FC2ブログ


こんばんわ┏○ペコ

昨日の独り言ではビズログ1月号の気なる事をベラベラと喋りましたが、お付き合い頂いた上に拍手や応援もしてくださいましてありがとうございました~♪
いつもいつも言っておりますが…本当に日々の励みになっております(´;ω;`)

最近では特に乙女ゲーの事で色々とお話してくださる方がいたり、面白いタイトルを教えてくださったり…更には萌えキャラの話しができたりととっても感動( ;∀;)
まわりに萌えの話しが出来る人がいないので嬉しいんですよね。
なので、皆様いつもありがとうございます(´・ω・`)(´-ω-`)) ペコリ

えっと…実は昨日の仕事後は『明日は休みだしBAW終わらせてブログ書いてルートレックスやろうっと♪』と思っていたんですが…友達がお引越ししてそこに今からYちゃんが来るからりな子も来なよ…と…。
仕事帰りにお誘いされたんですが、今から行ったら帰ってくるのは無理なので帰るのが明日か~とめちゃくちゃ悩んでしたのですがなかなか会えないし行っとくか!!って事で遊びに。

家で女3人で飲んで騒いで寝て起きたら昼で二日酔いで動けなくてやっと帰ってきて、でもまだ具合が悪くて寝腐っておりまして今に至ります(つд⊂)

体を引きずりながら帰ってきて即BAWの続きをしたんだけど、風紀委員のEDを迎えたのになかなかエピローグだけが何故か出てくなくて何回もやりました(笑)
途中耐え切れず寝てしまいましたが今やっとこさフルコンいたしました~ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ~
おめでとう私!!そしてお疲れ様私(笑)

BAW_title.jpg

終わりよければ全てよし!という事で風紀委員√が個人的にめちゃくちゃ面白かったのでとても大満足しておりますヽ(*´∀`)ノ
いや~途中はどうなることかと思った時もありましたが風紀委員様を最後に残しておいて良かったっス。
シキシマと風紀委員の感想は後からにするとして、BAW感想をまとめたいと思います♪

結局仕事を挟んでいたのでフルでずーっとプレイし続ける事は出来ませんでしたが、どっちサイドも一周回ってしまえば個別の始まる6章目までは共通なのでほぼ早送りでいけちゃいます。
なので2週目以降は3~4時間とかで周回できたと思います!!

わりとサクッとプレイし終わりますし、進め方も簡単だと思うので乙女ゲーの選択肢が苦手だわ…という方でもプレイしやすいと思いますよ♪
システムもマップでこれから行く場所を選択したりしますが、キャラごとの色がついていて行くべきところは決まっていますし、このマップ機能自体数回しか出てこないですし迷うという事はないです。

そしてスチルタッチのシステムはどこにタッチするかの順番などがED分岐に関係してきますが、私個人的には現世EDは比較的迎えやすいと思いのではないかな?と思いました。
NEVAEH EDの方が苦戦しましてですね…(;´∀`)
私的にはなかなかタッチしても青い稲妻が出てこなくて( `皿´)キーッ!!ってなりましたしね(笑)

あ。でも風紀委員様の時は現世EDよりも先にNEVAEH EDを見てしまいましたがな!!
この人のタッチもまた苦戦したんですよ(;´д`)

で、このスチルタッチの時に出てくるスチルが回収スチル枚数にかなり入ってくるのでシナリオ中の実際のスチル枚数の方が少なく感じるのはちょこっと残念でした(つд⊂)
もうちょっとこの時以外のスチルが欲しかった気もします。
でも現世EDをコンプすれば攻略キャラのスチルは、NEVAEH EDでもらう一枚以外は埋まるのでスチルコンプは楽勝です!

そしてお次はシナリオですが、個別感想を読んでくださった方ならお分かりかと思いますがキャラごとにムラがあったなと思います。これは私の感じ方にもよるのかもですが、例えばサトルは予想外に泣いたからというのと、サトルのキャラが良かったからというのもあるから最終的には良かったんですけど、共通部分はアルマたちと同じ流れだと無理矢理感があったように思いますし肝心のサトルとの絡みが少ないなぁ…と思ったり。(絡みが少ない=恋愛過程がもうちょこっと欲しかった)

それでもやはり死んでから始まるという内容なので感動するウルッとする場面は多いんですよ~!!
各々の抱えている悲しみとか絶望に触れて初めて知る事とか、その気持ちと向かってEDを迎えた時とか結構感動しました。

ただ一つだけ!!

一つだけ言うならば、サブキャラのシナリオが決まったものしかなかったというのが(´ε`;)ウーン…と思うちょびっと残念なところですね。
サブキャラにスポットを当てているシナリオがこの物語が先へ進む事に深く関わっていたりして、それがなかなか感動するシナリオだったりするんですよ。でもそのシナリオが決まった人のシナリオばかりが多かったので、一人一人とても素敵なサブキャラがいるのにシナリオのバリエーションが少なかったな…と。

攻略するキャラのシナリオの流れによっては『ここの√だったらこのサブキャラのシナリオでしょ!!』と思う時があったりしたので(;´∀`)←私のわがままですw
攻略キャラ、もしくはイイ子サイド、ワルイ子サイドごとに違うサブキャラのシナリオを作って欲しかったなぁと思います。

シキシマ攻略でやっと今までと違うサブキャラの背景なんかが出てきたのですが、それを分散させて絡めて欲しかったな~と思ったんですよ!!
ここのサブキャラのお話しも良かったですしね(´Д⊂
個別が6章~になるんですけどこの個別自体もわりと短めなのと、同じサイドだと金太郎飴気味なのでボリュームも少なく感じる部分がありますので、だからこそイイ子サイド、ワルイ子サイドでサブキャラのシナリオを変えてきてくれればまた違ったかなぁ…と思いました。

でもシナリオの長さで言うとやっぱりアルマ攻略後の時同様の感想で、この長さでちょうど良いと思います。というのも、この共通部分・個別部分がさらに長くなるのかと思うとちょっと飽きる要因になりそうだなと(笑)
サトルとかはもうちょっと距離が近づく過程が欲しかったように思うけど、その他はこの長さでよかったなぁと思います。

死後の世界(?)という設定や、そこで気付いた想いとか気持ちによって変化が起こるなど要素的には面白いですし、攻略していてウルッとする場面も何回かあったし、ええ話や~!!ってなる終わり方もありましたし若干物申したい時もあったけど何だかんだ満足かな(笑)

そして今回は攻略順も特に関係ないと思いますので好きなキャラ順で問題ないと思います。
ちなみに私はアルマ→ヒガ→サトル→シキシマ→風紀委員でした。
個人的には一発目のアルマと最後は風紀委員で良かったなと思います。

真相という訳ではないんだけど、風紀委員は最後の攻略を推奨します!!シナリオ的にもある事が分かるんだけど、この人を最後にすると話しがまとまるというか…なんというか…うまく言えないけど最後がいいと思う!!(笑)

ではでは、BAWのりな子の好きなキャラランキングにいきたいと思いますヽ(*´∀`)ノ

1 風紀委員
2 サトル
3 アルマ
4 シキシマ
5 ヒガ


一番はやはり気になっていた風紀委員が制しました(笑)
いや~プレイした後もここは変わらずというよりさらにこの人が好きになりましたね!!
やっぱかっこよかったよ…この人|д・)

サトルはあの可愛さにやられましたので2番目です(。-`ω-)
風紀委員とサトルは個人的にシナリオも面白かったのでここは迷わずこの二人になりました。

アルマは何だかんだ一番最初にやって面白かったというのもありますし、なによりも一番最後のアルマの姿がね…。そしてこの人他の人の√でも出てくる率が高いんですけど、色々な人をプレイしていって絡んでいくごとに素敵に見えてきました(笑)
最後にまたアルマのシーン回想をしてやっぱ(・∀・)イイネ!!と思った。

シキシマは石田さんボイスと最後に見えた人間らしさとか、更にはエピローグの素敵さに楽しみました~ヽ(*´∀`)ノ
ここのシナリオは切ない感じなんですけど、とっても心が温まるお話だった~!!

最後はヒガくんですが、彼いいキャラしてるんです!!だけど、このキャラ達の中では一番印象が薄くなってしまった事をお詫びいたしますm(_ _)m
でも何だかんだどこに行っても優しいヒガは好きです!!

いや~色々あったけど最後のシキシマ、風紀委員の流れで攻略したことで面白かった~!!と思って終えることができたので良かった良かったです。
ただ途中やっぱりモヤ~っとしてしまった事は事実ですが何だかんだと最後は楽しめましたし、ちょっと切ない話しとかNEVAEH EDがちょい重だったりと私を満足させてくれる部分はありましたので良しとしますヽ(*´∀`)ノ笑←偉そうですみません。

ではでは遅くなってしまいましたがシキシマと風紀委員の感想を喋って終わりにしようと思います。

BAW_shikishima_01

シキシマは最初はとにかくふわ~っとしていて掴みどころのないキャラでした。
石田さんこうゆう感じのキャラが多いな…と思いながらプレイしていたのですが、この人は今までとは違った世代の人なのでEDの迎え方がちょっと切なかったー!!

でも切ないけど私的には感動した内容だったし、最後の方に近づけば近づくほどシキシマの人間らしさが見えてきて夢中になっちゃいましたね。
本当現世EDでの終わり方がめちゃくちゃ良かったんですよ(´;ω;`)

プレイ中は学園の“規制”によってシキシマが描いていた絵を見ることができなくて、この人はどんなものを描いているんだろうってすっごく気になるんですけど、最後には最高の贈り物が待っておりますヽ(*´∀`)ノ
そしてエピローグでは可愛いシキシマの姿が見られますので是非ともご堪能あれです(笑)

シキシマのシナリオでは自然にお互いが惹かれていきますし、シキシマ自身の変化も見えてくるのでそこもまた楽しめる部分でもありました。
石田ボイスというだけでもウハウハできるんですが、この人がどうしてこの学園に来たのかという理由やシキシマの生前の記憶を見ると切なくなり物語に引き込まれてしまいました。

NEVAEH EDは寂しい気持ちになる終わり方だけど、それでもこれはこれで幸せのカタチなのかなって思う終わり方でした。

頭が働かないのでちょっと短いですがお次にイキマスm(_ _)m

BAW_fuuki_01

私は風紀委員が大好きです!(笑)

ここの√では主人公との意外な繋がりなんかもあってちょっと驚きのあるシナリオでもありましたが、彼の抱えていたモノとかそれによって彼が選ぼうとうとする選択はとても悲しいものなので、ここでのNEVAEH EDは今までのキャラとはまた違った終わり方でしたねぇ(´;ω;`)

でも現世EDはとても素敵なEDだったなと思います(´∀`*)

アルマやサトル達と同様にすごく自然なEDだったと思いますが、その中でも風紀委員のEDは学園にいた時から校則を取り締まる側の人だった為、彼自身の変化が大きいのでEDを迎えた時の本来の姿というのも注目ポイントです(笑)
学園での風紀委員とは違いすぎてちょっと笑いがこぼれてしまいました。

この人が抱えている物は何とも言えない辛くて悲しい物なのですが、学園に来てそれを忘れてしまっているんですね。だけどあることがきっかけでそれを思い出してしまうんですが、彼なりのある想いからリンカを守ろうとするんです。
その守るために選んだ選択はとても賛成できるものではないけど、あんなに機械みたいだった人がリンカを守るために起こす行動とかには感動さえしますね(´;ω;`)うんうん。

今まで見ることのできなかった風紀委員がここでたくさん見ることが出来るのでそれだけで大満足なんですが、本当はどんな人なのかを知るともっともとっと好きになってしまった√でした。

EDを迎えたのにエピローグがなぜあんなにも出現しなかったのかは謎でしたが…最初からやってみてこれでだめならデータ消してやり直すか…と思っていた周回でエピローグをやっとやっと見ることができたので良かったですヽ(*´∀`)ノ
最後に一苦労でした…。

そのお陰かエピローグはとても楽しめました( *´艸`)
しかもこの人仮面なしスチルがお美しいので売り飛ばす前に何回も見ておこうと思います♪

何だかんだと最後は風紀委員のお陰で楽しかったです(゚∀゚ )
今日はこの後ゲームをするかは分からないけど、レックスを再開しようと思いま~す(∩´∀`)∩

本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました~!!┏○ペコ

【Re:拍手】
ふし様

お久しぶりです♪
本当にお財布が休まりそうにありません(´;ω;`)笑

そしてコドリアとダイナーを追いけるんですね~ヽ(*´∀`)ノ
コドリアはまだまだ悩んでおりますが、ダイナーはこれからどんどん企画などもさらに増えていきそうですよね♪
これはお財布が休まらないはずだw

ピリオドキューブのポヨポヨどうでしたか!?
やっぱり気になりますよね…あれで気にするなと言われる方が難しいです(笑)

ご丁寧に温かいお言葉をくださいましてありがとうございます!!
病気がわかった当初にもふし様がコメント下さりとても嬉しかったのを覚えています。
最後は辛かった時もあったかもしれませんが良い猫生だったと思ってくれてたらいいなぁ~と思います♪
もんちゃんで和んでいただけたなんてこれほど嬉しいことはありませんね(*´∀`*)
本当にありがとうございました!!

またお時間のある時は是非お立ち寄りくださいませ(('ェ'o)┓ペコ


風紀委員の仮面なしの姿に一人
大興奮しているりな子に応援(∪・ω・∪)ポチ
お願いいたします♪┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんわ♪(/・ω・)/ ♪

昨日独り言を見に来てくださった方々、そして沢山の拍手と応援を頂きましてありがとうございました!
とてもとても励みとなっております.゚+.(・∀・)゚+.

実はサトル感想をお昼の12時から18時までかけてちまちま、コソコソ書いていたんですがそのまま下書き(∪・ω・∪)ポチしたら消えてしまい…
帰ってきてからも書いていたら同じことして消えてしまい…

戦意喪失状態のりなこです( ºωº )
もう死にそうなほど自分がアホ過ぎて信じられません(´;ω;`)

でもサトル感想をお届けしたいのでお付き合い下さいませ~!!

BAW_satoru_01

まずですね…サトル√って今まで攻略してきたアルマやヒガとは異なるイイコサイドから始めるんですが、私はあやかしごはんの時のようにサイドごとにシナリオ中に起こる出来事って別の出来事で進んでいくんだと思ってたんですよ。

でも、ただ視点が変わっただけで同じだったんです!!
だからなのかアルマ√ではそれで良かったものがサトル√だと場面が変わりすぎて追いつかなかった部分があったように思います。

私、今までほとんどなかった『萌え』というものをこの√では得たんですよ。
だからこそ!!すっごく勿体無いぞこのシナリオー!!と勝手に思っております…。
そもそもですね、イイコサイドだけど風紀員とは業務的な話しかしないし、サトルは参考書ばっかり見てブツブツ行っているし会話のやり取りができません(笑)

そしてイイコなはずなのにワルイコとばかり関わっています(笑)

でもこのタイトルってワルイコと関わっていったり、ワルイコのしている事とかワルイコという存在が必要不可欠な内容なんですよね。
であればわざわざイイコサイドとワルイコサイドに分けずとも良かったのはないかと思ったり…もしくはせめてサイドごとにシナリオの中で起こる出来事は違う話にして欲しかったな…と。

アルマやヒガはワルイコサイドだから一緒でもまぁいいとしても、イイコサイドのサトル√でも同じ流れだとすごく違和感というか…よく分からないうちに次に進んでしまっている感じがありました。
なのでこのあたりは別の方が良かった気もします…。

肝心のサトルですがこの人本当に周りが見えていません(笑)
結構最後まで周りのことが見えていないのである事が起きます。というかそのことが原因でこの√の山場(?)と迎えます(笑)

実は私は最後の最後まで結構ボへーっとプレイしていて…というのもサトルとの絡みというのもそんなにないし、触れて記憶を見てしまっても肝心のサトルは勉強狂ですしね。
何だこの進み方は!!サトルの記憶ばっかり分かってサトルが構ってくれないヽ(`Д´)ノって感じだったので、ちょいちょい中盤から見えてきたサトルの可愛さがあればもういいやって思っていたんです。

そうしましたら…

なんと…なかなか切ない方向にいきやがりましてですね。
不意打ちのシナリオだったもんで最終話とエピローグでポロポロと泣いてしまったというわけです(笑)

サトルがどうしてそんなに勉強ばかりするのかとか、親からの圧力で行かないといけない高校があるんだと思っていたし、この学園にきたのもいつもみたいに参考書見ながら歩いてたら事故ったのかなって思ってたんだけど…。
この辺はサトル√をやって知ってほしいですね(´;ω;`)

サトルあんなにヤンデレ風の子だけどすっごくいいこなんですよ。
これもあんまり言うとネタバレするのも嫌だから言わないけど、良い子だしこのタイトルで今の所最萌えです(笑)
萌え要素が最後の2スチルに詰め込まれています!!(私は)

この最後があった事でサトル√が良かったものになっていると思います(。-`ω-)

本当はあーでもねぇこーでもねぇと色々書いていたけど、そろそろネタバレで萌えを叫びたいのでこの辺にしておきます。
未プレイの方やネタバレは嫌よという方はここで閉じちゃってくださいね~(´∀`*)ノシ 

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


























…│ω°)











































…│ω°)イキマスヨ
















































では…

まず、今まで目も合わせずに、フルシカトだったサトルがですよ。
勉強しながら返事をしてくれるようになり、次にはちゃんと話してくれるようになり、更には『リンカ』と呼ぶようになり…
文化祭の時なんかサトルから『行こう』って言ってきたり、リンカが疲れているのを気遣って『僕も座ってチョコバナナ食べたいから』
って言ってくるんですよ…?

可愛くないですか!?(笑)

もうあの暗くて会話もできないサトルだったからこそ、この変化が出てきたサトルが可愛くて可愛くて仕方がないです…。

しかもあんなに勉強していたのは父が亡くなってからの母が悲しみに暮れていて『お父さんのようにならないで』と言われた言葉に縛られていて、更にあるとき100点を取ったテストを見せた時のお母さんの笑顔が嬉しくて頑張るようになってしまったとか…。
なんだこの切ない展開は!!(笑)

そこからのサトルは本当に周りが見えていないし、友達が気遣ってくれていても見えず具合が悪くても見えず…学園に来てからも見えずで、自分が死んだことすらも分かっていなかったという。
死んで今の学園来たことを知ったときには『お母さんを悲しませた』と絶望するサトルが可哀想でしたね。

そこからイイコになることを決めてしまうんだけど、リンカが仮面のイイコ達の中からサトルを見つけて現世で会う約束をしてサトルに不意打ちチューをするんだけど、この時のサトル可愛かった( *´艸`)ウフ

で、ここからですよ。私の泣きと萌えは!!(笑)

まず目が覚めると病室でお母さんが言った『ごめんね。サトルのことをちゃんと見ていれば気が付けたのに見ていなくて』となく母に1ウル(´;ω;`)

周りを見渡すとお見舞いの品がたくさんあって、そこに一冊のノートがあるんです。
これらは全てクラスの友達が持ってきてくれた物なんですけど、そのノートには、元気になったらプールに行こうとか、サトルの好きな映画の新作が出たから見に行こうとかたくさん書かれているんですよ。

ここで泣きタイム(T_T)

サトルが周りに目もくれていなかった時でも友達はサトルのことを見ていてくれて気遣ってくれていたんですよ。
本当に温かい人たちに囲まれているし、サトルもとっても優しい子なんだなって(´;ω;`)

そして元気になってから高校の入学式を迎えまして、席に座ると後ろから『サトルくん?』ってり・リンカの声がします!!
『また会えたね。こんな形で会えるとは思わなかったけど』って言うと

サトルが泣きながら笑顔で『うん。会えた…』 『会いたかった!!』って!!

サトルー!!!!!!(つ´∀`)つ←抱きつこうとしてます

いや、何だろうこの無理矢理感のないEDというか出会い方というか!!
流れもそうだけどこのサトルのスチルがいいんですよー!!

で、私の最萌えはエピローグなんですけど、一緒に帰ろうとしている時にサトルの下駄箱の中にラブレターが入っていて、リンカが横でどうするんだろうとそわそわしていると
『ごめんなさいって断らなくちゃ』って言います。

『いいの?断っちゃって』って言ったら

『だって僕好きな人いるし』

『誰か分かってるでしょ?』って… ( °ω°):∵グハッ!!

うん!!分かってる!!私だよね!!←リンカです。

サトルー!!(つ´∀`)つ

そしてここで不意打ちチューです。 ( °ω°):∵グハッ!!( °ω°):∵グハッ!!
卒業式の時されたからお返しなんだってさ!
もっとお返ししてもいいんだよサトル…。

サトルもギャップの固まりすぎてとりあえずこの最後の最後に萌えを詰め込まれて大変でした…というか本当に楽しかった(笑)
でもこの現世のサトルともっと話が欲しかったなぁ…
だって絶対可愛いんですもん!!

最後の2枚のスチルが好きすぎてこれを書きながらまた見たくらいです(笑)

サトルに来てこのタイトルで萌を見つけられて良かったです。
安心しましたヽ(*´∀`)ノ

最後はとことん萌え場面と泣き場面を叫ばせて貰いましたが、これでこの√をかなりカバーしてくれたと思います!!
お次はシキシマくんなのでそろそろ行ってこようと思いますε”ε”ε”(ノ´・д・)ノ

本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました(('ェ'o)┓ペコ


BAWを開始して久々の萌に
死にそうになったりな子に応援(∪・ω・∪)ポチ
お願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

皆様こんばんわ(笑)

BAWの初回プレイ感想に覗きに来てくださって、そして拍手・応援、コメントを下さいましてありがとうございました♪
それを活力に…また来ちゃいましたので(笑)お付き合いくださいませm(_ _)m

というか…大変です!
BAW意外とサクサク進められてしまうシステムなので、予定よりも早く終わってしまいそうな予感…。

今ヒガの現世EDとNEVAEH EDが終わりましたが、ほとんど早送りで進められるので3時間とかで終わっちゃったと思います。
ヒガの場合はワルイコサイドの共通部分がアルマと同じなので個別に入るまではほぼ早送りで進められて、6章目から個別になりますね。

まずはアルマのNEVAEH EDがやっと…やっと迎えられましたので先に感想をば。(ヒガプレイ前に迎えられましたw)
いや、ここまで必死になってEDを探したのは久々な気がします(;´∀`)
でもNEVAEHはちょっと寂しいというか切ない終なんですけど、よくある乙女ゲーの切ないとはまた違う気がするな。

例えばですけど、主人公が死ぬとか攻略相手が死ぬとか諸々BADの終わり方ってあるけど、死後の世界だから死ぬなんて事もないですしね(笑)
なんだけど今回のアルマのNEVAEH EDはある意味死んで終了というEDよりも、何か辛いかも…と思います。

アルマが流す涙の理由を知った最後にはこの人がもうちょっと頑張って気持ちと向き合っていれば…ともどかしい気持ちにもなりますね。いや、あえてNEVAEH EDにしているのにヽ(`Д´)ノ<貴様~!!ってなった(笑)
話の流れ的にはほぼ同じで最後の方がちょっと変わるだけなのでほとんど同じ流れですが、NEVAEH EDでは自分の中のある感情を取り払うことができず病んでいる方向にいってしまう…といった感じかな。

私はこの終わり方嫌いじゃないです(`・∀・´)このちょっと重め展開!!
そしてアルマのこのNEVAEH EDのヒガくんがさ、何か良かったんですよね。ただの筋肉馬鹿じゃなかったんだなってゆうか(←失礼)意外と周りのこと見ていたんだな…と思うシーンがりまして。

一言二言交わしただけなんだけどなんか次に攻略するのが楽しみになりました♪

そして一人のキャラにEDは二つなので実にシンプル!!w
一周目はちょうど良かったけど、2周目以降は恐らくこのボリュームの少なさが物足りなくなるような気がする…(笑)
昨日も喋りましたけど進み方も実にシンプルですしね~。
ただ、NEVAEH EDを迎えるためのスチルタッチでの稲妻が…なかなか出てこなくて何回もやり直した時には( `皿´)キーッ!!ってなりましたけどね(;´∀`)
やっと出てきた稲妻~!!←ここで一応SAVE

次でも稲妻が出ず長いこと奮闘…
∧_∧( ºДº)キーッ!!!

やっと出てきた稲妻でやっとこさ終了です(笑)

疲れた…。
何度休憩にヒガを挟もうかと思ったことか!!でも耐えて耐えて、すっきりしてからヒガくんに…という思いから頑張って終わらせました~。

そして、前回書き忘れてましたけど…(;´д`)
各々の持ち物についてですが、一つ一つに何かしら意味があるんですけどアルマの赤い糸は何だかちょっと深かったなぁと。
きっと皆の持ち物も深いんだけど、赤い糸って聞くと運命の赤い糸を想像しますけど…。ね!←(笑)

それだけじゃないってゆうか、なんてゆうかすごく大切なものであり、これからも大切な物になるというか。
とにかく赤い糸はただの糸じゃなかった!!(笑)

さて、ここからはヒガくんの感想に参りたいと思いますが、ちょっと残念なというか思ったことを一つ。
このボリュームで同じワルイコサイドならば、せめてサブキャラのシナリオ部分を他のサブキャラの話しにしても良かったのでは…??と思います。
というかヒガ√ではアルマとはちょっと違った流れになっていたので、そうなるもんだと思って進めていたんですけど…最終的に行き着くところ(サブキャラのシナリオ部分)は同じ結末だったのが残念でした。

ちょこちょこしたところも同じなので共通部分はほとんど早送りなのでちゃっちゃか進んでしまいます。
個別に入ってからはもちろん別なんですけど、シナリオの流れは同じでヒガと一緒にいるという行動する相手が違うだけって感じですね。

なんだかんだ最後は楽しめたけど、ちょっと物足りない感じが否めなかったかなと思います。
アルマの時には感じなかったんですけど、文化祭のシーンではちょっと(´ε`;)ウーン…と思うところがありました…。ネタバレというか内容を言う事になるのでおとなしくそこは黙っておきますが…(´・ω・`)

その黙っておいたこと以外にももうちょっと何か欲しかったな…と思ったヒガ√でした。
そして…何かバグ?なのかな…?スチルタッチする時にフリーズというか、2回タッチしたあとどこタッチしても反応しなくなってしまって動かなくなったー((((;゚Д゚))))

BAW終了して始め直したら大丈夫でしたけど、焦りました(笑)
その後は何事もなく進められましたし、ヒガのNEVAEH EDはそっこー迎えられてイライラする事もなく無事に終わりました(`・∀・´)

ではヒガの感想にいきたいと思います♪

BAW_higa_01

ヒガは絵に書いたような不良風のキャラですね。

いつも怒ったような口調に怒ったような顔でリンカは無駄にビクビクしているし…大丈夫かな(苦笑)って感じでしたが、アルマに比べるとシナリオは物足りなく感じましたが乙女ゲーらしさはこの人の方があったと思います(笑)

前回同様にキャー!!萌えー!!という萌え転がりはないけどアルマの時の控えめさに比べるとヒガの場合は、よくいるスポーツ馬鹿とか筋肉馬鹿的な要素があるので、いちいち照れたり赤くなったりして可愛いです。
というかアルマがわりとさっぱりだったので可愛く感じて、いちいち( ̄∀ ̄)ニヤニヤしながら進めてしまいました(笑)

この人は優しくて正義感が強い(?)という一面があるんだけど…それがアルマをあまりにも崇拝しすぎている故のものだったりするので、最初はアルマに言われたから傍にいるって感じで恋とか愛とか程遠いですね。
アルマの金魚のフンにしか見えないけど…この人のこと好きになれるかな…と若干不安になりつつ…。

何だかんだと少しずつ距離を縮めて、ヒガがNEVAEH学園に来た記憶や生前の記憶を知っていく中で恋らしき方向に。

わりとアクシデント的なスチルとかもあるし、諏訪部さんの声で聞かれたくないようなことをボソボソ言うシーンなんかはニヤニヤ出来たけど、な・なんか物足りないんだ!!
何なんだろう…ヒガ√はスススー(((っ・ω・)っっと進みすぎているというか、早送りしているからかな?
いや、でもそうでなくて…私がこの度も身を乗り出す出来事が起こるまでは、個人的には何か流れていくような感じで見てしまったんですよね。(所々ニヤニヤするんですけどね…)

で、その身を乗り出すシーンは突如来ますし、わりと終わりのほうで来るので…というか終わりの方で起こったその出来事が『え!?』ってなってちょっと私がフリーズしちゃいました。
↑こうゆう反応ができたらこっちのもんです。

ここからは何だかんだ楽しめたんですよ。
ちょっと切ない気持ちもありながら一緒に頑張ろうぜーって感じで進めましたし、ただ…ただね…最後の主人公の○○はさっぱりしすぎていたと思うんだ!!(ネタバレ要素なので詳しくはネタバレで…)

もうちょっと感動させてくれる何かが欲しかったなぁと。
あぁヒガくんごめんなさい(つд⊂)嫌いじゃないんだよ…だけどどうしても物足りなかった。

NEVAEH EDでも結局知りたかった肝心のお兄さんの叫んでいた言葉は分からずじまいだったし…これめっちゃ知りたかったけど私が見落としただけだろうか…(゚д゚lll)
後で気が向いからもう一回見てみよう(笑)

とりあえず次はサトル攻略予定なので一旦ワルイコサイドとはお別れなのでリフレッシュしてこようと思います(笑)
せっかく石田さんのシキシマが楽しみなんだけど、ワルイコサイドだからちょと気になるなぁ…と思うんだけど、でも√はワルイコサイドだけど本人はカワッタコだからまた別なのかな…?
別なことを祈ります(*´Д`人)

そして先生方なんですけどね…
うーんと、えっと、3人もいる意味あるのかな…?と2人を攻略した時点では思ってしまうのが素直な感想です(笑)

あんなにキャラが濃い人がせっかく3人もいるんだから、せめて攻略できないにしても何か欲しいような。
ほとんど絡むこともないですし、うさぎ先生はちょこちょこ説明(?)みたいな感じで出てきてるけど…バケツ先生とかガスマスク先生とかそこまで…って感じです(笑)

なんか勿体無い気もしますが、これから何かあるのかな?(*´∀`*)ノ。+゜*。←期待
夢を見ることは勝手ですもんね!!そうします(笑)

では、アルマのNEVAEH EDとヒガくんのネタバレにいきたいと思いますので、未プレイの方やネタバレは嫌よという方はお読みになりませんように!!
































|д・)
































|д・)イキマース






































まずアルマですが…
これ、アルマのかつての好きだったあの人ってリンカの前世という事でいいのかな?
ちょいちょいそう思わされる発言があったので私はそのように解釈しておりますが…。

もう最初はアルマってば攻略対象なのに生きていた時に想っていた人の記憶が強すぎて、しかもその人との約束に縛られすぎて、この後どんな形であれ主人公の事を好きになるというのがどうしても違和感…だったんですよね。
強く想いすぎてというか…。

でも、心を開いていく過程とか絶望しそうになりながらもその気持ちをリンカの想いに支えられて変わっていく中で、“あれ?リンカってもしや…”と思ってからは不思議と自然に受け入れられました。

そしてアルマがどうして死を迎えたのか。
これが最も悲しかった事実だったなぁ…。
彼女が亡くなってしまって最期まで一緒にいるという約束を守れなかったことで自分を縛り、時間が経つ中で薄れていく彼女の記憶に対して自分を赦せなくて、その記憶を無くさないためについには自殺をしていたとは…。

そんな悲しい気持ちや絶望を背負ったアルマを救えたのが何もないリンカ。

リンカは本当に最初のうちは“からっぽ”と言っている意味が理解できるほど淡々とした子だなぁ~って感じだったけどアルマやワルイコ達と過ごす中で少しずつ変わっていって、女の子らしくなったというか人らしくなったというか。
変な言い方だけどここに来て良かったね!!と思いました。

そもそも始まりが死んでから開始なので、リンカがしょっぱなに事故に遭うというのが衝撃でしたけどね!!

でもそこからNEVAEH学園に行って色々な人に出会って、皆のように自分には何もない、私なんて…って思っていた彼女が成長していく様子は良かったと思います。
最初はちょっとウジウジしていてイラっとしましたが、途中からは頼もしくさえなっていましたしね。

そしてアルマと学園で想い合うようになってからですよ!!

普通の流れならここで思いを伝え合って(´∀`*)ウフフな感じだと思うんですけど、NEVAEH学園から生還してまた出会えた時に伝え合おうと来るとは。
この世界では愛を伝えることができないからそうなるのも納得の流れなんですけど、なんかこれが良かったんですよね!!

アルマとリンカは生まれた時も違うし、どうやって現世で出会うのだろうか…。と思いましたが、まさかそう来るとは思わなかったぜー!!
リンカ最初に事故に遭って死んでるんですよ、で病院に運ばれると…アルマがそのオペをする医師になっているんですねぇ。

うんうん。乙女展開の運命的再開です(笑)

でもリンカはまだ高校生なので卒業したら気持ちを伝える…という事になったらしい。(ここは3年後…の時に活字で出てくるのですが『え!!また待たされたの!?アルマ引っ張るねぇ~!!』と思ったことは内緒です。)
そしてやっとお互いの気持ちを伝える時…

ここでは(*ノェノ)キャー!!萌えだわー!!と叫ぶような出来事はないんだけど、今この時まで一言も言ってくれなかった言葉がやっと、やっと聞けたというだけで私は( *´艸`)ハァ~となりましたね。
もう引っ張りすぎてこの瞬間が最大に萌えたんだと思う(笑)

二人の幸せそうなスチルを見ていてこっちも幸せになりました。

そして…あの赤髪のアルマに櫻井さんという配役がどうしてもモゾモゾしていた私ですが、現世EDののアルマを見て『あぁ。そうか…この人なら櫻井さんでぴったりだよね』と思いました。

打って変わってヒガは実際のヒガが生きていたらとっても年齢が離れていたんだろう…という事で、現世EDで会えたのは生まれ変わったヒガでした。
そしてヒガが生前とても慕っていた兄の子供として生まれていたという…。

何だろう…感動するべきなんだろうけどちょっと感じる無理矢理感!!
いや、とってもいい話なんですよ?いい話なんだけど展開がすごすぎて若干私蚊帳の外になっちゃいました(笑)

でも何が衝撃だったって…あの最後の皆でキャッチボールしたタイミングでヒガが消えちゃうことです。
全く想像していなかった流れだったので驚きましたし、なんで今!?とも思いました。でも、サンズもそうだったけど、途中で異例の卒業をするというのは、新たな命として生まれ変わるって事なんだな~と一つ謎が解けたので良しとします。

そうそうサンズと言えば、私アルマの√でのサンズの流れ好きだたんですけど…
ヒガ√ではナラカとの距離も近づきつつ、更に文化祭のファッションショーをせっかく一緒にやったしいつもナラカが絡んできてたから、もっとサンズみたいにナラカの出来事で禁忌のリンゴが出現すると思っていたのに…

またサンズか~い!!って(笑)
しかもちょっと無理やりな感じでサンズの方向にシナリオがいっちゃったし、そのまま消えちゃったしで残念でした。
アルマ√の時はこのサンズの流れは普通に受け入れられたけど、ヒガ√ではサンズよりもナラカと一緒にいたから流れ的にちょっと違ったというか、せめてここの√ではナラカのシナリオで行って欲しかったなぁと思います。

嫌なことは先に言ってしまおう!!ということで、主人公の送辞ですよ!!

ヒガが異例の卒業をしてしまったことで辛い思いをしているし、それでも今まで皆で頑張ってきたという想いとかヒガの分までという想いから主人公が卒業式の時に卒業生に向かって送辞を読んだんだが…
いとも簡単に仮面の人たちが泣いてしまって『これからか!?』って時に終わってしまったんです((((;゚Д゚))))

ワ、ワタシカンドウデキナカッタ( ºωº )

いや…文句ばっかり言ってないであなたが考えなさいよと言われてしまったらごめんなさいと謝るんだけども…あんなに感情がなかった仮面たちが、そして悲しみを背負っていたヨウがわりと早い段階で立ち上がってしまって、他の人たちの仮面が外れる音がしたときは『もうはずれた!!』と若干この世界に戻ってきてしまった…とういうか入り込めなかった(笑)

でも諏訪部さんの声とヒガというキャラでちょい萌は頂きました!!

聞こえないように早口で言う独り言的なボソボソとか、リンカがちょっと触ろうとしたら照れてうろたえたりとか何か可愛かったんだなぁ。
そうゆう部分ではアルマよりもちょい萌えが多かったと思いますヽ(*´∀`)ノ

恋愛という面ではまぁわりと楽しめたかな?と思いますね。
それでも何かやっぱりもともとシナリオもボリューミーではないし、選択肢もなくEDも二つだけならもうちょっとひねりが欲しかったなというのが正直なところです。

(´ε`;)ウーン…

ヒガネタバレ感想がちょっと不満が多くなってしまったのは申し訳ないとは思いますが…。
これが私の正直な感想です(´;ω;`)

気を取り直してサトルをちょこっと進めてから寝ようと思いますヽ(*´∀`)ノ


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちは~(。・ω・)ノ゙

昨日の独り言に足を運んでくださった方々、拍手や応援、そしてコメントをくださった方々ありがとうございましたm(_ _)m
毎日覗きに来てもらえてとっても励みになっています!!
そして、拍手コメントを下さった方へは独り言の最後でお返事をさせて頂きますが、独り言タイトルに【Re:拍手】と書かせていただくことにしました!!
タイトルがどうしても長くなてしまうので簡潔に…と考えた結果これで統一しようかと(笑)

わたくしめに頂いたコメントがあまりにも嬉しくてですね、コメントを頂いて読むたびに( ・∀・) ニヤニヤしながら読むんですが、拍手コメントを頂い方にもちゃとお礼を伝えたいしお話したいわ~という事で嫌がられようともお返事させて頂きます!!(笑)

そして、今日はBAD APPLE WARSの第一弾の感想を喋りに来たのですが、その前に一つだけ…。
一応これは個人的なお話しなのですが、心配してくださった方々もおりましたのでこの場を借りてご報告させて頂きたいと思います。

少し前に病気になってしまったとお話していていた我が家の愛猫モンちゃんですが、今日のちょうど0時半に息を引き取りました。
ここ最近は水も飲まずに、自分でも歩けないほどでしたが最後まで近くに居ることができて、最期の時に一緒にいてあげられて良かったと思います!

実は、日中は仕事で家に誰もいないので(天からの)お迎えがもうすぐ来るとしてもトイレも1人で行けないし…って事で今日はお休みをもらっていました。
普通の会社なら猫ちゃんの事でお休みを貰うなんてできないと思いますが、うちの会社の社長はもともと友達なので『平日だし休んでいいよ』という優しい計らいでお休みを頂いていたのです。

そして昨日帰ってきた時に『りな子が帰ってくる前に痙攣みたいになってぐったりしてるよ』と言われまして、あぁ、もうすぐなんだなと。ここ数日心配だったのでリビングで寝ていたのですが、今日もいつどうなってもいいようにりビグにいようと思いBAWにキャッキャウフフしながらも鳴くたびに声をかけて、モフモフ触りまくってました(笑)
ちなみに昨日は父もリビングで寝たという(笑)

ちょうど0時半を回った時にいつもより大きな声で鳴いたので父をたたき起こしまして2人で看取ることができました。
もんちゃんありがとう~!!ヽ(*´∀`)ノと笑顔で送ることもできましたし、これまでいっぱい泣いたので(笑)
心配してくださった皆様ありがとうございましたm(_ _)m

と、せっかく覗きに来てくださったのに暗くなるのも嫌なのでこの話はここまでにします(`・∀・´)

感想前にあらかじめ言っておきますが、私は今さっき終えたばかりでとても興奮状態ですし、言葉を選べば選ぶほど上手に言えていないと思いますので…
それでも読んでやるよ!という方はお付き合いくださいませ(笑)

先に謝っておきます!!
分かりにくくて申し訳ございませんm(_ _)m

では…!!笑

baw_title

待ちに待ったBAWですよ~ヽ(*´∀`)ノ

とりあえず私個人的な今一周目を終えてみての一言目は
『買ってよかった!!面白かった!!』 が一周目をプレイしてみての感想です。

ちなみに一発目はアルマで現世EDを迎えています。
全9章+最終話+エピローグといった構成になっていて、昨日の夜開始してからと今日続きからプレイしたのを足してだいたい6,7時間程でエピローグまで終えています。

最初は予想プレイ時間を知ったときは短いのではないか?ボリュームは大丈夫かな?と不安になる事もありましたが、私はちょうど良かったなと思います。
というのも、個別が6章から始まるのですがわりと共通√と個別に入ってからも大きなシナリオの動きがなくて失礼だと思いながら若干私は無になってプレイしていたんですよ(笑)
なのでこれ以上長いとその無でプレイしていた時間が長くなると思うと、今のこの感想とは違っていたかもしれませんしね。

つまんないとかではないんですよ!!(笑)
小さな出来事が毎日に組み込まれていて、それが当たり前に過ぎていく感じというか…うまく説明できないんですけど(;・∀・)

共通部分はNEVAEH学園に来た主人公リンカがその場にいる事を受け入れられていなかったり、それでもその場所に来てしまった以上は慣れていかないといけないという事で徐々に慣れていく様子とかが描かれています。
そして最初のうちは主人公があまりにも淡々としていて、というか無感情過ぎてというかそこに違和感を感じます。

受け答えが主に『あぁ…』から始まるんですけど、それにえ!!(゚д゚)!と驚きさえしましたw
だって仮にも乙女ゲーの主人公ですよ!! あぁ…ってなんだよう!!と思いましたが、これはプレイしていくと納得の出来るモノになるんですが、初めは変な気分でしたね(笑)

今回ワルイコを先に選んだのでワルイコ達と知り合っていって、普段の皆が過ごす学園生活を見たり一緒に過ごしたりしていくんですけど、その中で皆との距離が縮まっていって、さらに皆の(主に近くいいるサブキャラの)抱えるものとかに少しずつ触れていくんですよね。

今回はアルマを攻略したかったので主にアルマとの接触が多いですが、共通部分ではずっと一緒にいるという感じでもないし恋愛面は少しずつ縮めて行くので控えめです。
サブキャラとのシナリオというのもアルマとは同じワルイコサイドだけどアルマは関係していないですしね。

そもそも恋愛をするためだけではないというか、キャッキャウフフするだけの内容とかではなくもっと深い部分というか…。その気持ちを持つことに意味が有る、そんな感じの心の繋がりという感じだったように思います。

そしてその皆の気持ちというか想いとかに触れていく過程とか、一歩踏み込む出来事があるまでは淡々としているので何も考えずに無になると思うんですけど(私が言っていた無になるとはここの事ですw)、その一歩踏み込む出来事は相手も、そして主人公にも心に変化がありますし皆と過ごす時間がこの出来事によって大事なものになっていきます。

ちなみにワルイコサイドの学園生活の中では破ってはいけないとされる校則を皆で破っていくことになるんですけど、その校則を破ることには【意味】があるんですよ。
この校則を破るという行為と、それを為した時に起こる出来事というのがプレイ中に分かりそうでうまく言葉で表せない気持ちになるんですけど、最後に全てが納得できるようになっています。

それと今回のシステムはめちゃくちゃ簡単なんじゃないかと思います。

選択肢が無いかわりに、攻略対象のスチルにタッチして心の言葉(?)を聞くことで次のシナリオに進むという流れなんですけど、いくつかの部分をタッチして声を聞くと次のシナリオに進みます。
触った時に触れられたくない部分には青い稲妻が走るんですけど、私は1回しかこの稲妻は出てこなかったです。(という事は絶望EDに行くのが難しいのか…?w)

で、あのスケスケモードですが…心配するほどの物でもなかったな(笑)
というか別に裸にならなくても良い気もするけど、あれはあれで裸の意味はあったかもと思います。
多分今まで隠してきた気持ちとか自分の弱い部分の声になるので、服が透けることで心を顕にしている様子は伝わってきましたしね。

そして無になってプレイしていた状態だったのがある時に身を乗り出す出来事が起こるんですよ。(私が乗り出したってだけですけどw)
そこからシナリオにも面白さが出てきて今までよく分からなかった部分とかモヤモヤ~っとしていた部分が少しずつ繋がっていく感じで夢中でした(笑)

アルマ攻略という事で、風紀委員やシキシマはちょこっとしか出演しないですしサトルに至っては最初に出てきただけで後は名前がちょこっと出てくるだけ(笑)
わりと他の攻略対象との接触がないんですけど、サブキャラ達は常に周りにいるので二人だけの中でシナリオが進んでいくという感じでもないです。

サブキャラのシナリオもとても良かったですしね!!

それと現世EDだけでもスチルは1枚を抜かして埋まっているので、アルマのスチルは差分を抜かすと15枚です。
後からスチルだけ鑑賞すると甘さ控えめすぎるやろ!!と思いもしますが…(笑)シナリオ中にいる時や話しの内容を踏まえるとこれで良かったんだなと思います。

そもそも死んでから始まる世界ってどうゆうことかと思いましたが、ここにきて初めて主人公が得たものとか、それは死んでNEVAEH学園に来なかったら得られていないものなので何も持たない“からっぽ”の主人公だから意味があったんだなと思いますし。
死ぬとか生きるとかそうゆうのが身近にある世界にいて、それに繋がる想いを抱えているので、ちょうどいい恋愛過程だったと思います。

綺麗に言うならば儚い感じ?と言えばいいのかな…。

愛とか恋とかだけでなくて、信頼とか希望とか大切な感情とか気持ちとかが詰まっている感じですかね。それっていつどんなときにでも気持ち一つですぐ崩れるし、でも気持ち一つでまた持ち直すこともできますし…。
あぁ伝えたいことがうまく言えなくて詩人みたいになってますけど…(笑)

とにかくこの長くはないシナリオの中にそうゆう儚い感情というか、そのようなものが詰まっていたと思います。

余談ですが私はプレイ後に即!!このBAWのOPとEDの曲をDLしましたよ~(笑)
ED曲がシナリオ中に流れるんですけど、そのシーンもまた良くてですね!!私はとても好きなのですヽ(*´∀`)ノ
このEDの曲にはあるキャラが関わっているんですけど、そのシナリオも凄く良かったですしサブキャラ達との仲間としての繋がりとか、アルマだけでなく皆と縮まる距離がとても心が温まりますね。

これ以上喋ると余計なことまで喋りそうなのでそろそろアルマ感想に行きますが…その前に今回楽しみにしていた個性的な先生方ですが。
まずうさぎ先生の杉田さんのキャラが強すぎて最初はめっちゃビビりました(笑)

いや、杉田さんすごいよ。
そうゆうキャラでもいけるんだねと…(笑)

そしてガスマスク先生は自称変態ソフトSなんですが、とーっても変わっていますヽ(*´∀`)ノ
それでもやっぱりガスマスク先生が好き!!

バケツ先生は出てきた瞬間に『あ!土方さん!!(´▽`)』と思ったらバケツだー!!と…コントのようですがこうなってしまうと思います(笑)
だってバケツなんだもん。
それぞれかな~り濃いキャラだけどいい味出してました。先生方とももっと絡みたいね(。-`ω-)

それではそろそろ…

BAW_arma_01

アルマはこの見た目で櫻井さんの声というのが、違和感があったわけではないですけどいざプレイして目の前に動くアルマであの声を聞くと、何故この声にしたんだろう…という気持ちがあったんですよ。
でも、現世EDのいっちばん最後のエピローグを迎えると『あぁ!!そうか…だから櫻井さんなのか』 と一人勝手に納得しました(笑)
特に私が思っているような思惑がなかったとしても、ここでやっとこの配役に一人で激しく納得したんですよね(笑)

アルマは最初は冷たくもないし優しくもないし普通です(笑)
だけどその中に感じる感情の無さというか、どこか『一人』な感じがすごく気になる人でした。
でも少しずつ距離が近づいていく中でアルマの記憶を知っていくことになるんですけど、それがなかなか切ないんですよ。

その出来事があるからブレずに強くいようとするアルマが時に痛々しく見えたりもするんですけど、直前までルートレックスをやっていたせいかアルマが越えようとしている気持ちの壁がとても遥かに高いものに見えました(笑)
生死に関わっている内容ってゆうのもありますけど、どうしてアルマがこの世界にいるのかというのが分かった時には『そうゆうことだったんだ…』とちょっと悲しくもなりましたし。

死んでからNEVAEH学園に来るということはそれぞれ様々な形で死を迎えているんですけど、それはどのような形で迎えているものなのか分からないんです。
今回のアルマは彼を知っていく中で分かる時が来ます。

そしてその死を迎える時まで彼が過ごしてきた記憶とかをスチルの触れ合いの中で知っていくんですけど、これが結構重いというか辛いというか。
ただでさえ死後の世界で過ごしているのにまだ何かあるのか!!とツッコミさえしたくなりますが(笑)
その生前の記憶があるからこその物語なんですけどね、ちょっと切ないという気持ちが出てくるこの内容に驚きつつも、このタイトルを楽しめた一つの要素かなと思います。

しかもこのNEVAEH学園に来てる人たちは共通して“ある感情”を抱いた事でここに来ているので、その感情に抗って初めてこの場を去ることが出来るんだと思います。
その“ある感情”を持ったままだとどこにもいけないんだと思うんですけど…←これは私の勝手な解釈です。

アルマの場合はその感情が奥底にはあったのが少しずつ見え隠れするようになってきてからシナリオも面白くなってきました。
同時にその辺からグッと主人公との距離も近くなるんですけど、それまでは本当にちょびっとずつ近くなっていく感じで萌えとは程遠いと思います。

さっきも同じことを言ったんですけど、もう萌えとか恋とかそうゆう次元じゃないってゆうか!(笑)
もちろん皆無ではないんですけどもっと心が温まる気持ちというかですね…とりあえずアルマの現世EDを迎えてみて欲しいです(笑)
なんか色々な意味で『良かった』と思える内容です。

そんで『萌え』の話しですが、はっきりいって(*ノェノ)キャーとか、・:*:・:ウーン!!(ノ)'ω`(ヾ)萌ぇ!!:・:*:・という内容ではないです。
でも、このシナリオでのちょっとしたシーンだからこその程よい萌えが私にはありました。

在り来りな内容だけどアルマがリンカと距離を縮める中で変わっていくんですよ。といっても性格が矯正されるとかそうゆう事ではないけどその変化もまた良いし、その変化によって得られるちょい萌えが私は満たされましたね。

エピローグはとても幸せな気持ちになれる内容になっていますしね。

そう!!
共通や個別√ではこのエピローグにある、『ある物』がないんですよ。んで、エピローグにきてやっと……する事ができるので、最後に萌え(?)キュン(?)が詰められているといえばいいんだ!!(笑)
でもちゃんとエピローグ前にもちょっと(*´艸`)キャってなる場面もありましたけどね♪

でも話しの内容の事を思うと甘々過ぎても無理やり感というか違和感が出てくると思うので、今の感じでちょうど良かったし楽しめましたし満足です!!

アルマや主人公、そしてその近くにいたサブキャラ達が一緒に過ごして行くことで乗り越えたものとか得たもの、そして皆でした約束が果たされることを願いたいですね!!
泣きはしなかったけど最後はとても感慨深い気持ちになりました~。

そして今回はネタバレ感想を書こうかどうしようかとっても悩んでいたのですが、購入を検討していますよ~!!という方も結構いらっしゃったので、ここでは喋らずに絶望EDを喋りに来た時に一緒に喋ろうかと思います。

最後まで『お前は何が言いたいんだ!!』と言われそうなホワホワ~とした感じになってしまったような気もしますが…最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!!┏○ペコ
次はアルマ絶望EDとヒガにいこうと思います(`・∀・´)

また長々と喋りに来ますのでそのときはヨロシクです(´∀`*)ノシ 
ありがとうとざいました~!!



やっぱりクロスレビューなんて私には関係なかったやい!
と改めて意気込むりな子に応援(∪・ω・∪)ポチ
お願いいたします(('ェ'o)┓ペコ

母の上で幸せそうにゴロンするモンちゃん(笑)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんわ(*・ェ・*)ノ~☆

2回目を失礼します!!報告したら直ぐに終わります(;´∀`)
あまりにも嬉しかったので来ちゃいました(笑)

帰ってきたらBAW届いておりましたよ~♪ヽ(*´∀`)ノワーイ

todoita.JPG

リビングに入ったらすぐに楽天ブックスの箱が目に入り『来てた~!!やった~ヽ(*´∀`)ノ』と喜んでしまった(笑)

そして早速プレイしようかとウキウキしながら開封し、ドラマCDも明日取り込もうと思っております。
結局攻略順なさそうなので…予定通り!!

アルマ→ヒガ→サトル→シキシマ→風紀委員でいこうと思います!!
ちなみに風紀委員って隠しとかじゃないですよね…?((((;゚Д゚))))

とりあえずは最初はこの世界を楽しむのと、どんなシステムなのかに慣れる感じでワタワタしそうだけど楽しみます。
いつも初めはワタワタします(笑)
特にミニゲーがあるやつは最初は緊張するw

でも今回はそうゆうのないですし大丈夫そうですね(`・∀・´)

では行ってきますεεεε*。:・''((⊂(っ´・∀・)っ イッテキマース!!


BAWが届いて(;゚∀゚)=3ハァハァしている
りな子に応援(∪・ω・∪)ポチお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


【11月19日拍手コメントのお返事】

かよ様

コメントありがとうございます!!
というか最後まで読んで頂いてこのようにコメントをくださってとても嬉しいです(*´∀`*)

スイクラがお好きということで、かよ様は既にプレイ済みなのですね!!
時間ができたらすぐさまスイクラをプレイしようと思っております♪
ここまで面白かったという方が多いとなると、恐らく感想の独り言が長くなるかもしれませんね(笑)
それでも是非覗きに来ていただけたらと思います。

ひねくれているゲーム…と聞いてより楽しみになってしまった私はひねくれているのでしょうか(笑)
素敵な萌えキャラに出会える事を楽しみにしています(*ノェノ)

ありがとうございました!!┏○ペコ



最新の独り言