昨日もりな子の独り言に沢山の拍手と、そして多くの方々に覗きに来て頂きまして本当にありがとうございました┏○ペコ
いや~本当に嬉しいです!!
というのも、乙女ゲーについて語れるのはりな子にとってこの場だけ。友達にも乙女ゲー信者はおりませんので、ここで吐き出すことが楽しみなんですよね(笑)
なのでお仲間(勝手に仲間にしてすみません…)がいると思うとやっぱり嬉しいもんです(*´∀`*)

そして昨日仕事から帰宅し中断していた真改をプレイしまして、悲しいかな、この度真改をフルコン・トロコン致しましたです~(ノω;)
コンプしたぞ~という気持ちと、終わってしまったという淋しさがせめぎ合っております(笑)

新選組のキャラをコンプするとおまけ画像が解放されて、フルコンするとフルコンおまけ画像が手に入るんですけどそれがなかなか良いんですよ~ヽ(*´∀`)ノ
ちなみに新選組フルコンのおまけ画像は確か随想録かなんかの一幕でしたっけ?
あのシナリオ好きなんですよね♪

そんなこんなで全て終えましたので全体の感想と、チー様の感想を書いていきたいと思いますのでお付き合い頂けたらと思います♪

sinkai


今回から12人の攻略対象と人数も増えて、今までの【薄桜鬼】という物語に更に深みが増した内容になっていました。
今全員を終えて思うのは、物語のボリュームが増えていた事で今ままでのシナリオだけでは分からなかった部分というのが描かれていたのですっごくすっごく楽しむことができました!!

私は最初に沖田さんをプレイしたのですが、サクッとした終わりとちょっと中途半端な所で終わってしまい物足りなさを感じたんですよね。

で、沖田さんをプレイした当初はEDが3つあると知らずに書き殴ったため、後からその旨をブログに書かせていただいたのですが…
多分それを分かっていたとしても既存の隊士達に関しては、きっと物足りなさを感じていると思います。
というのも、やはり一度プレイしている事でEDや“盛り上がってまいりました~!”!と思う所をなんとなく知っているので、後編に続く今回の風ノ章はやっぱり中途半端なところで終わっているなぁ…と思うキャラってどうしてもいるんですよね。

だけども!!
それをカバーしてくれているのが新たな攻略対象のキャラ達です。

新しい攻略キャラが出てくることで、今までの薄桜鬼が崩れてしまうんじゃないか?とか、新しいキャラを入れる必要はないんじゃないか?などいろいろな声があったと思います。
プレイした後にもきっと賛否両論なんだろうとは思いますが、私個人的な意見を言わせてもらうならば今回の新キャラは出てきて良かったなぁと思います。

まぁ新キャラを好きになったというのもありますが、新しいキャラの視点でシナリオを進めていくと例えば山南さんなら羅刹側とか、山崎君なら監察方とかのように、それぞれの立場の葛藤とか今まで分からなかった部分が描かれていますし、物語に深みというか厚みというか…そうゆうのが出たな~って感じがしました。

25日に発売して昨日までほぼ毎日やってきましたけど結構たーっぷりと楽しませてもらいました!!
ここでりな子的キャラ順位を勝手に発表しちゃいます(笑)

今回新しいキャラが登場したので、おのずと新キャラが上位に来てしまいますが…(笑)

1:チー様&坂本龍馬
2:伊庭八郎&山南敬助
3:相馬主計
4:山崎烝&沖田総司
5:斎藤一&原田左之助
6:土方歳三
7:永倉新八&藤堂平助


こんな感じです。
チー様に関してはりな子の中で不動ですのであしからず(笑)
しかしながらとにかく新しいキャラが入ることでシナリオが面白くなっていて、上位にきてしまうのは許して頂きたいと思います(^_^;)

ってゆうかただのミーハーか!!と突っ込みたくなりますね、ここまで新しいキャラに独占されたりな子の脳内…。
いやでもね、ちゃんと理由があるんですけど…やっぱり前編という事で新選組隊士達だけだったら物足りない、もっと!!ってなっていたと思うんですよね。

これこそ策略かもしれませんけど、同じストーリーの進み方でもキャラが増えて違う視点のシナリオがあったからこそ、ここまで楽しめたのかなとも思います。
もちろん後編をプレイすることでこの順位も変わってくると思いますが…。

でもでも本当にすごくすごく楽しめた今回の風ノ章でした。
各キャラの感想は毎日のように吐き出してきましたのでここでは我慢します(笑)

というか順位つけてみたけど、4位以下もつけたくないくらいなんですけどね。じゃぁつけるなよって話しなんですけど(;´д`)

まぁそれは置いといて、やはり最初に思ったとおりキャラを攻略するごとに面白さを増したタイトルだったなぁと思います。
この人たち全員がいるから一つの物語が壮大でふか~い物語になっているという感じ。
私の乙女ゲー処女作は薄桜鬼でそこからどっぷりと乙女ゲーにハマったんですけど、あの時の衝撃をまた新たな衝撃で塗り替えてくれたなと思った作品となりました。

本当早く後編を発売して欲しいな~と思うばかりです。
どれほど待たされるのか…すぐ発売されても心配だから、待つので、ちゃんと待つのでどうせなら渾身の一作をお願いしたいですね!!

では最後にチー様の感想を喋りたいと思います。
ちなみにネタバレ含みますので未プレイの方、ネタバレは嫌よという方はお気を付けくださいm(_ _)m



ちー



チー様やっぱり素敵でした…
でも「前編」ということで、そこまで多くの関わりがあったわけではないのが残念な所です。

随想録もちょこちょこ入っていたけど2,3こくらいで、やっぱりここから!!って時に終わってしまうので、萌えを補充するのは後編にたっぷりさせてもらおうと期待・期待・期待!!ですね(笑)

しかもねぇスチルがねぇやぱりかっこよかった…んだけどなんだかチー様の横顔がちょっと違う気もした(笑)
いや、かっこいいんだけどさ、なんか違ったような気もしたんですよね。うん。イラストを書いている人が変わったんでしたっけ…?
まぁこれはりな子の勝手な戯言です。

今回は二人で江戸に向かう所で終わっているんだけども、チー様と馬に乗ってるスチルでりな子喜びのうちに終幕。
ちなみに今回は天霧さんは同行しないのかな…??
私は記憶力の良い方ではないので、さすがに一年前の新選組綺譚をうる覚え…なんだけどもいくつか新しいスチルがあったような…
そしてチー様がなんだか優しかったような…そんな感じもしております。

もうね、ここぞという時に助けに来たチー様がかっこよくて最高ですた(((*´Д`ノ)ノ
他√では悔しさ、怒りに任せて怒鳴り散らし、大声を上げていたチー様でしたが…(笑)ここでは終始大人な、落ち着いた彼でいつものチー様を存分に堪能できたなぁと思います。

個別√に入るまでは既存新選組キャラと同様に早送りが多いので、サクサクっとプレイできちゃいますけど、加筆されたことによってちゃんとシナリオの流れに組み込まれている感じがしました。
要は今までって敵キャラという立ち位置で隠れキャラ的な感じだったのがなくなっていて、ちょいちょい途中でも登場しますし登場人物っぽくというか攻略対象っぽくなっていたという感じ。

そんでもってここでは鬼についてというのが濃く描かれているので、最後に綱道、薫、お千ちゃんが登場して終わっているので後編はこのあたりを中心に描かれていくのかなというのも楽しみです。

誰を終えても言いたいことは一つ!!
早く後編をプレイしたい その一言に尽きますね(笑)

ここまで毎日薄桜鬼を楽しんできましたが、今回はやっぱりメイト限定版買えばよかったーーーーー!!ととても悲しく思っております(笑)
後編はちゃんと吟味して、間違えずに買おうと思います(`・∀・´)

そして前回お話したロゼさんタイトルがどうやら今日届くらしいので、どれからプレイしようかな~と思っています(´∀`*)
源氏恋絵巻、アブ恋、ロミジュリ…うーん迷う!!
明日の夕方まではちょいと用事で出かけなければなりませんので、明日の夜までに考えておかねば…(笑)

では、本日はこの辺で…
本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました┏○ペコ


薄桜鬼の後編が待ち遠しい!!りな子に…
愛の応援を!!(笑)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


昨日もりな子のブログに足を運んで頂き、そして拍手をして頂きましてありがとうございます┏○ペコ
今日は昨日よりも更に熱くなると思いますが、どうぞ宜しくお願い到いますヽ(*´∀`)ノ

こんばんわ!!
一昨日から自分の中での薄桜鬼クライマックスを迎えておりますりな子です。

昨日は新キャラの中でも最も気になっていた坂本龍馬様をプレイいたしました♪
まずはネタバレ無しからの感想を、そして後半はガッツリネタバレをして喋り倒させて頂こうと思います。

坂本

まずは、タイトル通り…

この度りな子は坂本龍馬様に惚れました!!(*ノェノ)キャー
もう本当この人かっこいい!!そしてこの人の√をプレイして『あ。そういえば薄桜鬼って乙女ゲームだったわ。』という気持ちを改めて確認できました(笑)

他のキャラ√では恋心が芽生えたかな…?といった所で後編に続く…という感じですが、坂本さんは伊庭くん同様最初から千鶴に好意を抱いています。
しかし伊庭くんと違うのが、なかなか積極的だということ。

この性格のおかげで、終始ウハウハ、ニヤニヤさせてもらったとっても楽しい√でした!!
おかげさまでお気に入りスチルが3枚もできてしまいました( *´艸`)

そしてシナリオ面ですが、新選組に身を置く千鶴と、新選組に関わりのない坂本さんですが…またコレうまい具合に話が作りこまれていていい感じに関わっていくんですよ。
で、物語的にも私は個人的に好きなシナリオでした。

また新選組の隊士や伊庭くんなどとは違った形で羅刹や新撰組と関わっていくので面白い。この辺も山南さんや伊庭くん、相馬くん同様に今までの薄桜鬼に色付けされる、違う視点で見ることのできる内容だったんじゃないかなと思います。
そしてチー様のように完全に敵という感じでもなく、すっごく微妙な立場の人なので最後までハラハラドキドキ、この人って一体本当はどうゆう人なんだろう…?というのでヤキモキします。

もう最後の最後まで私は坂本さんのペースに引き込まれて、夢中になってプレイしちゃいました(笑)
なんか不思議と内容に引き込まれる感じのシナリオでした。

今までにいないタイプのキャラで、大人なんですよ。なんですけど、すっごく自由奔放な人といいますか、それでいて抜け目ないというか、更に積極的すぎてこっちはウハウハというか…それなのに子供っぽさを併せ持っているというお約束なキャラで、とにかく素敵すぎるお方!!

なんでスチル9枚しかねぇんだYO!!と、クレームをつけたくなるほどです。

そしてシナリオの運び方が新選組視点ではないので新たな感じですし、思いのほか早送りする場面が少なかったのですっごく楽しめました。
そもそも坂本さん自体が他の√ではほとんど出てきませんし、名前だけ出てきて暗殺されてしまったり…というのが多いんですけど、彼の√ではほとんどが新たなシナリオで出来ているのでボリュームも感じられますね。

まだグッドEDしかしてないんですけどね、この人とのバッドとか悲恋とか見たくない!!(笑)
幸せだけ手に入れたいと強く思います。
これ後編がめちゃくちゃ楽しみですよ~!!終わり方とかシナリオの流れとかがちょっとあの方に似ているんですが、これは言ってしまうとお楽しみがなくなるのでやめておきます。

とにかく私は坂本龍馬LOVEでございます。(チー様も好き)



ではではこの辺りからネタバレを含む独り言へと行きたいと思います!!
未プレイの方やネタバレは勘弁という方は、そのままページを閉じるなりして下さいませ┏○ペコ









まずね。
坂本龍馬の√では、とにかく坂本が薩長の人なのか、本当に新選組の敵じゃないのかとか、とにかく最後までこの人一体何なのーーー!!と思い続けたシナリオでしたね(笑)

せっかく距離が縮まってきたのに、『俺は新選組の敵だ』みたいなこと言ってきたり、でもまた近づいたり…
更にはあっさり羅刹になっててそのまま消えちゃったり、そんでもってやっと会えたと思ったら千鶴に冷たくなってて、捕まえてきたりね。

もう何何!!(@_@;)
坂本さん一体あんあたは何もんなんやー( `皿´)キーッ!!ってなりましたよ。←また物語に入り込みすぎですw

でも斎藤さん√をした方なら一度は坂本さんとお会いしていると思いますが、あの時才谷梅太郎と名乗り、喋り方も標準語(?)で土佐弁でしたっけ?それで話さないので若干ガッカリしたんですよ…。
でもでも、二度目に会った時にはあの○○ぜよの喋り方でキタ━(゚∀゚)━!ってなりました!!

小野大輔さんのちょっと渋めの声で、あのなまりでかけられる数々の言葉には終始(・∀・)ニヤニヤ。
そして布団の上で足をバタバタとし、本当にたくさんたくさん楽しませて頂きました。

そしてシナリオの中でちょいちょい新選組の屯所に坂本さんが会いに来るんですけど、もう面白いんですよ。
彼女に会わせろと言ってきてみたり、入口で『千鶴ー!!』と大声で呼んでみたり…この坂本さんに振り回される感覚が最高に楽しかったです( *´艸`)

二人が離れ離れの時もお手紙が来たりして、坂本さん(´∀`*)と勝手に盛り上がっているりな子だったのです(笑)

ただ、この√ってさすが薩長軍と懇意にしているだけあって、綱道とか薫が思いっきり絡んでくるんですけど、恐らく坂本龍馬の宿敵となるのは、羅刹化している中岡慎太郎なんだろうなと勝手に思っております。
ちなみに中岡慎太郎も坂本龍馬も暗殺された時に、薫に羅刹にさせられています。

だから結構知らない間にあっさり羅刹になっていたから、他の隊士たちみたいに羅刹になるのを選ぶかどうするか…の切なさとかはない√でした。
ただ、当たり前に側にいられる間柄じゃないというので、切なさとか二人の関係がどうなるのかとかが描かれています。

で、シナリオの運び方がちょっとチー様よりな感じですね。

結局羅刹を生み出したのが綱道で、羅刹は人がどうにか出来るものじゃない、阿片をばら撒いた時のようになってしまう…
だから綱道を消す…ってなるんですけど、千鶴も一緒にその道を歩むことを決めて二人で江戸には行かずに京に残ることを決めて後編へ…となります。(結構ざっくりとした説明です)

んで、そこに不知火くんがきまして!!
もともと顔見知りだった不知火くんが一緒について行く事になるんですね。

なので後編は3人での旅(?)ってところから始まるんでしょうか。

いや~楽しみすぎる!!(*´д`*)
しかもね、後半の方に出てくるね中岡慎太郎&坂本龍馬の洋装Verが半端なくカッコ良いんですよ!!

スクショ

中岡慎太郎とか最初はなんとも思わなかったけど洋装になったらかっこよくなっちゃいましたからね!!(笑)
是非画像をクリックして大きくしてみてくださいヽ(*´∀`)ノ

そしてりな子の坂本√でのお気に入りスチルは、壁ドン・額にキス・後ろから抱きしめるの3枚ですΣ(゚∀゚ノ)ノキャー
これはせっかくなので是非ともプレイしてそのシーンごと堪能して欲しいです♪

ちなみに最後の後ろから抱きしめる時には不知火に『おいおい見せつけんじゃねーよ』と言われています( *´艸`)
あぁ楽しい(笑)
本当に後編が楽しみすぎて楽しみすぎて…待ちきれませんヽ(`Д´)ノ

後は坂本龍馬のバッド、悲恋を回収しに行くのですが…
とうとう、とうとう最後の攻略キャラチー様となってしまいますた゚(゚´Д`゚)゚

なんだかんだ早かったな…ちょっと淋しい気持ちもしますが、今日は続きを出来なさそうなので、明日仕事が終わり次第続きをプレイしようと思います(`・∀・´)

今日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!!┏○ペコ


坂本龍馬を愛するりな子に
応援宜しくお願い致します!!(笑)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

前回の独り言に数々の拍手やクリックを頂きましてありがとうございます┏○ペコ
毎回毎回好き勝手お喋りしておりますが、お付き合い頂きましてとても嬉しい限りです♪( ^ω^ )

さてさて、昨日は飲み会をお断りし、土方副長を攻略後にお楽しみ第一弾の伊庭くんを攻略しました~♪
しかし伊庭くんの事は後半に改めて書くとして…

ロゼさん驚きの話題がありましたので、買うか迷っていた源氏恋絵巻をやはり買っておきました!
なんだか話題にまんまと乗ってしまった感がありますが…(笑)

源氏恋絵巻


ですが…私ダウンロード版で購入したんですけどね、たまたま目にしたブログにダウンロード版の場合は気をつけて下さいね的な記事があったのですが…
ま、マジで!?(゚д゚)

もしやこの流れって黙ってソフトの方で買っておけば良かった系?
と、不安になっております(;´д`)

こういった事には一切詳しくないりな子…
DLしとけば配信停止されたとしても、もうりな子のvitaに入ってるから大丈夫なんじゃないの!?と、思っていたのですが…
そうゆう事でもないんですかね?

ちょっと不安が残るものの、もうDLしてしまったものはしょうがない…。
只今薄桜鬼を絶賛プレイ中なので、次はあやかしごはん、その次あたりに源氏恋絵巻でも遊ぼうかな~と思っています。

評価は様々でしたけど、空いた時間に気軽に楽しもうかなといった感じです。だって中井さんがCV出てるしね(`・∀・´)

そういえば彼の声を乙女ゲーで聞くのは初なような気がしますが…今までもどこかで出会ってるのかな??
ちょっとその辺を楽しみにしておこうと思います。

そして薄桜鬼ですが、今りな子の中でクライマックスを迎えております!!
最後に残しておいたキャラクター達である伊庭八郎、坂本龍馬、チー様の3人衆の中から、まずは伊庭くんを昨日プレイしてまいりました。

伊庭

まずはネタバレ無しでいきますね。

今回まったく新しいキャラとして登場した伊庭くんですが、千鶴とも新撰組の皆さんともうまい具合に繋がりがあるようなキャラなので薄桜鬼の世界にというか、そこにいるのがすごく自然でした。
普通に今までいたかのような感じ(笑)

そして彼の√では、誰の√にもなかった面白さがあったなぁと私は思います。
新撰組の人ではないので隊士たちとは全然違うストーリーの流れになっているし、彼の奥詰めという立場と新撰組との交流も違和感がなく、千鶴との距離の縮まり方もいい感じにこのシナリオらしく進んでいくし、そしてなによりもね、伊庭くんの√ではね…ちょっとしたキュンが味わえるようになっていました(*´д`*)

出会いから千鶴に好意的な伊庭くんは、例えるなら十三支演義の趙雲的な要素のある人だな(笑)
似てるとか似てないではなく要素的なお話ですよ!!
天然風な感じというか何というか…これは伊庭くんをプレイして頂ければ分かるかと思います。

そしてですね、この伊庭くん√は新選組の人たちとは違った重さがある!!
というか個人的にはどの人よりも重いな~!!好物だな~!!と思ったシナリオでした。今のところ私は伊庭くんのシナリオが一番好きかもな~と思います。

でもこれって好みが分かれそうな気もするんですよね…
だってこの伊庭くんのお話しは今までの新選組隊士たちとはちょっと違った感じになっているし、なんて言えば伝わるのか難しいですが、薄桜鬼らしいかって言われたら、らしさもあるんだけどちょっと違う気もするな~って感じ…。

あぁネタバレしないで言うのって難しい(笑)

新選組隊士のシナリオも切ないし、なかなか重いものを背負うけどなんかちょっと違う感じなんですよね。
もちろん武士道とか志とかの部分は共通しているし、己の中にある信念として曲げられないとかそうゆうのは変わらず健在です。

でも戦うべき相手や伊庭くんに起こる出来事の部分としては全く違うものなので新しいシナリオとして楽しめるって感じです。
この感じで龍馬も行くのかと思うとかなり楽しみになってきますね。

そして彼終始優しい笑顔のスチルが多いんですが、恐らく私のようにギャップにやられる乙女達もいるかと思いますのでその辺も楽しんでもらいたいな~と思います(*´∀`*)
余計なことを話しそうなので、ネタバレ無しはこの辺で終わりにします(笑)







ここから先はネタバレを含みまくる感想となりますので未プレイの方は進まないようにお気をつけください!!






では早速…。

もうりな子は伊庭くんのシナリオがとてもお気に入りになってしまいました!!そして伊庭くんの笑顔もお気に入りです。
とにかく千鶴と二人で笑顔のスチルが本当に大好き!!まじで見ているこっちも温かい気持ちになりますし、なんだか微笑ましいというか二人共可愛いんですよねぇ。

そんでもって今までってどの隊士でもチー様とか鬼が宿敵って感じで、それが当たり前だった所に遂に…

遂に!!来ちゃったよ!!新たな敵として武田観柳斎が!!
しかもただの武田観柳斎じゃないよ…なんと…羅刹鬼の手Verですからねッ!!
この流れにはさすがに驚きながらも、こちらの飽きを解消してくれたな~と思いつつ、ちょいちょい武田殿がここではやたら絡んでくるからしつこいな(笑)と思っていました(;´д`)

でも私は最初、真改発表の時に武田観柳斎が気になっていたんですけどね、もはや敵でも出番が多いに越したことはないわ~とおもっていたんだけども。
この√をプレイしたことによって武田観柳斎全然好きじゃなくなったという事実(笑)

様々なキャラをプレイいていく度に、ちょっとこの性格が頂けないわ~とじわじわと思っていたんだが、ここで更にその気持ちが強くなっちゃったんですよね。
なのでもはや武田観柳斎は私の敵!!伊庭くんにケチョンケチョンにやられてしまえヽ(`Д´)ノって感じになっています。

そして伊庭くんがもともと千鶴の事とお父さんの事を知っているという設定が何故かすっごく溶け込んでいて、千鶴がすっかり忘れてしまっているのに少しずつ思い出していくのも良かったし、それと共にこれは恋なのか…?どうなの??みたいな感じがねぇ、お互いの気持ちが育っていくのが何とも言えませんね。

伊庭くんの場合は結構最初から好きっぽいけど、それ自分であんまり自覚してない感じなんだなって最後の方で思いました。

そしてこのシナリオの中枢とも言える伊庭くんの羅刹化。

これは完全に武田観柳斎のせいなんだけども、というかもともと伊庭くんが武田の腕切って終わった…と安心していたところに綱道に救われて武田が羅刹化して、切られた腕は治らないからという事でお千ちゃんの里に代々伝わる鬼の腕を盗み更には合体させたという状態で登場…。

もうこの時点で武田殿に対しては敵意しかありません( `皿´)

そして羅刹化した武田によって同じく腕を落とされた伊庭くんも、同じ道を歩むしか腕を取り戻す道がないとなって…

ここですよ。

伊庭くんは武士として、最後まで戦い抜くために武田殿と同じように羅刹になって鬼の腕を手に入れる事を選ぶんだけど、人として生きられない、人の歴史に関われないけどそれでもいいかって聞かれた時に

『悪いことばかりじゃない。人ではないと言われたあの時の君の気持ちに近づけるのであれば、人でなくなるのも悪くはないのかもしれません』って…。

うわぁぁぁぁぁん゚(゚´Д`゚)゚
千鶴と幸せになって欲しいよう~!!

本当に武田が憎く見えてきます(笑)
最後は別々に江戸に向かうという事で、江戸でまた会えますよね?って言って終わるんだけど、最後の最後までこちらをもどかしいキュンとさせる可愛さでした。

毎回言ってますけど、早く後編やりたい!!
もうこの一言に尽きます。

本当薄桜鬼万歳。
絶対次で幸せになる!!←

今から私は坂本龍馬に会いに行かないといけませんので、そろそろ行きますが…
きっと坂本龍馬もチー様も引き続き大興奮して書く事になると思いますので、心の準備をお願い致します┏○ペコ

本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました(*´∀`*)



あと二人で薄桜鬼が終わってしまう淋しい気持ちを
元気に変えられるように!応援ポチっとお願いします(('ェ'o)┓ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

昨日の記事にも拍手を沢山頂きましてありがとうございますm(_ _)m
薄桜鬼がプレイしたいからと、予定があると架空の予定を作ったりな子のブログに足を運んで頂きまして嬉しく思います♪



ビエーーーーーーン。°(°`ω´ °)°。

皆様こんばんわ!!
薄桜鬼の続きをどうしてもプレイしたくて、今日の夜の飲み会を『予定があるから』とお断りして帰宅したりな子です┏○ペコ

一日中何も食べれなくて帰ってきてやっとこさカップラーメンを食べました(*´д`;)
お腹がすきすぎてどうにかなっちゃうかと思いました(笑)

そして念願の薄桜鬼の続きをプレイし、土方さんを攻略いたしました~!!
ちなみにネタバレ含みますので未プレイの方はお気をつけください!!

土方

いや~何だろうな…この人はやっぱりメインだからかな。
すっごくすっごく泣けるね!!

もちろん他の人も切ないしウルっとするんですけどね、なんか違うんだよな。
だってさ、ここの√の源さんと山崎君がもうね、私の涙腺を崩壊してくるんですよね(´;ω;`)

そもそも源さん千鶴のことを娘のように思っているじゃないですか、そんでチー様と戦う時にも遺言的なことを言いながら『親は子より先に死ぬもんだ』とか『娘を守れて幸せだ』的なこと言ってくるし、このシーンでとりあえず『源さ~~~~~ん(゚´Д`゚)゚うえーん』ってなります。

そんでもって山崎君が土方さんの目を覚まさせるために庇って切られてしまって、船の中で土方さんに『最後まで一緒に戦えなくてすみません』とか…もう本当どんだけ私を泣かせるのかと!!

もうホント土方さん√は武士とはなんたるかとか、薄桜鬼が軸にしている事とかがぎゅぎゅーっと、たっぷり詰め込まれている√だなって本当に思います。

そして実は私は普段の土方さんは全然好きじゃないんですね。(土方ファンの方すみません┏○ペコ)
なんだけども!!羅刹となった土方さんは美しいと思うんです(笑)
あの束ねた髪が白くなり、目が赤くなった土方さんは本当に美しいし好き!!ww

まさしく薄桜鬼と名付けられただけのことはありますね。

本当あの姿が好きなんですが、Vitaでのあの美しさは本当に大大大満足でしたヽ(*´∀`)ノ

しかもチー様と戦う時のエフェクトが他の人の時よりもちょっと豪華なVerだったり、それによって迫力もあって素敵でした~。
さすがメイン√ですね(笑)

どうでも良いお話ですが、この√でチー様が『千鶴』って呼んできたんですよ!!
これはもう死ぬ前のご褒美かと思ったくらい大興奮でした(*´д`*)ハァハァ
最高すぎる~。

残すところ伊庭くん、坂本龍馬、チー様となりました…。
これが終わっちゃったら寂しくて、切ないままでダメかも…と思いながらも早く攻略したいと思う気持ちと、とにかく複雑な心境ですが伊庭くんから行こうと思っています。

最後のお楽しみのオンパレードに差し掛かってきます(`・∀・´)


源さんと山崎君に泣かされたりな子へ
応援のポチっとをお願いいたします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


いい男なんじゃね??

と思ったりな子です┏○ペコ

おはようございますヽ(*´∀`)ノ
昨日の独り言にも拍手を頂きましてありがとうございますです♪
私も結構色々な方のブログを徘徊して拝見させて頂くのですが、ここにも誰か来てくれている~!!といつも興奮し喜びを噛み締めております(笑)

さて、昨日は眠たい中新八を攻略してから就寝しました。
(ちなみに最初はネタバレ無しでお話して後半はネタバレ含む独り言となります。)

永倉

新八はSSLで軽く攻略対象ちっくになっていたのですが、その時は恋人というよりもやっぱり面倒見の良いお兄ちゃん的な感じが強かったんですよ。

でもね、今回もそのお兄さん的な感じは残るものの…二人の距離がなかなか良い距離感で 『くぅぅー!!なにその感じ!!』 と一人もどかしさを堪能したルートとなりました(笑)
この人の場合は、もともと千鶴の事を気にかけてくれている存在なので距離が縮まっていくのがとても自然な流れですし、恋心とかの前にお互いの信頼関係とか良き相談相手という立ち位置がなんだかほっこりするお二人でした。

なので新八が千鶴を気遣うのも、その流れで守ろうとしているのも納得できるなぁって感じ。
で、途中まではキュンとすることもなくって、新八良い奴だな~って思いながらプレイしてたんですけどね…。

なんだろう話が進んでいくにつれて、この人がすっごい笑顔のスチルとかがもうずるいんですよね。

新八はとにかく正直で不器用で真面目でザ・江戸の漢って感じなんですけど、それが故に常に自分の気持ちと向き合って色々な事と葛藤しているんですよ。
いつもはヘラヘラとして島原!島原!!って感じなのに、その裏にはそうゆう真面目さがあるんですよね。

そんな彼がですよ?落ち込んでいたかと思ったら千鶴の一言で満面の笑みに…
あぁ…なんだこの可愛さは(笑)と思うわけです。

そして、このルートも裏切らいないよね~。
本当切ない、もどかしい、そして薄桜鬼らしいストーリーとなっていましたので、新八をまだプレイしていない人も楽しみにして頂ければと思います。

もうとにかく物語の流れがいきなりズドーンと変わるので、私の気持ちが追いつかないまま進んで行きました(笑)
とにかく他キャラ同様後編を楽しみに待とうと思いますが、なるはやでお願いしたいです(;゚∀゚)=3





ではここからネタバレ含む独り言をお送りしたいと思います。
未プレイの方やネタバレが嫌よという方は、ここから先は進まないようにお気をつけくださいませ┏○ペコ





新八のルートは途中までは心穏やかにプレイすることができました。
そしてどの人にもない恋愛面でのもどかしさが楽しめたルートだったとも思います(笑)

これは新八ならではだよね(`・∀・´)
自分の気持ちにも気づいてなくって『あれ?なんでだ?』ってなってるのとか、あと自分が怪我をするよりも千鶴ちゃんが居なくなる方が嫌だとか…何で?どうして??と追求してやりたくなる(笑)

この人が好きだと自覚した後が本当に楽しみだなぁ(`ω´)グフフと思った。

そして、このタイトル自体に羅刹というのはつきものなので、いつか新八もなってしまうのか…でも山南さんから受け取ってないし、羅刹にならないのかも…?と一人色々妄想しながら進んできたんですけどね…。

『え!?ま・まじで!!』

です。

新八が、新八が羅刹になっちゃったよーーーーーーーーー゜゜(´O`)°゜ ウワーン!!
でもこの羅刹になる流れがあまりにも切なすぎて、ちょっとうるっとしちゃいましたわ。

井上さんが永倉くんはまだ若いからここで終わっちゃいけないとか、千鶴を守って欲しい君にしかできない、だから生きて欲しいとか…
・゜・(ノД`)・゜・<井上さ~ん!!

彼のそんな想いを受け継いで、意識が朦朧とする中『わかった…』って返事をする新八。
羅刹として目覚めた新八はまるで我を見失った獣のようになっておりましたが(笑)
それでも千鶴を守り抜いて事なきを得たわけですなぁ…。

でもさ、目が覚めた時によく覚えてなくって、千鶴が羅刹になったことを伝えなかった時は本当切ない想いが爆発するかと思いました。言わない優しさが私を苦しめる( >Д<;)クッ クルシイ・・・
結局のところ実は覚えていて、井上さんの言葉も覚えているってなったけどこの人とのこの先はどうなるんだろうってすっごく切なくなった。

他の人も羅刹になるから同じ様に切ないんですけど、新八の場合はそれが何故か倍増するというか…この人が羅刹になるというのがあまり結びつかなかった人物だからかな、羅刹になったのが衝撃的だったしそれでも戦おうとしているのが何とも言えない気持ちになったルートでした。

ここまできて残すは新選組では土方さんのみと、伊庭八郎、坂本龍馬、チー様となりました。
12人もいたのに残すところ4人かぁ…。

早かったな(´;ω;`)

終わりたくないよぅ~前後編に分かれているしEDがないから余計に思うんですけど、それでも終わりたくないと思ってしまうんですよね~。
次は鬼の副長土方さんを攻略して、最後にお楽しみのオンパレードを迎えようと思います(`・∀・´)
あぁ休み中に薄桜鬼三昧が出来ないのが辛すぎます(:D)┼─┤バタッ

本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました┏○ペコ



新八√でションボリなりな子に
やる気と元気を!!応援して頂けたら嬉しいですヽ(*´∀`)ノ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言