FC2ブログ


こんばんはです~(∩´∀`)∩
明日から通常業務に戻るのか…と思うと、どうしても気の重い私です(´・ω・`)

まずは、前回の記事に拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました‼
本日もとーっても励みとさせて頂いておりますです‼┏○ペコ

昨日は夕方に親戚が訪ねて来まして、夜は皆でご飯に行ってしまったのでブログを書きに来れなかった…L(゚□゚)」
って事で、今日は終わってしまった蝶毒 幻想夜話の感想を喋りに来ましたよ!シクシク
とりあえずバナーとか諸々、幻想夜話版が無かったので前回と同じものを使わせて頂きます。

◇蝶の毒華の鎖リパッケージ 幻想夜話感想
choudoku_top000.png

個別の感想も各キャラで書こうかな~って思ったんですけど、そもそもこの幻想夜話は本編のハッピーED後のお話しと、BADの続編になっておりますので…。
どう考えてもネタバレしますからやめておくことにしました(笑)

という事で、それぞれの部分もまとめてここでお喋りしようかな~と思います。

まず、最初に選べるのは各キャラのハピエン後&BADの続編のコンテンツが、好きな方から遊べるようになっていました!
それぞれ、本編で迎えたハピエンの直後から、どうやって過ごしているのかという部分だったり、あの時の一番最後に出て来たシーンに辿り着くまでの話しだったりするので、思ったよりもしっかりしていた内容だった…。
ただ、後日談として甘いだけの内容ではなくて、この後日談だからこそのちょっとした心の動きなんかも汲み取れて面白かったです\( 'ω')/

ちなみに、各キャラ別に後日談・BAD続編・もう一つと並んでいるんですけど、このもう1つについては、最初は選べないので後々お話しします。

どのキャラクターとも幸せなエンディングを迎えているんですけど、相手の立場によっては結ばれるまでが簡単な道のりではない人もいますので…。
認めてもらえるまでに百合子やその相手がちょこっと辛い思いをしてみたり、それとは全く違う形で家族の様子を知らされたりなどなど。
普通に考えるような後日談とはちょっと違う感じがするかな~と思います。

その後の幸せな2人を…というだけの話しでもないので、本編での一番最後に見られるまでの間のお話しだったり、その間に起こった新たな問題?に立ち向かったり、後日談だけど結構ハラハラさせらえる所なんかもありましたし!
最後まで心行くまで蝶毒の世界を楽しめたかな(●^o^●)

そして、個人的に一番楽しみにしていたのが、各BADのその後のお話し…。
秀雄・藤田・斯波・瑞人に関しては、彼らの√で回収出来るBADの続編になっているんですけど、真島に関しては私が大好きなチャイナ姿EDのお話しでした(〃´∪`〃)ゞ
悲しすぎる妹妹EDじゃなくて良かったなと思いつつ、自分の好きなBADの続きが見られて至福の時間でした(笑)

どれもBAD EDの後のお話しなので、幸せになれるとかそんな優しい物語にはなっていないんですけども…。
だけど、この物語の流れだからこその感情が生まれていたりしますし、最後の最後までどこまで堕ちようとも百合子だけを愛し抜いている姿が、何とも言えない気持ちにさせれるかなーと思いました。

それぞれ、ここで完結している形になっているんですけど、BADらしく更に《BAD ED‼》って感じで締められていると思いますし(笑)
皆さま一様にあまりにも百合子の事を深く愛しすぎるが故に、切ない気持ちにまでさせられるから不思議です。
私としては凄く楽しみにしていただけあって、もう本当にすっごく面白い内容だった‼
2人がどんな関係性となってBADを迎えたか…によって、その後の部分の関係性も異なっているんですけど、まぁ…皆さま普通の関係性ではないので、勿論ここでもだいぶ爛れていると思いますが(;´Д`)
そんな2人がここで、最終的にどんな道を選ぶのかってのが気になる所ではありますが、それを是非その目で見てみてください(*´ω`)

そして、その他にもおまけも充実していました!
まず、一つ目は《特別》というコンテンツがあるんですけど、ここでは…なんと…‼
姿が何故かイケメンになっている三郎が出てくるというお話しでございます(笑)
百合子はここでは某EDと繋がっている女○○になっているんですけど、鏡子さんを通してのとある依頼で三郎が百合子の前に姿を現します。

内容的には完全にギャグです(笑)
三郎の見た目もそうなんだけど、中の人も「この人を三郎に使うなんて‼(笑)」と思ってしまう人が声をあてているので…(;・∀・)
最初の選択肢が2つ出てきて、その後各キャラ誰を選ぶかの選択肢が出てきて、面白い状況で攻略対象までもちょっと面白く…ってな感じでの内容ですかね。

それぞれ2つのシチュエーションで各キャラが見られるんですけど、皆さん隠すものがなにもないので言いたい放題やりたい放題なので楽しかったです(n*´ω`*n)
ちなみに百合子も本編での百合子とはちょっと違うというかですね…(笑)
文章に出てくる言葉って百合子の心の中の声なんですよね?三郎に対して『クソッ…。そんな長いまつげを伏せるんじゃない…マッチ棒乗せたろか…』とか言うんですよ!
どのキャラもちょっといつもとは違う感じだったり、色々はっちゃけているので一人笑いをこらえながら進めてしまいました(ΦωΦ)

三郎は見た目はイケメンになっても、中身はあんまり変わってないんだな~って思える所もあって、これは乙女ゲームでは見せてはいけないじゃないか…というアヘ顔的表情を本編でもしてたけど、それのイケメンVer.が見られます(笑)
でも、この表情を見た瞬間に「三郎だ!」と思えてしまう…。

あ、あとですね、各キャラの必殺技?みたいなものが見られるシーンがあるんですけど、斯波さんの黄金宝石札束フラッシュが私はお気に入りです(*´ω`)
まぁそんな感じで、特別シナリオではイケメンに変貌した三郎を中心とした、ドタバタとした面白シナリオになっていました~♪

この《特別》を見た後にもう一度各キャラの後日談コンテンツの所に行くと、最初は選べなかった部分が選べるようになっていました~。
このもう一つの物に関しては、ハッピーエンドの後日談の攻略キャラ側から描かれている内容になっています。
それぞれ、百合子視点だった時には分からなかった、攻略相手と誰かの会話がそこのコンテンツで分かるようになっていたり、あの時に起こっていた出来事の時に相手が何を思っていたのかが分かったりするので、より深くそのシナリオを楽しめる形になっていました!

どのキャラもそれぞれの裏側が見えるようになっているのだけど、幸せなはずなのに何だか切ない気持ちにもさせられる所があってより楽しめました。
中には普通だと認めてはいけない関係性の人もいますので、その人の時には好き合っている2人なのに、何だか悲しくなってくる所とかもあるんですよね~。
何てゆうかやっぱり幸せなのは勿論すっごく良いんですけど、感情的にそれだけじゃないというのが好ましいのかな~と思います。

そして今回もやって参りました!
《終章》のコンテンツでは『萌えろ!大正浪漫執事喫茶にゃ!』です。
本編のおまけに執事喫茶のおまけストーリーが収録してあったんですけど、今回は男性キャラ全員で姫様を癒そうと、猫耳執事喫茶?を……(笑)

皆さんが語尾や会話の中に「にゃ」を入れこんで喋っていたり、耳も尻尾もついているし!
喉を撫でられてゴロゴロしてみたり、猫のマタタビ王(闇のほにゃほにゃ猫Ver.)がいたりと、こっちも変わらずワチャワチャしておりました\( 'ω')/

今回も前回に引き続き、全部の後日談を見たという前提で、ここの会話が進んでいくので面白いです(笑)
誰かが誰かのBADでの所業をなじったり、これまたBADでのその人の様子をネタに出してみたりと、
とにかく終始愉快ですし鏡子様もイケメン三郎も出てくるので楽しかった(笑)
BADの後日談とか内容が仄暗く切なさを感じさせたり、ちょっと重い感じだったりしていたのに、ネタにされるとこんなに笑えてしまうのが、余計に楽しい気持ちにさせられた気がします!

そして更にミニゲームのシナリオもあったのですけど、各キャラとのちょっとしたやり取りの後、クイズ大会みたいなものに出場するって流れに!
そして攻略キャラとクイズの練習をして本番に挑む…って流れになっているんですけど、この練習の時には攻略キャラや本編の物語、ゲームの時代に沿ったクイズが出されるんですけど…。
内容がなかなか面白いものもありましてですね‼(笑)

・姫様の体で私が執着しているのは所はどこでしょう?
という藤田の問題があって、答えを当てると「しかし、何でしょうこの問題は。」という藤田に対して姫様が「それだけお前の○好きが有名とうことね」との返し…(笑)
更に藤田が「い、一体どこからそんな情報が漏れたのでしょうか、恥ずかしい…!」って言うんですけど、この時の恥ずかしいの言い方が…(笑)
何か藤田がちょっとキモイ!と思ってしまう感じでして(。-∀-)

こうゆう問題と答えに対して、相手キャラとのちょっとしたやり取りがあって、これがなかなか面白いないようになっているんですよ~。
百合子が物語上では知りえない事を知っていたりするので、相手の慌てている様子とか藤田の様なやり取りがあるので楽しかった~。

クイズの内容も本編をやっていたら分かるものもあるんですけど、一般教養?的な…?感じのもあるので、その辺はさすがにカンニングをさせて貰いました(;'∀')

全問正解して先に進むと、最後に相手とのちょっとしたシナリオもありましたし♪
おまけ要素も凄く楽しめましたヾ(*´∀`*)ノ

と、そんなこんなで全てのコンテンツを見終わってしまった…。
何か蝶毒始めたら凄く早く終わってしまった(笑)
ずっとずっと楽しみにしていただけあって、始めてみるとあまりの楽しさにどんどこプレイしてしまいました…(;´Д`)
本当にここまで待ってやっとプレイ出来て凄く良かったです\( 'ω')/
アロマリエさんリパッケージ制作してくれてありがとうです(●^o^●)

って事で、幻想夜話の感想はこれにて終わりますが、殺ストのカウントダウンも始まっていますし、ここで新しいのを始められないので…。
とりあえずは、中断になってしまっているロミジュリの同時収録されているFD?続編?の方をちまちま進めていこうかな~と思います!

連休も終わったので急いで片付けないといけない仕事もありますし、数日忙しくなりそうだ(=_=)
ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ




終わった後も何度もシーン回想しすぎて
蝶毒のデータが擦り切れそうです(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはですー‼ヽ(^o^)丿

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~♪
本日も、大変励み&活力とさせて頂いておりますです┏○ペコ

今日は何だか涼しくて過ごしやすかったですね‼
お盆時期の怒涛の日々が落ち着いた~って感じがして、久々に何も気にせずに沢山寝てしまった感じがします…(笑)
と言ってもお昼寝した訳ではないですよ~。朝かなり遅く起きてしまったというだけです(゚Д゚;)

さてさて、今日も早速本題に行こうと思いますが、蝶毒の本編が終了しましたのでキャラ別の感想を喋りに参りました!
無事に全てのキャラ√を終えて全EDを回収しフルコンプしてきました!
最後まで楽しくプレイ出来た…。
途中我慢できずに鏡子√をプレイしたのだけど、ノーマルじゃない鏡子EDは一番最後に回収する事が出来ました。
あれを最後に取ると、何かちょっと暗い気持ちのまま終えた感じがしてしまいますね(笑)

全て終えてから、おまけシナリオの「そして誰もいなくなった」と本当の最終章「燃えろ!大正浪漫執事喫茶」をプレイしてきましたよ!
執事喫茶の方はプレイした事あったんですけど、そして誰もいなくなったの方は初めてだった。
どちらも本編が重苦しい分、おまけシナリオでは誰も自分の√で起こった事を隠さずに曝け出しているので、すっご~く面白かったですヾ(*´∀`*)ノ
ふとした時に相手に対してこぼす悪口?みたいなのが、面白いんですよね…。
わかめ野郎とか変態とか……(笑)

って事で、早速それぞれのキャラの感想を喋っていこうと思います!

◇斯波純一/茶介
shiba000.jpg

相変わらず素敵な斯波さんでした…。
この人って最初から最後まで百合子への愛を貫き通す人!って感じなんですけど、一番狂気に染まらない人なのでは…と思います。

シナリオ中にはそれっぽい雰囲気の時もあるんですけど、それにはちゃんと理由があったりしますし、まぁしょうがないのかな?と思ってしまう所もあるので…。
人として一番真っ当な人な気がしますね(笑)
周りに色々特殊な人が居すぎたせいかもと思いますけど、一番純愛って感じがするかな!
男らしいけど百合子の事となると、その男らしさが途端に弱弱しい所が見えてきたりするのもまた魅力なんだよな~(*´ω`)

斯波さんの√では、百合子が斯波さんに惹かれていく様が描かれているのですけど、その気持ちを認めたくないと思っているので…。
嫉妬という形で、自分の中にある自分も知らない感情を知っていくのが…、何とも言えない気持ちになりました。
だって相手が…アレなんですもん!
このモヤモヤする部分は斯波の口からちゃんと理由を聞かせて貰えるのだけど、斯波も言葉足らずだし百合子も自分の気持ちを理解できていないので、なかなかすんなりいかないのが…(笑)

最初は強引だけど、その強引さも彼の必死さの表れだと思うと、百合子頑張れ!と応援したくなってしまうんですよね(笑)
まぁ当の本人はアレコレと色々アピールされ過ぎて大変なのだろうけども(;´・ω・)

物語の進みも百合子に起こる出来事というのは順に起こっていくんですけど、その中で斯波に求婚されて、彼との距離を縮めていく形になります。
最初こそ拒絶しているんですけど、本当に少しず~つ斯波の知らなかった一面というのを知って行く事で、百合子も彼に惹かれていくって感じですね。
華族とか貴族とかそういった男性しか知らない百合子からしたら、かなり新鮮な相手になると思いますし。

そうして斯波との仲を深めていくと同時に、その間にもお見合いだったり野宮家で色々な出来事が起きたりしていきます。
この起こる出来事というのは一貫しているのだけど、この辺は後半になるにつれて形になってくるので、メインは斯波と百合子の部分かな。
とにかく斯波さんとの大恋愛?を楽しめる感じかなと思います!

EDに関しては、BADも他とはちょっと違う感じになっているものもあるので、これは斯波さんというキャラに相応しい終わり方になっているかな。
彼の百合子を一途に想う気持ちが溢れているBADだと思います。
他のやつは…まぁちょっと壊れた感じのもあるけども(笑)
でも日の当たる場所がぴったりなので、やっぱりこの人には幸せになって貰いたいのでハピエンが一番素敵です(*´ω`)

ハピエンに辿り着く前のシーンで、斯波さんが「こいつめ」って言う所があるんですけど、斯波さんのこいつめで涙がポロリしちゃいました~( ;∀;)

◇瑞人/平井達矢
mizuhito000.jpg

私、瑞人の√はしっかり覚えていなかったんですけど、この方の内容ってこんな感じだったんでしたっけね!(笑)
進めながら「え!」とか「あれ…?」と思いながら進めていく形になったんですけど、途中途中でそうだったそうだった…と思いだす事もしばしば…。
それでも恐らくこの人についての真相部分は、すっかり忘れていたのでわりと内容的には改めて楽しんで気がします!

もう本当にどうしようもない兄貴!って感じの人なんですけど、とある時から自暴自棄になった生活を送っている放蕩兄。
他√でもそのダメっぷりが描かれているんですけど、この兄にもとある秘密が…。
まぁその辺が自堕落な生活を送っている所に関係しているんですけど、この人が頼りになる!と思えたのはハッピーエンド以外なかったような気がします(笑)
わりとずっと瑞人を取り巻く独特な雰囲気に、百合子が引きずられそうになってしまうんじゃないか…と、ちょっとハラハラドキドキさせられた気がします(;'∀')

終始この人は妖艶なのだけれども、百合子と雰囲気も似ているというのもあるんだろうけど、何かいちいち妖しい雰囲気を醸し出していますね。
この人が花街に通っているからというのもあるんだろうけど、百合子の為と思いしていた事とかもこの人の存在をそうゆう雰囲気に見せている部分でもあるのだろうか…。
好きになったらいけない相手というのがあるからかもしれないけど、常に背徳感が付きまといますし!
なので瑞人相手の√は常に悪い事をしているのをのぞき見している気分でした(笑)

でも…、その…、ちゃんと色々とドラマがありますので、それは是非プレイして見て頂けたらなと思います。
あれ?どうしよう…アレも言えないしなコレも言えないしなと思ってたら、全然書くことがなくなってしまいました!(笑)

百合子と瑞人は兄妹なので、だからこそ色々な事が描かれていると思います。
他√で起こる出来事もそうなんですけど、瑞人√ではまた一歩踏み込んだ感じになるかな~と思いますしね。
そしてこの√の中で瑞人が変わっていくというのも面白い部分の1つかな。
いつまでもダメ兄ではないので‼
ハピエンの時の瑞人が一番素敵だと思いますし、何よりも百合子を想う気持ちならば…某キャラには血潮のアレコレで負けそうだけど、そんじょそこらの人達には負けないと思います(=_=)

ちなみに、BAD EDはどれもこれも瑞人√らしいエンディングになっているなと!
だって、どれもこれも背徳感満載!2人にとっては幸せな結末だけど……ってな感じのもありますし!
悲恋ちっくなものもあったりするんですけど、それとは逆にさすが兄貴!と思うものもありますしね(笑)

◇真島芳樹/大石恵三
majima000.jpg 

真島は百合子の家の園丁として雇われています。
百合子は真島の傍が何故か一番安らぐ…と、彼女の初恋の相手でもあるんですけども…。
その真島と百合子がどうやって結ばれるのか…?[壁]ロ゚)ハッ

ここの√は何回シーンを見ても、やっぱり私はハピエンも好きだけど妹妹EDが好きです(/ω\)

でも何というか思ったよりも真島のシナリオはあっさりしているというか、真島という人物に色々とあるので、その分√シナリオの描き方が他とは異なっているんですよね。
だからというのもあるのかもしれませんが、今までの内容とも違っている分色々と短くまとまっている感じがしますね。

ただ、個人的には真島√の真島も好きなのだけど、他の√での真島の方が“真島‼”って感じがするというか何というか(笑)
うまく言えないけど、ここの√ではある意味で元々の素の真島って感じがして、他の√や各ED等で出てくる真島はここに来るまでに培われたある意味で素の真島って感じ?
何が言いたいのかよく分からなくなってきましたが、とにかく好きです(●^o^●)←

先程も言ったのですけど、物語の進行の仕方が他キャラの√シナリオとは違った形の進み方をします。
物語の始まり方からちょこーっと違いますし、内容も今まで起こっていた出来事が起こらなかったりしますので、これはある意味もう一つの物語…みたいな感じがするかもしれません。

恋愛面での進展がメインになるんですけど、百合子と真島では身分の差があるので、勿論すんなり進展するわけではない…。
でも、すんなり進展しないのだけど、私は真島√の百合子は凄く好きなんですよね~。
真島に恋していて、簡単には諦めないと頑張っている百合子が凄く可愛い…(*‘∀‘)
結構行動的な子ではあると思うんですけど、真島の√だとそれを強く感じる気がします。

しかし、幸せな結末ではあるのだけど、既に他のEDを見てしまっているとこの人の狡さが際立つと言いますか(笑)
途中でのやり取りで「ず…狡い…‼」と思ってしまう所が多々あって、(そこも素敵だけど)EDにいくまでにちょっとハラハラっとさせられるな~と思いました。
うまくいくと分かっていても、ヤキモキさせられるというか!

EDに関しては、妹妹EDはある意味BADというか悲恋というか、そんな感じの内容になるので後日談を見たいような見たくないような(笑)
正式な(?)ここの√のBADは…、真島が可哀想になってしまう感じでしょうか。
この辺にも彼が百合子に対してどんな感情を抱いているのか?というのが、感じられるEDになっているんですけど…、BADなのでハッピーな気分にはなれません(笑)

でも、やっぱりどこの√をプレイしても、ハピエンだけじゃなくBADの内容も面白いな~と毎回思ってしまう感じですね。

◇藤田均/チアノーゼ三太夫
fujita000.jpg

個人的に、ちょっと恐怖だった藤田√(笑)
某EDの印象があまりにも強かったので、VitaではなくPC版で見るとこの人どんな感じなんだろう…とビクビクしながら進みました!

藤田は野宮家の家令でもあるのですが、実の母より母親のようなお方です!笑
何かと言うと「姫様姫様…!」と言っていますし、百合子に手を焼いている様子が微笑ましい。
だけど、こんなに見た目が潔癖そうで落ち着いている感じなのに、ものすっごーーーーく弱虫?と言えばよいのだろうか(笑)
百合子が確か藤田の事をまるですっぽんのようだと言ったり、「お前は女々しい」と言ったり…、とにかく百合子の藤田に対する発言が面白すぎました。

最初こそ頼りになる家令ですし、藤田がいなくなってしまったらどうすれば良いのか…と思ってしまう程、彼の存在は大きいものなんです。
ただ、百合子が藤田を好きになっていく辺りから、どんどん藤田の弱虫さが出てくるようになるって感じですかね(笑)

逆に、藤田がそんな風になるから百合子が凄く勇ましく見えてくるようになりました!
2人がくっつきそうな時に、百合子が「お前、言ってる事もその顔つきも、女性のそのままね」とか言う時があるんですけど、読みながら吹き出してしまった…(笑)
見た目と中身のギャップがありすぎる人物ですよ…‼
百合子の事を女性として見始めている辺りから、もう何か男らしさとかそうゆうのは無いし、とにかく見た目に反して気弱そうな女子っぷりが…(笑)

まぁ、そんな藤田だからこそのBADがあるんですけど、物語の内容云々よりも藤田のキャラに魅入られてしまって、そっちばっかり気になっちゃった…(;´・ω・)
ちなみに、PC版藤田はなかなか…ねちっこいというか、彼の性格が色々な所に現れているなと思いましたね!

やっぱりすごーく印象に残っているのは犬EDじゃないかな!(笑)

◇尾崎秀雄/須賀紀哉
hideo000.jpg

秀雄さんは百合子の幼馴染です!
でも、幼馴染キャラと思ってこんな感じかな~って思っていると、その想像通りには進まない感じではありますね。

秀雄の家も百合子の家も家同士の付き合いがありますし、歳もまぁ近い2人なのですんなり婚約→結婚っていきそうなもんなんですけど、そうもいきません。
そのお陰で、ちょっとだけ切ない恋愛展開になっているんですけど、私秀雄の√をプレイしている時に、先に回収出来るBADを殆ど取りに行ったので…(;´Д`)
幸せになるまでに凄く時間がかかった気がしてしまいました(笑)

百合子も秀雄もお互い好き同士になっているはずなのに、全然素直になれないからすれ違ってばっかりだし…。
更にはお互いにそれぞれお見合いとか婚約とかの話が出る始末ですし(T□T)
この人達が2人で幸せになるにはどうすれば良いの~‼と思わされながら進む形になるかと思います。

他のキャラ達に比べると健全で淡い初恋な感じがありますし、わりと進展の仕方もトントントーンって感じではあると思うんですけどね…。
でもやっぱり、何かと障害があってうまくはいかないので、最後まで結構気を抜けなかったな。

今各感想を書くのにスチルを見返したり、シーンを見返しているんですけども…。
秀雄って眼鏡かけてると生真面目な感じですけど、眼鏡取るとイケメンなんだよな~。
この真面目な性格だからこその、ちょっと面白い部分なんかもあるので秀雄は秀雄で憎めないキャラだなと思います(笑)
百合子の言い合いしている時なんて、二人とも子供みたいですしね!

EDに関しては物悲しい悲恋EDもあるので、これを最後に取った私は悲しい気持ちのまま次に行く羽目になりました( ;∀;)
だって…だって…‼
展開的にもこうゆうのがあるって分かっていたんですけど、実際目の当たりにするとやっぱり切ない。
この時代的にもこういったEDはありそうな内容なのですけど、一番最後に取るもんじゃないですね(笑)

ハピエンに関しては、もう本当‼良かった~( ;∀;)の一言に尽きます。
恋愛の展開がうまくいくと分かってはいても、違う方面で心配事があったので2人で幸せそうに過ごしていると、もうそれだけで満足でした\( 'ω')/
鳥マニアの秀雄がちょっと少年のようで可愛かったです(笑)

ちなみに毎回書いているのでここでも書くと、BADは…「お…おぉ…秀雄さん…」って感じですかね。
《生真面目な秀雄》からは想像出来ない人に変貌しているかなと(笑)
でもこれもある意味、秀雄が百合子を愛しすぎてしまったからこそのEDなのかな~。
これの後日談がちょっと楽しみではありますヽ(^o^)丿

って事で、それぞれ短いながらも頑張って書いてみました!
推しは、浮気はしないよ!真島くんです(*ノωノ)
多分何回プレイしても、ここは絶対に変わらないと思います\( 'ω')/
私も真島くんと○海に逃亡したいです!←

再プレイをした事で、若干苦手だった瑞人や藤田の新しい魅力に気付けた気もしますし、斯波さんもやっぱり素敵!と思えましたし…(笑)
本編のプレイもだいぶ楽しんでしまいました!

これから、遂に楽しみにしていたFDをプレイしようと思いますが、今日は何だか疲れてしまったのでもう寝ます(笑)
明日みーっちりじーっくり楽しもうと思います(n*´ω`*n)

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~‼┏○ペコ




何でこんなにステキなんだろう?
真島を見ているだけで、何故か顔が
ニヤニヤ…(゚∀゚)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~!┏○ペコ

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチも下さいましてありがとうございました\( 'ω')/
本日もとっても励みとさせて頂いておりますです♪

今日は会社に行って来ました……。
本来は休みを取っていたので行かなくても良かったのだけど、急遽やらねばならない事というか「コレコレやって下さい」というメールが来たので、それを済ませに行って来ました。
が、いざ行ってみると「今日来なくても良かったじゃん!」な結末となり、会社で蝶毒をやって帰ってきました(笑)

いった意味が全く無かったわけではないのだけど、行かなくても良かったんじゃないか…という微妙な気持ちになりました( ;∀;)

さてさて、ただいま絶賛蝶毒プレイ中です!
Vitaで過去にプレイしているんですけど、その時はブログを開設する前だったので感想を書いていない…。
という事で、改めて感想を書いてみようと思います。

◇初回感想
choudoku_top000.png

こんなにも最初から最後まで!仄暗さや背徳感を感じさせてくる雰囲気が続いて、でもその雰囲気だけじゃないなんて…本当に凄いと素晴らしいと思います(笑)
天野ちぎりさんのこのイラストも、すんごーくハマっているんですよね‼
恋愛しているはずなのに…、どの人が相手でも背徳感というか、ちょっと危険に思えてしまうのは何故なんだろう…。
そして甘い囁き的なシーンのはずなのに、「何か危ない気がするっ…!」と思わせてくる感じもまた、凄く楽しいなと思ってしまいます。

先程も言いましたが本編は一度プレイしているのですが、PC版は未プレイというのとVita版をプレイしたのも何年も前なので、改めて楽しむ事が出来ております\( 'ω')/
それぞれの√、全てのEDを回収しながら進んでいるんですけど、この人ってこんな内容だったっけ?とか、こんなEDだったんだっけ…!とか、案外しっかり覚えていない事も多くて新鮮な気持ちもあり、進めていく毎に驚いたりしながらプレイしています(笑)

私的には、もう薄桜鬼並みに代表的な作品なのだけども、知らないわ!という方も居るかも知れないので、サクッとストーリーのお話しを。

主人公は野宮という華族の令嬢である百合子さんです。
物語序盤から野宮家が傾いていて、百合子が気をもんでいる描写が描かれているんですけども…。
裕福だったころから一転して、転げ落ちるように転落していってしまう様が描かれている内容になっていると思います(笑)

百合子は自分の為に開かれた夜会、豪華な誕生日会に出たくない…と思っている所から物語が始まります。
贅沢をしていられない現状なのに父が娘の為にと開催してくれた夜会なのですが、それは百合子の結婚相手を見つけるという目的があって開かれたものなのです。
百合子自身はまだ結婚は…と思っているんですけど、その時代には既に結婚してもおかしくない年齢なので、両親も娘に苦労をかけまいと彼女を思うからこそ見栄を張った夜会を開いていました。

だがしかし、その夜会でとある事件が起きます。
この事件をきっかけに百合子の人生がどんどん狂わされて行く事に……[壁|_-)

そしてその出来事の傍らで、自分の傍にいる相手と初めての恋をしていくのですが、それもまた百合子によって狂わされていく感じに描かれているような…いないような…。

と、すんごーくザックリなのですけど、こんな感じです(笑)
なんかもっと色々あるんですけど、詳しい部分はあまり言い過ぎると口が滑りそうなので黙っておこうと思います。

初回プレイは普通に進めて6~7時間って所だったかなと思います。
わりと内容的にはそこまで長いボリュームではないと思うんですけど、個別に入るまでの選択肢は結構あると思いますが、個別に分岐してからは結構物語に集中するタイプかも。
共通部分に選択肢が多いかな~と思うので、短い中にも凝縮されている感じかなと思います。

お誕生日を祝う夜会では攻略対象であるキャラ達と出会ったりもするんですけど、斯波さん以外のキャラは幼馴染だったり執事だったり、もともと百合子の周りにいる人達が多いのでそこで初めて出会うというよりは、百合子の傍に居た人の方が殆どですね。

ちなみに、その攻略相手達なんですけども…。
どの人も全員ノーマルな人がいない…と言うか、普通じゃない人が多いです(笑)
ハッピーエンドでは普通に幸せになっているんですけど、そこにいくまでの過程を思うとBADとかで見れるの彼らの方が、実は本質的な部分が思いっきし出ていて、そっちが本当なんじゃないか…とさえ思えてしまうと言いますか…(笑)
彼らの本当の意味での素顔というか、全てを曝け出している所とかを思うとハピエンよりもBADの方が本物なのでは‼って感じがしてしまいました(;'∀')
一見普通っぽい人達もいるんですけど、ちょっと一歩間違えたらヤバいよねこの人!って感じさせてくるものがありますし、それがBADに繋がっているかな~と。
そしてそれが彼らの1つの魅力の部分でもあるかなと思います。

あ、でもハピエンの方も皆さんも素敵なんですよ‼(笑)
偽物っぽい…とかそんなのもないですし、あれも彼らの本当の姿だと思います。

FDの方ではBADの後日談もあるというオイシイ構成になっているようなので、私的にはそこがすっごく楽しみな部分でもあるので、本編の方でも一つも漏らさず見ようと目をかっぽじって凝視しております(笑)

個人的にはこの作品はハッピーエンドのみならず、BADもそれぞれにキャラの味を出しているEDになっていると思うので、是非見て欲しいなと思いますね。
私は、百合子がチャイナドレスを着ている某√で回収出来るBADがお気に入りなのですけども‼(*ノωノ)
その他にも百合子の転落人生っぷりを限界まで突き落としたEDなんかもありますし、相手キャラとの恋愛の末に掴んだ驚きの結末なんかもあるので、是非ともそれぞれ見て欲しいと思います(●^o^●)
BADまで作り込まれているモノを見てしまうと、やっぱりそれぞれ最後まで描かれている方が倍楽しんでいる気がしちゃいますね~!

それぞれの√で一貫して起こる出来事というのもあるんですけど、そもそもの恋愛面がどこにいってもスムーズには進まないです。
一番とんとん拍子に行くのは秀雄さんじゃないかな?あ、でも斯波さんもわりとサクッと進む内容なのかも知れません。
その他の人は百合子との関係上何かしらあったり、相手側に何かあったりと、何も障害が無い!という人が居ないので(;'∀')
だからこそ結婚するまでに山あり谷ありの場合や、好き同士なのに………ってな感じで障害がある場合なんかもあります。

秀雄相手だとわりと淡い初恋~な感じもするんですけど、意外にも激しめな気持ちを感じさせる所なんかもあるので、ただの淡い初恋ってだけじゃないのも面白いのかも。

だけど、どこの√でも好きになったら止められないという感情が割と強めに描かれているので、そういった所が最初に言った背徳感だったり、ちょっと暗さを感じさせてくる所なのかな~と思いますね。

相手側は百合子の事を好きすぎて堕ちていく感じに見える部分もあるんですけど、それと同時に百合子の方が相手に恋をしてズブズブハマっていく様も描かれているので、そうゆう所がちょっとだけドロッとした愛情に見える部分なのかな~?
なんか爽やかで甘酸っぱい初恋!って感じはまぁ…全体的にあんまりないですね(笑)
全体的な雰囲気として片栗粉でとろみの付いたスープみたいな…感じの(笑)ドロリと渦巻いている感じの雰囲気がありますし。
(ちなみにスープって言ってますけど、美味しそうなスープではなく怪しいやつです(笑))

恋愛のみならず、どんどん負のオーラを纏っていく百合子の人生なのですが、それでも折れずに立ち続けていると、攻略対象である相手との距離が縮まっていく感じですかね。
まず、傾きかけている家を建て直すには百合子の結婚というのが手っ取り早いので、相手のキャラによってはそれが入口になる場合もありますし!
その他の人物の√でも、百合子の家の事情というのはわりと関係してきたりしますし、相手との距離が縮まっている最中に百合子側には、ものすごい出来事が次々に起こりますしね…。
この辺もドロ~リ感に関係してくると思うんですけど、次々に百合子の身に降りかかる出来事が、結構容赦ない出来事ですね…。

まぁ…この辺には…色々と…事情がおありになるんですけども…(笑)
そういった次々に起こる出来事に加えて、百合子の気持ちにも変化が現れてくるという作りになっているので、わりと重厚な内容になっているんじゃないかなと思います。

それぞれの√で気になってくる部分というのが出てくるんですけど、真相の人物や鏡子√に行かない限りはちょこっと謎の残ったままの解決となります。
各√によって真相が明かされた後にどうなるのか…という部分が、少~しずつ違ってはくるんですけど概ね同じ展開になっています。
この部分、私は既に知ってしまっているから感動が少ないんですけど、最初にプレイした時にはわりと衝撃だったように思います。

まだ乙女ゲーを初めてプレイしてから、数本目とかに蝶毒をプレイしていると思うので…。
驚きの連続だったんですよ確か!
え?え?この人えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ‼(@_@)みたいな感じだったと思うんです(笑)
この↑えぇぇぇ‼はあの人自身に対してと、あの人とこの人が……とかとか、まぁ色々な所に当てはまるんですけど、知ってしまっているからこそ!この感動が伝えられないのが悲しいです。
初回プレイだったらもっと熱のこもった感想を書けただろうにと思うので…(;'∀')

でも、この辺は誰を攻略しても見えてくる所ではあるので、そこの本当の根底の部分にあるものは何なのか…?というのが分からない限り、気になって気になって仕方がない!という内容かなと思います。

私と好みの似ている方は絶対に楽しいと思う‼(笑)
とにかく終始仄暗い雰囲気の中で物語が進んでいくので、どの√にもそれぞれの面白さというものが感じられるんじゃないかな。

各キャラEDがハピエン・BAD2~4個(ノーマルも含む)くらいだと思うんですけど、分岐する選択肢から結構進んでからBADに突入するので、物語の流れというか作り込み具合が結構力入っているな~と感じますね。
どのEDにもスチルが用意されていますし、BAD EDに関してはEDに行きついて終わりという形ではなく、その結末の中でどうしているかって所も描かれているのも個人的に好きな部分でもあります。

ただ転落していく中でそれに立ち向かうとか、好きになったけど壁を乗り越えなきゃならない、乗り越えて幸せ\( 'ω')/って単純な展開でも無いですし!
√によって異なるけど好きという気持ちを自覚するまでに色々あったり、好き同士だからと単純に結ばれる訳にはいかなかったり、好きだからこそ焦って先を急いだりなどなど…それぞれの形の進展の仕方があるので、どこの√も面白いなと思います。

という事で、全体感想はここまでにしますが、次回は各キャラの感想をまとめて喋りたいなと思います♪ヽ(^o^)丿
今はまだ斯波さんのBADを全部回収したので、これからハピエンを取りに行くぞ~!って所で中断中ですよ!
残すところ真島くんのみとなっているので…フフフフフ…。
これはじーっくりゆーっくり楽しみたいと思いますヾ(*´∀`*)ノ

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ




久々に仕事場に行って、ちょこっと仕事したので
帰って来てからものすごーく疲れました(笑)
この調子で仕事し始めてから大丈夫なのか
不安しかありません…(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言