FC2ブログ


皆さまこんばんはです~(*´ω`)ノシ

今日は一日中朝から必死こいて絶対階級をプレイしてきたりな子です!
夕方にはなんとか全真相をプレイし終えて、明日からは対アリ始められそうかな~という所です♪

まずは昨日の独り言にお付き合い頂きまして、拍手や応援ポチやコメントも下さいましてありがとございました!
毎日とーっても励みとさせて頂いております('◇')ゞ

さてさて、今日は早速本題へと行こうと思いますが…。
絶対階級学園のフルコン感想でございます!

kaikyugakuen_title.jpg 

まずはちまちまと進めていたせいで時間がかかってしまいましたが、無事にコンプすることが出来ました~♪
お疲れさま私!(笑)

初回の感想でもお話ししたんですけど、ちょこーっとややこしいというか薔薇&石ころ√に加えて真相√があるので、ボリュームがもりもりに感じる内容でした!
ちなみに薔薇&石ころ√を全員分終わらせると、NEW GAMEを選んだ後に上部に『はじめから』というのが出て、その下に各キャラのアイコンが出てきて真相√に入れるようになっていたんですけど、実際は全員の石ころ√を終えると真相が選べるんだとか…。

私は後半薔薇√→石ころ√とやっていたので、終わるまで出てこなかったんですね。

真相ではレイは初回から攻略はできませんが、誰か一人でも攻略すると2周目以降レイも選択できるようになっていました~。

で、結局私は気になるのがレイ様だったので最後に残し…( ;∀;)
色々悩んだのですが、薔薇&石ころの時に終わり方が気になった壱波から始めて、ちょっと怖いから先に終わらせたくて次にハル、その次からは気になるキャラのオンパレードで十矢・陸・レイ様とプレイしてきました!

レイ様は確実に最後にした方が面白いですね。
(以下より私の素直な感想を喋りますので、絶対階級学園を愛している人はここで閉じるか、お付き合い頂ける方は仏の心でお願いします。m(__)m)

というのも、陸までのキャラは彼らに関する部分以外は同じ流れなんです。
ずっと気になっていた謎に対して立ち向かうのとか、それを解決していくのとか…そこで起こる事件とか諸々がスキップ出来ないのがもどかしいくらいに一緒。

なので途中で飽kゲフッ。失礼しました、ちょっと睡魔が襲ってきたりとかしちゃったんですけど、何というか使いまわしシーンが大半というか…。
そして大事な真相はもはや○○の変態ぶりの光る茶番です(笑)

ネリに関しての事とかが分かるシーンでは引き込まれたりもするし、様々な事がここで繋がってくると面白い!と思うんですけど、流れは全体的に同じですし更にはこのようなことをしでかした理由が何だか『えっ!?』と思ってしまった私。
多分ここって一番大事な所だから、それを受け入れられないというか…そこにう~ん…と思ってしまった時点であかん奴やと思うんですね。

でもですよ、でも‼
レイ様√はさすがは最後の攻略推奨なだけあって、全く別な感じで進むし何よりも結構驚きな真相がここで用意されていたので一気に楽しくなりました!
まさかまさかの真実でしたけど…。

こんなの初めてじゃないかと思うんですけど、個人的には絶対階級学園凄く面白かった!とは言い難い感想となってしまいそうです( ;∀;)
キャラ達は素敵だったし、レイ様大好きだし彼の√も面白かったと思えているし…薔薇&石ころ√での展開の違いとかも楽しかったんですけど…。
やはり真相に入った途端に殆どが同じ流れだったのと、あのお方の所業とか云々が私的には盛り上がりに欠ける感じでした…。

でもBAD EDが作り込まれている所とか、結構むごいというか主人公が闇に堕ちる感じとかもあってそうゆう所は好きです。
攻略対象がネリを思うが故に壊れるというのもあるし、展開的には結構豊富で面白かったなぁと思うんですよね!

それに、ずーっと気になっていた女王もやっぱりか…と思うんですけど、彼女も彼女でまた他のキャラ達同様に愛故に…というのとか、そうゆう人の感覚を狂わせる感情というのが結構人間臭く描かれているのは面白かったです。
あのお方から始まり皆が(攻略対象やネリは主に薔薇√とかBADだけど)愛故に狂う感じとかがなかなか。
そうゆう人の綺麗なだけではない感情というか、そういった部分が影を落とす感じではあるんですけど、逆にネリという存在で皆の考え方や気持ちというのが変化していくというのも描かれていましたし、その辺りは面白かったです。

何が言いたいのか分からんくなってきましたが、とにかく自分の中ではうーん…と思ってしまった部分があるという事です!

そして好きなキャラランキングはこんな感じになりました♪

1 鷺ノ宮レイ
2 七瀬十矢
3 鷹嶺陸
4 加地壱波
5 五十嵐ハル

ってな感じです。
まずはレイ様ですけど、これはも良平さんのお声とレイ様というキャラに万歳ですね!
マジで素敵( *´艸`)
ちなみに私はピーの方が好きですが、色々乗り越えた後のレイ様何か素晴らしいと思います。
大人なように見えて実は子供っぽくて、嫉妬深い姿なんて最高(^◇^)

お次は十矢です。
真相までは陸さんの方が上だったんですけど、最終的には十矢が勝ちました(笑)
とにかくかっこ良い!そして何故かたまに強引な所の声が妙にセクシーに感じるのは何なんだ!(笑)
男気溢れる十矢がとにかく素敵でした♪

そして陸さん(笑)
いや、笑う所じゃないんですけど…何だか笑ってしまうんですよね(*´ω`)
とにかく陸さんは可愛い!
あんなあだ名で呼ばれているのも納得ですが、このお方もただのおバカではない!(笑)

次は壱波なんですけど、この子は結構何というかふり幅の大きい性格というかなんというか。
でもだからこその彼の変化というのが一番よく分かったし、弱い部分を見せてくる壱波というのも私は結構好きでした。

で、ハルくん。
本当に可愛い子なんですよ…頭洗ってのシーンはいまだに好きです。
でも個人的には可愛い止まりだったという所ですかね。

各キャラの真相ではそれぞれのキャラにちなんだ事実というのが分かってくるんですけど、ちょっと感動的なシーンなんかもありました。
一度乗り越えてきたけど、ここでまた大きな壁が立ちはだかるって感じの展開で、そこで折れそうになる心をネリが支えるって感じ!

あ、あとどうでもいいけど壱波√に出てくる荒井先生とか、宗教団体の教祖様とか本物のゲス野郎とかもいるので(笑)
プレイしながら『うげっ』と言いながら笑ってしまいました。
まぁどんな人かは是非本編で確認してください(笑)

という事で!
人には好みがありますので、今回のはりな子さんにはハマらなかったんだなと思ってもらえたらと思います(笑)
明日はCD取り込んだりとか夢100やったりしながら、出来たら対アリを開始したいと思います♪

今日まで絶対階級学園の感想にお付き合い下さいましてありがとうございました!m(__)m


今まで何度も聞いてきたのに
今更良平さんの低音が素敵だと思ったりな子に
応援ポチお願い致します♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはー((∩^Д^∩))

今日はやっとこさレイ様の石ころも終えてテンションの高めなりな子でーす!
まずは、昨日の雑談と叫びにお付き合い下さいましてありがとうございましたー♪
拍手や応援ポチやコメントも頂き、とても励みとなっております('◇')ゞ

コドリアのムービー!
もうあれを見たら早くプレイしたい~‼という気持ちだけが溢れてきますね~。
だって何かやっぱりすんごく幸せそうなんですもん( ;∀;)
あぁ早く発売しないかなぁ~( *´艸`)

そして!絶対階級学園ですが…
やっとこさ真相前の全√を終えてきましたよ!
今日は最後であるレイ様の感想なんですけど、今まで眠くなってしまったり…同じシーンなのに早送りできない事から○ボタン連打したりと色々ありましたが(笑)

良平さぁぁぁぁぁ~ん‼(〃ノωノ)
素敵でした…レイ様やっぱり色々ありましてとても楽しかったです(笑)

icon_rei.jpg 

レイ様は学園でも陸と共に特別な薔薇として、一目置かれている存在なんです。
白薔薇様と呼ばれ多くの女子から慕われているんですけど、常に落ち着いていて優しく儚げ(?)感じがまた素敵なお方。

陸とはまた違った大人っぽい雰囲気の方です。

まずは陸同様に薔薇も石ころも安定の展開で、どちらかというと周りの生徒のアレコレでハートが砕かれることはありませんでしたね!
流れ的には陸と似ているので、薔薇だと恋愛色強めで皆に一目置かれるレイ様に釣り合うようになりたい、ならなければと思う気持ちがネリを壊していく…というか追い込んでいくという感じの展開。

この時のネリの気持ちも凄く分かるんですけど、自分の気持ちで自分の首を絞めていく感じがなんかこう…もどかしいというか、可哀想なんだけどその気持ちもわかるというかうまく言えないけどモヤモヤ・ハラハラするという感じでした。

でもベストEDの方ではネリらしく、レイ様と進んでいく感じが良かったと思います。

そしてBADの方はね~私結構好きですよ。
レイ様が意外な執着というか心の闇?じゃないんだけど、それっぽいのを出しているEDなのでなかなかオイシイEDでした。

で、肝心の石ころなんですけど、わりと全体の確信にも迫るような内容になっていたと思います。
だけど勿論ここで全てが分かるわけではないんですけど、まぁ主にこの√ではレイ様に対しての謎が明らかになると言った方がいいかも。
今まで出てきた謎の事に加えて、レイ様の事がここで少しずつ分かってくるという形です。

しかもこの石ころ√は薔薇とは違って、好きだという気持ちはお互いに持っているはずなのになかなか進まないもどかしい感じで乙女ゲーっぽさがありました(笑)
嫉妬したり、気持ちか近づいたと思ったら離れたり突き放したりとか!

レイ様も素敵なんですけど私はあの人が好きなんですよね。
ベストEDは気持ちが通じ合ってめでたしめでたしなんですけど、個人的にはこの石ころって恋愛が云々よりも真相に近づく事の方が重要に思えます。
ネリも彼女らしいとにかく真っ直ぐな感じで良いんですけど、レイ様√の最後のネリは何だか絵にかいたような“良い子”って感じがすごくしました。

それが悪いとかではないんですけど、皆がすんごく人間臭いのに石ころ√のネリはどこでも真っ白・まっさら・純真・真っ直ぐとかそうゆうのだけが詰まっている感じなんですよね。
まぁ皆の“光”となるにはそうなるんでしょうけど、それが何か違和感というかなんというか…。

ちなみにBADは実はものすっごい期待していたんですけど、ちょっと違う感じになってしまったのでガックシしたことは言うまでもありません。
私が何を期待したのかは、レイ様√をプレイしたら分かると思うんですけどね…。

これが真相でどうなるのか楽しみです(*´ω`)

で、攻略順なんですけど…。
レイ様は確実に一番最後にしようと思うので、ここまでの終わり方等で気になるキャラを先にプレイしようと思っております。

好きなキャラからでも良いかもというアドバイスを頂いたのですが、結局気になるのはレイ様…。
さすがに特攻する勇気はりませんので(笑)
無難にというか終わり方が気になった壱波からいこうと思います('◇')ゞ

明日はガルスタも発売なので、仕事の休憩中に本屋さんまでひとっ走りしてこようと思っておりますので!
また読んだら叫びに来ますが、恐らく真相感想は明後日とかになるのかな?

どんな感じで私が登場するのかお楽しみに~♪

ではでは、本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました( *´艸`)


暑い~暑いのじゃー‼
今日は溶けそうだ…と思い本格的な夏が
怖くなったりな子に応援ポチお願い致します!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはー('◇')ゞ

今日はちょこっと感想の前に雑談しようと思います!

まずは昨日の感想にお付き合い頂きまして、拍手や応援ポチやコメントも下さいましてありがとうございました~!
本日もとても励みとさせて頂いております♪

まずはすんごいすんごーいどうでもいい話なんですけど、昨日母の買い物に付き合ってちょっと出かけてたんですけどね。
うちの母ってば、おばはんなのにボディーケアとかヘアケアの良い匂いのするものが大好きなんですよ。

彼女曰く「ババ臭いからちゃんとしないと!」らしいんですけど…(笑)
まぁそれでそういった物を見たいというのでブラブラと見ていたんですけど、私が使っている香水のボディミルク(?)がお気に入りなので、それを買いに行きたいと言うのでお店に向かいました。
で、そのシリーズが見当たらないので店員さんに聞いたらば…。

「そちらのシリーズのその香りは廃盤が決定いたしまして…」

えぇぇぇぇぇぇ!Σ( ̄ロ ̄lll)

母よりも私の方が衝撃を受けてしまった一言でした…(´Д⊂ヽ
店員さんが言うには日本では人気が高かったけど、海外ではそこまでだったらしく…世界的に見て多数決を取ったらそのシリーズの中でそれだけ廃盤になる事が決定したとか。
今でも発注はかけているけど、いつなくなるか分からないんですってー( ;∀;)

世界的とかどうでもいいから作り続けてくれ!と思ったのは心の中にしまっておきます…。

なのでとりあえず店にあった2本を買い占めてきた私(笑)
ちなみに母のボディミルクはございませんでした!
すんごいションボリした出来事だったので、吐き出させて貰いましたm(__)m

気に入っているものが廃盤って結構あるんですけど、まぁ言うならば人気がないものを気に入っているという事ですよね(笑)

さてここからはゲームについての雑談でーす♪
悠久のティアブレイドのプロモーションムービーが出てたのを知らなくて、見てきたんですけど…キャラの声付きでテンション上がりました~(^◇^)



あんなに買うか迷ってたけど、結局こうやって情報出てくると楽しみで仕方ないですね(笑)
しかも松岡さんのキャラが叫んでいるを聞いただけで泣けそう…と勝手に妄想した私です( ´∀` )ハハハ

安心してみてたけど一番最後めっちゃ気になる終わり方してるんで、ドキッとしました。

しかし9月のオトメイトの発売タイトル大丈夫なんですか(笑)
何やら薔薇ヴェリも発売日が変更になったとか…これを思うと他の発売日もずれ込むんですかねー?
とりあえず私はこれ以上9月にもう増えなきゃ良いですけど(;'∀')

それとセブスカにちょこっと覗きに行って、すぐ閉じようとしたら兄貴のサンプルボイスがあったから聞いてみたんですけどね!
ボイス2のNEWってなってる方聞いたら…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
お暇な時に聞いてみてください(笑)

セブスカがより楽しみになるか、それとも不安になるか…( *´艸`)ムフ

と、お喋りはこの辺にしておきまして…。
遂にこれからレイ様√へと突入してこようと思っているんですけど、まず今回は陸とハルのちょこっと感想を!

ここからレイ様プレイしたら真相になるので、サクッといきまーす(^◇^)ノシ

icon_riku.jpg 

この人とにかく傲慢な金持ちのボンボン(おバカ)というのがぴーったりな人なんですけど、他√ではたまーにイラッとしてしまったんですがね~。
すんごく分かりやすい可愛いやつでした(笑)

私この陸の薔薇√結構好きなんですけど、基本的に陸の√は石ころも薔薇も心穏やかに安心して進められる感じでした。
まずは薔薇の感想からいきたいと思うんですけど、主人公が薔薇になった事で周りの目を気にする事無く構えるようになるからなのか、とても嬉しそうにします。

今までの√同様にわりと恋愛色強めのシナリオではあるんですけど、主人公が薔薇に染まっていくだの内容ではなく、薔薇に染まりつつも陸という存在で感覚が狂っていくというのかな。
陸も陸でネリという存在で狂っていきます。
だけど、これではいけないと思ったネリが陸の為に…と、とった行動が個人的にはなかなか面白かったです!
これはこれで怖い女だ…とは思うけど、なんかある意味では陸とお似合いのカップルだったかなと。

ちょっと新鮮な感じだったので、ここのEDは結構お気に入りです!
それとBADの分岐の仕方も、陸のこの素直過ぎる性格のせいで迎えるEDという感じでした~。

石ころの方は、これまた相手が薔薇階級だからこその展開となっているんですけど、陸とネリらしい純粋で真っ直ぐな恋愛という感じですんごく良かったー!
そしていちいち陸が面白かったです…アホな所も可愛いと思えてしまう不思議。
破廉恥なっ!とか言い出したり、すぐに赤くなったりととにかく可愛いやつなんですよ~。

そして石ころの方での真相に近づく部分では、前の攻略キャラよりもちょっと前進した感じですね。
と言ってもここでも解決するわけではないので、気になっていた事が一つ明らかになったくらいなもんです。

あんなに辛辣な物言いに他人さまの√では、何だコイツは…と思っていたんですけど、石ころのEDでの陸は何だかすんごくかっこ良くて王子様って感じでしたね。

で、どうでもいいんですけど玖珂兄妹というどうしようもない卑怯な兄妹が出てくるんですけどね、私あの兄の方のビジュアル嫌いじゃないんですよね!(笑)
あ、でもキャラとかは無理ですよ。
さすがにあの感じはゲス(誉め言葉として)とも呼べないような連中なので、好きではないんですけど雰囲気だけ(笑)

ではお次はハルくんです!

icon_haru.jpg 

ハルくんとっても大人しい子ですし、まぁ石川さんだし楽しみだなーくらいだったんですけど…。
だったんですけど!!
石ころ√のハルくんがなんか思ったよりも、自然なのに積極的な感じで楽しかったです。

薔薇の方は薔薇と石ころという差があるから、ちょっと雲行きが怪しくなるんですけど…
お互い好きとかそういった恋愛感情でどうのこうのという流れではないです。
もっとそれより前の、階級の事があるからこじれていくって感じで、心に悪い展開でした(笑)

で、石ころの方なんではわりと少しずつ真相に近づいてきたぞーって感じの流れになります。
そういえば塀の事すっかり忘れてたけど…やっぱり何か関係あるのかーとか、ハルくんが苦しめられている悪夢は何なのかとか。
途中ちょいちょい眠くなりながら進めていたんですけど、素っ気ないけど多分一番心を開いてくれているであろう感じがもう~可愛くて可愛くて!

全然気になるキャラに入れてなかったから、一人でムフッ…って笑いながら進めちゃいましたね。

ちなみに一番好きなのはハルくんがお風呂に入っている時の…
「たった今自分で洗えなくなったから洗って」というシーンです( *´艸`)
あ~可愛かった~(〃ノωノ)

何だか年下で大人しいキャラ風な割には、結構グイッとくる感じですし…それがなんか自然な感じでスムーズに受け入れてしまうというか。
違和感なくネリと一緒にいるのが普通に見えましたし、ネリもネリで他の√に比べると結構好きでした。

というのも今までって石ころに落ちた事で、他の友達にひどい扱いをされても信じ続けるんですけど…ここでは早々に諦めようと腹をくくるんですよ。
それで前を向いて進んで行くという感じだったので、良かったな~と思いました。

で、最後にこれからレイ様に行ってこようと思います!
昨日ちょこっと真相の攻略順についてアドバイスを頂いたんですけど、それを踏まえてレイ様√終了したらどの順番で行くか考えてみようと思います~♪

ではでは、最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!


昨日夜更かししすぎて気づいたら
外が明るくなっていたりな子に応援ポチ
お願いいたします( *´艸`)ヘヘヘ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは(*´ω`)ノシ

ちょこっと慌ただしい日を過ごしてお疲れモードなりな子です。
普段引きこもっているとちょっとアクティブに休日を過ごしただけで疲れる自分…外は暑いし暑いし暑いし…。
夏を乗り越えられるのか今から不安です(^∇^)笑

まずは昨日の絶対階級学園のちょこっと感想にお付き合い頂きまして、拍手や応援ポチやコメントを下さいましてありがとうございましたー!
毎日とーっても励みとさせて頂いておりますm(__)m

とりあえず絶対階級の方は2人目の壱波まで終わらせてきました♪
で、ちょっとややこしいんですけど…このままではまえぬとカッキーの感想をどんどん上塗りされて忘れてしまいそうなので、石ころ&薔薇の感想だけ書いていこうと思います!

最後に真相についての感想も書こうと思うのですが…ちょっとややこしいかなぁ~?とも思ったんですけど、私記憶力に自信がありませんので(笑)
お付き合い頂けたらなと思います。

まずは今回の攻略順なんですけど、十矢→壱波→陸→ハル→レイで薔薇・石ころを終えた後に、壱波→ハル→十矢→陸→レイの順で真相をプレイしたいと思います。
ちょこっと調べたらこのお勧めがあったので、それに従ってみようかな~と思い十矢からスタートしております。

で、おさらいなんですけど…。
攻略対象は上記の5人で、それぞれに石ころ・薔薇・真相と3つの√が用意されています。
まだ真相の方には手を付けていないので、石ころと薔薇しかやっていないんですけど…。
石ころは主人公のネリのそのままの性格が反映されていて、ネリという人物によって攻略対象たちの心が動かされていくという印象を持ちました。

反対に薔薇ではネリが薔薇らしくならなければという事に囚われ、薔薇階級という色に染まっていく中で攻略対象とどうなっていくのか…って感じなんですけど、ここの√はなかなか何と言えばいいのか(笑)
私たいていの事は結構平気なんですけど、月影のモブとか全然気にならなかったんですけどね~…。
薔薇らしくなろう、仲間外れにならないように一人にならないようにと無理しながらも変わっていってしまうネリがなんだか悲しいというかなんというか…。
うまく言葉にできないんですけど、重たい気持ちになります(笑)

それと自分の周りにいた人たちの階級によっての変化というのも、かなり露骨なので人が一人に恐れる気持ちとか長いものに巻かれるというか何というか…。
まぁ手のひら返したように変わってしまう周りの人物というのもまた、悲しい所がありますね~。

とまぁそんな色々な出来事がネリに降りかかりながらも、彼女は辛くても乗り越えるか、周りに合わせて変化するかで恋の行方も変わっていくという感じです。

そしてその攻略対象によって、薔薇と石ころの恋愛も変わるので結構面白いです。
どちらかというと、真相に近づこうとしているのが石ころ√という形で、薔薇の方は恋愛色が強くなっているかなと思います。
ではでは、十矢と壱波の感想をちょこっと喋っちゃおうと思いま~す(*´ω`)

まずは十矢からです。

icon_toya.jpg 

昨日も話したんですけど彼はレジスタンスといって、学園の掟に異議を唱えているお方。
そして階級は元薔薇の現在石ころ階級です。

石ころの方では階級を降格させられたネリを心配し、常に気をかけてくれてとーっても優しい十矢。
何かあった時には守ろうとしてくれたりと、とにかく男!って感じで、脱いだら筋肉ムキムキだし…あ、これは関係なかったですね(笑)
まぁとにかく一番気にかけてくれて、常に明るい笑顔で元気づけてくれる存在です。

そんな彼はレジスタンスという存在というだけで、仲良くしていると「レジスタンスと一緒にいる」と言われてしまうんですが、ネリはそんなの気にせず彼といる時間が増えていきます。
そんな中でネリは降格したとともに今まで仲良かった友達も失っているので、十矢の存在がとても嬉しく、彼と仲良くなっていくのがネリの中で特別なものへとなっていきます。

もともとネリはとても真っ直ぐで純粋な子なので、石ころになっても負けずに頑張る姿というのがありのままの姿な感じです。
で、ここではそんな十矢に彼の心を乱すある出来事が起きてしまうんですが、その出来事に対してもネリは自分の考えを曲げずに、十矢に対しても自分を見失わないように接していきます。

で、ですよ…石ころ√ちょいちょい気になる事が起こるんですけど、出てくる人もそうなんですけど、謎の頭痛…そして…あの人のあんなお姿…。
もはや謎が謎を呼ぶ…。
一応石ころでは二人で乗り越えてめでたしめでたしなんですけど、気になる部分はそのままです。

で、薔薇なんですけど…。
ネリが薔薇階級になると同時に、ネリ自身が薔薇らしくならなければ…という思いに駆られて変わっていってしまうんです。
でも十矢を想う気持ちは止められない…って感じで、どんどん恋愛に溺れていくという感じでした。

もうこの時のネリがとにかく見ていて心が苦しくなる~。
私は石ころのネリが好きだよー!
だって、本当に今まで周りの薔薇の人達がしていた事が、あたかも普通の事のように感じていってしまう彼女が何だか悲しくなってしまいましたよ。

そしてそんな彼女に対してがっかりしていく十矢なんですけど、でもなんかここは身分さの恋というの?
そうゆうのがガッツリ描かれていた感じというか、あんなに爽やかで明るい十矢が少しずつ微量の闇と共に見せてくる独占欲というの?
そうゆうのが凄かったんですけどね、低音で甘くドロッとした感じの囁きを繰り出す十矢が結構好きでした(笑)

シナリオ的には薔薇の方は気になる事が出てくるという感じではないので、変わっていくネリに対して相手も少し病むというか何というか。
うまく言えないけど十矢の薔薇√は、ちょびーっとドロッとしたものを感じたかな!

ちなみにBADはネリが壊れるので、新鮮な感じだったなと思います。
恋に溺れ自分を見失ってしまったという感じでした。

このままでは一人一人が長くなりそうなので、お次の壱波に行きたいと思います。

icon_ichiha.jpg 

壱波はとにかくチャラい!女の子を見れば近づき声をかけ、デートに誘うただのチャラ男です。
しかしその実態は…ただのシスコゲフッゴホッ。
妹想いの優しい兄貴?なのかな~って感じです(笑)

今回は薔薇√を先にプレイしてみました~♪
というのも、十矢の時に石ころの方が謎が出てくるし、薔薇の方が後からBAD回収したら後味が悪かったので。
なので感想も薔薇からいきたいと思います。

ちなみに十矢とは違い薔薇階級に憧れている壱波は、薔薇に昇格すると同時に周りの生徒同様にネリに対して敬うようになります。
今までは友達だったのに…と寂しく感じる一方で、それでも壱波と少しずつ距離を縮めていきます。

もちろん十矢同様にこちらは恋に溺れていくんですが、もうここの薔薇√のカッキーが私は耐えられなかったです!笑
いやマジでザ・最低男を描いている感じでしたし、それに合わせてネリもどんどん壊れていくし人を好きな気持ちとか、独占したい支配したいと思う気持ちってこうなっていくのか…と。

ここでは薔薇らしくしなければという思いに強く囚われていた十矢√よりも、少し違う形ではあるんですけどある意味でその気持ちに支配されています。
そして、そう考えていく中でネリが変わっていってしまい、学園にいる薔薇の生徒たちのように傲慢さが出てきてしまうというか何というかΣ( ̄ロ ̄lll)

薔薇√のベストEDは結構重い感じでしたね(笑)
BADの方は恐ろしい魔女が出てきてヒィィィ~って感じでしたけど、結構悍ましいEDだと思います。

石ころの方では、十矢の時にはなかったヤキモキした感じの進み方でした。
階級を気にする壱波ですので、ネリが石ころに落ちてからというもの手のひらを返したような態度です。

それでも石ころ√のネリはとにかく真っ直ぐで、どんなに辛い出来事にも立ち向かおうとする子なので応援したくなるんですよー( ;∀;)
で、ここで壱波もどんどん変わっていくんですけど、今まで何に対しても適当だった壱波が唯一真剣に取り組む演劇だけは、彼にとって大切な物なんだというのが分かります。

階級という壁のせいで何度もネリを傷つけながらも、徐々に今までになかった気持ちに気づいていってネリとの距離を縮めていくんですけどね…。
こう近づいては離れ、また近づいては傷つけられて離れ…というのが繰り返されるんですが、そんなに階級が大事かー!くそやろー!と言ってやりたくなります。

まぁこの決まりがあるからこそ、壱波は自分にとって一番大事な物に気づくんだとは思うんですけど、いちいちイライラしました~(=∀=)ハハハ…
とまぁ本当に色々な出来事を乗り越えながら、やっと壱波との距離感が安定するとやってきました!このシナリオ最大の壁が(笑)

まぁ言うまでもなくこの時の壱波にはまたもやイラッとしたんですが、とにかくネリが無条件に壱波の事ばかりを考えているのが健気すぎて健気すぎて、何とも言えない気持ちになりました。

詳しくは言わないんですけどベストEDはとにかく素敵な形で終わる♪と思わせておいて、めっちゃ、めっちゃ!!気になる形で終わらせられました(笑)
エンドロールが流れた後に、いい感じなのかな~と思わせていてですよ…ちょっと諸劇的な出来事が起きて終わったんですよ。
憎い演出をしてきやがります…。

ちなみにBADは悲しい感じで、十矢の時とはまた違った形なんですけどサクッと悲しく終わったと言えばいいでしょうか(笑)

真相をやっていないのでふわふわな感じになってしまっていますが、櫂宮学園についての秘密や三木さん演じるカウンセラーで保険医の先生への疑心が高まった壱波√でした(゚д゚)
あるシーンで保健室で手当てをして貰っている時に、包帯を拾おうとベッドの下をのぞき込むんですよネリが。

すると壁に「○ー○に気を付けろ」という文字を発見するんですけど、恐らく○ー○をピーする事で、学園にいる皆のアレを操作しているのか…何なのか。
あぁぁぁぁぁー‼気になるー!気になるので続きプレイしてきます(笑)

個人的には薔薇√は何だかそわそわしてしまうんですけど、石ころの方が素直な√だと思います。
お次は高飛車浪川さんに行きたいと思います('◇')ゞ

ではでは、的を得ない感想となってしまいましたが、最後までお付き合い下さいましてありがとうございました!m(__)m


進めるごとに楽しくなっていっている
りな子に応援ポチお願いいたします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(*´ω`)ノシ

今日は昼間から暑い中掃除をしたり洗濯をしたり、掃除をしたり掃除をしたり…とにかく動きまくってたら疲れ果てたりな子です( ;∀;)

まずは昨日の紅花フルコン感想にお付き合い頂きまして、拍手や応ポチやコメントも下さいましてありがとうございました~♪
毎日励みとさせて頂いております!

昨日から絶対階級学園をスタートしておりますが、何だかちょっとややこしくて…全容を詰めていないのでどうやって感想書いていこうか悩んでいます…。
とりあえずは初回、まえぬの七瀬十矢を攻略してきたんですけど…真相以外の2つの√を終えてきました。

もう初っ端から攻略サイト様のお世話になってるんですけど、各キャラにそれぞれ石ころ√・薔薇√・真相√が用意されていて、更に各√ベストEDとBAD EDがあるという仕様になっております。

なので真相やるまでは個別の感想書かない方がいいのかな~?とか色々悩んいるわけです…。
更に言えばお勧めの攻略順を調べて決めた所…石ころ&薔薇の攻略順と、真相の攻略順が異なりそうなのでうーんうーん…と唸っている次第です(笑)

今回は初回の感想というか報告?wという事で、ちょびっと喋っておこうかな~と思います!

まずストーリーをざっくりと…。

主人公の藤枝ネリは父と二人暮らしなんですけど、東京湾を囲む「リングエリア」内の貧民層に住んでいるごく普通の女の子。
この住んでいる所がちょっと特殊で区域が分けられているんですけど、数字が少なければ富裕層に近づき数字が多ければ貧民になるという何とも…金がものをいう社会というかなんというか(笑)
まぁそういった所で暮らしています。

慎ましくも幸せに父と二人で暮らしていたネリ。
ある誕生日の日の朝、父に「おめでとう」の言葉と一緒にプレゼントを貰うんですが、その時に何か引っかかる言葉を言われます。
そして喜びを胸に学校へと行き、帰宅すると…二人が暮らしていたアパートが火に飲まれているのを目にし、気を失います。

なんと…アパートが火事になり更には父は失踪、そしてその父からは「櫂宮学園へ行きなさい。そこで迎えに行くのを待っていて欲しい。」と書かれた手紙が。
そしてネリは櫂宮学園へと行くことになります。

で、その櫂宮学園というのは特権階級に属する両家の子女のみを集めている、いわば超超超セレブ学校の事。
エリート達の未来を育成するという名目で作られている学園なのです!

そこでネリは新しい生活を始めることになります。

とまぁこんな感じなんですけど、この学園自体がとっても特殊でして。
孤島みたいな所に隔離されている感じの学園なんですけど、そこに学校と寮の他に櫂宮学園の生徒が困らないようにと買い物をする場所やカフェ等々普通の町のようになっています。
金持ちな輩ばかりなので、高級ブランドショップや有名パティスリーなどがあるんだそうですよ~。(ネリ情報ですw)

そして、この櫂宮学園には《階級》というのが存在しているんですけど。
一番下が「捨て置かれた石ころ」で、その次が「名もなきミツバチ」、そしてその上が「咲き誇る薔薇」で頂点は「女王」と呼ばれる存在です。

学園長でさえもこの女王には逆らえないと言われているんですけど、この女王…多分アレだ!とちょっと思い当たる節があるんですよねー(笑)
でも言わないよ!ちゃんと我慢して言わない!w

で、話は戻しますが、この階級というのが結構厄介でして…。
石ころは本当にゴミのように扱われます(笑)
靴をお舐め!みたいな感じと言えば伝わりますかね?
世話係とかパシリ的な感じというのかな~そういう扱いをさせられていたりとか、上の階級の人達に邪険にされる感じです。

真ん中のミツバチというのはネリが最初に属する階級なんですけど、真ん中なのでわりと普通な感じです。
とはいっても、それでも皆この階級がなければお金持ちのとこの子なのでね、なかなかのプライドの高さなのではと思います(笑)

そして!皆が憧れる薔薇は、もはや学園では別格の存在です。
薔薇専用の席や薔薇専用のショップ、薔薇専用のメニューなど全てが「薔薇専用」とつくものがあるといっても良い程、特別な存在となっていますし皆のあこがれの存在です。

それぞれの階級には昇格もするし降格もします。
日頃の振る舞いでどこの階級にいくのかが決められているんだそうなんですが、皆薔薇に憧れて薔薇階級になりたいと思っております。

そして各階級の下々の者たちである石ころは、自分より上の階級の人に話しかけたりとかしてはいけないんだとか…。
とにかく石ころは色々と制限されている感じですね。
その反面薔薇は何でも自由と言ってもいいほどです。

今回の攻略キャラ達は石ころ階級から薔薇階級まで豊富に取り揃えてありますよー♪←

個人的には良平さんの薔薇階級の白薔薇と呼ばれている鷺ノ宮レイとカッキーの加地壱波が気になっているんですけど…。

そもそも私の好みを知り尽くしている方達からしたら、良平さんのレイとかビジュアル見てもらうと何で私がこの人気になっているのか謎に思うと思うんです( *´艸`)
でもね…初回でまえぬプレイすると、どうして気になったかが分かって貰えると思うのー!
あんな所見ちゃったら気になるにきまってますもん(^◇^)

ちなみに浪川さんの赤薔薇様と呼ばれる鷹嶺陸はエベレストよりも高いプライドを持ち、かなりの自信家で傲慢なので今の時点ではイラつきます!(笑)
浪川さんあんなに可愛くてギャグなキャラ多かったのに、どうしてこんな傲慢お坊ちゃまに…( ;∀;)←
まぁこちらも個別を楽しみに、今の時点では沢山ムカついておこうと思います。

そして今回初回で特攻したまえぬは、薔薇階級出身の石ころでレジデンスと呼ばれる組織のリーダー!
レジデンスというのはこの櫂宮学園の階級制度に不満を持ち、その体制に異を唱えている人達がいる組織?と言えばいいんですかね。
集まりみたいなそんな感じです。

そこにいるまえぬは、何というかちょっと短気でサバサバしている明るい感じでしてねー。
わりと真っ直ぐな性格でなかなか好感触なキャラでした(*´ω`)
まぁ個別の感想を喋る時にまた言いますが、なかなかニヤニヤさせてもらった√もありました♪

で、√に関してなんですけど…。
石ころ√はその名のとおりネリが石ころに降格してから個別に入り、薔薇√はネリが薔薇に昇格して個別が進んでいきます。

薔薇√に至っては十矢√の場合は恋に溺れるって感じがして、ベストEDの方が十矢がネリに夢中な感じだったんですけど、BADの方はネリが壊れましたね(笑)
主人公が闇るパターンは久々だったので結構面白かったです。

で、石ころの方なんですけど…はっきり申し上げますと、私途中までマジで眠かったです(笑)
つまらないとかではなくて、日々起こる出来事がワクワクもドキドキもしないし完全に第三者目線で眠気との戦いだったんですよ。
平坦な道をトボトボトボトボ歩き続ける感じでした。

だがしかし!!

実はちょいちょい気になる事を挟みながら進んでいたんですけど、石ころ√も後半になってくると一気に引き込まれました!
あ、でも言っておきますけど全然ここの√だけでは解決しませんからね!
今まであんまり気にしていなかったキャラが気になりだすし、女王はやっぱり絶対アレだし…学園長なんてマジでホニャホニャだし…。

とにかくまだ初回を終えただけじゃ何が何だか‼って感じなんです(笑)
多分全部のキャラ負えないと色々明らかにならないのかも?と思っています。

初回感想と言いつつ迂闊に言えないので、何が言いたいのか分からなくなってきたんですけど…。
とりあえず眠かったのは序盤から中盤だけで、その後から面白くなってきましたよ~という事だけ伝えておきます!

明日はちょいと母のお買い物に付き合わないとなのでアレですが、夕方帰ってからプレイ再開しますので…。
一度他のキャラも進めてから十矢の感想を書くか決めようと思います!

ではでは、ちょっとサクッとした感じになってしまいましたが…一応初回のご報告でした(*´ω`)ノシ


暑くて暑くて死にそうな溶けそうなりな子に
応援ポチお願い致します~( ;∀;)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言