こんにちはーヾ(*´∀`*)ノ
予告通り二回目喋りに来ちゃいました(笑)

昨日あの後お布団に入りながらゲームの続きをしていたんですけど、まぁ長くは続かずすぐに夢の中にだったんですけど!
久々にぐっすり眠れた~‼って感じがしました。
出張中も早めに寝ていたけど、やっぱり家の自分のお布団で寝るって違うんだな…と思いましたね( ;∀;)

また明日には移動しないとなんですけど、例え1日でも家で寝れるってやっぱり嬉しス…(TwT。)

そういえば、昨日ブロ友様とお話ししてて、その方ロロアリを購入予定なので私のビズログ感想を見て『ロロアリ5月なんだね!もう5月の予定か~』なんて言ってたんですけどね…。
本当ついこの間年明けたと思ったけど、もう2月目前ですもんね!
実は2月にちょっとした旅行?ツアー?に行くんですけど、それもまだまだ先だな~なんて思ってたけど、もう来月だし…!
本当時が過ぎるのは早い(笑)

と、余談だけで終わってしまっては困るので、花柳街アナザーの感想と最後にコンプ感想を喋りまーす♪

kyouran_m.png 
◆花街アナザー◆

花柳街アナザーというのは、本編とは異なるストーリーとなっております。
島の財政難というのは同じなんですけど、新しい島の決まり?みたいなもので、島に貢献していない店等は撤退を余儀なくされ、更に若い娘は花柳街で働く事となります。
この仕事内容はひとそれぞれですが、花魁や芸子として働く者もいますし、めぐみは小料理屋を商っていたので料理番として紅華楼にいく事に…。
例え料理番だろうと年季が明けるまで外には出られないというのは同じなようで、兄はどうにかしてめぐみを早く出してやるように頑張ると言って泣く泣く送り出します(TwT。)

そして紅華楼での仕事が始まるんですが、そこには同じように無理に…と言ったら聞こえが悪いですが、どうしようもなく花柳街に連れて来られ働かなくなければならなくなった子が数多くいます。
恐らく多くの子は花魁として働くことになるかと…。
既にこの時点で色々ありそうですよね(笑)

で、まぁその紅華楼で働いてから出会うのが、既存の攻略キャラ達です。
ここで初めて出会う設定なので、本編とはまた違った恋愛の進み方でしたよ~!

変わらずめぐみは『兄のお荷物になりたくない』とか『これ以上迷惑かけたくない』とか、そんな事ばっかり考えているんですけど、ネガティブさでいったら軽症でした(笑)
紅華楼でうまくやっていく為に自分が耐え抜く…って部分が強かったからなのかな?そこまで暗い…‼と思う感じでもなかったな~と思います。

ただ、ここでもEDが2通りあって、純愛と依存なんですけど依存の方はその名の通り相手に依存しているものもあれば、心が疲弊して壊れたっぽいEDもありました。
なかなか依存EDの方は暗かったと思います(笑)
純愛の方に至っては恋愛が始まりそうになって終わりというのもあるので、キャラによってその終わり方も異なっていました。

ではでは、各キャラまとめてザザッと感想行きまーす♪


ー猪口渉ー
inobanner_200_03.jpg 


猪口さんは紅華楼に登楼するお客様という設定なんですけど、どこの√の猪口よりも暗かった(笑)
何か内側に抱えている感じがバシバシと伝わってくるんですけど、見世では数々の花魁や芸子達に憧れの的というか、唯一の光みたいにされている存在です。

この人紅華楼に来ても誰かと一夜を…という事が無いんですね~。
数多くの女の子たちを呼び、一緒にご飯を食べて飲んでただ遊んで帰るだけの人です。
そんな彼がめぐみに惹かれていく…って話なんですけど、めぐみは料理番です…。
料理番のめぐみと人気者の猪口さんが近づけば、そりゃもう周りが大騒ぎです!

といってもクソ島民のような事にはならないので、単純に女の嫉妬って感じでした。ホッ。
まぁそれも辛く苦しいからこそ依存EDみたいな流れが出来るんでしょうけどね。

猪口さんもめぐみも、相手が抱えているであろう心の病みというか、影のある部分に惹かれていくって感じなんですけど…。
ここではめぐみがどうこうよりも、猪口さんの方が鬱っぽい感じというか何というか(笑)
なので、めぐみに対してドキッとする出来事なんかも起こりました。
猪口さんの癖に(笑)
そのお陰で純愛EDを迎えるんですけど、好き合っている二人だけど普通に幸せ…を手に入れる事が出来ないという感じの展開でしたね~。
依存EDはちょっと物悲しい感じいなっていたな…←記憶を呼び起こしているが明確に思い出せない(笑)

長くなってもあれなのでサクッとまとめると、猪口さんの今までとは一味違った感じで面白かったです!
彼狂爛の中ではなかなか面白くなった感じですね(*´ω`)

ー榛名望ー
harunabanner_200_04.jpg 

望むは望むのままだった!(笑)
私以前の感想でもお話ししたと思うんですけど、この人キャラ的な部分では別段惹かれる要素も無いんですけどね…。
でもやっぱり望むの持つ影の部分であったりとか、めぐみを好きだからこそ負へと引きずり込もうとする思考とか…そういった彼の「好きの表現の仕方」が好きなんですよねー。

望むとの花柳街アナザーでは、そういった部分が凝縮されていたかなと思います!
シナリオの展開も、めぐみの事が好きだからこその行動に出るんですけど、料理番のめぐみを花魁として自分の相手をするように仕向けるんです。
が、体の関係はなしですよ[壁|_-)
そしたら他の客と同じになってしまうし、彼はめぐみが好きで彼女の心を手に入れたい訳です。

で、客として登楼する中でめぐみと距離を縮めていくんですけど…。
この過程の部分も面白かったし、めぐみが望むに対して持つ気持ちが何なのかに気付くまでも面白かった。
だけど、最後の最後に望の策士さ…というか、狡さとか策略とか全部知るとより面白さが増しました(*ノωノ)

コイツ…めぐみよりも拗らせてんな!と雅に言わせたい(笑)
中盤本編の様に周りの態度に苦しむめぐみ…というのが出てくるんですけど、その部分とか若干可哀想にさえ感じるんです。
耐えて自分を奮い立たせて頑張ろうとしているめぐみが、何だか不憫にさえ思いました。
でもそれも……(≧∇≦)キャー
って事で余計な事喋る前にやめますが、思いのほか個人的には好きな展開でしたね!

純愛EDの方は望にしては普通の幸せ…って感じの終わり方で、まぁめぐみがとっても幸せそうだったので良しとします。
依存の方はどうにもならなくなった果ての、悲恋って感じかな?
私は悲恋さでいったら護の依存の方が好きなんですけど、望もなかなかの重さだったな。

ー神楽坂響ー
kagurabanner_200_01.jpg 

今回の花柳街アナザーの中で、一番私の心が救われた内容だった(笑)
神楽坂さんとのアレコレ…もそうなんですけど、それよりもめぐみとその周りの花魁達や見世の人との人間関係が築き上げられていくので、めぐみにとっての初めての同性の友達…というか、そうゆう感じの人も出来るので新しい感じ!

そこに至るまでには勿論色々あるんですけど、神楽坂さんと言葉を交わすのが多くなればなるほど嫉妬心からいじめられてみたり…。
兄が本土へ向かったらその船が消息不明になったりと、もう本当波乱万丈でした。

でもこうやって色々な事が降りかかったからこそ本来のめぐみというか、今までの聞き分けの良いこではなく人間らしいと言ったら変だけど、感情をぶちまけるめぐみが新鮮でした。
神楽坂さんとは年齢も離れているので、彼は優しく包み込みながら色々と教えてあげるって感じの立ち位置です。
でもそのお陰でなのか、見世の人達が自分を気にかけてくれている事とか、様々な事に気付く事で周りの人とも打ち解けていくのが今までにない展開だったかなと思います。

しかも同じ料理番として切り盛り(?)している菊枝さんだったかな、この人がどこの√でもめちゃくちゃ良い人なんですよ‼
どこにいっても豹変なんてしないし、めぐみの事をいつも気に掛けてくれるんですよー( ;∀;)
レアキャラすぎてそこにばっかり目が行ってしまったけど、それと同様に嫉妬心から意地悪していた子達や、見世に早く馴染めるようにと色々してくれた姐さん等々…。
ここでは様々な人との関係性が、ワタクシの心を癒してくれました(*´ω`)

何かこうゆうキャラ同士の関係性とかって当たり前の事だけど、月影だとすごく癒される要素になる不思議(笑)

ちなみに、神楽坂さんとの恋愛ってここで完結しないです!
明らかにめぐみは神楽坂さんに好意を持っているけど、それが恋だとは全く気付いていないし、神楽坂さんの方も好意を抱いているけどそれをまだ言わない…って感じですね。
これから…という形の終わりではあるんですが、依存の方は名の通り神楽坂さんに依存しまくっているEDでした(笑)

私はここの√は、紅花楼で過ごすシナリオとしてはめぐみにとって一番幸せな流れだったな~と思いました。
ただ単にめぐみの幸せだけを思えば、護や望むの純愛EDが一番幸せですけどね!

ー望月理也ー
satoyabanner_200_02.jpg 

さぁさぁ参りました理也くん!
ここでは序盤の理也が若干感じの悪い花魁と同じように見えました(笑)←悪口ではないよ!
同じく紅華楼で働く理也は、来たばかりのめぐみに色々と教えてくれる立場のお方です。

共に仕事をしていく中で、休んでいる様子が全く無い理也を心配して自分がその分少しでも役に立てれば…と、理也の負担を減らそうと仕事をこなしていきます。
が、そもそもこの選択が間違いでした(笑)

理也は何でもこなしてしまうめぐみに対して、自分の居場所を奪われてしまうと焦り、更には嫉妬していきます。
だいぶこっちも面倒な感じのキャラ設定になってしまっているけど、これはこれで面白かった…かな?

何だかんだと二人の間で色々ありましたが、お互いに思っている事を話してとても良い友人関係を築く形となっていました!
序盤の理也からは考えられない程爽やかな関係になっておりましたよ(笑)
でもめぐみが理也を支えていく…という純愛EDでは、ここにきて初めて彼は救われたんじゃないかな~って。
つぐつぐが泣きながらありがとう何て言った日には、泣きはしなかったけど『理也良かったねー‼』という気持ちになりました(*´ω`)

依存の方はなかなか仄暗い関係だったな。
でもこれの方がこの2人っぽいと言ったら失礼だけど、何か想像できる感じですよねー。
ちなみにこっちの依存でのめぐみは売れっ子花魁ですからね!
是非とも売れっ子花魁のめぐみのスチルが一枚欲しかったです。

ー大井川護ー
mamorubanner_200_05.jpg 

最後は兄である護です!
こちらでも大井川√同様に、兄は妹に対する恋愛感情で悩み突き動かされていく…って感じの展開になっているんですけど…。

何と、ここではめぐみ初めて兄に弱音を吐く場面が。
わりとどこの√にも無かった展開で、見世で嫉妬心から意地悪される…までは同じなんですけど、そこに誰かに頼るという選択肢はないので一人で抱え込んでおります。
兄が悲しいながらも送り出してくれて、応援してくれる…更にはこれ以上誰かのお荷物にはなりたくないと、一人耐え忍ぶんです。

だがしかし、それももう限界を迎えようとするんですね。
それまでに兄とは手紙のやり取りをしているんですけど、数回手紙が届くと途中からめぐみが辛いと思っている事を察する護…。
手紙の内容自体はいつもの内容だけど、いつもとは周りの飾りつけをしていた絵が無かったり字が少し乱雑だったりで、めぐみの心情を察します。
でもそれに気付いてもめぐみを紅華楼から出してやれる程金を詰める訳でもなく…、兄も悶々としていくのです。

めぐみも兄も負のスパイラルにハマりそうだーって時に、兄が妹に一目会いたいという気持ちのみで登楼してきます。
金を払って会いに来ちゃうんですよ!護が(笑)
で、まぁそこで色々と話すんですけど、ここで護が自分のめぐみに対する気持ちを打ち明けるんですけどね~、この時の三浦さんのお声が低く静かに喋るんです~(*ノωノ)
出たー!兄の真面目モードだーキャーとか思いニヤニヤしながら進めたのは言うまでもありません。
で、めぐみもその気持ちをきちんと受け止めて、兄に対しての自分の気持ちをちゃんと考えてみる…ってなるんです。

純愛EDの方はその名の通り純愛!とにかく幸せな終わり方だと思います♪
めぐみにとって一番幸せだと思える形のEDだと思うし、兄との関係も大井川√同様に恋人としても家族としての絆があるって感じでした~。

依存の方は…何というか遊郭ではありそうな展開って感じですかね。
この2人が何を選び何をするのかというのは、スチルがついていないので文字だけで知る感じになるんですけど、暗くも悲しい物語って感じですね。


で、最後の最後に紅霞市案内というのがあるので、それをやってきましたー!
これは紅霞市を既存攻略キャラ達が案内しながら、彼らのわちゃわちゃを楽しむって感じの流れになっております。
意外な一面を見せる神楽坂さんがとても面白い内容となっておりましたよ(笑)
案外この人も茶目っ気に溢れた大人だったんだな…( *´艸`)
理也も神楽坂さんや他のキャラに突っ込み?を入れたりしていて、それぞれのキャラがなかなか面白いおまけかなと。

これにて月影の鎖 狂爛モラトリアムは終わりとなります~‼
思っていたよりも結構ボリュームがあったかなと思いますが、実際本編よりもこっちの方が面白かった気がします。
まぁあれを経ていないとこの気持ちは生まれなかったのかもですけどね。

今回から新しく登場した藤堂兄弟の方も、今までとは違ったキャラ設定やめぐみとの関係性で、色々と楽しめた要素でもありますし!
花柳街アナザーなどの他のシナリオも、同様に楽しめました(*´ω`)
思ったよりも満足できる内容だったなと思います。

という事で、これよりブラハに遂に手を付けまーすヾ(*´∀`*)ノ
ブラウルは手にできないので、今回はブラハと予備で何か一つ持っていこうと思っておりますよ~♪
予備の方は何持っていくか決めていないんですけど、中断しても良さそうな奴が良いよねと思いつつあとで眺めつつ決めようと思います。

ではでは、今日まで月影の鎖 狂爛モラトリアムの感想にお付き合い下さいまして、ありがとうございましたー(∩´∀`)∩

また夜に…┏○ペコ


私のゲーム収納の押入れを開けると
千家様のポストカードがお迎えしてくれます。
それを眺めていつも積みゲーが決まらないりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願いします(笑)

にほんブログ村

こんばんは~!(*‘∀‘)ノ

まずは昨日のビズログの感想にお付き合い下さいまして、ありがとうございました~!!
なんだか沢山の拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを頂きまして…、更にコメントも下さいましてありがとうございましたー‼ヾ(*´∀`*)ノ
本日もとってもとーっても励みとさせて頂いております~( *´艸`)

昨日は予定通り早く寝ましたワタクシ!
猪口くんの花柳街アナザーだけ終わらせて即寝ました(笑)
さすがに四時とかまで起きてたからか、だいぶ眠かったみたいです(=_=)

今日のりな子のどうでも良い話しはですね(笑)
仕事中にお客さんの住所を入力していたら、「興津」という文字が入っていてその瞬間テンションが上がりました°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°←
まさか仕事中にこの文字を見るとは…。
と、本当どうでもいい話しでした(笑)


さてさて…
今日こそ雅の感想を喋りたいと思いますよ(笑)

miyabi.jpg 

このお方は樹とはまた違った形となっているんですけど、そもそも樹√での雅よりもなんというか当たりがきつかったです。
最初はめぐみの考え方に理解を示さないし、嫌悪感すら抱いています。
最終的にはめぐみの考えている事の根の部分を知って理解を示すんですけど、それに至るまではお互い自分の事を深く話さないので時間がかかったなーと思った(笑)
これでサクッと話してたら物語として成立しないんですけど、それにしても遠回りしたなぁ~と…。

樹との物語と大筋は同じなんですけど、雅と距離が近づくまでの流れが樹とは全く違うのでとっても楽しめました。

雅は樹よりも容赦なくめぐみの根っこの部分を暴こうとして来るので、めぐみ自身もきつかっただろう…と思いますが(笑)
それでも今まで自分でも見ないふりをしてきた部分とか、認めても良いであろう部分とかをハッキリと伝えてくるので彼女にとっては本当に救世主なんじゃないかと思います。

誰と居る時よりも雅と最後を迎えた時のめぐみが、一番可愛かったように思うのは気のせいだろうか…。
頑固だけど「自分」というものを持っていて、時には強く感じる一面なんかもあって完全に恋する女の子でした。
しかも樹と雅にも言われてたけど、雰囲気が違くなったというのがすんごい分かるんですよね。
明るくなった感じというか…色々と向き合わされて憑き物でも落ちたのでしょか(笑)

そして雅の方なんですけど、彼はなんというか常にカッコイイです。
見た目とかそうゆうのがという事ではなく、中身がカッコイイんですよ。(勿論見た目もカッコイイよ!)
めぐみに対する物の言い方は言葉を選ばないので、好きじゃないというのが最初はめちゃくちゃ伝わってくるんですけどね。
それでも、彼の中に少しずつめぐみの事を気に掛ける余地が出来てくるし、苛々しながらも彼女の価値を見出して傍に置こうとしているという感じです。

基本的にはめぐみの料理が気に入り彼女の元へ通うんですが、そこから島の財政を立て直す為にめぐみにも協力をして貰い色々と行動を起こすんですけど、そこで2人は距離を縮めていきます。
その中で雅がめぐみの事を知っていくと、「だいぶ拗らせてんな」とか言うんですけど、まさに!と思いました。
基本は良い子なんですけどね~うまく言えないからめぐみがどんな子か知りたい人は、プレイしてみて下さい(笑)
登場人物の中で一番暗くてウジウジしています。
多分こんな主人公月影以外で見た事ない!って位いマイナス思考ですしね(笑)

そんなめぐみと雅が距離を縮めて恋へと変化していくんですが、冒頭でも言ったんですけどお互いとにかく肝心な部分を言わないんですよね。
めぐみは自分に自信がないから、自分の信念みたいなものに対しての考えがブレブレというか…
お店を守りたい…というのは強く思っているんですけど、それを自分がこう思ってるから守っていきたい!強く思うというよりは、迷惑かけたくない…とか蛍さんの残したお店なのに…とか。
若干顔色伺っている風な感じが強く感じます。

その部分を雅と過ごす事で、自分の気持ちいうのを見つめ直して自分がどうしたいのかを見つけていくって感じです。
だからこそめぐみが変わった!って感じがします。

それと雅と関わる事で兄側の気持ちが聞けるんですよ!
雅は樹にとって兄ですし、めぐみにも護という兄がいるので、雅の兄としての言葉がきっかけになって護がどう思っているのか…というのを考えたりするのも良かったかな。
今までそんな事なかったですし。
何か『家族』としてみたいな部分が強めに描かれているので、他√よりも若干温かい気持ちになりました。

そしてここでも樹同様にクソ島民のお陰で、色々と事件が起こるんですけどね。
これがまたいい働きをしているんですよ!
実際島民はコロコロ態度変えるからどうしようもないな…と改めて思うだけなんですけど(笑)

だけど、ここでの注目すべきはやっぱり雅の男らしさ…というか!
被害が大きくなる前にまずは、めぐみを自分から突き放そうとするのです。
これも全てめぐみが傷つかない様に…という優しさ( ;∀;)

更にめぐみの方はそれでも、雅や樹が自分にとって大切な人だ…って事で関わり続けるんです。
この辺になってくると自分の意志を持ち始めているので、今までのめぐみとは一味違います。
雅がせっかく遠ざけても、関わろうとするめぐみに折れるって形から純愛EDと依存EDに分かれるという形なんですけど、このEDを迎える前に島民相手に一波乱(?)起こす雅がカッコイイです!
さすが一代で藤堂呉服を世に広めただけはありますね(*ノωノ)
あんなにデキル男キャラ、月影史上初めてなのでは…?

神楽坂さんも違う方面で同じような匂いのする人ですけどね!
雅はまた性格的にも自信のある感じだったりするので、何だか新鮮に感じました。

そしてね、この人との数々のイベントがあるんですけど、いちいち何か色気があります。
別に服を脱いでいるわけでもないし、甘いひと時がある訳でもないんですけど…。
でも色気を感じる人だった。
しかも雅に対してのめぐみが嫉妬とかこっそりしちゃったりするから、何だかこっちまでドキドキしちゃいました(笑)
その時のやり取りも、雅に色気を感じるんです…。
あ、でも別に色気を感じる言葉とか言ってないんですよ!だから何故そう感じたのかは謎なんですけどね…。

で、最後に各EDについて…。
まず純愛EDでは雅とめぐみの結婚式スチルで終わるんですけど、この時にめぐみが着る白無垢というのが特別な物なんですね~。
シナリオ中に出てくるんですけど、新しい意味合いが込められた白無垢とだけ言っておきます(笑)
それを着て結婚した後に、写真を見て振り返る…って感じで、凄く幸せそうなスチルがめちゃくちゃ印象的でした。
雅とのやり取りは基本そこまで暗さを感じなかったので、あんなに明るい雰囲気のスチルというのも珍しい気がしました。

しかしその反面依存EDでは、まさしく依存って感じでした。
もう何か二人でズブズブ沼に堕ちていく…って感じの内容なんですけど、私はここに関わるある出来事によって、より島のモブ達に対して胸糞悪くなりました(笑)
肝心な所は伏せますので、何を言っているか分からないと思うんですけど…。
絶対島の人あいつになんかしたよね?って思う出来事が起こるんですよ‼
でも、そこについては何故そうなったか…というのは描かれておりませんから、想像する感じになるんですけど、絶対島民のせいだー(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵と思いました。
まぁその出来事がきっかけとなり、2人がというか主に雅が壊れるんですけど…。

でも、その壊れた雅を立ち直らせようとしているのにはちょっと驚きました。
だって、本来の流れなら一緒に堕ちていって、その先も堕ち続ける風な感じで終わると思うじゃないですか!
でも、若干未来を感じさせるような事とか言い出したから、びっくりしました(笑)
まぁこれも新しい形なのかな?

樹も雅も、どちらも今までのキャラとは異なるシナリオ展開だったので、楽しかったー!
ちなみにどっちも好きですけど、やっぱり色気があってめぐみをガラッと変えた雅の方が好きかな~。
樹の例の台詞も捨てがたいんですけどね( ;∀;)

って事で、今日はここまで!
これから花柳街アナザーの続きをしてきまーす♪
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~‼┏○ペコ


明日はやっとお家に帰れるよ!
でもまた出張だよ…( ;∀;)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(*´ω`)

まずは昨日の月影の鎖 狂瀾モラトリアムの感想その1にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、コメントも下さいましてありがとうございます!
本日もとーっても励みとさせて頂いております!┏○ペコ

昨日は藤堂兄の√を進めてから寝よう~と思っていたんですけど、途中まで頑張ったけど力尽きました(笑)
睡魔のせいで全く内容が頭に入って来なくなってしまったので、あかんー( ;∀;)と思いながら寝ました…。
今日はちょっとゆっくり寝られたので、元気いっぱいです~ヾ(*´∀`*)ノ

しかし…本当ついさっきやっと雅√が終わったばかりなのです(笑)
帰って来てからお風呂を済ませてご飯を食べながら、髪の毛乾かしながら等々…ながらゲームしてたのに長くかかってしまいましたー!
そして、書き終わってみたらですね…樹があまりにも長くなってしまったので、やはり雅とは分けて書こうと思います(笑)

本当は二人共に…と思っていたんですけど、いざ書き終わってみたら何か長かった…。
2人分これを読ませるのは拷問かなと思って(;'∀')
なので今回はザザッとシナリオと樹の感想にしまーす♪

それと超どうでもいい話だけど、今日ステラ様からKYOHSOのミニアルバムの最終見積もりメールがキタ━(゚∀゚)━!
ルンルンルーンヾ(*´∀`*)ノ♪
発売日に受け取れないのがめっちゃ残念だけど、楽しみですー(*´ω`)ムフフ

あ、あといくつかワタクシの余談に付き合ってもらおうと思うんですけど、多分ベラベラと喋りますので早く本題を‼という方は飛ばしていただいて構いません(笑)
お付き合い頂ける方は、どうぞ聞いてやってください┏○ペコ

まず一つ目…。
少し前にGWにあるイベントにお誘いされて、もうGWの予定かよー!と言っていたんですけどね。
実はそのイベントは、いつものズンチャカイベントなんですけど…。
東アジア初上陸のやつで、元は海外で行われている大きなイベントなんですよ。
で、チケットの先行発売が2回行われたんですけど、1回目はすぐさま売り切れまして( ;∀;)

2回目の選考やるよ~って時に、誘ってきた友達がメールしてきたんですよ。
【先行もう一回やるって!】って…。
でも私仕事だったので、待ち構えることできない~って言ったら、彼女スマホ握りしめて待ち構えてたらしいんですよね。

そしたら…。

『りな子~…。1分で売り切れた…』
って‼(笑)
ヤバくないですか?(笑)
1分って何‼wビートルズ全盛期かよ!と言いたい…。(←ちなみにですが、ビートルズ全盛期がどんなだったか知りません。めちゃくちゃ人気でやばかった位の情報なので、それ位凄いのか?という事を言いたいだけですw)

でも一般発売でチケット買えるのかな~どうなんだろうね~って話してたら、後日抽選販売が行われるとの事でして‼
当選した場合キャンセル出来ないって感じだったので、友達が応募したんですよ。
そんでこの前の2日間出かけている時に、当たると良いね~行きたいね~ってずーっと喋ってたんですよね。

そんでですよ、今日仕事中に彼女からメールが…。

『りったん‼(本名をこんな感じで呼んできますw)やったよ‼通し券当たったー(≧∇≦)』
って来ましたーヾ(*´∀`*)ノ
一応第二希望まで応募出来て、2日間やるイベントなので通し券か1日券か…。
それとZOZOマリンスタジアムでやるんですけど、恐らく左側と右側でブロック作るんでしょうね。
2日通しの場合はL→RとR→Lがあるんですよ。
それを変更して第二希望まで出してたら、第一希望の方が当選したんだとか(≧∇≦)

GWとか休んじゃって良いのかな…ドキドキ…とか思ってたんですけど、チケット取れたら休んで良いよって言われてたのでやったーヾ(*´∀`*)ノ
BBAまたもや2日間通しで騒いできちゃいます‼
ちなみにチケット通しで23,000円もしました…た、たけぇ‼L(゚□゚)」

って事で、ゲーム&CDプラスで2月の乙女ツアーとこのイベントの為に節約しようと心に決めたワタクシです( `ー´)ノ

そして2つ目なんですけど、これこそ超くだらないです。
今日帰って来てすぐにお風呂に入ったんですよ。
で、頭洗って~顔洗って~とか色々しながら、イベントの事とか月影の事とか考えてたんですよね。

最後に体洗って出よう~とか思って、体をわしゃわしゃ洗っていざ流していたら…。
なんかぬるぬるするの…( ;∀;)
ちゃんと洗ったはずなのにお湯で流してると、全体的にものすっごくぬるぬるしてるんですよ‼

昨日洗った時はそんな事なかったのに何でだろう…?
そんなにトリートメントいっぱいつけたっけなぁ~…とか思いながら、一生懸命シャワーで流してたんですけど…。
これがどんなに流しても流しても、体中がぬるりんとしているわけで。
( ゚д゚)ハッ!と思いパッと思い出し、更に視線をサッと動かすと、何と…。

無意識のうちにシャンプーを手に取り洗っていた事を思い出しましてですね。
私は一生懸命、体中にシャンプーを塗ったくっていたわけです(TwT。)
最悪だー…Σ(゚д゚lll)と思いながらもう一度、ちゃんとボディーソープで洗いましたが…。

一言言わせてもらうならば、シャンプーとボディソープの色が同じ系統なんですよ‼
いつもはマイボディーソープ&シャンプーを持ってきてるんですけど、今回はガラガラで来られないので荷物を少なくするために彼らにはお家でお留守番して貰っているんです。
なのでホテルの備え付けのを使ってるんですけど、リンス含め3本とも透明のボトルに入れられていて、更にはリンス以外の2つは透明のハチミツみたいな色…。
と言っても黄色と茶系なんですけど(全然違うじゃんという突っ込みは受け付けてませーん)、同色系統なので完全に間違えました。

悶々と色々考えていたのが悪いんですけど、気づかなかったらぬるぬるりな子のままシャワーから上がっている所でした(-_-)

と、下らない余談にお付き合い下さった女神様方、ありがとう( ;∀;)
そろそろ本題に行きますね(笑)

ではでは、本日はお待ちかねの藤堂兄弟の感想へといっちゃいますよ~♪
まずここでのシナリオをザザッと。

文章中にとーってもお下品な言葉が飛び交いますので、心してお読み頂きますようお願い申し上げます┏○ペコ
先に謝っておきます、すみませんm(__)m

基本は本編の道筋と似ているんですけど、めぐみ達の住む紅霞市は財政難という大きな壁に直面しております。
で、まぁこの島の人々はクソヤローどもなので、自分たちでどうにかしていこう!という気持ちは一切皆無。
誰かにどうにかしてもらおう…という事しか考えておりません。
そんでもってその誰かが率先して進めている事などの結果がすぐさま見えてこないと、勝手に不安になって自分達が頑張る事なんて一切しない癖に、誰かしらを標的にして悪く言ったり暴動を起こしたりします。
それに加えて、自分達の輪に納まらなかったりしても、陰口を言ったりいじめともとれる嫌がらせをしたりするし…とにかくクソです!クソ野郎どもばっかりです(笑)

前回はあんまりそこに目が行かなかったんですよね私…。
でも今回は何だコイツらは…と改めて思いました(笑)
まぁめぐみも思っている事をサクッと口に出せばいいのに!と思ったりもしたんですけど、それにしても住民たちは本当何もしないし考えもしない癖に口だけは達者!
コロリコロリと相手の評判などで態度を変えるし、探りに来たり悪口言いに来たりどうしようもない野郎ばっかりです。
あんな島絶対住みたくない!←

と、ちょっと話が逸れましたが(笑)

そんな中、紅霞市に救いの手を…という名目で現れるのが藤堂呉服の社長である兄の雅と、兄の右腕として働いている弟の樹です。
実際はただ親切で島を救おうとやってきている訳は無いので、めぐみと彼らの出会いから良い物ではありません。

まず島にはいないタイプの2人だし、めぐみを優しく包み込む…というよりは、同じような境遇だけど強く生きてきた人達なので、めぐみとは正反対です。
なのでめぐみに対してわりと辛辣な物言いだし、彼女が見て見ぬふりをしてきた自分の性格などを、指摘しまくってきて認識させてくる感じですね(笑)

今までめぐみと関係を築いた人たちには居なかったタイプで、割と皆優しい~腫れ物を扱うとまではいかないけど…
まぁそれに近いものがあったので、甘やかされてめぐみという存在を認めてもらう事で暗さがマシになったみたいな!(笑)
でも今回は樹だったら同じように似ている部分があったりするけど、それでも違う生き方をしてきているし、雅はまた境遇は似ているけどめぐみとは視点も違えば選んできた道も違うんですよね。
なのでどちらも始まりはめぐみに好意を抱いている感じではないです。

恐らくどちらかと言えば彼女の考え方や言動にイラッとしているのではないかと…。
そして彼女がマイナス思考発言をする度に、その言動の奥底に眠るめぐみの真意みたいなものを暴く暴く!
否が応でも自分の気付かないようにしてきた隠してきた部分を引き出され、その気持ちが晒されております。

だからなのかな、何か既存の攻略キャラとの恋愛に比べるとめぐみが若干成長している風に見えます。
ちゃんと自分で選んで答えを導き出して、樹や雅を選んだ…って感じがしました。

恋愛面の進み方も何というか、めぐみに惹かれている事を良しとしていないのに好きな事を意識している感じが面白かったですね!
今まではお互いに流れに身を任せていた感じだったけど、今回は意志を感じました(笑)

どちらのキャラもとーっても素敵なキャラだったし(*ノωノ)
EDは2つあって純愛EDと依存EDですね。
ワタクシはこの2人の依存ED大好きです‼
ある意味ではお互いの想い合っている気持ちを貫いた…て感じの終わり方ですし、雅や樹がそれほどまでにめぐみを想っているというのも良かったなーと思いますね。

それとめぐみですよ。
あんなに卑屈でひねくれていた面倒な子が、樹や雅と出会った事で変わっていき、最終的には可愛いとかかっこいぃとさえ感じる子になっていました。
自分の今まで隠してきた部分と向き合っているので、この2人に出会えてよかったねと思ってしまいました~(笑)

既存のキャラよりもこの2人の√の方が、何か好きだったな(笑)
あ、でも既存キャラも仄暗い雰囲気を常に纏っているので好きですよ!

ちなみにボリュームの方なんですけど、一人4~5時間って所かな。
でも結構しっかり描かれていると思いますし、サクッと終わるって感じではないです。
2周目は序盤の部分だけ早送りできるけど、ほぼ個別と言っても良いのでわりとかかった時間は変わらないと思います。

って事で個別感想に行きたいと思いまーす‼

樹.jpg 

まずは弟君の樹からいきます。

この方…お声が神奈延年さんという方なんですけど、聞いたことあるような…でもどこで聞いたか分からなくて調べました(笑)
とりあえず分かったのは死神と少女の蒼でしたー!
うんうん、確かに蒼と同じ声かも。

このお方はとにかく兄、雅を尊敬していて彼をとーーーーーっても大切にというか、一番に考えております。
出会いは最悪ではあるんですが、ある時月の畔にご飯を食べに来て雅がめぐみの料理を気に入ってからというもの、こまめにお店に来るんですよ。
で、その時に必ず兄と同じものを注文し、先ず毒見をするってゆうね(笑)
殿様か何かかっ!と言いたくもなるような行動なんですけど…。
まぁこういった行動とか、兄を何よりも大切に思い兄中心になっているのにはちゃんと理由もあるので、納得は出来ます。

要はそんな兄バカな樹が、めぐみの事を考えるようになってしまうって感じなのです‼

とにかく敬語冷徹って感じなんですけど、言葉遣いが丁寧だからこその冷たさを感じるんですよね~。
あ、でも言ってる事も雅に負けず劣らず辛辣なんですけどね(笑)
でも彼がめぐみにそこまで辛く当たるのも、自分に似ている部分があるから…というのもあると思います。
そして幼少の時に色々とあった兄弟なので、それがあったからこそ藤堂呉服は今のように成長しているし、2人の“家族”としての繋がりがとても深い物となっているんですよね。

個人的には樹ってめぐみと似たり寄ったりだな~って思ったんですけど、何というかちょっと捻くれが入った素直さというか…(笑)
B地点に行きたいならAから真っ直ぐいけば良いだけなんですけど、わざわざ遠回りしてB地点に行くみたいな性格な気がします。
分かりにくくてすみません(笑)

幼少期の出来事とかもそうなんですけど、2人共の兄に対する気持ちとか家族についての事なんかが、通じる部分があるんですよね。
だからこそ樹は最初こそめぐみを見て、自分に似ている部分を感じたりとか自分の親に似ている…と思ってイライラしていたんだと思います。

が、しかし…。
めぐみのご飯を気にったのは雅だけではなかったー‼というあるシーンから、樹の態度に変化はない物の、少しずつ変わってきているのでは…?(/ω\)
と思える出来事があって、いちいちニヤニヤしていく事となります。

そもそも樹って冷静沈着で、表情が変わらないんです。
常に同じ表情!むしろバナーで使ったあの表情のイメージしかねぇ!って位い、あの表情です。
でも少しずつめぐみと距離を縮めていくと、ある時いきなりあの表情の頬ら辺が赤く染まっているではあーりませんか‼(≧∇≦)
ちょ、樹狡いなおいっ!とついつい声に出してしまう程です…。

シナリオ展開はどんどん悪い方向へ行くし、島民にはキー‼ってなるけど、それと並行して樹の方は心を開いてくるし、ポッとかするしもう私の顔は緩むしで…。
ムカッとするのかニヤッとするのか、どっちかにしろと思う程忙しい表情となりました(笑)

ちなみにワタクシ、樹の発する台詞で大好きな、だ―――――い好きな台詞がございます。
それは…
『察しろ馬鹿』です(/ω\)
あれ?察しろ馬鹿であってたかな…と不安になったんですけど、もし間違っていても同じような感じの言葉です(笑)
夢中すぎてメモするの忘れてました( ;∀;)

実は樹くん…めぐみに対してわりと辛辣な態度は最後の最後まで変わらないんですけど、心を開いてきたであろう所にくると、話し方が変わるんですよ。
でもまぁそれもめぐみに対してそんな敬語を使う必要なんてない、という好意的な意味合いではない様なんですけど。
それでもそこから自分の事を『俺』と呼んだり、砕けて喋る樹は個人的には結構好きでした。

それに雅に『お前も俺とか言うんだな…』と言われた時には、私が何故かキャーとなりました(笑)

話しがあっちこっちに行くけど、樹√での雅はなかなか良いキャラしてるんですよ!
わりと樹に比べるとめぐみに対しての態度が優しい…というか、出会った時の嫌な感じは全くないですしね。
めぐみの作ったご飯を食べた時とか、何か面白可愛かったし。
まぁ彼の√ではそうもいかないんですけど、樹√で見られる雅というのもなかなか良かったです(*´ω`)

で、話を戻しますね。
めぐみと徐々に距離を縮めていく樹なんですけど、よく考えてみて下さい。
めぐみは紅霞市で育っているけど、樹や雅は本土からやってきております…。
で、藤堂兄弟の打ち出した政策を行うものの、ぜーんぶ任せっきりなのだからすぐにうまくいくわけは無いです…。
となると…色々と、クソ野郎たちがやらかしてくれるわけです。

一応ちゃんとしたシナリオだからネタバレは防ぎたいので、この辺は詳しく話さないようにしますがね。
話しの展開としては本編と同じような感じで展開していきます。
島民たちがこぞって余計な事をしてくれて、収拾がつかなくなるって感じですね。

でもめぐみは嫌がらせとか、大好きな蛍さんが残してくれたお店の事とか、兄の事とか樹の事とか…諸々に自分で考えどうするか決めるんです。
自分の考えや信念というものは何なのか、というのをしっかりと考え抜いて答えを求めるんですよー!めぐみがー‼(笑)

で、結果自分の思った通りに行動したら…純愛EDだった、依存EDだったという流れになっています。
純愛の方はとにかく幸せなんですけど、めぐみがしっかりしているお嬢さんに見えるし、更に樹の方が素敵男子に見えます!
いや、素敵なんですけどね…!
察しろ馬鹿が聞けて私は大満足の純愛EDだったんですけど、このEDを迎える時のクライマックス的最後の選択肢の時は、ここが分かれ道なのでドキドキしました(笑)

でも最後の最後、純愛EDで終わると兄同士の仲良さそうな感じとかも見れるので、二重の意味で満足な終わり方でしたね。

で、依存EDの方は言い方を変えればBADみたいな感じですね。
この終わり方怖いとか病んでるとか、そううゆのは強く感じなかったんですけど、お互いの想いの強さみたいなものは感じたので、個人的には好きかな。
まぁこうゆうのは好き嫌い別れると思いますけど、基本BADとか悲恋が好きな人は嫌いではないでしょうか。
最後に出てくるスチルも私は好きなので、プレイ後にすぐに見に行きました(笑)
不思議なんですけどハッピーEDよりも、BADとかの方がやっぱり相手を想う気持ちが強く感じるんですよねー。
結末が幸せじゃないからかな?

とまぁ樹√、なかなかに面白い内容だったです(*´ω`)

って…余談も長いから余計にそう感じたのかもですが…
本当毎度毎度好き勝手喋って、長くなってすみません┏○ペコ
雅の方は改めて喋りに来ます!

では、私は花街アナザーやりながら寝まーす♪
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~ヾ(*´∀`*)ノ



連日調子に乗って夜更かし続きの
りな子に応援(∪・ω・∪)ポチ
お願い致します♪┏○ペコ

にほんブログ村

こんばんは~♪( `ー´)ノ

まずは昨日の遥か6ロンドの感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、コメントも下さいましてありがとうございます!
本日もとーっても励みとさせて頂いております!┏○ペコ

今日は5時起きでしたよー!(笑)
ものすっごーーーーく眠たいですワタクシ(=_=)
今日早起きだから昨日は早めに寝ようと思ってですね、お布団にはかなり早く入ったんですけどね…
月影FD進めてたら「ちょっと藤堂兄弟やってから寝たいな…」と思ってしまい、兄のサトタクさんの方はお楽しみに後回しにして~、樹の方に手を付けちゃいました(笑)
そしたら結局就寝したのは1時頃かな…?w

樹√が終わってさすがに寝ようかなーと思ってたら、タイミング良くブロ友様からラインが来てお話ししちゃったんですよね~(笑)
その後すぐに寝たんですけど、それでもやっぱり眠いです…( ;∀;)
グータラりな子なので、いつも早起きしている方々を尊敬いたします(TwT。)

さて…夢中になって進めている月影の鎖 狂爛モラトリアム。
内容としては以下の内容となっております。

・GOODアフター:神楽坂響/望月理也/榛名望/猪口渉/大井川護
・兄 大井川護√
・アナザー√:神楽坂響/望月理也/榛名望/猪口渉/大井川護
・花柳街アナザー√:神楽坂響/望月理也/榛名望/猪口渉/大井川護←まだ進めてないから分からないんですけど、多分このメンバーです…( ;∀;)
・追加キャラ藤堂樹/藤堂雅√
・紅霞市案内

あとはおまけ要素がもりもりで、まだしっかりと見てないんですけどシチュエーションボイス的なのがたんまり入っておりました。
ちなみにまだ一つも聞いておりません(笑)

で、わたくしの一番のお楽しみとしては…
大井川護√、藤堂兄弟√、花柳街アナザーです!
今の時点では大井川√、アナザー√、後日談、藤堂樹まで終わらせております(*´ω`)
全体的にはわりとサクサク~っと進むので、昨日一日でそこまで進める事が出来ました。

という事で、今日喋る感想は、プレイ済みの部分となるんですけど藤堂兄弟は二人同時に喋ろうと思いますので、今回は喋りません!
まずはGOODアフターからいこうかな。

本編である月鎖の鎖で、兄以外の4人とのGOOD ED後の後日談と、兄√でのGOOD ED後の後日談が収録されております。

 banner_200_vita.jpg
◆GOODアフター◆

既にプレイしたのが約一年前という事で、どんな感じのEDだったかはっきりと覚えていなかったんですけど…。
GOOD EDを迎えたその後のお話しなので、ここではどの√でも幸せそうでしてね!
めぐみが普通の明るめの女の子って感じで、可愛くなっていました(笑)
大井川護の感想をこの後に読んで頂ければ、私のめぐみに対する印象がはっきりとわかると思うんですけど…。

ここではただただ幸せ。
若干めぐみの回想というか考えているシーンとか、兄を思っているシーンは相変わらず暗さが感じられますが…。
それでもそれぞれの相手と幸せな道を歩んでいる内容なので、今までのどのめぐみよりも可愛らしい感じだったかな。

相手のキャラも色々あった後って感じなので、各々落ち着いていますしね。精神的に。
ただ、神楽坂さんの後日談が若干切なさを含んでいたかな~。
プレイするまですっかり忘れていたんですけど、この人色々あるんだったー‼と思い出しました(笑)
でも大人な優しさと、それに尽くしているめぐみ…というのが個人的には好きでした。

ちなみにキャラはそこまで好きじゃないけど、めぐみに対する感じとかシナリオの雰囲気、病みの部分でお気に入りな榛名くんは毒が抜けた感じで…
普通に幸せそうにしてやがったー‼Σ(゚д゚lll)
いや、良い事なんですよ?良い事なんですけど、この人に限ってはGOODじゃない方が好きだからな~…と、幸せなのに微妙な気持ちになりました(笑)

猪口さんは彼らしく…可もなく不可もなくというか、安定の幸せさって感じでしたね。
仕事も二人の関係もうまくいっていて、幸せ街道まっしぐらって感じの内容だったし、猪口さん自身もともと精神的に安定している人だったので(笑)
この人のお陰でめぐみが普通の子になったって感じがします!

理也くんとのGODD後は、今までとも他のキャラに対してとも違う最も年相応な女の子らしいめぐみというのが特徴な気がします。
ちょっと我儘な面もありつつ、理也と歩み寄りながら…って感じがしました。
私個人的には背負っている物とか生い立ちとか、一番理也が病みそうだなーって思ってたんですけどね。
実際本編では依存こそ若干オイシイ感じだったけど、そこまでだったんですよね。
なのでこちらも普通に幸せなその後…ですかね。
ただ…本編でGODDを迎える為に、めぐみが理也にある事をするんですけど、それの仕返しをされるんですよ‼
その時の理也の表情ははなかなかでした(*ノωノ)←

兄については彼の√感想と一緒に喋ろうと思います(*´ω`)

って事で、GODDアフターは普通にどれも幸せ…。
私の喜ぶものはなく幸せさをかみしめて終わりました(笑)

banner_200_vta.jpg 
◆アナザー◆

このアナザールート…。
これがなかなか面白い設定となっておりまして、神楽坂さんと理也、猪口さんの3人は本編とは違う出会い方や関わり方をしてめぐみと恋を育む…って感じです。

で、榛名くんと兄はまたちょっと違う形のシナリオとなっておりまして…。
榛名くんのシナリオは…アレ依存EDの続きみたいな感じなんでしょうか?
そういえばこんな感じで終わった事あったな…と、これまた記憶力の悪さからまったくはっきりと思い出せなかったんですけど( ;∀;)

兄の方は本編で綴られる物語より少し前のお話しって事で描かれているので、2人を育ててくれた蛍さんが亡くなって少ししてからの部分を描いている感じでしたね。
それぞれに異なる展開の物語なのでなかなか面白かったです!
ただこの辺はめぐみのマイナス思考回路の沼のオンパレードになるので、よくもそこまで暗い考えばかり思い浮かぶものだな…と思えますね(笑)

それが月影の鎖の味なんだとは思いますが、友達にこんなマイナス思考の塊の子がいたらキー(ノ`△´)ノってなる自身があります(笑)

さてさて、それではサクサク―っといきます!
神楽坂さんとはイケメン幽霊が出ると噂が流れていて、兄と竹林を見に行くとそこで出会う…って感じです(笑)
めぐみは絶賛うじうじ中なので、兄が神楽坂さんにめぐみの事を頼むと…お互い一緒に居るうちに惹かれていくって感じで、本編とは違う恋愛模様でした。
何だろう…神楽坂さん…めぐみとカナリ年齢差があるせいか、謎に妙に色っぽく見えるし素敵だったんですよね( *´艸`)

理也の方は本編とそんなに大差ないような流れとなっていて、本編同様の出来事が起こって理也に助けて貰いそこから距離が縮まるって感じでした。
キャラ設定も立ち位置も本編同様なので、特に違和感ない内容でしたね。
ただめぐみの頭の中でグルグル…グルグル…グルグルグルグルと出口の無い思考が続きすぎて、理也早く助けて―(TwT。)となりました私が(笑)

恋愛の感じもTAKUYOさんって私が感じるのは、はっきりと形のある関係性とか進み方ではなくて、煙とかモヤモヤしたもので包まれたような雰囲気な感じがするんですよね。
その印象を最後まで持たせたまま、理也と関係を作っていくって感じでしたね。

猪口さんは彼にしては珍しく、ドノーマルとはまた違った感じで面白かった!
あ、でも全然アブノーマルではないですよ(笑)
ただ彼らの出会いや関わり方が本編とは違う形で、ちょっと幻想的な感じというか…不思議な雰囲気を持たせている雰囲気だったので、そういった部分も含めて新鮮でした!

そして榛名くん!
ザ・TAKUYOって感じがするシナリオ展開となっていて、完全にお互いに依存しているというか…めぐみが榛名くんという名の病みに溺れまくっている感じの内容でした(笑)
榛名らしく闇エロな感じの雰囲気がガッツリと出ていたし、めぐみがちょっとまともじゃない感じがして面白かったです(笑)
こうゆうのこうゆうの!せっかく心中CD特典で作っているんだから、こうゆうのプリーズ‼と思いながら楽しませて貰いました(〃´∪`〃)ゞ

兄とのアナザーはちょっと前の話しって事だったので、恋愛がどうのこうのとかは無かったです。
でもこことか他の藤堂兄弟とかでのめぐみを見ていると、兄は自分に縛れて欲しくないとか自分のせいで…って常に思ってるんですけど、むしろめぐみが自分を縛っている感じがしましたね~…。

それと他の√でもそうなんですけど、何が良いって兄のキャラですね(笑)
三浦さんのお声がこれまた面白おかしく演技されている時とかもあって、このキャラかなりオイシイキャラだな~と思います。

あ、兄の感想ざっとになっちゃった(笑)
という事で、兄の大井川護ルートの感想に行きたいと思います。

ooigawa.jpg 

改めて、主人公のめぐみってこんなにマイナス思考の沼脳だったんだ…と思いました(笑)
いや、思い出してみると相手が病んで、めぐみが引っ張られるという設定ではなかった!
めぐみが病んでて相手が引っ張られる感じだったのはしっかりと覚えているんですけど、それにしてもめぐみのマイナス思考が凄かったです。

本編と同じような流れにはなっているんですけど、基本的に兄はめぐみに好きな人を作って貰おうとしている所とか、そうさせようと仕向けている感じ…。
ここの√をプレイすると“確かにそんな感じだったかも…”と思い出しますね。

めぐみと兄は血がつながっていないので、恋愛対象としてみてしまうとうのはまぁありきたりだとは思うんですけど。
それだけじゃないよ月影‼
めぐみに色々と降りかかっている時に、彼女は兄の事ばっかり考えてモヤモヤウジウジとしているんですけど、それを兄はどう見ていたか…。
兄はめぐみにどうさせようとしていたかというのが、ここの√を進める事で分かる事があって面白かった!

護がめぐみに対して抱える恋愛感情はかなーーーーーり重たいものだと思うんですけど、それをあのキャラだからなのか重く感じさせないんですよねー。
でも彼の言葉を聞いてるとなかなか重いな(笑)と思いました。(喜びの意味です)

で、めぐみの方も兄に対して抱えている自分の感情に気付くんですけど、これまたあんなに悩みまくっていたのに答えを見つけるとガラッと変わって、積極的になっておりました。
でもお互いに好きです→俺も→めでたしめでたしとサクッとはいかないのも良いですね。

結果的に幸せな結末を迎える方と、依存の方があるんですけどね。
GOODの方は兄妹として、家族として、恋人としてお互いを必要としている良い関係でした。
まぁ普通に見たら関係性が変わっているようには見えないので、兄と妹って感じの方が強く感じるんですけどね。
でも、わたくし…。
ここのお兄様に悶えましてですね‼(笑)

普段ストラバのタクミまではいかないけど、ちょっとそれ寄りな癖のある喋り方をするんですよ。
基本声が明るめだしおチャラけている感じなんですけど、最後の方のシーンで割と低めの声で真面目に喋っている時があるんですけど、もうキャーキャーでした(*ノωノ)
こうゆう差を出してくるのは狡いよねー…。

んで、依存EDの方は兄がめぐみの事を忘れられない…というEDだったんですけど、何か切ない切な~い終わり方でした。
私としては闇が強い方が好きなので、切ない方での依存はションボリしちゃいます( ;∀;)

でも何というかですね…。
この護の√をやってみて、どれほどめぐみの事を考えているかとかの気持ちを知るとですよ。
本編の時とか、今の今まで護はどれほどの気持ちを抱えて抑えていたんだろう…とか思うと、苦しくなるというかその重さに悶えるというか(笑)
うまく表現できないけど、色々な意味で結構な好物キャラだなーと思いました。
普段とか本当ダメ男風だけど、ふとした時かっこいいんですよ~。

それと、この√はある意味大団円的に近い感じがありましてですね!
問題を解決する仕方が、ある人達がめぐみの為に力を貸してくれるという流れなので、そこも良かったなと思います。
護という存在も重要だったと思うけど、そのお陰でめぐみは成長できていたんだなーとしみじみ思ってしまいました(笑)
何か今回のプレイの仕方視点がいつもと違う視点かも…めぐみの性格のせいかな…?w

そして後日談の感想もここで喋っちゃいますけど、こちらも幸せいっぱーいでした!
今まで兄がめぐみに対してこっそりしてきた事が、全てめぐみにはバレていた!という…護からしたら恥ずかしい出来事なんかもあるんですけど…。
紅霞市で出会った大切な友人たちと、大好きな人と過ごす温かい時間って感じでしたね~。

盛大に惚気ているだけのめぐみと護ってのもなかなか良かったです。

護との後日談に至っては、彼の√では妹兄だから…という事とかもあって色々とあったので、幸せでいてくれて良かったと素直に喜べました(笑)
護√ではEDを迎える時に護の決断やらめぐみの決断やらとアレコレとあったので、2人が幸せそうにしているのを見たらやっと心が落ち着きました。

と、眠気がかなり大変なことになっているので、うまくまとまっていないんですけど…。
なかなか楽しんでおります!
まとまらなくなってきたのでお暇しようと思いますが、明日は元気に藤堂兄弟の感想を喋りに来ますねー‼(=_=)ノシ

って事で…
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございましたーヾ(*´∀`*)ノ


眠い…眠いけど雅が待っている―‼
応援(∪・ω・∪)ポチお願いしますー‼┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言