FC2ブログ


こんにちは~!!ヽ(^0^)ノ

無事に!!この度!!三国恋戦記終わりましたよぉ~(ノ´∀`)ノ
いや~すんごいボリュームでした!そして後半になれば成る程面白さがまして、全ての√との色々な小さな繋がりが分かってきて最初からアレもコレも全部繋がっていたんだ…と思うともう本当すんごい楽しかったです!!

皆さんにお勧めしてもらい手にして良かったなぁと思いました~!!

ちなみにここの独り言でコンプ感想と、残りのキャラの感想を喋ろうと思っているので長くなるもしれませんので…どうぞその辺、付き合ってやるよ~という方は宜しく願い致しますm(_ _)m
なるべく長くならないように簡潔に頑張ります(笑)

rensenki_title

まずこの三国恋戦記というシナリオですが、私としては三国志に詳しいわけでもないので気になる所というのはなかったのですが、以前誰かの感想を読ませていただいた時には三国志風と思ったほうが楽しめると読んだ事があったのですがその辺については私ではなんと言えばいいのか分かりません(;´∀`)

ただ個人的には戦の軍議の部分とか、戦い方とかを話し合ったり考えたりするシーンとかも楽しかったですね。
所々に出てくる戦の戦い方とかそういったシーンが十三支の時と同じような事があるので、十三支をプレイしていると「あ、ここってあの時かな!!」と思えたのでそうゆうのも楽しめた一つかなぁと思います。

そしてプレイ前は懸念していたイラストですが、プレイして何分も経たないうちにそんな事は忘れ去っていましたね(笑)
全然平気だった!!(笑)
本当にお聞きしていた通り気にならなくなりましたので、内容は気になっているけど絵がなぁ…と思っている方は是非チャレンジしてみては…?と思います(*´∀`*)

それと各キャラの√と、ノーマルの√全て進めていくことで小さな疑問が繋がってくるんですけど、鍵となるキャラが雲長・孔明・それとノーマル√ですね。
今回私は玄徳→公瑾→子龍→文若→翼徳→仲謀→??→孟徳→雲長→ノーマルED→孔明の順で攻略しましたがこれで良かったなと思います。

ちなみに翼徳は入れるのを忘れて仲謀の前にいますがもっと序盤でも全然問題ないと思います。
重要なのは雲長→ノーマル→孔明の所ですね。
この最後の3つは崩さない方がシナリオの流れ的には良いのかなと思いますけど、孔明が最後のほうが三国恋戦記は終わったという感じがする気がします(笑)

一つ一つキャラに沿ってのシナリオ内容になっているし、戦もどの軍にいるかで異なるんですが最後に差し掛かってくると色々な事とか、いつぞやに聞いた言葉とか見てきた行動とか、小さな事が繋がってくるんですよ。
そうするとこの物語の壮大さが見えてくると思うので、やりきって初めて「あぁ、面白かった」と思える作品だなと思いますね。

そして攻略キャラですが隠しキャラも入れると10人とかなり多い人数ですが、意外にも同じ軍のキャラでも個々の√でそれぞれ戦の流れが異なったりとかしながら各キャラとの距離を縮めていくので、個別が短いとか共通が短いとかそうゆう印象もなく金太郎飴な感じも殆どなかったです。
だからこそボリュームがあるように感じるんだと思いますし。

恋愛面でもキャラによっては色々思うところもありますが、戦を通して花の成長と攻略対象の成長なども一つの流れだけでなくキャラによって特徴が違うので飽きないし、微糖ではあるけど乙女心を揺らす切なさがちょい盛り込みされている感じですね。
序盤から中盤まではそういうのはあまり濃く描かれていませんが、終盤にさしかかかる時に一気に出てきてEDでこっちを引き込む感じなので騙されます。何度も騙されました!!(笑)

でもそれが楽しかった。

とにかくどのキャラも面白かったし素敵でしたがね…私の順位は難しくてですね(;´∀`)
何を元に付けるかでかなり順位が変わってくるんですよね…。
萌えキャラという意味のみでつけるならば仲謀と?さん、そして雲長が好きなんですけど…総合的にシナリオを含めてつけるとするならば孟徳、孔明、雲長という感じでして…(´ε`;)ウーン…

でもやはりここは乙女ゲームなのですから…萌えでいこう!!という事で萌えキャラでいっきまーす!!8-(´・ω・)っ


1 仲謀
1.5 隠し
2 孟徳 雲長
3 孔明 公瑾 
4 子龍 玄徳 文若 翼徳


とこんな感じでしょうか…(笑)

ちなみに今回一番萌え~(*ノェノ)キャーとなったのは仲謀と隠しキャラですね。
仲謀の方がキャッキャできたので1位ですが隠しについては、あるシーンの笑顔でりなこ破壊なので2位と1位の間にさせてもらいました(笑)

孟徳や雲長は隠しと同じ位置にいますが、萌え転がったというのではないんですけど、安心感がありながらもやはりキュンがあったんですよね~!!

孟徳は何か恋愛しいてる~!!って感じが花と孟徳から感じられて良かったし、雲長は色々ネタバレしてもあれなので控えますがすんごく楽しめた!!

そして孔明は色々な事がここの√には詰め込まれていて、師匠との関係とかもう本当色々あるんですよ!!
それが切なくも温かいシナリオで、お互いを想う気持ちというのも良かったんですよね~(。-∀-)
で、それに並んでしまう公瑾は激しい萌えこそなかったものの、お分かりかと思いますがやはり私こうゆう感じのキャラすきですから!(笑)そこは譲れませんね。うんうん。

そして子龍はEDこそこの人が一番感動しましたし、石田さんのお声も新鮮で良かったんですけど、上位の方たちに比べるとりなこ的萌えが少なかったなぁと。
玄徳さんもお兄ちゃん的要素が強かったのと、文若はあのギャップが良かったんだ!!良かったんだけど、ほかの人には勝てなかったんです(´;ω;`)
翼徳も可愛いしほっこりするんですけど恋愛的な萌えとはちょっと違ったかなぁって感じです。十三支の張飛みたいな感じの立ち位置かな。

と、今回のりなこはこんな感じでした~♪
シナリオ的にはお聞きしていた通り孔明・孟徳・玄徳の武将達が一番面白い流れになっているんですけど、そこに加えて雲長も面白かったですね。

公瑾や文若などの側近的立場の人も内容は作りこまれていますが、若干サクッとしている感じは否めないと思います。

でも10人いて更に平均一人で3個EDがあるんですけど、人によっては6個とか分岐するのがあって…((((;゚Д゚))))
私前半誰かの分岐を回収していないんだけど探すの面倒でとりあえず終わりにしました(笑)

思ったよりもボリュームすごくて驚いた程です(;´∀`)
それでは残りのキャラの感想へと行きたいと思います♪

まず雲長の感想へと行きたいと思います。

unty.jpg

初めにお断りしておきますが…
雲長の感想めちゃくちゃ書きにくいので、訳わからなくなってしまったらすみません…。

この人の√は他の√での小さな出来事ではあるけど、「ん??何でだ?」と思っていたりな子に尽く納得させてくれるシナリオが詰め込まれていた√でしたね。
雲長自身に関わる秘密ももちろんですが、それによって今まで気になっていたり疑問として残っていた部分が「あぁ。だからなのね!!」と思わせてくれました。

最初に感想だけ述べるのであれば、すっごく良い話ですっごく切ない思いもした√ですね!!

恋愛的にという意味でもありますが、それと共に雲長のこれまでに歩んできた生きてきた道というのかな…
それが深く関わってくるんですけどどこかで聞いたことあるような出来事ではあるけど、今までの恋戦記の中では想像しないような内容だったのでちょっと衝撃でした。

しかも雲長√始まりからして「あれ??ちょ、今のって…」と思わせてくるめちゃくちゃ気になる始まり方をするんですよ。
でもいつも通りにシナリオは進んでいくんですけど、中盤くらいでミサイル投入!(笑)
そしてその事を巡って二人の距離が近づいたり離れたりします。

でも今回はお互い好きなのに~もどかしい~というのとは違うので、恋愛での切なさとか苦しさだけでなくてですね…
色々あるんですよ~!!゚(゚´Д`゚)゚
今までプレイした中で仲謀・孟徳がキャラ&シナリオとしては印象が強く残っているんですが、雲長もなかなか。゚+.(*`・∀・´*)゚+.゚良い!
むしろシナリオ的には今のところ一番好きかもしれませんね、切なさ的に(笑)

この人の場合は成長するとかというよりも、ある意味“自分”に囚われすぎているのでそこを乗り越えるというのが肝となるといいますか、自分と向き合い乗り越えるというのがメインかなぁ。
それを気付かせてあげるのが花なんですけどね、彼女はとにかくどこの√でもどんなに悩んだり迷ったり苦しい時でも、最後まで諦めたくないという気持ちで様々なことを乗り越えてくるので、それが雲長にとっては眩しすぎてでも惹かれていく所なんですよ。

でもなかなかそれを認められなかったり、花を守りたいから突き放したりともどかしさは健在だけど…なんだか想いの深さは孟徳に続きなかなかだったんじゃないかなと思う√でした。

それにこの人の見せる花に対しての想いがね~所々垣間見えるんですけど、それがまた良いんですよね~( ̄∀ ̄)ニヤニヤ
翼徳に「触るな」って言ったりとか~仲謀軍に「絶対渡さない」って言ったりとかね。
櫻井さんって頭のキレる真面目そうなキャラってイメージが私の中で強いんだけど、雲長もまさにそんな感じでして…そうゆう人が無意識に見せている独占欲ってゆうの?そうゆうのがまた良かったですね~(*´∀`*)

お次は孔明です!!

koum.jpg

いやぁ~!!
この人最初全然姿も現さないしいつも最後の方にならないと出てこないから不思議な人だな~としか思ってなくて、更にはこの人の顔だけ他の人達みたいにキリっとしてないから、いつもエロ目に見えていたんですよ(笑)
でもそんな風に見てしまっていた事をここで深くお詫びいたします┏○ペコ

この人は何と言えばいいのか難しいんですけど。
花と師匠には師弟関係でありながらも、もっと特別なものがありましてですね…その特別なものというのが分かった時に何とも言えない気持ちになるんですよね。
驚きと、それとその時から孔明はどんな気持ちでいたのかとかね。

雲長とはまた違う意味で壮大な感じですね。

あぁ、あの時にあぁあるのにはちゃんと意味があったんだ!!って分かるとなんか感慨深いものが湧き出るというか何というか(笑)

それと孔明との距離というのはこれもまた今までのキャラとは違うので、師弟関係として一番近くにはいるけれども恐らくシナリオ中はどのキャラよりも恋愛っぽい出来事が少ないと思うんですよね。
どちらかというと孔明は花に絶大な信頼をおいているし、弟子としても人としても…なので信頼関係という意味ではここの繋がりは一番なんじゃないかなと思います。

一緒に玄徳軍を導こうと力を合わせていく事のほうがメインとなっていて、戦のない未来を というのがメインとなっているんだけどね、それを一生懸命目指すにもさある約束があったりさ~!!
いちいち感動的になっちゃうんですよね私が(笑)

ただその代わりに花が孔明への気持ちを自覚してから自問自答する事が多かったりするんですけどね、花の気持ちの面での成長というのが大きく関わっているかなと思います。
それと最後のEDを迎えるクライマックスの時に孔明の考えていた事が分かる出来事が起きて、騙されまいとしていても完全に騙されたりな子(´;ω;`)

さらにはEDでの孔明~!!゚(゚´Д`゚)゚

最高でしたね。
この人もなかなか食えない人だけど最後には孔明の言葉にウルウルしつつジーンとしてEDを迎えたんですけど、どこまで彼が大切思ってくれているかがここで伝わると思いますね。

あんまり長くならないようにと思いまして、わりと完結に喋っちゃいましたが…伝わっているといいなぁと思います。

早く百花やりたいからって夜更ししてまでプレイしてきましたが、遂にわたくしもこれから百花プレイ開始してまいります~!!
とりあえずは月下丸からいこうかな(*´∀`*)
ではでは、最後までお付き合い頂きましてありがとうございました♪

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

おはようございます┏○ペコ

えーせっかく休みが続くのでここでなんとか頑張って恋戦記を~!!と、思いプレイしていたんですけどね…
孟徳√が思いの外ボリュームがすごくて、そして面白くて4時間もかけてプレイしていましたΣ(゚д゚lll)
只今3:01です…ものすごく眠い(´-ω-`)

今回は翼徳、隠しキャラ、孟徳感想なんですけど、多分3人分なので長くなります。
それと隠しキャラって感想言ってもいいのか不安だったので一番最後にしていて下げていますので、私は読んでも気にしないわという方だけ読んでください。
と、言っても名前は出していないしキャラが特定されるような部分は伏せているつもりですし、喋り過ぎないようにめちゃサクッと書いています。

ではまず翼徳感想でございますヽ(*´∀`)ノ

yoku.jpg

この子本当に立ち絵とかが大きなお猿さんにしか見えなくてですね、背も大きくて考えるのが苦手なのでどちらかと言うと体を動かすタイプなんですよね。
なのでちょっと野性的と言いますか、具合悪い時に外の草むら?みたいな所で丸まってた時は「やっぱり人間じゃないんだ…野生的だし…」と突拍子もない正体が出てくるのかと思ってたんですが…。

まぁ普通に人間でした(笑)

でもそういう不思議な行動には理由があって、花と翼徳の距離が近づくとそれが分かります。

そもそも翼徳って本当に何と言えばいいか仲謀とは違う意味で、というか言葉の通りに大きな子供なんですよ。
自分の気持ちにも素直だし、思ったことを口にするし嬉しいことは嬉しい、悲しいことは悲しいと白黒はっきりしている子ですし、難しいことはわからない!!という感じの子なので、とても花より年上だとは思えません。

大きなワンコロが懐いてくる感じなんですよね。

だけど…

だけどですよ…!!

つ…遂に翼徳のしょしょしょしょ正体が!!(笑)
これは是非ともご自分の目で確かめて頂きたいのですが、正体というか以前までの翼徳だった部分がたまに出てきてしまうと言ったほうが正しいかな?

りな子的には「実は…そっちの翼徳が通常運転用でした!!」とかだったら激しく萌え転がってたと思うんだけど、まぁそれも本当の翼徳ではあるけど…やっぱり子供みたいだけど優しくて思いやりのある大きなワンコ…クマさん?みた翼徳と花が恋をするんですよね~(笑)

ここではまたちょっと特殊と言いますか花の成長ももちろん描かれてはいるけど、それよりも翼徳に寄り添ってあげている方の印象の方が強いかな。
翼徳は過去に色々あった感じなので、そのことが関係している自分の気持ちの部分とかで悩んだりするんですけど、花を守りたいという所から少しずつ変化が現れてきますね。

ただこの人「好き」とか分かるのかな…?と多少不安があったんですけどね、最終的には理解していたみたいで一安心でしたがギリッギリまで懐いたり離れたりまた懐いたり、また離れたりとめちゃくちゃ、すんごぉぉぉぉ~くもどかしくて「翼徳!しっかりせんかいっヽ(`Д´)ノ」と、言いたくなりましたね!!

あ、でもこのもどかしさもちゃんと楽しんでいるんですよ?|ω・`)
でもあまりにも翼徳の弱い部分がちょいちょい顔を出すのでちょっとだけ突っ込んでやりたくなっただけです(笑)
これがすごく不思議なんですけど、その弱い部分とかも何か可愛く見えてしまうんですよね…本当不思議…私年とったのかしら?w
確かに萌えではなくて違う見方をしてしまった翼徳というキャラだったなと。

まぁ恐らくですがあのピーVer.の翼徳が結構好きだったからなんだと思うんだけど、あのピーVer.がなかったら確実にここまで楽しめずにプレイしていたと思います(^_^;)

√的には玄徳と同じではあるんですけど最後の戦いの部分の軍議とかは違いますし、金太郎飴な感じもなかったので楽しめたなぁと。
それとEDがハッピーEDともう一つのEDのみなので、それも助かりました~(o´Д`)
これでまた何個もあったら心が折れてたかもしれません(笑)

ではお次は孟徳様ですね。

mout.jpg

孟徳は玄徳や仲謀と同じように上の立場の人、いわばメイン的な立ち位置の中の一人なのでボリュームが凄かった…
というか孟徳は特にすごかったように思いますね。
序盤以外ほとんど早送りがないので4時間くらいかかって攻略しております(^_^;)

シナリオ的には本当に面白かったし、一番近くで見ているはずなのに孟徳が何をしようとしていて、何がしたいのか考えが全く分からなくて花と一緒に不安になりながら進めていた√でした。

もともと孟徳は人気があるので~というのを聞いていたんですが、これは人気があるのも頷けます。

他のキャラと違い孟徳は出会いの時から花に興味を抱いているので、最初から好意のある感じなんですよね。
ただその真意は測りかねますし何を考えているやら…プレイしながら疑心暗鬼になってしまいます。

でも花は孟徳と一緒に過ごすううちに孟徳を信じていくようになるし、他キャラ同様に孟徳の力になりたいと思うようになっていきます。
その気持ちが芽生えてからがここの二人は見ものなんですよね!!

孟徳はりな子の求めるダークさは足りない気もしたけど、この何が何でも手に入れようとする所がやっぱり良かった!!
ここの部分私にとってはかなり重要なポイントなので深くは語りませんが、花を手放したくない孟徳と、孟徳の為を思う花のすれ違いから生まれるちょっと仄暗い気持ちというか何というかね。

その流れで迎えるクライマックスでは完全に騙されて死ぬほど切ない気持ちになりました。

ここの√では孟徳と花それぞれがお互いを信じきれていない所から生まれるスレ違いが、とにかくプレイしていて胸がギュギューっと締め付けられるんですけどね!!
それがまたなかなかここ!!という核心部分に触れないまま進むので、もどかしくもありでもめっちゃ少しずつ近づいてまた大きく離れてと繰り返しながらの………というのが面白かったなぁと思います(*´∀`*)

でもこの孟徳という人は優しいし心が広~い感じだけど、最終的な所を思うとそんなこともなかったのかなと、良い意味で思いました。
上に立つ立場としてこの先どうしていくのかとか、どうするべきなのかというのを常に見極めて行動しているからこそいつも張り詰めているんですけど、そういう人が見せる安心した時の顔とか一瞬気を抜く感じとか、そうゆうのが何かちょっと可愛かったな~と思います( ̄∀ ̄)

しかしながら…BADがなかなか良いものもありましてですね(笑)
ちょっとダークなのもありますよとお聞きしていた通り、ちょびっとだけそうゆう匂いのするものがありましたね♪

今まではわりと意味のないわけではないけど簡単な感じのBADが多かったけど、今回のはまたちょっと違ったなと思います。

それと予想通り元譲が良い奴でして…(笑)
何か不器用だけど実は面倒見の良い人って感じでしたし、元譲と孟徳のやり取りがエンドロール中に流れるので見ていたんですけど面白かったです。

もっと孟徳について喋りたいところですが…
ネタバレのオンパレードになりそうなのと、ちょっとだけ先を進めたいのでこの辺にしておきます(笑)

そしてお次は…一応隠しキャラなんですけど、これって感想書いてもいいのかな?(笑)

誰というのはもちろん伏せますが、軽く喋らせて貰いますね。軽く(笑)
一応下げるので、まだ未プレイで見たくないわ!!という方はここで閉じちゃって下さいね!!
では…。


































|д・)いきますね~






















えっと…この人はもともと、ほとんど出てこないのである人を攻略した時にチラっと…本当にチラっと出てくるだけだから「もしかしたらこの人かな…??」と思っていたんですけどね。
この人だったー!!(ノ´∀`)ノ

しかも声が岸尾さんだった~( ^ω^)ワクワク

更に感情のない岸尾さんだったのでこれまた楽しめそうな予感という事でワクワクしながらプレイスタートです。

この人は表立って軍に関わっているわけではないので、花と距離を縮めるのも後半に急速に縮まる感じがしなくはなかったんですがね。
ちょっと特殊な立場の子なのでなかなか近づけない距離感がありつつも、花のする事とかその子に対する言葉に戸惑っているのが伝わってきてちょびっとずつ変わっていっているのが分かるのが良かったです。

でも他のキャラのように距離が近づいて離れてというようなもどかしい恋愛的なやつが少ないので、なかなかニヤニヤ出来ないなぁ~って思いながらプレイしていたんですよ。
そしたらば、ある時いきなり見せてきた笑顔が!!笑顔が!!可愛かったんですぅぅぅぅ(*ノェノ)

しかも声も優しくなっとるやないか~ヽ(`Д´)ノ

この人の出自とか今までどうやって生きてきたかとかそうゆうのを知ると切なくもなりますが、それでもこの子がそれをしょうがないと思っていたり、命令だから良いとか悪いとかそうゆうのはないと言うのも、この子の生きる道なんだとは思うんだけど…。
やっぱりちょっと切ないなぁと思いつつ、でもある時に自分からその心に答えを出すというかある想いを見つけた時にはガラリと変わるので、それが何だか温かい気持ちになりましたね(*´∀`*)

冷酷からの可愛さは良かったです(`・∀・´)

最後にここの√では玄徳と仲謀が何かかっこよかったんですよ!!
「あぁ二人共偉い人なんだ」という感じがしたというか、筋の通った人なんだというかうまく言い表せないんですけど何かかっこよかったなぁと思う一幕がありました。

ではでは長くなってしまいましたが、最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~┏○ペコ

眠いのに百花のために必死にプレイする
りな子に応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちは~ヽ(´▽`)/

まずは夜中の公瑾、子龍の感想へと覗きに来てくださいまして拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを下さいましてありがとうございました~♪
本日もとても励みとなっております(*´∀`*)

えー…。
実は急遽今日帰れることになったので…帰ったら百花の誘惑には勝てそうにないので、今必死になって高速プレイをしているりな子でございます(笑)

うまくいけば今日の夜から百花をプレイすることが出来そうです~(ノ´∀`)ノ

本当は我慢しようかな~とか浅はかな事を考えていたんだけど…絶対この百花の醸し出してくるりな子への誘惑には勝てない気がしてならないんです~!!
だって!!
皆のブログ読みに行けないし、行っても我慢して帰ってこないといけないんですよ!!

禁断症状が出そうです((((;゚Д゚))))笑

だからなるべく集中してプレイしようと必死です(笑)
という事で今回は心配していた文若と、プレイ前から気になっていた仲謀感想です♪

まずは堅物文若殿からです(`・∀・´)

bunj.jpg

この人顔を見ただけでも何かすごく堅物で頑固そうじゃないですか…。
しかも何か顔怖いし(笑)
なので若干不安だったんですけど、最初こそめっちゃ面倒くさいです。

というかいちいちうるさいな~!!ヽ(`Д´)ノとなってしまいました…(笑)

小言…というか何と言いますか、もともと花の事を全く信用していないので常に疑いの眼差しを向けられている感じなんですけど、とにかく表情が変わらないですし感情を出すこともないので『この人との恋愛は骨が折れそうだ…』という印象が強かったんですよね。

シナリオ的には孟徳の所に行ってからそのまま孟徳軍にいる形なんですけど、あまりにも文若が堅物すぎて子龍の時と同様に恋愛の「れ」の字もないまま進んでいきます。

でも進んでいくと分かるんですけど、この文若という人は堅物というよりはただただとても真っ直ぐな人なんだなかって感じで、少したってくると花自身が文若の扱いに慣れてくるんですよ。
その時の小うるさい文若に対しての花の対応とかがとても面白いです(笑)

「文若さんの扱い方が分かってきた」と言っているのもちょっと吹き出しちゃいました( ´▽`)
文若ドン( ゚д゚)マイ

それとここの√で元譲というごついおじさんがいるんですけどね、孟徳が一番信頼してそばに置いている人なんだけど、今までは全く関わりがなかったのでただの怖いおじさんって感じだったんですけど…
実はちょっといい人な感じでちょっと微笑ましい感じなんかもあって、孟徳√が少し楽しみになりました( ´▽`)♪

どこの√でも同じなんですけどサブキャラが良い働きをしていて、玄徳軍なら芙蓉姫とか孟徳軍なら元譲とか仲謀軍なら尚香とか、この人たちも花に何だかんだと優しくしてくれたり仲良くしてくれたりするのでほっこりします.+:。(´ω`*)゜.+:。

話が逸れてしまいましたね(^_^;)
文若との距離が縮むのはやはり共通して起こるある出来事なんですけど、そこでも小うるさいのを発揮してくる文若なんですが、この辺りから文若に芽生える花への好意どいうのがちょびーっとだけ、ちょびっとだけですよ?何か早すぎやしないかいと思う部分がありました。

というのも、信用していないというのが大前提にあるので基本冷たいというか疑ってかかっている感じだからあんまり距離の縮まる出来事がなかったせいか、ここで気持ちが動き出した時に若干違和感がありました。
だけど、この出来事を回避する時に「花!!」と呼んで必死に守ってくれたりとかしてるのを感じると、どうでも良くなってしまいましたね┐(´∀`)┌ヤレヤレ

だって意外にも文若が可愛いんです!!
この後から少しずつ変化が訪れるんですけどやっぱり真っ直ぐな人なんだな~と思う感じで、グイグイ来るわけではないのに少しずつ文若の本当の部分というのが見えるようになってきますし、意外にもとても優しい人なので節々に見えるそうゆう面でなんだか「こいつ…ちょっといいな…」と思わされる事がありました(ノ∀`)

堅物が変わるというギャップはやはり良いですね(。-∀-)

しかし…文若は真っ直ぐすぎるが故に孟徳の考え方が分からなくなってしまったりとか、孟徳への忠誠が違う方へ向かうというか少し見失ってしまう時があります。
それを傍で見守り助けるのが花なんですけど、この子は文若という事で他√よりもなんだか大人びて見えました。

もともと自分で考えて答えを出す子なので、始まりよりもどんどん成長していくなかって感じなんですけどここでは特に大人っぽく見えた感じがしたんですよね。

そして迷って迷って自分の中で答えを見つけた時の文若はかっこいいんですよ~!!
最後の最後に漢を見せてくれたキャラだったなと思いますね(`・∀・´)

とりあえず早く仲謀感想を喋りたくてしょうがないので文若はここまで(笑)

tiyu.jpg

さて、参りましたよ~!!
三国恋戦記をプレイして初めて!!りな子を萌え転がせたお方、仲謀様でございますよ~(≧∇≦*)

もともと共通部分で出てきた時にあまりの俺様ぶりに「え~…俺様感凄いな…( ºωº )」って思っていたんですけどね、この子すんごい可愛い可愛い素敵なキャラだったんですよ~( ̄∀ ̄)ヘヘヘ…
とりあえず最初はちょっとイライラしました(笑)

文若にもうるさすぎてイライラしたけど、この人は俺様すぎて な…なんだこいつはヽ(`Д´)ノ と思いましたね(笑)
でも他のキャラとは違い仲謀の場合はわりと早い段階から恋愛色を出してきます。

孟徳の所から仲謀の所に行ったあとそのまま仲謀軍に居る形になるんですけど、こうゆうのツンデレで片付けていいのかな…?
そもそも仲謀は父と兄を亡くしていて当主となっているんですけど、だからこその責任感とか孫家を守りたいという想いが強い子なんですよ。
でもやっぱり色々ありますからね、この子も悩みながら自分の進むべき道を模索しながら進んでいるわけです。

なので仲謀のあの感じの悪い俺様ぶってるのとかそうゆうのにも意味があってやっている事なんですよね。
だけどそういうのを花は自然と見出していて、周りを助けたり仲謀を助けたりとしながら彼との距離を縮めていくんですけど、そうゆう花のことを早い段階で気に入ります。

でも…さすが俺様…。
いきなり傍に居るように命じてみたり、これから寝るの以外は俺の所にいろとか…何と横暴極まりない!!(笑)
花はそんな仲謀に困惑しながら従うんですが、気持ちを伝えずに好きなようにしていく仲謀と、仲謀の真意が分からずに揺れる花…うまくいくはずがありませんヽ(`Д´)ノ

あーこのままだと全て喋っちゃいそうなのでそろそろ我慢しないとなんだけど、すれ違いながらも既に中盤頃には思いを伝え合うんですよ!!
でもこの時まだ花は『好き』とはっきり言えるほど気持ちが固まっているわけではないので、仲謀√での恋愛は好きあっているけどそれを周りがスムーズにいかせず、更には仲謀の立場と花の望む戦わない世の違いとかが障害になりつつ想いを深めていくというのがメインになっているかなと。

そんな二人を見守りつつ助けてくれるのが大喬と小喬という小さな双子で、手助けをするのが尚香です(*´∀`*)
この3人がいたからこそ仲謀と花は数々のすれ違いなどを乗り越えることができたなと思いますね~♪

まぁこの辺りの恋愛模様はプレイしてもらって楽しんでもらうとして…
仲謀は、それはそれはものすんごい可愛い生き物なんですけどね…花が大事な話があるって仲謀に言うシーンがあるんだけど、仲謀は何を勘違いしているのか「いいのか?」とか言い出すんですよ。

「(゚д゚)ん??いいのかって…ま、まさか…」

と思っていると花は、今から話そうとしている事が仲謀にはもう分かってるんだ…て思って「うん。大事なことだから」とか言うと仲謀は「お前が大丈夫になるまで待つつもりだった」だのなんだのと言ってですね、明らかに勘違いのまま話が進みます。
(ちなみに台詞は細かくは覚えていないので雰囲気です…w)
すると仲謀が「じゃぁ俺の部屋でいいか」というと花「うん。先に言って待ってるね」とな。

最後に「お。おう」と言っている仲謀が可愛いんだけど不憫で余計に可愛くなりました(≧∇≦*)

まぁその後はご察しのとおりなんですけど、もうね~なんだろうなぁ~仲謀って基本子供っぽいんですよ、我が儘な所もあるし俺様は~みたいな感じだしね。
でもここぞ!という時にはすごく頼りがいがあって、寛容な心を持っていて意外と大人だな~って思わせてくる。
でも可愛い!!というキャラで、三国恋戦記をプレイし始めて暗闇で(*ノェノ)キャー(≧∇≦*)キャーと一人初の萌え転がりをさせて頂いたキャラでした。

今までも楽しかったし感動したりとか色々あったんだけど、騒ぐほどではなかったと言うか…りな子の心をざわざわとさせることはあっても悶え殺す程のものはなかったんですよね。
なのでめっちゃ楽しめました(ノ´∀`)ノ♪

ここで仲謀が好きになった理由というのは彼のキャラもあるんだけど、花が一緒に仲謀と成長していいく感じとか、もともとは玄徳の所にいた花が仲謀を好きだという理由だけで玄徳軍を捨てることができないんですよね。
その間で気持ちが揺れながらも最後には自分の意思を貫こうとしたり、最後の試合後まで仲謀との間にどうして?なんで?と揺れ動く気持ちがあったり、更には恋愛でもその事があるから好き同士なのにスムーズにいかない感じとかが面白かったなと思いました。

でも、仲謀のEDがクッソ多くてですね((((;゚Д゚))))
あ、今回はスピード攻略を目指しているので速攻攻略サイト様のお世話になってるんですけど、セーブ6個とかしたんですよう~!!
でも三国恋戦記ってハッピーED以外はわりとサクッと終わる感じなので回収しやすいんですけどね、さすがに多すぎて諦めようかと思いましたね…(笑)

でもちゃんと回収してきましたけど(;´∀`)

という事で今のところ仲謀が一番好きなキャラですが、残りのキャラ攻略でどうなるのか…
このあとの隠しキャラって多分あの人なんだともうんだけど、もしあの人だったら私はこいつが一番になる可能性もなくはないと思っているんですよね…|ω・`)

しかも今気づいたんですけど…私…翼徳飛ばしてた~!!(笑)

どうしよう…(゚д゚lll)
あまり気が進まないけどちゃんと攻略しないと…(;´∀`)

とりあえず今から再び続きをプレイしてきます♪

ではでは最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~ヽ(*´∀`)ノ


翼徳いつ順番だっけ?と思ったのに
すっかり忘れてしまっていたりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します(´;ω;`)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~\(^▽^)/

まずは昨日は二回も喋りに来まして、そして昨日は私の感動秘話(?)にお付き合い下さいましてありがとうございましたです!!
沢山の拍手を頂きまして、そしてコメントも応援(∪・ω・∪)ポチも頂きとてもとても嬉しく思います(*´∀`*)
本日も励みとさせて頂きまして、喋りに来てしまいました~(ノ´∀`)ノ

まずですね…
大正×対称アリスの発売日が…もう決まってしまったんですね(笑)
6月2日になったんだそうです!!

Twitterであがっていた時には驚きました…(笑)
率直に『え!?早くね!?』と思いましてですね、この前移植決まったばっかりだけどそんなに早く発売して大丈夫なのかと心配になるほどですよ。

もともと水面下で動いていたから平気だぜ!!って事なのかなぁ…??
とりあえず6月の購入が既に一つ決まってしまいましたね~(ノ∀`)

さて…!!本日の本題は…三国恋戦記感想でございます(`・∀・´)
昨日の続きをしまして、公瑾√と子龍√が終わりましたので感想を喋ろうと思います。

まずは公瑾殿から!!

kouk.jpg

公瑾√では玄徳とは違いましてですね…玄徳√の時は仲謀の所に行った後、玄徳の元に戻りその後も玄徳たちと行動を共にしていたんですが、仲謀の所から玄徳の所に戻ってその後また仲謀の所で力を貸すことになって…いたと思います(笑)(^_^;)

共通部分はあるにはあるんですけど、わりと早い段階で既に公瑾と共に軍議をするのでほぼ仲謀の所にいる感じだったんですよね。
なので戦の流れとかも玄徳側と仲謀側で玄徳√とは異なる軍議をして進めていくんですよ。
大元の筋は同じなんですけどちょこちょこ違うところなんかもあって、全く別な感じでこちらは楽しめました。

ただ、公瑾って仲謀の右腕的な感じの立ち位置なのでストーリー自体はわりとサクッとしていたように思います。
玄徳などの中心人物とはまた違いますので、その辺りの違いかなぁという感じ。

でね、今回で思ったんですけどね!!

玄徳のときも公瑾の時も同じことがあってから花や相手の気持ちが変わっていったんですけど…。

その時までは特にお互い意識することもなく、恋愛の「れ」の字もない感じなんですけど中盤頃まで行くと本のせいで変なところに飛ばされるんですよ。攻略対象と一緒に。
で、そこで力を合わせてその場での出来事を回避していくんですけど、そうするとまたいきなり戻ってきてそこから…!!
そこから二人がおかしくなります!!←良い意味ですよ(笑)

今回も同じようになったので「こいつが鍵だったのか!!」と一人謎に興奮いたしました(笑)

シナリオの内容としては玄徳と変わらず戦でどうやって戦い乗り越えるかとか、戦を通して花は成長していくんですけどね…
今回の公瑾√は玄徳とは違い思うように行かなくて「これは序盤に悲しい系きちゃう…?」と不安になりながらも進めていきました。

どうだったのかなどは言いませんが、玄徳とはまた違ったれ恋愛観で楽しかったです。

そして玄徳√で起こった出来事をちょびっと裏側から見られるような所もあるので、そういう所もまた面白かった部分ではありますね。

しかも常に笑顔の公瑾は何を考えているか分かりません。
最初こそ好きだのどうのという感情はなく、ちょびーっと感じの悪い冷たそうな人って印象なんですけどね…
ある時からこの人が…何か…可愛くなってきます( ̄∀ ̄)ニヤニヤ

そもそも公瑾ってばスチルではめっさ男前です!!
顔がお綺麗でしてね~本当にイケメンなんですよ~(´∀`*)ウフフ
でも中身は変わらずだったんですけど、ちょいちょい色々な面を見せてくれるようになってきて…遂に!!今までの冷たい感じが崩れる出来事が!!
と言っても自分は至って冷静なつもりですが、その動揺や嫉妬ぶりが公瑾の手にする琵琶の音色からビシビシ伝わって来るんですよ(笑)

花がある人のことを普通に聞かれたから良い人ですよ~とか優しいしカッコ良いしと言うんですよね。
でもそれは話の流れで言っているだけであって、更には花にとっては普通にただ伝えているだけなんですけどね…。
公瑾の琵琶がおかしな音を奏で始め、更には弦が切れます(笑)
そこで公瑾は「今日は調子が悪いようです(^-^)」というんだけど、その時のトロフィーが今日は調子が悪いようですって名前で笑っちゃいました(笑)

でも残念ながら公瑾素敵だったけど萌え転がることはなかったんですよ(´;ω;`)

このお方も色々なものを抱えていて、それがあるから時々冷たく感じたりとか厳しくしてきたりとかするんですけど最後までその心は溶かすことができなくて、なかなか心うちを見せてくれません。
でも最後の最後でゴニョゴニョ(笑)

これはとっても大事な所だと思いますので言いません( ・…・)クチチャック

そしてね…
この意地悪で何考えてるか分からない公瑾という人がね気持ちを伝える時の言い方とか、言っている内容とかが何かどうしてもニヤニヤしてしまいます(笑)
さすが策士と言いたところですが、りな子的には策士ぶりが物足りなかったんですよね。

でもポイントは抑えているのでニヤニヤタイムは後半に結構あると思います♪

ではお次は我らが石田彰様演じる子龍殿です(ノ´∀`)ノ

siry.jpg

今回の石田さんの演じている子龍は、すんごい堅い…!!
出会いから「かたっ!!」と突っ込みたくなるような子でして…常に玄徳の為に、玄徳に命じられたからと玄徳玄徳とばかり言っている頭の固いやつでございます(笑)

自分が玄徳に使え忠義を尽くすと決めてからその事以外には何も目を向けていなかったような人なので、先陣を切って戦いに行くし戦う時ですら自分の命がどうなろうとも玄徳の力になれれば良いと、それだけを考えているような感じなのであまり感情とかが無いような人なんですよね。

√的には玄徳と同様なんですけど、途中からちょっと違う形で進んでいきます。

それに子龍があまりにも玄徳に尽くす感じが強すぎるので、途中までは花との距離も縮まるという事もなく…。
子龍は玄徳に花を守るように言われたから守っているというのが強いんですよね。
彼の志は素晴らしいと思いますけど、やはりあまりにもその戦う時の感情のなさや自分の命に対しての執着のなさが花にとっては辛くなってきます。

なんだけど!!
少しずつ、少しず~つ子龍が花を守ろうとする気持ちに変化が出てくるんですよ!!
これが些細なところから感じられるようになってくるんですけどね、恐らくこの人今までそういった感情を抱いたことがないからよく分からないんでしょうね。

だからこその天然ぶりというか…花が飲み屋でバイト(ちょっと現代風に言ってしまいましたw)した時も客と花の間にズバッと入り込んだりとか、その客がその後も花に会いたがっているのをうまぁ〜くかわしてて内緒にしていたりとか…。
こういったちょいニヤを所々に放り込んでくる感じでした(笑)

その他にもこういった事が多々あるんですが、すんごいもどかしいんですよね。

子龍も花も自分の気持ちにすら気付かなくて、んもう~!!って思うんですけど、思うんですけど!!
最後の最後の所で自分の気持ちに確信を持つ時が来まして、その時のEDの入り方が今までで一番素敵で何だかウルウルっとしてしまったんですよ…。

子龍って堅いし頑固だし気持ちに気づかなすぎて面倒な所もあったけど(笑)
今まで迷っていた気持ちがあったのに、どうして誰よりも花を守りたいと思ったのかという気持ちに答えが出た時の言葉が何かジーンと来ます…。
全部言っちゃうと楽しめないのでその中でも一文だけ抜粋すると『あなたが望むなら、私はあなたのために戦い、あなたのために、生きる』って言うんですよね。

この時エンドロールが流れながら喋る子龍が…このまま…(´;ω;`)

あ、この先は是非プレイしてくださいね(ノ∀`)←回し者かっ(笑)

とにかくこのEDの瞬間に子龍がものすっごいかっこよく見えました。
そして今までもどかしかった気持ちが全部無くなって、何かこうジーン……(・_・、)としたんです(笑)

子龍と花の恋はすんごく初々しい感じで、でもその恋のお陰で子龍の心が変わっていくというのが描かれているのと、子龍の玄徳に尽くす気持ちと同じように花に対しても尽くそうとするので、全身全霊で大切にしてくれる感みたいなものがめっちゃ伝わってきます。

ちょっと真面目な石田さんというのも新鮮で良かったなぁと思いました(*´∀`*)

お次はあまり気の乗らない文若です(笑)
子龍よりも真面目固い頑固そうな印象の…何かちょっと怖そうな人なんですよ~((((;゚Д゚))))

でもその先に進むために頑張ってきます(`・∀・´)笑


急遽明日帰れるので必死に三国恋戦記やってます(笑)
これ以上浮気プレイしないように百花我慢できるかな…(´;ω;`)
応援(∪・ω・∪)ポチお願いいたします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちは~|д・)

えっとここ2日程ですんごく喋りたい驚きの、そしてりな子にとっては喜びの舞やついつい踊りを踊りたいほどに嬉しすぎる出来事が起きたのですが、まずは三国恋戦記の一周目を終えたので感想を喋りにきちゃいましたよ~(ノ´∀`)ノ
前置きしておいてなんですが喜びの舞いの話しは改めて喋りに来ます(笑)

まずは昨日の独り言へと覗きに来てくださいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントを下さいましてありがとうございました♪
本日も励みとさせていただいております゚ 。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 ゚

今回プレイしている三国恋戦記ですが、一人目は土方さんと同じお声の玄徳様からスタトーいたしました。
キャラ的にも若干土方さんと通ずるところがあるような感じで、何だか土方さんのお兄さんバージョンと一緒にいるような気分で過ごした時間でしたね(笑)

ではでは感想へと参りたいと思います!!

rensenki_title

まず、この三国恋戦記ですが主人公は普通の女子高生です。
特別可愛いというわけでもなく、何か特出した特技があるわけでもない本当に普通の高校に通って平凡な日々を過ごす、ごく普通の女子高生の花ちゃん。

ある時学校の課題レポートの為に友達二人と図書室で課題の資料探しをしながら何気ない会話をしているんです。
この後買い物して帰ろうとか、弟の誕生日がどうとか…。
そこでレポートの課題である「三国志」についての資料を探している時に、主人公がある本を見つけます。

それは不思議な本で『駒を進め者、志成すまで自らも駒と化す。』と書き始められていて『汝、繰る者であり、綴る者。汝が辿りし道が、白き地に戦記を綴る』で書き終わっています。
中には三国志についての事が書かれているのですが空白のページなどもありちょっと不思議な本なんですよ。
その中には兵士の駒のような物が入っていて、花は興味本位でそれを動かしてみることに。

すると本に書かれている文字が変化し更には本が光だします。
光に包まれ意識を失った花が次に目を覚ますと見知らぬ土地に…なんと!!そこは本で読んでいた三国志に似た世界なのです!!

と、始まりはこんな感じでごく普通の生活をしていた主人公花が、ひょんなことから三国志に似た世界へときてしまうとい感じでスタートいたします。

この花という子は本当にほんっと~~~~~に普通です(笑)
これは悪い意味ではなく良い意味でね!!
あ、でもデフォ呼びがあると思って名前を最初に入力されている山田 花のままにしたんだけど、デフォ呼びがなくて更にはこの安易すぎる名前に山田 花って!!と後から突っ込んでやりました…笑

花はどこにでもいそうな高校生で十三支演技の関羽のように強いわけでもないので、この迷い込んでしまった世界で等身大の不安とか愚痴とか落ち込んだりとかそうゆう気持ちが素直に現れています。

でも、ウジウジじててイラつく~ヽ(`Д´)ノとかもなく、わりとあっけらかんとしているというか…柔軟なのかプラス思考なのか前向きなのか(笑)
嫌味のない前向きさで自分がすべき事というのを判断して前に進んでいくので、普通さの中にあるそうゆう面がなんだか可愛いなぁと思わせてくる主人公でした。

そして登場してくる人物はなかなか名前が覚えられないというね…(笑)
もともと私三国志とか歴史系とか全く分からないので余計なのですが…翼徳だの孟徳と似たような名前も多く、イラストが出ないで名前だけ出されると『( ºωº )…ん…? あ!!あの人か!!』と最初のうちはなっていました(ノ∀`)

攻略人数が多いとは聞いていましたが、これはかなり大変そうだと思いましたね。
でもどのキャラもそれぞれ特徴があって、同時にとても楽しみになります~♪
あ、でも残念なことに翼徳だけはどうしてもおさるさんにしか見えません…(´;ω;`)笑

それと十三支の時と同じような感じなんですけど、最初は玄徳の元でお世話になっているんですがその後にある出来事を経て孟徳の所に行ったり、仲謀の所に行ったりとする事があります。
しかしこれは共通部分だと思うのですが、他のキャラ達の登場とともに花と繋がりを持つと言った感じなんだと思います。

ちなみに初回プレイは間が空いたりもしましたが、9~10時間とかはやっていたのかなぁと思います…。
今日はがっつりやっていたけど最初はちょこちょこだったので曖昧ですが、ボリュームもありますし長すぎずでも物語も恋愛もモヤモヤしないし楽しめる内容となっていました。(まだ一周目だけど(笑))

この共通と思われる部分から最後までを通して、見知らぬ土地で様々な人達と出会い、自分の育った所にはないこの国や時代では当たり前の戦という事に対しての花自身の感じる想いや、戦をする彼らの信念などに触れて花自身が少しずつ成長していくというのと、恋を知らなかった花が初めて恋を知り切なくも温かい時間をすごしていくというのがメインかと思います。

戦という部分も花は軍師として関わっていく形の立場でしたし、その軍師としてというか力を貸すことを通して花自身が成長していくという部分が大きかったなと思います。
最初は人が死ぬこと、生きるために戦って殺さなければならないことに悩んでいたりもしますがそういう意味では何げにシリアスな場面というかちょっと真面目な場面なんかもありました。

恋愛はCERO Bなだけあってとっても純粋な感じなんですけど、そもそも恋愛という部分では最初とかは色濃く描かれていませんが、花の好意が恋愛に変わっていく様子とか、お互いが少しずつ自分の気持ちに気付いていって、でも相手のことが分からなくなる感じとかがこう、なんてゆうの?胸を締め付けてくる感じなんだけど、それもまた良かったですね。

しかもね、花がどう表現すればいいのか分からないんですけど、わりと自分の気持ちに素直な子なので嫉妬するというか嫌な気持ちになった時なんかはそう思う自分が嫌になってしまったり、諦めなきゃいけないと思って落ち込むんだけど自分の気持ちと向き合って頑張っていくのを見ているとなんだかいつの間にか夢中になってしまう感じでしたね。

初めて好意を寄せる相手で、でもその道は簡単なものではないというか。
ちょっと切なさを感じさせるシーンなんかもあって初回は十分に楽しめました(^^)

ではでは早速ですが玄徳様の感想を…。

gentoku.jpg

玄徳様は常に人の中心にいるようなタイプのお方で、優しい兄のような立場の人です。

主人公は序盤でいきなりこの世界に来るのですが、森で迷っているとどこからともなく声が聞こえてきます。
その声の通りに従うと、森から抜けた道で玄徳に出会いそこからあれよあれよという間に「孔明の弟子」として玄徳達の下でお世話になるようになります。
(この辺語り雑ですがお許しくださいませw)

出会いの時から花の素性が分からないと皆が警戒していても、玄徳だけは疑わずに受け入れてくれ更には孔明の弟子ならと信頼し共に戦おうとします。
といっても花は助言をしたり考えを言うだけなので戦ったりはしません。

でも玄徳が最初から花を守ると誓ったり、ふとした時に気にかけてくれたりと本当に優しい兄貴分って感じでした。

ちなみに私花ちゃんがどうにも応援したくてしょうがなくなってしまったので、最初の方は玄徳に萌えなどはありませんでした(笑)

玄徳の下でお世話になるとなった時にも、花は現代の普通の高校生ですから「仕える」というものがどうゆう事なのかとか、知らないことばかりなんですよね。
でもこの子は他の人から厳しいことを言われたり、突きつけられてもしっかり自分で考えて前に進んで答えを出そうとするんですよ。
いざ戦になった時に目の前で死んでしまう人もいるんですよね。
すると何のために戦うのか、どうして戦わないといけないのか、戦わないとダメなのかとか色々考えるんです。

この辺りから花が少しずつ成長していく感じがとても良かったですし、あんなに嫌だとか帰りたいと思っていた子が玄徳の力になりたいと思うようになっていきます。
そうです!!そうなのです!!
花ちゃんは力になりたい、助けになりたいという所から恋心を育てていくんです!!(笑)

なのでちまちま進む感じだし、お互いの距離感が戦などを通して本当に徐々に進んでいくのと、自分がその気持ちに気付くときも結構後の方なんですけどね。
今までさーっぱり何もなくって、やれ仲謀とほにゃらら~孟徳とほにゃらら~というのがありこちらもそれに夢中になっていたらば…。

花が玄徳の事を意識しだします。
この辺りから玄徳も意味深な「……。」とか気になる感じが増えてきます!!(笑)

でもね、お分かりかと思いますが玄徳は皆のトップに立ち率いていく人で、この時の玄徳は特に孟徳や仲謀達とのあれやこれやがあります。
そして花はこの時代の人ではありません。

何となく想像できてしまうと思いますが…あぁ切ない(´;ω;`)
でも今回はネタバレなしなのでどうなったとかその辺の事は言いませんが、私は今まで戦にばかり夢中になっていたのでなんだか知りませんけど最後の方に花の健気さにもう涙が出るかと思いました。
ちょびーっとだけウルっとしちゃったんですよね!

色々な事を我慢してきて、悩んでいっぱい泣いて乗り越えてきたり、乗り越えようとしている花が最後に我慢できなくなったんだなぁきっと。
あのシーンは何とも言えない気持ちになったけど、玄徳の優しさが余計に何かりな子のウルっとに加勢してきました(笑)

恋愛っぽいことがチラッチラッとしかなかった為と、もともと微糖なのでその感じもまた良いスパイスとなっていたと思います。
だってそんな風になんとも思わずに見ていたら…壁ドンが来たりとかして楽しかったんですもんヾ(*´∀`*)ノ

一応玄徳のEDは全て回収しておりますが、BADはわりとさくっと終わる形なのでこれと言って何もないですが気持ちを気付きつつも……というEDはちょっと寂しい気もしました。
でもその時の花が何も覚えていないというのがまた切なかったんですよね。

初回でこれなのでお勧めされている√ではどうなることかとちょっと楽しみと不安もありますがお次は公瑾様でございます(`・∀・´)
このお方は仲謀軍のお方なんですけど諏訪部さんが演じている、これまた常に笑顔で何を考えているのか分からない感じで楽しみであります♪

ではでは…
本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~♪(('ェ'o)┓ペコ


書き始めてから途中でご飯を食べに行ったりと
邪魔が入ったのでアップするのが遅くなってしまったのですが…
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します(´∀`)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言