FC2ブログ


こんばんはです~♪

まずは昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援ポチ、コメントも下さいましてありがとうございました(*´▽`*)
本日もとーっても励みとさせて頂いております♪

昨日はちょこっとお出かけしていたんですけど、今日こそは数乱の残りの2人の感想とフルコン感想を喋ろうと思います~(∩´∀`)∩
って事で先にフルコン感想から‼

えーもしかしたらすごく失礼な表現とかもあるかもなので、その辺はあらかじめご了承いただきたいと思います(笑)

個人的には今回の数乱は、キャー楽しみ~♪って程期待していたわけでもなく、そこそこ楽しめたら良いかな~って思ってたんですけど、今までの感想で何度も言いましたが…。
各√の後半部分は思わぬ展開となる事が多かったため、結構楽しめたなと思います!

というのも、やっぱりキャラの抱えるものというか、その辺に絡んだ展開というのが意外だった事が多かったので良かったのかなと。
爽やか学園ものと思っていた事が間違いだったんですけど(笑)
でもそれがあったから個々のキャラとか、シナリオ展開で楽しめた部分があったので結構満足です。

攻略も簡単だったし、選択肢も少ないですしプレイしやすいと思います。
巡と有比だけが攻略したい方とは逆の組織に属さないとダメなんですけど、それ以外は特に気を付ける所もないですし。
普通にプレイしていれば勝手に数字も拾うのでおまけも解放されますしね。

全体的にはわりとサクサクっと進むので、初回とかは物足りなく感じるかもしれません。
恋愛面では本当にスムーズ過ぎてあれ?って思います(笑)
でもそれぞれのキャラによってその速度は異なるし、だからと言っていつの間に好きになっちゃったのかな⁉と思う事もないです。
違和感はないけど、全てにおいてサササーっと進みます。

ただ、攻略するキャラごとに真相部分が明かされたり、気になる形で終わっていたりと様々なので、全てが終わって全体が形になるというのは良かったかな。
おまけのSSも色々あるんですけど、真実に触れているSSとかもあるので最後まで楽しめましたし!

個人的には萌えたりというのはあんまり無かったんですけど、ノーマークだったキャラが意外にも面白いという意外性はありました。
それと、わりと悲恋が良かったものが多かったのも、私が満足した理由だと思います。
悲恋という位だからもちろん切ないものもあるんですけど、ちょっぴり仄暗い終わり方のEDとかもあって、そうゆうのが好きな方は面白いと思う(笑)

あとは攻略キャラだけでなく、サブも普段から関わってきたりとかするし、サブに関するSSとかも充実しているのでその辺も面白かったです。
本編が終わってもおまけが面白いんですよね~。
個々の後日談だけでなく、各キャラが耶告に相談しにくるやつとかも面白かったし(笑)

という事で私は結構満足しております‼

さて、今回の好きなキャラなんですけど、もちろん贔屓も入ってますのであしからず|д゚)

1 玖折 巡
2 陸平崇樹
3 肆形有比
4 漆原景太郎
5 弐藤 光
6 壱園央助

|д゚)へへへ…

巡くんにするかすごく迷ったんですけど、この人の悲恋のモヤモヤが私の中で残ってしまいましてですね。
あのスチルが嫌いじゃないんですよね(*´ω`)
なのでトップにしちゃいました‼
実はこの人可哀想な人なんじゃないかって所で、あのひねくれ具合も可愛く思える自分(笑)

お次は崇樹先輩なんですけど、まぁ言わずともこのお方は上位ですよ!
全然喋らなかったけど焼きおにぎりの花火を取った時点でクソカワでしたからね(*´ω`)
本当に一つの作品でこんなにも声が聞けないことが逆に珍しいと思うんですけど、それでもそんな人が名前呼びをするだけで破壊力があるのは崇樹だからこそだと思います。

そんでもってお次は有比くんです(≧∇≦)
有比と景太郎は私の中でどちらも結構好きなんですけどね~…。
でもやっぱり無言の照れがめちゃくちゃ可愛かったので、有比の方を上に(笑)
景太郎と有比は内容は違えど、同じような属性√だと思うので私的にはかなりオイシイキャラだったと思います!
たっつんとまえぬの感じもすごく新鮮だったし、キャラ的にもすごく面白かったです(*´ω`)

そして光は、悲恋の光は良かった‼
普段は基本的にはヒーロー気質だったんですが、以外にも男を出してくるのがちょっと意外で可愛かったかな。
でもワンコ系なので個人的にはそこまでだったんですけど、それでもこの子は紘可を女の子にしてくれる子だと思います。

最後は壱園会長なんですけど、このお方は他√の方が面白さを出していたと思うの‼
彼の√でも悪くは無かったんですけど、あのストーカーっぷりはやはり他人の√でこそ生きていたし面白かったかなと…。
まぁ初回だったので犠牲になってしまった部分が否めません( ;∀;)

ではここからは残りの巡&崇樹の感想になります‼
まずは崇樹から行こうと思います(*´ω`)

suran_roku.jpg 

来ました…。
ずーっと楽しみにしていたおきつんのキャラが‼(*´Д`)ハァハァ
もう無口キャラと聞いていたものの、あまりにも二言三言しか喋らないもんだから、この人攻略しても大丈夫なの…?と思ってたんですけど(笑)

結果、どうにかなりました(笑)

そもそもこの人から関わってくるという事は期待できませんので、最初はとにかく紘可が好きとかの意味でなく気になってしまって、彼と喋ろうとするところからスタートって感じです。
それでも誰とも深く関わろうとはしない崇樹なので、なかなか縮まらない距離にモヤモヤ。
この調子じゃ恋愛なんて無理やろ~ヽ(`ω´*)ノ彡って思いますね(笑)

でもある時にふいに崇樹によって打ち明けられた一つの事実によって、一気に彼が気になる存在となります。
このある事を通して崇樹がどうして人と関わらにようにしているのかとか、そういった部分が明らかになるんですけど…。
この辺はそこまで問題じゃないんですよ。

何と言ってもここの√での巡が、本当にゲス野郎すぎました(笑)
他の所でもわりと色々と仕掛けて来てたんですけど、崇樹の所ではその性格の悪さがガンガン出て来ている感じでしたね!
崇樹が戦いたくない理由を知って、もともと紘可も数乱戦を出来ればしたくないとは思っていたけど、彼の為にというか…彼の事も考えてなるべく戦わないようにするんですよね。
それを知った巡が、まぁ~色々と仕掛けてくる仕掛けてくる…。

個人的には紘可にちょっかいかけたいだけなんじゃないかって思う程の、横暴っぷりなんですけど本当ウザかったわ~(笑)
でもその事とかがあったからこそ、崇樹は紘可の為に何かをするという行動を見せるようになるんですけどね。

そうゆう部分から紘可に対しての気持ちというのが芽生えていくので、巡の働きはまぁ…ありがとうって感じなんですけど…|д゚)

崇樹はとにかくあの感情もやる気もない人が、最後にはガラッと変わるシーンがあるので、そこで鳥肌が立ち大興奮したって感じです(笑)
いつも七輪で焼きおにぎりばっかり焼いていた癖に、最後の部分ではめっちゃかっこ良かったんですよ~(≧∇≦)
それと『紘可』って名前で呼んでくれるのとか最高でした…。

あと体育祭のご褒美は濡れた崇樹先輩ですよ(*ノωノ)ムフフフ…

お次は巡くんの感想です。

suran_ku.jpg 

崇樹の所でも言いましたがとにかく性格の悪さが顔ににじみ出ている!w
今までの√でも本当イラッとするし、コイツめ~‼って思うんですけど…。
個人的には巡のシナリオは、彼らしい内容だったように思います。

まぁ私が好きだからというのもあるんですけど、巡ってとにかく央助大好きっ子なんですけどね。
その央助をそこまで崇拝する理由だったりとか、彼との事によって巡が変化していく様子だったりとか…。
そして今まで散々他√で嫌がらせをされ続けてきたので、この人が実は紘可に惹かれていたのかも…というのが何だか普通に納得出来ちゃいました。

でもこれって普通に恋愛の進み方としては、この人はいつ紘可に惹かれて紘可はいつ巡に気持ちを寄せたのかって部分だけを見ようとすると、すごく物足りないのかもと思います。
うまく言えないんですけど、今までだったら二人で過ごす時間が増えて、そこから距離が縮まっていくって感じだったんです。
でも巡の場合は二人で過ごす時間が増えたとなるのは、割と後半の方ですしそこからグイグイ進んでいく感じなので…。
人によっては微妙に思うのかな~って思ったり思わなかったり…。
わりと会長と巡の事がメインになっているというか、その辺りがポイントになっているので。

でも一番私的にはキャーキャーできたんですよね(笑)
巡が紘可と過ごすようになってから、ちょっと弱い部分が見えてきたりとかからかってくるのとか楽しかったし( *´艸`)
生徒会室で寝ている巡とか一人あのスチルをジーっと見たりしたし‼(笑)
ちょっとドキッとシーンなんかもあるので、何だかんだ楽しめました。

ただ、悲恋がすんごーーーーーく個人的には切なかったなと思います。
巡が言う最後の台詞がなんというか、彼に似合わない台詞なんですけど、でもすごく彼の実際の所の弱さが感じられるというか…。
切ない気持ちはあるんですけど、何か好きだったなと思います。
紘可の事をどれだけ思っているのかというのが、一番伝わってきた感じがしました。
まぁハッピーになれるのが一番良いんですけど…。

ベストEDの方の巡は表情とか纏っている雰囲気なんかも変わっていて、別人のようだったけど彼には幸せになって欲しいなと思いますね~。
この√をやってみて最後に持ってきて良かったなと思います。

シナリオの内容的には一番最後じゃなくて良いと思うんですけど、この人との恋愛を考えるなら、散々意地悪されたからこそのこの恋愛だったと思うので!

最後におまけのSSで耶告に無駄に対抗心を燃やす巡がめっちゃ可愛かったです(*´ω`)
そして耶告のSSもあるので…これはかなり私的にはご褒美でした((ノェ`*)っ))タシタシ

と、ちょっとプレイし終わってから間が空いてしまったので、もっと色々喋りたい事があったはずなんですけど…。
この辺にしておこうと思います( `ー´)ノ
という事で…今回まで数乱感想にお付き合い下さいまして、ありがとうございました~(∩´∀`)∩


昨日チーズを食べたら
チーズの味が寝る時まで残って
なかなか寝れなかったりな子に応援ポチ
お願い致します( ;∀;)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~(*´▽`*)

まずは、昨日の数乱初回感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援ポチやコメントを下さいましてありがとうございました‼
本日もとても励みとさせて頂いております(/・ω・)/

本日も数乱の感想にお付き合い頂こうと思いますが、キャラ達の名前に読み仮名付ければよかったー…って事で今日からつけまーす(笑)
二人目の漆原景太郎(しちはらけいたろう)くんは、何かと面倒見がよく優しく爽やかな男の子です~♪
まえぬがお声を担当しているんですけどね、なんかいつもより高めで新鮮な感じがしたんですよね~(*´ω`)

で、先に言っておくと私限定版買っておきながら、初回の壱園くんの感想でも言いましたが…
めっちゃ期待しているという訳でもなくプレイし始めたんですよ。
だからこそ、この景太郎√は色々意外な展開で楽しかったです!

そんでもってですね、何の気持ちも持たずにプレイしたからこそ楽しめたというのがあるので、まだ数乱未プレイでこの記事を読んでくれようとしている方で、「私も何も知らないまま楽しみたい!」と思う方はここで回れ右してください(笑)
ちょっとくらい分かっても大丈夫よという方は、お付き合い頂けたらと思います。

いつもながらネタバレはしていないけど、ある部分に触れているので…一応。

さて、という事で景太郎の感想へといきたいと思います!

suran_sichi.jpg 

景太郎は生徒会のメンバーなんですけど、紘可より年下だけど年齢の割に落ち着いているし、しっかりしている感じで頼りになる男の子という印象ですた~。
そしてとても優しくていつも紘可を気に掛けてくれるという…。
爽やかボーイ(*´ω`)

更に、彼はカナリの強運の持ち主で、何か悪い事が起こりそうになっても彼の強運のお陰で全てが好転するという…。
いつも“たまたま”の奇跡が起きてしまう運の強さを持っております。

んで、梵学園に転校してから生徒会に入った紘可は、景太郎の仕事を手伝う事になり彼と共に生徒会の仕事をこなしていく様になります。
この辺は壱園会長と同じで、仕事を一緒にやったり一緒に過ごす時間が増える事で距離が縮まっていくんです…。

いくんですけど…!

流れが違うせいか紘可は景太郎の事を意識する云々よりも、彼の傍の居心地の良さを知り、色々と愚痴を聞いて貰ったりするような仲になるんです。
そして彼が場の雰囲気を和ませる所とかに助けられてた事を、改めて認識したりする所から恋愛に…って感じでして。
会長に比べるとわりとゆっくりな恋愛速度だったなと思います。
それと展開的にもなんというか、私好みというか何というか…(笑)

私がこの景太郎√をすごく楽しめたというのは、この恋愛になる前の部分でして。
なんですけど、この事を話してしまう事によってこれからプレイする人たちの驚きと楽しみを奪ってしまうんじゃないか…と思うわけです。

なのでどうやって感想を書いたものか…と未だ悩んでいるんですが…。
なるべくオブラートに…いやビニール袋に包みまくって話そうと思うんですけど、恐らく何が言いたいのか???となる所もあると思いますが、その辺りは目を瞑ってやって頂けたらと思います。

さて、そして紘可は日々生徒会の業務を景太郎とこなしたりしているうちに、自然と景太郎と一緒にいる時間が増えるんですけど、景太郎の優しさや彼と一緒にいる時の居心地の良さから少なからず彼にちびっとずつ惹かれていってるのかな~って感じになっていきます。

もう景太郎とすごす日常というのが何というか本当癒しで、かき氷を作って食べたりとか、いちいち爽やかで癒されるんですよ(*´ω`)
いつも自然と傍にいる存在って感じで、このまま紘可と景太郎が付き合う事になっても何も不思議はないしすごく爽やかな高校生の恋愛!と思えるんです。

まぁそんなこんなで景太郎と共にいる事で紘可も運が良いと思える事が何度も起こるんですが、その度に景太郎の見せる表情が心に引っかかります…。
紘可も私も!w
ちなみに運が良いかも!と思う出来事が紘可っぽというか何というか…。
学園で人気の梵バーガーはいつも売り切れなんですけど、たまたま出し忘れた梵バーガーが出て来て、売り切れだと思ってたのに買えたとか(笑)
そんなんです(笑)
睡眠と食欲のイメージが強い紘可には喜ぶべき出来事ばかりなんですけどね♪

数家の一族である景太郎はその中でも稀な強運を持つ人間として生まれてきていると言ったんですけど…。
この強運というのはさっきの様な、単なるラッキーで済むような事だけではなくですね。
例えば普通だったら大怪我しそうな高さの階段から落ちても無傷だったり、景太郎のピンチは全て奇跡とも呼べる偶然で助かるといったようなものです。

そんな景太郎との爽やかな日常を過ごしている時に、学園内である事件が起きます。

その事件というのがここの√のクライマックスとかそうゆのに繋がるんですけど、壱園会長の時に分かった真実とかは結果的にはここでは、明かされない感じになっていたりするので、ちょっと異なる内容となっていたのは面白かったです。

この事件というのが学園内で結構大きな事件となっていくんですが、その犯人を捜すのに生徒会で行動して行くんです。
といっても、最初は夜の学園内の見回りとか、ちょっとした聞き込みみたいなものになるんですけど…。

紘可は唯一友達と呼べる仲になった滴がその事件が巻き込まれた事によって、この事件をより深く追おうとしていきます。
で、まぁそれを解決に導くという感じなんですが…。

ここで紘可に対する景太郎の気持ちとかそうゆうのを知る事が出来るんですけど、何というかめちゃくちゃ意外な展開になっていきました。
景太郎が抱えている気持ちが重いとは違うんですけど、まぁ言ってしまえばアレなんですよね。
私の大好物のアレですアレ!

景太郎を見ていれば何か思う所があるんだろうとは思うんですけど、まさかそうゆう方向で来るとは思わなかったー!って感じです(笑)
え?景太郎が?ってなると思うんですけど、結構なレベルだと思います!(≧∇≦)

全くマークしていなかったから、私が景太郎…ちょっと好きかも…って思う位のレベルですし、でもまぁ病みEDとかはないからアレなんですけどね(;゚Д゚)←
それでも想像もしていない流れだったので、何というか壱園会長同様に意表を突かれた感じではありますね。
あとまえぬ含め前半からの景太郎の変わりようが個人的には良かったかな!

まぁここで景太郎と何やかんやとありながら、紘可は彼の心に抱えるものを初めて目の当たりにするんですけど…。
この出来事があって彼をより深く知ったからこそ、彼への好意に気付くという恋愛展開です。

わりとこの2人は後半に向かって自分の気持ちに気付いていく感じなので、初回の恋愛速度に比べるとゆったり進みますね!
でもシナリオの展開に絡んでいるので、その辺は違和感もなくて良かったと思います。

後は巡って基本的にちょいゲスなんですけど、ここでは何というか若干良い奴っぽかったというか…。
この人意外と周りを見てるんだなって感じがしました。

それと会長のストーカーぶりが、ここでも発揮されていてちょっとギャグでした(笑)
今丁度プレイが終わりそうな光√でもなかなかのしつこさなんですけど、やはり彼はどこでもブレずに紘可紘可言ってるんだなって感じです(笑)

数乱戦についてなんですが、ここでも無駄に戦いを挑まれるという事もないんですけど、紘可は自分の為に戦うというよりは、誰かのために戦うって感じなんですよね。
なのでここでも景太郎の為に数乱戦を行うって感じでした。

んで、まだよく分からないけど紘可には何か景太郎の強運にも負けないような力がありそうな…そんな気が致します!

EDなんですけど悲恋は名の通り悲しい恋って感じでしたが、ベストED的な方は幸せなんですよ。
幸せなんですけど展開的にはめっちゃ夢物語なんだけど、このベストEDの部分の景太郎の紘可に対する甘やかし方が私は好きなんですよね~(*´ω`)
何故そう思うのかは、彼とのベストを迎えてもらえれば分かると思うんですけど…(笑)

景太郎が紘可の事をどれほど必要としているのかが分かると思います!

って事で会長に続き地味に楽しめた√だったんですけど、キャラ的には意外性で結構好きでした。
でも今の所まだ萌えとか悶えというのはないですね~(´・ω・`)

今の光が終われば次は、ちょっと楽しみにしているヘタレの有比くんなので…彼もこの調子で楽しめると良いなと思います♪

という事で、景太郎の感想はここまでとしようと思います!
続き進めないといけませんから(≧∇≦)ノシ
本日も最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました~♪


遅ればせながらまえぬの良さを
少しずつ知ってきたりな子に
応援ポチお願い致します(*´ω`)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは(*´ω`)ノシ

まずは昨日のビズログ感想にお付き合い頂き、拍手や応援ポチ、コメントも下さいましてありがとうございましたー(∩´∀`)∩
毎日更新の励みとさせて頂いております!

昨日から数乱始めておりますよ~!
実は既に二人目も終わっているんですけど、本日は初回感想&遊佐さん演じる壱園くんの感想とさせていただきたいと思います。

まずはわたくし、今回は無口なおきつんキャラの為にステラで限定版買いますたw

IMG_3695.JPG

限定版にする必要なかったゲームかもしれないけど、ヴェリテとかも見送ったし、せっかくおきつん出てるしって事で頑張りました(笑)

ちなみに特典は最後に聞こうと思い、取ってあります♪
さてさて、早速ですが初回感想に行きたいと思います~

まずはいつものごとくシナリオからザザッといきますね(*´ω`)
この時にどの数字がどのキャラか分かるように先に名前と数字を書いておきます(笑)

1→壱園央助/生徒会☆
2→弐藤光/数研☆
3→参河利保子/生徒会
4→肆形有比/数研☆
5→伍代朋江/生徒会
6→陸平崇樹/数研☆
7→漆原景太郎/生徒会☆
8→捌沢明&暗/数研
9→玖折 巡/生徒会☆

ちなみに名前の後に☆が付いている人が攻略対象です。
それと主人公は0で零崎紘可です!

まず数家というのはこの世界ではすんごい権力を持っていて、壱から玖(一~九)まで序列がありますます。
で、この序列を決めているのが数乱戦というものなんですけど、この戦いの勝敗によりこの序列が変動するという仕組み。

序列が上になればなる程富や権力が得られ、序列が下になる程虐げられる…とまではいかないけど、学園での扱いが上位の人達よりもひどいものになっておりますね…(笑)

ちなみに梵学園では序列が上の方々が生徒会に属していて、壱園くんが序列のトップであり、生徒会長。
その次が玖折くんで副会長、細かい順位は忘れたけどその他の景太郎と利保子さんと伍代くんも序列が上の方で生徒会に属しております。

反対に数研に属している光や有比、捌沢兄妹、陸平くんは序列が生徒会面々よりも下になるので、数研という同好会?に属しております。

そして数乱戦で戦えるのは数家の中でも選ばれた者のみで、左手の甲に自分の家の数字を表す文字が浮かんでおります。
しかしこの文字のある者は毎回その一族に生まれるわけではないんだそうです。
なので今回数字を持つものが各数家から生まれており、更に全員学園に集まっているのは稀なんだとか。
この時点で何かが起こりそうな予感しかしませんよね!(笑)

そんでもって数乱戦を行う時は数刀と呼ばれる、各数家に代々伝わる刀を用いて戦うのですが、切られたことにより真剣のように血が出たり怪我をしたりはしないものの、同等の痛みは感じます。
そして相手の左手に浮かんでいる数字の刻印を切った方が勝利というものです。

この辺が分かっていれば感想も分かりやすいかもと思います。

主人公はもともと通っていた高校から数家の人が作り、数家の人達が通う梵学園に転入して通う事になる所から物語が始まります。
紘可はとにかく寝る事しか考えていない子なんですけど、まさにぐうたらな主人公です(笑)

この子は両親を事故で亡くしているんですが、両親の変わりに育ててくれたのが両親の親友であった無良木耶告です。
今回は育ての親である彼の仕事の関係で、梵学園に転校することになります。

数家とは全く無縁だった彼女が転校して早々に知ることになる数々の事…
既に数家の一族の中には存在していないと思われていた零﨑家の血を引いている事をここで初めて知り、そして数乱戦に巻き込まれつつ、彼女はある真実を知る事に……(*´ω`)

みたいな?w
何かあんまり長く喋ると大事な所まで言いそうなので、いつものごとくめちゃくちゃ端折りました(笑)

初回プレイ時間なんですけど、何と5時間で終わりましたよ~♪ww
共通三、四章までとかで、個別も同じくらいだったと思います。
割と早い段階で生徒会に入るか数研に入るか決められるんですけど、これでどっちを選ぶかで攻略対象が異なってきます。
これも数字と名前を照らし合わせた所で書いてあります♪

全体的に選択肢も少ないし、わりとプレイしやすいんじゃないかと思います。

ストーリー的には個別に入るまでは割と何事もなくサラサラ―っと進みます。
学校の行事とかを交えつつ属した組織のキャラ達と過ごしていくという感じですかね。

あ、先に言っておきますが巡とかめっちゃ小うるさいです(笑)
いちいち突っかかってくるし皆から恐れられているし、ちょっと癖が強い子ですね(*´ω`)
だからこそ楽しみいしているんですけど…。
過剰なほど央助さん央助さん言ってる人です(笑)

そんでもって、個別に入ると二人に関する出来事が起こって、恋愛の方も進んでいくって感じ。

恋愛はめちゃくちゃスムーズに進みます。
攻略対象と過ごす時間が増えて自然と好きになっていくって感じなんですけど、いつの間に…とは思わないけど進むスピードが早い気もします(笑)
でもまぁキャラによっては最初から主人公の事を気に入っている人もいるので、そうゆう場合はスムーズ過ぎる気もするけど、あれだけ一緒に過ごしていれば意識するのかな…?と思ったり。

数乱戦についてなんですけど、伍代がちょっと厄介なので彼相手に一度戦わないといけなくなるんですが、その後は主人公以外が戦う事があるって程度です。
なのでいつもいつも殺伐とした戦いが繰り広げられるわけでもないし、生徒会と数研の人達同士がすんごい仲が悪いって感じでもないです。
序列的に見下している感を出している人もいるけど、同じ数家なので仲が良いというかそうゆう雰囲気がありました~。

まさか数研に入ったらいじめの対象かと思ってりしたけど、まだ生徒会にしか属してないので何とも言えないけど、そうゆうのはなさそうかな?と思いました。

で、全体的に話しの山はあるんですけど、恐らくそこに行くまでが平坦すぎて(´・∀・`)ヘーって感じです(笑)
学園でのアレコレを楽しんでいたら個別に入って、そこから流れが変わるという…。
かといってそこに行くまでも平和なので「まだかな…」って思いますね!

そしてやっと起こった出来事もバンと出て来てジワジワ何故か切ない流れになり、サラッと解決して終わります。(悪口ではなく、分かりやすさに努めておりますw)
ベストEDと悲恋なんですけど、まさかこの感じで用意されているのが悲恋だと思わなかったので、そこの意外さは良かった。
多分攻略サイト様のお世話にならなくても簡単にベストEDにいく事が出来ると思います。

別につまらーーーーんヽ(`Д´)ノフとも思わないけど、めっちゃ面白かったーとも思わない感じですかね。

攻略対象以外の数家の子たちも絡んでくるし、中には面倒なやつもいるけどワチャワチャしてるのは面白いです。
利保子さんとかも大の男嫌いでなかなか良いキャラしてるし、双子の捌沢兄妹とかも可愛いし|д゚)
でもね…おきつんが…

全然、本当にほっとんど喋らないんですよー!(笑)
無口にも程があるだろって感じですw
いつまで経っても声が聞こえないから、このまま聞けないかと思った位なんですけど、やっと聞けた時に主人公が心の中で「喋った!」って思うんですけど同じ事を言いました(笑)
しかも「うん」とか「そう」とか「俺は戦いには参加しない」しか聞いていませんよ私は!
個別でベラベラ喋り出す事は全く期待できないけど、あの無口がどうなるのかは気になる所ではありますね(*‘∀‘)

それと今回のたっつんがすんごい根暗キャラなんですけど、ちょっと可愛いんですよ~(*´ω`)
主人公が下の名前で呼んだだけで泣くし、主人公も自分の事は名前で良いって言ったら「俺みたいな陰気で気持ち悪い奴から名前で呼ばれても…」とすんごい自分を卑下します(笑)
筋金入りの暗さでそれを自分で言っちゃうこの子が、何か面白くて可愛かったです(笑)

ここからは壱園央助の感想も交えながらの感想にします。

suran_ichi.jpg 

央助は最初なかなか登場しないんですけど、やっと出てきたと思ったら若干感じ悪かった…(笑)
トーン的にはいつもの遊佐さんって感じなんですけど、央助は序列が一番上の壱園家だし、いずれは当主になる事や壱園家に生まれた事を誇りに思っているので、そうゆうのが喋り方に滲み出ているという感じですかね。
なので若干偉そうな遊佐さんですた(笑)

そんな央助は主人公と伍代くんの数乱戦を見てから、主人公に強い興味を抱きます。
すると…
ただのストーカーではないか…というような行動に出始めます(笑)

生徒会では自分の補佐役として傍に置くし、主人公は小さい頃から剣道をやっているんですけど、剣道部の見学に来て生徒会に入ってから半ば強制的に剣道部に入れ…。
お昼休みには一緒にご飯を食べようと彼女を探し回り、四六時中一緒に居ようとする始末(笑)
すると遂には主人公は央助の事を気配で察知できるようになってしまいます!ww

まぁそんなこんな会長から逃げていると、クラスで唯一仲良くなった滴に「一度ご飯を一緒に食べてみたらどうか」と言われた事をきっかけに、一緒にご飯を食べるようになったりして一緒に過ごす時間が増えていきます。

すると今まで知らなかった央助の事を少しずつしっていくうちに、どんどん央助に惹かれていくんですよ~。
まさに恋!って感じでしたね。

で、かなりスムーズに央助が主人公が気になるのは好きって事なんだと気が付き、そこから付き合うまでの流れもサクサク~っといくので「あれれ?」と思うんですよね。
何というか 気になる→好きかも→好き!→付き合う この流れがすんごい流れるように進むんですよ。
でもこの2人は、付き合ってからこの√の山場を迎えるので、付き合うまでの流れがスムーズにいったのもまぁ納得できます。

そんでもってここからなんですけど、今までの感じからは想像もできないちょっと何か切ないようなモヤっとする展開になっていきました!
ここから予想外の展開だったので、ちょっと面白くなった(笑)
他の√をやってないから何とも言えないけど、色々真相的な事が分かるシナリオだったんじゃないかと思います。

ある事を知った央助が主人公を避け始める時なんて、こんな流れ想像していなかったので何だかちょびっとだけ切なかったですし(:_;)
あぁ紘可と央助恋してるわーって感じだった。

央助は自分が壱園家である事にすんごい誇りを持っているし、責任感も強い子なんです。
更にどんなに忙しかろうと大変だろうと、その事を一切顔にも出さないし疲れを見せないんですけど、壱園家の者として…と当たり前に何でもやる訳です。
そんな彼だからこそ、ある事実を知った事により弱さがドーンと出てしまいます。

それを受け止めて央助を支えるのが主人公なんですが、全く何に対してもやる気のない主人公が数家に関わったり恋をすることですごく頼もしい女の子になっていく感じでした。

結構シンプルな話の作りだと思うんですけど、そんな中でも初めて誰かに強い興味を抱いて恋をした央助が巡に対して嫉妬したり、その気持ちが何かわからず巡と下らない数乱戦をしたりと…。
とにかく自分の気持ちに正直すぎる真っ直ぐなアピールとか、初めての感情に若干翻弄されている様子とかは楽しめましたよ~。
見た目と生徒会長って所で、可もなく不可もなくな感じなのかな~って思っていたので、央助の意外な所とか後半の展開は良かったですかね。

あとはBADじゃないんですけど、まさかの悲恋EDが個人的には意外性がありました。
シナリオの流れ的に若干波がない感じなので、まさか√で起こる出来事に恋愛も絡めて来るとは思わなかった…。
そこからの悲恋というのも、え!そうゆう流れなんだ!とちょっと思ったのと違くて良かったかな。

なんですけど、やっぱり全体的にサラサラ~なのでね(笑)
気になるキャラの時にどうなるのかって感じですかね!

という所で!!
初回で攻略順も決まったので、一応…
景太郎→光→有比→崇樹→巡 で行こうと思いまーす(^◇^)

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございましたー♪


昨日あらかじめ積みゲーの写真撮ってみたんですけど…
驚きの高さに愕然としたりな子に
応援ポチお願い致します( ;∀;)ww
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言