FC2ブログ


こんばんは(∩´∀`)∩

まずは、昨日の記事に遊びに来て頂きまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!┏○ペコ
本日も、大変励みとさせて頂いておりますです(*´ω`)ノシ

いや~…。
完全に来月より土日休みが出来なくなりそうです!(つд⊂)エーン
せっかく土日休めるようになって普段も早く帰れてバラ色の人生だったのだけど、これでまたつまらない人生に逆戻りです(笑)←
土日休めなくなったら色々なイベント行けなくなっちゃうし、デーゲームの野球も行けなくなっちゃうよぅ…(´・ω・`)
それ以外は特に困る事は無いのだけど、私的に結構重要なポイントです(笑)
給料アップしなくて良いから今のままにして欲しいと切実に思っているんですけど、まぁしょうがないですね…(-_-;)

労働時間的には今そんなに変わらないんですけど、朝早くない代わりに終わりがちょい遅い…。
当然仕事終わったからマッハで球場に行ったとしても短い観戦時間になってしまうわけです‼
でも行くけどな!w

と、愚痴っぽくなってしまいましたが今日は嘘つき姫と盲目王子が終わりましたので、その感想を喋ろうと思います!

◆まとめ
2018-06-06-174459.jpg 

↑この画像なんですけど、ゲームを始める所のトップ画面なんですが…。
小さくて見えないかもなんですけど、月に向かって歌を歌っている狼とその隣に王子の姿があるんですよー‼
これが凄く好きなのでスクショして添付してみました(*´ω`)

ではでは早速クリア後のまとめ感想を喋ります!

まず、ストーリー的な部分なのですけど、面白かったです!
結構淡々と語られて行く雰囲気ではあるんですけど、ギミックを解きながらステージを進めていくと合間合間にストーリーが差し込まれて行く作りになっています。

これが絵本のページをめくって読んでいるような感じになっているので、まさしく絵本を読んでるって感じ!
ナレーション付きですし、姫や王子他キャラの台詞部分もそれっぽく読んでくれるので、自然と耳に入ってくる感じがしました。

狼(姫)と王子の出会いから始まり、王子の目を傷つけてしまい目を治すために魔女の所へ向かう旅へと続き、旅の途中で新たな出会いがあるのだけど、そこで姫(狼)が人間である王子と一緒に居る事、仲良くする事は出来ない事なのか…と悩んでみたり、王子との楽しい出来事がどんどん積み重なるにつれて狼は嘘をつき続けなくてはいけなくて…。
自分の本当の姿や、目を傷つけてしまったのは自分であるという事、それらを隠している事でどんどん王子に対しての嘘が重ねられていくわけですが、色々な感情に挟まれて悩んでいる姫に胸をギュッと締め付けられました…。

ストーリーの軸としては凄くシンプルな内容だと思うんですけど、姫の心の動きだったりとかが面白いんですよ。
既に中盤辺りから自分と王子の種族が違う事で、一緒に居るのは無理な事なのかな?と思ったり、でも王子ともっと仲良くしたいと思っていたりするのが何とも言えない気持ちにさせられる…。

人間と狼という種族の違いの部分では、姫が肉を生で食べようとしたりという小さな違いが見えてくるんですけど、その辺はちょっと面白かったりします(笑)
序盤~中盤くらいまでは可愛らしくもちょっと笑ってしまう場面なんかもありますし、わりと明るめな雰囲気。
ただ、他者から告げられる言葉が彼女(狼)の心に突き刺さる事によって、色々と悩みながら王子との旅を続けるって感じなので、この先“切なくなりそうだな…”という予感を与えられる感じですかね。

旅を続けていく中で、姫は王子に対しての気持ちをどんどん深めていくんです。
自分の歌に拍手をくれた人、自分が傷つけてしまった彼の目を治したいという所から、王子と過ごしていく中で彼が特別な存在になっていくんです。
それと同時に姫自身が自分は化け物だ…と改めて感じる様も描かれている部分が多々あって、王子の目を傷つけた時もしたくてしたわけでは無いですし、自分の手が忌々しく感じるというのとは違うのかもしれませんが、人間のそれとは違う…という感じで描かれているのが、切なくさせる部分でもあったかなと思います。

そんな狼にとって王子は初めての友達でもあるんですけど、恐らく初恋でもあるのかな~って感じでですね!
進み方も常に盲目である王子の手を引っ張りながら進んでいくので、その中にも2人の距離が縮まっていっている感じが込められているように感じられました。

ギミックを解くのもやっているのはプレイヤーなんですけど、ある意味2人で力を合わせて…って部分もあるので、余計に先に進むにつれてどんどん2人の雰囲気が微笑ましく思えてきてしまう(笑)
そして途中で色々と悩み始める姫がこれまた良いスパイスとなっている!

クライマックスに近づくと目を治しに魔女の元へ連れて行くはずが、不注意で魔女を怒らせてしまいそれを謝りにいく…という形になります。
ここの不注意の出来事が起こる時も、姫の本当の姿が狼だという事が王子にばれてしまったり、王子の咄嗟に出てきてしまった一言に姫が傷ついたりとか色々あるんですけど、最後の方はウルッとしながら進めていく所が増えると思います。

人間と狼…と言っても正しくは狼似た化け物なんですけど、盲目の彼を引っ張って進んで2人の絆が深まる事によって、確実に良い関係性になっていたはずなのに…。
自分の目を傷つけたのが姫だった事、姫が実は化け物だった事などを王子が突然知ってしまいパニックになってしまうんです。
でも、ひどい言葉を言ってしまったにも関わらず、姫は王子を探しに来るんですけどその時の「王子、助けに来たよ」という狼に私はうぉーーーーーーん(TwT。)でした(笑)

だって王子に「化け物!」って言われた事で深く深く傷ついているんですよ。
今まで感じた事ないくらい心が痛かったと狼も言っていたのに、大嫌いな火で燃えている森の中を王子を助けたい一心で進んでいくんですよー( ;∀;)

そしてそこから何やかんやあって(笑)
昨日言っていた魔女をちょこっとやっつけるのがなかなか大変だったんですけど、ちょこっとやっつけて最後に2人で謝るんですけど、その時の姿とかクソカワいいです。
姫と王子が『ごめんなさい!』ってするんですけど、魔女って実は嫌な奴ではなく逆に良い奴だったんじゃないか…と今になって思う。

人を食べていた狼に対して、人という存在とか彼らとの繋がりとか、やってはダメな事とか諸々…。心を育てるというかそうゆう事を教えようとしてたのかな~と思わなくもないです。

王子と出会って狼は確実に大きな変化を見せていますし、最後に謝っている時に魔女が“素直さを身につけたのかい”だったか何だかって言ってくるんですけど、その時にちょこっと魔女って実は良い奴なんじゃ…と思いました。

でもまぁ魔女なので、謝られて「しょうがないな」とか「はい、良いですよ」とはならないんですけどねー(笑)
最初は歌声を代償に貰ったけど、今回は更に代償を支払わなければならなくなるんです。
たった一人のちっぽけな存在に対して、狼は大きな代償を支払えるのか?と選択を迫られるんですが、『王子の目が治るなら…』って承諾するんですよー( ;∀;)ウェーン

もうここ、感動のクライマックスシーンなんですけど、ウルウルしっぱなしになりました…‼
王子と出会えて仲良くなれて良かったけど、もっと仲良くしたかったなぁ…とか思っているのがまた泣かせてくる。
自分が姿を偽ったせいでたくさん嘘をつき続けてきてしまったけど、それじゃダメなんだと気付いた彼女が私の涙腺を刺激してきました(笑)
王子も王子で最後には酷い事を言ってしまった事を謝って、姫とまた友達になろうとしているのが…泣けるぅ~。

最後にははじまりの物語というエピローグで締めるんですけど、ここがすっごく良かったです‼

一番最初のスタートとは異なり、お世辞にも上手とは言えない歌を歌う狼の姿から始まるんですけど、王子と狼の出会いが本当にすっごく良かった!
この時に王子が『姫、会いに来たよ』って言うんですけど、ここでダバー(T_T)でした(笑)

内容的には至ってシンプルなシナリオだと思うんですけど、面白かったですし心温まるストーリーでした。
個人的には気になっているなら是非やってみてください!と思う作品かな。

ただ、昨日も言ったんだけど、後半のギミックが私には結構難しかった(笑)
何度姫が死に、王子を殺してしまったか分からないくらい死にまくりました!
本気クライマックスの所なんて、魔女が攻撃してくるから自分と離れている王子を歩くようにお願いしながら攻撃が当たらないようにしないといけないし、この時勿論自分も動かなきゃいけないし…本当にあっちもこっちも見てないといけなくてVitaがメキメキいってたと思いますよ……。
ちょっと目を離した隙に姫か王子がにグハッみたいな感じでなってますしね(笑)

ステージスキップ頑張って使わないでやってみたけど、これは無理な時は使った方が心の負担的には良いかと思います(笑)
あまりの悔しさに何度も吠えそうになったんだけど、その度に、昔冬休みに従姉妹とマリオ全クリを目標にやり込んで絶叫してたら、あまりの煩さに婆ちゃんがクイックルワイパーを持って部屋に来て、『うるせぇじゃ‼』と言いながら柄の部分で突いてきたのを思い出しました…(笑)
マリオやってた時と同じくらいギャー‼ってなりましたよ本当。
ゲームに夢中になって発狂しそうになると、いつもこの出来事を思い出すんだけど今回もふと思い出しました…。

前半部分はわりとサクサク軽快に進みますが、最後の方はだいぶイライラさせられましたね。
まぁ「あんなのどうって事ないよ」って人もいるんだろうけど、私には結構難易度が高かったです!

それとBGMが世界観にぴったりはまっていて凄く良かった(*´ω`)
ED曲の志方さんの曲も良かったし、どれもこれも雰囲気バッチリでした。

ボリューム的にはそこまでボリューミーな内容では無いんですけど、ステージクリアするのに後半は時間がかかったかな~と思います。
でも、個人的には面白かったですね!
絶対出来ない!無理‼ってなるような内容でもなかったし、ゲームもシナリオも楽しめたなと思います。

とにかくあのイラストがまた良い味を出しているので、個人的にはお勧めです(∩´∀`)∩

という事で、私は一旦ストラバ2に戻ってクリアしてきます…。
副会長が終わったらサブキャラ達もやらねばなので、早いところ終わらせて神凪始められるように進めます!

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ




嘘つき姫をプレイして
心をお洗濯して貰った気分です(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします\( 'ω')/
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(*´ω`)ノシ

まずは、前回のお喋りにお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました♪┏○ペコ
本日もとーっても励みとさせて頂いておりますヾ(*´∀`*)ノ

昨日、美容室に行ってきたのですが…。
担当の美容師さんに『スンゴイ伸びたね‼刈上げの面影もないもんね‼』と終始あまりにも間をあけた事に色々言われ続けました…(´・ω・`)
私髪の毛伸びるの早いんですけど、それなのに多分3か月?とかあけちゃった気がする……(笑)
土日に野球いったり色々予定入れていたら、後から『( ゚д゚)ハッ!行く時間ない…』となってしまうんですよね。
昨日帰りに『次は間あけないで来てね~‼(笑)』と言われたので、次は一か月後とかにちゃんと行こう。

と、私のどうでもいぃお話しはこれくらいにしまして…。
えーっと、結局気分転換気分転換♪と自分に言い聞かせながら、Vitaでは只今嘘つき姫がプレイされておりますです(笑)
終わったらちゃんとストラバ2終わらせますよ‼←

って事で、嘘つき姫のちょこっと感想でも喋ろうかなと思い、やって参りましたヾ(*´∀`*)ノ
お付き合い頂けるかたはどうぞ宜しくお願いします┏○ペコ

countdown06egkl.jpg 

始まりは主人公の狼が王子と出会うシーンからなんですけど、まるで絵本のを読んでいるような感じで始まります!
ナレーション的なのがついているので、聞いているだけでもOKなので親切設計!(笑)

公式にも出ているのですけど一応お話ししますと…。

主人公の狼はというか狼ではなく狼によく似た人食いの化け物らしいのですが、いつも月夜の晩に小高い岩の上で歌を歌っているんです。
見た目は恐ろしい外見ですが美しい歌声を持っている狼は、月夜の晩には誇らしげに歌を歌うのが日課。
ある晩、歌を歌い終えると…いつもはないはずの小さな拍手が聞こえてきます。
狼が拍手を聞き岩の上からそ~っと覗いてい見ると、王子が歌声を聞いて拍手をくれたのだと分かるんです。

人食いの化け物である狼は孤独な存在なんでしょうね、まさか歌を聞きに来てくれる人がいるなんて思いもしなかったんだろう…。

普段だったら食べてしまう所だったのですが、自分の歌を聞き拍手をしてくれた彼を食べる事はしなかったのです。
それから、狼が歌を歌う時には岩の下で王子が歌を聞き、拍手をしてくれる…という日々が続きました。

ある時、いつものように狼が歌を歌い終えると、いつも聞こえてくるはずの拍手が聞こえてこないのです。
おかしい…と思った瞬間異変に気付きます。
なんと…王子は歌声の主ともっと仲良くなりたいと思い、岩をよじ登ってきているではあ~りませんか‼
狼は自分の本当の姿を知られたら、もう王子は歌を聞きに来てくれなくなってしまう…‼と思い焦ってしまいます。
咄嗟に狼は自分の姿を見られないようにと、王子の目を自分の手で覆ってしまおうと思います。
ですが、狼の手は優しく触れるには不向き。化け物であるその手には大きな爪がついているんです…( ;∀;)
その瞬間に王子の目を傷つけてしまい、王子が岩から落ちそうになってしまいます。
狼は咄嗟に王子の手を取りますが、突然目を傷つけられた王子は手に触れた化け物の手の感触に驚き岩の下に落ちてしまう事に……。

すぐに兵士たちが駆けつけて王子を助けようと、岩の上に矢を射かけてきたので狼はその場から逃げるしかありませんでした。
その後、王子は命は取り留めたものの盲目になり、顔にできた傷のせいで忌み嫌われ城に幽閉されているのだと聞きます。
それを知った狼は『何て酷い事を‼』と心を痛め王子に会いに行こうと城に忍び込みます。

この時点で自分で狼を操作出来るようになるんですけど、マリオ方式で左右に進む形になります。
ジャンプしたり攻撃したり出来るので、兵士を倒しながら奥に進んでいく形になっていました!

先に行くと幽閉されている王子がいるんですが、狼が話しかけると『歌を歌っていた人だね』と話声だけで月夜の晩の歌の主だというのが分かっているようでした。
そして狼が王子の目を治して貰いに一緒に森の魔女の元へ行こうよと提案します。
盲目の王子は自分はこんな姿だから森の魔女に会いに行けないと言いますが、狼は自分が連れていくと言い説得するんです。
了承を得た狼は王子を連れていけるように準備をしに一旦城から離れます。

ここで魔女に先に会いに行き、王子と手を繋いでいけるように自分を人間の姿にして欲しいと頼みに行きます。
魔女には他人の持つ美しい物を集める趣味みたいなのがあるので、人の姿を得る代わりに狼の歌声を差し出すように言って来ます。
狼は少し悩みますが、王子を助ける為ならば‼と歌声を差し出す事にします。
これで人の姿と狼の姿と両方を手に入れ、王子を魔女の元へと連れていく旅が始まる…という訳です!

旅に出るまでの部分は最初にも言いましたが、絵本を読んでいるような感じです。
狼は初めて現れた自分の歌を聞き拍手をくれる存在が、彼女の中で大きな存在になっていますし、最後にどんなEDを迎えるのかドキドキしちゃう感じですね。
しかも何と言っても、姫の姿で王子を誘導する時には□ボタンで手を繋いで歩くんですけど、もうその姿だけでも可愛い…‼
常に□ボタンで手を繋いだまま一緒に進まないと、王子を連れていけないのですが何か2人の姿がよっても微笑ましいんですよね~(*´ω`)

進め方も操作も至って簡単。
どんどこ進んでいくと出てくる敵は狼の姿で倒しつつ、姫の姿で王子と手を繋ぎ誘導しながら進んでいきます。
あんまりにも先へ先へと行ってしまうと、姫の姿ではモンスターを倒せないし攻撃されると一撃で死んでしまうので、先に狼の姿で倒しに行ってから姫の姿で戻ったり…って感じでやっています。

途中には門を開ける為の鍵を探したり、壊れそうな橋をどの姿で通れば折れないか…とか、上下するエスカレーター?みたいなものはどのスイッチで動くか…とか。
シーソーがあったり色々なギミックが用意されているんですけど、王子を先に進ませて姫or狼の姿で何かをしたりって感じなので、難しくはなかったしなかなか面白い仕掛けが満載って感じですね。

ちなみに行き詰ってしまっても【ステージスキップ】なるシステムも用意されているようなので、安心かと…(笑)
このシステム全然知らなかったんですけど、たまたまBGMの音量を下げようと設定を開いたら【ステージスキップ】ってのがあって、えー‼(;゚Д゚)と驚きました(笑)
恐らくこれを使えば純粋にストーリーだけが楽しめる内容になっているんじゃなかろうか…。
私は地道にギミックを解きながら進んでいこうと思いますが、もし万が一無理―‼ってなったら使ってみようかな…使いたくないけど…w

それと、私自身えっ‼と一番驚いたのは、高い所から姫の姿で落ちるとバタッと倒れて死ぬ事です(笑)
まさか落ちてGAME OVERになる事は予想していなかったので、画面が切り替わった時には『え!落ちたら死ぬのか!』と1人で驚いてしまいました(;´∀`)
まぁ人間の姿なんだから当たり前っちゃ当たり前なんですけど、高い所から落ちて死ぬというシステムのゲーム…最近やってなかったからな…。
ちなみに王子を殺してしまった事も一度だけあるんですけど(おいっ(笑))、その時に【ごめんね】というトロフィーが取れた事に笑いました(笑)

システム的にはわりとシンプルなので戦闘が苦手…!とか、難しいゲームはちょっと…って人でもプレイしやすいんじゃないかなと思います。
戦闘なんて狼の姿でボタンを連打して攻撃すれば倒せますし、動きも早くないから大丈夫!(笑)
若干モグラ?みたいな最初の方に出てくる敵は、攻撃すると涙目になるので可哀想な気持ちになりますけど…。

ギミックを解くのもアレコレ試行錯誤するのが結構面白いですし、まだまだ途中なんですけど今の所躓く所もなく軽快に進んでおります。
困った時にはスキップの前に攻略サイト様を漁らせて貰おうと思いますヾ(*´∀`*)ノ

まだまだ終わりには辿り着けなそうですが、楽しみつつ進めようと思います♪

ではでは、あっさり感想になってしまいましたが、今日はこの辺で!
最後までお付き合い下さいましてありがとうございました~\( 'ω')/




今日たまたまコンビニ行ったら
『アメリカンドッグ揚げたてです~』という声に
惑わされて、ついアメリカンドッグを食べてしまいました(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願い致します!┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言