りした写真から色々と分かったらしいんですけど、ちなみに人の器も普通の状態では無いΣ(T□T)
乙女ゲーのブログなのに色々と書き記したくない内容なのですけど、こうゆう人本当にいるんだ!と思ってしまいました…。
恐ろしいというか悍ましいというか何というか。

朝から未知の世界に触れてしまった気がして、会社に着いてから速攻気分を変えるのにダイナーの新曲を聞きに公式に行きました(笑)
いや~リアル世界は怖いですね!w

そして、コドリアの店舗特典情報が出ていたので、改めてチェックしに行って来ました~♪
フィーニス複数にちょこちょこ入れてきたな~…(;´∀`)
って事で、12月は購入物も多いしコドリアは特典無しの通常版にしようと思います!
勿論Vitaで特攻しますよ~♪

本来ならばフィーニスのいるステラで…となるんでしょうけど、特典CD意外のグッズが…やはり私には不要なので心惹かれず…。
なので今回は大人しくしている事に致しました~。

それと、次のCool-Bを愛は憎しみに…狙いで買うんですけど、最新情報掲載ってなっているけどキャストはまだなのかー!!(笑)
いや、勿論誰が来ようとも買うのですけど、そろそろ知りたいじゃないですか!
自分のブームの人とか来たらワクワクドキドキが増すじゃないですか~(つд⊂)
いつ発表されるんだろう…。
発売は12月って言ってるけど、これはギリギリにお知らせするやつなのだろうか。

しかもラキドがVitaに移植するらしいので、その情報も見たくて(゚∀゚)
出来れば私としてはPC版をやりたいので…ラッキードッグ1がwin7までなんですけど欲しいなぁ…ムムム…と思い今に至っておったのですよね。
でもVitaかぁ~……( 一一)

更に追加ディスクのラッキードッグ1+bad eggのシナリオも完成したとか何とか…。
発売が延期に延期を重ねて2018年に確定したと言っていたので、やっぱりPC版やりた~い(TwT。)
と、とても私の中で色々と迷い悩んでいる次第でございます(笑)

今でさえも色々と積んでいて全然進んでないのに、新しいのを欲しがるという……。
とりあえずは既にcool-Bは予約済みなので、お届けを心待ちにしたいと思います(*´ω`)

って事で、今日は何だかとりとめもない雑談となってしまいましたが、明日には自宅に帰りますので感想をあげられるかな~と思います♪
明日はちょっとばかし忙しくなる予定なのですけど、速攻で仕事終わらせたいと思います(/・ω・)/

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪┏○ペコ


今日は早く寝ます!
絶対に夜更かししないで早く寝るぞ…[壁|_-)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~♪
続けて即ヤマノテを再開しまして、今着々と進めておりますよ~!

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもくださいましてありがとうございました!
毎日大変励みとさせて頂いております(*´▽`*)

今日は臨時でお休みだったのですけど、相方の母も9月のお誕生日なので、恒例のご飯会をしてきました〜\(^o^)/
なので昼間はせっせとゲームを進めていたのですけど…。
本編の恋愛ED、ノーマルED、真EDは取ったのですけど√シナリオ中にシークレットテイルというものを獲得するのですよ。

で、そのシークレットテイルは√シナリオの合間のキャラ側のお話しとなっていて、共通、各キャラ分あってカナリの数!
これ全部見ないと次のsupermintに行けなーい( i _ i )って事で頑張ってました…。

とりあえず今回はやっと終わったHoneymilkの各キャラの感想に行きたいと思います♪


◆二之宮悠斗/鈴村健一
w1920_h1080_ch01.jpg

※感想中では主人公の事をサイダ~さんと書いています(笑)

悠斗様は…ストラバの悠人と同じ人種でした(笑)
名前も同じだし…何というかお金持ちって怖い!って感じですね(゚∀゚)ハハハ…

そもそも凄く自分に自信がある人ですし、この告白大会で自分が優勝するとしか考えていない方なので…悠斗を攻略するに当たって事あるごとに悠斗を選ぶじゃないですか。
そうすると毎回『計算通りです』とか『想定内です』とか言うので、天邪鬼な私は選びたくなくなってきました(笑)
でも、彼を攻略しないとなんでちゃんと悠斗を選びましたけどね!w

4人でデートをしている時から突拍子もない事をしでかすし、もう色々と感覚がぶっ飛んでいる超絶セレブな悠斗なんですけど、ネーミングセンスとか水着のセンスとか…無さ過ぎて可愛く見えてきまます。
超セレブなのでなんでも金で解決しちゃう悠斗なんですけど、電車の乗り方が分からなかったりとか世間知らずな所が垣間見えると金持ち攻略の王道だ!と思いつつも、何だか楽しんでしまう悠斗√でした。

悠斗との距離が縮まるのは個別デートに入ってからです。
それまでは悠斗に振り回され…連れまわされ…?って感じなんですけど、個別に入るとやっとサイダ~さんの心に変化が訪れます(笑)
そこから、悠斗に近づきたい…本当の悠斗が知りたいと思うようになって行くんですけど、そこからの展開は2日分しかないのですぐです!
光の速さで終わります‼(笑)

でも、その短い中にも悠斗のちょっとした葛藤とか、サイダ~さんのお陰で変わっていく悠斗というのが描かれていますよ~。
まぁすぐ終わるんですけどね…(*´ω`)

今まで欲しい物は全て手に入れてきた悠斗が、理解しがたい行動をとるサイダ~さんに対してモヤモヤしつつも…新たな感情を知るという感じですね。

で、この色々と進展していく間に…。
何だか不穏な事件が起こるんですよ!しかもめちゃめちゃ怪しいキャラとか出てきます。
このTYBに一体何があるのか…気になってしまう所です。
ただのおバカゲーじゃないのかと思わせてくる出来事が起こっておりますよ~[壁|_-)チラッ 

◆百瀬歩夢/代永翼
w1920_h1080_ch03.jpg

巣鴨代表プリティ森ボーイこと、歩夢くん……(笑)
森ボーイって何だよ!緑色の服着てるだけじゃんか‼とか突っ込みたくなってしまったんですが、この子は可愛いけど男っぽい一面も…というギャップを狙ったキャラでした。

巣鴨代表という事もあって、巣鴨のおじいちゃん&おばあちゃんのアイドル的存在なんですけど、穏やかで明るい性格の男の子です。
個人的には全然好みのキャラでは無いんですけど、台詞に「ほわ~」とか言っちゃう感じで完全に癒し系でした。
でもたまに出てくる謎のエセ関西弁が気になる(笑)

悠斗に比べると比較的穏やかな恋愛展開となっているので、お互い一緒に時間を過ごす事で自然とくっつくって感じでした。
気持ちを伝えあうまでに色々あって一苦労…という事も全く無いですし、凄くスムーズな進展の仕方だったなと思います。

歩夢自身も何かに悩んだり苦しんでいる…というのが特に見当たらなかったし、巣鴨の皆にも祝福されつつサイダ~さんとの中を認めて貰ってめでたしめでたしって感じです。

物語的な部分では初回の√で出てきていない部分がプラスされて出てくるので、TYBを通してチラチラと描かれている部分が少しだけチラ見せされている感じ…。
それでもまだまだ分からないところだらけなんですけど、最初には無かった部分が足されていくので若干面白くなってきました~。

◆岬虎太郎/森久保祥太郎
w1920_h1080_ch02.jpg 

イケブクロのラブタイガーこと、岬虎太郎…。
基本はわざとらしいくらいにチャラチャラしているんですけど、実はめちゃめちゃ良い奴で一途な子でした。
でも、これは良い奴で終わるタイプの人です‼(笑)

いや、凄く良い子なんですけど萌えは無いですね。
とりあえず森久保さんの『にゃー!』とか『〇〇っしょ~!』とかの軽いノリの台詞が何か新鮮でちょっと笑ってしまったんですけど、だんだんウザゴホッ何でもありません。

物語は同じような流れのまま進んでいきますし、特に三周目ともなると特筆する事も無いんですけど、虎太郎もわりとグイグイくるし…。
恋愛のゴタゴタみたいなのは無かったと思います。
ただ、虎太郎は実はここで初めてちゃんと好きな人が出来て、その事に気付く…ってかんじでしたね。
って事で、全然ラブタイガーではなかったー‼(笑)

ちなみに各キャラデフォ名呼びが無いので、様々な呼び方をしてくるんですけど基本的にはTYBのプリンセスって事で『プリンセス』と呼ばれます。
ただ、岬フルーツ店の虎太郎は果物に例えて…『ベリーちゃん』と呼んでくるんです。
何回もずーっと呼ばれていると「ヨツヤ サイダ~」さんにした事を忘れてしまいます(笑)
あれ?私ベリーって名前だったけ…と錯覚しますね。

また違う女の子の事はパインちゃんと呼んでました(笑)
フルーツ屋の人と友達になったら果物に例えられるのか…嫌だな…(゚∀゚)ww

割とザ・ヒーローって感じの気質の子だと思うんですけど、歩夢と同じで可愛さの方が勝ってしまうので、キャー(*ノωノ)ってなる事はあんまりなかったんですけど、誰よりも一生懸命に好きでいてくれる人なんだろうな~とは思います。
まぁ…やっぱり言葉遣いが特徴的なので、そこが気になってしまったけど(笑)

虎太郎プレイしてから時間が経ってしまったので、凄く簡単になってしまいましたが…。
この3人だったら断然悠斗ですね!

◆真EDについて◆

真EDについてはどの√も同じ道を辿っていきますし、流れ的にも似たり寄ったり…というかほぼ同じでキャラが違うって感じだけなのでまとめちゃいます。

それぞれの√中に内容的にどうしても繋がらない出来事というのがちょこちょこと起こるんですよ。
多分、気にしなければスルーも出来る…のか?(笑)
いや、絶対気になってくると思うんですよね。

で、まぁその内容の真実が描かれているEDという事になりますね。

恋愛面でも真EDに来るまでのEDよりも、確実に愛は深まっていますが、まさかこの作品にそんな事が隠されていたとは…って感じです。

実は、もともと借りようとなる全然前に、ストラバみたいなお馬鹿ゲーだと思ってたら、実は違った…というのを聞いていたんですよ。
なので、恐らく驚きは少な買ったと思うんですけど、それにしても凄く意表を突かれた真実だったな…。

この辺もわりとサクッと解決してしまうし、若干早い流れではあるんですけど、そうゆう意味があってこうなっているのね…!と思う内容にはなっています。
どれも凄く細かく描いてあるとかという事も無く、気持ちの面諸々ザックリしてます(笑)
してるんだけど、あれだけ濃いキャラ揃えておいてそんな真実を隠していたのかー!とは思うと思います。

見た目のイメージと中身のギャップがあるゲームかな(笑)

ちなみにこの真実に関わっているキャラって…きっとこれしか出てこないんだよね?
その他に彼とお近づきにはなれないんですよねきっと…。
残念(笑)

って事で、ヤマノテ初回のHONEYMILKの感想でした!
まだまだこの先に濃いキャラが待ち構えているので、楽しみです(^^♪

最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ



今日は美味しいもんじゃを食べたい!
という『相方の』リクエストでご飯に行きました。
お祝いをして貰える私やマミーのリクエストでは
ないのが…ww
応援ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです(゚∀゚)ノシ

今日は仕事に行きましたが特にする事もなく…(笑)
会社のPCにはなかなか音の良いスピーカーを付けてあるので、それで一人ズンチャカしながら月末の仕事の準備をして帰ってきました('_')
それ以外何もしていない…。私こんなんで良いのだろうかとちょっと不安になりましたw

さて、昨日はテレビで巨人×ヤクルト戦がやっていたので18時前に帰りまして、父とテレビで観戦しておりました。
ちなみに父は巨人ファンです(笑)
2人であーだこーだ言いながら楽しく…いや、逆転されて負けてしまったからブーブー言いなが見てたんですけど、まぁ楽しく見てました。
なので、予定としては帰ってすぐゲーム始めてニルアド、もっと早く終わるはずだったんですけどスタートが遅くなりまして…(;'∀')

でも無事にトロコンしまして、その後ヤマノテを再開しましたよ~♪
って事で、今日はニルアドのまとめ感想へと行きたいと思います。
最後のSS等の感想もここでまとめて喋ろうと思いますので、お付き合い頂けたらと思います┏○ペコ

niruado_kuroyuri.PNG 

今回のクロユリ炎陽譚なのですけど、ほとんど個別√という作りと本編で付き合いだしてから一年後…という構成のお陰か、内容的にも面白いしボリュームもあり、恋愛面も甘さがあってより楽しかった内容だったかな~と私は思いました。

各キャラとも一年共に居るものの、やっぱりまだお互いの距離感はちょびっとあるかな~って感じの所があるので、その部分がもっと近づくという所も良かったです。
それに恋人になっている事で、やはり甘い…‼本編の時にあった萌え転がりとはまた違う萌えが詰まっているのでないかな。

物語の部分ではそれぞれの√によってサブキャラの立ち位置がちょっとずつ違ったりもするんですけど、おおもとの事件も含め最終的には一つのものになっているし、√によって起こるメイン事件が異なるのでこれがどうやって繋がるのか…というのも面白かったです。
更に、全ての√において展開がわりと目まぐるしいというか、思ったよりも激しい展開だったところも楽しめた理由の1つかなと思います。

ツグミと相手だけではなく、フクロウの皆や同じアパートに住む人達やそれに関わる人達等、色々な人が出てくるんですけどそれら皆が丁度良く絡んでくるのもまた良いですね。
事件の所だけでなく、2人の恋愛の部分でもナイスアシストしているキャラとかもいて、その辺りも面白かったし!

後、なんとなくなんですけど、ツグミってこんなにフクロウの仕事に積極的だったっけ…?と思ったのです。
本編の感じがどうにも思い出せない部分があったりしたんですけど、何というかとても積極的な子になったなぁ…と少し思いました。
まぁ彼女もあれから一年経って成長したという事なのかな。

それに加えて、ヒタキ…(笑)
シスコンぶりに磨きがかかっていたように思うんですけど、あの子は一歩間違えればアレですね。
何というかいつでも闇に堕ちそうな子だな…と改めて思いました。
紫鶴や隼人以外のキャラだと、ヒタキのシスコンぶりがパワーアップしているな…と思う場面が複数あったんですけど、最後に解放される手記を読むと…「あ、一歩間違えたらこの子怖いかも」と思いました(笑)
それがまた何というか、最後の手記を読んだ後にプレイヤー側にちゃんと“”何か”を残す感じで面白かったのです。

ちなみに、この手記はメイン攻略+サブキャラ達の分があります。
メイン攻略はこの手記を読むと、SSが解放されてそこにもスチルがある感じでしたよ(*´ω`)
サブキャラ達の手記の方は、ゲスはゲスのままの人もいるし、改心(?)した人もいたりで読むのが面白かったです。
そして何よりも猿子さん‼あの人、お面何か被ってふざけているけど(ふざけてないけどw)、彼も色々と苦しんでいた部分があったんだな~と思いました。

皆それぞれにあの事件、今回の事件等で色々と思う所があるので…そういった意味でもサブ達の手記はやはり面白いですよね。
普段の√シナリオではどうしても分からない部分ってありますし。

でも百舌山は最後まで百舌山だったな…と思います(笑)

最後の攻略キャラ達のSSでは皆の心に存在する“天秤”がテーマになっているんですけど、それぞれが本編+今回を経ての言葉なので、何か重みがあるというか…。
幸せなんだな~と思うのもめちゃめちゃ伝わってきました( 一一)←(笑)

スチルは各攻略キャラ√、クロユリ√、SSをプレイする事で全部集まりますしトロコンも普通に進めれば出来る作りとなって入ます。
BADも各√に1~2個なので回収しやすいですし、スチルがついているのも良いですね!
サブキャラの絡むBADなんかもあってなかなか面白かったですし♪
メイン攻略√に存在しているBADでは、なかなか…切なかったりするけど凝ったBADにしたなぁと思う物もあったし、私としてはその辺も面白かった要因ですね。

個人的には買って満足、予約しておいて良かった~と思いました!
とても楽しめた作品でした。

という事で、もう何というか是非プレイしようかな~?と思っていたら、ネタバレとかしないで無の状態で始めて貰いたいなと思います。
あいつはどうなったんだろう?とか、いつ出てくるんだろう?とか、隠しは誰かなとか考えながら進めるのが、なかなか面白かったです!

という事で、クロユリ炎陽譚の感想は今日で終わりとなります!
序盤でもお話ししましたが、昨日の夜中からヤマノテBOYSの再開をしています。
今、少し前までプレイしていたHONEYMILKのキャラ達の真ED回収から始めております。
まずは琥太郎の真EDから…。

感想は真EDと分けようかどうしようか…まだ迷い中です(-_-;)
思いもよらない展開となってきているので、最後まで楽しんで来ようと思います!

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました(゚∀゚)



明日は臨時でお休みだーヾ(*´∀`*)ノ
昼間はヤマノテ三昧するぞ~♪
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします( `ー´)ノ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~!

まずは、昨日も引き続きニルアド クロユリの感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもくださいましてありがとうございました♪
本日も大変励みとさせて頂いております!┏○ペコ

何か最近変な虫に刺されました(=_=)
最初はダニ?Σ(T□T)とか思ったのですけど、ダニとも違うし蚊でもない…。

私蚊にくわれたりするとキンカン的なやつ、ベッタベタに塗るんですよ。
だってずっと痒いの嫌じゃないですか!(TwT。)
なので、ベチョベチョになるくらい塗りまくるんですけど、ここ数日で凄い消費してます。

痒い!と思って時間が経つと治って、また気が付くと痒い…。
これは一体何なのでしょうか( ;∀;)
あまりにも治らなかったら病院かなー?

さてさて、実はニルアドなんですけど、√的には全て終わりました!
しかし、複数あるSS等を今一生懸命消化中です(笑)
なので、完全に終わるまではもう少しかかるかな~って感じですね(;'∀')

今回もサブキャラ達のSSも盛り沢山ですし、更にメイン攻略のSS×2ずつ、特別ムービーって感じで結構な数があります。
ムービーの方は全て見たのですけど、すっごく可愛かったです(n*´ω`*n)
アリスをテーマにしたムービーとなっていて、どれもとても可愛く甘い内容となっていましたよ~。

今日は最後のクロユリ√についての感想になるのですけど、ネタバレを防ぐ為に間接的な表現が…沢山出てくると思います(笑)
なのでいつも以上に意味が分からなかったらごめんなさい┏○ペコと、先に謝罪しておきます。
そして、喋り過ぎない様に頑張ってサクッと感想にします!

多分何も知らない方が楽しいと思いますので…。
ではでは、早速感想にいきたいと思います(''ω'')ノ

twi_tsugumi1.png 

さぁ、一番最後のクロユリ√ですが…。
スタートした瞬間に『お前か~~~‼』となりました(笑)
そうだよねそうだよね…。だって思わせぶりな事言ってたけど、全然そこに触れてなかったもんね…と納得しつつのスタートです。

言ってしまえば、本編から一年後…あの事件は終わったと思っていたが…!?って感じの内容かな~と思います。
今回のクロユリ炎陽譚の各√で様々な出来事と共に、とある事件も起きているんですけどね。
その事件達の……お話しになります。

各√で起こっている事が実は…‼みたいな(笑)
なので前回の隠しと同じような立ち位置の√になるのかな?と思います。

凄く…凄く動きの大きなお話しになっていると言いますか、展開が目まぐるしい内容だったなと。
ボリューム的にも長く感じたのもそうなんですけど、いってみれば犯人はコイツだー!ってなってからも、その人を捕まえられないし振り回され続けている感じなんですよね。
なので、次々と事件が起こるもののなかなか核心に触れる事が出来ないまま、頑張って追い続けている感じが続くので思いの外夢中になってしまいました(笑)

更にその中でも次々に色々な事件が起こったり、フクロウの皆が遊ばれている感じになるというか…。
こっちの事件が起きたらあっち、あっちの後はこれ…って具合に本当に忙しい展開となっているので、目が離せない感じでしたね(;'∀')

クロユリ√は登場人物も多くなっているし、各キャラの√とは違い皆総出で事件を追っていくスタイルだったりとか、今まで出てこなかった人がやっと出てきたり…とかもあるので、賑やかさもありつつ人いう感じでしたね。

キャラ紹介には出てきているのに、あの人はいつ出てくるの!?と思っていた人がやっと出てきた時には、何故か安心してしまいました(笑)
凄く気になっていたので…。
でもここではあの人のその後がちゃんと見られるので、ご安心を(*´ω`)

本編の時同様に、ここでもどうにもならない気持ちを抱えた人が…という感じになっているので、ちょっとやるせない気持ちにもなりますね。
ただ、今回の事件でも色々な人が関係しているので、その辺りが各√に繋がっているというか何というか。
いけないいけない…余計な事は言わない事にしたんでした(。-∀-)←

そして、ここではそれぞれのキャラがツグミに好意を持っている感じなので、その辺りもご褒美感が満載な気がします。
元々は、あの時の事件がきっかけでツグミは自分は幸せになってはいけない…という気持ちを持って戒めている感じなんです。
ただ、それでも自分を見てくれている人がいたり、周りの皆もツグミがいたから変わったという部分が健在だったりするので、ハーレム的な感じです(笑)

で、ここで杙梛さんの……!これは絶対に完全にご褒美スチルだったと思うんですけど、そんなものがありました\( 'ω')/
攻略昇格しないかわりにご褒美シーンを作ってくれたんだろうな…という感じの(笑)
これは杙梛ファン達は嬉しかっただろうという(*´ω`)

とまぁそんな感じのスタイルなので、各キャラとのスチルがちょこちょこと入っているんですけど、攻略キャラ達との一幕ってのがなかなか可愛らしかったりするのです。
個人的には滉がうたた寝しているスチルが凄く好きでした~(〃´∪`〃)ゞ
何かツグミがいるから気を許しているって感じがして、凄く凄く良かったのですよ~!

結果的に誰とくっつくとかそうゆうのは無いのですけど、最後にフクロウが自分の居場所だとなっている感じは凄く好き。
それぞれが遠回しにツグミへの気持ちを発言する場面等が入っているので、そちらも楽しめる要素かなと思います( *´艸`)

で、この物語…。
私としてはあの人のあの声がもう好きなのですよね!
色々と言えないんですけど、この人の低い声好きなんですよ。
いつぞやにピーの作品でも低音のお声で出ていらして、その時にも騒いだのですけど…。
それだけでも私的にはムフフだったんですけど、今回は役まわり的にもムフフな感じだったので…(笑)
それもプラスでなお楽しかったです!

事件が起きていくだけでなくて、色々な物がその事件と繋がっていたりしますし、分かっているけど捕まえられない…というもどかしい感じとか…。
それなのに立て続けに事件が起きる感じとか、今までの√で関係していたキャラ達が今回はどんな風に絡んでくるんかとか。
様々な部分が個人的には面白く、引き込まれたかな。

あ、ちなみに忘れてはいけない喬!(笑)
ちゃんと出てきていました(´ω`)
なんつーか、今回も本当に良い所のないゲス野郎だな…と思うんですけど、やっぱり嫌いになれない自分がおります。

凄く色々と喋りたいのですけど、あの人の事とか口に出してしまいそうなので止めておきます。
とにかく、私は今回のクロユリ凄く楽しめました‼\( 'ω')/

って事で、これからSS消化してきまーす♪
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪┏○ペコ



昨日の夜中にゲームしてたら猛烈に
お腹が空いてきたので、これ以上起きてたら
何か食べてしまう!と思い無理やり寝ました…。
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(''ω'')ノ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは!♪

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもくださいましてありがとうございました~(/・ω・)/
本日もとても励みとさせて頂いております!┏○ペコ

昨日は累→隼人√を真剣に進めすぎて気付いたら夜中の3:30でした(*_*)
どうりで眠いはずだ…と思いつつ、さすがにこれ以上は次の日起床が昼コースになってしまう…と思って寝ました(笑)
あんなに時間に目もくれず真剣になってしまったのは久々です(-_-;)

何とか早めに無理やり起きたけど、凄く眠くて眠くて…目が閉じそうでした(笑)

しかも、今日はゲームをしてたのですけど…千葉ロッテマリーンズの井口さんの引退試合がテレビでやってたのです。
ちなみに私の幼馴染のロッテファンの子、井口ファンで1人で引退試合に参戦してました(笑)
なのでテレビを見てたからゲームが進まない進まない(笑)

その後にはヤクルト戦を見たのでこれまた進まない進まない…。
って感じで、珍しくテレビっ子しながらゲームをする休日でした!

って事で、今日も引き続きニルアドクロユリの感想なんですけど、プレイ終わったら即感想を書く…って感じにしたためておいたものになります。
3人分まとめて書くので、各感想はザックリしたものとなります!
それと物語的な部分はどこの√も共通している部分が多いので、そこまで深く触れていない所もあります。

ではでは、早速滉から行きたいと思いま~す!

◇鴻上滉/岡本信彦
twi_akira1.png

うぅぅぅ…あ…あ…滉がカッコ良かった…○| ̄|_

何というかぶっきらぼう代表って感じの人だった事は記憶していますけど、そうだった!この人〇〇だったんだ!とか、プレイしながら色々思い出してきて…(笑)
他のキャラよりも遥かに恋愛しにくいタイプだな~どうしたもんかな~とか思いながら、ツグミとちょっとばかしすれ違ったりとかしているのを見たって感じでした。

最後とか今までは色々と我慢した私へのお褒美かッ!ってくらい幸せいっぱいに終われて、凄く満足でした~(ノ◇≦。) 

今回のクロユリの私的攻略の後半戦キャラになってくると、前半戦のキャラよりも本編の物語では核心に近い部分で色々と関係してたりとか色々あった方達なので…。
こっちの物語でもちょっと色々とスムーズにいかない事が目立ちました。

中でも滉の場合はツグミたちの仕事関係で起こる出来事の他に…ヒタキが滉との交際をめちゃめちゃ反対しているんですよね。
こういったシーンは他キャラの時にもチラッとあったりするんですけど、比じゃないくらい反対しています(笑)
お姉ちゃん子だしまだまだ可愛いお年頃なんですけど、あまりの言い草に私は『こ…このやろー…(#^ω^)ビキビキ』と、大人げなくもなりそうになりました…|д゚)

でもそんな彼の反対に加えて、滉が何を思い何を考えているのかを聞きたい…けど聞けない…となっているツグミや、何かに悩んでいて答えを出せないでいる滉が…恋に迷える感じでなんつーか…微笑ましかった…とは違うんですけど…うまく言えない(笑)
もうすんごーくモヤモヤするんですよー‼
滉も全然表情にも出さないし言葉にもしないし、「もう聞くしかないわ!」ってツグミがなった時には避け始めるしで、めちゃくちゃ振り回されました私が!

そんな時にナイスアシストをしてくれるのが杙梛さんと紫鶴さんなんですけど、ここのやり取りはニヤニヤしちゃいけないけどニヤニヤしてしまうシーンだったかな(。-∀-)
個人的にはちょびっとオイシイシーンだったので、言わないでおきます。

で、そんな風に終始モヤッとさせてくる滉なんですけど、ちゃんとツグミ無しでは生きていけないくらい好きでいてくれているので、ちょいちょい素敵さと甘さをブッ込んできます。
私は岡本くんの演じるキャラの中では一押しだと思うんですけど、彼の低音の声はとても凄いと思うのです。
最初にも言いましたけどぶっきらぼう代表ですから、そんな人の甘さの破壊力と言ったら…ねぇ?(笑)
滉にあそこまで愛されているツグミが羨ましくなる程ですわ!

最後の部分に来るまでに、付き合っているはずなのに付き合うまでのモダモダ感みたいなのさえ感じさせるアレコレがあったので、ものすっごーーーーーーーーーく幸せを感じられる終わりだったなと思います。
それと、そこ滉の生い立ちにも関係している、経験した事のない“場”というのを経験したと言っているシーンとかなんかホッコリしたし!
ヒタキに対して対等に接している滉というのも素敵だなーって思ったし…。
とにかく凄く素敵な男性になっているなぁ…と思いましたヾ(*´∀`*)ノ

物語的な部分では、どの√でも共通している出来事がここでも起こるんですけど、紫鶴√ほどハラハラした展開では無かったにしても、切り口がそれぞれ違うのでやっぱり面白いです。
今回はまたもやとあるサブキャラ達が関わってきますし、その事件を解決しようと頑張りつつ滉との事も頑張りつつ…なツグミが私は何だか応援しちゃいました(笑)
何故滉√で滉にキャッキャするはずなのに、ツグミ推しになっているのか分からないんですけど…。
仕事も恋も両方悩めるお年頃って大変だな~と(笑)


◇鷺沢累/櫻井孝宏
twi_rui1.png

私思わず累√ではホロリと泣いてしまいました( ;∀;)
ニルアドってキャラそれぞれに色々と事情があったりしましたけど、累と滉に至っては何というか…深い事情があったじゃないですか!
なので、ここの√のハッピーエンドは全てひっくるめてやっとハッピーになれた感じで凄く良かったー!

しかも、待ちに待った喬がここの√で出てくるんですけど、出てきた瞬間あまりの興奮にお友達に『キタ━(゚∀゚)━!喬出て来たー!!』と喜びのメールを送った事は言うまでもありません( 一一)←
暗闇の中一人興奮していたんですけど、これは誰とも分かち合えない喜びなのは百も承知なので…(笑)

えー…どこから話そうかな…。

まずは恋愛面ですかね。
もうこれでもかっ!ってくらい愛されてんなーというのがひしひしと感じられる累との恋愛でしたね。
凄く凄くどうしようもないくらい愛されているという感じが伝わってくるんですけど、累って頭切れるし頭良いしって感じなんですけど、ツグミの事になると子供っぽい部分が多々見えるんですよ。

駄々っ子みたいな我儘になってみたりとかするシーンがあるんですけど、そこの部分が「可愛いなぁ…ニヤニヤ」だけで済まないというかですね。
彼の中に“何か”があるはずなのに、それを見せないで我儘を甘く囁くんですよね。
しかもそこに寂しさというか、そういった感情も混ぜてくるみたいな!
その度にめちゃめちゃモヤモヤさせられたんですけど、何を思っているのかが凄く気になった部分でもありました。
気にさせてくるけど本心を見せてこないという、不器用なこの人もまたとても素敵だと思ってしまった……。

しかも一番無害そうな顔しているのに、好きすぎて男すぎる累がやはり意外でそのギャップもまたハワハワしますね(笑)
普段とかはやっぱりちょっとどことなく年下感…とは違うんですけど、青年っぽさがあるというかですね。
可愛いとはまた違うんだけど、そんな部分を感じるんです。
でも、ツグミと二人になると………なんか違う!!(笑)
めちゃめちゃ男を出してくるし、何というか欲望に忠実というか…。
まぁそこが魅力でもあるのですけど、このギャップが狡いなぁと思います( 一一)

で、物語の部分なんですけどね。
本編で明らかになった累のあの出来事に、もうちょっと突っ込んでいくという部分がありつつも、ツグミ達に襲い掛かる出来事も…って感じです。

累に関してのあの出来事にもうちょっと突っ込んでいく…という部分では、最初は累自身もまだ色々と受け入れ切れていない状態なのでね~。
全くスムーズにいかないんですけど、これはツグミが傍に居るお陰などで最後にはとてもハッピーな方向に行きました。
ちなみに、累の事だけど累の事だけじゃないので…(笑)
ここにはとある人達の愛の物語?も絡んでいるので、そちらも凄く良かったな~って!
最後に累が照れながら…アレをアレする場面があるんですけど…、思わずホロリと泣いてしまいましたよ( ;∀;)

ツグミたちに襲い掛かる出来事については、累仕様になっているのでこれまでとはまた少し違った感じだったのですけど…。
ここでは最初累が関係しているんじゃないか…って所から入って、少しずつ色々と見えてくるって感じになっています。
最終的には皆の√で軸となっている部分に繋がっていくんですけど、また違う視点からの…って感じなので、ここもまた面白い内容となっていました。

で、ツグミ達や累が真実を追っていくんだけど、この事件(?)に関わってた人に肩入れして行く事になるのですよ。
この人、何かあるんだろう…と思っていましたけど、隠されていた事実を知った時に1つは「やっぱり…」って思ったけど、1つは「え?そうだったの?」ってなりました(笑)

他のキャラの√での物語もそうなんですけど、ツグミと相手+αだけではなくて、そこに絡んでくるサブの事とかも描かれたりしているので、余計にどの章も見逃せない…という感じになっているのです。
累の√ではその部分が結構濃いと言いますか、ガッツリその人達が関係してくるので余計に夢中になった内容だったかなと思います。

で、BADなんですけどね………。
他のどことも違う異色なBAD EDという感じなんですけれども…。
凄く、凄く何とも言い難い終わりを迎える事となります。

いや、「BAD ED」という名には凄く相応しい内容だったと思うんですけど、こんな終わり方も作れるんだオトメイト…って感じの(笑)
どちらかと言えばもっとダークな感じの作品に存在しそうなEDだったな。
個人的にはこんなBAD迎えて欲しくないけど、面白いぞと思ってしまう自分もいたわけで…複雑な心境になりました(笑)

そういった部分も含めて、累の√は個人的には面白かったなと思います。

◇尾崎隼人/梶裕貴
twi_hayato1_thum.jpg

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

来ました!本編では私的にニルアド内の推しキャラだった隼人です。
元々甘さの過激な隼人だったと記憶しているんですけど(私のニヤニヤ度的に)、今回も付き合って一年後って感じなのでゲロ甘でした。

皆×ツグミでも十分愛されている感は溢れ出ているんですけど、隼人は何というかもっと超越している感じ?(笑)
とにかくツグミに甘えてくる頻度が高いのと、囁きが多いのでどれも聞き逃すまいと思ってしまいます。

恋愛面では言う事無しって感じで、とにかくこんな人に愛されたら一生幸せなまま死ねるんだろうなって感じですね(笑)
むしろ世の中にこんな人いるんですか?ってどの√でも思わされるんですけど、二次元ってすげぇなぁ…だから乙女ゲームって面白いんだよなと改めて思った(笑)

隼人との気持ちのすれ違い…というのは起こそうとしても起こらないんじゃないかな?と思う程、彼は素直に、そしてストレートに気持ちを伝えてくるしぶつけてくるので、その辺のモヤモヤはありませんでしたね。
ただ、相手を大事だと思う余りに心配を掛けたくないと思ったりとか、黎雪花に言われた言葉で気持ちを量られるというか…そうゆう場面があるんですけどね。
その時にある意味で究極の選択を迫られるんですけど、出せなかった答えに対して苦しむツグミというのを見てたら何だか切なくなってしまいました。

とある女性の登場でツグミがちょっと嫉妬したりとか、複数の男性絡みで隼人が嫉妬したり諸々はあるのですけど、その辺りはそんな障害にはならず…。
お互いが起こすその時の行動は可愛いものですし、一番激しかったのはヒタキじゃないかな…と思います(笑)
ヒタキが隼人を罵るシーンは見ていて、謎にスッキリしてしまいました(´ω`)

なので恋愛という意味では今回起こる事件を通じて、より相手の事が大事だというのを再確認して絆を深めるって感じですね。
でも頼りになっていつも引っ張って行ってくれる隼人が見せる、弱い部分…というのが今回は垣間見えるので、そういった所は新鮮でした!

物語の部分では、これまた面白い展開だった!
それぞれが他の√でも出てくる人物が、ちょっと違う形で関係してくる内容となっているんですけどね。
どの人も根っからの悪者じゃない所がまたうまいんですよね…。
ここでもその感じがあるんですけど、あの手この手でツグミ達を困らせるというかフクロウの中をかき乱してくるんですけど、その根っこにある部分を知ると責められない気分になる(笑)

それにここでは数人の人が絡んでくるので、コイツか!?こっちか!?って思いながら進めたので、そういった意味でもなかなか楽しめました(笑)
流れ的には同じような部分も勿論あるんですけど、キャラが抱いている気持ちだったりとかの部分が√ごとに見えるので、そうゆう所もまた良かったのかなと思いますね。

隼人√では外野から攻めてくる…というよりは、ツグミと隼人の性格を分かっていた上で訴えかける作戦?みたいな所があるんですよね。
だからこそ、ツグミに対して選択を求めて苦しめたりとかって部分があったんだと思うんです。
そんな中でも二人が変わらずに自分たちのままでいられた…という点ではお互いの存在があったからだと思うし揺るがないのは素敵だと思いましたけど、見ている方は若干ハラハラしたかな。
いつ何をされるか分かったもんじゃない…と思いながら進めている時もありました(笑)

最後に…。
ここでは葦切さん達のちょっとした恋愛模様も描かれているんですけど、こちらもまたなかなか…でした(^◇^)
隼人とツグミの事だけではなく、彼らの事にもナイスアシストをしている隼人があっぱれでした!

それに…累に引き続き蝶毒的BAD EDが織り込まれているので…(笑)
個人的にはあれ程の衝撃にはならなかったけど、何というか凄く幸せそうな二人だったから、気分が沈みました…(笑)
喬の絡むあんな感じだったらキャハー!ってなれた気もしなくはないけど…、BAD EDって感じのしたEDでしたね~!

さて、一気に3人分の感想をザックリ書いてしまいましたが、最後の…残りのキャラにこれから行こうかなと思います。
というか、忘れないうちにと思ってこれを書いているので(只今午後14時w)、既に終わっているカモなのですけど…。

この隠し候補は私の中で二人いるんですけど、あっちかこっちか凄く気になる所です。
いあの段階でも全く姿を現さない人がいるので、その人かな~と思っているんですけどね!

って事で、最後のキャラにいってきますヾ(*´∀`*)ノ
今日中には終わってしまうと思うので、また明日感想喋りに来たいと思います~♪

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ



隼人(梶くん)の低音ボイスに
ニヤニヤが止まらなかったりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~ヾ(*´∀`*)ノ

まずは、昨日のニルアドクロユリ初回感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもくださいましてありがとうございました!
本日も更新の励みとさせて頂いております┏○ペコ

今日は何だかちょっと肌寒い一日でしたね~…。
あれ程暑かった真夏日ももう終わりだと言っていたのですけど、それにしてもガラリと気候が変わったなぁと思いました。
寝てる時なんて布団の中でタオルケットをがっしり掴んで丸まって寝ていました~(笑)

さてさて、ニルアドですけど…今後半のキャラ達に突入していて、早く感想書かないと忘れちゃうよ~って事でとりあえず二人分書こうと思って来てみました!
昨日は翡翠だったんですけど、今日は鵜飼くんと紫鶴の感想にしようと思います♪

ではでは早速感想にいきま~す\( 'ω')/

◇鵜飼省吾/木村良平
twi_shogo1.png

本編ではとても可愛らしい鵜飼くんだったのですけど、今でも初心さは健在です。
何というか本当仲睦まじい二人…って感じだったんですけど、鵜飼くんがツグミの事が大好きすぎるのがめちゃめちゃ伝わってくる内容だったなと思います。

あの事件から一年、鵜飼くんとツグミが変わらず一緒に過ごしているんですけど、とても平和な二人にはそうでない部分があります。
物語的に事件も勿論起きるんですけど、そこだけでなく、二人の気持ちの部分というか…未来の事というか…まぁそうゆう所が絡んでくるんですよ。
で、そこがね~本編でもそうだったけど、何だか遠回りするんですよね! 

相手が誰でも必ずある部分なのですけど、お互いが相手を思いすぎるあまりにうまくいかない部分…といえは良いのでしょうか?
そうゆう所があるからこそ、幸せだけどうまくいかないし悩む…という所があって、凄くもどかしいんですけどだからこそ、最後により幸せを感じられる…って感じですね。

鵜飼君はお家の事とかもあるし、そうゆうのが絡みつつ二人の関係に水を差す存在が現れて、それをきっかけにツグミの方でも色々と起き始めてしまうのですよ。
そうすると彼女の仕事に対しての誇りとかを知りつつも、どうしても心配になってしまう鵜飼くんのモヤモヤ…。
それと共に鵜飼君の事が凄く好きだからと彼の事を考えるんだけど、今の仕事がとても好きなツグミのモヤモヤ…。
それらが原因でツグミの悩む姿なんかを見ながら一緒にモヤモヤしながらも、凄く楽しんでしまいました(笑)

それに、やっぱり一年も経っているせいか、鵜飼くんが大人になっている気がします‼
頼りになる部分がチラホラ見えたりとか、基本素直になれない人だけど、ツグミには素直に自分の気持ちを頑張って伝えようとしている所とかが結構あったし。
それがいちいちめちゃめちゃ可愛いんですけど(n*´ω`*n)
最後の方のシーンで嫉妬したかどうかを聞いた所で『そんな…‼僕がしっとなんて…!…した』みたいな事を言う所があったんですけど、何だろうこの可愛すぎる生き物は(´ω`)と思ってしまいました。

あまりにも素直じゃない所ばかりだと( ´゚д゚`)エーって思うけど、照れながらも頑張っている姿ってやっぱり可愛いですよねー。

しかもツグミを自分の力で守りたいと思っている鵜飼くんが、とてもかっこよく見えてきますしね。
男の子という枠から男性という枠に変化したかな~と思います!

対してツグミの方も鵜飼くん相手だと、危なっかしい部分はあるけど少ししっかりしてる風というか…。
翡翠と鵜飼くん相手だとちょっと他とは違う感じかなぁと思いました。

それと、軸のなる物語は…何というかちょっと悲しい感じとまではいかないけど、そのような要素を含んだものとなっているんですけど、事件を追いつつその犯人を捕まえるというわりとシンプルな内容ではあります。
ただ、そこに稀モノとか様々な人とかが関わってくるので、なかなか面白かった!
その物語と二人の気持ちの部分が重なって進むので、目が離せない感じになっていました。

あと私、雉谷さんが何だかナイスキャラになっていて好ましく思いました(笑)
彼もまた、鵜飼君にとってとても大切な存在になったんだな~って感じで、ちょいちょい面白い事を言うので…(笑)

ってな感じで、翡翠√同様に様々な人が関わりながら、物語が進んでいくので最後まで飽きない内容でした。
EDはハッピーEDとBADだったのですけど、BADの方は何というか後味の悪い終わり方で、凄くBAD EDだぁぁぁ‼って感じがしました(笑)
こんな終わり方は迎えて欲しくないなと、心の底から思う終わり方ですね。

でもこの鵜飼くん辺りから、ニヤニヤしながらVitaを握りしめている姿が増えました(笑)
可愛い事を言うたびに(。-∀-)←こんな感じの表様になっていました絶対。


◇汀紫鶴/鈴村健一
twi_shizuru1.png

紫鶴先生……とてもとても深い愛を感じました(´ω`)

もともと私は本編の時に、紫鶴さんは好きなっキャラ上位には食い込まなかったのですよ。
鈴村さんの声でのらりくらり系って言ったら、自分的にも好きそうかな~って思ったのですけど、何だか違かったのですねきっと。
だけど、今回のお話しでは紫鶴の溢れんばかりの愛が…というか深すぎる愛が?(笑)とても伝わって来て、株が上がりました~。

しかし、ツグミがヤキモキするのは変わらずなので、個人的には紫鶴にヤキモキさせてしまえ(ノ`△´)ノとか思ったりしてたんですけど、若干そんなシーンもアリ…紫鶴が実は根に持つというのが分かったので(笑)

愛情表現の仕方がやはり彼らしいなぁ…と思うんですけど、今回はもっと紫鶴さんの事を知りたい!と思ってしまう感じでした。

物語の内容ってどこにおいても新たな事件が起きるので、恋愛面だけでなくその事件の進展の部分でも楽しめるんですけど、ここのは全ての物語に出てくる出来事の核心に若干近い所って感じで…。
何だかハラハラしてしまいました( ;∀;)
直接的に巻き込まれていく…という感じというか何というか…。
なので、どうなってしまうのか…とちょっとハラハラしながら進めた紫鶴√だったかな。

でもその出来事のお陰で、ツグミも紫鶴も相手を守ろとしていたりお互いモヤモヤしたり…、何というか恋愛している~という感じが凄くしたかな!
誰とでも恋愛しているんですけどね(笑)
紫鶴ではそれがより強く感じられたかな~と思います。まぁそう思ったのはやっぱりお互いが嫉妬したり、それを隠したりしているからなんでしょうけど。

しかも、選択肢でQセーブ&Qロードしながら進んでたんですけど、この人の選択肢基本的にBADに繋がる右に傾く選択肢が多いんですよ!
なので右に傾かない方の選択肢を選んで進んだのですけど、他の人達は選択肢を選ぶと左に傾くピンクの方がチャララ~ンって鳴る事が多いんですけど、紫鶴は青い方が鳴る事の方が多かった…(笑)

本編でも危うい感じではあったし、紫鶴が物書きなので恋愛も爽やか…というよりは、独占欲とか嫉妬とかそういった感情を描いている部分が強いように感じましたし納得ではあるかな。

今回もその辺は勿論描かれていますけど、それよりもめちゃめちゃ甘やかされて大事にされている感が……凄かったです(笑)
それに紫鶴の気持ちの表現の仕方がストレートですし…。
だって、ヒタキに嫉妬しているんですよあの人‼(笑)

ヒタキが紫鶴を凄く慕っているんですけど、それでもツグミに対して甘えるヒタキを目の当たりにすると『………。』ってなったりしちゃったりして!
更にはあのヒタキに対して『もっと凄い事もしているよ( ^ω^ )』とか言ったり、とにかくめちゃめちゃ大人げない発言とか行動のオンパレードで楽しかったです(´ω`)笑
大人で余裕な紫鶴よりも、大人げない大人の方が好きでした(笑)

ちなみに、何故いつも余裕そうな態度なのか…というのもここでは分かるので、前よりも断然紫鶴に近づけた気のする内容でしたね!
あ、あとは最後に恥ずかしすぎて消えようとする…、今までに見た事無いくらい慌てる紫鶴も見られたのでとーっても楽しめた√でした\( 'ω')/

本編をプレイしてからだいぶ経っているので、気持ち的にも色々と薄れていたんですけど…。
プレイするとより各キャラの事が好きになってしまいますね~。
皆可愛かったりかっこ良かったり素敵だったり、色々な魅力が詰まっているのでもう楽しいです私(n*´ω`*n)

今滉の途中なんですけど、既にニヤニヤしております。
今日中に隼人まで終わってしまいそうだけど、楽しんできまーすヾ(*´∀`*)ノ

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ


喬がまだ出てこないよー!
早く出てきてほしい!!
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪(/・ω・)/
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは!(*´ω`)

今日は昨日窓を開けたまま寝てしまい、起きたらお腹が冷えて痛くて痛くて朝から死にそうだったりな子ですよ[壁|_-)

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!
本日もとーっても励みとさせて頂いております♪┏○ペコ

さて!
ニルアドのクロユリ皆さまも始めていますかー!(゜o゜)
私は絶賛プレイ中なので、今日からニルアドクロユリ感想へと突入したいと思いますよ‼

いつもは雑談という名の私のどうでも良い一日の出来事とか話してるんですけど、今日は何1つ面白い事のない一日でした( 一一)←
本当に何もない一日だったんですよ!
昨日はさてゲームしようか♪なんてルンルンしてたら社長から電話が来て、鬱憤がたまっていたのか愚痴電話に付き合ったお陰でニルアド始めるのが遅くなったくらいで…(笑)

せっかくゲーム始めたけど睡魔が襲ってきて耐え切れなくて早く寝ちゃったとか、何とも平和な一日の終わりでしたし。
今日も仕事に来て昼過ぎには終わらせてしまったし…。
って感じで、本当何もない一日でしたYO!

なので、早速クロユリの感想に行きたいと思います♪
初回プレイは翡翠くんから始めてみました~\( 'ω')/
ちなみに隼人・滉・累辺りは後半に持っていこうと思っていますので、次は鵜飼君辺りにいこうかなと思っています♪

ではでは初回感想→翡翠感想って感じで行きたいと思いますので、お付き合い頂ける方はどうぞよろしくお願いします┏○ペコ

niruado_kuroyuri.PNG 

ニル・アドミラリの天秤クロユリ炎陽譚ですが、まずはafterから始められる仕様となっています。
あの本編の後、この世界はどうなっているのか…?という所からスタートするんですけど、猿子さんや杙梛、薔子達がそれぞれに方ってその後を聞かせてくれます。
そしてそのおさらいとその後の話しを聞くと、メイン攻略の中からどの√を始めるかを選べる仕様となっています。

本編でだいぶ萌えた隼人も気になったけど、ここは初回って事で翡翠から行こうと思いました(笑)
なるべく落ち着いてプレイ出来そうな人を選んだのです!

最初の序盤を抜けると全てが個別のシナリオとなっているんですけど、それにしてもボリューミーでした。
FDというくくりで考えると個人的には結構な内容が詰まっているんじゃないかと思います。
もう少しサクサクっと終わるのかな~?と思っていたんですけど、付き合ってから一年経ってあの時に解決していなかった所が今回のシナリオで描かれているという感じですね。

しかも、ちゃんと事件まで絡んでくるので…、2人の気持ちが更に強くなるという事に加えて、新たな事柄が二人の前に立ちはだかるという感じでしょうか。

結構細かく章く区切りみたいにされているんですけど、翡翠の場合は行路を見ると21かな?くらいに分かれていました。
スチルもキャラによって枚数に差はあるんですけど、(差分も含めて)22~32枚の間でそれぞれ異なるって感じですかね。

メインのafterの他にも短編物語があって、そこではメイン攻略キャラ意外のサブ達のエピソードも描かれているようです。
前回も同じようなのありましたよね。
他には特別付録というのがあって、これはとある条件を満たすと特別動画を見られるらしいです!

だいたい初回プレイは時間にして4時間程度かなぁ…?
そんなくらいで終わったんですけど、それでも中身は結構詰まっていたと思います。
何度も言いますけど思ったよりもボリュームがあって、『あれ、まだ終わらない…』って感じで進めていました(笑)

一応EDはハッピーエンド・BAD×2という感じで、全ての選択肢がウツロヒの天秤に関係してくるわけではないものの、ハピエンに繋がっていく選択肢と、BADに繋がっていく選択肢とあるので分かりやすいです。
ちなみに久々にQセーブ&Qロードを駆使して進めました(笑)
ED数が少ないというのもありますけど、分岐も分かりやすいので回収しやすかったです。

ではでは、翡翠の感想に行きたいと思いますが、色々と頑張って伏せるので意味が分からなかったらごめんなさい!m(__)m

◆星川翡翠/逢坂良太
twi_hisui1.png 

久々に翡翠を見ましたが、この子相変わらず可愛さが勝る子ですね。
本編の感想ではこの子の見た目に騙されて油断しておりましたが、今回は「この子はオトコ…この子はオトコ!」と自分に言い聞かせてスタートしました(笑)

翡翠とツグミがあの時に色々ありながらも、付き合う事になり一年が過ぎた所から始まります。
稀モノの存在など…色々な事が世間に認知されるようになり、和綴じ本がアレから少し増えてきたという感じで、ツグミ達の巡回も未だ行われております。

皆とアパートで暮らしながら、翡翠とツグミも仲良く過ごしているのですが…。

まぁまず翡翠のとある事が、本編では分かった事もあったけど分からないままになっている所もあったのですよ。
今回はその“本編では分からないままになっていた部分”というのが描かていました。

わりと始まりから「もうそう来たか!」って感じで始まるんですけど、稀モノ関連の方は一向に何か起こりそうだけど何も起こらない平和な日々が続いています。
そんな時に隼人が『事件ウェルカム』発言をした事により、本当に事件がウェルカムしてしまいます!(笑)

このウェルカム事件と、翡翠について分かった事、ツグミがひょんなことから出会ったある人×2……それぞれが関係がなさそうで繋がってくる…という訳です。

この辺についてはすんごぉぉく喋りたい気持ちはあるのですけど、やっぱり喋ったら面白くないと思いますから何も言いませんよ!| |д・) 
とにかく今回も事件が起こるし、それに加えて色々な人の事や翡翠の事も明らかになっていく…って感じになっています。

更に、本編を経て翡翠の考え方とかが変わっていって、少しは自分に自信がついているかな~?と思ったんですけど、今回の翡翠について分かる事というのに遭遇してまたまた危うい感じになっていました。
翡翠は他のキャラ達とはやはりちょっと違くて、ツグミとお互いに支え合いながら共に成長していく…というものだったりとか、ツグミが翡翠を包み込んでいるような感じなので、そう言った部分もわりと濃い目に描かれていたかな~と思います。

勿論ツグミが取り乱して翡翠が宥める…というシーンもあるし、この物語で起きている事がツグミに起きた出来事だったら立場は逆転するんだと思うんですけどね。
ただ、翡翠がツグミの隣にいるのは自分でいいのかと悩んだり、ツグミはいるから立っていられる…と思っていたり、ちょっと子供っぽい面などが多くみられた事で何だか可愛いなぁ…良かったなぁ…と全然違う事を思ってしまいました(笑)
何というか恋人としてどうのこうのではなく、本編で色々あったので弟の様な感じで見てしまう自分がいました…(-_-;)

今回の出来事で皆に迷惑をかけている…と苛まれているんですけど、それを皆への信頼とか友情?というか絆?みたいなものが地味に結束していく感じも良かったな~と思いますね。
ツグミとのアレコレもちょこっと絡んでくるんですけど、そこよりもツンツン鵜飼君が翡翠を心配したり、友人と言いたいのに照れて言えない感じとか、何だかくすぐったいような感じも素敵だったなと思います。

ちなみに、ここの物語に深く関わってくる黎くんも、何だかんだと私は嫌いじゃないです。
もう少し、彼についても色々と見てみたかった気もするんですけどね~。
まぁしょうがないか(笑)

本編の時もそうでしたけど、何というか思わずホロッとしそうになる温かい気持ちになる終わりって感じですよ!
翡翠の物語は毎回、そういった感じなんですね~。

あとは笹乞さんの後に店主になったという、つぐつぐ!
めちゃめちゃ稀モノ恐怖症のビビり屋さんなんですけど、何か面白い子でした(笑)
もっと桐彦とお話ししたいです(゚∀゚)

って感じで、関係無い事まで喋って長くなりそうなので、一旦止めておきますが…。
今回も登場人物が多いですし、仲間達とのやり取りも多くあるので楽しくプレイ出来る内容かなと思います♪

って事で、翡翠感想はこの辺で!
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~\( 'ω')/


せっかくウルッとしそうだったのに
とある人の台詞で引っ込みました(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはー!

まずは昨日のTOKYOヤマノテBOYSの初回感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを下さいましてありがとうございました♪
本日もとても励みとさせて頂いております‼┏○ペコ

昨日は早く帰ろうと思っていたのに、結局夕方から忙しくなってしまい野球場に着いたのが4回とかでした( ;∀;)うぅ…
無事に見る事は出来たけど、何だか短く感じました~。

今日は出社してから法務局に行ったりと外に出ていたので、何だかお疲れです○| ̄|_
なので早々に帰ってきたのですが、帰宅したら我が家にもニルアドクロユリが届いておりましたよ~
\( 'ω')/

170921.jpg 

ムフフムフフ…。
何だか久々に新作ゲームが我が家に来た気がします(笑)
先月も買っているんですけどね!w

さて、今日は遅くなってしまいましたがビズログの感想でーす(*´ω`)
今回も気になる所だけを抜粋して好きに喋らせて貰います(笑)
オトパで発表されたものに関しては今後のビズログで情報公開されていく形なので、今回はデデーンとキービジュアルが掲載されていただけというのが殆ど…。
なのでそれらについては最後にいつから情報公開なのかだけ、まとめて書いておきます♪


ブロッコリー×カズキヨネさんで新プロジェクト始動!
PS Vita専用ソフトで、裏社会×恋愛AVDゲームだそうですよ~♪
一応ティザーサイとは出来ていますが、ビズログにも[新作]と宣伝されているだけで、細かい事は何も載ってませんでした~。


-2018年2月22日-

ついに発売予定の日付に2018年の文字を書き込む時期になってきたのか…(笑)
遥かシリーズの原点がVita化するそうです!
まだ3の体験版やってないけど、一応大ニュースっぽいから書いておきます(〃´∪`〃)ゞ

2000年にPSPソフトで発売された「遙かなる時空の中で」に、新規要素を追加してリメイクするんだそうですよ~。
新規要素は以下の4点。

・フルボイス化
・新規スチル40枚以上追加(過去のスチルもブラッシュアップ)
・ED後日談追加
・豊富なDLC

ちなみに、今回も凄そうなboxがありましたよ~(笑)

〇千年の時を越えるBOX
・水野十子描き下しイラスト複製原画~四神相応図~(4枚)
・デジタルイラスト集~千恋花~
・ドラマCD『激突!恋文作戦』
・千年の時を越えて届く直筆手紙&文箱セット
・フォトライブラリ
・サウンドトラックCD
・水野十子サイン入りパッケージ複製原画
・四神といっしょ缶バッジ(4種)
・ゲームソフト

〇トレジャーBOX
・フォトライブラリ
・水野十子サイン入りパッケージ複製原画
・四神といっしょ缶バッジ(4種)
・ゲームソフト

そして早期予約特典には…11/27までにBOXを予約するとDLC『月の都編』を手に入れられるんだそう。
これは攻略対象である八葉との主人公の世界での恋愛が楽しめる内容なんだそう。

今回も遥かファンの人達は…大変な…(''ω'')
千年の時を越えたい人は是非!(笑)


-2018ねん発売予定-

オトパで発表された華ヤカチームの新作タイトルが、10ページに渡って特集されていました~♪
この作品の舞台は昭和初期で、華ヤカとクロスオーバーする作品なんだそう。

主人公である安住りつは田舎にある料理旅館を営む両親のもとで、店を手伝いながら過ごしています。いつか店を継ぎたいと思っているのですが、両親には女がなれる訳がないと一笑に付されてしまいます。
そんな時、粋な街赤坂にある明治創業の割烹『弥島』の店主である弥島幸介との縁談が舞い込みます。

この縁談が始まりとなり、りつの運命が大きく動いていく…。

主人公は『弥島』で働くために4月から翌年3月までの1年間を弥島家で過ごす事になるんだそうです。
夏までは共通√で“距離感”、秋からは対象キャラそれぞれのテーマにプラスして幸介との縁談と店をどうするのかというのが物語の軸になってくるんだとか…。

最初に縁談からスタートしているので、他の人と恋をした場合どうなっていくのかが気になる所ですね~。
ミニゲームもあるみたいなんですけど、料理・掃除などの家事をこなすものや対象キャラ特有の物などがあり、いつも通りクリアするとアイテムがゲット出来るみたいです。
アイテムはミニドラマなど豪華な物を用意しているそうです♪

しかも!次号のビズログでは遂に…14年後の彼らが……って書いてありましたー(≧∇≦)
どなってるんだろう…超絶楽しみです(n*´ω`*n)
全キャラではないみたいなんですけど、とある兄弟は弥島家と関わりのある立場になっているようで、物語にもちょこっと関わってくるらしいのですよ♪


それと、今回はほぼ攻略キャラの紹介がデデーンと載っていた感じなんですけど、個人的には次男の裕介が…気になるかな!
薔薇ヴェリの…何て言いましたっけ…デルピエロじゃなくて…そんな感じの名前のキャラに似ているビジュアルなんですよー(*ノωノ)
冷たそうな感じで良いです‼(*´Д`)←


-2018年発売予定-

新ブランドdazkarat(ダズカラット)からPC専用乙女ゲーム3作連続発売。
ちなみに3作というのは3巻を3か月に渡って連続で発売するって意味らしいです(笑)
3巻それぞれ攻略対象が異なるんだそうで、主人公は落ちこぼれ魔法使い…って感じなので、ファンタジー系なのかな?

魔界の落ちこぼれ少女が人間界に行く…という感じらしいです。
既にキャストが発表されてたんですけど、梅しゃんとかまっすーとか出てるんですよー‼(*ノωノ)

〇ジャスパー・ベリル(梅原裕一郎)…主人公のお目付け役

[Vol.1/奪い合いの恋]
人間界に研修に来た主人公のクラスメイトである二人は学園でも有名なイケメンだが、性格は対照的。
そんな2人が主人公を奪い合う理由とは…?

〇樫森光希望(増田俊樹)…不思議な空気を纏ったクラスメイト
〇小坂四季(梶裕貴)…学園一の人気者

[Vol.2/切なく揺れる恋]
養護教諭である惣太郎と下級生の心乃助は年の離れた兄弟だが資格は大違い。彼らとの恋ではそれぞれ心の奥に秘めた闇を知る事に…。

〇壬生惣太郎(西山宏太朗)…ふんわり優しい養護教諭
〇壬生心乃助(下野紘)…極度のブラコン下級生

[Vol.3/対立する恋]
アイドルらしい奔放さが魅力の瑠羽と、身近な存在だからこそ反発してしまうシェル。この2人との恋では主人公の前にある障害が立ちはだかります。
その壁を乗り越えて想いを伝える事が出来るのか…。

〇月石瑠羽(木村良平)…人気絶頂アイドル
〇シェル・セレスタイト(鈴木裕斗)…エリート貴族のライバル

PCゲーならではのリーズナブルな値段でボリュームたっぷりな個別√を楽しめるんだとか…。
しかしこの辺はやってみないと何とも言えませんからね(;'∀')
ちなみに、通常版が3,240円で限定版が4,104円だそうです~。


-2017年12月21日発売予定-

や…やぱりぃぃぃぃぃぃ~‼‼
絶対12月に来ると思ったよ~( ;∀;)エーン…
しかも今回の始まりはフィーニスの新しい衣装からだったんですけど、可愛かったよ~(TwT。)

それぞれのキャラ達の新しい衣装の立ち絵が紹介されていて、最後の方にはフィーニスとのお掃除シーンが(´ω`)
勿論私はフィーニスのいる特典にしますけどね‼(多分)
12月はやっぱり購入物が多くなりそうなので、何版でいくかはまだ検討します( ;∀;)

If StoryのFirst Christmasでは祝福の未来のフィーニス√後、誰とも恋仲になっていない状態の“もしも”お話しなんだそう。
初めてのクリスマスを誰と過ごすのか…というテーマになっているそうですよ♪

更に!前作の祝福の未来のフィーニス√のafterも収録されているそうで、最後に掲載されていたお掃除フィーニスはそこでの一幕なんだそうです(^◇^)
楽しみですね~ヾ(*´∀`*)ノ


◇大正×対称アリス-HEADS&TAILS-
-2017年12月7日-

早くも発売日か決定したみたいです!
これも12月ですって!(´ω`)ハハハハ…
まぁ私は買わないので良いのですけど、12月カナリぶち込んできますね。


-2018年1月18日発売予定-

アプリからVitaに移植が決定したエフェメラルは1月に発売日が決定したみたいですね!
ゾンビの主人公×他種族との恋愛…。今回は近藤さん演じるオオカミオトコのシバとの一幕が載っていました。
ちなみにシバはちょっとお馬鹿なんだそうで、キャストコメントに書いてあった…(笑)

しかし1ページ分しか載っていなかったのですけど、これDL版だと4,752円とお安い印象なので…中身的にはやはり元がアプリだしサクッとしているんでしょうか?
おきつんとか近藤さんいるし買おうかなと思っているのですけどね!

そしてオトパで発表された各作品については…。

・ColLar×Malice-Unlimited-/ビズログ1月号(11/20発売)展開開始
・Cendrillon palika/キャラ&キャスト紹介のみで、掲載予告無し
・ピオフィオーレの晩鐘/ビズログ1月号(11/20発売)にて続報公開
・VARIABLE BARRICADE/2018年3月号(1/20発売)より新展開!

って感じらしいです!
いや~…ビズログだけはサボれなそうですね!(´ω`)
こうやって書かれたら毎月絶対買わなきゃーってなりますもん…。

それと蝶々なんですけど、サブキャラ?におきつんがいるんですよね~。
つぐつぐのイ織の秘書役である、周防静(堅物眼鏡w)がおきつんだった!
物腰が柔らかくて常に微笑みをたたえているキャラなんだそうな。
攻略出来ないならせめて、その微笑みをたたえている裏では…みたいな悍ましいキャラだと嬉しいのだけど(笑)

話しがコロコロ変わるんですけど、星ヘリ、ビズログには載って無かったですけど、アプリでも落とし切りになったみたいですね!
落とし切りなら…って事で、多分私やります!

ちなみにスマホだと小さいのでiPadの方に落としてプレイして見ようと思っています♪
なので、感想は他人任せにして期待してたんですけど、自分で書くことになりますね(笑)
永遠に終わりのないアプリだと確実に飽きるので、やる気なかったんですけど落とし切りなら初めての私の乙女ゲーである薄桜鬼と同じ感じですしね~。
これならやれます‼ヾ(*´∀`*)ノ

と今回はこんな所でしょうか。
また来年に向けて新たに動きが出て来たし、これからも楽しみだー。

って事で、これからニルアドを始めようと思います♪
ヤマノテは何とか3人の恋愛&ノーマルを取ったので、一旦中断してニルアドに移行しちゃいます!

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~┏○ペコ



今日は暑かったので朝から
アイスを買ってしまったりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします( 一一)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはーーーー‼ヾ(*´∀`*)ノ

まずは、昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございましたー♪
本日も大変励みとさせて頂いております‼┏○ペコ

今日はビーズログの感想…の予定だったんですけど、本屋さんにビズログが無かったー‼Σ(゚д゚lll)ガーン
会社の近くの本屋さん小さい割に色々と置いてあるはずなんですけど…、ガルスタとかもそこで買っているんですけど…。
入荷している数が少ないのか、無い時が結構あるんですよー(つд⊂)エーン

開店と同時の時間だとまだ本を並べていない時があるので、今日はゆっくり出勤したんですよ!←おい
ルンルンしながら買いに行ったのだけど、ビズログ自体が今日は置いてなかった。
売り切れてしまったのか入れてないのか謎ですが、明日地元の本屋んで買おうと思います( ;∀;)

って事で、今日は予定を変更してTOKYOヤマノテBOYSの初回感想を喋りたいと思います!
ちなみに、本当は恋愛EDを全キャラ分→真相EDを全キャラ分って感じで行きたかったんですけど、今日は求人募集の打ち合わせとかがあって忙しかったので悠斗の恋愛EDまでしか終わっておらんのです( ;∀;)

なので、とりあえずは初回感想だけを喋りたいと思います!

w1920_h1080_hm.jpg 

まずはTOKYOヤマノテBOYSのHONEY MILKからスタートしております!
今回のメインディスクにはHONEYMILK・SUPERMINT・DARKCHERRYの3本が収録されいるんですけど、それぞれ攻略キャラが異なるって内容みたいです。

最初のHONEYMILKでは二之宮悠斗・岬虎太郎・百瀬歩夢の3人が攻略可能となっていて、それぞれに恋愛ED・ノーマルED・真EDという3種類のEDがあるみたいです。

実はこの作品主人公の名前が無い‼
なので自分で決める形なんですけど、これが一番私は苦手です。
自分の名前を入れても良いんだけど、何か無いかなぁ~…と考えた結果…

氏/ヨツヤ 名/サイダ~ にしました(笑)
相手が私の事を『サイダ~さん』とか呼ぶのかなかなかシュールです。
伸ばす棒は【~】これです(笑)
最後にはサイダ~って呼び捨てになるんですけど、何か…ウケる……と思いながら進めていました(゚∀゚)アハッ

ちなみに、私はお借りした方からのアドバイスで各キャラの恋愛ED&ノーマルED→各キャラの真EDって感じで、回収していこうと思っています。

物語は、この世界で行われる告白大会というものがあるんですけど、一年に一度全国の女子高生から選ばれたプリンセスを巡って行われます。
主人公はごく普通の女子高生なのですが、今年は彼女がプリンセスに選ばれてしまいます!

相手は都内各地の女子高生から推薦されたスーパー男子高校生(笑)
それぞれ個性豊かな面々なのですが、彼らと共に7日間を過ごしプリンスを決める…という内容です。

めちゃめちゃ単純明快な内容で、今の所は気になる部分がありつつもストラバ的な感じで楽しめています。
1日ずつ進んでいくんですけど、初日から3日目までは攻略対象3人と共に皆でデートをしてきまして、4日目から6日目までがその中の一人とデートをして行く…って感じです。
一日の長さもそんなに長くないですし、3日目までは皆でワチャワチャしている感じなので、ワハハワハハとしてたら終わります(笑)

残りの三日で相手との距離をグッと縮める出来事が起こる…って感じかな。
めちゃめちゃサクッと終わります。
だがしかし、ノーマルEDと真EDを取るのを合わせたらもうちょっと時間がかかりますね。
一周クリアするだけならだいぶサクサク~っといきますけど、全て終わらせるのはサクッとはいかないかな。

それと、先ほども言いましたけど何だかキャラが濃いです。
今攻略しているHONEYMILK以外のキャラも、序盤に出てくるんですけど…何というか梶君がゴスロリみたいなキャラだったり浪川さんとか無駄にオラオラだし…(笑)
諏訪部さんが面白いらしいんですけど、ちょっと出て来ただけでも危険な香りがしました(笑)

先に進めるのがより楽しみになってくるキャラ達ではありますが、HONEYMILKのキャラは見た感じ結構普通かな~?と思ったけど、まぁ普通ではないです。
悠斗から攻略したんですけど、彼黄金のビキニパンツの水着を着てきた時にはどうしようかと思いました(*´ω`)さすが金持ちは違うな!

他のキャラがどうなのかはまだ分かりませんが、初回の悠斗は恋愛をする!という前提というよりも、違う目的から入っているので…
その流れで思わぬ展開で恋愛に発展したって形だったのですけど、ちょっと可愛かったです(笑)

とりあえずは何も考えずにプレイして楽しむ…って感じの雰囲気なので、過程がどうのとかというよりも相手との進展を楽しんだもん勝ちかなと思います。

少しずつ相手に変化も出てくるんですけど、徐々に…というよりは、後半の個別デートの所でガツっと踏み込んでサクッと展開してハッピーエンドに…という感じ。
なので、全体的にサクッサラッって感じでした('ω')ノ

私は楽しんでいます(笑)

まだ凄く突っ込んだ感想が言える所まで来ていないんですけど、初回としては私は好感触です。
これがどんな風に変化していくのかは、HONEYMILKが終わった時のお楽しみにしておいてください(*´ω`)

今日は野球に行っているので、続きの感想がまた後日…になってしまうと思いますが…(;´・ω・)
ニルアドきたらニルアドに手を付けたいと思います(∩´∀`)∩

ではでは、今日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪┏○ペコ


遂にヤクルトスワローズに2018年
ファンクラブの入会が始まる!というニュースで
私は昼間からウハウハです\( 'ω')/
来年はアップグレードして一番上の会員になるんだー♪←(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言