FC2ブログ


こんばんはです~♪
今日はちょっとお出かけしてきたんですけど、昨日今日と剣君だいぶ進んでおりますよ!
というか100話全部見てきましたよーヾ(*´∀`*)ノ

まずは昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~‼
毎日とても励みとさせて頂いております!┏○ペコ

実は正月中の予定がだいぶずれ込んでおりまして…明日は友達&相方が我が家に集いまして、酒盛りの日なんですよ。
なので今日のうちに何とか剣君終わらせて、リバソンに手を付けたいー(ノ`△´)ノ
って感じで必死にプレイしてきました(笑)

昨日もだいぶ夜更かししたんですけど、今日もちょっと頑張っちゃいますよ~ヾ(*´∀`*)ノ
って事で最後の後日談である、左京の感想へといきます♪

左京.jpg

思いがけず左京の後日談、めちゃくちゃ良かったです!
あ、と言っても本当個人的趣向なので、皆さんにとってどうかというのは分かりませんけど(笑)
この人の香夜に対する好意の裏側にある、たまに見せる黒い炎が…とても私には素晴らしい物でしたね(*´ω`)←

幸せな後日談もあるんですけど、全体的に何だか切ない気持ちにさせられるんですけど、左京の過去の事とか、あるEDからの続き…というのが、私の心に強く残ったからなんですかね~…。
それに左京が道を踏み外したVer.があるんですけど、もー凄いの!
斬鉄の血みどろ立ち絵と良い勝負なほどで、目とか怖いし優しい左京の欠片もないんですけど、最後まで香夜を想いながらも、堕ちまいとしている所が好きでした(*ノωノ)
血まみれ左京がとーっても素敵ですた(*´ω`)←

基本的にはすごく物腰の柔らかい感じだけど、ちょいちょい各物語の中でブラック左京が垣間見えるというのも面白かったなと思いますね!
色々と分かった後だから、もう無駄に隠す必要もなくなったのかな~って感じで、左京自身がはっちゃけている感じがしました。

それとね~八話目が凄く良い話なんです!
左京ならではの苦悩にぶち当たるんだけど、アレを強く恨んでいる左京が乗り越えなければならない壁(?)みたいなものが出てきましてですね~。
でも彼はやはりとても心の優しい人なんだな…って、改めて思いました( ;∀;)
香夜ちゃんもまた左京と相手の事を思い、複雑そうにしつつも寄り添う感じがね~健気です~…。
ここの最後の場面が凄く好きでした!

しかも毎回思ってたんですけど、この最後の最後のクライマックスで流れる曲がヤバい(笑)
泣かそうとして来ている感満載なんですよね。

これにてメインキャラの後日談は終了なんですけど、どのキャラもこの百夜綴りでの物語を見る事で、今までよりも皆の良さが出てくるお話しだったなと思います。
個人的には九十九丸が一番面白かったな!と思いますが、ここにきて意外にも左京が私の心を掴みました(笑)

あ、そうそう、斬鉄見たさに左京を後にしたんですけど、いつもの立ち絵がチラッと出て来て、更に言えば「斬鉄」という名前だけを沢山この目で見る事が出来たって感じでした( ;∀;)

そして物語を全部開くと最後、各キャラの「物語を綴ろうか~」的なお言葉が聞けるのと、貸本屋で各キャラのSSが見れるんですけど、なかなか面白い内容なので是非見て欲しいなと思います!

そんでもって最後に溜め込んだ勾玉で、サブを含めた全キャラのシチュエーションボイスや、自己紹介的なのを交換できるんですけどね‼
私はメインキャラを差し置いて、すぐさま斬鉄の所まで行き全部買い占めて聞きニヤニヤし、そのあ
後に八幡→家光の弟?(名前忘れたw)→シグラギ→辰影→家光→來世師匠って感じで、自分の気になったサブばっかりを網羅してきました(笑)

いやー辰影様の奥ゆかしいデレも素敵だけど、やっぱり斬鉄の俺様がす・て・きぃぃぃぃ~(*ノωノ)←

今回の百夜綴り、本編をプレイした事がある方なら絶対にプレイすべきかと思います。
本編だけでは見えなかった部分というのが見えてくるので、より面白味が出てくると思いますし、サブ視点の話しも少々ありますので!
辰影が縁をどのように思っていて、あの二人が今のようになるまでの過程とか…十兵衛さんが縁に手を焼いている苦労話とか(笑)

神威が改心してから彼の気持ちを聞けるお話しとか、斬鉄とシグラギがどうゆう関係でどうしてあのような事をしたのかとかとか‼
とにかく剣が君に携わっている人々の物語が、ここに綴られているのですっごく大満足の百夜綴りだったなーと思います。

スチルももうたんまりあるので、読さんありがとー‼って感じですし、メインキャラに至っても過去を思い出しながら駿府の花嫁行列に行くまでの事が描かれているので、今まで以上にキャラを好きになるし深みが出てくるなと思います。

一つ一つの章はそこまで長くない…となめてかかると、思いのほか時間がかかるくらいにはボリューミーです(笑)
終わった今一本のゲームを終わらせた…というのとは、また違った達成感がありますね~。
本当は年内に終わらせるつもりだったけど無理でした(笑)

でも本当に大満足です!
って事で、百夜綴りの感想はここまでにしますが、今日までお付き合い下さいましてありがとうございました~♪

次はお貸ししなければならないので、リバソンに手を付けたいと思います!


斬鉄・神威・シグラギ
辰影・家光の弟?だっけ?
などのサブで固めたゲームをキボンヌ(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

皆様こんばんは~(∩´∀`)∩
2017年一日目ですが、初詣に行ったりゆっくりしたりと…いかがお過ごしでしょうか~!

まずは昨日の新年のご挨拶に沢山のコメント、そして拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを下さいましてありがとうございました~♪
本日もとても励みとさせて頂いております!┏○ペコ

実は昨日いつだかにここでアップした事のある、猫のいるお宅へ遊びに行きましてですね!
ご飯を食べに行きほどほどに飲んだ後にご自宅にお邪魔して、猫と戯れながら紅白とか、RIZIN?とかカウントダウンTVとか年末番組を見ておりました~(笑)

と言っても私はほぼテレビは見ずに、猫ちゃんに釘付けだったんですけどね~!

IMG_3796.JPG

見て下さいよ~(*ノωノ)
クソカワーーーーーー‼‼ギャ―――‼←
ちなみに大きい方は前にも会っているんですけど、何かずっしりと重くなっておりました(笑)
食べ物に対してものすごく必死な所が、可愛くて可愛くて仕方なかったです…。
まぁ狙ってくるたびに対峙するのは大変なんですけどね┐(´∀`)┌
で、左側のちびちゃんは新しく家族になった子なので、まだお子ちゃまです(*´ω`)
もう可愛いの何のって…
私は終始追いかけまわして遊んでもらっておりました。

無駄に写真もパー子並みに撮ってきましたし、捕まえて抱っこしては相方に「撮って!一緒に写真撮って!!」と何度も騒ぎ立てておりました。
モフモフしてて本当に素晴らしかった!(〃´∪`〃)ゞ

で、夜中のうちに相方と帰宅し、今日は昼から我が家へと帰って来ましてゲームをしておりましたよ~!
何とか頑張って進めております。
予定としては今日中に剣君を終わらせるぞーと息巻いておりますが、まずは縁の感想から…。

縁.jpg

縁との後日談はどれもわりと幸せな物だったなと思います。
いくつかしっかりと切なさを感じさせるものもあったけど、彼の本編EDで身の振り方を考えた末にどうなったか…というのを、後日談を通して思い出しました(笑)
結構忘れているもんなんですよね…。

メイン的な後日談も好きだし、幸せいっぱいって感じなんですけど…。
ちょっと辰影を思わせる縁の姿のやつ…アレ結構好きなんですけど!
今までの縁とはまた違った魅力が詰まっているんですけど、香夜ちゃん的にはどこか寂しい気持ちになりながら、彼と過ごしているんですよね。
でも、縁と過ごしながらも香夜ちゃん自身の気持ちが、少し変化していくのが好きでした。
それと『姫』と呼ぶ最後のシーン、何か好きだった(*´ω`)

メインとして描かれている所は、縁が新たな生活に奮闘しながらもとても活き活きとしているのが印象的でしたね。
本編の縁からは想像できない位いに、何かすごい頑張ってる感じで(笑)
香夜ちゃんの事も大好きなんだなーというのが伝わってくるし、そうゆう姿を見ていると「そういえばこの人たちも色々あったよな…」と一人浸ってしまいました。

過去の出来事では、花嫁行列で縁と出会うまでの彼の事が描かれているんですけど、縁が体たらくになってしまうまで…と言ったらよいのでしょうか(笑)
あ、ディスっている訳では無くてですね、ここの過去の出来事を見ると、彼の焦ってしまう気持ちとか、天下五剣に選ばれた時の事とか…何か諸々を知っていくうちに縁の事が好きになります(笑)

いつもと違った縁の姿が見られる後日談があるって言いましたけど、あれこそ真の姿なんだというのが納得できる感じですかね。

ここのシナリオでは柳生十兵衛とか、半蔵とか、更には家光様と辰影様も出番が多くてもう~楽しい楽しい(*´ω`)
辰影様の病弱萌えも結構ありましたし、この人も縁と同じように色々と辛かったんだろうな~( ;∀;)とか勝手にモヤモヤしてました。

しかし…家光どう考えても縁と同じ年にしか見えませんけど…アレに対して父とは…何かモヤモヤしちゃいますけど…。
あの人もものすごくカッコイイ人ですよね。
見た目もそうなんですけど、何というか中身が「あぁ、この人かっこいいな」って思うんですよね。

と、縁の後日談最後を締めくくるのは、ちょっとお騒がせな出来事だったりするんですけど、縁らしいお話しだったなと思います(*´ω`)

続きまして、実彰の感想です。

実彰.jpg

実彰ファンの方がいたら先に謝っておきますが、実は私…本編では実彰にはそれほど…だったんですよ。
でもこの方の場合、今回の後日談&過去のお話しでしっかり描かれていた事で、彼の抱える気持ちというか苦悩というか…そうゆうのが分かって、実彰というキャラにかなり深みが出たんじゃないかな~と勝手に思いました。

もうね、この人の後日談はメインで切ない方をガッツリ出してきているので、縁の時には幸せが前面に出ていたのと比べると、違った雰囲気なんですよね!
勿論この人の場合も各EDの後日談があるので、中には幸せな物もあるんですよ。
なんですけど、過去のお話しの前後編分と、最後に描かれている八話目というのが凄く私の中には残ってきてしまった…。
なのでこの人があのような剣豪?となるまでのお話しとか、香夜の事が大切だからこその気持ちと剣を振るう意味に迷走しているのなんか、くすぶってる感満載で面白かったです(笑)

特に八話目では、第一話目の続きって感じで描かれているんですかね?
一話目では凄く切なくも寂しい感じだったんですけど、見失いそうになっていた実彰がまた気持ちを改めていく様子が良かったし、最後にはちゃんと彼なりの幸せを見つけられて良かったー( ;∀;)と思いましたね。

ここでは縁も良い働きをしてくれますし、実彰と縁はお互いの過去でチョローっとお知り合いになっているので、その辺も両方の物語で見られるのが面白かったです。

ちなみにここでは実彰の父がチラッと出てくるんですけど、まぁ~これまた素敵な方でしてね~!
もっとその辺描いてほしかったな~とか思ったりするんですけど、実の父の事をまさかあの人に教えて貰えるとは…って感じで、これも実彰√ならではって感じでしたね。

皆どのキャラも幼少期には色々あったんですけど、実彰の所は何か心が痛くなってしまいました…。

でもハバキちゃんがやっぱり可愛いですね(笑)
ツンデレ風なくせに、何だかんだと実彰を気にかけているのが、ホッコリしてしまいました(*´ω`)

そしてもう一人行っときますか~‼
って事で、楽しみにしていた螢も終わらせてきましたよっ!

螢.jpg

螢の後日談なんですけど、第一話と第二話がいきなり切ない系で攻めてきたので何だか胸が痛かったー‼
あ、いや…私がそう感じただけなんですけどね(笑)

この子の√でいつも私を泣かせようとしてきたのは、間違いなくばあちゃんだった気がします。
螢のばあちゃんが、いつも優しく見守ってくれていたのを、改めて感じる第一話目となっていて、切なくもとても温かいお話しだった( ;∀;)
でもなんか悲しい気持ちになっちゃったよー(つд⊂)

第二話からは螢が己が何のために剣を振るうのかという、各キャラ同様に悩みながら進んでいく話しとか、本編でちょっとモヤっとするEDを迎えた時の過程の部分とか…
香夜ちゃんのお父さんが行動したときの話しとか、あの時は実はこうだった!みたいなお話しが、描かれていました~。

私は個人的には○○の国で迎えるEDが大好きで、あの最後のスチルを見たいがためにコンプした当時は見返していたんですけど、今回その後の物語が描かれていて幸せな気分になりました~(*ノωノ)
螢の事が好き!と思ったのは、やっぱり本編でのなかなか素直になれない螢あってこそだったので、既に気持ちを交わしている状態だと「あぁ幸せそうだなー可愛いなー」位なんですよね(笑)
いや、素敵なんですよ?素敵なんですけどね、やっぱりあの○だという事を知られないようにする事と、香夜の事が好きなくせに素直になれない所とか、散々ヤキモキしてからのデレが良かったんだな…と思いました(笑)

でも螢が江戸で御前試合に出たい…と思うまでのストーリーでは、何とここでもあるお方がお声だけ出てきます。
あの人凄く活躍してるなー色々な√で。
螢もまた、かの方の一言で自分が探している物を見つける第一歩へと踏み出す…って感じなんですけど、各キャラの過去の出来事を見ると、花嫁行列に参加した侍達がどこかしらで誰かと繋がってるというのが、なかなか面白く出来ているな~と思いますね。

最後の第八話では、螢が永い時願ってきたある事が、遂に叶う為の一歩進んだ出来事が起きるので、ここに来て あぁ…良かったな~ と心から思えた、幸せな完結編って感じでした。

3人分書いたから長くなってしまったけど、今回の各キャラの過去の物語や、その後の物語、合間の物語?みたいなものを見れたお陰で、よりキャラの良さが出て来てる感じがします。

最後は左京さん!
これから早速プレイしてこようと思いますよ~♪
斬鉄様が出てきますように斬鉄様が出てきますように(○ `人´ ○) タノンマスー!

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ


やっと64話分終わったりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチをお願いします!!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはーヾ(〃^∇^)ノ

今日は家でゲーム三昧のはずが…予定が大いに狂いまして、大掃除してきましたよ( ;∀;)
しかも昨日わんわん泣いたせいで、朝起きたら瞼が重たかったです(笑)

まずは昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもありがとうございました~♪
本日もとても励みとさせて頂いておりますヾ(*´∀`*)ノ

遂に…大みそかに向けてのカウントダウンが…。
もう本当に終わるんですね2016年(笑)
何だか日が経つのって早いな~と、ひしひしと感じております。

ってゆうか、話が逸れますけど…タイトルに「金盞花の書」って書いたんですけど合ってるのか分かりません( ;∀;)
あの書物の題名の所、もやぁ~ってなってて見にくいし定かではないんですけど、これかな…と思って載せてしまいました~┏○ペコ
間違っていたらすみません(´;ω;`)

さてさて…わたくし昨日のうちに、なんとか鈴懸の後日談まで終わらせて、その後の縁に進みましたよ~(〃´∪`〃)ゞ
本当ならば…鈴懸の感想恐らく九十九丸の感想ほど熱くならなそうなのと、短くなりそうだったから縁と一緒にと思ってたんですけどね~。

実は予定が狂いまして、今日というか昨日?家でずーっとゲーム三昧しているはずが…相方が急遽大掃除だけだからとか言い出したので( ;∀;)
大掃除をしに行ってお世話になった方へお酒を送りたいというので買い物に行ってきました~。

なのでゲーム感想書けるほど進められるのかちょっと今後怪しい所ですが、とりあえず今日は鈴懸の感想喋ってしまおうと思い参上しました~(∩´∀`)∩

鈴懸.jpg 

鈴懸との後日談は全てにおいて共にいるという感じではないんですけど、基本的にはどのED後のお話しも幸せかなーと思います。
ただ一つを除いては…。

ちなみにその一つというのは、鈴懸が願っていた事を香夜が同じことを願うようになるって感じの流れなんですけど…。
一つのお話しとしては凄く切なかったりするんですけど、それとは反対に凄く温かい気持ちにもなるお話しだったな~と思います(*´ω`)

で、メインの幸せEDの方は2つのパターンがあるんですけど、一つはただただ幸せで…長次郎様が一生懸命な姿がとにかく愛らしい(笑)
鈴懸よりもちょっとおませな長次郎様が、すごくキュートでした(n*´ω`*n)
何というかある意味で突っ走ってる感じがするんですけど、それに従う鈴懸も面白かったし、見守るカルラ…大きな家族のような感じでしたね。
香夜ちゃんも生活に慣れていっているし、第二の鈴懸のようになっているのがこれまた素敵でした。

もう一方の方の後日談は、鈴懸が八幡と被る感じの展開でした。
九十九丸と鈴懸ってある部分で繋がりがあるので、九十九丸の所でも鈴懸が関係してくるし、鈴懸の所でも直接九十九丸は出てこないけど、ちょっとした繋がりが感じられるようになっています。

一番刀になった後の鈴懸のお話しの部分では、かつて八幡が思い悩んだ時の様に鈴懸が悩んでいてモヤモヤしちゃいました。
鈴懸がずっと思っていた事と、自分がしている事というのが相反する物のように思えて悩んでしまうんですけどね…。
そこに笑顔で励ます香夜ちゃん…そしてその言葉だけで立ち上がる鈴懸というのが、凄く良かったなと思います。

で、ですよ。
ここではカルラが鈴懸の幼い頃の事を話してくれるんですけど、カルラが高尾山で鈴懸を見つけ育て上げるまでの出来事をお話ししてくれます。
小さい頃の鈴懸…可愛かったです…。
純粋無垢な子供って感じで、ちょっとやんちゃっぽい所がまた彼らしさを出していました(笑)
彼が妖怪たちと今のようになるまでとかも描かれているので、鈴懸が江戸におりて行くまでどういった経緯でいく事になるのかとかも分かります。

しかもですよ、ここの部分で八幡と出会うんですけど、やっぱり八幡が凄く素敵なんですー(*ノωノ)
あの剣を構える姿を是非ともスチルにして欲しいと思う程です。

あ、凄く短い…(笑)
ごめんなさい┏○ペコ

縁との物語も第一話までは終わっているんですけど、その先がまだなので近いうちにまとめてあげれたらな~と思います‼

ではではものすごくサクッとしてしまいましたが、今日はこれにて!
最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございましたヾ(*´∀`*)ノ



今年も残り後2日!
最後まで乙女ゲーをプレイしようと必死な
りな子に応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

KO・N・BA・N・WAーーーーーーヾ(o´∀`o)ノ
↑仕事が終わってテンションが高いです。

まずは、昨日の超絶雑談にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございましたー(/・ω・)/
本日もとても励みとさせて頂いております♪

終わったよ~~~~~~~!
今年のお仕事が終わりましたよぉぉぉぉぉぉ!!!!!!わぁいヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノわぁい
嬉しい…本当に嬉しいです…。
終わってからちょいと忘年会をして来まして、調子に乗って飲みながらゲーム三昧しようと、帰り道にお酒を買ってきちゃいましたよ~♪←浮かれてる人

で、お届け物色々届いてたんですけど、まだ揃ってないので積み晒しは少々お待ちくださいませ┏○ペコ

って事で今日はやっと剣が君百夜綴りのキャラ感想へといきますよ~(*´ω`)

ちなみに今ちょうど九十九丸の後日談が全部終わったんですけど、もう泣きすぎてやばいです(笑)
ゲームしながら泣いてもシクシクとか、うぅぅぅぅぅ~って涙がドバーってのは何回もあったんですけど「うぇぇぇぇぇぇん(ノД`)・゜・。うぅぅぅぅぅ」と声に出して泣いてしまったのは、初めてじゃなかろうか。
ここら辺はまた後でお話ししようと思いますが…。

さすがは剣君だな~と思えるのが、後日談は複数のED分の、後日談がありましてですね!
幸せ~なEDからちょっと仄暗いEDまでの物が用意されておりました。
言うまでもなくわたくしは、その仄暗いEDの後日談がすんごく好物ですし、九十九丸は本当に素晴らしい昏さですた(*ノωノ)

しかもサブキャラの出番も多いので、そうゆう所も楽しかったです!
本編では語られなかった攻略対象の幼少期もすんごく可愛いし、内容もカナリぎゅぎゅっと詰まっていると思います♪

ではでは…早速参りますが、本編やってない人もいるかもなので肝心な所は伏せつつ話したいと思います!
なので「りな子さん何言ってるんだろう」状態となりますので、予めご了承ください┏○ペコ

九十九丸.jpg 

九十九丸の後日談特攻してしまったんですけど、初っ端からキャッキャしすぎてどうしようかと思いました…(笑)

桜の書までが長すぎて、ここでちょっと自分を楽しい気分にしてあげたい…と思ったので、特攻してきちゃいました。
九十九丸は「彼岸の書」という本に彼の事が描かれてるんですけど、メインで描かれているのはハッピーEDの九十九丸が香夜ちゃんと思いを交わして、新たな道へと進んだその後です。

ちなみにここではただのバカップル…というかバカ夫婦というか(笑)
九十九丸の過保護っぷりが凄くて、更に香夜を怒らせてしまい困ってる九十九丸がとにかく可愛い…というか面白いお話しとなっていました。
ちょっと面白くも楽しい、彼らの幸せなその後って感じです。

で、私が力を入れて語りたいのはこの話ではなくてですね‼(笑)

ブロ友様に言われたんですけど、彼のメリバ的なEDだったあのEDでの後日談が…
もうすんごぉぉぉぉぉぉいツボったんです‼
あーでもこの暗ぁ~い後日談、2つあるんだけどね…私が言っているのは彼岸の書2編の事なんですよ。

ここに出てくる九十九丸が、香夜に会いたいという気持ちが膨れ上がる事でどんどんヤンデレ化していくというか…○○○○化していくとういうか…。
九十九丸の気持ちの部分が少しずつ変化して、浸食されて行ってる感じが素晴らしかった‼
そして最後に出てくるスチルがもう…キャー‼(*ノωノ) って感じの、すんごく仄暗い物を纏っているスチルだったんですよー‼
速攻スクショとったんですけど、早く皆にも見て欲しいです(;゚∀゚)=3ハァハァ

そしてもう1個の方は、赤い世界で過ごす2人なんですけどね!
こっちの方は九十九丸が色々と怯えながら暮らしているんですけど、香夜がどれほど九十九丸を想っていて、九十九丸が香夜をどれだけ必要としているかというのが改めて分かるEDだった。
雰囲気としては暗いし、本編の終わりは決してハッピーではなかったけど、ここに来てある意味で救済された感じですかね。
ここではある人も関わって来るんですけど、幸せな感じで未来がある訳じゃないけどそうゆうのを感じられる終わり方になってました。

で、基本的に九十九丸の姿がアレなんですよ。
これネタバレワードになったら嫌だから伏せますけど、もうあの見た目だけで超喜びなのに…暗さがプラスされてるのとかご褒美にしかなりません!((ノェ`*)っ))タシタシ
どこの後日談へ行ってもオイシイ姿なので、最高の物語ばっかりでした!

そしてですよ…。
各EDのその後が終わると、また物語が解放されていくんですけどね。
九十九丸は幼少期からの記憶がないんですけど、その記憶のない部分を來世師匠がお話ししてくれちゃうんです。
ちなみに本編の時から來世師匠素敵だったけど、今回も変わらず素敵でした( *´艸`)
なんですけど…私は師匠よりも八幡の方が好きです…。

え?八幡は誰かって…?
それは……是非ご自分の目でその方の正体を確かめてもらいたいと思います!
この方公式を見る限りでも静かそうな感じなんですけど、何だろう…別に來世師匠みたいに胸元はだけている訳でもないのに…妙な色気を感じてしまうんです。
これは私がおかしいのでしょうか…?

あまりにも謎の色気を感じてしまい、まだ未プレイの方に叫んでしまいました…(笑)
もう剣君のサブの素敵さをどうにかしてほしいです‼

と、話が逸れましたが…。
ここの九十九丸の覚えていない、今の九十九丸となるまでの出来事が來世師匠が振り返りながら語ってくれます。
これは來世師匠の視点となっていて、その後にある人の視点で描かれている物も用意されておりますよ~。

これを両方見ると、九十九丸がどうして「大切な人を守れるように強くなりたい」と願うのか、剣に魅せられてその道を進んだのか…というのが分かると思います。

ちなみにある人の視点のお話しは何だか切なくなっちゃうんですよね…。
読みながらもどかしい気持ちになっちゃいました。
天下五剣になったからと言って、良い職に着けて安泰に暮らしていける訳ではないんだな…というか、剣を振るう人は何の為に剣を握るのか…というのが、凄く大切な部分だったりするのかな~とか、色々考えちゃいました。
私は剣握らないけど(笑)

そんでですよ!
ここの二つの視点からの物語を終えると、最後に解放される八話目…。
一見すると、香夜ちゃんと九十九丸のある日の出来事…って感じなんです。
そんな中で起きたある事件で、九十九丸は剣を握る事に後ろめたさを感じているというかですね、本当はすぐにでもしたい事があるのに、それを言い出せずにモヤモヤしているって感じなんです。

その出来事を通じて香夜と九十九丸が更に絆を深めるってゆう、一話目とかその途中とかにあった話と同じような感じかなと思ってたんです。
思ってたんですけど、九十九丸と香夜がその事件を解決しに行った瞬間に……

私はある事に気付いてしまったんです……。

それに気付いてから、普通に戦ってる場面なのに涙が止まらなくなってしまいまして( ;∀;)
最後の最後、ハッピーに終わるまで一人でずーっと号泣してしまいましたYO!!!!(TwT。)

だって…だって…ここまで来てやっとですよ!
何か本当良かったねー。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!!って感じなんですよ…。
言いたいけど言えない…マジでネタバレ書きたい…本当にそう思うくらいこの事について誰かと話したいんです‼
でも皆九十九丸最後にするって言うし‼待ってるから早くやって欲し―‼と心の底から思います。

Vitaを握りしめ声をあげて泣くBBAです。

九十九丸が本当に凄く幸せになった瞬間だったんじゃないか…と思いました。
彼は本当に沢山の人に助けられて見守られているんだな~って( ;∀;)
ダメだ全然うまくまとまらない…ごめんなさい…。

とにかく、ここの八話目でものすっごーーーーーーーーーーい幸せな感じがぎっしりぎちぎちに詰まっていたと私は思いました。
凄く良い言葉が見つからないんですけど、早く皆さんやって下さい(笑)
そして私の胸の内でボーボーと燃え滾っているこの気持ちに名前を付けてください(笑)←

今日はとことん夜更かししようと思ているので、これから鈴懸辺りに行ってこようかと思っているんですけど…
九十九丸フィーバーから抜け出せそうにありません(笑)

全くまとまらないので今日はこの辺でやめておきます(´・ω・`)
ではでは、とっちらかった感想にお付き合い下さいまして、ありがとうございました~┏○ペコ


明日辺り新しい積み仲間が増えるかなー?
どうしようもないわたくしに…
愛の応援(∪・ω・∪)ポチを‼
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~\( 'ω')/

まずは昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!
一昨日の振り返りにも引き続きコメント&拍手等々下さいまして、ありがとうございます♪
本日も大変励みとさせて頂いております!┏○ペコ

帰ってきて早々、たまたまテレビつけたらやっていたビリギャルを見ながら、泣いていたりな子です[壁|_-)←

ここ数日、年末だし!という事で、この場で2016年の締めくくり的な感じで色々とまとめてみたりしてるんですが!
お友達さんから改めて積みを晒してみては…?とご意見を貰いましたので、来年は積み減らすぞー!の意気込みと共に、今年の終わりには積みタワー晒しに来ようと思います( *´艸`)

あー…
その時に『りな子さんまた増やしたんですか』と突っ込まれる事になると思うんですけど、まだ今は黙っていようかな!(`・∀・´)←

さてさて…クリスマスも終わったし後は年越しに向けて、色々と準備をするのみって感じですね。
わたくしは今まさに年末の追い込み…?でして、毎日PCと睨めっこをしておりますよ。
数字との戦いの毎日で、普段楽している分こうゆう時大変すぎて脳みそが飛び散りそうです~(*´ω`)
28日までお仕事なので、なんとか28日の大半はボーっとして一日を終われるように!28日の昼までには全部終わらせるぞーヾ(。`Д´。)ノ

って事で、目が疲れているからなのかゲームが進まないのです(笑)
帰る時にちょっとやるんですけど、進められても一章分とか(笑)
ご飯食べてホテルに着くころにはもう眠くて眠くて…お風呂入りながら寝たい位いです。

さて今日はちょっとだけ剣君ひと段落したので、感想と呼べる代物ではないけど喋りたいと思います。

本来ならば年内に終わらせたい所なんですけど、これ終わるのかな…。
本当に凄く凄く不安です(笑)

今『桜の書』がやっと終わったんですけど、これで各キャラの後日談が解放されたのかな…?
書庫にある数々の本のたった3冊分しかやってないのに、すんごい疲れた気がするのは気のせいだろうか。

あと何個書庫に本あったっけ?と記憶も朧気なんですけど、まだまだ先は長いと思うんですよー!
しかも一つの本の中に物語が4~6個とか入ってると思うんですけど、桜の書だけ14個とか入ってましたよ…(笑)
その中の最後のいくつかは各キャラが斬鉄とのホニャホニャが個別で描かれていて、香代ちゃんとの距離もそこで縮まっているんですよね。

で、本編の御前試合に続く…って感じだと思います。
ここで一応エンドロールみたいなのが流れていたし、本編に続くって感じなんだと思います。

で、桜の書では斬鉄が江戸に現れて、香代ちゃん含む皆の前に姿を現します。
なんやかんやと事件が起きて、そこに斬鉄が関係しているんですけどね!
一旦皆で解決へと導くので、ちょっと安心~みたいになったのに…!
斬鉄の雑誌に出ていたスチルと共にちょっとした展開が起こります(n*´ω`*n)←

この人本編で出てきた時ってどんな感じだったっけ?(笑)
ここで描かれているのを見ると、さった峠でしたっけ?あそこで出会った時と、御前試合の時ではちょっと違くないと話的にう~ん…だと思うんですけど…。
その辺どうだったかな~と…忘れちゃってますね。
とりあえずは本編に繋がるような合間の物語はここでひと段落なんでしょうかね?

私的に後日談は最後に楽しもうかなーと思っているんですけど、早くサブキャラ視点のお話し進めたいんだよー!
でもどこやったか分からなくなりそうなので、ちゃんと順番に進めます( ;∀;)

ってか皆さんもう終わったのかな?
同時プレイしているお友達さんは私よりもちょっと進んでいる感じなんですけど、どうなんだろう~。

少し前にも喋りましたけど、桜の書の前二つ分は各キャラ達が駿府から江戸へと戻ってくるまでの出来事と、江戸に戻って来てから香代ちゃんと再会して色々な事に巻き込まれながらも、皆でちょっと騒がしい毎日を過ごすって感じの流れです。
ちなみにそれぞれのキャラの視点もあるので、主人公に惹かれていくような様子もあります。

で、桜の書の個別部分が近づいてくると、左京が何故鬼を追っているのか…というのが明らかになったりしちゃいます。
更に今私が終わった所では、各キャラが主人公と距離をググッと縮めるんだけど、彼らの抱えている物というのが各々明らかにされております。
縁とか実彰とかは自分から香代に聞いてほしいと話したり、螢はある出来事で色々とバレてしまったり…。
キャラによってその部分は異なりますが、個人的には九十九丸のホニャホニャVer.と、左京さんと斬鉄の桜の書最後のシーンが凄く好きです。

この左京さんの所は、本編だけだったら未だに描かれる事がなく、ただただ左京さんが復習に燃え斬鉄がただただ嫌な奴ってだけだったと思うんです。
でもここに来て、ちょっとこの2人に変化が出るというか何というか‼
プレイしてみて欲しいからあんまり言えないけど、2人共に今までになかった新たな気持ちが芽生えたって感じでした。

そしてですね、わたくし九十九丸のあのVer.を久々に見てキャーキャーしました(*ノωノ)
やっぱりかっこいいわ…。
斬鉄様もステキだし辰影様とか家光様とか、サブも良いけど…九十九丸のアレはやっぱり良いわ!
出来ればアレVerとの後日談も欲しいです| |д・) ←

あ、今回家光様の出番がなかなかに多くて、これまた家光ファンにとってはウハウハかもしれませんね。

ちなみにわたくし、血みどろの斬鉄様を見て『キャー‼禍々しくて素敵‼(*ノωノ)』と思っているんですけど、こんなの誰にも理解して貰えないと思うんです(少数派で仲間がいるようですけどw)
でもでも、普段の斬鉄様も好きなんですけど、今回出番多いし!更には戦いのシーンが多いので、血まみれの血みどろの斬鉄様が出てるんですよ。
残念ながらスチルではないんですけど、剣を構えてこちらを睨む様子が…

た…た…たまんねぇ~~~~‼‼(*´Д`)

って感じです。ハイ。
本当にザ・悪者って感じで、斬鉄サイドはまだちびーっとしかないので、やってる事だけ見たらマジで嫌なやつなんですけどね。
何というか筋金入りな感じがもう最高なのですYO!
ここからも出てくると良いな~と、希望を持っております(笑)

そしてそして、一応仕事の休憩中にちまちま進めつつ、帰り道にガッツリとやっているので!
早く各キャラの後日談とかを喋りたい~!
多分そろそろその辺に入り込めると思うんですけどね~。

と、ちょっと一回ここいらで感想入れておこうと思って喋ってみました。
本編だと駿府に行くあたりまで、皆とのわちゃわちゃしている感じがあったけど、その他はわりと個別感じだったので…。
今回は結構皆で手を取り合って…みたいな事が多いのと、攻略対象同士のやりとりなんかも多いので本編とは違った感じで楽しめると思います。

皆で左京さんの力になったりとかそうゆうのが新鮮でした。
次感想喋りに来るときには個別の感想を喋れるように頑張ってきまーす\( 'ω')/

ではでは、今日はこの辺で!
連日わたくしにお付き合い頂きまして、ありがとうございます♪┏○ペコ

目がピクピク痙攣するので
ホットアイマスクちゃらを買いました…
これで治ると良いな!
(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言