こんばんはです~('ω')ノ

明日は思いがけずお休みで、実は今回は3連休なんですよ~(/・ω・)/ワーイワーイ
今日から意気込んで絶対階級始めたいと思います♪

まずは昨日の感想にお付き合い頂きましてありがとうございました~♪
拍手や応援ポチやコメントを下さいまして、毎日とーっても励みとさせて頂いております(o*。_。)oペコッ

今日は紅花のフルコン感想という事でやって参りました~!
ちなみにストーリーとかキャラについてはもう書いているので、割愛します~!

紅花 

今回の紅花ですが、私的にはとーっても面白かったです(^◇^)
もう面白すぎてサクサク進むし、さらには連日寝不足になりました(笑)
というのも一人のキャラをプレイしていると、次のキャラが必然的に気になっていくシステムとなっているのですよ!

次やりたい!次やりたいー‼となってしまったんですよね。

各攻略キャラの√分岐がなかなか面白い仕様となっていて、メインキャラのトーヤ・スレン・ノール・エスタがいて、そのサブ的な感じで各√から派生していきます。

◇トーヤ→ルジ・ウル
◇スレン→ナラン
◇ノール→セフ
◇エスタ→ジギ

エスタに関してはノールが主でその元で働いているんですけど、ノールからの分岐という訳ではなかったので別にしてあります。

ストーリー序盤はメイン4人の妻としてシナリオが進んでいくので、そのキャラから派生する場合は…アレです。
背徳感のある恋愛が楽しむ事ができます(*´ω`)
しかもこの派生する恋愛もまた、メインと違った意味で濃いし、更にメインキャラの良さが感じられるシナリオにもなっているのでとても面白かったです。

そもそも最初に恋愛感情が一切ない状態で結婚という形になり、そこから色々な感情が湧き上がってくる…という異例の感じなので、いざ気持ちが育っている時にはそれはそれは深い気持ちとなっているんです。
それは愛であったり友としての絆だったりと、種類は様々なんですが国同士のどうのこうのとか…というのを超えて、人と人との繋がりで芽生える想いというのがすごく良かったなと思います。

これボリューム自体は丁度良いと思うんですけど、集中すればすぐに終わると思います!
1,5日で5人終われるくらいには(笑)
でも決してボリュームが少ないとは思わないですし、それぞれの√でのシナリオが異なるのでその辺りも楽しめました。

ちなみにメインのトーヤは本当にシナリオもキャラ設定も別格です!
これは是非とも最後にプレイするのをお勧めします~‼
私は一番最後に持っていかずに、トーヤ→ルジ→ウルでプレイしたんですけど…これはトーヤを一番最後の方が良かったのではないかと思いますねー!

で、もとはPCゲーだった…という事で、今回のVita移植になって色々な部分が結構書き換えられているようです。
といっても、ほぼそういった情事シーンとかだと思うんですけど、PC版をプレイしている方からお聞きしたら各キャラそれぞれもっと凄かったんだそう(笑)
でもVitaでもわりと頑張ってる方だと思うんですけど、ここのメーカーさん大メビとか陰陽師とか頑張ってますしね!
というかもう本当シナリオが面白いんですよね~(*´ω`)

でも、そんなお熱いシーンもですがちょこちょこと入る笑ってしまうシーンが…もう何か一人で爆笑してしまうんです(笑)
トーヤとナァラのやり取りとか、ノールが意外と面白いキャラだったりとか…。

私はエスタの√でノールがナァラに「特別に口づけをさせてやろう!」みたいなことを言われて、そしたらエスタが「ありがとうございます。では失礼して…」と言い出したのが吹き出しました(笑)
普段は気持ちを表に出さないエスタが祖先して行動しているのがまた、このシーンを面白くさせていたと思います。

基本的にはシリアス風なのに、キャラたちがとにかく濃いので!
どの人も素敵だし好きなキャラランキングがマジで決まらなくて…昨日の後日談とか見ていても全然決められなかったんですよー( ;∀;)

それくらい皆が大好きになった作品でしたー!

そして主人公のナァラがもう本当大好きです( *´艸`)
とても強く素敵な女性という感じなんですけど、この作品でより好きだなーと思えたのが…主人公の気持ちの描写というかその辺がわりと細かいというか分かりやすいというか…。
なのですごく入り込みやすかったんですよね。
で、BADの時なんかもすぐに諦めないし闇に堕ちてもちょっと頑張ったりしますし(笑)
ただ単に良い子という感じでなかったのが、個人的にはすごく好きでした。

で、いつものごとくBAD EDについて!
今回のBADはAのキャラのBADにBのキャラが関わってくる…とか、わりとしっかりとしたストーリーとして最後まで続くので本当に最高でした♪(/・ω・)/ ♪

しかも個人的には…もうお分かりかと思いますが(*ノェノ)
攻略対象が闇で病み、悍ましい程の愛を向けてくるのとかもうめっちゃ素敵でした~( *´艸`)
しかも、ここの人達ってすんごい独占欲が強かったり嫉妬深かったりと、とにかく純粋な愛=闇ってなりそうな感じなんですよ。
なので、BADも本当に大好物だらけでしたm(__)m

いや~PC版やりたい(笑)
でもWin10だから出来ないーヽ(`ω´*)ノパッチきぼんぬ~!

と、すんごい引き伸ばしましたが…ランキング…いきますよ?( ‘o’)

1 トーヤ
2 スレン
3 ノール・エスタ
4 ルジ・ジギ・ナラン
5 セフ
6 ウル

トーヤおめでとう~ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
いやー最後の最後まですんごい迷いまして、まぁスレンと迷っていたんですけど…。
後日談とか見てから決めるよ~なんてブロ友様に言ってたんですけどね、見たら余計決まらなくなっちゃって(=∀=)エヘヘ…

でもやっぱり王っぽいかっこよさも、子供っぽい無邪気さ(ある意味狡さ)も、何と言っても大好物の病み(闇)さも兼ね備えているトーヤが一番何ではないか!という事で、この度トップとさせて頂きましたー!
やっぱりねーあの虚ろな目になっているトーヤのお陰で、好き度がアップしましたね(笑)
それもどうなのって感じなんですけど…トーヤ好き( *´艸`)

そして最後まで迷ったスレン…ビジュアル声性格全てに文句なし!
以外にもただの愛妻家とか素敵なんですけど、なんですけど…最初の出会いがアレだったので色々と期待しすぎていたんですかね~?
優しいのも大好きですし、だから2位なんですけどね!もっとこう…ね(笑)
色々頑張ってほしかった気もしますが、とにかく宮下さん&スレン最高(/・ω・)/

3番目は選びきれず同着のノールとエスタです!
ノールはね魅力が色々とあるんですけど、かなりの策士なのに可愛い文鎮野郎ですよ!
何とも言えない美しさと妖艶さを持つ氷の男という感じなんですけど、この人のBADが大好きなので私が3位にしてしまうのも納得だと思います( *´艸`)

エスタは彼の感想でも言ったんですけど、感情というものを持っていなかった彼が少しずつ見せてくる彼の気持ちというのがもうツボ。
本当に素敵でしたし、別のキャラの√での彼がもー何というかすごく素敵だったんですよ!
とにかくここと温まるお方でした。

ルジ・ジギ・ナラン3人も一緒にしてごめんなさいm(__)m
ズルだと思いますけど、誰一人としてこの3により下には持っていけなかった…。
ルジは男な感じを匂わせてこなかったルジがそれを出してくる所や、ジギは基本的に私が好きになる要素沢山あるんです。
だけどシナリオがサクサク~って感じで、上位には食い込めず…。
ナランもスレン√ではめちゃくちゃ良い働きしたんですけど、自分の√では男を上げているし素敵だけど上位キャラには及ばず…。

セフも悪くはなかったんですが、他のキャラ他達が私への浸食が凄すぎました(笑)
ウルはまた別物という感じなので…。

とまぁ一応このような感じになりました~。
本当はもっともっとキャラの事とか色々喋りたいんですけど、とにかく買おうかな~と思っているなら是非ともプレイして欲しいなと思います!

もう5人まとめて感想かくとかしないようにします(笑)
今日まで紅花の感想にお付き合い頂きまして、本当にありがとうございました~(*´▽`*)

これから夢100やってから、絶対階級学園を始めたいと思います!
(*゚ェ゚*)ノシ<ではでは!


今日は今年初めての冷やし中華始めました~な
りな子に応援ポチお願いいたしますっ('◇')ゞ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはー!('◇')ゞ

連日紅花のお陰で毎夜毎夜3時就寝のどうしようもない大人代表のりな子です!(笑)
おばさん夜更かしすぎて大変です(^◇^)

まずは昨日のトーヤ感想にお付き合い頂きまして、拍手や応援ポチやコメントを下さいましてありがとうございました!
いつもお付き合い頂いている皆さまには、とても感謝しておりますです~♪

まずは余談からお付き合い頂けたら…( *´艸`)
まだゲームの発売もしていないのですが、本日わたくし悠久のティアブレイドのOP曲であるKOKIAさんの「偽りの先にあるもの」のCD予約してきちゃいました~ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

実はあのムービー公開されてからというもの、デスクトップを開くといつもいつも聞いていたんですけど(笑)
発売が9月だし買おうかな~どうしようかな~と迷っていたんだけど、やっぱり欲しいのでポチってきました!
14日とかの到着なのでまだまだですけど、今から楽しみです~( *´艸`)

それまではあのOPムービーで我慢しようと思います(笑)

さぁさぁ!
昨日トーヤの感想を叫び倒した後、残していたルジとウルを終わらせました。
二人が終わった後全員のSSと後日談を見ようか…と思ったんですけど、さすがに寝ないともう無理だーとなって(笑)
諦めて寝ました(;゚Д゚)

なので今日はウル&ルジの感想です!

ウル.jpg 

まずはウルからいきたいと思いますが、この子はトーヤの妻となったナァラの従者として出会いを果たします。
見た目がとにかく美少女!
ナァラも初めからその可愛さに目を奪われ「なんという美少女…」って感じで言ってますが、まぁ性別は男なんですけど…。

この見た目と今までの流れからすると、ナランの様に人妻に…って感じかしら…グフフと思っていた私を殴ってやりたいです。

ウルも例にもれずナランの事を好きになるんですけど、この子の場合そうゆう色欲的な感じではなく…なんかもっと純粋な淡~い気持ちなんですよ。
ナァラが幸せでいられるなら…と惜しまず協力する感じですかね。
トーヤのBADでもその感じを発揮してくるんですけど、この子の√ではいちいち可愛いしその純粋さが切ない初恋って感じでした…。

そしてたまーに自分の恋心に耐えられなくなるのか、ちょっと辛そうにしたりするんですけど基本そうゆうのはあまり見せてきません。
なんだけど…やっぱり男の子な面をだしてくるんですよ~。
でも可愛いが先に来てしまうので特に萌えとかはないんですが、最後に分かる彼の純粋な「好き」という気持ちが凄く良かった。

その気持ちに対しても誰よりも先に気づいてであろうトーヤが、ウルの背中を押したというのもまたトーヤの株を上げてきました( ;∀;)
どいつもこつもかっこいいじゃねーか…(;゚Д゚)

ちょっとだけ切ないけど、でも心が温まる初恋って感じでしたよ~。

お次はルジです!

ルジ.jpg 

ルジはナスラ人とルス人のハーフで、薬師をしているお方です。
序盤にナスラに連れて来られたばかりの時にサラーナの具合が悪くなるんですけど、その時診てくれるのがルジです。
そこからはちょこちょこ出てきてはいたけど、特にこれといって何があるわけでもなく…。

常に笑顔で優しい雰囲気を纏っているので、いつも味方をしてれる感じです。
中立な立場にいる事が多いので、多くの人に好かれ頼られるような存在…といった感じです。

しかし…こやつもなかなか(笑)

キャラの立ち位置的にはナランみたいな感じなんですけど、この人本当に優しくて言うならば十三支の趙雲みたいな人たらし的な(笑)
女性に対して、他の男のようにガツガツしてないしすんごく興味がある~って感じがしないんですよ。
これにもちゃんと理由がありますし、だからこそ性別というのをあまり意識させない感じなんですけど…。
まぁ、でもおモテになります彼(笑)

そんな性的なものを感じさせなかった彼がですよ…

なんと…なんとぉぉぉぉ!
凄いさりげなく…いやさりげなくもないんだが、そこに熱を含みながらグイッときます(笑)

私このグイっとくる感じが結構好きでした( *´艸`)
というかわたくし、基本的にギャップに弱い生き物なので、何かあるんだろうな~と思いながらもこの人ちょっと狡そうじゃないですか。
なのでどうなのかな~って思っていたんです。

でも…紅花に出てくるキャラって自分の気持ちを変に隠しながらの狡さってなくて、ある意味結構ストレートなんですよ。
だからこそ闇な部分が見えてくるんだと思うんですけど、メイン√から派生する恋愛は基本背徳的ですし。

ルジもその感じがしっかり込められているんですが、隠そうとしているのに隠せていないルジの想いとかが私は好きでした(*´ω`)

それとトーヤ√で救われたシャルが、ここでは幸せになっていて本当に良かったー!と思いました。
今までのシナリオでナァラの親友であるシャルやサラーナは、出てきてはいたけどここまで深くは関わってこなかったんです。
ルジ√に入ってからは、シャルのとある出来事の結末やサラーナの想いというのが出てきて、それがトーヤやナァラやルジの思い描く未来に繋がっているというのも良かったです~。

ルジとの恋愛云々だけでなく、シャルやサラーナがどうゆう決断をしてどうゆう未来を得るのかというのも良かったですし、それぞれのお相手と皆で楽しそうにしているシーンとか何故かとても幸せでした(*´ω`)
もともとの願いは違かったけど、ナァラの叶えたかった願いの通りに進んでいった感じですね。

そしてルジとの恋愛は…これまた他キャラからの派生とは違った展開で面白かった!
ナランに負けないくらいハラハラしてしまう背徳感あがありながらも、ルジの方が真っ直ぐに向かってくる感じ。

ここではナァラとルジの意外な関係性が明らかになってくるんですけど、その関係性に喜ぶナァラに対して複雑なルジ…。
そしてナァラもその関係性に対しての気持ちからの~異性として意識していく様に変わっていくんですよ~(・∀・)ニヤニヤ

しかもですね…ルジが酔っぱらうシーンね!
詳しくは言わないですけど、酒に酔ったルジが転びそうになってナァラが咄嗟に支える時にアクシデントが起こるんです!
そのアクシデントに便乗してルジがある行いをするんですよ。
その時の「これは、わざと…」という台詞にキャーキャーしました(*´ω`)←

あれ?
私結構ルジの事好きかもしんない(笑)
ルジって思ったよりも闇な部分がそこまでだったので、わりと安心して進められたんです。
この前がトーヤだったのでその時の印象が強すぎて、心に優しい人だな~と思っていたんですけど。
今感想を書いていて結構好きなんじゃないか…と思いました(笑)

そんなに積極的に見えないルジがかなりストレートだったり、ナァラはナァラでルジを想う気持ちとトーヤを想う気持ち(気持ちの種類は違うけど)の間で揺れつつ、切ない展開に行くのとかも結構好きだったんですよね~。

EDについてはベストの子供に張り合うルジも好きなんですけど、個人的には…やはり…BADが('Д')
わたくしにとってとてもオイシイ展開だったと思います!ムフフ…

と、とりあえずメインのシナリオは全キャラ終わりました!
だけど、どの人も好きなんです…。

トーヤは王としてと子供な面や弱い部分があって好きだし、スレンは横暴さの裏にはだたの愛妻家なところとか男気溢れてかっこ良いし…。
ナランはもうあるシーンで萌えさせられながらも大人になった時の彼は本当に素敵でした…。
そしてエスタ!この子も本当に本当に優しい心の持ち主で、それが芽生え始めたばかりの感情とは思えないほどなんです。
ノールは一番怪しいけど、何とも言えない魅力の持ち主で実は独占欲が強すぎる所が好きだし( ´∀` )
ルジもさっきも言いましたけど、以外にもストレートな所とか盲目的になる所とかが好きだし…。
ウルは可愛かったけどまぁ萌えではなかったですけど…。

あぁぁぁぁ~後日談見て決められると良いんですけど…(笑)
これから後日談をまとめて見てこようと思います!

ではでは、本日はこれにて(^◇^)
最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~♪


今日は徴収した交通費を夢100課金しようとしたら…
その前に梶くんのキャラが出たので結局やめた
りな子に応援ポチお願いいたします(^◇^)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(*´ω`)ノシ

昨日はさすがに3時間しか寝ていないし早めに寝よう…と思って帰宅したりな子でしたが、帰ってきたら元気いっぱいに!
そしてナラン√を終えた後にブログで叫び、トーヤ√プレイしたら面白くて止まらなくて結局トーヤのハッピーEDを迎えてからやっと寝ました(笑)
深夜3時頃です(∀`*ゞ)エヘヘ

まずは昨日のナラン感想にお付き合い頂きまして、拍手や応援ポチやコメントを下さいましてありがとうございました(*´ω`)
いつもいつも本当に励みとなっております♪

本当どうでもいいことなんですけど、トーヤ√一生懸命プレイしている時に…すごく左目の視界が狭くなってですね!
昔ものもらいになった時みたいな感じで、めっちゃ焦ったんです((((;゚Д゚))))

どどどどうしよう…しかも心なしかすごく痒くなってきた気がする~!

ん?痒い?

気になって鏡で見てみたら下の瞼が蚊に刺されておりました(*´ω`)
暗闇でVitaの明かりだけがついていたので、それに引き寄せられたのでしょうか。
蚊取り線香を常備しようと心に決めた瞬間でした…。

そしてそして絶対階級学園届きました~ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
どんなに頑張っても影ができて写メが綺麗に撮れなかったので諦めましたが、とても面白いと評判なのでプレイするの楽しみです♪

さてさて、本日の本題は…
蚊に刺されに見舞われながらもトーヤ√終えてきましたので、トーヤの感想です!

toya.jpg 

トーヤのお声は立花しゃんなんですけど、始まりからとにかく王としての威厳があってとても強く、かっこ良い!
わりと明るくて優しい爽やか風な印象のトーヤです。
なので結構油断しておりました(笑)

ナァラ達を連れ去った張本人でナスラの王なんですけど、女たちをルスや他国から連れてくるしかない自国の今の情勢を変えたいと思っていたり、国を良くしたいと考えているので自ら腐死が病である事を認め薬を開発しようとしていて、真っ直ぐでザ・王!ってな感じかとかと思えば…ちょっと子供っぽい一面なんかも見せてくるので、進めれば進めるほどトーヤには不思議な印象を持ちました。

ふとした時に寂しそうな表情になってみたり、悲しげな雰囲気になったり…とにかくいちいち気になるんですよ(笑)
常に明るく振る舞っているトーヤなんだけど、ちょっとした小さな反応に何があるのか…とモヤモヤと進めていました。

他のキャラと同様に、共にナスラに連れてこられた親友のシャルの事件がきっかけでトーヤの妻となるんですけど、ここからトーヤの気持ちを聞きナァラもそれに協力するようになります。
トーヤが望むナスラという国にするには、本当に大変なんですけど…
これをナァラと共に進みたいと協力してほしいと言ったシーンは何だかかっこよかったです。

そんな良い時だけど…さすがはノールですよ!
トーヤとルスの王妹であるナァラを結婚させたいと思っていたノールは「さっそく初夜の儀式を…」みたいなことを言うんですが、滞りなく行われたか見届ける役を買って出ます(笑)
どうにかごまかすから!というトーヤをナァラは信じるんだけど…(笑)

もうこのシーンとにかく爆笑でした(笑)
ナァラ役の立石めぐみさんとトーヤ役の立花しゃんに拍手をしたいです!笑
どうにかやっている風に演技をする二人なんですが、棒読み具合が半端じゃないしナァラの喘ぎ声とかひどすぎて笑えます(笑)
その度にトーヤが「そんな喘ぎ方があるか!」とか言うし、ナァラもナァラで「だってしょうがないじゃない!初めてなんだから!」とか言うし…。
何かの喜劇かと思いました(笑)

それでも必死な二人と、それを聞いているであろうノール(笑)
最後はトーヤが苦肉の策を行うのですが、とても可愛らしいナァラのお陰でトーヤは自分の首を絞める結果となり…散歩と称した…アレに出かけてゆきました(*´ω`)←
さすがに乙女たちの前では言えないので自重しますが…とても面白かったです(笑)

そしてこのトーヤという人なんですけど、何と言えばいいのだろう…。

本当に国の事を想っているし、どうしたらいいのか?自分はどうすれば望む国へと出来るのか?と考えながらも更に自ら行動する力があるんです。
腐死の薬の研究をしているんですけど、トーヤ自身が薬学(?)の知識がすごかったりして、自分が詳しくなければ何もできないと言い、自らが動くんですよ。
王としてとにかく責任感が強く、かっこ良い印象しか持たないんですよ。
ナァラの事もちゃんと考えてくれているし、とても優しいですしね。

でも実はとっても人間臭くて弱い部分を見せてくる時もありつつ、可愛かったり…そしてこっそり感じる闇っぽい一面とかもあるんです。
これがシナリオが進むごとに、驚き展開の方向へと行くんですけど…。

トーヤの気持ちの面で途中あたりから雲行きが怪しくなってくるんですけど、そもそもナァラに対しての感じがすんごい素直に、まるで子供のように好意を口にするんです。

その時点で「ん?」ですよ(笑)
今までの普段見てきたトーヤと違い過ぎるし、本当に子供みたいなんです。(くっそ可愛いんですけど)
でもトーヤがあまりにも素直に言うもんだから気にせずにいたらば、少しずつ気持ちが近づけば近づくほど…トーヤに何だか闇的な物を感じます。
表立ってその気持ちを見せてくるわけではないんですけど、何かただの好きとは違う感じが見え始めるんです|д゚)

個人的には大歓迎なので嬉しいんですけど…。←

まぁとにかくここのシナリオ展開、とーっても面白かったです。
トーヤが実は○○だったことも、苦しみながらも乗り越えようとしているのも、更にはナァラへの気持ちというのが誰よりも本物な感じがしました!
他の人達も愛を感じるんですよ!
しっかりそれぞれの愛を感じまがらここまで来たんですけど、トーヤの想いというのはもっともっと深いのではないか…と思えるんです。

そして気になっていた事があったんですけど、もうその事には触れずにシナリオを色づけるものとされているのかな~と思っていた、連れ去られたナァラの母の事もここでは触れられているので大満足(笑)
ナァラとトーヤ…?の意外な繋がりとか、どうしてそこまでしてナァラという人物の事を深く想っているのかとかとか…色々な事がここに凝縮されていました。

そして他√では相容れることのできなかったシャルとの出来事が、本当に良い方向に進んだのも良かった!
更にナァラ達がナスラに連れてこられてしまって、それでも皆を返したい守りたいと思いながらもナスラの人達を“ナスラ人”として見るのではなく、彼らも同じ人だと優しさなどを見出す中で、攻略対象達に惹かれていくんですけど…
自分のその気持ちを見て見ぬふりをしつつ、そしてなかなか認めないんですよナァラは。

それは全て、その気持ちを持つことで自国の皆を裏切るとになるのでは…と思っているからなんですけど、これがもうとーってももどかしいし胸が苦しくもなるんです。
けど、その気持ちも違う形というか…ナァラの気持ちがという訳ではないけど、シャルとの件に関わってくるんです。
この時に少しずつ歩み寄っていくのがもうほっこり!感動!最高!

そしてクライマックスではトーヤが何をしようか分かっているのに止められないナァラに…ナァラに…( ;∀;)
ウルがめっちゃかっこよかったんですよ~(;O;)ワーン

あ、ウルってトーヤの妻となったナァラのお世話をしてくれる従者なんですけど…。
トーヤの元に来てから共にいる事が増えて、ナァラの一番の味方としていつも励ましてくれたりするんですけどね。
最後のクライマックスの時…実はルスが攻めてくるんです!
しかしトーヤはそこに向かうとき…いつもの王として…ではないんです。

この細かい部分は是非プレイして貰いたいなーと思うんですけど…この時のトーヤはかっこよく「ナァラや俺が皆を守る!」という王らしい心持ちではないんです。
でもそこは心配には及ばずナァラを想う心で大丈夫になるんですけどね。

そこよりも何よりも、この時にトーヤとナァラが今まで辛く大変な茨の道を歩いてきた事が報われる出来事が起こるんです!
このシーンって今までの√でもそうしたい…と思い描いてきた、皆が考えるナスラの未来というか、その想いが叶えられるような一幕な感じでして…。
うまく言えないんですけど、これから手を取り合っていける人と人の素敵な関係が生まれた瞬間というか(笑)
その前から芽生えてはいるんですけど、何だろう…今まで思い描いていた全てがやっと形となった瞬間というか。

そこでおいしい部分をごっそり持って行ったウルもまた…可愛い!(笑)
本当にトーヤの隣にいるナァラが好きなんだな~と思う瞬間でもありました。

もうとにかく他の√シナリオも面白かったけど、トーヤは別格でした!

ちなみにベストED以外の2つのEDもなかなか良かったです( ´∀` )
一つはとっても切ない悲しいEDだけど、ナァラはトーヤ一色なんだな…と思えるEDでして…更に今までちょい役しかなかったオーリ様ががが!
こちらもまたナァラを深く愛していたというのが分かるEDでした。

そして最後に回収したEDがとっても悲しいけど、私これ好きです。
まぁ例にもれずトーヤが闇へと堕ちるんですが、その心はただただ助けを求めていたという感じですかね。

しかもスレンって他のキャラの√に出てきては、随分と言い男ぶりをアピールしてくるんですけど!
あいつただの優しくてナァラの事を愛しすぎた野郎ですよ( ;∀;)
マジでいい奴やった…。

あんまりEDの内容言っちゃうと楽しみなくなっちゃうので止めておきますが、どのEDもちゃんと作り込まれているので私の好きなタイプのEDが揃っております(*´ω`)
これから紅花も終盤!ウルとルジに行ってこようと思います~♪

本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~(^◇^)


どうしよう…スレンもトーヤもエスタもノールも
皆が大好きなんですけど‼
応援ポチお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

皆さまこんばんはでやんす(^◇^)

まずは昨日の膨大な感想にお付き合い頂きまして、拍手や応援ポチやコメントを下さいましてありがとうございました‼♪
本日もとても励みとさせて頂いております( *´艸`)

実は昨日あの後に、やっぱりどうしてもどうしてもスレンの√で私をドキドキさせて悶えさせたナランが気になってプレイしに行ったんですよ!
で、もうとにかく夢中になって進めていたんですけどね…何と気づいたら午前4時ではあーりませんか…(@_@)

今日は7時に起きる予定だったので、3時間しか寝れないことに驚きそして焦り…無理やり寝ました(笑)
なのでナランももうすぐで終わり~って所であえなく断念したんです。

しかし今日帰ってきて速攻ナラン√を終わらせまして、今トーヤに突入しております(^^)/

なので今日は昨日とは打って変わって一人!(笑)
ナランの感想を喋らせてもらおうと思います~♪

ナラン.jpg 

ちょっとプレイしたてホヤホヤなので、ポロっとネタバレする所もあるかもなので…。
これからプレイするのよ!という方は、ここで閉じるか気にしないわ!という方だけお付き合い頂けたらと思います。

パッと見は絶対私が好きにならないような、ぱっちりおめめが可愛らしいキュートな印象さえ持つ男の子ですよね?
そもそもスレンの√で出てくるんですけど、とにかく人懐っこいワンコみたいな子なんですよ。

無理やりスレンの嫁にさせられたような形でスレンの元へ来たナァラですが…。
ここでナァラの世話係として色々気を使いつつも、優しく接してくれるのがナランです。

ナァラがスレンを憎みつつも過ごしている中で、唯一ナァラが素でいられる存在で安らぎを得られる子なんです( *´艸`)
姐さん、姐さんと懐いてくるナランは本当に可愛い弟のようなこです。

この時点で私の中での萌えポイントは皆無だと思っておりました。

だがしかし…それを覆すような、今まで杉山さんのお声でこんなにドキドキして悶えた事があっただろうか…‼と思うような出来事が起こります(;゚∀゚)=3
とりあえずナランの隠していた“男”な部分がドバーっと、ふなっしーのなし汁のようにブシャーっと吹き出します(≧∇≦)

もうね、ちょいちょい「あら?この子まさか…」と思うようなシーンが出てくるんですけど、これがまた素直なナランだからこそ、その中に闇を孕ませるような想いも感じられるんですよ。

紅花の恋愛感情というのがまた特殊なので、どの√でも執着とか裏を返せば重くもなり仄暗さも感じさせる部分というのがあって、そんな感じの雰囲気をふんわり漂わせているんですけど…。
この子の真っ直ぐさとその裏にあるちょびっとだけ暗い気持ちというのが紙一重な感じがたまらんでした(笑)

で、まぁスレンの√でその…何と言えばいいのかな(笑)
一応プレイ前の人もいるだろうから控えますが、○○愛的な感じの行動に出るんですけど、その時の!杉山さんのお声が!何とも言えない‼
あの瞬間にナランが一気に気になる存在になってしまいましたキャ━━━d(○`□´○)b━━━!!

あ、でもナランの√にいざ入ると、エスタ√のような感じでして…。
ナランの√なのにスレンの素晴らしさが改めて分かり、スレンが余計に大好きになったというオチもついてきます。
スレンも本当に器がでかくて、どこまでも男ー!って感じの本当にかっこよいお方なんです。

ナランの事を弟のように可愛がっていて、彼の事を認めていて…でも自分なりの強さを見つけて欲しいと思っているんですけど、もう兄貴らしさが泣けてきます!
更にはナァラの気持ちにも気付いて、それでも尚ナァラと深めた絆というのがもうたまらなく切ないんです( ;∀;)

そしてスレンが本当に素敵すぎるシーンが起こるんですけど、この瞬間私は(´;ω;`)ウッ…
もう耐えられないかと思いました。
ここで男ぶりを上げやがって、そんなのスレンの事好きになるにきまってるじゃねーか!

でもこの時にスレンが選ぶ道というのもそうなんですが、ここで起こる事を想定して色々用意していた事とか、もうマジで何て素晴らしい人なんだ…と思いましたね。
世の中にこんなに素晴らしい人がいるだろうか!←

あ、スレンの感想になっちゃう…(笑)

スレンはナァラの事もナランの事もしっかり考えていてくれたんだ…というのが、また辛くもあるんです。
でもここからは今度はナランが男になっていく番です。

アレヤコレヤと起こる中で、私の思う方向とは違う方向に動き出すナランの気持ち(笑)
あ、そうやって切なくさせて私を苦しめる展開なのね。と思ったんですけど、ナランは成長してどんどんかっこよくなっていくんだけど、ナァラを守りたいと思う気持ちが…恋情とかではなくそこを超えてくるんです(T_T)

もうナランに同志のような盟友のような風に言われた時には、あぁ新しい絆の形を見せつけてくるのかとションボリしました…。

ナランはとにかく自分の中で決めたナァラを守り、共に戦うというのを胸に進み続けていくし、ナァラも思い悩みながらもこちらも前に進んでいるし。
スレンと共に築いた絆よりも、もっと強固な感じがしましたしね。

だから最後の方はとにかくモヤ~っとしながら進めていました。

でもでも、ちゃんと私を底から引き揚げてくれましたよ~ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
ある意味ではとても良い結末だったと思いますし、最後のナランの小芝いとかちょっとお面白かったけどほっこりするEDだったなと思いますね。

ちなみに私はナランがナァラに対して「可愛すぎて、愛しすぎて吐血しそう」にツボりました(笑)

うーんでもね、個人的にはやはりスレン√のあのナランが好きなので、ここのナランはちょっと物足りなかったかな(*´ω`)←
とっても良い子だったけどね!

シナリオもスレン√と繋がっているので、その流れでやると面白いしスレンが好きになるしで楽しかったです。
今日はあんまり夜更かしできなそうだけど、トーヤ進めてこようと思います♪

ちなみに明日絶対階級が届くとメールが楽天様から来ました~(*´▽`*)
ではでは、今日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!


自分が悪いけどすんごいねむーい!
でもゲームしたいりな子に応援ポチ
お願いいたします~( ;∀;)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは|д゚)

まずは昨日の独り言等にお付き合い頂きましてありがとうございました‼
拍手や応援ポチ、そしてコメントも頂きとても励みとさせて頂いております♪

えっと、ここ数日実は紅花をプレイしていたのですが…。
あまりにも面白くて、既に気になっていたスレンまでプレイを終えております(笑)

今回はかなり多い感想を書くことになりますが、忘れないうちに残しておきたい!と思っているので初回感想とキャラ感想を喋らせてもらおうと思います( *´艸`)

越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~

まずは既にプレイしておりますが、今回のプレイ順はブロ友様に教えていただいた順番を忠実に…というかそのままパクりました!笑
ノール→エスタ→セフ→ジギ→スレン→ナラン→トーヤ→ルジ→ウル の順番で行こうと思いまして今スレンを終えた所です。

初回…というかプレイ開始した初日には既にセフの途中まで進んでいたので、集中するとわりとサクサクっとプレイできてしまうボリュームです。
だけど、内容は不満点はなし!
ストーリーも面白いし、キャラ同士関係のある人は繋がりのあるまま分岐していく部分もあるので面白いです。

更に言えば、恋愛が始まる展開というのがすごく新鮮なので良いですね。
この始まり方があるからこそ、お互いをちゃんと深く想い合っているいる絆とか愛情みたいなものが感じられるなと思います。

シナリオをちょこっと簡単にいきますと…。
主人公ナァラの暮らす国ルスに、北方の国のナスラから女を奪いに来るという所から物語が大きく動きます。

もともとナァラは幼い時に、目の前でナスラの人に母を連れ去られてしまいます。
その時に母はナァラを守る為に彼女を隠すのですが、そこで自分の母が連れ去られてしまうのを目撃します。

その後ナァラは王に引き取られ養女として迎い入れられ、その息子であるオーリを兄と慕い王妹として更に婚約者として過ごしているのですが…。
そこにナスラからまたもや使者が…というかナスラの王達が女を奪いに訪れます。

連れ去られそうになる友人を守るために戦うナァラですが、ナスラの王であるトーヤと剣を交えるもののトーヤに一撃入れられ(笑)連れ去られてしまいます。

ナスラという国では腐死という病で女がとても少なく、子孫を残し繁栄させるために他国から女を攫ってくるというのが常となってるんだそう。
そこに連れてこられたナァラ達女は、相手を選部権利が与えられるものの誰かに娶られなければいけない…。
ナァラは王妹であることを伏せ、共に連れてこられてしまった友人や他の女性たちをどうにか助けようと立ち上がります‼

みたいな感じでしょうか(笑)
要はですね…そもそも恋愛だのなんだのという前に、先に婚姻を結ぶわけですよ。
そこからナスラでの国のアレコレとか、人同士のアレコレとかを経てその相手と絆を深めていくという流れですね。

この最初の結婚というのはほとんどが契約や、そうした方が動きやすいからなどという利害関係の一致から始まっています。
その中でナスラの国を良い方向に変えたいとか、腐死という病への認識を改めたいとか…ナァラ自身と夫である彼らの考え方が変化していく感じとか、その先のお互いの気持ちというのがとても良いですよ~( *´艸`)

どのキャラもとても良い!
そしてBAD ED大好きな私にとっての好物EDなんかも結構ありましてですね‼とにかく進めたい、次の攻略キャラへ行きたいと思ってどんどん進めてしまいました(笑)

いやー喋りたいこと沢山ありすぎるんですけど、今回は一気にキャラ感想も喋りたいのでこの辺にしておきますね!
ではではスレンまでザザザーっと行きたいと思います!

ちなみにキャラのなばーが見つからない物もあったので、統一性がありませんが悪しからず…。
まずは初回特攻したノールから!

ノール.jpg 

いやはや、この人最初から食えな奴だとは思っていましたが、もうそのまんまです(笑)
とにかく頭の回る奴でして、ナァラと結婚をするのも契約のような形で始まるんです。

彼は政務補佐官としてトーヤの近くで仕事をこなす重要なポジションにいるんですけど、ナァラもナァラで頭の切れる子なのでそのポストにいるノールをうまく使おう…というのは言葉が悪ですけど、まぁそんな感じで共にいることになります。

しかしながら、この人の文鎮騒動(笑)
もう「えぇぇぇ!乙女ゲームで文鎮を…マジか…笑」と思いながら進めていくことになろうとは、思いもしませんでした。
何の事?と思うかもしれませんが、是非プレイしてこの文鎮とは何かを知ってほしいと思いますね。

とにかくこの人特に手を出してくるわけではないんですけど、とにかく視線がドSです。
うんうん、素敵素敵~私こうゆう人自分は同じ目にあいたくないけど、二次元なら大好きな部類に入ると思います!←
最初はお互いにうまく使ってやろうとかそうゆう思惑しか見えないんですけど、これが接していくうちにノールの方から崩れ始めるのが最高に良かったです!

今まで彼が女とどうだったか知りませんが、ナァラが出会った時点では男色の気でもあるのか…とさえ噂されるようなノールがですよ?
ナァラを心配したり、気にかけたり…更には自分の物を取られるのは嫌いだと言いながら執着心を出してきて、その後の恋情というのがとーっても良かった!

それにナァラがとても真っ直ぐで意思の強い子なので、そこに惹かれているであろう所や彼女を認めていくというのも良かったなぁと思います。
もう最高ですね…この文鎮男がデレた時はとにかくVitaを握りしめてニヤニヤしまくりました(・∀・)

そして二人で自分達の思い描く未来に向かって奔走するのも素敵だったし、ノールの謎の色気がたまりませんでした~(≧∇≦)
ハッピーEDも勿論好きなんですけど、私はノールの闇に傾きやすい愛情というのが好きなので、鳥籠ED的なものが大好きです。
このEDがあったときにはキタ━(゚∀゚)━!と思いました(笑)

長くなると後が使えるので次行きます(笑)

エスタ.jpg 

ノールの影の手足として働いているエスタ。
彼は○○者として動いている存在なので、常に闇の中でい生きているようなお方です。

初めは特に感情を出さず人形のような彼なんですが、ある出来事からナァラを娶ることとなりナァラと共に暮らして行くことになります。
妻として迎えられるという事は…と色々と考え怖くなるナァラに対して「自分は何もしない」と信用して貰える様にナァラに部屋の鍵を預けておいたりするんです。

そこから少しずつナァラもエスタに歩み寄って、友人がいないというエスタに対して興味が沸き友人という関係から始めていくんです。
ですけどね、この友人から始めるというのが実にもどかしく、そしてエスタという人物をそのまま表しているような恋愛展開で素敵だったんですよー‼

お馴染みかもしれませんが全く感情を持ち合わせていなかった人が、主人公の存在で少しずつ変化していくというのがもう本当に微笑ましくてですね!
エスタが友人がいた事ないというのも一つですが、目の前で自分の部下に「友人を喜ばせるにはどうしたらいいか」と聞いてみたり、ナァラをどうにか喜ばせようとする些細な気持ちというのが本当に可愛いんです( ;∀;)

そこから少しずつエスタの気持ちが徐々に変化していくんですけど、その気持ちに“友達として”という言葉を付けながら表し続けるエスタと、一緒に連れてこられたルスの女性たちに対して悪いと思うからこそ、エスタに向ける気持ちに目をそらしながらこちらも“友達として”と言い聞かせるのがなんとも歯がゆかったです。

それでもその気持ちが大きく変化する時には、深く愛していると思えていたり相手の為に何かしようとするというのが何だか切なくもなりましたよぅ(T_T)
ここのシナリオにはエスタの性格がしっかりと表れている展開で、何といえばいいのか…切なくもあるけどとても暖かい気持ちになる√でしたね。

ちなみにノール√から分岐する感じなんですけど、ノール√でのエスタが関わるEDがあって、そのEDもとっても好きでした。
とにかく私はエスタの√では一人謎にウルウルしながら進めておりました(笑)

お次はセフセフです(^◇^)

セフ.jpg 

最初はこの髭づrゴホッゲフッ…じゃなかった、ちょびっとダンディーさを感じるキャラを見た時に、この人を攻略するのか…と思ってしまったんですが…。
今となっては全力で謝罪させて頂きたいと思いますm(__)m

このお方はノール√でナァラが体を張ってでも、どうにか大臣を説得しノールに目にもの見せてやろうとする時の、その大臣の息子様です。
そもそもこのセフ√に来るまではチラっとも出てこなかったので、出てきて初めてその顔を拝みました(笑)

しかしこの作品の物語の流れがあるからこその独特な…というか、だからこそ許される恋愛の流れだと思うんですけどね…。
そもそもノールの妻として大臣の説得をするために家に通いつめます。
来る日も来る日も大臣に会って話したい一心で通い詰めるんですが、一向に会う事はできずそれでも諦めずに通います。

そこで出会った放蕩息子であるセフなんですが、どんなに断られても自分の意志で自分が正しいと思う事だけを胸に進み続けるナァラに惹かれていくセフ。
いや、待て待て…ナァラはノールの妻ですぞ?と思いながらも、期待してしまう面白展開( *´艸`)

ナァラの事を気にかけながらも、父である大臣の言葉に苦しみ自分の中に芽生え始める意志と父の言葉に板挟みになっているセフが…遂に行動に出ます。
この今までただのおじs…じゃなかった、ちょっと優しい大人の男性くらいにしか思っていなかったセフがですよ?
何と自分の意志で行動してからというもの、何だ!あの甘い言葉とボイスの数々は(笑)

いちいち可愛さを含ませるおじさんがどこにいるだ!と言いたくなるほど…何故か彼が自信無さ気に口にする言葉とか、その中にある素直さとか真摯な感じが謎に好きでした。
今まで何も頑張ろうとしてこなかったセフが、ナァラと共にいる事を選んだ事で変わっていくのも素敵だったし…。
でも何よりも大臣がね~とにかくすんごくいい味出してるんですよね!

ノール√でもエスタ√でもこの大臣は出てくるんですけど、どこに行ってもとにかく情に厚いめっちゃいい奴なんですよ。
ここでも何だかんだと言いながらとても優しい父ですし、とにかく家族を大切にする人だった…。
そしてその血を継いでいるだけの事はあり、父同様に勇ましく?というかその立場に合ったように成長していくセフも素敵でしたねー。

未だに決定的な物がわからないんですけど、とにかくこの優しく喋るセフがとても素敵でした。
最後までナァラの事がとーっても好きで心の底から愛しているんだなぁというのが伝わりましたしね。
ここでは家族というものがとても素敵に思えたシナリオだったなと思います。

そしてお次はジギです。

ジギ.png 

お声がカッキーという事でとっても楽しみにしていたんですけど、先にプレイしていたブロ友様にすぐに終わった!というのを聞いてちまちま進めました(笑)

ジギはエスタの部下という立ち位置で、彼もまた闇の部分を請け負う仕事をしています。
ひょんなことから出会ったジギはとても口が悪く、エスタを変えてしまったナァラの事が大嫌い…という始まりです。
ナァラと結婚してからエスタに心が宿り、ジギが大好きだった冷酷(?)なエスタでは無くなってしまった事がとても嫌だったジギ。

初めはとにかく会えば口喧嘩ばかりしている二人ですが、それでも飾らずに接することのできる相手としてナァラは愚痴を聞いて貰える事で心を許していきます。
あ、ちなみにここの√でもナァラはエスタの妻として、ジギと接しています…( *´艸`)ムッフッフ~

まぁ豚だの雌だの牛だのと言っていたジギですが、他のキャラ達同様にナァラの真っ直ぐさが眩しく思えて惹かれていきます。

ここの√はすんごぉぉぉぉぉく切なくて、ジギの事も大好きだけどエスタの事がより大好きになる√でもあったなと思います‼全力で言います‼
ジギはノールとはまた違った狡さ?みたいなものを持ち合わせつつも、なかなかグイグイくるのでとにかくめちゃくちゃ楽しかったんです。
終始ニヤニヤしてたし、後半とかはいちいち言ってくることが艶めいてくるので、ウハウハ状態でした。

でもね、ジギが深くナァラを求めれば求めるほど…エスタの事を思うと心苦しくなるんですよ。
彼はナァラの事を本当に特別に思っているし、彼女のお陰で今までの世界に色が付いたといってもいいと思うんです。
そんなエスタが…ナァラの為に…為に…為にぃぃぃぃぃ( ;∀;)うぅぅぅ
ダメだ~これはネタバレしちゃうから言えないけど、とにかくエスタの為にも幸せになってくれー‼と声を大にして言いたいシナリオだったんです。

終わったときには幸せだったけど、でもやっぱり切なさも残る感じでした~!
でもジギも好きです(笑)

そして!今しがた終わったばかりのスレン!

スレン.jpg 

そもそも体験版をプレイした時点ですんごい気になっていたスレン。
横暴な物言いやとにかくナァラを手に入れようとする感じ…こ、これは好物の匂いしかしないじゃないですか!

意気込んでプレイしてきました。

結果とても大好きではありますが、思ったよりも優しく、そして愛に満ち溢れた男でした(笑)
何か可愛い感じにも見えてきて、憎めないやつって感じですかね( *´艸`)

最初からナァラに執着しているスレンですが、明らかにナァラを手に入れるために…やったのではないか?と思う出来事からナァラを妻にします。
最初はとにかくナァラはスレンを憎むんですけど、その中でもスレンは何故か陰でとても優しく気遣う感じを見せてくるんですよね。

この時点で あ、コイツいい奴や… と思いました(笑)
言葉こそ高圧的ですけど、ちょいちょい自分に対して敵意ではなく違うものを向けてほしいと思っているのが見えてくるので、何だかんだ可愛いんだな~と思うんですよね。
結婚してスレンと暮らす事で確実に元気のなくなったナァラを気遣って、自分の弟分であるナランを世話係にするんですけど…。

ここの√、今までの√とは違ってスレン攻略中からナランが…ナランが怪しげな動きを見せてきます。
なのでどうしてスレンの時からこんなに…?と思っていたんですが、これには2つのEDへ繋がる前置きだった~(^◇^)
と、これは後に置いておきまして…。

スレンが徐々にナァラに対してどう思っていて、どうして妻にしたがったのか?とかが見えてくるようになると、今度はナァラが自分の気持ちに対して蓋をしながら悩み始めるんです。
他でもちょこちょことナァラ自身の気持ちに葛藤というのが出てきてはいるんですけど、ここではそれがより強かったように思います。

スレンは無理やりナスラに連れてこられたという事とある事がきっかけで妻にされで憎んでいたはずの相手で、連れ去られた時共に連れてこられた女性もまだいる…。
でもナスラの人たちも同じ人で心がある事やそれぞれに国を思い動いている事、スレンがどんな思いをしながら働きどうゆう人かというのを知った事で好きという感情が生まれてきているんです。
でも、共に連れてこられた彼女たちを助けなければと思っている気持ちもあるので、好きだと認めたくないと揺れ動いているのがとても伝わってくるんです。

そんな時に…出てくるの人がいるんですが。
この人異常にナァラに執着しているのがちょこちょこ見られるんですけど、とうとうスレン√で本領を発揮します(笑)

ナァラを国に返したいとする一心で、心が闇に落ちてしまったこの人がある行動を起こすんですけど…このシーンで起こる衝撃の出出来事が私とナァラの心を壊しますΣ(゚д゚lll)
もう何とも言えない気持ちになるんだけど、でもこの出来事でスレンとの絆がすんごく深まるし、さらに言えばナランの淡い恋心が認められた素敵なシーンでもあるのかなと思います。

一語一句聞き逃すまいとしてとにかく泣きながら食い入るようにプレイしてしまったシーンです。
すごく悲しいけど、でもこの出来事があったからこそのナァラとスレンの愛なのかなぁとも思いますね(T_T)

この後の展開は今までの√みたいに、とにかく幸せに向かって進んで迎える一本道を進むハッピーEDというわけではないけど、なかなか素直にならないスレンとナァラだからこその大恋愛的なEDが迎えられるので最高に楽しかったです(*´ω`)
スレンがもっとエrじゃなかった、文鎮以上に凄いのかなと期待しつつ挑んだんですけど以外にも純愛とも思える意外な流れで、あれ?とも思ったりしたけど、終始かっこよかったスレンに大満足の√でした( *´艸`)

でもですよ…
次に特攻するナランに関わるBADがあるんですけど…このBAD嫌いじゃない、スレンの狂う感じもその中にある本当にナァラを愛しているんだという気持ちが分かる感じとかも嫌いじゃないけど、とにかく背徳的な感じが重苦しくてですね(笑)
いちいちこっちまでヒヤヒヤ、ハラハラ…そして悪い事をしているような気分にさせられたんですよ!

でもナランの男になる瞬間は悶えました。←

とても楽しみなのでこれからナランに行きますよ!
明日仕事だし寝ないといけないんだけど、止まらないし気になるのでナランだけ…ナランだけやりたいと思います!(笑)

あまりにも感想書かずにため込んだせいで、それぞれが短い感想になっておりますが…コンプ感想で足りないところは喋ろうと思います!
ではでは、本当にこの長文…最後までお付き合い下さいましてありがとうございました‼



ここまで付き合ってくれた貴方に私からの愛を!w
応援ポチお願いいたします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言