FC2ブログ


こんにちはヽ(・∀・)ノ

昨日は2回もこの場に来てしまいましたが、それでも覗きに来てくださって拍手と応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントを下さいましてありがとうございました!!┏○ペコ
とても嬉しい&励みになっております(´∀`*)

さて…
今日は即本題へといきます(`・ω・´)

ここ数日スイクラの世界へと旅立っておりましたが…
遂に、遂に…!!

昨日真相√をプレイしましたので感想を喋りに参りました…。
ちなみに何げに時間がかかりました(笑)フルボイス聞いて進めたんですけど、選択肢3つに増えていたりでなかなか大変な時もありつつ、途中迷走しながらなんとか真相EDと真相BADまでたどり着く事ができました。

ではでは…
まずはネタバレなしでいこうと思います。

sweetclown

ふぅ…(o´Д`)

まずスイクラという作品ですが、とてもとても面白かったです。

でもこの作品は好みが分かれるのかもしれませんね…。
というのもとにかく暗いし重めですので、(*ノェノ)キャー!!キュンキュンするー!!(*´д`*) というものではない。なので、そうゆうのを求めているのなら多分永遠に重暗い感じが辛いのかな??とも思います。

私は重いのも暗いのも大好物ですし、何よりシナリオが面白かったのでめちゃくちゃ面白かったですがヽ(*´∀`)ノ

最後の真相√をプレイ開始するまでの昨日までプレイしてきてどうしても解決できていなかった事、ちょっと残っていた小さな疑問など全てがここで解決されていました。
とりあえず文句なしで、めちゃくちゃ面白かったです!!
そしてここまでの√で伏線を張り巡らされいたものも綺麗に解決していたし、終わってからスッキリしたと同時にちょっと寂しくもあり…でも一番最後が一番“心の歪み”というものを感じられた√だったなと思いました。

TAKUYOさんすげー(゚д゚)

今回初のTAKUYOさん作品だったと思うんですけど作り込み方が半端じゃなかったなぁと思いました。別に私基本的にはどんな作品でも楽しめますし、なんだこれはヽ(`Д´)ノってなる事のほうが少ないですし…
評論家でも何でもないのでアレですが、うまく言えないんだけどここまで0から10までしっかりと作られているのが本気で感動する程面白かったんですよ。

こんなに作りこまれている内容はなかなかないのでは…?と思うほどに本当に世界観が最後の最後まで貫かれていて、終わり方がそれを物語っているというか…
コメントを下さった方に「ラストを迎えた時には心に小さな穴がぽっかり空いたような、そんな気分になります」とお聞きしていたのですがまさにその通りなんですよ。

そんな終わり方なの!?と思うわけでもなく、この終わり方がシナリオの流れでは自然だから不満はないんです。逆に良かったなとさえ思いますし。
ただ、なんか淋しいというかなんというか…まさに小さな穴がぽっかり空いた感じですね(笑)

それでも私的にはこの√が一番スイクラらしさが出ていて好きだなと思いますね。

これ√自体の話が激しくネタバレになりそうなのでどこまで喋っていいのかわかりませんので√に関してはここでは控えますが…(笑)
すんごくふわっとした感想になってしまうかもですが、サブキャラや攻略キャラ、スイクラに出ている全ての人がどうしてここに来たのか、選ばれたのかがやっと全部分かって全てが繋がったんですけど…。

ある人の歪み具合が結構なものだったので個人的にはめちゃくちゃ大好きですが、ここで「あぁスイクラに求めていた重さも暗さもここに全部あったのか」と思いました(笑)

古橋√でも残っていた謎とか気になっていた事がここでぜーんぶ分かるんですけど、もうね今まで皆の事を個別√をやってきて好きだなとか、なんとも思わないとか色々思ってきたけど、全員めっちゃ大好きになった。
なんだ皆…いい奴すぎるやろヽ(`Д´)ノ

そしてあの他人√でクソヤローぶりを発揮してた密原でさえも最後の√ではなんだかめちゃくちゃいい奴だったし…
クランとラズなんて可愛すぎて私は不意打ちに来た、クランとラズとのあるシーンでウルっとさえしてしまいましたよ(´Д⊂

もう何だろう…人の欲を育てるというのがどの√でも軸となっている所ではあるけど、これって誰でも持ってるものだしそれによって歪んだ感情を持つこともあるけど、どのキャラの時でもその歪んだ感情っていうのは、この状況があるから歪んでいるように思ったり、今までの生い立ちでのことが関係して“普通”とは違うから歪んでいるという方に思ったり、遠回りしながらも相手のことを想うから歪んでいるように感じたりする感じだったんですよ。

でもここの真相√での感情というのはそうゆうのとは全然違うし、まさに歪みというものというか…歪んだ愛情というのを感じました。
だからこそ好きなんだと思うんですけど(笑)

あんまり喋るとネタバレしそうなので控えますが、とにかくスイクラを手にしてよかったと思います。
いつもながら発売時に買わなかった自分が不思議でしょうがない、というか今年発売のタイトルの中で私はこの作品かなり大好きな作品となりました。

シナリオ・恋愛・キャラどれをとっても個人的にはパーフェクトだったと思いますし、とにかく最後まで作りこまれているシナリオに大絶賛です。
最後まで崩されることのない世界観で、それぞれのキャラとの繋がりとかもう本当ぜーんぶちゃんと出来上がっているというか…とにかくこの暗さ、重さが大丈夫な人には是非手に取って欲しいと思います。

恋愛面ではキャラに差がありますが、最初にも言ったとおりキャー!!甘いー!!というのは全体的にないと思います。だけど、ここ数日の感想でもお話しているのですが、この暗さと重さ故に何故か甘く感じるというのは多々ありました。
でもこれって多分…ゆのはな的な雰囲気とかキュンを求めている人はそうは感じないと思います(笑)

私的には十分な恋愛だったので私主観で感想を述べさせて貰うならば大満足。
この世界観に合っている恋愛だったと思うし、相手とくっついてED というのが軸ではないので、お互いの気持ちを自分達が気付くまでとかその気持ちを認めるまでとか、更には距離の近づき方とかの過程が良かったと思います。

シナリオは最初に言っ通り世界観が崩されることなく最後までまとまっていたし、個別の√を攻略した後の真相√までの全てが一つとして欠けてはいけない内容で無駄な物はないですし、この作りこまれたシナリオには文句なんてございません。

多分推奨されている攻略順で攻略していくと、最後の最後までの間で少しずつ謎に思っていることが解決されていくんですけど、「アレ?でもコレはどうしてだろう?」と思うんですよ。
でもこの疑問が先に進むごとにしっかり解決していくので目が離せない内容でした。

そしてキャラですが、今回は萌えとか云々ではないキャラもいましたが、それでもそのキャラも良いキャラだったなと思います。
サブキャラに至っても彼らはこのスイクラという世界には欠かせない存在ですので無駄なキャラはいません。
ちょっと前にプレイした某タイトルのように「この人は一体何だったのか…」というのももちろんない!!

この作品は私に合っていたんでしょうね(笑)
レンドも好きだったけどそれを越えるくらい私は大好きな作品になりました。

ではでは…!!
お約束の好きなキャラランキングに行きたいと思いますヽ(*´∀`)ノ

1 日之世
2 真井
3 密原
4 古橋
5 久瀬


( ´_>` )ハッハッハッ

なんという順番でしょうか…(笑)
歪んでいる順といっても過言ではないほどの並び方ですね。というか歪んでいる順ならダントツ真井くんが1位にきてもおかしくはないんだけど…

むしろ私真井くんと日之世くん結構迷ったんですけど、やっぱり日之世くんとのあの柘榴の遠回りすぎる恋愛がめちゃくちゃ好きだったので1番になってしまいました。
そして狂気に満ちた日之世くんを賞賛致します(笑)

真井くんは色々な意味で素晴らしかった。
日之世くんとは違った狂気に満ちている感じとか、でもその根本はとても純粋な感情だったりとか…。(´ε`;)ウーン…うまく言えないけどこの子好きです(笑)

そして密原は他√では随分ブレのないどうしようもない人だったけど、それでもやっぱり何故か好きだったんですよね。
この人は個別√と第三者の時との違いが良かったのかもしれません。
密原√でしか見ることのできない柘榴に対してさらけ出した姿が好きだったのでこの順番に。

そして古橋くんはとにかく大人。本当にこの中だと一番ずば抜けて紳士的な人だった(笑)
柘榴とのなかなか進まない普通だったらもどかしすぎる恋愛でも、このお人が相手だと不満に感じないのが不思議なくらいなんですけど…
歪みを求めた私には優しすぎたんでしょうね(笑)

久瀬くんも同様に真っ直ぐ過ぎたんだと思う。
でもこの人は謎の多い人ならではというか、この性格もちゃんと意味があるので批判は全くないんです。
常に柘榴を一番に考えていてどこの√でもその想いはブレずに向けられているし。ただ「スイクラという世界観で好きなキャラを決める」となると上位の方たちには勝てなかったという事です。

と、順位を自分的にはつけてみたけどどの人も良かったですね~(´∀`*)
そしてサブキャラも同様にどのキャラも良かったけど、ガートの「な~ご」がお気に入りでした(笑)

もう本当に面白かったです!!
とりあえず今回のスイクラで月影がめちゃくちゃ楽しみになっちゃいました。
早く23日にならないかなぁ~( ^ω^)ワクワク

では最後になりましたが、ネタバレ感想に行きたいと思います。
未プレイの方やネタバレが嫌よという方はこの先は進まぬようにお気を付け下さい┏○ペコ
























|д・)













































|д・)イキマスヨ

































manaitan01.png

真井くん…
ちょいちょいプレイしている時から「弟」がなかなか出てこないからもしや…と思っておりましたが、やはり彼が弟だった…そこまでは普通に「そうかそうか…」とプレイしていたんです。

でもさすがスイクラ様です。
ただ真井くんが弟で記憶がないというだけでは終わらなかった!!
あまりにも複雑な感じになりだした時は、もうとにかく夢中すぎて何回ログを確認しながら進めたことか(笑)

そして“真井さん”としての人格の時から柘榴の事を女性として好きになっていて、その中にも葛藤したり歪んだ気持ちがあるのか…と思っていたら、な・なんと!!まさかの知也登場…。
この辺から私の頭はこんがらがってきて「え…?ちょ待て…」ってなってましたね(笑)
しかもその後には知也がスイクラになっているし私の中は彼らによってかなり掻き乱された状態に…(;´∀`)

思いもよらない展開がポンポンと出てきて進んでいくのでそれがすっごく面白かったし、今までの√の最後の締めとして相応しい流れとなっていた…。

真井さんが「彼の彼女を想う気持ちは歪んでいる」と口に出してはいたけど、それがなかなか分からなくて双子なのに想っている事なのかな??って思っていたんだけど…実際それを目にしたらその歪みように驚きましたがキタ――(゚∀゚)――!!っって感じでした。
この登場人物の中ではなかなかのレベルでむしろ一番でした。

ここでやっとどうしてスイクラが柘榴にこだわったのかが分かって本気でスッキリしました。
しかももともと二人で一度城に行ったことがあったというのもまた驚きでしたが、夜の白樫の森に行ったのは柘榴とあのお城に行きたかったからだったんですね。

知也がどれほど柘榴の事を想っていたかというのは本当に計り知れないけど、最後の最後に柘榴に対してかくれんぼしようと言っている時の彼を見たらその想いが大きなものである事は一目瞭然でした。
狂気に満ちていたし柘榴以外いらないというのも想いの大きさが分かる一つだったけど、それとそ同時に何故かその姿がちょっとかわいそうになってしまったんだよな~。

そして隠れんぼのシーンの時に皆が柘榴を守ろうとしてくれている姿…今までの√では皆バラバラでまとまりなんて全くなかったのに、ここで始めてそうなっているのを見たときに 何てええ奴らなんやー(つд⊂)ですよ。
あの、あの密原でさえも「皆が守ったのに俺だけ守らないとか…」と言って最後まで一緒に逃げてくれたり。
でもやっぱり皆がお菓子にされてしまう瞬間は悲しかった…。
でもさすが知也…お菓子にしただけでは終わらずそれを思わず「美味しそう」と思ってしまった柘榴に詰め寄り無理やり食べさせるという((((;゚Д゚))))

内容からしたら恐ろしいんだけど、私ここのスチルが好きなんです(笑)
真井さんの時には見られなかったあの狂気的な表情が好きでして、知也になってからの立ち絵とかもわりと好きなんですよね(。-∀-)
そもそも今までとは違う冷たい声音がとても良かったです(笑)

話は逸れますが、真井さんの時のお気に入りシーンがあるんですけど…
真井さんが柘榴の事を考えて(´ε`;)ウーン…ってなてる時に、密原に「浮かない顔っすね!彼女のことでも考えていたんすか?」と聞かれ真井さんが「そんなぁ~四六時中彼女のことを考えているわけじゃないよ」と。
そこで久瀬くん「ならどうした?」と聞いたら真井が「彼女のこと考えてた」とな。

そりゃ古橋くんも吹き出すわ(笑)

真井さんとしての彼は本当に優しくて面倒見の良い人だけど、知也の気持ちを知って苦悩しながらも同じような想いを抱いているこの人が本当にどっちに転ぶのか釘付けでした。
結局は知也の方が主に出てきてしまったけど、ここまできて柘榴が真井に消えて欲しくないという想いが出てきたのも良かったなぁ(´;ω;`)

最後の最後まで知也が抱く柘榴への想いにも切ない気持ちだったけど、それと同様に柘榴が知也も大切だけど真井さんの事も想っていて…最後に真井さんが幸せになれる世界をと願った柘榴に何とも言えない気持ちになった。
でもあんなに感情の欠けていた彼女が知也が生きていたその喜びだけど受け止めずに、真井さんとしての生を受け入れて彼の事を大切だと思えるようになった事になんだか温か気持ちになりましたね~。

EDでは皆がその世界に存在する人として出てきていたけど、真井さんと柘榴は会えているのに知らない人としてすれ違うとか(ノω;)
なにこの気持ちー!!
です。

そんでそんで柘榴は探し物をしているという終わりだったけど、その傍にはかつてずっと一緒にいるよと言ってくれたクランとラズが傍にいたよー!!(T ^ T)
そして自分にあったはずの“大切なもの”を探しているという…
クランとラズを柘榴と知己と呼んでいるのもまた…この私の中にいろいろな気持ちを残して終わりを迎えましたよ…。

決してハッピーEDとは言えない終わり方だけど、これで良かったんだなと妙に納得してしまうそんな終わり方でした。

あ、そうそう。
私が思わずウルっとしてしまったシーンは、落ち込む柘榴に対してラズがクランを投げつけてそのままよじ登り柘榴の頭を撫でるシーンです。
この子達の優しさがなぜが凄く私には効いた…

わらったらしあわせになれるよ って゚(゚´Д`゚)゚
なんだよこの子達はー!!と暗闇で一人Vitaを握り締めてウルっとしたオバハン(笑)
でもこの時に言ったように二人は柘榴とずっと一緒にいたってことだよね。

変わって真相BADの方ですが…
知也の歪みきったあの最後の言葉…!!いやまじでBADらしい終わり方ですんごく怖かったけど良かった(笑)

柘榴の心にどんな形でも自分の事が残るように、柘榴だけを城から逃がしたという事か。さいごに壊れてしまった柘榴は自分だけを必要としてくれているから、あれはあれで“知也”的には良かったのかもね…。
真相EDはどちらも何とも言えない気持ちになりつつも、それでも“あぁ面白かったな”と思わされるEDでした。

もう今の私はスイクラが終わり、知也の最後にとった行動でいっぱいいっぱいになていてうまく伝えられないけど、とにかくすんごい世界観だったし本当に面白かったというのが一番です。
マジでめちゃくちゃ面白かったです!!

こりゃ売りに出すか悩みますよね~…
中古が出ていないのも頷けますね(゚д゚)(。_。)_。)

私もこれは売るか悩むところではありますし…。今まで重暗い作品はいくつかプレイしたけどスイクラは最高に面白い作品だったし、この暗い・重い中にあるちょっとしたギャグっぽさとか、ほっこりするような温かさというのも生きる絶妙な内容がとても良かったなぁと思いました!!

何言ってるのかよく分からなくなってしまったと思いますが…最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!!



まだまだこの世界観から抜け出せないけど
この流れで今日届いたアレをプレイしたいと思います(。-∀-)
応援して頂けたら喜びますヽ(*´∀`)ノ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


【拍手コメント】

シロ様

こんばんわ(´∀`*)

クリアするの早くないと思います、というか( `皿´)キーッ!!←こうなってから攻略サイト様を使わせて頂くこともございますし…
とにかく先に進みたくてQロード&Qセーブを駆使しまくっています(;´∀`)

シロさんと17本も同じタイトルをプレイしていたんですね!!♪
そして一周目で止まっている黒蝶(笑)

多分私が一本ずつプレイするのは次に行きたい気持ちが少なからずあるからです(笑)
今回のスイクラのようにシナリオが面白すぎて夢中でプレイしているものは別ですが、ただの萌えのみとかですとやっぱり早くアレやりたいなぁ~という気持ちが出てきたりしますしね。
でも何だかんだとそのプレイしているタイトルの楽しめるところを見つけて楽しんでいるからなのかな??

剣君や東京陰陽師なんかも止まり中なんですね!(´∀`)
そんなシロさんがフルコンしているスイクラ…やはりすごいな…。
本当このタイトルはすごく面白かったです。
プレイして良かった…今年一番面白かったといっても良いほど面白かった…。

REXX意外と人気が出たんでしょうか…?
お安いから皆やってみっかー!!と購入に至ったんですかね。
通常盤で良いのに~と探すと意外と見つからないときありますよね(;´∀`)
お近くで見つかるといいなぁ♪
是非ともアキを楽しんでみて頂きたい!!

コメントありがとうございました~ヽ(*´∀`)ノ

こんにちは~ヽ(*´∀`)ノ

昨日の独り言を覗きに来てくださって拍手や応援(∪・ω・∪)ポチをくださいましてありがとうございました~ヽ(*´∀`)ノ
今日はそれを励みに古橋くんの感想を喋りに来ました!!

最後の√を残して遂に終わりに差し掛かろうとしております。
えっと…古橋くんはある意味真相というか核心に迫るというか、このタイトルのネタバレというか…そうゆうのが詰まった√だったのでネタバレしない感想はめっちゃ遠まわしな表現になると思います。

まだちょっとモヤっとしている気持ちが残っているので、最後の周回をしてから本格的に叫ぼうと思いますので今回のは序章だと思って頂ければです(笑)
未プレイの方は特に何が言いたいのか、何を言っているのかとなると思いますが先にそれを伝えておこうと思います┏○ペコ

kobashi

まず古橋くん√はスイートクラウンの役者達やスイクラという世界の事とかぜーんぶが綺麗に分かる√でした。気になることをひとつだけ残してね…。
まぁこれは次があるからいいんだけど、古橋くんを最初に攻略しちゃった人がいたらこれはかなり残酷ですよ(笑)

とまぁそんなことは置いておいて…。

とりあえず古橋√は恋愛がどうのというよりも、スイートクラウン城にいる人達の事とか、その城の事などなどスイクラに関わる物の真相が分かる√だったので、シナリオがとにかく目が離せなかった!!
そこに柘榴の欲を高める話しが絡んでいるんだけど、今までプレイしてきた攻略キャラとは何もかもが違っている√だったので、キャッキャウフフというよりも“どうやってこの状況を終わらせるか”という所に軸があったシナリオだったと思います。

ちなみに深愛ED・歪愛ED・深愛BAD・歪愛BAD全て見た状態で今のブログを書きに来ているんですけど…もはや愛や恋だけの話ではないので歪愛とか「愛しすぎてドロドロだ~」とかではない!!
なんだろうもっと種類の違うものなんですよね古橋√って。

二人だけの話しではないし、例えば日之世とか密原とか久瀬なんかは、柘榴の欲を高めるためだけに行動して二人の距離が近づいて恋とか愛とかに変わっていったけど、古橋の場合は柘榴の欲の為だけの行動ではないというか…。
スイクラのお茶会の始まりとかも関わっているから二人の距離が近づいて恋をすればOK!っていう訳でもなかったですし、二人で解決に向けて進む中で、柘榴が古橋に惹かれていくって感じかな…。

古橋√は古橋に対してとかサブキャラ達に対しての真実が暴かれているんだけど、ただ一つの謎を残して(笑)
この√中にめちゃくちゃ気になる言葉を言ってきた人がいるんですよ。ただこれはスイクラの力によって言わされている言葉だと言う事になっているんですけど、めちゃくちゃ気になった…。

そして終わり方もめっちゃ気になる言葉を残して終わりますし…(笑)
作り方が上手ですよねスイクラ様。

そして恋愛面ですがそういった描写は皆無ではないし、ちゃんと描かれています。
私は日之世LOVEだけど古橋との恋愛も嫌いじゃない…ヽ(*´∀`)ノ
もとから冷たい態度ではあったけどこの人は所々優しい感じがすっごく出ているので、以外に世話焼きだったりしますし最初から大人な優しさだな~って感じで距離もわりと近づきやすいキャラだったと思います。

でもここでは古橋が秘密にしている事も関わっているんだと思うんだけど、柘榴の事を好きだとか大切にしたいと思っても、その反面である事を求めてしまうのが古橋にとっての柘榴への想いを邪魔してるんですかね。

そうゆうのだけではないと思うけど二人の距離の近づき方がめちゃくちゃちょびちょびだし、「恋愛」というものになるまでには相当な時間がかかりますね。
だけどこの人たちならそれが自然なんだと思うから特にそこに対しての不満はないですし、むしろ最後に純愛?みたいな感じで終わってほっこりしました(笑)

ただ、前回の日之世に比べると恋愛が表に出てくる√じゃなかったなと思うので、もっとこう何ていうのかな…儚い淡い想いのような感じに描かれていたように思います。

そして何だろうなぁ~別に特別甘~い出来事があったわけじゃないんだけど、この人の見た目なのかキャラなのか声なのか…時々すんごく甘く感じる時があるんですよね。
ちょっと重めっぽい絡み展開なのに甘さを感じてしまう不思議なキャラでした。
これめっちゃ不思議なんだけどスイクラという雰囲気というのもあるのかなぁ。

とにかく暗甘いというか…うまく表現できないけど(笑)

そしてここでもお互い抱えているものがあるんだけど、古橋の場合今までのキャラ達とは訳が違うのでもっと抱えているものが壮大というか何というか…。
しかも抱えているものも多いしなぁ…。

日之世の√でちょっと古橋について「ン!?」って思う発言があったからなんとなく予想は出来ていたけど、ここまで確信に迫る内容だとは思っていなかったんですよね(笑)
なので結構驚きつつも、いつものごとくVitaを握り締めて夢中でプレイしました。

とにかく恋愛云々の前にシナリオがめちゃくちゃ面白かった。

言いたいけど言えない事ばかりなのでうまく感想を伝えられないけど…(´д⊂)
前回にもちょこっと話したんですけど、スイクラって設定も舞台も決して明るい内容ではないんだけどちょいちょい織り込まれているギャグっぽいのが面白いんですよ。

古橋√では主にクランとラズの登場が多くて、クランがもう本当に可愛すぎた。
今までも可愛かったけどそこまでだったんですよね(^^;;
でもクランとラズもこの世界にいる意味とかもちゃんとあって、必要な登場人物(?)だしすごく優しい子たちなんだなぁって思いましたね。

ここに出てきている人は、一人一人が必要な存在だし無駄なキャラが1人もいなかった!

ちなみに古橋√はどのEDも良かったけど、やっぱりメインの深愛EDが良かったかな。歪愛も嫌いではないけど、ここまで随分2人とも自分の過去とかスイクラ城の中で頑張ってきたので最後に幸せになってほしいと思った。

この2人の恋愛はシナリオ中に描かれていないわけではないけど、他キャラに比べたら恋愛がシナリオの中で順調に進んでいく感じとは違くて、最後のEDでやっと微笑ましいシーンになった感じなので…
これでもすんごく遠回りな感じですし、お互い相当奥手なんだなって感じです(笑)
今までがダークな流ればっかりだったので、最後に来てなんかキュンとするような流れになって最後に来てようやく幸せを感じられたなって思いました。

それに対してのBADがBADらしかったのも一つですね。
柘榴の歪み方が物悲しい感じで良かったなぁとも思うし、今まで恋愛らしい恋愛をしてこなかった彼女が選ぶ古橋の守り方というのも切ない感じがした。
何かモヤーっとしながらもそれを選んでしまうんだね…と微妙な気持ちになりつつそれでも満足してしまう不思議な気持ちになったBADでした。

色々考えすぎて書きながらモヤモヤするのでそろそろネタバレいきたいと思います(笑)
未プレイの方やネタバレが嫌よという方は先には進まないようにお気をつけください(´ω`人)
ちなみにネタバレ感想といっても、今回はガッツリではないです!!というのもまだモヤっとしているフワッとしている感じなので最後に全てを吐き出したほうが良さそうなので…

それでもお付き合い頂ける方はどうぞです(∩´。•ω•)⊃ト

















|д・)




















































|д・)クランと○ズだよ~























































|д・)イキマス


































まさかまさかの連続だった古橋√でした。

そもそもスイクラ様はかつての古橋の双子の弟だったんですね…。

そして2人は王家?に生まれてしまったばかりに大人の政に巻き込まれて、そこから生まれる歪んだ感情をお互いに持っていて…でもこれは誰もが抱くような感情だけど、ここに関与しているケイファとかも色々抱えていたんだなと思わされたシナリオだったなぁ。

しかも古橋もだけどそれよりもロッサがかわいそうだなって思ってしまった。
兄のことが好きだったけど反面妬ましくて、実はすごく努力していて…でもそれをしたことで引っ込みがつかなくなって兄と離されて距離ができて…

で古橋くんは悪魔の言葉は聞いたけどそれを軽々と超えてしまう技量を持っていて更にロッサは妬ましく思う。
この大好きと嫉妬の紙一重感もどかしいー!!

そしてここではもはや柘榴と古橋の恋がどうのという次元じゃなく、スイクラになってしまったロッサと古橋の兄弟の今まで抱えてきたわだかまりの方がメインになっていたし、そもそも古橋そんな永い間生きて生きたんかい!!と若干衝撃でした(笑)
だからなのか…その落ち着きと大人な感じは、と納得でしたね。

もうね、ロッサも古橋も大人の派閥のおかげで心が病んでいったとは言えお互いに不器用だったのかな。
それでも最後にやっとお互いに思っていた事を少しでも話せたんだとしてもやっぱりちょっと寂しさの残る展開だったなぁ~。それがまた良かったんだと思いますけど。

この兄弟にとっては深愛EDはどちらにも良い終わり方っだったので一番綺麗にまとまっていたと思うし、今まで柘榴も古橋もお互いへの恋愛感情を言葉にしたり態度にしたりというのがほとんどなく、傍から見たら「思わせぶり」と思えるような事だらけだったのが、最後の最後にまるで昔ながらの少女漫画のような奥手展開で謎にキュンとしちゃいましたよ(笑)

でもロッサは何で柘榴だったんだろう…?
結局好きだったのかあの「愛している」というのはどうゆう意味なのか…と一人考えてしまいましたw

最終的には柘榴と一つになったから彼にとっては良かったんだとは思うけど、彼も柘榴まで兄さんに取られてしまうのは嫌だと今までとは違う焦りとか怒りの感情を顕にした時には初めて あぁこの人って人間だったんだって思えた気がします。
いつもこの人が悪魔として主導権を握っていたしこっちがヒントを貰う側でしたしね。

古橋に「ただ会いあたかっただけかもしれない」と聞いたときは何かすごく寂しい気持ちになりました。こうなって初めてお互いにやっとやっと伝えられた言葉に全てが詰まっている感じというか…。
私まだモヤモヤしてるから上手に言えないけど(;´д`)

だって弟のことめっちゃほのめかすだけほのめかして終わってるんですよ!!
ロッサ一体嫌われるようなことって何したんやー( `皿´)キーッ!!

まぁ真井くんこれからプレイするからいいんだけどさ…。

ちなみにこのスイクラの城になる前の古橋くんとロッサの家はなかなかのドロつきでしたね。そんな環境で過ごしてきて歪まない方が逆にすごいと思ってしまうほど。
ケイファの言動や行動に対しても何か納得だったけどこの人のこの軽薄そうなイメージはここから来ていたのか!!と妙に納得してしまいました。

あ、あと私がここで大好きだと確信したのはクランとラズですよ!!
かつて古橋に飼われていたうさぎで古橋の手によって殺されたけど、可愛がって貰ったし大好きだから恨んでないって(つд⊂)
どんだけいい奴なんやー゚(゚´Д`゚)゚

まじで感動だぜ…。

でも深愛EDではケイファも文句を言いながら楽しそうにしていたり、ネージュやガーちゃんも白樫の森に常駐するお城に住んでいて クランとラズも元気だったし あぁ何か良かったなって思った(笑)
久瀬くんは菓子人形だから記憶ないし白に住んでるって事だったけど。

ちなみに古橋と柘榴があまりにもくっつかないからって気にする皆が微笑ましかったですね(笑)
日之世でさえも介入してきていたのが面白かった。

今頑張って集中して感想を書こうと思っているのですが、気になって気になってモヤモヤしすぎて集中できていないので…(;´д`)
ということで見た目からして気になる存在である真井さんを攻略してから叫んだほうが良さそうな気がしますのでこの辺にしておきます(´∀`*)ノシ

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~!!
εεεε*。:・''((⊂(っ´・∀・)っ イッテキマース!!



スッキリしたはずなのにモヤモヤしながら
それでも面白いスイクラにどハマリしているりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちはですー( ̄^ ̄)ゞ

昨日もりな子の独り言へと足を運んで頂きまして、拍手や応援を頂きありがとうございました!
いつもとても励みになっております♪そしてそれを励みに今日も叫びに来ちゃいました(。-∀-)

昨日の独り言後、無事に(?)東京陰陽師をゲットし、三国恋戦記は引き続き探し中です(-∀-)
今日もコソコソ探そうと思います!!
時間の問題だと思いますが私の積み中コレクションへと仲間入りするのは決定ですね。

さて、昨日は帰ってからすぐさま始めた日之世くん√ですが今日はがっつり日之世くんの感想です。
まずはネタバレなしでいこうと思いますが、興奮のあまり漏れたらすみません(笑)
ネタバレ無しを努めますがまだ私はプレイしていないのよ!!という方はここで閉じていただくか、|д・)←こんな感じでお願いいたします┏○ペコ

hinose

今の所恋愛としてもシナリオも日之世が一番大好きです!!
この人は本当に本当に最初の対応が私たち恋愛できるんですか?という感じ方のスタートでした。

本人にははっきり『迷惑です』とか言われるし普通にしてても恋愛感情を抱くタイミングが皆無とは言わないけど、一番遠い存在なんじゃないかと思う。

主人公を含むお茶会参加者が城から出る為には主人公はスイートクラウンになる事が一番という結論になり、そのためには自分の欲を高めないといけないという事に行き着いて、でもそこには誰かの協力が必要不可欠なので主人公はその相手に日之世を選びます。
ここまではわりと共通なんだけど相手が日之世だというだけで、ここまで来るのにも大変だったように思います(笑)

しかし欲を高めるということ自体がすごく困難な主人公は、より効率的に欲を高めるには“恋をする事”だという考えに至り日之世に恋をしようと決めるんですね。

ここからですよこの二人の物語は!!
『この人に恋をする』と決めてから距離を縮めていく二人ってすごく新鮮でした。

しかも日之世との関係は言うならばドマイナスからのスタートですし、柘榴は全くなんの欲もないんですよ。(←これが大いに問題なんですが)その全てに対して欲のない彼女だったからこそ日之世は気になりだすんだけど、途中までは本当にこのひねくれ者同士のやり取りがもどかしいというかなんと言うか…。

柘榴が特に自分を卑下しているというか、過去にあったある出来事によって完全に心を閉ざしているし思っている事も考えてはいるけど口に出して言わない子なので、一癖も二癖もある日之世くんとは暗闇の迷路の中を進んでいくような感じで、迷いながらお互い手探りの様にちょびっとずつちょびっとずつ距離を縮めていくのがすごく良かったんですよね~。

その二人の恋愛の進み方が昨日プレイを再開するまではいつ始まるのか、どうなっていくのかと謎だったんですけど…
今までプレイした他の2人のキャラよりもお互いを想う深い深い愛情を感じられる恋愛でした。

柘榴は恋もした事がないだろうから気持ちに気付きにくいのも分かるし、この人に恋をしようと日之世くんに近づこうとしているのも理由はどうであれ、自分なりに近づこうとしている様子が何か微笑ましさがあるんですよね。
反対に日之世くんの方は本当にどんな思惑があるのかよく分からないんですよ、協力的だったと思ったら突き放してきたり何がしたいんだろうって思うんですけど、その行動とか言動には全部意味がある事が最後の最後で分かると日之世のヤローがより大好きになりました(笑)

もう何だろう、うまく言えないけどこの√は深い!!
そしてさすがスイクラ様の独特の恋愛模様で、サクサク恋愛が始まってくっついてキャッキャウフフと簡単にはいきません。

まずは恋をするという気持ちを育てる為に2人の距離を縮めていく、ここにはお互いの過去の事とか今までの人付き合いの事とかもあるのでまず迷路すぎる進み具合。
やっと少し近づいたと思ったら、柘榴の考え方が日之世的には認められず柘榴も日之世の考えがわからず二人共迷走しまた距離ができる。

なんやかんやとしながらもその中で日之世くん謎の苛々とした感情が沸き上がるようになる。
この時から柘榴の方にも少しずつ変化が。

柘榴に決定的な感情が存在している事に気付くが、ある願いを叶えてしまった為に日之世との近づいた距離や日之世の気持ちを今は信じる事はできないとなる。

そして日之世を信じる為にある行動に出る。

このまま喋りすぎてしまったらアレかと思い最後は濁しましたが、このめちゃくちゃ遠回り遠回りしながら『好き』という気持ちを育てていくのとか、もう深い愛すぎて日之世との恋愛は最高に楽しかったんですよ。
でもこう思えるのはEDを迎えているからですかね。

中盤とかまでは何かこう一歩踏み込めない感じだったし、後半に近づくにつれて日之世の過去とかスイクラとの関係とか色々分かってきて、柘榴の事をどんな風に見ていたかとかその上での言動や行動だった事がわかってくると一気に日之世に対して気持ちがぶわわぁーっと出てきますがそれまでは謎すぎると思います。

だけどそこを頑張って乗り越えて最後に二人がどんな道を選ぶのか見て欲しいです。

シナリオ面でも恋愛面でも言うことなし。
なかなか近付かない距離感の中に『あれ?それって好きなんじゃ…』って思う行動とか感情が垣間見えるのもニヤニヤ出来ちゃうし、気持ちの認め方とかその後の一筋縄でいかない感じも楽しすぎます。

しかもお互いの気持ちを認めた後の素直さと言ったら本当に生まれ変わりレベルです。
お互いがお互いを想う事で最初の時とは全く違う人のようになるというのもこの√のお楽しみの一つなんじゃないかなと思います!!
ちなみに日之世くんとの想いを告げ合う時というのももちろん普通じゃないですので…(。-∀-)

そして日之世とピーとの繋がり!!
ここがこの√のある意味ミソだと思うんですが、この事実によって嬉しい気持ちも悲しい気持ちもある事件が起きた真相とかもぜーんぶ分かるのでここはもうVitaが潰れるんじゃないか位い握り締めることになると思います。

最初は日之世の過去に何があったかが分かってそこから気になる事がちょこちょこ起こり出して、もう後は怒涛の展開を迎えたシナリオでしたけど、実際私深愛EDのはずなのに衝撃の終わり方を迎えさせられるのかと『え~…嘘…!!嘘だ…まさか…?』と今までにないくらい悲しい気持ち、モヤモヤモヤ~っとした気持ちでEDをプレイしていました。

まぁそれほどまでに入り込めたという事なんですけど、さすがはスイートクラウンの世界です。

どうなって終わったかは是非ともプレイして頂くとしまして(笑)
とにかく日之世くん√は最後の最後まで気の抜けない展開でめちゃくちゃ面白かったです。

そして歪愛EDは私が想像していたより歪んでいなかったというか、歪んでいたんでしょうけどある意味幸せなEDだったなと思います。
日之世くんと柘榴は通常時がひねくれているというか、ちょっと歪み気味(?)なのでこっちの終わり方だと普通な感じに見えたというか…(笑)個人的には歪愛EDの方は物足りなかったですね。
なので日之世のEDは深愛EDの方が好きです。

そんでそんで…
ここの√ではクランとラズがすんごくいい奴で、主にラズの方なんですけど今まではスイクラの下僕でただただ監視をしている奴なのかと思っていたんですけどめちゃくちゃいい奴だった。
柘榴の事をとても大切にしているので何かあるのかな~??って思っていたんだけど今の所まだ何もない(笑)

とにかくここでは日之世だけじゃなくて他のキャラもちょいちょい絡んでくるのでまた他とは違った感じで楽しめますね(*´∀`*)
何か最後の方は感動もしますしめっちゃ良い√だったッス。

ちなみにいつものように私暗闇でプレイしていたんだけどいきなしロバくんが( º言º)ドーンって出てきたときはさすがに怖かったです…。
目が真っ黒でブラックホールみたいになってたし…スイクラやってて初めてΣ(・ω・;|||←こうなりました。

もっとプレイ中は色々喋りたい事がったんだけどよく分からなくなっちゃいました(笑)
とにかくすっごく面白かったことは確かです。

そして日之世くんのイヒヒって笑うのがめちゃくちゃ大好きなんですけど、もうイヒヒは必ずリピするくらい好きです(笑)
hinose_001
↑この顔で『イヒヒヒ』って笑うのがりな子的には最高すぎました…。

お次は古橋さんなんですけど公式のHPにも柘榴と二人でメインでドドーンと載っていますし、この人がメインヒーロー的な感じなのかな…??
この人もどんな人なのかよくわからないので楽しみです( ^ω^)ワクワク

ってゆうかこのタイトルってどの√をやっても皆がどんな人なのかというのが、その人の事を攻略しないと分からないというのがまた面白いんですよね。
だいたい他の人の√でちょこっと関わりながらも得られる情報ってあると思うんですけど、ここの人たちは柘榴タイプの上辺が上手な人か、クセの強い人かどっちかなので他√で喋っていても久瀬くん以外はよー分からん人が多い(笑)

なので古橋くんが楽しみです!!
一見紳士風(?)の彼がどのように歪み、柘榴との癖のある恋愛を披露してくれるのか…そしてどんな謎が隠されているのか(;゚∀゚)=3ハァハァ
早く帰りたいー!!

では最後はちょいとネタバレを叫んで終わりにします♪
といってもここでだいぶ喋ったのでサクッといこうと思います(*´∀`*)

ネタバレ嫌よという方はここでとじちゃってくださいね(´∀`*)ノシ

|д・)



























|∀・)イヒヒヒ…








































|∀・)イクゼヨ

もう恋愛面やシナリオ面についてはたくさん喋らせてもらったのでロバの事だけ叫ばせてもらいます(笑)

途中くらいからネージュのご様子がおかしくなってから、まさか、まさか…と思ったけど結構複雑だったなぁ。
ただネージュ自体が妹だったって流れかと思ったらネージュという菓子人形に八尋の魂が入り込んだって感じだったんですね…。

でもでもただ単に事故で八尋が死んだわけじゃなく、八尋こそが歪んだ愛情を持っていてそれ故に事故に遭い命を落としてしまったという…
でもでもそうなってしまったからこそ自分の愛し方が間違っていたことに気付たんだとは思うけど、これもまた悲しいですよね。

ここにナイスタイミングで登場してしまうスイクラ様もスイクラ様だけどさすが悪魔ですわ(笑)
さらには八尋が事故に遭ったことで悲しいと思う気持ちと同時にと、もう埋められる事がなくなったという安心した想いがあったというのもめちゃくちゃ複雑な気持ち。

ここの兄妹もお互いに抱える想いとか伝えきれていない想いとか色々あったんだなと…。

でもここに柘榴が入ったことで普通の兄妹のようにとても仲良さそうにやり取りする八尋と日之世くんはとっても可愛いかったし、なによりも柘榴を取り合っているのは本当に微笑ましかった!!
見た目がネージュのロバというのがどうにも気になたったけど、柘榴お姉さんと慕ってくる姿は本当に可愛らしかったし最後に柘榴と日之世の二人が生きていくために自分が消えてしまうとなっても、二人を応援してそれを受け入れるのとか『どんだけええ子なんや~(´;ω;`)』ってなった(笑)

とりあえずこの良い状態になるまでのネージュは本当にホラーだったけど…((((;゚Д゚))))

そしてなによりも私が一番やきもきしたのは、日之世も柘榴の傍にいたいと自分の気持ちとして持っているのに自喰の願いで『目が覚めた時に傍にいて欲しい』でしたっけ…?あの願いのせいで日之世が本当に自分の事を想ってくれているのか、それが日之世の本当の気持ちなのか信じることができないから、さらに自喰の願いでその気持ちをなかった事ににするとした時はさすがスイクラだな…と思いました。

ひねりが半端じゃない!!

密原の時も久瀬の時もそうだったけど、サクッとくっつかない感じとかもここでの恋愛の面白さを引き立てているんですよね~!!
ここでの恋愛ってすぐにくっつかないし気持ちもすぐに育たないし、自分の気持ちを実感・認識してもまた一悶着あるのでくっついた時に想いの深さを感じるんですよね。

あぁ本当にお互いが必要とし合っているんだなって思えるというか。
ただ好き好き~キュンキュンだけの恋愛じゃないってゆうか。

とりあえず面白いんです!!

スイクラがなかなか中古に出会えないのはこの面白さからなのか…それともプレイしている人が少ないのか?
もう古橋√ではどんな衝撃を突きつけられるのか楽しみですし、彼とはどんな形の恋愛なのかと楽しみです(*´∀`*)

あ、でも日之世くんとの深愛EDは完全に騙されましたね。
日之世のいない柘榴の精神世界で一人で過ごしていくことになるのかと本気で思ったし、その時ちょうど柘榴が一人で過ごしていかなきゃいけないという心情を語っているシーンだったんだけど、文字が全く入ってこなかった(笑)

衝撃の終わり方だー!!!!!って思いすぎて(笑)

でも日之世くんが出てきた時には本気で助かった…良かったと思った(つд⊂)
この微妙すぎる気持ちのまま終わらせられるなんてなんと酷いドSゲームだと思っていましたからね(笑)
ここでそんな終わり方されたらもう古橋プレイ前に長い休憩を挟むところでしたよ(;´∀`)ハハ

ちなみに歪愛EDの人魚の終わり方は、どんな姿でも受け入れて同じ運命を辿る日之世くんの深い愛を知れたEDだった。だけど期待していた歪み方とは違ったので、ある意味綺麗に終わったEDだったな~って思いました。

自喰って怖いものだと思うんだけど、こっちの終わり方だとおとぎ話風に終わるからそこまで落ちるって感じの内容でもなかったですし。

なので個人的には今回は深愛ED推しです(`・∀・´)
でもまだ深愛BADと歪愛BADが残っているので好物があるかもしれません( ´▽`)
これは帰り道の車の中で楽しもうと思います♪

あまりにも面白かったもので長々と喋ってしまいましたが、次の古橋も長くなるのかな~?と思いますので…どうぞその時もよろしくお願いします┏○ペコ
本日も最後までお付き合い頂きまして本当に本当にありがとうございました!!

あまりにも日之世くんのイヒヒが好きすぎて
毎回リピするりな子に応援(∪・ω・∪)ポチ
お願いいたします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんわ~ヽ(*´∀`)ノ

昨日の独り言、そしてその前の独り言にも覗きに来ていただいきまして、拍手・応援・コメントを頂きましてありがとうございました~!!
朝起きてコメントを頂きニヤニヤしているりな子は今日も喜び励みにしながら喋りに来ちゃいました(笑)

そうそう…いつもの余談からですが、今日はうちのうるさい母親に買い物に付き合うように言われていて、彼女の仕事が昼にはおわるので、その時間に合わせて私が仕事場近くの駅まで行き、そのまま出かけようと言われていたんですよ。

で、いつも休みの日はどんなに遅くまで起きていようと9時頃には起きるようにしているんですけど、昨日もいつものようにスイクラしてから寝よう~♪と一人暗闇でプレイしていたんですね。
で、多分2時頃まで熱中してやっていたんですけど、キリの良いところまでプレイしたので明日もあるし寝よう~と就寝。

目覚ましもかけていたし気にせず寝たんですが…

起きた時『あれ…?』と思いながら目を覚まし時計を見たら11時半…(笑)
調子に乗って遅くまでゲームした挙句に目覚まし気づかなくて大遅刻やー!!(;´∀`)

とりあえず…
今起きたごめん→用意する→出る と順番に鬼のようにLINEを入れまくり急いで待ち合わせ場所へと向かいました…。
30分も待たされたお母様にはブーブー文句を言われましたがお昼を奢るからさ!!と機嫌を直してもらう事に。

しかし…

私急いで出てきたのでお金下ろすの忘れてて(笑)
母上ごめん金下ろすの忘れたから足りない分出してくれ…と結局出させる始末…なんだか今日は散々な一日でした(;´д`)
ちなみに母上はよほど面白方のか一人で笑っていました。

何故今日に限って起きれなかったのか謎ですが…これからは調子に乗って遅くまでゲームしないようにしようとちょっとだけ心に決め…いや言い聞かせました(笑)

そうそう、この前悩んでいた死に神と少女についてですが色々教えて頂きまして、とりあえずはPSP購入を踏みとどまっております(`・∀・´)
もしかしたら移植が来るのではないか?というお声を頂きましたのでもう少し様子見して待っていようと思います!!

これはまじで移植来て欲しいですしね~(゚д゚)(。_。)_。)
是非ともVita美麗スチルで移植の方をお願い致します(*_ _)人

さて、昨日の密原感想の後すぐに久瀬くん√をプレイしに行きました♪
一周目を終えているのでわりと共通部分は飛ばせますし、なんとも便利な選択肢スキップがございますので楽チンでございました!!
というかこの昨日はまじで神ですね(笑)

という事で久瀬くん感想に行きたいと思います!!

kuze

まず始めから久瀬はちょっと謎な部分が多かったんですけど、それでもこうなのかも知れない!!という想像をめちゃくちゃ掻き立ててくれて面白かったです。
でもやっぱり想像通りのに進んでいたし結末も想像通りで、更にEDを迎えても久瀬はわりとノーマルな感じでしたね。

歪愛EDがお気に入りなのは変わらずですが、久瀬がどうのというよりもここでは主人公が歪んでそれにつられて久瀬も歪んだといった感じでした。
しかし久瀬くんが歪んで行く方のバッドEDも好きです(´∀`*)

主人公が歪んでいくというのもこれまた醍醐味ですけどね(*´∀`*)
重くなって歪んだ愛しかたになっていく柘榴というのもなかなか良かったです。

そして、密原って彼の√でよりも他人の√での方がそのクソヤローぶりをめちゃくちゃ発揮していました(笑)
というか、久瀬√での密原があまりにもイラつくので途中で( `皿´)キーッ!!黙っていろ貴様~!!と、言ってやりたくなりましたね。
密原√だと感じなかった思いが他の人の√で目につくというのもまた面白いですが、奴がどんな人か知っているのでここでいい人ぶってきても『こいつの魂胆はなんなんだ…』と一人で怪しみながらプレイしていました。

でも密原の存在がなかったらこの二人の恋愛はなかなか先へと進まなかっただろうからいい働きはしているんですけどね…
それでもこの人がうるさい邪魔だと思ってしまったことは秘密にしておきます。

もう途中から久瀬くんがどうのよりも密原がうざすぎて一人でキーキーでした(笑)
最後までブレない密原はすごいと思いますけどね!!

そして密原√でも久瀬√でも、久瀬にとっての密原は姉に有害と思っているあたり…鋭い!!鋭いよ久瀬くん(笑)
有害と言われている密原もまた面白かったです。

でも深愛EDの終わり方は久瀬くんも柘榴も幸せそうだったし、そして密原までもがいい奴風になっていたのでなんだか微笑ましい感じで終わました。
というかここでの密原は途中こそイラつかされたものの最後は密原√とまではいかないけど、それと同じくらい心を開いていたし、この人にとっても良い話っぽく終わっていたので3人にとって良い√だったと思います。

ちなみに密原√で気になっていた久瀬くんが柘榴の事を姉としてめちゃくちゃ慕っている件。
何で他人なのに姉弟という関係をそこまですんなり受け入れて、さらにそこまで柘榴のことを本当の姉のように慕えるのか?というのがすっごく不思議で気になっていたんですけど…

予想通り…というか私の願い通りここで明かしてもらうことができました。

これに至ってはネタバレなので言いませんが、そうゆうことか…と納得できる内容になっていたし、だからいつも変なことを質問してきたのかと他でも思っていた小さな疑問がこの一つのことによって全て解決されました。

そもそも久瀬くんはなんていうのかな…本当ガラスみたいなというか真っ白い人というか…。
すごく素直だし思ったことを真っ直ぐにぶつけてくる人だし、疑問に思うことはめちゃくちゃ聞いてくるし子供のような人だなって思っていたんですよ。

でもその事も全てが久瀬くん自身も悩んでいることに関係していてこ√の真相で全部が繋がった!!

そして久瀬√は思ったよりドロついていなかったしシナリオ自体はノーマルな感じだったけどこういった謎や意外な繋がりなどがあったのは面白い√でしたね。

恋愛面では久瀬くんはわりと奥手…?というかお互いここでは姉弟という関係から始まっているので、自分の抱えている気持ちは恋愛なのか、それを出していいものなのか…という悩みから発展していきます。
密原とは違った距離の近づき方でしたけど、こちらもゆっくりと近くなっていく距離感ですし、お互いの言えないこととかを言えるようになるまでに時間をかながら理解し合って、近づいていく感じが良かったですね。

でも個人的には密原との恋愛の方が好きかも!!

久瀬くんはシナリオも恋愛面も癖がない感じでしたね。
私的にはやはりここはドロリグニャリ(歪み)の愛憎劇的なのを求めているので、わりとサラッとした内容だったので久瀬くんはちょっと物足りなかった気がします。

もちろん衝撃の部分では密原にはないシナリオ面での面白さはあったんだけど、それでもやっぱりこのクセのない感じが物足りなかったなぁ~とも思います。
なのでいつものようにあぁだったこうだったと激しく興奮して喋る感じはないです(笑)

あ、でも久瀬自身はかなりのナイスキャラでした(笑)
個人的には鯖の味噌にを『その見た目がグロテスクな食べ物』と言ってみたり、鯖の味噌にを食べるだけなのに怯え、そして『所詮は切り身だ…切り身が襲ってくるわけでもあるまいしな』とビビっている姿は可愛かったです。

しかも無邪気な笑顔が可愛い人だったんですよね~。
スチルより立ち絵の笑顔のイラストが可愛かった!!
この辺は個人的に楽しめたポイントでした~ヽ(*´∀`)ノ

実は明日も早いんですけど…でもでも次はせっかくの狂気の柿原さんである日之世くんなのでちょこっとだけ、ちょこっとだけプレイしてから寝ようかな…と思っています。
本当にちょっとだけ…

明日はさすがに仕事が絡んでいるので起きないとまずいですし((((;゚Д゚))))
という事で…日之世くんとドロドロしてきま~す(∩´∀`)∩

本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~!!


明日は寝坊しないぞ!!と目覚ましを3個かけた
りな子に応援(∪・ω・∪)ポチお願いいたします(*´∀`*)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


【拍手コメント】
・シロ様
・ミコト様
・アキ様

◆シロ様

こんばんわ(´∀`)

やはりVita移植きますかね…??
期待して待っていても良いのでしょうか( ^ω^)ワクワク
というかPSPの本体2台もお持ちなんですね(笑)
しかも死神と少女もメビウスラインも!!
シロ様も積みゲーめっちゃありそうですね♪

たしかにUMDディスクですしシャーシャー言うの想像できます…
私PSPが出た当時買ったんですがFFやった時にロードが重かったのだけは覚えています。
もう壊れちゃってどこか行っちゃいましたけど(;´∀`)

Vitaに移植されて行くと映像やシステム面でも違うって言いますもんね~。
でもでも気になると買ってしまうのはめちゃくちゃ分かりますよ(笑)
私もそれで積みが増え続けていますし(笑)
積んでのにまた積むという…www

三国恋戦記はまだ未プレイですー!!
ちょっと前に誰かのブログで見かけてやってみようかな~?って思ったんですけど面白いんですね!!
これもまた積む予感ですが早速チェックしてみますねヽ(*´∀`)ノ

スイクラは本当一筋縄ではいかないけど面白いです!!
続きをまたどっぷり浸かりこんできます♪

コメントありがとうございました~!!♪
またお立ち寄りくださいませ┏○ペコ


◆ミコト様

こんばんわ~♪
ミコト様も死神と少女気になってらっしゃるんですね~!!
そうなんですよね…やっぱりVitaとは全然違いますよね…(;´∀`)
できればイラストも綺麗なのでVitaで美麗イラストでプレイしたいと思うのですが…
早く移植してくれなかな…どうしてもプレイしてみたいですね~!!

BLACK WOLVES SAGAはやっぱり気を付けないとですよね…
(´ε`;)ウーン…
そもそもこれも移植してくれればいいのに!(笑)
でもやっぱり内容が変わらないことを望むとPC版の方がいいんですよね。
しかしWin8.1でも動くようにして欲しい(笑)

そうそう!!
さすがミコト様です(笑)
ヴァルプルガに興津さんが出てるの見たのですが、完全に書き忘れていただけでございます(;´∀`)笑
牛尾でしたっけ…?
見つけた時にはやったー!!・:*+.\(( °ω° ))/.:+と一人喜んでおりました。

柿原さんと興津さんがここでも楽しめるのでワクワクです(笑)

コメントありがとうございました~(∩´∀`)∩


◆アキ様

初めまして┏○ペコ
そしてコメントを頂きましてありがとうございます(*´∀`*)

アキと瞬良いですよね~♪
ここでお仲間を発見できて嬉しいです!!

二人共程よいシリアスさと楽しませてくれるキュンがあったのでとても大満足でした(*´∀`*)

是非ともまたお立ち寄りくださいませ♪

(*・ェ・*)ノ~貴様達!!☆コンバンワ♪
↑ネージュに感化されています(笑)
乙女の皆様を貴様とお呼びしたことを深くお詫びいたしますm(_ _)m

私の初TAKUYO作品(だったような気がする…)のスイクラを開始しまして、あれやこれやと道に迷いながらなんとかEDを迎えることができました~!!
記念すべき一周目は密原くんです♪

まずはネタバレしないように…と思っているのでどこまで言って良いのかわからないのでなるべく慎みますが、何言ってんだこいつってなったらすみません(;´∀`)

mitsuhara

まずまだ一周目なので気になることがありすぎてちょっとふわふわしている感じです。
タイトルについての感想は全攻略後にガッツリ書かせてもらうとして今回はふわっとした感想になると思いますのでそこんとこよろしくです♪

今回の主人公である柘榴ちゃんを始めとする登場人物、というか今回は“お茶会”に呼ばれた人たちは何かしら影とか狂気とか、そういったものを内に抱え秘めています。
と、言ってもまだ一人目だし密原以外のキャラとはそこまで深く関わっていないのでなんとなくという感じになりますが、恐らくそうなんだろうな…と。

そして柘榴は特に抱えている闇とか影というものと、そして柘榴自体の『欠けている部分』というのをスイートクラウン気に入られてこの場に呼ばれています。

柘榴以外の人たちも何かを抱えていて、そんな人たちを選んでスイートクラウンがお茶会に招待しているんですけど…
その集められた彼らは自分のもとに来た招待状に不思議に思いながらも、どうして招待されたのかという興味本位や自分の持つ目的(?)のためにスイートクラウン城へとやって来ています。

招待状の通りに午前三時の茶会を行い、それだけで終わるはずだったのが…
そこで起きた出来事によって柘榴が今まで心の内に秘めていたある願いを想った事からこの物語が幕を開けます。

ジャンジャカジャーン~♪



ちゃんと見ていなかったので全何章とかわからなかったですけど、フルボイスをしっかり聞いて7~8時間くらいでコンプ出来たと思いますが、昨日の夜から開始してるので大体の時間になります。
ボリュームもありますし、私的には密原攻略は後半に差し掛かるほどに面白くなった√でした。

そして主人公の心理描写というか心情とか、攻略対象側の視点も途中で出てくるので、この時にどう思っていたかとか気持ちの変化とかも細かく分かるので面白かったです。

共通√と個別√の違いの判別がよくつかなかったですが、個別らしい√に入るとほぼ密原としか関わらなかったので途中から“もう個別なのかな??”って感じでした(笑)
ちなみに、途中までは『アレ~??密原くん全然クソヤローじゃないな…』と思いながらプレイしていたんですけど、途中からいろいろなことが分かってきて面白くなってきましたよ~。

そこで動き出すまではふわっとした中で物語が進んでいくので『?』となりながら進めるわけじゃないけど、ちょっとモヤっとしながらというか気になりながらも釈然としない中進んで行きました。

だって密原の外面の良い時間が長くてですね、私の求めていたキャラ紹介とかで見ていた彼とは全然違うんですもん…
でもそれは中盤を越えたあたりから密原自身に動きがあった時に、一気に仮面が剥がれましてここでやっと私の中でスッキリして進むことができました(笑)

彼のあの人当たりの良い感じとか彼の抱えているものとかの諸々が見えた時に、あぁこれを待っていたよとなります(笑)
でも、重すぎる…やべぇ…ってほどのものではなかったけど、その抱えている気持ちから生まれた本来の姿を隠すための密原自身とか恋愛に対しての執着というか、そうゆうのが何とも言えないんですが、この仮面が剥がれる出来事というのも私個人的にはそうゆう流れなのか!!と楽しめました。

個人的には最初の時の密原よりも最後の方の密原の方が大好きですね(´∀`)
しかもこの化けの皮が剥がれてからの密原の方が可愛いしギャップ萌えできるし、なによりも主人公とのやり取りが微笑ましかったです。

中盤までは…というかこの私がスッキリする所まで来るまでは、物語とか密原の真意があまりにも見えなくてですね、想像していたよりも重くないなぁ…と思いながら進めていたのですが。
途中からはきたきたきたきたー!!ってなりましたね(笑)

後半に差し掛かろうか…というあたりで色々な物事が大きく動き出して一気に面白く、そして若干重い方向へと変わっていきましたし。

全体的に人の『欲』について描かれていて、ここで求めるというのは好きだと思う気持ちから求める欲とか、その想いから生まれるちょっとドロっとした部分とかがポイントとなっているんだと思う。

そもそも柘榴の対応に最初はめっちゃ違和感があったんですよね、人形みたいというかなんというか感情のない子みたいな感じで、キャラとのやり取りにも『おいおい…この子大丈夫なのかしら…?』とさえ思ってしまう程に(笑)
しかもその感じが結構長く続くもんだからこの人は恋とかできるの?というか、このままじゃ重いシナリオも鬱っぽい流れも全く想像できないんですけどー!!と思っていましたからね。

でもそんな心配はいらなかったですね。

ちゃんと恋が始まるし重くもなる。個人的にはグッドEDもいいと思うけど歪愛EDが好きですね!だってなんといってもそうゆうのを求めてスイクラを始めたんだから!!(笑)←

ちなみに話がちょっと逸れますが私やっぱり日之世がすんごく気になる…。ところどころ狂気に満ちている彼は一体何がしたいのかめっちゃ気になるんですよね…。
しかも日之世の声は柿原さんなんだけど、あの囁キング(ささやきんぐw)の柿原さんがイヒヒヒヒって笑ってるんですよ…
何この影どころじゃないモノを感じるキャラクターは!!(笑)

早く日之世攻略をしたいと思いながらも、密原√ではそこまで絡むこともなく…しかも古橋くんとも全然喋らなかったのでこの2人についてはほとんどよく分からなかったですね。

でも、ここで一番関わったトノですが…久瀬くんです(笑)
なんだか思っていたキャラと違くてすんごく良い子だったんだよな~。
特集とかでチェックしていたイメージだと、ただのトノ様タイプのおバカな常識の通じない人なのかと思っていたんだけど、主人公の生い立ちの話しを聞いて、では俺が弟になってやろう!!と言って、本当の姉のように一番気にかけてくれて、いつでも応援してくれて常に優しくしてくれる存在でした。

でもここまですんなり弟になり、それを当たり前のようにできる彼に違和感も抱いたんですが…シナリオが進んでいく中で久瀬くんがある事で喜ぶシーンがあるんだけど、そのシーンで喜ぶ姿も見たらどうでもよくなった(笑)
この人の√で分かればいいや…すっごく喜んでるしってなっちゃいましたね┐(´∀`)┌

だからこそ歪愛EDの時の彼にはとてもかわいそうな感情を抱いたけど、それさえも私を喜ばせる内容だったのは言うまでもありませんね~(。-∀-)
あ、言っておきますけど私はいたってノーマルですよ?歪んでいませんからね!!(笑)

柘榴が抱えているものとかについては是非プレイして知ってほしいと思いますが、そのことがキッカケとなって無くしているものを手に入れて、でもその感情を自分が持ってもいいものなのか?と、もがきながら密原と距離をあけたり縮めたりする流れは新鮮で面白かったです。

というのも最近プレイしたタイトルはわりと男のほうがグイっときて女の子は『はて?』ってなって、からの好きだと自覚する流れだったんだけど、柘榴は先ほどのとは違う意味で『はて?』となりながらもふたりの間に溝が生まれ、それから自分から歩み寄っていくから新鮮だったというのもあります。

恋愛面では事前に聞いていた通りサクサク進まない、ゆっくりと距離を縮める感じというか…
密原との場合は一度近づいてる風に装って一悶着あってから真の意味で進んでいく形なので、私の気になるいつの間にか感は勿論ないですし、お互いの心情とかが合間合間で描かれているので少しずつ気持ちが動いているのが分かって良かったです。

そして甘さなんだけど普通に考えたら多分そんなに甘くないと思うんですけど、状況が状況だからなのかあま~く感じるのはなんでだろう…
いや、甘いのかな?

ニヤニヤできました~!!というのとは違うんですけど、何だろうな、何か甘く感じたんですよね。
うん(゚д゚)(。_。)_。)
そこも楽しめた部分ではあると思います。

ただ、スチルが差分ばっかりなのでもうちょっと違うのが欲しかったなぁ~とも思います。
でも内容が面白かったからCG鑑賞するまで気にならなかったけどなっ!(笑)

そして柘榴自体が最近プレイした乙女ゲーの主人公達とは全く別のタイプの子ですしね。
まじで最初は不思議な子だったけど(笑)

この子は苦しかったかもしれないけどスイクラに呼ばれてここに来て良かったんじゃないかと思いますよ。
自分の気持ちとかと向き合って欠けているものを手に入れてさ!!

そうそうこのタイトルのサブキャラもなかなかのメンツでですね(`・∀・´)
とりあえずガートは家に欲しいです。あー…プレイした方なら分かると思いますが私のような○好きなら欲しがると思うんですよね!

ちなみにネージュって男の子だったんですか?
私ずっと女の子だと思ってたんですけど…彼って呼んでて男なんだ!!って知ったんですよね。
でもネージュすんごく好きです。顔がロバだけどちゃんと( º言º)こんな顔とかいろいろな表情が出てくるし『貴様!!』と呼んだりするけど面白かったですし(笑)

とりあえず
『誰かに見られている羞恥心こそ性欲を高める起爆剤』という言葉に大爆笑しました(笑)
なんですかこのロバは(笑)

ちなみにいつもの流れで行くと私は(*ノェノ)キャーケイファー!!ってなりそうなもんですが、今回は見た目は美しいけどそこまでの萌えという対象としては見ていないです(笑)
なぜなら全ての興味がネージュにいってしまったから…。

どこまで喋っていいのかわからないのでそろそろネタバレいきます(笑)
すんごく喋りたくて仕方がないので…(;´∀`)
ネタバレは嫌よ~という方はここでページを閉じちゃってくださいね~(´∀`*)ノシ 






















|д・)






































|д・)イイデスカ?


































では…。

とりあえず先程も言いましたが、もう密原の上辺だけの時の恋愛はモヤモヤしながら進めていましたよ。
重くないしこの人ってクソヤローなんじゃなかったの??と不思議に思いながらシナリオを進めていたので、いつ分かるんだ、いつ本性を出すんだと今か今かと待っていました(笑)

でも遂に出てきたときは…なんとも衝撃の出来事で表してきたのでいきなりキタ――(゚∀゚)――!!って思いましたね(笑)

まさかの柘榴によってプライドをズタズタにされ、どん底に突き落とされてからの本性だったので、このシーンの時にはVitaを握り締めてプレイしていました。
というか密原はどん底に突き落とされてからの方が彼らしさを発揮してきたと思うし、それからの二人の関係性がなんだか良いものだったなと思います。

ってか密原なんだかんだドMなのかしら?とも思いつつ(笑)

なので恋愛面の進み方とかはサクサク進む感じではないし少しずつお互いの距離が近づいていくというか、そもそも最初は女の子大好きな密原なのでホイホイ来るけど、その時はただのいい人なので恋愛ではないね。
甘くもなんとも思わないですし(笑)

ただ眺めているだけって感じだったんです。

でもこの後にどん底に突き落とされてから柘榴が歩み寄って、密原と距離を縮めながらお互いが恋愛感情を育てている感じはすっごく良かった。
そもそもこの柘榴からちゃんと歩み寄ろうとして密原にしつこく(?)してるところあたりから、あぁ柘榴が人間らしくなってきたなぁって思えましたし。

そこから分かり合おうとしている二人は微笑ましかったし、柘榴は密原のためと考えたり密原も柘榴のためと考えるのに、お互いに問題があるので言葉足らずだったり、でも相手の言葉を待っていたり、このモヤモヤフラフラしながら進んでいく恋愛というのもなんだか楽しみ甲斐があったんですよね。

普通だったら( `皿´)キーッ!!ってなりそうな展開のところだけどこの二人だとならないんですよね。

しかも今まで自分の方が立場が上で恋愛を自分の事を見てもらう一つとして捉えていた密原が、柘榴が話してくれなかったり一人で考えてばかりいることにモヤモヤ・イライラしている様に楽しさを覚えていしまった私…(笑)
あぁこうゆう人がこの子に翻弄されている…というのがとにかく楽しかった!!

スイクラの求めていることとかマリスという赤い霧についてとかはまだまだ謎だらけですが…
とりあえずは密原と二人自分たちの世界に戻り、その時に柘榴は人らしくなっていた事によかったね~と思いましたw

ちなみにお気に入りの歪愛EDは密原の柘榴が好きすぎる故に柘榴の視界に何を映したくないと思ってしまう歪みすぎた想いが私の欲を満たしてくれました(笑)
しかもあの時の密原は全てを消しただか始末しただかって言ってましたけど…皆を殺したってことなのかな…?

柘榴に目隠しをして何も瞳に映さないようにされて柘榴は自分と同じなんだと思えるあたり。
二人共歪みきっていましたヽ(*´∀`)ノ笑
満足!!

まだまだ自分の中のモヤッと感があるので早々にこれから次へと進めてこようと思います!!
お次は久瀬くんでございます(`・∀・´)
早くも弟になった彼の愛憎劇が見られるのかと思うと楽しみであなりませんが(;゚∀゚)=3

明日は何故か母の買い物に付き合わなければなりませんので早めに寝ますが…ギリギリまで久瀬くんを楽しもうと思います!!

それでは!
本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~!!┏○ペコ




爽やかキュンキュンもいいけど
ドロドロ歪愛も大好物なりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言