FC2ブログ


連投失礼いたしますm(_ _)m

早速ですが『百花百狼~戦国忍法帖~』フルコンプ致しましたのでここでまとめの感想を喋らせて頂こうかと思います!!

hyakka_twitter.jpg

まず今回のタイトルですがD3さんだから…という事で不安に思っていた事を深くお詫びしたいと思います┏○ペコ
さすがはREDさん…そしてゴールド殿堂入りしたというだけあって本当に面白い作品でした。

百花は悲恋という設定を推した作品だということですが、まさに√によっては涙が止まらず『恋』というよりはもっと深い想いが感じられる作品だったなぁと思います。
どのような任務でもこなさなければならない忍び達の、その中でも抱える想いとか覚悟とか…そういった物が描かれることで切なくも美しいとさえ感じる物語だった~!!

ちなみに今回私はブロとも様に助言を頂きまして、公式のキャラ紹介順でプレイしましたので…
月下丸→黒雪→蝶次郎→半蔵→五右衛門 この順でプレイしました。
五右衛門感想でも喋りましたので、その辺は省きますが…最初に色々楽しみすぎて最後が平和だったので改めて前半3人のシナリオ回想をしてしまいました(笑)
(しかし特にこの順番に何かある訳でなく、ただ平和に終わってしまったというだけですよ!!)

いや~この前半3人とのシナリオ、BADが本当に素晴らしいんですよ!!

でもこれってすんごく好みが分かれるんだと思うんですけどね…。
幸せな気持ちで最後を迎えたい!!という方は上記の順番が良いと思いますね。

しかし切なくとも百花の魅力を最大限に最後まで楽しみたい!!というのであればですね、個人的には五右衛門から始めて、最後に月下丸か蝶次郎あたりをもってきて、間に黒雪→半蔵を挟むのも一つかなと思いますね。

全てをプレイしてみて月下丸・蝶次郎・黒雪のシナリオがやはり飛び抜けて面白かったのと、りな子は泣きまくりました。
構成的にも最後まで思いもよらぬ展開が続くし、シナリオに引き込まれて夢中になる面白さは格段に上だと思います。
そして黒雪→半蔵にしているのは、シナリオ的に流れが同じような感じであるのと、黒雪のシナリオで起きている裏側的な部分があるので続けてプレイするのも分かりやすくて良いのかもと思いました。

なので五右衛門→黒雪→半蔵→蝶次郎&月下丸とかだと、終了時まで感慨深いものを抱えますが面白いかもですね。
この最後の蝶次郎&月下丸というのはお好みで構いません。(個人的には蝶次郎が大号泣でした。)
まぁ安心して終わりたい方にはこの順番はお勧めしませんが(笑)

一つ参考までに…といった感じです(´∀`)

そしてシステム面なんですが物申していですか…??|ω・`)
とりあえず巻き戻し機能がないことにヽ(`Д´)ノでした(笑)
まぁ早送りがあるから良いんだけど、前の選択肢に戻ることが出来ないのでそれがちょっと厄介だったなと思いましたね。

私こまめにセーブしない人なのでΣ(゚д゚lll)となったらやり直しです…。
それが唯一気になる所でしたが、早送りもまぁサクサクではないもののそれでも不自由な物ではなかったので問題ないかと思いました。

そしてね…このタイトルの所々で投入されるBGMが何かすんごい良かったんですよね~(つд⊂)
切ない時とか戦いの時とか後半にはこのあたりのBGMが多いんですけど、まぁ涙を誘う誘う!!(笑)
戦いの時もかっこいい曲が流れたりするので、これも雰囲気に合っていて良かったなぁと思いましたよ~♪

ちなみにグッドEDとBAD EDのED曲が違うんですがどちらも良かった!!(*´∀`*)

そしてシナリオ面ですが、1章~4章までが共通で5章以降が個別となっていて全12章だったかな13章だったかな?
とにかく共通部分がそこまで長くないですし、かと言って短いというわけでもなく…個別もちょうど良いボリューム感の中に急展開→休憩→急展開という感じで本当に夢中になる構成ですし、総プレイ時間も1キャラ6時間程とかなのですが、ボリューム的には本当に大満足です。

この6時間という時の中に本当に色々な物が詰まっているので今回予約して買ってみて良かったー!!と思っています。

攻略キャラももちろんですが、主人公の槐、槐の里の仲間の忍び達などにもだいぶ涙腺を攻撃されましたし、半蔵の主である家康様などなど…サブキャラ達も素晴らしい活躍でした。
その中でも霞は可愛い顔して本当にいっぱい泣かされたので、彼女は素晴らしい働きをしたのでないかと思いますね(笑)

まぁ一番はなんといっても攻略キャラと槐なんだけどねっ!!

そして全てのシナリオに通して言えることは、槐自身の成長と忍びとしての覚悟と、そして攻略キャラとの心の繋がりと言えばいいのかな。
今回起こる最初の事件をきっかけに物語は進んでいくんですが、その間にも槐が『忍び』として、そして一人の『槐』として覚悟を決めなければならない局面がいくつも訪れます。

最初は不安こそ抱きますがその度に少しずつだけど変わっていく槐というのも注目ですし、その槐の変化にきっかけを与えていく攻略キャラ達にも変化が訪れるのでそういったものもまた見所かと思います。

が、一番はやはりその√ごとのシナリオですね。
もう本当に面白い展開となっていていますので、是非とも手に取ってもらいたい!!と思っております。
特に私のようにBAD EDも好きよという方なんかはすぐさま!!(笑)

りな子の大好きなBADはもちろん蝶次郎、そして黒雪のBADです。
蝶次郎は美しく、黒雪は温かい、どちらも違った二人の想いというのが感じられるので本当に大好きです!!

で、ですね…今回は好きなキャラというのがとっても難しく…と、いつも言ってる気がしますが今回は津田ボイス贔屓なども絡んでいるせいで本当に決めかねます(つд⊂)

そもそもただ単にシナリオなどが一切関係なくランキングをつけるなら確実に1位は半蔵様ですよ!!
あの冷たそうな感じといい、それが優しくなる時といいあの家康様に向かって答える『はっ』とか『御意』を何度リピしたと思ってるんですか~ヽ(`Д´)ノ←
なので何も考えずにいくなら半蔵様が一番です。

ですが・・・
やはりこの作品はシナリオが本当に面白かったので、そういったことも踏まえますと…

1 黒雪・蝶次郎
2 月下丸
3 半蔵
4 五右衛門

ですかね。
これすごく僅差という事にしていただきたい…(笑)
むしろ月下丸と蝶次郎と黒雪は横並びしたいんです!!でも、やはり黒雪のあの闇さ、蝶次郎との深い愛というのがここにかなり影響していて…。
この二人のシナリオというのがもう本当に大好きすぎてですね…。

月下丸は初回に攻略しましたが、この子の√が一番衝撃展開が多かったように思いますね(笑)
でも槐をただただまっすぐに想う気持ちとか、大切にしよう守ろうとする気持ちが本当に素敵で可愛くて、この子を安心させなきゃ~と思ってしまう方でした。
優しく喋る時なんてズルいんですよ!!(笑)

さぁそして半蔵様と五右衛門…。
この二人は切なさというよりもちょい甘さといった感じで、蝶次郎含む大人組なので何か最後に甘い感じが楽しめた方々だなぁと思います。
半蔵様に至っては最強の忍びと言われているだけあって、本当にお強いので戦いになった時なんかめちゃくちゃカッコ良いんですけどね、威厳を保っている喋り方から優しい喋り方になった時にはもうこれでもかってくらい楽しませてもらいました~(。-∀-)

そして五右衛門はとにかく明るい方ですが、この人にも意外な一面というのがありましてですね…まぁこれはプレイして貰って分かった方が良いと思いますので個別の方でも敢えて触れなかったんですが。
今までとはまた違った彼を見ることができますし、それもまた良かったなと思います。
ただ…萌えという部分では一歩及ばずでした(つд⊂)

二人共共通しているのが普段はあんまり名前で呼んでこないくせ、にいきなり『槐』って呼んでくるんですよ!!
な…なななななな(゚△゚;ノ)ノ……(*ノェノ)キャーとなりますね(笑)
上位3人程の悲痛な感じとかもなく終始安心した形で進められるシナリオですし、切なさはあるもののちょっとほっこりする感じとかもあるのでそれもまた今となっては良かったのかもしれませんね。

とりあえず半蔵様の全てと五右衛門の忍び装束は本当に素敵でした!!(笑)

とまぁ今回は各キャラ別感想をかなりのボリュームで書かせて頂いたのでフルコン感想を短く(?)まとめさせて頂きましたが、とにかく悲しいけどその影に隠れる温かさを感じ取ってほしいな~と思います~!!

そして…気を取り直しまして…
まだ私にはプレイしなければならない悲恋が待っております(。・m・)
もし神様でございますよ~(ノ´∀`)ノ

既にプレイされている方に『もしかしたらりな子さんがお好きそうなゲスキャラがいます。』という情報をゲットしておりましてですね!!
もう楽しみで楽しみでしょうがないいんですよ~(*ノェノ)キャー
明日は午前中にちょいと本社へと赴かなければならないので夜ふかしは出来ませんが、ちょっとずつ攻めて行こうかと思います(*´∀`*)

ではでは最後までお付き合い頂きましてありがとうございました♪



こんなに泣いたのは本当に久しぶりだった気がします♪
十分楽しんだりな子に応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します(*´∀`*)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

皆様ー!!こんにちは~\(^o^)/

今、遂に…百花百狼を終えてまいりました!!
五右衛門感想とフルコン感想をまとめて書くか…別で書くか…とても迷ったのですが、今回は別で感想をあげたいと思います。

ですのでまずは五右衛門様の感想を喋りに来ちゃいました(`・∀・´)

五右衛門との√はこれまでで一番幸せを感じるシナリオだったように思います。
もちろん今までのように追われる立場であることや、その中で逃げながらも知らされる現実とか槐の今置かれている状況なんかに切なくなる事もあるんだけど、個人的にはただただ温かく幸せだったなと思います。

最初の3人があまりにも激動の展開だったので余計にそう思うのかも知れませんが…。
まぁこの辺りや個人的な攻略順についてなどはフルコン感想で喋らせて頂くとしましてですね。

ここでは半蔵の時とはまた打って変わって、天下の大泥棒であり遊び人である石川五右衛門が槐の忍びらしくない一面など心の優しい一面などなど様々な一面を見て心を動かされ、槐はともに過ごしていくうちに五右衛門に心を許していくというのがメインに感じたので、一番どこの√よりも「乙女ゲーム」っぽかったというか、なんかこうキュンが詰まっていたかなと思います。

だがしかし…激しい萌えというものではなく、あくまでもほっこりと温かい気持ちになる感じだったんですよね。
きっと私の心は前半で荒んでしまったんです!!(笑)
何か激しい展開がないと萌えない感じになってしまっていて、五右衛門はりな子にとっては優しい心の広い人という印象になってしまったんですよー゚(゚´Д`゚)゚

なので全然五右衛門は悪くない!!悪くないんです!!
槐がすごく幸せそうだったし可愛かったらから良いんです!!(´∀`)

という事で…五右衛門様の感想へと行きたいと思います♪

icon_05.png

まずビズログに載っていたので軽く喋らせて貰いますが、この石川五右衛門ですが天下の大泥棒として名を馳せているんですけどね、五右衛門討伐の命が下り槐たちも捉えようとするんですよ。
なので出会いとしては「何か切なくなりそうな展開!!」となるんですが、意外にも安定感のある旅路といいますか…(笑)

その五右衛門討伐後に状況が一気に変わり、槐はある罪で捕らえられてしまいます。
その牢の中で再び出会った五右衛門が槐を助け逃げ出してくれ、ここから二人の逃亡が始まります。

そもそも五右衛門は風の吹くまま自由に暮らしてきていた方で、なんかこう遊び人風なんだけどちょっと掴めない感じなんですよね。
でも槐をチャラいながらも気に入っていて、興味があると言いそれだけで助けて逃げることを選んでくれます。

そこから槐と五右衛門は逃げ続けていくんですが、今回のこの逃亡の道すがらの戦いでは今までよりもシリアスさがないなと思って見ていたんですけどね…

一つは相手が五右衛門だからですかね(笑)
いつもニコニコと笑顔で冗談を言ったりふざけたりしながら場を和ませてくれる感じですし、槐とのやり取りもついつい笑ってしまうシーンなんかもあるので終始和やかな時や、優しい時間が流れることが多いです。

逃げるなら夫婦のふりをしようと五右衛門が言ってきまして、宿場町で夫婦のふりをして五右衛門が手をつないでくるんだけど「仲の良いご兄妹ですね(´∀`)」と言われてしまうんですよ(笑)
すると五右衛門が兄妹に間違われたままでは悔しいから一緒に寝ようとふざけ出すんですよね、その時の槐が「断固拒否します!」というのが可愛いんです(笑)

ここでの槐は年相応の女の子と感じる場面もあって可愛らしく感じました(*´∀`*)

そしてもう一つは五右衛門様は相手の方を殺さないんですよね。
せいぜい急所を突いて気絶させる程度なんです…だから今まで殺るか殺られるかだったシーンが多かったので緊迫感に欠けるというかハラハラせずにプレイできた感がしました。

しかしその殺さないという部分にも何かありそうな感じでモヤモヤしながら進みます。

少しずつ進んでいくと途中でまたもや!!ヒーロー月下丸が登場します!!
もはやこの子の槐への想いがどこの√でもひしひしと伝わってきて、出てくるたびに「月下丸キタ――(゚∀゚)――!!」となります(笑)
今回は同じタイミングだったかな…黒雪も現れるので、ここから一緒に行動するんだけどとりあえず月下丸と黒雪の槐へ向ける態度と、五右衛門に向ける態度の違いにほっこりしながらちょっと和気あいあいとしていて和みます(*´∀`人 ♪

しかしここでも追忍は現れますので、そちらを退けながらの逃亡です。

ですがね…やはり殺さないし、何ていうのかな…追忍である相手もアレですし…こうなんというかやっぱり物足りないんですよ。
昨日も半蔵様の感想で言ったんですがりな子的「百花百狼」の流れとしては優しすぎる展開で進んで行きました。

後半になる手前あたりでかつての槐の仲間であった甲賀の忍び達も出てきますが、そこまで緊迫した感じでもなく滞りなくシナリオが進んでいくんですけど…

遂に…その時が…(笑)

ここからは色々と伏せますが、もう少しでこの旅も終わりという時に突如急展開を迎えますが、ここに来てやっと槐が今まで五右衛門に生きて欲しいと言われてきた言葉をしっかり受け止めて向き合う感じになるので、「生きたい」と改めて思うことができた感じなんですよね。

それまでも少しずつ色々と考え答えを出してきていたんだろうけど、少しフワフワしている感じなのはありました。
でもイライラするほどの守られっぷりではないんですが、今回は覚悟を決めるとかそうゆ重い展開自体が少なかったので大きく槐が成長するとかそうゆうのもなかったように感じました。

最初にも言ったんですけど、乙女ゲームっぽいキュンが多くあったというのもそのせいなんですが、五右衛門と槐の距離が少しずつ近づいていると感じる事が多い√だったんですよね。
あからさまではないものの、恋愛っぽさが出ていたというか何というか。

だからこそEDの迎え方もクライマックスの乗り越え方も、今までとは全く全然違うものでそうゆうのを全部含めてどこよりも一番幸せな物語って感じでしたね。
黒幕的な部分も今までとは何か違かったですし…。

でもこれはこれで面白かったです(*´∀`*)

ただりな子の求めている感じとはずれたかなというだけのこと(笑)

ちなみに五右衛門さんはとーっても素敵ですよ(ノ´∀`)ノ
恋愛の感じも少しずつ槐に惹かれていく遊人の五右衛門様が、いつの間にか本気になっていたり…
更には槐を皆に取られて拗ねていたらば、そこに来てくれた槐の一言に翻弄されていたりとニヤニヤできる所は多々ありますし!!

五右衛門√で楽しみにしていた忍び装束姿も思ったとおりかっこよかったですしね!!(*´д`*)

ちなみに今回もグッドEDもBADもどちらも可もなく不可もなく…といった感じです。
もう終わってしまったのかと思うとちょっと淋しい気もしますがね~(´・_・`)

それでは次はフルコン感想を書きに行こうと思いますのでこれにて!!


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはヾ(・∀・)ノ

えー先程もったいぶって取っておいた半蔵様√を終わらせて参りましたりな子です┏○ペコ

まずは昨日の蝶次郎の感想へと覗きに来てくださいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチをして頂き、さらにはコメントも下さいましてありがとうございました!!(*´∀`*)
本日もとってもとっても励みとなっております♪

ずっとずーっと楽しみにしておりました半蔵様ですが、津田ボイスというだけでも最高なのにあの忍として最強と言われる服部半蔵というキャラ設定で最高に、最っ高に楽しませて頂きました。
しかしながら個人的にはちょっと思う所もありましてですね…そういう感想も含んで喋ると思いますので、まだ聞きたくないわという方はここでお閉じ下さいませ!!

といっても萌え転がるという点では本当に楽しみました(´∀`*)

まずこの半蔵√では今までの√では無かった槐の著しい成長がとても嬉しく思うと共に、服部半蔵と言えば…??

(-ω- )o< フムフム

そうです。心を、感情を殺し主から命ぜられた任務を全うしようとする最強の忍びですよね。
そんな半蔵様が槐を傍で見ている事で、少しずつ心が動いていく様というのが本当に細かく描かれていたなぁと…思います。

これがですね最初の時から半蔵様が言う「その意気や、よし」という一言に半蔵が変わっていく様がもうこれでもかっっ!!てくらい現れているんですけどね。
是非とも最初からどんどん変わっていくこの一言を聞いて頂きたいですね~(´∀`*)
後半になればなる程この一言に思わず微笑んでしまうというか、ニヤついてしまうというか!!

こっちまで温かい気持ちになりました。

シナリオ的には黒雪√にちょっと似ている感じなんですかね?
細かい流れとかはもちろん異なりますが、おおまかな筋としては同じような展開で進んでいく形になっています。
そして黒雪の時に起きた出来事を裏側から見ているという感じの部分もありましたし、今まで少し謎だった部分が分かる√になっていたなと思います。

ここでは追われる身となる槐と、それを守れという任務を全うする半蔵が二人で逃げながらある地を目指します。

その中で槐は自分が今まで常に周りの人達から守られていた事、守られる事を当たり前と思ってしまっている事に気付きます。
しかしこのままでは駄目だと思い、逃げながらもその中で修行をして己の腕を上げていく事に努力をしていくんですよ。
ここでの槐は他の所ではなかった美しくも見える強さというものを持っている槐でした。

そしてその修行はもちろん半蔵様がつけてくれるようになります( *´艸`)

さてさて、では半蔵様の感想へと行きましょう~♪

icon_04.png

京の任務の時に出会った半蔵様ですが、家康様の事をお守りする「ザ・忍び」です。
忍恋などでも悶絶したあの服部半蔵をそのままのイメージ通りなんですが、とにかく家康様の仰せのままに…って感じですし、最初は槐自身もちょっと怖いなと思うんですよね。

でもりな子はこの半蔵が、津田さんがいう低いお声の「御意」という言葉が大好きすぎて…ログからリピする程でした(笑)←キモw

さすが最強の忍びと言われるだけあって、槐に向ける一言一言には忍びとしてはこうあるべきという信念が込められているので分かっては居たけど近寄りがたい印象です。
なんですがね、ふと見せる意外な一面がもはや既に萌えなのです。

例えば家康様が向かった茶器を扱うお店で槐と半蔵に待っているように告げて家康が居なくなるんですけど、いきなり二人になった槐は困りつつも視線を泳がせていると…隣から茶道の道具の名前が一言降ってくるんです。

あれれ?と思い違うところに視線を移すと今度は視線を移した先の名前を言う…いちいち槐の視線の先にある道具の名前と一言説明をしてくれます(笑)
なんだ…この人ちょっと可愛いんですけど…。
更にはこの半蔵様は、家康殿には弱く何も言えない時なんかもあって可愛いんです!!

ちなみに家康様のお声は忘れもしない、アムネのウキョウのお声と同じでですね!!
初回プレイの時にどこからともなくウキョウの声が聞こえてきて大興奮し、思わずツイッタで叫んだくらいです(´∀`*)
そしてこの家康様が何と言いますか…誰にも言い返せないようなやり方をするというかSっぽいというか何というか…(笑)
そんな家康様には勝てない半蔵というのがまた面白かったんですよね。

そんなちょっと微笑ましいやり取りをしつつも、その時は来てしまいます…((((;゚Д゚))))

そうです。
この百花の私を悶えさせるきっかけとなる槐が追われてしまう出来事!!

今回は槐は追われる身となり忠実なしもb、じゃなかった槐に絶対の忠誠を誓う月下丸が槐を助けに来ます。
そして共に逃げていくのですが、追忍達から槐を守れという名を受けるのが半蔵です。
槐を守り抜けと言われた半蔵はその任務を全うするため槐のもとへと向かいます。

あるシーンでやっと半蔵様が登場し、そこから半蔵とともに行動するようになるんですけどね…。
この時まではまだ槐はいつものように迷い、覚悟を決められず悲しみに打ちひしがれています。
しかしここで半蔵という人と行動を共にし色々な出来事を乗り越える事で、槐は自分が今まで生まれてこの方様々な人、環境、全てのものに守られていて、それを当たり前のように受け入れていたことに気付くんですよ。

それでは駄目だと思いひっそりと修行を始めるんですけどね、数回修行をしているとある時それに力を貸すものが現れます。
姿は見せないけどその修行に付き合ってくれるあのお方!!(*´∀`*)ノ。+゜*。
その言葉や視線などは時に厳しいこともありますが、実はそれは凄く優しいものだと思えるようになると言いますか…とにかく素敵なんですよね。

そして槐がメキメキと腕を上げて行く中で、敵対する者と戦うシーンが訪れるんですけど…
もうこの時は大興奮ですよ!!
半蔵様の指示にサッと答える槐と、やはりお強い半蔵様の二人で力を合わせて敵を退けます。

この時に初めて槐は人の命を奪うという重さ実感をするんですが、それは本当に辛い事ですし、やらなければやられてしまうわけですからね。
それでもその気持ちを糧に前へ進もうとする、けど受け入れ難いと揺れ動くのがこれまた切なかったです。
そしてその時の半蔵が槐にかける言葉が本当に優しくて…半分は優しさで出来ていると言われるバファ○ンのようだと思いました゚(゚´Д`゚)゚

最初こそ厳しかった父の言葉のように半蔵の言葉を聞いているんですけど、途中から半蔵の言葉は父とは違う温かく優しさのある物だと気付いてからは半蔵と槐の距離は近づいたように思いますね~(´∀`*)
少しずつ近づいているのかな??と思った時のシーンで、忍びとして受けた命とは言えども「俺がお前は死なせはせぬ」という言葉がもう本当にすっごくすっごく温かい一言だったんだー!!

そしてちょっとどうでもいい事をはさみますがね、雨に濡れた半蔵様がとても素敵なんですよ(`ω´)グフ
いつもと違う髪型にドキっとする槐の気持ちもよく分かるってもんです!!(笑)

さて話は戻しまして…改めて半蔵に 強くなりたい、半蔵様に拾ってもらった命を大事にし、生きたいと 覚悟を決めた槐に修業を付けて欲しいと言われ半蔵に修業を付けてもらうようになります。
ここからの槐はまるで別人!!忍びとしての力量、目に見える強さだけではなく中身まで強く美しい女性になっていきます。

そんな時に再び月下丸と黒雪に出会うんですけどね、いちいち月下丸ってどこでも本当にヒーローのように登場するからウルっとくるんですよ!!
しかもこれまたBGMも良くてですね!!どの√をやっていても思うんだけど、その時に合ったBGMをさりげな~く放り込んできて何げにちゃんと聞いちゃうんですよね。

そんでここの月下丸と黒雪は、前とは明らかに変わった槐を見て綺麗だ強くなったと思う反面で、それをした半蔵への複雑な思いと変わってしまった槐に淋しさを抱くんですよ。
月下丸達と出会ったのは追忍と戦ってる時だったんですけどね、半蔵と息を合わせて戦う様子やそこから逃げる時にお互いの死角を守りながら逃げる様子に何かを感じ取るんです…。

月下丸は自分にはそうしてあげることが出来なかったと嘆き、槐を変えたのは半蔵殿だ…と言います。
黒雪は最初は月下丸で次は半蔵自分はいつも傍に居れないという事に悲しみまた影を落としますが、この闇が切ないんですよね~!!

しかしこの二人は自分達に出来る、槐にしてあげられることを二人でしようとします。
ここのシーンもですね、月下丸と黒雪の√を終えているからこそ感じるものがあるというか感慨深くなりますね。

そこからは少しストーリー的にも落ち着いて、半蔵は自分の槐への気持ちに気づき、槐も自分の半蔵への気持ちに気づくんですけどお互い告げる気はない。けどすごくほっこりしながら進んでいくんですけどね。

そもそもここでは今まで知ることのできなかったある一つの謎について語られていて、恐らく本物の黒幕というのがやっとちゃんと出てきたー!!って感じの展開になるんです。
そして見違える程強くなった槐はこの黒幕の随分前あたりから、半蔵の動きを見つつ自分力で戦い敵を退けることができるようになりますし、半蔵と互の背を合わせて戦う様はもう本当に素敵なんですよ。

そんな出来事に一人安心させられていたらば…きますよ…さすがは百花!!

ここらがきっとクライマックスなんだ!!という出来事が起こります。
この瞬間は「きたか…」と思い、とにかく夢中に進めていて…まぁこの先はプレイして頂くとしてですよ(笑)

ハッピーEDもBADも個人的にはどちらが上というのは今回はなく、このクライマックスを越えると半蔵様との甘い甘い出来事がちらほらとあり、一人ニヤニヤしていたんですけどね!!

けどね!!

実は半蔵√りな子全然泣いていないんですよ…。
そして少しだけ何だか平和すぎる気がしたのです。

いや、そんなこと言ってはいけないんだろうと思うのですが、やはり今までの月下丸、黒雪、蝶次郎の3人の√ではとっても辛く悲しい現実があり、それでも抗い乗り越えてきたわけですよ。
だからこそBADが美しく見えたり優しく見えたりしたんだと思うんですけど、半蔵様では甘さがあったし槐の成長と言う面では凄く素敵だったしそれを認めて貰えるというのも良かった。
そして今まで分からなくて気になっていた事というのもここで分かってスッキリしたんですけどね…

けど、りな子の中の「百花百狼」というものとしては何か物足りなさを感じてしまったかなと思います。

全部が全部悲しすぎるのもどうかと思うんですけど…でも少しだけ物足りないと、そう思ってしまったのです(つд⊂)

しかしながらグッドEDは槐にとっては本当にやっと手に入れられた幸せという感じでしたし、半蔵様にやっと訪れた安寧という感じがして良かったと思います。
まぁ終始津田さんに楽しませてもらったから良いんですけどねっ!!(笑)

さてお次は最後の五右衛門様です。

この人を終えてしまったら百花が終わってしまいます…(つд⊂)
ちょっと淋しい気もしますが、最後の石川五右衛門を楽しんでこようと思います!!

ではでは本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!!┏○ペコ



今日は半蔵様をもったいぶって中断している時
我が興津氏のニコ生を一生懸命見入っていた
りな子に応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちは~ヽ(・∀・)ノ

昨日のりな子の百花感想へと足を運んでいただきまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを下さいましてありがとうございました!!
さらにはコメントも頂きとても嬉しいです(*´∀`*)
本日も励みとさせて頂いております!!♪

今日は再来週初のゴルフコースに行かなくてはいけなくなってしまったため…ウエアや諸々を買いに行ってきました(o´Д`)
そもそも打ちっぱなしにすら片手で数える程度しか行った事しか無いけど大丈夫かなと不安しかないりな子です…。

さてさて…。
ここ数日進めております百花百狼ですが既に残すところ半蔵様と五右衛門様の二人となっております。
半蔵様は昨日蝶次郎兄様が終わった後に少し進めたんですけど、連日の寝不足に耐え切れずに個別に入ろうかという所で中断してしまいました(;´∀`)

もう久々の津田ボイスに悶えておりますです(*´д`*)

では今回は蝶次郎、槐の師匠であり従兄でもある兄様の感想を喋らせて頂こうかと思います。

まずは蝶次郎√ですが、月下丸と同じようなシナリオの運びになるんですけど先に言っておくと金太郎飴ではありません。
あくまでも蝶次郎√の月下丸よりのシナリオといいますか(笑)

槐に起こる悲痛な出来事の数々は月下丸√での出来事と被るんですけど、それとはまた違う感じなんですよね。
それぞれ今回のメインとなる任務への「覚悟」というものが、すごく強いものだというのが描かれているし月下丸の時とはやはり違うんですよ。

槐を除いては(笑)

とにかく、とにかく!!
最後の方まで槐にイライラしてしまった私を今となっては殴ってやりたいヽ(`Д´)ノ
しかし最終的に色々と分かるまでは、今までの√で感じたものよりもはるかに槐にイライラしてしまったんですけど、終盤に差し掛かるとそれにもちゃんと「あぁ、だからなのか」と思う事が出来るんですが、他に夢中だった私はそんなことにも目を向けなかったので終始イライラ(笑)

とにかくこの子はいつになったら今、自分に置かれている状況を認めて向き合って覚悟を決めるんだろうかと本当にイライラしていたんですよ。
でも槐は心こそ優しすぎて忍びには向いていないんですけど、何げにというか実は芯があるというか…今回は蝶次郎に対しての自分の覚悟というものがとっくに出来ていたという部分、もう何とも言えない気持ちになりました。

しかもこのシーンがこれまた泣かせるんですよ~!!(´;д;`)

こんなにシリアスでそして張り詰めているシナリオの中に、今回は兄様に悶え転げたシーンがいくつかありましてですね(笑)
Vitaを握り締めながら(*ノェノ)キャー兄様~!!となってしまいました(ノ∀`)

ちなみにですが、今回感想を書くにあたってどこまで言っていいものかとすんごく悩んだんですけど…
若干シナリオの流れ的にネタバレになりそうな…部分もあるかもですので、これからプレイするのよ!!という方はここで閉じて頂くか…自己責任でお願いいたします┏○ペコ

すんごく悩んだんですけど、この槐と蝶次郎感想を書くには外せない設定部分が記載されていますので…
そうぞお気をつけて下さいませm(_ _)m

では…。

icon_03.png

蝶次郎と槐の関係はあくまで師弟であり従兄。
京の任務がきっかけで追われる身となってしまった槐に対して、過去に囚われ抜け出せないでいる蝶次郎は今までの他キャラのように槐を助け出して救うという事はせずに己の里のため、忍びとしての任務を全うしようとします。

そんな中でお互い一緒に過ごしているいる訳ではなくとも、今回の出来事を通して二人がお互いに向ける想いを自覚して深めていくという感じなんですが…
この二人の場合距離を縮めるとか、恋をするとか、そうゆう軽い言葉では片付けてはいけないような、もっと深い部分の繋がりというかそうゆうのを感じる物でした。

わりと早い段階で兄様は自分が抱く槐への想いに気付きますし、序盤で既に手を繋ぐシーンがあるんですけどそこでまず1萌え(*ノェノ)キャー
兄様のさりげない繋ぎ方とその時の一言で( ̄∀ ̄)ニヤっとしてしまいます(笑)

そしてその後にある五右衛門討伐の所で兄様が見せる憂いのある槐に対しての想いに気付きそうなシーンで2萌え(笑)
しかもそのシーンがまたすんごい切ないんですよね~!!
あぁこの人達の想いは一筋縄ではいかないんだなと思わされるシーンでしたね。

槐は自分の師である兄様の事を忍びとしてとても尊敬していて、さらに小さい時から兄様にとても優しくしてもらい心細いときなどは常に一緒にいたという記憶が強く残っているんです。
父から家族としての愛を受けたことがない槐は、傍にいた兄様の記憶が一番強いのかなぁ。

忍びとして認めてくれたのも兄様だし、京の任務に赴くきっかけとして初任務にと推してくれたのも兄様だし。
とにかく槐にとっての蝶次郎の存在はとても大きく、そして大切な存在なんですよね。

そしてね、その初任務がきっかけとなりこの二人の淡い想いが動き出そうとするんですけど…!!
それどころじゃなくなる出来事が起きてしまいます。

ここで槐は追われる身、そして蝶次郎は槐を追忍として追う立場となります。

まず槐を助けてくれるのは月下丸なんですけど、彼は槐への忠誠心というのは本当にどこまでも揺らがないんですよ。
今回もすぐに槐の元へと駆けつけて救い出しますし。
そしてそこへ何故か(笑)五右衛門様も手を貸してくれる事となり三人での逃亡生活が始まります(笑)

この逃げる中で起こる数々の試練…というか何というか立ちははだかる壁、数々の出来事には毎回胸を締め付けられましてですね(´;ω;`)
月下丸√の時よりも涙涙でプレイしてまして、箱ティッシュを常に隣に置いて進めていたんですよ~!!
それぞれが心に持つ重い覚悟と、仲間を思う気持ち、そして各々が守りたいと思うものなどなどこのポイントで挙げただけでももはや辛い設定が揃っているではありませんか!!

こうやって切なくでもそれぞれ覚悟を決めて立ち向かっているのにですよ!!
槐はいつまでも迷って、落ち込んで、抜け出せない所でぐるぐると悩んでいるのを見ていて本当にイライラしてしまったんですけど、そんな中でも自分の中で一つだけ決まっていた事があってそのシーンになった時には「ある意味この子の覚悟は決まっていたんだな」と思いました。

といっても本質の部分では槐は自分だけ知らない真相というか、蝶次郎が追忍になってそれを全うしようとするのはどうしてかという部分は知らされていないのでそれを知った時にすんごく泣かされました。

更に蝶次郎も追忍として追う立場でありながら、過去の出来事が原因で色々と悩んでいるんですよ。
そもそも蝶次郎が6歳の時に伊賀攻めを経験していて、目の前で両親や友、そして故郷の全てをなくしていますのでその傷が心に深く残っているわけです。
今回の蝶次郎の√ではその傷と向き合い前を向いていくというのも、槐との間を深めていくことに関係しています。

二人に色々な事が次々と起こっていく中でですね、蝶次郎が槐にある問いかけをするんですけど…
その時に槐は「兄様が忍びだからです」って答えるシーンがあるんですけどその言葉の時までのあれやこれやがあった事で、その短い一言の中に槐が大好きな“兄様”としての蝶次郎に対してと、尊敬する“忍び”としての蝶次郎に対しての憧れとか尊敬とか色々な想いというのが込められている感じなんですよ。

この時のシーンは本当に切なくて辛いんですけど、もうここから先は槐と蝶次郎が選ぼうとする道というか考え方が同じだという事でとにかく終始泣かされました。
槐にとっては「里を守ること」それが一番大切なんですよ~゚(゚´Д`゚)゚

あんまり言うと楽しみがなくなるわ~ヽ(`Д´)ノと言われてしまいそうなので控えないとですが…(笑)

後半までは蝶次郎とのなんやかんやというのがあまりないんですけど、ある出来事を通して少しずつその流れが変わってきますがその出来事も号泣シーンだし、槐が今起きている状況を知ってしまいそれを受け入れるシーンも号泣だしもはや後半はずーっと号泣だったね!!(笑)

そして私ここの√をプレイして改めて思ったのが、霞が泣くと私も泣きます(笑)
あの子もまた優しすぎるこなので、あの子が泣いているのを見るたびに私は号泣でしたね。
蝶次郎√での霞は今までで一番りな子の涙腺を弱める立場にいたので、もう゜゜(´O`)°゜ ウワーン!!って感じでしたよ。

そしてここのBADが、本当にすっごく美しく感じたんです。
黒雪同様にBADが好きなんですけど、本当に儚い深い愛という感じでどの人との想いよりも美しいんですよ!!
スチルも切なくも温かい感じがするスチルでしたしね。

グッドEDの方では…というかBADもここは通るんですけど、兄様がやっと自分の気持ちを確信した時の悶絶シーンの数々がもはややばかったです…。
私を激しく大号泣させたあとにぶっ込んできたニヤニヤシーンでは、「夫婦」と言われて照れてたら困っていると思って「嫌だったか?」とションボリしてくるんですね。なので槐があわあわしながら嬉しいと伝えたら師匠口調で…詰め寄ってきます(笑)
ここのシーンは是非兄様の台詞にニヤニヤして欲しい~(ノ´∀`)ノ

しかもこの直後の囁き?問いかけ?に本気で悶絶しました(:D)┼─┤バタッ

そして最後の方のキスシーンだったかな?の台詞ね!!
鳥さんありがとう~((o・ω・)o((o.△.)oゴローン♪((ノ・ー・)ノシ

いやぁ~まだまだ喋りたいことあるんですがさすがに止まらなくなるのでこの辺にしておきますね(;´∀`)

最後に…蝶次郎から言われる言葉はよくある乙女ゲーの好きとか愛してるとかよりも、深い深い愛を感じる一言があってですね。
せっかくなので是非プレイして貰いたいと思うんですけど「お前は私の○○○だ。」というやつね!!
もう本当に今までにないくらい深いものを感じました~!!(*´д`*)

既に3人プレイしてますけど…これ全員本当に素敵なキャラなんですよ!!
どの人も本当にそれぞれに個性があって素晴らしいんですー(´;ω;`)

これから楽しみにしていた半蔵様の個別からスタートしてこようと思いますε三三ヾ(ΦωΦ)ノ
ではでは本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました♪


朝起きたら自分のベットの脇が…
鼻水と涙のティッシュまみれで驚いたりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します。
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

(ノ゚□゚)ノ<く・くろゆきぃぃぃぃぃ~!!


ハッ!(`ロ´;) 皆様、こんばんは┏○ペコ
今日は昨日の夜ふかしのせいであまり寝ていない寝不足りな子です。

まずは昨日の百花初回プレイへと覗きに来て頂きまして拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~(ノ´∀`)ノ
本日もとっても励みとさせて頂いおります♪

昨日は初回プレイでシナリオへの興奮が冷めやらぬまま書きなぐってしまいましたので、なんと…月下丸についての感想をあんまり書かずに終わってしまいました…ちょっと後悔(´;ω;`)
でも同じように感想をあげている方々も多くいらっしゃいますので、まぁいいかという事で(←人任せではありませんw)フルコン感想で言い足りない部分は付け加えようかと思います。

そして今回は二人目の黒雪を攻略して参りました( ・д・)/--=≡(((卍 シュッ!!

今回の黒雪くんは月下丸の弟であり、槐の乳兄弟という事で幼い頃から月下丸と3人で一番近くにいた存在です。
しかし黒雪はわずか8歳にして長期の任務へと赴いていた為、この8年間は槐たちとは会えずに過ごしていました。

この槐が初任務をすることになった時に黒雪が長い間行っていた任務から里に戻ってくると聞かされ、里にいた仲間達がまた一緒に居られるという事に喜びます。
この辺は月下丸と同じでというか共通部分なので、ほっこりしながら見ちゃいますね。

そして任務のため京へ向かう途中で黒雪と会い、三成に頼まれている任務に黒雪も参加すると言い一緒に京へ向かいます。

さて…ここから今回は黒雪と槐の運命の歯車がァァァァ~(゚д゚lll)

kuroyuki_icon_02.png

黒雪はさすが月下丸の弟という事だけあり、槐愛がこちらもすごいです(笑)
月下丸の√でも登場するのですが、その時からふざけながらも槐に好意があるのがまるわかりな感じで特にそれを隠そうともしない感じ。

久々に会った槐に対して今まで離れていたせいですごく淋しかったのか、とにかく槐の傍にいたがりますしそれが可愛いと思いつつも実は狡男なので(笑)
槐をからかいつつもどうにか意識させようとしてきているというか、黒雪の言う言葉がすごく真っ直ぐだけど重い感じがしたり…更には何やらその槐に対しての想いにただならぬものを垣間見せてきます。

そうです…影があるんですよ!!ヤミーですよヤミー!!(笑)

最初は所々で見せる黒雪の影の部分に対して、あまりにも槐へ向ける想いが強すぎるからそうゆう感じになったのかなと思うんですよ。
本当に真っ直ぐに自分の思いをぶつけてきますので、最初はただただ素直なのかなと可愛くさえ思うんですけど…
でもそれだけではない何かが少しずつ、少しず~つ見えてきます。

シナリオの流れは月下丸√と同じで、京での任務が発端となり槐は追われる立場になります。
黒雪が槐を助けて一緒に逃げていくという感じなんですけど、わりと後半までは月下丸に比べるとそこまで苦しいとか悲しいとか切ないというのは無かったんです。

その間は黒雪との距離を縮めながら敵と戦いつつ、自分たちの置かれている状況を理解していくって感じです。
この黒雪と槐の距離の縮め方というのも、独特ですよ(。-∀-)
ただの淡い恋心を育てていく感じでなありませんので、そこもある意味この√の楽しめるポイントかなと思います。

そしてこの時にも黒雪が何かこう不穏というかすんごい気になる感じなんですよね。
槐を安心させようと言っている言葉とか、行動とかがなんかこう引っかかるというかめっちゃ気になるし、黒雪がふとした時に見せる表情とか漏らす言葉とかで、槐は黒雪の事が心配になるんですね。
私も色々な意味で心配になりつつもでも期待が…期待が膨らんでしまいました(;゚∀゚)=3ハァハァ

それと同時に黒雪に何があったのかと気になり出します。

個別に入ってからの流れは月下丸とは異なる流れなので金太郎飴ではないですし、二周目なのに初回と同じくらいの時間がかかっていますから、ボリューム満点でした(´∀`)

この途中の部分に出てくるどっかの忍びが使う忍術が……(笑)
具留具留の術とかいうの使ってくるんですけどね、グルグルの術ですよ!?なんと安易な…w
しかも周りをぐるぐる回りますしね、ちょっと緊張感のあったはずのシーンなのにお陰でリラックスできました(笑)

そして遂に後半に差し掛かってからですよ…急展開を迎えてシナリオがより面白くなっていきます。

この辺で既に月下丸との√とは周りの人の関わり方が違うので余計に面白くなってきますし、シナリオ的にも全く違う流れなのでドキドキハラハラ…どうなってしまうのかととにかく夢中になりました。

ここからは黒雪に背負わされた運命(?)業(?)が深く関わってくるんですけど、槐の成長ぶりが目覚しいものでした!
そしてどんな事があってもとにかく槐の事を守りたい、槐にきれいな世界で幸せに暮らして欲しいと願う黒雪に「うぅ~(;д;)」となりますね。

実はですね、ぶっちゃけ黒雪√の槐がちょっとだけ頼り無さ過ぎてですね、月下丸の時以上にちょびーっとだけイラっとしたんですけど、まぁそれは黒雪の存在があるからしょうがないんですが、その後も腹括るまでちょっとだけイラっとしてしまいました(ノ∀`)
でも自分が何をしたいかを考え、答えを出してからの槐は素敵だったなと思いますので、結果としては嫌いにはならずに済みました(笑)

どこの闇キャラをプレイしても思いますけど、真っ直ぐな心だからこそ生まれてしまう闇というのがなんだかすんごーく切なくなるんですよね。

黒雪は本当に辛く悲しく暗い道を歩いていますけど、それでもそこには常に槐という存在があってですね、それは本当に黒雪にとっては何よりも大切な存在だったんだなぁと思います。
だからこその黒雪が槐に向けるたまに狂気とも取れるほどの気持ちは、槐をただただ思うからこそなんだというのが分かると思います。

ちなみに私ね、黒雪に関してはBADの方が好きだったりします。
ハッピーEDももちろん好きなんですけど、何かBADの切なさの方が酷ではあるけど流れ的にと、お互いの気持ちというのもがすごくきれいな物のように感じてしまったんですよね。

あ、ちなみにこの黒雪という子は何というか将来狡い男になれそうな感じなので…ドキっとするようなシーンがありました(´∀`*)ウフフ
でも私的には月下丸も黒雪も本当に好きです、好きですが何も考えずに萌えるというのではなくシナリオを含めてそのキャラの真摯な想いに萌えるといえばいいんでしょうか(笑)
説明が難しいんだけど、三国恋戦記の時に仲謀に(*ノェノ)キャーってなったのとは違う種類の萌えなんですよね。

でも黒雪の事が好きになるよ~(´;ω;`)
月下丸の時は月下丸の誰にも怪我されることない真っ直ぐな想いに心を打たれたけど、黒雪は背負う者に抗いながらも槐だけを想い続ける気持ちに心を打たれました。

面白かったです!!゚(゚´Д`゚)゚

お次は鳥海様演じる蝶次郎様でございます。
どんなシナリオとなっているのか…すんごい楽しみです゚ 。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 ゚

ではでは本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~!!


百花のお陰で睡眠時間が削られていく(笑)
眠いけど頑張るりな子に応援(∪・ω・∪)ポチ
お願い致します(*´∀`*)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言