FC2ブログ


こんにちは~(*´ω`)ノシ

まずは、昨日のラキド1+badeggの感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございましたっ‼┏○ペコ
今日もとーっても励みとさせて頂ておりますです~(≧∇≦)

コルダ3の感想もまだ書きあげていないのに、今日はラキドのアフターの感想を書きに来てしまったのですけども‥。
終わってしまった( ;∀;)
終わってしまったと思いたくないけど、全てのコンテンツを見終えてしまったよ~(´;ω;`)
本編もすっごくすっごく面白かったんですけど、afterの方もそれぞれのキャラごとの…あの時のルートシナリオの雰囲気そのままにとっても素晴らしい内容だったなと思います。

私ではうまい言葉が見つからないし、伝わり切らないと思うんですけど…。
幸せなアフターストーリーというだけでなく、ジャンが相手を好きだからこそちょっと切なめに感じてしまう悩みが出てきたり、終わり方が何とも言えない気持ちになるものとかもあるんですよ‼
でもでも、その中に、相手とジャンの深い絆があったりもするし、更に言うとラキド1の攻略対象の方達はジャンも含め普通に女の子が好きな方達なのでね…。
過去にまぁ女性の影?というか何というか、一応色々とある方もいるのですよ!
なので、その辺なんかもこのアフターに再度出て来て、ここでやっと過去乗り越えている人もいるし、もう本当最高!
昨日からこれしか言えませんな。

1人1人の感想も喋ろうと思いますが、一応…ラキド1の方のネタバレに繋がったら嫌なので、色々伏せながら喋りたいと思いますし、アフターもその目で見て貰いたいと思いますので、それぞれかなりサクッと感想にしようと思います(笑)
なので、未プレイの人は意味が分からん…となるかもしれませんが、それでも良ければお付き合い下さいませ┏○ペコ


◇ベルナルド・オルトラーニ/Ash
twitter_icon8.png

今回の本編の方ではキャスト変更をした…という気持ちで進めていたので、ちょっと優しい雰囲気だなぁ~とか、そんな感じで思っていたんですけど…。
なんかアフターに入ったらこの優しい雰囲気の声の破壊力を知りました(笑)
アフター全体的に甘いシーンというのも勿論あるんですけど、その時初めて『あ、ベルナルド凄い…』って思った(笑)
一番安全そうだからなめてかかったら、ギャッ!ってなった(笑)

今回の各アフターには、ジャン率いるCR:5の幹部達がまたもや騒動に…巻き込まれてしまうという展開も用意されているんですけど、ベルナルドのシナリオではラキド1の時を彷彿とさせる展開があって、爽快痛快な内容だったな~!と思います。
ベルナルドにも過去色々とあったというのはラキド1でも描かれているんですけど、その辺もチラッと出てきたりはするんだけど、ジャンへの愛は揺るがない方なので(皆もそうなんだけど…)。
なので、そっち方面の危機とか悩みはそんなに無いので、わりと安心して進められたアフターストーリーでした!
ある意味でこの人は一番手堅いというか、色んな意味で安心できる存在なんですよね、私にとっては。

ベルナルドの危機にジャンが脳みそフル回転でピンチを乗り切る!って所が、『あ、こんなの前もあったな』って思わせてくるんですけど、これがまた憎い真相をもってして解決するので(笑)
なんか優しさに包まれている感満載なんですよね~。
何でだろう?ルキーノとか結構危うい感じがする人なんだけど、ベルナルドはそうゆうのがあんまり無いってゆうか…気持ちの上での寄り道がなさそうな感じというか(笑)
全然伝わっていないと思うんですけど、ゆらゆら揺れる事が無い!ただ言葉が少なすぎて心配させられる部分が多いけど(笑)

今回もそういった部分で周りの人達を不安にさせたりもするんですけど(特に私の事をな‼)、でも、前回とは違いジャンを中心に基盤が固まっているので、ジャンが皆を引っ張りつつ騒動をうまく収めていく様子なんかもやっぱジャンかっけ~!って思いながらも、ベルナルドはここぞという時に決めてくるので、どちらも素敵だった。

一番大人なのがベルナルドって感じがするんですけど、彼が大人で居られるのはというか落ち着いて判断したり行動したり出来ているのは、ジャンが傍に居るから…って所が最高に憎たらしい部分でもあるんですよね~(笑)
何それ、狡いな……って思わされてしまうんですけど、そうゆう所がまた最高だったりする。
ジャンが居るからベルナルド・オルトラーにで居られるって、なんか良く無いですか?

そしてEDの迎え方がすっごくロマンチックな、最高の幸せ!って感じがしました。
あのスチル、2人共少年みたいな部分もあって何か良かったんですよね~(*´ω`)


◇ルキーノ・グレゴレッティ/テトラポット登
twitter_icon9.png

ルキーノカッコよかった…。
でも全体的に凄く切ないというか何とも言えない気持ちにさせられたアフターストーリーでした( ;∀;)

ルキーノにとってもジャンにとっても、お互い唯一の存在なのは分かるんですよ。
でも…何てゆうの?ルキーノが良い男過ぎて、ジャンが彼の事を深く思うからこそ考えている内容が…恋する乙女?ってゆうかなんてゆうかですね、その思考になるのも分かるんだけど見ている私は辛い(泣)
アフターだから幸せになるのは分かっているんだけど、辛い(笑)

ルキーノに過去を乗り越えて欲しくて、おかしな方向性にいかないようにと思いつつも、やけになって言ってしまうジャンの言葉に私がΣ(T□T)←こんな感じになってしまいましたよ…。
他キャラルートでも勿論見られるけども、ルキーノ絡みになるとカッコ良くもカッコ悪くもなるし、好きな人を思う人の思考?というかそうゆうジャンが見られるので、こっちも心の動きが激しくなってしまうんですよね…(笑)

そしてラキド1の時にも出て来ていたルキーノに関する部分、ここが今回起こる騒動にも関わってくるんですけど、アイツ…ここでも出てきやがったかクソムシ(作中で言っている人がいます。決して普段の私の言葉遣いじゃございません)め~(ノ`△´)ノ ┫:・って感じだったんですけど、もうアフターの中で一番ムカつく野郎が出てくるし、関係してくるし!
フィクションなのにムカムカしながら読み進めてしまいました(笑)
ちゃんと最終的には収束するし、嫌な終わり方はしないんだけども…、こうやって引き込んでくる内容のアフターというのもまた凄い。

ここに向かう過程でジャンはある事を決意するし、ルキーノは自分を見失いそうになるしで、自分の過去と向き合うまでに色んな事が起こって、ちょこちょことハラハラさせられたストーリー展開だったなと思います。
ルキーノが自分を見失っている時なんて、『・・・・・・・・・(゜-゜)』こんな状態にさせられますしね。
いや、マジでこの人デーンと構えているように見えて、繊細すぎるので怖い。

でもその分、終わり方は…さすがスパダリだよルキーノ……お前……やるなと思った(笑)
ジュリオは神様が割とマジになって世界よりも気合入れて作った美形顔って文中に出て来たんですけど、ルキーノは全てがカッコイイ人って感じ。
顔も雰囲気も中身も佇まいもする事も…全部イケメンだよ(=_=)

◇ジュリオ・ディ・ボンドーネ/蒼井夕真
twitter_icon10.png 

ウホー。
どこでもジュリオはジャンさんジャンさんジャンさんジャンさんだけど、自分の物になってからは甘さが半端なかったというか(笑)
初っ端からギャー(*ノωノ)と手で目を覆いたくなるような感じでしたね。
神様が気合入れて作った顔面の持ち主は凄かったです。

ジュリオのシナリオは、途中まではラキドってこんな感じ!という雰囲気で、CR:5が忙しく走り回る騒動に巻き込まれつつ、ジャンとジュリオはその敵と戦う!という形で進んでいくんですけど、ジュリオがジャンを守りながらもジャンが突っ走る感じがすっごく好きでした。
お互いの信頼がそこにあるからこそ、どんな危険な所に出も飛び込んでいける感じ?
背中を預けている感じというか、そうゆうのがかっこいいな~って思える所なんかもあったし、ジュリオが何だかジャンと関係を深めた事で、更に強くなった感じがしました。

ここでは、ちょこっとジュリオの本編ルート関係していた…とある人物の影がチラっと見え隠れするんですけど、あの時から続いていた事がここでやっと収束を迎えるって感じになっています。
最後にジュリオがどんな結末を望んで、何をするか…って感じなんですけど、何とも…(笑)
ある意味でその人に苦しみを与えているんだろうけど、あの時とは変化したジュリオの優しさとも感じられそうな嫌がらせ?のような…そんな選択が彼の変化を見せている気がします。

この人CR:5の中ではわりと危険な部類に入る人だと思うんですけど…。
過去には危険なEDなんかも迎えた人でもありますし、ジャンを崇拝しすぎてどっちにでも転がれるってゆうか、CR:5幹部の中では危険度レベル高めに設定しても良いかなと。
でもジャンと心を通わせたことで彼自身がしっかりした感じがしするし、今まで気づかなかった事に気付いて変わっていっているので、『ジュリオ…(*´ω`)』と見守ってしまう感じでプレイしてしまった。
過去のジュリオでは想像しなかった自分の部下についての事を、ジャンに話しているシーンがあったんですけど、そうゆうふとしたシーンでジュリオの変化について垣間見れる所があったので、そうゆう部分も良いな~と思いました。

この二人はお互いに命をかけてでも、守り抜いて暴れまわるんだろうな~って思った。
そこが凄く好きなんだけど!愛だな…。

◇イヴァン・フィオーレ/冬野熊肉
twitter_icon11.png 

びえーーーーーーーーん(´;ω;`)
何だよ…なんでイヴァンはいつもこうゆう感じにしてくるんだよ、最高だよ!!!!

ちょいちょい『イヴァンってこうゆう奴だった(笑)』と思わせて貰いつつ、いちいちクソ可愛いなぁ~もう~と思いながらプレイしていたアフターストーリー。
いきなり素っ裸でジャンの前に立っていても、笑ってしまいつつも可愛いなおい…って思ってしまう私はきっと病気だ(^○^)

お馬鹿でお馬鹿だし煩いけど、ジャンに対しての行動は全て彼のストーレートな素直な気持ちの表れだと思うと、もうすっごく可愛いし愛を感じます。
ジャンがCR:5という組織を背負い、自分が動く、自分が何かをするって言うたびに、イヴァンが止めようとしたり、俺が行くって言う所とか…。
なんでか、そうゆう行動をする所が凄くたまりませんでした!
どいつもこいつもジャンジャンジャン!って感じなんだけど、イヴァンとジュリオはそこをもう少し飛び出ているくらいにジャンの事を好きすぎる感じが、所々から伝わった来るんですよね。

ラキド1の本編でもイヴァンだけは、他のキャラとは違った雰囲気で締められているし、他の人も同じではあるけどイヴァンにとってのジャンは、もっと色々な意味で彼の唯一の存在として描かれている感じがするので、そうゆう部分が今回のアフターにも出ていたし、このシナリオの作り方がとにかくぶれないんだな…って。
純粋に凄いなと思ったし、最後に"何か"の感情を残す感じが何とも言えませんでした。

どんな出来事が起こっても、ジャンは自分に出来る事を自分で行動しようとするんですけど、それをイヴァンは"俺が…"って言う場面が多いんです。
でも、そのジャンが自分に出来る事をしようとする所も、イヴァンが毎回自分がい行こうする所も、何というかお互いの事が思っている以上に大切だからなのかな~とか、2人の行動や言動から感じ取れる2人の信頼とか気持ち?みたいなものが見えるので、その度に何とも言えない気持ちになりますね。

どのキャラも凄く好きなんですけど、CR:5の中ではやっぱりそうゆう関係性みたいなのも含めて、イヴァン×ジャンが私は好きかも知れないと改めて思いました~‼

最後になってしまったんですけど、各キャラのお声の変更に関しては、badegg本編のプレイ中で全く気にならなくなっていったので、アフターをプレイする時にはそんな事全然忘れていました(笑)
それくらい、個人的には楽しめたなと思います。
もちろん、元々のキャストさんがやっていたキャラクターのイメージも残ってはいるんですけど、新たなキャストさん達でも、それぞれのキャラの雰囲気は引き継がれていたのではないかなと思いました!
と言っても、私は新参者のファンなので…ふざけんなって感じかも知れませんが(・・;)

でも、同じゲームを二本買うくらいには本当に面白い内容だった。
お金が溢れてくるならば、全店舗分買いたいくらいです(笑)

アフターストーリーも、ここに来てあの時の出来事に終止符が打たれるという部分もありますので、最後の最後まで大満足でプレイする事が出来ました!
私はこのbadeggの発売を楽しみにしていた期間は、途中からなので短かったけど、何年もかけて形にしてやっと発売まで辿り着いてくれたことを、すっごーーーーーーーく嬉しく思いますし、発売してくれてありがと~~~~°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°と心の底から思います。
だからこそ、もう一本買ってしまった…。

本当、最高に面白いゲームをありがとうございました…‼

badeggプレイも無事に終わったので、特典は帰ってからじ~っくり読み、聞き、楽しもうと思います(n*´ω`*n)
そして後半には我が家に届くであろう他店舗の特典も楽しみにしつつ、そろそろ浮気は終了してコルダ3の者どもが待っているので、戻らなければ…(´;ω;`)←

次回は今途中になっているコルダ3の感想をあげたいなと思います!
ではでは、ここまでお付き合い下さいましてありがとうございました~(*´ω`)ノシ




今日は帰りにクレパラ行くよ!
老鼠メニューは難しいけど…
せめて…飲み物は……グヌヌ…
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします\( 'ω')/
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちは~!

まずは、前回のラキド1+badeggの初回感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~(●^o^●)
毎日とても励みとさせて頂いております~°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

何かあんなに"2018年が終わってしまう~!"とか色々言っていたけど、普通に忙しいまま終わって忙しい毎日に戻っている気がしますが…(;´∀`)
本当は昨日も一昨日もブログ更新しに来たかったんだけど、私意外と主婦出来たんだな!と驚くくらい色々してたら、ノートPCに向かう時間が無くて悲しい(泣)
コルダ3の終わっているキャラ達の感想もちまちま書き溜めているんですけど、アップしようと目論んではいるんだけどまだ書きあがっていない…(笑)

私の中の予定では既にbadeggが終わってコルダに戻っている予定だったのだけれども…。
仕事も新年早々ちょこっとバタついているのと、何だかんだと家に帰ったらやる事も多くて地味に忙しくしております(=_=)
将来的には料理名を伝えると料理を作ってくれるロボットとか欲しい(願望妄想デス)
仕事も出来る事なら業務終わった瞬間に帰りたい!!!←ダメ人間
という思いを抱いているんですけど、現実はそんな事ある訳もなく(´;ω;`)
今週末は月曜日に母のお買い物にお付き合いする約束をしているんですけど、それ以外は予定を入れていないのでゲームの日にしようと思います(●^o^●)
夜ご飯も作らいないで廃人の日を行使するぞ~!

前置きが長くなっていますが、ちょこっとお付き合い下さいまし…(;´∀`)
ある意味のハニビ旋風が巻き起こっていたと思うんですけど、色んな方が様々な声を上げているし、特に書かなくても良いかな~?とも思ったんですけど、やっぱり乙女ゲー無くなって欲しくない!と強く強く思う1人なので、お喋りしてみようかなと思います。
見飽きたよ…という人もいるかもなので(笑)、まぁスルーして貰って良いです!私のボソボソ喋る独り言なので…。

やっぱり難しい事が分からなかった(アホな)私には、公式で発表されるまではどうゆう意味なのか?ハニビが無くなってしまうのか?ゲームとかCDとかどうなるんだろう…。
って凄く不安になったし、同じように思っていた方々も多かったと思います。

結局の所今後の展開、ダイナーのベストとかグッズとか発売予定だったものは発売されるっぽいし、大元の会社が変わったので今後は移植とかもあるのかないのか分からないけど、ロゼの事があったからちょこっとビクついていたりもしちゃいました。
だけど、ロゼの時とは全く違う状況でもあるんですよね。
でもでも、私が余る程お金があるならば(笑)全ての発売ゲームを予約して買ったり出来るんだけど…なかなかそうもいかないので( ;∀;)悲しい所なんですけども…。

以前は発売するゲームをそれこそこれでもかッ!ってくらい買っていたんですが、しがない会社員でボッチだった私は自分への投資をしまくっていたのです(笑)
でも、今現状で同じことが出来るかと言われたら、全く同じようにはいかないんですよね。
まぁそれでも十分買ってますよあなた…って感じだと思うんですけど(笑)

だけど、倒産してゲームが今後は生産されませんってなったあの時、私もロゼのゲームを今のうちに買わないと!思って買い漁った一人でもあります。
今はさすがに手が出ない金額になってしまって、やりたくてもなかなか買えない…ってなってしまっているけど、今現状でも盛り上がっている業界かと言われたら難しいんだろうな…と感じている人もいるんじゃないかな~と思うし、いつかやりたいと思っているゲームを買えなくなるくらいだったら、今のうちに買っておこうと思うのでなるべく気になるのは予約して買うようにはしています。

私が仕事をしている活力は、いついつ発売のゲームも過去のこのゲームも欲しい!というのが今の原動力なので、そのために仕事を鬼の様に頑張れると言っても過言では無いのだけど!
なるべくゲームを購入する事で力になれたらな…とは思います。
時には中古で買ったりとかもすると思うけど(というかお財布事情でするけどw)、新作はなるべく…なるべく予約して買おうと思います!オラ頑張る(笑)

でも全てはやっぱり買えないと思うし、じゃぁグッズを集められるのかと言われたら…集めないので、自分で出来る範囲で…となってしまうと思うんですけどね。
それでも、乙女ゲーを始めて数年間毎日楽しく過ごせていて、ブログでお喋りも出来て、そこから色々な人と出会えて…。
これが出来なくなってしまうと思うと凄く凄く嫌なので、出来る範囲で出来る事をしようかな~と改めて思いました。
ブログを始めた当初は、面白かった事、萌えた事、そうゆうのを誰かと喋りたい!面白さを伝えたいと思って始めたんですけど、改めて自分のブログではそうゆうのを伝えていけたら良いなと強く思いったのでここに誓います!w
ブランドさんが無くなってしまうのはやっぱり悲しいですしね(;O;)
アプリオンリーとかになってしまったら、それこそ私はCSやPCゲー派なので困ってしまうと思いますし…。

傍から見たら無駄遣いが増えてしまう形になると思うんですけど、それでも私は…遊び以外はゲームにつぎ込む事を決めましたぞ(笑)
という何が言いたいのか分からない感じになってしまったんですけど、とにかく頑張って応援するぞという事です。
自分に出来る事は今まで通り気になった作品を予約して買って、とにきには予約しない事もあると思うけど…。
遊んでみて感想喋ってハマったら限定版買い直してみたりCDとかVFB買ってみたりとか、そうゆう事しか出来ないし、使えるお金にも限りはあるんですけども(-_-;)
その中で自分の好きなものにお金を使おうと思うし、それが応援になれば良いな~と思いました!

という事で、ただの私の無駄遣い宣言になってしまったけど(笑)
やっとやっとラッキードッグ1+badeggの本編がコンプ出来たので、感想を喋ろうと思います!

◇本編まとめ感想
twitter_badegg_header.png 

終わりましたよ~~\( 'ω')/
ラキド+badegg何とか本編コンプリート致しました……。
初回感想の時も言ったけど、クッソ面白かったです最高でした( ;∀;)
買って良かった公〇式(*ノωノ)

ちなみに私、これは…他の特典も欲しい!と思ってしまったので追加でもう一店舗分買ってしまったんですけども…(笑)←
これも今後もTennenoujiさんから新しい何かを出して貰えたらな~って気持ちと、好きなものにはお財布ゆるゆるにしちゃうぞ!(〃´∪`〃)ゞって事で買ってみてしまった(笑)
二次便なのでまだ届くのは先になるんだろうけど、バクシーの音源特典がないのでSSを狙ってみてしまったのです(笑)グフ

ちなみに、埋まらない埋まらないと言っていてスチルはバッチリ埋まりましたし、全てのEDを回収する事も出来ました!
最初は自力で攻略して数周してたんですけど、ベストエンドの道筋じゃない所を通ってベストEDを取っていたみたいで、間でスチルの埋まっていない所があった模様です。

で、主人公のジャン・攻略対象のバクシーこれがメインになっていて、物語自体はこの二人を中心に動いていく感じになりますので、BL的要素があるのはジャン×バクシーのみになっています。
ジャン率いるドッググレイブのメンバーは、バクシー(広山和重)、ヴァルター(河村眞人)、リッカルド(千渡レナド)・、テシカガ(茶介)、ランドルフォ(ジンジャー東雲)なんですけど、彼らのルートに派生するという事は無く、一本道の物語からEDが7個に派生していくという形になっています。
合間に彼らの様子だったりとかも描かれているので、どうゆう人となりなのかとかどんな背景があるのかとかも垣間見られるから、より彼らへの愛着も湧きます!

BADもいくつかあるんですけど、ゲームオーバーとして終わるものにも物語があるものもあったし、サクッと終わるものもあるし、今私が確認できているのは想像していたよりもそこまでBADが多い!って感じでも無かったですね。

選択肢によって左上のゲージが何%増えるか異なったりもするんですけど、持っているメモ(これも選択肢によって手に入れれる)によって新たに選択肢が出てきたりとかもするので、何ともややこしい…‼
ジャンの過去について垣間見える所では、このメモが関係してくるので「夢:メモ」ってやつで見られるものが現れるっぽかったけど、もう色々試し過ぎて覚えていない(笑)
さすがにスチルが埋まらなくなってから根を上げた私は、攻略方法を検索して参考にさせて貰ったんですけど、途中から載ってたであろうそちらを頼れば良かったよ~( ;∀;)←ダメ子
脱獄するまでは似たような選択肢が多いからよく分からなくなりそうだったので、メモしてたんですけどその後は全くしてなかった(笑)
これが仇となりました(-_-;)

メインはジャンがCR:5を敵対する事になってしまい、新たなギャング ドッググレイブとして最初はバクシーと2人でデイバンをお掃除していく…って感じになっているんですけど、初回感想の時にも言ったかもしれませんが…。

★脱獄編:ここではまだCR:5として幹部たちを脱獄させようと模索して、準備が整った所でいざ脱獄!だけど、前作とは違う周りの状況にピンチが多く訪れたり、驚きの展開がありジャンがちょこっと心が危うい方向に…。
やっとの思いで脱獄したけどCR:5が全員揃って抜ける事が出来ない事態になり、ジャンは1人はぐれてしまい、途中でバクシーに連行される。(←運命の出会い)

★ロックウェル編:バクシー率いるGDに連行され、ロックウェルに来るもGD内でのアレコレに巻き込まれ、自分の置かれた立場も知るというか向き合う。この時ジャンは結構闇にドボン中。
なんやかんやあったけどGDの一員になるしか自分の生き方が分からず、GDの一員としてCR:5をぶっ潰してやることを決意しバクシーの相棒になる。(ここでバクシーとの絆が深まっていく)
ロックウェルでアレコレあったお陰でGDは壊滅に近い状態になる…。でも、ラッキードッグと呼ばれるジャンがいるから大丈夫だぜ!って事で、イーサン(GDのボス)、バクシー、ジャン、マックス先輩(面白担当だけど良い人)の四人でデイバンにカチコミに行く事が決定。
実際に行くのはイーサン以外。
※この時既にバクシーはジャンに惚れ込んでいるのでこれ以降ジャン大好きっ子(兼母ちゃん・ジャン専用スパダリになる)

★デイバン編:CR:5をぶっ潰してやる覚悟でデイバンに乗り込んでみるも、デイバンの街は様変わりしていた…。ここでバクシーとジャンはデイバンの現状を知りお掃除決行!
ここでジャンのカリスマ性を発揮すると、ジャンの元に彼に惚れ込んだ者たちが集まりドッググレイブ(DG)が誕生する。
デイバン編ではDG以外にもCR:5、シカゴマフィア、BOI、後何だっけ…刑務所で看守をしてた子達ロイド他が捜査官みたいなやつになっているんだけど、その辺も出てきたりするし、とにかくジャンを中心に色々な組織が動くのでとにかく面白い。
ここで起こる出来事は2つの組織の出来事だけでなく、それを助けたり邪魔したりする色んな人の思惑があります。
とにかくドンパチ!3つの枠の中で一番ドンパチしまくっているし、あぁラキドってこんな感じの面白さだった!というのを一番感じさせてくれる所だった!
それだけでなく、仲間達のアレコレもあるしとにかく最高に面白いギュギュギュギュっと中身が詰まり詰まった内容になっています。

って感じの流れで進んでいくんですけど、だいぶ省いているし、もっと色々な事が起こっていますよ!
この流れの中でED1~7までに派生していくんですけども…。
ちょこちょこCR:5の人達も出てきたりするし、CR:5に起こっている出来事はラキド1の時と同じ様な状況だったりもするので、ラキド1のCR:5側じゃなかった時の出来事って言えば分かりやすいですかね…?
何回も言うけど面白い、めちゃくちゃ面白い。

マフィアものなので多少暴力的な部分やちょいグロ…みたいな所があるんですけど、paradiseの時みたいな視覚的グロさみたいものはあんまり無かったです。
ただ、音とか文字でとかは普通に痛そうな感じですかね(笑)

もうとにかく、バクシーがクソ可愛いんです‼
あんなキチガイ野郎が可愛いなんて…え?嘘でしょ?りな子さんまたまたぁ~!みたいな反応を…、かつてのバクシーを知っている人は言ってくるけども!(笑)
プレイしたら分かるんですよ…。もうアイツ最高すぎる彼氏だよって感じですし、たまにジャンのオカンかよって思う所もあるんだけど、そこもキチガイとは思えない生活力の塊で好き。
意外と堅実、ジャンより生活力ある(笑)
デイバン編に突入している時には既に、ジャンに完全にハマっている一人でもあるので、その辺の絡みも含めてすっごく面白くなっていきます。
あんなにキチガイとしか言いようのなかった破壊神(どこぞのパクリじゃないよ)が、ジャンと出会って一緒に居る事で、彼の事を好きになって大切な存在になってしまった事で、初めて知る感情みたいなものが出てきたり、忘れていた感情を思い出したりするのとか…お前なんだよ最高かよ( ;∀;)しか言えないですね。
あのコンビがとにかく好きになる。

デイバン編では唯一無二の存在になっていくって感じなんですけど、ラキド1の時も思ったけどこの相手の存在が特別な物になっていくのがすっごく良い。
している事は殺しだし良い事では無いんですけど、命を預けられるくらいの信頼って言えばいいの?こんな言葉で片付けられないくらいの関係性がマジで素敵!

バクシーがモジモジしながらジャンとセッゴホ…、自分の理性と戦っている時なんかがちょいちょい出てくるんですけど、いちいち可愛すぎて鼻血出るかとオモタ……。
そういったシーンはジャン×バクシーオンリーなんですけど、何か何だよ可愛いし何だよ‼って感じになります。
その他にもとにかくジャンのお世話を甲斐甲斐しくしているバクシーが、皆きっとどんどん好きになると思うしハマっていくんじゃないだろうか(笑)

そんでもって、2人を中心に繰り広げられるドッググレイブ達の戦いぶりと生き様がかっこいいです。
このゲームをしてたら『うるせーんだよ木っ端野郎!』とか、ついぽろっと口から出てきそうなくらい、綺麗では無い言葉が飛び交っているんですけども(笑)
常にどこぞの兵隊たちと戦っているので、とにかく荒事ばっかり。
でも、その中でただの集まりだった集団が組織として動いていく事になる部分に興奮するし、それを指揮して動かすのがジャンだったり、周りのドッググレイブの中心のキャラだったりするんですけどね…!
最初は自らが動いて色々やっていた所から、下々の者達(この言い方は良く無いのだけどw)にやらせていくようになり、ぞれぞれが元はCR:5の入れ墨すら入れられないような下っ端だった人達が、ジャンの元で手腕を発揮していく所がすっごく面白かったです。

彼らにも色々と事情があるんですけど、ジャンに惹かれて彼の元に集まり彼に命を預けようと思う訳ですよ。
そこからドッググレイブというギャングが始まるんですけど、デイバンのお掃除として色々な事を起こすんだけど、これはデイバンの街としては良い事をして貰っている事になる…。
そしてCR:5としてもドッググレイブに助けられている所があるんだけど、一応敵対組織になるわけだし、ジャンはCR:5から追われる立場になってしまっているので、幹部たちと戦わなければならない時も出てくるんですよね~。
でも、毎回その度にどうしても殺せない…という自分の気持ちに直面したり、相手も同じように想ったりしているのがこれまた何か良かった…。

敵対しようとなんだろうと、ジャンを好きな事は変わりなかったりするんだけど、とあるEDを取りに行くと、ベルナルドとジャンが電話でやり取りするシーンが出てくるんです。
ここ、何故かマジで泣きそうになった…( ;∀;)
もともとジャンはCR:5に入った時、ベルナルドの下についていたし彼に凄く可愛がられていたというがあるので、敵対してしまった今何が何でもジャンを手放したくない!彼を死なせたくない!とかそういった色んな気持ちが溢れているシーンだったなと思います。
ジャンもベルナルドに対しては他の幹部たちとは違う感情があるんだろうと思うんだけど、ベルナルドに道を踏み外させない為に留まらせる感じ…何と言えばいいの?言葉で言い表せないけど、このシーンが凄く好きでした。
これがどうゆう経緯で出たシーンでどうなったかは言いませんけど!(笑)

ってな感じで、CR:5の各幹部と直接対決するシーンもそれぞれありますし、その度に助けたり助けられたり…。
時には行き過ぎた感情で大変な出来事になったりと…(笑)←これは某キャラしかいませんが
ジャンを取り巻くというか、ジャンの事がそれぞれ色々な意味で好きなんだろうという皆さまとのやりとりも、そこら中に散らばっているので目を離している暇なんてないです。

CR:5側の幹部、イヴァン・ルキーノ・ジュリオ・ベルナルドそれぞれと個人的に対面して、今の現状どうなるか…というシーンが用意されているので、ジャンが自分の立場というか…、ドッググレイブのボスとしてCR:5の面々に対して思っていた感情を、彼ら一人一人と対面する事でケリをつけていくって感じになっているかなと思いました。
最初はジャン大丈夫かな…って心配になる部分もあるんだけど、一人、また一人と対面していくとジャン自身も自分の立場を理解してというか確固たるものにしていくというか…。
だめだ…纏まらないよ(笑)

ジャン達のドッググレイブの出来事だけでなく、CR:5の幹部会で今起こってる事が見えたり、他の組織の動きも同時に起こっていくんですけど!
CR:5の人達は変わらないな~(笑)と思えるシーンなんかもあって面白いんだけど、中でもイヴァンとその部下とのやり取りが『あ~これこれ、イヴァンはこうでなくっちゃ!』って感じのやり取りで和みました(笑)

とにかく、こういったジャンが自らの事に関して少しずつ自覚しながら変わっていく所とか、バクシーがジャンを通じて変化していく所とか、ドッググレイブの皆の衆がジャンと共に行動する事でカッコよくなっていく感じとか、CR:5の皆がジャンを敵とみなしつつもやっぱりどこかで手を出したくない所とか…とかとかとか。
今あげた人達だけじゃない色んな気持ちがあるんだけど、そうゆうのが入り混じってて年始一発目にこんなおもしろゲームプレイしちゃったけど大丈夫かなと思いましたよ(笑)

そして、所々に出現するジャンの小さい頃の記憶というか夢?
これがちょこちょこと挟まってくるんですけど、これによってジャンの過去が明らかになってくるのですよ…。
ラキド1をプレイした時に思っていた真実と、今回プレイして知る真実が違ったのだ(笑)
え、嘘、そっち!?みたいな(笑)
私は完全に勘違いしていたというか、アレとコレが逆だと思ってたよ…と。
言わないですよ、言わないですけども、そうゆう"見えてくるモノ"があるので物語の面白さに加えて、こうゆう部分でも引き込まれましたね。

この夢は何個かに分かれて出てくるのと、手に入れらえるメモによって内容が違うので…初回の周回で全部見られなかった(;´・ω・)
二周くらいして全部集まったと思うんですけど、ここで語られるものを見ると、とある人達の言っていた言葉の意味がちゃんと理解できたりするので…結構需要ポイントじゃないかな。

自分でも全然まとまっていない!って分かっているので、あんまり色々喋ら無い方が良いかな~(笑)と思うんですけど、最後にEDに関してだけ…。

ED7がBESTエンドに当たると思うんですけど、これはもう最高に良いエンディングでした!
ジャンがしようと思った事を終えて、めでたしめでたし!って感じだし、一番最高の形で終わっているエンディングだと思う。

個人的にはジュリオの絡むEDで見せる、バクシーの様子が刺さった…。
見ていない人からしたらなんのこっちゃって感じだと思うんですけど、このEDは何とも言えない気持ちにさせられましたね。
BAD?悲恋?どっちの枠に入るんだろうか…。
途中で取りに行ったんですけど、最後に取らなくて良かった~と心底思ったEDでもある。
でも、バクシーのあの様子を見るとどれだけ彼にとってジャンが大切かが分かるので、やっぱり必要なEDでもあると思いました。

他のEDに関してはCR:5側のEDだったりとか、色々な終わり方があるんだけど、どれもわりとハッピー枠な終わり方ではないかな?
序盤から分岐する所もあったので記憶が薄くなっている部分もあるんですけど、EDさえもカッチョいいとか…何さ(*ノωノ)
出てくるスチルがとにかくカッコイイし、BGMもさすがです‼って感じだし。
もうどこをとっても最高でした!(贔屓だけど)

何回も言いますが、迷っている人には是非プレイして見て欲しいし、キャスト変更で敬遠している人には声を消してでもいいからプレイして欲しい。
それくらい本当に面白かったです‼

もっともっと沢山言いたい事喋りたい事あるんですけど、全然纏まらないのでやめておこうと思います。
きっとこの溢れる愛で伝わっている…はず…と思いたいです…。

そして昨日からアフターに突入しているんですけど、こっちも面白い~(*ノωノ)
新ベルナルドから始めてみたんですけど、あの声…なめてました。
声小さい…優しい感じって思ってたけど、あの優しさがある意味凶器だったよ…(笑)

ではでは、よく分からん感じになってしまったかも知れませんが、この辺で!
ここまでお付き合い下さいまして、ありがとうございました(^o^)



バクシーカッコイイ
バクシーカッコイイ
バクシーカッコ…以下略
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(〃´∪`〃)ゞ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちは~(^o^)

まずは前回の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもくださいましてありがとうございました~(≧∇≦)
本日も、とーっても励みとさせて頂いておりますです!┏○ペコ

結局『私のお休みが始まりました~!』とか喜んでいたのもつかの間…。
一昨日は自分の実家に帰らなければならず、実家で過ごしたりしてたらゲームやっている時間なんて全然なかった~( ;∀;)
昨日の夕方に帰って来て、やっと続きが出来たよって感じでした~…。
そして今日からはまた仕事の一週間が始まってしまうという!何故休みがこんなにも短く感じるんだ~(´;ω;`)
結局ゲームして引き籠っている日なんて全く無いままに、ワタクシのお正月休みというものが終わりを迎えててしまいました………(=_=)

こんなんだったら、通常業務をしている時の方がゲームが出来ていたんじゃないかと思いましたよ…。

ではでは、今日はラキド1+badeggのやっと初回ルートを走り切った感想を喋ろうと思います~♪
多分興奮しすぎて何言ってるか分からないかもしれないので、その辺りご了承願います(笑)
自分でもどうやって感想を書くべきか…まだ決められていないのでごちゃっとしそうな予感しかしません(泣)
あっちこっちに話題が飛ぶと思いますので、それでも大丈夫という方はお付き合いお願い致します( ;∀;)

◇初回チョロッと感想
twitter_badegg_header.png 

もう本当にめちゃくちゃ最高に面白かったです~(n*´ω`*n)

思っていたよりもボリュームがあった内容だったのですけど、とにかくジェットコースターに乗っている感じにテンポよくストーリーが展開していくので、最初から最後まで目が離せないです。
そしてこの内容も、山あり谷ありなんてもんじゃなくて…。
ラッキードッグと呼ばれているジャンカルロが主人公だからこその‼ピンチが起きたり…、それをすっごいギリギリの幅の道をすり抜けるように回避したり‼
合間にはジャンが新しい仲間と出会ったり、彼らとの絆のストーリーなんかもあったりなんかしちゃって…本当につまらない所、目を離せる瞬間、飽きる時というのが全く無かった~‼って感じ。
まだフルコンプには至っていませんが、マジで最高に面白かった……。

今回は《脱獄編》《ロックウェル編》《デイバン編》の3部構成になっているんですけど、脱獄してからロックウェルに行って、そこからとある事情でデイバンへと行くので、ジャンたちの足取りを追いながら物語構成が組まれていて進んでいく形になっています。

物語をサクッとお話しすると、こちらはラキド1と同様にジャンが刑務所ライフを悠々自適に過ごしていると、CR:5の幹部たちがゴッソリ捕まってジャンと同じ刑務所に来る事になります。
そんでもって、ボス命令でCR:5の幹部たちをジャンが脱獄させるという指令が下るんですけど、そこから脱獄に向けてジャンが動き出すという感じです!

だけど今回はこの刑務所でも予想していなかった出来事がどんどん起きる事になるんですけど、まず周りの刑務所で火事等が起きてジャンたちのいる刑務所に囚人たちがわんさか集まって来てしまう事になるし、そうすると今までの様な刑務所ライフはまず送れなくなるので、満足にご飯もいきわたらないし…今までよりもカナリ荒れ模様に。
前回はもうちょっと和気あいあいとしてた訳じゃないけど、もうちょっと余裕のある刑務所ライフだったけど、今回はここから既にピリピリめな感じです。

更に、ラキド1では主にCR:5(ジャンやメインキャラ達の居るマフィア)とGD(バクシーがいるギャング)の抗争って形だったんですけど、今回は第三の勢力が初っ端から関係してきます。
というか、第三の勢力どころか…CR:5やGDだけじゃなく、第三の勢力と言ったシカゴのマフィアや他の…組織的な人とかモゴモゴ…。
とにかく今回も出てくる勢力それぞれの思惑があるので、これがまた色んな絡まり方なので余計に面白くしているな~って思ったんですけど、この刑務所にシカゴマフィアがデッカイ顔をしてのさばって居たりするので…。
皆も“何かがおかしい…”と思うような事態になっているんです。

長くなるのでここからハイスピードで説明します(笑)
脱獄する為にジャンが色々動きまわって脱獄し、その後とある理由からCR:5とは離れてしまい途中で拾われたバクシーに連行されロックウェルへ…。(この時点で色々あってジャンはCR:5ではなくなります…フフフ…)
今度はそこでバクシーの在籍?するGDに囚われるんですけど、GDも一枚岩ではないのでここでのゴタゴタに巻き込まれ、ジャンはGDの一員になってしまいCR:5とは敵対する位置関係に。
その後、GDのジャンカルロ、バクシーの相棒となりデイバンへといく…って感じですね。

今まで、物語に沿って色々とお喋りしようと思っていたんですけど、どう考えてもめちゃくちゃ長くなってしまう……と思って…。
一生書き終わらないかも知れないと思ったので、とりあえず物語の流れを短くしておきました(笑)

で、私は脱獄編では何度もゲームオーバーを味わう事になるんですけども(笑)
ラキド1の時と同様に、脱獄する為にジャンが誰に話しを聞いてどう動くか?が選択肢となって現れてくるんですけど、その選択肢によって左上にあるLUCKゲージが増えたり減ったりしていたよ…。
あのシステムが未だによく分かっていなかったんですけど、多分ゲージのパーセンテージが増えないとダメって事なんですかね?
次に起こるイベントで勝手に減ったりとかもするので、なるべくあれを溜めながら地道に進んでいた自力攻略…カナリ苦労しました(笑)

一応今の時点で回収出来ているEDは、初回に回収出来たED7とその後に取れたED2、ED1、ED3は回収し終わっているんですけど、何しろ選択肢が多いので難しい~(´;ω;`)
ここから取り切れていないEDとスチルを模索していく事になるのかと思うと、鉛の様に気が重いです(笑)

刑務所の中でジャンはCR:5の一員として、皆を脱獄させるために動いていくんですけど、そこでバクシーとも出会います。
でもでも、この時に出会ったバクシーを見たら、『どちら様ですか?』って言いたくなると思う(笑)
前作の時のバクシーのイメージでいくと、頭がハテナだらけになると思いますね(;´∀`)
私も最初は誰だ…コイツは…って思いましたもん。可愛いけど。←
このバクシーの正体?に気付いているのはジュリオだけなんだけど、こうゆう所もジャンを憎めない所なんだよなぁ~。(独り言デス)

とにかく、ここの脱獄編では脱獄するまでの準備とか諸々って感じがメインになっているんですけど、その中でも…まだ序盤なのに…驚きの展開が待ち受けているので…(´;ω;`)
何か、前作はわりと楽しい気分だったり、ジャンとCR:5の皆との賑やかなマフィアライフをガッツリ楽しみつつ、それぞれのぶっ飛び具合に興奮する!って感じだったんですけど、今回は結構抉られる所があるというか……。
そもそも、この物語でジャンがバクシーの相方になっていくには、どうするべきか?って事を考えると、ジャン自身を一度ガッツリ落とさなければならないというね。
闇の中にですよ(=_=)
なので、ジャンが自分を追い込むというか、そういった出来事に見舞われたりピンチになるシーンが前回よりも多かったりするし、起きる出来事も序盤は結構キツめかもなぁと思います。
ジャンにとっての一つ目の落とし穴がここには潜んでいますので、序盤から飛ばしてくる内容になっていました!

今回はジャンが自分の生い立ちに関係している部分が出てきたり、脱獄編で追い込まれたり…、CR:5の一員では無くなる出来事があったりとか…。
ジャン的に自分と向き合うというか、そういった所が多々見られるので途中までは大丈夫かな…という気持ちにさせられる所が多かったように思います。

ちなみに、ここではCR:5のメンツ達と初めて顔を合わせる所でもあるので、それぞれのキャラとのやり取りもあります。
最初は前作から殆どの人がキャスト変更になっているので、どうなのかなぁ…てドキドキしていた部分があったんですけど、個人的には内容がすっごく面白いのと、それぞれのキャラも何だかんだ合っている感じに思えてくるので私的には問題無かった!
たまに前のやつの声が脳内再生されたりもしましたけど、個人的には気にならなくなるし、どの人も割とハマってたかなと思いますね。
イヴァンとかルキーノとか結構キャラを崩していないと思いますし!ベルナルドは思ってたよりも大人しく優しい感じだったけど(笑)

バクシーは今回の方が個人的には好きです。
ラキド1の時には完全なイカレ野郎だったのですけど、結構好きだったんですよ!
でも声を聴いた時に…思っていたよりも声が高くてショックを受けたので(笑)
今回のバクシーの方が個人的には安心してプレイ出来たなぁと思います(;'∀')エヘ

そして主人公のジャンも、最初こそモゾモゾした事もあったけど、途中からは全く気にならなかった!
もしかしたらこれが私が何とも大雑把な性格だからかもしれないので、全然参考にならないかもしれませんが…。
聞きなれてくると、これもジャンかな…と思えるようになってきたし、ジャンとバクシーのコンビが大好きになったよ(;O;)

話しが逸れてしまいましたが、脱獄編まだまだ序盤なのにも関わらず…脱獄寸前には色んな事が起こるので、とにかく初っ端から凄く面白い展開となっているのは間違いないです。
このやっと脱獄するぜ!ってなってからも、本当に何でこんなにもうまくいかないの~!ってくらい、色々なピンチが訪れるしCR:5の脱獄以外にも同じ時に動き出す人物達がいるので……。
ここでジャンはある意味で運命の出会いもしてしまうしね(笑)
なので前回の脱獄の様子とは全く違う展開となるし、合間合間で他の勢力の動きだったりとかも見られる形になっているので、余計にハラハラしちゃう展開になっていました。

とりあえずやっと脱獄出来ても、ジャンはとある事情からCR:5の人達とははぐれてしまうので、あっち側と一緒に脱獄は出来ないというね\(^o^)/
ここからこの物語が大きく動きだす始まりって感じがします。

どうでもいぃけど、とにかくどの人もすっごく言葉遣いがアレなので、脱獄編をプレイしていると木っ端野郎とか…トマト野郎とかイタ公とか…、他にもここでは文字に出来ないお名前とかを命名されるので、あまりにも皆が揃いも揃って言うのでいつか自分も言葉にしてしまうんじゃないかという意味のない不安を抱えました(笑)

バクシーもこれまたちょっと面白い奴なので、脱獄時に洞窟?で埋もれるシーンがあったんですけど、口の中に砂が入ったら「他人の幸せの味がしゅる~」とか言うので、この人のいう言葉がいちいち面白かったです。
とにかく狂ってるやつなんだけど、脱獄編で可愛く見えて、途中でやっぱり狂ってるやつに見えて、それ以降はただの可愛い奴でしかなかった!可愛い…とにかく可愛かった…‼
またもや話が逸れまくりましたが、今回は完全にハメられた形になりながらの脱獄になるので、まずはここで最高にハラハラしてから進んでいきます。

そして脱獄してからが、今回のbadeggの始まりと言っても過言では無いです。
脱獄直後に色々とあってジャンはCR:5ではなくGDの人になってしまうんだけども…。
もはやCR:5とGDの抗争なんて可愛い内容では無く、そこにシカゴマフィアやムカつく眼鏡野郎の邪魔で荒れに荒れていくこととなるんですけども(笑)
(眼鏡野郎というのはBOI捜査官のお方で、まぁ~超絶ムカつく奴です。)

GDになったからと言って全然順風満帆でもなくて、ロックウェル編ではGDになるまでの出来事と、バクシーとジャンが相棒になるまでの出来事が描かれているんですが…。
自分の語彙力を呪いたいくらい、どうやって伝えて良いのか分からないです(笑)

とにかく脱獄した直後は、ジャンはだいぶ思考が闇へと墜落します…。
今まで何となく流れに任せて生きてきてたから、今まであったものを失ってというか失わされて、でもCR:5の人達が憎くてバクシーも憎いし、完全に闇の中に思考がドボンしている(-_-;)
そこからいつものジャンに這い上がるまでがここでは描かれていきますし、GD内で起こる出来事に巻き込まれながらもジャンが元に戻っていくのは、爽快だったヽ(^o^)丿
やっぱりジャンさん…かっこいいな…と思いますね。

ジャンを這い上がらせるのは彼の生い立ちに関係してくるとある人物なんですけど、CR:5もGDもある意味ではジャンとは無関係の人ではないというか…。
両方のボスの事がジャンにはちょこっと関係があるので、その辺が絡んでいる分どっちに属していても納得がいく所があるかな~と思いました。

この辺からバクシーのジャン大好きが始まっていくんだけど、ここに来るまでBL的要素は皆無だった気がする(笑)
ロックウェル編で少しずつバクシーとの距離を縮め始めてから、バクシーがジャンの事をとにかく大好きになって行く感じと、2人の相棒度が高まっていくのが最高に面白かった!
そして闇の思考から這い上がった後のジャンが、いつも通りの彼になるのでとにかく爽快ですっごく面白くなっていきますしね。

ロックウェルでの出来事を経て、ジャンは自分がこれからどうしていくかというのを見つけるんですけど、そこでやっとこさバクシーと相棒になっていく感じですかね!
あ、もう一人最後までひっついてくるマックス先輩がいるんですけど、もうこの人も面白部門担当な感じなのに、最後の最後まで良い奴なので‼
CR:5の一員としてドンパチやっていたラキド1も面白かったけど、GDの一員として突き進むジャンもすっごくかっこいいなと思います。
後、個人的にはイヴァン×ジャンが一番好きだったけど、もはや今はバクシー一筋です(*ノωノ)

ロックウェルくらいからバクシー×ジャンの絆がガッチリしていくとは思うんですけど、この後のデイバン編では…。
もうこの二人が一緒じゃないと意味がない!ってくらいになっていくので\(^o^)/
2人が率いていくギャングがとにかくすっごくかっちょいいな~と思い続ける事になったんですけど、ジャンはそれでも最後までジャンなのでね~。
何てゆうか、CR:5という大きな組織ではないからこその、仲間との絆みたいなおセンチ風なストーリーとかもあって面白いなと思う部分がありました。

すっごいすっ飛ばしてお話ししてしまったんですけど、クルビとかで出て来ていたテシカガとかの新キャラ達が全然出てこないので、あれれ~???って思っていたんですけど、ロックウェルからいざデイバンに来るとやっとこさ出てきます。
ここで出てくるキャラ達は、皆ジャンに惹かれて仲間になるんですけど、ここからがもう本当にすっごくすっごく面白くなっていくので、終始興奮状態になりますね(笑)

ジャンとバクシーという地盤が固まると、今度は二人を中心とした(というかジャンを中心とした)周りの肉付けが始まる感じ?と言えばよいのかな。
新たなギャングドッグ・グレイブとしてデイバンの街をお掃除しつつ、今回の数々の出来事の根っこへと向かっていくって感じですかね。

この辺りの物語も、ジャンを中心にして皆で動いていく事になるんですけど、シカゴマフィアとか一番の敵であるCR:5が動き出してしまったりとか…するんですよ~!
しかも、この3つの勢力以外にも動いている所があるので、色んな人がジャンの邪魔をするし、色んな人がジャンを助けようとするし!
中盤以降はジャンとバクシー達が暴れまわるのが中心になっているんですけど、ここでは既にこの二人は完全なる相棒となっているのでとにかく楽しかったです(^^)

話があっちこっちにいって申し訳ないのですけど、最初の脱獄編から最後のデイバン編まで攻略上、選ぶ選択肢によって様々なメモを入手していく形になっているんですけど…。
これがどのメモを持っているかで、出て来る選択肢が変わってくる所があったようななかったような(;´・ω・)
その他にも、“夢”という形でジャンの生い立ちがどうゆう生い立ちなのかとか…、彼の両親が誰なのかとかが…見られるようになっています。
初回の周回では、この夢が全て出現させられなかったんですけど、二周目で選択肢を変えて進んでいったら、見られなかった夢の部分が出現するようになりました!

ラキド1ではもしかして……と思っていた部分の真相みたいなものが、この夢を通して見えてくる感じになってくるんだけど、結構驚きの真実でしたよ…私にとっては。

とにかく攻略がいつも横着しているオラには難しすぎる(´;ω;`)←
脱獄はどうにか脱獄する為に‼って感じだったんですけど、ロックウェルとか主にデイバン編では選択肢も多い分、手に入れるメモも異なってくるし、どこでどう他EDに分岐していくのかが分からにゃい…。
夢の出現も結構させたと思うんですけど、他にもありそうだし…、更には中盤以降のCR:5の幹部たちが脱獄後どうなっているか辺りからのスチルが全然埋まってないんだよ~~~‼(つд⊂)エーン
自力で攻略するのにこんなに苦労したのは……ピオフィオーレのMSシステム取りまくっちゃった以来じゃなかろうか。

多分だけど、ベストエンド?トゥルーエンド?的なやつが回収したED7なのかなぁ~?どうなんだろう…。
EDリストみたいなやつもないので、どれが取れていて取れてないかが分からなかったんですけど、とりあえず回収出来てい無いやつを取りに行くのを頑張ろうと思います。

もっともっとすっごく喋りたい所なんですけど、全く纏まらない!脳内の休みボケで何が言いたいのか分からないので、一旦やめておきます。
バクシーとの事とかもっと喋りたいし、どれだけ彼が可愛い奴かプレゼンしまくりたい所なんですけど、今の私の状態では全然ダメだ(=_=)
まとめ感想でもっと突っ込んだ部分の感想とか喋れたらなと思うんですけど、これで書けなかったらもう引退だ~( ;∀;)ビエーン
とりあえず心を落ち着けてからまた喋りに来ます。

同じことしか言ってないけど、とにかく面白いです!
気になっているんだよねって方には、マジで買ってプレイほしい‼
全力でお勧めします(●^o^●)

では、何が言いたいのか分からなかったけど、最後までお付き合い下さいましてありがとうございました‼




わーい(^o^)
今回もお掃除屋さんがちょこちょこ出て来た!
胡散臭いけど、この人の顔と風貌が好きデスw
自分が死んだらお掃除して欲しい。←
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いしますヽ(^o^)丿
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言