こんばんは~(*゚▽゚*)

今日は色々な情報が出ているみたいなのでその独り言と、もし神フルコンとなりましたので全体のサクッと感想を喋らせて頂こうかと思ってやってまいりました~♪

まずは昨日の独り言へと遊びに来て下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~(ノ´∀`)ノ
本当皆様のお陰で私の乙女ゲーヲタクライフはとても楽しいものとなっております!!
いつもいつも励みとさせて頂いております┏○ペコ

えー…ガルスタは買えていないんだけど、ブロ友様のツイッタでの叫びに激しく反応しちゃったんですがね…ヽ(`Д´)ノ

だって…だって…

ろろろろろろろ6月16日に待ちに待った薄桜鬼まで発売してしまうなんて~゚(゚´Д`゚)゚
嬉しいよ~゚(゚´Д`゚)゚でもめっちゃ6月大変だよ~゚(゚´Д`゚)゚

12月以来えすよ…月に3本とか…!!
しかもCD2枚分も連動で購入しているのがあるから12月の時よりも大変っスΣ┌( ┐*_ロ_)┐!

でも華ノ章すんごい待ってたし絶対に特典狙うんだ今回こそは!!と決めていたのでねぇ~しかしまさか6月に来るとはですね。

本当嬉しいような何だか微妙な気持ちです(笑)

朝に6月2本だなんて言っていたけど3本じゃん!!(ノ´∀`)ノアハハハ-
他の新作が6月発売にならないことを祈りつつって感じですが、ガルスタ買うのが怖いですYO!!(笑)
明日本屋さんに行くタイミングが取れそうなのでさっそくドキドキしながら買いに行ってこようと思います|緊張|ョ゚Д゚;))))

さてさて、昨日無事にコンプしたもし神ですが、兄の所業にコメントを頂きありがとうございました(´∀`*)
ではコンプの感想をザザっといきますが、各キャラ感想や兄の感想部分でかなり喋っているので簡単に行こうと思います。

wallpaper_moshikamiB_1280x1024.jpg

今回はプレイ中に全く感想を漁っていないので皆さんの反応はどうだったんだろう…って感じですが、個人的にはあの兄の√があった事によってもし神プレイして良かったと思えました(笑)
物申したい事も数々ありますが、まずは最後のお陰でわりと楽しめたかなと。
あの凄さがなかったらこの感想は変わっていた事は確実ですね。

実際にはわりと夢中に進められていたんですが、モヤっとする部分とかどこか一歩及ばず的な感じは否めませんので面白かった…ような気がするけど…といのが正直な所。
でもその数々の事を 「どうでもいぃや!もう気にするのやめた!!」と思える程の兄のぶっ壊れ具合で本当に助かったなぁ~と思いましたね。
でも途中とかはどうしても平坦な道のりと、シナリオの長さでちょっと飽きてしまう時もありましたが…。

もう連日各キャラの感想などでも話しておりますが、シナリオや設定的には面白いんだろうとは思うんですが何せプレイしていて思うのが「あれ?これって乙女ゲームだったよね?」です。
ホラーという程怖いわけではないけどゾッとするというか、グロめなシーンも多いですし何よりも乙女ゲーにあるはずの゚+o。ドキュ―(*゚д゚*)―ン。o+゚とか皆無でしたし、萌えも兄のおぞましい光景に謎に興奮するのと、キョウの他キャラにはない距離感に対して楽しめたくらいなのでキャッキャ出来たかと言われたらそうでもないんですよね。

そんでもってプレイしていても山あり谷ありって感じではなくて、常々言っていましたが淡々とした感じです。
多分それって主人公達が記憶失っている(?)とかそうゆうのも関係しているんだと思うんですけど…ちょっとそこに物足りなさは感じてしまいましたね。
グッと引き込まれるものがないんですよ。

だがしかし、あんなに長い…長い…と言っていたけど、乙女ゲーとは思えないほどのストーカー兄様のお陰でどうでも長さなんてよくなっているので結果楽しかったという事にしたいと思います(笑)

攻略順ですが私は公式でお勧めされている順でプレイしました。
エース→ネジ→キョウ→シュリ→マサト
マサトは制限が掛かっているので、誰か一人の真相EDを見ないと解放されないらしいです。
ネタバレ的にもシナリオを最後まで楽しむという面でもこの順番で良かったかなと思います。

それと各キャラ、サブキャラに関してモヤっとしていた部分は、クリア後に解放されていくブラックボックス?だったかな。
そこでのアナザーストーリーで解決していきます。
なので本編シナリオ+アナザーストーリーでやっとスッキリする部分というのが結構あります。

ちなみにこのアナザーストーリーを読まないと、ハルカのあの運命の日の出来事や兄がどうして壊れたかというのがはっきりと分からないので…。
このアナザーストーリーを読んでやっと全てが分かったなという感じがすると思います。

それと九鬼兄弟の事とかも本編だけでは謎が残りますし、このアナザーストーリーをプレイしないと分からない事が多いです。

一通りのアナザーストーリーを読み終えてなんですが、ハルカとマサトに対しての見方が変わりますね。
マサトは本当に本当にハルカが可愛かったんだと思うし、大事にしたいと思っていたというのがここでめちゃくちゃ伝わってくる。
対してハルカは長い間本当に沢山の事を我慢してきた幼少期を過ごしているので、もうなんかハルカー(´;ω;`)って感じですよ。
イライラしてごめんな。と言いたい(笑)
でも多分ここまで読まないとはるかに対して思う事は残ると思うし、読んでも苦手な人は苦手かもしれませんね。

最終的にこの二人がメインのストーリーだったな…と思いますけど、日本神話という点では私は詳しくないからあれだけど…
ちょっと絡んでるかな?くらいに思っておけばいいかと思います(笑)
あまりその部分を気にしてしまうと多分色々物申したくなると思います。

そして全√が終わったあとにフローチャートから大団円が見られるようになるんですけどね~ここが…こここそがあの限定版のイラストに繋がるのか…と初めて納得できました(笑)
あの内容にこの彼らの水着スタイルが全くイメージが違いすぎるので、あのキラキラ感はどこから…?と思っていたんですけど、この大団円では皆が水着スタイルです。

ちなみにマサトも、九鬼兄弟もね。

そして誰が泳ぎが早いか競争しようとなり、優勝者にはハルカのキスを…となるとみんな口々に絶対負けられねぇ~だの、勝つだのと気合十分なんですけどね。
そこで黙っていたアキラがボソッと「負けないっ」みたいなこと言うんですけど、それが何か可愛かった(´∀`*)
このご褒美的な大団円がほっこりしましたね~今までが大変だったので。

もうとにかく私が言えることは一つだけです。
兄が気になる人はプレイするべきです!!(笑)

ではもうお分かりかと思いますが好きなキャラランキングいきますね(。-∀-)

1 マサト
2 キョウ
3 エース・ネジ・シュリ


ですかね(笑)
もう一位に関しては何も言うことはありませんが、この作品でマサトがいたから楽しめたというのが大半だったので。
そして今の所ストーカー役じゃなかったここまでの病み具合なのは初めての人です(笑)

そして2位はキュンがなかった中でも個人的に楽しめたキャラだったのでキョウにしました♪
この人は終始落ち着いているイメージですが、彼の√ではハルカに依存していきそうな感じとかもあるのでなかなかギャップが楽しめたかな。

エースはあの見た目なのに中身がお茶目だったんですよ~しかもプレイ中は特に思わなかったんだけどブラックボックスのストーリーを読むと実は可愛い奴だというのが発覚。
しかし萌えはなく…。

ネジはあの一瞬見せてきた狂気が好きだったんだけど…それ以外が浪川さんの面白さと素晴らしい演技に釘付けになっただけでして…。
この子も可愛い一面とか甘酸っぱい感じがあったんですがやはり上位二名には叶わず。

シュリは普通に考えたら一番まともというか、しっかりしているしどこの√でも本当に頼りになるんですよ。
恋愛という面ではこの子が一番恋愛っぽい感じだったのかなと思うんですけど、最後にあのようなお方と出会ってしまったせいとシナリオの内容に対してのシュリが普通すぎてしまったという感じです。

という事でこの度はぶっちぎりでマサト様です(笑)
もう本当マサトありがとう┏○ペコ

でも今まさに、もし神様に願いが叶うならばシズカを攻略したかったなと。
もっとシズカに監き…じゃなかった一緒に過ごす時間が欲しかったなぁと思いますね~。
そこがちょびっと残念かな。

今回はかなりサクッと感想にさせて貰いましたが、もう私の頭の中はマサトでいっぱいなので昨日全て吐き出したかなと(笑)

そして…明日からは…
赤い砂出来ることになったんですよ~(*ノェノ)キャー

実は明日は現場に来なくてもいいから事務仕事をして欲しいと言われましてですね(`ω´)グフフ
その仕事もほとんど終わらせていて、ちょこっとやる事があるだけなのでわざわざ自宅に洛泉をお迎えに行ってこようかと思っております(*´д`*)ハァハァ

そしてその足で本屋さんへ行ってこようかと♪

なので早く起きていこうと思うので今日は早めに寝ます!!
明日は洛泉仕様のお届け物とガルスタ情報を喋りに来ますね~(ノ´∀`)ノ
楽しみすぎて寝られるかなぁ。

ではでは本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました♪


昨日は兄√の振り返りをしすぎて
ほとんど寝ていないりな子に応援(∪・ω・∪)ポチ
お願い致します(笑)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(*´∀`*)ノシ

まずは昨日の独り言へと覗きに来てくださいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチそしてコメントも下さいましてありがとうございました~(*´∀`*)
毎日とても励みとさせていただいております♪

今日は予定外の出費をしてしまった例のブツが届きました~♪
しかしながらAmazonくんの袋が分厚くって「他に何か頼んだっけ…?」と考えを巡らせても、CDはほとんどメイトなどの店舗で予約してるしなぁ…まだ届くはずのものもないし…と思いましてですね。

とりあえずは開けてみようと思い出てきたのが…

IMG_3164.JPG
IMG_3165.JPG

この分厚さすごくないですか?(笑)

もし神のサントラですよ~!!一昨日思わずポチっちまったやつでございますです…!!
こちら3枚組らしいです。
まさかこんなでっかいの想像していなかったので驚きでした(゚д゚)

一枚はOP曲とかED曲などが収録されていて、他二枚がゲーム中のバックミュージックが収録されている形みたいです♪
出かけてくる前にしっかりiPhoneに投入して参りました~( *´艸`)
ついでにもし神の店舗特典などのドラマCDも入れてきて電車の中で聞いてきたんだけど…ニヤニヤしちゃってまた電車で変な人扱いされてしまうところでした…。

3本あるんだけどどれもなかなか面白くてですね…(笑)
本編にはなかなかなかったキョウやネジ達の攻略対象達とマサトがやり取りしている感じなんですけど、面白いんですよこれが(*´∀`*)
各キャラが良い味出してました…しかしながら浪川さんは鉄板ですね。

そして楽しみにしていた兄√なんですけどね、これはなかなかヤバかったです!!(笑)

もともと他のキャラの√でも所々で黒い部分というのは見せてくるんですけどね~あんなの序の口中の序の口でしたね!!
この人の√中の黒さ?執着?は、あんなもんじゃなかった…。

こんなにレベルの高い病み…いやストーカー?は初めてかもしれませんね!!
でもここまで極めているというのはなんかこう、もう気持ち悪ちとかというよりも清々しいというか…色々極めすぎてて逆に笑えてしまう部分があるというか(笑)

とりあえず何だかんだ楽しめたなという思いと、一番最後の√が一番楽しかったと思いますね。
やってる事はキモいけど兄ちゃん好きです(*´∀`*)エヘヘ

ではでは早速感想に行きますね。

twittericon_300x300_moshikami_ch05.jpg

とりあえずこの√で起こる出来事がハルカにとって一番むごいし苦しいし怖いと思います。

他の√とは異なる進み方をするので完全に孤立したシナリオって感じなので、序盤から分岐して進んでいるんですけどハルカを確実に手にするために兄が色々な出来事をしでかす感じなんですよ。
そして今までの他キャラでの√を通ってきたという前提に成り立っている感じがします。

基本は優しい妹思いのお兄ちゃんなんですけど、ちょいちょいダークな一面が見え隠れしていたんですよね~今までも。
でもハルカはそれには気付いていないし、優しいお兄ちゃんと思っています。
しかし…ハルカもどこかで感じているんですよ、兄に対しての小さな違和感の数々を…!!

そんな兄が見せる狂気の顔を目の当たりにしていくんですが、「ざ ま あ み ろ」シーンとか、キョウの背後に兄貴がピタっとくっついてるシーンとか…もはやホラーゲームですか?これは…と思うほどゾワワワ~っとするシーンが多々あります!!(笑)

今までの√で気になっていた兄についての事とかハルカの過去の思い出せない記憶などが分かりつつ、兄のブッ壊れ具合が凝縮されているシナリオになっているんですが、真相EDを最初にプレイしたんですけど面白くて朝の4時半?とかまで頑張ってやっちゃいましたよ…。

結局真相EDを迎えるまで5時間かかっていたんですが夢中になってプレイしてしまいました(笑)
ちなみに途中でバグが発生し場面が切り替わる時にフリーズするようになってしまい、一度セーブして電源をオフにしてからまたやり直すというのを2回くらいしました(´;ω;`)

しかしながら、もうね~兄が本当に凄いんですよ!!

愛と狂気と狂気と狂気!!って感じで、ここまで歪みきった愛情はなかなか凄いと思います(笑)
この人のハルカへの想いが全てを壊して狂わせていくんですけど、その対象になるのが攻略対象達なんですけどね。
もはや彼らは駒、彼ら駒を動かして周りから追い込んでいってハルカを堕とし手に入れようとしていくというのが大筋なんだけど、今までの√の事を全て踏まえての兄√って感じです。

しかもそのやり方がムゴい…(゚д゚lll)
ハルカと絆を深めようとするエース達をハルカから遠ざけようとあの手この手で信頼させないように、距離を縮めさせないようにとするんですが、もともと今までの√のように土台ができていないので脆いんですよねぇ。

なのに、なのに!!
マサトが仕向ける事を通してやはり絆を深めていってしまうんですよ~。
そうするとマサトの本気が…ハルカ達を辛く苦しい道へと誘います(´Д⊂

もうここでのハルカはよく乗り越えたなと、心から思いますね!!

ちなみに兄の攻略は、どうして彼らをハルカからそうしてまで引き離そうとするのかとか、思い出せない過去の事とかそうゆうのが絡みながら進んでいくので結局全ての√をプレイしてから最後に兄をやるのが良いと思いますね。

それにしても私が今までプレイしてきたキャラでここまでストーカー並みの愛情を見せた人はいただろうか…と考えたんだけど、こんなテレビのニュースになってもおかしくないような人は初めてだったなと思います(笑)
でもそんな兄を好きだと思えるのは何故なのだろう…。不思議だ…。

ちなみに今までの√を通ってきて自分が想像していた兄の存在よりももっと複雑だった事に「お。意外と面白い展開じゃん」と結局引き込まれていたという感じなんですよね。

もう緑川さんのあの五右衛門の優しい声だったのがですよ…?
優しいのに怖いと感じるんですよ!!
耳元で優しく囁いているはずなのに萌えというより怖くてでも(≧∇≦)キャーってなってしまう感じ(笑)

ちょっと兄の所業を一つだけ言ってもいいですか?
見たくない人はここで閉じちゃってくださいね(*´∀`*)


ハルカがお風呂入った後にお風呂場に兄がやってくるんですけど、まずそこで息を吸うんですよスゥーハァーって(笑)
んでね…排水口に手を突っ込んで髪の毛取るんです((((;゚Д゚))))アワワワワ
そしてそ取った髪の毛を…それを…それを…(;Д;)ギャー!!
これ以上は私の口からはお伝えすることはできません(笑)
モザイクです。ピーですピー(笑)

もうこのシーンの時怖すぎて笑いが出てしまうほどに衝撃だったんですよね。
まぁこんな感じで兄のする事というのはレベルが高いキモさです(笑)←悪口ではないですよ。

そんな危険な香りしかしない兄ですがどうしてなのだろう、こんなにも好きになってしまったのは…(笑)

しかもここの真相へ向かう時の選択肢が確実に兄に懐柔されていくような選択肢ばかりなんですけど、それを選ぶのが居た堪れない気持ちになりつつもワクワクしてしまうんですよね。
とりあえずEDごとの感想を簡単に喋りまして今日は久々にネタバレ行こうかと思いますので、長くなりますがどうぞお付き合いください┏○ペコ

ではまず最初に真相EDを迎えに行ったんですが、このEDはハルカと兄やこの二人に深く関わる今まで会いたくても会う事が叶わなかった人にとってもすっごく温かい幸せ~なEDとなっていました。
今まで幸せになれなかった人達が幸せになれるという終わり方でしたね。

ある意味兄の願った通りに進んでいくんですけど、ハルカはどんな兄でも受け入れるんですよね。
愛し方は間違ってしまったけどこの人は自分を愛してくれていたと認めると、ある人が二人を助けてくれるというか力をかしてくれて二人にとって幸せな未来を歩いていくという感じ。

ここでは失ったものとかも元に戻っていたりするので大団円的な感じで終わるので今までで一番幸せな終わりなのかな?と思います。

真相から分岐する滅亡EDは兄の思い描いた通りの世界になって終わるんですが、滅亡というネーミングがピッタリの終わり方でしたね。
すっごく不思議なのですが兄√は早送りが出来なくてですね…既読の部分でもできないようになっているのでそれがすんごいめんどくさかったです…(;´д`)

なので滅亡はほぼ真相と同じ内容だったんですけど、そこまで…って感じの終わり方だったなと。

そして混純EDは誰ひとりとして幸せにはなれない終わり方なんですけど、ハルカは今まの出来事があっても兄の事を想い続けるんですよ。
苦しい切ないというのが続いて立ちはだかるんですけど、やっとある意味では幸せな方向へくのかなと思うのですが…最終的には幸せというものはないという…。

なんとも残酷な苦しいEDだったなと。

そして最後に帰還EDをプレイしたんですが、私は個人的にこのマサト√の中では帰還EDが一番好きです。
というのも、私の求めているマサトが最大限に発揮される終わり方なんですよ。

マサト√では最終的にはハルカが自分で考えてハルカが動いて打破していかないといけない流れになるので、助けてくれる人というのが基本いないんですが、最後の最後に出てくるんですよ、あの子が。

そしてその子が助けてくれてそれでも諦めずに進んで何とか助かる方向へと行きます。
でも兄のしてきた事や兄にされたことが許すことができず、ハルカは兄から離れることを選ぶんですよ。
だがしかし…兄は兄で諦めずに追い続けハルカも逃げ続けるんですが、最後にはやはり…。ね(゚Д゚)
ここは完全なるハルカの病みEDなんですけど、兄もブレずにぶっ壊れていますし個人的にはここの終わり方が大好きでしたね~。

兄に関しては結構さっぱりな感想となってしまいましたが…
せっかくここで締めくくりの兄だったので、ネタバレありのりな子の独り言感想へ行こうかなと思います(*´∀`*)
この先はネタバレのオンパレードとなりますので、未プレイの方やネタバレが嫌よ~という方はここで閉じてくださいね~♪

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村












































|ョω・)ジィーッ















































|ョω・)イキマスヨ~








































さぁ!!!!(笑)

もう個別とか吹っ飛ばして兄メインでいくのと、ネタバレのオンパレードな上にとにかく喋りたいことを喋って行こうと思います。
ザザっと簡単にシナリオの事も挟んでいきますが…
が!!、長くなるとあれなのでかなりバッサバッサ省いていくので、本当に雑な感じです(笑)

まず、ハルカ、エース、ネジ、キョウ、シュリは高校の修学旅行の委員会で全員に繋がりが生まれるのですが、この人達の仲良くなるのが急速すぎて違和感を持つんですよ。
だってハルカはもともと生まれつき(?)異性を引き寄せてしまうのいう体質を持っていて、同性にいじめられてきているんですけどね、そのいじめられているのを序盤で知り皆が助けようとするの。

え?もうそんなに仲良くなっったの??嘘だ~。

って思うんです。
でもこれにはちゃんと意味があって、ハルカのこの異性引き寄せる体質というのはエース達と出会う為の体質なんですよ。
どうしてそうする必要があったのか…?ですが、ハルカの中にはイザナミ、エース達にはイザナミを守るイカヅチの神(?)が宿っているんですよね。

そして九鬼兄弟はヒカルがアマテラス、シズカがツクヨミ、アキラがスサノヲという感じでそれぞれに神が宿っています。
んで兄のマサトがイザナミの兄であり夫のイザナギなんです。
ちなみに九鬼兄弟に宿っている神たちはイザナギが父イザナミが母という関係性です。

九鬼兄弟とマサト以外は自分たちが子供の時に願った願いが叶えらる変わりに体を依代とされているんですが、自分たちが成長し神が居ることを自覚しないと力を発揮しないんですよね。
九鬼兄弟とマサトは黄泉に居た時に体を貸してくれと言われて依代となっているので、もともと自覚した上でその存在となっているという訳です。
(元々死んでしまっているという事なんですけど、ハルカは最後の最後まで兄が既に死んでいるという事に気付いていません。)

で、そのイザナミが自身を守るイカヅチ達とどこの世界にいても必ず出会えるようにと、ハルカに異性を引き寄せてしまう体質というのを持たせているんです。

そしてEDに帰還とかあるので気付くかもですが、この元々いる世界というのはいわばコピーのような存在の国で元いた場所ではないところなんですよね。
全てはイザナミがイザナギに逢いたくて逢いたくてしでかした事という感じになっています。

周回していくとハルカ達全員が今までも同じようなことをしてきた事や、過去にも同じ様な光景を見たことなどを思い出していくんですが、マサト以外の√では神のそういったアレコレに巻き込まれた事として認識しているんですよ皆。
イザナミは黄泉の神なのですが、イザナギにどうしても会いたくて会いたくて黄泉の国を出てきてしまった…と。

関係性的にはイザナミ-イカヅチ4人、イザナギ-九鬼兄弟って感じなんですけど、√によって九鬼兄弟は立ち位置が変わります。
マサトが暴走すれば母であるイザナミ、ハルカを守り助けようとしますが、そうでなければ基本はイザナミを黄泉に返すか元の世界に返さない方向で留まらせるように手を打ってくるので敵となる。
中でもアキラはイザナミを深く慕っているので、イザナミを覚醒させる帰還EDではかなり協力的でハルカに対して淡い想いを抱きそうな感じですが、それ以外では母を覚醒させないハルカ達は完全に敵です。

んでハルカの方はイザナミに選ばれている形になるのですが、子供の時に「私は、私でいたくない」という願いを込めて手紙を流すんですがそれがイザナミの眠るダイハナと呼ばれる海の聖地?に届いてしまい、イザナミがハルカを依代にするんですよ。
その時に願いが通じてしまってイザナミを受け入れる形となり、アンドロゲン不応症という性別の事で悩む事になってしまうんです。←これがハルカが人に言えずに悩んできた事です。

この時に他のエースやネジ、キョウとシュリも一緒にそれぞれの願いを手紙に書いて流しているんですが、それが過去から届く謎の手紙という訳です。
この辺は個別で自分たちがその手紙に書いた事に対してトラウマのような物があったりするので、それを乗り越えることでイカヅチの力を手に入れるという流れになっていました。

そしてですね…

この「今まで何度も繰り返してきた世界」というのは、実は神のしてきた事に巻き込まれたのではなく、兄であるマサト自身が繰り返してきた事で、ハルカを手に入れるため、ハルカを手に入れて自分の望む世界を作り出すために繰り返してきた世界だったんですよ!!
マサトの執着すんごいです。

そしてハルカの記憶は10歳以前の記憶がなくて兄は母の再婚相手の連れ子なんですが、兄との思い出が全く思い出せないんですよね。
なので小さい時に願った「私は、私でいたくない」というのはどうして願ったのか分からないんですよ。

時々思い出しそうになるんですが激しい頭痛がして思い出せない…

更には今までの日常でも兄がいるように振舞うハルカに母が怒り狂い、母がおかしな宗教までしている始末です。
マサト以外の√では御烏様~と縋っている母の方がおかしくなっているような視点になっているんだけど、どこかやっぱりおかしいなぁと思わせる部分を残しながら進んでいくんですよ。

そして今までとは違う兄の一面…優しい兄だったはずなのに兄の狂気な面を見ていくうちに段々と記憶の扉が開かれていくんですが…。

実は、子供の時にハルカは兄の同級生に乱暴され、その場に助けに来た兄がその同級生を倒す?んですけど、その瞬間に兄の中にもう一人の兄が生まれます。黒マサトです。
そしてそのまま闇病みな兄の黒マサトにも乱暴をされます。

恐らくなんですけど、もともとハルカは義理父にも乱暴されていたのでその事を知っていた兄はもともと心に闇を抱えていたんですよね。
そしてその同級生との場面に出くわしてしまった事で怒りが爆発し、自分の弱い部分がもう一人の自分を作り出した…という訳です。

そして元の人格の方の兄はその出来事に苦しみ、自らの人生の幕を閉じます。
この時が大学生です…。

ここに出てくる兄も大学生です…。

ハルカは高校生になっているのに兄は未だに大学生なんですよ~!!((((;゚Д゚))))

ハルカここで兄のマサトが既に死んでいるはずだというのを自覚します。
でも不思議なことにそのへんは他のことにかき消されて特に何もなかったです(笑)

更には兄の中にはイザナギがいるのですが、黒マサトの方のハルカへの執着が凄すぎてイザナギさえもを押さえ込んでしまったらしいんです。
イザナギの力で黄泉から現世へ戻り力を手に入れた黒マサトは、イザナギと白マサトを自分の中に封じてハルカと二人だけの世界を作ろうとする訳ですよ。

そしてハルカへの愛が歪みすぎているマサトは風呂場事件の他にも、爪を切ってあげると言い、切った爪をコレクションして舞い上がっていたり、寝ているハルカの部屋へ忍び込みキスしてみたりともう筋金入りです。
歪みに歪みきったマサトの愛と執着がもうすんごいんですよ!!

このマサト√ではハルカをどうにかこうにか手に入れようとするんですけど、ネジを精神的に追い込みネジ使ってキョウを殺し…エースも…あれ?エースはどうしたんだっけ…(笑)
思い出せないんですが、まぁとにかく殺されています。←
そんで最後のシュリもマサトがはめるんですけど、この時既にハルカは兄がおかしいということに気付いているんだけどね~もう遅いんですよね~((((;゚Д゚))))

とまぁマサトのハルカ懐柔計画はうまく進んでいくんですよ。
だって全員死んでしまうんですもん!!
そこでマサトが「やっと全員死んだね」って緑川ボイスで言うんですよ~!!

もうここの緑川ボイスがいちいち楽しすぎてですね、優しさの中の狂気って言えばいいんですかね。
甘い囁きとなるはずの言葉とか言い方が、ちゃんと怖く感じるのが凄いんですよね。

その後はED毎に変わっていくんですが、ハルカが負けない!!と立ち向かって白マサトの方と幸せな未来を選ぶのか、ハルカの中のイザナミが暴走してしまうのか、黒マサトの手の中に堕ちるのかみたいな感じになっていきす。

めっちゃ雑な感じだけど伝わってますかね?(笑)

とにかくこのマサト√が面白かった。
モヤモヤもあるんですよ?(笑)
マサトが殺した事で出てきた警察は途中まで毎回その場にいるハルカに「またあの子か…」と言ってどうなっちゃうの~と思わせておいて、警察その後出ず…とか。

マサトのオッドアイは眼帯して隠してたけど…何も意味がなかったようで…二重人格だよというのをビジュアルで出しただけだったのかなとか。
色々あるんだけどでも、このストーカーっぷりには楽しませて貰ったのでもう満足です(笑)

緑川さん良い仕事してました(*ノェノ)

いやぁ~明日はフルコン感想をあげようと思いますが、ちょっと一回気持ちを落ち着けて喋ろうと思います!!

ではでは長く雑な感じで喋りたいことだけを喋りましが、最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~(ノ´∀`)ノ


最後は出番が少なかったシズカ…
もっと保志さんボイスが聞きたかったりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します(*´∀`*)ノシ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは(*´∀`*)ノ

明日から2週間家に帰宅できないことが発覚したりな子です((((;゚Д゚))))
どどどどどどどうしよう…
赤い砂取りに帰ってこようと思ってたんだけど…ゴルフの帰りに無理やり家に一旦帰ろうかなと考えておりますです。
かなりハードにはなるけど次の週も出張だし持っていきたいんですよね~(;´д`)

という事でそのまま取りに帰ろうと思います♪(ノ´∀`)ノ

まずは昨日のキョウの感想を見に来てくださいまして拍手や応(∪・ω・∪)ポチを頂きましてありがとうございましたヽ(・∀・)ノ
いつもいつも本当に励みとさせて頂いております┏○ペコ

昨日はわりと早めに就寝しましてですね、シュリくん√の個別のクライマックスに行きそうかな~って所まで進めて今日もその続きをしたんだけど19時頃にやっと帰還EDを回収することができましたよ~*o_ _)oゼェハァ…
結局共通を早送りで進めたとしても個別に入るちょっと前から未読部分になるので、初回はどうしても時間がかかってしまうんですよね。

という事でシュリの感想へと行きたいと思います(`・∀・´)

twittericon_300x300_moshikami_ch04.jpg

とりあえず…もう次に迫ったマサトが気になって気になってしょうがなくてあんまり身が入らなかった事をお詫びいたします。

┏○ペコ ┏○ペコ ┏○ペコ ┏○ペコ

シュリは可愛いんですよ?梶くんも頑張ってたしね!!←上から(笑)
でも何かこう…私の好きなのは低音の梶くんなので、終始可愛さがメインでたまに男の子感をだしているだけでは萌え転げることができなくてですね。

しかもシュリの前に立ちはだかった敵がいるんですが、それがシュリにとってのトラウマ?的なモノらしいんだけど、私がちゃんと読んでなかったからなのか、あの人が一体何であのようなことをしてしまったのか、そしてシュリは結局それで何がトラウマだったのかよく分からなかったんですけど……。

モヤモヤ。

それとこれの前がキョウの√だったからかな、何かこうシナリオの波があんまりだったような物足りない気がしてしまったんですよね。
今までみたいに辛い出来事も数々起こるんだけど、なんかいつも以上に淡々としていた感じがしました。

とりあえずですね、シュリはわりとどこの√でもしっかりしている印象で、他のキャラが取り乱したりするとそれを宥めたり皆をまとめる立ち位置にいる子なんですよ。
なのでこの√でも結構冷静に判断して行くことが多いです…序盤は、序盤はね(笑)

まずシュリって一度見たものは細かいところまで覚えているという突出した能力を持っているんだけど、それが原因で幼少期に嫌な思いをしているんですね。
なのでそれを隠すためにある程度、人並みにしかできませんよ~って生活しているんだけど、時々皆が見る砂嵐のような瞬間に違和感を覚えるんですよ。

だってシュリは一度見たら忘れないんですよ?
なのに僕が覚えていないなんて……とこれまた謎を呼ぶ感じ~モヤモヤ。
この感じは他のキャラ√でもシュリは見せているし、ここで特別にという訳ではないんだけどこれがちょっと増えると言えばいいのかな。

そして数々の不思議に思うこと、謎に対してもわりと冷静に分析してくれるので気になっていることを解決していくのにはすごく頼りになる存在のシュリです。
キョウの√をプレイした後だとシュリ√はわりと平和な部類に入ると思います。

彼の過去にあった事というのはもちろんそれぞれのキャラ同様に影を落とすものだけど、√内で起きる出来事というのはわりと平和な流れかなと。
ただね~偽物のハルカが出てきてそいつがやった事はさすがにヽ(`Д´)ノって感じだったけど、この偽ハルカとなった人も、攻略対象の彼らと同様にハルカに惹かれている一人だったんだ…と少し切ない気持ちも出てきましたね。

でもこれは真相・滅亡EDでは悲しい事には変わりないんだけど、ある意味幸せだったんではないかという方向に行くし、真相のエピローグでは新たに幸せな方向へと進んでいる内容になっているのでこれは良かったー!!と思いましたね。

恋愛面ではシュリとハルカにはとてもお似合いの感じでして、シュリは早い段階でハルカの事が好きだと認めてハルカに伝えるんですけど、ここでハルカはまだ恋愛としてシュリの事を好きと言う所までいっていないんですよ。
なのでこの色々な出来事を一緒に乗り越えていく中で、シュリに対しての気持ちを育んでいくって感じなんですよね。

でもねぇ~可愛い顔してますけどシュリって、スチルになると意外と男の子なんですよ。
萌えとかはなかったんだけど、意外と背が高いんだな…と思ったり、スチルになると男の子だったんだなぁって思うことが多々ありました。
でもそれだけだった……。

では各ED別で簡単に感想を喋っていこうかなと思います。

まず帰還EDですが、とりあえずここでは失う物が多すぎるんですよね。
これは毎回なんですけど、ザザっと言えば世界を取るのか前に進むことを選ぶのかというので分岐すると思ってもらえればいいかと思います。
ブロ友様に言われて、はっ!!と思ったけど「帰還ED」と言っているくらいだから…ね…(笑)
何となくあれれれ?と思うこともあると思います。まさにその名の通りって感じなんだけど、そうする為にまぁこう色々と突きつけられるわけですよ。

その為には成長する必要があったりとか、力を手にするためには自分にとって乗り越えるべきものを乗り越えなきゃいけないのでね。
その為に自分の越えるべき物とプラスで失いながらも強さを手に入れなきゃいけないというか、なので失うものも多いんですが本当何て言えば伝わるかなと思うんですけど。

起きている事自体は本当に残酷な事ばかりなんですよ。
立ち直るのも無理!こんな思い絶対したくない!!ってくらい残酷だと思うんですけど、どうしても後一歩何かが足りない気がしてならない。
グッと入り込める所までいかないんですよね(´ε`;)

でも、そんな帰還EDですが私は最後の所でアキラがハルカへ向ける優しさに、とーっても切な気持ちになりましたね。
アキラってどのキャラでもそうなんですが、ある√では完全に敵、ある√では見方のような動きをしてハルカに対する新たな気持ちをちょっと知るといった感じなんですよ。

シズカとヒカルもある意味ハルカ立ちにとっては敵となったり、味方のような立場になったりと変動するんですが気持ちの部分d値はアキラだけなんですよね動きを見せるのが。
なのでここのEDでのアキラとのちょっと垣間見える想いというのが何だか良かったんですよね。

あ、後シズカに「ハルカ」と呼ばれるのが私大好きなので、久々に出てくるとログからリピします(笑)
シズカ後半になると出番少なくなっちゃうから(´;ω;`)

お次は混純EDへと進みました~。
ここはほぼ帰還と同じ√で進んでくるんですけど、シュリでの混純は確実に!!誰ひとりとして!!ハッピーな人は一人もおらん終わり方でしたね。

もう何だろうその選択しかなかったの?と言いたくなるような何とも言えない気持ちになりました(笑)

淡々と過ぎてゆくシーンを見ながら やれそれはダメだ! でももうこれしかい! だの…。
このやり取りにちょびーっとだけちょびーっとだけですよ?イライラしてしまいました(笑)

でもね、そんな誰も幸せではない終わり方んだけど最後の最後にハルカがシュリに向ける想いには重くて暗いものが垣間見えた気がしてちょっと新鮮だ終わり方だなって。

この作品基本はやっぱり爽やか?とうか綺麗な恋とか愛的なイメージなので、多分狂気な程の深ぁぁぁぁぁぁい気持ちって今までのキャラ達にはないんですよね。
守りたいとか皆で一緒にとかそうゆう金八的な感じなので、だからなのかな?ちょっと最後に見せたハルカのもうどうしようもない状況なんだけど、それでもシュリを想う気持ちが新鮮だった。

そして帰還・滅亡とは途中から分岐する滅亡EDですが、偽ハルカのあたりから分岐してこちらの√へと進むんですが、滅亡はせっかく前回とは違う方法を選択し良い方向へと向けるんですが……。
決められた運命なのかそんなうまいこと行かないんですよ。
だけど、ある意味では良かったんではないかなと、偽ハルカ的には幸せだったんじゃないかなと思う感じでしたね。

でも様々な事を少しずつ思い出していくハルカとシュリはここでは精神的にすごく強くなっていて、大きく成長している感じでした。

しかしそこに立ちはだかるラスボス。
この人との狂気EDを迎えるのかと思ったんですが、そうではなく…。
ハルカ自身は救われるけど、それだけしか救えないという感じでして…いきなり画面がプツっと真っ暗になって終わりました(笑)

すごく悲しいどうにもならないもどかしい思いをして終わるはずなんですけど、拍子抜けしてしまった感じでりな子の滅亡EDは終わりました(ノ∀`)

そして真相EDですね!!
ここでは皆がそれぞれに成長を見せる、心を強く持つという感じになっていて全員で立ち向かうという久々の熱いシーンが見られました。

もはや私はそんな皆が頑張って立ち向かって進んでいくことよりも、アキラが…アキラが…大怪我しているのにも関わらずハルカたちを助けに来たことに感動でした。
そして告げられる「僕は一緒には行けない」という言葉ですよ。

アキラは行けないんですよ…行けないの…どうしてかは言えないけど行けないの!!(笑)

この子はハルカの事を好きとか想っているというのとはちょっと違う感じで、ハルカの事を想っているんだけどその中にもちょこっとだけでも何かが芽生えているはずなんだ!!
だから何かこう気になってしまうんですよね~。

結局は真相が一番幸せな形で終わっているんだけど、ここでも皆が一番幸せな形を迎えていますし。

でもやっぱり何かが物足りない感じでしたぁ(´;ω;`)
何だろうなぁ…すごく伝えづらいんですけど、波のない海を見ている感じ?だったんですよね。

でも最後は楽しみにしていたお兄様が待ち構えていますので、これからプレイしてこようと思います。
また明日の夜までかかっての回収となると思いますが…頑張ってきますo(*・ω・)○オー!!

ではでは最後までお付き合い頂きましてありがとうございました┏○ペコ


結局赤い砂とワンドが同じ時に手にすることになる
りな子に応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します(´;ω;`)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~\(^o^)/

昨日は夜更かしを予告通りしたのですが、思いのほかキョウ√の展開にガッツリ引き込まれてしまいやめるにやめれずかなり夢中になってプレイしてしまったりな子です┏○ペコ

まずは昨日のネジくん感想&散財独り言を覗きに来て下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチそしてコメントを下さいましてありがとうございました~(*´∀`*)
本日もとても励みとさせて頂いておりますm(_ _)m

後3日?もしたら遂に赤い砂の発売ですね~(ノ´∀`)ノ
楽しみだなぁ~( ^ω^)ワクワク
私の赤い砂は愛する洛泉様仕様ですからね!!←

そりゃ届くのも楽しみってもんってもんです(*´д`*)

既に攻略順を考えるために調べてきたんですが…あんまりなくてですね。
制限がかかっていたりというのが今まではあったようなんですが、移植版も同じように制限かけているのかな…?

とすると汪明から始めて行こうかなと思っておりますです。
本当は一番最後に回したい洛泉なんですが、この人や汪明をプレイしないと開放できないっぽい感じで書かれていたんですよね((((;゚Д゚))))

こんな序盤で洛泉をやらねばならんのかと思うとちょっと残念ですが、まぁどうなっているか分からないので最初は汪明かな(*´∀`*)

来週にならないと出来ないんだけどなっ!!( ˘・з・)

楽しみは取っておくことにしまして…
とりあえずはもし神キョウ様全ED回収してきました~♪

( 」´0`)」 諏訪部さんありがとう~!!

キョウにはもし神プレイ初の微萌え?を感じることができましてですね、諏訪部さんの…キョウの囁きに何度悶えたことか…最高でしたね(*´д`*)

そしてキョウのシナリオにもだいぶ引き込まれましてですね…とても楽しむことができましたよ~♪

シナリオも今までのエースやネジとはまた異なった流れになるんですけど、何と言いますかここでは「家族」についての事が描かれていてメインはキョウなんですが、ハルカの家族についても今までめっちゃ気になってた事が少し出番があり母とマサトの事が描かれています。

そして更には九鬼兄弟についての正体というかなんというか、そうゆうのもやっとここで明らかになっていますのでわりとちょこちょこ気になっていた事も分かってくる√になっておりましたね。
キョウとの恋愛はちょっと依存っぽい感じがする時もありましてですね~これまた良かったんですけど、そんな時でさえも諏訪部さんの囁きにキャッキャ出来た私です(笑)

ではでは早速感想にいっちゃいますね♪

twittericon_300x300_moshikami_ch03.jpg

まずキョウはあんなにすかした感じと言いますか、クールで大人っぽい印象を持つ感じの方ですが実は…実はスーパーに行ってタイムセールとか詰め放題でその筋では有名なおばちゃんと張り合っちゃったりする可愛い一面を持っております。

どうでもいい情報ですがその筋で有名なおばちゃんは袋詰めの女王 二階堂さんというんだけど、詰め放題で披露する二階堂詰めと呼ばれる技は短い制限時間内に即座に大きなエビを選別して袋詰めをしていくという大技を持っているらしいです(笑)

とにかく序盤はそんなのほほんとした流れで物語が進んでいくんですが、キョウにも今までのキャラ達と同様に色々と事情がありまして、その事情を踏まえますと本当に優しい心を持っている子なんですよ!!
そして何よりも家族を大切に思っているお方ですが、その反面そこが弱さに繋がりやすいんですけどね。
なのでこの人の乗り越えるべき壁はこの家族の事と、自身が抱えているトラウマとなっている出来事になります。

もうね~ここの√では今までの比じゃないくらい酷な出来事が起こるんだけど、しかもそれが起きてしまった後に何とか心が休まりそうな時に…再び同じ内容で更に辛い事が繰り返されるというか…。

一つのある出来事で二度も辛い思いをさせられる展開になった時には、随分今までとは異なる感じで物語に引き込まれましたしすんごく悲しくなりましたね。
こんな残酷なことがあるのか!!と言ってしまいたくなる出来事ですし、それを乗り越えて大きくなるキョウが凄いなと(つд⊂)

このある出来事が最初に起きた時のキョウがとにかくものすっごく弱くなってしまって、更にハルカに依存しそうな感じの所まで匂わせてくるんですよ!!
その時のシーンなんかちょっとニヤニヤタイムとかもあるんですけどね(。-∀-)

諏訪部さんの囁きとその時の台詞に終始ニヤニヤしていたりな子なんですが、でもニヤニヤしていたらそこに来るんですよ…二度目の辛い出来事を起こしに…!!(;Д;)

そうゆう時にいつも支えているのはハルカなんだけど、やっぱりハルカだけの力じゃ足りない時もあって、そこでエースやネジ、シュリ達も大活躍するんだけど…。
キョウ√ではハルカとキョウ、仲間たちとキョウという絆がすごく感じられたシナリオだったなぁと思います。

恋愛面ではキョウがハルカを心配しながらもちょっぴりずつ距離が縮まっていくんだけど、最初はキョウとキョウの妹と仲良くなって行く所からスタートしていくんですよ。
この時の妹がナイスアシストをするんだけど、妹はこの時からずーっと二人にとってなかなか良いポジションでのアシスト役となります。

そして色々な辛い出来事を乗り越えつつ少しずつはるかに心を許して、他の仲間には言えないこともハルカになら言える、見せれるという感じでお互いが好きになっていくんですよ。
この乗り越える事というのがエース・ネジとは全く別のものなので、ハルカとキョウの関係は恋というよりは愛に近い深い絆という方が似合う感じがしますね。

恋愛でのすれ違いとかはないんだけど、キョウ自身がすごく不安定な状態になるのでそれをハルカが受けとめつつも道を正して引っ張っていくという感じで、ここでのハルカはすっごく頼もしくていい女だーって感じでしたよ~!!
最後にキョウがハルカの家の事情をちょっとだけ垣間見てしまう所があるんですけどね、その時に自分の事ばかりいつも聞いてもらっていた事とか、そんな時にハルカ自身も色々あったはずなのに何も聞いていない事とか知らないことに気付くんですよ。
いつも自分の事は後回しにしてキョウの為とか、他の人の為にばかり動くハルカに惚れ直すんですが…
何てエェ子なんや~(´;ω;`)と…キョウ√の主人公は健気さが際立っていました。

今回は帰還・混純・滅亡・真相の順番で回収してきたんですけど、やっぱりどう頑張っても10時間軽く越します(笑)
諏訪部ボイスを堪能してたから13時間とか、かかっていると思います。

まず各EDの感想の前に先に悶え台詞について喋っていいですか?
まずねデートに行くシーンがあるんですけど、その時にハルカはデートだと分かっていなくて皆とどこかで待ち合わせをしていると思うんですが、キョウにデートに誘ったつもりだったと言われるんですよ。

その時に固まっていると「デートするだろ?ハルカ。なぁ」って言うんだけどこの なぁ の部分の囁きがすんばらしいんですよ(*ノェノ)キャー
ダミヘだからもちろん耳元で至近距離で囁いてきます。諏訪部さんが!!(笑)

この瞬間あまりの不意打ちで私(´<_` )フッって鼻で笑っちゃいましたよ!!

あともう一つは「キスしていか?今すげーしたい」ですね。
久々にありがとう( ̄TT ̄) って感じでした(笑)
とりあえずキョウは、今までのキャラにはなかった色気というものを持っているキャラでですね、こうゆう甘いシーンというか囁きとかが多々ありました。

いきなり洋服(上)をお脱ぎになったり致すんですよ…。
この瞬間「えっ?脱いでるんですけど(゚д゚)」と思うんですが、まぁエースやネジのシュワっと爽やかキリンレモン恋愛とは全然違うので結果的にはありがとう!!って感じなんですけどね。

とにかくその辺なども含めて楽しめた√でしたね。

ではまず帰還EDなんですが、帰還EDだけだとやはりモヤモヤが残る終わり方です。
なんだけど、キョウとハルカの場合はこの寂しさの残る終わり方でも二人にとっては幸せなんだなというちょこっと悲しくもあるけど温かい気持ちを感じましたね。
ネジの時とかはやっぱりちょっと寂しさの方が強く残ってしまう感じだったんですが、キョウとは寂しさもその影にはあるけど温かさの方が前に出てたというか。

でも…ここでのネジがすんごい謎なんですけど…。
最後の最後にネジにある出来事が起こるんだけどこれがすごくモヤモヤしましたね。
結局これがなんだったのか未だ謎のままですが(笑)

混純EDは帰還EDからの分岐で最悪の結末へと向かってしまうんですよ、でもここでキョウがハルカに対する想いというものを貫くんですけどそれが切なくもあり温かくもあるというか。
ハルカが悲しまないように、ハルカの望む形を叶えてあげようとするという終わり方です。

キョウにとってはその選択というのはすごく辛いと思うんですが、最後までハルカの為にと想うキョウとアキラがなんか好きでした。
ちなみにアキラは全てががハルカの為にという気持ちだけではないんですけどね。

そして同じ√から分岐する滅亡EDと真相EDなのですが、こちらでは帰還EDでの出来事があった事が前提となっているので中盤あたりから別の物語となっていくんですよ。
なのでキョウに降りかかる出来事の乗り越え方がちょっと違うんですけどね、それがこちらだとハルカが皆を導いていくんですけどハルカの選ぶ選択というものが悲しいんですよね。

でも皆で一緒に進むには必要なことですし、キョウにこれ以上辛い思いをさせないようにと選ぶ選択なのでこれもまた想いが感じられる所。

それとここで今までちょびっと謎に思っていたハルカの母の行っていることについてとか、九鬼兄弟の事なんかが描かれているので今までの√での小さな謎が解決している部分でもあります。
マサトについてはここよりもネジでの方が解明されているけど、ここではちょびっと触れる程度って感じでした。

まずは滅亡EDですが、ハルカが自分には人とは違う部分があって悩んでいるというのを初回プレイの感想で話したんですけどね、その理由どうしてそうなったのかというのがここで分かったんですよ!!
これにはハルカの身に起きたある出来事が関係していて、その時の願いが叶ったと言えば叶った形になっているんですけど…。
何とも言えない気持ちになりますね。

そして同時に母事や母が口にする兄のことなどもここで色々明るみに出てきます。
こういった小さい謎を小出しにして各√に散りばめているのがうまいですよね~(笑)

ここのEDはまさに滅亡なんですけど、最後の最後の瞬間までキョウがハルカを想い続ける気持ちというのが良かったな~といった感じですが…
私は終わり方よりもここの√でシュリが「キョウて火に油を注ぐ男だよね」って言うんですけどね…
その時のエースが真顔で「火に油を注ぐ男 神里キョウ か…。」と言うんですよ。何かのキャッチフレーズみたいに…。
もう何かこれが忘れられなくてずーっとそれが頭の中でぐるぐるしてました(笑)

それとキョウの家に皆で集まっている時にシズカとヒカルが来ているんだけど、ハルカがご飯を作ろうか?という下りの時にシズカが「ハルカの手作り食べたい食べたい!」みたいなシーンがあったんだけど…どうして…どうしてあんなに気になるキャラ設定とビジュアルなのにこの人のシナリオが無いのかと、激しく悔しくなりました(´Д⊂

最後に真相EDです。
ここではキョウがより頼もしく見えたと言いますか、他のEDでも成長した状態で迎えているのでそこまで大差はなさそうなんですけど、何か大きく見えたんですよね。

大ボスと戦いまして幸せな未来を掴もうとするんですが、どこかやっぱり切なさを孕んでいるのがもし神の真相ED。
全て幸せな形で収まるというのはもちろん昨日も言ったけどありませんので、幸せだけど全員にとっての幸せではないというか…。

でもこれ、途中にあった悲しい出来事がある意味報われるような出来事が起こるんですよ。
この瞬間にあぁ良かったね~と言ってやりかった・゜・(ノД`)・゜・
実際キョウ共通部分で起こる今まで一番酷だといった出来事なんですけど、その時ウルっとするんですよ!!
それがある意味報われるような感じになるから、ジーンときましたね。

キョウの色気と、とてつもなく悲しい出来事が起こるけどそれを乗り越えた先のハルカとの強い絆というのが温かい√だったなぁと思います。
シナリオ的には全体を通して今の所キョウが一番面白かったなと思います。

しかしここからシュリと兄貴が待っているのでどうなることやらですね!!

ではでは本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~♪


諏訪部さんの囁きに久々の萌を頂いたりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します(ノ´∀`)ノ♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

|ョω・)ジィーッ

こんばんは┏○ペコ
今日はあまりにも女子日のせいでお腹が痛く…更には頭も重く最悪の一日だったりな子です||||||(_ _。)||||||

まずは昨日の独り言へと足を運んで頂きまして拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを下さいましてありがとうございました~(ノ´∀`)ノ
毎日とてもとても励みとさせて頂いております♪

えー今日はちょっと早めに、というか15時頃に帰宅しようと駅へ向かったんですがそこの駅がもそのすごい人で溢れていてですね…。
日曜日だから?何かこの辺でイベントでもあったのか?と色々考えたんですが、そもそもその駅ってイベントが行われそうな場所もないし不思議だったんですよね。

そして改札を通るとその謎が明らかに…。

なんと…!!
30分前に人身事故が起きたばっかりだったという(゚д゚lll)
そしてその駅に着いた電車はりな子の行きたい方向とは逆側に折り返し運転されているとな…
運転再開は16時だというではありませんか…これは困ったぞ…。
1時間駅で待つのかと途方にくれてたんですが、戻るのも面倒くさいのでとりあえず待ちまして40分後に隣の駅まで行けたんですがそこから折り返し運転しかしないようなので下車。

隣の駅からかなり遠回りして帰宅しましたよ~。
いつも1時間で帰れる所が2時間もかかってしまったんですよ(´;ω;`)
長い旅路でした(ヽ´ω`)トホホ・・

そして今日はですね~(^言^)フッフッフッ

もし神のサントラをポチしてきちゃったんですよ~♪
いやぁ~どうしてもED曲が聴きたくてですね、しかもその他にもちょっと気になったのがあったのとイメージソングも入っているとのことだったので悩んだ末に買ってしまった…。



明後日とかには届くらしいので楽しみです( ^ω^)ワクワク

そして春告と雪息子はメイトで連動予約して参った(`・∀・´)

しかしですよ…めっちゃ面倒くさいんだけど連動購入の特典ってこっちから応募しないとダメなんですね…(゚д゚lll)
これ忘れてしまいそうな気がしますね(笑)
連動購入したら商品と送ってくれー゚(゚´Д`゚)゚
私みたいな人は特にそのまま忘れ去られる危険性があると思うんですけどー…。

忘れないように頑張るけどちょっと不安です(笑)
しかしながらメイトさんはオリ得でCDがついてくるんですよん♪
とりあえず第一弾の石川さんを楽しみにしておきたいと思いまする( *´艸`)

さてさて、昨日と今日で頑張ってネジくんの全ED終わらせてきたよ~(ノ´∀`)ノ
とりあえずこのネジの√ではりな子大興奮の出来事が2つあってですね…これきっと私がどんなのが好きか知っていたら「あそこだな」って分かって頂けると思うんですけど(。-∀-)ヘヘ

では早速ネジ感想へといきましょう(*´∀`*)

twittericon_300x300_moshikami_ch02.jpg

まずネジに訪れる狂気の瞬間!!(笑)
これどのEDを回収する時も通る、いわばネジの中の共通√と言える所なんだけどね、そこは必ず早送りを止める私(笑)
ぜーったいにそこは止めてじっくり見ます(゚∀゚)
そして狂気の浪川ボイスに耳をすませます!!

私の中の浪川さんって最近で言うと澪とか、あとはクロゼロの鷹斗とかレンドのルイとかの優しいお声の感じが代表的なので、あんまりこう狂気じみた感じのイメージがないんですよね…。
まぁ鷹斗とかある意味そんな感じだけど、でもやっぱり優しい感じの印象の方が残ってるので。

ネジくんは基本優しいし元気な男の子!って感じなんですよね。
八重歯を覗かせるキラキラ笑顔が可愛い子って感じのイメージなんです。
わりとグイグイ引っ張っていってくれるような感じの子で、エースとはまた違ったタイプのヒーローって感じ。

それが…それが…!!

やっぱり何か抱えてたんだこの子~(;Д;)って思った瞬間だったんですけど、多分彼の奥底にそうゆう気持ちが全く無かった訳ではないという事もありそうだけど、実際はある事が原因で他の力が働いてしまう事でそうなってしまうんだけどね…
その狂気っぷりが素晴らしかったんですよ!!(≧∇≦)

その狂気Ver.ネジはその時しかないんだけど、もう久々にキタキタキター!!と思いましたね(゚д゚)(。_。)_。)ウンウン。
表情とかも( º言º)って感じになるし、言ってくる言葉とかその時に見せるもはや独占欲という言葉では片付けてはいけない感じとかがもう本当に楽しかったです(笑)

そしてもう一つは…あの人なんですけど、これ言っていいのか分からないので一応伏せますけど、もし神のスタッフブログ見るとその人の気になる画像が掲載されてるので気になる方はそっちで誰の事なのか確認して貰えるといいかなと…。
この人はエース√でも狂気を見せてきたんだけど、こっちではもっと凄かったYO!!

しかも既にプレイ済みの方の情報によるとこの人の狂気はこんなもんじゃないらしいんですよね。
一体どれほどの高い狂気レベルを見せてくれるのかが今からとても気になります…。
そしてこの人に対して抱いていた正体?存在?と言えばいいのかな、謎に思っていた部分がネジの真相√でやっと解明されたんだけど、やっぱり思ってた通りの展開だったんですよ。
これで一つスッキリしました~。

とりあえずネジ√はエースと構成はほぼ同じで対象が違うだけって感じですかね。
最後の目指す所は同じなんだけどその過程がちょびっと違うって感じなんですけど、基本流れは同じです。
ネジに降りかかる出来事とか、更にネジ自身の過去の出来事なんかも絡んでくるのでその辺は面白かったですね。

だけどここの√だとエースの時に分からなかった事が分かったりするので、ストーリー展開的には結構面白かったです。
迎えるEDによってその道すがらで分かってくる事というのが違うので、混純、真相が個人的には面白かったなと思いますね~。

でもまぁ一番はやはり真相ですかね。
ぶっちゃけてしまうと私、帰還EDの時ほぼ眺めてる感じでした(笑)
スタッフブログでチェックしてみたら1周目から回収できるのは帰還と混純で、2周目から滅亡と真相が回収出来るらしいんですよね。

んで最初に回収できる帰還というのがわりとスッキリしない終わり方なので、何かこう眠気を誘われるというか(笑)
エースの時同様にちょっと入り込めてない感じなのは前提なんですけど、全体的に流れ方がエースとさほど変わらないのと平坦な道を進む感じで、たまに飽…ゲフンゲフン。
まぁそんな事もありつつ、帰還EDはすんごいモヤモヤというか心に寂しさを残す終わり方なんですよね。

途中の部分なんかはエースとは異なるんだけど、ネジくんの( º言º)シーン以外はわりと似た感じの流れなのですよ。
でもここだとわりと早い段階でネジくんに異変が起こってくるんですけど、これを乗り越えると更にネジに降りかかる乗り越えなければならない事というのがあるんですよね。

この子の過去に関係する事なんですが、その事が原因で彼は臆病?とはちょっと違うんだけどある事から逃げているといいますか…。
まぁその事がネジ自身の障害となっているんだけど、ハルカを助けたいと思う一心でその自分という壁を乗り越えてかなり大きく成長するので、個人的にはエースよりも男らしさというかヒーローって感じが凄いしました。
(-ェ-o)ボソッまぁ萌えはなかったんだけどさ。

そしてハルカちゃんなんですが、この子はネジが相手だとちょっとだけイラっとしてしまった時がありましたね。
基本的にはエースの時と変わらないんだけど、うまく言えないけどもっと弱い部分が多かったというかそんな印象がありました。
もともとシャンとしているキリッと、何にでも立ち向かうという子ではないんだけどエースの時は割とエースも同じ感じだからなのか強さみたいなのが垣間見えていたんだけど…
中盤まではなんかこうハッキリしないというか何というか(笑)

とにかく激しく守られ役だったせいかそんな感じの気持ちを抱きました。

恋愛面部分はネジ共通部分で進んでいくんですけど、ネジは大きな波的な展開が結構早い段階で起きるので恋愛での面倒くさい感じの展開とかはなかったです。
ネジに起こる出来事を通じて気持ちを確かなものにしていくんだけど、お互いが命を掛けてでも助けたいとか傍にいたいと願うのでなかなか深い想いを感じられます。

そしてネジは基本優しいんですけどね…何かちょっと意地悪な事が多いというかですね、まだハルカが好きとかそうゆう風になっていなくて気になってるかな~?って時から、フザケてる風に迫ってくる時があるんですけど、これがなかなかいつものネジくんからは感じられない色気?の片鱗?みたいなのが見えてなかなかでした(`ω´)

でもこのシーンがちょいちょいあるからこその、あの狂気シーンというのが何か納得できるんですよ!!
もともとこう心の奥底に“何か”があったんだろうなと思えてならないんですよね~。

とにかくここではエースの時みたいなもどかしい感じとかもないし恋愛過程はネジの方が好きでした♪

そして帰還の次は混純EDへ向かったんですが、ここもそこまでりな子の心を引くものがなくボヤーっと進んでいたんだけど、ここで来たんですよ。
あのお方の狂気の愛情の数々が!!
もはやそこまでの過程部分はボヘーっと見ていたんだけど、この終わりに向かって爆発し出す感じ!!
まさかと思っていたらまさに混純…(笑)

ある意味BADとも言える終わり方なんだけど、この終わり方のおかげでこの人に興味が俄然湧きましたね。
暗い終わり方だったけどちょっとだけ面白かったです。

そしてお次は滅亡EDなんですが、ここでは何とも言えない感じの終わり方なんですがね。
えー…ネタバレしちゃいそうでうまい言葉が見つからないんですけど、ある人とある人、この二人にとってはある意味終わりを迎える瞬間はそれぞれが幸せだと思えていると思うんだけど、ハルカとネジにとっては幸せとは言い難い終わり方ですね。

しかし最後のスチルはまぁ嫌いではないって感じです…(笑)

そして…!!きましたよ!!真相ED!!
ここでは途中まで滅亡と同じ道を辿ってここに来るんですが、ネジ、シュリ、キョウ、エースは今まで以上に結束していくんですが最後まで皆で諦めずに、帰還・混純・滅亡を経てどの未来を選ぶのか~って感じなんです。

ここでですね最後に皆で未来を手につかもうとすると兄が出てくるんですが、兄マサトの謎がここで色々明らかになるんですけどね。
この人なかなかすんごい事を抱えていたんだよ……。
なんとも恐ろしい出来事なんですが、昼ドラとかに出てきそうだなおいっ!!と言ってやりたくなったんですが、でもこれがまた面白い展開で眠かったのか吹き飛びました(゚д゚)

もちろんそれ以外にも面白展開はあるんだけど、やっぱり今まで気になっていた所が分かってくる内容がないと眠気が来てしまうんですよね(ノ∀`)
これについては多分兄と接しているとちょっとした違和感を抱くと思うんですよね、ハルカに対しての優しさが尋常じゃないというかそれだけではないんだけどモヤモヤするはず。

しかしその兄との出来事をハルカは覚えていないんだけど、ここで思い出してしまうんですよね。
するとかなりの錯乱状態になってしまうんですけど、その事がきっかけでハルカはもうダメになりそうになるんですけどね、その時のネジが…浪川さんの迫真の演技が本当に凄かった。

最後の最後でネジの愛の深さが感じられた~!!って感じなんですけど、この子本当に頼りになるというかハルカの事をどれほどすんごーく大切に想っているかがビシビシ伝わって来るんですよ~。
やっぱり真相EDというだけあってめっちゃ面白いなと思いました。

そして九鬼兄弟ってどこの√でも同じ様な立ち位置なんですけど、迎えるEDによって変わるんですよ!!
敵か味方が。
なのでここのあるED√ではネジとシズカのスチルがあるんです~(。-∀-)

これもまた嬉しいスチルでしたね♪

しかしながら私の涙は百花で枯れたかもしれませんね!
泣きそうになってもおかしくないシーンはあるんだけど、どうにもそこまではいかないというのが正直なところですね(;´д`)

しかも早送り使っても一人の全ED回収するのに丸一日は掛かると思います…。
プレイしていない時間があって更に間が空いているので定かではないけど、昨日の夕方にはネジを始めているんですよ。
それで夜までプレイして3時間はやっていて、今日の昼間に2時間、帰宅して6~7時間やっているので…結構かかってますよね…。

私がプレイ遅いだけなのかなと思っていたんだけど、それでもやっぱり長いんですよね(笑)
途中台詞とか切っちゃう時あるんですけど、フルで聴いたらもっとかかっていると思います。

もし神始めるときは「よし!やるか!!」って感じで始めてますもん!!(笑)
とりあえずこれからいよいよキョウに行こうと思います(*´∀`*)

ではでは本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~♪


今日は夜更かしするぞー!!と意気込んでいる
りな子に応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します(*´∀`*)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言