FC2ブログ


こんにちは~(*´ω`)ノシ

まずは、前回のコルダ3感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!
本日もとーっても励みとさせて頂いております~\( 'ω')/

いやはや、ラキドが終わってからかつてない沼にドボンしているので、毎日OP曲を聞き仕事中もOPのみループしているワタクシです…(;'∀')
余計なものもたっくさ~ん買ってしまったのですけど…エヘヘ…。
いくら使ったか計算したくないというダメな大人ぶりをここ数日で改めて発揮しておりますよ~。
まだ届いてないけど届いたら晒に来ますが、FB意外にも薄い本を一冊購入してしまった…(笑)
二次創作系?はお友達の本は数冊買わせて貰った事あったんですけど、それ以外での購入は初体験なのです!
でも、どうしても気になる方がいて、販売していたので買ってみてしまった(@_@)
SS集とか諸々購入したので、また届いたら晒に来ます!

さてさて、この3連休でbadeggに続きコルダ3をトロコンして片恋第二巻を始めてみたりしております。
今日はコルダ3のキャラ別第二弾を喋ろうと思いますが、まさか自分がコルダをトロコンする日が来るとは…です(笑)
コーエーに限らず用語辞典とか入ってくるとムキ―!(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵となりムキになって疲れてしまう事が分かっているので、スチルとイベントは埋めるとか…トロフィーにあんまり拘らないでプレイしている事が多いんですけど、最近は楽にコンプ出来るゲームも多いのでその勢いでプレイしてしまった…。

プレイ済みのお友達にお聞きしたら用語辞典は今回トロフィーに入ってないとお聞きしていたし、私的にコルダ3の一番の大きな壁である12股も終わったしいけるんじゃない?と思って狙ってみたら、最後はちょこっとだけ大変だったけど、意外とイケたという(^o^)
いやはや、嬉しい嬉しい~♪
って事で、コルダ3のまとめ感想&キャラ別をお喋りしようと思います!

◇まとめ感想
1600_03.jpg

約一か月程プレイしてきたコルダ3!私にとっての初コルダ!
(私の中では)かの有名な地獄の様な作業のゲーム…という印象を持っていたので、自分がプレイする日は来るとは思わなかったゲームの1つです。
でもでも、人気作品だというのが何か納得出来るなと思う反面、皆さんがどんな理由でドハマりしているのかはそれぞれ違うのかも知れませんが、私的には色々とムキになってしまうという意味でもハマったゲームだったなと思います(笑)
でも、めっちゃ面白かったよ‼(貸してくれてプレイするきっかけをくれたせーちゃんには感謝ですヽ(^o^)丿)

という事で、こっちでもトロコンしたよという喜びを…(笑)

2019-01-13-220651.jpg

各キャラとの恋愛イベントは何故か二の次になってしまう程、練習と演奏の評価に必死になってしまった所があったのは認める。
感想を書こう!ってなった時にも、『あれ、なんて書こうかな…?』ってなったのも一回や二回じゃありません。マジで。
でも、あの皆で力を合わせて大会を目指す感じとか、同じ学園の人以外とも関わりつつそれぞれが大会にかけていたり思いっきり青春している感じとか、ちょこちょこ入る恋愛イベントに踊らされながらもあれこれ忙しくしているのが楽しかったです(笑)
恋愛イベントも各キャラによってそれぞれの色があるし、人数も多い分幅広く取り揃えられているので面白かった!

そして今回の3ではサブとして登場していた人達も、なかなか面白い立ち位置だったりするので、その辺も無駄のない感じで良いな~と思いました。
多分かなでと全然関わらない人っていないんじゃないかな?
ちゃんとサブ達とのアフターもあるんですけど、その辺も私としてはものすっごく楽しめた部分だったかな~と思います。

メインキャラに関しては一軍キャラが珠玉ED・通常EDの二種類がありますし、アフターも各キャラ分に加えて先ほども言いましたが、サブキャラのものもあります。
プラスで全キャラが登場するものがいくつかあったり、かなりおまけにもボリュームがあって、最後の最後まで楽しかったです!
アフターでも選択肢が出て来て、それぞれの選択肢で受け答えが異なるので全部見るの結構大変だったよ…(;´Д`)
それくらいぎっしり詰まっている!って感じの内容でしたね。

私は謎に、途中で12人同時攻略をしてしまったのだけど、あれを途中でやると精神的に疲れるので当たり前だけど、最後にやるのをお勧めします(笑)
とにかく何度も書いているけど、12人もいると落ち込んだり立ち直ったり…また落ち込んだりと一筋縄ではいかないキャラが数人いるので、めっっっちゃ忙しかった‼
でも乙女ゲームをプレイしてこんなに達成感を感じた事ないんじゃないかってくらい、やってやったぜー!(●^o^●)という気持ちに溢れていました(笑)

ちなみに12股をした事でスチルやイベントが埋まるキャラも数人いたんですけど、取りこぼしたイベントとかも出てくるので、結局何周したんだ?ってくらい周回した気がします…。
でもでも、あれって攻略サイト様の出してくれているタイミングでイベントを出せば、成功すると思います!
アイテムを買うのは攻略サイトと全く同じには出来なかったけど、その辺は独自に変えつつ好感度を合わせて調節すれば大丈夫でした。
まぁ…数人思うようにイベントが出なくて、何度もロードしまくったり少し前に戻ったりしたし、すっごく大変だったけど(;・∀・)
でもそうゆう大変さも含めて、終わった今「面白かったな」と思います。

私的には冥加推しは変わらないんですけど、響也も結構可愛いので好きですね(笑)
おまけ部分のシナリオを読むと、忘れかけていた響也の可愛さを思い出す事が出来て、"あぁ、コイツやっぱり可愛いな(笑)"って思わされました。
他キャラもおまけシナリオの中では、全員かなでに好意を寄せている状態なので!お弁当を楽しみにしすぎて激しく落ち込む千秋と蓬生が見れたり、何かとバチバチしている蓬生VS大地が見れたりと…、とにかく面白い部分も多いので(笑)
私と同じで作業を敬遠してコルダをやっていない人がいたらば、3だったら私でも出来たからやってみて!と言いたいです。

楽勝だった!なんて嘘は言えない。確かに大変だった部分もあるけど、それはそれで楽しかったりもするので、是非チャレンジしてみて欲しいです~。
スポ根だけどそこが凄く面白いと思います!

最終的に私は…全部の大会でSSSを取るという"全国制覇"というトロフィーが取れていなくて、ウェーンビエーン(´;ω;`)ってなっていたんですけども…(笑)
あれれ、でもSSS狙ってたけど何でだろう?って思ってたら、最初の部内選考でもSSSを取らなきゃいけなかったという…。
私はなんどやってもSSしか取れなかったので、ここはSSまでしか取れないのかと思ってましたよ(笑)
でも、これ取らないと埋まらないしと思って、お友達に泣きついて教えて貰い無事に取る事が出来ました。

そしてその時にとある遊び方を喜々として話していたら、半廃人してるねって言われたんですけど…。
コルダ3のシステムの中に、《大会モード》なるものがありましてですね!
これは、今までの自分たちの演奏出来た曲の他に、敵学園の曲も音ゲーとして操作できるというやつなのですよ。
ゲーム中では主人公の通っている学園の操作のみなので、これはやってみたいぞ!と思い、息抜きついでに最後のトロフィーを取りに行く前にやっていました。
ちなみに、難易度もかんたん・ふつう・むずかしいの3種類から選べるので、全部やってみた!
とりあえずやり始めたら「全曲のむずかしいでSSSを取ろう」と謎の気持ちがムクムク出始め、ずーっとやり続けて全ての曲(上から下まで全て)のむずかしいでぜーんぶSSSを取り満足するという、訳の分からん遊びをしていました(笑)

しかも、星奏学院は響也を入れたアンサンブルと響也の代わりに律を入れたアンサンブルがあるので、同じ曲がズラリと響也Ver.と律Ver.があったんだけど、そこも全部やったんですよ!←暇人
個人的には千秋のいる学校の曲がカッコイイので、楽しかったです(笑)

で、難しいで出来たし最後は普通とか難しいでトロフィー取りに行ってみようかなって思ったら、何と……。
大会モードで貰えたアイテムを全て持って行けなくて断念‥‥‥‥(´;ω;`)
5つ獲得しているはずなのに、ふつうと難しいにすると、3つ?とかまでしか持ち物に追加されなかったので、急遽かんたんに変更し、演奏する曲に難しくな表現を付けてやりました(笑)
楽しみ方がなんか違う気もしたけど…(;・∀・)
演奏する曲にキャラや物語を進めていく過程で手に入る表現をつけることが出来るんですけど、キャラに合わせて表現を付け替えて好感度上げたり出来るんですよ。
で、その中に簡単にしたり難しくしたりという、好感度とは異なる表現があるのだ!
「重々しく」とかあともう一個難しくなるやつがあったんですけど、全ての曲に付け、更に一曲に難しくなる表現を二個とかつけてみたりして…w
最後のトロフィー取りに行く時は、恋愛云々ではなく完全に全く違う楽しみ方をしながら進めていきました(〃´∪`〃)ゞエヘ…

自分でもおかしな楽しみ方をしているな~と思ったんですけど、これはこれで面白かったです(笑)
新しく発売されるキャラソン?のやつ、ちょっと気になって来たよ!
まだ買うかは分からないけど、気になってきているのは確かなので買っていたら笑ってやって下さい。

トロコンまではすごーく山あり谷ありだったけど、最後まで凄く楽しかったです(∩´∀`)∩
ではでは、残りのキャラ達の感想へといきます。


ー星奏学院ー
◇榊大地/内田夕夜
03_daichi.jpg

大地先輩素敵~(*ノωノ)
冥加みたいな好き好きまではいかなかったけど、すっごく素敵な…大人な雰囲気漂うお方でした!
チャラいので、ハルに所々で酷い言われようだったけど、そこも好きです(笑)

大地は律の良きパートナーみたいな所があって、主人公の先輩でもあるお方なんですけども…。
始まりから女子には優しい感じ?が凄い出ていて、可愛いとかそうゆうのを連発してくる人物ですかね。
そんな大地の行動や発言に対して、ハルがたまにプンスカしていました。
でもこの人…音楽家ではなく普通科でオケ部に入っていて、副部長なんですよ‼
更に医者も目指しているとか完璧かよ(=_=)
ウィンク姿が千秋と並ぶほど様になっている人だけど、何か凄いカッコイイ要素満載だった。

そんでもってどことなく他キャラとは違う大人な雰囲気を醸し出してくるので、そこが素敵~と思った所でもあります。
落ち着いている分落ち込み恐怖症の私をビビらせることなく、良いテンポでイベント発生して恋愛が進展していく人でもあるので、安心して楽しむ事の出来たルートでした~(^^)

途中、かなでがメインで演奏するだかなんだかってなった時には、かなででは不安だ…みたいな所もあったりしたんですけど、練習している姿とかそうゆうのを見て考えが変わったり、恋へと変化するのとかもあったので、なかなか面白かったです。
あ、あと、大人な雰囲気満載だけど結構大人げない所もあるのでそこも良かったです。
蓬生とはバチバチするし、かなでが告白されてたら邪魔?しに来るしで(笑)
恋する男の子な部分もあったので、その辺のギャップ?みたいな所も素敵だと思えた部分かも知れません。

声の感じとかもあるんですけど、とにかく落ち着いている大人な所に惹かれてしまう人物だった…!

ー至誠館ー
◇火積司郎/森田成一
06_hozumi.jpg

え・・・・。
私今ここで書くまで森田さんが声やってるって知らなかった!(笑)
とにかくクッソ渋い声で、初めて聴く声だと思ってたよ…すげーな声優さんって…(T□T)

個人的には冥加の他に気になっていたキャラで、気になるキャラ第二号です(笑)
どう見てもク〇ーズとかその辺の漫画に出てきそうな人だけど、トランペット担当の吹奏楽部のお方ですよ~(笑)
見た目通りの中身!硬派で純情なタイプなんだけど、そこがまた…なんてゆうかとっても良かったんですよ~グフフ…。
そしてこの人のお陰でコルダが某バスケ漫画に見えてしまったんですけど、何か熱いんですよね~!すごく‼

至誠館とは一回目の大会でぶつかるんですけど、その後もかなで達の寮に残るのでわりと長い期間関われる学校の人達ですね。
至誠館の中で唯一落ち込む事が無く、安心して進められた人ヽ(^o^)丿
そして恋愛イベントの時には照れながら色々言っている姿がとても印象に残っていて、大きな懐でガッシリと受け止めてくれるような…そんな人だった…。
見た目とは裏腹に凄く優しい心の持ち主だし、とにかくすぐ照れて赤くなるし、かなでと火積のやり取りを見ているだけで、顔が緩む…そんな内容でした(笑)

照れながらも気持ちをまっすぐに伝えてくる火積が最高すぎて、ニヤニヤしっぱなしだったんですけど、個人的にはメインのルートシナリオよりもアフターの家族が出しゃばってくる所とか、おまけのハミングでハモらされる所とか…(笑)
周りのキャラに振り回されている方が印象に残ってしまって、面白い奴だなと思ってしまいました!

凄く素直なので、断れないというか…(笑)そんな所が可愛くもあり、面白い人だったかな。


◇水嶋新/岸尾だいすけ
07_arata.jpg

可愛い元気なワンコ系男子です。
とにかくスキンシップが多い子なので、かなでに抱き着くスチルが多かった!
元気で屈託のない感じでガバーっとくるので、まぁ可愛いっちゃ可愛いんですけど、この人落ち込む人なので…(笑)

しかも新の珠玉EDをどうにかこうにか横着して、溜め込んでいたセーブから取れないかと試行錯誤した!笑
ちなみにちゃんと横着してやつで珠玉EDを取ってきました!(^o^)

大地とは違う意味でチャラッとしている感じなんですけど、わりと順調に恋心を育んでいく子だし、恋愛の展開は結構スムーズな方でした。
落ち込み期間もそんなに長い訳じゃなかったし、てこずった印象はあんまりないかな。

常に元気な子で「かなでちゃぁ~ん!」な感じなので、終始可愛いな!って思える人なんですよね。
でも、その元気さの裏には…って部分があるので、落ち込む時も段階的にショボン→ズーンみたいな感じだった気がします(笑)
でも素直な子なので振り回されるとかそうゆう事も無く、落ち込む理由も遠距離になってしまう事に気付き…って感じでアリがちな理由だったので、え!?という驚きも無かった。
立ち直るまでもションボリしている所を見ていると、なんだか可哀想になったんですけど、そんな所もちょっと可愛いと思えたので(笑)

至誠館内では結構フリーダムな感じではあるんですけど、そのフリーダムさも皆から可愛がられている所なのかな~と思います。

ー神南ー
◇東金千秋/谷山紀章
08_tohgane.jpg

モテるよ…この人はモテる要素の塊だよー!
実力のある俺様…。
とにかく自信家でいちいち言葉が高圧的なんですけど、実力もあるし努力もするし非の打ち所のない人って感じですかね。
千秋の事を好きじゃない人は、少ないんじゃないかなと思うくらいカッコイイです。

出会いこそ「ちょっと嫌な奴~」ってな印象を持ってしまう所もあるんですけど、かなでの事を地味子地味子呼びますしね!(笑)
でも"あぁこの人モテるな…"って思える雰囲気とか諸々が溢れている!
演奏する時に魅せ方を知っていたり、自分がどうゆう風に見えているか分かっていたり、何かいちいちカッコイイ…。
外見だけじゃなく中身もカッコイイ人なんですよね。

かなでを認めるまではちょいちょい構ってくる偉そうな奴…みたいな感じなんですけど(笑)
少しずつ千秋の事を知っていったり、かなでとの距離を縮めてくると…言う事自体は強気でグイグイ来る感じなんですけど、千秋の予想を上回る行動をするかなでに焦らされ照れている事が増えてくるので、可愛い一面もあって…可愛いです(笑)

しかもかなでとの恋愛も思ったよりもとんとん拍子に進むし、チョrじゃなかった凄くスムーズで楽しかった(^o^)
他キャラとも違うタイプなので目立つ人ではあるんですけど、結構グイグイ来るというか…そんな所もるのでその辺も面白いと思った所かな~。
あとは、かなでをどうにかこうにか神南に来させようとしてくる所とか(笑)
蓬生と一緒になって、かなでを気に入った!神南に来い!みたいになる所が、ちょっと他キャラには無いアタック方法だったので楽しかったです。

いや~でも、カッコイイ。とにかくカッコイイので人気があるのが凄く分かるキャラですね。
個人的には神南の芹沢さんも好きだけど。
芹沢さんも千秋も学校が神戸?だったっけ?そっちの方なんだけど、喋る時はこの二人だけは神戸の方のイントネーションで喋らないんですよ。
でもでも、たま~に…本当にたま~にそっち方面のイントネーションになるんだけど、アレも狡いよなと思いますた…。


◇土岐蓬生/石川英郎
09_toki.jpg

千秋のパートナーの蓬生さんは、大地とは違う雰囲気の色気のあるはんなり系大人キャラです(笑)
様々な場面で大地とはバッチバチになっているんですけど、蓬生は大地と葉違う意味で大人の魅力を出しかなでを慌てさせる人ですね。
するする~っと近寄って来てかなでを翻弄し、いつの間にか好きになっちゃったみたいな…そんな印象があります(笑)

私の中で強く印象に残っているのは、大地相手だと普段見れないような表情を見せてくる人ってのが一番残っている所なんですよね~。
いつもは穏やかな雰囲気で優しいし、でもかなでに対してはからかいつつもちょっと狡い発言で驚かせてくる…みたいなそんな感じなんですけど…。
対大地になるとムキになっている所とかもあって、蓬生の意外な一面が見られるかな~と思います。

これは蓬生ファンには殺されるかもしれないけど、かなでが蓬生の発言で翻弄された部分と、何かと構おうとしてくる所以外強く印象に残っている所がなかった(´;ω;`)
二番目の大会でぶつかる学園だし、途中から出てくるキャラでもあるので、貢物しているとハイスピードでトントントーンとイベントが出て来て攻略しやすいキャラというのも1つなんですけど…。
大地とバチバチしていた事とか先ほど挙げた部分とか、所々しか印象に残っていないけど、温泉での浴衣スチルは高校生とは思えない色気に満ちていました(笑)

どうでもいぃけど、蓬生の事をもう一度知ろうとキャストインタビュー読んでたら、恋愛の云々が書いてあって、『蓬生にはそうゆう過去があるていなのかぁ…』と思ってたら、キャストさんの過去の恋愛の話しでした(爆)

こんな感じでコルダ3の感想は終わりとなります!
わりとドロドロしてたり暗かったり重いかったりヘビーな内容を好む私ですけど、コルダのキラキラ青春もすっごく楽しかったですヽ(^o^)丿

まだまだAnother skyもあるので終わりじゃないけど、まだちょっと周回する気力が回復していないので、片恋・ライラ辺りでもプレイし終わってから戦場に向かいたいと思います!
聞いた話によると…今度はかんたん以外の難易度もプレイしないといけないっぽいので、トロコンできるかはさておきあらかたイベントは見たいので頑張ろうと思います~\( 'ω')/

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ





傘持ってきてないのに雨が降っている!
帰りに止むと良いな(´;ω;`)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちは~♪

まずは、昨日のクレパラ&はなの舞のお喋りにお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~‼(^o^)
本日も、とーっても励みとさせて頂いております♪

いやはや…昨日コルダ3をずーっとやっていたんですけど、なんとか残り新の珠玉EDとればキャラのスチルとイベントが全部埋まろうとしております。
だが、キャラの方に属さないスチル?は埋まっていない所も結構あるんだけど、これは一体何なんだろう…。
あっちもこっちも気にすると進まなくなるので、1つずつ頑張ろうと思います\( 'ω')/

そんでもって、お引越しで売ったと思っていたゲームが実は手元にあったりとかして、入れ込んでいた棚から溢れそうだったので(笑)
漫画を入れていた所を空けて、棚は全てゲームした(=_=)
新たに昨日ラキドに沼金をつぎ込んだので、これから届くものもあるのでね…(笑)
手あたり次第買ってやったので‼←
ちなみに今日はこっちが届きましたよ~ん\(^o^)/

IMG_0065.jpg 

SSとかイラストとかたんまり掲載されていたんですけど、読み始めると一日が秒で終わると思ったので、とりあえずコルダ…と思って我慢しております(笑)
ちらりと見てみたけど、当時はbadeggに登場する予定だったキャラとかも載っていたんですけど、この人出てきてないなぁ…と。
途中で色々と変更になったんだろうか?その辺も色々書かれているのかな~?と思いつつ、心を鬼ににして本を閉じました(笑)

そしてそして、今日はやっとこさコルダ3の終えているキャラの第一弾感想を喋ろうと思います!
本当は学園ごとに分けようかな~とか思ったんですけど、そうするといつアップできるか分からないので…。
見にくいかも知れないのですけど、攻略済みのキャラ達の感想だけ先にあげてしまいます♪
無駄に一応同じ学園ごとに区切っておきます(笑)

それと、一応全てのスチル・イベント・EDを取れている人だけにしておりますので、ある程度終わっている人もいたのですけどそれは改めて感想を書こうと思います!
ではでは、まずは星奏学院から…。

―星奏学院―
◇如月律/小西克幸
02_ritsu.jpg 

律は最初にやったキャラの中で、唯一落ち込み期間が無くてとても安定した人でした…(笑)
とにかく堅い!堅物~!って感じなんですけど、そんな印象とは裏腹に異性とのアレコレでドキドキしている主人公の、そのドキドキさに1mmも気づかないずれた人…。
例えばかなでが照れて顔が赤くなってたら、『どうした風邪でもひいているのか』とか真顔で言ってくるような人でした(笑)

でもでも、律は響也とかなでと幼馴染で、先に星奏学院へとやってきているし、オケ部の部長をやっているというのもあるので、かなでの実力を伸ばすという部分ではカナリ一役買っている人物だと思います。
凄いスパルタだけど……。

律に会いに行くとスパルタで教えられるイベントとかもあったんですけど、その瞬間は「ひぃっ」と思っていても、その後にスパルタだった意味が分かると、えぇ奴やな…ってなるので(笑)
全体的に安定しているし安心して攻略出来た相手かな~と思います。

12股の時も一度も彼のイベントで引っかからなかったので、私の中での律はめっちゃ良い奴扱いやすい奴という位置づけです!笑

ただ…恋愛に関してはゆっくり速度で進んでいくので、最初はかなでとの温度差があるというか…、ズレている反応を返してくる分、親密度の上がり方も後半からぐんぐん上がるタイプなので(;´Д`)
最初はあんまり恋愛の進展がどうこうとかよりも、やっぱり大会の方に気持ちが行ってしまうんですけど…。(終始私は大会の方に気持ちが行きっぱなしだったけどw)
でもでも、中盤以降から律にも恋らしきものが見え隠れしてくると、わりとその辺はストレートというか当たり前の様に恋をしていく感じなので、とにかく心に余裕が持てる展開だったな~と思います。

でも、ちょっとズレてると言った部分も思わせぶりな感じでですね!
律が照れながら『もう少し付き合ってくれないか(ポッ)』とかしているので、何だなんだ~?ニヤニヤとかしてたら、教本を見に行くとか…(笑)
椅子からズルって落ちちゃう感じでしたよ!(;´д`)
浴衣を着てみれば七五三みたいだと言い、目を閉じろとか言うから(かなでが)ドキドキしながら閉じてみれば、リラックスの為だと言いながら眉間をグイグイ押されたり(笑)
とにかく、こんな感じで「おいぃぃー!(笑)」とついつい突っ込みたくなるような出来事が数々起こるんですけど、そこが律ルートでの面白い所でもあるかなと思います。

響也で落ち込み期間を経験してから律の攻略に入ったので、余計にこの安心感を強く感じました(笑)


◇水嶋悠人/水橋かおり
04_haru.jpg 

癒された~(*´ω`)
主人公の後輩にあたるハルは、最初はツンツン気味なんですけども…主人公の部活での姿勢だったり、めきめきと伸びていくのをみていくうちに接し方にも変化が出てくるタイプ。
序盤の星奏学院オケ部内での選抜演奏で、既に認めてくれている感じになるのでわりと御しやすゴホン…。
分かりやすく可愛らしいタイプのキャラだったな~と思います。

ただ……私はハルという人物をなめてました‼
まさかこの子までもが…落ち込み期間があるとは……、微塵も思っていなかった(笑)
しかも何というか私には理解できない理由が発端となって、いきなり落ち込んできたのでその瞬間は完全に目がテンだったよ(・_・)
でも、素直な子だし、かなでの事を大切に思っていて彼女を気にかけているからこそ…?の、あの理由での落ち込みなのかなぁとも思うんですけどね。
とりあえず今の所プレイしているどの人よりも、その期間がハイスピードで終了するので台風が過ぎ去るかの様な勢いで回復しました(笑)

個人的にはなかなか立ち直らないという事も無かったため、心に余裕を持ってプレイ出来たキャラクターでしたね(笑)

ハルとは純粋な…キラキラした恋愛が繰り広げられるって感じがしますし、彼自身も自然とかなでを好きになっていって進展していく感じかな!
同じオケ部の部員でもあるのでお互いに成長していきつつ、恋愛も進展していく感じになるのですけど、とにかくハルは可愛い…。
何か知らんが凄く癒される~というキャラクターだった。

どうでもいぃけどハルのスチルが一枚だけ埋まらなくて泣きそうになったのは、良い思い出です(笑)
今は何とか…教えてもらって回収済みです(^o^)

―至誠館―
◇八木沢雪広/伊藤健太郎
05_yagisawa.jpg 

このお方は至誠館という学校の方で、一番最初に大会でぶつかる相手高校の部長さんです!
イラストでも分かる通り、本当にめっちゃ穏やかな人!
声の効果もあると思いますが、常に優しく穏やかで…でも部長として時に厳しく…という大きな優しさで包み込んでくれるような人だった……。

見た目的にも特にタイプ~(*ノωノ)とかそうゆう部類のキャラではなかったんですけど、至誠館が序盤で主人公たちの星奏学院に負けてしまう所のシーン。
これこそがス〇ムダンク!?って感じの雰囲気なんですけど、恋愛ゲームって言うよりも甲子園的な熱い夏の青春!と感じさせてくれるところでもあり、何故か演奏に力が入ってしまう所かな(笑)
もともと演奏に力が入りやすい自分ではあったけど、こうゆうシーンを見ると余計に「負けられないぜ…!」となり、至誠館の為にも勝ち上がるぜぃ…!みたいな(笑)

序盤で敗退してしまう学校ではあるんですけど、その後も星奏学院と同じ寮で過ごす事になって練習に付き合ってくれたりとかするし、勝ち上がっていく中で応援してくれていたりとかもあるので、その中での恋愛展開が起こっていくって感じになっていました。
ちなみに、八木沢ブチョーは落ち込み期間のある人です(笑)←私にとっての落ち込み期間のアリナシは非常に重要(笑)
私は響也の時に、12股で落ち込みから抜けれなくて苦労したので…落ち込む人恐怖症になってしまっておりますが…(笑)
予選で負けてしまった自分が、今頑張っているかなでを邪魔したくないと思ったり、邪魔になりたくないとおもうからこそのズーン…(゚д゚lll)ってなっているので!
ある意味、恋へと進展する最初の一歩って感じがした!

八木沢っていちいち分かりやすい反応をするので、すっごいスムーズにかなでの事を好きになっていったな~と思うし、自分の気持ちに気付くのも早いと思うんです。
なのでその辺の展開はとんとん拍子に進んでいく感じなんですよね!
いい感じに進んでいくとドボンするんですけど、立ち直りもそんなに長い期間かからなかったのでまぁ良しとしよう。
落ち込んでいる時に話しかけると素っ気なさ過ぎて悲しかったけど(笑)

―天音―
◇冥加玲士/日野聡
10_myoga.jpg 

キャー‼(≧∇≦)
私は今の所冥加がスキーです。結構大好きです(笑)
見た目からしても高圧的な人なんだろうな…というのはお分かりになると思うんですけど…。
うんと~どうゆう言葉で表せばよいのか事人の事を…(=_=)

そもそも、冥加が大会に熱を入れているのは…というか、最高の演奏をしようとストイックになっているのは、かなでの存在があるからなのですよ。
この人出だしから若干感じの悪い人なんだけど、ルートを進めていくと誰よりもかなで大好き…愛しているのでは?と思える所が多々あって、一途過ぎるくらい一途…最高や…。
そしてツンデレどころか基本ツンしか見当たらない辺りも好き(笑)
話しが逸れましたけど、かなでに勝つためにとか過去にとある心の傷?を負っているので、それらを払拭する為に必死になっているという感じの所があるのです。

冥加の場合はもはや、学園同士の戦いというよりは冥加の心の中にあるものと向き合う事と、かなでに対しての…って感じが強いので、冥加自身の戦いって感じが凄くするんですけど、何というか全体的に天宮とは違う意味でドラマちっく?だったというか劇場って感じだったというか(笑)
見た目とはまた違った内容の描き方にギャップがあって、その辺りも含めて面白かったです。

そして唯一ともに練習をする事が出来ない人物……(笑)
私途中まで何も考えていなかったんですけど、( ゚д゚)ハッ!と気付いたのですよ。
この人に差し入れしかしてない‼ってゆうか練習できる所に冥加がいないやんけ~!と…。(笑)
気付くの結構遅かったんですけど、冥加様とは練習させて貰う事の出来ない高貴なお方だったんですね~。←違います
ある意味律よりスパルタそうだし、色々言われそうで悲しくなってしまいそうだから練習できなくても良いんだけど、何だか特別枠な感じがしました。
これらもかなでと冥加の関係性があるからだと思うんですけど、一番恋愛的にもスムーズすぎるくらいスムーズだったし、イベントもとんとん拍子に色々起こるのでチョr……ゴホン。
とってもテンポよく進んだかな~と思います(^o^)

コルダ3で冥加推しの人が居たら是非教えて欲しいんですけど、どうやらここでは天宮くんとか千秋とかが人気みたいなんですけど…。
どちらも分かるよ!分かる分かる…千秋とか俺様でかっこいいしね!
でもやっぱり面倒くさい冥加が私は好きなんだーーーーー‼

◇天宮静/宮野真守
11_amamiya.jpg 

天宮くんは恋愛の展開が凄くドラマちっく…‼
途中で起こるイベントの数々もそうなんですけど、最後の最後まで私の思い描いていた"コルダ"という作品ではなく、大恋愛みたいな…そんな感じの内容でした。
何というか天宮くんとの恋愛が、少女漫画での恋愛展開っぽい感じで、おぉ…全力で恋愛している感じがする!と思える進展の仕方だったんですよね。

このお方、お声がマモちゃんだったので出てきた時には一番気になっていたのですけど、序盤から謎めいている人物です。
練習スタジオで鉢合わせをして出会うんですけど、そこからいきなり『恋をしよう』とか言い出すので、訳の分からん奴…と初めは思ったんですけど(笑)
でもでも、何故彼がそんな事を言いだしたのか、何の為にそんな事をするのかというのを紐解きながら彼の事を知っていき、少しずつかなでに惹かれていってしまう天宮が…。
彼が恋をしている‼というのがすっごく出ている内容のシナリオだったなと思いますし、彼がかなでを好きなんだと自覚するまでがなかなか面白かった!

そして子には障害がつきものだなと(笑)改めて認識させられる展開が、どんどん出てくるんですけども‼
この障害なんかも出てきつつ、諦めたり、でも諦められなかったりする天宮の揺れ動く気持ちが…より恋愛しているぜ!って感じを出していたんだと思います。
今プレイしたキャラの中では一番、そうゆうのが出ている展開だったなと思う‼


◇七海宗介/増田ゆき
12_nanami.jpg

私的には七海くんは可愛い生き物…という認定で、素敵(*ノωノ)とはならなかったんですけど、始まりから彼は悩んでいる風なので、絶対来ると思ってました。
私的恐怖の落ち込み期間が…(笑)

でも思っていたよりてこずる感じも無かったので、可愛いもんだとは思うんですけど、冥加率いる天音学園の方達は最後の大会でやっと恋が実るというか、収束する感じになっているので怒涛の後半の展開と追い上げ!という形になっていました。

と言っても、これは私が行けないのかもしれないけども、あんまり恋愛イベントをこなした記憶が…無い‼Σ(゚д゚lll)
サラッと現れて少ない接触の中でも惹かれていき、好きになっていたけど敵対する学園同士で、更に七海は自分の演奏というか、色々あって大会メンバーに選ばれた事で落ち込んだりとかするので、こっちが曲を仕上げたり練習に明け暮れているとその端で事が起こっているという印象のまま終わってしまった気がします(笑)
七海ごめんよ……私が悪いんだ(´;ω;`)

大した感想も書けなくて大変申し訳ないのですが、とりあえず七海がかなでに憧れていて、凄く好きでそれを両親にめっちゃ話してたって事は分かった!
家でかなでの話しをしまくってしまう程、彼女を慕っていたんですね~(ΦωΦ)フフフ…
そしてかなでを好きな自分の気持ちと、天音としての自分の気持ちで揺れ動くという落ち込みに突入して、それを乗り越えると七海が一回りデカくなるという感じですかね。

こんな印象しか無くて申し訳ない…申し訳ないが、わりと濃い目のキャラ達の合間にプレイしたので、七海は良くも悪くもサラリとした印象になってしまった(-_-;)

と、今回の所は以上です!
どうやらASでは冥加様と練習が出来るらしいんだけども、実はその練習も断られることがあるとか小耳に挟んで、相変わらず面倒くさい奴だな(≧∇≦)とか思ってたんですけど、ちょっと楽しみでもあります。

そして、ビジュアル系みたいな…物語の展開的にはちょっと何コイツと思われがちなキャラがいるんですけど、実は私彼結構気に入っているんです(笑)
冥加様の学校で今回はサブ的な立ち位置なんですけど、お友達に『あのビジュアル系みたいな人ちょっと好き!』って言ったら、ASで攻略出来るとお聞きしたので楽しみ…。
人気の高い千秋の所にもほそやんのサブがいるんですけど、彼もアフターではなかなかの変貌具合で素晴らしかったので、この人も楽しみです。

楽しみが沢山あるけど大変そう!でもやってみたい!って事で、早い所コルダ3をコンプしなければ…。
もうゲームを楽しむという気持ちよりも、コンプしたい!という謎の使命感というか野望?に燃えている感じなんですけど、私的にコーエーゲームって(主に下天と今回のコルダ3)おまけ見たいからムキになるとか、12股成功させたいから必死になるという…、そうやって萌えさせてくるのがうまいなぁと改めて思いました(笑)
楽しみ方がなんか違う気もするけど…(;´・ω・)

ではでは、これより新の珠玉エンド取りに行って来ます!
横着物の私はどうにかこうにか、溜め込んでいるセーブデータの途中からやって新の珠玉を取りに行こうと思っていたんですけど、何度やっても取れないイベントがあったので、諦めて最初からやろうと思います(笑)
ではでは!ここまでお付き合い下さいましてありがとうございました♪┏○ペコ





部屋が広かったら棚をもう1つ増やして
ダイナー・大メビ・ラキドみたいな感じで
タイトル毎にスペース作るんだけどなぁ~( ;∀;)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!(∩´∀`)∩
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~♪

まずは、前回の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~♪┏○ペコ
本日もとーっても励みとさせて頂いております!(●^o^●)

今日はクリスマスイブですが…うちはイベント系は何もしないので…というか、相方はお休みがあまりない職種の為…、今日も仕事に励んでいます(笑)
なので私は、美容室に行ったり実家に寄ったりと普通の休日をすごしておりますた~\( 'ω')/
でも、帰り道にもスーパーにもクリスマスを堪能しようとしている人達で溢れかえっておりました。

ちなみに、帰路に着きながらど~してもクリームスープスパが食べたくてしょうがなくなった私は、スーパーに寄り道して材料を買ってきて作って食べて大満足中です(n*´ω`*n)ぶふ…
久々に『く…苦しい…』ってくらい食べてしまった…。
と、私のどうでもいぃお話しはこれくらにしまして、今日はコルダ3のりな子さんの進捗2を喋ろうと思ってやってきたんです~♪
というよりも、息抜きにブログに喋り倒しに来たって方が合っているかも知れない(笑)

別に進捗とかどうでもいいわい!って感じだと思うんですけども…、でも感想だけでなくて作業面のお話しも聞きたい!と仰ってくれる方もいましたので、進捗お喋りでは作業面メインでお話ししていこうと思います~♪

◇コルダ3の進捗/2
1600_03.jpg

響也の感想はあげたので、それ以外で今攻略済みとなっているキャラは以下のお方たちです。
律・天宮・冥加・八木沢
以上の4人がスチル/イベント全てコンプ済みとなっております!(^o^)

ゲームが忙しいのでまだ感想書いて無いんですけど…(;´・ω・)
星奏学院以外の方々はEDが1つしかないので、学園ごととかにまとめて喋ろうかな~?どうしようかな~…と考え中です。
とりあえず今の所ミョウガスキーなので、彼だけは熱く語る可能性もあるかも…???(笑)

まず、私は初回の響也を攻略した時にも、いくつか他キャラのイベントが取れていたりしながら進んでいたんですけども…。(完全なる偶然で…)
私は基本、なんでもかんでも攻略サイト様を参考にするタイプ!エッヘン
だけど、今回のコルダはというか下天とかをプレイしている時もそうなんですけど、そのイベントがどれくらいの親密度でどこで出現するか…?のヒントを参考にしながら進めています。
序盤はまずは一歩踏み出させるために親密度をあげる事に注力していくんですけど、最初のイベントが起こってからは確認しながら上げていく作業って感じですかね。

中には例えばだけど、親密度200~250の間でどこそこの場所にいると発生…という条件のものもあるようなので、その辺の取りこぼしをしないように注意しながら親密度を上げつつ、狙った場所に来るまでロードして発生させる…ってな具合です。

なので響也の時は特に誰か用のセーブをしたりとかしていなかったし、他キャラもプレイ中はここまで出るはずの出ないイベントが出ていない時用とかに、ロードしてやり直せる用って事で毎晩セーブしてたけど、分岐用とか何も考えずにプレイしています(笑)

ドルチェというイベント?が起こる時には、今の時点で選べるキャラクターがズラリと出てくるので、一応選択する前にセーブはしていますね。
ロードすれば選択していないキャラの分も回収出来る~♪という安易な考えからですけど(笑)

どうしても意識して股がけプレイが出来ない素人野郎なので…(;´・ω・)
全員分始まりからやっても良いや!な気持ちで進めております。
なので今の所は『このキャラで行こう!』と思ったら始めからやっているという(笑)
でも天宮くんと冥加様に関しては、律を攻略している時に無意識に…なのか何なのか、ついつい2人に寄って行ってしまった事により、途中複数回起こるドルチェイベントで天宮くんは常に選択肢に加えられていたし、途中まで冥加様も出現していたのと結構イベントを回収出来ていたので…。
律の2つのEDと取りこぼしたイベントを取った後に、天宮&冥加のセーブしておいたドルチェとEDをババっと見に行って、最後に埋まっていないシーンが無いか確認してからコンプとなりました。

初めてやったにしては意外と何周もせずに各キャラ終われているので、自分的にはかなり優秀な気分です(笑)
何と言っても下天の愛蔵版のおまけを見る為に、かなり苦しんだしすっごく頑張った記憶が一番新たな苦しみの記憶なので…。
あの時に比べるととても順調にいっているくらい順調すぎて怖いです(=_=)

なかなか取れないイベントなんかもありそうなので、ちょいちょいカンニングしながらやっているんですけど、基本的には大会毎に練習する曲が決まったらその曲に合わせて、自分とオケ部の人のレベルを上げたいので、同じオケ部の人・もしくはその時攻略したい人もたまに2人練習、後は以前アドバイスを頂いたので楽譜を購入したばかりの時は主に一人練習もしながらレベルとかを上げています。
エンディングを迎えている事で、ブラボーポイントというポイントが引き継げているので…フフフフ…。
レベル上げとか曲の完成度を大幅アップしてくれたりするアイテムを買いあさって使いまくっております!(程々にw)

そんでもって、ある程度上がってからアンサンブル練習をガツガツやって、大会で演奏する曲を仕上げていく…って感じにしていますね。
早い段階で曲が仕上がったら、攻略したい人とか親密度を上げたい人に曲を聞かせまくったり、一緒に練習したりして時間を潰しています(笑)

多分、複数人同時攻略している場合は、最初から最後まで忙しいんだと思うんですけど、そんな高等技術出来る余裕が無い為、1の大会前・2の大会前の期間中にある程度早めに曲が仕上がると、後半やる事がなくなる(笑)
やる事がなくなった時にイベントちゃんと取れてるかな~とか改めてチェックしたり…、次の期間に突入する前にレベル上げておこうかな~とか、そんな感じで進めています。

合間でもここまでに来るはずのイベント取れてるかな~とか見ているんですけど、何となく感覚は掴んできていると思う!
思うんだけど、どうしても曲を仕上げる事に夢中になりすぎてしまう所があるので(笑)
だいたい出来上がって来て余裕が出てきてから、親密度とか発生イベントとかを確認している事が多い気がしますね(;´∀`)

ちなみに、曲を仕上げると言っているんですけど、各キャラには技術レベルと楽曲習練度というのがあって、レベルレベルと言っているのが技術レベル。
前回の進捗でもお話ししたんですけど、曲目によって必要な技術レベルが異なるので、演奏したい曲に向けて技術レベルを上げていく必要があります。
楽曲習練度というのは、それぞれの曲の習練度なので練習で演奏すればするほど上がるって感じかな。
このレベルと習練度を上げるには練習あるのみ!なんですけど、楽器屋さんで売っているアイテムで大幅に上げる事も出来るので、一日の始まりには楽器屋を覗く私…(笑)

新しい曲目を練習し始める序盤は必ずアイテムを使ってグイーンと上げていくんですけど、曲が仕上がってくると、意味もなくすべての曲の習練度とかアンサンブル完成度をMaxにしたい!笑
なのでゲーム自体の終盤なんか、今まで作ったアンサンブル編成の曲全てをMaxにするという謎の行動をしております( *´艸`)←

初回ルートの時にはそんな暇なかったし、どうすればいいのオロオロ…って感じだったんですけど、だいたい流れを掴んでくると自分の癖?みたいんものが出てくるんだな~と思いました。
別に自分で編成したアンサンブルを全てMaxにしたところで何の意味もないんですよ?
ただの自己満なんだけども‼ゲージに空白があるのが気に入らなかった私は、『あ、これ全部埋めたろ…』って思ってから、必ず全てのアンサンブル曲をMaxにしている(爆)

後、これもきっと無駄な事だと思うんですけど、一人練習をする時に場所を選べるんですよ。
親密度を上げたい人が居る所とか色々と選ぶ基準があるんですけど、自由に選んで良さそうだな…ってなったら、ファン増やしに勤しんでいます!
各場所に一般人がウヨウヨといるんですけど、その人たちに自分の演奏を聞かせまくってファンを増やすのだー(●^o^●)
増やしたからって何って感じなんですけど、貢物をくれる以外特に何もなかった気がするのだが…。
主人公のファンを増やしたいというどうでもいぃ私の気持ちです(笑)

個人的にはレベル上げをする為に練習をするとか、イベント発生しないからロードするとか、発生の為に目的の場所に出現するまでロードするとかは全然苦じゃない事が分かりました。
ただ、これはやっぱり3だからなのかな~とは思う…。
話を聞いていると他シリーズはやっぱり大変そうだし、トロコンとなると禿げそうになるらしいので、やっぱりちょっとビビりますね。
でもまぁ最初のコルダが3で良かったのかも?と思います(笑)

そんなこんなで今の所は着々と進んでおりますよ~♪
ただ、12人同時攻略なる恐ろしいものも存在しているので、今の所挑戦してみるつもりでいるんですけど、苦しんでいる人が多いと聞くのでVitaが真っ二つに折れないか心配です。

とりあえずは残りのキャラクター達の攻略が先になりますが、今は同じオケ部のハルを攻略ちゅうです。
後輩君なんですけどなかなか可愛い。
響也に対しての可愛いとは違う可愛いなんですけどね!
でも、これって多分しょうがない事だと思うんですけど、『ハルにしよう!』と思って進めていても、『あ、コイツも気になる…』とか思っていると自然とその人の親密度も上げに行ってしまっているという…天然二股な主人公に仕立て上げてしまっております。

どうしても色々なイベントを見ていく中で、あっちにフラ~こっちにフラ~っとしたくなってしまうんですよね!
これはしょうがないと思います\( 'ω')/

と、何だか気分もスッキリ良い気晴らしになったので、続きをプレイしに行って来ようと思います~♪
ではでは、ここまでお付き合い下さいましてありがとうございました~♪┏○ペコ




年始の仕事はもしかしたら…
初週ぜーんぶお休みになるかも(n*´ω`*n)
ゲーム三昧出来るかな!?ワクワク
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします\( 'ω')/
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こーんーにーちーはー‼

まずは、昨日のコルダ進捗のお喋りにお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも…というかアドバイスも頂きましてありがとうございました~‼m(__)m
本日も大変励みとさせて頂いております!!!
いや、本当有難い…。

実は昨日、色々なアドバイスを貰いつつ、響也ルートの恋愛を成功させようと必死に進めていたんですけども、恋愛成就初回は珠玉EDというものを取る事が出来ました!
だがしかし、通常エンドというものも存在するようなのと、取れてないイベントが2個、スチルが3枚あったのですよ( ;∀;)
なので結局響也の諸々をコンプリートするのに初回、2回目はファイナルの手前に作っていたセーブから通常エンド、3回目は取りこぼしたイベントを取りに残っていたセーブからの3周して響也攻略を終えたという形になっています。

という事で、昨日は進捗をお話ししたんですけど、今日は響也ルートの感想を喋ろうかなと思うんですけども…。
何せAVGとしてプレイしている普段のゲームとは、ちょっと違う仕様というか違う方面に意識が向いてしまうので、なかなかいつもの様な感想が書けるとは思えないんですけども(;'∀')
それでも宜しければお付き合いお願い致します。┏○ペコ

◇如月響也/福山潤
01_kyoya.jpg

響也は主人公の幼馴染で、共に星奏学院に転校してくる人物。
どっちかってゆうと主人公の事が好きで、彼女の行動に振り回されているタイプじゃないかな~と思うんですけど、高校生らしい可愛さのあるヤツでした!

このお年頃に多い感じのアレコレが詰まっている子なんですけど、とにかく『ばっ!勘違いすんなよ!』みたいな台詞がちょこちょこあるので、その度にニマニマしつつ可愛いなぁ~(*´ω`)と思ってしまう感じのキャラかな~。

ただ、この人は落ち込み期間のある子でもあるので…(;´・ω・)

初回プレイしている時は、どんな形でどこまでに親密度をどのくらい上げるか…とかを、攻略アドバイスを見つつもあんまり気にしてなかったんですよ。
でも、これ一応ちゃんと見ておかないとガッツリイベントを取りこぼす事が分かった……。
これこそが、私が下天と同じかなと思った部分なんですけども!
この日までに親密度をこれくらいにしておいて、恋愛イベント3は出しているけど4は未発生のこの期間にこのサブイベントを取らなくちゃ!
とか…そうゆう方に忙しくなってしまう…Σ(T□T)

なので、結局一周けでは取りきれなくて周回してしまったんですけども、どうせやるなら全部取りたい!という気持ちが出てきてしまった(笑)
ちなみに、私は小まめにセーブを残していたので、途中からやり直して楽に取る事が出来たけど、これ…セーブし忘れたら悲惨な事になるなぁと思いましたね。
そういえば…下天の時にも家康のイベント取れなかったな~とか、あの時も必死に周回したなぁとか…、セーブデータ一人のだけで一面埋まってたなぁとか色々思い出しました!

話しが逸れましたけど、そうゆうのがあるので、落ち込み期間になると一緒に練習は出来るけども、お昼ごはんを食べたりとかというアクションが出来なくなってしまうので…。
初回では響也を放置しすぎてちょっと珠玉エンドは取りに行けなかったという形でした(;'∀')
でも、初回というか恋愛成就を目的とした一回目プレイだけでも取れていないイベントが2つだけって、個人的には結構頑張ったんじゃないかと思って褒めたくなりました!(^o^)←

あ、全然響也の感想喋ってない…。
ここから気を取り直していきます!

響也は主人公と律の3人でヴァイオリンをやってきているんですけど、何てゆうか…。
主人公は転校した事によって、どんどんその才能を開花させていくと言いますか、元々持っていたものに更に力を付け伸ばしていくって感じになっているんですよ。
で、律の方はというと、彼自身に色々な出来事があったけども、オケ部の部長をやっていたりしますし、共に居た時よりも遥かにレベルアップしている訳です。
だが、響也は転校してきて色々な人に出会い、色々なライバルに出会う中で自分の演奏が迷走するというか、自分の音って…何だ…?ってな感じで、壁にぶち当たってしまうのです。

その壁にぶち当たっている期間が落ち込み期間なんですけど、その間に主人公は力を付けていくし演奏自体も(私が頑張って練習させているのでw)どんどん良い物になっていく…。
だけど、それもサクサク出来上がった訳では無くて、ライバルに言われる言葉だったり、仲間に言われる言葉だったりと向き合って、成長して来ているんです。

で、それらを傍で見ながら、それでもやっぱり迷走から抜け出せない響也は、ちょっとどん底?的な所までいっているのですよ。
だけど、とある時に主人公の演奏を聞き、主人公がどうしてここまで伸びたのかについてちょこっとだけきつく当たってしまうんだなぁ~。

こうゆうやり取りも含め、熱い青春!って感じる部分が多いんですけど、響也はどこか素直に人の意見を聞けない所があるので、主人公が他の人の言葉に耳を傾けて演奏を変えていくのが、受け入れられないってゆうか…、本当はそれが必要な事だと分かっているんだけど、一歩までに踏み出せないから当たってしまうというか。
この辺から響也自身に変化が現れてくるんですけど、ここに来るまでは楽しかった分響也が落ち込んでいる期間はちょっと可哀想になったというか、頑張れ~!と応援したくなる感じになってしまいました(笑)

でもまぁ彼自身が脱皮しないと…ダメなので(笑)
主人公もそれを見守るって感じなんだけども、何だかんだここぞとう時には傍にいてあげる関係性が何か良かったな~(*´ω`)
主人公ってあんまりこう…主張しない感じというか、私がプレイしてきたゲームだと主人公も物語の登場人物として見られる物ばかりだったんですけども…。
今回のコルダ3では、主人公がちゃんといるけども、もうちょっと影の薄い感じになっていて、自己投影しやすい感じと言えば伝わるかな?
あんまり“主人公です‼”という主張がないタイプなので、響也ばかりに意識がいきますね。当たり前なんだけど(笑)

でもこの壁にぶち当たる時までは、何だかんだ楽しそうに新しい環境に馴染んでいっていたし、ファイナルで強いライバルと戦うためには、必要だった事なんだと思うんですけどね!
とにかく私はアレコレしないと…という気持ちの中、響也頑張れ~( ;∀;)と応援しながら進めていた感じとなりました(笑)

落ち込み期間から抜け出した時には、やっとこっちも晴れやかな気持ちになれた(∩´∀`)∩って感じになるんですけど、一皮むけた後の響也はカッコ良さが増していたように思います。
この状態でファイナルに挑みますしね!

とにかく落ち込み期間以外は、可愛いんですよ‼
肝試しした時なんて、ちょっとカッコイイ感じで言ってたくせに、主人公よりもビビりまくっているし…笑
これがまた福山さんのお声がなかなかリアリティ溢れているので、ビビってる感じとか茂みがガサガサいってうわぁ!ってなってる時とか…つい…つい笑ってしまう…(笑)
普段はわりと強気な感じといいますか、主人公に対しても俺が面倒見てやらなきゃとか目が離せないぜ!みたいな所を感じる人なので、肝試しでこれだけビビっている姿は印象に残るくらい面白かったですね(ΦωΦ)

あとは何度も言っているけど照れながらも『ちげーし!』みたいな事を言っている所かな。
それが結構な頻度であるんですけど、何だよ可愛いな…ってなるので一番チョロそうと思って初回プレイしてみたんだけど、なめてかかったら可愛かったという結末でした(笑)

で、私おぉ~!クオリティ高ぇ~‼って思ったのが、珠玉EDの終わり方…。
実は最初に珠玉EDを取った時に、ED曲が流れて〇ボタンを押し、珠玉EDのエピローグが始まったと思って〇ボタン押したら終わったの‼
タイトルに戻っちゃったの!!!!!(笑)

その瞬間に
えっ・・・・・・・・(゚д゚)

ってなったんですけど、あれ、〇ボタン押しちゃダメなやつだったんですね(笑)
何かアニメみたいになってて凄かった‼
エンドロール後に始まるんですけど、その時は放置しないと…というか、私の様に早く先が見たくて〇ボタン押したらダメなんですよ!w
そのまま大人しく待ってないと…タイトルに戻ってしまう…(;´∀`)

この終わり方が私的には感動だったんですけど、某BLゲーのFDでの終わり方もアニメーションっぽかった気がするんだけど、そんな感じでクオリティ高かったです!
これを見たら『あぁ…頑張って進めて来て良かった~( ;∀;)』と思えてしまう不思議(笑)

あれこれと考えながら進めないといけない分、大変な事も多いんですけど…最後の珠玉EDを見れば大変満足するという不思議なゲームでした…。

もっともっと色々書きたい所なんですけど、作業面のお話しになってしまうのでカナリ我慢しております…。
とにかく色々な人が面白いよと言っていたり、根津い良いファンになるのは何か分かった気がします(笑)
個人的には敬遠していた理由は、やっぱりVitaをへし折りそうになった記憶がある作業が過去に会ったので(笑)
それをまた……という気持ちが大きかったんですけど、お聞きしていた通り自分がやったらやった分だけ実になるので苦痛では無いですね!
それと、作業に夢中になっていると、なかなか良いタイミングでイベントが発生するので、飽きないですし!

一番はやる前に『地獄ゲームだ』と思い始めていたのが良かったのかと思うんですけど、大したことなかったなと思っている所もあります(笑)
これも全て、下天の愛蔵版の時に数個シーンが取れなくて苦しんだのが記憶に新しいですが、あの時の事があったのでなんかそれ程でも無かった。
多分これ、私股がけとか考えていないけど、最悪二桁周回しても大丈夫な気がしますね!

後は音ゲーだろうか(笑)
大変だけど出来た時の達成感が半端ないので、その辺りも結構面白いかな~と思います。
キャラも登場人物が多い分、誰かサブで誰が攻略出来るのかまだ把握しきれていないけど、色んな人が出てくるので楽しいで~す♪

そうそう、ちなみに、興味ない方も入ると思いますけど…プレイ済みの方に誰が気になるかを聞かれたので、ここで今気になっている人物をお話ししようと思います…ふふふふ…
まだ全然好きー!とかまでいってないんですけど…

・天宮
・千秋
・どっかの高校でビジュアル系みたいな人
・火積

ですかね。
気になると言っても意味は幅広いんですけど、天宮くんや千秋に関しては「絶対素敵じゃん…狡い…」って感じで、どっかの高校のビジュアル系みたいな人は、え…この人もオーケストラ!?と思ったのが最初なんですけど、何か気になる。
火積に関しては「なんじゃこのヤクザ!」という第一印象だったんですけど、バスケがしたいです安西先生(;O;)ビエーンみたいな所があったので、ちょっとこの人意外な一面がありそうで、気になる…って感じですね!
最終的に誰がスキーってなるのか全然分からないけど、今気になっているのは以上の4人です!
ちなみに、ビジュアル系みたいな人ではAnother skyの方で攻略出来るかも?という噂をお聞きしているので、楽しみにしておりますw

という事で、これ感想になっているのかな?と凄く不安なんですけども……。
ちゃんと感想になっているといいなという願い込めつつ、これから律の中断している所から頑張っていってきまーす(^O^)←
ではでは、ここまでお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪┏○ペコ



律は最低2周で終わらせたい!と
躍起になって入るりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします\( 'ω')/
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちは!┏○ペコ

まずは、前回の片恋感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~♪
本日もとーっても励みとさせて頂いておりますです‼\(^o^)/

私、コルダ3始めました!(笑)
という事で、今日はりな子さんのコルダ3の進捗がどんな感じが喋ろうと思って来てみたんですけども…。
お付き合い頂ける方はどうぞよろしくお願いします┏○ペコ

◇感想というか進捗?プレイの模様
1600_03.jpg 

画像は残念ながら見つけられなくてPSP版から引っ張ってきたんですけど…。
もうまさしく!なイメージ画像って感じですね。
言わずと知れた金色のコルダというゲームの3をプレイ中なのですけども、聞かなくても分かっとるわいって方が多いと思うんですが、一応サクッと物語の流れを。

内容としては主人公と幼馴染2人(如月律と如月響也)の3人は、恐らく小さい頃からヴァイオリンを習って育ってきたのですけども、そのうちの一人如月律(CV:小西克幸)が『今のままではあかん!』って事で(こんな言い方しませんけど…)、とにかくライバルが幼馴染3人しかいない狭い世界で平凡に演奏していては自分が伸びないと思ったのと、色んな音楽に触れたい!と思い突如として星奏学院に行く!と街を出ていってしまう所から始まります。

律が出ていってしまってからも、主人公と響也は日々を過ごしていたんですけど、とある演奏会?の時に観客のひそひそ話から察せられるのは、主人公って小さい頃賞とか取る様な逸材だったっぽいですね。
ただ、律の言う通り狭い世界にいた事で、今は可もなく不可もなく…な演奏になってしまっている感じに…。
その演奏会で演奏をしている時にも“今のままで良いのか”という気持ちがあるんですけど、そこにとある一通の手紙が届きます。

【おまえは ここで終わるのか?】

という一言だけが書かれた手紙…。
((ノ`△´)ノ<誰だ~‼こんな手紙をよこした奴わぁ~‼)←心の声
この手紙を受け取った主人公は、やっぱり今のままじゃいけないんだわっ!ってな感じで思い立ち律のいる星奏学院へと転校する事を勢いに任せるくらいの感じで決めます(笑)
ちなみに、その事を打ち明けられた響也も、文句を言いながらもついて来ます。

そして星奏学院に転校した初日に、校長先生に強く勧められたオーケストラ部を見に行くと…、律や他のオケ部の人との出会いもそこそこに、大会選抜に参加する事になります。
自分のヴァイオリンの腕を磨くために転校してきた主人公ですが、同じ学園の仲間や競い合う関係になる他校の人物達などと出会い、ここから主人公の熱い青春が始まるのです‼(笑)

ってな感じで、何てゆうかちょいちょい出てくるシーンが『あれ、今私スラムダンクやってたんだっけ?』な気持ちになったり、『よぉし!甲子園に行くぜー‼』みたいな気持ちになったりする部分があって、なかなか面白い内容でした。
とにかく選抜メンバーになるぞ!って所から、大会でも予選勝ち抜くぞ~!セミファイナル負けないぞ~‼ファイナル絶対勝ってやるぅ~!!!みたいな、何か凄い必死になってしまう所があります。

そんでもって、これって感想書くの難しいですね!
というか、そもそも私のプレイスタイルというかそうゆうのが感想を書けない感じにしている気がするんですけども(;´∀`)

ここからはプレイした事ない人もいると思うので、なんとなくな説明になってしまうけど、一応お話ししておくと…。
攻略キャラが全部で12人おりまして、主人公と同じ学校の人と他校の人も含む攻略相手となっております。
他校の人も大会などを通じて知り合いになっていくので、わりと賑やかな雰囲気かなと思います。

で、私はネオロマ作品は下天と遙か6しかやっていないんですけど、どちらかというと下天みたいな感じかな~…。
好感度に応じて相手とのアレコレが出てくる感じなのかな?と思うんですけど、オケ部として起こる出来事は本筋としてノベルゲーちっくに出てくるんですが、攻略している相手とのアレコレは好感度?親密度?に応じて発生したりするっぽいので、この日付までにこれくらい…とか発生させる条件なんかもありそうな感じでした。
なのでこっちの方は合間に挟まって出現する感じに思います。

そんでもって何と言っても、コルダは音楽を演奏する人達のお話しなので、大会で演奏する曲をどれにするか…とか、その曲を全員で完成させて大会に挑まなくてはなりません。
大会数日前…10日とか?その辺になると、【〇〇大会ではレベル〇以上の曲を〇曲演奏する】という指示が出てくるんですよ。
しかも、それぞれ曲のレベルは5~13くらいまであって(私は初回やさしいでやっています)、例えば主人公の技術レベルが10だったら、レベルが足りないから13の曲をやるにはそこまで引き上げないといけない…みたいな感じ。
13の曲が出来るようになる為に、一人練習をして一生懸命技術レベルをあげたりしていたんですけど、何せ初めてのプレイだったので(;´Д`)
このレベル上げのタイミングがうまくいかなくて、ちょっと前からやり直したりしていた…(笑)

そんでもって、指示の出たレベルの曲と言っても数曲あるので、どれにするか…って感じで楽器屋さんで購入して練習に励む形になります。

それに加えて曲調の雰囲気なんかもあって、その曲が好きなキャラ?とかも曲によってマークが出てたりしています…。多分(笑)
まだよく分かってない所が多いので、間違っていたらごめんなさいなんですけどm(__)m
好感度を上げる時にそのキャラの好きな曲を聞いて貰って練習する…というのもあるとお聞きしたので、わりと色んな所で好感度アップできる模様でした。

大会の演奏方法はアンサンブルなんですけど、練習方法は1人練習・2人練習・アンサンブル練習と3通りの練習方法があって、それぞれを繰り返し行いながら技術レベルをあげたり、曲の完成度をあげたりしていくという形になっています。
2人練習は攻略したい相手とすると親密度?が上がるらしいので、ちょこちょこ練習すると良さそうな感じだった…気がする…(笑)

初回の選抜から始まり、ファイナルまでの計4回とか…?音ゲー要素が入ってくるんですけど、本番以外は主人公をあっちにウロウロこっちにウロウロさせながら、演奏する曲を仕上げていく感じになっています。
その際は1人・2人・アンサンブル練習かを選んで、外を歩いている人に強制的に聞かせていくだけなので、特に何もしない感じですね。
完成度等を上げるために、とにかく聞かせまくる!って感じ。
なので、プレイヤーからしたら音ゲー要素はぶっつけ本番的な感じでした(笑)
これはやさしいでやったら簡単だったけども、ファイナルの方になってくると曲が難しそうな曲な分、操作もちょこっとハイレベルになるかな~と思います。

あんまり詳しい事を書いても、???って感じだと思うのでこんな感じというのが伝われば良いかなと思うんですけども…。

私はまずは、初回は響也狙いでいっちゃうぞ~♪とか思ってプレイし始めていたんですけど、いざ始めてみたら…途中から好感度上げるとかそうゆうの気にしていられない感じになってしまったので、終盤は響也はほぼ放置状態にしてしまいました(笑)
まずは、どんな感じでゲーム自体が進んでいくのか、流れを見つつ初回を…とか思っていたんですけど、最初は自力でどのタイミングまでに曲を完成させればよいか・技術レベルはどうやって上げるかの2点と、流れを見つつどうやって攻略キャラとの親密度をあげていくかとか、音ゲーの感じを掴むって所に注力してしまった…(笑)

だからこそ感想を書くというのが凄く難しいなと思いました…。
それぞれのイベントも発生していけば違うのかなと思うんですけど、日々の練習とかここまでに好感度を…とか、ここまでに曲を…とかそんな方にばかり頭がいくのですよね(;´Д`)

初回は既にプレイしている方のポイントを参考にさせて貰いつつも、結局やってみないと流れとかどこまでにどうするかの感覚とか掴めないと思ったので、思うままに進めてみたらノーマルエンドに辿り着きました(^o^)

とにかく演奏している時の私のプレイを見せてあげたいくらい、『何のゲームしてるの?(笑)』って感じだと思います。
どうにかこうにか評価をSSSで終わらせたくて、必死なだけなんですけども…。

昨日相方がPS4でドラゴンボールゼノバース2というゲームをしてたんですが、その横でコルダ3をやってたんですよ。
しかも最後のファイナルの所です。
ちょこちょこ相手キャラとのやり取りもあったんですけど、こっちは曲の完成度をあげる事に必死なので、ぶつぶつ言いながら進めておりました。
そして、いざファイナル!決戦です!
演奏曲は2曲あるんですけど、どっちもレベルがその時点では高いものにしました。
そして、リズム感掴めないとうまくいかない人なので、『音大きくして良い?』って言ったら『全然、しなよ』と言われかなり大きめに。(そうしないと、外野の音…ヤムチャとかクリリンがグホッとかウワァ!という声にかき消されてしまう…)

クラシック~♪な音楽が流れた時点で『ブッ(笑)何それ!(笑)』と突っ込まれたけど、そんなの事気にしている暇がない私。
音に合わせて左から流れてくるボタン操作に合わせて押していきます…。
んで、ある程度コンボ?みたいなの決めていくと、MF(マエストロフィールド)というのが出来るようになるんですけど、これをタイミングで押すとマリオでいう所のスター状態?みたいな(笑)
ちょっと違うけどそんな感じになるのですよ。
私的にはこれを一曲の間に2回やりたい所なので、とにかく一つ一つの判定をブラボーで固めたい…!

初回~3回目くらいまでは、何がどんなタイミングで来るか分からないもので…どうしてもミスってしまうんですけど、ロードして何度もやり直す始末(笑)

しかも、いけそう!と思っても何かの拍子にミスってMFの二回目が発生する手前で演奏が終了してしまったりしてたので、『ウォ―――‼』とか言いながらやり直しをしてたのです。
そしてついに評価SSSを取れる時が…‼
この時の私の独り言を箇条書きにすると(笑)

ギャー!
よしよし、ブラボーブラボー
こいこい…マエストロ……
キタ――(゚∀゚)――!!マエストロフィー――――ルド‼
あと一回頑張れぇ~~~
あうっ!←ブラボーにならずGOODになった時
やだやだ~…
キタ――(゚∀゚)――!!キタ――(゚∀゚)――!!マエストロフィールド二回目わぁぁぁい!

って感じで、とにかく煩かったと思います。
ちなみに、どうでもいいけどキタ――(゚∀゚)――!!の時は相方に満面の笑みで言っております。
と、こんな感じで奮闘しながら評価SSSを出すために一生懸命になった初回プレイだったんですけど、とにかくこの大会でSSSを取りたい!と思ってしまうゲームだった…という印象が残った(笑)
相方曰く『そうゆうゲームってイケメンの人が素敵~!みたいなゲームなんじゃないの?(笑)』と言ってたんですけど、本来はそうなのかもしれないけど…。
今回はそこよりももっと意識が向かってしまう所があるんだよ~(;O;)

内容的にはあのキラキラしたイラストとは異なり、男たちの熱い夏…‼って感じが多々感じる部分が多いので、スポーツ漫画を読んでいる気分になるんですけど、そこがなかなか面白いです。
多分そうゆう系の漫画を見てきた人は、その辺りでも楽しめちゃう内容なんじゃないかな~と思いますね!
だって、主人公の星奏学院が勝ち上がっていくという事は、ライバル校が負けてしまうという事ですから…。
貴様には負けんぞ~!ってなってバチバチしていたのが、お互いを認め合っていったり負けた分勝てよなキラーンみたいな感じになったりするので…。
この夏にかけた熱い青春!ってな雰囲気がバシバシ伝わってくる感じになっていますね。

恋愛面ではお互いを高め合っていくって形の所もあるので、同じ学園の人よりも個人的には他校の方が凄く気になる…。
しかも、途中で落ち込む連中が出てくるのですけども(;´・ω・)
この落ち込み期間に入ると好感度を上げるアレコレのいくつかが出来なくなってしまうので、( ´゚д゚`)エーと思ってしまった。
その前までにある程度好感度上げて調節しておかないとダメな感じっぽいです(´・ω・`)

今回は響也を…と思いながら少し進めていたので、響也との発生イベントもいくつか見てきたのですが、爽やか~な恋って感じかな~?
あんまり恋愛要素がガッツリって感じでも無く、ふんわりとした感じではあるのですけど、響也の対応がいちいち面白かったなというのが一番印象に残っています(笑)
何てゆうか幼馴染によくいるタイプですね!
『ばっ!別にお前の為じゃねーし…』みたいな感じの子なので、所々可愛いなコイツ…って思わされるところがあった…ヽ(^o^)丿

今は二周目をプレイ中なんですけど、まだ私には股がけという高等技術は出来なそうなので響也一筋でとりあえず進めています。
結構進めていたはずなんですけども、メモリーカードが抜かれましたとか言い出しやがって…途中にしていたデータが無いものとなったので( ;∀;)
セーブしていた所からやり直そうと思いますよ~。
あのVitaもダメだったけどそれに伴いSDカードもダメになったっぽいですね…新しいの買おうと思います(´・ω・`)

EDも珠玉ED?とか2つくらい種類があるらしいので、それを取れるのかドキドキしておりますが…まずは攻略を遂行させてEDを取らないと…話しにならないので頑張っておりますよ~。

というか、もはや感想というかこんなゲームで、こうやってみたよみたいな感じになってしまいましたが…。
当分はコルダ3一色になると思います(笑)
あ、でも合間に休憩がてらラキドとか今月発売のを入れ込んでいくつもりなので、まずは頑張ってエンディングを迎えて来ようよ思います~♪

ではでは、中身のない記事になってしまったような気がするけど、最後までお付き合い下さいましてありがとうございました~!┏○ペコ




家事とか全てを投げ出して
集中してやってしまいたくなる…
RPGとかやっている感覚です(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします‼
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言