FC2ブログ


こんばんはです~(*´ω`)ノシ

まずは、お昼のとてつもない雑談にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチも頂きありがとうございました~\( 'ω')/
本日も、とってもとっても励みとさせて頂いております‼┏○ペコ

さて、ついにトリアイVol.3をコンプしてきましたよ~!
全部のベストEDを取り終えるて、過去にVol.1とVol.2をプレイしていると最後にボーナスシナリオが解放されました~♪
最後の最後まで本当に楽しい気分でプレイする事が出来た(^o^)
って事で、早速ですが感想を喋りたいと思います!

◇まとめちょこっと感想
icon_7.jpg

トリアイルートのベストEDを取ると、ボーナスシナリオが解放されました!
これは1も2もプレイしていると出るらしい…とお聞きしていたので、アンインストールせずに残しておいて良かった~♪

ちなみに、ここではVol.1~Vol.3までの攻略キャラである全員が出てくるシナリオになっています。
オーデションと称して全キャラが自己紹介、そして彼女達への愛を公の場で宣言出来るという内容になっているんですけど、マサトさんの時に…床がパカッと空いて堕ちていってしまったのです(笑)

まぁそんなこんなで、彼女への愛が重すぎる人は奈落へと突き落とされてしまうシステムで、マサトさん以外のあの人やこの人も落ちちゃうんだけど、最後まで愉快な内容だった(笑)
堕ちた瞬間ついつい吹き出してしまった( *´艸`)ププ…

勿論彼女への愛の部分が、確かに重っ‼って感じだったんだけど、そこもまた魅力でもあるので(笑)
落とされた人達は、確かにそうゆう弄られちゃうキャラだよねって感じですね(;´Д`)

今回のVol.3は3作品の中で一番可愛らしくて、キラキラしてたなぁ~って感じの雰囲気だったんですけど、そこがまた凄く楽しめた所でもあたかなと思います!
今までの2作品とはまた違った雰囲気だけど、楽しい気分のままプレイし続けられるのは同じなので、トリアイルートまでしっかり楽しんで進める事が出来ました\( 'ω')/
ちょっと子供っぽい所のある2人だけど、だからこその可愛さというのが満載になっているし、最初はそこまで…だと思ってたけど、どっちもなかなか素敵なキャラでしたしね!

トリアイ3作品ともプレイさせて貰ったけど、どれもそれぞれ面白かったなと思います‼

◇榊原コウ/松岡禎継
icon_8.jpg

自称ツンデレじゃないツンデレさんです(笑)

コウは最初から葵の担当アイドルさんなので、彼のマネージャーをしている中でユウとも出会いGeMiNiを結成するという流れになっているんですよ。
なので、どちらかと言うと葵を気に入ったユウに対して阻止する感じですね。

恐らく始めから葵の事を女性として好きなので、何かと葵に対して気付いてもらえるようにと色々アピールしている…というか、バレバレなので分かりそうなもんだけど(笑)
葵は鈍感すぎるくらい鈍感なので、その辺全く気付かないというお約束のアレですw

ユウとは違った形にはなるんですけど、早い段階で異性として見て貰えるように好きだというのを伝えるんですよ!
で、そこでションボリしてどうなるかなぁ~って思ってたらば、何と、ションボリしたのは一瞬で葵に認めて貰える大人の男になってやると燃え上がっておりました(笑)
そんなこんなで、葵に男として意識して貰えるように変わっていくコウと、そんな切っ掛けだけど人として男として成長していくコウへの気持ちに変化が見えてくる……って感じですね( *´艸`)

最初こそ子供っぽい所が多い子なんですけど、背伸びしている感じから、どんどん成長していくコウは凄く素敵だった~\( 'ω')/
しかも、本当にザ・ツンデレさんなので、「〇〇してやってもいぃかな」みたいな言い方ばっかりするんですけど、普通に言われたら「は。じゃぁしなくていぃし」とか思いそうなもんだけど、ツンデレキャラが言うと可愛く思えてしまうのは何故なのだろう(笑)
コウも何かと言うとそんな言い方をしてたけど、その度にお前可愛いなぁ~ニヤニヤ……って感じになってしまいましたよ…(笑)

葵の方も、どんどん変化していくコウを意識していく感じだったりとか、マネージャー×担当アイドルという立ち位置に葛藤したりとかするんですよね。
で、好きになっているはずなのに、なかなかそれを認めなくて…。
これからもっともっと人気になっていくコウだし、自分の担当のアイドルを好きになるなんてダメだと言い聞かせてたりするのが、またもどかしいけど何か可愛かったな~( ^ω^ )
葵の気持ちに気付いているコウがグイグイいくのも、なかなか面白い場面だったなと思います。

最後にはちょっとだけ大人になったコウがカッコよく見えてくるしで、すごく楽しかったで~す(^o^)

◇トリアイルート
tl_vol3000.png

ルートシナリオが、今までとは全然違うシナリオで、これまた面白かった!(笑)

簡単に内容をお話しすると、葵とコウが所属している事務所が倒産寸前に追い込まれてしまう…って内容なんですよ。
ユウはコウと期間限定でユニットを組んでいますけど、Vol.1のキャラ達の事務所であるイリスに所属しているんです。
なのでコウとは別の事務所に所属しているんですけど、葵やコウの事務所が危機に直面してしまうって所からシナリオが進んでいきます。

でも、そんな大変な中でも、ユウ&コウが葵を支えて、葵がユウ&コウを支えていく中で、信頼関係が深まっていく…という感じになっていました!

個別の√の時みたいな、2人のキャラの著しい成長を…というのとはまた違うんですけど、お互いが支え合う中で2人は葵を女性として好きになっているんですけど、それに全く気付かない葵(笑)
しかも"マネージャー"として2人を支えていこうと強く思っている所が大きいので、2人の道のりはまだまだ長い……って感じではあるんですけど、3人の信頼関係という点では凄く素敵な内容になっていると思います!

トリコリティモードになると、とにかく葵の取り合いになるんですけど、双子という事や子供っぽさという魅力もあってか、取り合い方がとにかく可愛い(笑)
常にいい加減にしなさい!と怒っているいる葵も含めて、凄く微笑ましい関係だった!
しかもユウが「兄さんはツンデレ」というと必ず「俺はツンデレじゃない!」って言うんですけど、その度に『いや、ツンデレだろ(笑)』とPCに向かって突っ込んでしまいました(;´Д`)

それぞれの片方ずつのEDと3人のEDがあるんですけど、アフターストーリーは3人のEDのその後って感じですね。
他のシリーズに比べると、甘さよりも可愛さの方が勝る三角関係だったかなと思うんですけど、とにかく可愛い!
もう2人がめちゃくちゃ可愛いので、そのか可愛さを堪能する√って感じでしたね。

しかし、ここの√をプレイすると、そんなどうしようもない社長の元で仕事してたのか…、とリアルな感想を抱いてしまいましたよ(笑)
なんとううか、この事務所凄く危機的状況だったんじゃないのかー‼と(笑)

でも、個別√も、トリアイルートもすっごく楽しかったです\( 'ω')/
2つに分けてしまったのでサクッとした感想になってしまいましたが、トリアイ感想はこれにて終わります!┏○ペコ

そして、シャレマニとかも待機しているんですけど、とりあえず参千世界遊戯をそのうち始めようと思いますよ~♪
そんで、次にロゼの積みゲーやってから、シャレマニをプレイしようと思います!
間に挟まないと…ロゼロゼ…になるので(笑)

と言う事で、今日はこの辺で!
この記事は早めに書いて保存してあるやつなんですけど、今日も帰ったら相方の家でFFの続きなので早く帰るぞ~(*´ω`)ムフフフフフフ…

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~\( 'ω')/



そろそろ衣替えしても良いかな~…
長袖全然無いので困り中です(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(≧▽≦)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~\( 'ω')/

まずは、前回の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチも頂きありがとうございました‼
毎日、とっても励みとさせて頂いております~♪┏○ペコ

さてさて、いつものごとくちょこっと雑談から始めさせて頂きますが…。
ここ数日FF三昧のお陰で、Twitterとかも殆ど開いていないし、スマホ等の検索ページが何枚にもわたって出てくるのがFFばっかり(笑)
いちいち開くのが面倒で、スクショ出来るやつはスクショしまくっているので、攻略本買えよ…って感じですヽ(^o^)丿

別に進捗状況なんて聞きたくないと思いますけど、ストーリー的には恐らく半分ちょいまで進んだかな~って所なんですけど、何と言ってもキャラの育成というか…その辺が結構面白い感じで…。
昨日もう一つのライセンス(前回も言ったけど、魔導士とかナイトとかそうゆうジョブ的な)を決めれる所になって、事前にチェックしていたスクショを出して見てたら………。
驚きの事実が判明しました。

何と、一人だけ間違ったやつを選択していて、予定では時空魔導士×黒魔導士のはずだったのに、何を間違ったのか初回もののふにしていた(@_@)
全然違う…違うというか、もはやこれにしよう!と思ってたやつの、上の方に書いてあったやつを間違って見ていたらしく、撃沈して数分放心状態でした(´゚д゚`)
途中で変える事が出来ないって結構えげつない気がするんですけど、まぁ変えられないものはしょうがないので、このキャラだけ違うやつで頑張ります…。

平日はあんまりガッツリ出来なさそうなので、本日よりトリアイ再開しております~(*´ω`)♪
今日は初回感想&攻略済みのユウの感想を喋ろうと思います‼
ではでは、早速…。

◇サクッと全体感想
icon_7.jpg

Vol.3では主人公の葵は三姉妹の長女です!
姉というだけあってちょっと大人っぽい雰囲気なんですけど、攻略キャラの2人が年下なのでバランス的には丁度良い感じ~(^o^)
普段は可愛いけどかっこいい一面をチラッと見せてくる相手に、ドキッとしてしまいながらも気持ちが変化していくのがなかなか楽しい内容でした♪

勿論、これまでのVol.1とVol.2の主人公と同様に、葵も相手のステータスをアップさせるという能力を持っているんですけど、副作用でメロメロのじゅ…じゃなかった、トリコリティモードになるのもお馴染みの流れとなっています!

今回は、人気アイドル"榊原コウ"のマネージャーである葵が、ちょっぴり生意気なコウの我儘に振り回されながらも、マネージャーとして日々頑張って働いている所から始まります。

とある日、仕事場でコウと葵のいる部屋に、今人気の男の娘アイドルの"ユウ"が挨拶に来るんですけど、その時のコウの態度がおかしい事に違和感を感じるのです…。
ユウはミステリアスな雰囲気の男の娘アイドルって事なので、まさしくな感じで本当にミステリアス‼
そして良平さんの女子風に寄せた喋り方がマッチしまくっていました(笑)

そんでもって、共演した番組の現場でユウがプロデューサーに迫られている所に遭遇するんですけど、その時に葵が助けた事でユウが葵を気に入ってしまいます(゚д゚)!
ここから葵とコウの日常が大きく変わっていく事になるんですけど、ユウがコウとユニットを組みたいと言い出し、期間限定ユニット【GeMiNi】が誕生する事になります。
これもある時にいきなり事務所から話しをされて、葵とコウはビックリなんですけど、更にそのGeMiNiのマネージャーを葵がする事になるという訳です。

ちなみに、ユウの事務所はVol.1で出て来た小野沢マサトさんの事務所なので、マサトさんとかチヒロくんが度々出演していました(ΦωΦ)
あ、あと忘れちゃいけない仙波くん&ヨウスケも出てきましたよっ!

そして、コウとユウが双子だったという事も、ここで初めて知る事になる上、ユウが葵の事を自分の専属マネージャーにしたいと言い出し始めます(笑)
序盤から色々な出来事が起こりながら始まるんですけど、双子である2人の事や相手との恋がこの先どうなっていくのか…!?って感じですかね。

わりと始まりからドタバタしている感じなんですけど、これは今までのシリーズもそうだったので、なかなか面白い入り方だったなと思います。
最初は我儘だなぁ~と思っていたコウは、実はツンデレさんかい?(n*´ω`*n)って感じで可愛く見えてくるし、男の娘のユウは男の子と男の娘の顔が見れてギャップが感じられるしで、完全になめていた私は凄く楽しみながらプレイする事ができました!

最初にどっちを攻略するか凄く悩んだんですけど、なんとなくコウの方が可愛い気がしたので、ユウを先に攻略してみました。

ユウとの恋愛も勿論描かれているんですけど、短い中にもユウの葛藤だったり彼の隠している内面の部分、コウとの変化する関係性なんかも描かれているので、想像していたよりも面白かったなと思います!
これは完全に偏見なんですけど、毎回言っている気がするけど(笑)
某ゲームの時も『アイドルものかぁ…』と思ってなめてたら面白かった\( 'ω')/って事があったけど、まさしく今回もそんな感じでした。
見た目的にも2人のビジュアルは可愛い系だったので、まぁそれなりの気持ちで進めていたんですけど、コウもユウもなかなか面白いキャラだったと思いますし、何よりもパッと見の印象と2人の中身が違ったのが面白かった要因かなと思います。

今回の葵は、既にマネージャーとして日々奮闘しているので、彼女自身の大きな成長みたいなものはあんまり感じられないんですけど、それでも担当マネージャーとしてどうやって相手の魅力を引き出すか?というのを考えたりというのはあるので、一緒に成長していくというよりは葵が支えながら…って方が強く感じられたかな~と思います。

まだコウの攻略はしていないけど、多分見たまんまのキャラだと思うので…(笑)
今回は2人共凄くまっすぐな感じというか、結構ストレートに好意を見せてきつつガンガンアピールしてくるので、葵の方がそれを抑えつつも気持ちに変化が見えてくるって形だったので、その辺も今までとは違う感じもして面白かったですヽ(^o^)丿

という事で、今回は感想が二部作になってしまいますけど、まずはユウの個別から喋ろうと思います!

◇榊原ユウ/木村良平
icon_9.jpg

男の娘モードと普段の男の子の時とのギャップがたまらん、可愛いキャラでした\( 'ω')/

最初にコウと葵に挨拶に来た時には、ミステリアスな男の娘って感じ全開で来ていたので、『この子を攻略するのかぁ…』と思っていたんですけど、普段ではミステリアスさのかけらもなく(笑)
小悪魔系で人懐っこい可愛さのある男の子って感じで、年下感がありつつもたまに見せる男っぽさが狡いキャラだったかな!

序盤からユウとコウの関係性がちょこっと気になるような接し方をしているんですけど、期間限定のユニットを結成してから、ユウがコウに対して持つ気持ちだったりとかアイドルのユウとしての想いなんかが見えてくると、ユウというキャラへの見方が変わってきたかなと思います。

どうして男の娘アイドルになったのか…という所なんかも、ここの√では明かされるし関係してくる部分でもあるんですが、トリコリティモードになった時こそ榊原ユウとしての本当の姿なのかな~。
普段見せている顔とは違う一面というのが、チラチラと見えてくるとどんどん可愛いなぁ…という気持ちが増えていく気がします(笑)

葵とユウは事務所も違うので、期間限定でしかマネージャーとして一緒に居れないんですが、一緒に過ごすうちにユウは葵の事をマネージャーとしてでなく、葵自身を欲しいと思うようになっていくんですね(*ノωノ)グフ…
事務所が違うけどユニットとしてだけでなく、アイドルのユウとしての魅力をファンの皆にもっと知って貰おうと自分の為に奮闘している姿とか、ユウがずっと気にしていた事を葵はユウに対して全く気にさせる事なく"榊原ユウ"としてユウを見ている所とか。
色々な葵から自分に向けられるモノを知っていく中で、どんどん好きになっていく感じ!

で、結構序盤の頃から恋愛的な意味でなくとも、専属マネージャーになって欲しいって所から、彼女になって欲しいとかも追加されつつ、色々とアピールされていく感じになるんですよ。
最初の頃は葵も思っているように、「本気なのかそうじゃないのか分からない」って感じなんですけど、真剣に向き合って葵が断ると……。
ユウの本音を葵が知る事になり、それをきっかけに諦めようと思っていたユウだったけど、諦められないからとアピールがもっと加速していく事態になっていました(笑)

そして葵もそこから少しずつ、異性として意識していく事が増えていって恋愛が…始まるかもー!?ってな流れになっていて面白かったですヽ(^o^)丿

私、最初は葵がコウのもの(マネージャー)だから欲しいのかな?と思っていて、マネージャーの事も彼女になって欲しいというのもコウから取る為だと思っていたんですよ。
で、いつも重く暗いゲームのやりすぎのせいか(笑)、ユウが本音で話している時も『これで実は、こういえば葵が自分だけに向くと思ってるんじゃ……』とか思っていた…(笑)
私が想像していたよりも凄く素直で可愛い子だったユウに謝罪させて頂きたいと思います┏○ペコ
自分がどれだけ闇に侵されよどんだ大人かがよく分かった気がしました(笑)

なので、勝手に想像していたような黒さは全くない、本当に素直で可愛い子だったな~って感じなんですけど、あながち私の想像も全く違ったわけでは無かった!
この辺はユウ本人から聞いてもらいたいと思いますが(笑)
彼の本心を知る事で、トリコリティモードの時にはどうして普段とギャップがあるのか…が分かるようになっていると思います。

しかも、Vol.3でもちょいちょい面白い部分は健在だったんですが、ユウはとにかくアピールをガンガンしてくるんですけど、ドキドキシーンでコウが現れる…というお約束シーンも何回かあったんですよ!
で、ユウが葵に超絶接近している時にコウが来たりして、その度に『はーなーれーろー‼』とか言ってるコウがめちゃくちゃ可愛かったです(笑)
コウが葵の事を異性として好きなんだろうな~っていうのは、葵以外(私とユウ)は気付いていますし、葵に気付かれていないけどわりと分かりやすくアピールしていますしね(笑)

そんなコウが葵を取られた事でいじけてたりするんだけど、葵がユウを好きだというのを悟るとガラッと大人な対応になったんですよー( ;∀;)
寂しいけどマネージャーとしての葵は、ユウに渡さないぜ!みたいな感じ?(笑)
なんかそうゆうのも凄く可愛く見えてきちゃいました~。

ユウとコウの2人の関係も、今回ユニットを組んだことで変化していくのもまた良いんですよね~!
コウってお兄ちゃんなんだな~ってゆうのがちょいちょい見えてきたりしますし、コウに甘えているっぽいユウとかも可愛かったし。
相変わらずボリューム的には短いんですけど、その中でもテンポよく進展していくので、今回も凄く楽しみながらプレイ出来ました♪

EDは今回も3つ。
1つはベストエンド的なやつで、他2つはこから恋が始まるかも!?な終わり方です!
アフターストーリーもばっちり見てきましたが、これはもう甘々な…葵にメロメロな男の子なユウが存分に楽しめる内容になっていますよ(∩´∀`)∩

トリコリティモードでは、普段のユウの小悪魔的な部分とネガティブな捨てられた子犬のような部分が満載になっているかと…(笑)
見た目も可愛いのに可愛く迫られたら、誰が断れるのか聞きたいくらいでした‼
あんなキャラに強く拒むことなんて出来ないですね…(=_=)

立ち絵も男の娘Ver.と男の子Ver.があるので、その辺も二度おいしい感じかな(笑)

という事で、サクッと感想になってしまいましたが第一回目の感想はここまでです!
まだコウの方は始めてもいないので、すぐにコウとトリアイルートの感想を喋れるか分からないんですけど、最後まで楽しもうと思います~(^o^)♪

最後に…。
今日会社の地区ではお昼前からザバー!ドシャ―‼っと雨が降っていたんですけど、降り始めた時に窓から見える目の前の電線には二羽の鳥さんが止まっていました。
屋根も何もない所に大人しく止まっていたので、雨強くなってききちゃうよ~って思ってたら、ザバー!ドシャ―‼が(笑)

全然弱まらないので、気になって電線を見てみたら2人で寄り添って大人しくジーッとしていた(笑)

結構長い間降り続けていたんですけど、その間ずっとくっついてじっとしていて、数十分後止んだ瞬間に飛び立って行った…。
仲良くくっついているのが可愛かったけど、絶対ものすっごいビチャビチャだったと思うから、木の影とかに入れば良かったのに…と思ってしまいました(笑)

ではでは、雑談ばっかりになってしまうので、この辺で!
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~(^o^)ノシ






今日買った某コンビニのサンドイッチが
凄く酸っぱい&しょっぱい…。
(ダメになっていたわけでは無いですよ!w)
食べたら喉が渇いてお茶をイッキ飲みしてしまいました…。
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いしますヽ(^o^)丿
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~┏○ペコ
予告通りトリアイVol.2の感想を喋りに参りました\( 'ω')/

まずは、昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチも下さりありがとうございました~♪┏○ペコ
本日も大変励みとさせて頂いております!

今日は昼間に夜ご飯のお買い物をしたり洗濯したりしていたのだけど、本当に暑い…。
買い物に行っただけで汗だくになってしまいました~( ;∀;)
夕方に行こうかな?と思ったんですけど、暑い時間に行けば空いているだろう!と思って行ったは良いけど、予想通りスーパーは空いてたけど暑くて溶けるかと思いました(笑)

さてさて、ちょっと間が空いてしまったのですけどトリアイ無事にコンプ致しました~♪
Vol.1も面白かったけど、個人的にはVol.2の方が数倍楽しめたかなと思います\( 'ω')/
って事で、さっそくまとめ感想+キャラ別感想を喋ろうと思います!

◇サクッと全体感想
tlico02icon_4.jpg

今回のストーリーはVol.1と同様に、主人公には相手のステータスを一時的に上げるという能力を持っております。
Vol.1の時の主人公とは違いちょっと内気で控えめな性格なんですけど、そこがまた個人的には可愛くて好きでした!
ちなみに今回の主人公は3姉妹の次女という設定です。

主人公の棗はカメラマンであるヨウスケのアシスタントとして日々働いているんですけど、彼女も写真を撮るのが好きなのですが…。
ひょんな事からモデルである仙波くんの写真を撮ると、彼の魅力を全然引き出せていない写真を撮ってしまい落ち込んでしまいます。
そこで、仙波くんの魅力を知るために同居しよう!という提案を仙波くんにされ、3か月間同居する事に。
しかも仙波くんの隣の部屋にはヨウスケも住んでいて、3か月間のドタバタ同居が始まる…って感じの内容になっています。

3か月という決められた期間の同居で、仙波くんとヨウスケと距離を縮めていき恋愛に発展するのと、カメラマンとして成長していくという形になっていました。
棗は過去に起こった事が原因で、人前で意見出来ず臆病というか意見する事が怖い…と思っている部分があるんですけど、その辺も2人と距離を縮めていく中で変化していきますし、相手側にもちょっとした乗り越えなければならない事柄があるので、物語の内容的にも結構面白かったです!

今回のVol.2ではキャストさん的な贔屓もあると思うんですけど、二人ともギャップのあるキャラクターなので、すっごく面白かったのですよっ(≧∇≦)
仙波くんはチャラいんですけど何だか可愛いし、ちょいちょい棗の事をタスマニアデビルちゃんとかリトルラビットちゃんとか…謎のあだ名で呼んでくるのが面白かった(笑)
それにお調子者な感じの部分もあって、ヨウスケと仙波くんのやり取りが面白いんですよね~!
ヨウスケの方はわりと寡黙な印象だったんですけど、トリコリティーモードになると言葉遣いとかガラッと雰囲気が変化するのが凄く素敵でした(*ノωノ)

キャラ的な意味も含めて今回のVol.2は凄く凄く楽しかったな~と思います!

前回のキャラに比べると、だいぶ濃いキャラクターだなと思うんですけど、ちょっとした2人のやり取りとかも面白い部分が多くてですね(笑)
正反対の2人だからこその面白さがあったかなと思いますね。
この2人のトリアイルートとか楽しすぎて楽しすぎて…、最高でした~ヽ(^o^)丿

って事で、まずはキャラ別から喋りたいと思います!

◇仙波ワタル/柿原徹也
tlico02icon_5.jpg

仙波くんの第一印象はとにかくチャラい(笑)
ファッション誌で大活躍しているモデルさんなんですけど、自分に自信もあるし堕とせない女の子はいないと思っているので、女子という女子は挨拶代わりに口説きますしとにかくチャラい!の一言です。
女子相手だととにかく甘いセリフを吐いているし、普段から女性を口説くのが当たり前って感じですしね!
そんな彼なので女性との噂も絶えないだそうです。

そんな仙波くんの提案で彼と同居する事になるんですけど、この来るもの拒まず去る者追わずの彼が、棗と同居をしていく中で色々と変化して行く事になります\( 'ω')/
棗の方も仙波くんの素敵な写真を撮るのに、彼の魅力を知るために…と同居生活をしていくんですけど、カメラマンとして人として成長していきます。
そんな棗と共に居る事で仙波くんの方も、少しずつ変化していく…というか恋をしてしまう…って感じですね!

最初のチャラさから一転、発言は変わらずふざけている事も多いんだけど(笑)、内面は実は凄く真面目だったりするので、そういったギャップも彼の魅力の1つかなと思います(*´ω`)
来るもの拒まずだった彼が棗相手に翻弄されているというか、ちょっとした事で赤くなったり照れたりしているのが凄く可愛かったです!

そもそも、女の子は皆自分に振り向くと思っている仙波くんが、初めて恋をする…くらいの出来事が起こるのでちょっとずつ仙波くんの変化が棗とのやり取りの中で見えてくると、もう~楽しくて楽しくて仕方がありませんでした。

それと、思ったよりも驚きの展開なんかもあったりするので、棗が仙波くんを、仙波くんが棗を好きだと自覚するまでが長いけど、そこもまたすごく楽しかったのです!
気持ちを伝えるよりも先に行動に出ているのが「え⁉」って思ったけど、そこにも仙波くんらしさが滲み出ていて…(笑)
ちょっとだけハラハラさせられたりもしつつ、とーっても幸せな展開へとなるのですっごく楽しかったです♪

しかも、カッコいいんですよ!凄く‼
モデルってだけあって見た目は勿論なんですけど、後半になっていくにつれて可愛さも出てくるんだけど、ふとした時にやっぱりカッコイイ…。
そんでもって棗に対しての気持ちが溢れてくると、いちいち可愛かったです。

だけどそのカッコイイ仙波くんを面白くさせているのが、確実にヨウスケの存在だと思います(笑)
隣の部屋に住んでいるので、隙あらばピンポーンって尋ねてくるんですけど、これがまた凄い良いタイミングで来たりするんですよ!
棗を取られまいとして邪魔してくるヨウスケもまた面白…じゃなかった可愛いんですけど、2人のやり取りがとにかく面白おかしい感じで、そうゆう所も楽しめた所だと思います。

アフターストーリーも幸せいっぱい(●^o^●)って感じなんですけど、だんだん仙波くんが棗にだけ懐く犬に見えてきてしまいました(笑)
だってこんなに嬉しそうに迎えに来たりしていると…可愛すぎる犬に見えます\(^o^)/
カッキーのチャラ男はどのキャラも良いのだけど、仙波くんはちょっと面白い部分もあるので憎めないキャラで凄く良かったです~♪

◇望月ヨウスケ/梅原裕一郎
tlico02icon_6.jpg

素敵ヾ(*´∀`*)ノすんごく素敵なお方でした‼
ヨウスケは棗の憧れているカメラマンでもあるんですけど、彼のアシスタントとして共に仕事をしているので、先輩でもある関係性です。

日頃から何かというと棗の事を守ろうとしてくれているのが分かるんですが、それにはとある理由が…。
この辺は彼の√とネタバレ部分にもなるので言えませんけど、その辺りが2人の恋愛にも関係してくるので、ちょこっとだけ普通の恋愛の展開とは違った進み方をするのも面白かったなと思います。

もともとヨウスケは棗の事が好きなので、トリ愛ルートに行かなくても三角関係的な匂いがするんですけど、仙波くんの出現でヨウスケが焦り始めるって感じかな?
今までは先輩と後輩として付き合ってきて自分の気持ちは隠してきたけど、そんな事言ってられない状況になったので(笑)、気持ちを隠さないようになるという感じです。
しかもそうなってくると、ヨウスケ自身の雰囲気というものが最初の印象とは変わってくるので、ちょっとドキドキしました(笑)

ヨウスケの方は棗の事をずっと想ってきているので、なかなか根深い恋愛感情を持っているんですけど、これがまた拗らせてるというか何というか…(笑)
ここでの仙波くんは棗にとっての良い理解者であり、相談相手でもあるので友情的な関係性なのも良いな~と思いました。

で、仙波くんの出現で焦ったヨウスケが棗に対して、自分の気持ちを出していくんですけども…。
好きだと宣言してそうゆう相手として接していくという感じですね。
今までとは違うヨウスケに対して、棗が憧れから恋愛感情へと変化させていくんですけど、そこにはスムーズには恋人になれないとある事が関係していきます。
お互いが好き同士になったのに、すぐに付き合うという方向にいかない展開が、個人的にはちょこっと異色な感じで面白かったです。
この辺には2人の過去の出来事だったり、ヨウスケ自身の事なんかが関係してくるんですけど、そこを乗り越えると幸せが待っているので!(∩´∀`)∩

それに、トリコリティーモードになるとヨウスケは普段の寡黙なキャラから一転!すごく男っぽくなるので、そこもまた素敵でした~(*´ω`)
このトリコリティーモードを数回経て、気持ちを打ち明けると…恐らくトリコリティーモード時のヨウスケが素だったんでしょうね…。
普段とは違うその時の喋り方とかグイグイくる感じが結構出てくるので、最後の方はヨウスケを見る目がハートになると思います(笑)
本当に素敵だったんですよ…ヨウスケ…(*ノωノ)

◇トリ愛ルート
tlico_twin02.png

最高でした!というか私的には、本当に幸せなトリ愛ルートだった‥(笑)
棗の事をずーっと好きだったヨウスケと、彼女の出現で恋を知った仙波くんに取り合いされるこの√は楽しすぎましたヾ(*´∀`*)ノ

Vol.1の時同様に、ここでは仙波くんの写真集の発売が決定して、ヨウスケと棗が写真集制作に関わる事になるという展開になります。
仙波くんの写真集のカメラマンとしてヨウスケが写真を撮る事になるんですけど、棗の方もアシスタントとしてではなくカメラマンとして携わる形になります!
なので、仙波くんの魅力を引き出す写真を撮るならば、同居している棗に…って事で話が上がるんですけど、ヨウスケも写真集を撮影するにあたり同居しようとしてくるのが笑えました(笑)
結局断られて同居はしないんですけど、何かというとピンポンピンポン鳴らして登場するヨウスケらしい発案だった…(笑)

この撮影を通して2人がグイグイ棗にアピールしてくる事になるんですけど、トリコリティーモード時は勿論だけども、通常時でも棗の事を取り合っている2人がちょっと可愛かったです(*´ω`)
子供みたいな感じにも思えるんですけど、仙波に負けまいとするヨウスケだったり、いつも控えめな筈のヨウスケがちょっと必死になっていたり…。
ヨウスケに邪魔者扱いされながらもめげない仙波くんだったりと、2人が実は仲が良い感じなんかも描かれているので、ただの三角関係的な感じで無いのも良かったですね!

仙波くんとヨウスケが仲良しなのを羨ましいな…と思っている棗が、2人のお陰で成長していくのも良いな~と思いましたし。
ただの恋愛的なやり取り……って感じではなく、仙波くんとヨウスケの存在が棗にとって大きいものになっているという感じが、何だか良かったなと思います。

トリ愛のアフターは甘すぎて大変でした(●^o^●)
この2人共のキャラが好きなら絶対楽しいと思う‼(笑)
若干危険な香りを感じたのだけど…、これは仙波くんの棗に向けるストレートなチャラさと、長期間の恋心を熟成させすぎたヨウスケだからこその感じなんでしょうね…。
なんか凄かったです(笑)

という事で、最後の最後まですっごく楽しめましたー\( 'ω')/
この回は本当に面白かったです…。
キャラ的にもかなり濃いから余計に楽しかったんだろうな~とは思うんですけど、最高に大満足の結果となりました~!

そして、今は待ちに待った蝶毒を始めております♪
再プレイだけど最初はVita版だったのと、プレイしたのがもう何年も前なのでガッツリプレイしておりますよ~!
ちなみに、今は藤田が終わっておりまして、これから軍人さんの幼馴染に行こうかなと思っている所です(*´ω`)

当たり前だけど真島くんが一番最後に取っておきますよ!
真島くんも良いけど斯波さんもやっぱり素敵ですね~(*ノωノ)

って事で、今日はここまで!
これから蝶毒の続きをして来ようと思います!最後までお付き合い下さいましてありがとうございました~♪┏○ペコ




今日は実家に一人なので
アレコレと色々やっていたら、何だか新鮮な気持ちに(笑)
実家に一人ってなかなか無いので変な感じがしました!
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(*´ω`)ノシ

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチも下さりありがとうございました\( 'ω')/
本日もとーっても励みとさせて頂いておりますです‼┏○ペコ

今日は台風の影響もあり、いつもよりもだいぶ早めに帰宅しました~。
皆さんは無事に帰宅出来たでしょうか…。
夕方頃から風も強くなってきて、帰る時は霧雨みたいな雨+風で地味に濡れながら帰宅しましたよ~( ;∀;)

明日は電車動くかどうか怪しい…って事で、会社の最寄まで行く電車はよく止まるのでお休みになりました~(*´ω`)
って事で、引き籠ってトリアイ進めようと思います♪

今日はVol.1が終わりましたので、そちらの感想をヾ(*´∀`*)ノ

◇サクッと全体感想
tlico01icon_1.jpg

もともと「短い」と耳にしていたので、どれくらい短いのか…と心して始めたせいか、はたまた直前プレイしていた紅花FDのお陰か…(笑)
個人的には思ったよりも短くなかったなという印象。
ただ、普通にプレイしてたら結構サクサク~っと進む内容ではあるので、短いという感覚を感じたのかも知れませんね。

ストーリーは主人公の大学で行われるドラマのエキストラをやる事になる所から始まります。
今人気の俳優翠川チヒロが主演という事で、周りの女子達が浮足立っているんですけど、エキストラだけでも凄く楽しい!と感じた主人公。
直後に一言だけ台詞のあるモブっ子?の役もやってくれと言われるんですけど、それも自分なりに楽しみながら演技をしてみます。

するとチヒロの事務所の社長でもあるマサトに声をかけられ、更にチヒロの相手役で出演予定だった女優が駆け落ちして連絡が取れないという事態に(笑)
そこでチヒロが主人公を代役として提案します。
思わぬ形で女優デビューする事になった主人公がどうなるのか!?

みたいな感じです(笑)
トリアイ3作品で共通しているのが、女の子側に能力があるって所ですね。
これも、物語の序盤で説明されるんですけど、人口の3割程度に“能力者”という人達が存在して、それぞれ様々な能力を持っている人が居るのです。
で、各作品の主人公たちも能力者で、彼女たちは一時的に相手のステータスをアップさせる能力を持っています。
で、その能力を男性相手に使うと、トリコリティというのが副作用で発生してしまうって感じです。

このトリコリティーモードは、一言で言ってしまえば某作品のほにゃほにゃの術みたいな感じ!
副作用が始まると主人公に甘ぁ~い言葉をこれでもかってくらい囁いてきます(笑)
頭を使わずプレイ出来る感じなんですけど、トリコリティーモードやトリ愛√などもあってなかなか面白い内容でした!

主人公が女優として変化していくのもスピーディではあるけど描かれていますし、相手キャラの個別になると彼らに隠されたモノ…というのにも触れていく形になりますしね!
距離の縮まり方は確かに早いのかも知れないけど、短い中でうまい事進んで進展していく形になっています。
両方の個別を見終わるとトリ愛ルートが解放されるので、三角関係的な…まさしく取り合いされる面白ルートがプレイ出来ます(笑)

それぞれの個別のアフターストーリーに加えて、トライアングルバージョンのアフターもあるので、おまけ的にも甘く甘すぎて甘かったー‼(笑)
トリ愛ルートのアフターが一番ヤバいんじゃないかと思いますね…w
とにかく犯人は誰だ!?とかそんなのは全くないけど、終始チヒロとマサトにニヤニヤ出来るゲームだったなと思います(*´ω`)

それに、Vol.2の仙波ワタルとか望月ヨウスケがチラリと出てきたり、Vol.3のアイドル榊原コウのLiveに行ったりユウが出てきたりするのも面白かったです!
ワタルとか結構台詞喋ってたな~って思うんですけど、まさかこんな所で各キャラが見れと思わなかったのでちょっとテンションが上がりました~ヽ(^o^)丿


◇翠川チヒロ/小野友樹
tlico01icon_2.jpg

この人先輩俳優でもあるし、最初は結構ツンツン気味なので…(笑)
出れた時の破壊力はなかなかのものがあったように思います。

素人だった主人公がいきなり抜擢されて、チヒロの相手役になるので最初は結構キツイ印象だったんです。
でも、主人公の打たれ強さもあってか、一生懸命演じようとしている姿に少しずつチヒロも面倒を見てくれるようになっていって、2人の距離が縮まっていく形になります。
そこから、主人公の能力の事やチヒロ側のちょっとした事情なんかを知っていくと、お互い恋に落ちてしまうって感じなんですけども…。

とにかくチヒロがカッコイイ!というか可愛い…(笑)
ツンデレさんちっくな所があるのですが、ちょいちょい照れたりし始めると『可愛いなぁ…(。-∀-) 』とニヤニヤしてしまう所が多々ありました。
絶対この瞬間の自分の顔は気持ち悪い事になっていると思うんですけど、自然となってしまうのだからしょうがないですよね‼( ;∀;)
だって可愛いんだもの…。

物語の展開としては、女優として躓きつつも成長したり、チヒロのとある事情を知ってしまいそれに関わっていったり、最後にはドデカイ出来事なんかもあったりして、想像していたよりもハラハラする展開なんかもあったんですけども…。
マサトに比べると、結構色々な事が起こる√シナリオだったかな~と思います。
チヒロ自身も俳優というのがあるので、スキャンダルとかそういった部分でもハラハラさせられる…なんて事もありますしね!

でも、そういった様々な事柄をチヒロと主人公が乗り越えていくという形になっているので、最後は幸せいっぱいで終われるから楽しかったです(*´ω`)
EDも3つ程あるんですけど、どれも幸せな形でBAD的な終わり方はないので、そういった意味でも楽しい気持ちのまま終われると思います。

アフターストーリーも、付き合ているその後の2人が描かれているんですけど、甘ぁ~いチヒロとの出来事が描かれているので(n*´ω`*n)

あ、そうそう、トリコリティーモードになると、なかなか強引になるチヒロの普段とのギャップが見ものかな(笑)
普段はスマートな感じで照れたり気持ちを隠し気味だったりするんですけど、トリコリティーモードになると情熱的な強引さになります…。
恋人になった後にそれは出てきてるかな~と思うんですけど、その辺のギャップが良かったです!


◇小野沢マサト/前野智昭
tlico01icon_3.jpg

マサトさんは大人なのにちょっと面倒臭くて素敵でした(〃´∪`〃)ゞ

この人は主人公とチヒロの事務所の社長さんなので、自分で芸能界に誘った手前何かと主人公を気遣ってくれて優しくしてくれます。
まぁ…大人ですし、多少の狡さはあると思っていたけど…、途中までは凄くモヤモヤしました!

個人的なイメージで乙女ゲームの主人公ってわりと鈍感なキャラが多いなと思うんですけど、今回の主人公もそういった部分は少なからずあるけど、自分がマサトを好きだと自覚した辺りから「マサトさんはどうしてこんなに優しくしてくれるのか?」と疑問を持ち始めるんですよ。
で、もしかして……と思ってモヤモヤし始めるんですけど、気になって仕方が無いので思い切ってマサトに聞いてみるというツワモノです(笑)
でも、その答えが思った答えじゃなかった事に落ち込んだりします。
チヒロとは違う形で、恋をしているな~って感じる√シナリオだった!

気持ちを自覚してマサトが何と言って、そこからどうなるのか…というのは敢えて言いませんけども、チヒロ相手の時とは違う進展をするのでこっちはこっちで面白かったです。
マサトが抱えているモノというのがここでは関係してくるんですけど、ちょっとだけ面倒くさい大人×純粋で真っ直ぐ過ぎる主人公の恋がどうなるのかが楽しめる内容かな(笑)

結構遠回りしながらも前に進んでいくので、モヤモヤしながらも一歩ずつ進んでいく形が楽しかったなと思います。
それに、チヒロも何だかんだと主人公を気にかけてくれる立ち位置にいるので、面倒見の良い先輩って感じで素敵でした~(*´ω`)フフフ…

主人公の女優としての成長とかそういった部分もここでは描かれているんですけど、マサトとの事だったり、マサトは元俳優なので彼と共演したいと思うようになったり…。
そういったマサトに近づいていく部分が強く描かれていて、少しずつ彼の事が見えていくのがモヤモヤしたりハラハラしたり、色々な展開をするので楽しかったなと思います。

ちなみにトリコリティーモードになると、マサトさんは…「天使」とか言ってきて、何か甘い言葉が云々よりも、主人公を女神の様に崇めているのが面白かったです(笑)
嘘をつかなくて素直な主人公に惹かれているので、そういった称賛の言葉が出てくるんだろうけど、なかなか面白いトリコリティーモードでした(ΦωΦ)

◇トリ愛ルート
tlico01_twin00.png 

名前の通り2人に取り合いされるのを楽しむ√です(笑)

ここではチヒロやマサトのアレコレ…というのは出て来ず、チヒロ×主人公主演の映画撮影の延長でドラマ版の撮影をする事になります。
で、そこにマサトも関係してくるんですけども…。
役作りを理由にマサトとチヒロが何かと主人公に構おうとして来る感じですね(笑)

そもそも、女優になって懸命に頑張っている主人公に2人は惹かれ始めているんですけど、ちょいちょいバチバチしている所が…見ている私は楽しかった…(笑)
チヒロが稽古をしようと言えばマサトも一緒にとなったり、マサトが何かしようとすればチヒロが邪魔したり。
とにかく常に3人で稽古やら役作りを理由に主人公を誘って来ます。

マサトとチヒロはお互いが主人公に好意を抱いている事に気付いているので、ちょいちょいヒートアップしてはバチバチしていますし…(笑)
トリコリティーモードになると、どっちも相手に渡すまいとして色々と甘い囁きをしてくるので、個別の時よりもハードな甘さがあるんじゃないかな~と思いますね。

常に2人相手にドキドキさせられているって感じなので、ハラハラとかそんなのも無く楽しく進められるシナリオ展開になっていました。

EDは3人でのEDと、マサト寄りED、チヒロ寄りEDの3つがあります。
アフターストーリーも3人でのEDのその後…なのですけど、終始トリコリティーモードの甘々アフターなので、ほにゃほにゃの術長時間版って感じです(笑)

大人の狡さのあるマサトと、それに気付きつつもどうにか対抗しているチヒロがなかなか面白いやり取りを展開しているので、一番楽しかったヾ(*´∀`*)ノ

と、内容的にもあんまり詳しく書いてしまうと、全ての内容を喋る感じになりそうなので、サクッとした感想になってしまいましたが…。
個人的にはすっごく楽しかったですヾ(*´∀`*)ノ

Vol.2がめっちゃ楽しみで仕方ないのですけど、勿体ないのでじっくりと進めようと思います(*ノωノ)

それぞれ凄く短くなってしまったのですけど、Vol.1の感想はここまでにします~♪
最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~!┏○ペコ




台風っぽい天気になってきました!
外で蝉が泣いているのだけど、飛ばされないのだろうか…。
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(*´ω`)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言