( ´ー`)ノ 乙女の皆様こんにちは。

CROCK ZERO~終焉の一秒~を遂に昨日の夜、というか夜中全てクリアしました。
夢中になりすぎて本日は本格的に寝不足でございます(笑)

全てを攻略してみて・・・
とても、とっても感慨深いストーリーでしたし、終夜のトゥルーED以外と鷹斗を残していたので全て一気にプレイしました。

そしてメインというだけあり、さすが鷹斗!でした。EDも多く結構時間がかかちゃいましたけど(;´д`)

やはり終夜、鷹斗を最後に持ってきて本当に本当に良かったです!!

さっそく感想を書かせていただこうと思います( *`ω´)

クロゼロ

とりあえずこれからプレイしようと思っている方は、絶対にネタバレとか読まずに(普通は読まないでしょうけど)何も知らない状態でプレイしていただきたいですね(笑)
少しネタバレを読んだ状態でプレイしていた私ですが、終夜と鷹斗の攻略によりさらに面白くなるストーリーにかなり入り込んでプレイしました。

なにも知らなかったらより「これってどうなの?」とか「どうゆうこと??」ってなったと思うのでもっともっと楽しかったのかなと少し読んでしまったことを後悔したくらいです。

終夜は誰よりも切ないストーリーでしたし、なんかもうホント胸がぎゅーってなる感じでした(;_;)
鷹斗に至っては様々な謎がここで全て解けるという感じで完全なる真相EDなのですが、これもまたEDが数多くあったり、開放エピソードなどもあるのでクロゼロの世界にどっぷりで、ここに全てが凝縮されているって感じでした。

そもそも私個人的には鷹斗はあまり好みではなかったので(←個人的な意見ですm(_ _)m)そこまで盛り上がらず・・・な気持ちでプレイしていました。
しかしさすが鷹斗様でした。ジャケットを飾るだけあってなんとも素晴らしい。
むしろ鷹斗がいなかったら最後にこんなに感動していないと思います。

他のキャラよりも重みが違うというか、この人の目を覚まさせるのは一筋縄じゃ行かないだろう・・・とか大変そうだな・・・とか色々思いながら進めたのですが、最終的にはどのEDも良かった!!

そしてあるEDの最後では本当に全身鳥肌でした。

撫子が自分に書いた手紙を読むシーンがあるのですが、思い出した今でも鳥肌がたちます。

各キャラとのストーリーと共に撫子の成長や、彼女に起こってきた出来事、そして未来など全てがその一枚の手紙に集結されている感じで、何とも言えない気持ちになりました。

そしてちゃんと謎も解決されて、ちょっと違う人の視点のEDがあるんですけど・・・
これは言ってしまうとネタバレなので言いませんがこのEDが特に私は良かった!!あのキャラとの最後のスチルが最高に良かったんですよぅ!!!!
是非ともこの話をしたい(笑)でも我慢します。

攻略キャラのトゥルーEDと悲恋EDだけでなく、サブも入り込んできたりするのでそうゆう所はかなり良いスパイスとなって楽しませてくれました♪
それもちゃんとストーリーにうまいこと組み込まれているので良かった!!

ちなみに全キャラ攻略&全ED攻略はなかなか時間がかかりました。
でもその分ストーリーがしっかり作りこまれているのでストーリー構成重視の方にはお勧めです。

糖度は甘甘とまではいきませんが、思ったよりも甘さがあったと思います!
撫子がツンデレ(?)的な感じで、世界観的にもちょうど良い甘さではなかったかと思います。アフターストーリーでは十分に甘甘を楽しませて頂けますしね(*´∀`*)

そして・・・ぶちゃけていうならば小学生パートと課題がちょっとめんどくさかったくらいで、キャラはどのキャラも良くてハズレがないですし、各キャラの個性がそれぞれにあり最高でした。
ちなみに全員なかなか濃いキャラですので、笑わせてくれる場面もあります(笑)

メインのストーリーだけでなく、アフターストーリーのファーストパートとレイターパート、さらにノベル形式のストーリーなどもあってかなりボリュームがあるので、最後までしっかり楽しめる1本です。
これはプレイして良かったと本当に思いました♪

コドリアに続きプレイしてよかった~(≧∇≦*)

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

皆様こんにちはm(_ _)m

この度りな子、CROCK ZEROの攻略キャラ、残すところ終夜と鷹斗のみとなりました!
ここまでの感想を簡潔に綴らせていただこうと思います参りました~ε”ε”ε”(ノ´・д・)ノ

実はわたくしこのタイトルを購入するずーっと前に、誰かが書いている感想を読んだことがありまして・・・
まぁそれは完全ネタバレアリの感想だったんですね。

基本的に私はあまり気にしないので、ネタバレしてようが気になったら読みます(笑)
でも内容を覚えてしまうと面白くなくなっちゃうので サララ~っと目で追う感じ。なんですがクロゼロは何故か・・・ちょっと覚えていてなんとなく知っていたんです。

知っていたといっても本当の真相の部分ではないので、理一郎をプレイしていた時に【これはそうゆうことだったのか!】程度のもの。これはどのキャラにも関わってくるものなので、そこまで気にせずプレイしていました。

で、前回もお伝えしましたが理一郎→円→寅之助→央→終夜→鷹斗の順番でプレイしています。理一郎・円あたりはストーリー的にはまだ謎な部分が残されている感じで、あれは?これは?と一人で気になりながらプレイしていましたが、一人ずつ攻略していく事にその謎が確信に迫りながら進んでいくといった感じでしょか。

終夜にきて新たに真相に近づきそう・・・みたいな感じがしました。

個人的には円が楽しみだったのですが、期待を裏切らなないキャラで一人でウハウハしてました(笑)
しかしながら一番驚いたのは寅之助ですね。見た目から想像していたキャラではなく、意外とダークな感じといいますか・・・結構意外な中身だったのでこれには驚きましたが、楽しませていただきました。

そして新たに攻略対象になったという央ですが、彼大人になるとなかなかいい味出しています。
素敵!王子様!ヒーロー!ってかんじで子供の頃とのギャップでキュンキュンさせられます( *`ω´)

今の時点で5人攻略してますがまだ謎が残っている状態ですので、最後までストーリーを楽しめる構成なのでさすが高評価なだけあります♪
ちなみに央のEDの中に央と一緒に迎えないEDがあるのですが、あるキャラとのEDになります。これかなりテンションが上がりました~!!(笑)
途中でそのあるキャラと行動を共にした時に【ま・まさか!?】と思いましたが、その通りになり一人でテンションが上がったままプレイしていました(笑)

また違った終わり方が良かったのと、是非ともこのEDのアフターが欲しかった!!と思いました。

全体的にちょっと重い感じなので病んでる人が苦手な方はお勧めしません(笑)
終始病んでいる(?)人がいますので・・・(笑)

私は個人的には全然OKなのでとても楽しませていただいておりますm(_ _)m
今日中に攻略できそうですので、早速行ってまいりますε”ε”ε”(ノ´・д・)ノ


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

今更シリーズのCROCK ZERO(笑)

コドリアに引き続きCROCK ZEROをプレイし始めました。
なんだか世界観的にすこしアムネシアを感じさせる雰囲気を漂わせています。

ちなみにこちらもお勧め攻略順を下調べいたしました( *`ω´)
それに従いまして理一郎→寅之助→円→終夜→央→鷹斗の順で攻略しようと思い、今理一郎を攻略しているところです。

やっとここに来て撫子(主人公)とストーリーに異変が・・・(笑)
そしてここまで長かったです。

始まりは小学6年生でスタートするのですが、この時点でストーリーを進めていくと小さな色々な違和感が生まれます。
あれ?この人って・・・とか謎が多い感じでストーリーが進行していきます。
この時間かなり長く感じます!!

大きな動きもなく、どちらかというと小さな些細な違和感のみなので、まだ世界観の全貌は明らかになっていません。

ほかの方の感想でも小学生時代長いって言っていたのである程度は覚悟していたんですが・・・
長すぎます((((;゚Д゚))))

でもこの内容がないと繋がらないんでしょうね。
やっとここまできた~!って思ってたんですけど、ここからもなかなか長い模様・・・。
ストーリーの構成的にはかなり密に作り上げられているんじゃないかな?と思います。

キャラもなかなか個性豊かなキャラばかりで、どの人もいざ攻略となったら楽しめそうです( ^ω^)ワクワク
今はまだ恋だのなんだのってのはほとんど皆無ですが、理一郎のちょっとした可愛い一面に恋の「こ」の字を感じる程度。
ここから物語の展開と恋愛要素がどのようになっていくか期待度が上がってきております♪

ここに来るまでもちょこちょこ気になるシーンがあるんですが、その時点では自分なりの想像が広がりはしますが先が読めなのでかなり入り込みます。
今でもなんとなくこうなのかも?というのは分かっていても、キャラの立ち位置が思っていたのとちがくて驚いているところです(笑)

ここ毎日寝るまでの時間をCROCK ZEROに費やしていますがなんとも小学生時代はまったりしているので若干眠気を誘います(ノω;)
でもおそらく今日やる章あたりから動きがありそうなので、楽しみです(*´∀`*)


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言