こんばんはー(≧∇≦)ノシ

今日は一日の半分を無駄にしたりな子です!(笑)

まずは昨日の感想にお付き合い頂きまして、拍手や応援ポチやコメントも下さいましてありがとうございましたー♪
毎日とても励みとさせて頂いております(*´ω`)

えーっと、待てど暮らせど荷物が来なくて逢魔をプレイしなが待ってたんですけどね!
14時半になっても来ないから、問い合わせくれたらですよ?
『配送は11月上旬になるとご連絡したと思うんですけどって言われてね…』とヽ(`ω´*)ノ
連絡貰ったのか問いただしたら『貰ったような気もするけど、もう一つの方かと思って分からない…ヘヘヘ…』みたいな事言ってきやがりましてですね!(`o´)

キー‼今日の一日を返せ―‼(*`皿´*)ノと思いながらそそくさと帰宅しました。
重い荷物を持って帰宅したのは17時ですよ…( ;∀;)

そして帰って来てから鬼プレイして逢魔が刻コンプしましたよー‼
とりあえずサクッとコンプ感想と、月白&常盤の個別もサクサク~っと行きますので、お付き合い頂けたらと思います♪

まずはコンプ感想からいきますが、奏太からプレイした事で最後に差し掛かるごとに面白さを増したのは言うまでもありません(笑)
全体的には決してつまらない訳ではないです。
ただ後半の私の攻略順でいう所の颯以降の面白さと、前半の2人(奏太と宵宮教官)との差がありすぎたな~と思います。

これを間に入れてもダレるだろうし、どこに入れ込むか…って感じですよね。
でも既にプレイ終わっている方で颯から開始した方は、初回の入り込みが良かったみたいなのでその方が良いのかなー?とも思いますね。
個人的には最後に面白いのが揃っていたのは、悪くなかったとは思いますけど。

周回自体は選択肢ジャンプができると教えてもらってから、各段にサクサク進められるようになりました!
なので2周目以降は共通部分の未読と、個別のみなので4時間あれば終われると思います。
ちなみに私は常盤の時だけすごく長かった(笑)←楽しみ過ぎたから

キャラ的にもサブの皓くんやカンナもちゃんとシナリオに絡んでいたり、夜警に出ると街の人達とも絡んだりするので結構共通も楽しいと思います。
だけど何かモダモダしてる感じというか、展開に大きな起伏がない感じがして睡魔が襲ってくることもありました~( ;∀;)
これから始まるのか⁉と思うとサラッと終わったりしますしね。

でも実際にトゥルーEDまでプレイして初めて全貌が分かる感じなので、まぁサラッと終わっていたのもしょうがないのかなーと思います。

大筋のシナリオ展開は同じなんですけど、奏太と宵宮、颯、月白と常盤って感じで、それぞれ中で描かれている真実的な物はそれぞれ違います。
例えば前半二人、奏太と宵宮のどちらかで水緒と○○に関することが分かったりするけど、その事は他の√では出てこないし、月白では常盤に入る前に少しだけ垣間見える事があって、それが常盤の√で全てわかる感じになっているし。
颯に関しては颯自身の事が分かったりして良かったんですけど、気になっているはずの事柄についてはあまり重要視されずに終わったのはちょっと残念だったかな…。

恋愛面ではこれも個人的にはキャラに偏りがあったように思いますが、どの人とも幽世に来て一緒に過ごすうちに絆が生まれたりしながら、恋心を育てていくのは良かった!
若干奏太が面どゴホッ…だったけど、まぁ誰かを好きになった事がない水緒が恋をしていく感じとか、相手が水緒に心を開いていく感じは、なかなか楽しかったと思います。(主に最後の3人)

とまぁそれぞれの個別で明かされる事、深く描かれていることは異なったのでそこは面白かったなと思います。
恋愛にも関係してくるので、進み方もそれぞれな感じでしたしね。

EDもベスト・GOODがメインで、BADも√によっては多いけど2種類~って感じで、その中の一つは中身のあるものもあったし、比較的ED回収でのトロフィーは回収しやすかったと思います。

それと、主人公の横顔に若干怪しい雲行きを感じたけど、基本的にスチルは綺麗な物が多いし差分を抜かしても1人15枚~17枚はありました。
これは結構満足でした~(*´ω`)

システムは慣れてくると特に不便もなく、シーンバック・選択肢スキップ・既読スキップ等々いつもプレイするゲームとなんら変わらないですし、特に困らなかったです。

そして好きなキャラランキング―ですが、今回はこのようになりましたー(≧∇≦)

1 常盤
2 颯
3 月白
4 宵宮
5 奏太

トップは常盤氏です(∩´∀`)∩
この子素晴らしいスキルの持ち主でしたー‼
颯もなかなかの高スキルキャラだったけど、他の√で散々気にさせておいて突き放すというスーパーブリザード対応からの、優しさチョイ見せはかなり…グフ(*´ω`)
しかも私常盤の好きな台詞は『ここのホットケーキは…絶品だからな…』です!←

お次は常盤に次いでのスキル持ち、颯くんでーす( *´艸`)
いやぁ~。この子はプレイしたら分かって貰えると思うんですけど、とにかくクッソ可愛いこの一言に限ります。
人間でいう所の常識が通じない颯だからこその、デートしよう→デートするという事はすきなんだよな?恋人になろう→結婚しようの流れはマッハすぎて面白かった。そして可愛かった(*´ω`*)

そしてお次が月白です!
ビジュアル的にも常盤と並ぶくらい気になる存在ではあったんですけど、個人的にはちょっと…ちょっと…アルバロよりも重症な快楽主義者で困りました(笑)
いや、好きだよ…うん…ゲームのキャラなら振り回されるのも好きなんだけど、でもちょっと次元が違かったかな!
さすが神‼って感じでした(笑)
でも、やっぱり誰にも出す事の出来ない月白ならではの色気…というものは素敵だったなと思います(*‘∀‘)

お次は宵宮教官です。
残念ながら彼が人間で実はとても悲しい過去を背負っている…前髪のたれ具合がセクシーだった…という事意外思えていないんですけど(笑)
でもやっぱり先生の癖にちょいちょい男だと意識させてくるあたり…大人の男を出してくるなーと思いました。終わり(笑)

最後は奏太です!ごめんな…奏太|д゚)
何というか可もなく不可もなくな明るい感じの、戦ワルのパシュ?みたいなムードメーカーかと思いきや、何かちょっとこう私の手には余る感じでしてですね!w
わりと他√だと優しくていつもの奏太って感じなんですけど、自分の√だと若干手のかかる子臭があったので最下位に…(;'∀')

こうやってみると薄くはないですよね。
個性があったキャラ達だったなと思います!

ちなみにトゥルーEDは皆に囲まれて紅一点状態で楽しそうでした(笑)
そしてシナリオの真実の部分が良い方向で解決していて、すごく心温まる感じだったし面白かったですよー(*´ω`)

って事で長くなるとアレなので、月白と常盤の感想に行きますね♪

banner_180x150_05.jpg 

月白は水緒が迷い込んだ幽世を鎮守する神様です。
ウンウン、神様と言えば狐だよね!(と、訳の分からないことを言ってみる。)

見た目的にも胸元がガッツリ、それはもうガッツリとはだけておりますし、何か髪型も色気を感じさせる感じだし、元が狐なので耳があって尻尾もあって更に美しいと来たら気になります。
そのうえ掴みどころのない感じで、己の愉しさの為に高みから見物するような神。
いや、神とかそうゆう存在だとそうなるのかな。

とにかく月白との恋愛は、そうゆう感じでした!(笑)

水緒が彼に翻弄され続けるというか、たまにこの人は神でありながらも実は悪い神なんじゃ…と思わせるような時もあったくらいですよ!
でも嫌いじゃない、嫌いじゃないけど、あまりにも試され過ぎて萌えるとかそうゆうのは無かったー( ;∀;)
悪意があるのではないか…と思ってしまう程の事をして試してくるし、それを受け止める水緒をマジで尊敬のまなざしで見てましたよ私は。

でもやっぱり一応大人なので今までのキャラの中で一番色気とかがあったように思います。
ちょっと強引な手段に出てくる月白も、何というか普段の月白からは考えられない感じで良かったと思いますし!
元が狐だから獣がどうのこうの…の台詞は、思わずニヤつきましたし(笑)

そして、ここでも他の√同様に、幽世に起こっている事に対して立ち向かうんですけど、そこに重点を置くというよりは月白という神と、水緒が神に対してどこまで覚悟を持って近づくかというか…
何というか…。
そうゆう所がメインに感じたかな。

神を想い傍にいるという事がどうゆう事かとか、そうゆうのが強く印象に残っています。
ただこの時に月白が水緒を試すんだけど、その行いが神と人の価値観の違いとかが浮き彫りになるんですよね~。
もちろん水緒は自分の気持ちと、月白と向き合うんだけど、この時の常盤が素敵だった…。

というかここに来るまでちょいちょい常盤がいい感じに出て来ては、私の期待を上げてくるんですよねー(*´ω`)
月白も嫌いではないけど、色々と翻弄され過ぎて悶えるという事は無かったかな。


banner_180x150_02.jpg 

常盤はとにかくかっこいい。かっこよかったです!
ステキ!(≧∇≦)

この人の攻略をしようと共通部分から、何かと近づこうとしてみたんですけどね…(水緒が)
何と他√でも見た事がない程のブリザード対応でした(笑)
すんごい毛嫌いされているというか、もはやこの人私を好きになるんですか?と思う程、冷たかったー( ;∀;)

なんですけど、その中にも優しさを感じたりとかするんです。
気遣ってくれているんだろうか…とか、心配してくれているんだろうか…とか思えるようになってきて、厳しい言葉の裏にあるそういった感情を垣間見る事が出来ます。

そうするとある日起こるあの出来事‼
そうです。私の大好きな【ここのホットケーキは絶品だよな事件】です‼
詳しくは一応伏せますけど(笑)
いや、別にある日のイベントシーンなので伏せる必要もないんだけど、一応ね!一応。

このシーンで常盤の赤くなって照れている姿とか、恥ずかしいからすんごいボソボソ喋る感じとか、こんな所で心を開いてくれるんかい!と思いつつも、やっぱり可愛い一面とか(*´ω`)
そんでもって低い声でボソボソと詰まりながら言う例の台詞に、終始ずーっと(=∀=)ニヤニヤしながら眺めていました。ちなみにログからリピもしました(笑)
とにかく可愛かったです‼
あんなに厳しい物言いをしていた人が、こんな所で照れている姿を見たら可愛いと思いますよ!

しかもこの人ちょっと颯に負けず劣らず、ピュア…な訳じゃないんだろうけど、水緒を想う気持ちはピュアというか何というか…。
なので好きという気持ちを自覚した時とか、なかなか可愛かったり強引だったりとキャッキャ出来るシーンが多かったですね~!

そんでもって、常盤はわりと一番真実に近いシナリオになっているので、今までのキャラとは格段に面白さが異なっていたと思います。
この人は攻略キャラの中でも一番最後にプレイするべき人ですね。
幽世に迷い込んだ水緒の事とか、常盤の事とか色々な事がここの√には詰まっています。

だからこそ展開も面白かったし、恋愛もそこに絡んでいるので突き放そうとする常盤に嫌だー( ;∀;)となりながらプレイ出来たし、一番楽しんでいたんじゃないかと思います。

あと常盤の助手?の紅葉くんも可愛かったです。
彼の存在もここのあるEDの時に、ちょっと温かい気持ちにしてくれて可愛かった(*´ω`)

と色々喋りたいけど、口を滑らせそうなのでね(笑)
内容的にはカナリ単純明快なシナリオではあるけど、攻略をするごとに真実に近づくのは面白かったかなーと思います。

さて、数乱まで3日という所で逢魔終わってしまいました…。
明日は引き籠る予定なので、何か手を付けようかどうしようかなーと悩み中なんですけど(゜゜)
まだどうするか決めておりません…。

また何か手をつけたらここに喋りに来ます♪

ではでは、今日まで逢魔感想にお付き合い頂きまして、ありがとうございましたー(≧∇≦)ノシ


昨日早く寝たから今日は眠くない!
ガッツリ夜更かしする気満々のりな子に
応援ポチ↓お願いしまーす(∩´∀`)∩
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちはー‼

今日は雨ですね…( ;∀;)
これからお届け物を受け取ったら、出張の大荷物を持って…更に雨の日には履いてはいけないであろう靴で実家に帰らねばならないりな子ですΣ(゚д゚lll)

まずは昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援ポチやコメントも下さいましてありがとうございましたー(≧∇≦)
毎日更新の励みとさせて頂いておりますm(__)m

実は昨日帰ってきたのが0時を回って居りましてですね……。
お風呂に入ったり洗濯をしたりとか色々していたらどんどん時計の針は進み(笑)
ちょっとでもここに顔を出そうかなーと思ったんですけど、颯も終わっていないしとりあえずプレイするか~と進めていたら耐え切れずに寝てしまいました( ;∀;)

今日は相方の家に届く荷物を受け取ってほしいと言われいたので、出張の荷物もって帰らなきゃいけないし『午前中に指定して‼』と言い、今も大人しく待っているのですが…。
全然来ねぇ!ヽ(`ω´*)ノ彡
この雨の中帰るのは気が重いけど、早く帰って自分の家でダラダラゴロゴロしたいです。

しかしこの待ち時間を有効に使わねば!という事で、颯の√を終えましたので先に颯の感想だけ喋りますね~(≧∇≦)
お付き合い頂けたらと思います。

banner_180x150_01.jpg 

いやー私結構ほそやんブームが来ているかもしれない。
めいこいの桃介でだいぶキャーキャーしたと思うんですけど、今回の颯はまた全然違ったキャラでとにかくいちいちクソカワで大変でした。

颯が拗ねたり不機嫌になったり、拗ねたり拗ねたりする度に(-∀-)←こんな顔になりながらプレイをしておりましたよー。

そもそもですよ、颯とは幽世に来てすぐに出会うんですけどね。
颯は木魂という存在でいわば精霊なので、颯の発する言葉が誰かに届くことはないんですって。
なので鎮守学舎で過ごしてきた彼が、誰かと会話をしたり自分の考えを発言したりするという事が無かったという訳です。
言葉が届かないから相手は颯が何を言っているか分からないわけですしね…。
これってすごく寂しい事だと思うんですよね~。

でも初めて水緒が幽世に来て颯に出会った時に、水緒は颯の言葉を聞く事が出来ます。
それに驚いた颯は水緒をすぐに鎮守学舎に連れてき、自分の声が聞こえる事を宵宮教官に伝えてくれと言って、水緒が鎮守学舎に通う切っ掛けとなるんです。

颯にとって水緒という存在はとても貴重で、大きな存在となるんですよ!
だからなのかな…親を家事目て雛鳥のような現象が起きまして…(笑)
部屋から教室に向かう時に『水緒と一緒に行こうと思って待ってた…』とか、水緒にすんごい懐いている感じがものすっごく出ているんです。

それと、颯は今まで人と会話をするという事がなかったせいか、すんごく素直というか自分を偽る事を知らないんですよね。
とにかく思った事を全て言葉にするし、普通の人なら伝えはするけど自分の本当の気持ちとかそうゆう根っこの部分を隠したりするじゃないですか。
それを何も隠したりせずに、ありのままを伝える真っ直ぐな言葉なので毎度毎度キャー‼(≧∇≦)ってなるような事をサラッと行ってきます。
更には、嫉妬したり拗ねたりするのを隠しもしないので、そうゆう子供っぽさも素直故の行いなのでとにかく、いちいち…本当にいちいちめっっっさ可愛い…。

そこに、更にですよ!

今まで言葉を発しても相手との会話になっていないからか、何というか颯以外の人が普通に喋るみたいな感情の起伏があまりない喋り方をするんです。
なんですけど、その淡々とした喋り方で更に素直過ぎる位に気持ちを伝えてくるので、何というか何とも言えないんですよね(笑)
すごくニヤニヤする要素だったと思うんです(*゚ェ゚*)

だって寝てたら一緒に寝たいから勝手に部屋に入って来て、隣で寝ちゃうんですよ?
水緒が目覚めてテンパりながら『どうしてここにいるのか』とか『何で隣で寝ているのか』とか問いただすんですけどね。
颯は人の感覚とかそうゆうのは持ち合わせていないので『一緒に寝たかったから』ただそれだけなんですよね~( *´艸`)
あぁ可愛い…。←
この下心もなく普通に傍に居たいからという感じが、とにかく良かったですね。

シナリオの展開的には今までで一番、死魔が検討したのではないかと思います(笑)
まぁショボい事に変わりはないし、あまりにもあっさり解決するから幽世を脅かすというくだりは必要だったのか…?とすら思うんですけどね!
でも幽世の危機だ!→実は水緒には○○な力が…!→それをするには危険もあるけどこれしかない!→颯との強いきずなが生まれる ってな感じで、颯との絆が誰よりも強くなるという話しだと思えば、納得できる展開鴨と思いました。

そして、恋愛の展開なんですけど、最初から颯は水緒を特別に思っている節があるので、水緒を大切に想うという面では誰よりも強かったと思います。
だからこそこの人の√では、愛とか恋というよりも絆が先にくる感じがするし、それと同時に水緒に対して抱く恋心見たな物も描かれていて面白かったかなー!

常盤が間に入ってきた時はとにかくキャッキャしましたけどね( *´艸`)
花魁事件の一件で常盤に期待が高まったのは言う間でもありません…グフフ…。

颯√は幸せいっぱいって感じだったし、颯がどれほど水緒の事を大切に思っているか…というのが改めて分かる、切ない出来事なんかもありますけど、明らかに前半二人よりは力の入り方が違うシナリオ展開だったと思います(笑)

次は月白なので、ここから思う存分楽しめそうだなーと思います(∩´∀`)∩
ではでは、このままプレイ再開してきます‼
また喋りに来るかもですが、その時はお付き合い下さーい(*‘∀‘)

最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました♪


荷物が来ないヽ(`Д´)ノと言ったら
『ごめん…9時-14時だった…』と言われ
もはや諦めたりな子に応援ポチお願い致します(:_;)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは|д゚)

宵宮教官をプレイしていたらこんな時間になってしまいました…。

まずは昨日の感想にお付き合い頂きまして、拍手や応援ポチやコメントも下さいましてありがとうございました♪
本日もとても励みとさせて頂いております!

今日はご飯を食べに行って帰って来て、そこから明日はチェックアウトなので荷物をまとまてりしていました。
んでやっとこさ宵宮教官のプレイを開始し、先ほどやっと終わりました~!

という事で今日は宵宮教官の感想です♪
実は奏太とはまた違った展開で、ある事実も分かったりしたのでなかなか面白かったんですよー(≧∇≦)

banner_180x150_04.jpg 

宵宮は主人公がお世話?になる鎮守学舎の教官です。
先生って感じの立場ではあるんですけど、学校の先生とはまた違った立ち位置なので先生×生徒の禁断の…って感じではない(笑)

普段から優しく真面目な宵宮教官なんですけど、ちょいちょい気になる陰りみたいなものを見せてきます。
この人は人間なので、奏太と同じで人だけど幽世に来てしまった存在なのです。

ただ、奏太とは違う部分もあるし、そこに彼の時折見せる陰りというのも関係してくるんですよね~。
共通部分ではうまい事その陰りを見せつつ、でも隠し通す。そして主人公との距離も縮めてきたかなぁ?と思うとサッと離れるという…大人スキルの持ち主でした。

共通の章では若干思わせぶりな感じもしなくはないけど、嫌悪感を抱くようなものでもないし、男として意識させる程度のものでした。
個別に入ると彼の本心というか、抱えている思い?みたいなものが見え隠れするようになって、弱い部分も見抜かれてついつい出してしまう…といった所がちょびっとだけ可愛かった。

私的には教官萌えは無かったんですけど、この人スチルになると大人の色気なるものが漂っているんですよねー。
これはさすが…としか言いようがないスキルだと思うんですけど(笑)
あの眼鏡と無造作に垂れ下がり顔に掛かる前髪とか…なんかとっても色気を感じました…。

シナリオ的には流れは奏太と同じです。
幽世に何かが起きている…となって、夜警をしつつその“何か”に違和感を持ちながら過ごしていると、ある事件が起きます。
その事件を解決するために、どうしたら誰も傷つけずに済むか模索しながら、攻略キャラが覚醒する~みたいな。
まぁその間に現世に帰りたい主人公の気持ちの揺らぎとか、相手キャラの過去とか色々とあるんですけど、そこは端折ります(笑)

なんですけど、その中に織り込まれている話しが何だか思いもよらない所で入り込んできたので、凄く面白かった!と感じました。
しかも何だかちょっと感動さえしました。

その反面…。
死魔がね、予測不能の事態に何チャラって言った台詞があったんだけど、ついつい『悪役なのに予測不能の事態に対処出来ないんか‼』と言ってしまいましたよ( ;∀;)
もっと頭の切れるザ・悪役みたいなのが大好きな私なので、もはや小者どころじゃなく雑魚キャラなのでは…と思ってしまいましたね(笑)

でもまぁこの死魔がいたお陰で、今回のシナリオ内で面白いと思える出来事が起こった訳ですから、感謝はしております(*´ω`)
あの人とあの人の絆というのが強くなった瞬間だったなと思います!

それに加えて、宵宮の過去の出来事を絡めながらも、彼が主人公に心を開いていく感じがなかなか良かったなーと。
奏太の時は彼が何をしたいのか…とちょっと疑問に思う部分も多かったんですけど、宵宮教官はその辺の疑問もなく割とスムーズに恋に発展したと思いますし。

明らかに昨日よりは楽しめたと思います。
どうでもいいけど、私も子狐の式神欲しいー(≧∇≦)
全然イラストとか出てないけど、月白の式が主人公の所に来るシーンがあるんですけどね!
子狐の式神が走って抱き着いてくるんですよ‼
モフっってなるんですよ!モフっって‼しかも絶対可愛いと思うの‼(*´Д`)
『あぁ~いいなぁ~(*´Д`)私も式神欲しいな~』とボソッと呟いた瞬間でした。

あと最後の方の宵宮教官が『名前で呼んでほしい…』というシーンね!
名前は何て言うんですか?と聞いて、名前を言った時に『ふ…普通…(笑)』と笑ってしまった事はここだけの秘密です(=∀=)

と、少しずつではありますが初回よりちょっと面白くなってきました~!w
お次は明日の帰りの車の中で進めようかと思います( `ー´)ノ

今日もとりあえず早めに就寝したいと思います~♪
あ、そうそうこの場を借りて一つご報告を…。

実は数日前から夢100起動中に落ちるようになりまして…・
ここ何日か入っておりません( ;∀;)
直れば行きたいんですけど、原因が分からないのでとりあえずお休み中ですm(__)m
フレンド新しく作りた―い!でもいっぱい…という場合容赦なく切り捨てて大丈夫なので(笑)
スマホのアップロードが原因なのかな~?
何だろう…(;'∀')

ではでは、短いですが…本日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございましたー(*´ω`)ノシ


着た時よりも帰る時の方が
荷物が多い気がするりな子に
応援ポチお願い致します…( ;∀;)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはー(^∇^)ノ

まずは昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援ポチ、コメントも下さいましてありがとうございましたー♪
本日もとーっても励みとさせて頂いております(≧∇≦)

やっと…やっとの思いで逢魔の初回終わらせてきましたー♪
今日は初回の感想と奏太の感想といきたいと思います‼
ちなみに私の素直な感じたままの感想を言いますけど、周回してまた変わるかもしれませんので…一応その事だけ伝えておきますm(__)m

twitter_header_01.jpg

まずはシナリオをサラッといきますと…。

主人公はちょっと内向的な高校生なんですが 、おばあちゃんに教えられた事が彼女に影響しているというのもあり、今時の女子高生にしては心の優しすぎる子で古風って感じですかね。

そんな彼女が憧れの先輩(ほそやんですw)と帰宅し、先輩と別れた後に突如として…神隠しにあってしまいます。
気が付くと見た事もない場所にいて、見た事もない人間とは違う生き物を目の当たりにします。
そこは“幽世”とよばれる場所で、妖などが存在する所…。

人の姿をしているものもいれば、全く違う姿をしているものもいるんだそうです|д゚)
そして序盤にも様々な人に出会うんですが、ある人との出会いがきっかけでこの幽世で生きて行く為に、幽世という世界の秩序を守る鎮守学舎という学校のような所に入る事になります。

この鎮守学舎では夜警という、幽世の中で和を乱す妖怪を見つけてそれを正す…というか狩る?んですけど、その夜警を通して様々な妖に出会い、共に学舎で仲間と過ごし彼女自身が変化していく…って感じかな。
その中で恋愛もしますみたいな‼

あ、この人すごく適当だなって思いましたね?
そんな風にしたつもりはないんですけど、何というかですね…初回の奏太があまりにも私に刺さらなくて…文章を読むのに疲れてしまいまして(;'∀')

共通が9章あって、その後個別で個別は6章目で終わりなのかな…?
全体的に章だけ見ると多っ‼って思うんですけど、実際章ごとは短いので前回の薔薇ヴェリに比べれば全然長くないと思うんです。
ただ、うまく言えないんだけど何か入り込めないんですよ…文章が(笑)

この前にプレイしていた薔薇ヴェリは、文字も多いボリュームも凄い小難しい話も多い…
でも飽きずに全て読んでいたし、長くて疲れたー‼ってなってはいたけど、読んでいる途中で疲れた…とかは無かったんですよ。
というかむしろ今まで乙女ゲーやってて、文章読むの疲れるから飽きてきたってほぼ無かったんです。
しいて言うならまほごしゅ…?(笑)
でもあれも最終的にはまぁ面白かったなーって思えるんですけど。

今回も多分プレイしていく中で常盤とか、楓になったら面白かったー‼ってなると思うんですけど、何というか凄く展開が平面な感じ。
どんでん返しみたいなのがある訳でもないし、驚き展開がある訳でもないし…先の読める展開がそのまま絵が描かれている感じがしました( ;∀;)

でもね、共通部分とかでね‼
ほそやんの颯とかめっちゃ可愛いんですよ‼
常盤とかも主人公と同じ学舎のキャラじゃないので、明らかに最初はブリザードだけどある事をきっかけに認めてくれてから、初めて名前を呼んでくれるシーンとかあるんですけどね(≧∇≦)
私の名前は水緒じゃないけど、なんかキャッキャしました(笑)
でも残念ながらデフォ呼びないので、すんごーーーーーーーーくガッカリしました(´・ω・`)

これから発売するゲームは全てにデフォ呼びする機能をつけて欲しいです‼
他の名前が良いよいう人もいるだろうから、そこは選べるようにして貰って…。
もう常盤が名前を初めて呼ぶシーンとか結構重要だと思うんですよね!壮馬くんのあの声で『水緒』ですから。
残念すぎて何度悲しいと思った事か( ;∀;)

間が空きすぎてプレイ時間がよくわからないんですけど、個別に入ってからは3時間とかで終わったと思います!
なので、二周目以降は共通部分飛ばせるし、サクサク終わりそうです♪

早送り機能はめっちゃ早かったしシーンバックも出来るし、セーブの時もサクッと画面切り替わるしで、システム的には良いと思いますね~!
ただセーブとかログを出すのが、ちょっと今までとは違うのですごく使いにくかった…。
ここんとこオトメイト率高かったせいか、あの感じになれているというのもるんでしょうけど、最後まで覚えられずに無駄な画面を出しまくっておりました(笑)

スチルは結構綺麗なんです!でも…主人公の横顔のスチルが本当に驚いたんですけど…‼
攻略キャラのメンズはかっこよいのに、一緒に描かれている主人公の横顔があまりにもぶさいkゴフッ…。
いや、乙女ゲーの主人公に対して失礼というのは承知なんですけど、私主人公の顔とかマジマジと見てなかったんですよ。
でもちょこちょこ出てくる時には可愛らしい感じのイメージでいたので、横顔のスチルを見た時に『えっ‼相手こんなに綺麗なのになんだこのちんちくりんは‼』と思ったわけです。

やっぱり主人公込みでのスチルならば、特別美人とかでなくとも何かこう色々あるじゃないですか!
個人的にはやっぱり可愛い方が好みなんですけどね。
でもあの感じはちょっと吃驚して、すぐお友達さんに叫びましたよ( ;∀;)
なんですけど、その後のスチルでは何ら問題はなくって感じだったんですよね。
横顔が苦手だったのかな…?

とにかくここのシーンは台詞が右から左で、あの横顔に釘付けだったことは言うまでもありません(笑)

恋愛面なんですけど、もともと学舎に主人公が来た時点で皆さん好意的なので、多分いきなり感はないんじゃないかなーと思います。
奏太の場合は若干特殊な感じでしたけど、これは個別感想で喋りますが(笑)
常盤の場合も共通の部分で、打ち解けて来たかな…?という関係まで行くので、個別に入っても問題なさそう…というか楽しそうと思いました(*´ω`)

とにかくキャストさんが最近お聞きしていたお声が多いので、それだけで楽しめる部分はあります。
だけど激しく萌えたか…と言われると、まだ初回では颯が可愛いー(≧∇≦)常盤が気になるー(≧∇≦)くらいだったかな…と。
彼らの√に期待しようと思います。

ではでは、私のお目目も限界となりそうなので、奏太の感想にいきます( `ー´)ノ

banner_180x150_03.jpg 

奏太は人間です!
主人公の通う学舎には妖もいれば人間もいるんだとか。
でも人間の方が少ないので、奏太は割と最初から“同じ人間同士”という事ですごく好意的な感じで接してくれますし、色々と面倒を見てくれております。

見た目チャラしムードメーカーっぽいけど、そんな事ないんだ~‼
と、思って進めてたら…何か知らんが壁ドンされたりとか、『付き合わない?』とか言い出したりして来て主人公以上に『え?え?え?』でした(笑)

結果彼はおちゃらけながらも、軽い一面を持っていたという事なんでしょうかね!w

私石川さんは忍恋の半蔵様のような感じが好きなので、こう明るくてムードメーカーなキャラは専門外なんですよね( ;∀;)
でもすごくいい人なんですよ?ちゃんとこの人にも色々あったし、主人公のお陰で気付く事が出来て一回りも二回りも成長するし!

なんですけど…。
なんというか壁ドンとか奏太がちょっとグイグイくる感じに、若干違和感があったんですよ。
うまく言えないんですけど、私の中で奏太というキャラが定着する前に色々な事をぶち込まれた感じと言いますか…。
すごく伝わりにくくてすみません。

私の中で奏太というキャラが定まらなかったと言えばいいのかな?
なので彼が思いきった行動をするたびに、モヤっとしてしまいました(笑)

でも恋愛として進んでいく過程は嫌いではない感じなんです!
最初こそ同じ人間という理由で「付き合おう」とか軽く言っていた奏太なんですけど、実は幽世にいる事は彼自身が望んでしていた事だったり、現世でも困る事はなかったけどどうして幽世にいるのか…という部分い触れていくと、彼にも色々あったりするんですよね。

なのでその気持ちも踏まえて主人公に少しずつ惹かれていっている感じとか、お互いに距離を縮めていくのは良かったんです!
でも主人公が良いな…と思っているのは分かったけど、いつからそんなに好きになっていたのかはちょっと謎でした。

それとここでやっとあのお楽しみにしていた悪役が出てきたんですけど、小者って感じでガッカリ(笑)
いや、ガッカリというかそもそも手下的な感じだったし、彼自身に狂気とかそうゆうのを感じない存在というか…。
なので全然期待した感じではなく、ただの悪者でした(*´Д`)残念…

ちなみにEDはベストEDとGOOD EDを取ればIf storyが解放になりました。
BADは3種類?位いあったと思うんですけど、一応全部回収したけどトロフィーに関係したのは最初の一つ目だけだったかな。
なので取らなくても良さそうな気もします…。

ベストもGOODもどちらも幸せではあるけど、その幸せの形はまた違った感じでしたね(*´ω`)
BADは個人的に好みのBADは今の所無かったです…。

とまぁ、初回感想なのに私のうーん…と思う所ばかりになってしまって申し訳ないですm(__)m
初回ではとにかく何度も言いますが常盤と颯にキャッキャした感じとなってしまいましたが…次は宵宮教官へといきたいと思います!

ちなみに宵宮教官は五月雨とかいう剣を使ってて、ちょっとかっこ良いです。
剣を持っている時が(笑)
もう眠たいので今日は寝ますが、また明日教官が終わり次第喋りに来まーす♪

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございましたー(≧∇≦)ノシ


今日は何だかこれでもかッ!って位い
食べ物を食べた気がするりな子に…( ;∀;)
応援ポチお願い致します(つд⊂)エーン
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言