さてさて!!

先程というか、数時間前にヴァルプルガの詩のフルコンプ感想を書いたのですが…
あまりにも喋りすぎて長くなってしまった上にうまく伝えられないという驚きの出来事が起こってしまったため(笑)
皆様にご迷惑をお掛けしたかと思います┏○ペコ

しかしながら見に来てくださってお付き合い下さいましてありがとうございました!!

そしてヴァルプルガ最後の独り言である謎の青年感想へと来てくださったお優しいそこのあなた!!(笑)
本当にありがとうございますです。m(_ _)m

あまり長くならないように頑張りますが、何せこの人の√にはこの物語の全てが詰め込まれているといっても過言ではない!
ヴァルプルガの詩=謎の青年といっていい程だと思いますので、どうぞ心してお付き合いくださいませ…。

※注意です※
ここの感想では激しいネタバレはありませんが…ちょっとしたシーンの話とか主人公について少しネタバレ?的なことも話していますので、『私これからプレイするんだから嫌よ!!』という方などはお気をつけください。

200x200_02.jpg

では早速…。

もうね…とにかくこの人の√は切ない!!切なすぎるし、どうしてこんなにも沢山のモノが二人の障害として立ちはだかってくるのかと思う程です!!
この√をプレイすると他の√でのこの人がどれだけ苦しい思いをしたのか…というのがまず頭に浮かんできます。

そもそもですねこの人本当に謎、この人の√にやっとこさ来ても謎だらけです(笑)

いきなり主人公の前に現れて主人公を殺すと言い出し執拗に関わってこようとします。
そんなのが他の√からずーっと続いているので『本当に何なんだこの人…』って思っていました。

でもその主人公を狙う理由とかどうしてそこまで狙うのかとか、どうして主人公なのかとか全てが分かった時に、あぁこの人は本当にまっさらな人なんだなと思いました。
今までのキャラ達にはなかった感じで、もはや恋ではなく深~い愛を感じましたね~。

フルコン感想でも言ったんですけど、ただまっさらな真っ白い中に彼女だけがいる。ただそれだけです。

是非いつかプレイした時に私が何を言っているのかが分かるといいなと思うので、これ以外は何も言いません!!(笑)

シナリオも共通部分は他のキャラと同じように進んでいったので、私はまずここで違和感でした。
だって立場的にはこの人は主人公を狙っている側なのでこのままでは距離か近づくどころか離れてしまうではないか!!と思いながらプレイしていました(笑)

完全に自分の中ではこの人は全く違った感じで進むもんだと勝手に思っていたんですよね…。
でも個別に入ったらちゃんとこの人との距離が近づいていくような流れになっていたので一安心。
個別に入ってやっと少しずつ謎の部分が分かるようになっているのですが、それを知れば知る程に先程も言いましたが、今までの他のキャラでの√でこの人はどんな想いをしてきたんだろう…と思ってしまいとてもとても切なくなりました。

そしてお互いの恋愛感情への進み方ですが、ここの恋愛はある意味特殊な感じではあるんですけど一番儚いガラスみたいな感じで、でも恋というよりも気持ちの部分では愛という方が合っているかのような感じでした。

しかしですね…この√での主人公が私はあまり好きにはなれなかったんですよ。
というのも、彼の立場というか存在的に主人公が悩んでしまうのも凄く分かるんです。だけどそこまでしても答えが出せずにずーっと悩んでいるこの子がどうにも私には理解ができなくてですね…。

その悩んでいる様子が個別√に入ってから結構長くてイラっとしてしまいましたよ…。

そしてこの時の兄にもイライラしてしまい、この兄がいるせいで主人公がこうなってしまったんだ…( `皿´)キーッ!!兄貴消したろかー!!と思ってしまったことは秘密です…。
本当それほどりな子的にはイライラの元だったんですよね(笑)

だって今まで謎の青年である彼がどんな想いをして来たか分かってるのかー( `皿´)キーッ!!と言ってやりたかったんだ!!
でもこのイライラを我慢した甲斐もあって主人公自身が答えを導き出すので良かった良かった。

と、思っていたら……

ここからですね。
この二人というか謎の青年には『その恋が世界を拒む』というキャッチフレーズがついていると思うんですけど、この意味がこの√では痛いほど理解できます。

この二人には他の人たちとは違う障害が立ちはだかるんですがそれは一つではないです。
そしてそれを阻む人たちは分岐のBADで出てくるんだけどこれもまた…なかなか面白いと言ったら失礼ですがりな子個人的にはとても楽しめたEDではあったんだけど…

謎の青年贔屓のりな子としてはとても悲しい終わり方でした。

だけどこの人と共に行動することが増えていく中で意外な一面とか、どうゆう人なのかというのが見えてくるととにかく可愛い子供のような人という印象です。
トラよりもリュウよりも誰よりも子供!!

もう本当にあの冷たさの中に隠れていたこの可愛さは犯罪級です。

そして人が持つ狡さとかそうゆうのが一切無い人なので、伝える言葉も行動も全てがまっすぐです。
まっすぐ過ぎてまっさらすぎるから狂気っぽくなりやすいといえば良いのかな?
何が何でも手に入れたい欲しいという気持ちが誰よりもこの人が一番強いと思うし、どうしてそこまで思うのかというのを是非ともこの青年√で知ってほしなぁとは思います。

あぁ私のプレイしたのをレンタルしたいくらい、それくらいにこの切ないけど幸せな気持ちというのを伝えたい(笑)

ちなみにシナリオ的には命に関わるような出来事も多々ありますのでシリアスというのが表に出てきてはいますが、そんな中でも微笑ましくそしてニヤニヤしてしまう出来事というのもあってですね。
特にここの彼の√では、ちょっと面白いシーンというのがなかなか珍しく感じるので思わずニヤァ~っとしてしまうんですよね。

色々喋りたいけどどこまで言っていいのかわからない…けど一つだけそのシーンとやらを喋ってもいいですか??(笑)
聞きたくない!!という人はここはスルーでお願いします┏○ペコ

ある時時間を潰すのにちょっとお買いものに行くんですよ。
その時に謎の青年である彼もついていくといってついてこようとします…。
でも主人公は下着とか着替えとかを買いたいと思っていたので『女の子のお店だから…』とか『男の人がいないからこないほうがいいと思うよ』とか色々言ってどうにか店の外で待つように言うんですよ。

でも、ついてきてしまう(笑)

そしてこれにしよう…そして早く出ようと思っていると『こっちの方がいい』と言われ、更には『外しやすい』だの『これを着ているのが見たい』だのと言ってきます(笑)
しかも店員さんの前でね!!

何だこの人(°д°)
今までただの冷血人殺しヤローかと思いきやここに来て可愛いやないか!!と思ってしまう一幕でした。
もちろんこの他にも可愛いと思う出来事がたくさんありましたよ~(´ー`*)

そして柿原ボイスをとても楽しむことのできるシーンもありましたし、何よりもスチルになった途端に美しくそして妖しくなるこの人が本当に人ではないんだ…と思うんですよね~。

あ、しかもここの√ではジークが何気に大活躍します(笑)
ジークは岸尾さんが中をしているんですけどこれがまたなかなかいいキャラでしてね、そしてこの√でジークもまた主人公にある意味で魅せられてしまう一人です。

ちなみにこれは好きとかそうゆう意味ではないです。

そもそも主人公は特別な存在へと変わろうとしていて、体に変化が現れているんですね。(一応濁します)
この現象がジークやリュウ、トラ達とその一族などに少なからず影響を与えているし、堕ちるきっかけともなっています。
これにどれだけの意味があるかというのが、ここの謎の青年の√のジークではっきり分かったんですけど…ここに来るまでにもその影響を受けた人がいたんだけどそこまで考えていなかったんですよね。

でも今までわりと外から眺めていただけのジークが主人公の存在がきっかけで変わってしまった時に、何か妙に納得したというか…あぁだからあそこの√でのあの人はあぁなったのか…って思ったんですよね。
あれとかあぁなったとか遠まわしですみません(笑)

こうやってちょっとした事が全部の√で繋がっていてこの√で色々分かるようになっているので、本当にメインのシナリオでありメインの人だなと思いますね。

もうねどこの√でも皆が幸せになるという事はありません。
誰の事を想い誰と幸せになる道を選ぶか。
人によってはやっぱり切ない気持ちになるしモヤモヤモヤ~っとするんだけど、このモヤモヤしたりBADでの何とも言えない結末なのにそれが納得できてしまう流れとかがとにかく面白かったです。

ここの√のBADも個人的に好きなEDのものもありますし、すごく切ない終わり方のものもあります。

ただ入り込んでプレイしていた時の私はグッドEDよりも他の人が介入しないBAD EDでの終わり方が一番好きというのとは違うんだけど今までの切さなをもっと確実なものにする終わり方かなと思います。
うまく言えないけどすごくこの物語にあっているというか…。

グッドEDでむしろそうゆ終わり方をすると思っていたので(笑)

でもそう思いながらも迎えた本当のグッドEDはもはや感動でしたね~…。
あまりの衝撃の後のもっと上のある意味の衝撃にウルっとしたくらいです(笑)
何でここでウルっとしたのかは自分でも謎ですが…(;´∀`)

あー長くなっている!!本当にすみません(笑)

本当はもっともっとこの人と主人公についてとか色々喋りたいけど、今回は色々考えた結果ネタバレ感想はやめようと思いまして…!
なぜかというと多分私がうまくまとめられる自信がないのとこれは前情報が無かった私が楽しめたので、何も知らない方が面白いだろうということで…(笑)

ここまでヴァルプルガをプレイしてきて今まで切ない重い、暗いタイトルっていくつかプレイしてきましたけどここまで何とも言えない気持ちが広がったのはなかなかないと思うんですよね。
何か不思議な作品だったなと思います。

私はこの世界観とか結構好きですし、何よりもシリアスさの中の甘さというのが楽しかった!

そしてフルコンした今OPムービーを見ただけで切なく感じますし、あの曲もリピして聞くほどです(笑)
面白かったーーーーーー!!!!

そろそろここで止めておきます┏○ペコ
フルコン感想と共にこちらにも覗きに来てくださった方、そして最後まで読んでくださって本当に本当に感謝です!!
ありがとうございました(*´∀`*)ノ。+゜*。

最後に興味を持った方は是非見てみてくださいm(_ _)m




ではでは(´∀`*)ノシ 

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちは~(*゚▽゚*)♪

昨日の独り言を覗きに来て下さり、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチそしてコメントを頂きましてありがとうございました~!!┏○ペコ
いつもいつもとっても励みになっておりますです!!(ノ´∀`)ノ。+゜*。

今日は朝起きたら予報通り雪が降ったらしく玄関前がうっすらと白くなってました~!
しかしながらそのせいで通勤電車がどこも混んで大変だったみたいですね…((((;゚Д゚))))
ここら辺では雪に慣れていないせいか毎回雪が降ると電車は混むわ車は渋滞するわで、毎回のことながら雪が降るといつも大変だなぁ…(つд⊂)
今は雨になってるからすぐに溶けそうですけどね(;´∀`)

では本日も余談から…(笑)

昨日結局ストラバV 2nd予約しちゃいました~(ノ∀`)ってお話したんですけどね、そういえば私あるソフトをDLしたんですけどヴァルプルガとかストラバとか色々喋りたいことがありすぎて、喋るの忘れていたんだけど…(笑)

あ、今『この人はまた積み増やして無駄遣いして…ヽ(`Д´)ノ』という声が聞こえたような聞こえなかったような…|ω・`)じー

こいつ馬鹿だなーって思われてると思うけどいいんです!!(●`з´●)
だってやはり気になっていたし何よりも“大石けいぞう”の文字にやられてDLしてしまったんですから…(笑)

まぁ何をDLしたかといいますとね…完全なるBLタイトルなのですが、オメルタをついついVitaちゃんにお納めしてしまいまして。

だって真島の声ですよ??
大石けいぞうとして登場しているのって大人タイトルばっかりだからなかなかPCに手を出せない私からしたらすんごい貴重なわけです!!
しかもさらに我らが四ツ谷サイダー様もでておりますし、さ・ら・に!!…魁皇楽様もでておりますの~!!(`ω´)グフフ

いや、その他にも数々の方々がご出演されておりまして…な、なんだこの豪華さは…!!と思ったのが始まりだったんだけどね(笑)
ちなみにこれ全部違う方の名前で皆書いてあったので一応伏せて書かせてもらっていますが、有名タイトルをプレイしてる乙女ゲーマーなら聞き覚えがある声の人達が多いと思うんですよね!

でーもーでーすーよー…
私の大好きな四ツ谷サイダー様と魁皇楽様は完全なるサブキャラなので、サンプルボイスもなんともまぁ質素なものでしたよ!!←失礼(笑)
恐らくちょこちょこ出てくる程度のものなんだろうなぁって感じです。

まぁそれでもマフィアという裏の世界を舞台にしたストーリーらしいのでちょっと面白そうだな~と思いまして手を出してみました。
Vita版の続編もあるみたいですしね~♪
そのうちこれを楽しもうと思い今はVitaの中で熟成させております( ^ω^)ワクワク

では…本題へ…(´ρ`*)コホンコホン

この度ヴァルプルガを無事にフルコンプ致しました~!!
今日はフルコン感想と謎の青年の感想をまとめて喋ろうと思いますが、多分すんごく長くなると思います…というか長くなってしまったので…(笑)
個別感想は改めて喋ることにしますね!!

それでも読んでやるぜ~!!という心優しい乙女の皆様…どうぞ宜しくお願い致します┏○ペコ

ヴァルプルガの詩.jpg

まずやっとの思いで始める事の出来たこのタイトルですが、結局の所りな子はフルコンまでに4日程で終わっています。
多分これガッツリプレイしたら2日とかで終わると思います(笑)

選択肢のある部分が共通となっていてそれを終えると個別√に入りますが、そこからは選択肢も出てきませんので個別部分は物語に入り込むのみ!!です。
ちなみに個別√もそれほど短いという訳でもないですが、フルボイスをちゃんと聞いて個別だけで3時間かからない位いとかかなぁ…??
なのでわりとサクッと進められる内容だったと思います。

ボリューム的には1人の√を終えて全てが分かるという訳ではないので、4人分の攻略+サブシナリオをプレイすることで細かい部分も含めた全体が見えてくると言ったところでしょうか。
4人の攻略キャラの全√を終えた後だけだとまだ気になる部分、といってもすごく細かいところなんですけどちょっとした疑問が残っていました。
その部分はサブシナリオを全て開放していくことで解決します。

というのもこのサブシナリオは、攻略キャラの他にシナリオに関係しているけど登場していない人物や、各√の攻略で登場しているわりと重要なサブキャラなど様々な人達からの視点の物語が描かれているので、これを全部見ることで分かる部分もありました。
このサブシナリオは主人公達に直接的ではないけど回り回って関係していたりするような内容なので、そのままにされるとちょっとモヤっとするけど謎として残されたままではなかったのでこのサブシナリオがあった事で私は満足です(笑)

そして今回は特に攻略制限とかもなかったので好きなようにプレイしましたが、謎の青年を一番最後にプレイすれば他の3人はどの順番でも良いかな??と思います。
ただリュウとトラはセットの方が良いと思いますので、個人的には蘇芳(兄)→トラ→リュウ→謎の青年の順番で良かったなと思います。

まず大まかなシナリオですが、主人公は仕事に勤しむ母と兄の3人で暮らしています。父は早くに病でなくなっていて、一緒に住んでいた祖母が亡くなって一年が経つという所から物語が始まります。

主人公の通う高校にリュウとトラがいるのですが、彼は周りとは関わらずに過ごしていて主人公とももちろん関わりがありません。
ちなみに二人は学校の女子達からは二人共キャーキャー騒がれている存在です。

そこに謎の青年である彼が転校してきて主人公の過ごしてきた今までの生活が一変します。
自分の住む街で起こる異変、その渦中に巻き込まれていく主人公がどの未来を選ぶのかって感じですかね!
すんごい雑な説明ですみません(笑)

ちなみに内容としてはダークファンタジーという感じで、人ではない存在や禍(まが)と呼ばれる邪気?みたいなものなどが登場しますし、簡単に言うとあやかしごはんの世界みたいな…でもちょっと違うような…って感じです。
妖しや妖怪出てくるという訳ではなく、リュウやトラを含む人狼の一族と、謎の青年とジークの様な人外、そしてその彼らと深く関わりのある禍と呼ばれる異質な物質?などが出てきます。

その数々の存在によって主人公は今まで知ることのなかった世界を知り、その中心へと入っていく…って感じかな…。

そしてこの全キャラ√でやっと全部が繋がっていく内容と、ここに登場する全員にそれぞれの繋がりがあるという面白さに結局夢中になって進めてしまいました。

それぞれのキャラですが、攻略対象は今までも個別感想でも出てきていますが全部で4人です。
最初は少ねっ!!って思っていたんだけどこれまた不満はなくなりました(笑)
彼ら攻略対象の他のサブキャラというのも常に登場するんですけど、これまた魅力的な人たちばかりでとても楽しいですし♪

サブシナリオでは彼らの抱える気持ちや過去の事などを見ることが出来るので、そこもまた他のキャラ達の事を知れて良かったと思う部分です。

ではまず謎の青年。
主人公達の通う高校にある日突然転校してくるんですけど、彼はとても美しいけど一瞬にして人ではないと物語序盤で分かりますし、とても不思議な存在です。
これわりと最後まで色々な小さな謎を残していますが異形のものである事は間違いなしです(笑)

そして彼は執拗に主人公に関わってきます。
これ何でこんなにしつこいのか不思議なまま進んでいくんですけど、彼の√をするまではっきりとした事が分かりませんのでちょっとモヤつきながらの進行でした。

でもこの人の√を攻略すると、今まで他の√で垣間見えていたモヤモヤの理由が解決されてスッキリする反面、攻略してきた√でのこの人に対してとても切なくなりました。
もうこの物語を通してこの人の切ない物語って感じです。

そしてリュウとトラは謎の青年から主人公を守る人狼であり一族の長となるべく立場で、転校してきた謎の青年の存在で高校で今まで関わりがなかった主人公と行動するようになっていきます。
この二人は主人公を守る立場となるのですが、彼らも人ではありませんので一族としての想いと主人公に対しての想いに挟まれて悩み、成長していきます。

この二人は主人公によって良い影響を与えられ成長していく姿が可愛らしいんだけど、その反面すんごく脆いというか何と言うか…。
二人の√でもそれは分かるんですけど、謎の青年の√をプレイするとその執着というか闇の部分というのが私の中で濃くなって好感度がさらにアップしました(笑)

そして主人公の兄である蘇芳はすんごいシスコンですが、本当に主人公の事を大切に思っている人ですけど…でも、彼には秘密があります。
その秘密というのも物語にちょっと食い込んでくる内容の物もあるので、何気に重要ポジションなのかなとも思います。

ただ、他の√での兄貴はうざかった!!(笑)
いや、失礼しました…きっと妹を心配するがあまりの事なんだとは思うんですけどね、謎の青年√での兄さまがあまりにもうるさいので『うるへー!!好きにさせてくれよ兄貴!!ヽ(`Д´)ノ』と何度思ったことか…(笑)

しかしながら全部のキャラを攻略しても兄のあることに関する内容で気になることが残っていたのですが、直接兄のことではないのでしょうがないのかなぁ…と思っていたんですけど、サブシナリオ開放で謎が解けています。

そんな感じで攻略対象それぞれに抱えるものがあるんですけど、もうこのヴァルプルガの詩という物語は謎の青年が一番切ないし、むしろどの√でもこの人が一番悲しい結末になる物語だなと思ってしまいました。
彼の√ではもちろん良いこともあるけど…うまく言えないけど他の攻略対象の√ではその人と幸せな結末を迎えているけど、この謎の青年と主人公の物語だったなと思うのと、彼との√でこの人と出会うために私は皆とのシナリオを進めてきたんだなと思いました(笑)

いつも私の独り言を覗きに来てくださっている方々ならお分かりかと思いますが、私基本的にちょっと歪んでいたりする人が好きな傾向がああるので、メインヒーローってかっこいいし萌えるけどそこまで大好きになったり感情移入することってあんまりなかったりするんですよね。
でも、このタイトルは謎の青年である彼が飛び抜けて好きです。

そして恋愛面は兄はその立場の事もあるので最後最後で恋という気持ちに結びつくという形なので、進み方としては一番ゆっくりでした。
でもその気持ちが分かった時のシーンはなんだか心が温まるシーンだったんですよ!!
でも私が熱く語りたいのはここからです…兄ではありません(笑)

まずリュウとトラ、彼らの恋は二人の中で長い間温められてきた特別な感情です。人狼である彼らにとっては恋が何かとかこの主人公に対する気持ちが何かとか分かっていないんですよね。
でも一緒に行動することが増えてそれを自覚していくんですけど、お互いがお互いにライバルの様に思っているのでそれぞれの相手に対しての想いと、主人公を好きだと思う気持ちというのが描かれていて良かった。

さらに二人には一族をまとめる長となる事、そして長として一族と里全体を守る立場にあることで選ばなければならない事もあるので主人公への想いとその間に挟まれています。
その中で描かれるそれぞれの恋愛は切ないながらも、3人共がそれぞれに成長していきながら進むのが良かったなと思います。

BAD EDが面白かったのもこの二人ですね!!(笑)

そしてりな子的メインである謎の青年ですが、もう本当にこの人との恋愛は一言で表すならガラスみたいな感じ!!
色々喋りたいことはありますけど、個別感想で言いたいので控えますが…この人との恋愛は意味のわからない状態から始まっているので、何でここまで執着するのか不思議です(笑)

でもその理由や謎の青年の事を知って理解していく中で、お互いに少しずつ惹かれていく過程がすごく良かった。

そして他のキャラの√でのこの人はどんな気持ちだったんだろう…というのをつい考えてしまう程にこの人の恋?愛?というのは誰よりも本物だと思います。

全体的にキャラによってその恋愛の進み方は異なりますし、この世界観故の様々な障害を乗り越えて手にする恋というのがヴァルプルガの詩での恋愛です。
個別√に入るまでは恋愛という部分ではあまり表に出る感じで描かれていないので、あれ??と思う事もありますが…個別に入ると何ともウハウハなシーンやスチルがありますのでご心配には及びません!!(笑)

キャラによっては綺麗な想いが現れているスチルなのにエロさを感じてしまうものもありますし…(。-∀-)
とにかくシリアスさが表立っているシナリオの中にある、甘い感じがとても絶妙でした。

はっきり言ってシナリオ面では個人的には満足だけど、もうちょっとボリュームがあっても良かったんじゃないかとか思ったりもします。
ただすごく不満があるかと言われたらそうゆうのはありませんし、ちゃんとまとまっているし完結しているんですよ。
だからとても言葉にしづらいんですけど…面白かったんですよ!!面白かったんだけど何でそう思っているのか分からないから困っているというのが正直なところです(笑)

これ以上長くするのも無駄な部分が増えてダラダラしそうな気もするからちょうど良いと思うんですけどね…何だろうな…(笑)

でも、やっぱり面白かった。←しつこいw

そしてここまで待って頑張って無駄遣…(´・ω・`)…してまでもプレイする事が出来て良かったと思いますが、今全部のEDを見てサブシナリオも全部見て幸せなはずなのに何かすごく切ないというか悲しいというか、そんな気持ちが残っているんですよね。
これもまたうまく言えないんだけど…何かが残ります(笑)

ここまで喋っておいて何だよって感じなんですけど、どうやってこの気持ちを伝えればいいのか分かりません!!
今私の頭の中は謎の青年の事で頭がいっぱいです…(笑)

OPムービーとか見ると吸血鬼とかなのかな…??よくある内容か…と思っていたのですが…それは違いますぜ!!(笑)
吸血鬼ではない、だけど人でもない。
そんな彼らが人間である主人公と関わることで知る気持ちである恋と、その恋を大切にしたいけど一筋縄ではいかない状況が切なくさせるんですよね~。

この切なさが謎の青年とのシナリオが一番だったから余計にこの人との事が頭から離れないのかもしれません。

言わずとも分かると思いますが今回のこのタイトル萌えキャラは…

1 謎の青年
2 リュウ
2.5 トラ
3 蘇芳


です。

もうね、謎の青年はとにかくとても良かった。
本当になんだろうな…こと人って謎しかないんだけど実はただまっさらな中に主人公だけしかないという人。
想いの向け方も伝え方も全てがただただまっすぐで、とても儚い人という印象です。
とにかくこの人が一番好き!!(笑)

リュウとトラは横並びですがリュウの方が若干上です。
何故ならばリュウの方が何か色気あってちょっとエ○かった時があったから!!(笑)
いやトラもそうゆうシーンはあるんですよ?でも何故リュウの方が上かといいますと、やはり闇に堕ちた時のリュウがとても素敵だったんですよね。

トラも負けじと良かったし、何よりもこの双子は何だかんだとまっすぐなので可愛かったんですよ。
その中でもトラは優しいし引張ていってくれる感じで本当に頼もしい子でした。そして時折可愛いのがまた萌えでした!!
だけど歪んだ想いという部分でこの子もその素質や、そういう気持ちはあるんだけどリュウの方が印象的だった(笑)

兄はBADに繋がる部分ではすごく好みですが、シスコン過ぎて最後の方は( `皿´)キーッ!!ってなってしまったので…(笑)
でもどこの√でもいつも主人公の事を一番に考えてくれて、どんな時でも味方でいてくれるという人なのですごく優しい人ですよ!!ちょっとイラっとしちゃったけど(笑)ごめんなさいw

さて…ヴァルプルガの詩という作品ですが、いつか暇で暇でしょうがないときにでも中古で安かったらプレイして欲しいと思います。
私今完全にビビってる感じでのお勧めになっていると思いますが、これも全て最後に残る謎の気持ちのせいだと思います。

本当に面白かったし買ってよかったと思っています。
だけど幸せだけど切ない気持ちは残りますので、好き嫌いは分かれるのではないかと思いますね。

波乱万丈でドラマティックな末のハッピー!!という感じよりはどちらかというと、わりと静かに進む感じというか…その中で次々と色々な事が起こるので目まぐるしいけど騒がしくないというか、淡々としている感じというか。
最後の結末も幸せではあるけど切ない気持ちは残りますし、何よりもどこの√をプレイしてもそれはブレませんので(笑)

とにかく謎の青年が最後まで謎すぎるので早くこの人をプレイしたくなる一本でした。

それとこれきっとVita版とPC版…何か違いがあるんですよね??
蝶毒と同様に元であるPC版をプレイしたいという気持ちになっております(笑)
ま、何時になるかわかりませんが…いつかプレイしたいなぁ…。

本当はこのまま最後の攻略対象である謎の青年の感想に行きたいのですが、ここまでで結構長くなってしまっているので一度ここで締めて改めて喋ろうと思います。
多分こっちも長くなる気がしますので…(笑)

そしてここまで書くのにお昼ご飯を挟みつつも4時間もかけている私…((((;゚Д゚))))
本当何してるんだって感じですよね(笑)

いつもいつも長~い独り言へとお付き合い頂いている方本当にありがとうございます。
ではこのまま改めて謎の青年の独り言を書いてこようと思いますので、気が向いたら読んでやってください┏○ペコ

ここまでお付き合い頂きまして、本当にありがとうございました!!(*´∀`*)ノ。+゜*。


何とも言えない切ない想いに打ちひしがれているりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します(ノ´∀`)ノ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちは~ヽ(´▽`)/

夜中に更新しましたトラの感想を覗きに来てくださった方々、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチそしてコメントを下さいましてありがとうございました!!
毎日とてもとても励みになっております(ノ´∀`)ノ

何やら明日は雪が降るとか降らないとか…明日は絶対絶対引きこもろうと心に決めました(笑)
いや、いつも引きこもっているんですけどね(ノ∀`)

今日はヴァルプルガも3人目となりもう終わりが見えてきておりますが、その前にちょいとご報告…?余談…?です。

昨日ワンドRを予約するかどうしようかと悩んでいたんですけどね…
ここすんごい悩んだんだけど…ストラバV 2ndをですね…楽天ちゃんのポイントを使ってね…予約してしまったんだよ~!!(笑)
はい、馬鹿です。分かっていますww

でもストラバが面白かったんですもん…そして2ndのキャラが気になるんですもん…しかも肉食モードとか草食モードとか面白そうなんだもーーーーん゚(゚´Д`゚)゚
と、言うことで…ポイント使用して3000円でご購入です(笑)

しかも最終の週は仕事場の関係で家に居ないので、大メビもストラバV2も配送先の変更を怠らなかったぜ!!(`・ω・´)
28日に2本も来ちゃいますけど~!!どんどん増え続けるばかりで罪に手をつけられない状況でございますけど~(笑)
こうやって減らずに増えるという出来事が起こっていくんですね…

恐ろしいので買い過ぎないように気を付けないとですね((((;゚Д゚))))
でもとっても楽しみなので早く28日が来ないかなぁ~ともうルンルンでございます~(ノ´∀`)ノ
ちなみにストラバは時間がかかるので後からで、先に楽しみにしていた大メビをプレイしちゃいますよ~ん♪

さて…

昨日こそは早めに寝ようと思っていたんだけど、結局ヴァルプルガをプレイし出したら止まらなくてですね…
リュウのED回収した後トラの未回収EDを回収しに行き、謎の青年を途中までやってから寝ました。
なので今日は謎の青年の続きをプレイし(もう終わるけど)、分岐ED回収したら本編シナリオは終わってしまいます…。
早い…(笑)

はっきり言ってすんごい作りはシンプルなので2周目以降はマジで早いです(笑)
でもこれは私の個人的な意見なんだけど、内容をプレイしてみると短い!!クソだ!!とは思わないんですよね。
もちろん終わってみると短いし、周回してると3時間とかで終わってしまいますし、内容が詰め込まれててボリューミーというわけでもありません。

でも何故かそこへの不満はないという不思議な状況です。

ちなみにリュウとトラだけが二人のグッドEDを見ていないと回収できないEDがあって、他の二人はそうゆうのはなさそうなんだけど、驚きの事実が判明しておりましてですね!
ある選択肢部分でその時に出現した全部の選択肢を選んでおかないと攻略率が100%にならないらしい…

ガーン…( ̄▽ ̄;)!
一通り終わったら兄ちゃんやり直さなあかん…(笑)
何かシナリオ自体はわりと共通多いからシンプルな感じなのに、こうゆうシステム面がすんごい複雑な感じになっているんですね(つд⊂)

この攻略率100%とサブシナリオ全開放で何かが新たに開放されるとかなんとか書いてあったけど…メンドク( °ω°):∵
とりあえず既に今は最後の謎の青年√が終わりそうな所なので、ここでのEDを回収してから兄ちゃんをもう一周やってきます。

そうそう…攻略キャラ達のED回収をするとサブシナリオが解放されるんですけど、メインキャラの他にサブキャラ達のサブシナリオもあるようなので最後にまとめて楽しもうと思っています♪
もちろん牛尾(興津さん)のサブシナリオもありましたので楽しみにしております(´ー`*)

ではでは昨日攻略し終わっている大神リュウの感想を喋ろうと思います(`・ω・´)

200x200_04リュウ.jpg

リュウはトラとは違いちょっと狡い感じのキャラです(笑)
基本ひねくれているんですけど、恋愛方面では狡い質問をしてくるんですよ~!!
もうそれを聞くって事は私のこと好きなんだよね?リュウ!!と言いたくなってくる程に狡可愛いです(笑)

そしてひねくれ発言の裏には主人公を思いやっていたり心配していたりする気持ちが隠れているんだけど、とにかく可愛いやつなんですよ!

それとこの子はトラと双子なんだけど、双子だからこその想いというか…この一族にいる事とトラと双子である事とそうゆうのがあるからこその悩みみたいなのがあってですね…。
無理している姿とか見るとなんか苦しくなりましたねぇ。

でもこの悩み?みたいなのがあるお陰で素晴らしいBAD EDと出会うことができましたがね!!(ノ´∀`)ノ。+゜*。
例えて言うならアムネのトーマ的な?(笑)あそこまでじゃないけどちょっと似ていると思うんですよね…それがすごく大好物EDとなりました~ヽ(*´∀`)ノ

言うならばこの双子はトラが光でリュウが影みたいな感じなんですよ。
お互いに持っていないモノや力を有しているので、補い合っている感じなんだけど一族の長となるのは一人な訳です…
最終的にはどちらか1人が選ばれるという流れになっています。

双子√は謎の青年から主人公を守るというシナリオと一緒に、この一族の長を決めるという問題も同時に進んでいくんだけど…これがまたなかなか決まらないというか何と言うか。
いろいろあったな…(-.-)トオイメ

しかもですね、そんな色々な出来事を乗り越えてクライマックスを迎えてるのかな…??って時ですよ…!!
私この√の最後では、あまりにも衝撃的なシーンで画面が切り替わるのでそのまま終わってしまったのかと思ってしばらく本当にフリーズしました(笑)

え…?え‥!!嘘嘘…マジで??って暗闇の東横インで騒いでいたりな子3○歳(笑)

というのもですよ…グッドEDを進めてきたはずなのに完全にグッドじゃなかったんですもん!!
シナリオの流れ的には納得の流れではあるんだけど、あのまま終わってたら私はとうぶん立ち直れませんでしたね(笑)

そもそもリュウって一族としてここに居る為にすごく無理をしている子なんですよ。
トラのように攻撃的な意味での力は強くないので他の力で居場所を得ているという状況の中にいて、その居場所を守るために自分の体が犠牲になろうとも気にしないような人なんです。

だからこそリュウはある意味闇に落ちやすい心を持っているというか…だからこそBADがいい感じの(りな子好みの)方向に行ったんだと思います(笑)
ちなみに同じ様な流れのトラVerもあったんですけど、私は断然リュウVerが大好きです。

そしてリュウとの恋愛ですが…
リュウが死ぬほど可愛いシーンがいっぱいいいっぱいあって私は大満足でしたよ~(ノ´∀`)ノ
普段から飄々としているリュウなのですが、そんな彼がですよ…いつの間にか寝ちゃっていて目が覚めたら主人公とくっついて寝てただけで今まで見たことないくらい真っ赤になって驚いている姿は最高に可愛かった!!

トラみたいにもどかしい感じもなくって、意外にも素直に今の気持ちを打ち明け合うシーンがチラホラあるので、ここの二人の恋愛は良いスピードで進んでいったかなと思います。
ただその中にもリュウが嫉妬してしまった事で思ってもいない事を言ってしまって傷づけられたり傷つけたりとかの一悶着はありますけどね。

でも気になっている段階で『何で気になるの?』とか『どうしてトラじゃなく自分を選んだの?』とか色々聞いてきます。
結構ストレートに物申してくる分、疑問に思ったことも聞いてくるのでモヤモヤしながら進みそうで進まない…という感じではなかったです。

今までのキャラの中では一番スムーズに進む恋愛だったかなと思いますね!

あーそれとリュウのスチルは何か色気があります。はい。
基本的に意外な一面なんかも見れたりするので、どのスチルも好きだけど私は最後の方のスチルで一人キャーキャー言ってました。
中でも最萌えは押し倒し風のやつと最後に流れる映像風の所かな(´∀`*)ウフフ

映像のように流れるスチル達は二人の幸せなそうなシーンなのですんごう良いですよ~ヽ(*´∀`)ノ♪
帰ったらもっかい見ようっと(;゚∀゚)=3ハァハァ

そうそう、トラ・リュウの二人は主人公と小さい頃に会ってるんだけど、両方ともの√でそこは共通していますし、急に現れた謎の青年と戦わなきゃいけない事になるのも同様です。
なので、わりとシナリオ内容は共通しているしちょっとした出来事はお互いの√で被っている所もあるかなと思います。
最後の部分の個別以外はわりと同じ様な進み方ですしね~!!

だけども、二人の抱えているものの違いで主人公との恋愛の進み方というか、未来の選び方が全然違うので面白かったですね。

本当は今スチル鑑賞しながら喋りたいんだけど仕事中なので(ノ∀`)我慢します(笑)
今の謎の青年が終わったら彼の感想とまとめの感想を喋るので、その時にネタバレも書けたらなぁと思っております。

今日は女子の日で死ぬほど眠くてもうダメかもしれないけど今日は仕事が終わればお家に帰れるので頑張りますー!!
すんごい寒くなってきたので明日の雪予報はマジっぽいですね…(;´Д`)
皆様風邪などひかれませんようにお気をつけくださいね~♪

ではでは、最後までりな子のダラダラ感想にお付き合い下さいましてありがとうございました~!!┏○ペコ


今日と明日はゲーム三昧するぞー(ノ´∀`)ノと
意気込むりな子に応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


こんばんは~ヽ(・∀・)ノ

昨日は耐え切れずに2回もこの場へと喋りに来てしまいましたが、足を運んでくださった方、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチをくださいましてありがとうございました~!!
今日も励みに…また来ました(笑)

さてさてヴァルプルガをプレイ開始してからというもの、毎日毎日かなり夜更しをしているりな子です(ノ∀`)テヘ…

いやぁ~眠い!!
とっても眠たいです…起きる時もその後も、特にお昼ご飯を食べた後なんて最高に眠たいので耐え切るのが大変です。←自業自得w
でもでも眠くなってきたなぁ…と思っても最後の辺りに面白いのが詰まってるから寝るに寝られないんですよー!!
しかも最後に近づけば近づくほどめちゃくちゃ面白くなっちゃうしさ~(笑)

と、言うことでヴァルプルガ2周目トラの感想に行きたいと思いますが、その前に…。

ワンドRの公式でプロモーションムービーが公開されたとツイートされてたので見に行ってきちゃいました~ε”ε”ε”(ノ´・д・)ノ



あぁイラストがやはりお美しいですね(´ー`*)
まだ予約するか迷っているワタクシ…。
いや、でも赤い砂予約しちゃったしなぁ(´ε`;)ウーン…(´ε`;)ウーン…こんなのを繰り返しております(笑)

あぁどうしよう…(笑)

でも柿原さんがなんかとても言葉遣いの悪いキャラでめっちゃ気になるし、なによりもあの髪の黒い子とか色の黒い子とか気になる気になる~(*ノェノ)

悩んでいたらいつまでも唸ってしまうので、気持ちを切り替えますがこりゃ買うことになりますな(笑)

さてさて!!
ヴァルプルガ2周目であるトラの感想へと行きたいと思いますが、まずは2周目なので感じた事というか気付いた事というかを挙げますと…。

最後の選択肢がある部分までは共通√って感じの進み方でした。
トラとのイベントシナリオっぽいところ以外はわりと1周目と同じように進んでいくので、もしや殆ど共通で終わっちゃう系なのか!?と、とてつもない不安を抱きながらプレイしていました((((;゚Д゚))))

確かに共通は長いです…(笑)
だけど後半の個別っぽいところもそこまで短いという訳でもないです。ただ…一周目に比べると、プレイ時間はかなり短くなりますね。

そもそも初回が多分6,7時間位だったと思うんですけど、2周目ははその半分位の3時間で終わっちゃいます。
あ、短い!!(笑)
しかも今までストラバという長くてあっちへこっちへ行くプレイ方法をしてたり、この前は下天に片足突っ込んだので…ただ読むだけ選ぶだけで2周目以降の早送りでサクサク行く感じがなんか不思議な感じでした(笑)

ほとんどゆっくり見る所といえば最終の個別部分くらいなのでそこまでは早送りでサクサクなんですよ…。
あ、でも何でか不思議なんですけど、途中まではほとんど共通だったことに不安があったんですけどEDを迎えた今、何故か不満はありません。

何でだろう…。
不思議ですよね(笑)

あ、それとなかなかEDリストが埋まらないので攻略サイト様のお世話になってみたらば…
なんと!!
トラとリュウのEDを迎えていないと見られないやつとかあって…め・・・メンドクゲホゴホ…早送り使えばすぐだからいいんだけどさ~終わった√に戻るということはSAVEデータがわんさかになっちゃうわけですよ!!
あぁぁぁぁぁーーーーーー(笑)頑張ります(笑)

とりあえずトラ√の感想へと行きたいと思います!
いつものごとく長くなると思いますが…お付き合い頂ける方は宜しくお願いいたします(∩´∀`@)⊃

200x200_03トラ.jpg

トラ√も蘇芳と同じく恋愛色というのは中盤まであんまりないんですよ。
あっても「ん?もしかしてちょっと好きなのかな??」程度です(笑)

ちょいちょい主人公の事を気にかけていたり、好意を持ってるっぽいのは見え隠れしてるんだけど決定的なものがなかったりで恋なのか、恋になりそうなのかという微妙な感じのまま進みます。

ちなみにトラ・リュウ、謎の青年それぞれと主人公は物語の始まり部分では一気に知り合いになってシナリオが動いてくので始めはすごく違和感です。
だって通っている高校にもともと在学していたトラとリュウですらこの時から喋るようになっていて、更にちょうど転校してきた謎の青年のとも同じ時期に関わるようになるんですよ。

そりゃ目まぐるしくも感じわ!!と思いますし、このお互いの仲というものに何か引っかかりつつも進んで行くんですよね。
でもこの小さな引っかかりは話が進むにつれて解消されていくので何も問題はないのですし、この知り合って関わっていく流れとかそこに秘められている事とかも…わんさか色々出てきます(笑)

ちなみに目まぐるしさも慣れる…というかもはやそんなの気にしてられなくなります!!(・∀・)

そしてね、この√の最後の方の進み方は蘇芳の一番最後に回収したバッドと同様の流れだったからトラ√でもわりと始めは早送りで進んでたので、それが進みを早く感じた理由でもあるかもしれません。

で、全体的な話の流れ的には蘇芳√と同様なのですが、トラ側からの視点で話が流れていくのでトラ・リュウの一族の問題にも巻き込まれていきます。
そして私はこの√でのちょっとずつ詩生が成長していく感じとかが結構好きでした。

兄である蘇芳での√でももちろん主人公に変化はあるんだけど、トラの√だとその成長する感じがもっとしっかりしていく感じというか…その成長ぶりとかがすごく個人的に好ましかったです!
最初ははっきり言って強くもないし潔い感じとかもないのでちょっと苦手だったんですけど、話を進めていくと意外と嫌いじゃないわ!!ってなっていきましたね(笑)

トラ達一族の問題に巻き込まれつつも自分が役に立てる事をしていこうとする姿とか、理不尽な事でもしっかり受け止めて進もうとしている姿とかこの子成長してるんだなって思える部分がいくつも出てくるんですよ。
最後は何だかんだとても頼りになるし、ちょっといい女になってますし!!

そしてトラと詩生の恋愛について叫びたいんだけど、その前にトラという人についてを喋ろうと思います。

トラとリュウと聞くと私は双子という事とキャラ設定とかもあって、あやかしごはんの謡と詠を思い浮かべてたんですよ。
となると、トラ=謡・リュウ=詠 なんだけど…。

当たり前だけど全然あの二人とは違います(笑)
何が言いたいのかというと、私の想像していた二人とはちょっと違う性格でそこにも二人の特殊な家柄とかも関係しているのかなって思えるんですよね。

トラは猪突猛進で明るくて元気で子供っぽいまさに謡みたいなのを想像していたんですよね。
でも実際は猪突猛進は当てはまるけど、明るいという部分ではちょっと違うというか…
声音とかもあるけど明るく振舞うというよりは、わりと落ち着いていて内に秘めつつ子供っぽい反応とかをたまに見せるタイプ。
でも基本我慢してる感じで、更に誰かの上に立って引張ていくって感じで長としての力がある感じ。

だからこの子は大人なのか子供なのかすごく不思議なタイプだったんですよね。
プレイしてても思った事をあーだこーだと言いそうなのに実は言わなかったり、すごく優しかったり…更には嫉妬してることにも気付かない程自分の事に鈍感…なーのーにー!!その気持ちを隠さないで出すし言葉で伝えてきます。萌えます(笑)

一方トラ√で感じたリュウですが…
リュウ=詠というのも似ているようでまた異なるところがあって、リュウはちょっと賢い頭の回転の速い子って感じで、策士とまではいかないけどそんな雰囲気を持っているんですよ。
そして優しさから伝える言葉がとても…何と言うか…辛辣まではいかないけど結構ズバズバ言ってくるんだな。

でもその言葉の裏には必ず優しさがあります。

そして素直になれないトラの為とか、トラの気持ちを気づかせるためとかに常に自分が動くんだけど…これまたトラ√でのこの子は本当良い子だし更に切ねえんですよ!!(´;ω;`)

そしてこちらはトラとはまた打って変わって、一見大人っぽい対応をするのに実は子供っぽい反応を出してきたりします。
ちなみにどちらもとても可愛いです(  ̄▽ ̄)

そんな二人と関わっていく中で主人公はトラと共に行動をしていく事で、徐々にトラに惹かれていきます。
そこからだんだん恋愛になっていくんだけど、これがさぁ~すんごいすんごいもどかしいし切ないしもうマジで少女漫画なんですよ!!

蘇芳√もそうだったけどなかなか恋愛方向が強く描かれないくせに、そっち方面に行くともう何とも言えない展開なんだな…。
トラと詩生の関係が友達からの恋愛というよりは、守る対象→友達→○○→友達…?って感じで進んでいくんですけど、ネタバレだと言われたら困るので○○はあえて伏せますがちょっと複雑な関係です。

そんな複雑な関係が挟まるからこそ詩生がとてもモヤモヤしながら過ごす時期があって、しかもその時やっと気付いた自分の恋心に対して気付かないふりをしたするんだけど…もぅとりあえず最後の友達?って所が一番もどかしいかも…。
もどかしすぎてちょっとトラに喝を入れてやりたくなる程でしたよ(笑)

この何ともシンプルに進まない恋愛は本当にりな子の胸をギューっと締め付けてくるけど、そのお陰でグッドEDは何か心の底から「あぁ良かったな」って思えたシナリオでした。

でもトラはこの物語の中で「コレが解決したからハイ終わり」って訳ではなくて、トラとリュウの一族の問題もあるから、二人の恋愛がその問題と重なっていくいうか…
トラの立場的なものとかトラが恐れてしまう感情によってりな子を切なさの底へと突き落としてきたんですよ(つд⊂)

うまく言えないけど蘇芳√同様に終わり前の驚きの展開に、最後の最後までハラハラ・モヤモヤさせられましたね。

そしてね、蘇芳の時から思っているんだけどさ…
誰かの√をプレイすると必ず他のキャラに対して切ない気持ちを抱える事になるんですよ!!

ここではまだ攻略していない二人に何とも言えない切ない気持ちになったんだけど、リュウはトラと双子なのでわりと3人で居ることが多いんだけどさ…
リュウは主人公の気持ちにも気付いているから自分の気持ちをあまり見せないようにしていて(でも垣間見えちゃうんだけど)手助けするというか、二人の関係が進むように助けてあげたりするんですよね。

優しいんですよ…

トラにも主人公にも同じようにするんだけど、この子の想いは隠しておくわけですからもう最後の方にボソっと独り言を言うシーンがあるんだけどさ~「次はリュウの番だからね~!!゚(゚´Д`゚)゚」と言ってあげたかったです(笑)

あ、トラの感想なのにトラ√のリュウの話になっちゃいました(笑)
すみませんm(。・ε・。)m

まぁ脱線してしまいましたが…
トラ√だけどリュウやその周りの人達とも関わっていくので面白いですし、なによりもトラがさ…
自分の詩生に対して抱えている気持ちが分かっていないのに、色々アクション起こしてくるんだけどそれがりな子的にはもはやカナリの萌え要素でした。

いや、なんだよその可愛い命令!!(笑)
気付けよ!!って感じなんだけど、もうニヤニヤ…ニヤニヤ…ですよ。
そして蘇芳でスチルに動きがあって流れるようになるシーンがありました~ってお話したんですけど、ここではちょっと大人の時間的なアレでした。

やっと思いが通じ合ったという気持ちがあるので、何か本当に私がハッピーEDを迎えたかのような気持ちになって見ていましたよ。
ちなみにこのシーンお昼ご飯を車の中で食べながらプレイしてました(笑)

今日はこれからリュウをプレイしますが多分トラと同じようなシナリオ軸でいくだろうからちょっぱやで終わる自信があります(笑)
終わり次第…

私がこのタイトルで最も、最も楽しみにしている謎の青年に行くYO!!⊂('ω'⊂ )))Σ≡ドゥーン

彼については彼の感想の時にまとめて言おうと思っているのであまり触れてませんが、すごく不思議な存在です。
ある程度の正体は分かっているのに、まだ気になる部分があって…蘇芳√で出てきた事だけどまだ腑に落ちない部分があったりしているので、早くこの√ですべての真相が知りたい。

あぁVitaを無理やり買い取ってプレイできて良かったと心から思います。
実際短いシナリオ内容かもしれないけど結構面白いです。

と、言うことで、お次はリュウの感想でまた喋りに来ます~(ノ´∀`)ノ♪

今日は何か花粉が飛んでいたのか、一日中くしゃみと鼻水が止まらず目の周りがボワワーンとしていたりな子です(つд⊂)
本日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございました┏○ペコ


鼻が痛くなりそうだから柔らかいティッシュ買ったのに
既にポケットティッシュ5個使い切ったりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

皆様~~~~~!!!!

夜中の独り言を覗きに来てくれたというのに…また喋りに来てすみません…。
しかし、ヴァルプルガの一周目を終えたのでどうしても喋りたくて来てしまいました!!

600x150_01v.jpg

まず私の初回√は兄である泉蘇芳からの攻略です。
キャラについての感想は後半で喋りますが、この作品をプレイしていて私は「めまぐるしい」とか「展開が早い」と感じているというのは前回にも伝えたと思うのですが…。

今回蘇芳の全EDを回収してどうしてそうゆう印象を持ったかが分かったんですけどね、この物語には主人公である詩生(しお)に起こる出来事と、双子であるトラ・リュウの一族の事、そして兄である蘇芳のこと、加えて謎の青年の事、極めつけに主人公たちが住む街のことなどなど…色んな事がこの一つの物語に関わってきます。

なので一つの物語の軸があってもそこに色々なものが介入してくるので目まぐるしく物語が進むように感じたんだと思います。
それが一つ一つ話が進むことで一つにまとまっていきそうになって繋がっていく感じなんですよね。
それとそれぞれの人達の生きる為というか、自分たちの守るモノの為に色々な想いが交差していて凄くもどかしいというかですね…。

例えばリュウやトラの大切にしたいモノを取れば主人公や兄はいい気はしない様な選択を迫られたり、でもそれはリュウやトラからしたら主人公に嫌な思いをさせるかも知れないから進んでしたい事でもないというもどかしさだったり…
それぞれの想いが重なって起こるあらゆるものが絡まりすぎているんですよね。

いつもながらネタバレしないで伝えるのって難しいですね(;´Д`)
こいつ何言ってんのか全然わかんねぇYO!!と思う方もいるかもですが…すみません(笑)

それでですね、結論から言うとりな子的にはカナリ面白かったです。

プレイ前にというか購入する全然前にむしろVitaの発表前とかかな??その時にちょっと感想を見たんですけど、シナリオがあんまりだったとか短かったとか色々目にした事もあったので若干不安もあったのですが、個人的にはそんな事はなかったと思います。
まぁたまたまネタバレなしで見たときのその言葉の印象が強くて覚えていたというのもあると思いますが…。

ただ誰か一人を攻略したからといって全てが見えるシナリオではないので、今蘇芳を終わらせただけでは謎が残っている部分などもいくつかあります。
これはその人の√をプレイしないと解決していないという事なんだと思います。

この物語に深く関わっているであろう部分はトラ・リュウ√にもありそうですし、一番重要なのは完全に謎の青年なんだけど今すぐにプレイしたいと思ってしまうほどすごく気になる存在なんですよー!!
蘇芳√でも少し何者なのか?とかには触れているし、ちょっと彼のことが分かる過去なんかも描かれているんだけど…でもそれが全て分かるわけではないから余計に気になるように作られているんですよね(笑)

めっちゃ気になるー!!けど我慢して次は双子にいかないと…(笑)

それとね、この主人公のデフォ名は泉 詩生って言うんですけど、プレイして思うのはすごく作品にぴったりな風に考えられている名前だなと…。
詩生(しお)って…完全に内容とタイトル名を絡めてる感がなんかゾワってしました。
ヴァルプルガというのもどこからその名が付いたのかシナリオ中に出てきますしね。

とにかくまだ初回で一周目だけど、これから切ない出来事が待っていそうな予感がすごくします。
特にあいつの√で!!
なのでちょっと怖いような、でも期待もしているような何とも言えない気持ちです(笑)

ではそろそろシナリオ感想に蘇芳の感想を含めつつ喋ろうと思います♪

200x200_05蘇芳.jpg

今の所、蘇芳のEDは4種類回収しています。
グッドEDとちょっと闇のあるED、そして平穏に過ごしているけど切ない気持ちの残るED、バッドっぽい終わり方が2種類です。

グッドEDを迎えるまでですが、わりとクライマックス的な所も越えても終わる気配がなくてですね、どんどんりな子の好きな方向へと進んでいくのでどうなるのか分からないまま行くのでちょっと不安になったりもしました(笑)
でもこの最後の最後のりな子好みな所が目が離せないんですよ!!

はっきり言って恋愛らしい場面とかキュンとする場面とかは、その最後の方までマジで皆無です(笑)

なので途中で (°д°)<あれ?私今乙女ゲームしてるよね?蘇芳って攻略対象だよね…?? と思ってしまうほど、ミステリー物をプレイしてるんだっけと錯覚するほどにただシナリオが面白いゲームだったんですよ(笑)

しかし…この最後の所に詰まってます…色々と…。

ただ、甘甘~♪な雰囲気とかそうゆうのではない!!
多分ちょっとだけ重くて暗い雰囲気だけど、でもピュアさがあるというか…儚い感情って感じというのかな。
私はこの感じは蘇芳と詩生には合っていると思うし、この作風にもとても合っていると思うので物足りなさとかそうゆうのは全く感じませんでした。

ただ蘇芳があまりにも詩生を大事にしすぎていたので、この最後でりな子の好物シナリオへとなっていなかったら本当にただのシスコン物語で終わる所でしたよ…。(笑)
しかしこの最後の最後の蘇芳√での山場的な部分は、どうやって終わるのか想像がつかなかったので色々覚悟をしていました。

ちなみに私はグッドEDとその他2つわりと好きなEDがあるのですが、これEDのタイトルだけ言っても色々分かってしまいそうなので伏せます(笑)
グッド以外の2つはバッドEDの部類に入るであろう切ない終わり方のEDと、グッドよりもちょっと下のグッドみたいな終わり方のものです。

声を大にしてこのEDが好きすぎるー!!という程の暗くて重い歪んだ愛みたいなEDはなかった…←好みがおかしいw

あ、だけどこの蘇芳ってキャラ途中まではマジでりな子全然好きじゃなかったんですけどね、最後でかなり好きになったんですよ。
何故かとは言えませんが…(´・_・`)
シナリオが終盤の面白いことになる時には 遂にキタ━(゚∀゚)━!この時が!! と思った位い興奮で出来たので、なかなか面白いお方でしたよ~(ノ´∀`)ノ

そしてですね!!
この作品スチルに動きとかがって仕掛けがあるって言ったんですけど…なんと!!それだけじゃなかったんですよ…。
ここぞ!という時のシーンでは何だかそのシーンだけアニメを見ているかのような感じで流れだして、食い入るようにみてしまったんですよね。

雨が降っている様子とか文字が出て消えていく演出とか、スチルというよりもはやあれは映像に近いと思います。
スチルをうまいことつなぎ合わせて見せている感じなんだけど、一つの映像みたいに流れるんですよね。
これまたうまく伝えられなくてすみませんなんですけど…(;´∀`)
とにかく凝っていました!!ここもかなりシナリオを楽しむ上でとても良い方向で働いてくれたと思います。

ギャラリーではその時に使われていたスチルを見ることが出来るんですけど、何かねぇ見ていただくと言ってる意味が分かって貰えると思うんですけど、なんかすごく切ない気持ちになるんですよね。
シナリオでの過程とかもあると思うんですけど、どうしても「切ない」という言葉が出てきてしまう~!!

そしてこのOPの曲がね余計にそうゆう気持ちにさせるのかもね…。

『この恋が私を殺す』とはうまくつけたキャッチフレーズ?だなと思いますよ!!←ちなみにこれはまだ見ぬキャラの√の事を思って言っています(笑)

しかしながら恋愛という感情の面では蘇芳√は最後の方まで形を成していないので、シナリオに夢中になって引き込まれてる部分の方が多かったですね。
最後の最後に描かれている気持ちは綺麗なものだと思いますけどね!

だけどすごく微妙な気持ちになったEDが一つだけあるんですよ…これ多分終わり方があんまり蘇芳関係ない感じになっていて更に完全なるBADなんですけど、蘇芳√じゃないよねこの終わり方!!って突っ込みたくなる内容でした。
でもまぁ次に双子をプレイする私からしたら、そこにつながる感じなので良いんですけどね…。

あーヤバイです…。
寝ないといけないんですけどトラ少しプレイしてから寝たい…(笑)
ちょっとだけ…ちょっとだけプレイしてから寝る事にしようと思います(;゚∀゚)=3ハァハァ

実は今夜中の2時を迎えておりますが、さっき?約2時間前ほどに独り言書いたばっかりなので今の一人ごとは朝に更新されるように一手間加えようと思っております。
なので覗きに来てくれている頃は朝ですね|ºдº)

明日は眠い目をこすりながらの一日となりそうですが、ヴァルプルガの為ならしょうがない…という事で行ってきますε”ε”ε”(ノ´・д・)ノ笑

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!!
というか、いつもお付き合い下さっている方々、私が何回喋ろうとも寄り道してくださって本当にありがとうございますm(_ _)m

ではでは(´∀`*)ノシ


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言