こんばんは(≧▽≦)
というか私的にはこんにちは…です(笑)

まずは、昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました‼┏○ペコ
本日も、とーっても励みとさせて頂いております\( 'ω')/

実は、只今午前11:16です(笑)
昨日お布団に入って「さて!華アワセやるか~‼」と思って進めてたらば、相方から電話が来て仕事で飛行機に乗って県外に出ていたんですが、空港に着いたのが23時頃…。
そこから自分の家に帰るとなると日付を跨ぐので、うちに来れば30分で行けるから行っても良いかという電話だった(=_=)

これで華アワセはお預けや…となりまして、今日朝早く家を出るのをお見送りし二度寝して(笑)
起きてから色々済ませて華アワセをプレイしていたのですけど、終わったのですよ‼先ほど!
それでどうしても喋りたくて即ブログに書きに来たという感じです。
なので、早速ですが感想を喋らせて貰おうと思います‼

今回の個別感想を喋ろうとしている、いろは・うつつに関してはすんごいネタバレのオンパレード√だったので、バレを防ぐためにかなりあっさりめの内容になっています。
まとめ感想も色々と言えないことが多いため、サクッとした感じにしてあります!┏○ペコ

◇華アワセ 唐紅編
wp_l99_5.png 

いや~3作もあったのでここに辿り着くまでが長かった…。
長かったんですけど、唐紅/うつつ編までやって初めて「凄く面白かった」と思いました。

これの前にプレイしている蛟編・姫空木編だけだと、どうしても物語の輪郭さえも見えず、モヤ~っとした感じしか分からないんですよね。
なので、うーん…どうゆう事なんだろう…とモヤモヤする方が先に気持ちとして残ってしまうんですけど、ここにきて気になっていた事、色々と自分の中で仮説を立てていた事が実際はどうゆう事なのかがちゃんとハッキリと分かる形となっていました。

まだ少し気になる部分はあるのだけど、その辺は制作発表がされているいろは編で分かるのかなぁ…と期待をしております。

何と言えば良いのか、最後までやってみるとどこか悲しい…というか寂しいというか、そういった感情も残す物語だなと思います。
ここに出て来た人達がどんな人たちなのか、最後の最後まで見えてこない人もいるんですけど、唐紅/うつつ編を進めていくとそうゆうのも今までの所よりも見えて来ます。
1つ1つの事が分かってくると、その度に何か泣きそうになるんですよね(笑)

初回の感想から、ネタバレしないように気を遣い過ぎて何が言いたいのか全然分からない感想になっていると思うんですけど、唐紅/うつつ編はネタバレの宝庫です。
この唐紅/うつつ編の物語全体、全てのキャラの√で今までの謎の殆どが解ける形となっています。
なので、どこの誰の√にいってもそれぞれに明かされる事があるんですけど、最後のうつつ・いろははそれはもう満載でした!(笑)
なので、終わった瞬間に『いろはとうつつの個別感想は書くのやめようかな…』と思ったほどなのですけど、それくらい色々と詰まっている内容になっていました。

ここでは、やっと一体誰が…色々な出来事を起こす発端となっていたのか?という部分にスポットが当てられて、その人物を知る事になる…というのが一番メインとなる出来事になります。
そこに辿り着くまでにも、どうして華アワセという作品での今までの出来事が起きていたのかとか(凄い頑張ってこの言い方にしましたが、これが適切ではない気もします)、その真相部分や主人公のみことを含む皆がどうゆう人物なのかとか、本当に色々な事が一歩ずつ真実に近づきながら見えてくる形になっているんですよ。

そして最終的に最後にとある人物までいきつく…って感じなんですけど、もう一瞬たりとも見逃せない展開となっていくので、若干前のめりになってプレイする感じになるかと思います(笑)

そこに合わせて最後の物語ではそれぞれの人物たちが背負っている“咎”というものを探して、壊してく形になっているんですけども…。
この“咎を壊す”という事をすると、皆のある意味での真実みたいなものを見る事が出来るんですよ。
で、更に今までの物語中にちょこちょこと出てきていたシーンの、真実というか本当の姿みたいなものが見えたり…。
1つの事柄だけが分かるようになっていくという作りではなく、この唐紅編では物語の全体の真実、登場人物個々の真実、などなど…様々な真実に触れる事の出来る構成となっています。

だからこそ、見落とせない!見逃せない!となりながらプレイする感じになってしまいました。
凄く面白かった…いつも自分の言葉の引き出しの少なさに愕然としますが、本当に面白かったです(笑)

ここに登場している人物、一人一人に意味があると言いますか目的があると言いますか…。
最後に黒幕…と呼んでも良いのか、呼びたくない気もするんですが、そういった立ち位置の人物が分かった瞬間に『そういえばこの人だけ何も無いなんておかしい…』と思ってしまうんですよね。
どの人にもそこに出てきて関わっている理由があるので、そういった部分も明かされていくのが凄く面白いなと思いました。

ただ、やはりどこの√に行っても、誰とどんなEDを向かえても、真実を知っても…、悲しい物語というかですね…。
人を愛した事で持ってしまう負の感情というか、そうゆうのが関係してくるのでどこか切なく思えてしまう所があるかなと思います。
でも、皆ただ自分の好きな人を一途に思った結果、この形になっているという気がするのでうまく言えないんですけど(;´・ω・)

それと、一通り終わってもう一度華うつしをしに、ランキングの所に行って来ました\( 'ω')/
各攻略キャラとの戦闘に勝ったり負けたりすると、スチルが埋まるので今回はちょっと挑戦してみました!
それぞれのキャラと戦闘をしてきたんですけど、いろはがこれまた…今回の物語にも関係するような感じだったので、頑張って良かったー‼と思った( ;∀;)
いろはなんて、頑張って勝ってあのいろはのスチルを見て欲しいです…。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

あのスチルを見た瞬間にウルっとしてしまったのは、もうしょうがない事だと思います(笑)
何かアレを見たらやっと解放された感じがしました。

ちなみに、私は唐紅推しです(笑)
もともとちょっと人とは違う雰囲気の人だったけど、今回の唐紅/うつつ編をやってより好きになりましたね。
唐紅は本当に彼らしい所が満載というか、唯一自分に素直で自分の手で掴もうとする人なので、そうゆう所もかっこよかったなぁと思いました。

次はいろは、次にうつつかな。でも、この「いろはとうつつ」だと思う気持ちは、素敵ー‼とかそうゆうのとは少し違う感情なんですけど、きっとプレイ済みの方ならどうしていろはなのか?うつつなのか?…が分かってもらえると思います。

残りの皆さんは同着‼本当にどの人も、ここまでプレイすると皆好きになれると思います(笑)
というかそもそも好きじゃない人が居ません。
個々に色々と抱えているものもあるし、みことの事が好きすぎて踏み外したりするけど、どの人もただただ一途に苦しみ続けている感じなので…(笑)
彼らは魅力満載の方達だと思います。

本当はもっともっと色々な事を喋りたいんですけど、やっぱりネタバレの宝物庫だとビクビクしながら喋る感じになるので、この辺にしておこうと思います。
以下からはうつつ・いろはの個別感想を喋りますが、既にどうやって書こうかすごーく悩んでいるので、余計な事を言わないようにサクッと終わらせようと思います。

◇うつつ/杉山紀彰
ututu.jpg

うつつは、蛟や唐紅、姫空木とは少し違うというか特別な立ち位置の人物です。
この人の√に入った所からいろはの√にいくまでは、今までの謎が明らかになっていく重要なシナリオになっているんですよ。
そこに、うつつがどうやってみことと関わったのかとか、みこととうつつが恋をしていく…って流れが加わっていくんですけども………。

唐紅・うつつ編となっているけど、誰よりも大恋愛に思えてしまうのは何故なのだろう(笑)

ある意味でこの人は(いろはもだけど)、メインヒーローと言える人物じゃないかと思いました。
最初はうつつがすごーく不思議な存在にしか見えないんですけど、話が進んでいって少しずつ色々と分かり始めると、何かどんどん切なくなってきてしまうんですよ…( ;∀;)
うつつってとにかくその生まれの事ですごーく苦しく思えてくるんですけど、皆みことの事が大好きというのは分かるんだけど、うつつといろはの好きはまたもっと凄うものな気がしてしまいます。

多分これは最後までやって、知った事があるからこそ思うんでしょうけど、そうゆうのもひっくるめて幸せになって欲しいよぉぉぉぉぉ(´;ω;`)と思ってしまいました。

うつつ√から華うつしでの戦闘の回数が各段に上がっていくんですけど、まとめ感想でも言いましたが“咎”というものを見つけて壊していくのが、確かこの辺からだったような…(笑)
いろはの√も続けてやったので、いろは√からだったらゴメンナサイなんですけど、今までの物語の比じゃない位いに、うつつ・いろは√は戦闘をした気がします。

でも、そうやって戦って勝っていくと、1つ、また1つと謎が解けていくので、そうゆうスタイルなのも夢中になったポイントだと思います。

あんまり深い事は言わないようにしたいと思うので、あっさりめな感想になってしまいますが、うつつとみことを見てると「何でも良いから早く幸せになってくれ」という思いしか出てきませんでした(笑)
もう何だろう、真実を知るとより強く願ってしまうんですけど、うつつが可哀想というのは言葉が違う気もしますが、もう苦しまなくても良いようにしてくれー!と思うといいますか(笑)
とにかくせっかくみことを好きだと言う気持ちを持てたんだから、幸せになって欲しいと思うばかりでした…。

でも、ちゃんとそんな簡単にはいかないんですよ‼
お約束だししょうがないと思うんですけど、うつつは彼自身にもちょっと色々と事情のある方なので、どの○編でも幸せになる事の出来ない立場の人なんですよね。
それがやっとここにきてみことと向き合う事が出来て、好きだという気持ちが持てて、当たり前だけどうつつにとっては当たり前ではない事が沢山起こるので、何かもう感慨深い展開だったなと思います。

みこともうつつの事を好きになって、もう幸せになる以外ないじゃん!と思うんですけど、やっぱり簡単にうまくいく事は絶対になくて…。
お互いの気持ちだけでどうにでもなる訳ではないので、EDを迎えるまでは本当に沢山の事が起こったなぁと思います。

本当に、本当にうまくいかない…。
どうしてそうゆう運命ばかり辿らないといけないのか…と、ついつい思ってしまうような展開ばかりが訪れるし、その度にうつつが苦しんでいるしで勘弁してくれーって感じでした(笑)
ちなみに、うつつ√をやったからと言って全部の事柄が明るみに出る訳ではないので、まだまだこれから…感もあるんですよ~!

ここでは、うつつ自身の事、みこととうつつのお互いを想い合う気持ち、全体に関係するけどうつつにも関わる事などなどが分かってきます。
だけど、本当の真実という部分は次のいろは√に凝縮されているので、その一歩手前までがここでは明かされるという感じですかね。

とにかくうつつが可愛い…と思える部分もあるんですけど、どこか悲しい気持ちにもなり…、うつつだけでなく早くいろはを幸せな所へと連れていきたくなるような気持ちにさせられました(笑)


◇いろは/寺島拓篤
wp_l01_iroha.png

うぅ…( ;∀;)
ここでは、いろはとみことの恋愛がどうのこうの…という事ではなく、今まで無くしていたあるモノを見つける物語という感じでしょうか。
いろはは勿論なんですけど、ここではこの物語には欠かせないとある人物も出てくるので、その人にとっても同じことが言えるかなと思います。

やっとなくしていたモノを見つけた事で、1つ踏み出したというか…そんな感じの終わり方が、また面白くもあり早くこの人の真実をもっと見せてくれと思いました。

いろは√では、今までの全ての出来事の元凶と言えば良いのでしょうか。
その辺の真実が次から次へと明かされていく形になっております。
本当に先に進むほどに次々に明かされていくので、「ちょ、待って待って~」ってなりそうになるんですけど、長丁場だった甲斐あって1つずつ“咎”を探すという名目で明かされていくので、とにかく夢中になって進めていました。

今までがフワフワとした描き方だったので、ちょっと不安だったんですけどここまでくるとカナリ丁寧に明かしてくれていたように思います。
あの時何が起こったのか、どうして今の状態になったのか、何が目的でこんな事が起きているのか…などなど、順に明かされていくうちにズブズブとはまり込んでいく感じですかね(笑)

そこに加えて、いろはがみことに対して感じる感情がどうしても何か分からなくて、どうしたいのかどうしていぃのかも分からなくて苦しんでいるのが、私まで苦しくなってきました(笑)
このいろはに関しての部分も、ここで色々と分かってくる事ばかりなので、うつつに続きこの人が幸せだと感じて笑っている所が見たいー!と思うようになってくるんですよね。

今まで気になっていた事、殆どがこの√に辿り着くまでといろはの√で明かされているんですけど、逆にちょっと謎が残る部分もあったんです。
それらが次回に明かされる形になるのかな?と勝手に思っているんですけど、まだまだ正体の分からい人物などもいますし、気になる所は多々残っております。
もう一歩突っ込んでいろはの事とかを知りたい…と思ってしまった気がするので、この辺りは想像が膨らむばかりです(笑)

私はとにかく、このいろは√をプレイし終わった事で、このゲームを作った人の頭の中が見てみたいと思いました!笑

プレイ後は何とも言えない気持ちになるんですけど、決して悲しいとかそうゆう感情だけでなく、温かい気持ちになっているのもあるんですけど、何というかですね…。
蛟編・姫空木編・唐紅/うつつ編という形になった意味というか、これらがどうやって繋がっているのかというか、そうゆう所もまた凄く面白いと思わせる部分なのかなと思います。
プレイした時にコレはもしかしたらこの順なんじゃないか…と考えたりとか、アレとコレはどういった意味合いの物語だったのか…とか、とにかく色々考えてしまう(笑)
終わったけどこれだけ考えさせられるって、なかなか面白いなと思いました。

今回の唐紅とうつつがどうして同じ収録になっているのか…というのにも意味があったりしますし、それぞれのキャラがどうゆう形でみことと結ばれるのか?という部分にもキャラ達の個性が出ているなと、終えてみて改めて感じる事があります。
いろは√で沢山の真実が見えてきて、彼らが何を求めてそうしたのか…というのが分かってくると、何とも言えない気持ちになってくるんですよね。

その中でも特にいろはに関しては、ここにきて初めて今までの作品の中でのいろはが、どうしてあの形での√シナリオになっていたのか…とか、彼のキャラクターが何故こうゆう感じなのかとか、蛟・姫空木・唐紅/うつつ編それぞれで、いつも泉姫(みことの事)を守る事だけに固執し続けた事や彼女をどんな時でも優先するのは何故か…など、色々な事に納得がいくというか「そうゆう理由だったからか」と思えたかなと思います。
でもそれと同時に、すっごく切ない気持ちににもなるのですけど…………。

なので彼の事を知ると、いろはという人に余計に魅力が出て来たような気がするんですよね。
彼がここの√で色々な事にみことと立ち向かい、真実を突き止めていくのは勿論なんですけど、いろは自身の無くしていたモノを見つけようとする所も凄く重要な所でもあるので…。
そこに辿り着くまでには、すっごく大変だったけどうつつのEDといろはのEDがある意味では、一番エンディングとしては良い物なんじゃないかと思います。

後は、私、あの方の演技に度肝を抜かれたんですけど(笑)
この物語での一番奥深い部分の真実に触れる時、その人と対峙する事になるんですけれども、恐らく出て来た時から「ん…何かこの人…」って思うんですよ!
でも登場の仕方がこれまたうまいので、あんまり気にならなくなってくるというかですね(笑)
ちょっと他の事に忙しくなっちゃって放置気味になってたら、出てきて、更に何か状態が想像してなかった状態だったので、出て来た瞬間「………(゜-゜)」こんな感じでした。

いや、本当に声優さんって凄いなって…。
様々な作品で同じことを何度も思ってきているんですけど、本当にすげぇな!って改めてまた思いました(笑)
ちなみに、私はこの人と華うつしをする時に、この人が発する台詞に笑ってしまいました(=_=)
シリアスな場面なはずなのに、何かブッてなってしまうんですよね…。

それと、終わり方がすごーーーーーーく気になる終わり方をしています。
解決した事や見えて来た事があったけど、逆に謎を残す終わり方というか(笑)
気になっていた部分を更に気にさせて終わってくれているので、終わった瞬間に「うぉぉぉぉぉぉー!!!!」と叫びたくなりました。

もう、何だろう、すっごくいろは編が出てくるのが楽しみに、楽しみ過ぎるほど楽しみになりました(笑)ありがとう。

今は次のゲームがやりたい!とか色々とありますが、ちょっと合間合間でまた蛟編からシナリオをおさらいしたいなと思います。
間をあけてプレイしてきた形になってしまいましたが、本当に面白かった…‼
私はお馬鹿さんなのであんまり細かい部分とか気にしない人なんですけど、色々な所が繋がっていたりとか…決定的な事は言えないんですけど、それぞれの作品や登場人物に意味があるので、すっごく面白かったなと思います。

という事で、ネタバレ防止のためこの辺でやめておきます(笑)
ではでは、今日まで華アワセの感想にお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪\( 'ω')/

これよりラキドを始めようと思います♪






何故か部屋の窓がちょびっと空いていて
サッシの所がビチャビチャになってました( ;∀;)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(*´ω`)

まずは、昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!
本日もとても励みとさせて頂いておりますヽ(^o^)丿

今日は密林さんより「ラキド配送したよ~」とメールが来ました\( 'ω')/
ムフフフ…明日届くのですね…ワクワク。
久々のVitaに胸が高鳴ります(笑)
最近PSPとPCだけだったのでVitaのあの快適仕様とゴロゴロゲームができるのが恋しくてしかたありません( 一一)
Vitaの積みってわりと積極的に手を付けていたのと、積む作品がなかったので少ないんですよね…。
なのでいつもPSPとPCが幅を取っているのですが(笑)
華アワセもあと少しで終わりなので、終わり次第ラキドをプレイしたいと思います♪

という事で、早速華アワセの感想を喋りたいと思いますが、今日は蛟・姫空木√の感想を喋りたいと思います!

今までは○編と名前がついているキャラ以外の√は、総じてBAD扱い…という形だったのですけど、今回の唐紅編では、唐紅以外のキャラとの“ここでもしかしたら、あったかもしれない未来”という形で描かれていました。
勿論ただただ幸せな結末を迎えるというだけのハッピーエンドでは無いんですけど、少し切なさがありつつも、それぞれの相手にとってのある意味で幸せのある終わり方になっていたかなと思います。

と、あんまりここで喋ると止まらなくなるので、そろそろ蛟からいこうと思います(笑)

◇蛟/福山潤
wp_l02_mizchi.png 

蛟編でも描かれていたのですけど、蛟は自らを掟で縛り付けている人です。
それには理由があるのですけど、ここで語る事は出来ないので言いませんが…(笑)
掟で縛り付けているからこその堅物だし、女性に対しての免疫もない…という感じですかね。

蛟√に入った序盤の頃では、蛟の何とも面白い姿が印象的で今までシリアスな展開だった事をすっかり忘れてしまう程でした。
主人公のみことは、華遷を行う際に水妹として男性と共に戦うのですが、穢れを受けると水妹という存在は枯渇という症状を引き起こすんですよ。
ちなみに穢れとは、自分が嫌だと思う行為だったり(男性にされる事とかで)、敵であるうつろひと呼ばれるモノが大量に発生すると空気が澱んだりしてなったりとか…色々と原因はあります。

で、その枯渇になってしまうと身体が冷えてしまい、貧血?みたいな感じになるんですけど、それを処置出来るのが使い手である男性になるのかな…。
一応女子も出来るっぽいけど男性が処置を行うようには、サクッと治せないみたいです。
しかもその処置をするときは素肌同士の方が早く治すことができる…って事なんですけど、蛟が己と戦いながらも枯渇を起こした主人公を助けようとするシーンがあるんです。
ブツブツと独り言を言い、しまいには目を瞑りながら手探りでどうにかしようとしている姿に笑えてしまいました(笑)
この時の独り言がついつい吹き出してしまう感じなんですよ!
めっちゃ堅物だけど、こうゆう所が何だか可愛い…と思ってしまう(笑)

しかも百歳さんの蛟に対する対応が面白くて、今まで特定の水妹を作っていなかった蛟に対して「今まではレンタル水妹だった」とか色々と言うんですよ。
これからシリアス展開が待ち受けているんだろうなと思ってスタートしたので、余計に面白くて愉快でした!
普段はとにかく朴念仁!超絶堅物!って感じなので、唐紅√で最後の方がずっとシリアスだった分、凄く楽しい気持ちが序盤は多かった気がします。

√的に唐紅√での最初の大きな出来事が起こったあとに、蛟に分岐する…という感じなんです。
なので、蛟の事を想うとかそうゆ事ではなく、みことの中には唐紅という存在が居て、それでも蛟はみことの事が好きで……みたいな分岐の仕方をしていきます。

そこからの展開は蛟√だからこその展開となっていくんですけど、蛟が自分も受け入れる事の出来ない自分がいたり、それを認めて受け入れるまでのお話しになっているというか。
もうすごーく、すごーく苦しいです(笑)

もともと蛟編の時もそうだったんですけど、(というか、どのキャラもそうなのだけど)今の自分だけの問題ではなくて、ずっとずっと前からその運命に縛られている感じというかですね…。
たまたまその家系に生まれてしまったから…という風には思えないし、ちょっと詩人みたいになりそうだけど、その魂ごと縛られている感じがするんですよね。
しかも、それが登場人物全員。
みことだけが自由に選択して、どの運命にも寄り添える感じがします。

今回のこの√でも、唐紅の√で謎となっていた部分が少し明らかになっていくんですけど、そこに蛟の事が絡んできていました。
うまく言えないー‼と今心の中で地団駄を踏んでいますが(笑)、蛟がみことを想うあまりに変わってしまう所を見ていると、もう早く救ってあげて欲しいと思うばかりでですね…。
唐紅のパートナーだと心に決めているのは分かっているんですけど、それどころじゃなくなるんですよ(笑)

今回の唐紅編で起きるとある出来事が、唐紅では唐紅の家が、蛟では蛟自信の事と家の事が、姫空木では姫空木の想いと境遇が…って感じで、色々な事と絡まりながらどんどん深みにはまっていくって感じなんですけど、蛟がどうして犯人捜しの時にすぐに的確に動くことが出来たのかとか、この√での真相へと近づいていくと無駄にドキドキしました(笑)

なかなか誰にも心を開けなかった蛟がみことに弱音を吐いたり、ちょっと暴走したりとか(笑)するんですけど、そうなってくると唐紅が心に住むみことだと、負の感情が出てくるわけですよね。
そこから蛟が変わっていってしまったり、二転三転していくので今まで唐紅編が一番物語に動きがあった気がします。

どのキャラクターも、みことを強く想いすぎるあまりに変わっていってしまうので、それも普通の感情とは言わないけど否定する事は出来ないかなーと。
病み方変わり方はひとそれぞれですけど、どいつもこいつも一途だからこその変貌なので。
少しずつ狂っていくというか変わっていく時は、自分の好きな人が他の人想っているのだから、そりゃぁな…とどこか納得もしてしまいます。

そして、ネタバレを避けるために色々と言えない事が多いんですけど、今までの出来事ぜーんぶひっくるめてどうゆう事だったのか…というのが見えてきます。
完全に全貌が見えるという形ではないんですけど、ここでは華遷というものがどうゆう経緯で出来たものなのかとか、それがどういったものなのか…というのが分かるんですよ。
それが見えてくるだけでも、この華アワセという物語がどうゆうものなのか…というのが想像つくと思うんですよね。

なので、とにかく皆の台詞を見落とせない!そうゆうような内容になっていると思います。

蛟一族がどういったものなのか?というのは蛟編でも分かるんですが、ここではまた別の視点から突っ込んでいく形になっているので、そこも合わせて面白さが出てくると思います。
あー言いたいけど言えない!色々と突っ込んでお話ししたいところなんですけど、耐えます私(笑)

華遷についての事が一通りここで明かされて分かってくると、今までフワッと自分の中で「こうなのかも?こうゆう事なのかな?」と思ってたことが、もっともっと壮大な話だった!みたいな気持ちになるんですよね。
でもちゃんと○編・○編というのが全て根っこで繋がっている感じです。
凄く面白い内容だと思います!

あまり喋ると余計な事も言いそうになるのでそろそろEDのお話しをしますね(笑)
今回は蛟√では2つのEDが取れる事になっているんですけど、1つはある意味でこれも1つの幸せと言える形かな…と思える終わり方で、もう一つは蛟にとってのBADという感じがしました。

唐紅編ですけど、ここは蛟√。
なので蛟にとっての一つの幸せ…と言える形なのですけど、これがまた何とも言えない気持ちにさせられるんですよ!
蛟自身が自分と向き合って受け入れた結果…あぁなるんですけど…(笑)←
この時の蛟はきっと、今までずーっと苦しんできた事からやっと解放されたんだなと思う反面、どこか寂しい気持ちにもなってしまうんですよね。

みことによって解放された事と、みことが蛟を選んだ理由とかとかとか‥‥色々思うと本当に何とも言えない気持ちになります。

それと蛟だけでなく、どの登場人物よりも唐紅がすっげーーーーーーーカッコいいんですよ。
蛟を選んだ主人公に言う言葉と、どうしてその選択をしたのか…という唐紅の気持ちをしるとマジでしびれます(笑)
本当にめちゃめちゃ良い男だなと強く思いました。

もう何というか本当に、周りのキャラ達とかもすごく良いんですよね…。
それぞれが色々な気持ちを持っているんですけど、どれもやっぱり切なくなってしまう部分があったりするので、そうゆうのも見えてくると“面白い‼”っていう気持ちが増幅すると思います。

BADの方は、蛟にとって一番苦しい展開となる感じです。あぁ…こうゆう終わり方で苦しめてくるのか…と思わずにはいられないと言いますか( 一一)
苦しくて迎えたくないEDだなとすごーく思いました。
今までに色々とあった分、後味が悪いと言うかうわー…って思えるEDでしたね。

でもこのBAD含めて面白かったと思うので、大変満足したシナリオ構成でした\( 'ω')/

◇姫空木/立花慎之介
wp_l04_hime.png

姫空木編でも言ったのですけど、この人はなかなか…(笑)
唐紅編でも同様に、というかこっちの姫空木の方が素の彼というのを見られたような気がします。
姫空木編では自分の気持ちに苦悩している感じが強かったのですけど、今回はつい抑制できなくなった気持ちだったりとか、それを語る時の姫空木が飾らない彼自身だったように思います。

今回は色々とあの時の姫空木とは…ちょっと違う所があるんですよ。なんですけど、みことの事を想っているのは同じだし、蛟√同様に唐紅というパートナーがいる上で、それでもみことの事が好きで彼女の力になりたい…って所から入っていきます。
ただ、姫空木は純粋に彼女を助けたいという思いだけでなく、自分を見て欲しいと最初から強く思っているので、そこもまた面白かったかな。

登場人物の中でも一番心を開かないと言うか、本心を見せてこないキャラなので、今回は感情面も含めてわりと色々な部分が出ていたように思います。
なんでだろう…みことを一途に思い続けている感じが、姫空木編の時よりも出ているからですかね。
彼女の事だけがずっと好きだった…というのも、そうゆう部分に出てきているのかなと思います。

で、ですよ。
ここで、ついに私がすごーく気になっていた所などなどが色々と見えてくる内容になっているんですよ!
結構突っ込んだ形になってきたんじゃないか…と思うんですけど、今まで色々と脳内で想像していたことが実際どうだったのか…という所が分かってきます。
姫空木編でも物語の中心となっていた部分の、もう少し違う視点から見た形だったりとか、今までの物語の中で気になっていた部分だったりとか、様々な事柄がここに含まれていました。

これが分かってくると蛟√で見えて来た全体の物語の事に肉付けされていく形になるので、どんどん面白くなって行きます。
肝心な所は伏せられたままなんですけど、それでもここで明かされた事って私的には結構大きかったんですよね。
とある人物が何故そうまでしてもミコトを手に入れようとするのか…とか、一体何者なのかとか…。

後は姫空木編でも関係してきたアイツは一体何がしたかったのか…とか。あの時にはフワフワとしていた所がここにきてハッキリするという感じもありました。
でも、終わった今思い出してすごく思うのは、姫空木は最初から助ける…というよりは、どんな形でも良いからみことを自分の傍に置くというか、手に入れるというか…そういった考えがあったのかなと思ったり。
何かどうしてもちょっと黒い感情というか、そうゆうものが付きまとっているように見えてしまうんですよね(笑)

ちゃんと姫空木自身もみことを想うあまりに変貌してしまう様子がありますし、色々な出来事を経て迎えた姫空木EDというのは、すごーく彼らしい終わり方だったなと思います。
あの終わり方は、この人だからこそ存在した終わり方だと思うし、自分側にみことを堕とすというかですね…そうして手に入れている感じというのが、「あぁ…。」と思えてしまうんですよね。

このEDを迎える事で、色々な事がはっきりと分かる部分でもあると思います。

蛟の時とは違って、姫空木はある意味で行動力のある人というか、自分がどうしたいかというのが見えていますし、自分自身をある意味で受け入れている人なので。
彼自身の苦悩…という部分では、みことに対しての自分の想いって所だけなんですよね。
姫空木編では彼の境遇だたりとかも描かれていましたし、すごーく自分の事で苦しんでいる様子が描かれていたけど、ここではその辺はあんまり深く突っ込む感じでは無く、また違う所から切り込む感じでした。

なので、あの時ちょっと見えた気がする…と思っていた所が、こっちで核心に変わると言う感じですかね。

しかも、みことに告白してしまうシーンがあるんですけど、も~何か知らないけど立花しゃんの吐息?とか音とか色々大変でした(笑)
真面目に切羽詰まるシーンなのに、色々と…あかんやつだと思います耳的に…(/ω\)
そんなこんなで色々とある中で、ずーっと初恋の子を探しててやっと見つけたらばみことだったんですけど、みことに近づくために彼がどうやって仲良くなったか…というのを暴露するんです。
そうゆうのも知りつつ先に進んでいくと、この人ってなかなかあざといというか…、みことを手に入れられるなら何でもしそうだな(笑)と思えちゃうんですよね。

だってこの人のハッピーだと思われるEDは、切ないというか「あぁやられたな…」って感じがするんですよ‼(笑)
ある意味悲恋だけど、姫空木という人物は本当に食えない奴だなと思えたEDでした。

でも、これはこれで…あの○○よりは幸せなのかな…とか思えたりします。

もう一つのEDは私実は結構好きな感じです\( 'ω')/
これは…また…、この運命に縛られたとある人が関係してくるんですけど、この人がやっとちゃんとした形で幸せになれそうなEDだった気がします。


ムムムムムーーーーーーー。
何かもっともっといっぱい喋りたい事があったんですけど、あれは言わない方が良い、これは言わない方が良い…とか思うと伝えるのが難しいです(笑)

特に姫空木の√は結構核心に迫る部分も多かったりして…(;´・ω・)
余計な事言わないようにすると、喋れることが限られてくる。

今はうつつの途中まで進めているんですけど、この人もまた可哀想な人なんですよー‼( ;∀;)
ランキング上げは蛟編で頑張ったお陰で、今は特に強いられることもないのですけど、主要パラ70以上、他60くらいになっております(笑)
これ後から五光と戦うにはもうちょっと上げないとな…。

という事で、姫空木の方はサクッとしてしまいましたが、この辺にしておきます!
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪\( 'ω')/




最近私はピー無しの柿の種と
カシューナッツを買ってきて
偽柿ピーにするのにハマっております(*´ω`)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは(''ω'')ノ
今日はゆっくり出勤だったのですけど、雨は夜から…って思っていたのに電車降りる時にはめちゃめちゃ降ってるし風凄いしで足元ビチャッて感じに…Σ(T□T)
出勤早々散々な様子になってしまいました(笑)

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございましたヾ(*´∀`*)ノ
本日も、とっても励みとさせて頂いております!┏○ペコ

昨日は午後ずーっと片付けとかをしていたせいか、疲れて早めに寝てしまいますた~。
そして今日起きるギリギリまで寝るという…(笑)
なので今日までに予定では華アワセ、結構な人数終わっているはずだったんですけど唐紅EDとノーマルEDしか取っていないという事態にヽ(^o^)丿

しかも、雨も止んでいるし今のうちに帰ろう!と早めに帰宅したのですが、何故か帰って来てから忙しくて…記事をアップするのがこんなに遅くなってしまいました~( ;∀;)

今ちょうど蛟√の始まり辺りをプレイしているんですけど、今回は一周回りきると引き継いでプレイを選択した後○○の分岐からという感じで、各キャラ選べるシステムになってましたヾ(*´∀`*)ノ
何とお優しいシステム……。

初回はランキングを60位まででED迎えられたので、次でもっと上げないといかんのですが…、それでも分岐からスタートできるのはカナリ助かるシステムです\( 'ω')/
という事で、今日は唐紅とノーマルEDの感想を先に喋っちゃおうと思います。

◇唐紅/日野聡
wp_l03_qrenai.png

ここにきて、やっと…‼
今までの蛟編や姫空木編などで謎だった部分が見えてきたー!って感じがして、今までモヤモヤとして輪郭も分からなかったものが、やっと色々と形が見えてきたという感じになっていました。

唐紅√では主に彼についてが描かれてるのですけど、何か見た目と普段の態度からは想像出来ないような、ちょっと悲しい運命というか…何というか…。
展開も今まで以上にドラマティックな展開というか(笑)ED迎えるまでに本当山あり谷ありって感じでしたし、色々な事が凝縮されている流れだったなぁと思います。

そこにみことの事…と言えばよいのかなぁ。
今までの○編となっていた意味だったり、サブの立場として登場しているけどみことをいつも見守っている立場の人達が、どんな人なのかとかとかとか…(笑)
あんまり言うとバレそうなので口を噤まないと…なのですけど、ここでのホニャホニャは初めての形で出てくるので、今までとは異なる形になった事で新たに見えてくる物があると思います。

それと、いつもはランキング上げの方が長い時間やってた気がしたんですけど、唐紅編は物語の方がボリューミーだったような気がしました。
ほぼ一日でやったからそう思ったのかもしれませんが、それでもギュッと詰まった√だったな。

始まりからして、蛟編→姫空木編とやっていると、何となく“こうゆう事なんじゃないか”というのを思いながら始める形となるんですけど、序盤にも言ったのですが他とは違っているのでそこからして、ある意味1つの真相が見える気がします。
そして気になっている所が少しずつ少しずつ明かされながら進んでいく…って感じですね。
そこに唐紅の事と、みことが誰を愛するか…という部分が関係してくるんですが……。

私華アワセをプレイしていて、初めて幸せだけど何だか悲しいというか辛いという感情を強く抱きました(笑)
唐紅の事すっごく好きだし、何ならキャラの中で一番好きなんですけど…。
この作品で言う所のツキに見放されている(表現が合っているか分かりませんが)人物がいるわけですよ、2人程。
その人達のうちの一人はいつもみことの事を想っているのですが、もう何かすごーく苦しくなってきてしまうんですよね…。
この人は、幸せにはなれないのかと思ってしまう( ;∀;)

唐紅の事を選ぶというのも、今まで以上に凄く大変な事だった気がするんですけど、それと共に失うものも大きかった気がするので、ちょっと切なさのある終わり方でもあった気がします。
とにかく恋愛面でのアレコレが一歩進んで二歩下がる…が2、3回起きるので、どうしたらみことは幸せになれるんですかーーーー‼と叫びたくなりました(笑)

恋愛とは無縁だった事で、心が綺麗すぎるみことが少しずつ変化していくというのはいつも通りなんですけど、相手が唐紅だからなのかどこのみこととも違う強いみことになっていったなと思います。

それと、ここでの色々な出来事に関係してきている言い伝え的な話しなんかが出てくるんですけど、もう一歩突っ込んだところに行ってほしい!と思うと、うまい事濁されたりしてめっちゃ気になった(笑)
こう…確実にな言葉として提示してくるという部分が少なかったりするので、こうかな?あぁかな?とか気になりながら進めていると、『そこの部分、どうなのー‼』と思ったりするじゃないですか。
その思っていた所がちゃんとした形として見えていないので、余計に気になって考えちゃうんですよね~。

本当はもっと色々と喋りたいんですけど、何しろ、今までとは違うの!
でも、何が違うのかというのが言えないから、うまく伝えられる自信が無いです(笑)
私はその、今までと違うのに同じになるという所が、すっごーく良かったなと思います。
例えば蛟はやっぱり姫と親友なんだな…とか。他にも色々とあったのだけれども、シリーズの中で一番盛り上がりのあった作品なんじゃないかと思います。

恋愛面の方は何度も言いますが、全然、全くスムーズにいきません(笑)
マジで山あり谷ありって感じですし、何度もみことの気持ちが試されているって感じの作りになっています。
それを経て、唐紅との想いがどれほどのものか見定められているって感じました。

何度も壁にぶつかりながらもやっと迎えたEDでは、あぁぁぁぁぁぁ良かったぁぁぁぁぁ~と心の底から思いましたしね(笑)
まぁ、そう思うと山あり谷ありだったからこその気持ちなのかなぁとも思うんですけど、それでもやっぱりちょっと色々起こりすぎて良い意味で疲れました(笑)

この流れでノーマルEDの事もお話しさせて貰います。

こっちはみことが唐紅の事を想い…迎えたEDとなるんですけれども…、うまいことこっちの道に誘導された感満載な気がしました。
というか、私はこのEDの相手となった奴への謎が深まりました。
この人何なんだろう…??
私にはよく分からなくなってしまった(笑)

言ってしまえば悲恋という括りになると思うんですけど、何が面白いって華アワセって“切ない”とか“悲しい”とかのシンプルな終わり方じゃないんですよね。
うまく伝えられなくてすみません…と思うんですけど、その中にちょっと謎を残したりとかシナリオ内でもそうなのですけど、こちらの想像力を刺激するというかですね。
そうゆうものを混ぜてくるので、終わった後にしばし考えてしまいました。

アイツ…めっちゃ気になる…(=_=)みたいな感じで(笑)

それぞれの各キャラのタイトル全てに彼らの家の問題が付きまとってくるんですけど、それぞれが家に縛られている部分がある…という感じなのですよ。
唐紅の場合も同じなのですけど、そこにちょっと悲しいというか愛憎劇的なものが絡んでいるんですよね。
それに加えて家の事も一緒に…という形になっていたので、余計に恋愛の方面もうまくいかないしノーマルの方ではややこしい感じになっていくし…(笑)
でも、この展開こそが面白いと思わせる部分なのかなと思います。

唐紅EDもノーマルEDもなかなかうまくいかないんだけど、そのうまくいかない出来事が興味をそそる展開なのですよー!
で、みことが何を選択するかで終わり方が変わる…って感じだと思うんですけど、ノーマルはノーマルでみことの心がちょこっと闇に巣食われているいる感じと言いますか、唐紅を強く想うからこその…って感じなのが、なかなか楽しかったなと思います。

上手にまとめられていないんですけど、みことと唐紅だけじゃなく、ここに出てくるキャラ達の心情みたいなものも感じられて面白い展開となっていました。
あの人やあの人を思うととても悲しい気持ちにもなりますが、何か…何かなぁ~‼(笑)

これ以上お喋りしても纏まらない気しかしないので、この辺でやめておきますが、これから蛟の続きをプレイしてこようと思います。
面白かったけどちょっと寂しくなる気持ちも残すお話しでした。

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪┏○ペコ




今日はせっかく早く切が得てきたのに
帰って来てからアレコレと頼まれて
結局これを書き上げるのが遅くなりました( ;∀;)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~。
今日は珍しく出張に行く皆が会社集合したので、仕事中にわんさかと来て賑やかでした…(笑)

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました‼
本日もとーっても励みとさせて頂いております♪┏○ペコ

さてさて、今日はオープン戦のチケットを数枚取らないといけなかったので、早めに会社に行きました(笑)
多分、そんなに急がなくても良かったんですけど、一応…。
11:00~販売開始だったので、それに合わせてPC前で待機して無事に2日分のチケットをゲットしてきました~ヾ(*´∀`*)ノ
これで神宮でのオープン戦に無事に行けます!
まだホーム開幕戦の方も販売開始したら取らないとなので、忘れないようにしないと…(;´∀`)

今日の感想の本題ですが、あっちこっちいってしまって申し訳ないのですが、本日は百鬼夜行ではなく華アワセ姫空木編の感想を喋りたいと思います!

◇華アワセ 姫空木編◇
wp_l99_5.png

片手間でちまりちまりと進めてきましたが、唐紅を早くやらねば…と思う感じで終わりました…(笑)

蛟編の時と同様に、今回の姫空木編では姫空木意外のキャラ√ではBAD扱い…と言った感じ。
〇編というのがそれぞれあるので、蛟編なら恋している相手は蛟、姫空木編なら姫空木という形なので、他キャラがBAD扱いとなるのはみことの心に迷いが生まれるからという感じなんですよね。
なので、姫空木意外のキャラをパートナーに選ぶと恋愛的な意味なのかどうなのか分かりませんが、迷いを捨てた時その相手と向き合うので姫空木が……って感じになるんでしょうね。

それと今回は、最後にプレイしたいろはの√は姫空木編の最初の部分に繋がっている的な構成となっていて、最初の蛟編の時よりも、物語の核心に少し近づいたかな…?という内容になっていました。

私の理解力の問題かも知れないんですけど、非常に感想を書きずらい(笑)

そもそも、この五光という存在は何なのかとか、主人公のみことの事とかですね…。
蛟編ではまだオブラート5枚くらいに包まれていた所が、今やっと2枚くらいになったって感じの…あれです(笑)

流れ的には前回と同じような流れで華遷の学園へと編入する事になって、そこで五光や他のキャラ達と出会います。
この編入の流れだったりとか、彼らとの出会い方は蛟編とは異なる形となっています。
ちなみに、まだ唐紅編やってないけど、恐らく始まりは違うんだろうな…。同じ始まり方じゃない部分にも意味がある作りなので、その辺は姫空木編をプレイすると見えてくる部分でもあると思いますね。

で、ここでの主役はみこと×姫空木なので、姫空木との恋をテーマにしつつ華詠の事や水妹はどうあるべきかなど…そういったものを知ってみこと自身が変わっていくという感じでしょうか。
そこに加えて姫空木自身の事も見えてきたり、彼自身の変化にも繋がるという…。

それぞれのキャラ√をプレイすると、相手となっているキャラの変化があるのと姫空木にも大きな動きが出てきます。
ただ、姫空木は自分の√以外では良く無い方向へと変化していくので…(笑)
どの人もなかなか闇っぽい物をもっているなぁと思うけど、姫空木が一番ヤバい気がしますね!
何というかこの人の抱えているものという部分もそうなんですけど、この人自体が脆いというかすごーく危ういと言うかですね…。
ちょっと危険さを匂わせるのと、いつでも壊れてしまう繊細さがある気がします。

そういった部分含めて、姫空木編では少しずつ深い所へと足を突っ込んでいく形になるので、面白くなって来たぞ…って感じが凄くしてくるかなーと思います!

そして前回に引き続き華遷もミニゲームで行うんですが、蛟編よりもパラの数が増えていたり敵がちょこっとレベルアップしてたりと異なる箇所もありました。
私は既にプレイしていたお友達に少しお聞きしてたので、最初のうちは主に攻撃と敏捷にBPを振り分けつつHPとかにも入れていきました。
特に苦戦するとこも無かったんですけども、5位に順位を上げる時にぼろ負けしました(笑)

これ、中間で70位くらいまで上げて、その後に5位まで上げたんですけども…。5位に上がる時に百歳さんと戦うんですよ。
で、そこに行くまで良い子に順位の下から順番に戦って上げていったんですけど、最後に百歳さんとってなった時何も考えずに挑んだのです(笑)
順位を上げて戦っている時も、片手間でやってたので完全に無意識だったんですよね。
少し戦ってパッと見たら、攻撃しても相手のHP削れないし自分のHPゴリゴリ削れているし、『何コレ―!!!』と思って相手を見たら相手は百歳さん…。
極め付けには覚醒みたいなやつ(例えるならスーパーサイヤ人になる感じ)をやられて、もうだめだ……と思って大人しく負けましたw

その後6位のキャラと何度も対戦を繰り返して、自分のレベルを上げてから百歳さんにリベンジに行きましたよ~。
って事で、若干順位上げをするのは、せっせと戦闘しないとなので大変でしたが…、初回でやりきってしまえば周回は引き継げるからまぁ楽なので…!
これも結構楽しめるからまだ良かったです(笑)

初回はどうしても順位上げがあるので、途中シナリオを中断してそっちに集中しがちになってしまうんですけど、姫空木√の後半と他キャラはポイントで戦うくらいになります。
が、唐紅編やる時もまた順位上げがあるのかーと思うと…(=∀=)アハ…頑張ります。

ではでは、各キャラ√の感想へといきますが、多分何言っているか分からないと思うんですけど、その辺りはご了承くださいませ(笑)┏○ペコ

◇姫空木(立花慎之介)
wp_l04_hime.png

何というか、すっごい面倒くさい男でした(笑)
ジャンル的には凄く好きになれる要素のあるキャラなんですけど、やっぱり私は唐紅派なので…(=_=)

姫空木って自分の水妹たちに「姫さま」って呼ばれているんですけど、それをちゃんと演じようとしている感じなんですよね。
皆に求められる自分でいようとするという感じで一見完璧な人です。
ただ、みことの登場でどうしていいのか分からない感情というのが生まれてきて、姫空木自身戸惑いながら自分の気持ちと向き合うまでがすごーく長いので、恋愛過程もすっごい遠回りしまくってやっと………だったなと思います。

しかも、姫空木はちょっとヤバい奴です(笑)
最初とあるシーンで私は『え(;゚Д゚)ストーカーじゃん!(笑)』って思ったんですけど、誰にも言えないのでお友達にメールで言いました…w
この人の行動って病男っぽい行動が多いんですよ!いつでもそちら側にいきそうな感じなのに、ギリギリの所をウロウロしている感じと言うか何というか…。

普通だったらみことに惹かれて、彼女をパートナーにして距離が縮まって…でも自分にも抱えているものがあるから、みことへの気持ちを認められない…だったりとか、みことに対して抱いている気持ちを理解出来なくて戸惑う…とかな感じかなーと思うんですが…。
この人の場合、姫空木自身が抱えているものという部分でも一筋縄ではいかないものだし、みことへの気持ちも確実に生まれているのにそれを認めないし戸惑っているし、とにかく色々な事が絡まりすぎてて解くのにめっちゃ時間がかかった感じですね。
なので、その間に起こす行動とか言動とかが、すごーく危険な感じになる事が多かったです。

姫空木編でも蛟の時にあった血筋での事みたいに、大きな出来事というのが起こるんですが、それよりも姫空木が最後の方に行くまで何を考えて行動をしているのかなかなか見えてこないので、みことと共にすっごくモヤモヤさせられました!
みことの事を好きだと分かってみたら、他の水妹とイチャイチャしてみたり(笑)
おいおいおいおいおーい!と思ったんですけど、まぁその辺も後半になってくると「そうゆう事か…。」と思える場面が出てくるんですが、そこに至るまでに心をズタズタにされるのかと思いましたよ…。

姫空木は他キャラの√ではもれなく壊れている事が多いんですけど、そうゆう方向性にいつでも転がる危うさを持っている人という感じがなんですよね。
だからこそ、恋愛部分もめちゃめちゃ遠回りになったのかなーと思います。

それと、姫空木編をプレイする事で色々と見えてくる部分というのがあったなと思うんですが、言っていいのか分からないので一応伏せますけども…。
この華アワセという物語がどうゆう経緯で〇編・〇編となっているのか…という部分とか、サブで出ているキャラ達にも繋がりがある事とか…とか……(笑)
あまり言いすぎるのも良く無いですね。核心に少し近づいているかなー?って思う部分も多々あったので、だんだん面白くなってきた感じがします。

それにしても、精神的になかなか疲れた姫空木√でしたw
キャラ的には嫌いじゃないけど色々と削られる感じですかね。


◇蛟(福山潤)
wp_l02_mizchi.png

蛟√にはEDが二つあったんですけども、一つは「こうゆうBADよくあるよね!」な感じのEDで、もう一つは完全なる悲恋系ですね。

蛟はものすっごい堅物なので、姫空木ではなくパートナーを蛟に選んだ時にどうなるんだ…と思ったんですけど、やっぱりわりとスムーズにパートナーとして仲を深めていったいった気がします。
みことは姫空木の事が好きな状態のまま、蛟のパートナーとなりとある出来事に挑む形となるんですけど…。
蛟はみことの事が好きだし、みことは姫空木が好きだしともうここでも絡まっています(笑)
でも、そんな中でもみことが蛟に対してパートナーとしてちゃんと向き合おうとしてり、蛟もみことと向き合おうとして二人は動いて行くんです。

が……。
ここで自分から蛟とみことを応援すると言った姫空木に異変が起こります(笑)
姫空木と蛟は親友でもあるんですけど、同じ人を好きになっている訳ですから…まぁ色々と複雑にもなりますよね。
でも、姫空木の事をこわっ!って一番なったのは蛟√かもしれませんね。
蛟との距離が近い分、姫空木も自分を抑えるし偽るので壊れやすかった気もします。

色々と省いて喋って居るので意味が分からない部分が多いと思うんですけど(;'∀')
これは姫空木√になってしまうんですけど、蛟とは初めて姫空木が本音でぶつかり合えたという所もあるので、そうゆう部分は凄く良かった!
だからこそうまくいかなかったときのこっちの√で、少しずつ壊れていく姫空木は可哀想でもあったかな。

EDは壊れた姫空木編と、壊れた主人公編って感じなんですけども…。
蛟はある意味被害者なのですが、それでも主人公を強く想っているのが何とも言えない気持ちになります。
切ない終わり方をした方なんて特に‼
姫空木が求めていたものと、同じものを自分も求める…という形で終わるんですけど、あの切ない終わり方が結構好きでした~。


◇唐紅(日野聡)
wp_l03_qrenai.png 

唐紅様ぁぁぁぁ~(n*´ω`*n)←

いや、マジで、この人オラオラすぎてどうしようかと毎回思うんですけど、やっぱり素敵なんですよね!(笑)
誰よりも密着スチルが多い気がするんですが…。

普段のやり取りだけだと、ただの変態…というかやりピー的に思われがちなんですけど、実は一番自分の水妹達を大事にしてたり、ただ一人だけを求めていたりと…。
何か筋の通ったやつだったんだな~と思う感じでした。
自分の気持ちのままに行動したり発言したりするので、危険な感じに思えるんですけど実はみことの事をちゃんと考えていたりとか、そうゆう“色々考えていたんだ”と思える所が見えてくることで、グッと魅力が増す人だったなと思います。

姫空木のパートナーではなく、唐紅のパートナーとなってうつろひ事件を解決する…という部分は蛟編と同じなんですが、唐紅のパートナーとなってからが大変です(笑)
唐紅のみことへの想いが無駄に溢れすぎており、更にはみことも唐紅が何を考えているかとか全然分からないのでなかなかパートナーとして向き合えない…。
でも物語が進んでいくと、その辺りが解消されていくので唐紅のパートナーとしてしっかり地に足つけるようになってからのみことはカッコ良かった~(´ω`)
しかも唐紅を助けに来たり、唐紅の方もみことへの気持ちと向き合ったりすると、もう楽しくてしょうがなかったです私が(笑)

もう二人がやっとお互いをちゃんと見るようになった~って思ってからは、色々と微笑ましく見えるというか…(*ノωノ)
でもやっぱり唐紅編ではないので、切なさみたいなものも含んでいてそこがまた良かったですね~。

最後は唐紅がくっそカッコ良かったです\( 'ω')/
完全なる悲恋!なのですが、凄くかっこよかったんですよー( ;∀;)
途中でも唐紅の漢気的な意味でのかっこよさを多々見られる所があるんですけど、この人は本当にかっこいい‥。
姫空木がどうとかというよりも、私は唐紅にばかり目がいってしまいました(笑)


◇いろは(寺島拓篤)
wp_l01_iroha.png

いろはさん…。
この人ってすごーい謎が多いなぁ…と前回も思ったんですけど、今回も同じ!凄く謎!
でもこうゆう無機質系?って、無意識に色々と行動に出すのでビックリ行動を起こしたりするけど、そこがまた可愛く見えてきますよね。

いろは√では、姫空木編とかこの物語の部分での真相…と言っても良いのか…?そうゆう部分に踏み込むような内容かな。
ここの√をプレイする事で、色々な状態のあの時やその時を見る事が出来るので、それを見るとなんとな~くこの華アワセがどういった物語なのかが見えてくるかなと思います。
蛟√や唐紅√とは同じようでちょっと違った展開になるんですけど、そうゆう部分が関係しているからかな。
一応パートナーをいろはに…となるんですが、ここで出てくる黒幕的な部分は今までの√とはちょっと違う展開だったので、ある意味核心に近づいた内容かなと。

で、その中で姫空木達の事とかいろはとの距離を縮めたりとかがあるんですけど、いろはも何を考えているか分からないタイプなんですが、百歳がいろはの気持ちを知っていたり彼の行動の意味を分かっているので、それを聞くとただただみことの事が好きなだけなんだと思うとどんどん可愛く見えてきます(笑)

でも、ハッピーエンドにはならない前提ですからね…。

今までの√に比べると、いろはとの距離を縮めていく過程というのは、わりと穏やかな流れだったかなと思います。
少しずついろはの事が分かってきたりして、やっと向き合えた…?と思た時にとある出来事が起こってしまうんですが、この出来事を通してみこともいろはに対しての気持ちを確実なものにする感じですかね。
ちなみに、ここでは姫空木編なので姫空木意外のキャラへの気持ちは恋とかではなく、もうちょっと違う形のものだと思います。
なので迷いを捨てていろはに対して抱いた想いも、恋とかそうゆうのではなくもうちょっと進んだらそうなりそうなものなのか…そうじゃないのか…みたいな(笑)
でもまぁ根底には姫空木への気持ちがあって、この展開となっているので…だからこそ過程の部分で分かり合えなかったりモダモダしたりするんでしょうけどね。

でも姫空木を想うみことの目をを、自分に向けようと必死になるいろは好きです。

そしてアレコレ進んでいくと、この姫空木編のそもそもの部分というか…そうゆう所が見えてきます。
そんでもって、ちゃんと見て知った後にどんな結末を迎えるのか…というのが、これまた切ない!けど切ないけどこれって……。
って思う終わり方でした(笑)
これ早く次やらないとダメじゃん!って思わされる終わり方です。


ムムム…。
自分でも何を言っているのか何が言いたいのか分からなくなってしまったのですけど、とりあえず早く唐紅編をやります!(笑)
やっとちょっと真相に近づいて来た感じになってきて、楽しくなってきた感じなので(´ω`)

後各キャラがランキングに登場したので、それぞれ戦って負けてスチルを回収しないといけないんですけど、また全員倒さないとダメなんですかねコレ…(笑)
データ引き継いでも最初からだと297位だったので、上げていかないといけないのかと思い今はとりあえずセーブして閉じておきました……('_')笑
もう一回やらないといけないのかΣ(T□T)

唐紅やってから考えます(笑)
いろは編を待つのでデータは消さずに残そうと思っていますし、そちらはおいおい…。

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪ヽ(^o^)丿



明日は自分のメンテナンスに
一日を費やしてきます\( 'ω')/
朝から忙しいぞ~(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはー\( 'ω')/

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを下さいましてありがとうございました!♪
本日もとても励みとさせて頂いております(^^)/

昨日は寝る前にAmazonプライムで色々なアニメが見られるよというのを友人にお聞きしたので、マイリストにアレコレと入れてたら…。
肝心のアニメは見ず気になるモノをリストに入れて込んでいたら膨大な数になってしまい、更にその途中で寝落ちするという(笑)

結局あの後学園恋戦記をプレイしながら飲んでたんですけど、ボトル半分程を飲んでしまう前に即終わりましてですね…。
本当に2時間半とかで終わったんですよ|д゚)

お値段的にも長くはないだろう…とは思っていたのですけど、それにしても本当に“ファンの為に作った”って感じですね!
そしてむしろゲームでは無いと言うか何というか(笑)
でも何だかんだ結構楽しかったです(。-∀-)

という事で、今日は学園恋戦記の感想となるんですけど、凄くサクッと感想になると思いますので予め言っておきますね!

header.png 

恐らくフルボイスできっちり聞いたとしても3時間で…というかそんなにかからないで終わるんじゃないかな…。
いや、寧ろ私が酔っぱらっていたから2時間半って思っただけで、そんなにかかってないかもしれないとさえ思い始めています(´ω`)

三国恋戦記に出て来たキャラ達が学生となり、はなちゃんと同じ学校に通っているという設定です。
内容は以下の様に分かれております。

・玄徳軍/体育祭
・孟徳軍/文化祭
・仲謀軍/部活(?)
・全軍キャラ登場/ミス・ミスターコンテスト

以上の4編が収録されていて、短編の物語を見るって感じです。
私は思い出がえしの特典CDを聞いていないので、比べて感想を喋る事は出来なんですけど…(-_-;)

ちなみに、恋愛要素というか…そもそも選択肢が存在しないですし、元のCDに立ち絵とスチルを入れただけって感じに考えておいた方が良いかもですね。
一つのシナリオに最後のおまけスチル的なのを入れたら差分は入れないで4~5枚という感じですかね。

皆、はなちゃんに好意は持っている雰囲気はあるけど、キャラに寄ってその辺りはちょっと異なります。
が、最後の全軍のキャラが登場するシナリオは、逆ハー的な感じもありつつ…皆がどれだけはなちゃんの事が好きかというか…気に入っているのかというのが分かる感じの内容ですね(笑)
結構面白い内容でした(*´▽`*)

それと軍ごとにイベントの実行委員になってしまって、学年の違う人達と交流を持つようになるという感じなので、基本的には皆でワチャワチャしている感じですね!
キャラ達も三国恋戦記とは違って一応学園の生徒なので、玄徳さんとか雲長の応援団の掛け声とか…(笑)
孟徳・文若・元譲がメイド執事喫茶に来た時のシーンとか…色々と新鮮なシーンが多いですし、面白かったのは確かです。

でも…仲謀って「ちゅうぼう」だから中学生設定だったのかな…とどうでもいい事を考えてしまいました…。
早安もちゃんと出て来たので私としては満足ですけど\( 'ω')/

でも三木さんの応援団長の掛け声は、ある意味うまくて応援合戦が始まった瞬間に吹き出しました…。
フレーフレーの言い方ってゆうかイントネーションが、運動会の時に聞いたやつまんまだったんですよ!(笑)
後からついて言う櫻井さんとか保志さんとかにも何か笑っちゃいましたww

仲謀軍では相変わら俺様な仲謀には、はなちゃんの友人達から“俺様”というあだ名をつけられていたし、公瑾や早安達も一緒に過ごすことが多いので何だか賑やかで楽しかったです(*´▽`*)
でも公瑾はやっぱりスパルタでした!!!!

ってな感じで、メイン攻略キャラ達だけでなくその周りにいたキャラ達も出ているので、どこのシナリオでも楽しい♪って感じですね。

一番最後の全キャラでてくるやつは、ミスコン&ミスターコンテストを開催する事になったのですけど、メイン攻略キャラ達が推薦で出る事になるんです。
が、その審査でデートをしないといけないとなるんですけど…皆が揃ってはなちゃんにお願いするんですよ(笑)
で、まぁそれをどうするか決める会議を開く…という内容です。
面白そうですよね?凄く面白いんです…。

皆言いたい放題だし、はなちゃん意外だったらコンテストに出ませんって感じですし。
特典でこのシナリオに絡んだ『文若の黒い小言日記』というCDが付いてきているので、ゲームが終わった後もまだ楽しめる感じになっておりますよ~(笑)

まぁ、本当おまけ的な感じのゲームかなと思いますが、CDも聞いたと聞いた事私は結構楽しめました!
文若の小言CDはまだ聞いていないので、今日寝る前にでも聞いてみようと思います(*´▽`*)

と、今日は一日引きこもっていたのでみらくるのーとん終わらせようと思っていたんですけど、実はあまりにもED数が多すぎてまだ終わっておりません(=_=)
ちょこちょこと分岐するし1キャラ分終わらせるのも時間がかかる…。

内容的には中身の無い感じでギャグ系なのに、ED数が(BADが)多いんですよねー。
まぁ今日中には終わると思いますけど( ;∀;)

紅花までまだ少し開いてしまったので、適当に何かしら手を付けようと思います(´ω`)
ではでは、短い感想となってしまましたが、今日はこれにて!
最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪┏○ペコ




お風呂上りに「傘が無いから迎えに来て」と
母が言うので…
髪は濡れスウェット姿で急いで迎えに行きました(;O;)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言