こんにちは~ヾ(・∀・)ノ
やっとお休みを迎えましたりな子でございますです~。

昨日もわたくしの独り言を覗きに来てお相手してくださいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチそしてコメントも下さいましてありがとうございました~!!
いつものことながらとても励みになっております(∩´∀`)∩♪

さてさて、ここ数日眠さと文字の多いさに耐え続けながらプレイしてきたオメルタですが…
昨日今日とプレイしグランドEDまでを迎えることができました~!!(ノ´∀`)ノ

オメルタ沈黙の掟.jpg

劉漸の続きからプレイし最後に梓を攻略しまして、そうするとエクストラストーリーが解放されていく仕組みになっておりますた。
このEXストーリーが3本用意されているんですけど、この3本は1本見る事に解放されていきます。
1つが劉のシナリオで2つ目がJJを育てた密林の虎のシナリオ、最後の1本がグランドEDとなっていて本編のその後のシナリオでJJが新しい道を選び歩んでいくという一番幸せなEDとなっていました。

まず個別の感想の前にオメルタというタイトルについてですが、ぶっちゃけますと…今までの個別感想でも散々愚痴りましたがとにかく字が多い!
というか戦況を細かく知ることが出来るし、JJが何を考えてどう動こうとしてるのかとかが分かるように心情とかも知れるんですけどそれが私にとっては字が小さいおかげで読む気になれないんです…。

そして説明というかその内容も読んでるうちに飽きr…ゲフンゲフン。
しかも戦いの状況を説明してくれるのはありがたいけどどこのシナリオでも同じ感じなので、途中からササッと目を走らせてスルーしていました(笑)

それとこのタイトルは“恋愛をする”って感じではないかもなぁ。
マフィアという職業?だからその辺もなんかこうアウトロー感があるんだけど、付き合うという形を重視していないので付き合う付き合わないという事ではなく『体を重ねるのはこれから俺だけにしてくれ』みたいな言葉がそれと同等の意味かなって感じです。

なので東京陰陽師の時もふしだらな関係が通常運転でしたが、それでもなんかこう恋愛している感があったんだけど…
オメルタさんは8割方マフィアの抗争や男としての…みたな内容で残りの2割…いや1割?でJJと攻略対象のお互いを必要とする感じが描かれていたかな。

私のよく覗きに行くブログの方とお話して改めて思ったんですけど、この手のタイトルってやっぱり乙女ゲーの様な恋愛というよりはエロさの中の萌えとキュンを求めているんですよ!!
でもオメルタはエロさは遠まわしだし、ことが及んだであろうシーンもちょびっとですし、更には絡み系スチルはキスまででCV萌えなんてロゼの方が上です!(笑)

オメルタよりも源氏恋絵巻の方が余程囁き声やリップ音でエロさが倍増していたよ!!(°д°)

という事で自分の求めていた萌えはこのタイトルにはなかったんですよね~。
だけど…やっぱり全体的にシナリオは面白いっちゃ面白いんですよ。ブーブー文句を言いながらもキャラが気になってなんだかんだ放棄せずにコンプしておりますしね。

攻略するキャラによって各々迎えるEDや進む道が異なるんですけど、一匹狼として進んでいくのかキングシーザー側につくのかドラゴンヘッド側につくのかと様々な道が選べるJJなので、一緒にいる人で最後の迎えるであろう未来が変わります。
だけどどこも共通しているのは自分達の属する組織の末路かな…。

ドラゴンヘッドとキングシーザーの抗争になってボスが不在となった時にお互いの組織がどうなっていくか…みたいなものが最後は描かれているんだけど、この二つの組織は全く別の顔を持つ組織なのでその後の進み方も違いますし。
ドラゴンヘッドなんて色々と(?)事情があるので(笑)
ボス√だと瑠夏と劉漸ではまた全っ然違う結末ですしね!!

で、各キャラのEDを迎えたあとにEXストーリーを見る事で全てが纏まるしスッキリする事ができます!

劉のEXストーリーについては個別感想で話すとして、密林の虎は小さい時にJJの両親を見殺しにしてJJに殺しを教えた本人なんですけどね、JJに会いに日本に来るという完全なるおまけシナリオです。
そして一番最後に解放されるグランドEDがこのオメルタというタイトルの一番優しくて幸せな結末って感じです。

それぞれのキャラのEDで起こる抗争の果てにJJが選び前に進んでいくという終わり方で、このEDを見て始めて『あぁ良かったな』と安堵できる内容でした。

このタイトルのキャラに順をつけるのはなかなか難しいですが…
りな子のただただ好みのみで付けるとするならば、1 劉漸 2 宇賀神 3 霧生 ですかね~…ただこの宇賀神はただのドSで血も涙もない氷の処刑台のままだったら劉漸と並びますね!
最後がデレで可愛すぎたので2番目ですがそこを抜けば見た目も、マフィアの時の感じも大好きなので結局2番目…。

霧生は何故劉漸と宇賀神と並ぶのか?と思うほどこお二人とはまた違う毛色ですが、何か可愛かったしツンデレだったから!!笑

で、恋愛できたな~と思うのは、1 橘・霧生 2 瑠夏 3 梓 です。
あ、全然萌えないと言っていた梓が入ってきましたね!!(笑)
予想通り萌えなかったです。萌えなかったんだけど、この子がJJの事を大好きな事とJJが梓を大切に想っているのが恋愛とはちょっと違うけど、なんか今までにはない感じで想い合っているのがあったんですよね。

で、橘は一番恋愛的な感じがしたんですよねー!!この人がまっすぐにJJを求めてくる感じとかが良かったですしそれと同様に霧生もJJの事を好きなのがたまに見せるデレシーンで伝わってきたので恋愛感がわりとありました。

瑠夏は逆にJJが可愛くなっちゃうんですけど、それでもお互いを必要としている感じとかが描かれていて良かったなと思います。

もしオメルタをプレイする事があるならば必ずグランドEDを見て欲しいと思います!!
これが一番良かった!!

では最後に残りのキャラ感想を喋りま~す(^-^)/
まず記憶に新しい梓からいきます(`・∀・´)

omerta_icon_02.jpg

いやぁ~梓√は思いもよらぬ方向へと話が進んでいくのでシナリオ的にはめちゃくちゃ面白かったです。

萌えないかもとか梓は子供すぎるとか色々言ったけど、色んな意味で成長した梓が見られておばさん面白かったですよ。
まぁ萌はしなかったけど(笑)

そもそも他の√でJJは梓の事をすんごい気にしているんだけど、それが愛とかそうゆ物なのか何なのかははっきりしないし謎なんですよ。
もともと梓の両親が殺されたことでJJが梓を引き取って一緒に行動しているんですけどね、梓はJJに好意をもっているんだろうなぁってゆうのは垣間見えるんだけどJの方はよく分かりません(笑)

でも梓と離ればなれになってしまって再び会えた時に梓は……(°д°)

とまぁオメルタ特有の出来事が起こるんですけどこれまた面白くて、更にEDの分岐がねぇグッドEDは良いんだけどこの子の場合BADじゃなくてSAD EDなんだよ…。
なのでちょっと切なくなるようなEDなんだけどさ~梓もその道に進んでしまうのね…となんかこう何とも言えない気持ちになる終わり方でした。

グッドEDはその名のとおり良い終わり方だったので良かった良かったと思う!
そしてここだと梓とJJに抱きつくマスターと3人のスチルが出てくるんだけどこれが何か家族っぽくてすんごい良かったんですよね~!!ヽ(;▽;)ノ
3人とも色々ありつつ一人で生きてきている人達なんだけどお互いを大切だと想っているのが伝わってきて温かい気持ちになる1シーンでした。

まぁその離ればなれになって色々あったことで自分の気持ちに気付いたJJと梓が…って流れなんですけど、ちょっと愚痴ります┏○ペコ

このオメルタにはちょこちょこあるんだけど誰かと誰かが実は体の関係がありました、ってゆうのがそこかしこにあってですね…
梓とJJもそうだったんだけど、そもそもそうゆう描写もそうゆう言葉もたまーにちょこっとあるかないかな上にめっちゃ分かりにくい言い回しなのでJJと誰かの会話で初めて知るんですよ。

なのでこの二人に何があるのかとか、どこまで関係があるのかとか手探り感があるのでモヤモヤします。

それなのに実は好きだったとかやってましたとか…(´ε`;)ウーン…(´ε`;)ウーン…って感じなんですよね。
なんかこう煮え切らない感じが自分の中に残るというか…。

多分だけどPC版からその辺を省いて作ったんだろうって感じなんだけど、こんなに不自然になるなら省いた文作って欲しいと思うほどです。(果たして省いただけなのかは分かりませんが…)
これはこれで完成ですよと言われたらそれまでなんだけど、もうちょっとその辺の関係性の描写は欲しかったなぁと思います。

でもまぁこの愚痴りの気持ちもありますが、梓とJJの物語としては面白い流れでした!!

では最後に鬼畜ボス劉漸の感想です(`・∀・´)

omerta_icon_08.jpg

まずどうして私が劉漸が好きかといいますとね、ただの鬼畜なんだけどこの人強いし容赦ないしボスっぽさがめっちゃ溢れてる人なんですよ。
更に欲にも忠実な感じだし傲慢(?)だし歪んでいます(笑)
謎に色気もあるしもう立ち絵だけでかっこいいんですよねー私的に。

でもこの人は他√をプレイしていると分かるんだけど、普通に考えたら地獄に堕ちるべき人です。
色々と汚い手を使ってる人ですしね。

なのでここの√ははっきりいってめっちゃモヤっと、そしてこれがグッドEDなのか!?と思わされて終わります。
でもEXストーリーでこれの続き…なのかな??その後のストーリーが描かれているんですけど、これがあって心底良かったと思いました。

あのストーリーが描かれていなかったら私はどうなっていた事か…(笑)

しかも劉漸√は全く色気シーンがないわけではないけど、全√の中で色恋が皆無です!!
私はプレイ中にあれ?まだかな?と何度思ったことか…。
でも劉漸のキャラを考えても他の人みたいに甘い感じは想像できないし、キャラ設定はブレていないので納得はできます。

だけど!!だけど!!なんかちょっと欲しかったと思うのはきっと普通だと思う!!

事後みたいな描写はあるしその時の劉漸は素敵ですけどね( *´艸`)
それとJJと劉漸の関係性はとても特殊なものだと思うんですよね。好きとか愛とかというよりは、劉漸は自分の事を無敵だと思っているし、でもJJの事を最終的には自分を殺してくれるだろう男とどこかでJJを認めているんです。

JJはJJで劉漸を殺そうとするんだけど、グッドEDの最後では自分が劉漸を手にかける、自分の手で劉漸を必ず殺すという執着を見せるけどそれと同様に殺す=好意を抱いているみたいな感じになっているので、なんだかんだ好きなのかなって思いました。

何この二人の歪みきった感情!!(笑)

しかも劉漸の今の人間性が出来上がるまでの事が最後に分かるんですけどね、この人ここに来るまではただの悪魔・鬼畜・人じゃないわ!!と思っていたんだけど、この生い立ちを知ると実はただ『生きる』ためだけにまっすぐに進んで来ただけなのかもと思えました。
ある意味素直で真っ直ぐな人なのかもね。

さすがはドラゴンヘッドのボスという所で色々な衝撃事実が分かる劉漸√なので何だかんだ面白かったし、エロ展開がない分劉漸の素晴らしい肉体美スチルだけで萌えておきました。←

とりあえずこの人程白スーツが似合う人はいないと思います!!
髪の毛も後ろで束ねているんだけどこれを解いた時が最高にお色気ですし(;゚∀゚)=3ハァハァ
もっと劉漸との絡みが見たかったですが…鬼畜っぷりはそこまで披露して欲しくないなぁとも思ったのが正直なところです(笑)

ちょいちょい鬼畜っぷりが見られるシーンもあるので ヒィィィさすがは劉漸!! と思うんだけどそれでもこの人が好きだと思えるのが不思議です(笑)

いや~何だろう凄い疲れました!!笑
やりきった感がめっちゃあります私の中に。

続編買うと思うけど中古で買います(笑)
また今回みたいに遠まわしな表現ばっかりだったらヤダなぁ…と思いつつ人様の感想とか見ながら検討しようと思います。

で、ですね。

私オメルタ始める前にクリエンプレイしていて序盤も序盤、6章目?あたりで断念しているんだけど…
よくお邪魔しているブログ様でクリエンの感想を拝見してやっぱり楽しそう…と思いつつも再び手が伸びるか伸びないか…と思っていたら、『まほごしゅをプレイして面白かったので、その世界観にすんなり入り込めたのかなと思うのでまほごしゅを先にプレイしてみるのもアリですよ。』とな。

うん。ではまほごしゅからやってみよう~!!←

という事で大メビがくるまでの間はまほごしゅをする事に致しました~(笑)

とりあえず途中で断念しないためにも気になるキャラから特攻しようと思います(`・∀・´)
という事でここは近藤さ…じゃなかったミラーフェルデナンデスから特攻しようと思いますです。

クリエンに出ているマイセンとかオランヌとかも気になったけどとりあえずミラーにしておきます。

では今日は夜からは女子と飲みに行くのですがそれまでは何も予定はないので、早速引きこもってまほごしゅの世界へと旅立ってきまーす!!

本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!!(*´∀`*)ノ。+゜*。


結局好きなキャラランキングトップ2は
歪んでいる物を抱えている順になってしまったりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチをお願い致します(笑)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(*゚▽゚*)

昨日の独り言へと・・・というか最近無駄にこの場へ叫びに来ておりますが、覗きに来て頂きまして私の叫びにお付き合い頂きましてありがとうございます!!
拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいまして本当に励みになっております!!ありがとうございます┏○ペコ

最近スマホの調子がもっぱら悪いりな子です(つд⊂)
今日も超余談から行きますが・・・私はiPhone5Sを使用しているのですが少し前からマナーモードにしているのに音が鳴る事がしばしば・・・。

ちなみに私年中マナーモードの人なので音が鳴ってもまさか自分のだとは思いもしませんでした(笑)

ある時仕事中に机の上に出していつも通りにPC向かっていたら机の上でブーブーブーブーと煩くなっている私の携帯。
しかし電話やメールのバイブ音とはちょっと違うので画面を見てみたら・・・
一人でマナーモードになったりやめたり、またマナーモードになってみたりと繰り返しておりました。

そうです!!りな子スマホは一人で勝手にマナーモードのON/OFFを繰り返して遊んでいたのです(=_=)

ちなみにマナーモードにする時には横のつまみ?みたいなやつをスライドさせて切り替えるんですけど、最近じゃスライドしただけじゃマナーモードになりません。
スライドして、さらにちょっとスライドを元の位置に戻すフリしてあげないといけないという全く手のかかる子ですヽ(`Д´)ノ

しかもフリーズしたりするし・・・いきなりぶっ壊れないことを祈るのみです・・・((((;゚Д゚))))

さてさて!!
連日プレイしてきたオメルタですがね今お楽しみの劉様の途中で止まっておりまして、瑠夏のプレイを終えております!!
ちなみに私めちゃくちゃ勘違いをしていたんだけど、魁皇楽様と四ツ谷サイダー様が登場するのはCODE:TYCOON戒の方からなんですねぇ・・・。

ここまで進めているのに全く出てこないからあれ?おかしいな・・・とは思っていたんだが・・・そりゃ出てくるはずないよね!
なんてったって続編にしか出ていないんだからさ・・・。
残念すぎる・・・残念すぎるけど楽しみが出来てしまったのは確かです。

キャラ的に新たな組織と警察って立場っぽいからそこまでいっぱい出てくるわけじゃないんだろうけど・・・それでも気になります。

では早速ですが瑠夏・ベリーニの感想を。

omerta_icon_06.jpg

この人はキングシーザーのボスなんですけどね、ドラゴンヘッドのボスである劉漸とは真逆のタイプの人です。

基本明るくていつも笑顔で皆の中心にいるような太陽みたいな人で、仲間の事を自分のファミリーとしてとても大切にしているお方なのです。
が・・・この人も伊達にマフィアのボスであはありません。

ちょっとほんわかしている風なまま進んでいくんだけど、内容は今までよりも自分がマフィアの一員っぽかった!!(笑)
いやね、今までも殺したり殺されそうになったり狙われたり抗争したりと色々あったんだけど、やっぱりボス√というだけあってボスVSボスなので、マフィアとマフィアの戦いなんですよね。

なのでシナリオを進めながらアウトレイジを思い出しちゃいました(笑)
あんなにえげつない描写はないですけど。

仲間が人質に取られたり殺されてしまったりという出来事が起こりながら激化していくドラゴンヘッドとの抗争が主に描かれているんですけどね、この時に瑠夏のお怒りが見られます。
あんなに優しそうな瑠夏が手を挙げ声を荒らげます。
特に特別な事でもないのに何か珍しいシーンだったんで( ^ω^)ワクワクしながら見ちゃいました・・・。それだけです(笑)

あ、分かった!!瑠夏√は他にはない人間ドラマみたいなのがあったんですよ!!
橘もちょっと感じましたけど瑠夏はそれが濃い気がします。

彼の生い立ちの事とかも描かれているのでマフィアのボスってなんだかんだ言って孤独な立場なんだなーとか、今の位置に来るまで色んな事があったんあだなーと思いました。
他のキャラの時にはここまで深い過去の話みたいなのはなかったので面白かったです。

でもやっぱり侵入した時の細かい動きの描写とか使っている銃の説明とかは相変わらず眠たくなりました・・・。

そして瑠夏さすがはイタリアーノー!!
気が多いようであいつにもこいつにも手を出しているんだということがJJの最後の言葉で確信させられますた。
あ、でもこの時のJJは何かしらんけどめっちゃ可愛かったです。

そもそもね、PSP版のオメルタはね、すごく遠まわしな表現と曖昧な表現が多過ぎてね、はっきり申し上げますとやったのかやってないのか、やろうとしているシーンなのかそうではないのかなどが、ご想像におまかせします系になっているんですよ。
夜空映しちゃうシーンとかは分かりやすいんですけどね、言い回しとかがとにかく遠まわしすぎる気がする。
今から始まるのか!?と思わせるようなシーンでも何かこうパンチに欠けるといいますか・・・。

なので瑠夏の時も霧生を部屋に呼ぶシーンなんかもあるから、あぁそうゆう事か・・・と思ってはいたけど気が多いとは・・・霧生意外にも居たとは知らなかったー!!
最終的には瑠夏とJJは恋人?なのかな、一番近い存在になるので幸せな二人という感じで終わりますし今までにはなかったちょっと可愛さの感じるJJも見れたのでこれはこれで良かったのかなと思います。

とりあえず瑠夏とJJのツーショットは美しい&瑠夏がちょっとセクシーなので楽しめました。
瑠夏のパパで前キングシーザーのボスは渋かったです!!ちょびっとだけ出てくるんだけどかっこよかった(`・∀・´)

どうでもいいけどここの√の宇賀神くんはさすがは氷の処刑台と呼ばれるだけあってめっちゃ冷酷非道で素敵ですた。

今プレイしているのは宇賀神くんのボスの劉漸様なんですけどね、この人やばいです。
プレイ後の感想に喋りたいので今は内緒にしますが、色々やばいですぶっ飛んでます(笑)
根っからのマフィアのボスって感じですし、マフィアってゆうか寧ろただの鬼畜?(笑)

でも私は一番好きかもしんないです。←

劉漸が終わったら最後は梓なので頑張って終わらせようと思いまーす。
全然気が乗らないけどJJと梓は相思相愛っぽいので、しょうがないのでくっつけてやってきます!

しかし(*ノェノ)キャーとか萌え~(≧∇≦*)とか官兵衛以来ここ何日もないので枯れそう!!

ではでは最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~♪


今日は仕事中暇過ぎて精神と時の部屋に
来てしまったかと錯覚したりな子に応援(∪・ω・∪)ポチ
お願い致します(('ェ'o)┓ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(。・ω・)ノ゙

昨日の独り言へと覗きに来てくださいまして、拍手・応援(∪・ω・∪)ポチ・コメントを下さいましてありがとうございました~!!(ノ´∀`)ノ
毎日好きなことを喋っておりますが、読んでくださってありがとうございますです┏○ペコ
とってもとっても励みになっております。

さて…今日は夜から雪が降るかも…と予報で言っていたので雪だるまのような厚着で仕事に行ったりな子です(笑)
ずんぐりむっくりという言葉がまさにぴったりですた!!アウター入れて4枚着てきたもんね!!
お陰であまり寒~い!!とならずに済んだのはよかったけど、雪降ったのか私は観測できなかった。

帰り道に降らなかったのが唯一の救いですかね。

昨日の独り言でも言っていたのですが昨日帰宅してからDLしたストラバのDLCをプレイしてきましたよ~!!
やっぱり面白かった…。
久々にストラバの世界に旅立ったけどめっちゃ面白かったし、何だろうあのバカップルの時のアホさ!!

昨日は隆志、澪、犬塚先生、司先生をまとめて見てきたんだけどね…。
司先生の時に点数つけられて『92点ですね』って言われて『後の8点は…?』って聞いたら更なる発展をという意味ですって言ってた。

8点・発展…

うん。うまい…うまいけどなんだこの地味なギャグ的なニオイ(笑)
久々にこの世界観に来たけどやっぱり面白いし、これを考え出した人が凄いなと、改めて思いましたね(笑)

ちなみに犬塚先生は変わらずエロかったです~\(^o^)/
喜んでよがる…いや喜ぶぞとか言ってたけど、主人公も流さずそこはツッコんでくれと思いました。

でも変わらずかっこよかったし色気が…ジュルリ…そして保健室でゴニョゴニョ…。
私も犬塚先生に会いに保健室行くー通うー毎日病気になるー怪我するー!!
というかタイトルにもつけたけど私のほうが千尋中毒ですから、私に処置をしてくれ犬塚先生。←

澪はちょっと見た目が垢抜けてかっこよくなってたし、更に本編に引き続き謎の言動とかもありつつ面白可愛かった(笑)
水族館でいきなり『ユー!!』とか言い出すので (´゚∀゚)・:.・:∵ブッ ってなったけど、その理由がとってもキュートでしたよ~。

隆志は相変わらずだったけど何かこの子がすんごい可愛かったです!!
主人公と隆志がすんごいお似合いのカップルだったし、いちいち頑張りつつも落ち込んだり喜んだりする隆志が可愛すぎました(*´∀`*)ホンワカ

本編にも負けず劣らず一人一人のキャラの魅力が詰まったシナリオでしたよ~(ノ´∀`)ノ
早く2ndやりたい。

ちなみにPSストアの様子がおかしくて奏矢だけDL出来なかったので、今日帰ったらDLしてプレイしようと思います。

ではではプレイ感想ですが引き続きオメルタプレイ中です。

ちなみにここに来てちょっと飽き、ゲホゴホ…♪~( ̄ε ̄;)ピーピプー
ちょっと気の緩みが生じております。

というのもロゼのモダつきと似ているんですが説明みたいなのがちょっと多いんですよね。
マフィアの事とか銃の事とか諸々その説明でどうにも眠たくなってきてしまう事もありつつ、霧生マスターをなんとか終わらせました~!!

ちなみに霧生はイタリア系マフィアのキングシーザーの幹部です。

omerta_icon_05.jpg

イラストでもお分かりになる通り、真面目・堅い・忠犬といった感じで、元警察官のマフィアという経歴を持っておりますよ~!!

ここのシナリオは宇賀神の時のようなシリアス全開って感じではなくって、もちろんドラゴンヘッドとの抗争があるのでシリアス場面もあるんですけど、キングシーザー自体がドラゴンヘッドと違い仲間同士が仲良いというかファミリー感があって温かい感じなので切なさの方が多いシナリオになっていました。

マスターの紹介で霧生と出会い物語が始まるのですが、実は5年前にJJが嵌められた時の依頼人はこのキングシーザーなので、マスターから依頼を受けてキングシーザーと関わりたくなかったJJはマスターからの依頼と紹介を断ろうとします。

するとマスターが『5年前の事件の事が何か分かるかもしれませんよ』とな。
そんなことを言われ真相が知りたいJJは霧生と会うことに…。

まず霧生との関係は最初は最悪です。というよりJJに対してに霧生がすんごいです(笑)
まさに瑠夏(キングシーザーのボス)の忠犬って感じなので、瑠夏に気に入られているJJを憎んでさえいるような感じです。

とにかくめっちゃ嫌われている感が伝わって来るし、いちいち突っかかってくるしワンワン吠えるしといった感じです。

でもこれが色々ありつつも距離が近づいていくんですけど、その二人の仲が近づく出来事が起きるんですけど、それがザ・漢!!って感じでさ~!!
今までドラゴンヘッドのちょっと歪んだマフィアにいたから、ここで何か仁義とかそうゆうのを感じたんですよね。

どっちか好きな方のマフィアに入れると言われたら迷わずキングシーザーを選びますね私は(笑)
仲間同士が家族以上に家族って感じで温かいんですよね。

そしてちょいちょいJJと霧生が関わることが多くなっていくんだけど、霧生が酔っ払うと可愛いんですよ(笑)
まるで子供。そしてこの人マフィアの幹部なのに真面目、真面目すぎてそれがキュートです。

で、まぁ一時的にキングシーザーの仲間として一緒に行動するようになるんですけど、JJと霧生はお互いに持っていない物を相手が持っているので敵と戦う時も両方ともがカッコ良くて助け合ってる感じ。

ここの√では二人の信頼関係とかちょっと切ない恋みたいなのが濃い目に描かれている感じでした。
ファミリーの話も切なくて悲しい感じとかも描かれていますしね(´;ω;`)

ED間近の時とかにドラゴンヘッドとの抗争に巻き込まれるんですけど、これがグッドEDかBADかの分かれ道になっていてですね…
グッドEDは幸せだけどちょっと切ない終わり方で、BADはもうただただ切ないだけ!!

もうねBADの終わりの霧生からの言葉とか『゚(゚´Д`゚)゚霧生ーーーーーーー!!』ってなった(笑)

ちなみに霧生が受けJJが攻めなので男らしいJJがカッコ良いです…でも狡いんです。
そしてあんなにガオガオ吠えていた犬(霧生)がとっても可愛いです。こいつは完全にツンデレです!

しかも控えめなデレ!なのでそのデレが最高に可愛く感じます(笑)

大石氏の声を楽しみにしていたけど囁きとか期待していた色気系はそこまでなので、ちょっと可愛いデレ台詞に楽しませて貰ったくらいです。
でも霧生良かった。

そしてねここでは瑠夏とも結構絡むんですけど、そのお陰で瑠夏√が楽しみになったYO!!
瑠夏はちなみに平井達矢さんがお声をされていますがこれがピッタリなんですよ。瑠夏の雰囲気にめっちゃ合ってる。

そしてイタリア人?なのかな?外人さんだからスチルでも手を握ってきたり肩抱いてきたりと紳士だけど何かを感じさせてくる人です。
あぁぁぁ早く瑠夏をプレイしたい(笑)

omerta_icon_04.jpg

さて、お次はマスターです。
見てくださいこの大人の色気…!!これだけでついつい満足してしまいそうになります。

このマスターとはJJの通うエピローグ・バーのマスターで、JJが幼少期施設に居た時に引き取りたいと言ってくれたお方なんだそう。
その時は断ったんだけどこのバーで再会してからはバーの常連さんになっていて、マスターと客という関係が長く続いております。

そしてこのマスターは何とも意外な経歴をお持ちの方です。
更にその経歴とちょっと関係しつつ今のバーでも色々やっています。

んで、ここではどこかに属するという訳ではなく、橘の手によって攫われてしまった梓を取り戻すためにマスターと協力してドラゴンヘッドに忍び込み奪還するというシナリオです。

このマスターの√はわりと他の√と比べるとシンプルな内容なので、他√ほど複雑な事情とかもないです。
二人が連携して梓を助け出すのがカッコ良いですしね!!

梓がすごく可哀想な感じだけど…。

ただですね、マスターが何かいちいち色気出してきたりエロ発言をしてきたりします。
このおじさんかっこいいです。
この人の静かに喋る感じとか、全てを見透かしている感じとか何か本物の大人の狡さを駆使してくる感じというか!!

意外にもマスターにハマった私でした(笑)
面白かったです!

ちなみにマスター√はわりとサクっとしている気がする。
他のキャラに比べると短いかもですね…すぐ終わりましたし。

そしてマスターは橘√からの分岐なので闇鍋シーンがありまして、前回とは違うものを食べるのでそこも注目ですね( *`ω´)
JJがとんでもなくかわいそうになりますが…(笑)

ショックで固まるJJにも注目です。

ちょっとざっくり感想になってしまいましたが…。
決してつまらない訳ではないんだけど、とにかくマフィアの説明とか関係性とかの説明とかがありがたいんだけど毎回あって、ちょっと長いのが疲れを誘います。

でもそのお陰でシーン中の細かい描写みたいなのはありがたいんですけどね!

同じような説明が始まった時には必殺○ボタンの出番ですが。

あ、あとフルコンまで黙っておこうかと思っていたんだけど、ちょっとシリアスなシナリオに力が入っているので恋愛面がおろそかに感じます。

ん?何でここで俺を(JJを)求めてきたの?とか、いつの間に俺のこと狙ってたの?とか…今までそうゆうの全くなかったじゃん!!と感じてしまう部分もあった。
これは私が過程部分が欲しいと思っているからついていけなかったのかもですが…。

ちょっと人によるんだけど霧生とかはあんまり気にならなかったんですよね。ちょびっとずつ打ち解けていく感じがあったから自然な方でした。
宇賀神もまぁまぁそんなにで、橘は若干匂わせてはいたけどマスターは『あれ!?』と思った。

どの人もちょびっとだけ恋愛面には違和感は感じるという部分はありました。
ここまでで一番恋愛っぽいのは橘と霧生かな。
微妙な関係ではあるんだけど最終的にはまっすぐな想いみたいなのを感じて、恋してる感があった気がします。

次からは気になっている瑠夏・ベリーニと劉様、そして最後が…あ…梓です。
梓ではどうなるかは分からないけどとりあえず瑠夏の優しそうな色気と劉様のドSそうな色気を楽しもうと思いマース( *`ω´)

ではでは本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~┏○ペコ


千尋中毒のりな子に応援(∪・ω・∪)ポチお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(。・ω・)ノ゙

ステラさんから大メビの送り状ナンバーが送信されてきただけで、ウキウキして楽しみすぎて喜んでいるりな子です(ノ∀`)笑

昨日の感想の独り言、そして夜中に喋り倒したビズログ感想と昼間の独り言を覗きに来てくださいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!!
本日も励みに喋りにこさせて頂きました~グフフ~。

私ここ最近いつにも増して何もする気力が起きなくて早めの五月病かしら??と思うほど…本当にこのままでは道を踏み外したら人間のクズになりそうです(笑)
あ、でも乙女ゲーとブログは別ね!←これを言ってる時点で絶対に病ではない。

何だろう…まだ正月ボケしてるんですかね?(笑)
そろそろしっかりしろよと自分に言ってムチを打たねば…( *`ω´)

ってか!!21日は待ちに待ったストラバ犬塚先生のDLCが昨日だったんですよね~(ノ´∀`)ノ
まだDLしてなかったことに仕事中に気付きました(笑)
帰って速攻DLしてきましたよ~♪(*ノェノ)キャー

でも、犬塚先生と隆志セットってのが気に食わん!!ヽ(`Д´)ノ
犬塚先生オンリーで2本立てが良かったよよよよよよよー。
だけど今日の寝る前の楽しみが出来たので嬉しくてしょうがないりな子です。今日は夢で犬塚先生に会えてしまうかもしれない、今まで一度もないけど。

そして昨日のビズログ感想で言い忘れてたんだけど、赤い砂の体験版が1月中に配信されるらしいですよ~♪
これ絶対する!!絶対DLして体験しますぅ~(*ノェノ)
いつ頃配信されるのかとても楽しみです!!

そう言えばなんですけど百花百狼のPVが公開!とツイートされてたので仕事中の合間に見てきましたが…仕事中なので音を消してとりあえず映像だけ見てきたんだけど、口パクが高速過ぎて面白かったです…(笑)
でもちょっとD3さんからという事で不安だったんだけど、PV見る限りだと面白そうな感じがします。



津田ボイスの半蔵がいるので期待しかしていないんですけどね(。-∀-)

それと、今回はちょっと自分メモで今予約済みのタイトルを書き連ねてみようと思います。

【1月】 ストラバV2・大メビ

【2月】 もし神・百花百狼・英国探偵ミステリア

【3月】 赤い砂堕ちる月

【?】 喧嘩番長乙女

ここまでは予約済みなんですけど、ここに3月のワンドRと4月のニルアドを入れようと思っています。
ちなみにニルアドは通常盤にする事にして、ワンドはまだ悩み中(笑)
でもどのみち予約しはします!番長延期になったし3月は一本だけだからもう一本増えるのは許容範囲内です。

ってかこんなんじゃ罪が全然減らないです…。

きっとここから毎月新作やら移植やらが出てくるだろうし…あ、あとブラコン気になっていたけど発売日は見送ろうかな~って思っていたんだけど、興津氏とかが出てるから買おうと思っていた事を改めて思い出しますた…(°д°)
こりゃ発売日かな…と相変わらず乙女ゲー貧乏まっしぐらなりな子です。

しかしこれからオトメイトの新作も発売日が発表されるだろうし…カラマリとセブンスカーレットは確実に買いますし、越えざるは紅い花も買うでしょー、薄桜鬼も買うしー……こりゃてぇへんだ(笑)

もう積みゲー増やしている場合ではない…。←気づくのが遅い
本当にただのコレクションと化してしまう気がするし、1月末から予約続いているし…これでは手がつけられないものも出てきそうな気がしますねぇ。
気合で終わらせますけどねッ。

とりあえず今待ち構えているのは、紅花・華ノ章・下天 新作?・コドリアFD・剣君 続編・灰鷹この辺は確実に店舗特典付きを予約購入するので、どうなるのか情報が気になっているタイトル達です~。
今年も忙しいなぁ…ヽ( ´_`)丿
今年中に全部に動きがあったら最高なんですけどね( ^ω^)

ではでは昨日の続きのオメルタ感想喋っちゃいます。
今既に3周目中でここで我慢できなくて大石けいぞうさん演じる霧生に手を出してしまいました(笑)
でもまだ途中です。

昨日終えたのはドラゴンヘッドのナンバー2である宇賀神くんです。
ちなみに宇賀神が受けでJJが攻めます。
これがちょっと個人的には残念ですた…だってね、宇賀神くんってね見た目これですよ…

omerta_icon_07.jpg

いや、多分こんな輩が実は可愛いみたいな一面が良いんだと思いますが、何せ私はいじわるキャラ大好物ですのでね!!
最初の時は血も涙もない感じで素敵だったんですけど…シナリオが進んでいくと、というか最後の方になるとなんかちょっと可愛い感じというか…ほとんどデレになっちゃって残念でした(笑)

ちなみにこの√では衝撃の事実が分かります。
メインはドラゴンヘッドというマフィアと深く関わる事になるので、この組織で過ごして仕事をこなす傍らでナンバー2である宇賀神と信頼関係になっていきJJが宇賀神を助けてあげる為に宇賀神の力になるという話し。

ちなみに宇賀神はJJをドラゴンヘッドに引き入れて自分のモノにするために卑怯な手を使います。
そしてこの人もJJにした事と同じようにされドラゴンヘッドに入っているんですけど、これがまたなかなか悲しい感じのシナリオだったんですよねぇ。

グッドEDもちょっと切なくなるというか悲しくなるというかね…。

橘からの流れでいくとただドラゴンヘッドに入らされて、そこで殺しを手伝っていく中で大きな仕事でドンパチと思ってしまうんだけど…
ここであの5年前にJJがは嵌められた事件の事とかが分かったり、宇賀神がこれからしようとしている事とか…何だか橘よりもしっかりマフィアっぽい内容でしたし、ストーリー的にも漫画読んでる感じでドラマ性が感じられて面白かったですね。

ただ、このマフィアのボスである劉と宇賀神の関係が既に出来上がっているのと、宇賀神と部下達というのもそうゆう関係があるのを匂わせてくるのが何か…何か…。
いやBLですし世界観をブレさせない為にもその関係を普通にしているんだろうけど、全員どこかで繋がってるんかい!みたいな(笑)

ちなみに宇賀神の声を聴いて頂きたいんですけど、お声は紀之さんなんですけどこれまた冷酷非道のナンバー2の時とかの喋り方とかめっちゃ良かったんですよ!!
潔癖で氷のように冷たい視線でねぇ~最高ですた。

だがしかし…!!

JJとそうゆう関係になった途端…何かすんごい可愛くなっちゃったんですよ!!
え?あの氷のような冷たさと非道さはどこに忘れてきちゃったの??デレデレデレツンになっちゃってるやないか…(°д°)…。
ツンツンツンデレじゃないとダメですよ…|ω・`)じー

多分私的にこの冷たそうな宇賀神に受けのデレは求めていなかったんですよね(笑)
なので(´ε`;)ウーン…となってしまいました。宇賀神自体は嫌いじゃないんだけど…。

それとここでやっとドラゴンヘッドのボスである劉が出てくるんだけど、この人は期待を裏切らない気がする…!!
そもそも立ち絵がめっさかっこいいんですよ!!雰囲気があるというか…。
でもこの人不死身…というか殺しても生き返ってくるので謎の生物です(笑)

ちゃんとその理由も明らかになるんですけど、こんな人が普通にいたら気持ち悪いと思いますね。
言うならばドラゴンボールに出てくる人造人間見たい感じかな…。
でも劉√は個人的には結構楽しみなので後回しにしようと思っております。

ここでは後から回収するのがめんどくさくなりそうだったので、一応BADも回収し終わっています。
も~本当にあのEDを全部聞かないといけないのが苦痛で仕方ないです…(笑)
BADの場合はさすがに曲は流れないけど、グッドEDとかは必ず流れるので終わるのを待たないといけないし…

ちなみに選択肢自体が少ないのでBADを探すのも楽でした~。
後半の方の選択肢を選んでないやつにするだけでBADに分岐するし、数は多いけど…でもここでのBADってほとんどがDEAD EDなんですけど、宇賀神のBADは一つすんごく悲しいのがあったんですよ。

何か宇賀神がかわいそうだった…。
弱さが出てしまった宇賀神は道を踏み間違えてしまった上に心も堕ちたって感じのなのも言えないBADでした。

ここの√は私的にはシナリオは面白かったけど、キャラ萌え的にはイマイチだった!(笑)

ちなみにこのオメルタ PSPのCEROはDなんですけど、東京陰陽師もCEROがDなんだよね。
これの基準がよくわからん…。
東京陰陽師がDならオメルタはCだYO!全然だよ全然…オメルタならロゼのちょっと如何わしいっぽいシーンとかお声が多いタイトルの方がよっぽどCERO Dだと思いますけどね。

不思議ですわ~(?ε?)

でも3月に出る続編的な奴はVita版だし文字も読みやすくなっているだろうし、スチルも綺麗そうだし買おうと思います。
そのうち…。

あ、最後に…このオメルタには梓って子供(?)がいるんだけど、シナリオ的にもJJとの関わりもわりとメインの子です。
実はその子も攻略対象でして…結構メイン的な位置なんだと思うんですけどね、私子供には全く萌えを見いだせないので…攻略しなきゃいけないのかぁ…と気が重いです(笑)

早いところ終わらせてしまえばいいんだろうけど、全然梓を攻略しておくか…とも思えない(;´Д`)
でも梓は多分JJの事大好きな感じが伝わってくるよ。うん。

とりあえず今は大石けいぞう氏の霧生で萌えているので、ED回収したらお次はマスターに行きます( *`ω´)
このマスターですがね、見た目は優しいダンディズムなんですけど…なにか隠されている感じで大物臭がするんですよねぇ~しかも何か分からないけど色気がありそうな予感です。

早速霧生を終わらせてマスターに行きたいと思いま~すε”ε”ε”(ノ´・д・)ノ

ではでは本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました♪


何だか燃え尽きたのか、どっぷりと入り込むほど楽しめていない
りな子に応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

(。・ω・)ノ゙ こんちは~♪

昨日もりな子の独り言へと覗きに来てくださいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントを下さいましてありがとうございました~!!
毎日とっても励みになっております(*´∀`*)ノ。+゜*。

実は昨日は、午後はちょっと寝ていたのですが夕方くらいから体調も良くなったのでゲームでも再開するか~!!って事でロゼゲーを3本も積んでいるのでここを崩そうかと思いプレイしていました。
ちなみに積んでるロゼゲーはクリエン・ロミジュリ・まほごしゅの3本です。

つい最近いつも覗かせて頂いているブログさんでクリエンの感想を読んだので、ちょっと面白そうだな~クリエンから始めようかな~と思って昨日プレイ開始しました。

開始したんです…

したんですけど……( ºωº )…

開始して3~4時間プレイしたんですけどワタクシの気分とシナリオの話の切り替わりについていけなかった私は『あ、今じゃない!!今の私の気分と頭はロゼじゃないんだわ!!』と思ってしまいしまして…ロゼゲー断念しました(笑)

多分初めてです。
プレイ開始した時には( ^ω^)ワクワクしながら開始して進めていたんですけど、序盤の時点でコロコロシーンが変わっていくのが既に『ん??今どこ!!どーゆーこと!?』ってなってしまって、頭痛のする頭には脳みそが働かず(笑)
更にロゼが得意としているあのセリフの長さ…目がチカチカしてきて眼精疲労になりそう…と思い始め…w

これは完全に自分の心と以心伝心できていないぞー!!と、今まで乙女をゲープレイしていて初めて自ら中断いたしました(笑)

シナリオの感じとかは問題ないです!
シエラ?でしたっけ?あんな感じの主人公好きだし、初回はメインのエドワルドから特攻したんですけど『趙雲だぁ~(´∀`*)』と楽しめていたし…。

何だろう…あのグダグダしている感じがどうにも今の気分じゃなかったんだと思います(笑)

それか官兵衛で萌えすぎてしまったのか…。
原因は分からないけど6章目まで頑張ったのですが、このままで何も頭に入らなそうなので中断することに…。

そしてゲームをやらなきゃいいのに何かプレイしたくて積みゲーの並べてある所に行きゲーム達を(;一_一)ジーっと眺めてました。
どれもなんだか唆られない…どうしよう…と寒い中眺めること数分(笑)

ここは気分を変えてオメルタにしよう!!大メビもくるし♪という事で、オメルタをプレイしておりますです(∩´∀`)∩笑
あ、ちなみにオメルタBLですので、私BLの話は聞きたくないわ!!という方はここで閉じちゃってくださいね!!

既に今二人目に突入しているんですけど、初回感想をサラッと喋りたいと思います。

ちなみに私の初BLは東京陰陽師なんですけど、あれが自分の中で基準になっているせいか、オメルタがすんごい物足りないと思ってしまった私は腐りきっているかもしれません(笑)
そもそもシナリオ内容がマフィア同士の抗争とか、マフィアに目をつけられて追われたりする内容なのでちょっとシリアス系の内容になっています。

主人公のJJは殺し屋の一匹狼で、その世界ではデスサイズと呼ばれている一発で仕留める死神と崇められているような(?)感じのお方です。
その彼があるときに持ちかけられた仕事をこなしていると誰かにはめられてしまいます。

ここから各キャラに分岐していくって感じなんですけど、攻略対象はJJがはめられてしまった事件で両親を殺された男の子の梓、JJと同じような殺し屋で一匹狼の橘、ドラゴンヘッドというマフィアのナンバー2の宇賀神、同マフィアのボス劉、キングシーザーというマフィアの幹部の霧生、同マフィアのボス瑠夏、バーのマスターって感じで結構多いんですよ。

そしてどの人も良いお声ですし見た目も色気のある方も多いので良い感じです(笑)

一周目は九十九ま…(´ρ`*)コホンコホン
藍斗 勇輝さんがお声をしている浪速のマシンガンこと橘を攻略いたしました。

この人関西弁でチャキチャキしていて子供っぽいところもあるようなきゃらなんですけどね、わりと出会いの時からJJの事を気に入っているっぽい感じです。
ただ…ただですよ…

最後の最後の方になるまで萌えシーンとかそうゆうのがないので、わりとほとんどがマフィアに追われて二人で逃亡してみたり戦ってみたりとしていることが多いです。
ちなみにJJが戦っている所はカッコ良いです!

それと銃についての説明も多くて結構詳しく説明されているので、BLというよりはシナリオメインでその部分の方がおまけ的な感じに思いました~。
シナリオの内容も何気に面白いので内容的に合っていれば楽しめるとは思いますが、好みは激しく分かれそうな気もしなくはない。
エグい…とまでは言わないけど撃ったり撃たれたりするシーンは多いですし、銃弾取り出す描写とかもあって痛そうだったし((((;゚Д゚))))

んで甘さで言うと東京陰陽師が激甘だとしたらオメルタは微糖です。
そういった描写みたいなのはあるけど遠まわしな言い方だったりするし、シーンも空ばっか映っておいおいおいおい!!って感じになりますし…声もちょっとだけって感じかな(=_=)ケッ←

なのでシリアスシナリオ8:恋愛2って感じでした。
今二人目の宇賀神くんのED手前まで進んでるんですけど、ここでもわりとそんな感じなので全部そうなんだろうな…。
PSPだからかな??
もともとPCみたいだから蝶毒みたいな感じで変更されているんでしょうね~…。

つ…つまらん!!(笑)

腐っててすみませんですが、やはりCV目当て7割で購入しているのでこれはまた内容がさくっとしているように感じてしまうんですよね~。
面白いんですけどね??面白いんだけど…物足りないんですよ~(;Д;)

だってせっかくあの人とかあの人とか色々出てるのに…あんまりにも微糖に感じるんですもん!!
あ、でもお楽しみの大石けいぞう様はまだ未プレイです。
そして興津さんとか柿原さんはまだお目見えしておりませんので、お声をここでは聞けておりませぬ(´;ω;`)

何でたかだか微糖くらいでこんなにブーブー言うかといいますとですよ、CV目当てだからというのと更にこの主人公のJJは攻略相手によって受ける方か攻める方か変わるわけですよ!!
おいおいおいおい~(☆∀☆)それって面白そうやないか~い!!と思って期待していたんだけど…どちらでも微萌えしかない(笑)

そこにスチルはないしあっても今の所キスシーンのみですし、何やら行っている雰囲気の時も夜空!美しい夜空が映っていますよ画面には(ノ´∀`)ノキラキラ…
でも主人公がかっこいいので我慢します…霧生くんとドラゴンヘッドのボスが気になるしね( ・´ー・`)

でも個別の分岐がわりと早い段階で行われるので、ほぼ個別と言ってもいいと思います。
初回の橘と2周目の宇賀神くんだとシナリオも違うので、その辺は飽きずに進められておりますしね~。

あ、ちなみに不満点は文字が小さくて見づらい事とOPとEDのムービーが飛ばせないことです。
毎回見ないとダメみたいで○ボタンやら×ボタンやらスタートやら押しまくったけどダメだった…( ºωº )

文字は下天も同じPSPだけどこんなに見にくくなかったのになぁ…と思うんですけど、全体的に小さいんですよね!
それで3行びっしり書いてあったりするから読みづらい!!(笑)
そんな感じで不満を抱きつつも、まだ出会っていない彼らに会うため今日も帰ったら目を痛めつけながらプレイしてきます(笑)

では最後に橘の感想をささっと!

omerta_icon_03.jpg

見てください!!このただのチンピラ風のお方!!(笑)

この人のこの風貌であんまり面白くなさそうだと思って初回にプレイしておいたんですけどね、声を聞いたらあらびっくり…。
関西弁でちょっと明るい元気な感じだから最初は『ん?もしかしてつづ……?違うかな…でも聞いた事あるぞ…』とモヤモヤしながらも即検索した私(笑)

フムフムやはり…と納得した所で橘を楽しめる方向へとシフトチェンジ!!

この人との√は一匹狼で仕事をしていたらある依頼でJJがはめられ、両親を殺された梓と二人5年に及ぶ逃亡生活をしていると、そのはめられた事件の直前にひょんな事から出会っていた橘と偶然再会する所から進んでいきます。
そこから橘と梓との生活を送りつつも、更に橘と共にドラゴンヘッドというマフィアに狙われる存在となったり、橘個人の面倒事に巻き込まれたり…と様々な事が起こりつつも二人で解決していきます。

ざっくりした説明なんですけど、追われて逃げたり戦ったりこの三人の関係性というか…そういった細々した要素が詰まっているので、話の流れはテンポ良く進むので面白いです。

そして橘はもともとデスサイズと呼ばれているその道で有名な殺し屋(主人公)に憧れているので、憧れていたJJに会えてすごく嬉しい反面梓がいるせいでデスサイズと呼ばれていた時の面影がないことにイライラして梓と引き離そうとしたりと…こうゆう関係性に関わる出来事もありつつ進んでいきます。

ちなみにこの3人で過ごしている時は若干三角関係風で面白いです(`ω´)グフ
後、闇鍋シーンがあるんだけどここもめっちゃギャグ感満載で、今までのシリアスな感じとは全然違うので楽しかったです!
闇鍋ですよ??何が入っているか分からないんですけどね…下水の匂いがするだの、この汚物を早く処理したいだの…(笑)更にはJJ鼻つまんで喋っているのとか面白かったです(笑)

プレイしてみようかな~と思っている人もいるかもなのでシナリオ面での細かい説明は省きますが、この橘√での話は橘とJJのお互いに一匹狼同士の二人の殺し屋が手を組んで事件を解決しようと駆け抜けていくって感じのシナリオですかね。
その中で恋愛となるんだけど、あまりにもそんな匂いを感じさせないので途中で一回橘がいきなり迫ってきたときは『え(°д°)いきなりかよ!!ってゆうかJJもすんなり受け入れるんかい!』ってなったけど…

まぁその辺は気にしない気にしない┐(´∀`)┌

とりあえず橘のビジュアルに色気は感じなかったんだけど最後に出てくるスチルでちょい萌えを頂きました!!
藍斗さんの囁きもゲットしましたのでまぁ良しとしましょう(`・∀・´)

ほぼ個別というのもそうだけどボリューム的にはちょうど良いとは思います。ただ、ちょっと淡々としてる感じがしなくもないけど、ストーリーの展開的にはテンポも良いから面白いので私的にはもうちょっと甘さがあれば良かったなかなぁという所ですかね。

そして選択肢を選ぶ時は制限時間があるので、そんなの聞いてなかった私は慌てて攻略サイトへと飛びました(笑)
そして見てみたら案の定…わざと時間切れを選ばないといけなかったりするみたいです。
ちなみに選択肢自体は少ないです!けど分岐が結構多かった…((((;゚Д゚))))

BADの回収がなかなか大変そうなのと、他√で回収できる橘のBADとかあったりするっぽいので、ちょっと時間がかかりそうな予感がしました~…。
Aさんの分岐からBさんに分岐したりする事もある模様ですし。
でももしかしたらウハウハシーンがあるかも知れないので頑張ります(`・∀・´)

う~ん。
私官兵衛に萌えすぎてしまったんですかね?(笑)
何かこう⊂('ω'⊂ )))Σ≡ズドーンと入り込めない感があるというかなんというか…。

(´ε`;)ウーン…
まぁ大メビは楽しみだしそれまでの間の休息ですかね!

ではでは本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました┏○ペコ


こんなりな子へ応援(∪・ω・∪)ポチ頂けたら
とっても喜びます(ノ´∀`)ノ♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言