FC2ブログ


こんにちは!┏○ペコ

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいましてありがとうございました~‼┏○ペコ
本日も、とっても励みとさせて頂いておりますです♪\( 'ω')/

昨日はお外もすんごぉぉぉく暑そうだったので、本気で一歩も外に出ませんでした…(笑)
今日も凄く暑くて会社の部屋も熱していたので、着いてから当分は汗が!Σ(T□T)

洗濯とか諸々は土曜日にまとめて済ませておいたので、昨日は本当に何もしていない(=_=)
今日からは仕事もちょっとバタつきそうだったしゲーム出来る時間がなさそうなので、今のうちに集中して殺スト進めないと!と思ってずーっとプレイしておりました~!

ってな感じで、お陰様でトロコンをして参りました~(∩´∀`)∩

2018-08-26-183735.jpg

いや~これ実際2日?とかでトロコン出来たんじゃないかな。
集中してやったら余裕でそれくらいで終わらせられると思います!というか、一日で終わらせられてしまうんじゃないでしょうか…(笑)
何というかあんまり評価が良くないとか、そういった事を耳に挟んでいたのだけども…、私は別に問題なかった(笑)というか普通に楽しめました~(゚∀゚)

まぁ、ぶっちゃけて言ってしまうと、殺し屋という要素についてだったりとか、ボリュームの部分だったりとか、徐々に気持ちの変化は見られるものの、イチゴと相手の恋愛が始まるきっかけってゆうのかな…。
その辺で『相手のどこを見て気持ちが動いたのか』という部分では疑問というか、どこだろう?と思ったりしたこともあったにはあったし、昨日の初回感想でも言ったんですが、ちょっと全体的に薄い感じがしたのは認めます!笑

でも、攻略キャラが次→次って進んでいく中で、気になっていた所が明かされていくんですけど、後半の方は面白かった‼
多分、色々考えながらプレイする人とか、そうゆうのが好きな人には物足りないのかな~と思います。
これからプレイする人などは、私の感想はじっくり読まずに“無”の状態で進めた方が楽しめると思います(笑)

今日は、まとめ感想+キャラ別感想を書こうかなと思っているんですけど、最初の方に個人的なお勧め攻略順を書いてみます!
この辺は個人の好みとかもあると思うので、あくまでも私はこの順番でプレイして良かったので、どの順番だと良さそうですよーという意味で記しておきます。

◇まとめ感想
korosuto_tw_icon_07.png

私は、途中で急遽プレイ順を変更したのですけども…(笑)それで良かったな~と思いました!
それぞれのBADも所謂BAD EDとして作られているものよりは、最後まで物語として描かれているな~と思うんですけど、昨日もお話ししたけど“これは…‼”と思うようなものは無かったんです。
でも、とあるBADを回収した時に、普段回収しない人もこれは取った方が良いな~と思いました。
って事で、私は ツキミ→イズナ→長谷川→アモン→クラマ→隠し でプレイしたんですけど、どれもハピエン→BADの順で回収しながら進めています。

だけど、個人的なお勧めとしては ツキミ→イズナ→アモン→長谷川→クラマ→隠し の順が良いんじゃないかな~と。
もっと言うなら長谷川→クラマハピエン→クラマBAD→隠しの方がより内容が分かり易いと思いますし、明かされていく真実的にも繋がりやすいんじゃないかな。

隠しの解放条件は分からなかったんですけど、クラマのハピエンをとったら√解放されたので、隠し以外のキャラのハッピーEDを見る事なのか…クラマのハピエンを見る事なのか…。
でも、これ、クラマを序盤に攻略しちゃったらちょっと気持ちが萎えていたかもしれませんね(;'∀')
クラマ√ではイチゴについてや、他の人についてもちょこーっとネタバレする内容があるので、軽く制限かけても良かったんじゃないかな~と思います。
プレイ途中で気付いて後にまわして良かったなと思いました(/・ω・)/

フルコンした今でも、全体的に薄い感じがしたのは変わらなかったんですけど、後半部分の真相に迫る所だったりとかそういった部分はなかなか面白かったなと思います。
前半部分では考えもしなかった内容が明かされたし、ずーっと不思議だったイチゴについても後半のキャラの部分で明かされて行く形になっていましたし!
実際クラマと隠しをプレイしない事には、全て含めてのハッピーエンドではないというか…。
本当の意味でのめでたしめでたし感は、隠しで初めて味わえた気がします(笑)

それと、このゲームの構成って言えばよいのかな?
真相√をプレイして、そこで初めて行う事があるんですけど、これを最後に持ってくるってある意味面白い仕掛けだったな~と思います。
物語の内容的に納得のいく作り方だと思うんですけど、その画面が出てきた時に「ここで出るんだ!」と驚きつつも、いつもと違う感じで新鮮な気持ちになったな~(*´ω`)

多分何も考えないで進めたら楽しめる所もあると思うんですけど、シナリオが淡々としているというか…、すごくあっさりな感じがするんだと思うんですよね。
もうちょっと深みが出れば更に面白かったんじゃないかな~と思うんですけど、じゃぁどうやって?と言われると…私物語を考える才は皆無なので(笑)

殺し屋という要素に関しては、相手との恋愛をしていくその上で、仕事だとしても人を殺しているという事実があるので…。
それが悪を成敗しているにしろ何にしろ裁かれるべき所業だから、その辺りが気持ちの面に関係してくる…って感じかな。
キャッチコピー的なものにもなっている「真実を知っても愛してくれますか?」というのは、某キャラで出てくる台詞でもあるんですけど、個人的に思ったのは裏社会の人物×表の世界で生きていたイチゴの関係性だったとしても、やっぱり殺伐としている感じがあんまり無かった事とか、殺し屋という要素があまり出ていなかったかな~と。パンチが弱いというか…そんな印象でしたね。
なので真実を知っても…というのは、内容に比べると大仰な感じもしちゃうんですけど、これが相手が言っている言葉でもあるけど、イチゴが相手に対しても言える言葉なんだな~と思うと、また違った意味で面白さが感じられる気がしました。

ただ、個人的にはキャラクターが思ったよりも個性的だった事と、最後に明かされたイチゴに関しての部分が意外な事実だったので…(笑)
なんか、凄く衝撃的だった…!
本当に何も考えずにプレイしていたというのもあるんですけど、クラマ√で少しイチゴの事が分かってくるんだけど、その時でさえも驚いたのにその後には更に…だったので、最後の2人を攻略している時は楽しかったですヽ(^o^)丿

思わぬ人物との繋がりだったり、実は……みたいなものがいくつか最後に明かされていくので、その辺りで私の中のボルテージがムクムク動いたかなと思います!

イチゴに関しては声が出ないという設定があるので、会話は基本的にスマホで打ち込んで相手に見せる形式です。
で、ウェイトレス業をしているのもあって、イチゴの台詞?的な部分が『・・・・(コクリ)』とか『・・・・(ペコリ)』とかが多いんですよね(笑)
私は全く気にならなかったけど、頻繁に出てくるので恐らくこれで参る人もいるんじゃないかな…(笑)
設定上喋れないからそういった行動で示す事が多いですし、イチゴはとある事の関係であまり思考を働かせないようにしている部分があるので、恋愛的な所でもどうやって相手に惹かれたのか?というのが分かりにくい部分があるように思います。

あとは、その思考を働かせないようにしている…という所で、もどかしい気持ちにもさせられるかな!
マイナス思考とはまた違うんですけど、自分の心を守るために希望を見出さないようにしているので、見ているこっちが辛くなります(笑)
でも不思議なんですけど、実際絶対にありえないけどもしイチゴと同じ事を自分がされたとしたらば…、あんなに強くはいられないだろうなと思うと、この子は凄いな~と思いますね…。
考えたくないけど、同じことをされたら…と考えてみて下さい(笑)無理!(笑)

と、色々思う所はあったけど、個人的には楽しかった\(^o^)/
あまり長く書くとキャラ別いけないので、そろそろ次に行こうと思いますが…。
今回の好きなキャラ順は

1 クラマ
2 イズナ・隠し
3 長谷川・ツキミ

って感じです!
クラマ先生は思った通り素敵でした(*ノωノ)
多分だけど、隠しが一番力の入っているキャラって感じがして、他キャラの恋愛はわりと気持ちを伝えて満足的な印象だったんですよね。
なので、それ以降の甘さというのはあんまり無かったかな~と思うんですけど、それぞれ気持ちの変化で見える可愛さというのがあって、その辺りはどのキャラも良かったです。

各キャラについてはここでは喋りませんが、私はやっぱりクラマ先生が良かったかな~♪
イズナも隠しキャラも序盤からどんどん変わっていくのが、ギャップがあって凄く良かったです。

というか、隠し隠しって言ってますけど、皆さん分かってますよね(笑)
一応キャラを選ぶときに隠されていたし(丸わかりだったけどw)、今回の感想でもそこには触れず隠し以外のキャラの感想を書こうと思いますが…。
その人は真相√って感じなので、一応伏せようと思います。

◇ツキミ/田丸篤志
korosuto_tw_icon_01.png 

見た目に反して凄く癖の強いキャラでした!(笑)

ツキミこそが喫茶月影のマスターで、とある人からイチゴを警護して欲しいという依頼を受けている人物なんですが…。
基本的には優しいですし面倒見も良い人です。
右も左も分からないイチゴに物腰の柔らかいツキミは、安心できる存在になるというのは凄く納得のいく流れ。

だけど、この人、凄い趣味が……(笑)
趣味がというか好みがずれているというか、イチゴが月影で働きますってなった時にツキミがウェイトレス服を用意しているんですけど、それを皆にボロクソ言われるんです。
で、結局イチゴが自分で違うのを注文して、公式のキャラ紹介で着ている服になるんですけども。
是非とも、その趣味の悪…じゃなかった、ツキミが最初に用意していた服を見てみたかった…(笑)
恐らく、ザ・メイド!みたいな恰好をしてたんだろうな~と思うけど…。

まぁそんなこんなで、“普通”と思う行動から少しずれた行動をするような人なので、なかなか面白い所がある人でした!

イチゴに対しての好意も凄く分かりやすい人だったし、イチゴ自身もツキミに優しくされる事で不安を感じたりしながらも、彼の存在が大きくなっていくので距離の縮まり方は自然だったように思います。
そして、イチゴとの距離が縮まっていく中でのツキミの態度が、何故か分からないんですけど自然とニヤッとなってしまう感じが…(笑)
分かりやすすぎるくらい分かりやすいなぁと思うんですけど、イチゴの発した言葉や態度に対して殺し屋らしからぬ素直な気持ちが表情に出てしまうので、ちょっと可愛かったです。

イチゴはツキミに対して最初こそ距離を開けているんですけど、徐々に安心できる存在と感じるようになってから、恋愛的な好意になっていくんですけども…。
イチゴには過去に色々とあったので恋とかした事ないんですよね。
なので、ツキミに対して抱いている気持ちが恋愛の意味での“好き”だと気付くまで、結構時間がかかりますし、その間も好きだとは認識しているけど愛とか恋の意味でだとは気付いていないので…。

対してツキミはイチゴに対して順調に好意を寄せていきますし、それをフライングして忠告?してきたるするのでちょっと面白い展開だなと思いました(笑)
しかも、そのずれた行動をイズナに咎められているのが、また面白かったです( ^ω^ )

色々な出来事を重ねていく中で、お互いの距離が縮まっていくんですけど、ふとした時にツキミは殺し屋だ…というのを認識させられる形になっているんですよ。
それに対して悩んだりとか考え込んだりというのはあまり無かったんですけど、どちらかというとツキミの方が…というか全√を通して相手の方が、イチゴの事を想うからこそ裏の世界にはいさせたくないとか、いない方が良いと思っている節がありますね。
イチゴは色々な事柄を知らないし、言ってしまえばまっさらだからこそ、相手の事を好きになると自然と受け入れていくというか、思い悩む事もあまりなく相手の事だけを考えている感じがしました。

なので、思ったほど大きな障害というものもなく、わりとサクサク~っと進んでいく感じがしました。

ハッピーエンドの方は乙女ゲー的な幸せな結末って感じで、イチゴもツキミも幸せそうだったのでホッコリするようなEDだったかな!
まぁでも、このEDを迎えると“殺し屋”というものがものすごく軽い職業のように感じてしまったのは否めませんが(笑)

◇イズナ/石川界人
korosuto_tw_icon_02.png 

イズナは全くのノーマークだったので、私は株価上昇のキャラでした\( 'ω')/

ツキミに比べると冷たい印象を受けるキャラなんですけど、実は情が湧きやすい人柄だったり、だからこそ殺し屋らしからぬ気持ちを持ってしまう部分で思う所があったり…。
わりと“普通”に近い場所にいる人だと思うんですけど、やっぱりギャップって大事だな!と思わされたキャラの一人です(笑)
隠しキャラもギャップがあって良かったけど、イズナもなかなかその辺楽しめました。

最初のうちは、ツキミが飴ならイズナは鞭って感じなんですけど、接していくうちにだんだんイズナが優しくなっていくのがニヤニヤポイントだったかな( *´艸`)

お互いに好き同士だろうな…と思った時には、何となく気付くだろう…と思うような形でお互い伝えているんですけど、それが進展に繋がる訳では無いので(笑)
途中で「あれ?これもうお互い好きなんだよね?」と自分の中で疑問に思いながら進めていく形になったんですけども…。
「守りたい」とか「傍に居て欲しい」とか、そういった事から気持ちが分かるのに、なかなかまどろっこしい気持ちにさせられました!
そこも結果楽しかった部分ではあったんですけどね…。

何と言ってもイズナが…可愛い時もあるけど、基本カッコイイ。
ツキミとはまた違った感じで頼りになる人物だったし、常にイチゴを守ろうと行動するのである意味ヒーロー的な感じなんだと思う。
かといって甘やかすだけではないので、ふとした時にカッコイイなぁと思わせてくるキャラだったな~と思います。

ツキミみたいにずれている所とかは無かったんですけど、最初にも言ったんですけどイズナは自分の気持ちをかき乱されたくないから、深く関わりたくないと思っている人なので、その辺りの心の動き?みたいなものが楽しかった部分かも!
騒がしいアモンと言い合いをしたりしながらも、わりと皆をまとめるというか…そういった立ち位置にいる人なので、面倒見が良い人物ではあると思うんです。
だけど、過去に自分に起きた出来事と殺し屋という職業をしている事で、他人と深く関わらないようにしているので、相手の懐に入っていく中で変わっていくイズナというのがなかなか…(笑)

しかもこうゆうキャラの界人くん、半蔵とか優とかも良かったけどイズナはまたちょっと新鮮な感じがしました(*´Д`)
ってゆうか何かカッコよかったです(笑)

EDは…凄く印象に残っているのが切ない気持ちになるBADですね。
わりとBADは悲恋というかそういった趣向の作り方が多かったんですけど、悲しいというよりはイチゴ的には心に穴が開いた感じで終わるんですよ。
だから地味な気がするけど印象に残る感じがしました。

ハピエンは普通に…幸せだった(∩´∀`)∩
というかそこに行くまでのクライマックスに起こる出来事が、ちょこっと驚き面白展開だったので…。
ハピエンに辿り着いた時は「あ、良かった……」とホッとした方が大きかったかも(笑)

◇クラマ/野島健児
korosuto_tw_icon_03.png 

闇医者であるクラマ先生は、すごーく個性的な…人でした…(笑)
というか、最初だけ癖強そう…と思わされたけど、接していくと可愛い人だったなと思いますヽ(^o^)丿

ちなみに、この方の作るミニチュアは…作業がものすっごーく細かそうなやつだった!
作っているのを横で見ているイチゴも何か可愛かったけど、見ているだけでも楽しいとイチゴが言うと嬉しそうにしているクラマが可愛かったです…(笑)

何というか、この二人は他人に耐性の無いイチゴと他人と極力関わりたくないクラマだからこその、距離の縮み方というかお互いが自然に安心出来る存在になっているのがほんわかしました。

始まりはイチゴの声が出なくなったのを治す…という所からなんですけど、イチゴの喜びそうな事をしようとあの手この手で頑張るのが、何故か微笑ましかったです(笑)
ケーキまみれの部屋は大変そうだったけど、この人もツキミ同様に“普通”の分からない人なので、ツキミに相談して踊らされているのが面白かった。
そしてそれをマツリさんに注意されているのもちょっと笑えました(笑)

後は、お店のお客さんを相手にする時には相手の職業柄もあって気を張っていないといけないんですが、クラマの所にいればクラマしかいないので居心地が良くなっていくんですよ。
で、そこからイチゴの希望を見出さない性格でちょっとマイナスの方向にいくんですけど、それからクラマがイチゴに対しての気持ちをあらわにしていくので、その辺りから距離が縮まっていく感じでしたね!
クラマとイチゴだけでは大きく動かなかったであろう所も、マツリがいる事で前に進んだ部分とかもあると思いますし。

どこの√でもマツリはイチゴに対して優しいので、とにかく気にかけてくれるお姉さんみたいな感じなんですよね~(*´ω`)
最初は派手な姉ちゃんだな…と思ってけど、最終的にはマツリが結構好きになると思います(笑)
それに、クラマにイチゴへの気持ちとか、どうするのかと決断させているのはマツリの存在が結構大きいと思うので、この人はある意味サブでは無くてはならない存在だと思う!

物語の終わり方と恋愛の締めくくり方が若干あっさりめだったのが残念な気もするんですけど、クラマ√ではイチゴについての事が全てでは無いけど、少し匂わせてくる内容になっていますし、そういった部分でも面白い√だったかなと思います。

そんでもって、BADですね。
BADと言えばBADなんですけど、これは次の真相に繋がるEDでもあるんじゃないかな~と思うので、悲しいEDという形とはちょっと違うかな。
ここでのこのEDを取ると、一気に気になる部分も増えてきますしね!

真相が分かるというのとはちょっと違うんですけど、チラ見せされるという感じなのでなかなか楽しかったクラマ√でした(∩´∀`)∩
個人的にはやっぱりクラマ先生が恋愛していく模様が凄く楽しかったです(笑)

◇アモン/八代拓
korosuto_tw_icon_05.png 

実は結構面白かったアモン√だったんですけども…。
元気いっぱいでイチゴに対してもすごーくチャラい感じで接してきます(笑)
可愛いとかデートしようとか、とにかく凄く好意的だしそれをガンガン出してくるタイプの人。
でも、実は殺し屋としての腕は凄いらしい…が、借金まみれのお方です(笑)

とにかくイチゴに対して最初から好意的だし、イチゴに何かしてあげたい笑顔にしたいという気持ちが凄く強い子って感じですね。
私的には、雰囲気的にもわりと序盤で攻略しそうなキャラなんですけど、とある理由から後に残していました(;´∀`)
でもまぁこの人を最初の1人目とか2人目にやらなくて良かったと思います(笑)
きっと、プレイし始めるとその理由が分かると思うんですけど、是非中間あたりとかに攻略した方が良いかな~と。

最初こそ、イチゴを可哀想と思っている事で色々と構ってくるんだろうな~と思うんですけど、それがだんだんともうちょっとストレートな好意に感じてくるようになります。

凄く騒がしいタイプの子なので、いつもイズナに弄られて騒いでいる印象なんですけど、アモンはイズナとは正反対の性格なんですよね。
アモンは仕事をこなす時に相手の事を知っていようがなんだろうが、仕事となれば冷酷になれる一面があるのですよ。
でもイズナはそうではないからこそ、他人と深く関わらないようにしている所があるんですけど、なので余計にイズナとアモンはお互い相手を羨ましいとか、そうゆう風に思っているからこそ、言い合いとかもしてしまう…みたいな!
イチゴの事に関してもこの二人は考え方が違うので、その辺りがちょこちょこ2人のやり取りに出てきていましたね。

まぁでも、アモンは結構素直な子なので、彼の気持ち的な部分とかそういった所ではモヤモヤさせられない感じだったかなと思います。
イチゴに対しての好意もすごーく分かりやすいですし、ふとした時の言葉でイチゴに惹かれてみたり、泣きそうになってみたりと…。
色々な意味で素直な子だったな~と思いますし。
イチゴが部屋ではぼうっとしている…と言ったら、塗り絵を持ってきてみたりするんですけど、途中から甲斐甲斐しいアモンが何だか可愛く見えてきました(笑)

ただ、人物的には素直だけど、色々と事情がある人なので(笑)
この辺凄く面白くなりそうな設定だったと思うんですけど、今、感想書いててふと思ったんですけど、あまり心を鬼に出来なかったのかなと思いました!
全体的に、言ってしまえば殺し屋という設定だけど、心に優しい作りだったから軽く感じたのかなと思います。
アモンにしても一番色々と起こっても良さそうな展開だったのに、やっぱり心に優しかったなと思いますし…。
別に凄く辛くて悲しい物語を希望している訳では無いけど、殺し屋とか裏社会というものだからこそ、レンド的なそんな雰囲気があっても面白かったんじゃないかと思ったりもしてみたり(笑)

でもまぁ、これはこれでハートがひび割れる事は無かったし(笑)、アモンはちょっと可哀想な感じもしたけど、結構楽しめたので良しとします(笑)

◇長谷川/前野智昭
korosuto_tw_icon_06.png 

長谷川さんは、白川さんという方の社長秘書兼ボディーガードをしている方です!
この人堅そうだな~って思ったけど、堅いです(笑)
そして、堅いけど何でもこなせる凄い人でした(/・ω・)/

ボディーガードという立ち位置なので、イチゴとあまり接点がなさそうな感じなんですけど、社長である白川さんがすごーく怪しげな人なんですよ(笑)
怪しげというか、何だっけ…社長だけどマフィアのボス?だかなんだかなので、わりと冷酷な一面を持ち合わせている人らしく、イチゴに興味がある…といって近づいてくるんですよね。
すごーく優しい雰囲気だし、物腰も柔らかい感じなんですけど、それがかえってこの人の凄さを現している感じがします…(笑)
なので、社長の思惑のお陰で長谷川と話す事が多かったりするんですよ。

だが、何と言えば良いのかな…。
長谷川との距離の縮め方は自然だと思いますし、イチゴが長谷川に頼りたくなるのも長谷川のある言葉があったからだと思うんですけども!
この人後半に吃驚な爆弾を投下してくるキャラなので、序盤はわりと心穏やかなにプレイしていたけど、それまで完全に[無]だった私は、後半すっごく面白くなっちゃいました(笑)
そして長谷川とは…何!?と思いながら、後半はプレイしていく形になっていったかなw

イチゴと打ち解ける為にというか、お互いの事を知っていくという所で長谷川がどうしてボディーガードになったのか?とか、過去の出来事とかを知る事があるんですけども…。
この人の√でもまた、この物語の真相に関わる所が出てくるので、過去の事を話し始めた所から気になってモヤモヤし始めました。
そこから明らかに惹かれている感じっぽいのに、まさか後半部分でそんな事になるとは…という…(笑)
この時は気付かなかったけど、そうゆう事だったのか!と思わされる事がいくつかあるので、後半部分が凄く楽しかったんだと思います。

それと、どの人も共通して言える事だけど、イチゴを喜ばせようと色々講じてくるので、長谷川で言えばサンドイッチを作ってきたりするのが…何か…何か…(笑)
しかもそのサンドイッチがめちゃめちゃ美味しいらしいので、すごく気になってしまいました(;'∀')
とにかく、普段の長谷川からは想像出来ないような事をしてくる人だったので、この人もまたなかなか面白いキャラだったなと思います。

そして最後の方では今までの流れよりも、次々と色んな事が起きた最後だったな~と思いますので、最後の最後まで案外楽しんでいました(*´ω`)
吃驚爆弾投下からの、驚きの切ないシーンを通過して、その切なさを残しつつ過ごしていたら、最後にちゃんと幸せな結末に…!
って感じの流れで、結構後半詰まっていたんじゃないかな(笑)

ハッキリとした真相に繋がるものとは違う形ではあったけど、ここにも色々と散らばってはいるので。
それを全てきちんと回収するかどうかは別として(笑)、思いの外色んな事が起こった内容だったなと思います。

◇隠しキャラ

ここではあまり多くは語らないようにしますが、真相√というだけあってイチゴに関わる事だったり、イチゴ自身の事、更に組織がどういったものか…などなど。
色々な事がやっとここで分かるという内容になっていました!

相手キャラとの恋愛部分も勿論描かれているので、他キャラ同様に相手の事を知りながら距離が近づき、好きになっていく…って感じになっています。
この辺は結構マイナスな印象というか、ちょっと取っつき難い相手だな~と思う所からの始まりなので、ギャップ的な意味でも結果凄く可愛かったです(^o^)

相手の過去の出来事とかの関係で、辛く当たって来たりするし「何だコイツゥ~」と思ったりもしたんですけど、ちょっとずつその辺の事が分かってくると、相手も素直になって来たりするので…。
なんだかんだ可愛いな……と思っている自分がいました(笑)
ツンデレさんな感じなんだと思うんですけど、イチゴに対してだけ見せる優しい雰囲気とかがすごーく良かったんですよね。
まぁ…全く癖の無い人ではないのですけども(;'∀')

だからこそ、距離が近づいたと思ったら離れたり、それを越えてより近づいたり…という感じで好意をよせていくので、可愛い恋愛だったな~と思います。
実はイチゴの事を一番見ていたりとか、誰よりも先にイチゴの変化に気付いたりするので、そうゆうのがなんか意外でした(笑)
しかも気が強そうなというか、そんな感じの態度なんですけどイチゴに対してはチョロくて、すぐ照れたりとかしているんですよね~(笑)だから余計に可愛いと思ったんだと思う!

内容的な部分はあまり言えない事が多いんですけど、ここで事実を明かされた時には、何かちょっとだけ切なくなってしまった…。
あぁ、そうゆう事だったのか…と思う所と、更に驚きの関係性が出て来たりするので!

それと、ここでのハッピーエンドというものは、ある意味でやっと本当にハッピーになった感が感じられる終わり方じゃないかな~と思います。
むしろ、今までのハピエンはそこが足りないので、終わった気がしないというか(笑)
それに、2つのEDとも幸せな結末となっているので、その辺りから見ても隠しキャラは特別な立ち位置なんだな~と思います。
まぁ隠しなんだから当たり前か(笑)

という事で、隠しに関しては色々喋りたい事もあったんですけど、敢えて深く触れるのはやめておきました~(笑)
メインの攻略キャラだけでなく、サブもわりと関りが深い人とかもいるので、その辺りも面白かったんだけど…。
ラキアさんをもっと前に出して欲しかったですよ私は!(笑)
台詞が少ない( ;∀;)
もうちょっとイチゴとのかかわりも多くして貰いたかったです!

と、これにて殺ストは終わりになるんですけど、ピオフィオーレまでまた微妙な間があいてしまったので…。
ロミジュリの続きでもやろうかな…(笑)と思います!
最近は放置していたグラブルをまたやり始めているから、スマホに噛り付いているんですけど~…。

ピオフィオーレが来たらすぐに始めたいと思っているので、ちまちまとやっていこうと思います~。

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ



今日は絶不調の日です…。
もの凄く眠いしお腹痛いし
頭が働かないのに、仕事が多いよぉぉ( ;∀;)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちはです~┏○ペコ
昨日は寝る前に喋りに来ようと思っていたんですけど、はたらく細胞を見ていたら夜中になってしまい、力尽きてしまいました(;´Д`)笑

まずは、前回の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、コメントも下さいましてありがとうございました~♪
本日も大変励みとさせて頂いております!

昨日はずーっと引き籠ってゲームを進めていたんですけど、そろそろ毎月恒例の体調が思わしくない日々がやってくる頃合いなので、集中力が途切れまくってました(;'∀')
って事でさっそく感想にいっちゃおうと思いますが、今日はとりあえずの初回感想な感じでいきたいと思います。
次にキャラ別をまとめて喋ろうかな~と思っておりますです\( 'ω')/

◇初回感想
korosuto_header07.jpg 

初回感想とか言っているんですけど、今クラマ先生攻略中なので、クラマ先生が終わったら最後のキャラプレイして終わりです!
実は…、ツキミ→イズナ→長谷川までやった時に、アモンを先にやるかクラマを先にやるか凄い迷ったんです…。
で、どうしようかな~って悩んでいたんだけど、長谷川まで攻略してきた時の感じで、アモンは後の方が良いかな~?と思ったのと、クラマが気になっていたしここでちょっと楽しみたい\( 'ω')/と思ってクラマ先生を始めたんですよ。
で、途中で「( ゚д゚)ハッ!これは後に回した方が良いんじゃないか…」と思って、即セーブしてアモンに急遽変更しました(笑)

まだクラマ√で核心的な所までいっていないので、もしかしたら先でも後でも良いのかもしれないけど…。
イチゴに関わる事を発言してきたので、ここで色々バラされてもちょっと…と思って急いでプラン変更しました(;'∀')

という事で、初回ですし一応物語をザックリと。

物語の始まりは、主人公であるイチゴがジュラルミンケースで目を覚ますところから始まります。
彼女は何故自分が運び出されたのか、そういった事が一切分かっていないご様子。

運ばれた先は“喫茶月影”という所なんですけど、そこのマスターであるツキミがイチゴを護衛するという依頼を受けている事を話してきます。
状況を説明されるもののよく分かっていないイチゴなんですけど、とある事情によりあまり深く考える事をしない子なので、それを受け入れ月影でウェイトレスをしながら生活していく事に。

喫茶月影のマスターや従業員は殺し屋、そしてそこに来るお客さんも裏稼業の人達ばかりが集まります。
今まで殺し屋などの裏社会の人と関わらない生活をしてきたイチゴですが、月影で働く事により皆の事を知り関わっていく事でイチゴ自身も変わっていく…って感じですかね。

イチゴは普通の“主人公”とされるキャラとは明らかに異なる部分が多々あります。
過去にあった何かしらの出来事がきっかけで言葉を発する事が出来ませんし、感情表現なども乏しい…というか殆どないというか。
この辺りは物語を始めた序盤でどうしてなのかが、イチゴの気持ち等の描写ですぐに分かると思います。
そんな状態なので、人と関わるという事にあまり積極的な方ではないんですけど、月影でウエイトレスとして働いていく中で、イチゴの気持ちの面での変化が徐々に表れ始めて表面的にも変化していくという感じになっていました。

ちょこっと感想を喋った時にも言ったんですけど、初回プレイ時間は6時間もかかっていないと思います。
全体的にあっさりめな印象というか、[プレイしている]時間としては長すぎずサクッとプレイ出来るので周回はしやすいかも。
だけど、最後まで終わった時にどう思うか…というのもあるので後から変わるかも知れませんが、現時点での率直な感想は、色々とあと一歩前に出れば深みが出るのに‼と思う気持ちも正直あります(笑)

攻略相手が殺し屋という職業だったり、それに関わる仕事の人達で裏稼業と呼ばれるお仕事をしている人物なのですよ。
なので、それぞれに色々と事情があったり、人を殺すという事を生業にしているので葛藤とかもあるわけです。
あるはずなのだけど、その辺もうちょっと色々とあったら違ったのかなと思ったのが1つ(;O;)
相手も大人なのでそうゆうのをあまり表に出さないのか、もしくはイチゴの境遇の方が大変だしあの状態のイチゴ相手に、乙女ゲーでよくある主人公が支えて壁を…的な流れがちょっと違うのか、その辺は分からないのだけども、裏社会の人という印象が薄いというか浅いというか…、うまく言葉に出来ないんですけど殺し屋じゃなくても良かったのではと思ってしまった部分があるような無いような(笑)

さらに、イチゴも喫茶月影に来るまでには沢山辛い経験もしてきているので…、少しずつ変化が見えて来たイチゴに対して、相手のキャラ達は裏の世界には関わって欲しくないと思う気持ちを抱いたりするのです。
その辺の気持ちが生まれる事だったり、イチゴを救いたいという思いが強くなる事で物語的にも大きな展開を迎えていくんですが、どんな言葉で伝えれば良いのか分からないんですけど…(笑)
全体的にちょっと薄く感じたかなぁ~と…。

クライマックスの所が結構サクッと進んでいく感じがしたり、気持ちの面での葛藤では《殺し屋》という職業が生きてはいると思うんですけど、あまりそこを重視する感じでも無いので想像していたよりは殺伐としていなかった気がします。

ただ、恋愛的な部分はわりと変わった人もいるので面白かったですね(笑)
それぞれ職業が違うという所もあるんですけど、月影で働く人とお客として来ている人とでは、同じ裏社会の人間同士でも立場や立ち位置が違ったりするので、物語が進んでいく事で見えてくるものも違うんですね。
なので、とある展開になった時にその人がどうするのか?というが、なかなか面白い部分になっている√もあるので、その辺は楽しかったなと思います!

ツキミさんとか普通に見えるけど、ちょっとおかしな発言とかもしてくるので、不思議な進展の仕方をしたと思いますし(笑)

相手キャラとの進展の仕方という所に重点を置いている感じがするので、進み方は徐々に気持ちが変化していく感じだったので、駆け足している感じは無かったですね。
人によって相手を想う気持ちの描写?と言えばよいのかな…。イチゴが相手を好きになって、その気持ちを伝える時にとる行動とか発言とかが結構突飛だったりするんですけど、相手が特殊な職業という事もあるので、その辺はある意味深い気持ちが表現されていた気がしたかな~と思う。

それぞれの物語の展開も大筋は同じ流れになっているんですけど、後半の転がり方が違う感じになっているんですよね!
どれもそのクライマックスの展開があっさり~な感じがするんですけど、個人的には長谷川は面白かった\( 'ω')/
多分、殺ストやってて初めて『え⁉(@_@)』とか『マジで!』という驚きのある展開が仕込まれていた気がします(笑)

後はノーマークだったツキミやイズナも個人的には楽しめましたし、キャラという面では個性的な人達ばかりなので面白いと思います。
わりとイチゴの性格上と皆さんの職業上、シリアス…まではいかないんですけど明るい感じとはちょっと違うかな~と思うんですけど、月影に色々な人達が集まるのでちょっとしたキャラ同士のやり取りが面白かったりしますし、イチゴの性格的な部分が見た目と反している所もあって何だか可愛いかったりしますし!
なので、薄いとか好きな事言ってしまったのだけど、何だかんだ楽しんでいる私です(゚∀゚)

イチゴの事を好きになった時の相手キャラの態度とかが、何か可愛いんですよね~(笑)

システム的な面では選択肢がそこまで多く無いのと、好感度が分かり易くなっているので進めるのは超絶簡単だと思います。
EDもハピエンとBADの2つだし回収しやすいですしね。
BADの構成はそれぞれ異なる形にはなっているんですけど、似ている終わり方をしているもの同士もあるかな~と。
衝撃的なBADというのは無かったので、終わった後にションボリと寂しい気持ちになるような…、そんな終わり方が多いです。

そして、個人的にすっごく嬉しいのは選択肢スキップがある事(/・ω・)/
全EDを取りたい人からしたらこれは嬉しいのでは…というか、私が周回して早送りしているの待っているのがあまり好きでは無いので、どのゲームにもつけて欲しいと思っているだけなんですけど…(笑)
殺ストは早送りも高速だし選択肢スキップもあるので、そこはめちゃめちゃ喜んだ所です♪

スチルは各キャラ10~14枚って所かな?
私がイメージするカズキヨネさんのイラストとは違う感じがしてたんですけど、何度見てもやっぱり和服じゃないからなのか、私の知っているイラストの雰囲気と違う!って感じがしました(笑)
でも殺し屋と言っているだけあって、そういったシーンのスチルは何だかカッコいい感じになっていますよ~(*´ω`)

イチゴちゃんの服装もウエイトレスの時やお出かけ時、部屋にいる時や別のお仕事の時で変わるのも見ていて楽しかったです(笑)
主人公の服装とか髪型って案外変わらない事が多いので、ゆのはなみたいにコロコロ変わるのも楽しかったし!
今回のイチゴもわりと変わっている方ですし、出かける時に服が無い騒動とかもあるので(笑)その辺も物語の面白部分に関わっていたりして楽しめた部分でした~♪

と、初回感想はこんな所でしょうか。
クラマ先生以外は結構ノーマークな部分があったんですけど、どのキャラも可愛かったり素敵だったりする部分があって楽しいです(●^o^●)
これからクラマ先生の続きからプレイしてこようと思います~♪

最後にちょこっと雑談なんですけど、丁度このブログを書いていたらオトパをご一緒する方から『オトパのチケット来たよ~』とメールが来たんですよ~(*ノωノ)
楽しみだな~楽しみだな~とは思っていたものの、メールが来てもうすぐオトパなんだ!いう事に気付きました…(笑)
いつの間にか、もう8月も終わりの時期になっていたんですね~(;'∀')

今年は2日目の昼・夜しか行かないんですけど、凄く楽しみだ~ヽ(^o^)丿
昨年よりも私の記憶力には更に支障が出ていそうだけど、また頑張ってレポしたいと思いまーす♪

ではでは、今日は夜に来れたら…来ます!(笑)
眠くてダメそうだったら大人しく就寝しようと思います(´・ω・`)
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ



今日は自分の平熱よりも高い気温‼
暑くて外に出る気には全然なれません( ;∀;)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願い致します┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~(∩´∀`)∩
凄い寝不足で今にも寝そうなりな子です(=_=)

まずは、前回の記事に拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを下さいまして、ありがとうございました~♪
本日もとーっても励みとさせて頂いておりますです!┏○ペコ

昨日は飲みに行ってから帰宅したのですけど、0時には寝たのに…またもや5時に起きてしまって、寝れなくなってしまった( ;∀;)
何か最近飲んで帰ってくると「眠い~!」と思って寝るのに、すぐに起きてその後寝付けなくなるんですよね。
一体なんでそんな事になっているんでしょうか(;´Д`)
前までは目覚ましがなるまで爆睡…、起きてからもボーっとしている感じだったのに。

なので、超絶寝不足だった本日は、眠い眠い…となりながら仕事を済ませて帰宅して、殺ストをプレイしておりますよ~!
でも、さすがに睡魔がやばいので早く寝てしまいそうだ(笑)

実は既に初回攻略は終わっていて2周目に入っているんですけど、あまりの眠気で集中力が全くなく、プレイしながら目が閉じそうなので感想は明日まとめて喋る事にしました!
でも、ちょこっとだけやっぱり喋りたいと思って来てしまった(;・∀・)

初回はすごーく迷ったんですけど、ここはいつもの如くメインヒーロー風のツキミさんから攻略しました!
今は2人目のイズナをプレイ中。
物語の中でまだまだ謎な部分も多いので、周回していく中でなのか…もしくは特定のキャラ√でその辺りが明らかになってくるのかな~って感じですかね?
それにプラスして主人公のイチゴちゃんに関しても、まだまだ分からない部分も多くあるので、先が気になる~!な感じです。

1つの√のプレイ時間はそんなに長くないですし、選択肢も少ないので結構サクサクと進められる内容かな~と思います。
選択肢を選んだ際の好感度も分かり易いのでハピエンとBADの分岐もすごーく簡単ですし、特段難しい攻略法とかでもなかった!

まだ初回とかはちょっとあっさりめな感じで、何となく薄い印象もも否めませんが個人的には楽しんでプレイ出来ていますよ~(*´ω`)
気になる部分についてはまだ謎な所もあるんですけど、初回のツキミとの恋愛は対殺し屋って所で、特殊な感じのする特別な感情?な雰囲気もありましたし、二周目のイズナは打ち解けていく度に見られるようになる笑顔や、意外な素顔がなかなか素敵です(〃´∪`〃)ゞ
ツキミはちょっと変わった奴でしたが、イズナは普通っぽいのにそこが枷になっている感じで、こっちもなかなか楽しい。

今の所2つの√とも徐々に距離を近づける感じでなかなか面白いです(●^o^●)
そして何といってもイチゴちゃんが雰囲気とは異なる部分なんかもあって、なかなか興味深い子なのですよね~。可愛いですし!
イズナとイチゴちゃんのチェス教室?で、イチゴちゃんの戦略に驚くやり取りがなかなか面白いなと思いました(笑)
結構男らしい性格をしている所があるようですよイチゴちゃんは!

個人的には発売前と変わらずクラマが気になっているんですけど、どのキャラもなかなか個性的で面白そうな予感がします。
雰囲気的にはイチゴの境遇とか、殺し屋達やそれに関わる裏社会の人達が相手なので、シリアスっぽい雰囲気もあるんですけど、ふとした時にお茶目なやり取りなんかもあるので、楽しい雰囲気も時もあります♪

これが最後に終わった後にどう思っているのか…が一番気になる所ですが、明日はお休みなのでガッツリ引き籠ってプレイしちゃおうと思います!
その前に初回感想をしたために来ようと思います(笑)

て事で、本当すっごいちょこっと感想になっちゃったけど、もう寝ます(;・∀・)
ここまでお付き合い下さいましてありがとうございまいた~‼



明日明後日で終わらせて
ピオフィオーレに備えるわよ\( 'ω')/
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(笑)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言