こんにちは~ヽ(・∀・)ノ

昨日の独り言を覗きに来てくださった方々、そして拍手や応援(∪・ω・∪)ポチコメントをくださいまして本当にありがとうございました~!!┏○ペコ
今日も励みに喋りに来ました~♪(`・ω・´)

年末に届かずに落ち込んでいた渇望メソッドですが、無事に昨日届きました~(ノ´∀`)ノ
とりあえずすぐさまPCに取り込みいつでも聞けるようにとiPhoneにスタンバッております。待てど暮らせど手にできなかったのにこんなにもあっさり届くとは(笑)

IMG_2980.JPG

いや当たり前なんですけどね…(;´∀`)
でも昨日届いた時はとても嬉しくなってしまったりな子でした~。後でゆっくり聞こう…。

そしてここでりな子の罪を披露しておきます。
見せしめのために…
これ以上増やさないで消化してくために…!!(笑)

IMG_2981.JPG

タイトルを文字にしていると結構ありそうだけど意外と並べてみるとそうでみないような感覚に陥ってしまう私は既に麻痺しているのだろうか…。
まほごしゅとクリエンが分厚いだけでそうでもない気分になってしまうというのは不思議なもんですね(笑)

でもこれを今日から一つずつ崩していくぞ~♪(/・ω・)/ ♪

さて…

昨日は理也くんの感想の後からずーっと神楽坂さんをプレイしていたのですが…気のせいでなければすんごいプレイ時間がかかったんですよ!!(笑)
共通部分ももちろんあるのですが、神楽坂√はそこからずれて居たのか何か長かったように感じたんですよね…。

ブログを更新しているのが22時40分とかなので23時に開始したとしても…朝4時半までかかってるんですよ(笑)
いや5時間半ならそんなでもないのかな…?とも思うんですけど、恐らく2周目以降の中で理也√と最終√が一番長かったと思います。

寝ろよって感じなんですけどあまりにも面白すぎて夢中になっちゃいました((((;゚Д゚))))

なので今日は無事にフルコンをしましたのでその感想と、神楽坂さんの感想を喋ろうと思います♪

2016-01-02-045040.jpg

まずはフルコン感想から行こうかなと思いますが、いつもの事ですが周回していくごとに面白くなっていき夢中になったタイトルとなりました。
でも前情報でちょこっとお聞きしていましたがプレイした今思うのは、このタイトルは好き嫌いが分かれるんだろうな…とは思います。

個人的にはすんごく楽しめたしスイクラ同様にただ重い、切ない、悲しいだけではなく人の抱えるであろう慢心する気持ちとか現実から目を背けようとする行いとか様々な人の良からぬ感情とか負の気持ちなどが渦巻いていた(笑)
そして相手を好きだと想うのと置かれた状況などが相まっての重くなってしまう気持ちとか…。これは主に主人公の方に変化が現れてくるんですけど、というかほの暗い雰囲気にしているのはぜーんぶ主人公です(笑)

だいたい乙女ゲーの主人公って努力する頑張り屋さんで、健気で弱音を吐かないという感じですが月影の主人公のめぐみも同じです。
すごく頑張り屋さんだし文句なんて言わないし誰かに頼るということもしない。ここだけ見たらなんらよくある乙女ゲーの主人公なんですけどね。

気持ちを抑え感情をあまりに表に出さないというか、本当に“我慢する”というのを意識しない程自分の事を表に出さない人なので最初は人形のような感じがするんですよね。

でも、そのめぐみという人が人を好きになる事で変わっていくんですよ。
ただその変化がただ恋をするだけで変化するのではなく、自分の周りの環境、生活がどんどん変わっていってしまう中で手にする相手を想う気持ちなので、ピュアな淡い想いにも、それ故に抱えきれなくなって壊れる方にも転がりやすいユラユラと揺れる危うい
恋愛を味わうことが出来るといった感じです。

シナリオ自体も一つの√で大まかな内容は分かりますが、キャラを順に攻略していく中で外側のハッキリとした形が見えるようになっていくし、細かい部分が繋がっていくような構成になっているので最後まで楽しめた内容となっていました。
ちなみにこのシナリオの大きな部分を占めるのは村に起こる出来事です。

村全体の事なので主人公ももちろん関係しているんですけど、この出来事が最初こそ遠巻きに考えていた問題ですが主人公はその渦中の中心となっていきます。
はっきり言ってこんな村住みたくねぇ~!!ってなります(笑)

村がというよりは本当に村の住民がクソです!←乙女の皆様にこのような言葉を使いまして失礼致しましたw┏○ペコ
こんなにも自分の事しか考えていないような人達が周りに沢山住んでいて、店をやったりしているのかと思うと恐ろしいいですねッ!!(笑)

もうね、本当この村の人たちは人間の悪い部分を集約した集まりって感じなんですけど、それでも本当の危機に陥った時に見せる人の思考とかそうゆうのを表していると思う。
多分私はプレイ前にある程度住民達の事は聞いていたから心の準備が出来ていたけど、何も情報がなかったらイライラしていたんだろうなぁと思いますね(##゚Д゚)

しかもこの住民たち最初から結構なイラつき行動をしてきますが、中盤なんて本当に最悪すぎます(笑)
愛情EDの後半にはやっと改心していい奴らになってくれますがそれまでは結構嫌なじ状態が長く続きますので、プレイしてるこっちが病みそうになるかもしれませんね(笑)

そして恋愛面ですがキャラによって糖度の違いはありますが、わりと微糖だと思います。
代表して微糖なのは渉・理也ですかね。この二人とは淡い恋が描かれている感じで、望と神楽坂さんはちょっと危うい仄暗さのある恋愛といった感じしました。

ちなみに神楽坂さんは個別感想でも言いますが他の人とは違った切ない想いの恋愛という感じです。
お兄ちゃんは論外!(笑)恋愛じゃないですしね~。
ただ個人的にはいつでもどこでも優しくて一番に思ってくれているお兄ちゃんが大好きなので良いんだけど、でもできれば恋愛という形で描いて欲しかったなぁとも思ってしまいます(=_=)←欲張り

でも全体を通して言えることは下天の時などに叫んだような“萌え~(*ノェノ)”というのはないと思った方がいいかもですね。
ちょいちょいこちらとしては楽しめるシーンはありますが、キャッキャ騒ぐような場面でもないので…。

恋愛の進み方も大きな渦に巻き込まれていく中で育っていく想いなのですが、村の方の出来事に気を取られているといつの間にか好きになっている様に感じると思うけど、ちょいちょい接点がある中でめぐみの気持ちに少しずつ起こる変化が可愛らしく感じられる恋愛模様です。

そしてどのキャラも本当に優しくていい奴ばかりなんですよ~!!というか周りの人達があまりにも酷いもんで攻略対象たちはイイ奴にしか見えないですね。
一番癖があるのが望なんですけど、それでも結果的にはめぐみの事を考えてくれる優しい人だし。

ただ、彼らそれぞれに守るために行う行動が異なるんですけど…望と神楽坂さんは策士というか頭がキレるのでその守り方も正義の味方的な感じではなく、全ての人や事柄をうまく使う形なので一見したら勘違いされそうというか危ないというか…うまく言えないけどこの2人は狡い人だと思います。

他の二人は俺が守るぜ!的な感じですし、渉や理也って彼ら自身は安定しているというかなんだろうな…本当真っ直ぐな人なのであまり歪みを感じないんですよね。
本当眩しい太陽のような存在って感じでしたね。

そして主人公であるめぐみと、攻略対象であるどのキャラにも共通しているのが心の鎖です。
今まで過ごしてきて様々な出来事が起こった中で全員何かしら闇というか、そうゆうのを抱えているんですけどその時に抱えた想いとか気持ちに対してかけられた鎖があるんですよね。

ちなみにこの鎖というのは恋愛していく中でも出てきたりしますので、タイトルを通して心にかかっている鎖というのはキーワードになっていますね。

EDは全部で大まかには3種類ですが、その中に共通BADなどがあります。
愛情ED、依存ED、依存BADという形で分かれていますが、愛情EDはその名のとおり一番ハッピーな終わり方となっています。
依存EDはめぐみが相手に依存して壊れてしまう終わり方が多いのですが、これがなかなかダークさを醸し出しております(´∀`*)
そして依存BADは、依存EDのような進み方ですが最後の終幕が悲しい終わり方なんですけどね…キャラによっては切ない終わり方だったり、すんごい悲しい終わり方だったり様々です。

ちなみに愛情EDはどれも良かったけど、依存EDは望・、依存BADは理也・神楽坂さんの物が好きです。
でもこれ言っておきますが全然良い流れではないですからね!!(笑)
なんでこいつこんなのが好きなんだ…と思われると思いますので、見なかったことにして頂いて構いません(´∩ω∩`)笑

そして愛情EDといえども全てが全て幸せ~(ノ´∀`)ノ最高~(ノ´∀`)ノという訳ではなく…ある人では…。
やめておきます(笑)
色々ネタバレしたらつまらなくなったら困りますしね!!とりあえず全部が同じ流れではないというのを伝えておこうと思います。

あ~…どんどん長くなってしまっているのでそろそろ自粛しようと思いますが、とにかく!!
ただ重い暗いというだけではなく色々と考えさせられる内容でもあったし、人間という生き物の抱えるであろう感情や好きという想いの転げる顛末(?)などと、人の心が変わっていく、変えられていくのもまた人の力という事など、人間の事がぎゅぎゅぎゅぎゅーっと詰まったタイトルだったなと思います。

面白かったです!

では神楽坂さん感想の前にこのタイトルでのりな子的好きなキャラを発表させて頂きます♪
今回は人数も少ないので全員でいきますが、ご自分の好きなキャラが上位じゃなくてりな子の事を嫌いになったら困るので興味のない方は(´∩ω∩`)←これでお願いします(笑)
ちなみにお兄ちゃん入れようか迷ったのですが、この人は肉親という立ち位置での攻略だったので入れていません。

1 神楽坂 響
2 榛名 望
3 望月 理也
4 猪口 渉


こんな感じです。

まず神楽坂さんが一番になった理由は大人の狡さがね…!!
本当に妹みたいに接していたくせに変わっていくのとか、こっちに選ばせようとするズルい感じとかそうゆうのが良かったからなんですけど…唯一ちょっと大人~な雰囲気のスチルもあって楽しめましたね(笑)
そして男っぽさがあるのに美しいというのがりな子の心を掴みました(`・ω・´)

理也はすんごくすんごく迷ったんだけど、見た目は大好き!そして松岡さんのお声もとても良かった…( *´艸`)
しかし…望のあのいつどっちに転がるか分からない危うさとか、ちょいちょい感じる色気みたいなものがりな子を惑わせました(笑)
望もなかなかの子なんだけど、理也もたま~に見せる意地悪する姿が好きなんだよな~…(。-∀-)

んで渉くんは本当に優しい、とても優しいこの人がある意味一番王道の恋愛を楽しめたと思うんですよ!!
BADEDも依存EDも結構綺麗な感じであまり暗さがなかったですしね。
ただりな子には彼は優しすぎたんだと思います(笑)←変わっているのかも…

という事で月影は何だかんだと期待通りに楽しめた作品でした~!!

ではでは最後に神楽坂さんの√感想に行きたいと思いますが…結構長くなってしまっているのでサクっといきますね♪

kagurazaka_twicon

神楽坂さん√はメインヒーロー的な感じなのかな??と思ったのですが、神楽坂という人の立ち位置からしても今までの√での事の運びや顛末が描かれている√で各攻略キャラの部分での出来事が結構絡んでシナリオが進んでいきましたね。

ただ全部を攻略して思うのが渉だけはちょっと別枠的な感じだなと思いました。
キャラ自体は関わってくるんだけど、彼の√で起きた出来事はまた渉専用というか何と言うか…もちろんちょっとくらいはその事は出てくるけど渉√程ひどくなっていないしメインはそこじゃなくなっているので。

そして神楽坂さんでは全てが集約されているんだけど神楽坂さんという人の事が色々描かれて語られていて、この人って村を率いているような人物なのでその色々分かる度に村全体が右往左往するのでとりあえず規模がでかい(笑)
そしてその分辛い想いも多いように感じます。

何で私が好きなキャラランキングでこの人を首位にしたかというとね…
神楽坂√が一番ある意味ハッピーだしでもハッピーじゃないからなんですよね。
これはあまり深くは語らないほうがいいと思うので控えますが、ここの√は他の√とはまた違った愛の形というかね~愛情EDと依存EDが切ないんですよ!!

しかも私このタイトルをプレイしていて神楽坂の依存EDで初めてウルっとしちゃいましたしね(笑)
泣いてはいないんだけど、ついつい最後の方にウルウルしちゃったんですよね~何故か…。

依存BADはお兄ちゃんが大好きになった√だったので、ここで改めて兄貴と恋をしたかったと思わされました。

とにかくシナリオ的にも恋愛的にも夢中になる√でしたね。

神楽坂との恋愛では“めぐみが求める”というのが前に出ていたように思うんですけど、神楽坂は年が離れているからという理由や神楽坂自身の事とかがあるのでちょっと一歩引いてる感じなんですよね。
大人の余裕みたいなものもあるしね( ・´ー・`)ケッ

でもそれに対してめぐみが最初こそ徐々に淡い想いを抱いていくんですけど、後半とか猛進していくという感じになっていくのでなかなか情熱的?というかなんというか(笑)
めぐみが本当にガラっと変わっていくのは神楽坂√のめぐみが一番なんじゃないかなと思います。

本当に好きな人の事を健気に想っているのとかが描かれているんですよね~。
なのでめぐみが相手を想う深い愛というかね…そうゆうのが感じられた神楽坂√だったなぁと思いますね(゜-゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)

そして神楽坂がいちいち色っぽいんですけど!!(笑)
そもそも見た目がミステリアスな感じがしているし、現に謎の多い人ではあるんですけどスチルがなかなか(`ω´)グフフって出来るスチルがありましてですね…。

この人和服だからあんまりわからないけど結構イィ体してるんですよ!←おいw
もうねあの顔であの体格とか鼻血ですね!
しかも和服姿が兄貴と張るくらいセクシーに見える時があるのでスチルが出てくるのが最高に楽しかったです。

そして相手が大人で狡いという事だけあって、わりと近いスチルが多いし最後の方にあるスチルでは久々に(*ノェノ)キャーってなりましたよ(。-∀-)
いや~楽しかった!!色々な意味で楽しめてもらいました!!
そしてこの人も色々な思いをしてきたんだな…って思わされる√だったのですが、これもまた切ない出来事だったりして本当に色々な感情の渦巻いた神楽坂√だったんですよね。

まだまだ喋れそうなんですけどかれこれ二時間位い書いているのでそろそろやめないと…読んでくださっている方も疲れてしまうと思いますので…(;´∀`)

という事でこれにて月影の鎖~錯乱パラノイア~を終わりとなりましたが、スイクラに続いて私はTAKUYOさんのファンとなりましたね~♪
なので是非とも死神と少女も移植をお願い致します┏○ペコ
そしてきっと私はこのメーカーさんの作品は必ず手にすると思いますね(笑)

そしてカエル畑とソラユメがVitaで出ているので面白いのならばそのうち手に取ってみようかなと。
ちなみにソラユメは津田ボイスが楽しめるようなので、面白いのかどうなのかが気になっております(笑)

ではではこの辺で終わりにしようと思いますが、お次はヴァルプルガをプレイしようと思います!!
ストラバにしようかなぁ~とも思ったのですがこれはやり込む系かな?と思ったので後からじっくり楽しもうかと思いまして。
しかもヴァルプルガの柿原ボイスがどうしても聞きたいですし、色々情報をお聞きしたら気になってしまったので(笑)

それでは、本日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました~(ノ´∀`)ノ


月影をプレイして寝たら夢に出てきてしまったりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願い痛いsます(笑)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

(。・ω・)ノ゙ タダイマデース♪(笑)

今ずっときになっていた望月理也の全ED回収してまいりました!!
とりあえず愛情ED→依存→依存BADの順番で回収してきたんですけどね、今までのシナリオの比じゃないくらい暗い気持ちになった依存EDと依存BADでした(笑)

こういったら矛盾してるんですけど、重い感じになってきた時に『待ってました~!!』ってなったんですけど、このままどうなるのかとハラハラしつつもちょっと心が苦しくなる展開にモヤモヤしていたんですよ。
で、愛情EDはもちろん良い方向に向かい終わるので方向が明るい方に向かい始めてなんだか安心してしまう自分がいました(笑)

だって本当にここでは何ていうのかな…今までとは違った心が痛くなるような出来事が多くてですね!!
しかもちょっと目を覆いたくなるような事件が起きるんですけどそこがBADの分岐だったので、これもしかして一番見たくない出来事になるんじゃないの!?と思ったわけですよ…。
まぁ結局想像したような流れにはならずにその後に薄暗くなっていったんですけどね(笑)

どうでもいいんですけどこの時にふと思い出したんですよね。オズマフィアのオスカーワイルドEDを何故か…
いや、実はあのタイトルの中で私はマンボイとドリアンが出てくるあのEDが結構好きだったりするんですが(一番はハーメルンですw)あれちょっとダークな終わり方だったと思うんですよね。
何かちょっとだけその時の光景が思い出されたといいますか、ふとあれ意外とダークな終わり方もしてたなぁ…と思い出しました。

そして月影の感想を見る度に何で鬱ゲーかと言われるかというと、主人公であるめぐみが色々な出来事に直面していくんですけど、その出来事の渦中に巻き込まれて自分と向き合っていく中で今まで抑えていた気持ちが溢れ出てくる事と、ある出来事によって一人で何もできない自分に対して負の感情が溢れてきてしまうんですよね。

それは最初は小さな感情ですし、渉√の時なんか割とちょこっと顔を出して収まる感情なんですよ。
ちなみに望の時にはお互い似ている所があるのでその感情を抱きながら二人で危うい所にいる感じでした。
でも今回の理也の場合は、彼自体がとても真っ直ぐな人というかそうゆうのもあってめぐみ自身も彼のことを眩しいと感じているような人物なので、めぐみとは割と正反対とも言えるような人なんですよね。
なのでめぐみ側が道を違えると堕ちるという感じなので、なかなかの内容だったと思います。

めぐみ自身の事を理也√で神楽坂さんが分析しているシーンがあったんですけど、小さい時の出来事が原因で愛に飢えているからこその今のめぐみが形成されているというのを言うんですが(あまり詳しくは言いませんが)、このめぐみの生い立ちが闇に堕ちやすいというかそうゆうのを持ち合わせています。
そして、めぐみ自身とどこの√でのキャラにも誰もが心にある想いに対して鎖をかけていたり、BADへと堕ちる時には心に鎖をかけるというのがキーワードになっています。

スイクラ様同様に各キャラの攻略を進めていくと、一つ前の√までは語られていなかった部分が見えてきたりするので面白いです!
ただ、レンドとはまた違った意味で重いし暗いですね!!
個人的にはかなり好きな部類ですが(笑)

そして理也の前にはお兄ちゃんである護も攻略したので2人分の感想をいきますね~♪

getsu_twiicon06.jpg

お兄ちゃんである大井川護√は2周目から攻略可能となっている模様ですがめっさ短かった(笑)

個人的にはちょっとここでは重い想い、あ、シャレじゃないですよ…
そうゆうのを期待していたのですが完全なるおまけ√って感じでしたし恋愛がどうのとかではなく、本当に兄として妹としての家族としての想いが描かれていたって感じでしたね。

そもそもおまけ部分でシナリオ鑑賞の所にお兄ちゃんのやつないしな!!

まぁしょうがないです(´Д⊂
でも、このいつもおちゃらけている兄のちょっとはだけているシーンがあるんですけどね…といっても風邪をひいてらっしゃるからこんな破廉恥な事を考えてすみませんって感じなんですけど(笑)
熱で辛い時にちょっとはだけて寝ているシーンがあってですね、お兄ちゃん…(=_=) ←りな子はこうですよ(笑)

だってほとんど共通な流れしかないしどこかで楽しみを見つけいないと!!(笑)
しかもお兄ちゃんとなんやかんやとあるのかと思ってたら全然なかったし、せめてもと楽しみスチルを堪能させて貰ったわけでございます。

というわけで兄√はおまけ√でした。

そして理也くんですが、彼は月影の言い回しを借りて言うならば本当に太陽のようなお方です。

satoya_twicon

もともとプレイ前から気になっていた彼ですが、プレイ前に気になったのは表向きは優しそうだけど裏は実は…という、猛獣使いの某キャラの様なのを想像していたのですが全然そんなんじゃなかった!!(笑)

常に努力を惜しまないとても素直な真っ直ぐなお方でした。
そしてだからこそめぐみが堕ちてゆくという…

そもそもここに出てくる攻略キャラ達は主人公から始まり全員が何かしら抱えていますね。
それが原因で心に鎖をかけていると…

しかし理也なんかはその出生こそ複雑ではあるけどその割に望同様に擦れずに育ったなぁという印象があります。

この子は本当に見た目とは異なり頼りになる人というか、いつも守ろうとしてくれたりでも無駄に深くは突っ込んでこないというかある程度の距離を保ちながら、でも距離を縮めようとする関係がなかなかもどかしい気持ちになりながらもピュアな感じで楽しめました(。-∀-)

いちいち赤くなる理也が可愛かったりするんですよー!!
しかも何だかんだと良い方向に進んでいる所では、理也にめぐみがいじわるをされた仕返しをするんですけど、その時とか二人共可愛くて本当に微笑ましいんですよ(´∀`*)

ちなみにすんごいいぃシーンでスチルまでお披露目されて(*ノェノ)キャーと楽しんでいる時に…なんと兄貴が邪魔してくるシーンがありまして…
さすがにこの時ばかりは怒るというよりは面白すぎてニヤニヤしちゃいました(笑)

ちょっと笑えるような(´<_` )フッとなってしまうシーンなんかもあるので常に重暗いわけではないんですよ?
まぁ後半は結構そんなのばっかりですけど、なんだかんだと微笑ましいい可愛らしいシーンの多かった理也でした(´艸`)

なのに…なのにですよ…

依存EDではめぐみが壊れるんですが、これがまたなかなかの暗さでですねというか個人的には依存EDの方は続きが気になるモヤモヤではなく、納得できないモヤモヤでもなく、でもモヤモヤする終わり方だったんですよ。
BADだけどそう終わったのか~!!と思えるような内容ではなく…何ていうのかな、これぞ求めていた重いシナリオだわ!と思う反面モヤモヤするという(笑)

すっきりする終わり方ではないですが、依存EDという名前が何ともぴったりな終わり方。
できるならばこの続きがどうなったのかも気になる所ではありますが…どんな状態になろうとも想い続ける理也の愛の深さは認識することのできる√だったなと思いますね。

そして依存BADは今まで攻略した中で一番切ない終わり方でしたね。
その道を選んだめぐみの気持ちとかそれでも彼女は幸せなんだなと思わされる事とか、それに対しての理也の気持ちとか色々とですね…
あんまり言うとネタバレしちゃいそうなので控えますが、このEDは今までのどの人の依存BADでもなかった切ない気持ちというのを感じた終わり方でした。

しかもすんごい気になる終わり方をするからこれまたご想像におまかせします系で色々妄想しつつ考えちゃうんですよね(笑)

そうそう、この理也√では今までただただ悪者とばかり思っていた深海さんというおじさんが、この人も月影の鎖にぴったりな登場人物だったということが判明(笑)
今までいきなりポンと現れて村を救済しようとしている人って感じで、攻略していくごとにただの嫌な奴てだけしか思っていなかったんですけどね、理也√で始めてこの人についての事が語られているんですよ。

それを知るとあぁこいつもだたの嫌な奴じゃなかったんだと思ったんだけど、スイクラの時にも思ったんですけどこうゆう演出が憎いんですよね!

敵ではないけどサブキャラの中でもわりと中心で、攻略できるわけではないけどその人にもスポットライトが当てられるというか、そうゆう人の細かな部分まで作りこまれているというか…
全てが楽しめるというか上手く言えていないですけど、深海という人の見方がちょっと変わりましたね(笑)←単純

そしてめぐみがどうしてあんなにも人形っぽいと感じたか、それが周回する事に浮き彫りになってくるというか明確になっていくんですよね。
渉→望→護と来てもまだフワ~っとしていたそれがここの理也にきて納得できるような事が語られています。そしてその理由というのを聞くと依存EDや依存BADが納得できるものとなっているんですよね。

そもそも愛情EDに転がるのが素晴らしい事のように思えて、依存にいくのが普通の流れに思えてしまうんです(笑)
普通だったら愛情EDって うんうん。そうだよね(*´ω`*) ってなると思うんですけどね、愛情にたどり着くとよくぞ頑張ったなぁ!!と思ってしまうというね。

不思議なんですけどそうゆうタイトルだと思います。

残すは最後の神楽坂さんのみとなりました!!
この調子でこの休みにどんどん進めていこうと思います(`・ω・´)

最後の神楽坂さんとの思い愛を楽しんできます~ε三三ヾ(ΦωΦ)ノ

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました┏○ペコ

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちは~ヽ(・∀・)ノ

昨日の独り言へ覗きに来てくださって、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチをくださいましてありがとうございました~!!
毎日とてもとても励みになっております( *`ω´)

昨日からりな子ダラダラ正月休みが開始しているのですが…月影を進める傍らで大好きな東京喰種のモバイルゲームで何か順位を競うやつ?みたいなのが始まってそっちも一生懸命プレイしているりな子です(笑)

ゲーム三昧となっているワケですが…
今年最後のクリエンとまほごしゅが恐らく今日か明日辺りに届くよ~というメールとともに…Amazonから渇望カッキーのお届け致しますって来たんだけど…。

23日配送で今もう一度そのメールが来るってどうゆうことやねん( `皿´)キーッ!!
しかも配送先変えちゃったから明日にならないと取りに行けないしな…Amazon恨むぜ(=_=)
予定ではすぐに手に入れて落としてシリーズで売りに出しているはずだったんだが、何故30日到着になっていたのかはまじで謎すぎる…。

しょうがないので年明けに色々まとめて手放そうかと思います(`・ω・´)

ではでは本日の本題へ…。

月影の鎖2人目の攻略である榛名望くんでございます♪
望とのシナリオは、というか恋愛はすんごく危うい綱渡りのような恋愛でした。いつどっちに転んでもおかしくない想いって感じで渉の時よりもどうなるのか~どうなるのか~と思いながらプレイできました。

haruna_twicon

望√でも渉の時と同じ最終的に成し得ようとすることは同じなんですけど、その過程がちょこっと違う進み方をするので渉の時よりもハラハラする内容でした。
まるで刑事ドラマでも見ているかのような(笑) とはまたちょっと違うけれども何かそんな気分になるシーンがクライマックスあたりにあったんですよ!

お陰でハラハラしたんだけど、このシーンが愛情か依存かに別れる分かれ道だったので面白かったです( ¯﹀¯ )

そもそも望との出会いからしてお互いがちょこっと惹かれ合っているような出会い方をしているんですけど、望の抱えるものとかめぐみの抱えるものとかが似ている所があるのでお互いを想う気持ちの裏側にはちょっと影がある感じなんですよね。
なので二人の思いが通じ合った辺りからチラチラとその闇というか、重くなりそうな部分というかそうゆうの見え隠れしてきます。

常に綱渡りのような感じでどっちに転んでもおかしくないなぁ~と思うような危うい感じが繰り広げられていますた( *´艸`)

そしてこのTAKUYOさん独特な感じなんだけど、スイクラの時も思ったけどちょっと小難しいというか内容がね。
言い回しとかがちょっと難しい感じになっていたりする時があったんですけど、このふたりの場合はちょっとだけ複雑な感情があったりするので余計にそうなのかな?と思いました。

めぐみの生い立ちの話は渉の時にも出てきているんですけど、渉と出会った時にその場所に来た理由とかどうしてそこに居たのかというのはここでしか語られない心境だったと思うのでまた違う視点からめぐみの事が見れたという感じです。

対して望の方も渉の時に何をしてる人なのかとかその正体は分かっているんですけど、それに加えてこの人の生い立ちやどうしてこの街に来たのかとかを知れるんだけど…
なかなか複雑な気持ちになる内容だったなぁと思いますね。

そもそもこの人の若干歪んでそうだな~と思わせる物って彼の生い立ちが関係していると思うんですけど、その割には擦れていないというか…そうゆう描写がないのでわりと健全な歪みな感じがしました。
といっても月影自体が狭い世界での話なので、他の人と絡むとかそうゆうにがほとんどないんだけども…自分が想像していた歪みだともっと何てゆうのかなぁ…

スイクラで言うならば密原みたいな!!そんな感じの、もうちょっと密原より女遊びの激しいキャラになっていてもおかしくないような気もしたんですよね(笑)
まぁ今の現状そうゆうシーンがなかったってだけでどうなのかは分からないですけど、これは完全にりな子の想像でしたかないんでお気になさらずです(笑)

なので望というキャラ自体は健全な歪みを持ち合わせたキャラとでも言えばいいのかな?

愛情EDも依存EDも依存BADも見終わっているんですけど、個人的には依存ED“愛朽ちつ沈丁花の誘惑”が好きかなと思います!
これが一番ダークなというか重い愛な感じで主にめぐみの歪んでしまった愛を感じられる終わり方だったね。

愛情EDはクライマックス部分で知らされる事実に一人 めぐみがどうなっちゃうの~!? とか思って色々期待してみたけど、愛情EDと言っているのにおかしな終わり方をするはずもなく…(笑)←何を期待していたんだ…w
二人幸せになれる未来を描く終わり方でした。

当たり前だけどこれが一番綺麗に纏まっています!

そして依存BADの方はBADと言うだけあって切ない終わり方で、依存EDの方は私がこのタイトルを買ったのはこうゆうのが見たかったからよ~!!と思えるような内容ですた(`ω´)グフフ

そしてこの√をやってみて私が見た感想の方が言っていた“めぐみの鬱ゲーだ”の意味が分かったんですけどね…
基本的にめぐみが辛い出来事に耐えている時の、彼女の闇に堕ちそうででも耐える心情というのが多く描写されているし、その出来事が原因で堕ちそうになるんだけど、信じると決めたからと踏みとどまるというシーンが多々あるんですよ。

で、この√でEDの分岐を迎えるシーンでもめぐみの気持ちが先に変化するんですよね。
なので闇に堕ちたり依存するのはめぐみなんですよ。まぁ主人公だから当たり前なんだけど(笑)
とにかくいつでもどこでもめぐみが危ない橋を渡っております。

ちなみにここでの恋愛は渉の時よりも若干、若干だけど大人な描写というか…大人というほどでもないけどそうゆ恋愛になっていると思う。
でも言う程でもないんだけど…
ちょっとお互いを想う気持ちが渉の時よも深いものとなっていて、依存するという意味ではここはそれが強く感じられた√だったと思います。

だからこそ面白かった!!

そしてね…私お兄ちゃん好きかもしんない!!
いつもふざけているし寛大な懐をお持ちのように見えるんだけど…何かありそうなというか何だろうなぁうまく言えないけどすんごい気になるんですよねー。

喋り方が若干ストラバのたくみ風だけど(笑)

ちなみに次はそのお兄ちゃんの攻略ですので早くも順番が回ってきましたが(。-∀-)
ここからお兄ちゃん→理也→神楽坂さんとお楽しみメンツが続きますので、ここからラストスパートォ~!!と言いたいところですが…何しろ我が家にお客が来ているのでゲームする時間が取れるかどうか…(´;ω;`)

とりあえずは時間を見つけて進めていこうと思いますヽ(*´∀`)ノ

ではでは最後までお付き合い下さいましてありがとうございました~♪


望の髪の毛を下ろすスチルに一人
グフグフと喜んでいるりな子に応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します(*´ω`*)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちは~( 'ω')ノ♪

今年最後のお買い物と称した散財独り言を見に来てくださいましてありがとうございました~!!
そして沢山の拍手と応援(∪・ω・∪)ポチ、コメントもくださいまして本当にありがとうございますです┏○ペコ

最後のお買い物の前に買ってしまった華ヤカの幻燈ノスタルジィが本日無事に届きました♪
これで当分は…というか一月はほとんどが積みゲー崩しに時間を当てられそうですし( *´艸`)

さて今日は月影の鎖初回プレイの感想をお喋りに来ましたよ~(ノ´∀`)ノ

banner_ge800a.jpg

昨日依存EDと依存BADをプレイしてきたのですが、まず思っていたより今のとろこ鬱ゲーではないと思いました!
というのも、もともとプレイ前というか発売前に公式サイトやらネタバレなしの感想やら…後はプレイした方に教えて頂いていたりと今回は珍しく前情報を仕入れていたんですよ。

そしてそのネタバレ無しの感想では『これはめぐみの鬱ゲー』とかそうゆうワードを目にしていたんですよね。
そしてEDの分岐が愛情・依存・依存BADって感じだったのでどれほど落とされるんだろう(←なんか違うw)と思っていたんだけど、今回の猪口渉はそうでもなかったなぁと思いました。

主人公であるめぐみの住む島?村?は本土よりも離れた所にあって閉鎖されているという訳はないけど、昔ながらの村の掟とかが根付いているような狭い世界の所なんですよ。
そこに外から来た人物が村を良くしようと活動をしているのですが、それが原因で村の人たちの意見が割れたり村が貧困であることが分かったりと今まで続けていた生活がどんどん変わっていこうとするんですね。

渉√ではそんな中で渉と出会い渉の家の事情とかを知っていき、そこにめぐみが関わって巻き込まれていきます。
更にその渦中にプラスで村の出来事とかが合わさってくるので、ドロドロというわけではないけど人間って恐ろしいなぁと思う場面が幾多もあります。

かなりざっくりと雑な内容説明ですがお許し下さい(;´∀`)

ちなみにこのシナリオの内容的には乙女ゲーっぽくない内容だなぁと思いましたが、話の流れ的には意外と面白かったですね。
途中までは渉との事が原因で色々起こって進んでいくんですけど、後半はそこだけの問題ではなくなり色々な人が出てきてみんなで解決する感じで仲間としての良さ見たなものがあったりします。

恋愛自体も今のところ微糖だし主人公であるめぐみが初めて他人に対して『想う』という気持ちを持つ感じなので、淡~い気持ちが芽生えていくって感じですね。

ちょっと気になるのがBGMがブツっと切れて変わるところかな(笑)
あと早送りした時に私読んでいないところなのに飛ばされてしまうんですけど…未読でストップしないのかなぁ…(´;ω;`)
設定で既読のみってなっているのに止まらないでバババババーっと早送りされてしまうという((((;゚Д゚))))
これで依存EDと依存BADが最後まで早送りされたんですよ(笑)

見たらトップのタイトル画面になっていて『えっΣ(゚д゚|||)…お、終わっている…』となりました…。
しょうがないのでシーン回想から順番に見ていったという感じで依存とBADを観覧致しましたよ(つд⊂)

話が逸れましったが、そんな感じで今のところはそこまで落ちることもなく進んできています。
システムもそれ以外は特に気になるところもないですし、選択肢を選んだ時の好感度と依存度を表すアイコンもあるので進め易いです。

ただ、やっぱりまわりの住民たちはすんごいです(笑)
自分勝手で何もしないで文句ばっかり言ってしかも他人任せですし、村の掟だかなんだか知らないけど身内(昔から村に居る人)以外受け入れないという閉鎖的な感じで…。
もっと言いたいことはあるけどこれは渉√でのネタバレになりそうなので言えないんですけど、それでも本当にこいつら最悪やな…と思ってしまう出来事が何回も起こります。

主人公がどうのとか攻略対象がどうのとかではなく、完全に村の人達がイカれてるって感じですかね(笑)

ハッピーED的な方では良い終わり方だったのでまぁ良かった良かったですけど、私の期待していた依存EDと依存BADの方は悲しいというかモヤ~ンとする終わり方なんですけど、わりとサクっと終わってしまいましたね。
初回√なので渉はそこまでドヨヨンとするキャラでもないのかもしれませんが、それでも明るいハッピーハッピーな内容ではないです。

ではでは渉の感想をば…。

wataru_twicon

この人は本当に心優しいお方って感じで、軍人ということもあり生真面目で実直なお方です。

そもそも主人公は前の独り言でも言ったのですが、あんまり感情を表に出さない大人しい子なんですね。
育った環境とか生い立ちも関係しているんだと思うんですけど、かなり控えめな性格で猪口や榛名と友人の様な形の関係になった事を喜びに感じたりするような子です。

そんな彼女が無意識に他人を気遣うことを案じてくれるのが猪口なんですよ。
弟を可愛がるように主人公のことも気遣ってくれるのが始まりなんですけど、それが恋愛感情へと変わっていくんです。
これが本当に淡い!!スイクラと時は若干大人ぁ~な雰囲気がちょいちょいあったんだけど、そうゆうのは渉√では一切ないしお互いがちょこちょこ会っていくのを重ねる中でほんのちょこっとずつ気持ちが変化していくって感じで本当にあわぁ~い気持ちって感じです。

だからこそそこまで重くならなかったのかな?とも思ったりします。

勝手な私の見解ですけど渉はこのキャラ達の中でもわりと癖がなさそうな感じかなと思っているんですよね。
現に全く癖のない人でしたし。
なのでシナリオでもそこまでめぐみが病むこともなかったし、いやちょっとだけそうなりかけた時はあったけどそこまで深い部分まで行かず踏みとどまたんですよ。

もちろん渉の抱えているものもあるし、それにめぐみが巻き込まれて辛い思いとか悲しい出来事とか切なくなったりとかしているんだけど…多分序の口な気がするのは気のせいだろうか…。
なんかそんな気がしてならない(笑)

とりあえず渉ファンの方がいたらすみませんなんですけど、りな子的に萌えはありませんでした(笑)
この√でニヤニヤできたというのはほとんどないんだけど、渉の優しさというか人からここまで優しくされるというのはこの人でしか味わえないのでそこにかなり癒されたりはしたんですけどね。

めぐみに優しくしてくれるのが途中までは渉だけなんですよ!これもおかしな話なんですけど、だからこそ渉の優しさが身にしみるというか際立つというか。
とにかく紳士!彼は本当に見た目も中身も紳士お方でしたね。

めぐみの初めての恋というのもあるのでこの淡い気持ちに合っていた恋愛を繰り広げてくれる√だったと思います。

シナリオ面ではネタバレなしだとどこまで喋っていいのか…と悩むところですが、とりあえず村のやつらがあんな感じでなければこんなにめぐみも渉も嫌な思いをしなくて済んだんだけどな!と思いますが(笑)
それでも渉とノアくん(渉の弟)とめぐみで過ごす時間は温かい時間だったし、意外にもノアくんが厳しい生い立ちにいながらもすごくしっかりした素晴らしい子だったことに感動ですよ。

BADはその名に合った悲しい終わり方だったんですけど、依存EDが思ったよりもサラっとしていてちょっと残念(´・ω・`)
もっとドロリとしているのかと思ったんだけどそこまでだったし、最後の終わり方も文字でどうなったかが書かれているだけだったので。

とりあえずは渉は期待したほど重苦しい病み内容ではなかったといった所です。

しかしながらスチルとか立ち絵は結構綺麗でして、色使いとかがなかなかなんですよね~(*´ω`*)
でもやっぱりどこか暗めな雰囲気というのはあるんですが、あのOP曲もED曲も月影の雰囲気にすんごくぴったりですし!!
残念ながら戦ワルやレンドと同様にサントラでしか曲を聴くことができないみたいなので…ゲームを売り飛ばした資金でサントラでもゲットするかな…。

とりあえずは既に榛名くん√を始めているので、榛名くんではどんな内容が待ち受けているのか…!!と期待しております。
渉√で榛名について分かったこともありますし、この子の発する言葉がちょいちょい気になるのでもうちょっと思い内容を期待しているんですけど(笑)

せっかく今日は予定も入れていないのでここから一気に進めようと思います( *`ω´)
ではでは最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~♪

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



【拍手コメント】
・シロ様
・吟遊紳士様

→シロ様

(。・ω・)ノ゙ こんちは~!!
今年も一年お疲れ様でした~!!シロ様はもう仕事納めされたのでしょうか??

そうそう…ついついまほごしゅとクリエンを買ってしまったんですよ(笑)
気になっていたので本当つい(;´∀`)
シロ様は結構早い段階で購入されていたんですね♪
私も新作で手に入れたものを終わらせたらプレイしようっと(*´ω`*)

本当ロゼ倒産ニュースでかなり多くの方がロゼゲーを手にしたのではないっでしょうか。
私もその一人ですが(笑)
そもそもPCタイトルの時のロゼを私は全く知りませんので人の感想や情報をお聞きする程度なんですけどアラビアンロストはよくタイトル名を目にしますね。
PSP移植はされているんですね!!是非Vitaにもして欲しかったなぁ…(´;ω;`)

クリエンのドS師匠…た、楽しみすぎます(笑)
シロ様の喜んでいたカーティスという人にも注目しないとですね( *´艸`)
こう色々聞くと早くプレイしたくなってきます~!!

ヴァルプルガは今双子とほっこり中なのですね♪
あの双子ちゃん可愛いですよね(。-∀-)
続き楽しんでくださいね(ノ´∀`)ノ
コメントありがとうございました~♪
またお立ち寄りくださいませ┏○ペコ


→吟遊紳士様

初めまして┏○ペコ
ポチっとなして頂きましてありがとうございますヽ(*´∀`)ノ

また通りかかった際には是非遊びに来てください♪
そしてコメントもくださいましてありがとうございました┏○ペコ




最新の独り言