FC2ブログ


こんばんは~♪ヽ(^o^)丿

まずは、昨日のビズログの感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントを下さいましてありがとうございました‼
本日も大変励みとさせて頂いておりま~す\(^o^)/

うぉーーーーーーーーー‼クリムゾンエンパイア終わったぞ~~~~~‼(笑)
無事にトロコンして参りました~°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

2018-10-23-201030.jpg 

何だかんだと予想以上にコンプまでにだいぶ時間がかかってしまった…。
けど…けど……‼

何回も言うけど生まれて初めてクリエンをプレイした時には、本当に進めるのが辛くて苦しくて中断しちゃったんだけど、改めてやったら結構楽しかったしちゃんと全キャラ制覇する事が出来たよー!(^o^)
いやぁ~長かった…長かったけど面白かったです!

Vitaの調子も良いしぃ~♪と思って調子に乗ってたら、昨日ミハエルの途中まで進めてちょっと置いておいて、再開しようとしたら…また例の《SDカードがうんにゃらかんにゃら~》になって、ひぃぃぃ!(゚Д゚;)ってなったんですけど、強制スキップまでそこまで飛ばして何とか無事に全部のシーンとEDを回収してきました~!\( 'ω')/

って事で、今日はまとめ感想とエドワルドとミハエル、全部ドーンと一気に感想を喋らせて貰おうと思います。
早速まとめ感想からいきます~♪

◇まとめ感想
kurien001_banner.png

何だかんだと全て終わったみたら結構面白かったな…と、率直にそんな感想を抱きました。

前半にプレイしたマーシャル・ブライアン・ランビュールに関してはわりと敵対していたりとか、その他の立ち位置でもメイドと貴族の関係性なので、普通に出会って付き合って…というのとは異なる形になりますし、身分の差での障害というのはあるにはあるんです。
あるのだけども、結構2人の距離が近づいていく事で恋愛に発展している様子になり、どちらかというとシエラにはエドワルドという一生仕えると決めた主人が居るので、相手キャラの方がシエラの事を好きになっている方が強い描写ではあるんですよね。
でも、そこからシエラの方も相手の事を好きになっていく…という、"恋愛"という所が(当たり前だけど)描かれている…、ちょぴっとだけ普通じゃないけどここの中で言うなら割と普通めな√展開かなと思います。

そして、エドワルド・ジャスティンの敵対している王子同士の√をプレイする事で、この物語はこの二人がお互いを守ろうとして辿り着く先が、プレイヤーが回収する各EDに繋がっているんじゃないかな~という風に思えるんですよね。
今までのキャラや王子2人のEDには、BEST EDやGOOD EDの他に後2つEDがあるんですけど、その後の2つのEDというものは、どちらも一般的には幸せなエンディングとは言えないものなんですよ。
でも、あのエンディングを各√で何回も迎えていると、あれはあれである意味望んで迎えた結末なんだと思うし、見方によってはいつものロゼっぽくBAD的なEDは無いんだな~と思わされるというかですね…。
うまく言えないんですけど…、前にも言ったんだけど考え出すと色々と思考がぶわわ~っと広がる物語だったなと思います。

そして、途中で気付いた自動スキップのお陰で全部のEDも取れました~(^o^)
そういえばrikoさんにその話をしたら「説明書読まないないの?(笑)」って言われたんですけど、私今まで数々の乙女ゲームを購入してきてますけど、説明書なんて一度たりとも読んだ事ないよ!
いうならPS4の本体とか買った時も、まずやってみる…どうしても分からなかったら説明書見る…って感じですし(笑)
基本くっついてくる説明書を開く時は、一番最初ではなく困ってから見る人です(;´∀`)エヘ
だから数年間も気づかないという事態になっていたんですけど、まぁあのスキップのお陰でED回収頑張る事が出来ました。

と言っても最後ミハエルのEDを取った後、取りこぼしているシーン回収がものすっご~く面倒ではあったんですけど、なんとか取り終える事が出来ましたよ~(=_=)
さすがに最後の方にもなればスキップする部分が多くはなってくるんですけど、あの待っている時間が結構長かったりしますしね(笑)
サブイベントもかなり多いので、EDよりもそっちの回収の方が大変だった気がします。

しかしながら、各攻略キャラもなかなか面白い人達ばかりなんだけど、私はプレイが進めば進むほどリリィというシエラに盲目的に憧れを抱く部下が可愛く見えてきました(笑)
お姉さま~と言いながら慕ってくるんですけど、どんな男と付き合っても最初は「何でアイツなんですか!」みたいな感じなんですよね…。
最終的にはぶーぶー言いながらも認めているんだと思うんですけど、いちいち反応が可愛いというか面白いというか(笑)
ミハエルの√に入ると分かるんですけど、マイセンを追かけているミハエルみたいな感じが、だんだんと可愛く見えてきてしまいました(*´ω`)

他のサブキャラにも色々と背景というものがあるので、その辺も√を通して垣間見える形となって入ますし、マーシャル側の侍従達はあんまり出番なくて可哀想だったけど、その他のキャラは結構コンスタントに出て来ていたので(笑)
シエラとの出会いだたったりとか、相手とシエラがどんな関係なのか…というのがその数々のシーンを通して見えてくるのも面白かったなと思います。

後は!ここでの目玉と言ったら、シエラとカーティスの関係性があるからこそのシーンや、とあるEDではないかな~と思います。
私の場合は魔法使いとご主人様からプレイしてアラビアンズロストをプレイ後に、今のクリムゾンエンパイアをプレイしたんですけど、この順にして良かった~と思いました!
まぁ…何も分かってない所からいきなりクリエンをプレイしようとした方が、かなりの冒険だったような気もしますけど(笑)
全く分からない状態でプレイした時には、カーティスとか何も知らない状態でバンバン出てきて2人の会話とか聞いてても「?????」だったし、更にマイセンとかオランヌという、これまたあたかもいるのが普通かのように…。
俺らの事は皆知ってるよね!的な感じで出てきて会話を繰り広げるので、もう(・・?って感じがずーっと続きました…。

でも、彼らの正体?というか、そうゆうのが分かっていてプレイしてみると、不思議と普通に受け入れられていたので、あの時中断しておいて良かったなと思いますね。
マイセンなんてまほごしゅの時もちょっと謎だったんですけど、ここにきて、この人って誰よりも…悪魔よりも結構ヤバい精神の持ち主なんじゃないか‥‥と思いますし。
今まで何とも思ってなかったけど、彼らもある意味魅力的なキャラなんじゃないか…という新しい何かが目覚めそうになりました(笑)

あ、ちなみにミハエル√なんですけど、後で個別感想でも書くので深くは触れませんが、ある意味でちゃんとミハエルとシエラらしい恋愛?になっていました。
あの人を攻略ってどうするの…って思っていたんですけど、心配する必要なかったなって感じですね(笑)
しかも何気にミハエル嫌いじゃない事に驚きでした(゚д゚)

と、何かうまくまとまっている気がしないけど、私の記憶が消える前に残りのキャラ別にいきたいと思います!
が、その前に‥。
クリエンの好きなキャラランキングをやりまーす。

1 ランビュール
2 ミハエル
3 マーシャル
4 エドワルド・ジャスティン

久々にガッチリ決めてみたけど、ずるしたわけじゃないんですよ!(笑) 

まずランビュールは一番このメンツの中でニヤニヤしたし、面白かったー(●^o^●)と思ったので、ここは変わらずだったなと思います。
何が良かったかって…、一歩間違えたらヤバそうな奴だらけなんですけど、多分この人師匠がアレなので暗そうに見えて実は…な所がやっぱりツボったなと思います。

お次はミハエルでーす\(^o^)/
わぁ~まさかミハエルが2番目になるとは~(棒読み)
自分でも驚きなんですけど…、なんてゆうか所謂だいぶトリッキーなキャラだと思うんですよね。
恋愛としての感情なのかは分かりにくいんですけど、だいぶ執着している感じが見え隠れしていて結構好きでした(笑)
言葉では全く伝わりにくいけど、何度も罵られるのを聞いていたら愛の言葉に聞こえる不思議…。
そして彼の言葉とはちぐはぐな行動が、これまた可愛らしく見えてしまった。
もしかして私、遂に眼科に行った方が良いのかな?(*_*)

マーシャルは初回でプレイした割には印象に残ったキャラでした(〃´∪`〃)ゞ
結構正統派なキャラかな~とは思うんですけど、なんてゆうか…すっごく可愛い奴だったんですよねぇ~。
今回の攻略キャラ達の中では一番普通に近い恋愛展開だったと思うけど、何か可愛かった!凄く可愛かった!めっちゃ可愛かった!という事で、この位置に致しました(笑)

そして4番目のお二方は、その人もそれぞれニヤニヤポイントがあったので、順番を付けられなかった…。
わりと二人とも背徳感のある恋愛展開って感じだったんですけど、物語的にはこの二人ありきの物語なのでかなり重要ポストだと思う。
この人達のお陰で凄く私の思考は忙しくなったし!
ジャスティンはわりと恋愛してる感はあったけど、エドワルドはまた違った"らしさ"のある内容だったなと思いますね。
どちらも面白い展開なんですよね~とか書いていると、この位置にこの二人を持ってきた事に悩み始めそうなので、もうやめておきます(笑)

ではでは、エドワルドとミハエルのキャラ別感想にいきます!

◇エドワルド・ウィンフリー/鈴村健一
edo00.png

来ました!シエラの仕える主であり、王位継承第一位の王子さまです。
見た目的にも皆に見せている部分的にも、ザ・王子さまって感じのお方なんですけど、唯一シエラにだけ見せる一面というのが…なかなか…なお方です(笑)

シエラとの普段のやり取りを見ていても、主従関係がきっちりって感じなので、愛とか恋とかそうゆう雰囲気には一見すると見えないんですが…。
ある意味、ミハエルとは違う形で強いもので結ばれているんじゃないかなと思います。
あっちとこっちではかなりの違いがあるんだけども、何というか強い何かで結ばれているけど、種類が違う感じ?がしますが、どちらも他との関係性にはない結びつきって感じかな。

ルートシナリオ的には、結構他では見れないエドワルドの一面のオンパレードって感じなんですけど、シエラにかなり気を許している部分があるので、そのせいか王子っぽくない所が多く見れて面白いなと思いましたね!
それにまとめ感想でも言ったんですけど、考えさせられる所が多いのが王子2人の√だったんですが、一番は、EDに〇〇EDってネーミングがついているんですけど、とあるEDってどこの√でも終わり方が一緒なんだけど、ジャスティン√とエドワルド√をプレイする事で、そこのEDの重み…というかそうゆうのが感じられる所があったなと。

このEDはここに来るまでに何度も迎えているんだけど、ここに来て早送りしないで2人のやり取りを改めて見てしまった…。
この辺はあまり言えないんですけど、ちょっとだけ暗い感情を見せてくる部分でもあるので、周回をしていくほどに面白いなと思う部分でもあった気がします。
それに、このEDを見る事でシエラのエドワルドに対しての忠誠心?というものが、更にどんなものなのかが改めて感じられるなと思いました。

愛とも言える程の忠誠心ですよ……。

エドワルドの√は個人的にはBESTの方がある意味、苦しい感じがするというか…(笑)
結果的には主従関係からどんどん逸脱した感情を持ち始めるって感じだし、手に入るけど手に入らないというか、そんな感じだからこそ面白い部分もあるのかな~と思うんです。
でも、普通で言う所の幸せな結末とはちょっと違うかなと思うけど、そこがこの√の良さなのかなとも思う。
エドワルドもシエラに対して特別な感情を抱いているんですけど、最初の方ではシエラに向ける信頼というかそうゆうのが強くて、恋愛的な行動に出てるのかな~?って思ったんですよ。
でも、何度も繰り返してシエラに迫る…というか、まぁキスしたりしているのを見ていたら、この人の感情って結構屈折というか捻くれているというか(笑)
主従という意味も含め分かりやすいけど、多分こうジャスティンみたいにストレートに出してくるタイプではないので、ある意味で結構面倒なタイプではあるのかなと思いました。

でも、すごーく言葉にするのが難しいんですよね~(;´・ω・)
シエラの事が凄く好きだし色々な意味で愛しているんだと思う…けど、彼が心の底から純粋にそうゆう対象として思うからこそ、一生傍に置いて置けるあの位置にシエラを置く事に固執したのかな~と…。
これはシエラにも言える事だと思うんですけどね。
シエラはエドワルドが何よりも一番なので、彼が死ぬと言ったら一緒に死ぬくらいの覚悟なんですよね。と言う事は、国の為に愛も無く結婚する相手よりも、他の部下よりも何よりもシエラだけは信頼してなんでも任せているので、ある意味で究極の愛に思えるんです。

第三者の台詞でもあるんですけど、エドワルドはきっと他の誰の助言も聞かないけど、シエラの言葉なら聞き入れると…。
王子であり時期王になる人だからこそ、周りの助言なんていちいち聞かないしブレない部分がしっかりとあるんだと思うんだけど、それでもシエラの言葉は聞き入れるくらいには彼女に対しての信頼は一番だし深いって事になるし。
他√でもこれは描かれているんですけど、いざエドワルドの√に来たら、その部分が凄く強く感じられて、今までの間の恋だのよりもだいぶ深いものを感じたな~と思いました。

そうゆうのを√シナリオを進む中で、色々な見せ方としてこちらに見せてくるので、どのエンディングを迎えても、「あぁ…なる程…。」と思うのですよ。
これがBESTやGOODでなくても、納得のできる終わり方になっていると思います。

エドワルドがシエラに向けるものも、シエラがエドワルドに向けるものこの2人だからこそだと思うので、他とは違った形になっていて楽しかった。
ただ、なんてゆうか…やっぱり色々考えてしまう所が多くて、それで余計に面白かったと思っている部分もあるかな。

◇ミハエル・ファウスト/緑川光
miha00.png 

私、クリエンの序盤のミハエルとシエラのやり取りを見る限り、この人はまともに会話のキャッチボール的なのも出来ないのに、攻略なんてとんでもないっ‼と思ってました。いや、マジで(笑)
とにかく「マイセン凄い!かっこいい!すごいからすごい!何か分かんないけどすごい!大好き!」みたいな感じなんですよ…。
なので、この人が…シエラと何かなるのか?と不思議に思ってたんですよね。
でも、ふたを開けてみたら、何かめっちゃ可愛いし悪魔らしい形での表し方で、結構面白い√だったなと思います。

えーっと…これはどこまで言って良いのか…。
とにかくマイセン大好きな悪魔なんですけど、シエラとはとある繋がりがあってわりと長い付き合いになっているんです。
で、この物語を通してシエラのいる王城にマイセンとオランヌ、ミハエルが長期滞在する事になるんですけど、ミハエルが長い事近くに居る事でシエラの体調があまり良く無い…って事が結構描かれているんです。
でも、このシエラが不調になる原因も、シエラとミハエルにとある繋がりがある事で、シエラが昔の自分を思いだすというかそうゆう部分もあるのかな?
ミハエル以外の前では強くいられるけど、ミハエルにはそれが通じない…みたいな。
なので、他では見られないシエラというのが見られるという点では、かなり新鮮な気持ちで見られた√だったかなと思います。

それに加えて、ミハエルは「悪魔」という種族だからこその、負のものを引き寄せやすかったりとかそうゆうのもあるんだと思うんです。
ちなみに、ミハエルが悪魔だという事については、ちゃんと知っているという人はわりと一部の人だけだと思う…。
ただ、オランヌだったり魔法使いである人物や、第六感的なものが働く人は口をそろえて『関わらない方が良いもの』として認識しています。
特別嫌な思いをしたとかそうゆう出来事としてではなく、感覚的にやっぱり負の世界の生き物?みたいな感じなので、色々と感じる部分があるんだそうな(笑)

なので、まぁ…随所に“悪魔だから”と思わされる部分があるかな。
好意を現しているであろう所でも、普通の人達が相手に抱く感情とは違うものだと思いますし、言葉にしてくるものも彼らしい表現方法だと思いますしね。
とにかく普通だったら嬉しくない、絶対に喜ばない言葉を常にミハエルに言われるんですけど、最初こそ「さすが………」って思うんです。
人間は弱いとか脆弱とか脆いとか、汚いとか諸々…本当に色々言われる(笑)
だけど、その直接的な言葉こそ、好意の表れなのかなぁ~?とかそうゆう風に思てくるから不思議なもんだ(笑)
別に私がドMで罵られたいとかそうゆう願望や趣味がある訳ではないですからねっ‼笑

それと、ミハエルってエドワルド感想でも言ったけど、彼とはまた違った形ですっごーーーーくシエラに執着しているというか…。
もはや手に入れる事は決まっているし断れないので、執着という言葉では片付けられないんですけど(笑)
何というか契約ではない独特な形ではあるんですけど、ある意味でエドワルドとは別の形で一生を縛るみたいな…そんな感じかな~。
シエラは完全にミハエルの事が恋愛的な意味で好きなんだけど、ミハエルの方はシエラのものとはちょっとズレてる感じなんですよね。
でも、そこにはちゃんと好意が存在しているんです。

結構な確率でミハエルの膝の上に乗っているシエラに遭遇するマイセンなんですけど、度々気まずそうにしていたんですが、シエラ×ミハエルがする様々な行為?が、どうしても恋愛的な意味とはまた違う感じに見えるんですよね…。
普通に見たら恋人同士というか、好意を抱き合っている人達がする行為なんだけど、甘い感じでは無いというかうまく言えない(笑)

でも、そんな行動に出るミハエルを見ていると、不思議とニヤニヤしちゃうんだよな~(*´ω`)
個人的には、シエラとオランヌが近づくとシエラに抱き付きつつ、オランヌの事を殺したいと連呼してみたり、マイセンがシエラに触れるとシエラを突き飛ばして、まるでシエラが悪いかのようにマイセンが汚れるからシエラに触ったらダメとか言う所…があるんですけど……、この悪魔…可愛くないですか?(笑)

多分、ミハエルが言っている言葉をまんま鵜呑みにすると、「えっ!(@_@)」って思うんですけど、だんだんその言葉がミハエルが発する言葉の反対の意味に聞こえてくるんですよね。
しかも悪魔だから、正の言葉や行動とかは彼にとって好意的なものではなくて、私達が思うのとは反対の言葉とかが彼にとっては好意的な意味なのかな~とか、色々思うと何か勝手に楽しくなっちゃいました(笑)

全然うまい事言えないんですけど、王子2人とミハエルまでやると、ちょっと深いな…と思える所とかも出てきて、面白かったな~と思いました!
特にミハエルは他キャラとは違う立ち位置なので、シエラも新鮮だし楽しかったです(●^o^●)

と…こんな感じで、最後まで楽しんでプレイする事が出来ました~♪
数年放置して熟成させた甲斐がありまして、楽しかったです。
大陸シリーズやってるけどクリエンまだだよ~って人には、是非やって見て欲しいなぁと思います。
ちょっと回りくどい部分もあると思うし、合間合間で過去に飛んだりするんですけど、生と死についてとか触れてたり…なんか、そんな大そうな事じゃなさそうなのに、ちょこちょこそうゆう要素も入れてきてて、地味に面白かったです(笑)
ミハエルとシエラのやり取りが苦手だったけど、√に入ると結構興味深い話とかしてますしね。

さて、ここでクリエンが終わったので、そろそろBダッシュしないと神凪が来ちゃうよ~(;'∀')って事で、Paradise結もインストしておきました~(∩´∀`)∩
ちょこっとの間、FF12はお休みしまして( ;∀;)、まずはParadiseをプレイしようと思います!
その後神凪もやらないと言いけないし、ロゼ崩しもしないといけなくて忙しい忙しい!←

明日早速感想喋れるかは分からないんですけど、仕事も明日からちょびっと忙しくなるので、マイペースに進めていこうと思います♪
ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~!┏○ペコ



急に寒くなった…!
今日は会社でも椅子の上に
体育座りをして暖を取りながら仕事を(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いしますヽ(^o^)丿
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~\( 'ω')/

まずは、前回の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~♪┏○ペコ
本日もとーっても励みとさせて頂いております~(*´ω`)♪

昨日と今日は何だか色々と、仕事的な意味でも私生活的な意味でも地味にバタバタした日となりました~(´・ω・`)
本当は昨日は帰ってからFFやろう!って思って帰宅したんですけど、父が風邪をひいてしまった為色々と家の事をやってたらそんな時間も取れず…。
仕事の事でメールしてたりとか云々、なんだか疲れ果ててしまいました(笑)

だいぶ進みの悪いクリエンも、実は今最後から二番目のエドワルドプレイ中です‼
近いうちにやっとこさparadiseに手を付けられそうかな~って思っているんですけど、実は土曜日はオトカフェに、日曜日にはONE OK ROCK(森昌子の息子のバンドね!)のライブに行くのでゲームが滞ると思います~(n*´ω`*n)ぐふぐふ…

土曜日のオトカフェは無事に入れるのかすら分からないんですけど、ピオフィオーレのメニュー…行きたい…って思ってたので行ける事が嬉しい~(*´ω`)
朝から張り切って‼頑張って!並んじゃおうと思いますが、ちゃんと早起きできるかな…(笑)
今までみたいなチケット制じゃないから、どんな感じなのかが全く分からないんだけど、とりあえず並んで整理券さえ貰えれば大丈夫なんだろうか…。ソワソワ

別に私が何を頼もうと興味はないと思いますけど、とりあえず飲み物は魔の青い飲み物だけど、絶対ピオフィオーレにします!
オルロックのうんちゃら~ってやつも食べたい気持ちはあるのだけど、私サーモンだめなのでやめておこうと思います( ;∀;)グスン…
でもリリィの作った、リリィの作ったレモンタルトは食べるよっ!
後は何にしようかな~と仕事中にこっそりオトカフェのメニューを眺めていた事は秘密です(笑)

そんでもってこれも全く興味ないと思いますけど、日曜日は森昌子の息子のバンドを見に行くよー(笑)
ONE OK ROCK私凄く好きなのです。
いっつもズンチャカイベント行ったり、海外の人のliveとかイベントに行く事が多いのですけど、日本人のアーティストで一番好きなのです…。
ずっとライブに行ってみたかったんですけど、なかなか行けず…今回オーケストラツアーなんだけどチケットが取れたので行って来まーす\( 'ω')/
どうでもいぃついでにちょこっとお話ししたいんですけどね…。

最近のこういったライブとかのチケットって…、凄くハイテクな形になっているんですね‼
オトパとか行く時ってチケットを郵送で送られてきたりするし、野球観戦では基本球場でQRリーダーにかざしてレシートみたいなのを出したり、コンビニで発券したりするんですけども…、これは恐らく皆が思い描くチケットの入手方法だと思う。

でも‼
今回は先に抽選に応募してたんですけど、当選したらチケット配信期間中にアプリで受け取るんですよ‼(゚д゚)
こ…こんなハイテクな事した事ないし、紙で手元に無いってめちゃめっちゃ不安なんですけど(笑)

しかも2人で行く場合、応募する時に同行者の名前と電話番号とか全部入力しなくちゃいけないんですよ。
転売できないシステムになっているんですけど、りな子さんとA子さんしか行けないという仕様になっていました。
アプリで私が二枚受け取ったら、アプリを通じて同行者にチケットを渡す仕組みになっていて、初めての事すぎて不安しかくてワタワタしちゃったよ…。
ちなみに、チケットを受け取るのも登録してある電話番号から電話して、音声ガイダンスに従って番号入力とかしてやっとゲットできる形だったんですよ~。
これはなかなか面倒な作業だったけど、これからどんどんこうゆうチケットも電子化していくのかな。
なるべく難しくない方法でチケットを入手できる形にして欲しいものです(;´Д`)

と、雑談がものすごーく長くなってしまったのだけど、今日はジャスティンの感想だけでも先にあげておこうと思います!
まとめて掲載できなくて申し訳ないのですけども…、お先にジャスティンだけ失礼します(笑)

◇ジャスティン・ロベラッティ/平川大輔
jus00.png

ジャスティンはシエラの仕える主とは敵対している関係の第一王子です。
初回に攻略したマーシャルはこの第一王子ジャスティンの侍従なのですけど、マーシャルにしてもジャスティンにしても、敵対する相手を攻略なのでなかなか面白い内容だったなと思います!

エドワルドとは腹違いの兄で母の身分が劣るという事もあり、王位継承権もエドワルドよりも低く、物語序盤からエドワルドVSジャスティンという図式が出来上がっている感じなのです。
主同士が若干バチバチしている所もあるので、メイド長であるシエラや侍従長であるマーシャルを筆頭にお互いの部下たちも良い関係ではないって感じですかね。
そんな中で、ジャスティンとシエラが近づいていくカギとなっていくのが、ジャスティンのバレバレの変装での街へのお忍び大作戦です(笑)

一応王子である身なのに何度となく注意をしても、毎回バレバレの変装で自分の侍従たちに「ついてくるな」と言って街へと行こうとするジャスティン…。
そんな彼を見つけてしまい放っておけずに付いて行くシエラ(笑)
それを繰り返していく中で、ジャスティンとシエラの距離が近づき、ジャスティンがどうゆう人かが見えてくるという感じですかね。

もともとジャスティンはエドワルドとは腹違いの兄弟という設定で、ジャスティンは母を失った時の記憶が良い物ではない事からエドワルドとは良い関係とは言えないんですけど…。
エドワルドはジャスティンの事を嫌っている訳では無い描写があるし、ジャスティンもエドワルドの暗殺を何度も試みているものの、シエラに阻止されているって感じで微妙な関係性が伺えます。
実際にシエラとジャスティンの距離が近づいてくると、2人の事が噂になったりするんだけど、勿論これがエドワルドの耳にも入ります。
でもエドワルド的にはこれに反対するというよりは、ジャスティンの事をシエラに頼むという形だったり、シエラが傍に居るなら安心だみたいな事を言うんですよね。

私的、ロゼ作品あるあるなんですけども…。
実際この二人(ジャスティンとエドワルド)がお互いをどう思っているのか…とか、シエラとジャスティンの間の事とか諸々、キャラ達の言い回しとかシーン描写には何となく遠回しに描かれているというか、「こうゆう事なのかな?」というのは感じ取れるけど、直接的な言葉とか表現では表されていない所があると思うんです。
EDに関してもハピエン・GOOD以外のEDが2つあるんですけど、この終わり方もサラッと見て流せばこうゆう終わり方なんだ。と思えるんだけど、色々考え出すと深読みしちゃう所があって、終わった後に深みが出てくる所がある気がするんですよね~。
無駄に考え過ぎなのかも知れないんですけど、この終わり方はこうだから実はこうなのかな…いや…みたいな感じ(笑)

今まではそこまで考える事も無かったんですけど、ジャスティンともなるとシエラとは敵対している王子になるので、所謂禁断…まではいかないけど身分の差と敵対している相手という所で、祝福される恋愛では無い訳ですよ。
そうなるとbestを迎えるのもGOODを迎えるのも幸せではあるけど、恋愛とは別の所にエドワルドの存在があるから、若干そこに対しての永遠の嫉妬というかそうゆものがありますし‥。
更に、BAD枠になるであろうEDでは、シエラを手に入れる為にジャスティンがしたある事に対して、ものすごい執着を感じたりその分思いが深いのかな~と思ったりするので、他√にはない楽しさがあったように思います。

ちなみに、見た目通りジャスティンは偉そうで不愛想なやつなんですけど、シエラに対しては凄く可愛い人だったんですよ(笑)
凄く真っ直ぐな人なので、自分がシエラを好きだと気付いた時点で、腕を組み恐らくいつもの様な偉そうなドーンと構えた感じで、「どうやら俺はお前に惚れてるらしい。好きだ」って言ってきたりしちゃうんですよ!
これが結構早い段位階なので、そこからは王子の気まぐれですぐに飽きるだろう…って思っていると、気まぐれじゃなくズブズブとハマり込んでいく…って感じなんですけどね~。

そこからシエラに対しての扱いが変わって来たり、シエラも何だかんだ言いながらもジャスティンに惹かれていったりするので、思っていたよりもすっごく楽しめた展開でした(≧▽≦)
マーシャルとかジャスティン側の侍従にも色々言われたりするので、未来の奥方様が云々と言われている所なんて、シエラよりもジャスティンやその部下たちが先を見越しているのがちょっと面白かったです(笑)

今までの√と同様に、恋愛でのアレコレの展開がメインにはなっているんですけど、所々でジャスティンとエドワルドの事とか、ジャスティンの過去とかが入り込んで来るので、そういった部分も面白かったかな。
小さい頃のジャスティンとエドワルドのやり取りとか出てくると、この二人がどうして今の様に目に見えて敵対しているのかという理由が分かってきますし!
更に、その"どうしてその行動をとっているのか"が分かると、ハピエン・GOOD以外のEDを迎えた時にエドワルドが取る行動の意味とかも納得出来たりして、更に興味深いな~と一人で思っていました(笑)

あの周りくどいやり取りにも、考えてみると色々と意味が隠されているのかなと思うと、ちょっと楽しくなってくるので不思議ですね。

それと、平川さんの低めなお声がちょっと素敵なんですよね~\(^o^)/
あまり笑顔を見せない堅物なキャラクターなのもあるのと、声を荒げたりしない物静かで低い声が基本なんですけども…。
シエラに対してだとたまに怒ってみたり、動揺したりと声にも変化が出てくるのでその辺も楽しかったな~と思います。
普段のジャスティンとシエラの前でのジャスティンのギャップが結構好きだった(笑)

ジャスティン√はこんな感になりました~!
キャラ的には好きかと言われたら可もなく不可もなくな印象だったんですけど、プレイしてみるとなかなか楽しかったなと思います。
あれだけプレイするのがキツかったのがウソのようです(笑)

残りはあと2人なんですけど、ミハエル…意味わからない事ばかり言うからED取れるのか分からないけど頑張ります\( 'ω')/←

ではでは、明日はオトカフェのレポをお話ししたいと思いますので、楽しみじゃないと思いますけどお楽しみに~\(^o^)/

本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ




日常を忘れて旅行とか行きたーい!(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(*´ω`)ノシ

まずは、前回の積みゲー晒&プレイ計画記事にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました♪
本日もとーっても励みとさせて頂いております\( 'ω')/

さてさて、昨日はいつも通りに帰宅してから、週末に衣変えをする為にしまってある冬物のBOXを出したり、仕舞う前の夏物を仕分けしたりとしておりました…。
早めに終わってゲームを…と思っていたんですけど、帰って来てからやり始めたので結構時間がかかってしまい結局ゲームどころじゃなかった(笑)
でもでも、地道にクリエンが進んでいるので、今日は終わっている分だけキャラ別を喋らせて貰おうと思います♪

って事で早速順番にいきまーすヽ(^o^)丿

◇ブライアン・カペラ/鈴木達央
bry00.png

ブライアンはシエラ(主人公)の部下リリーの兄でもある貴族様です。
リリーは貴族でありながらシエラに盲目的に憧れているんですけど、、シエラと一緒に働くべく護衛兼メイドの面接やテストをパスして、この職に就いたちょっと変わった子でもあります。
が、貴族出身にも関わらず、シエラに次ぐ強さを誇る子でもありますし、更に結構残酷?残忍?冷酷?な一面も持っている子です。
普段はシエラの事を「お姉さま~」と慕い、とっても可愛らしい見た目の女の子なんですけど、血を浴びながら何かをしているシーンとかもありますしね(笑)

そんなリリーの事が可愛くて可愛くて仕方がないブライアンが、今回の攻略相手となるんですけれども…。
彼は彼で、貴族たちの間では相当な遊び人で泣かせた女は数知れず…と噂されている人物なのですが、実際は本人曰く至ってノーマルなんだそうな(笑)

ブライアンはリリーに会いたいが為に詰所などによく顔を出し、更にはリリーの仕事中にまで押しかけて来たりする困ったお兄さまなんですけど、そうやっているうちにシエラとも仲が良くなって行くって感じですかね。
最初こそ、"可愛い妹の上司"という認識で、シエラの存在自体結構無視というか、あまり気にしていない感じの対応なんですよね。
だけどそれが、「リリーがシエラを慕っているのは、恋愛的な意味なんじゃないか」という疑問が生まれ始めたくらいから、シエラとブライアンが色々と話す機会が増えてきて、シエラに対する認識が"リリーの上司"から"シエラ"に変化していく形になっています。

もともとリリーがかなりシエラに盲目的な憧れを抱いているんですけど、ブライアンもシエラのファンだと言ってくるんですよ。
どこがファンなのか…と最初は凄く疑っていたんですけど、そんなの経てブライアンの方が先にシエラに好意を寄せていく形になっています。
そこから、シエラにどうやって自分の事を好きだと認めさせるか…みたいな攻防に見えたんですけど、これがまたまどろっこしい所もあるけど、なかなか面白いかった(笑)

ブライアンは貴族ですし、次期侯爵でもあるので将来的には国の重鎮になるような立場の人なんです。
なのに、第二王子付きのメイドにお熱とあっては、周りからも色々と言われるわけですよ!
実際にシエラと仲が良いという噂が広まった時に、周りの貴族から色々と言われる場面なんかもあったりするんですけども…。
その時はまぁ、いつもへらへらしているブライアンが、別人の様になっていたのでそれはちょっと素敵だったなと思った所でもあります(n*´ω`*n)

恋愛面的には多分どのキャラも、相手が先にシエラに好意を寄せてきて、2人の間には貴族×メイドとか敵対侍従×メイドというような何かしらの障害があるので…。
シエラの方がなかなかサクッと相手を好きな事を認めなかったり、2人の間柄的に恋人にはなれないだろうと踏み込まないようにしている所もある感じになっているかな~と思います。
だからこそ、マーシャルの時にはガンガン攻めて来たり、今回のブライアンの時も先に既成事実的なのが出来て愛人っぽい感じの関係から変化していく…という形なので、初々しい恋愛関係ではないけどそこから変化していくのが面白いかなと。

しかもブライアンの場合は、妹とライバル関係になるのか!?という面白展開がありつつ、結果的にはリリーが「お兄さまと結婚すればお姉さまが本当のお義姉さまになるわ」と言う事で協力してきますし、なかなか危険な手を使って来ようとしたりして、ぶっ飛んだ兄妹に振り回されるシエラというのも新鮮だったなと思います(笑)

ブライアン自身もシエラとそうゆう仲になる為に取引を持ち掛けてうまく利用してきたり、何が何でもシエラを手に入れようとしている所なんかは、彼の"欲しいと思ったものは手段を択ばず手に入れる"精神が反映されている感じがして、普段のブライアンから感じた雰囲気とは違った面かなと思うしキャラ的にも魅力のある所かな~。
ただの優男風な人物では無い感じが随所に出ているので、面白いキャラクターだったなと思います。

基本的には優しくて外面が良く女性にモテるタイプの人なんですけど、実は冷たいというか冷酷な面も持っていたり、先ほど言ったような手段を択ばずという面もあり、シエラとの愛人関係に喜んでみたりと、とにかく色んな面を持った人だなという印象でした。
シエラの前ではとにかく可愛い感じの所が多いんだけど、それだけじゃないのでルートをプレイしていく中でどんどんブライアンというキャラにちょっとした深み?みたいなものが出てくる感じですかね。

◇ランビュール・ダヌンツィオ/谷山紀章
rn00.png

個人的には今の所、最高に面白い√でした(∩´∀`)∩
ランビュールは前国王を救った功績で士爵となった人なんですけど、元平民という経歴の持ち主。
基本的には部屋に籠って怪しい実験をしているんですが、いつもよく分からない薬の開発の為鍋をぐつぐつ煮て、城中に異臭をまき散らしている人です(笑)

ちょっと謎の多い人物って感じなんですけど、最後の方でお互いの師匠の話しになったんですけど、そこで「ん…まさか…」と気になる事実を匂わせてきたので、面白さがちょこっと倍増した感じになりました\( 'ω')/

ランビュールとシエラは、シエラがメイドになりたての頃からの知り合いという関係なんですけど、黙って薬を作っていたり研究ばかりしているランビュールの部屋で、誰にも邪魔されずに過ごすのがシエラにとって唯一気を抜ける時間になっているんですよ。
で、シエラが弱っていたり疲れていたりすると、無意識にランビュールの部屋に行く…って感じなんですけど、最近では昔ほどそうゆうのが無くなっていたんですよね。
それが、ランビュール√に入る事でシエラがまたランビュールの元に通い始めるって感じですかね。

そんでもってランビュールの部屋に行く事が増えたり、異臭騒ぎで注意しに行ったりしていると、ランビュールから告白されるという、今までとはこれまた違った流れとなっていました。

もともとランビュールはシエラが自分の元に来ていた時から、シエラに好意を寄せていたんですけど、第二王子付きのメイドとなって忙しくなってからは話す時間も減ってしまい、部屋にも来なくなってしまったので、次にもし来たらシエラに対して伝えようと思っていた事があったわけです。
で、今回また話す機会が増えたので、それらを伝えてきたって感じになっています。
そこから、シエラの方も自分にとってランビュールがどんな存在かを改めて認識していくって形かなと思います。

とにかくランビュールは自分の事を地味、自分に好かれるなんて気持ち悪いですよね?って感じで、根暗な印象の人物なんですけど…。
普通好きだったら好かれたいと思うじゃないですか。なのに、ランビュールは好きだと言っておきながら、気持ち悪いですよね…すみません…みたいな感じなんですよ(笑)
ちょっと暗すぎる感じもするんだけど、なんだかんだで独占欲が強かったりして、暗さ以外の面でも癖のある人なので個人的には結構好きでしたヾ(*´∀`*)ノ

護衛職が本職なので、戦う事が多いシエラがしょっちゅう傷を作って帰ってくると、ランビュールはクドクドと説教をしているシーンが多いんですよ。
ランビュールとしては女性だから傷を残さない為にと、毒が塗ってある可能性があって危険だから治療をしに来てほしいとか、好きな人だから自分を大切にして欲しいというのがあるんですが…。
シエラの方は元々生きる事に精力的じゃないというかですね…、奴隷だった所から暗殺ギルドにいて今に至るので、自分を大事にするという概念があまり無いというか、いつ死んでも良いと思っているというか…。
そうゆう所があるので、終始ランビュールとは「傷を作るな、作っても治療しに来い」、「そうゆう仕事だからしょうがない」という攻防をしている感じです(笑)

このやり取りはわりと序盤から最後まであるんですけど、恋仲になる前となった時、最後の方で同じようなやり取りなのに、関係性が変わった事で含まれる意味も変化している感じなのがなかなか面白いなと思います。
途中からは、「自分以外の誰かにつけられた傷が残るのが気にくわない」という理由から、だったら自分が傷つけてやるという所業になったりしますし(笑)
地味で大人しそうなランビュールだけど、実は…的な所が見えてくるのが私的には楽しめた所かなと思います。

こうゆう糸目キャラって結構多い気がするんですけど、物腰柔らかに見えて実は狡い感じ?そんな所がランビュールにもあるので、所々コイツめ…と思いながらもニヤニヤしてしまう部分の多いキャラだったのです(=_=)
更に普段は高めの優しそうな喋り方なのに、シエラに対して怒ると低く静か~に喋る時とかは、ちょっとドキッとする雰囲気になりますしね!
ランビュール結構好きでした(n*´ω`*n)

しかも、ここにはなかなか興味深いEDがあるので、そういった面からも面白かったと思える√展開だったかなと思います!(^o^)

今回は2人分のキャラ別感想をまとめて喋りましたが、今の所私はランビュール推しです…うふふふふふ…。
一緒に怪しげな研究をしたくはないのだけど、あの地味目なキャラと見せかけて実は…みたいなのがなかなか面白かった~(*´ω`)

ちなみに、あのスキップの方法を知った事で、今の所ちゃんと全ED回収しながら進められていますよ~♪
シーン回収だってドーンと来い!全部くまなく回収しちゃうもんね~(^o^)フッフ~!
いつもならすぐに諦める私なので、「シーン回収…ポイッ」なんですけど今回は、終えている3人ともシーン100%という奇跡が起きていますし(笑)
この調子でガンガン進めようと思います(●^o^●)

だいぶ予定が狂って、paradise結のインストさえもしていないんですけど、クリエンをとにかく進めなければ先に行けないという気持ちで、クリエンを優先して進めていこうと思いまーす♪
今日はFFもやりたいので、夜はクリエンをお休みしてFFの方もプレイしていこうと思います(^◇^)

ではでは、本日はこの辺で!
最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ



早く寝ているのにあまりにも眠くて
仕事中に何度も目が閉じそうになりました(=_=)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします…。
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~(*´ω`)

まずは、前回の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~♪
昨日はお休みしてしまいましたが、いつもお付き合い頂きとても嬉しく思います\( 'ω')/

今週は深夜のカラオケハッスルから始まっていたせいか、昨日はFF12の続きをしてたら急激に睡魔に襲われてしまい23時頃には寝てしまいました(笑)
しかも私…PSでは2台の本体でセーブデータが共有出来るように、データをアップロード&ダウンロード出来る有料サービスに加入しているのですけども…。
前回隠し召喚獣をゲットした時のセーブデータをアップロードし忘れていたみたいで…(;'∀')
昨日やろうとしたらそのデータがなくて、隠し召喚獣を取る前の所からレベル上げに勤しんでいました(笑)

隠し召喚獣はまだゲットしていない事になっているんですけど、ここでガッツリ皆のレベルを上げてから先に進もうと思って、結局やり直している私…。
出来る事ならジョブとか諸々のボードもやり直したい所ですけど、さすがにそれは新たにやる時にしようと思います。
switchで出るならいつかswitchでやるのも良しかな。
まだまだクリアまでは時間がかかりそうだけど、ちまちまとやり込みながら進めたいと思います!
とりあえず今は、柳生の漆黒という武器が欲しいんだけど、宝箱から出るのも0.2%とかだし敵からドロップするのが良さそうなんですよね~…。その為にもちょっと頑張ろうと思います\( 'ω')/
ちなみにこの武器、(中二病みたいだけど)名前がカッコイイので欲しい!と最初に思った事はここだけの秘密です(〃´∪`〃)ゞ

さてさて、今日はクリエンの初回感想を喋ろうかなと思います!
キャラ別はとりえず今の時点で終わっているマーシャルだけ喋ります(*´ω`)

◇初回感想
kurien001_banner.png

さぁさぁ、無事に初回のエンディングを迎えられています!(笑)
この文章を見ても「何言っているの?」と思われてもしょうがないのだけど、チラッと前にも言ったのですけど、初めてクリエンやるぞー!ってプレイし始めた時は、一度すんごぉぉく序盤で断念しているという過去があるのです…。

というのも、主人公と悪魔のミハエルとの長いやり取りから始まり、ちょこちょこ合間に挟まれるカーティス(石田さん)とのやり取りが意味不明すぎてついていけず、常に頭の中に【????】と浮かんでいる状態だったのですよ。
その他にも皆、あたかも知っていて当たり前な感じで、魔法使いとか諸々出てくるし、オランヌ・マイセン・ミハエルのやり取りが意味不明過ぎて「どちら様ですか」状態だったんですよね(;'∀')
で、苦しみ過ぎてぬぉーーーー!ってなってたら、当時私の積みゲーの中にあった「まほごしゅ(魔法使いとご主人様)からやってみると、キャラとかも分かりやすくなるかもしれない」という助言を頂き、まほごしゅにシフトチェンジしたという出来事がありました。

その結構後に、アラロス(アラビアンズ・ロスト)も購入してプレイ済みになった事で今回クリエンをプレイしてみたら、カーティスが誰でどんな人物か?とか、マイセンやミハエル、オランヌは何者なのか…とかとか、あの時に意味の分からなかったやり取りが、私も理解できるようになったのです(^o^)
いや~良かった良かった(笑)
あの時には全く楽しさを見いだせずに謎でしかなかった会話とかも、今になって「うんうん」と思いながら見ていられるので、本当助かりました(*´Д`)

と言う事で、ストーリーからサクッといきますね!ちょっとややこしくなるかも知れませんが、頑張って長くならないようにお話しします!

まず、今回のクリムゾンエンパイアの主人公はシエラという第二王子付きのメイドなんですけど、メイド長でもありボディーガードもこなす戦う主人公です!
この子はアラロスで攻略対象になっている、石田さん演じる暗殺者のカーティスナイルに育てられている子でもあります。
もともとは奴隷だったんですけど、そこを拾われてカーティス達に育てられ、エドワルド(第二王子)に取りたてられて今に至る…という感じですかね。

しかもすっごく分かりにくい構われ方をしているんだけど、カーティスに気に入られていたという所なんかもあったりするので、そっち系の仕事がデキる子な感じです。
その代わり、普通じゃない生い立ちというのもあってか、不器用だし恋愛なんてうまいく出来るキャラでもないしで、一般的な女の子像とは違う印象の子って感じですかね。

そんな主人公が第二王子付きメイドとして働いているルクソーヌの属国で、エドワルドを王位に就かせる事を目的として日々勤しんでいる所から始まります。
敵対している第一王子がいたり、周りの人間関係の諸々で危険な目に遭わされたりなどなど…。
どう考えても面倒臭い色んな人の思惑のせいで、穏やかな日々とは程遠い権力争いの真っただ中での恋愛や友情が描かれているって感じですかね。

ちなみに攻略キャラは敵対している第一王子付きの執事?とか、第一王子とか…、更に自分の仕える第二王子などなど、第二王子を中心にその周りにいる人達が攻略対象となっております。
なので、許されない恋心!的なのもあったりしますし、展開的には様々な色になりそうな感じで、キャラによって面白さが違うんじゃないかな~と思います。

最近までプレイしていたPSPの過去作品とかに比べると、ロゼらしい回りくどいやり取りが多い印象ですが、いざ恋愛方面が強まってくると結構面白いです。
人にもよるんだろうけど、シエラの一番は仕えている第二王子なので、相手を好きだと思ってもなかなか踏み出さない感じなんですが、相手側が結構グイグイ来て諦めないのがちょっと新鮮な感じがしました。

それと、王城で働く他のメイド達や攻略キャラとのやり取りの合間に、シエラの過去の出来事の回想が入ったりするんですよ。
それが最初はあっちいったりこっちいったりしている気がして、ついて行くのに必死になっていたんですけど、何回か越えると慣れてくるかなと思います。
このやり取りの場面でアラロスに出てくるキャラが出て来たり、日常ではマイセンが出て来たりって感じになっているんですよね~。
これが初めてプレイした時には、全くついていけなかった部分なのです(笑)

全部でシーン14くらいまであって、シーンごとに選択肢が出てきますし久々に長めなボリュームかなと思いました!
ここ最近やっていたロゼ作品は、わりと短めな感じのものが多かったので(;'∀')
EDもBEST・GOOD・他3つと計5個くらい用意されているので、全EDとシーンの取りこぼし分の回収とかやってると、結構時間がかかりました!
セーブデータ云々のお陰で、同じ√を2周したのが2個もありますからね( ;∀;)グスグス

新たなキャラを攻略する際は、早送りする部分もあるにはあるんですけど、基本的には独立したルートになっているので、普通に読み進めていく所の方が多いかな~。
なので初回と同じくらいの時間は普通にかかっていると思います。

物語の進展という点ではEDにも関わってくるんですけど、第二王子を王位に就かせることが出来るのか否か…って部分がメインではないかなー?
そのお陰で刺客に狙われたり戦ったり…というのがちょこちょこは出てくるんですけど、思惑が渦巻いている所を事細かに描かれている訳でもないので…シリアスさはそこまでかな。
初回のマーシャルの時にはシエラが第二王子付き、マーシャルが第一王子付きなので、お互い主人を守るために協力したりというのは結構あったんですよね。
かといって誰がどうとか、紅花みたいに会食した時に接触してくるとかそうゆう細かい所は描かれていないって感じです。

恋愛面では、基本シエラの一番は(恋愛という意味でなくとも)第二王子であるエドワルドなので、忠誠心とか親愛という意味では、一番愛している対象になるんですが…。
それを聞いた相手が(今の所主にマーシャルが)勘違いをして慌てたりするのがちょっと面白かった部分でもあります(笑)
他キャラの時にはどんな展開になっていくのかまだ分からないんですけども…、エドワルド以外のキャラが相手の時には、少なくともシエラの中にはエドワルドが一番というのがあるので、その辺も理解しつつの進展になる訳ですから、人によってはちょっと面白そうな展開になりそうだな~と思いますね!

ちなみに、全部のEDの中には、「そうゆう終わり方をするのね…」と思わせてくるエンディングもあるので、敢えてEDの名前は書きませんでしたけど…ちょっと幸せなだけじゃない感じがあるものも用意されています。
相変わらず重さは感じさせないサラリとした描かれ方ではあるけど、よくよく考えたらこの終わり方って…と思えるものもあるので、シエラの立場上しょうがないのかもだけど攻略キャラによっては考えさせられそうな終わり方になりそうかな~と思います。

では続いて既に終わっているマーシャルだけ…感想を喋りますね\(^o^)/

◇マーシャル・エイド/成田剣
mar00.png 

マーシャルは第一王子付きの侍従長で、主人公とは敵対している人物になるのかな?
物語的には第一王子と第二王子、どちらが王位を継ぐことになるのか…って所も描かれているので、場内で鉢合わせするとバチバチしている事もしばしば…(笑)
侍従長VSメイド長を筆頭に、部下たちもバチバチしているので…この二人が噂になるとこれまた大変でした…(;'∀')

元々はマーシャルとシエラは王子付きの侍従&メイドになる前までは、同期という間柄で仲が良かった2人でもあります。
今は立場上お互い敵対している人に仕えているので、いがみ合っているという感じですかね。

メイド長と侍従長なので、ちょいちょい顔を合わせては子供の様な言い合いをしている事が多いんですけど、仕事終わりに酒場に行くと2人とも一人で飲みに来て、隣同士で飲むという謎な構図が常に繰り広げられています(笑)
最初は喧嘩?というか言い合いばかりだけど、もともと同期だったのもあるんですけど、お互いがお互いを一番理解しているという所があるので、なんだかんだでお似合いじゃん!って思えてきてしまうんですよね~。

自分たちもそれを分かっているのに、主にシエラがその関係性を…というか、マーシャルと恋愛関係にある事を良いとは思えないので、ものすっごーく回りくどい進展の仕方をしていくかな(笑)

あ、ちなみに…マーシャルは多分ずーっとシエラに片思いしているっぽい感じなので、他の同期がシエラに「お前はエドワルド様を愛しているんだろう」って聞いてきて、シエラが「愛しているわ」って言ったらものすっごい動揺しているマーシャルがちょっと可愛かったです(笑)
その他にも、シエラに他の男性陣がちょっかいをかけると激しく動揺したり、最後の方には自分のものだと主張するようになっていくのも可愛かったなぁ\(^o^)/

侍従長というのもあるけど基本堅物キャラなので、そうゆう人が意外にも強引な手段をとって来たり、シエラに素気無くされても諦めない所とかが意外すぎて、なかなか面白い展開だったなと思います!

でも、いざ親しくなってくると今度は…。
部下たちに尊敬されている2人でもあるので、マーシャルはシエラの部下たちに、シエラはマーシャルの部下たちに色々言われていて大変そうだけど、面白かったです(笑)
シエラの部下たちは女子ばかりなんですけど、マーシャルに「あなたは愛人よ」とか「本命は別に居いるのよ」とか…。
まぁマーシャルは本命ではないというのを囲まれながら言われるんですけど、そうするとシエラに別に浮気されても良い…とか暗い事をいいながらも「浮気している」というのを前提で話して来たりする、ちょっと暗くて面倒くさい奴なのも可愛かったです(笑)

シエラがマーシャルの部下たちに囲まれるパターンもあるんですけど、男性に囲まれるよりも女性に囲まれてネチネチ言われた方が応えそうだな…と思ってしまった(-_-;)

EDは一番安心出来たのは、BESTとGOODなんですけど…。
意外にもちょっと重めEDとかもあったので、これはエドワルドと深い信頼関係のあるシエラが主人公だからこそのエンディングって感じですかね。
そこを重点的には描いていないのだけど、このEDを迎えた時のマーシャルがどう思ったのかがちょこっとだけ気になりました!

と、初回&終了しているマーシャルはこんな感じなんですけど、初回キャラがなかなか楽しめたので大変満足(笑)
2人目ももうすぐ一周目は終わりそうかな~って感じなんですけど、こっちもなかなか面白いキャラですよ~♪
予定ではあと一人一緒に感想を書きたかったんですけど、私がノロノロプレイのせいで終わらずでした…。

paradise来ちゃったし、いつ終われるか分からないけどちゃんと終わらせるんだ\( 'ω')/
その次にはシャレマニをプレイすると決めていますからね♪

ではでは、サクッと感想になってしまったけど、今日はこの辺で(´ω`)
最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~‼┏○ペコ



消防のうんたらかんたらで
今度丸一日(5時間…‼)の講習を
受けに行かないといけなくなりました( ;∀;)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言