こんばんは~。
今日は珍しく出張に行く皆が会社集合したので、仕事中にわんさかと来て賑やかでした…(笑)

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました‼
本日もとーっても励みとさせて頂いております♪┏○ペコ

さてさて、今日はオープン戦のチケットを数枚取らないといけなかったので、早めに会社に行きました(笑)
多分、そんなに急がなくても良かったんですけど、一応…。
11:00~販売開始だったので、それに合わせてPC前で待機して無事に2日分のチケットをゲットしてきました~ヾ(*´∀`*)ノ
これで神宮でのオープン戦に無事に行けます!
まだホーム開幕戦の方も販売開始したら取らないとなので、忘れないようにしないと…(;´∀`)

今日の感想の本題ですが、あっちこっちいってしまって申し訳ないのですが、本日は百鬼夜行ではなく華アワセ姫空木編の感想を喋りたいと思います!

◇華アワセ 姫空木編◇
wp_l99_5.png

片手間でちまりちまりと進めてきましたが、唐紅を早くやらねば…と思う感じで終わりました…(笑)

蛟編の時と同様に、今回の姫空木編では姫空木意外のキャラ√ではBAD扱い…と言った感じ。
〇編というのがそれぞれあるので、蛟編なら恋している相手は蛟、姫空木編なら姫空木という形なので、他キャラがBAD扱いとなるのはみことの心に迷いが生まれるからという感じなんですよね。
なので、姫空木意外のキャラをパートナーに選ぶと恋愛的な意味なのかどうなのか分かりませんが、迷いを捨てた時その相手と向き合うので姫空木が……って感じになるんでしょうね。

それと今回は、最後にプレイしたいろはの√は姫空木編の最初の部分に繋がっている的な構成となっていて、最初の蛟編の時よりも、物語の核心に少し近づいたかな…?という内容になっていました。

私の理解力の問題かも知れないんですけど、非常に感想を書きずらい(笑)

そもそも、この五光という存在は何なのかとか、主人公のみことの事とかですね…。
蛟編ではまだオブラート5枚くらいに包まれていた所が、今やっと2枚くらいになったって感じの…あれです(笑)

流れ的には前回と同じような流れで華遷の学園へと編入する事になって、そこで五光や他のキャラ達と出会います。
この編入の流れだったりとか、彼らとの出会い方は蛟編とは異なる形となっています。
ちなみに、まだ唐紅編やってないけど、恐らく始まりは違うんだろうな…。同じ始まり方じゃない部分にも意味がある作りなので、その辺は姫空木編をプレイすると見えてくる部分でもあると思いますね。

で、ここでの主役はみこと×姫空木なので、姫空木との恋をテーマにしつつ華詠の事や水妹はどうあるべきかなど…そういったものを知ってみこと自身が変わっていくという感じでしょうか。
そこに加えて姫空木自身の事も見えてきたり、彼自身の変化にも繋がるという…。

それぞれのキャラ√をプレイすると、相手となっているキャラの変化があるのと姫空木にも大きな動きが出てきます。
ただ、姫空木は自分の√以外では良く無い方向へと変化していくので…(笑)
どの人もなかなか闇っぽい物をもっているなぁと思うけど、姫空木が一番ヤバい気がしますね!
何というかこの人の抱えているものという部分もそうなんですけど、この人自体が脆いというかすごーく危ういと言うかですね…。
ちょっと危険さを匂わせるのと、いつでも壊れてしまう繊細さがある気がします。

そういった部分含めて、姫空木編では少しずつ深い所へと足を突っ込んでいく形になるので、面白くなって来たぞ…って感じが凄くしてくるかなーと思います!

そして前回に引き続き華遷もミニゲームで行うんですが、蛟編よりもパラの数が増えていたり敵がちょこっとレベルアップしてたりと異なる箇所もありました。
私は既にプレイしていたお友達に少しお聞きしてたので、最初のうちは主に攻撃と敏捷にBPを振り分けつつHPとかにも入れていきました。
特に苦戦するとこも無かったんですけども、5位に順位を上げる時にぼろ負けしました(笑)

これ、中間で70位くらいまで上げて、その後に5位まで上げたんですけども…。5位に上がる時に百歳さんと戦うんですよ。
で、そこに行くまで良い子に順位の下から順番に戦って上げていったんですけど、最後に百歳さんとってなった時何も考えずに挑んだのです(笑)
順位を上げて戦っている時も、片手間でやってたので完全に無意識だったんですよね。
少し戦ってパッと見たら、攻撃しても相手のHP削れないし自分のHPゴリゴリ削れているし、『何コレ―!!!』と思って相手を見たら相手は百歳さん…。
極め付けには覚醒みたいなやつ(例えるならスーパーサイヤ人になる感じ)をやられて、もうだめだ……と思って大人しく負けましたw

その後6位のキャラと何度も対戦を繰り返して、自分のレベルを上げてから百歳さんにリベンジに行きましたよ~。
って事で、若干順位上げをするのは、せっせと戦闘しないとなので大変でしたが…、初回でやりきってしまえば周回は引き継げるからまぁ楽なので…!
これも結構楽しめるからまだ良かったです(笑)

初回はどうしても順位上げがあるので、途中シナリオを中断してそっちに集中しがちになってしまうんですけど、姫空木√の後半と他キャラはポイントで戦うくらいになります。
が、唐紅編やる時もまた順位上げがあるのかーと思うと…(=∀=)アハ…頑張ります。

ではでは、各キャラ√の感想へといきますが、多分何言っているか分からないと思うんですけど、その辺りはご了承くださいませ(笑)┏○ペコ

◇姫空木(立花慎之介)
wp_l04_hime.png

何というか、すっごい面倒くさい男でした(笑)
ジャンル的には凄く好きになれる要素のあるキャラなんですけど、やっぱり私は唐紅派なので…(=_=)

姫空木って自分の水妹たちに「姫さま」って呼ばれているんですけど、それをちゃんと演じようとしている感じなんですよね。
皆に求められる自分でいようとするという感じで一見完璧な人です。
ただ、みことの登場でどうしていいのか分からない感情というのが生まれてきて、姫空木自身戸惑いながら自分の気持ちと向き合うまでがすごーく長いので、恋愛過程もすっごい遠回りしまくってやっと………だったなと思います。

しかも、姫空木はちょっとヤバい奴です(笑)
最初とあるシーンで私は『え(;゚Д゚)ストーカーじゃん!(笑)』って思ったんですけど、誰にも言えないのでお友達にメールで言いました…w
この人の行動って病男っぽい行動が多いんですよ!いつでもそちら側にいきそうな感じなのに、ギリギリの所をウロウロしている感じと言うか何というか…。

普通だったらみことに惹かれて、彼女をパートナーにして距離が縮まって…でも自分にも抱えているものがあるから、みことへの気持ちを認められない…だったりとか、みことに対して抱いている気持ちを理解出来なくて戸惑う…とかな感じかなーと思うんですが…。
この人の場合、姫空木自身が抱えているものという部分でも一筋縄ではいかないものだし、みことへの気持ちも確実に生まれているのにそれを認めないし戸惑っているし、とにかく色々な事が絡まりすぎてて解くのにめっちゃ時間がかかった感じですね。
なので、その間に起こす行動とか言動とかが、すごーく危険な感じになる事が多かったです。

姫空木編でも蛟の時にあった血筋での事みたいに、大きな出来事というのが起こるんですが、それよりも姫空木が最後の方に行くまで何を考えて行動をしているのかなかなか見えてこないので、みことと共にすっごくモヤモヤさせられました!
みことの事を好きだと分かってみたら、他の水妹とイチャイチャしてみたり(笑)
おいおいおいおいおーい!と思ったんですけど、まぁその辺も後半になってくると「そうゆう事か…。」と思える場面が出てくるんですが、そこに至るまでに心をズタズタにされるのかと思いましたよ…。

姫空木は他キャラの√ではもれなく壊れている事が多いんですけど、そうゆう方向性にいつでも転がる危うさを持っている人という感じがなんですよね。
だからこそ、恋愛部分もめちゃめちゃ遠回りになったのかなーと思います。

それと、姫空木編をプレイする事で色々と見えてくる部分というのがあったなと思うんですが、言っていいのか分からないので一応伏せますけども…。
この華アワセという物語がどうゆう経緯で〇編・〇編となっているのか…という部分とか、サブで出ているキャラ達にも繋がりがある事とか…とか……(笑)
あまり言いすぎるのも良く無いですね。核心に少し近づいているかなー?って思う部分も多々あったので、だんだん面白くなってきた感じがします。

それにしても、精神的になかなか疲れた姫空木√でしたw
キャラ的には嫌いじゃないけど色々と削られる感じですかね。


◇蛟(福山潤)
wp_l02_mizchi.png

蛟√にはEDが二つあったんですけども、一つは「こうゆうBADよくあるよね!」な感じのEDで、もう一つは完全なる悲恋系ですね。

蛟はものすっごい堅物なので、姫空木ではなくパートナーを蛟に選んだ時にどうなるんだ…と思ったんですけど、やっぱりわりとスムーズにパートナーとして仲を深めていったいった気がします。
みことは姫空木の事が好きな状態のまま、蛟のパートナーとなりとある出来事に挑む形となるんですけど…。
蛟はみことの事が好きだし、みことは姫空木が好きだしともうここでも絡まっています(笑)
でも、そんな中でもみことが蛟に対してパートナーとしてちゃんと向き合おうとしてり、蛟もみことと向き合おうとして二人は動いて行くんです。

が……。
ここで自分から蛟とみことを応援すると言った姫空木に異変が起こります(笑)
姫空木と蛟は親友でもあるんですけど、同じ人を好きになっている訳ですから…まぁ色々と複雑にもなりますよね。
でも、姫空木の事をこわっ!って一番なったのは蛟√かもしれませんね。
蛟との距離が近い分、姫空木も自分を抑えるし偽るので壊れやすかった気もします。

色々と省いて喋って居るので意味が分からない部分が多いと思うんですけど(;'∀')
これは姫空木√になってしまうんですけど、蛟とは初めて姫空木が本音でぶつかり合えたという所もあるので、そうゆう部分は凄く良かった!
だからこそうまくいかなかったときのこっちの√で、少しずつ壊れていく姫空木は可哀想でもあったかな。

EDは壊れた姫空木編と、壊れた主人公編って感じなんですけども…。
蛟はある意味被害者なのですが、それでも主人公を強く想っているのが何とも言えない気持ちになります。
切ない終わり方をした方なんて特に‼
姫空木が求めていたものと、同じものを自分も求める…という形で終わるんですけど、あの切ない終わり方が結構好きでした~。


◇唐紅(日野聡)
wp_l03_qrenai.png 

唐紅様ぁぁぁぁ~(n*´ω`*n)←

いや、マジで、この人オラオラすぎてどうしようかと毎回思うんですけど、やっぱり素敵なんですよね!(笑)
誰よりも密着スチルが多い気がするんですが…。

普段のやり取りだけだと、ただの変態…というかやりピー的に思われがちなんですけど、実は一番自分の水妹達を大事にしてたり、ただ一人だけを求めていたりと…。
何か筋の通ったやつだったんだな~と思う感じでした。
自分の気持ちのままに行動したり発言したりするので、危険な感じに思えるんですけど実はみことの事をちゃんと考えていたりとか、そうゆう“色々考えていたんだ”と思える所が見えてくることで、グッと魅力が増す人だったなと思います。

姫空木のパートナーではなく、唐紅のパートナーとなってうつろひ事件を解決する…という部分は蛟編と同じなんですが、唐紅のパートナーとなってからが大変です(笑)
唐紅のみことへの想いが無駄に溢れすぎており、更にはみことも唐紅が何を考えているかとか全然分からないのでなかなかパートナーとして向き合えない…。
でも物語が進んでいくと、その辺りが解消されていくので唐紅のパートナーとしてしっかり地に足つけるようになってからのみことはカッコ良かった~(´ω`)
しかも唐紅を助けに来たり、唐紅の方もみことへの気持ちと向き合ったりすると、もう楽しくてしょうがなかったです私が(笑)

もう二人がやっとお互いをちゃんと見るようになった~って思ってからは、色々と微笑ましく見えるというか…(*ノωノ)
でもやっぱり唐紅編ではないので、切なさみたいなものも含んでいてそこがまた良かったですね~。

最後は唐紅がくっそカッコ良かったです\( 'ω')/
完全なる悲恋!なのですが、凄くかっこよかったんですよー( ;∀;)
途中でも唐紅の漢気的な意味でのかっこよさを多々見られる所があるんですけど、この人は本当にかっこいい‥。
姫空木がどうとかというよりも、私は唐紅にばかり目がいってしまいました(笑)


◇いろは(寺島拓篤)
wp_l01_iroha.png

いろはさん…。
この人ってすごーい謎が多いなぁ…と前回も思ったんですけど、今回も同じ!凄く謎!
でもこうゆう無機質系?って、無意識に色々と行動に出すのでビックリ行動を起こしたりするけど、そこがまた可愛く見えてきますよね。

いろは√では、姫空木編とかこの物語の部分での真相…と言っても良いのか…?そうゆう部分に踏み込むような内容かな。
ここの√をプレイする事で、色々な状態のあの時やその時を見る事が出来るので、それを見るとなんとな~くこの華アワセがどういった物語なのかが見えてくるかなと思います。
蛟√や唐紅√とは同じようでちょっと違った展開になるんですけど、そうゆう部分が関係しているからかな。
一応パートナーをいろはに…となるんですが、ここで出てくる黒幕的な部分は今までの√とはちょっと違う展開だったので、ある意味核心に近づいた内容かなと。

で、その中で姫空木達の事とかいろはとの距離を縮めたりとかがあるんですけど、いろはも何を考えているか分からないタイプなんですが、百歳がいろはの気持ちを知っていたり彼の行動の意味を分かっているので、それを聞くとただただみことの事が好きなだけなんだと思うとどんどん可愛く見えてきます(笑)

でも、ハッピーエンドにはならない前提ですからね…。

今までの√に比べると、いろはとの距離を縮めていく過程というのは、わりと穏やかな流れだったかなと思います。
少しずついろはの事が分かってきたりして、やっと向き合えた…?と思た時にとある出来事が起こってしまうんですが、この出来事を通してみこともいろはに対しての気持ちを確実なものにする感じですかね。
ちなみに、ここでは姫空木編なので姫空木意外のキャラへの気持ちは恋とかではなく、もうちょっと違う形のものだと思います。
なので迷いを捨てていろはに対して抱いた想いも、恋とかそうゆうのではなくもうちょっと進んだらそうなりそうなものなのか…そうじゃないのか…みたいな(笑)
でもまぁ根底には姫空木への気持ちがあって、この展開となっているので…だからこそ過程の部分で分かり合えなかったりモダモダしたりするんでしょうけどね。

でも姫空木を想うみことの目をを、自分に向けようと必死になるいろは好きです。

そしてアレコレ進んでいくと、この姫空木編のそもそもの部分というか…そうゆう所が見えてきます。
そんでもって、ちゃんと見て知った後にどんな結末を迎えるのか…というのが、これまた切ない!けど切ないけどこれって……。
って思う終わり方でした(笑)
これ早く次やらないとダメじゃん!って思わされる終わり方です。


ムムム…。
自分でも何を言っているのか何が言いたいのか分からなくなってしまったのですけど、とりあえず早く唐紅編をやります!(笑)
やっとちょっと真相に近づいて来た感じになってきて、楽しくなってきた感じなので(´ω`)

後各キャラがランキングに登場したので、それぞれ戦って負けてスチルを回収しないといけないんですけど、また全員倒さないとダメなんですかねコレ…(笑)
データ引き継いでも最初からだと297位だったので、上げていかないといけないのかと思い今はとりあえずセーブして閉じておきました……('_')笑
もう一回やらないといけないのかΣ(T□T)

唐紅やってから考えます(笑)
いろは編を待つのでデータは消さずに残そうと思っていますし、そちらはおいおい…。

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪ヽ(^o^)丿



明日は自分のメンテナンスに
一日を費やしてきます\( 'ω')/
朝から忙しいぞ~(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはー\( 'ω')/

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを下さいましてありがとうございました!♪
本日もとても励みとさせて頂いております(^^)/

昨日は寝る前にAmazonプライムで色々なアニメが見られるよというのを友人にお聞きしたので、マイリストにアレコレと入れてたら…。
肝心のアニメは見ず気になるモノをリストに入れて込んでいたら膨大な数になってしまい、更にその途中で寝落ちするという(笑)

結局あの後学園恋戦記をプレイしながら飲んでたんですけど、ボトル半分程を飲んでしまう前に即終わりましてですね…。
本当に2時間半とかで終わったんですよ|д゚)

お値段的にも長くはないだろう…とは思っていたのですけど、それにしても本当に“ファンの為に作った”って感じですね!
そしてむしろゲームでは無いと言うか何というか(笑)
でも何だかんだ結構楽しかったです(。-∀-)

という事で、今日は学園恋戦記の感想となるんですけど、凄くサクッと感想になると思いますので予め言っておきますね!

header.png 

恐らくフルボイスできっちり聞いたとしても3時間で…というかそんなにかからないで終わるんじゃないかな…。
いや、寧ろ私が酔っぱらっていたから2時間半って思っただけで、そんなにかかってないかもしれないとさえ思い始めています(´ω`)

三国恋戦記に出て来たキャラ達が学生となり、はなちゃんと同じ学校に通っているという設定です。
内容は以下の様に分かれております。

・玄徳軍/体育祭
・孟徳軍/文化祭
・仲謀軍/部活(?)
・全軍キャラ登場/ミス・ミスターコンテスト

以上の4編が収録されていて、短編の物語を見るって感じです。
私は思い出がえしの特典CDを聞いていないので、比べて感想を喋る事は出来なんですけど…(-_-;)

ちなみに、恋愛要素というか…そもそも選択肢が存在しないですし、元のCDに立ち絵とスチルを入れただけって感じに考えておいた方が良いかもですね。
一つのシナリオに最後のおまけスチル的なのを入れたら差分は入れないで4~5枚という感じですかね。

皆、はなちゃんに好意は持っている雰囲気はあるけど、キャラに寄ってその辺りはちょっと異なります。
が、最後の全軍のキャラが登場するシナリオは、逆ハー的な感じもありつつ…皆がどれだけはなちゃんの事が好きかというか…気に入っているのかというのが分かる感じの内容ですね(笑)
結構面白い内容でした(*´▽`*)

それと軍ごとにイベントの実行委員になってしまって、学年の違う人達と交流を持つようになるという感じなので、基本的には皆でワチャワチャしている感じですね!
キャラ達も三国恋戦記とは違って一応学園の生徒なので、玄徳さんとか雲長の応援団の掛け声とか…(笑)
孟徳・文若・元譲がメイド執事喫茶に来た時のシーンとか…色々と新鮮なシーンが多いですし、面白かったのは確かです。

でも…仲謀って「ちゅうぼう」だから中学生設定だったのかな…とどうでもいい事を考えてしまいました…。
早安もちゃんと出て来たので私としては満足ですけど\( 'ω')/

でも三木さんの応援団長の掛け声は、ある意味うまくて応援合戦が始まった瞬間に吹き出しました…。
フレーフレーの言い方ってゆうかイントネーションが、運動会の時に聞いたやつまんまだったんですよ!(笑)
後からついて言う櫻井さんとか保志さんとかにも何か笑っちゃいましたww

仲謀軍では相変わら俺様な仲謀には、はなちゃんの友人達から“俺様”というあだ名をつけられていたし、公瑾や早安達も一緒に過ごすことが多いので何だか賑やかで楽しかったです(*´▽`*)
でも公瑾はやっぱりスパルタでした!!!!

ってな感じで、メイン攻略キャラ達だけでなくその周りにいたキャラ達も出ているので、どこのシナリオでも楽しい♪って感じですね。

一番最後の全キャラでてくるやつは、ミスコン&ミスターコンテストを開催する事になったのですけど、メイン攻略キャラ達が推薦で出る事になるんです。
が、その審査でデートをしないといけないとなるんですけど…皆が揃ってはなちゃんにお願いするんですよ(笑)
で、まぁそれをどうするか決める会議を開く…という内容です。
面白そうですよね?凄く面白いんです…。

皆言いたい放題だし、はなちゃん意外だったらコンテストに出ませんって感じですし。
特典でこのシナリオに絡んだ『文若の黒い小言日記』というCDが付いてきているので、ゲームが終わった後もまだ楽しめる感じになっておりますよ~(笑)

まぁ、本当おまけ的な感じのゲームかなと思いますが、CDも聞いたと聞いた事私は結構楽しめました!
文若の小言CDはまだ聞いていないので、今日寝る前にでも聞いてみようと思います(*´▽`*)

と、今日は一日引きこもっていたのでみらくるのーとん終わらせようと思っていたんですけど、実はあまりにもED数が多すぎてまだ終わっておりません(=_=)
ちょこちょこと分岐するし1キャラ分終わらせるのも時間がかかる…。

内容的には中身の無い感じでギャグ系なのに、ED数が(BADが)多いんですよねー。
まぁ今日中には終わると思いますけど( ;∀;)

紅花までまだ少し開いてしまったので、適当に何かしら手を付けようと思います(´ω`)
ではでは、短い感想となってしまましたが、今日はこれにて!
最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪┏○ペコ




お風呂上りに「傘が無いから迎えに来て」と
母が言うので…
髪は濡れスウェット姿で急いで迎えに行きました(;O;)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~‼
今日は即帰ってきました‼もう明日もあるし早く帰ろうと思っていたので、時間になった瞬間にこれでもかという早さで出てきましたー!(笑)

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~♪
本日も大変励みとさせて頂いております‼(*´ω`)

今日は帰って来てヤクルト戦もジャイアンツ戦もテレビで見れたので、あっちこっちにチャンネルを変えて見ておりました(笑)
私がヤクルト父ちゃんがジャイアンツなので、テレビも大忙しですね~(゚∀゚)

さて、明日はいよいよ…いよいよオトパだぁぁぁぁぁ~ヽ(▽ `)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´
2ヵ月程前にはビズログのチケットが全てハズレ、もう行かなくても良いか…なんて言っていたのが懐かしいです…(笑)
無事に行けて良かった…良かった~…( ;∀;)

最初に言っておきますが、私の記憶力なので…どこまでレポ出来るか凄く怪しい所ですが…。
頑張って頭の中に詰め込んで来ようと思います‼
帰りは遅いと思いますが、出来れば明日帰って来たら喋りに来たいなと思っています。
起きていられたら…の話しですけどね…。

とまぁ、明日も明後日も予定が詰まっておりますが、楽しんで来ようと思いますヾ(*´∀`*)ノ

で、今日の本題は三国恋戦記の感想です。
全部終わりました~‼
めっさ眠たい!凄く眠たい…(=_=)

でもどうにか終わらせられると頑張りました…。
明日は母ちゃんの新幹線のチケットを取りに早く出ないといけなくなったので、ここで叫んだらすぐ寝ようと思います…。

って事でまずはサクッとまとめ感想から!

san600_1.png 

何だかんだと最後まで楽しみました‼\( 'ω')/
多分、凄く集中してプレイしたら1日か2日で終わらせられる自信があります(笑)
だけど、伯符以外のシナリオは結構面白かった。

残念ながら一番最後の仲穎を終えてみても、伯符のシナリオだけが余計に短かったように思えてならず…。
恋愛面・シナリオの起伏等どれをとっても、一番勿体ないキャラだったのではないかな?と思うのが素直な感想です。
でもキャラは凄く好き!たっつんの勇ましい声とか新鮮だったし…。

とまぁ、小さな不満はこれくらいにしまして…。
先に申しますと、今回の好きなキャラランキングは以下の様な形に。

1 仲穎
2 奉先・本初
3 華佗
4 伯符

って感じですかね。
奉先があのような位置に来るとは思わなかった(笑)

どれも全てシナリオが好みだったか、私的に面白かったかというのを含めた順番になっているんですけど…。
上位のキャラの物語は個人的には満足の内容だったのです。
恋愛の進展の仕方も物語進み方も、なかなか面白かったな~と思った方々が上位に来ているかな。

全体的にはそこまで長くないかな~?と思うのですけど、短い中にも巴が相手を想う気持ちを自覚してからも、なかなか伝える事が出来ない部分だったりとか、相手がどう思っていようと自分は何かを諦めてでも相手の人を…と思う部分とか、若干恋する乙女的展開が主なんですけどヤキモキする所が楽しめたかな~と思います!
それに伴い相手も少しずつ変化していく所も良かったですし、人によってはいつ好きになったのか謎な人も居ましたが、唐突感の少ない進展の仕方の人も居ましたし…その方達は良かったなと思います。

物語の展開もそれぞれに異なる展開となっているので、その辺りも楽しめた要因でした。
華佗だけが他の人達とは異なる内容となっているんですけど、どのキャラも起伏があって程よくハラハラ(笑)させられるし、戦のある時代で巴がどんな感じに変わっていくのかというのもよく表れていて、その辺りも私としては面白かった所でした。

最後まで好きな人を取るのか、どうするのか…と悩む姿もなかなか…(笑)
こうゆうのって、相手を好きになるとサクッとその人を選びそうなイメージですけど、最後の最後まで揺れて迷っているのが何だか良かったです。
相手への気持ちを自覚しても、まだ少し迷っていて、その後やっと心を決めるって所が個人的には引き込まれた所でもあったかな。

我儘を言うならば、もう少し伯符を…伯符を…‼‼と思いますが、何だかんだと最後まで楽しみましたので、買って良かったとは思います(笑)

では、最後に華佗と仲穎の個別感想を喋って終わりにします(*´ω`)


◇華佗/花江夏樹
san200_5.png 

意外にも、恋している感が凄くあったキャラでした‼
見た目とか雰囲気的には個人的には好みの部類では無かったんですけど、シナリオの内容や華佗との恋愛という意味では楽しめた√でした\( 'ω')/

えー…言うならば、華佗は前回の師匠?みたいな?立ち位置なのかなぁ…。
他のキャラ√ではチラッと出てくるだけなんですけど、いざ華佗の√に入ると凄く謎めいて要る人物なのでね。
彼の一言一言に凄く引っかかりを覚えますし、こうゆう意味なのかな…?どうゆう意味なのかな?と思いながらプレイする羽目になります(笑)

で、いざ、その引っかかっていた言葉の意味を知る場面では、若干私の想像の少しだけ…ほんの少しだけ斜め上の事柄が出てきたりしつつ、意外さもあって面白かったかなと思います。

で、ですよ…。
恋愛面の進み方が何気に面白かったのですよ!巴と華佗の恋している感というのが凄く出ていたんじゃないかな~と思いました!
他の人達って武将だったりするので、戦が絡んできてスムーズに進まない所もあるけど、お互いの立場とか諸々の関係で進むには進むんですよね。
でも、華佗の場合は立場とかがちょっと違うので、恋愛的なモダモダ感があるしどうにも出来ないんじゃないか…と思わされる内容も戦とは違かったりするので、そういった所も個人的には楽しめたなと思います。

チャランポラン、フワフワ…いつも飲んだくれている…そんな印象しか持てない華佗なんですけど、意外にピュアさが見れる所だったり、また反対に「華佗も男なんだ!」と思わせる所を出してい来たりとするので、そうゆうのもなかなかうまいキャラだった気がしますね~。

√内容はこの人だけ長かったとかそういった事は無かったんですけど、割と山あり谷ありな所が多かったのでそこも楽しめた要因かなと思います。

EDの迎え方もちょっと特殊…と言いますか、他とは違う終わり方なのも新鮮だったかな。
BADに至ってはちょっと切ない終わりもあったのですけど、そもそもハッピーEDに向かっている時に、とても苦しい展開が待ち受けているのでBADなんて何とも思いませんでした(笑)
とにかく幸せになってくれて良かった…の一言に尽きます、この√は…。


◇仲穎/鳥海浩輔
san200_1.png 

凄く良かったです(笑)
最後の方は何だか色々と頭がこんがらがってしまうという、自分の馬鹿さ加減に腹が立ちましたが、仲穎√面白かったし仲穎が素敵でした(*ノωノ)

華佗が終わった後にすぐに仲穎を始めたのですけど、本に掛かれている内容を確認しながら今起こっている事をおさらいしたり、後半にはまた別の事が出てきたりするのですよ。
で、それがだんだん私の中でこんがらがって来て、もう進めるのもゆっくりになると言う…(笑)

しかし、終わってみると凄く面白かったなと思いました!

特に仲穎のキャラが好みだったというのが大きいとは思うんですけど、奉先で気になっていた仲穎に関する事だったりとかがここで明らかになるので、奉先のあと仲穎をやった方が繋がりもあって面白いのかな~と思いましたね。
まぁどの順番でも良いと思いますけど…(笑)

でも前作の三国恋戦記に比べると、魁の方がファンタジー感が強くなっているような気もします。
華佗の√や仲穎の√は特にそれを感じる内容だったなと思いました。

個人的には仲穎の傍にいるしかない巴が少しずつ仲穎に惹かれていく様子と、巴に対してある理由から執着する仲穎が少しずつ好意に変わっていく様子が良かったです。
ある程度進まないと仲穎が巴を好きかどうか…は分からないんですけど、その小さな変化がどんどんみられるようになると仲穎熱が高まりました\( 'ω')/←

好きな気持ちは大きくなるばかりだけど、仲穎の運命を変えられないというか見届けるしかない…ともがくのもまた良かったです。

結果どうなるのかはプレイしてくださいって感じですけど(笑)
私は仲穎ラブで魁は終わりました( `ー´)ノ


どちらの感想もちょっと簡単な形になってしまいましたが、眠気が本気でヤバいのでこの辺にしておきます[壁|_-)
眠いのに書きに来るなよって感じですよね(笑)
もう早く寝ます(´Д⊂ヽ

本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~‼



夜更かしは無駄にお腹も減るので
良くありませんね…( ;∀;)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです(*´ω`)

まずは、昨日の雑談にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!┏○ペコ
毎日更新の励みとさせて頂いております‼♪

く…く…9月だぁぁぁぁぁぁ~!!!!!
9月になってしまいましたね…早いですね…毎月言ってますけど、時が経つのは早いですね!←しつこい(笑)

昨日は地元の友人と月に一度の飲み会に行ってきたのですが…、全く調子が出なくて酒も進まないし2杯しか飲まず…。
あまりにも大人しくしていたので『今日のりなちゃん元気が無い!』とまで言われる始末でした(笑)
前日に飲みすぎてHPがほぼ残っていない事を話したら納得しておりましたが、何だか悪い事をしてしまいました~(´・ω・`)

帰ってから即就寝したんですけど、今までにないくらい早い時間に寝たのですよ!
22時ですよ22時!!!笑
帰って寝る支度をして『もう寝る…』と言った時の母の顔を見せてあげたいです。
『えっ⁉もう⁉もう寝るの!?』と大きな声で言われましたが、限界だったので即寝ました。

が、しかし…。

22時寝るなんてそうそうないので、おかしな時間に数回目を覚ますことになりまして…(;'∀')
爆睡したって感じがあんまりしなかったです…。

今日は朝から仕事に行きまして、山積みとなっている月末の仕事を片付けてきました~!
しかし、今雲行きが怪しいんですけどね…聞いてくれますか?( ;∀;)

オトパの初日、土曜日の日はお休みを頂いているんです。
というか、今の仕事の態勢になる前にこの2日間は休む!と言っていたので、大人の事情を使い休み希望を出しておりました(n*´ω`*n)デヘッ
だけど、仕事内容も変わって土日のお休みになったので、まぁこの事情は意味のないものとなっているのですけど…。
言ってしまったものですから、ここは貫かないといけない訳です。

で、この日は朝から出かけるという事になっているんですよ!(私の妄想の中では)
実際は少し早めに待ち合わせして、共に行くブロ友様とお喋りしましょう~♪って言っているんですけど、なんとぉぉぉぉ!
朝、ちょっと出なければならないかも知れないのです(TwT。)

と言っても事務作業をするとかそうゆう事ではなく、急遽取引先の人に合わないといけないかも…?って感じになっておりまして…。
一生懸命阻止しているのですけど、どうなる事やら┐(´∀`)┌

まぁそうなったとしても朝の時間帯なので、全然支障はないから良いのですけど…。
仕事の格好で行く事になる訳ですから…それが嫌だ…Σ(T□T)
しかも台風来てるんですよね?私長靴で行く気満々だったのですけど、仕事が入ったらそうも行きませんし…。
あぁあぁぁぁぁぁぁ嫌だぁぁぁぁぁぁΣ(゚д゚lll)

どうか何も予定が入りませんようにお願いします神様仏様~~~~。
と思いながら一日仕事をしてきました[壁|_-)

私のどうでもいぃお話しは置いておいて、今日は三国恋戦記 魁の伯符の感想ですよ~!
見た目的なものと、前作の仲謀が大好きだったことから楽しみにしていた伯符!
いや、これはワクワクしながらプレイしなきゃ良かったな…と少し思ってしまいました(笑)

◇伯符/鈴木達央
san200_3.png 

見た目はとても素敵ですし、ちょっと意地悪な所なんかも素晴らしいのですよ。
若干自信過剰な部分もありますが、人を惹きつけるカリスマ性という点では自分に自身があるのもうなづける感じの人でした。

が、伯符のシナリオがあまりにもアッサリすぎてですね…。
これを初回にプレイしたら、そりゃ文句も言いたくなるわなと思ってしまいましたね(笑)

キャラクターが個人的に好きなだけに、凄く勿体ないなぁ…と思う内容だったかなと思います。
先に攻略している奉先にしろ本初にしろ、相手側が少しずつ巴の事を気にかけるようになってから、好きになって行くまでの道筋が多少なりともあったんですけど…。
伯符の場合はその辺りがちょっとおざなりだったような…気が致します。

共に戦に行ったりとか伯符の野望(?)を知って、本に記述される事に気を使いながら色々な事を回避していくというのは同じなんです。
なんですけど、伯符とやり取りする時間が少ない…のかなぁ…?
わりと伯符の成し遂げようとしている所というのもサラサラ~って感じですし、結構アレヨアレヨという間に進んでいく感じなんですよね。

で、巴が伯符の傍にいたい!と実感するまでも早い!
伯符が巴を好きになってるっぽいのも、『もしかして、もう好きになったのか…?』と思ってしまうスピーディーさでした。

そして、一番拍子抜けしてしまったのが、ここの物語のクライマックスの出来事かな。
伯符のクライマックスは…何故、あのような出来事だったのか…。
三国恋戦記というくらいなので前回まで攻略してきたキャラ達同様に、巴の意識が少しずつ変わっていって、その事を受け入れるまでにモヤモヤしつつも最終的には、伯符の運命を変えたい!自分がどうにかしたい…‼となって、戦も巴との関係も明るい方向へ…みたいな流れだと思ったのです。

しかし、ここでは思いもよらぬ出来事で…。
いや、あの流れの中にも巴がずっとモヤモヤしていた事が彼女の中で爆発しただけで、更にそのお陰で伯符が変わっていったという部分が描けれているんだろうとは思います。
ただ、何か意外な展開すぎて私が受け入れられていないだけかもしれません(笑)

何というか、後半大人しい感じだったんですよね。
戦という部分よりも、もっと違う所が多かったせいかサラサラと流れるような内容に感じたので、アッサリしていたなぁ…と思ってしまったのかなと思います。

伯符自身は自信家の野心家なのでちょっと危うい所もありますが、実は恋する青年のようになる一面がEDロールで流れるのが可愛かったり、一瞬しか出てこなかったけど意地悪な所とかが私的にはとってもキャッキャ出来る部分だったのですけど…。
何しろそういったやり取りが少ないかな~と思います( ;∀;)
後半はちょっと色々ありまして、伯符が巴の事をとても大事に思っていて失いたくないとさえ思っている存在となっている事は分かるのですけど、それどころじゃないというか何というか(笑)

今の所奉先や本初の方がまだ甘さがあったんじゃないかな~と思います。
うまい事伝えられていないかも知れませんが、伯符は私的にはちょっと物足りなかった内容かな~…と思いますね!

EDも全て回収してきたのですけど、ほとんどが特に深い意味のないBADとなっていますが、ここでも一つだけ「こうゆう終わり方もあるのか…」と思わされるBADがありました!
何というか、悲しいけど新しい…と言うか(笑)
ちょっと不思議な展開のEDだったなと思います。

短くなってしまいましたが、伯符の感想はこの辺にしておきます!
思いのほかアッサリだったなというのが素直な印象です。

さて、今日はノートPCの充電器を仕事場に持っていくのを忘れてしまったので、これ以上は進められませんでしたが」…。
ついに華佗→仲穎を出来る~‼
と言っても私、華佗は早く終わらせて気になるキャラを最後に固めたかっただけなんですけどね…[壁|_-)チラッ 
明日には2人共終わって感想が喋れると良いな…と思います!

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました(*´ω`)ノシ




そういえば…夢の中で
位牌がどうのこうの…というのを見て
怖くて寝れない~と思いながら再び寝た
りな子に応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(笑)(*ノωノ)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは!┏○ペコ

まずは昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!(*´ω`)
本日も更新の励みとさせて頂いております‼┏○ペコ

今日も一日とてもバタついた日でした…。
休み明けという事もあり朝から多くて、一生懸命働いてきましたー‼

昨日は思いの外夜更かしをしてしまいまして、若干寝不足です(=_=)
本初様√が意外にも面白かったことがいけない…。すべてはゲームのせいです…。←

という事で、早速本題にいってしまいますよ~(*´ω`)
今日はおきつんが演じている本初様の感想でございます!

◇袁本初/興津和幸
san200_4.png 

えーっと、見た目的にはそこまで…だった本初なのですけど、意外にもこの方の物語が面白くて面白くて…夜中までプレイしてしまいました(笑)

キャラ的にはとても真面目と言いますか、若干ずれている人だと思うんですけど…。
だからこそ恋愛の展開がちょっと新しい進み方だったのと、最後の最後まで自分の持つ気持ちに名前を付けられずにいるのがもどかしくも、そこが引き込まれた所かなと思います。

物語の展開的にも、初回の奉先のようにスッキリサッパリ進んでいくという形ではなく、袁家の事だったり、仲間である人達との事だったり…。
ちょっと苦しい展開の多かった本初√なんですけど、苦しい展開になればなる程その中での本初と巴の絆が深まっていくというのがまた…何と言いますか…、メリハリがあって面白かったなと思います。

人物的には色事にも疎いし害のなさそうな穏やかな人なんですけど、その人が自分でも分からない感情に振り回されてくる辺りなんて楽しくて楽しくてしょうがなかったです!(笑)
普段大人しい人という印象の分、そういった意外な一面を見るとキャッキャしてしまいますよね(*ノωノ)

個人的には奉先はわりと物語的にはそこまで苦しい展開というのが少なくて、戦があるので相応しい言葉ではないかもしれませんが、結構穏やかだったんだなと思いました。
それに比べると本初は、巴がどうにかこの運命を打破しようと悩み考え抜く所が目立つ分、苦しい展開が多かったように思います。
私としては、全てがうまくいくばかりでない展開の方が、面白い!と思ってしまいますので…。
初回の奉先に比べてそういった部分ではより面白く感じた√でした。

で、物語自体がこんなにスムーズにいかなくて苦しいのに、恋愛の方までもが(笑)
本初の態度は「巴の事を好きだ」と言っているようなもんなのに、彼自身、自分の感情を持て余している部分だったり、理解していなかったりしてですね…。
もどかしいったらありゃしない‼って感じで、これはこれで面白かったです。

というのも、最後の最後にやっと本初からある言葉を聞く事が出来るんですけど、そこのシーンがちょっと切なくさせてくるのですよ~(TwT。)
この時の本初と巴には色々と…あるので、やっとお互いの気持ちが自分たちの中で整理する事が出来て自覚出来たという所なんでしょうけど、ここまで長かったな…‼となる分幸せ感も倍増しましたね。

本初って普通に『うむ』とか『む…。』とか言う人で、普段から悩む出来事とかあると完全に自分の思考の中に入り『むむむ…』って考え出すんですよ。
ある意味凄くマイペース過ぎる人なんですけど、ちょっと変わり者という感じで思ってたんですけど…実はめちゃめちゃイケメンなんだな…とスチルで思いました…(''ω'')
個人的にはちびキャラのCGで、巴に肩もみをされながら寝ているのが好きだったんですけど、後半はとにかくこの方の意外な美しさに見とれるという…(笑)

それと孟徳さんがスンゴイ素敵男子になってましたー‼
あるシーンで孟徳さんが馬に乗っているスチル?みたいなのがあるんですけど、あまりの素敵さにそのシーンから次のシーンに行けず…。
何やらちょっとはだけている孟徳さんに釘付けでした( 一一)
前作の時とは何だか違っていた……‼

と、とにかく初回のイメージとは全く違った√シナリオに、ハラハラしつつ進めた本初√だったんですけど、凄く楽しめました!
EDはBADは割とサクッと終わるものが多かったので、お気に入りEDは無かったんですけどね┐(´∀`)┌

でも物語的には、何か色々苦しかったけど楽しかったなというのが強く残った本初√でした‼

あ、サクッとした感じになってしまいました…( ;∀;)
これも何だかんだ3時間程で全EDを取り終えてしまいましたので、長さ的にはそんなに長くないのかな~?
でも終わった後に『短かった‼』とかそういったのは無かったのですけど…。
最終的にどう思うかは終わって見ない事には分かりません!

という事で、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪



念願だった相方の家の枕を
買い換えて貰いました( *´艸`)
いく度に『枕欲しい』『この枕嫌だ』とボヤく私を
黙らせたかったのだろう…w
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(*´ω`)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言