FC2ブログ


こんばんはです~♪ヾ(*´∀`*)ノ

まずは昨日の遥か6ロンドの感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもありがとうございました~‼
本日もとてもとても励みとさせて頂いております┏○ペコ

実は…。
昨日のうちに遥か終わらせるぞ~‼と息巻いて進めてたんですけどね、感想書いてどんどこ進めてたんだけど、これが終わらない終わらない(笑)
萬から藤堂、通常ED、大団円って感じだったんですけど、ぜーんぶ最初からやってきたから進んでる気がしないんですよね‼(笑)

でも結局周回は3~4時間程度で終わっていたと思うし、通常EDとか大団円は個別のイベントをガツガツこなす感じではなくて、一度起こしているイベントをスキップで進めながらいくので割と早かったかな~?
まぁそんなこんなで遥か6幻燈ロンドを終わらせてきましたよ~ヾ(*´∀`*)ノ
ちなみに札とか集めてないし、フルコンではないです!
全てのED回収のみって感じなので、そこまで時間はかかっていないと思いますが…攻略キャラ結構多いのと、途中ゲーム出来る気力が無かったので時間がかかっちゃいました~(;'∀')

って事で今日はコンプ感想と残りのキャラ二人について喋ってしまおうと思いまーす♪

header2.png 

今回の遥か6幻燈ロンドですが、この幻燈ロンドというタイトルにも意味がございますよ~♪
作品中にメインで起こる出来事に関係しているキーワードになりますので、プレイした際には「これの事かっ!」と思いますね(笑)

シナリオは初回感想の時に軽くお話ししているので割愛させて頂きますが、今回の面白さはどこの√でも変化するEDの迎え方かなと思います!
前回の遙かなる時空の中で6の時には、EDに向かうまでの個別部分が各々異なっていたんですけど、お話自体は一本筋なので最後の最後2人がどこでどうするか…って所だけが違うって感じでした。
クライマックスの所からED迎えようか…という過程は、どのキャラ√でも同じだったんですよね。

でも、今回はEDを迎える過程、帝都に新たに起こっている問題を解決する解決方法とか、最後にどこでどうするかという所も、それぞれに違う終わり方なので面白かったなと思います。

シナリオ自体は勿論どこも同じ流れだし、周回の際にはある程度の所までは早送り出来るって感じなんですけど。
最後にクライマックスを迎えるまでの展開というのが、それぞれ異なっているので凄く楽しめました‼
帝都の問題と共に彼らに関する出来事も関わってくるので、各攻略キャラらしい展開となっていたし、良さも出ていたと思います。

システムも私的には優しい設定だったので、起こしたいイベントがスムーズに起こって本当に助かりました(笑)
若干恐怖症のあった私としては、安心して進められたかな(*´ω`)(私だけの事だろうけどw)

それと今回から登場している萬や藤堂さん、なかなかのキャラでしてですね‼
個人的には藤堂さんがだいぶ好きです私(*ノωノ)
皆さん結構胡散臭いって仰ってるんですけど、た…確かに胡散臭いと思います(笑)
でも声が近藤さんで、更にちょっと金持ちのボンボン臭がするし偉そうだし…更には彼について色々知ると、私が好きにならないはずがない(*´ω`)
あの癖のある感じとか言葉遣いが良い!

既存キャラ達も前回よりも梓に対する感情表現がストレートだったりするので、その辺も楽しめるポイントじゃないかなと思います♪

で、昨日私は夜中一人驚愕したんですけどね…。
全部のED回収ししてから、あっ!藤堂さんのDLCやろう~って思ってPSストア見に行ったらね…。
何と有料だったんですよっL(゚□゚)」オーマイガ!
私はてっきり遥かのソフトあればOKよ~という、親切設定かなぁと思ったら甘かったです(笑)
ちゃんと商売でした…(笑)
って事で、3つのシナリオで1500円以下だったけど…眺めながら悩んだ結果、辞めて月影FDをセットしました( ;∀;)←

藤堂√も一応あったから嬉しかったんですけど、追加のシナリオも気になったんだよなー…。
あ、ちなみに藤堂√は皆とはちょっと違う感じの√になっているので、彼との恋愛が成就するというのではなく、これから始まっちゃうかも⁉みたいな所で終わります…。
なので余計にこのDLCを楽しみにしておったのにーーーーー(TwT。)
有料だと知らなかったワタクシにとっては、ちょっと残念な感じになってしまいました…。

とまぁそんな事件もありながら、個人的には結構楽しめた作品だったかな!
前回みたいに足踏みする事も無かったから、すんなりシナリオには入れたし途中同じことの繰り返しで若干眠たくなった時もあったけど、楽しめました(*´ω`)

恋愛面も今回は6を経てからのロンドなので、キャラによっては結構序盤で気持ちに気付いて分かりやす~い反応をしてくるから面白いし(笑)
キャラ自身もわりとパワーアップしている感じで、その辺も楽しめたなと思います。

これランキングつけた方が良いんですよね…?

1 ダリウス
1.5 藤堂
2 萬・村雨
3 有馬・秋兵
4 コハク・ルード
5 九段・虎

って感じかな(*´ω`)
結構変化があったな~と思うんですけど、精鋭分隊がめっちゃ頑張ってた(笑)
キャラ的な物もそうなんですけど、秋兵とか√シナリオがカナリ好きでした!
萌え…という部分だけで見ると上位のキャラと有馬くん辺りがメインかな~って思うんですけど、コハクも捨てがたかったんですよね…。
でも今回の精鋭分隊にはちょっと敵いませんでした( ;∀;)

ダリウスは不動ですね(笑)
もう遥か6のキャラの中で一番好きです…|д・)
鬼の首領としてどっしり構えている感じが強く見えるので、落ち着いていて余裕な印象だけど実は…みたいな所が堪りません(*ノωノ)
 
同じようなシナリオ構成じゃないのにダリウスのすぐ下に食い込ませた藤堂さんは、色々と凄く好みだったんですよね~…。
まぁここで言ってしまうとアレなので、黙っておきますけど色々と好きな要素な盛り込まれた人でした!
さすが近藤さんヾ(*´∀`*)ノ

萬はプレイすれば分かって貰えると思うんですけど、人形が恋をするという設定としてはよくある展開となっているんですけど…。
萬の変化に合わせて下野さんのお声が少しずつ変化していく所とか、彼の行動力とか諸々に心を動かされました!

村雨さんは個別の感想でも散々言ったんですけど、今回大人の魅力が満載だったんですよ‼
ちょっと狡いな~とか思いながらも梓と一緒に翻弄されてしまう感じ?(笑)
凄く楽しかったし、ご褒美も多かったので…(*´ω`)グフッ

そして前回は下位になってしまっていた精鋭分隊二人は、今回カナリ盛り返してきました!
有馬くんは本当に素敵さんだったし、グイグイまでは行かないけど積極的になっている感じとか彼の魅力が詰まっていたなと思います(*ノωノ)
秋兵はとにかくすーーーーっごく幸せだった……。
今全員終わってみても、一番幸せだったんじゃないかと思うんですよね。
なので印象に強く残っているかな。

コハクはとにかく可愛いから男の人に昇格したシナリオだったなと思います!
もうこれを感じざるを得ない台詞の時にはキャー(*ノωノ)ってなりますよ…。
ルードくんは個人的には萌えとかよりも、梓との関係性が凄く良かったな~というのが印象に強く残ったんですよね。
でも前よりも素直になっている彼はとても可愛かったです(*´ω`)

最後は九段&虎!
九段さん今回はキャラ的に色々とパワーアップしていて、何か面白かったんですよ(笑)
残念ながら私の好みの感じではなかったけど、それでも可愛さとか面白さとか色々な物が詰め込まれていたんじゃないかと思います。
そしてお次の虎‼
今回の虎は前回よりも控えめ…って訳ではないけど、何だか野性的な感じがまろやかになっていた気がします。
私的萌え所が前回の方が多かったかな~って思いました!

って事でロンドの方のキャラランキングは、こんな感じとなっております。
さてさて、では最後に萬の感想と藤堂くんの感想を喋って終わりたいと思います!
まずは萬から行きたいと思います~♪

icon_man.png 

萬は自自働人形(オートマタ)という事なので、人の感覚とは違ったり喋り方も基本的には感情がない感じです。
一応公式でも謎な感じで紹介されているので口を噤みますが、特殊な場所から来ていて帝都で梓たちと出会い、梓をマスターと呼び従属します。
梓達と共に怨霊討伐をしたり共に行動して行くんですけど、その中で萬との距離を縮めていき…って感じの流れなんですけどね…。

この子どこの√でも最後の最後までちょっと謎めいているのでね…カナリおいしい立ち位置のキャラだなと思いますよ!
わりとシナリオに深く絡んでくる人なので、何か色々喋れないんですけど…(笑)
そもそも他キャラ√でもなかなか良い役をしております。
全てのキャラの√中で若干重要なポジションにいるので、萬の√ではどなるんだろう?とワクワク出来ると思うんですよね。

で、いざ萬の√に入ると…。
今までちょっと心を持ったオートマタだと思っていた萬が、笑顔を見せてきたり自分の梓に対する気持ちに戸惑ったりと…とっても人間臭い感じになっていくのでそこもまた良かった(*´ω`)
どうして梓に対してこんな気持ちになるのか、この気持ちは何なのか…って所から、自分が持ってはいけない感情なんだ~とかなって、恋に苦しむ姿が良かったんですよー(*ノωノ)

しかもこの人マスター(梓)に従っているキャラなので、基本的には梓に対して一歩引いている感じなんです。
でも一緒に過ごしていく中で恋が芽生えていくと、その距離が少しずつ近づいていって萬の梓に対しての行動が…ちょっと積極的になる場面とかもあるし!
更に言うと梓の萬に対する感じる感情とか行動とかも、何か恋する女の子って感じなのがこれまた面白かったかなと思います。

シナリオの展開も物語に深く関わっている萬だからこその展開って感じで、とりあえず切なさが強い感じの流れになっているんですけどね‼
ここでの藤堂くんが他の√とは全然違う顔を見せてくるので、私的にはめちゃくちゃ面白い展開となっていたんですよー(≧∇≦)
藤堂くんと萬の関係性が光っていた√だったと思う!

今までの√では絶対に見る事の出来なかった藤堂くんの本当の姿…みたいなものが見えたと思うし、2人がお互いを特別に思っている(変な意味じゃないよw)のが凄く伝わってきましたね~。
憎まれ口をたたきながらも萬の事を気にかけて、それだけの為に行動する藤堂くんはステキだったし(:_;)
萬と梓が幸せになれた姿を見たら、心が穏やかになりましたもん~( ;∀;)

そこに至るまでにはモヤモヤしたりしながらも、梓と萬がすれ違ったり…はたまた藤堂くんが萬の邪魔(?)とかしながら進むんですけどね。
その藤堂くんの行動にも萬を思っての事だったりとか、萬が梓と一緒に居る事で人と同じような感情や感覚を備えていって、梓に特別な感情を持っていく事で藤堂くんに対する態度とか考え方とかも変わっていくのとかも凄く良かったなって思う!
人と感覚がずれている人が、どんどん感情を持っていく流れってちょっとした笑顔でキャー(*ノωノ)ってなったり、思わぬ行動で(´∀`*)ポッってなったりするけど、まさにその代表って感じでしたね(笑)

しかもランキングの時にも言いましたけど、その変化と共に下野さんの喋り方にも変化が出ていてね~そこがまた良いんですよね~( *´艸`)
最初は無感情な感じの喋り方なのが、どんどん変わっていくのが萬の変化を現していました。
で、最後の最後には萬の行動にドキッとさせられるので…(*ノωノ)
EDの迎え方もなかなか面白いと思いますしね!

お次は最後の藤堂くんなんですけど、この方の場合攻略!って感じとは違う感じでした。
なので公式でも攻略対象とはされていないんですけど、個人的に好きなので感想書いちゃいますよー‼(笑)

icon_to.png 

見て!この顔に近藤さんの声がつくんですよっ!
最初は特に何とも思ってなかったんですけど、登場して喋った瞬間に『わわ(´ω`人)好きかも♪』となりました(笑)
いや~…多分一筋縄ではいかないキャラが好きな人は、その魅力が分かって貰えるんじゃないかなと思いますよ…。

藤堂コンツェルンという帝都では超有名な金持ちファミリーの息子なので、基本的にはザ・金持ちって感じ(笑)
喋り方とかも上から…ってゆうか、ちょっと偉そうな雰囲気があるし、彼のEDを迎えようと関わっていくと梓がしきりに「チャラい…」って心の中で思っているのが笑ってしまいました(笑)
思えば梓って現代から帝都に来ているんだけど、馴染みまくっているからそれを忘れちゃうんですよね。
今風な言葉遣いをすると「あ、現代っ子だった…」と思い出すんですが、藤堂さんとのイベントで彼に女の子の行列が出来ていたり、梓に対するナンパな感じの対応の度に「チャラい人」と思ているのが妙に面白かったです。

この人わりと他√では強気だしハッキリ言ってしまうと、嫌な奴臭が強いんですよね。
でもその感じにも理由があるんですけど、ちゃんとそれを理解し合って終わるパターンのEDとサクッと藤堂くんが関わらなくなるEDと別れているんですよ…。
藤堂ファンとしてはサクッと終わる方は「えーーーーー!」って感じでした(笑)
でもちゃんと理解するEDの方を見た時には、「あぁ…やっとまともに終われた…」と思ったんですけど、萬の√をやるとより藤堂くんに興味が湧きましたね( *´艸`)

で、肝心の藤堂EDでは…。
藤堂くんには成し遂げたい事があるんですけど、それをするには梓という存在は邪魔というか…あまり深く関わりたくない相手な訳ですよ。
でも藤堂EDを迎える為には彼との距離を縮めていく事になるので、梓がいつもの調子で藤堂くんに近づいていくと…。
今まで見る事の出来なかった彼の本当に抱いている感情みたいなものがちょいちょい見えだしてきます。

このボリュームで藤堂くんと恋に至るにはさすがに短いので、成就するという終わり方じゃないのには納得です。
だって今の段階でも「チョロイな藤堂…」って思ったもん(笑)
でもまぁそこが彼の色なんだと思いますけどね!
全然過去を断ち切れていない弱い部分とか、完全に見誤って進んでいる感じとか…ダリウス同様にダメ男な訳ではないけど、そうゆうのを匂わせるキャラで凄く好きでした。

自分の成し遂げようとしている事への考え方が梓と関わった事で変化していくんですけど、萬同様に自分の気持ちに振り回されているのが私的に面白かったポイントでした!
最初は掴みどころ無いチャラ男なんですけど、自分の気持ちに翻弄されつつも抑えている辺りから藤堂熱が高まりましたね(*ノωノ)
他√でのちょっぴりゲスい感じも好きだけど、萬と藤堂EDでの実は優しくて寂しい人な所も好きです。

しかもそこに近藤さんの声がついてるんですよ|д・)  
堪らんキャラ設定だと思うんだけどなぁ…。
サブで攻略対象にして欲しい‼ってキャラは散々いたけど、藤堂EDを作るくらいならガッツリ攻略させてー‼と思いました( ;∀;)

あれ、サブキャラなのに感想が長くなっている(笑)

EDの迎え方も大団円風になっていて、皆との絆を改めて理解できる部分もあるし、藤堂が梓の事を特別に思っている感じとかもキャーキャー出来ましたよ私は( *´艸`)
あー藤堂のシナリオやりたかったな~…。
じゃ買えよって感じですよね(笑)
でもソフト借りてるからどうしても買うって気持ちにはならないんですよね。
なので、このDLC買った人いたら感想聞かせて下さーい(*‘∀‘)←
待ってます(笑)

って事で、遥かなる時空の中で6 幻燈ロンドはこれにて終わりとなります‼
今日まで感想にお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ

次は既に開始している月影の鎖 狂爛モラトリアムです♪
こちらも新たなキャラが加わっているとの事なんですけど、とりあえず兄である大井川ルゥトからやっているので(*ノωノ)
また次回からお付き合い頂けたらと思います!

ではでは、最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪|д・)ノシ


久々にゲーム三昧していて
喜びに浸っているりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致しますヾ(*´∀`*)ノ

にほんブログ村

こんばんはですーヾ(*´∀`*)ノ

まずは昨日のリミライ2017のレポ…。
あんなに長く長く長ぁぁぁぁくなってしまったのに、お付き合い下さった方々‼
沢山のコメントや拍手、応援(∪・ω・∪)ポチも下さいましてありがとうございましたー(*ノωノ)
本日もとてもとても励みとさせて頂いております~♪┏○ペコ

実は昨日あの後遥か6ロンドの続きをやって、その後寝たんですけどね…。
なんと村雨さん√が終わって寝ようとした頃には3時を過ぎてました(笑)
お陰様で早く起きるはずが、全然起きられなかったワタクシです(=_=)

昨日の興奮&ダイナー熱が冷めやらぬまま遥かの続きを始めたんですけど、ご一緒した方のブログやらブロ友様へのブログにお邪魔するという寄り道をしつつも…。
有馬隊長まで終わらせてきましたよーヾ(*´∀`*)ノ
ちなみに感想を書いている今…昨日聞けなかったJUDGEMENTを含むダイナーCDを聞きながら、ここに参上いたしました(笑)

って事で、今日はざざーっと3人分感想をサクッといっちゃいますよん!
まずは村雨さんから行きたいと思います。

icon_murasame.png 

いや~今回の村雨さん…何か大人の色気たっぷりって感じでした‼
シナリオの展開はどの√も同じなんですけど、本編を経てからの今回のお話しではあるんですけど、本編で村雨攻略を済ませている方なら知っている事実を、ここでの梓はまだ知らないんですよね。

なので、村雨さんが帝都で政治活動をしながら名を馳せているのは前回に引き続きって感じではあるんですけど…。
何故そこまでしてこの帝都を良くしていきたいのかとか、そういった細かい部分は今回の√中に知っていく…というスタンスでした。

でもなんというか結構序盤から村雨さんは梓の事を良いなと思っているというか、彼女の真っ直ぐさとか素直さに惹かれつつある感じがあるんです(*ノωノ)←なぜお前が照れるw

で、ですよ…。
今回の村雨さんはシナリオ中の梓とのやり取りもそうなんですけど、ちょいと起こる事件なんかでも大人の色気とか余裕とか…そううゆのをバシバシ出してきやがるの‼
いちいち見ているこっちが照れるような感じなんですよね…。
そりゃ梓も照れるしアワアワするわ!って感じなんですけど、常に村雨さんの方が大人で年上故の余裕みたいなものがあるんです。

だけど、梓を自分を好きかも…と思いつつも、それを見誤らないように言い聞かせている感じとかもあったり…。
年が離れているから梓が自分にただの憧れで囚われないように一線ひいている感じとかが、すっごく私をソワソワさせてきました(笑)

でも村雨さんが年上だからなのか、基本的には梓が村雨さんに寄っていく感じで、村雨さんが梓に選ばせようとしているというか…。
決して自分から距離を縮めようとはしない狡さみたいなものが楽しかったです(*´ω`)

物語の展開の方なんですけど…。
今の帝都の様にになるまでには村雨さんの本編での努力というか、やってきたことあってこその形だと思うんです。
その中で起きた新たな事件なんですけど、今回の村雨√での解決法は今の村雨さんにしか出来ない解決法だったなと思います。
これまでのキャラ√での解決方法も、それぞれのキャラを生かしたやり方だったと思うんですけどね。
ここでも村雨カラーが出ていたなと思います。

それとEDの迎え方が村雨さんと梓にとっては、これもまた幸せな終わり方なのかなって。
個人的には村雨さんの新たな姿に、「キャー(*ノωノ)大人の感じ~(*ノωノ)」とキャッキャしちゃいましたけど(笑)
まぁ大人大人って言ってますけど、あの人私とそんなに歳変わんないですけどね‼
ちょっと私に方が年下だけど…←

あ、ちなみに村雨√の見どころは、「村雨inお風呂」スチルですよっ!(*ノωノ)
常に色気を醸し出し続けてきた村雨さんなんですけど、このお風呂と添い寝スチルがハァハァしてしまうと思います。ハイ。

って事で、今日はサクサク行きます(笑)
お次は、来ましたー‼何故かヤミ―な心を見せてくるダリウスです(≧∇≦)

icon_dari.png 

ワタクシ前回の遥か6ではダリウスのあるシーンで、ものすごーくキャーキャーしてしまったので…。
今回はどうなるんだろうか…と最後の方に持ってきたんです‼

このお方は鬼の首領という立場があるので、ルードの時の√と同様に鬼という存在を帝都の人達に知ってもらう事だったり、一族が安心して過ごせるように…という帝都&鬼の一族の未来について色々と動いていくという内容がメインで描かれておりました。

それと共にダリウスが本編で垣間見せた彼の心に闇?というのかな…闇という程でもないんですけど…。
ダリウスの持つ狡い部分とか、梓がダリウスを見て感じている“ダリウスという人”よりも、もっと俺は狡くて醜い心を持ってるんだぞみたいなアピールじゃないんだけど、そうゆうやり取りがあるからかな?
他のキャラとの恋愛よりももどかしく感じました(*ノωノ)
このもどかしさがまた良かったんですけど、ダリウスが自分を特別に思ってもらいたいとか、自分を見て欲しいと思っている気持ちを、ちょいちょい滲ませている感じが…。
何というのかな、見ていて心がサワサワするんですよね(笑)

うまく伝えられないんですけど、梓が嫉妬するように仕向けてみたり、過去に愛宕山で自分がした事に負い目を感じつつも梓に近づき過ぎない様ににしていたり…
はたまた梓との関係を進められる感じになったら、なんとも前よりもストレートだったりと…イケボが際立ったダリウス√だったなと思います(*´ω`)

ダリウスって実際鬼の首領として常に殊勝な態度だし、一族を引っ張っていく…って感じの印象なんですけど、この人実は結構弱い部分が目立つというか。
そこが隙のある感じで好きなんですけど、その隙のある感じが今回は結構目立って見えた気がします。
まぁ、梓が居ないとコイツダメだな…と勝手に思っちゃったんですけど(笑)
ダメ男とは言わないけど弱気になる部分が目立ったというのかな?
なので個人的にはそんな弱い部分も見せてきつつ、狡さを見失わないダリウスやっぱり素敵~(*ノωノ)と、喜びつつ前回とは違った雰囲気となっていたのが楽しめました。

シナリオの展開としては、ルードの時と同じような展開でありながらも…梓自身が考えて行動するという展開がドキドキしちゃいました!
勿論誰かに協力して貰ったりとかも後々出てくるんですけど、そこに行くまでは自分一人で答えを探して導くので、梓が帝都とダリウスを救いたいという気持ちがめっちゃ伝わってきたー‼

何か何が言いたいのか分からなくなってきちゃったんですけど、とにかくですよ‼
ダリウス一人じゃ余計な結末にしか導こうとしなかったけど、梓が居て良かったねと言ってあげたいですね(笑)

EDも幸せそうなお2人が見られて良かったなーって思います(*´ω`)

そしてお次は有馬隊長ですっ‼

icon_arima.png 

実はプレイ前に有馬隊長をお借りした方から推されたので、この方以降の攻略順は彼女のお勧めという形になります。
言われていただけあって、今回の有馬隊長一味違いましたー(*ノωノ)

私のダリウス推しは不動の物だったけど、有馬くん…。
何か今回恋愛色がわりと強めというか、彼らしい実直さは失われていない中にちょっとした積極的さみたいなものがあって良かった~♪(*´ω`)

朔良のてらしーボイスに今染まっているから、有馬くんボイスが可愛く感じてしまうんですけど(笑)
まずは恋愛面からいきますと、有馬くんのあまり感情が分からない態度等のお陰で梓はちょっとだけ、ちょっとだけ振り回されている感じになるんですよね。
で、他√でもそうなんですけど、いざ帝都を救う為に動き出すって時には有馬くんは別行動になるんです。

ここでは、その時に何が起こっていて、どうして別行動になったのか…ってゆうのが分かるようになっていたんです。
まぁ色々と大人の事情?なんかが絡みつつ、結構最悪な出来事が起こってしまうんですけど、それを梓のある行動で救うって感じの展開になっておりました。

あ、恋愛面って言ってたのにシナリオの話しになっちゃった(笑)

えっと…
有馬くんに限らず…なんですけど、相手側は基本的に梓の事を尊敬しているというか、彼女に感謝していたりとか凄いと思っていたりとか、そうゆう部分に惹かれているというのがあるんですよね。
なので有馬くんも彼女を同士として思いつつも、女性としても意識しているって感じなんです!
ただすっごく恋する女の子って感じの展開が多くて、その度に起こす有馬くんの行動に「キャー(*ノωノ)有馬めぇぇぇぇ(ノ`△´)ノかっこえぇやないかー‼」となりました。
まるで少女漫画を読んでいるような心情でした(笑)

何かいちいちかっこよかった…この人…。
本編の時もカッコ良かったけど鬼周回のせいでそれが薄れてたのかな?
前回よりも素敵度がアップしてたように思いますよ!

で、シナリオの展開の中でも有馬節は健在で、この人もダリウスや秋兵と似ていて一人で抱え込む派なので…。
梓が自分の選択が間違った…どうにかして救いたい助けたいって事で、ある決断をしてEDに向かいます。
ここの最後の展開は今回の他キャラでもあった〇〇EDとなるんですけど、これもまた精鋭分隊の皆や八葉の皆との絆が感じる終わり方になってます。
特に友部!(笑)
余計な事ばっかり言ったりしてきて、ずいぶんコイツのお陰でハラハラさせられたけど、最後には良い働きをしていたしえぇ奴やった…( ;∀;)←

途中は有馬くんが何考えているのか何をしようとしているのか分からなくてモヤモヤしたりもしたけど、その後のご褒美的なシーンもありますので(*ノωノ)
あのモヤモヤも全てこの時の為かと、我慢してきて良かったー‼となりました(笑)
梓が行動的な子で良かったね…。
これであの子が控えめすぎる子だったら、うまくいくもんも行きませんよ…。

とちょっと文句的な事も言ったりしたけど、この√を通して言いたい事は有馬くんのイケメン度がアップしていました。って事です(笑)

さて…。
遂に終盤に差し掛かってきましたよー♪
これから萬√以降を進めて、次のゲームに手を付けられるようにしちゃいますよーヾ(*´∀`*)ノ

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~┏○ペコ


マサトインパクトに手を出そうとしている方が
おられますので…ワタクシのお気に入りの
シズカ登場です(*ノωノ)
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(*´▽`*)

まずは昨日の短いけど九段感想に付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~!
本当毎日お付き合い下さっている方や、検索して辿り着いちゃった方等のお陰で毎日楽しくお喋りさせて頂いておりますm(__)m
本日も更新の励みとさせて頂いております(*´ω`)

いや~…。
なんか全然働いてないのに既に疲れておりますワタクシ(笑)
もう何か出来れば好きな事だけして生きていきたい!←
今日も帰りが遅くてもう嫌だーと叫び出しそうなりな子さんです┏○ペコ

しっかり今日も残業になってしまいましてですね!
本当少し前に帰宅したんですよー(つд⊂)エーンエーン
そんな私のストレス発散は駅からの帰り道で、爆音で乙女含む好きな音楽を爆音で聞きながら帰ってくる事です(*´ω`)
たまに口ずさんじゃったりするので、すれ違う人からしたら「変なおばさん」と思われているかもしれません。

さて、そんなお疲れモードなワタクシですが…
あと一日…あと一日頑張ればダイナーのライブですよ~ん(/・ω・)/キャッホゥ~!
玲音達の生歌が聞けると思うと、もう今から既に(;゚∀゚)=3ハァハァしちゃいます。
楽しみだ…楽しみすぐる(*ノωノ)グフフフフフフ

更にLiveの後は、ご一緒する方達と打ち上げするので…!←※注:決してLiveに出る訳ではないw
そちらの方もとっても楽しみなのです♪

今回お2人の方とご一緒させて頂くんですけど、お1人はお会いしてから何回か遊んでもらっているブロ友様で、もう1人の方は実際にお会いするのはお初なんですけど、ブログやTwitterでお話しさせて貰った事がある方なので初めてな感じがしていない(笑)
でも、実際にお会いできるというのはやっぱりドキドキワクワクするので、すっごく楽しみですー(∩´∀`)∩
あんまり粗相しないようにしないと(*´ω`)←今更(笑)

さてさて肝心のゲームなんですけども、昨日から村雨くんが全く進んでおりませんよ~。
昨日はここで感想喋った後にお風呂に入ったりとか色々済ませて速攻で寝ました(笑)
でも寝たらすぐ目覚ましが鳴って、もう朝!?ってなってた感じでしたよ~( ;∀;)

なので今日は昨日一緒に感想を喋ろうとしていたルードくんの感想をば。

icon_ru.png

今回のルードくんは、なんだか前の時よりも素直な感じでした。
梓を好きだというのを認めるのも素直に受け入れていたし、「好きだけどそれを認めたくないけど好き」みたいな複雑な感情は彼の中にはあるようだけど(笑)
それでもわりとすんなり自分の梓を好きなんだという気持ちを受け入れて、梓ともお互い支え合いながら尊重し合っている感じが凄く良い関係だな~と思いました。

梓も凄く素直な子だし、ルードも常に学ぼうとする姿勢なので2人のやり取りが何か素敵だったんですよね!
理想の関係みたいな…そんな感じでして、素敵だな~と思いました。
で、√中からちょいちょい「ここのEDはもしかして…」と思う会話が出てくるんですけど、それに関してもとても素敵な流れだったしこれまた今まで攻略したキャラには無かった終わり方で楽しめました。

ここでも帝都に起こっている問題を解決しようと奮闘していく中で、ルードとのイベントが起こっていくんですけどね。
個々の流れは各自一緒の流れになっているんですけど、彼らに関わっている遥か6の本編で起こる問題というのは、ロンドの方では既に過去の出来事となっていてひと段落しているんですよ。
なので、遥か6で起こっていた問題は前はそうだった…でも今はそこがメインの出来事とか悩みではない…という形になっているんです。

で、ですよ!
ルードの場合は、鬼に関しての問題がメインとなっていて、鬼という存在を皆にも受け入れて貰うには…というか、民衆が抱いている誤解を解いていきたいって思うんですよね。
で、そのルード自身が悩みながら答えを出していく内容と、帝都の問題を解決に導く部分が繋がっていたりとかしてます。
ちなみにここでは鬼の首領としてダリウスも関わって来て、ダリウスとルードの関係性にも変化が…⁉みたいな事をいって期待させてみちゃったり(笑)←

それにその悩んでいる時に、梓が力になっていたりとか…彼女の言葉で閃いたりとかしているのが良かったんです!
ここの√は2人の関係性が現れているやり取りが多かったように思います。

ちなみにここでの藤堂くんは『あれ?あなた八葉に仲間入りしたんでしたっけ?』と言いたくなるような位い、皆の輪に溶け込んでいた(笑)
でも最後を迎えるまでの展開はちょっと切なくもありつつ、幸せになるって感じの流れなので( ;∀;)
ちゃんと幸せになれるって分かってはいるけど、ちょっとしんみりしちゃう流れでしたね~。

だけど、その流れこそがルードがどれだけ梓を大切に想っていて必要としているか…梓がルードの事をどれほど大切に深ぁ~く想っているか…
というのが分かる展開になっていると思います!

ここの√では梓がある決断をするんですけどね、その時に藤堂と二人で話してどうするか決めるんですよ!
でもその決めた事を言わない梓…。
ここのシーンが何か切ないけど気持ち的にめっちゃ盛り上がったシーンでした(笑)
しかも容赦なくそのシーンを過ぎ去っていくので、あれよあれよと言う間に進んで悲しんでる暇もない感じですけどね!
でもその後からじわじわと寂しさがくる感じで、良かった…( ;∀;)
悲しいけど良かったんですよ~‼

その後には八葉の仲間+藤堂&萬がめっちゃ素敵な働きをしてくれて、皆が素敵な仲間だーというのがよく分かる( ;∀;)
梓とルード的にも、皆との絆的にもえぇ話しでした(TwT。)

あ、それとここではルードくんの貴重な〇〇版のお姿が拝めます。
これには何故かテンションが上がりました(笑)

シナリオの展開も今までとは一味違うピンチなんかもあるし、ルードのある行動で迎えるあるシーンなんてギャー!( ;∀;)って感じだったし…。
ルードがダリウスをすんごーく尊敬していて大事にしてるのも、逆にダリウスがルードを認めていて期待しているのも…色々皆の想いというのがギュギュっと詰まっていたなと思います。

ワタクシやっぱりダリウス好きなので、ルードの所での展開は心臓に悪かったですね。面白かったけど(笑)

それとここで黒龍が梓に「常に二者択一だ」みたいな事を言うんですけど、その一言からの梓のある決断とか、ルードのある決断とか最後まで繋がっているんですよ。
人生の岐路に立たされる時があって選ばなければならない…みたいな事を言ってるんですけど、何ていうのか…
その辺がより梓とルードのシナリオをよりドラマティックにしていたなと思います!

最後になりますが、私初めてほとんどの戦闘をスキップして進んでみました!
途中ルードの札を強くするためと絆を一応上げておこうって事でちょこちょこ戦いましたけど、スキップ出来ないボス戦みたいなやつ以外はほぼ飛ばしてます。
サクサク進むしイベントも起こりやすいしで大変助かっております(笑)

これなら以前起こった鬼周回は、今回しないで済みそうです~(*´▽`*)

と…またもや短くなってしまいましたが…。
今日はこの辺で┏○ペコ
今日はもう大人しく寝ようと思いますので…、明日は村雨さんの感想喋れるか分からないですけど、気長にお待ちくださいませ_( _´ω`)_
ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪


とりあえず絶対にLiveではパンフレットは
買おうと意気込んでいるりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します♪┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~♪┏○ペコ

まずは昨日の感想に付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~!
本日もとても励みとさせて頂いております(*´ω`)

さてさて、昨日は感想を喋った後に村雨さんの√まで漕ぎつけたんですよ!
だけど始まってちょっとしたら相方が帰宅しまして中断( ;∀;)
大人な恋愛はお預けとなりました~(´・ω・`)

今日は九段さんとルードくんの感想を喋ろうと思ってたんですけど、実は帰ってきたのが本当にさっきでしてね…。
残業でめっちゃ残ってて( ;∀;)
もう疲れたし眠いし明日も朝早いしで、ルードくんは諦めて九段さんだけ喋りたいと思います(TwT。)

そしてその前にちょいと余談なんですけど…。

ブラウルの発売日の週、わたくし……家におりませんので受け取れないことが判明!
残念ながらその時はどう頑張っても受け取れないので、諦めて遅れてプレイする事となりました~(TwT。)
結構楽しみにしてたんだけどな~…。

なので、今の遥か6ロンドが終わったら月影FDやって、その後お貸しする約束のあるブラハ辺りに手を付けようかなと思っています。
まぁ遥かの進み次第で手を出すかどうするか決めますが、発売日特攻は出来ないのでこの際積み崩してやるー(ノ`△´)ノ
と、思っています(笑)
いやーあと一週早ければ受け取れたんだけどな。
やっぱり木曜日休みにしようかしら(笑)←

では、九段の感想に行きたいと思いますよ~ヾ(*´∀`*)ノ
ちなみに、九段さんとルードくん…この2人より前に攻略した方達とは全く違うEDの迎え方でとても面白かったです!
しかも、やっと!やっと私のお気に入りの藤堂さんがないがしろにされないEDの迎え方だったー!(*ノωノ)

って事で早速…。

icon_kudan.png 

前回の遥か6の時は、梓だけでなく九段自身も恋という気持ちが分からなかったので、結構ゆっくりな速度で恋愛が進んでいたように思うんです。
けど…今回は割と早い段階から「九段恋してるねー!」と言いたくなるような展開が多々ありまして、更に言えば九段が一人で照れたりとかしちゃってるのがなんか可愛くて面白かったです(笑)
今回の九段は色々とキャラ的にもパワーアップしてたんじゃないかと思います!

まぁ全体的にストーリーが短めというのも一つだと思うんですけど、梓の事を好きになってその気持ちに気付く感じも
梓を誰にもとられたくない→好きなのか!と気付くというのが、何か九段らしいけど九段らしくない感じで面白かったんですよね(笑)
もともと九段は世間知らずな感じというか…そうゆう所があったとは思うんですけど、そういった部分も確実にアワーアップしていたし千代に勝てない九段なんかもちょいちょい出てきて楽しめました。
前回よりもちょっと子供っぽさとかの部分が強めになっていて、より味のあるキャラになってた様に思います。

しかもちょいちょいプッと笑ってしまう感じが多くて、九段と梓が噛み合ってないというか(笑)
梓が九段に対して恋愛と意識してない時に、九段が一人でポッてなってたりとかするのが何か面白かったです。
そうゆうやり取りとかも、以前には無かった感じなので楽しめたのかな~と思います♪

そして肝心のシナリオの展開なんですけど、秋兵とはまたガラッと違う感じの展開となっていて面白かった!
九段までにプレイしてきたキャラの√では無かった展開をしていくし、EDの迎え方も全然違うのですごく引き込まれました。
わりと同じ展開で、同じようなEDの迎え方をするのかな~と思きや…。

九段の√では九段にしか出来ないEDの迎え方だったと思うし、それぞれのキャラに合わせた展開となっているのが良かったです!
そして私が言いたいのは…九段の事だけではなく藤堂さんですYO‼
ここに来てやっと…まともな扱いをして貰えてEDを迎えられたって感じがしました(笑)

それと九段の恋路を邪魔するという意味でも、ナイスな感じだったし…。
まぁただ単に九段を困らせる為だけに梓にちょっかいかけてくるんだけど( ;∀;)それでも私は良いんだー楽しかったんだー(ノД`)・゜・。
なので、今まで攻略した他キャラの時よりは絡みがあったし、終わり方も「あぁ…何か良かった…w」って思える終わり方でした‼

あ、やっぱり一人分だと凄く短い感想になってしまいましたね…。
しかしワタクシ…もう限界…(=_=)

今日はこの辺にしておきます‼
ゲームも全然進められる気力ないけど、明日はルードくんの感想喋りに来れたら来まーす♪

本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~ヾ(*´∀`*)ノ


残業代をせびってやるー(ノ`△´)ノ
応援(∪・ω・∪)ポチお願いいたします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(/・ω・)/

まずは昨日のガルスタ感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも沢山頂きありがとうございましたーヾ(*´∀`*)ノ
毎日とーっても励みとさせて頂いております┏○ペコ

さてさて…。
昨日ここに喋りに来た後に、すぐさま遥かロンドの続きをプレイしに行きましてね!
黙々とプレイした居たわけですよ。

で、どうにかこうにかルードくんの√に入った所まで頑張って、耐えられなくなり寝てしまったんですけどね…。
なんと…時計を見たら4時でした(笑)
本当ならば、今日は早めの時間に相方の家に行って、ちょっくら買い出しとか行っちゃおうかな~なんて思ってたんですけど…(-_-)
まぁ4時過ぎに寝たんだから起きれる訳がなく…目が覚めたら既に昼を迎えようとしておりましたL(゚□゚)」

なので、夕方前には移動して相方の家に着き、そこから掃除洗濯等々をこなしていたのでゲームが進んでなーい(ノ`△´)ノ
しかも今日は普通に帰って来るらしいので、早い所ゲームに没頭できるように感想を喋りに来ました!
と言っても皆様にお目見えしてるのは日付がまたいでから…になると思うんですけど、その時にはきっと夢中でルードくんにニヤニヤしている事を願っております(*´ω`)

あ、それとですね、私攻略順に村雨さん入れるの忘れていてですね(笑)
この方は楽しみなキャラなので、ダリウスの前あたりに攻略しようかと思っております♪

ではでは、早速参りたいと思います‼
今回は秋兵&コハクの感想となっておりまーす。
まずはコハクから行きますね♪

icon_kohaku.png 

そもそもコハクって本編の方でもそうだったんですけど、初めから梓の事が大好き!って感じの雰囲気を醸し出してますよね?
ものすっごーく懐いている感じで、とにかく主人公が大好きすぎるワンコのようなコハク。
個人的には本編の方でも割と可愛い部類だし、私のツボって感じではなかったんです。

ただ、この子やっぱり何か持っていらっしゃる子で(笑)
本編の方でも意外なストーリー展開で、結構面白かったな~というイメージなんですけど…。
今回、コハクくん……男を見せてきます‼(*ノωノ)

しかも恋愛の進み方が、恋してる感じがすっごいしました。
その中でも何が面白いってね‼
普通主人公側の心情をメインで描いて、相手側は例えばハニビさん形式ならばpoint of veiwとかで時々見せてくれる感じだと思うんです。
でも今回のロンド内では、勿論梓の相手の事を仲間として大切に思う気持ちから“特別な存在”として認識するまでの、気持ちの変化とかも描かれているんです。
けど、相手側が全く何も気づいていない状態の梓に対して、好意を抱いている状態の彼らの気持ちの部分というのが描かれているのが、すんごく面白かったです。

例えばコハクならば、梓の事が好きでその気持ちは恋だと気付いているんだけど、梓の方はその気がなさそうなのに自分に優しくしてくれる…。
特別だと勘違いしそうモヤモヤ……→梓がどう思っているのか遠回しに探ろうとする→自己嫌悪に陥るモヤモヤ…。
みたいな(笑)
モヤモヤしか言ってないじゃんって思われそうなんですけど、実際何というか…お互い自分の気持ちと相手の態度にモヤモヤしつつ、すれ違ったり距離が縮まったりして恋愛してますね!って感じだったんですよ~(笑)

それにコハクにとって梓という存在はただ好きってだけでなく、自分を助けてくれたり、生い立ちとかで色々あったコハクに対して道を示してくれるというか、色々助けになってくれた人だからすっごく特別な存在なんだな~というのが伝わってきました。
とにかくコハクの真っ直ぐに梓を思う気持ちが、彼の√の面白さを確実に引き立てていたと思います‼

だってね…あんなにいつも元気で、犬っころみたいなコハクが……。
自分は男だと…梓に意識させてくるシーンがあったんですよぅ‼(*ノωノ)
それが何かいきなり男っぽく言ってくるし、なんか知らんがカッコよく見えるしで
((ノェ`*)っ))タシタシ<キャー‼コハクの癖にキャー‼
ってなっちゃいました(笑)

ストーリー展開は概ね初回と同じような感じだったんですけど、やっぱり個別に入ってクライマックスを迎えるまでの展開と、終わり方が√によって少し違うみたいで楽しめます!
これはこの後の秋兵や九段√で、ちょっと違う展開となっていたのでそれぞれ違うんだな~って分かったんですけどね!
タイトルの“幻燈ロンド”がどうゆう意味なのかとか、帝都を救うにはどうすればいいのか…とか。
前作同様になかなか面白いストーリー展開だと思う…思うんですけどね‼

今攻略を終えている中で、九段以外の√での藤堂様の扱いが…( ;∀;)
藤堂ファンとしてはちょっと悲しいんですよね~。
なんというかわりとあっさりとアレされちゃうんで、「えっ!あれっ!?」ってなってしまいましたよ…o(;△;)o

それと戦闘面なんですけど、二周目以降も戦闘はほぼスキップしないで進めていたんですけど、今回は前回よりもイベントの起こすのが簡単かも!と思いました。
普通にスキップ使いまくって一定の絆を上げるだけでも、スムーズに進みましたし!
ただボス戦?とかに備えてある程度使うキャラは育てておかないとなので、全スキップはしておりません。
周回も昨日の一日で3~4人終わらせてるから、そんなに時間かからずに出来るかなーと思いますね!

本当はスチルとか眺めながら感想喋りたいんですけど、ルードくんの途中で見られないので…
私の使えない脳みそをフル回転して思い出しながら書いてるので、かなりざっくり感想になってしまっているんですけど( ;∀;)
次の秋兵に行きたいと思います。

icon_katagiri.png 

私、秋兵√結構好きでした‼
前回の遥か6では秋兵と彼の父との関係性は、うやむや…というか、その辺しっかり解決できないまま終わってしまっていたんですよね。
でも、今回の新たに起こる帝都での事件を通して、父と秋兵がやっと「親子」として思い合っている事が分かるシナリオだったなーって思います。

どこの√も共通して起こるのが、帝都を揺るがす新たな事件って感じなんですけど、これが各√で解決の仕方が異なるってゆうのはさっきも言ったんですけど…。
そもそも秋兵と有馬くんはその事件の時に、途中から皆とは別行動をするんですよ!
なので、ここに来てやっとあの時秋兵は、何をしようとしていたのか…というのが分かるシナリオになっておりました。

ちなみにここの展開もなかなか面白かった!
最終的な解決方法はどの√も同じような感じではあるですけど、秋兵が前回の出来事から抱え続けていた思いとか、梓に対して持っていた好意がどんどん溢れ出ていく感じとか(笑)
そういった気持ちを抱えつつも、梓との距離も縮まって良い感じになりそう~って時になんとも吃驚展開になるので、なかなかドラマティックだったと思います。
これを見ると有馬くんの√が面白い…ってなるのは納得ですね!楽しみです( *´艸`)

しかもですよ、ここにきてあの父が…父が…( ;∀;)
めっちゃかっこよかったし、超良い父ちゃんじゃんかぁぁぁぁぁぁ(TwT。)
ってなると思います。
私は今終わっているキャラの中で、一番幸せを感じた√だったな~と思っているんですけど…。
最後の方に、ある人が秋兵の父に向かって『お帰りなさい』って言ってから始まるやり取りがあるんですけど、そこのシーンがめちゃくちゃ好きだった!

そこからの梓と秋兵の2人の……((ノェ`*)っ))
あんまり言っちゃうとダメですよね。ウンウン。
楽しみは取っておかないとダメだと思いますから、口を噤みます。

恋愛面ではコハクの時みたいなもどかしくも、ソワソワするような感じではないんですけど…秋兵はわりとストレートな人だし、軽口風に聞こえちゃいますけど(笑)
でも彼の執事?みたいな人が結構いい味だしているので、梓に対して好意を持っている事はちょいちょいアピールしてるので、恋愛の進み方はまどろっこしくないです。
ただ…そこにある事が関わってくると、ちょっとした新たな展開になりますよ~…|д・) 

それでも、恋愛も秋兵自身の事も全部含めて、「あぁ幸せだな~‼(≧∇≦)」ってしみじみ思えるお話しだったです‼
何かこの人をこんな序盤に持ってきてしまった事を若干後悔しましたね(笑)

個人的に前回の遥か6の時よりも、色々と面白いな~って思っております。
ストーリーの終わりの方が前回はほぼ同じ感じだったので、今回のようにキャラに合わせた解決方法だったりとかになっているのが、周回プレイしてても楽しめますね~♪

って事で、九段の感想も喋りたいんですけど、今日はこの辺にしておきます‼
ではでは、早速ルードくんの続きに行って来ます♪
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~┏○ペコ


一応念のため次のお供に…
月影FDを持ってきたりな子。
早く暗いのやりたくてウズウズ‼
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言