FC2ブログ


こんばんは~♪( *´艸`)

今日は若干二日酔い?みたいな状態で、仕事中永遠と眠かったりな子です…。

まずは昨日ゆのはなFDの感想にお付き合い下さいまして、ありがとうございました!
拍手や応援ポチ、そしてコメントもとても励みとさせて頂いておりますm(__)m

昨日は色々な偶然が重なりちょいと夜は外食してきました~。
一緒にお食事した方の中にお誕生日の方がいたので、お祝いも兼ねましてしゃぶしゃぶ&すき焼きを食べてきたんです~(≧∇≦)
美味しかった…美味しかったけど食べ過ぎた&飲み過ぎた…。

一緒に飲んでいた方が普段体調の関係であまり飲ませて貰えないので、こうゆう時に飲むぞーって感じなんですよね…。
で、嬉しそうに喋りながらお酒も進んでいたので、付き合っていたら…お陰様で夜中に激しい頭痛で目が覚めてしまい、夜中になかなか寝付けずに完全に寝不足です( ;∀;)
今日は灰鷹くるから夜更かししたかったのにぃ~!

しかしですね、ちょっと愚痴ってもいいですか?(笑)
私今回の灰鷹は自宅配達だと受け取れないので、わざわざ相方の家の配送に変更してたんですよ。
んで配達してますよーってメールが来たので、仕事中にコソコソと追跡してみたんですね!
そしたら『10月7日再配達』って画面に出て来ましてですね…。
はっ!?ってなるじゃないですか!楽しみにしてたのに今日届かない上に10月7日なんて、ここにいねーよ!と思い…。
慌てて記載されているコールセンターに電話したんですよ…。

そしたら郵便局ってポスト投函できないと、宅配ボックスに入れないで持って帰るそうなんです!

私は思い出しました…いつぞやの渇望メソッドのカッキーが一向に届かずAmazonに帰って行ったのを…。
あれはそうゆう事だったんだ…( ;∀;)
とにかく配達の時間は仕事でいないし、ボックスに入れてくれないなら受け取れないって言ったんですよ…完全に駄々をこねる大人です(笑)
でもまぁとにかくそれは出来ないとの事なので、もうダウンロードする事にしました!←

だって引き取りに行っても良いかなーと思ったんですけど、身分証の住所違うから委任状が必要だし…委任状書いてくれるって言ってくれたけど、わざわざ明日帰り道に郵便局に取りに行って、更に明日は10月1日のイベントの為に実家に帰るので…。
その足で実家とかめっち遠回りだし…とか色々考えた結果、もうDLで‼

貸す予定だった人には了承を得たし、どのみち郵便局の方が配達してくれる時間には在宅していないし、そんなこんなしてたら受け取れるのいつになるか分からないし。
なので今回はAmazonさんにお返しして、ダウンロードする事にします( ;∀;)
売り飛ばせないのが難点だけど…しょうがないって事で!

これからは相方の家に送ってもらう時は宅配を希望するか、コンビニ受け取りと言うやつにしようかと思います…。
と言う事で何とか灰鷹始められます。始められるようにしました!(笑)

でもDL時間128分とか出てたけど大丈夫かな(*´ω`)
寝ないで待っていられるか自信無いんですけど(゚∀゚≡゚∀゚)

ちなみに攻略なんですけど、予定ではラヴァンから始めようと思っています!
レビから行こうかなーって思ったんですけど、初回でレビから行ってシナリオ的にもどうなるのか分からないし…。
どちらかと言うとレビはこの中で一番好みから遠いい感じなんですよね…(まぁいざプレイしたら好きになるかもだけど…)
ルーガスは気になるからとっておくので、中間で気になるラヴァンからにしました(*´ω`)

なので一応ラヴァン→レビ→ルーガス→塔の主って感じで、隠しとか他がいたらタイミングで入れ込んでいきます!

進めてみてもしかしたらルーガスと塔の主は入れ替えるかもですけど、今の所の予定はこんな感じで!
後は私の選択肢ミスが起きなければ…ですかね(笑)
って事で早速行って来ます~(∩´∀`)∩

今日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございましたー(*´ω`)ノシ


何が何でもゲームをしようとするりな子に
応援ポチお願い致します(≧∇≦)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはー♪

今日は普通通りに出勤したんですけど、色々な事が重なり今日は急きょお休み…という事になり…。
ただ現場に行っただけって感じで、そのまま帰ってきました(笑)

まずは昨日の感想にお付き合い頂きまして、拍手や応援ポチ、コメントも下さいましてありがとうございましたー(∩´∀`)∩
本日もとても励みとさせて頂いております♪

いや~ただ移動しただけって感じになっちゃったんですけど、朝に出て帰ってきたのは14時半頃だったかな?
これなら朝起きなくて良かったじゃん!と思いつつ…( ;∀;)
とりあえずは移動の車の中でゆのはな終わらせてきました‼

という事で今日はafter storyの感想を喋ろうと思います!
本編のハッピーED後のお話しとなっていて、その後の2人の結婚式を迎えるまでの出来事って感じですかね。
各キャラ福寿楼にいたりそうじゃなかったりとしているんですけど、幸せ真っただ中な2人がお互いをより想い合える出来事が起こる感じでした!

EDは一応2タイプあるんですけど、どちらも幸せな終わり方でスチルが異なるって感じですね。

ではでは、一人ずつササッと感想いきまーす( *´艸`)

icon_c01_kintaro.jpg 

まずは金ちゃんです!
本編の時と変わらずとにかく、ゆのはよりも乙女な金ちゃん…。
乙女さに拍車がかかっておりました(笑)

ゆのはにプロポーズも済ませ、結婚をするのはいつか!?って感じなんですけど、ゆのはの事を無駄に…本当無駄に心配する金ちゃんは凄く可愛かった。
直くんにゆのはの事口説いてないか聞いてみたりとかしちゃって、金ちゃんだから許される嫉妬深さだと思います!
いや、むしろ乙女ゲだから許されるよね…普通にされたらウz…ゴホン。

まぁ変わらずゆのは一筋でゆのはを愛しまくっている感じが伝わります。

そんな2人に夫婦になる前にある出来事が起こるんですけど、まぁこの辺はプレイして貰うとして(笑)
より絆を深めたって感じになるんですけどね、2人のお人よしで優しい所というのがすんごく出ていて良い夫婦になりそうなだなーって感じでした(*´ω`)

でも私は小さい頃の金ちゃんとゆのはが可愛くて驚愕だった…。
ゆのはが何か頼もしくて可愛いんですよ‼
金ちゃんを守るゆのは…ちょっとリアルにそのシーンを見てみたいと思ってしまう程、男と女が逆転している感じとか、この時からちょっとあったんだなーって(笑)

それでもやっぱり金ちゃんはいざという時頼りになるし、素敵な男性になったんだな~って思える展開でしたー(≧∇≦)

金ちゃんがすんごくピュアッピュアなのは知ってたけど、今回ので改めて再確認しました。
金沢駅の前で妄想する金ちゃんを是非見て頂きたい‼

あとは『家族』というものをすごく感じる内容だったので、すごく心温まるストーリーだったんですよね~。全体的に。
銀ちゃんの複雑な気持ちとか、福寿楼に来たお客様の事とか…どれをとっても金ちゃんafterのテーマは家族って感じだった!

最後のゆのはと金ちゃんのスチルを見たら幸せな気持ちになれると思います(*´ω`)

icon_c04_naomasa.jpg 

直くんの所は遠距離恋愛なんですよね~金沢と東京の…。
なのでお互いに忙しい合間を縫って時間を作っているんですけど、まぁここの展開はよくある話しです!

ちょっとしたすれ違いと、2人の事を邪魔する輩が…。

お互いに相手に心配をかけまいとしてした事が裏目に出てしまい、すれ違ってしまうんです。
もうどこの√もそうなんだけど、いちいち少女漫画だから見ているこっちもハラハラしちゃいましたよ(笑)

でも、ここでは成長した直くんが見られるかな~と思います。
お祖父ちゃんとしっかり向き合った直くんが、次はお父さんと向き合うんですけど…
どうにかゆのはを守ろうとする直くんは、前回よりも頼もしく見えるしかっこ良く見えたな~と思いました!

ちなみにここでも直くんの小さい時がチラッとでてくるんですけどね…。
すっごく相手にしたくない子供だった!(笑)
タブレット片手に会社の社員に『会議はするだけでは意味ないんですよ』みたいなことを言う、まったく可愛さの欠片もない子供でしたよ(笑)
見た目はものすっごく可愛いのに…( ;∀;)
大人になるにつれて優しい子になってくれて良かったなと、心から思いましたね…。

しかも直くんのお父さんも良い人でね~( ;∀;)
ゆのはも相変わらず頑張り屋さんで…金ちゃんに続きほっこりしたafter storyだったなと思います。

ED2つあるんですけどどちらのスチルも好きなんですけど、ED1の方が好きかな~♪
直くんとゆのはにすごくぴったりな雰囲気でした♪

icon_c02_kota.jpg 

宏太はすっかり忘れていたけど…。
無駄に直球な人だったことを、プレイして思い出しました(笑)

久々に石田さんのお声を聞いたけど、やっぱり素敵ですね~( *´艸`)
最近じゃ聞く事あんまりないし、アニメでしかなかなか聞く機会がないのでね~。
耳が幸せでしたよ‼

そして宏太との展開では…何と‼宏太のお姉さまが出現します(笑)
今まで見た事のないアタフタしまくる宏太が見られるのはここだけ!だと思いますので、見どころ沢山です( `ー´)ノ

2人が結婚を控えている所に、お姉さんが現れてまぁちょこちょこと事件が起こるんですけど…。
お姉さんも絡めた出来事と、福寿楼に関わる大きな(?)出来事が……。
福寿楼が関わる方では、結末は何となく予測できるのに思わずホロリとしちゃいそうになっちゃったよー‼

でも宏太とゆのはというコンビも、何だかいいな~と思った。
お互いがお互いを尊敬していて、必要としている間柄がここでも崩れていなかったし、結婚してもそれは変わらないんだろうなって思えましたね~。

相変わらずフクに吠えられている宏太も可愛かったです(笑)

icon_c03_takahira.jpg 

出ましたよ~高平さん‼
高平さんの扱いがどこの√でも、慣れが出ているからなのか結構ひどかったのが面白かったんですけど(笑)

もー何だろう皆甘いけどこの人の、ゆのは大好きっぷりは拍車がかかっててすんごい楽しかったです(*´ω`)
婚約もして後は結婚を控えるだけって感じなのに、ありとあらゆる人に対して牽制する姿勢は素晴らしいとしか言いようがない(笑)

とにかく色々と乗り越えてやっと手に入れたから…という気持ちが強いのか、好きという気持ちのダダ漏れ方も半端じゃない気がしました。

ここでは高平が福寿楼のコンサルタントとして、一緒に働いているんですけど…。
もともと高平がいた清峰閣での事も絡みながらの展開となっていて、ゆのはが高平に対して改めて彼の存在を再認識したりするのも良かったですね~。
お互いに結婚するなら、こうゆう事を大切にしていきましょうみたいなものも良かったし!

更にね…ED2だったかな…のスチルが…ゆのはなにしては、何か色々頑張ってるスチルだったと思うんです‼(≧∇≦)
いや~ごちそうさまでした…。

どちらのEDも幸せいっぱいって感じだったけど、個人的にはそのご褒美スチルの方がラブラブな感じで良かったです( *´艸`)

icon_c05_umenosuke.jpg 

梅さん…前回の時もやってくれたけど、今回もやってくれました…。

梅さんは勤めていた会社を辞めて、福寿楼で働いているという流れです。
そしてお二人はとーっても幸せそうに過ごしています。

やっぱり梅さんは他の人とは違って大人だなー(*´ω`)
ステキだなー(*´ω`)
と、気を抜いていると大変なことになりますよ‼

こっちもすっかり忘れていたけど、梅さん実は狡い大人を出してくる人だったんだー_(:□ 」∠)_
気付いたころには悶えます。
まず、梅さんがゆのはに甘えてくるとことか…もうとにかくニヤニヤするし、津田はん狡い狡いー(≧∇≦)ってなります。

他キャラ同様にゆのはを大事にしているのもそうなんですけど、大人だからこその気になるのに聞けないという微妙な対応とかめっちゃもどかしい…。
ゆのはもゆのはで、一人で背負い込もうとして悶々としているし。

でもそこで絡んでくるのが福寿楼に来ているお客様。
本編をプレイしてたらこの人たちにも会っているんですけど、ここもまた何だか心が温かくなる展開でした(*´ω`)
でも、そんなもんはどうでもいいんですよ!プレイすればいいんですから!←

そうじゃなくてね、ここの最後のEDの…EDのスチルがががががががっ…。

言いたい…けど言いたくない…。
何かさすが梅さんって感じだったんですよ(〃▽〃)ギャーーーーーー‼
何回も画像鑑賞から見た事は言うまでもないんですけど、ゆのはがうらやましいぜ…あんな姿の梅しゃんの……の中で目覚めるなんて…( ;∀;)

とにかく見て下さい‼‼

感想と言う感想にはなっていないけど…とりあえずは、本編の時に絡みのあったお客様が出てきたりとか、その方達に関わりながら、ゆのはと相手が絆を深めるって感じで幸せ全開のafterとなっていました(*´ω`)
無事にトロコンもしましたし、これにてゆのはなFD終わりでーす‼

明日は灰鷹到着なので、無事に届いてくれれば明日から始めようと思います♪

ではでは、本当サクッと感想になってしまいましたが…。
最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございましたm(__)m



何か足に赤いポチが…
まさかこれは…ダが付くやつか⁉
と不安いっぱいのりな子に応援ポチっと
お願い致します( ;∀;)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

皆さまこんばんはです~(*´ω`)ノシ

何だか昨日からやる気が全く出ないダメ子でございます(笑)
今日は明日からの仕事に向けて移動もしていたのですが、ガッツリゲームに時間を割いておりました~(∩´∀`)∩

まずは、昨日のめいこいフルコン感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援ポチ、コメントも下さいましてありがとうございました(*´ω`)
毎日とても励みとさせて頂いております♪

とりあえずは私の中ではひと段落…しちゃいけないんですけど、イベントに向けてのめいこいコンプもしましたし…。
ちょっと気持ち的に落ち着いております(笑)
まだまだ積みはたっくさ~んあるんですけどね~(-_-;)

とりあえずのプレイ予定なんですけど、ちょこっと考えてみました~。
前後する事はあると思いますが…予定です一応の!自分を追い込むための(笑)

ゆのはなFD→灰鷹のサイケデリカ→薔薇ヴェリ→逢魔が刻→(下天愛蔵版)数乱digit→円環のメモーリア→吉原彼岸花

ってな感じを考えておりますです。
逢魔については私がプレイ後に、更にお貸しする形となるのでもしかしたら先にやるかも?ですが、一応考えているのはこの順番です!
ゆのはなは一応もうアフターを残すのみとなっておりますので、灰鷹前には終われると思います。

しかし…これはカナリまずいぞ…出かけている場合じゃないですよ!
私すっかり忘れてたんだけど衝動買いで今月末咎犬とか2本来るんだった~!w
まずいぞ…まずすぎるぞ…って事で当分は引きこもりのお休みを作らないと、色々と消化できない気がしてきました|д゚)
買いすぎも考え物ですね~。←気づくの遅い

まぁ今の所中途半端になっている作品がないのが救いですかね…。

でも10月は初っ端に好きなDJさんが来日するので、またいつものメンバーで幕張メッセへと参戦する予定です。
そしてめいこいイベ&乙女会がありますしね!
とりあえずそのお出かけを終えたら当分引き籠ろうと思います(*´ω`)

って事で!今日はゆのはなSpring~Cherishing Time~の感想ですよ~(∩´∀`)∩

と言ってもこちらゆのはなのFDなので、そんなに細々といつもの無印感想のように書こうとは思っておりません。
サクッと簡単な感想になるかもですが、どうぞお付き合い下さいませ(*‘∀‘)

まず今回は本編のアフター・If story・Another storyの3つに分かれているんですけど、afterは最後のお楽しみに取っておりまして…。
今直くんのafterだけ終わっております。
IfとAnotherは全部終えているので、それをそれぞれに分けて喋ろうと思います(*´ω`)

◆If Story◆

If storyでは旅館のお休みを利用して、金ちゃん・銀ちゃん・宏太・直くん・高平・ゆのはのメンツで城崎温泉へと行く事になります。
こちらも温泉地なので、色々な場所を巡ったりしてなかなか面白かったです~♪
選ぶ選択肢で誰とどこを回るかなどが変化する形となっていて、恋愛関係にはまだ至っていない間柄なので、ゆのはに好意を寄せる彼らのモドカシイ感じが楽しめる内容ですね(笑)

お客様の立場となっておもてなしをして貰うんですけど…まぁ何事もなくただ温泉を堪能する事が出来ないのがこのメンツと言いますか…。
色々とありますので、その辺りも彼ららしい旅行だったんじゃないかと思います。

ここでの見どころは何といっても銀ちゃんでしょー‼

icon_c08_ginjiro.jpg 

子供という立場を武器とし、水着姿のゆのはに笑顔で近づき褒め、同じ部屋で泊まるとなった時のあの喜び方などなど…素直な子供にしか見えない彼はある意味一番あざとい…。

何だかんだと可愛いまんまで、本編同様の銀ちゃんと共に過ごすんです。
夜のイベントでは銀ちゃんがゆのはの為に頑張っている姿なんかも見られるんですけど、とーっても微笑ましくて可愛いな~って感じなんですよ~( *´艸`)

だけど…最後の最後で…とっておきのご褒美銀ちゃんが見られるので、是非とも銀ちゃんファンならあの姿を拝むべし!w
いきなり男の子を感じさせる彼のギャップが狡いですね(*´ω`)
ありゃ狡い男になるよ…ウンウン。
この先が見られないのが残念ではありますけど、彼との将来がどうなるのか…ここはひとつ妄想で補完するか…。

その他のメンズたちはいつも通りなんですけど、彼らの事はafter storyで沢山語るとしてここでは割愛します(笑)
本当に日常の延長って感じなので、皆で騒ぎ一番最後に2人きりのいい感じシーンがちょこっとあるって感じだったんですよね。

でも旅館じゃない彼らというのは新鮮だったかな~と思います。

それにしてもゆのはの髪型や服装はどれも可愛いですよね~(*´ω`)
あんな髪型も服も私にはちょっと…だけど、この子は可愛いな~と思いながらついつい眺めてしまいました。

◆Another story◆

ここでは誰とも恋愛関係にならなかったという過程で話が進んでいきます。
でもって!もう一人の幼馴染の登場で…福寿楼に新たな風が…⁉
って感じなんですけど、もともと既にプレイ済みの方にお聞きしてはいたけど…まさかまさか…恋愛になりそうかも⁉って所で終わりなんですよ( ;∀;)

高平兄とか高平兄とか第二の幼馴染とか結構楽しみにしていたのに(つд⊂)エーン
一応それぞれの感想をば…。

icon_c06_soichiro.jpg 

爽ちゃんは喜助さんのお孫さんで、小さい頃によく福寿楼に連れて来て貰ってたんですってー!
なので金ちゃんとゆのはの幼馴染なんですね~。
まだ学生さんなんですけど、お休みを利用して福寿楼に来ちゃいます。
まぁただ旅行に来たわけではないので、色々とあるんですけど…。

爽ちゃんはねぇ…最初は何か感じ悪いやつなのか⁉と思える対応で、冷めてるというか言い方が厳しいというかトラブルメーカー臭がしました(笑)
でもまぁ金ちゃんとは全く違ったタイプなので、新たな風にはなったのかも。
だからこそ、もっとちゃんとした恋愛過程が描かれていると思ったんですけど、他のキャラと同様な感じでサクサク~っと話が進んでいって、これから2人が恋愛…するのか⁉みたいな所で終わってしまうのが残念だったかなぁ…。

結構いい感じのキャラだと思うんですよ、私の好み的に!
でも萌えとかそうゆうのが湧き上がってくる全然前で終わってしまうので、『こうゆう人が居たんですよ』という紹介された感じに感じたと言うか(笑)
それよりももうちょっと深くは描かれているけど、期待した程では無かったかな~というのが正直な感想ですかね。

幼馴染というのもあってか、金ちゃん同様に多分幼いころからゆのはの事が好きなんですよね。
でもその小さい頃の事とか、ゆのはの事が好きだったというのも特に描いているわけではないので、何かこう勝手にイメージするだけって感じに近いんですよ。
だからなのか、もともと好きあ設定だからその惹かれていく過程とかももちろんない訳で…私的にはちょっと流し見ている感じになっちゃったかな~と思います。

でもなかなかイイ男でしたよ(*´ω`)
すごく頼りになる所とか、悪戯っぽく笑う所とか、ちょっと狡そうな所とか…もっとじっくり見せて欲しかったな~と思いました(〃ノωノ)

icon_c07_takayuki.jpg 

高平兄ーーーーーーーー‼
この人のお声は三浦さんです。ハイ。それだけでも久々でカナリ楽しみにしておりました。
しかもこの落ち着いた大人の余裕…素敵っ(≧∇≦)

ちなみにこの人は幼馴染くんとは違って、明らかにゆのはに惹かれている感じが感じられたので何か楽しかったです(笑)
いや、これは完全なる贔屓目かも知れませんがね。
もともと高平を通じて知ってはいたけど、そこまで関わる事はなかった2人…。

このAnotherで起こる出来事を通じて直接関わる事になるんですが、私の記憶では何だか堅物なイメージしかなかったので…優しそうに笑ったり話す兄が新鮮過ぎて違和感…でもニヤニヤみたいな感じでした(笑)

この人はまぁこれから…って感じで終わっても納得は出来たかなと思います。
短い期間ではあるけど、ゆのはに少しずつ惹かれていっている感じが個人的には楽しめたし、関わるごとにちょっと変わっていっているのか⁉と思える所とか良かったですしね。

兄視点のシーンなんかもあるんですけど、ちょっと楽しそうにしちゃって‼何よ‼と思ってしまう位いですしね~(笑)
メールのやり取りとか、電話口でちょっと不機嫌そうになる所とかちょっと好きでした( *´艸`)
心配性というか何というか…(=∀=)
しかもさりげない優しさとか大人~な感じがいちいち素敵なんですよね~‼
今までのゆのはなのキャラには無かった感じが、すんごく新鮮!

終わり方も何かキャー(*ノェノ)続きはないんですか!?と言いたくなるような感じでしたし…‼
いやぁ~やっぱり高平兄は素敵でした…楽しみにしておった甲斐がありましたが、でもやっぱりもっと色々と進めたかったな~と思います。

とまぁ個人的な我儘ばかりとなってしまいましたが、めいこいの萌え萌えからのキラキラ続きで楽しんでおります(笑)
これからafterの続きをプレイしてこようと思います♪
ちなみに高平と梅さんは最後にとっておきまーす(≧∇≦)

ではでは、本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました♪


明日はゆっくりだから思う存分
夜更かしするんだー(∩´∀`)∩
応援ポチお願い致します♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~‼

まずは昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援ポチや、コメントも下さいましてありがとうございました~(*´ω`)
本日もとーっても励みとさせて頂いております♪

まずは今日は美容室に行ってきました~( *´艸`)
しかし朝何故か全然起きられず…リビングに降りてきたのに二度寝する始末(笑)
パッと起きたら出かける二時間前だったので、急いで準備しながら二週間分の洗濯をして出かけました…( ;∀;)

んで、久々に髪をバッサリと切りまして頭がものすっごーく軽くなりました(∩´∀`)∩
なんですけど、12時半に予約して美容室出たの何時だと思います?
16時過ぎですよ!16時過ぎ‼(笑)
カットして毛先にパーマかけてカラーしたので…そりゃかかりますよね…(;´д`)トホホ

起きてから何か体も怠いし、帰って来てからも何もしたくなくて…
ダラーッと寝転がりながらゲームをしておりました~。
今も文字を打つ手が重いです(笑)

しかし無事にめいこい終了しましたので、感想を喋ろうと体に鞭を打ちまくって起き上がってきました(∩´∀`)∩←
ではでは、お付き合い頂けたらと思います♪

めいこい.PNG 

今回ブロ友様にお貸し頂いて、プレイする事が出来たんですけど…。
すんごく面白かったです(≧∇≦)

これの前がティブレだったので、まったく違う雰囲気だし今回のめいこいは初回で気付くと思うんですけど…。
明治で恋をするのが前提なので、キャラによっては恋の展開が急速に感じるかも?
でも最後までプレイすれば、その恋をしてどうするのか…という部分での意味みたいなものも納得できるし、何よりも甘いダミヘでそんな事どうでもよくなると思いますね!

どのキャラも面白いキャラばかりだし、攻略している相手だけでなく他の攻略キャラとの絡みもあるから基本賑やかだし。
甘い楽しい素晴らしいっ!って感じで、とても楽しめました♪

もう各キャラの感想でそれぞれの萌えについては、とにかく叫び倒してきたので…
フルコン感想も特にいう事ないんですけど(笑)
多くの方が好きだという意味は何となく分かる気がします。
何というかこれぞ乙女ゲームみたいな、シンプルな感じと言いますか…。
うまく言えないけど、恋をして萌えて転がってというのが出来た作品だったな~と思いました!

攻略順もチャーリーだけ縛りがあるのかな?なので、彼を最後にすれば特に問題はなさそうな気もしますけど、今回プレイした順で何も問題なく楽しめました( *´艸`)

一つだけ残念な部分があるとすれば、皆さん言ってますけど主人公に対してのデフォ呼びが無い事かなぁ…。
キャラによっては『お嬢さん』とか『子リスちゃん』とかの呼び方はあるんですけど、そこを芽衣と呼んでくれたら…また違った気もします。
でも、結果そんな事が気になったのは最初だけで、途中からは気になってませんでしたけどね。

後はとにかく全てのキャラが恋愛モードになるとあっまぁ~いので、ダミヘを駆使したキラキラモードはとにかく楽しかったです。
こっちが恥ずかしいわ~‼って思う時とかもあるけど、何故かリピしてしまう不思議…(笑)
純粋なプレイ時間はそんなに長くないけど、台詞をリピする事でプレイ時間が伸びていってしまいますのでご注意を!

好きなキャラなんですけどねー…
めちゃくちゃ悩みましてですねー…決まらないんですよねー…。

なので今回はズルします( *´艸`)

1 岩崎桃介/菱田春草
2 藤田五郎/小泉八雲
3 チャーリー/川上音二郎
4 森鴎外/泉鏡花

ってな感じにしたいと思います!( ゚Д゚)

えー一位は今日まで私の感想にお付き合い頂いた方ならお分かりの結果かと思います。
選べませんでした…ヾ(・∀・)ノ
だって春草のちょっと弱さを出してくる感じも、桃介の強引で飄々とした感じの中にある弱さも全てが良かったんですもん(≧∇≦)
しかもどちらも中の方含め素敵すぎて、無理でしたね。

二位の藤田さんとチャーリーですが、藤田さんは桃介や春草をプレイする前に、かなり楽しんでいたのでおのずとこの位置になりました(笑)
他√では冷徹警部補な感じしかなかったんですけど、自分の√でだけあぁなるというのもまた素敵だったな~と思います( *´艸`)

そして八雲はキャラ的にはとにかく面白くて妖怪馬鹿って感じなんですけど、恋愛となると一気に妖艶な雰囲気にさせてくるのが…これまた素晴らしい…。
しかも素直だし分かりやすいくせに大人の狡さ?みたいなものが、感じられるキャラなのでそこまた好きです(*´ω`)

そして!チャーリーはここで食い込んできましたが、雰囲気とか謎の感じとか私好きそうに思うじゃないですか!
でも何故か激しい萌えは無かったんです…無かったんだけど、この人もまたすごく曖昧な存在と言うか…。
ちょっと不思議な存在なので、それ故の切なさを伴う感じが他とは違って良かったなと思います。

同着が音二郎さんなんですけど、チャキチャキした漢!って感じなのに、恋愛となるとずぶずぶとハマっている感じが良かったなーって。
甘さもなかなかだけど大人げない大人って何か可愛いよね!

鴎外さん…すごく甘かったはずなのに行水とか行水とか行水のせいで、最後の方とかギャグ担当になっちゃいましたよ(笑)
でもこの人は春草√でも大人の対応って感じで、いかにも紳士でしたね~♪

鏡花ちゃんはやかましいけど、ザ・ツンデレ天邪鬼って感じで、可愛かったです。
でも…やはり他の面々のパワーが凄すぎて…( ;∀;)
ぎゃんぎゃん騒がしいキャラってどうしても萌え~‼まではいかないんですよね…。

という事で、めいこいのランキングはこのようになりました~♪

いやー楽しかった…ここ何日間かはとにかく、ずーっとニヤニヤニヤニヤしながらVitaを握りしめていたし、ゴロゴロ転がり足をバタバタさせてましたけど…。
本当に楽しかったです(笑)

めいこいをプレイするまではティアブレとかカラマリとか、ちょっと切なかったりシリアスな作品が多かったので、ただただ萌え転げるというのが久々でした~。
これで心置きなくイベントが満喫できそうです(*´Д`)ハァハァ
生けんぬに生立花しゃん…楽しみです!

さて、お次のゲームはもう決まっているのです( *´艸`)
灰鷹までにその子をコンプして、灰鷹に挑もうと思って居りまーす(∩´∀`)∩

では、また明日そのお話しはしようと思いますが、最後にチャーリーの感想を喋って終わりにしたいと思います!

twitter_charlie.jpg 

主人公が明治の時代へと飛ばされる原因となるチャーリー…。
とにかく今まで攻略してきた√でも、主人公が幸せになれるようにと、それだけを思い続けているのが伝わってくるんです。

彼の√では、そんな彼に惹かれていく主人公の方がメインって感じがしました。

今までは相手が好きになってる感じがして、同時に主人公も相手から起こされる行動にドキドキしながら恋に進んでいくって感じなんですけどね~。
チャーリーの場合は、彼は主人公を遠ざけようとしている感じなので、主人公が無意識にチャーリーを気に掛ける所からって感じがしたんですよね。

ここでの恋愛は今までとは全然違う雰囲気で、ちょっと切ない感じが含まれていると言いますか…。
色々とネタバレになるので言いたくないんですけど、ある事情があってずーっと一緒に入れないというか何というか…ゴニョゴニョ…。
なので若干どのEDでもすこーし切ない気持ちがするんです。
幸せなんですけどね、幸せなんだけど切ない気もすると言いますか(笑)

でも基本的にはチャーリーはこの登場人物の中で、ある意味一番の変態なので普段は面白いです。
『あぁっ!その青カビの生えたパンを見るような目で…』とか何とか言いながら、とにかく主人公のエターナルフローズンと言う名の冷めた目で冷笑されたい人なので!
途中まではこの変態ぶりに対して主人公も、危ない人だ…変態だ…となっているんですけど、まぁそれが変わって行っちゃうんですよね~。

気持ちが変化してゆくと今まで気にならなかった所も気になってくるので、チャーリーが自分い会う事をどう思っているのかとか、そういった部分が描かれるようになると切なそうな展開になっていくので、結構面白かったです~。

ここでどうして主人公がこの時代に来たのかなど、色々と全部分かるから真相らしい展開だと思います。

でも残念ながらここでのが激しい萌えというのはなかったんですけど、それでもチャーリーが主人公を凄く好きなのも、あるシーンで自信無さげに本当に自分でいいのか?と聞く姿は可愛かったので、ここの√嫌いじゃないです。
むしろ切なさがある時点で結構好きだと思います!

でも今私の頭を占めているのは俄然桃介と、春草なので…(笑)
チャーリーは真相として面白かった、と思っているのが正しいかもしれません。

これから私はお楽しみにとっておいた、桃介のアフターなどを見に行ってきます(〃ノωノ)
最後に沢山ニヤニヤしてから、めいこいを終わろうと思いまーす!

ではでは、本日までめいこいの感想にお付き合い頂いた皆様、本当にありがとうございましたー.゚+.(・∀・)゚+.


次も萌え転げられる作品に…
手を出すりな子に応援ポチ!
お願い致しますm(__)m
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはー‼
そして(*>∀<*)ノただぃま★です!

まずは昨日の感想に…というかもはや眠いし萌え萌えだしで、大変な形となっておりましたが、お付き合い下さいましてありがとうございましたm(__)m
拍手や応援ポチ、コメントも毎日本当に励みとなっております(*´ω`)

えーっと、今日はやっと…やっと自宅に帰宅致しました。
地元の駅に着いたのが23時半頃でして、疲れてたんですけどこれでもかっってくらい爆音でズンチャカ音楽を聞きながら大荷物を引っ張り帰り道を歩いてきました(笑)

めいこいは、帰りの車のなかで春草始めたんですけど…。
けんぬのダミヘの破壊力が凄まじくて…音漏れとかありえないのに、漏れてるかも…どどどどどどうしよう…ニヤニヤ…みたいな感じでソワソワしちゃって、しかも勿体無くて(笑)
帰って気にせず大きな音量でけんぬのダミヘ台詞を楽しもうとやむなく中断しました!

そして帰って来てからさっきまでプレイしておりました(*´ω`)
明日美容室だから早く寝ないとなんですけど、ここでけんぬのダミヘについて熱く語ってから寝る事にします(笑)
では…お付き合い頂けたらと思います。

twitter_syunso.jpg 

春草…。
もともと鴎外さん√でカナリ気になっていたんですよ!
何故かと言いますとですね、鴎外さんの√で鴎外さんと恋愛しているはずなのに春草が思わせぶりな事してくるんですもんっ(〃ノωノ)

あれは誰でも気になると思うんですよねー。

なので、鴎外さんとほぼ同じシナリオで進む春草√でした。
ただ春草最初はとにかく主人公を迷惑だと思っていたりとか、結構ブリザード対応なんです。
まぁそこも素敵なんですけどね。←

鴎外さんに言われたから仕方なく面倒を見てやる的な感じなので、一緒に出掛けてもある意味点数稼ぎ的な感じです。
中盤までは結構冷めた対応が続きました。
でも大丈夫!だってけんぬの声がいちいち狡いから(*´ω`)

しかも春草は八雲のモノノ怪マニアのモノノ怪の対する反応と同じで、絵を描く人なのでモデル(猫とか伊勢海老とか…)に対してものすっごーい感じになります。
その部分では八雲芸術版ですね(笑)
モデルを褒めて褒めて褒めちぎり、口説いているかのような台詞を並べておりました。
しかし本人はその事には気付いていないという…(笑)
鴎外さんは『また始まった…』みたいな感じなんですけど、さすがに伊勢海老達に対して始まった時は車の名だったのに笑いそうになりました( ;∀;)

そのモデルに対して変貌するのなんですけど、ある時主人公にもその状態になるんです。
その時の台詞の数々が…もう…(*ノェノ)は、恥ずかしぃぃぃ(´pωq`)ってなりながらログからリピしちゃいました(笑)
ちなみに桃介の時に負けず劣らず、ここでもかなりの回数リピしておりますので進まない進まない(笑)

恋愛の感じとかもはやお馴染みの唐突さはあるんですけど、そんなんどうでもよくて‼
あんなに冷めた対応だった春草が、ちょいちょい鴎外さんの余計な一言とか行動に反応するようになってくるとこっちのもんですね。
思いがけない行動とかにもでるんですけど、この辺からダミヘが凄くなってきました…。

何かね、春草のキャラもあると思うんだけどね、消え入りそうな声で喋ったりとかね、更には耳元で囁く…というか静かーに『ちょ、聞こえないぞ!』ってくらい小声で囁くのとかがめちゃくちゃ狡いテクだと思うんです‼
聞いててマジでキャー(〃ノωノ)恥ずかしい~(//>ω<)でも聞きたいぃぃぃぃぃ:(´◦ω◦`):ソワソワってなるんですよ(笑)
うまく言えないけど凄い技ですよマジで…。

EDも3つとも取ってきたんだけど、どこのダミヘも凄かった(笑)
一番は勿論明治EDなんですけど、後の2つも素晴らしかったよけんぬ‼‼(←誰だw)
何度でも言いますけど、耳元でめっちゃ小声でささやくんですけどそれが凄いんです!
ちょっと切なそうに喋ってみたり、強引な感じの台詞だったりするのに小声なんですよ?
ブロ友様に聞いてはいたけどバックミュージック下げてなかったら『え?き、聞こえないよ~!』ってなりそうなほど小さい時とかあるんですけど、それが堪らないんです…。

すんごい耳元でささやかれてる感が一番した気がします。
これぞダミーヘッドマイクだ‼って感じです(笑)

しかもよくあるパターンだけど、興味なさそうだった人が嫉妬深くなっちゃうパターンね!
いますよね、そうゆうキャラ。ウンウン。
好きですよ?そうゆうギャップ萌えありますもんね!
でも、春草のそのパターンは……ギャーーーーーーー\(//∇//)\ゴチソウサマデス
色々うまく伝えられないけどとにかく可愛い狡い感じでした。

春草のキャラがちょっと儚い雰囲気がある様な…とは違うんですけど、そんなような不思議な雰囲気のある人なんですよ。
それが声にものすっごく現れていると思います。
なのにちょいちょい強引な所とか、男っぽさみたいなものを感じるからやられるんだと思うんですよねー。
いやー狡い…狡いけどこれはけんぬだから良かったのかも。

俺より牛肉の方が好きなんだろ…とか言っちゃってさ!
牛肉よりお前を好きに決まってんだろってんだ‼(/∀\*)

いちいち鴎外さんの言葉とか行動に惑わされてる春草も可愛いけど、最後の方の積極的な春草が切ない感じも含んでて大好きだったですハイ…。

ちなみに鴎外さんと春草の出会いなんですけど、こっちでは春草から教えて貰えるですけど…
鴎外さんの自分の決まり事みたいなのが変えられない人で笑えました(笑)
自分で客として呼んでおきながら『5時だ!行水せねば!』と客人の前で服を脱ぎ行水をする様はある意味素晴らしいと思います。

あ、桃介の二の舞になっていますね(笑)

これは言葉では説明できません…。
とにかくけんぬのダミヘを楽しむべきだと思います!

これはイベントが楽しみだなぁ…(=∀=)
けんぬの春草の囁きが聞けるのだろうか…生で…ハハハハハハ…。

さすがに連日夜更かししすぎておりますので、今日はもう寝ようと思います。
涼しくなってきたしバッサリ髪の毛を切ろうかと、美容室も予約した事ですしね♪
ではでは、また色々と散らかった感想となりましたが…最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~m(__)m


仕事場の人が多すぎて
埃を吸い込み過ぎで喉の痛いりな子に
応援ポチを~~~~( ;∀;)ノ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

おはようございます!
昨日せっせと書き上げたのに、また公開にしないで下書きのまま保存しておりました(笑)
なのでそのままアップします( ゚ω ゚)

こんばんはm(__)m

昨日ホテルに帰ってから鏡花ちゃんの回収していない共通部分だけ取って、その後音二郎さんをプレイ後ちょびーっとだけやるつもりで桃介くんの√にいったんですけど…。
ほそやんが素敵すぎてガッツリ夜更かししてしまったりな子です( ゚Д゚)

そしてホテルに帰って来てから色々と済ませて、いざ桃介√をプレイしていたら…こんな時間に(笑)
完全に桃介に夢中になっておりました~(ノ∇≦*)

まずは昨日の感想にお付き合い下さいましてありがとうございました(*´ω`)
拍手や応援ポチ、コメントもとても励みとさせて頂いております♪

昨日は月一のお客様のお陰で頭痛はするわお腹は痛いわで、早く寝ようと思っていたんですよ!
でも音二郎さんでウハウハした後にですね…ふと、めいこいを貸してくれたブロ友様が『新キャラりな子さん好きかも』という言葉が頭をよぎりまして…。
ちょっとだけ…ちょっとだけやったら寝よう…と思い、新キャラ√を始めてみたらば…。

な・なんとぉぉぉぉぉ~‼

お声がほそやんの謎キャラなんですけど、これがかなりツボってしまいまして、やめるにやめれなくなってしまい時計見たら2時半だったYO!( ;∀;)
さすがに寝ないと今日死ぬ…と思って途中だったけど泣く泣く中断して寝ました…(ノД`)・゜・。←

詳しくは桃介君の感想で喋るので我慢しますが、檻男も素敵だけど何考えてるか分からない男もいいよね~(≧∇≦)っと一人キャッキャしておりました(笑)
好みがおかしいという意見は聞こえない耳になっておりますので、あしからず。

という事で、まずは音二郎さんの感想へと行きたいと思います!

twitter_otojiro.jpg 

必殺ジョリジョリ地獄という技を持つ音二郎さんは、今までのキャラ達と同じで鹿鳴館で出会っているんですけど、その時にどうこうではなく街をさまよっている時にある人と出会いその人に拾ってもらいます。
あ、でもこれ昨日言っちゃっているので…ネタバレとかになるのか分からないんですけど、まぁあの姿なんですよ(笑)

んでもって路頭に迷っている主人公を拾ってくれて面倒を見てくれるんですけど、そこから音二郎(?)さんとの生活が始まります。
とりあえず主人子は音二郎さんをまさか男だとは思っていないので、朝寝ている音二郎さんを見て『お姐さん…髭…髭生えてますけど!』とか言って騒いでそこでバレます(笑)
お姐さんの姿の時も誰かがぶつかってきた時とか、主人公を助けてくれた時とか…九州地方の方言で完全に男喋りになっているのも面白かったです(笑)
この二つのVer.の鳥さんがなかなか面白くて、更にダミヘの時の男っぽい声とか結構たまらんのですよ!
シナリオ的にはわりと鏡花ちゃんの後にやったからか、大きな波が無かったような感じがするけど、それでも音二郎さんのキャラでかなり楽しめた√でした。

恋愛面では音二郎さんと過ごす時間も多いので、好きになっていくのがわりと自然に感じたような気がします。
音二郎さん自身も子ども扱いしてくるくせに、途中から男として意識されていないのかも…と思ったのか男を出してきたりとか!
ちょっとドキドキシーンとかもあるし、鏡花ちゃんは鏡花ちゃんで音二郎さんの気持ちを突っつくような行動に出るしで楽しかった笑)

で、ですよ!
ここの√で一瞬だけ桃介が出てきやがりましてですね…そのせいで私は『ちょっとだけ…』と始める事になるんですけど(笑)
本当に一瞬だけ出てきます。でもその一瞬で終わります(笑)
でもその一瞬…私が桃介を気になるのには十分なワンシーンでした…( ;∀;)

とまぁ話が逸れちゃうので音二郎に戻しますが…。
ここでのモノノ怪の話しというのは、鏡花ちゃんと同じモノノ怪の話しなんですけど、もうちょっとあっさり終わった感じがしました。
鏡花ちゃんの方がそのモノノ怪の話しはメインだった感じで、結構サクッと終わった感じ。

でもその代わりと言っては何ですが恋愛の過程は楽しかったです(*´ω`)
風邪ひいて寝込んだら看病してくれるんですけど、事件が起こるし(〃▽〃)キャー
鳥さんのあの喋りかたでのダミヘの破壊力は抜群だったと思います。

でも私の心は今完全に…桃介に…(笑)

という事で桃介感想にお付き合い頂きますね!!!!←
しかもこの人だけ長くなる可能性がありますので、心してお進みください(笑)

twitter_tousuke.jpg 

桃介との出会いは突然やってくるんですけど、鹿鳴館で藤田さんに怪しまれとっ捕まりそうになった後路頭に迷っていると出会います。桃介様に!←
まぁこの人この出会いの時からちょっと…いやカナリ不思議な方だなーって思ってたんですけど…。
(主人公も同じように不思議に思っています。)

何かとにかく掴みどころがないし何考えてるのか分かんないんですよねー。
とりあえず主人公が芸者の下働きみたいな感じでお世話になっているんですけど、そこに客として通い詰めてくる感じでして…。
良い客風なのに強引だったりと、とにかく途中まで謎だった。

でもそこがね、ものすっごーくツボりました(笑)
ほそやんのお声もまたこれ…合ってるし素敵だしすごーく大好きです!

大筋は音二郎さんと似たような感じで進んでいくんですけど、音二郎さんだけでなく鴎外さんや鏡花ちゃん、藤田さんや八雲などなど…
お聞きしていた通り色々な人が出てくる出てくる…。
各キャラと関わりながら、桃介も出て来るって感じなんですけど掴みどころがないくせに、やけに紳士だし絡んでくるし気になります(笑)

何というか桃介、訳あり臭がすごくてですね…。
最初は主人公が桃介に返したいものがあって、こっちから会おうとするんですけど、その後は主人公の客という立場で関わってきて、『また来ます』といっては必ず来るので気になるんですよ。
しかもめっちゃ紳士なくせに強引で、言ってることが冗談なのか本気なのか分かなくて考えている事が読めない!
気にするなと言う方が無理です…。
気になる…何か雰囲気も好きだし…(≧∇≦)

この桃介で自分のツボが良く分からなくなった(笑)
いや、そんな事ないか。いつもと同じだ‼

しかもここではかの有名な福沢諭吉先生が絡んでくるんですけど、途中の選択肢で3つ出てくる選択肢の中に【さすが一万円札の人ですね】という選択肢が出てくるんですけど…
これを選びたい衝動に駆られましたが、ここではすんごく我慢しました(*`ェ´*)
まぁ他のEDを目指している時に無事に選ぶ事が出来たんですけど(笑)
主人公も福沢先生という名前が出てきたことに対して『リアル一万円札だ…』とか言うのでいちいち一人で笑っていました( ´艸`)

しかも途中まではよく分からない桃介だったんですけど、彼チョコレェト好きなんですよ。
んで主人公は肉が好きじゃないですか!そのチョコと肉という全く違う食べ物なのに、こだわる所が同じで意気投合してから、距離が縮まったような気がします(笑)
2人で楽しそうにチョコと肉のこだわりを話すシーンは、これもまた面白かったです。

桃介との恋愛も個人的には凄く楽しめたんですけど、そもそも桃介は大人の余裕みたいなのを感じる人で、主人公には良いお客さんとして会いに来ているんです。
だけど、これが少しず~つ変化していくんですよ~(≧∇≦)
あ、でもその辺ちょっと最初分かりにくかったんですけど、この“良いお客さん風”に紳士に近づきながらも、実は強引でちょこっとだけ本気さが混じってるのがすんごい良かったんです。

しかもほそやんのダミヘがまたこれ…素晴らしいのなんのって。

シナリオ展開も他とは違うので、ここでのモノノ怪の物語やっぱり私好きだったー‼
もともとここのこの物語は私が好きそうかも?ってお聞きしてたんですけど、好きなやつでしたね完全に。
他で出てくるのっぺらぼうの話しも好きだけど、ここのはまた別格でした。
ちゃんとここのモノノ怪の話には桃介も絡んでくるので、この話があってぐっと彼の心が分かった感じで…( ;∀;)

モノノ怪の話しと、ある事件がきっかけで桃介がどれだけ主人公に対して本気かが分かったりもしますし!

あ、大好きすぎて&眠たすぎて何が言いたいか分からなくなってきました(笑)

そして主人公の方は、桃介を好きだと自覚しないようにしながらも、ある事を耳にした時にちょっとモヤモヤしているのとかも何かこっちまでモヤモヤしちゃいました!
でもちゃんと向き合おうとしているのもまた…何か可愛かったですし(*´ω`)
桃介の方も他のキャラ同様に、主人公が曖昧な存在に感じているので『連れ去りたい』的な事を行ったりとか『閉じ込めたい』とか言うんですよ~。(・∀・)ニヤニヤ
もうそんな甘さを感じる台詞はこれでもかっ!ってくらいリピして聞きながら進めたから、すんごぉぉぉく時間がかかってしまいました(笑)
あー桃介になら私は閉じ込められてもいいんですけどね!←

しかもですね、この桃介と言う人はちょっと感覚のズレた方なので、気になる人に何か贈り物をしようとしていると言うシーンがあるんですけど…
まぁその気になる人とは主人公なんですけど、もちろん本人は気付いてません。
高価なものをあげても突き返されそうですし…という桃介に『相手の方が喜ぶ物を送ればよいのでは?』と言うと…

『喜ぶものを送るとしても問題は保管場所』とか『保管場所と言うか飼育場所というか…なるべく小さい品種を選ぶつもりではいますが…』と言うんです。
うん。こいつ牛を送る気だ…牛肉大好きな人に牛を送る気なんだ…‼
と、かっこ良いし素敵だし狡いしふわふわして掴みどころ無いけど、ちょっとぶっ飛んでいるのがまた大好きでした。

そしてやっぱり彼には色々とあるんですけど、今の研究に打ち込むようになった理由なんかが若干切なさを伴うのも良かったな~と思いました。
私の場合は桃介というキャラで全てが良く見えてしまっていますが、シナリオ内容もあのちょっと狡いような恋愛展開も全てがツボ。
素晴らしかったです…( ;∀;)ダイスキー

桃介も素敵だったけど音二郎さんが本当に父みたいだったり、八雲がなんかものすっごく暴走していて面白かったですね(笑)
春草に菱田さんはキャットマニアなんですかっていう時の立花しゃんの発音が『キャロマニアなんですかぁ~!私はモノノ怪マニアですぅ~』って言ってた。
キャットが英語風発音が凄すぎてキャロに聞こえた(笑)
自分の√でも面白かったけど、ここの√の八雲はもっとパワーアップしてました!

ちなみにED3つとも取ってきたんですけど、桃介EDというやつの『傷口に塩を塗り込む会』は最高でした。
傷心なのに必殺ジョリジョリ地獄をされる桃介を是非見てやってほしいです。

とにかく素敵しか言ってない感想になってしまいましたが、昨日も二時だったし今日もこんな時間なのでさすがにもう寝ようと思います( ;∀;)
夢に桃介出てくるかなー(*´ω`)

明日はやっとわたくしのお家へと帰れる日なので、今からハッピーハッピーです(∩´∀`)∩
ではでは、本日も最後までわたくしの暴走感想にお付き合い下さいまして、本当にありがとうございましたー‼m(__)m


ね…眠い…
本当は今日であと一人終わっているはずが…
桃介のログ聞いたりしてたら時間を食ったりな子に
応援ポチお願い致します(T_T)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはー(*´ω`)ノシ

何だか最近ずっと天気が悪いですね~…。
どんよりした天気ばかりな気がします。

まずは昨日のめいこい初回感想にお付き合い頂きましてありがとうございましたー♪
拍手や応援ポチ、コメントも下さいましてありがとうございました(*´ω`)
本日も大変励みとさせて頂いております。

感想の前に…私新キャラ様を攻略順に入れ込むのを忘れておりましてですね…
ブロ友様に頂いたアドヴァーイス(八雲風)を参考に、音二郎さんの次に入れる事にしましたー♪
と、一応勝手な私のご報告でした(笑)

今日は藤田サンと鏡花ちゃんの感想でございますです(*´ω`)
まずは藤田さんからいきますが、彼すごくステキでした…。
やはり基本冷たいけど実はデレだったという設定は、私には鉄板の様です(笑)

twitter_goro.jpg 

藤田さんは警視庁の方なんですけど、この世界ならではの妖邏課(ようらか)という部署に勤務されております。
いうならば、人に害を与えるとするモノノ怪を取り締まる感じの部署ですね。
お堅い職業と不愛想さが相まって、ちょっと近寄りがたいオーラがバシバシ出ている人なんですよ~好きですけど( *´艸`)←

そして他のキャラ同様に、鹿鳴館へとチャーリーに連れられて潜入すると…藤田さんに怪しい…と言われ目をつけられてしまうという所から始まります。
藤田さんの妖邏課ではモノノ怪と繋がりがありそうな人などの監視もしていたりするので、現代の制服姿の主人公は怪しく見えるようです。
なので最初っから事情聴取を…とか言い出しますから、わりとその話を聞きに来ることで主人公が藤田さんに興味を持つって感じでした。

藤田さんのシナリオは八雲と同じ流れで進んでいくので、八雲の好意でホテルで生活出来る事になり、藤田さんと距離を縮めていくという感じ。

ちなみに藤田さん…とにかく主人公を怪しんでいるので、最初は監視対象と警察って感じ…
とにかく冷たい…というか主人公も怖がってるし、威圧感があるから序盤はあまり親しい感じでは無かったですね(笑)
でもでも、実は何か優しいというか…とにかく私的に今まで攻略してきた中で一番萌えでした~(≧∇≦)

低音のお声も素敵なんですけど、藤田さんがどんどん自分のテリトリーに入ってくる主人公に対して、確実に心が動いているのにどうしても遠ざけようとする感じとか…
その理由も含めて良かったし、最終的に主人公を盲目的に好きな感じとか最高でしたね。

でも…そこにしっかり八雲がいるので(笑)
基本八雲が主人公の面倒を見ている感じなので、藤田さんと主人公が一緒にいるのを見るといちいち突っかかっていきます。
その時に結構藤田さんの事をボロクソに言ったりするんですけど、八雲も主人公が好きなのを隠さないので面白いです(笑)
確かムッツリポリスメンはここで言っていたかも…。

ちなみにここでは主人公が藤田さんの事が気になってしまって、自分から会いに行ったりする感じなので今までのキャラとの恋愛の進み方とは違う感じで新鮮です。
藤田さんは何か堅物的なキャラなので、たまにおかんみたいな感じも出してくるし、ちょーっと打ち解けてくると優しくて面倒見も良いので素敵でした( *´艸`)

あ、どうしよう素敵素敵とそれしか出てきません(笑)
春草が気になっていたのに藤田さんが素敵すぎて、今は藤田さんの事ばかりです(*‘∀‘)

シナリオの展開と恋愛の展開が絡んでいるんですけど、玉依である主人公と、モノノ怪を取り締まらなければならない藤田さん…。
どうしても相容れない部分というのが出てきてしまうんですよね~。
主人公がモノノ怪が見える事で、彼らがどうしてこの世に残っているのかとかを知ってしまう事もあるんです。
そうすると、妖邏課の手によってモノノ怪が消されてしまう事に対して主人公は良くは思わないんですよね…。

でも藤田さんも主人公がそう思っている事を分かっているので、だからこそ距離を置こうとしたりというもどかしさもありつつ…みたいな‼
とにかく今回の√も楽しめましたものすごく(笑)

藤田さんのおかんな一面も良かったけど、ダミヘ―モードの時の藤田さんが…
今までのキャラに比べるとダミヘモードも、最後の方まで甘い感じにはならないんですけど、もー成就してからの藤田さんは最高でした(〃▽〃)
あ、あ、あまぁぁぁぁぁぁい‼そして低音ボイスが素敵すぎてキャーキャーでしたよわたくしは…。

もう最高に満足した藤田√でした…。

お次は鏡花ちゃんです(*´ω`)

twitter_kyoka.jpg 

※音二郎さんについて触れている部分があるんですけど、もしかしたらネタバレかもなので未プレイでネタバレ嫌よ~と言う方はここで閉じてください‼

そうそう岡本さんのこの騒がしい声…(笑)
岡本さんと言ったら騒がしいキャラだよね…ウンウン。と思いながら進めていたんですけど、何ですかこの可愛いツンデレ野郎は!

鏡花ちゃんはいつも方にうさぎを乗せていて、更にうさぎグッズを集めているという…一件可愛い感じなんですけど基本的に素直じゃない可愛い奴です。

ここの√では音二郎さんに拾われて、鏡花ちゃんとお近づきになってゆくんですけど、この音二郎さんもまた良かった(´・ω・`)
お声が鳥さんなんですけどね、最初男Ver.の時に『この声誰!?』って思って鳥さんだと認識できなかったんですよ(笑)
何か私の知っている鳥さんキャラのイメージとかけ離れていて、乱暴な言葉遣いをする男!って感じのキャラなんですけど、声も鳥さんっぽく聞こえなかった…。
でも芸子Ver.に出会ったら『あ、鳥さんだった(笑)』と認識できました。

とまぁ音二郎さんと鏡花ちゃんは同じ感じの流れにいるので、音二郎さんに面倒を見て貰いながら鏡花ちゃんとお近づきになってゆきます。

鏡花ちゃんは主人公と同じ玉依なんですけど、ここでのモノノ怪話しはこの鏡花ちゃんが玉依である事とか、彼の職業とかが関係してくる話しで面白かったです。
それと今までの流れとはちょっと違うのが、主人公が違う時代から来た事を鏡花ちゃんに打ち明けているので、恋愛部分がなんかちょっと胸がぎゅってなる感じだった―( ;∀;)

そこまで年代も離れていない感じで更に鏡花ちゃん神経質&キツイ性格なので、それに反発しながらも扱い方を覚えていく感じでしたね。
そこから少しずつ鏡花ちゃんの方が主人公の事を特別視するようになるんですけど、音二郎さんの所に置いて貰っているので、この辺の絡みが面白い!
気になっている事を認めない鏡花ちゃんに対して、音二郎さんがわざと主人公にお肉をあ~んしてみたり…
『あー早く広い家に引っ越してぇよな~二人で(棒読み)』とからかったりします。

その中で思わぬ音二郎萌えをしたんですけど、主人公が風邪で寝込んでいる時に『あいつの所に行くのはまだ早ぇ…もうしばらく俺の所にいろよ…な?』の台詞にキャー‼ギャー‼と転がりました。えぇえぇ…素敵でした…(=∀=)
音二郎√がものっそい楽しみになった事は間違いありません。

でもちゃんと鏡花ちゃんも、いちいち素直じゃないけど可愛いからニヤニヤはさせてもらいました~。
主人公が違う時代から来た事は分かっているんですけど、いつか帰るとは思っていないので…その辺のもどかしい感じが、こっちもプレイしながら何か…楽しかった‼
そうゆう障害(?)みたいなのがあるからこそ、主人公もなかなか自分の気持ちと向き合わないんですけど、モノノ怪がらみのある場面で思いきった行動に出る彼女は素敵でしたねー。

何かこの2人恋してる~‼っていうのが伝わってきました(*´ω`)

何かメインの攻略対象も素敵なんですけど、一緒に出てくる他キャラに目が行くという構図が出来上がっている気がします(笑)
楽しみになるから良いんですけどね‼

と言う事で…この後は音二郎さんに行ってこようと思います‼
ではでは…本日も最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございましたー(*´∀`人 ♪



以外にもめいこいに時間をかけまくっているので…
灰鷹まではゆのはなFDやろうかな??
応援ポチお願い致します(*´ω`)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~♪('ω')ノ

今日こそ!めいこいの感想を喋りに来ました~(*´ω`)
何だかんだと楽しんでおりますよ~♪
キャラ同士のやり取りで1人吹き出したり、笑ったりしながら進めております!

まずは昨日のビスログ感想にお付き合い頂きましてありがとうございました~♪
拍手や応援ポチやコメントも、毎日の更新の励みとさせて頂いております( *´艸`)

さて、早速本題へといきます!

めいこい.PNG 

ストーリーは、ごく普通の女子高生が帰り道になんとなーく気になったお祭りに立ち寄ると、そこで奇術師が手品?を始めようという所に遭遇します。
気になって見ていると、その奇術師とバッチリ目が合ってしまう主人公…。

『今回は観客の中から一人手伝ってもらいましょー』なんて言っている時も、目が合ったままなのです。
すると…
『ではそこのお嬢さん』と言われて舞台の上に上がる事になってしまう主人公なのですが、そのまま奇術師の行うマジックに参加させられてしまいます。
箱の中に入るとあら不思議…綺麗さっぱり消えてしまいます~とか言われて箱の中に入ると…。

主人公はいつの間にか眠ってしまい、気が付くと見知らぬ公園に!
なんとその公園は見た事もない場所で、街並みも自分の住んでいた東京とは違った世界なのです。
奇術師(チャーリー)は明治時代に来てしまったようだ、と言うのですが…信じられない主人公はそこで過ごす中で確信へと変えていきます。

元の世界に戻るには来てしまった時と同じ条件の環境でなければならないとの事なので、一か月後の満月の夜に元の世界に帰れるという事に。
一か月後の満月の日まで、この明治時代で色々な人と出会い恋をするというお話しです( *´艸`)

攻略人数が結構多い印象なんですけど、2人1組っぽい感じの構成になっているのと1人3時間半~4時間くらいで終わりますからそんなに苦じゃないと思います。
EDも1キャラに2種類と、2キャラ共通のEDが1つでBADは無しの作りなので、ちょびっと切ない気持ちになる物はあるけど基本的には幸せな感じです!
そして何が面白いって、普段のキャラ同士のやり取りですかね。

そもそもそれぞれの攻略キャラが濃い濃い(笑)
ふんどし一枚でウロウロする人とか、モノノ怪大好きっことか、アレはオカマ?女装?まだこれについては一瞬会っただけなんで何とも言えないんですけど…(笑)
とにかくちょっと変わった方々なんですけど、それだけでなく主人公もマジで面白いんですよ(笑)

肉への食いつきとか執着が凄い子なんですけど、ビーフビーフ言いまくっててなんか可愛い(笑)
食いしん坊さが全面に出過ぎていて面白いです( *´艸`)ww
いきなり知らない時代に飛ばされた割に、記憶がないからなのか一か月後には帰ると分かっているからなのか、全然悲観的じゃないので気楽に楽しめますしね!
この子自身が前向きというか、とにかく食いしん坊な印象しか残らないほど、うじうじしていないしサラッとしているので良かったです。

でもやはり自分がいるのが時代が違うのでは?というのは気付いているので、恋に発展しそうな感じでも自分で認めないようにしていたり、相手の態度によって勘違いしちゃダメとブレーキかけたりするので、若干流れ的には切なさを匂わせてくる流れです。

そして…
ただ恋ををするだけではなくてですね、この時代には玉依と呼ばれるモノノ怪の見える希少な人が存在するんですけどね!
主人公が明治時代にタイムスリップすると、その玉依になってしまっているんです。
なので、モノノ怪…というか霊?が見えたりするので、それに絡んだお話しなんかもあって楽しかったです。

√によってその絡んでくる話しも違うのかなー?と思うんですけど、ちょっと感動する話の時もあるのでなかなか楽しめると思います(*´ω`)

そして…メインは…あのキラキラモードの時のダミヘですかね!?(笑)
何かいきなり立ち絵の時に星がキラキラキラーンってなるんですけど、その後ダミヘタイムが始まります。
このダミヘタイムは最初の内は二人の距離もまだ近づいていないので、甘~い感じではないんですけど…
これから距離縮まっていきますよ~みたいなイベントって感じですかね!

んでそこから色々とあってお互い恋へと発展して、甘々ダミヘタイムが始まってゆく…みたいなみたいな( *´艸`)

とにかく恋愛をするのがメインとまではいかないけど、恋愛してその後どうするのか…みたいな感じなので色々深く考えずに楽しめております。
でも内容的に何かがありそうな感じもするので、最後のキャラでどうなるのかなーと思っています。

ちなみに私の攻略順ですが…
森鴎外→小泉八雲→藤田五郎→泉鏡花→川上音二郎→菱田春草→チャーリー の順番で進めていこうかと思っております。
今は鏡花ちゃんの途中までと言う感じです♪

ではでは、既に終わっている2人の感想を先に…。
最初に攻略した鴎外さんからいきます~(/・ω・)/

twitter_ougai.jpg 

まずは鴎外さんの√では鴎外さんと春草が出てくるんですけど、もうなんかちょいちょい春草に目が行っちゃいました!

鹿鳴館で彼らと出会い、藤田さんに捕まりそうな時に助け出してくれるのが鴎外さん。(←というかこれ選択肢なので私が選んだんですけどw)
まぁとにかく鴎外さんに助けて貰って、彼のちょっと変わった世話好きな性格のお陰で記憶喪失の主人公を屋敷で面倒を見てくれる事に…。
その屋敷には春草も下宿しているので、鴎外さんを攻略すると自ずと春草も関わってきます。
でもここでは春草については黙ります…ガマンガマン…。

鴎外さんは裸の王様&饅頭茶漬けの人…って感じなんですけど(笑)
何かクッソ甘かったです(≧∇≦)
いや~このめっちゃ甘かったーという感想が一番先に来ちゃうんですけど、鴎外さん自身は色々な方面で才能を開花させているので…
ある意味ちょっと変わっているというか…何とかと天才は紙一重とはよく言ったもんだって感じの人だった。

とりあえずいちいちふんどし一枚のイメージだし、あとはうまい高級肉を御馳走してくれたりと優しかった…( *´艸`)
んですけど、大好物なのかな?特別な日に振る舞ってくる饅頭茶漬けだけは、何が何でも食べたくないと思いました(笑)
詳しくは言いませんけど、是非プレイして饅頭茶漬けを知ってください(´・ω・`)…。

ちなみに私の鴎外さんの好きな台詞は、饅頭茶漬け騒動で主人公が暴れている時に言う『こらっ。暴れるんじゃない!全く何というじゃじゃ馬だろうか。』です。
何故かこの台詞が大好きで何度も聞き、周回時には必ず早送りを止めておりました(笑)

話しを戻しますが…(;'∀')
彼の優しさ…その優しさにはある意味裏があるんですけど(笑)
でも、この裏の出来事が起こってからというもの、あれよあれよ言う間に鴎外さん、主人公の事大好きになって行っちゃうので面白かった。

しかも相手の方が、一緒に過ごしていくうちに『記憶を取り戻したらどこかに行ってしまうんじゃ…』とか『ずっと一緒にいて貰う為にはどうしたら…』というもどかしい感情を抱いているので、それがまたなんか新鮮で楽しかったです(*´ω`)
鴎外さん√では、主人公も鴎外さんに恋人が!?という出来事なんかもあって、鴎外さんだけでなく主人公の方もゆらゆらと気持ちの揺れ動く感じとかもあるので、ちょっと少女漫画を読んでいるようなドキドキ感がありました。

しかも主人公肉肉言ってる割には消極的なのと、いずれ現代に帰るから…という気持ちがあるから特に、恋愛にというか色恋沙汰な感情にブレーキをかけている感じなんでよね~。
それがまた良いんですけど(笑)

もともと既に恋愛する事が決まっている様な流れなので、そのやり取りを楽しむって感じで進めるとかなり楽しいかも!
何かありそうだけど最後まで行かないと分からないでしょうし…。

それとですね…。
鴎外さんの√なのに、ちょいちょい春草が思わせぶりな感じと言うか…完全に好きだよね‼主人公の事好きだよね!?って感じなのが、めちゃくちゃ気になるんですよ…。
早く春草の√やりてぇ~‼って思わずにはいられませんでした…( ;∀;)

とまぁ、春草の事は置いておいて…。
鴎外さんは最終的には、ただの彼女馬鹿になるですけど、とにかく甘ーーーーい!
甘々だった鴎外さんでした。
ダミヘの効果も抜群だったと思います<(`^´)>

お次は小泉八雲さんでございます。

twitter_yakumo.jpg 

八雲さんのお声は立花しゃんなんですよ~(≧∇≦)
とりあえずここで声萌えは確定致しました!!
なので。あのダミヘフル活用のキラキラモードが楽しみで楽しみで仕方がなかった√でした~。

八雲はとにかくモノノ怪大好きっこで、『モノノ怪』というワードを聞いただけで周りが見えなくなるほど大好きです。
そして外人さんなの?とりあえずルー大柴みたいな感じだし、藤田さんを呼ぶ時とか『フジタサァ~ン』って感じでした(笑)
しかも何か感情が凄く前に出る感じのキャラなので、結構この人面白かったです。

主人公の事を最初から気に入っている感じなので、恋愛モードを出してくるのも割と早かったと思うんですけど…。
もー立花しゃんだから何でも許せる‼(≧∇≦)
だってダミヘのキラキラモードとかいつまででも聞いていたかったし、おまけに手の甲にキスしたりとかするのも音が聞けますしね(*´Д`)

流れ的には鴎外と同じく、鹿鳴館で助けてもらうんですけど…。
そこからが違った感じになっていて、彼の泊まっているホテルで御厄介になり彼と過ごす時間が増えていくって感じです。
ちなみにさっきも言いましたけど、彼最初から主人公を気に入ってます。

なので、好きになるまでが結構スムーズ…というか早いので、後はどうにか自分とずっと一緒にいてもらうための口説きが始まる感じでした(笑)将来結婚しようとしますし(笑)
でもそんなスムーズな中に、現代へ戻らなければならないという状況や、彼もそれに薄々気付いているというのがあるので、恋愛の流れも割と面白味がありました。

それとここでは、彼らが宿泊しているホテルで起こる事件と、主人公が見てしまったモノノ怪の話しが綴られているんですけど‼
これがちょっといい話でしてね( ;∀;)
泣きはしなかったけど、何かほっこりしてすごく良かったー‼
2人のあーだこーだだけじゃなくて、ちょっと素敵なお話しなんかも織り交ぜているので、その辺も楽しめたかなと思います♪

後は八雲が藤田さんを結構邪険にしてお地蔵さん扱いしたりとか、ムッツリポリスメンと呼んだりとか…責任を取るためにハラキリしますと騒いだりとか…とにかく常に騒がしかったイメージです(笑)
彼も鴎外同様に彼女馬鹿になるんですけど、黒いマグマがボルケーノしそうな程嫉妬する八雲は可愛かったなと思います(*´ω`)

とりあえず立花さんのリップ音でニヨニヨ出来るのは確実なので、ここの√は終始顔が緩みっぱなしでした~(〃ノωノ)

と、本当は藤田さんまで終わっているんですけど、今日はここまでにしまーす♪
ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました‼


ムッツリポリスメンに萌え萌えな
りな子に応援ポチ↓お願い致します‼
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはー( `ー´)ノ

今日はお昼休憩にビズログ買いに本屋さんまでひとっ走りしてきましたー♪
と言う事で、めいこい感想は明日にしまして…今日はビズログの感想とさせて頂きます(*´ω`)

まずは、昨日のティアブレイドコンプ感想にお付き合い頂き、拍手や応援ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございましたー(≧∇≦)ノシ
毎日とても励みとさせて頂いております‼

いつもながらアプリの割合が多かったですけど、待ちに待ったカゲロー先生のタイトルが出ていたのでテンション上がりましたー(≧∇≦)
ではでは、早速気になる所のみ抜粋しておりますが、お付き合い頂けたらと思いますm(__)m

◆バリアブルバリケード

待ってましたー‼オトパで発表されてから、ずーっとずーっと待ってました(笑)
いわた氏×カゲロー先生という…なんとも楽しみなこの作品ですが、今回は何と‼
難攻不落な主人公ヒバリを婿候補たちがあの手この手で口説きまくるんだそうですよ~(≧∇≦)

しかもさすがカゲロー先生…どの方も素敵…( *´艸`)

ストーリーとしては…主人公はお嬢様で彼女の天敵である祖父が仕向けてきたのが、4人のイケメン花婿候補。
しかし主人公は『これには裏がある…』と怪しんでおり、断固拒否をするも祖父の決定は絶対なので…(笑)
あれよあれよと言う間に別邸を与えられ、結婚を前提とした同居生活が始まります。 ムフッ←

4人の男たちはあの手この手で主人公を口説き、婿の座を狙います。
めくるめく誘惑の日々の中でヒバリは固く決意をします。
“接待落ちてやるものか”と…。

ですって‼面白そう‼というかもう、いわた氏×カゲロー先生だから、私は限定版を買うと決まっておりますよ(*´ω`)
ではでは、その口説いてくる男たちについて…。

bb_title 

写真は載せられないので引っ張ってきた画像でキャラの事をお話ししますねー♪

まずは真ん中の主人公ちゃん東条ヒバリですが、今回は攻略されてしまう側なのでビジュアルもクールビューティーって感じでかっこ良い印象を受けます(*´ω`)
学校では大人びた模範的優等生で、身内の前では毒舌現代っ子な一面を見せるんだそう。


左の青の彼が光森壱哉。常に理想の恋人でありたい恋愛特化型ヒーローなんだそう(笑)
スマートな大人の余裕を武器とするもテンプレ感は否めないと書いてありました。
ちなみにお年は26歳だそうで、『愛情過多なスーパーダーリン』とのキャッチフレーズが( *´艸`)

そして黄色の彼が黛汐音で『ゆるふわ愛されビューティー』だそうです(笑)
愛されていれば満足なお方で、恋人への許容範囲は無限大…テリトリー外の相手には驚くほど無関心なんだそうです((((;゚Д゚))))
こうゆう人がねー一途になるとめんどくsゴホッ失礼しました。

お次は緑の彼!猪突猛進ポジティブわんこの八神那由太です。
明朗快活で人懐っこい健康優良青年…優良青年…?何か怪しい(笑)
これと決めた相手の役に立ちたい願望が極めて強く、時に行きすぎる…とな。
『俺、もう犬でもいいです‼』とか言っちゃってるので、この子は何だか面白くなりそうですね(笑)

そして!私が一番気になっているのは…俺様ゴーイングマイウェイこと石動大我です(≧∇≦)
型にはめられることを嫌う自由人だけど、自分の持ちモノにはしっかりマーキングするんですよ?これを楽しみにするなと言う方が無理な相談ですよ( ゚Д゚)
見た目も某作品のGさんみたいだし、ハァ~素敵です(*´ω`)

キャスト様が決まるのも楽しみだなー…。
次号からは彼らからの苛烈アピールタイム連載がスタートするんだとかー‼楽しみです( *´艸`)


◆遥か3 Ultimate
-2017年2月23日発売予定-

これは私は買うとかプレイするとか全く決めていないんですけど…。
何かすごいの見つけたので一応喋らせて貰います(笑)

攻略する事が出来なかった泰衡さんという方を攻略する事が出来るらしいんですけど…
な、なんと…(笑)
その泰衡ルートは『その手で運命を変えるBOX』と『トレジャーBOX』の早期予約特典なんですって‼
どちらかのBOXを2016年11月27日(日)までに予約すると、購入時に泰衡√をDL出来るコード付きカードがゲット出来るんだそうです…。
これは凄いよ…こんなの好きな作品だったら何とかBOX買う―‼って絶対なりますよね?

ちなみにフルボイス化で、遥か3&十六夜記の2本をVitaでリメイクするんだとか。
PSPで発売された愛蔵版の追加要素も収録されているようですよ~。
グラフィックもVita用にリメイクされて、描きおろしイベスチルも40枚以上追加されるんだそうです。
更に各恋愛対象との恋愛ED後を描いた、四季折々の甘いエピソードをDLコンテンツで配信するんだそうです。

コーエーさん今すごく忙しいですね~。凄いなぁ…。


◆Side Kicks!
-2017年春発売予定-

エクステンドから発売予定のサイドキックスですが、今回は新たにサブキャラのキャストさんが紹介されておりました~♪
いかついオカマ?のキララ役が武内駿輔さん、刑事課のエリート警部補のツバキが沢城千春さん、刑事課に所属するツバキの部下のクルミが代永翼さんだそうです。

メインキャラもサブキャラも全員が“何か”を持っていて、“何か”だ足りていないというのが大きなテーマなんだそうですよ~!
彼らと接する事で足りていない“何か”を埋めてあげられる存在になって欲しいんだそう…。
恋をしたり相棒になったりする事があるという事なので、そこでEDが変わってくるんですかね??

購入するかは分からないけど、まだまだ様子見したいと思います。


◆オルフレール 幸福の花束
-2017年発売予定-

R18作品のオルフレールがPS Vitaに移植する事が決定しておりますね~(∩´∀`)∩
そうそう、PC版やってみたかったんですけどね…Win10だしね…( ;∀;)
この度Vitaになるとは…プレイしたい気もするんですけど、でもでも、R18でPCだったのがVitaってだいぶ色々と変わってしまいそうですよね?

どうなんだろう…どうなんだろうー‼
でも土門さん出てるしなぁ…気になるんだよなぁと、迷い中です(笑)
蝶毒とかもだいぶ変わってるんだろうし、結局PC版やりたいっ!ってなっちゃうんですよね。
発売予定も来年なので、様子見して決めようと思います。


あ、どうしよう(笑)

後はろろアリが各キャラの制服姿を掲載していたり、下天が官兵衛とほたるがドドーンと出ててキャーキャーしたり…。
はたまたコドリアで幸せ~なワンシーンが紹介されていたり…ってな感じで、特にここで騒ぎ立てるほどのものが無かったです( ;∀;)

しいて言うならばシチュCDのゲス彼がまっすーのやつがるので、ちょっと気になったかなーって位ですかね(笑)

あ、あと私こんな雑誌がある事をこの間の乙女ツアーで初めて知ったんですけど、オトメイトマガジンとやら。
10月1日発売のやつには、カラマリのポスター付くんですねー‼
こりゃ人気が出そうだ(笑)

今回は見る所少なかった…というか、喋る所が少なかったです( ;∀;)
蝶々事件とかの情報もまだでしたし、ちびっとずーつ出してくる感じなのかな~(笑)
勿体ぶってる!!!w

という事で、これからめいこいの続きをしてきます(*´ω`)ノシ
お次は鏡花ちゃんに行ってきまーす♪
ではでは、短いですが最後までお付き合い頂きましてありがとうございましたーm(__)m


すっごく眠いのにどーしても
ゲームをしようとするりな子に
応援ポチお願い致します(笑)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(*‘∀‘)ノシ

今日はお休みだーと思い、昨日はあの興奮状態のまま朝の4時半まで夜更かし…
いや、もはや夜更かしと言うレベルじゃないですけど(笑)
朝まで頑張っちゃった奴はこの私です(*´ω`)

まずは昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援ポチやコメントをありがとうございましたー‼
毎日とてもとても励みとさせて頂いております‼(≧∇≦)

台風の影響で雨が凄かったですね~!
ホテルの近くにコンビニすらないので、昨日のうちに色々と買い込んでおいて良かった…。
今日は文字通り完全に引きこもっておりました!

さてさて、この度悠久のティアブレイドフルコン致しましたー‼(∩´∀`)∩
めっちゃくちゃ面白かったです。
最後ガラクタの少女の音声記録的なやつの6がなくって、真相の後にもう一周してしまったけど(笑)
無事にトロコンもしたし、心置きなくめいこいに行ける…と思っていたんですけど。

真相EDをプレイした後に、何だか色々と考えてしまって…(笑)
ガラクタの音声聞いたりとかまとめてここでやっていたら4時半に…(;゚Д゚)

という事でフルコン感想とさせてもらおうと思います。
ちなみにトゥルーEDについては、個別で喋ってしまうと盛大にネタバレになってしまう為、ここに入れ込んで話していく形にします。

ティアブレイド0.PNG 

えっと…まず私もうティアブレ大好きです(笑)
確実に贔屓目で見ている部分もあると思うので、その辺りを先に申しておきます。

この世界観と設定が大丈夫ならば、絶対に手に取ってほしいと思った作品となりました!
攻略キャラのみならず、重要な一部のサブの物語に至るまで作り込まれているし、世界観を最後まで崩すことなく楽しませてくれた作品だったー‼

最初はネオスフィアで3000年もの間、クレイドル2人きりで過ごしてきたイブは何故そんなに長く生きていたのか?という事や、何故“し”という概念を知らないのかなどなど…気になるワードばっかりが飛び交っていたんですけど、全てを終わらせると一つに繋がって何とも壮大な物語だったなと思います。

何度も言うけど某アニメの人類補完計○を匂わせる内容だったり、操縦するシーンなんてコード○アスみたいだし、ロボアニメの要素がふんだんに盛り込まれているなと思いました。
でも物語の作りや内容、全部のキャラなどなど…全てに無駄がない!
唯一言うならばアルカディアについて、もう少し深く教えて欲しかったかな…と言うくらいです。
私の理解力が乏しいのかもですけど…(笑)

私はアタルヴァ→シュド→ロウ→クレイドル→ヤジュル→トゥルーという順番で攻略しましたけど、今全部終わってみて公式がお勧めの攻略順をはっきりと出さないのに納得です。
どのキャラで終わってもトゥルーで綺麗にまとまる形となるので、どのキャラで終わるかは完全に好みだと思います。
でも贔屓も入るけど、ヤジュルで終わって私は本当に良かったーと思います(笑)
個人的な意見を言うならば、ヤジュルかクレイドル、シュドを一番最後にすると気分の盛り上がりも最高潮になるかも…?と思いました。(私がw)

シュドに至ってはアタルヴァと共通する部分とかもあるので、公式の推奨時同様に“敢えて”彼を最後にという言い方になってしまいますけど、シュドがある意味でとてもナイトなので最後に持ってくるのも一興かなと思います。

各キャラをプレイしてみてシナリオの構成的に、私はこの3人のシナリオが特に好きだったなーと思います。

それとロボ戦はこの作品のメインとも言える部分だと思うんですけど、結構そのシーン多いので飽きてくる人もいるのでは…と思います(笑)
でももともとそういったアニメを見ていたり、好きだったりするとその戦闘中にも色々と思う所があったりするので楽しいです。
全部で12機あったティアブレイドなので、彼らの乗るティアブレイドが一体何機の物なのかとか考えるのも楽しいと思いますよ~(*´ω`)ムフッ

各キャラの戦闘もキャスト様の熱演で(特につぐつぐ)本当に鬼気迫るものがあるし、とにかくアニメを見ている感覚ですね。
この作品の大きなポイントととなる“3000年”という悠久の時が、とても鍵となっているんですけど…
その長い長い時間があったからこその彼らの想いみたないものがぎゅぎゅーっと詰まっていると思います。

攻略キャライブの背景だけでも物語にグッと入り込めるんですけど、戦闘のシーンでのやり取りでサブが関わってきたりとかするので、それで更に面白さが増しているんですよ~‼
なので隅々まで余すことなく物語を楽しめると思います。
一つ搭乗シーンをとっても最初から動かせる人もれば、難しそうな人もいますし…。
ティアブレイドについて色々考えるのも……( *´艸`)

何度も言いますけど、この壮大なSFの世界観が大丈夫ならば、ですが本当にお勧めしたい(笑)

恋愛面に至っては各キャラの感想でも触れていますが、ヤジュル以外の√ではその気持ちの動きが若干唐突に感じる部分もあると思います。
でもそこに至るまでの経緯や意味(?)を知ると、特に違和感を感じる事もなく受け入れられると思います。というか私がそうだっただけですけど(笑)

恋愛がメインで甘々でという作品では無く、甘さと言う面では微糖というやつだと思います。
でもあのイブと心を通わせて恋に至ると考えると、すごく素敵な物だったのではないかと私は思います( ;∀;)
私の愛してやまないドロドロした恋愛とは全く別の種類だけど、純粋に彼らと心を通わせてこの世界で一緒に過ごしたいと思うイブの変化がすっごーーーーーく良かったなと思います。

EDはハッピーEDとTRAGIC ED(悲恋)、一部の√でBADが2種類という非常に回収しやすい数のEDとなっているので普通に進めたらトロコンするんじゃないかなと思います。
ガラクタ集めもマップモードの【?】の場所に行けば、スムーズに回収して行けると思いますし。

私はこんなにもハッピーEDを迎えて嬉しい気持ちになった事はあっただろうか…と思う程、どこの√でもハッピーEDがすんごく好き(笑)
あんなにBADを取りに行くのが毎回楽しみな奴の言葉とは思えませんよね…(;'∀')

それ程までにも皆に幸せになって貰いたいし、何よりもイブに幸せになって貰いたいと思ってしまうんですよ( ;∀;)
なのでTRAGICもある意味では悲恋ではなくて、真実の愛をみつけたという解釈にもとれる終わり方の√もありましたが、それもまた凄く良かった部分です。
でもやっぱりこの作品はハッピーEDだなと思いました(*´ω`)(普通はそうですよねw)

そして一つずつの√を進めていくと…一つ気になる事が出てくると思うんです。
何よりも大好きなピーについて。
これは途中のシーンなんかでも色々と匂わせてくる所があるんですけど、最後のトゥルーEDでその部分についても分かるようになっています。
もう私はとにかく涙涙…(笑)
クレイドル√から常にウルっとしたり、ダバーっとしたりしながら進めてきました。
最後のトゥルーEDでは、やっと…やっと…って感じで( ;∀;)
めっちゃ感動しましたよー‼
色々と言えないけど、とにかく今気になっている方は是非とも手に取ってほしい~。

それとトゥルーEDを迎えてみて、色々と気になる部分が出てくるんですよ。
まぁそのせいで私1人で悶々と考える羽目になったんですけど、何も情報を入れないのがここで仇となりました(笑)
最後に全てが終わって『え?アレってどうゆう事?』とずーっと考えていたんですけど、お友達さんにメールを送り付けて質問をする始末(笑)
律儀に細かく色々と話してくれたので解消された部分もあるんですけど、やっぱり気になる部分というのがあるのでこれもう一回プレイしようか…とまで思ったくらいです。

実際後がつまっているのでさすがにもう一回今すぐはやりませんけど、細かい部分…例えば回想とかのワンシーンでチラッと分かる所だったりとかがあるので、見落としていると私のようになりますね!(笑)
とりあえずティアブレは売らない…売らないで持っておこうと思います。

各キャラのスチルは差分を抜いて1人15枚程度あるんですけど、そのどれもがとても綺麗です。
シナリオ中にもとても良きタイミングで出てきますし、ティアブレイドもかっこ良いし!
お二人のイラストが本当に美しかったです(*´ω`)
しかもねー音楽もねーめっちゃ良いんですよー♪
KOKIAさんの主題歌は買ったけど、サントラも聞きたくなってしまいますね(笑)

いやー本当に面白かった…私の中でティアブレイドは結構な面白さでした!

ではでは、ここで好きなキャラをいつものようにランキングしまーす(*‘∀‘)
ま、既に言っているのでアレですけど…

1 モジャ…じゃなかったヤジュル
2 クレイドル・シュド
3 アタルヴァ・ロウ

一位はモジャモジャことヤジュルです‼ヤジュルしか見えません(笑)
彼が一番キャラ的にも弱さや強さ、葛藤などなど人間らしい感情が多い人だったように思います。
あのイブじゃないとダメな感じが強かったのと、純粋に“恋をしている”って感じが強かった。
モジャモジャについては是非ともプレイして、トゥルーEDで確かめてみて下さい!
夜中なのにホテルの部屋で笑って大変でした(笑)

お次からはめちゃくちゃ悩んだんですけど、同列扱いにさせて貰いました。

というのもクレイドル自身のキャラはものすっごく好きなんですよ!好きなんですけど、彼の場合恋愛とかの部分だけで見たら、またちょっと違うかなーと思ったんですよね。
でも、彼のイブを想う気持ちは誰よりも深いと思うし、とにかく私は泣きまくってしまったので2位からは動かしたくなかった(笑)

シュドはこの作品において絶対にいなくてはならない人だと思います。
序盤に攻略してしまったけど、ある意味では真実の物語に近いものがあるしイブにとっての○○って感じが強くてかっこ良かった。
私このタイプが上位に来ることってなかなか無いんですけど、最後のねーヤジュルの時の登場シーンがめっちゃかっこ良かったんですよねー(*´ω`)

そしてアタルヴァとロウ。
アタルヴァは自分の境遇に打ちのめされつつも、なんとか立ち上がってからは応援したくなるようなキャラでした。
でも個人的には今一つ印象が薄くなってしまいました( ;∀;)

ロウに至っても彼を幸せにしてあげたーい!と思うんですけど、その幸せはあぁなる事なので…ね!(笑)
ちょっとだけ切ない気持ちになってしまったんですよね。
この人も3000年という時に沢山の苦しみを味わった人なので、あのEDで幸せになれて良かったね~!と思いますよ!
ただ、上位のキャラには私的には敵わなかったという事でございます。

各物語を進めてトゥルーEDまで見て、拾ってきたガラクタ音声を聞いて…全てが終わってしまったーという気持ちになっております。
全体的に丁度良いボリュームだったと思いますが、特別長いとも短いとも思いませんでした。
思わなかったというよりも、考えている暇さえなかったと言った方が良いのかも?(笑)

先が気になって進めるというのもあるんですけど、気づいたら終わってたって感じですかね。

トゥルーEDについてもアレコレ喋りたいけど、ここではネタバレ無しでお話しさせて貰っているので我慢我慢…。

とっても失礼なんですけど、発売自体は楽しみにしていたけど実際そこまで…だったんですよね。
雑誌の特集とかでもそこまで読み込んでいなかったし…。
でも公式でネタバレしないために試行錯誤しながら情報公開していた事などを知って、バックナンバー記事を読んでみようと思いました~!

という事で…。
悠久のティアブレイドはこれにて終わりとなります‼
本日までお付き合い抱いた方々…ありがとうございました…m(__)m
まだ買ってないけどすごく気になっているよ~と言う方は、これを機に是非ともプレイして貰いたいなと思います‼

ではお次はガラッと雰囲気を変えてめいこいに行ってきまーす(∩´∀`)∩
というか既にスタートしていて、サクサクと進めております。
なかなか面白くてですね(笑)
1人笑いながらプレイしておりますよ~♪ではでは…(@^^)ノシ


ちゃっかりお勧めタイトルに仲間入りすることに決定(笑)
応援ポチお願い致します( *´艸`)



最新の独り言